BOL隊本部仮設事務所 Edit

BOL隊員連絡帳// Edit

  • 隊員へのお知らせが書いてある。ナンバーズ隊員・外部からの要望も書く事ができる。

休憩室 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024108.jpghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst031720.jpg
ログ
修正するであります!! ※植林歓迎※

&br; &size( ){ }; &ruby( ){ }; \/ ''''
お名前:
  • 旧企画勢力確認 -- 2012-02-06 (月) 09:59:05
  • エピローグ
    北へ、北へと進むBOL隊の馬車
    だが穏やかな旅路は長く続かない
    向かう先は戦場、国家規模の陰謀が渦巻く動乱の地なのだ
    -- 2009-09-01 (火) 13:07:38
    • 幌へ、車輪へ、御者台へ、そして馬へ雨霰と降り注ぐ無数の暗器!
      国境に程近い大陸橋での奇襲 淡雪が舞う欄干に揃いの黒龍紋を染め抜いた深緑の制服―襲撃者―が並ぶ
      「御機嫌よう、BOL-ゼロゼロナンバーズの諸君」
      その中にただ一人、奇矯な柄の背広を纏った紳士の髭が揺れる 真正面、行く手に立ち塞がるように
      「祖国の状況は困難を極める。諸君らに加担されると少々困るのだ、我等『郵便局』(Управление)としてはだね」
      北の雪国の言語だ これから先、隊が戦っていくであろう敵からの早速の挨拶
      「前説は短い方が良い。では諸君、もう一度御機嫌よう」
      先発したアルファベット達の活躍からの弾き出された戦力比―数百にも達しようかという郵便局員が包囲を狭め―
      堰を切った//
      -- 2009-09-01 (火) 13:08:27
      • わわわわっ!!…な、何でありますか?(ローブで暗器を薙ぎ払って馬車の外へ飛び出そうと…しかとに埋もれる)
        ら、ラズ殿?!北へ行って簡単な貴族の護衛を続けるだけって言ってたのに…何この何?!
        (子しかとを乗り越えて必死に外へ。馬車を守るように剣を振るいつつ抗議の声) -- カミラ 2009-09-01 (火) 14:39:22
      • (壁に暗器ではりつけになりつつ腕を組む)んむー…だいじょぶじょぶ、皆強いからきっと簡単だよ、えへへ
        湿っぽい別れもあれだし、丁度いいんじゃないかにゃー(壁に刺さった暗器を引き抜くと馬の尻に当たるようにぽいっとなげる)
        (ただでさえ興奮気味の馬が驚いて走り出た!!馬車が大きく揺れる)
        …にゃー戦いながら頑張って逃げてね。いってらっしゃい!良い旅をなのー♪(精一杯かわいい笑顔で笑って馬車と郵便局員の集団に手を振る) -- 少年L 2009-09-01 (火) 14:46:54
      • (座った姿勢のまま刃を盾にして暗器を防ぎ)・・・見送りだけのつもりだったんだがな。まぁいい、ちょいと遊んでやるか。
        (馬から跳び上がりつつベルトを叩き)・・・変身。(刹那、男を黒い風と紫電が包み黒い仮面の戦士へと変える)
        此処に居るコイツらを片付けるまでは付き合ってやるよ。3分で充分だよな?(男は何処か嬉しそうに、そう呟いた) -- ミッド? 2009-09-01 (火) 15:09:09
      • …あぁ、少年L、さすがー…ねー様の友人……んしょっと(御者台へ移動)
        (無表情にキリっと眉毛だけ動かして)…うしろがんばれー…ほ。(走りゆれる御者台に平然と立ち上がって抜刀、収めるを繰り返して敵を切り落とす) -- アイシア? 2009-09-01 (火) 15:19:04
      • 熊より強くなければ倒せますけど…大丈夫かな?(さっき狩ってきた熊肉をかじりながら)
        あぁっそういえば人間相手に戦うのって初めて!少しだけお手伝いしますっ!
        馬車に載ってる人私よりずっと強い気がするけど -- リーザ 2009-09-01 (火) 16:21:10
      • (飛んできた暗器を掲げた刀の鍔が弾く)早速か……活きが良いな。悪いがシロ、もう少し付き合ってもらおう。
        もっちろん!たまにはボクのカッコいいとこ見せないとね。最初で最後のコンビネーション、行くよ!
        (走り出した馬車よりひらりと舞い降りるシロ すると、たちまちその身は大きな白い獣へと転じ、背に抜刀したクルスを乗せ疾走する!)
        (光の鎖が暗器を払い、背より走る一閃が次々に敵を切り伏せていく 獅子奮迅のその姿は荒ぶる戦の神のようであった) -- クルス&シロ 2009-09-01 (火) 17:03:02
      • やれヤれ、北で平和な楽隠居をと思ッたンだがね?(屋根の上、ゆっくりと身を起こす男)何処も彼処も争いだらケ
        まダまだ君を休マせてあげる事は出来そウにない。いやァ、残念ダね?(傍らの刀に話しかけると、何時ものように笑みを浮かべ、局員の只中へ躍り込む)
        ――デは刈り取ろう咎摘、争いト言うこの醜態をネ(始解・咎摘。すり抜けざまに大鎌が閃き、斬り付けられた局員たちが彫像の様に固まって行く。まるでその一角だけ時が止まったかのように)
        (だが、足は止まれど意志は消えず。只中に居る男へと再び暗器が向けられる)…エ、哀しいでスな。こンな事は全くノ無益だと言うノに(局員達が正に暗器を放とうとした時、その中心で男がゆっくりと手を掲げ――振り下ろす)
        (一撃は全てを、尽く、無慈悲に押し潰して往く。死屍累々の中に立つ黒衣の姿、其処に在るのは伝承通りの 死神)

        ――えェ、其れデは…… 御機嫌よう(男は一顧だにせず、馬車へと踵を返す。何時もの笑みを消す事も無く) -- 零三 2009-09-01 (火) 20:18:45
      • (馬車から飛び出すと骨槍を回して暗器を叩き落す。眼前の緑装束らにローブを投げて目隠し、さらにそれ越しに骨槍を叩きつけて二、三個の頭蓋骨を割った)
        北じゃシチューを食べるのに楊枝を100本揃えて挑むのか? 適したもの・足りるものでなければ、数などそろえても意味が無い。まさに物の数ではない、だ
        (馬車に併走しながら頚椎・恥骨・浮動肋骨・眼球と、馬車に取り付こうとする輩の急所を次々と砕く)
        この馬車を止めたければ引っ張ってくるのは熊からだったな。ああ、冬眠中か?(片側面の露払いをあらかた終えると馬車に飛びついた)
        (半身を馬車の車輪に砕かれ悶絶する男に、慈悲のナイフで止めを投げる)こんな調子で時々来てくれれば、退屈だけはしなそうだ -- ランサー? 2009-09-01 (火) 22:32:19
      • 「ふむ。経理係に誤算があった事を認めねばなるまい。だが全てはこれからだよ、ゼロゼロナンバーズの諸君」
        馬車に近いものから薙ぎ倒されていく暗殺者の群れ、丁度橋の中点で指揮を執る紳士の声
        敵も人間、あるいはそれ以外 貴方たちが異常であるように敵もまた異能者の集団である
        統制された一個の組織として抜けた穴を埋めるように局員が地を駆け空を跳び水を切り
        だが馬車は、そして貴方たちは怯むことなく駆け抜けて―北国へ、ただ一路北国へ
        -- 2009-09-02 (水) 06:19:54
      • ―黄金暦135年某月―
        「ブルーム・オブ・ロータス隊『ナンバーズ』、冒険者酒場地区での活動を休止し先発した『アルファベット』と合流
        北の雪国での特定貴族長期護衛任務に入る」
        記録に残っているのは僅かこれだけではあるが、その活躍の陰には多くの人々が居た
        今を生きる者、既に居ない者、隊に関わった全ての者、その輝かしくも奇妙な日々!
        長きに渡る彼等の歩みの中、一つの区切りとして此処に記そう
        ――――黄金譚書房刊「蓮花の再殺部隊」序文より抜粋// -- 2009-09-02 (水) 06:36:09
  • (朝日も昇りきって、気温も高くなってくる頃、大きな馬車がやってくる)
    (大きな荷物を積み込みながら御者が出発の声をかけてきた) -- 2009-08-31 (月) 07:33:27
    • よいしょっと…うーん、この制服、ここではまだ暑いであります…(トランクを引きずって馬車に積み込み)
      ……そろそろ、ゆくであります…ええと…別れの言葉は苦手であります。
      三十年弱にわたり、お世話になりました…うー…普通の事しか言えないでありますよ。
      今まで…あう、楽しい時間をありがとう。またお会いしましょう、であります。
      (じんわり涙目になったので慌てて馬車に乗り込む私) -- カミラ 2009-08-31 (月) 07:39:08
      • (馬車にぎゅうづめにのってる しかと 多分途中でぽろぽろ落ちる) -- しかと? 2009-08-31 (月) 07:45:57
      • (抱き上げて膝の上に乗っける私)…ふふ、あっちについたらゆたんぽ代わりであります -- カミラ 2009-08-31 (月) 07:48:06
      • (だきあげたしかとは アフロだった) -- しかと? 2009-08-31 (月) 07:52:50
      • (アフロに顔を埋める私)…なんか混じってね?! -- カミラ 2009-08-31 (月) 07:55:13
      • (柔軟材仕様のアフロ 小さいしかとがうばいあうようにひざの上に群れてくる) -- しかと? 2009-08-31 (月) 07:59:12
      • (若干苦行のような重さになって来たけど耐える私) -- カミラ 2009-08-31 (月) 08:15:28
      • (馬車に乗り込み汗もかかず、しかとを満足そうにギュッと抱き締めている。そしてクッションにもしている。背中と尻の下でぶみぃぃとなってる しかと)
        さようなら、私の …故郷。(そして博士、Two・Three・Nineteen、兄弟達も。とは心の中でだけ)むう、これは しかミラ… -- ランサー? 2009-08-31 (月) 08:31:25
      • 融合してるでありますよ!(しかとまみれになりながらじたばたする私)…故郷、か…私の故郷ももうここのようなものであります…はうー良く見ておこう…(窓に張り付いて外を眺める) -- カミラ 2009-08-31 (月) 08:34:36
      • この街からあまり遠くへは行った事が無いんだ。こう見えて箱入り、いや瓶詰め娘だったからな
        (張り付いてるカミラの頭越しに外を眺めながら)だからこんな時は ふふ、わくわくするな? -- ランサー? 2009-08-31 (月) 08:40:23
      • 意外であります…!北の国は雪がすごい深いらしいと聞くであります…雪だるま作り放題…!
        食べ物も結構違うだろうし…どきどきでありますね…!おいしいもの多いといいのであります! -- カミラ 2009-08-31 (月) 08:47:15
      • (屋根の上、10年と少しを過ごした町を振り返る。傍らにはしかとが一匹)長かッたよウでもあり、あッといウ間のようデもあり・・・ -- 零三 2009-08-31 (月) 09:00:59
      • その辺の私の事は道中暇を持て余したら話すとしよう(カミラの頭に手を置き)
        しかしそうか、詰め所サイズのKAMAKURAが作れるのか…そんな深いところでは見失いそうだなカミラ。今も埋もれているし(しかとに)
        大きくなろうな。埋まっても負けないくらい(ふたたびしかとにぶみぃぃと寄りかかりながら) -- ランサー? 2009-08-31 (月) 09:02:59
      • (黄昏る屋根へボスリと突き出る骨の刃) -- ランサー? 2009-08-31 (月) 09:04:36
      • なにぶん北の大地は遠いので…えへへ、いっぱいお話できるでありますよー私の故郷の話もするであります!
        建物より雪が高く積もるらしいですから…う、埋まらないように頑張るであります…うう、伸びるかなぁ…
        (撫でられながら上を見上げて)…うん?? -- カミラ 2009-08-31 (月) 09:19:08
      • 〜〜!?☆○!!!▼※…!!(穴が増え、屋根の上で転がりまわる死神) -- 零三 2009-08-31 (月) 09:25:00
      • うむ、活きがいいな。その調子でしっかり振り落とされるなよ(槍を引っ込めながら) -- ランサー? 2009-08-31 (月) 09:28:05
      • また水臭いタイミングで出て行きやがって・・・(何時の間にか馬車の馬の上で胡坐を書いた状態で後ろ向きに座っていて)
        ま、俺は残ると言った以上挨拶だけだがよ。まぁ途中までは見送りさせてくれよ -- ミッド? 2009-08-31 (月) 09:30:44
      • (槍に血がついてるのを見てあわあわしつつ)おおお手柔らかにでありますよ!!
        あ…ミッド殿…ごめんなさいであります…自分で決めた事ですが、寂しくなってしまいそうで…えへへ。途中までよろしくであります! -- カミラ 2009-08-31 (月) 09:46:18
      • …うぉー(馬車の中でしかとにうもれてて見えない) -- アイシア? 2009-08-31 (月) 11:22:11
      • (アイシア殿を掘り起こしてその掘り起こしたしかとに埋もれる私) -- カミラ 2009-08-31 (月) 12:07:17
      • …わー、かみらー(助けようとしてまたうもれる) -- アイシア? 2009-08-31 (月) 12:19:01
      • 何やってるんだか……(今まで静かに座って物思いに耽っていたが不意に立ち上がり、しかとに埋もれる二人を引っ張り上げて)
        (お見送りのため同乗していたがしかとに埋もれてしっぽだけ出ているシロ) -- クルス&シロ 2009-08-31 (月) 13:09:49
      • (何をしてる光景なんだろう…酔いつぶれて寝ぼけた頭では理解できなかった) -- リーザ 2009-08-31 (月) 14:08:17
      • …はっ…(救出されてぷらーんとなりながら)かたじけないであります…!道中もう一個馬車用意しないとつく頃にはしかとになっているような気がする…!
        あっ!リーザ殿ー!おはようございますでありますよー(そのままの体制でのんびり手を振る私) -- カミラ 2009-09-01 (火) 01:24:03
      • (書類を投函してきたので見送る僕)…元気でね…(二日酔いなのでふわふわ) -- 少年L 2009-09-01 (火) 01:26:15
      • 出発ですか・・・。門出ですね。(にこりと微笑む)
        土地が変わります。生水には注意してください。
        幾久しくお健やかに。お気をつけて。(日差しの中、ピッと敬礼をする) -- 十志郎 2009-09-01 (火) 01:41:23
      • さ、まぁ...見送りもすんだし跡地で適当にゆっくりしますかね......まだやることがある身ってのはつらいもんだぜ、こいつがな -- セイバー 2009-09-01 (火) 01:57:01
      • (もぞもぞとしかとの山から抜け出し)ボクも居残り組みーっ。みんな、元気でねっ! -- シロ 2009-09-01 (火) 02:05:53
      • あらシロちゃんてっきりクルスと一緒に行くかと思ったんだけど....肉食う? -- セイバー 2009-09-01 (火) 02:13:45
      • うんっ、ボクはこっちでやることがあるといえばあるしっ。お肉食べるーっ!(わふわふ) -- シロ 2009-09-01 (火) 02:22:12
      • むむっ面白そうな予感!さておきここで焼肉というのもまた(金網で焼いた肉をよそって) -- セイバー 2009-09-01 (火) 02:25:23
      • (しかとだっこしてぼんやりとみんなの声がするほうを見てる みえないけど。)…もっと早く戻ればよかったな -- アイシア? 2009-09-01 (火) 02:25:36
      • あれー?なんかタイミングが合わないぞ。いってらっしゃーーい! -- リーザ 2009-09-01 (火) 12:49:24

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


備品一覧 Edit

冷蔵庫と戸棚と物置の中身。(好きなものを置いてください。編集自由!)

  • スレイン(伝説の大富豪)の財布
    • (中身は随時補充されます)
  • コーヒー
  • ミルク
  • ココア
  • ミネラルウォーター
  • 日本茶
    • 緑茶
    • ほうじ茶
    • 番茶
    • 蕎麦茶
  • 紅茶
    • アールグレイ
    • アップルティー
    • レモンティー
    • ダージリン
    • アッサム
    • セイロン
  • ハーブティー
    • ミント
    • ラベンダー
    • カモミール
    • シナモン
    • ローズヒップ
  • 紅ヒー
  • 各種酒
    • 日本酒
    • ビール
    • 赤ワイン
    • 白ワイン
    • カルーア
    • ウォッカ
    • テキーラ
    • バーボン
    • スピリタス
  • お菓子類
    • ぽてち
    • ドラレア焼き
  • 食料品という名のつまみ
    • チーズ
    • オリーヴ
    • アンチョビ
    • ハム、ソーセージ各種
    • ビスケットクラッカー
    • フランスパン
    • クロワッサン

イベント告知所 Edit

お名前:
  • 現在の 開催中 or 開催前イベント
    • 予定されているイベントはありません

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

事務所の連絡帳(コメントアウト) Edit


Last-modified: 2009-09-03 Thu 06:44:18 JST (3866d)