《黄金郷の毒蛇》アレクサンドラ Edit

exp035955.png
基礎情報
名前アレクサンドラ
異名《黄金郷の毒蛇》
性別女性
年齢長生き
全高460僉僻の先まで)
総重量xx0
所属宝物殿管理
行動方針
RP傾向だらけ
好き黄金・貴金属・美しいもの
嫌い物の価値や美を理解しない者
その他
企画魔王軍
着替え普段着/水着
編集:info/魔王軍
2年目
3月下旬
(西暦 2021-03-06)
NEXT :-
告知
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png

三行 Edit

  • 黄金狂いの
  • エキドナが
  • 財宝の上で蜷局を捲く

金貨の上に置かれた座椅子 Edit

&color(#2f4f4f){}; アレクサンドラ>MOG/0014
編集:に蛇を放て
お名前:
  • 作戦指令 勇者包囲戦

    きたる3月の中旬にマゾクナルド一周年記念に伴い、式典を開く
    作戦内容は式典の主役ポイズンテラー恵子を魔族化計画の本源であるという情報を流す事により
    勇者を釣り出し、彼女を囮に包囲殲滅戦を行う
    腕に覚えがある志願者は各位、潜伏用の方法を独自に考え、参加の事

    日時 3月中旬 (リアル日時 2月20日 21時〜)
    場所 人間界の街 -- 2021-02-16 (火) 23:47:04
  • サンちゃーん。お金の無心に来ました(言い方)
    3月に式典と称して勇者狩りの作戦決行でお金が必要なので、その為のお金です
    すでにこちらで観客サクラを偽者で作る為に1500万G出しちゃったんだけど、これ以上かかりそうなのでお願いします(ペコリ) -- シンセロ 2021-02-16 (火) 23:04:28
    • はいはい、この前のあれとは別?(いくつかの書類を眷属に渡しお茶を注ぐ)
      あら、随分大掛かりなことするのね。……金額も大掛かりねえ。(金額を聞いて、宝物殿を見渡す)
      クサリー、わたくしの備蓄少し切り崩していいから用意してあげて。
      一応色々手は打っているけれど、全体の備蓄が減ってるから大規模なのはそろそろ厳しくなってくるわよ。
      これで趨勢決まるなり、膠着してくれるなりしてくれたらいいのだけれど。
      -- 2021-02-17 (水) 18:57:16
      • ん〜?メイド喫茶?うん、あれとは別件だわ〜
        (自分の資産に手を付けると聞いて、僅かに眉を寄せる)ん…大丈夫なのそんな事して?
        そっか、もうあんまり国庫が無い感?そりゃそうか…戦争自体お金がかかるからなぁ(その国庫に良く手を付けている身分なので複雑そうに)
        そうだねぇ、人間界側の柱の一つであるところの勇者を根こそぎ狩り取ろうって話だから
        うまく行けば終戦まで持ってけるとは思うけど…その後は、戦後賠償・補償で向こうの国から
        カズヒラ的に毟り取るつもりではあるから、多少の補填はできると思っけど…そっから先は幹部連の頑張り次第だねぇ
        多分これからも皆が色々迷惑かけっかもだけど、よろしくオナシャッス(軽く礼をする) -- シンセロ 2021-02-17 (水) 20:43:18
      • 全体の量が減ってきてバランスが美しくなかったからちょっと減らしたかったのよ。
        終戦は歓迎だけれど、その後絞りすぎると禍根が深くなりそうねえ。土地神とかと手を汲んだりしたら怖いわよお人間は。
        はいはい、ここがなくなるまではやることはやるわよ。だから長くもたせて頂戴ね。
        -- 2021-02-17 (水) 22:01:20
      • (「嘘が下手だなぁ」と思いつつも僅かに笑って)…ありがとう(と短くお礼を言った)
        それな。しぼり過ぎるとマジその通りになりかねないから、遺恨を残さない程度。塩梅が難しいから
        向こうの財政、内部調査の徹底と…これは 魔王軍情報部(MIS)に任せるとして。そこから得られた財政、国庫の蓄え等の情報から
        計算して、取れそうな金額の算出。これに関しては…サンちゃんにお任せします(自分よりよほど向いているだろうと仕事を投げて笑う)
        さって…結局俺に決定権はねっからねぇ…できるのは良さげな条件提示だけ
        後の決定権は大魔王様(大サマー)にあって、決めるのもあっち。どうなる事やらだわー -- シンセロ 2021-02-17 (水) 23:13:06
  • 少々金が足りぬのじゃアレクサンドラ殿、ここに来る人はだいたいこんな感じなんじゃろうが……まあ、正直に吐露するとそうなのじゃ -- レンダ 2021-02-15 (月) 22:40:45
    • あら、いらっしゃいませ。……レンダ様よね?噂には聞いていたけど随分と可愛くなっちゃったわねえ……。
      とりあえず立ち話もなんだもの、おかけになって?(カップに新しい紅茶を注ぎ、テーブルに置く)
      ええと、予算の増額だったわよね。ある程度なら全体備蓄から各軍へ割り振りしていいって言われてるけれど、どのくらいいるかしら?
      -- 2021-02-16 (火) 20:54:48
      • まあのう、この体になってからもうじき一年じゃ、ワシも周りも大分慣れたのではないかの?うむ、お持てない痛み入るのじゃ
        (椅子に座って紅茶を一口飲んで)そうじゃのう……大体これくらいかの(と提示するのは、まあ無理のない範囲の予算である)
        聞いておるとは思うが、メイド喫茶をやっておってな、好評につき2号店を作ろうと思っておるのじゃよ -- レンダ 2021-02-16 (火) 21:10:04
      • 最初うちの子達から噂聞いたとき、はしたないけれど見に行こうか迷っちゃったわ。
        でもそうね、最近は話題にも上がらないし皆その姿が普通って認識に変わりつつあるのよね。(自身も一口紅茶で口を湿らせる)
        ……うん、このくらいならわたくしの権限で増やせるわ。手続しておくわね。(提示された額を紙に移し、控えていたエキドナに手渡す)
        ああ、聞いてるわ。好調みたいね。前にシンセロくんからも聞かされたけど、いまいちメイド喫茶っていうのはどういうものかはわからないけれど……。
        -- 2021-02-16 (火) 21:27:27
      • 見に来ても良かったのじゃぞ?なにせワシが丹精込めて作った体だからのう(はっはっはーと笑う爺ムーブ)
        うむうむ、それでこそワシの思惑通りじゃ、まあ何で人間の娘が軍団長?みたいな声も聞くがのう
        なんじゃお主も知らずにシンセロの話を聞いておったのか、ま、単純に言えば給仕姿、メイド服の女子が働く喫茶……まあ飲食店みたいなものじゃよ
        対応が少々特殊じゃが、これは言葉ではなかなか言い表せないがのう(助かるのじゃ!と頭を下げる団長) -- レンダ 2021-02-16 (火) 21:43:45
      • 本当、錬金術ってすごいわねえ。(眼鏡越しに改めて眺めて感心したようにうなずく)
        そこまでできるなら一番のお題目の卑金属から貴金属に変じさせるのもできるんじゃないの?
        そうね、戦争が始まったのになんで人間がいるんだって騒いでる子もいたわね。そりゃあ、これがあのレンダ様だとは思わないわよねえ。(くすくすと笑う)
        うーん、やっぱりそうよね?給仕の服が違うだけの飲食店よね?
        前にシンセロくんに給仕しないでいいからメイド服を着てメイド喫茶に入ってほしいって言われてよくわかんなくなっちゃってたのよね。
        いっそ実物をレンダ様が運営してるんだから今度こそ見に行くのもありなのかもしれないわねえ。
        -- 2021-02-16 (火) 22:03:09
      • 左様、錬金術は凄いのじゃ、じゃがまあ人為転生の評価はよろしくないがのう……元々長生きな魔族ゆえ転生してまで、とは思われぬのかもしれぬな
        ……へ?……あー、金を作るってヤツじゃな?出来るよ、出来るとは思うがの、やった事ないのう(目をそらす)
        お金に関しては予算が下りて来たからの、ワシが好きな研究しかしてこなかったのじゃよ(てへぺろ)
        見るだけで幸せになると言う層もおるからのう、あと給仕とはいえご主人様とか呼ばねばならぬのじゃ、気位が高い者には少々ハードルが高いでな
        クーリエはいつでも客を待っておるのじゃよ!もしそこで気に入ったらメイド服を着てみるのもいいかものう -- レンダ 2021-02-16 (火) 22:14:35
      • 大体の子は元もった体に誇りがあるから余計によね。わたくしは自分がやるかは別として素晴らしい業だと思うのだけれど。
        できたら金にした石を一個コレクションにもらおうかと思ったのだけれど。残念。
        わたくしは他人をどう呼ぶのもあまり気にしないからその辺のハードルは低いわね。
        ただ給仕しようとするとどうしてもこの尻尾がね。椅子とか机とかお客様の足とかたくさんひっかけちゃいそうだわ。
        そうね、色々知ってみるのも楽しいものだし、今度お邪魔するわね。服は、うーん、合うサイズあるかしら……
        -- 2021-02-16 (火) 22:23:23
      • まあのう、魔族として知識に傾倒したワシが異端であったのは間違いないからの、ふむ、やった事がないだけで恐らくできると思うのじゃ
        何ならそのうち持ってきてもいいのじゃ、金に変えた石をのう、あまりやり過ぎると経済吹っ飛ぶからほどほどにじゃが
        ふむ、意外とそう言う蛇の尾がいいと言う客もいると思うのじゃ、だかまあこればかりはやってみなくては分からぬからのう
        サイズなら心配無用じゃ、ナーゼルに頼んでおけばぴったりのを用意してくれるわい、あ奴そう言う才能にも目覚めおったからのー……
        よし予算の話もついた、ではワシはこれで戻るのじゃ、またのアレクサンドラ殿 -- レンダ 2021-02-16 (火) 22:35:03
      • 昔は特に知より力だったものね。なんだか変われば変わる物ね全体の価値観って。
        あ、それは嬉しいわ。大丈夫、一個でいいの。収集癖を満たしたいだけだから。多いと逆に価値なくなっちゃうものね。
        じゃあ、また手が空いたときにでもお邪魔しに行くわ。ごきげんよう、レンダ様。
        -- 2021-02-16 (火) 22:47:09
  • カネがない(訪ねてくるなり発した最初の一言がこれであった)カネがないぞアレクサンドラ殿 この調子で戦線を広げていけば、三年以内に財政が破綻する -- ヘンリカ 2021-02-13 (土) 23:48:01
    • いらっしゃいヘンリカ、とりあえずお茶でも飲んで落ち着いたらどうかしら。(下でくつろいでいる眷属に新しいお茶を持ってきてもらい注ぐ)
      そうねえ、実際、宝物殿の備蓄もかなり目減りして手が空いちゃってる子も出てきてるのよねここも。
      結局、収入と支出が見合ってないし、どこかで手打ちにしないと損するのはこっちよねえ。
      その辺、城の会議では議題に上がってるの?
      -- 2021-02-14 (日) 17:59:56
      • (一瞬目線を上にやりかけて首を振る)いかん、一杯の茶を出すまでにかかるカネの計算をしてしまった……ありがとう、アレクサンドラ殿
        技術の進歩が想像以上に早いんだよ 我が軍の戦力が向上することは喜ばしいが、工程が複雑化してコストが嵩んでいる カネもなくなるわけだ
        カネの勘定に明るいものは決して多くはない、といったところだな 魔軍の将たちも、自分の庭の外側のことはわからんだろう そこでだ
        『戦時国債』の発行をやってみないか? 人間界の言葉を直訳したものだが……要するに我が王の御名のもとに証文を出して、魔界や友邦の民からカネを借りるんだ -- ヘンリカ 2021-02-14 (日) 19:27:30
      • だめよ、それは。どんな時でも心のゆとりがなければ正しい判断も下せないわよ?
        なんだか、人界とも違うよくわからないところからも技術が流入してるんでしょう?わたくしも2回くらい出会ったけれど。
        ふぅん、国債ねえ。お金を集める手段としては現状一番妥当なんでしょうけれど。
        ねえ、ヘンリカ。この戦争、上は着地点を見据えているのかしら?
        わたくし、元は外様だから魔王様への忠誠というよりこちらの住み心地がいいからこっちについてるのよ。
        だから今後泥沼が続いて国が支払能力を失うのが見えているのにその手に出るような、恨みを買う真似はできるだけしたくないのよね。
        -- 2021-02-14 (日) 22:11:37
      • 私からは何とも言えんな ひとつ言えることは、絶滅戦争ではないということだ 敵方をことごとく滅ぼすまで止まらぬ殺戮とは違う どこかで手打ちができるんだよ
        人間たちの国家群の一部には、すでに戦後を見据えて密使を寄越してきている連中がいる 我が軍の絶対優位は崩されぬ 主戦場はあくまで人間界なのでな
        力尽きた国から落伍をはじめる 人間界の結束は既に揺らいでいると言っていい それから、カネは戦後にこそかかると思っておいた方がいい
        だから今のうちに仕組みを作っておくんだ 二つの世界は深く傷つき、復興には大金がいる そして復興が遅れるごとに未来は失われていく……そのための戦時国債だ
        アレクサンドラ殿、国債というのは低利の借り換えで回していくものらしい つまりは、信用の問題だ 支払能力ではなく信用がカネを生む
        集めたカネは戦争の遂行だけでなく、産業や農業の振興にも投じられる 民の暮らしを助け、さらに利益を民に還す 悪い話ではないだろう? -- ヘンリカ 2021-02-14 (日) 22:28:49
      • そう、あなたの言うことだからとりあえず信じる。
        ……いいわ、戦時国債についてはこちらで対応しておくわ。
        ……はあ、面倒ねえ。戦争っていうのは。
        -- 2021-02-14 (日) 23:22:33
      • 私をずいぶん高く買っているのだな ともあれ、そう言うと思って準備だけはしておいた(副官が分厚い人事ファイルを持ってくる)
        人間界の各地で働いていた銀行業務の経験者たち……彼らの言葉で「銀行員」と呼ばれる人間を集めてきた 国債の発行元は銀行になるのでな 一部には学者も混じっている
        攫ってきたわけではないぞ 勤務地が魔界になることも厭わず、魔界初の銀行づくりに意欲を示した者たちだ 魔界諸族に遜色のない給与も提示している
        アレクサンドラ殿、貴君が初代の総裁となれ ハコができたら宝物庫のカネを丸ごと突っ込んでしまえ 私の全財産も呉れてやる 他に使うあてもないのでな -- ヘンリカ 2021-02-16 (火) 23:24:26
      • そりゃあね、それなりに長い付き合いだもの。(受け取ったファイルをめくって眺めていく)
        準備がいいわねえ。わたくしがめんどくさいから嫌って言ったらどうするつもりだったの?(笑いながら資料を眷属に渡す)
        奇特な人間もいるものねえ。大昔に人に神の座から引きずりおろされたのにまた人を使うことになるのもなんだか因果ねえ。
        いいわ、じゃ、うまくやってあなたが研究資金に困らないくらい増やして返してあげるわ。
        やーねー、忙しくなりそ。
        -- 2021-02-17 (水) 22:23:58
      • ははは、貴君が? アレクサンドラ殿ともあろうものが、カネの匂いを嗅ぎ取れないだと? そんなことがあり得るのか? 可能性がゼロであれば考慮に値しないだろう
        ただ、そうだな……その時は別の使い道を考えたさ 当然ながら、約束が違えば人間たちも面白くはないだろうな 一人二人と野に下り、人間界に去っただろう
        人間界の主従関係というのは、相当サッパリしたものらしい 私たちも案外、性に合うかもしれんぞ(この戦いが終わったら……と言いかけて口を噤む)
        ほら、人間たちに酒を造らせていただろう? アレの元手を集める役にも立つ 世界中のカネを貴君の銀行に集めるんだ 楽しくなるぞ、と言うべきだろうな
        (後世の史家はこの日の会談を指して王立魔界銀行―――『魔銀』の発祥であったと言う 当人たちは知る由もなく、茶を飲み終えると帰っていった) -- ヘンリカ 2021-02-17 (水) 23:09:25
  •  

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

《黄金郷の毒蛇》アレクサンドラ

・元は眷属の蛇たちを人界へばらまき情報を集める役割を務めていたが
 いつしか財宝集めに傾倒し、宝物殿に居座るようになった毒蛇

・宝物殿内部の初回整理整頓で精魂尽き果て、わざと作った金銀財宝の山の上で蜷局を捲いて過ごしている

・隠している目は魔眼であり、見たものを黄金の彫像に変えてしまうと本人は嘯いているが実際のところは不明。


宝物殿

・その名の通り、魔王軍の遠征などで集められた貴金属や金貨など価値のあるものを保管する場所
 大昔は集めたものはそのまま投げ込まれ、時折必要に駆られ整頓される程度だったとか
 ある時からそこに住み着いた一匹の毒蛇によって整理整頓され、用途別・種類別にしっかりと分けられた

 蛇が寛ぐためにわざと積み上げた財宝の山を除いて

・現在は整理整頓に拘るが他はあまり気にしない主に代わり眷属の蛇やエキドナたちが実務を行っている

ある日の毒蛇

財宝の山、その均された頂にて

天井の明かりにグラスに注がれた琥珀色の液体をかざし、眼を細める
そっとグラスに顔を寄せ、香気を舐め取るようにゆっくりと割れた舌を出し入れする
口を湿らせるように少し含み、息を吐く
「いいわあ、今回のはかなり当たりね。またどこかの軍に人に似た子借りて買い付けに行ってもらおうかしら」
グラスを傾けながら眼下であくせく働く眷属たちを眺め頬杖を突く
そのまま宝物庫内の状況を考える。酒樽をここに保存するのは酒精のことを考えるとあまり好ましくない。
「……酒保に頼めばいいわよね、お酒だし。」
羊皮紙にペンを走らせ、てきぱきと指揮をとっているエキドナの一人を呼び寄せて手渡す。
「今日はこれを酒保に届けたらお仕事おしまい。山から金貨持って行っていいからそのまま皆でご飯食べておいで。」
頭を下げ、ぞろぞろと宝物殿を出ていく眷属たちに手を振りグラスの中身を飲み干す。
蜷局を捲き直し、小さくため息をつく。

「勢いづいて人間根絶やしなんて方針に舵が切られなければいいのだけれど」

コメアウ Edit


Last-modified: 2021-01-30 Sat 23:26:20 JST (34d)