忍者ジットリくん 筍狩り数:101本 Edit

exp035219.jpg名前ジットリくん
出身田舎
種族人間
性別男性
年齢20
前職茸栽培
現職忍者
理由たけのこ人気が気にいらない
状態どくきのこ
企画企画/忍者大乱闘
霊圧なくなた

三行 Edit

  • 山を降り谷を避け
  • きのこの山へやってきた
  • ジットリくんがやってきた

たけのこ掘るべし慈悲はない Edit

qst076477.png
お名前:
  • 秋のある日、ジットリくんは姿を消した。
    筍賀のニンジャに襲撃され消されたのか、それとも戦いに疲れ茸賀を去ったのかは定かではない。
    ただ、ジットリくんが棲み処としていた里のはずれの小屋、その中に一本の巨大な毒キノコが突然生えている…。

    筍賀への報復のために、人ならぬ力を用いた男は人ならぬものとなった。
    男もまた自らの行いの報いを受けたのだ。

    おわり
    -- 2020-03-24 (火) 21:16:15
    • 日鳥=サ……なにこれ、でかっ!? -- エリザベート 2020-03-24 (火) 23:34:05
    • じっとりの……全くお前さまは。せっかく土産も用意したというのに。
      どこぞに、行ってしまいおって…オレだけでスイカは喰ってしまうからな…全く…。 -- コウ 2020-03-25 (水) 01:47:59
  •  

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


何者? Edit

  • ジットリくんは茸農家
    • 100人ほどが暮らす、ちいさな農村の出
      食用、薬用の茸を栽培し売るお仕事をする家に生まれた男性
      茸賀の里には茸の売買による交流があった
    • 本名は日鳥仁蔵(ジットリジンゾウ)
  • ジットリくんは忍者
    • 茸賀と筍賀の争いに巻き込まれ、家が焼かれたため
      茸賀に身を寄せ、筍賀の忍者らと戦う羽目になった
      しかし元々、茸が筍に人気的に劣る事が気にいらなかったため
      筍狩りにはわりと積極的に参加する
    • 暗いところや地中でジッとしているのが苦にならないため
      そのあたりは忍者適正があると言えるかもしれない
  • ジットリくんはこんなの
    • 見た目から陰気そうな長身痩躯の男
    • 長く伸ばした黒髪を首の後ろ辺りでまとめる
    • 陰湿。恨み深く、妬み深く、自分に自信が無くイジケ易い性格
      目線を合わせずぼそぼそと喋る
      • しかし茸の事になると途端に早口になる!
    • 暗く湿った場所を好む
  • ジットリくんは茸使い
    • 自分の触れたものに任意の茸を生やす事が出来る
      これが忍者ならぬジットリくんの唯一の武器となる特殊能力
      主に敵の体表、体内に毒茸を発生させるという使い方になる
    • 茸の神により与えられたこの力は、しかし使えば使うほど
      自分自身を茸に近付けるという危険性を孕む。
      • 具体的には100回使うと(=戦果100体)茸そのものになる
+  ジットリくんの秘密 




//コヤスダケ Edit


Last-modified: 2020-03-24 Tue 23:18:35 JST (252d)