カッパドキア所属 『ディバイザー』 Edit

名前ディバイザー
出身家フェルナンデス
年齢22
性別
edit/refer
現職
edit/refer
前職
edit/refer
理由
edit/refer
状態
edit/refer
行動方針
優先依頼
edit/refer
難易度
edit/refer
信頼度
edit/refer
現在拠点
所属カッパドキア

三行! Edit

勘違いナル系ギタリスト
雷のギターで空を駆ける
……あれ、賊要素は?

ライブ会場もとい船の上 Edit

&COLOR(GoldenRod){ディバイザー}; &COLOR(purple){雷精霊};
お名前:
  • ディバイザー
    歌い手が喉を痛めるのは日常茶飯事、って聞いたわ。貴重な薬草(ハーブ)を使ったのど飴が手に入ったのだけれど、要る?(高価そうな袋にゴロゴロ入った、不思議な色合いの飴)
    代金は、気が向いたら酒場で何か奢ってくれるだけでいいわ -- アルミナ 2015-01-31 (土) 02:31:36
    • ハハ、俺はヴォーカルは野郎どもに結構投げたりするんでな。負担をかけないで済んでるのさ しかしまぁ、あるに越したことはない ありがたく頂くぜ(スイと袋を受け取って)
      奢りね……見合うもんが奢れるかどうか しかしこれ、見たこともねぇのど飴だな……どこで手に入れた?(飴を光に透かして見ている まるで宝石に魅入るように)
      -- ディバイザー 2015-01-31 (土) 03:01:52
      • あら、ミルク一杯でも構わないけれど。仲間内の特別価格、ってことでね
        生産地はアルビオン連合王国か、ルーシ帝国(最近風邪で縮んだという竜の娘に関わる地名……聞いたことがあるかもしれない)か。どっちだっけ
        (自らの潤んだ唇に親指を押し当てて、考え込む素振り)
        黄金諸島の空で、武装商船と物々交換した中に入ってたの -- アルミナ 2015-01-31 (土) 11:29:24
      • そいつァありがたい話だな。ま、選べる限り最高級のもんで返させてもらおうか ……最高級のミルクとかどんなんなんだろうな(なんとなく言っては見たが想像がつかない)
        アルビオン?リウィアの故郷だっけか……ルーシも聞いたことがあるな。こりゃまた縁のあるこった(飴一つとはいえ、奇縁に導かれたものだとますます気に入り一つ口に放り込む)
        黄金諸島ね、あの当たりはずいぶん商船が飛んでんだな?いつぞやの沈められた船もそうだったが(それだけいれば観衆にもなるか?と航行ルートに含めるか思案を始める)
        -- ディバイザー 2015-01-31 (土) 20:44:51
      • 山羊のミルクとか(豊満な胸が揺れた気がする)、ミノタウロスのミルクとか?……ミノタウロスに牝っているのかしらねー。見たことないわ、そういえば
        そうそう、見た目は変わってるけど、結構いけるでしょ、そののど飴。意外とクセがなくて、美味しいのよ。でも食べ過ぎにはきをつけてね
        邪教団が巣食う前は合法非合法どっちにしても。良いルート兼取引場所だったみたいよ。あの諸島
        早く邪教団追い払っちゃって、あの空域取り戻したがってる組織も多いらしいわ。信頼できる情報かは置いといて -- アルミナ 2015-02-01 (日) 00:42:27
      • ハハ、そりゃ裏物になんねぇか?(そう来たかと苦笑) ミノタウロスの牝ね……白黒の模様だったりしてな
        (のど飴といえば薬臭が顔を覗かせたりもするものだが、これはスッキリと甘く)ん、いいなこれ。うっかり摘んでしまいそうになる だがま、ライブ後の楽しみにとっとこうかね(袋を懐に仕舞いこんで)
        連中、まだあのへんうろちょろしてんのか。単に贄がゴロゴロしてるからか、それともなんか探してるものがあんのか……うっとおしいな あいつら雷雲に耐えるんだよな(渋い顔をし頭を掻く 定番の逃げ戦法が通用しない相手はどうにも苦手)
        -- ディバイザー 2015-02-01 (日) 12:18:20
      • ホルスタイン模様。なにそれ可愛い
        んー、絶縁体で覆ってるのか、避雷針でも持ってるのかも……何にしても巡礼船にはあまり遭いたくないわね
        ハイリスク、ローリターン過ぎるもの(飴を贈って用は済んだらしく、軽く手を振り、微笑を浮かべて。隠れ港の資材置き場へと去って往く) -- アルミナ 2015-02-01 (日) 23:28:51
      • ま、そんな柄でダンジョンうろついてたら流石にパッと目につくか?見たことねぇしちげぇよな
        耐雷魔術のたぐいかもな…… まったく、ゴキゲンな空に厄介な連中が飛んでるもんだ
        出来りゃ早い目に討伐されて欲しいもんだがな(去っていくアルミナに軽く手を振りながら、残った飴を口の中で転がし味わっていた それを船員の雷精霊に見咎められ大層ぶーぶー文句を言われたという)
        -- ディバイザー 2015-02-02 (月) 00:03:17
  • 交換に来たぞミスター。ばっちりだ。これは歌えるようになった。歌詞も覚えた。他にはどんな歌があるだろう?(飛竜の背から降り立って) -- リウィア 2015-01-12 (月) 21:21:03
    • オーライ、早いもんだな さすがはといったところか?(雷精霊が甲板で飛竜の誘導を行っている さながら交通整理員)
      お前さんの趣向次第ってところかもなぁ 激しいのがいいか、緩やかなのがいいか…… どうだ、レイシス?

      候補は幾つか用意しておりまス キャプテンの影響が強いですガ、リウィア様の好みに合わせ舟歌に近いものも用意させて頂きましたヨ -- ディバイザー 2015-01-12 (月) 21:36:40
      • この間、歌えと言われてカレドニアの古いバラッドを歌ったのだがな。期待されていたものと違って意気消沈させてしまったのだ。
        泣き出すものまでいる始末でな。(苦い経験だったらしく表情を曇らせ)誰でも歌えるものがいい。でなければ、一緒に盛り上がれるものがいい。
        たとえばの話だ。速すぎる。高すぎる。複雑すぎる。理由はいろいろだが、聞いている者が歌詞を追えない様な歌があるだろう。
        あれはどうやって楽しませるものなのだ。私の好みは男たちが楽しめる歌だ。人に力を与える歌だ。死にゆく者をこの世にとどめ、絶体絶命の窮地すら覆すような歌がいい。 -- リウィア 2015-01-12 (月) 21:46:12
      • ハハッ、時代遅れの曲はどうやっても苦手意識がついてまわるもんだな(思わず苦笑 似たような経験があるのだろう 指はブルースの調を刻んでいる)
        んー、誰でも歌える、盛り上がれる、それでいて力強く……凱歌に近いか しかし誰でもってなると早過ぎるのはアウトか
        ま、高いのに関しちゃ自分のキーで歌えばいいんだよ。要はノリだよ、ノリ

        英雄の歌、とでも言うべきでしょうカ。でしたら……コチラでどうでしょウ?男性メインですガ、キーはご自分の歌いやすい音域に合わせて見てくださイ(ディスクをプレイヤーに挿入し流れだすのは絶望に立ち向かう英雄の歌 -- ディバイザー 2015-01-12 (月) 22:14:07
      • 泣く者がいた。裏を返せば人の心を揺り動かしたということだ。いや、ねずみの心だったが。ならば古びてはいないだろう。力ある歌というのは。
        注文が多いと思うだろうか。それだけ期待しているのだ、ミスター。君は物知りだからな。船乗りたちが知らない歌を教えてくれる。
        英雄。伝説の船乗り。海に生きた者たちの歌か。好きだぞ、うむ。勇壮な歌は好きだ。む?…む。(スピーカーの方を向いたまま目をしばたく。口もとが緩んだまま固まって) -- リウィア 2015-01-12 (月) 23:12:57
      • 確かに、いい曲ってのはいつまでたっても人の心を打つもんではある ……後々になると打率が下がるのも事実なんだよな(頭を掻いて唸る)
        そう持ち上げてくれんな、俺らは好き放題やってるだけだからな ま、ジャンル違いのところは大いにあるだろうが

        む、いかがなさいましタ?お気に召しませんでしたカ?(きょとんと見つめたまま) -- ディバイザー 2015-01-13 (火) 00:40:28
      • いや。不満はない。そうではないのだ。(こちらもきょとんとして見つめかえす)頭が揺らされて…驚いただけだ。刺激が強すぎたのだろうな。
        食べもので例えればわかるだろうか。君は食堂に入った。うまそうな匂いがする店だ。どんな料理を出すのかよくわからない。
        周りでは何かうまそうなものを喰っている。店員に問いかけられた。メニューは知らない言葉で書いてある。注文の時だ。君ならどう答える。
        私はうまいものをくれとしか言えない。辛いものは苦手だ、くらいは言えるかもしれないが。そして、料理がでてくる。見たこともない料理がな。
        かいだことのない香りがして、聞いたことのない音を立てている。感じたことのない味。口にしたことのない食感があった。
        頭がな。追いつかないのだ。困ったことだ。幸せなことかもしれないが。まだドキドキしている。風邪をひいてしまったようだ。(上気して濡れた髪。汗ばんだ胸元を開けて)
        ふふふ、なかなかだ。持ち上げてなどいないさ。君は知らない味を教えてくれる。うまかったぞミスター。私も同じ料理がしたい。教えてくれ。これがいい。 -- リウィア 2015-01-13 (火) 00:54:58
      • 気に入ってくれたか?ならいい 何、知らないジャンルとなると拒否感が出ることもしばしばなんでなぁ
        くくっ、そこまで効いたか? ま、慣れないうちは色んな物に強烈な感動を覚えるもんだろうさ 今のうちに噛みしめるのもいい
        もっと褒めてくれてもいいんだぜ?あるいは惚れてくれてもいいんだぜ? Foo!(冗談めかしてギターを唸らせる) なら、決まりだな。レイシス、準備してやってくれ
        (指示を受けディスクを回収してケースに収め、歌詞カードとともににこやかに差し出す雷精霊)
        -- ディバイザー 2015-01-13 (火) 01:22:59
      • 人の味覚はたやすく変わるそうだな。幼い頃に苦くて口にできなかったものが平気になったりする。うまいと感じることさえも。
        君を褒めることはできる。言葉を知っているのでな。状況にあわせて選ぶことも心得ている。えらいぞ。いい子だミスター。とは言わない。この場合はな。
        「褒める」と「惚れる」。大違いだ。惚れるというのは感情のはたらきだ。人に惚れる。それはまだ理解できていない。竜に惚れるというなら話は別だが。
        ありがとうミスター。ディバイザー・フェルナンデス。他にも薦められるものがあれば一緒に貸してほしい。欲が出てしまってな。(前回のと取り替え、ジャケットを眺めて) -- リウィア 2015-01-13 (火) 01:32:16
      • 先入観、って奴だな。何にしたってこればっかりは避けて通れん それを乗り越えて中身をしっかり楽しめるようになりゃ、快適ライフってな
        ガキみたいな褒め方はよしてくれよ(リウィアもジョーク的なものをわきまえるようになってきたかと笑顔で)
        ヒューマンジョークだ、あんまり深く捉えんでくれよ?(決めポーズを取ってみせる これも意味は無い)
        でしたラ、先ほど申し上げた舟歌に近い曲ヲ。東国のものですけどネ(新たなディスクを読みこませれば、こぶしの効いた女性ボーカルの声が響きだす -- ディバイザー 2015-01-13 (火) 01:43:45
      • 他のがいいか。そうだな。家に来て妹をファックしていいぞ。いい意味だろうこれは。私の家はカンブリアの山間にある。風光明媚というのだったか、美しい場所だ。歓迎するぞ。
        ところでファックとは何だろうか。わりとよく聞く言葉なのだが。(真顔で問いつつ)…なるほど。では大天才というのも戯れ言だったか。真に受けてしまったぞ。私としたことが。
        ん。(一時停止。エキゾチックな歌声に目を丸々と見開いた)極東の歌か。そう言われるとそんな感じがする。どこまで旅をすればこんな歌が聞けるのだろうな。
        七つの海の果てにある場所。いつか自分の翼で渡ってみたいものだ。では、それも頼みたい。忘れないうちに礼をしておこうと思う。前回の分も含めてな。
        (人の目を焼きかねないほどの白色光を放つ竜角。濃いオゾン臭がたちこめる中、一番近いアンテナに極太のアーク放電を放つ。制止がかかるまで電気を注ぎ、今回は二つ借りていったそうな) -- リウィア 2015-01-13 (火) 02:16:45
      • ど、どこでそんな言葉覚えてきたんだお前さんは……(とは言え空賊の港ならよくあることではあるか、と頭を抱え)
        さぁて?天才だなんだってのは他人の評価にもよるしなぁ?(相変わらず無根拠な自信であった)
        俺も行ってみてぇなぁ、極東。知らない空がどんな空なのか……ま、こいつで飛んで行くのはなかなか骨が折れる
        (放電の閃光に目を眩ませられるが、すぐに立ち直り)Foo,サンキュー 最近晴れ続きで電力に困ってたんだよな 次は練習の成果、聞かせて貰いたいもんだ
        (操舵室から十分な充電を受けた事を確認し、去っていくリウィアを格好付けた手振で見送って)
        -- ディバイザー 2015-01-13 (火) 02:42:36
  • …なんなんだ、人が一仕事のあとゆっくり眠ってるところを…あれか?(眠たそうな目で手下、そして3時の方向にいる騒音の元を睨みつけて)
    …丁重に「ご挨拶」をしてやれ…なんなら一発目から当てても構わんぞ(半分本気で言いながら手下に命じて)
    (ディバイザーの船の周りに、普通なら一発のところを右舷の砲を4発多少ずれても当たらないが割とスレスレな場所にぶち込んで) -- リヒャルト 2015-01-04 (日) 20:49:39
    • (今日も今日とて空のライブ 充電も最高潮と雷精霊は大騒ぎ)
      (その最中、左舷側に見える別の船 何もないなら放っておこうかと思ったが)チッ……やりあう気か?(火を吹く大砲 略奪目的とすればなかなか厄介)
      (ライド・ザ・ライトニングも迎撃体制に入る 受雷アンテナが数本持ち上がり、飛来する砲弾目掛け放電 ギリギリの位置まで来ていたそれは安全圏まで放り出される)

      「こちら操舵室 未確認の船よりの砲撃を確認 非被弾弾道でしたが念の為電撃により迎撃処理を行いました アウト」(操舵室からの迎撃報告 そしてディバイザーは手を口に当て考える)
      こっちがお楽しみだってぇのに邪魔してくれるな…… 野郎ども、わかってるな! 撃られたら、演り返せ!(ディバイザーの号令に従い左舷スピーカーハッチが開き、なおもやかましいロックミュージックが吐き出される -- ディバイザー 2015-01-04 (日) 21:24:26
      • …ん?なんだありゃ…雷を起こして…弾を弾いた?ンな事が出来るのかあの船は
        …全く、最近は色んな船が出回ってやがるな…って、さらにうるさくなるのかよ!舐めやがって!
        それならこっちだって考えがある!いいか、砲身が焼き切れそうになるまで撃ちまくれ!弾代なんぞ気にするな!(そう命じると1門ずつが順番に途切れなく砲撃して)
        (弾くのは分かってる、だがあんな雷を発するようなものが長続きするはずもない、襲うとかどうとかではなく、黙らせるそのためだけに何十発と砲撃を続けて) -- リヒャルト 2015-01-04 (日) 21:42:00
      • 「警告 砲撃多数 雷撃での迎撃は24発目で電力不足 撤退を推奨」 ち……ああいうのがいるからやりにくい(ギターを弾く手を休めはしないが、歯噛みし状況を判断)
        エイダァ!雷雲探せ!撤退準備! お前ら、電力は出来るだけ船に回せ!(ライブは続行 それは決して敵対船への意地ではない ディバイザーの「ナルカミ」から発される雷で船に充電を行えば、一発か二発分の雷撃になる)

        「了解 遠方に雷雲を確認 二時の方向 距離3000 雷雲突入形態に入ります」(甲板にシェルターが被さり、迎撃に使っていたのと同じ受雷アンテナがいくつも持ち上がる このまま浮上を進め、そのまま雷雲へ突っ込む腹積もりだ) -- ディバイザー 2015-01-04 (日) 22:03:55
      • はっ…いつまで持つかな?…あー、せっかく買い込んだ弾なのにもう使い切っちまうか?やれやれだな(金には困ってないが、その手間などを考えてため息をつきながら)
        お、やっこさんようやく諦めるか?…でも歌はやめないか、どんなに歌いたいんだ。リウィアかあいつは…(砲撃中止を命じるが、それでもなお歌う相手に苦笑しながら)
        ん?暗雲に突っ込むのか?逃げるためか…待てよ、暗雲?…雨雲…そうか!奴の狙いは!(気付いた時にはすでに突っ込まれていて) -- リヒャルト 2015-01-04 (日) 22:16:27
      • (ドカドカと打ち込まれる砲弾を電撃で弾き飛ばし続けるが、やはり電力には限界がある)「警告 電力量40% まもなく迎撃不可」 まだだ、まだ持てよ……!(ギターから溢れる雷、更には雷精霊の蓄えていた電気も合わせてはいるが、集中砲火を受ければそれだけ目減りも早い)
        「雷雲接近 エンゲージ 3,2,1……」(そして狙い通り雷雲の中へと逃げおおせる 直後、紫電が走りライド・ザ・ライトニングを揺らす)
        (普通の飛空艇であればそれだけで撃墜ものだろうが、ライド・ザ・ライトニングは雷を受け雷雲を征く事を想定して造られた船 そして)
        「充電状況良好」
         よし、これで問題なし さて、このまま追ってくるか?(状況の好転に音色を響かせ上機嫌 普通の船なら追って来るまい、とにらむ なおもライブの音声は響く 雷雲の外に届くかは分からないが) -- ディバイザー 2015-01-04 (日) 22:37:11
      • (雲の外側からでも分かるほどの雷光、本来ならほどなくして真っ黒に焼け焦げた船が落下していくはずだが…)
        …やはりか、あの雷の力をどうやって得てるか疑問だったが…なるほどな、空なら豊富にある訳か…
        ま、これで静かになった事だ。ゆっくり眠らせて貰おう…航路港へ…弾をまた補充しないとな…(あくびをしながら、何かあれば呼んでくれと言いながら船長室に)
        (オレたちは戦利品は得た、と言わんばかりに空賊旗をはためかせて港へと帰っていって) -- リヒャルト 2015-01-04 (日) 22:51:03
      • (幾度目かの落雷 充電具合も八割を超え、航行に支障なし 敵船ももはや追ってこない)
        敵船ロスト 追ってきません(それは通常の飛空艇ならば当然の選択だろう これでライブの邪魔になるものもいない)
        よーし、んじゃ騒ぎ直しだ!横槍入った分取り戻さねえとな!(雷雲から響くライブの音はなおも激しく、騒がしく雲を揺らしていたという)-- ディバイザー 2015-01-04 (日) 22:58:47

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

ディバイザー・フェルナンデス Edit

黒髪やや長髪、痩せた長身の男 革ジャケットを好んで着るなど出で立ちはロックスターのそれである
実際、行動原理も空賊と言うよりミュージシャンのそれであり、ギター片手に現れてはゲリラライブを行っては去っていくのがもっぱら
悪人相手であっても略奪行為を行っている所を目撃した者はいないだろう(それでも騒音を撒き散らす為煙たがられているが)
若干ナルシストがかった傾向があり、自分に酔った言行も散見される とはいえ空賊としてのシビアな生活もあり、他人を低く見ることはない

魔導器『ナルカミ』 Edit

雷を司るエレキギター型の魔導器 ディバイザーの愛用のギターである
雷に幾度も打たれてなお焼け残った樹から切り出され作られたとされている
掻き鳴らせば雷光を迸らせ、稲妻を自在に操る力を持つ もちろんエレキギターとしての機能も完備
魔導器としての力を除いても、ヴィンテージ物の高級ギターであり、およそディバイザーには不釣り合いな代物
恐らくはこの男の所持品の中で数少ない略奪・盗品だろう

高速飛空艇『ライド・ザ・ライトニング』 Edit

ディバイザーの搭乗する機械式飛空艇 その動力は100%電力で賄われている
空では供給のままならない電力を補うため、雷雲に突入しその雷を捉えるためのアンテナが無数に備えられている
どう考えても常軌を逸した機構であるが、ナルカミのサポートもあり問題もなく機能しているようだ
実験機としてのデータ収集を条件に譲り受けた艇であり、同型の艇は存在しない

また、略奪を考慮せずゲリラライブに特化させたため、砲の代わりにスピーカー、スポットライトなどが搭載され、武装の類は皆無
蓄えた電気を放出することで攻撃を行うこともできるが、あくまで自衛用の手段であり攻めるには積極性を欠く

雷の精霊 Edit

ライド・ザ・ライトニングに搭乗している人間はキャプテンであるディバイザー一人であり、船員としてはナルカミの力で従えた雷の精霊が複数乗っている
雷を纏った人影のような姿ではあるが、艇の操縦や護衛から哨戒、清掃、ライブセッティング、バックバンド、オーディエンスなどなんでもこなす
基本的に魔導器の力による従属であるが、ギターを手放していても忠誠心が変わらない当たり人望はあるのかもしれない
ディバイザーによってそれぞれに名前がつけられており、まるで人間のような個性を持った振る舞いを見せる

精霊メンバー一覧(どんどん増える) Edit

  • オーディス:観測手 マヌケ
  • ウィットレー:男ヴォーカル 大マヌケ
  • レイシス:女ヴォーカル メガおっぱい
  • エイダ:操舵手 アイスドール系

// Edit



Last-modified: 2015-01-13 Tue 23:48:28 JST (1996d)