京都市都市部 Edit

企画/府立瑞祥高校
qst090127.jpg
−清水寺から望む京都市市街地−


編集:info/ZS
令和六年(西暦2024年)
--月 第--週
(西暦 2024-02-24)
NEXT :--/--(2024年--月)
告知
・企画期間は終了しました!
・いわゆるロスタイムの過ごし方は自由です。

6/18(日)20:30〜
イベント会場にて恒例のメタお疲れ様会を行います。

個人イベント日程
全日程終了!!お疲れ様でした!!


京都市都市部 Edit

編集:ZS京都市都市部
お名前:
  • 京都市都市部
    • 四条河原町(京都の中心市街地。京都で最も賑やかに栄えている地域)
    • 祇園(言わずと知れた花街)
    • 四条烏丸(京都を代表するビジネス街・金融街)
    • 京都駅(京都市の玄関口。学校からほど近く、商業施設も揃っている)
    • 京都タワー(京都タワーとは京都のタワーである)
      • (12月も半ばの週末。夕刻。京都駅前に聳え立つ、近代的な塔。京都タワー)
        (その最上階にあたる展望室から、1人京都の街並みをのんびりと眺めるセーラー服姿の少女)
        (周囲には観光客らが何人もいるが、気にはしていない) -- 2023-06-01 (木) 20:51:05
      • (道路により碁盤目に区切られた区画。その中にビルや住宅が生前と並び)
        (ところどころに区画まるごと、あるいは複数区画を使った巨大な寺社仏閣や公園が置かれている)
        (異常なまでに整理された街。だと言うのにこの街には大昔からの陰気が溜まり、淀んでいる)
        (それは山に囲まれた盆地という土地柄のせいであり、権謀術策飛び交う政争と闘争の場であった歴史の所為でもある)
        (故に伝説伝承の類も多く、怨霊や鬼、怪談に至るまで有名な怪異を数多く生み出してきた)
        人が在る限り、怪異もまた有り続ける…。
        (京都御所、その北を守る神社を遠く見下ろしながら少女は呟いた) -- 2023-06-01 (木) 21:02:20
      • (人々に忘れ去られない限り、怪異は何度でも顕現する。黄泉返る)
        それでも、イタチごっこでも、時間稼ぎに過ぎなくてもやるしかない。
        でも、私が使われるのはあのどちらかになりそうですわね。
        (視線は御所の北西、其処にあるふたつの神社へと移る)
        それともまったく別の、大怪異を相手どる事になるのか…。
        まあいずれにせよ、今のうちに今の世を楽しんでおかないとですわー。
        (そう呟いて、ぐぐっと背伸びをする) -- 2023-06-01 (木) 21:12:48
      • (最後に醍醐山から瑞祥高校のある方へと街を流し見て)
        ま、上手くやりなさい。私の出番があと何十年何百年と先になる様にね。
        (くるりと振り返り、乱れた長い髪を左手で整えながら)
        (黒いセーラー服姿の少女は展望台から立ち去るのだった) -- 2023-06-01 (木) 21:25:59

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2023-04-22 Sat 17:26:06 JST (308d)