倫理のお時間です

編集:「正義に対する悪」と「善に対する悪」の相違について
お名前:
  • Nightmare向けのテーマだがHolyも回答してくれて構わない。自らが拠って立つものはどちらか、あるいは別の何かか。Holyなら自分が討ち果たすべきものは何か。見極めずに戦場に立つのは自殺行為だ。分厚いレポートは好まないが踏み込んだ考察を期待したい。 -- 2019-02-25 (月) 23:04:34
    • 正義と善って何が違うんだろう……同じなのかな。ううん
      善を厳しくしたのが正義、かなあ……個人的な良心とかが善で、美徳みたいな感じ?
      正義は安全安心とか社会秩序を維持するためのルール……みたいな!?
      それに対する悪って、良心が痛むことをするーとか、ルールをすっごく破るーとか
      だから正義に対する悪は、正義に善が入るから、善に対する悪でもあるーかな…
      そこに相違はそれほどなくて、重なる部分が出てくる……!
      あと、わたしはホーリーなんだけど、ホーリーだからこそ拠って立つのは正義であり、善!
      でも悪との境目ってあやふやだったりするし、ところ変われば善悪が逆転しているってこと、結構あると思うの。だから討ち果たすものが悪とは限らなくて、それは違う正義、なのかもしれない
      としたら正義も善も悪も見方次第ってことに
      でも戦場ってくくりだったら、正義が自分たちにあるって思えた方が士気も上がるっ!
      で、それぞれに正義があって話し合いで決着つかなかったんだし、勝った方が正義!でも分かり易いかなぁって
      何書いてるんだろうわたし。難しすぎて口と耳と鼻から煙出てきそう……っ!!
      (的な事を、もう少し砕けた表現でなく、書いたようです) -- スナドラ 2019-03-09 (土) 01:29:14
      • 善は正義に内包される。あるいは社会正義の根源に個々の善がある…といったところか?悪はそれに相対するもので、正義を乱すものであり正義が根ざすところの善に挑むもの…そのうえで、悪を異なる立場からの善ではないかと穿つか。難産だったようだが、見解を実に明快に纏めて来たな(にやり笑う)いささかナイトメア寄りではあるが(評価:提出YP50+担当の好みYP40) -- 2019-04-08 (月) 21:44:20
    • 私からするとさっきの定義と同じだねー、もうちょっとカテゴリ分けて、多数派における望む行動を善、悪に対する妨害、行動の阻止を正義、とするぐらいかな
      だから善行の妨害の悪と、正義の妨害の悪、と分けれるね
      少数派の望む行動は多数派から見れば悪行になるけど少数派自体からは善だから単純に悪、とは言い難いかな、どっちかと言えば独善ってカテゴリかなこれ -- セシリア 2019-03-10 (日) 21:29:56
      • スナドラの善悪観が数的多寡に拠らないのに対しセシリアはその部分にも明快さを求めてきたな。多数が支持するものが善であり、その望むところの妨害もまた悪。(にこりと笑う)ある分野では意気投合できる相手とも別の分野では対立することもある。人間が三人居れば悪は何通り生まれるか…逆に、人間が三人未満になるまで悪はついえないとも言える。なるほど悪はしぶといと言われるわけだ(評価:提出YP50+担当の好みYP40) -- 2019-04-08 (月) 21:44:38
    • 正義とは 自分 で 善とは 他者 であると なんとなく… 私は思いますかね…
      よって 「正義に対する悪」とは 敵対 で
      「善に対する悪」とは 対立 なのです
      きっと 「善に対する正義」も 存在するのでしょうね… -- オリヴィア 2019-03-11 (月) 00:29:26
      • 自らの中に善はなく正義があるのみ、善性とはただ他者に見出すもの…ということか?悪は己に敵対する者であり、善なる他者と対立する者である…と。その場合、善に対する正義とは…善き隣人に相対する己自身、あるいは己の信条や道徳観。…どうか、相容れぬものでないことを願うばかりだな。回答の切り口としてエッジも立っていて好ましいぞ(評価:提出YP50+担当の好みYP45) -- 2019-04-08 (月) 21:45:08
    • 正義ほどあやふやなものって、そう無いよね…
      社会のような集団あるいは個人が「善」として掲げるのが正義であって…その内容は必ずしも道徳的に正しいとは言えないと僕は考えるよ。
      そして正義っていうのは、常に勝者が語るものだから…その都度都合のいいように内容が歪められる。歴史と同じだね…
      彼らにとって不都合な意見、彼らの体制を揺るがし兼ねないものが「正義に対する悪」とされるんじゃないかな。
      つまりナイトメアであっても「正義」を掲げることはできるんだ。ふふ、面白いよね?

      次に善に対する悪…はっきり「善」と言われてしまうと道徳的に良いとされる行為を思い浮かべる。
      その場合の悪は、行うのに良心の呵責が伴うような行動…他者の迷惑や損害を顧みないような類だね。
      それこそ実行する者の善悪のハードル次第だけれど、ナイトメアが正攻法で「善」を掲げるのは難しいと思う…

      正義あるいは善に対して、いずれの視点からでも悪は社会の敵となりうるという共通点はあるけれど
      今回は相違について述べよという事だったね…正義が相対的な「良い」なのに対し、善は絶対的な「良い」なんだ。
      どちらの観点から、反対するものを悪とみなすか…そういう違いじゃないかな。 -- ムツキ 2019-03-12 (火) 20:33:29
      • 正義は相対的な「良い」…つまり何某かと比べてベターということ。善は絶対的な「良い」であり、ほかに何があるのかに関わらず…なんなら実現不可能であってもとにかくベストであるということ。…でいいだろうか?確かに、ベターを探すなら道徳的に正しいか否かに拠らないケースもあるだろうな。ナイトメアの行動がベターになることはあるあるだろう。しかし仮に良かれと行われたそれすら絶対的な善の前には悪になる事もある。…とも読めるな。良く書けている(評価:提出YP50+担当の好みYP40) -- 2019-04-08 (月) 21:45:56
    • (小脇に抱えた荷物から、一つの木札を取り出す。なんの変哲もない、○年○組、とでも書いてありそうな札だ)
      (そしてその札に「悪」とさらりと筆で書き、それがよく見えるようにとん、と立てる。続けて、腰に下げていたいつもは帯びていない剣を抜く)
      (恐らくは儀礼用なのだろうその剣は、見眼も麗しく綺羅びやかに装飾され光り輝くような佇まい。しかしその刃は鋭く研がれていることは明白)
      この札が「悪」。んで、この剣が「正義」。そんでこれらが「正義に対する悪」だ。
      (そうして更に荷物から一枚の木札を出す。悪と書いた木札と同一の物だ。それに今度は「善」と書き、「悪」の木札と向かい合わせる)
      この二つの札が「善に対する悪」だ。そしてこれらの相違だが…
      (言ったのち、剣をゆるりと構え…真横一文字に一閃。「善」と「悪」の木札が二つとも真っ二つに割れた)
      これが相違だ。以上。 -- シャオロン 2019-03-24 (日) 22:18:02
      • 力こそが正義であり、その力が治めるところの諍いにただ人が善悪を当て嵌め評する。といったところか?いささかシニカルだが、これまたシンプルであり好ましい。一刀両断の解答だ。…私の解釈で合ってるかは知らんがな(かまぼこ板の断面を拾い眺めてクククと笑う)(評価:提出YP50+担当の好みYP40) -- 2019-04-08 (月) 21:46:33
    • そうですね…正義と悪って、どちらかが存在しないと定義されないものだと思うんです。正義があるからこそ悪がある、悪があるからこそ正義が…でも実は正義と悪の差って大して無い気はします
      相反する、というよりも表裏一体。正義に対する正義が、互いを悪とする面もありますし…悪に対する必要悪、これが結果的に正義として扱われたりします。(義賊とか、そんな感じですよね)
      一方善に対する悪。…善い行いに対する悪の行い、ってすんなり考えるのが自然ですけれど…善と悪、それほどつながりがあるとは私には思えないんです。
      善は善、悪は悪で独立してる…何もしてないなら善い行いに務めて、悪い行いをしているのならそれをしない…。例えば犯罪の更生って、善行ではなく罪をそれ以上犯さない事ですよね?

      択一かつ視点によって変化が生じるのが「正義に対する悪」、並べて比較されるけれど本質が全く別なのが「善に対する悪」なのでは。 -- アンジェ 2019-03-28 (木) 21:37:32
      • 正義と悪は鏡像といったところか?一方で、善悪はそれぞれ独立していると…。ふむ。問いかけ通りの答えは用意されているが、ナイトメアとしての自分のスタンスは定まっているか?ルース。そこまで踏み込まずとも「だから自分はこうする」と言外に語る答えには未だ至っていないように感じる。このささやかな「物足りなさ」を評価に反映させる気はないが、そこまで主張してくる回答を追加するならさらなる加点も考えよう(評価:提出YP50+担当の好みYP35) -- 2019-04-08 (月) 21:48:19
    • 正義に対する悪とはその存在理由を担保する存在だ。報復的正義も修復的正義も配分的正義も、まずは悪ありきで成立する。光があれば影ができるというのなら正義に対する悪は影に対する光。ナイトメアとして正義と相対するとき、正義という影がいっそう濃く際立つようにひときわ輝く光にならねばならない。善に対する悪とは既存の価値観への挑戦者だ。ナイトメアとして善に相対するとき、集団の生活を円滑にする共有の価値観を存分にぐらつかせ、不安に陥れ、その結束を新たにし、強めなくてはならない。…私見と言い切るには、少々校長の影響が強すぎるな。自分で回答を評するなら(評価:提出YP50+担当の好みYP35)あたりか -- 2019-04-13 (土) 16:33:48

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

+  ...

Last-modified: 2019-04-13 Sat 16:33:48 JST (98d)