教会 Edit

学園内にある教会です
精巧なステンドグラスに彩られた教会に、長椅子やパイプオルガン、懺悔室があります。
お祈りや懺悔、個人イベント等に自由にご利用ください


編集:info/HNHカレンダー
3月(西暦 2019-07-23)
NEXT :


Edit

編集:HNH教会
お名前:
  • つまりよォ……『夏休み』で人がいない今こそチャンスだと、パヴリちゃんは思うわけよ -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:11:05
    • さて……まずは手始めにこのホーリーの野郎どもがお祈りしてそうなここからだぜ -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:13:45
      • この一番偉そうな場所にあるおっさん像をよォ……
        こっそりパヴリちゃん像に変えたらどーなりますかねェ? -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:15:23
      • ホーリーのガキどもは毎朝パヴリちゃんを拝むことになるって寸法よ!
        これはなかなかに魔王ポイント高いんじゃないッスかァ〜〜〜〜? -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:16:19
      • あ、お祈りですか?(箒を手にしてやってきた) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 00:18:40
      • よっこいしょういち…っと(よじ登る)
        これ一体どうやって留めてあんだ?ネジか? -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:21:57
      • !?
        きゃあっ!(急に声をかけられ足を滑らせる。とっさに磔のおっさんの首に抱きついてぶら下がる) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:23:15
      • …?どうかされたのですか?あ、もしかして清掃業者の方でしょうか?(パヴリがぶら下がってるところを見て勝手に役割を補完) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 00:25:25
      • (ぶらーん)
        !?
        ハァ?誰が掃除のおっさんだコラァ!
        舐めてんのかテメェ!!
        ツラ見せろや、ホーリーの何組だコラァ!(怖くて下が見れないので誰が来たかわからない。天井に向かって凄む) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:28:57
      • (ぶらーんとぶら下がってるのをみて、何やら様子がおかしい…?首を傾げながら)
        あの…もしかして違うのなら、とりあえずお助けしましょうか?あ、あと私はナイトメアの1年ですけど…もしかしてそっちに何か、視えるのですか…?(夏だから、怪談じみた言い回し。)
        (天井に凄んでいるあたり、もしかして私が勘違い…?と、急に恥ずかしくもなりつつ) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 00:35:23
      • (ガチャッ、礼拝堂から凄みのある声が聞こえてきたので出て来る)
        お前、来る場所を間違えてないか。…ここは飲み屋ではない (やたら表情に険のあるシスターだった) -- トリス 2019-02-28 (木) 00:37:20
      • なんでナイトメアがこんなところにいるんだよシャバ僧かァ!?
        ひゃっ(急にホラーめいた物言いで脅され、天井のシミが人の顔に見えてくる。びくっと震えた拍子に落ちそうになりおっさんの首にしがみつく。足を伝って雫が一滴床に垂れたのは汗ではないのかもしれない)
        1年なら何も言わず先輩を助けるのが仕事だろうがコラァ……(声が震えているのはきっと限界だからだろう。おっさんの首もそろそろ限界のようで、ピシ…と厭な音をたてた) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:41:00
      • あ、お姉さま。…お知り合いですか?(ベアトリスが出てきて挨拶してから、尋ねてみて)
        えっと、とりえあず僧ではないです…。尼のが近い、近い…?尼ゾン…?(何かうまい言い回しは出なかった)
        あ、と、とりあえず助けますね!って今の私では大して何も…で、では私が受け止めますので…!(落ちてきてくださいと腕を広げて) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 00:44:27
      • 知らないな。…だが教会で声を荒げるのは悪漢の類だ
        (彫像にしがみついてるのに対し、みしりと音が聞こえると空間までみしりと音をあげるような緊張が走る) -- トリス 2019-02-28 (木) 00:51:29
      • !?
        い、いま、別のやつの声がしなかったか!?
        (下を見る……)
        や、やだやだやだやだやだやだっ!こわいっ!むりむりむりむりむりむり!!!こわい!こわいっっ!!(ギュッとしがみつく)
        (しがみついた拍子にパキッとかわいた音とともに、男性の首を抱えたまま落下する) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 00:55:52
      • スッ… (落下するパヴリに対し、短剣を投げるとスカジャンの襟に刺さって壁へと縫い付ける)
        何の真似だ───? (首を抱えたままの少女に対し、凄みのある表情で迫る) -- トリス 2019-02-28 (木) 00:58:27
      • 別のって、私以外にも人が来ただけですので…(それにしても何か変な音が?と思っていると)
        あ、と、とりあえず…!(腕を広げて受け止めようとする、意外と鍛えてるので不可能ではない様でパヴリを抱きとめる事が出来たかもしれないしダメだったかもしれない)
        お、お姉さまは一旦落ち着きましょう?私達の口は何のために付いてると思ってるのですか…(なだめながら、安否を確認している) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 01:04:37
      • (頭から落下仕掛けたところを壁に縫い留められ襟を支点にぐるり回転、スカートの中から暖かいものが力なくさがった足を伝って緩めた水道のような水音をたてて1mほど下の床に落ちる)
        べ、ベアトリスさんじゃないッスか!?な、なんでこんな所に……? -- パヴリ 2019-02-28 (木) 01:12:20
      • …誰だ? (名前を呼ばれるも覚えが薄く、どこかで会っただろうかと)
        落ち着くも何も私はアンジェが乱暴でもされると思って出てきたんだが。…で、コレは何だろうか
        (小水を流してる少女を指しつつ、まだ剣を抜いておろすつもりはない) -- トリス 2019-02-28 (木) 01:15:51
      • えーっと…(床が濡れて、水分を出した子がぶら下がってて、ベアトリスがよく分かってない)
        ……私に聞かれましても、お姉さまのお知り合いの方ではないのですか?(最初は夏休み期間中で施設内の掃除をする清掃業者の方(バイト)かと思ったのですがと答えて)
        …とりあえず下ろしてからお話しませんか? -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 01:21:36
      • いやいや、ナイトメア棟で……
        あの…それより、その……(見知らぬ相手に目をやって、自分に目をやって、情けなさにポロポロと上からも大粒の涙を流し始める)
        ほ…ほーりーのやつらに…ひ、ひとあわふかせちゃろうと…な、なちゅやすみで、ひ、ひとがいないから…ちゃんすらって……(ぶら下げられたまま、ぬいぐるみを抱くように像の首を抱きしめながらしゃくりあげつつ説明する) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 01:25:08
      • お、お姉さま早く下ろしましょう?私タオルとか着替え用意してきますので、お姉さまはあの子の事お願いします…っ
        (急ぎ、替えの下着とかも用意しなくてはと思い) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 01:31:44
      • 一方的に知っているからといって手心を加える理由にはならないな
        …私もアンジェも帰省の予定はない。一泡を吹いたのがお前で良かったよ
        (だがあまりにも哀れなので短剣を抜けば、自分で汚した床の上に落ちることだろう) -- トリス 2019-02-28 (木) 01:33:52
      • ま、まっひぇ!『ふ、二人きり』はヤビャイッッ!!(抱えた首は夏物のセーラー服の襟と同様に涙と鼻水でベトベトになり、下は下で鼻先に排泄物の匂いが漂ってくる) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 01:38:37
      • (ヤビャイッッ!と切羽詰まった声に引き戻されながら)
        ………お姉さま、この子に何をしたのですか?(とりあえずこのままではあまりにあんまりなので、変わりに私の服を着ますか?と申し出て。受け入れるのならその場で脱いで渡す) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 01:47:10
      • (漂う臭いに眉一つ動かさず、動こうとすれば射抜く視線がその行動を阻むことだ)
        …下手人はここに、言うならば判事が私。二人きりとなれば宗教裁判だな
        弁護人であるアンジェが来る前に判決を言い渡すこともできるが…。弁解の言葉はあるか? -- トリス 2019-02-28 (木) 01:47:53
      • 何もしてはいないさ。…が、その優しさは気を付けた方がいい
        (それは同情につけこむ妖魔などを見てきたが為の、冷酷にならざるをえなかった退魔師の言葉だった) -- トリス 2019-02-28 (木) 01:49:37
      • (ビクッと身をすくめる)
        (青ざめた顔には混乱の色が浮かぶ)びぇ…びえあろりすひゃんも…な、ないろめあららないっすっかぁ(ベアトリスさんもナイトメアじゃないですか。なんでそんなに睨むんですか?ホーリーの連中じゃあるまいし) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 01:52:25
      • …お姉さまのおっしゃる事も分からなくはないですけど、どうにも生来の性格はそう変えられそうに無いです。
        (そんなにかかりませんから、とすぐに行って来いで戻ってくる様で) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 02:01:18
      • ……。 (何を言おうとしているかは口の動きでおおよそ分かる)
        それは私が修道女だからだ。…ホーリーであってナイトメアでもある半端者が私だ
        それに教会で悪さをするというのなら更生するまで叱るのが当然だろう -- トリス 2019-02-28 (木) 02:13:33
      • ・・・い、一体何が・・・(首の折れた像とその前で泣きべそをかいてる女の人と対峙してるベアトリス先輩に何やら慌ただしいアンジェちゃん・・・)
        察するに・・壊しちゃったんでしょうか・・ -- ソティス 2019-02-28 (木) 02:21:47
      • ふぅえ?うぇあああううぇううぇうああうぇううぇうぇ〜〜〜はうぇうわう〜〜〜(訳・えっ?なんでナイトメアの生徒が修道女なんてしてるんですか?ごめんなさいもう許して下さい) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 02:22:13
      • うぇああああああああん(知らないホーリーの生徒が来て、情けなさと恥ずかしさで更に大きな泣き声を上げる成人女性) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 02:23:57
      • ならアンジェから着替えを受け取って掃除をすることだ。ソティス、掃除用具と壊れた首を補修するから接着剤を
        (てきぱきと指示を飛ばして、アンジェも自分もナイトメアだが修道女だと叱る) -- トリス 2019-02-28 (木) 02:24:17
      • あ、はいっわかりました(こくこく頷くとバケツやらモップやら接着剤やら持ってくる)・・・接着剤・・(これで補修って罰当たりにならないかなとちょっと不安) -- ソティス 2019-02-28 (木) 02:27:40
      • ひょひょんらぁ〜〜〜らんれぇ〜〜〜(訳・そんな…なぜ二人もナイトメアに修道女がいるのですか?) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 02:31:57
      • とりあえず着替えと下着用意してきたので…(タオルと一緒にパヴリに差し出し)
        ソティスさん、大丈夫です。神様だって赦してくれますよ(どこからか『悪気が無いなら良いんじゃない?』みたいな声が聞こえてきた様な…) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 02:32:25
      • (なんか泣いてるのが不憫なのでハンカチを渡してあげる)ほら・・・そっち(長椅子)に座って下さい・・こんな所じゃ冷えちゃいますから・・・
        (そう促しつつこちらはてきぱきお掃除)まぁそれもそっか・・ちゃんと真心こめて直せばいいんだもんね -- ソティス 2019-02-28 (木) 02:34:55
      • あ、あひゃーっひゅ……(頭を取り落として着替えとタオルを受け取る)
        (スカートはホックを外せば下に落ちるのだが、下着は磔にされたままではなかなかうまく脱げない。しかも片手で着替えとタオルを持ち濡れているので肌に張り付き、なおのこと難しい。ピンで止めた虫みたいにうねうね動くがフトモモの上部でねじれたまま下ろせない) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 02:37:43
      • 一から作り直せというのも酷だろう。ちゃんと着替えて掃除するまで私は見ているからな (と、不動のしせいで見守る) -- トリス 2019-02-28 (木) 02:43:54
      • 何故、と言われても…。目的があるから、ですかね。(ナイトメアだから、ホーリーだから、そんな理由は後回しである)
        (…まだ降ろされてなかったんですか?!みたいな顔) -- アンジェ修道服 2019-02-28 (木) 02:43:56
      • ・・・大丈夫ですか?(見てられないので下ろし、着替えるのを手伝う) -- ソティス 2019-02-28 (木) 02:46:23
      • (襟の短剣を抜けばどさりというよりはふわりと言う軽さでソティスに抱えられて降ろされる)
        (自分でできるからいいというのも忘れてソティスの肩に手をおいて着替えを手伝ってもらう20歳)
        (身体を洗っていないのできれいになったわけではないが、用意された下着を穿かされ、始終こっちを睨むベアトリスを何をすればいいのだろうというようにチラチラとうかがう) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 02:55:51
      • 後始末をするように (ソティスから掃除用具をうけとって汚した床を掃除、とってしまった首を繋ぐようにと) -- トリス 2019-02-28 (木) 03:07:31
      • お手伝いしますから・・(どうもこの人は誰かが付いていないと酷い事になる気がして願い出る) -- ソティス 2019-02-28 (木) 03:13:31
      • ふぇ、ふぇいっ!(訳・へいっ!)(こくこくこくこくと何度も頷き、手伝いの申し出には卑屈な笑顔を浮かべてこくこくこくこくと何度も頷く)
        (意外と器用に首の断面を慣らし、荒らし、接着剤でくっつけ(その時にまた一人で降りられなくなったが)、やや首を傾げたような姿勢になったものの、教会の首なし像などと七不思議の一人に数えられそうな自体は回避し)
        (しかし、床の方はメソメソとべそをかきながら元通りというふうには見えない程度には綺麗に掃除し、汚したものを洗濯して干すと夏の日差しに白い布が眩しい)
        (セーラー服の裾を引っ張って下を隠しつつ、何度も頭を下げながら教会をあとにする) -- パヴリ 2019-02-28 (木) 03:19:58
      • (一通り終えて自分も着替えて汚れを落とす)ふぅ・・なんだったんでしょうか・・・(霊圧を落としつつはてと小首を傾げて見送ったとか) -- ソティス 2019-02-28 (木) 03:27:29

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

従業員 Edit

テオドーラH2修道女バイトその1
トリスN2修道女兼退魔師
ソティスH1修道女バイトその2
アンジェN1修道女バイトその3

Last-modified: 2019-02-18 Mon 21:59:48 JST (154d)