図書館 Edit

学園の創立以来、新旧様々な書物が収められている大図書館です
とても広いのでちょっとぐらい騒いでも怒られない……かもしれません

編集:info/HNHカレンダー
7月(西暦 2019-02-23)
NEXT : 2/24
第一回の課題の評価終わりました
第二回の課題が発表されました(提出期限:2/23)

Edit

編集:HNH図書館
お名前:
  • 図書館 -- 2019-02-17 (日) 00:21:15
    • 敵を知り、己を知れば…って訳だけど 今回は知るべき敵が多過ぎる。
      選択肢が広い分、かえってどこに的を絞ればいいか…迷う人もいそうだね(かく言う自分も、浅く大まかな情報を集め終えたところ)
      …これを返して、次に探すべき本は……(一旦カウンターに、本を返しにきた) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 20:15:28 New
      • …あれは (図書館に設けられた読書ブース、そこからカウンターに立つ学友の姿をみる) -- トリス 2019-02-18 (月) 20:17:50 New
      • (数冊のごく基本的なモンスター知識に関する本を返し、新たに希望する内容の本がある棚を検索した)
        …ふんふん、あっちか。この時期は下手をすると争奪戦になるから…あるといいけどね
        (ちょうどベアトリスのブース脇をのろのろと歩いていくところだ) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 20:22:56 New
      • (彼が近付いてくると、小声で呼び止める)
        …君も読書、というよりは調べものに来てるようだな -- トリス 2019-02-18 (月) 20:28:02 New
      • 物のついでとはいえ、知識を深めるにはいい機会だからね(ぴたり、足を止めて)
        この時期は誰も彼もそうだよ、ベアトリス…君は違うのかな?(もうあらかたの目星がついているのだろうか、といった質問) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 20:31:01 New
      • …課題のことか。であれば違うな
        (元より課題に取り組むという意志はだいぶ薄い。…落第にならない程度にやれればいいといったのが見て取れる)
        (トリスが読書ブースで読んでいたのも、課題向けのモンスター生態の本ではなく文学書だった) -- トリス 2019-02-18 (月) 20:39:47 New
      • 校長の余興に付き合う気はない、ってな風だね…それもナイトメアらしいといえばらしいか…(目当ての棚はすぐ近く。さっと1冊の本を手に戻ってきて)
        (ちらっと遠目に、見知った耳が見える…あれはこときよだろうか)まさか、普通に読書だったとはね…自室の方が、そういうのは落ち着いて読めるんじゃない?
        (そう言いながら隣の席へと座り…開くのは、過去から現在までにおけるユニコーンによる被害者のリスト 知識とはあまり関連のない、それだけに残っていた本だ) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 20:47:23 New
      • ここでさわりに触れ、面白ければ借りて自室に持っていくつもりだ (が、図書館の雰囲気というのは嫌いではない。厳粛を求められ、足音などがページを捲る音と重なり没入感を得られる)
        (脇目にムツキが借りてきた本、そのタイトルを見ると大体のことを察する) …余興に随分と真面目じゃないか -- トリス 2019-02-18 (月) 20:56:25 New
      • なるほど、選別中だったのか…確かに自室まで持っていったら、残念な内容でした…では無駄足になるね(本の横にメモ用紙を置き、なにやら書き留める)
        こいつじゃない、これも違う……ん、これは…(何かの条件に合致する個体のみ、生息域を写し取っているようで)
        状況を利用して、楽しむこともまた…ナイトメアらしさってね。案外楽しいもんだよ、校長を化かすっていうのはさ…(その横顔は、悪巧みの目途が立った時の愉快そうなもの) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 21:03:08 New
      • 化かす…か。君らしい答えだ
        (これが余人であれば忠告もするが、不思議とあの校長なら化かされ一泡吹かされるべきだろうと思ってしまう)
        …まさかユニコーンの代わりにバイコーンを持っていくとでも言わないな? -- トリス 2019-02-18 (月) 21:22:13 New
      • 僕らしい……あぁ、確かに今回は特にそうなるかもしれない。恐らく、僕と…その気があるならもう一人ぐらいにしかできない攻略法だよ。
        いいや、ちゃんとユニコーンの角を持ち帰るさ…(候補を数匹に絞り終え、本を閉じる)当のユニコーンからしたら、まっとうに討伐された方がマシかもしれない…
        僕に目を付けられたのが運の尽きだろうね…ふふ(メモを懐にしまい)じゃ、そろそろ行くよ…善は急げ。いや、悪は急げだ…
        (いい本と出会えるといいね、と付け加え…とても急いでるようには見えない遅さで本を返却し、帰っていった) -- ムツキ 2019-02-18 (月) 21:31:51 New
      • (…その背を見送る。が、やはり背が遠のくのが遅い)
        …あの動きではユニコーンに刺殺されないだろうか
        (が、腐っても剣術部。そのような羽目にはならないだろうとして読み進め、本を借りて帰って行った) -- トリス 2019-02-18 (月) 21:49:52 New
    • ふむん、でいだらぼっちは本来討伐の対象になるような素行は見せぬ優しい生き物にあらせられますか…
      であればやはり何か邪気に捕らわれていると考えるべきでしょう、となればいよいよ余の退魔師としての出番もあるやもしれませぬ
      (一人で気になっていた巨人族の伝承ヘカトンケイルとダイダラボッチに関して調べている) -- こときよ 2019-02-18 (月) 20:25:27 New

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2019-01-14 Mon 16:13:04 JST (39d)