遺跡暮らしのリッキー Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp029963.jpg名前リッキー
出身家セルベーヌ
年齢30
性別
edit/refer
種族人間
職業研究家

キャンプ場か遺跡内 Edit

お名前:
  • 煙草は血管を広げる効果があり、その結果脳の活動が活性化したり、リラックスしたりというのは確かにあるのだけれど…
    美味いのかい? 煙だろう? (心から不思議そうに首を傾げる女だ) -- イェオ 2015-10-01 (木) 06:27:14
    • …ん?なんだ、藪から棒に…(新聞を読んでいた手を止めて、バサリと畳んでイェオの顔を見て)
      まぁ、正直言うとデメリットばかりだな。体には全くもって毒だし、それになかなかに高い。こんな辺境になれば特に(肩を竦め)
      だが、もう癖みたいなものでな…お勧めはしないが、辞める気もない(楽しげに笑い) -- リッキー 2015-10-01 (木) 21:11:40
      • 中毒ってやつか 難儀なことだ 金にも体にも悪いというのに (リッキーの研究論文を流し読みながら、ちら、と視線だけを上げて眺める)
        疲れた時の疲労回復の効果もあると聞くけれど デメリットを覆してもなおの魅力があるのかな (逆側に首を傾げた) -- イェオ 2015-10-01 (木) 22:19:39
      • さてな、まぁ中毒でもいいか…ただ、そこまで俺はヘビースモーカーでもなければまだ軽い方のタバコなんだがな?
        …それは気分の問題もするが、まぁ疲れた時に吸うことも多いか…ん?吸ってみたいのか?(ポケットからくしゃくしゃの箱を取り出し、器用に一本を箱からはみ出させ) -- リッキー 2015-10-01 (木) 22:23:16
  • うん? (差し出されるタバコを見る くせっ毛に見せかけた狼の耳を立て、好奇心をはっきり出しつつ)
    いや、別にそんな… … …うん、まあ、少しだけ… (一度軽く遠慮するも、好奇心に負けて一本とって、ぷっくりとした唇に咥える 火をかざしてもらうが、しかし)
    …火がつかないぞ? (ただ翳しているだけなのでちりちりと煙草の先が焦げるばかり 本当にはじめて吸うようだ) -- イェオ 2015-10-01 (木) 22:32:23
  • (やっぱり隠したがってるが、これはこれで悪くないと思うんだがなと狼耳を見ているが表情には出さずに)
    あぁ、学者と言うのは実地もまた大切だからな…って、本当に何も知らないんだな(笑って、半分以下になった自分のタバコを灰皿に押し付け)
    …いくぞ?こうして…こうやってから…こうだ(新しいのを取り出すとフィルター側を咥え、火をつけるとそのまま息を吸ってじりじりと先端が灰になり、そしてタバコの煙をさぞ美味そうに吐き) -- リッキー 2015-10-01 (木) 22:45:18
  • (取り出された煙草を見た瞬間から、耳はしっかり煙草に向けられるし、尻尾はぽったりぽったりと興味深そうに動いている)
    (しかし表情はあくまで落ち着いたポーカーフェイスで) そりゃ麻生さ、初めてのことで先達に話を聞くのを、恥ずかしいと思うほど若くもないのでね
    (素直に煙草の講釈を聞きながらそんなことを言いつつ、一口煙草を吸い…かけて、口内に広がった苦味を楽しむこともできず、思いっきり咳き込んだ) -- イェオ 2015-10-01 (木) 23:00:15
  • 聞くは一時の恥と言うものな…それよりも重要なのは確かな事を覚えること、若い連中はそれが出来ないからな…俺もまだまだ若いが(言い終えてからその言葉をつけたし)
    …くっ…はっはっはっ!まぁそうなるよな、最初は…(表情を崩し実に楽しそうに笑い)
    あぁ、無理しなくていい。最初はこれのどこがいいんだ?ってなるものだからな、タバコってのは(まだ笑いながら、ペットボトルの水を差し出し) -- リッキー 2015-10-01 (木) 23:15:18
  • とは言え、昔から私は五月蠅がられる位には人に質問していた口だから、年齢は関係無いのかもしれないね
    なので、 (言葉を付け足したリッキーににんまりと意地悪く目を細めて見せて) 若さはまた、年齢には関係になく、老ける者は老ける物で
    (長い尾をゆったりと揺らしながらくすくすと笑う女 そんな笑顔も、咳で涙目に代わって) うーん…確かに、これのどこが良いんだ、と首を傾げざるを得ないよ… ああ、有難う
    (水を受け取ってそのまま一口、二口) …ぷは、うう、しばらく口の奥に苦みが残りそうだ …旨いと思うまでこれを積み重ねるのは、私は無理だな 吸い差しだが勿体ない、残りを頼む (苦みの残る唇を舐めながら、煙草を差し出した) -- イェオ? 2015-10-06 (火) 22:47:54
  • …そういうのが、研究者に向いてると言うしな? まぁ、ただ人に対しての興味は程ほどにしておくべきと学んだがな
    まぁ、こればかりは慣れでもあるしな。酒に関しても似たような事が言えるかもしれないが…(自分は水ではなく、ウィスキーをコップに注いで)
    特に、その体の状態だとより鮮明かもしれないしな…あぁ、その方がいい。早死にしたいなら別だが…ん?あぁ…(とりあえず受け取るが、手に持ったものと口に咥えたのを見比べて)
    (咥えたものを灰皿に押し付けると、さっきまでイェオが吸っていたものを口に咥え) -- リッキー 2015-10-07 (水) 21:47:21
  • そうかい? 私は興味津々で付き合った方が楽しいと思う口でね (にま、と目を細めれば、ご趣味は?とか好きな食べ物は?とか)
    酒はいくらでも飲めるけれど、煙草は呑めないなあ…ん”んっ (咳払いしてから、私も飲む、と酒を所望す)
    早死には勘弁願いたいところだね 私は長生きをしなきゃあならないから (眉を寄せて受け取った酒を一口二口 やっと一息ついた)
    (そして、煙草を受け取ったリッキーが自分の煙草をくわえるのを見れば、) 急かしてしまった様ですまないね 人の煙草は旨くはないだろうけど (苦みがのごっている舌を出し、薬を飲んだ子供のような顔をした) -- イェオ? 2015-10-07 (水) 22:55:53
  • そういうもんか?人によって違うのもあるだろうがそれがまた分からんで難しいもんだ(趣味は遺物いじり、好きなのは手間のかからない片手で食べれるパン系と答え)
    お、そりゃいいな。そういや酒場にもいたしな…ん?あぁ、そりゃ構わんが(とくとくっと水が入っていたグラスに注ぎ)
    長生きか…(仲間の分まで、と言うところだろうかと考えながら)
    ん?なに、問題ない…美人のタバコなら、むしろ大歓迎だな(肩を揺らして笑い) -- リッキー 2015-10-07 (水) 23:01:28
  • 興味を持つというのは良いことさ、人にでも、物事にでも それで失敗するならそれもまた学びって事だしね …って、普通に答えたな それに合理的な好みだな
    有難う …ふぅ、同じ煙たいなら、燻製の肉やチーズが良い (眉を寄せながらぐいっと酒を飲みほして もう一杯お代わりをもらった)
    … リッキー、君はそう褒めてくれるが、褒められ慣れていない私からするとこう、どういう顔をして良いのか判らないのだけれど (恥ずかしそうに眉を下げつつも、しっぽは小さく揺れて) -- イェオ? 2015-10-07 (水) 23:21:48
  • 問題は、人付き合いはこじれると遺物よりも厄介で、しかも連鎖していくのがな…(ため息をつき) あぁ、別に隠すほどでもない。だが、和食も嫌いじゃないがな。時間ある時なら、だが
    そういうお前さんはどうなんだ?…好みは肉やチーズってところだが(笑って、つまみとして燻製肉やチーズが入った袋をどさりと) 酒も飲めると言うのは嬉しいところだな、酒場でマスターと語らうだけってのもな
    …ふむ、以外だな。こんな研究者がいたらお歴々が狙ってきそうなものだが…(お世辞でもなく、本音で言ってるのだろう真顔で) -- リッキー 2015-10-07 (水) 23:38:16
  • その間に得るものも沢山あるさ …随分含蓄がある言葉だな、世捨て人みたいなリッキーにも過去があるってことだ
    (からかうように笑いながら、和食か、と首を傾げて) 食べた事がないな 旨いとは聞くのだけれど… (私は洋食しか作れん、と首を傾げた)
    私かい? 私はまあ、酒と肉とチーズだな …ふふ、ありがとう (用意されたつまみは遠慮なくつまんで嬉しそうに尾を揺らし)
    酒場では良く飲んでいるよ サイ辺りに聞いてくれば、私の酒飲み具合がよくわかるだろう …そう言えば、この間リッキーの話をしたな
    あっちも君のような不精髭でね 今度3人で飲んでみるかい (話題を思い出したのかくすくすと笑って) って、狙われやしないよ 周りは爺さん婆さんばかりで、孫やひ孫の扱いさ -- イェオ? 2015-10-07 (水) 23:54:13
  • 俺だって最初からこうだった訳ではない、という事だな…昔は夢と理想に燃える凛々しい青年研究者だったかもしれないぞ?…今も青年だが
    なんだ、食べた事ないのか?サシミはまぁ抵抗あるかもだが、てんぷらだのテキヤキだのは美味しかった。個人的にはラーメンが一番良かったが
    今あるのはそんな上等でもないが、まぁ酒のつまみくらいにはなるしな…(吸い終わったタバコを灰皿におしつけると、今度は燻製肉を咥え)
    俺の話?…ろくでもないのでなければいいんだがな あぁ、そこらへんは気があう仲間でもあるな。三人か…いずれ自然とそうなるかもだな
    あぁ、それだったらそうなるか…いい環境だったんだな、こっちはよく言うと…「男たちが意地と誇りにかけて伝統と格調を守り続ける所」だったからな… -- リッキー 2015-10-08 (木) 00:05:13
  • 昔は、と自分で言ってしまっている時点でねえ…ああ、私は今でも理想と夢に燃えているよ? と云う事は、まだまだ若いかな あと、さり気なく凛々しいまで入れるとは自信たっぷりだな (ころころと可笑しそうに笑う)
    テンプラスキヤキ…話には聞くのだけれど そのうちに食べてみたいものだよ 身体は大きくないが、食べるのは好きでね (背伸びをしても成人男性の高さに届かない背丈だ)
    上等も上等さ 十二分なつまみだよ、いただきます (嬉しそうに燻製肉の硬さをがじがじと楽しむ様子は、どこか狼…いや、犬っぽい) 三人でのんびり飲むのも楽しそうだ
    意地と誇りねえ…面倒くさそうだ こっちは煮詰まった鍋のように穏やかで熟した魔道の集まりだったからなあ (懐かしそうに目を細める) 最若手だったこともあって、孫や曾孫、玄孫のようにかわいがってもらったよ -- イェオ? 2015-10-08 (木) 22:40:54
  • くっ…流石に苦しすぎたか(悔しそうに目をそらし) あぁ、昔は身なりもちゃんとしてたからな(無精ひげを撫でさすって)
    あぁ、街にいってあれば今度奢るぞ。手持ちの遺物の一つでも売れば楽勝だ ふむ、確かに小さいものな(頭の上に手を置き)
    (これものろいの影響なのか?と眺め)あぁ、その辺りも機会があれば…あるいは、今度潜るときの作戦会議でもいいが
    …それなら良かったじゃないか…一通り問題が解決したら、戻りたいか?(何か遠くを見つめるように)
    (そうなると仲間がいなくなってさびしいと思うとともに、そんな戻る場所があるならそれが幸せだろうとも) -- リッキー 2015-10-08 (木) 23:13:24
  • いやいや、そうでもないさ 若いぞリッキー、まだまだいけるぞリッキー、若って呼んじゃうぞリッキー (にやりにやり)
    奢られなくても、ちゃんと割り勘で良いさ、こう見えて蓄えはあるんだ (人間だったころの口座が生きてた、と話をする割に、いまだにテントで暮らしてる女だ) って、気にしてるんだ、子供扱いせんでくれ (手を置かれて背伸びを解除 狼耳が不満げに寝る)
    (眺める目に気づいて、ん?と首を傾げる そんな仕草は子犬のようで、犬っぽいのは生来の物なのだろう) そうだな、作戦会議は今度掘っ立て小屋の酒場でやるか
    (そんな話をしながら、戻りたいかと問われればあっさりと、もう誰も居ないよ、と返し) 色々あってね 今は天涯孤独の身ってやつさ 友人は居るがね (ここにも一人、とリッキーに笑った) -- イェオ? 2015-10-08 (木) 23:57:21
  • いや、そんな風に言われても嬉しくは…おいばかやめろ…こ、こいつ(顔をひくつかせ)
    ふむ、それは何よりだな。こっちもほぼ無支援で金欠気味でもあるし…ん?あぁ、子供扱いじゃなかったんだがな
    誘うとしたら、ロバの商人とモグラの探窟…あいつは最近見ないか、後はどうするかだな…シシトの奴は忙しいらしいし
    …そうか…なら、仕方がないな。こんな友人だが、付き合うとしよう(小さく笑うが、そう言われて嬉しそうでもあり) -- リッキー 2015-10-09 (金) 00:15:33
  • (絶句したリッキーを見れば機嫌よさそうにしっぽを揺らして笑い) 初めて会った時には冷たく超然とした雰囲気だったが、今のリッキーの方が話しやすいな 良いと思う
    お互い冒険のパトロンはほしいものだけれど…って、子供扱いでなければ、あまり頭を撫でられることがないのだけれど、私はどういう扱いなんだい (不満げに見上げる)
    (知った名前を聞けば、ああ、とうなづきつつ、友人という言葉に微笑むリッキーにこちらも笑みを返し) よし、それじゃあ、友人として今日は飯に付き合ってもらおうかな 私はおなかが減ったよ (そういってリッキーを家から連れ出すのだ) -- イェオ? 2015-10-09 (金) 21:09:14
  • …こっちの方が素ではあるが…あっちの方がビジネスライクとしてはやりやすいからな、色々と(不本意そうにタバコに火をつけ)
    そこらへんまで望んだら逆に窮屈になりそうだぞ?少なくとも、俺は合わないと実感したしな…ん?それなら何よりだ(煙をはきながら笑い)
    どういう扱い、か…さて、どういう扱いなんだろうな?(ニヤニヤと笑って、内心は自分でもよく分からず)
    つまみ程度じゃ足りない、ってことか…やれやれ、仕方がないな(そのまま手を引かれるように、外へと)
    (そしてその日はリッキーにとって、数ヶ月、あるいは数年ぶりに楽しい食事となって) -- リッキー 2015-10-10 (土) 23:07:36
  • (両膝に手を置いてやや屈み、札を眺めて「留守か」と、ぽつり。何か用があったのだろうか? しかしすぐにその場を立ち去ってしまった) -- 青肌のエルフ 2015-09-12 (土) 23:20:46
    • …ん?誰かきた形跡があるな…都のお歴々関連、って訳でもなさそうだな
      …ふむ、まぁ用件があるのならいずれまた来るか…それより疲れた、寝よう(テントにはいると即ベットに転がってそのまま寝るのだった) -- リッキー 2015-09-14 (月) 20:04:27
  • さてと…そろそろ俺も潜る準備でもするか、まずは仲間を探さない事にはな…面倒なことだが(留守の札をかけて自分のキャンプを後に) -- リッキー 2015-09-06 (日) 22:31:38

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • リッキー
    • 無精ひげを生やしボサボサ頭の30過ぎの白衣姿の男
    • 新しく発見された遺跡の調査をフィールドワークしていてこの遺跡にも訪れた
    • ただし熱心というほどではないのか割と遺跡内をブラブラしている
    • 遺跡内部の遺物などに関しての見識はあるのか鑑定士と名乗ったりもする
    • また遺物の活用方法や簡易的な修理改造もするので技術者と名乗ったりもする
    • 本業であるはずの遺跡研究家と名乗る事はまずない
  • 遺跡内をブラブラとしているだけあって本人の戦闘能力も高い
  • はずなのだがあまり戦ってる姿を他人に見せる事はない
  • 戦ってるとしてもそばで歩いてる輸送ユニットだったりする
  • 戦う時は魔法らしいのだが…
  • 輸送ユニット「U−MA試作13号」 愛称:脳なし
    • 金属で出来た馬、を首から上を取り外し胴体と足だけにした輸送のためのロボット(つまりビッグドッグの大型版
    • 蹴っても倒れる事はなく二人くらいまでなら乗せて動く事が可能
    • 動きはややキモい、ただいざとなれば突進する事も出来る
    • また戦闘モードもあり足の先や胴体の先端に鋭い突起物を展開する
    • 主であるリッキーの言う事を判断出来るだけの人工知能搭載
    • リッキーの言う事を必ず聞く訳でなく反抗もする辺りかなり高いAIかもしれない

 研究室宛のポスト Edit


Last-modified: 2015-08-02 Sun 21:16:55 JST (1662d)