ふらふら

帰る、の

  • ごめん、な…墓参りがこんなに遅れちまって、知らなくて、もう何て言ったらいいのかよくわからねえ、けど…サヨナラだ -- グルスター
  • ……そうか、言ってしまったのか。寂しくなるね……今までありがとう、楽しかったよ
    風邪が治ったら、また会いたいね。お元気で -- ルード
  • くっくっく・・・何処へ行こうと魂が有る限りはその無事を感じ取れるのだぜデス
    きっと今頃手持ちの風邪薬を誰かに上げてるんだろうなーデス -- デスロック
  • みつあみ、作らせてあげれば良かったかな……ま、そのうちってことで。またね、アセトアさん -- キューネ?
  • 風邪、治ったかしらね…ガーくん。「ガー」 -- リオラ
  • …報告とただの噂話、根拠を基に信じるべきは前者なのだろうが…僕が信じたいのは間違いなく後者の方だ
    ただの希望と期待でしか無いが、生き延びて幸せな暮らしをしている事を祈るよ。…いつかまた会えるとしたら、見た事が無いくらい元気な姿であって欲しい
    …そういう願いも込めて…またな、アセトア -- グラド?
  • いつかその風邪が治ったときにまた会いたいもんだなあ、それじゃ元気でな -- グウィン?
  • もう絶対会えないと思ってたけど、何処かでまだ生きてるって耳にしたよ……本当良かった
    アセトア、風邪早く良くなれよ。それじゃ、また、いつか……(とぼとぼと歩いていった) -- シャン
  • (§ -◎)  (なんだかすっかり旅支度を整えた小球だ)
    (凸)    あ、やっぱり行くのですか
    (§ -◎)  (こくこく砲塔で頷く小球だ)
    (凸)っ   お姉さんと会ったらこれ渡しておいてくださいなのです 格納庫で皆で撮った写真なのです
    (§ -◎)  (マカセトケーと砲塔ぎゅるぎゅるする小球だ)
    (凸)ノミ  じゃ、行ってらっしゃいなのです たまには連絡くださいなのです
    (§ -◎) ノミ
    http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013602.gif そうして、ご主人を探す小球の冒険は始まったのであった また一人、冒険者が生まれる -- (凸)?
    • (§ -◎)  (野を越え海越え山を越え、今日もご主人探しに奔走する小球である)
      • (ある日、何だか反応がある街を発見したという報告を機に、小球からの連絡は途絶えた その後の行方は誰も知らない)
  • くそう…今日明日あたりに小ネタ一個用意してたんだけどな…
    向こうでも風邪に気をつけるのよ -- アティ
  • ……報告だけではまだ分からんと……様子を見ていたが……そうか…
    しかし、うむ、帽子だけしか見つかっていないという事は……どこかで生きてるかもしれんな……あたしはそれを信じよう
    いつか風邪も治って元気になったお前と会える事を楽しみにしている、それでは、またな…… -- エトナ
  • (蜘蛛の糸を指先でくるっと巻き取る)・・・ふむ・・・だいぶ遠いが・・・動いておるか
    ・・・ならばきっとまだ何処かで生きてはおるかのぉう・・・いづれまたのうアセトアや・・・
    (娘のように思っていた幼子の行く末に幸せがあるよう願うと)・・・鬼らしくもないのぉー(からから笑ってその場を立ち去った) -- 土蜘蛛姫
  • …そう、ですか…。アセトアさんが…(既に誰もいなくなった家の前にぽつり)
    …でも、このにおい…まだどこかでいきてますねえ…ふう。―いつか、またあうひまで。さいかいをこころまちにしていますよ、アセトアさん
    (と誰もいない部屋に言うと、踵を返し夜空へ飛び立った) -- アトリア

  • こんばんわ。その後どうかな?……あ、それとチョコレート美味しかった!
    それで……(ごそごそと、荷物を漁り箱を取り出す)はい、お返し、キャラメルね(箱を差し出して)例の如く作れないから買ったものでごめんな -- シャン
    • (ベッドに入ったまま上半身んだけ起こして)こばん、ゎぁ、シャンくん・・・。きゃらめる・・・(箱を受け取って)
      ・・・んーん、うれしぃ、よ。ありがとぅ(いつもより熱を帯びた顔でにっこりと)
      -- アセトア
      • 俺もお菓子作れたら良いんだけど、簡単な料理で目いっぱいなんだよな……
        どういたしまして(笑い返す、でもすぐ真顔になって)今日はあんまり体調良くないのかな?それとも……今日も? -- シャン
      • おかしづくり、は、きっかけなぃ、と、なかなかやらなぃの、かも。
        ぇ・・・ん、うん・・・・・・きょぅ、も、かな。最近、ずと、こんな感じ・・・困っちゃぅ、ね(困り笑顔で
        -- アセトア
      • きっかけかぁ、今度は挑戦してみるのも有りかもね
        そっか……しかも、その状態でも依頼には出てるんだよね?せめて、熱だけでも下がれば大分違うだろうに…… -- シャン
      • しゃん、くん、お菓子作ったら、わたしにも食べさせて、ね。
        うん・・・今月は、おともだちに、もらた黒いお薬、で、なんとかなった、けど・・・もぅ、その薬もないから・・・はぅ・・・。(頭ふらふら)
        ごめん、ね、きょぅは・・・ちょと、もぅ・・・ねる、ね。
        -- アセトア
      • あぁ、勿論!アセトアに食べさせるんじゃ、頑張って勉強しないとだな
        ほんと、どうしちゃったんだろうな……とにかく、早くよくなると良いな、おやすみアセトア -- シャン
      • えへへ・・・たのしみに、してるね。・・・けーき、がいいなぁ。しんぷるな、しょと、ケーキ・・・
        うん・・・それじゃ、また、ね・・・。おや、すみ・・・。
        -- アセトア
  • 生チョコのお礼に来たぞー、甘い物は好きなようだが甘酸っぱいのはどうかなと思ってレアチーズケーキを作ってみたのだが…苦手だったりするか? -- グラド?
    • れあちーずー。きゃほぅ。すき、すきぃ。ぐらどさん、すごぃ、ね。お料理じょうずー。 -- アセトア
      • レシピさえあれば練習次第でも何でも作れるからな、大した事では無いさ。いわゆる「心を込もっている」という物を作れた事は無いと思うからなぁ…
        以前言っていた君の祖母のシチューなども心がこもっているからこそ美味しい物だったのだと思うし、きっとまったく同じ材料と手順でも僕では同じ味を出せないと思うぞ? -- グラド?
      • んーん、そんなこと、なぃよ。おいしそ、だよ、けぇき。
        グラドさんが、そぅ思ってるだけで、ほんとは、心のこもった料理、できるはず、なの。だって、グラドさん、いっぱい優しぃもん。優しいひとなら、心のこもったもの、作れるもん。
        -- アセトア
      • どうだろうな、自分を優しいと思った事はあまり無いし…それに作っている最中だって計量だの効率だのばかり考えているんだぞ?
        …まぁ、自分のために作っている時より誰かのために作る方がやる気が出るのは確かだが…その結果に美味しく食べて貰えるのならやはり安心するよ -- グラド?
      • 人のために、お料理、してれば、それが「心のこもっている」だと、思ぅ、よー。えへへ。
        けぇき、は・・・明日、食べさせて、もらぅ、ね。いまちょと、お腹いっぱぃだから・・・。
        -- アセトア
      • …そうなのか、色々作ってきたが考えてもみなかったな…流石に「心がこもった料理だったか?」と聞いて回る訳にもいかないし、その言葉を信じるか。
        ああ、無理に今食べる必要は無い。…というか今日も熱が高そうだからな、そういう意味でも…というか大丈夫か?(額の方に手を伸ばしながら) -- グラド?
      • うんうん、わたしのことば・・・信じて。
        なんか、ね、この前、から・・・ちょと、変、なの・・・んっ。(いつもと同じか、またそれ以上なのか、とにかく熱い体温がグラドの掌にじわじわ伝わる)
        -- アセトア
      • ああ、そうさせて貰うよ。あまり嘘をつくようなタイプにも見えないしな?
        …相変わらず…というより、普段より少し熱くないか?この前から、という事は以前から悪化か何かしているようだが…原因や時期に覚えはあるか?(不安げな表情で手を離し) -- グラド?
      • うん。嘘つかなぃ、よ?冗談は、最近覚えたけ、ど、ね。(いたずらっぽい笑顔をにっこり)
        ・・・・・ん、ぅ、わかん、なぃ。こころあたり、ない、の・・・。お薬も、効かなくなて、きて・・・。ちょと、不安、かも。
        -- アセトア
      • その冗談が怖いのだが…いや、何でも無い。年下の冗談やいたずらに翻弄され続ける僕ではないぞ?(自信ありげに笑いながら)
        …そうか、心当たりがあれば多少は対策が出来たのかもしれないが…普段と違うという事は確かに怖いだろう。…今の僕に出来るのはこの程度しか無いが…(元気付けるために撫でようと手を伸ばし) -- グラド?
      • じゃ、ぁ・・・また、グラドさんの、かみ、がた、変える、いたずら、しちゃぉかな・・・ふふぅ。
        いつもと、ちょっと違う、だけで、こんなに、こわくて・・・ダメ、だよ、ね・・・んぅ・・・(撫でられて、少しだけ表情が和らいでるように見える)
        -- アセトア
      • ぐ…気がついたら止めるぞ!?いやまともな髪型ならいいが、前にやったようなのに気がつかないうちにやっておくなんてダメだからな!?
        駄目ではないだろう、大人だって普段と違えば怖くなるのは普通の事だ。僕だってそう考える時くらいあるからな。…それも抑えきるのが兵士という物でもあるのだが…君は違うだろう?
        …これで少しは力になれたか?まだ心配ではあるが、今日の所は御暇しよう。…健康第一、辛いと思ったらしっかり休むようにな?ではまたな、アセトア -- グラド?
      • とししたの、悪戯に、ほんろぅ、されないんで、しょ?・・・グラドさん。
        ・・・・・・兵士、じゃない、けど・・・ずっと、病気、続くかもしれなぃ、し・・・うぅ、ん。なんでも、なぃ・・・。
        またね、グラドさん。少し、げんきに、なれた、よ。えへへ。おやすみ、なさぃ・・・。
        -- アセトア
  • (ガタゴトガタゴト) っ凸)っ そんな訳で公約どおりほわいとでぇのプレゼントなのですー(大八車押しながら現れたジムがクッキー袋をひょい) -- (凸)?
    • (上半身だけ起こした状態でベッドに入って本を読んでた)・・・ゎ、ゎ、いら、しゃ、ぃ。ジムくん、おぉ荷物、だね。
      お返しに、きてくれた、んだ。ありがとぅ。なかみ、あけて、いぃ?
      -- アセトア
      • (凸) どーぞどーぞなのです 格納庫手作りなのです(ずいずいっと 袋をあけると中には○や凸を模った色とりどりのクッキーが入っていた) -- (凸)?
      • ふゎ、くっきぃ。・・・あまくて、いぃにおい。皆で作って、くれたんだ。おいしそー。
        (○クッキーの上に凸クッキーを重ねて)ほらほら、みて、じむ、くーん、のかおー。
        -- アセトア
      • 凸 トゥッ! ナノデス (顔の真似らしい) -- (凸)?
      • あはは・・・そっくり、だー。これじゃ、間違えて、じむくん、食べちゃぃ、そ。 -- アセトア
      • ヒィィィィ((;凸))ガタガタガタ ぼ、ボクはおいしくないのです!(あわあわ) -- (凸)?
      • そんなこと、なぃよ・・・ジムくん、やわらかく、て、しろくて・・・お餅みたぃ・・・・・(あーんしながらジムの顔に近づいていく -- アセトア
      • ヽ(;凸)ノ  ほ、ほりょの扱いはなんきょくじょーやくに従ってちょーだいなのですー!?(ヒィィィィと壁際に追い詰められるじむだ)
      • (逃げ道を無くすようにジムを追い詰めて)いただき、まぁ・・・す・・・(あーん)
        (口を閉じたらジムが噛める位置で動きを止めて)・・・・・・えへへ、びっくり、した?
        -- アセトア
      • c ̄っ凸)っプシュー バタリ (気絶した) -- (凸)?
      • ・・・あれ、ジムくん?じむ、くーん・・・。(ぺちぺち)じむ、くーん・・・ゎ、ゎ、どし、よ、どしよ。コボちゃ、どしよ・・・?(小球を呼びながら -- アセトア
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst010680.jpg -- http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013602.gif
      • Σ(凸:)(焦げながら起きた) ハッ い、今なにが起こったのですか!?(キョロキョロ) -- (凸)?
      • わっ、ひゃ!ぁっ。(びっくりしてしりもちついて)
        なにも、なにも、おきっ、て、なぃよ?・・・・・・ジムくん、へぃ、き?熱くなぃ?(あわわ
        -- アセトア
      • (凸) やや、そう言われると気付けば焦げ目がついてるのです 不思議なのです(完成:こんがりジム)
        Σ(凸 ) やや、お姉さんも転んでるのです 大丈夫なのですか?(ふにっと助け起こしながら) -- (凸)?
      • (起こされて)・・・はぅ、わたしは、へい、き。それより、ジムくん・・・火傷、だいじょぶ・・・?
        (・・・焼けたお餅みたい、だなあと一瞬考えてうっとりした表情に)
        -- アセトア
      • (;凸) こ、このくらいなら何ともないのです 安心して下さいなのです(何となく目の輝きに恐怖を感じながらナデナデ) -- (凸)?
      • そっか、ぁ・・・ジムくんはじょうぶ、だー。すごぃ。(なでられなでられ)
        ・・・それじゃ、わたしそろそろ、寝る、ね。くっきぃ、ありがと、ね・・・。(ふらふらしながら立ち上がって
        -- アセトア
      • (凸) あ、りょーかいなのです お運びするのです(よいしょっとベッドまで運びながら) それじゃお姉さんまたねーなのです(毛布かける小球を見ながら退室していった) -- (凸)?
  • 無事に帰って来れたよ、こんばんわ!(両手を挙げてみたり)
    あれだけ言って出てったのに、いつもと同じぐらいの依頼だった……や、安全だったから良いけどな -- シャン
    • んゎー(両手を挙げて応える)・・・はぅ。(ふらふら)
      ほんと、だー。かいぶつ、強そ、なのに、安全。よかった、ぁ。(依頼報告書を読みながら
      -- アセトア
      • (ふらふらしているのを見て)だ、大丈夫か?今日はあんまり良くないのかな……
        うん、これはアレかな、酒場のマスターがちゃんと希望通りの仕事を回してくれてるって事かな
        アセトアは剣おめでとう!魔法じゃなかったけど、最初に貰ったのよりは良い剣みたいだしね、て言うか……前の剣より大きいかな? -- シャン
      • ・・・んぅ、わかんなぃ。疲れとか、出てるのか、な・・・お熱、もぃちど計ってみる、ね(慣れた手つきで体温計を咥えてる)
        えへへ・・・あと、で、マスターにおれぃ、言わないと、ね。・・・・・・うん、ありが、と。でも、なんか、長くて、おもい、の。持ちづらぃ。
        -- アセトア
      • え、いつもより熱が有ったわけじゃないのか?……何か凄い心配な
        だろうね、前の大きさでも使い辛そうだったしな……短いのだったら良かったのにな -- シャン
      • (咥えた体温計を取って)・・・・・ぅん、あんまり、高すぎ、なぃかな・・・。
        そだ、ね。でも、できたらまどうき、がいぃな。・・・しゃんくんは、指輪と槍、どちが使いやすかった?
        -- アセトア
      • 熱じゃないと……なんだろう?あ、俺?俺は槍も良かったけど、指輪はなんか肌に合うというか…… -- シャン
      • ゆびわ、かっこいぃ、もんね。槍も、似合うけど、まほぅ、いいよねぇ。どっちも、持って行けたら、もっといぃのに。・・・荷物になちゃぅ、かな。
        (ふらふら、ゆらゆら)・・・・・・はふ、ぅ。ん・・・(熱のこもってそうな吐息が自然に出ているようだ
        -- アセトア
      • 今はまだ槍の方が効果的に使える気がするけど、もう少ししたら槍は完全に荷物になるかも?
        風邪が原因じゃないのか、それとも何かしら別の症状が出てきたとか……と、ともかく、起きてるの辛くないか?横になってみるとか…… -- シャン
      • ・・・ど、なの、かな・・・わかん、あぃ、けど・・・ちょと、つらぃ、かも。(ふらりふらり)しんぞぅ、も、変な、どきどき、してる・・・。ちょと、横に、なる、ね・・・(ベッドに移動しようと立ち上がるがすぐ膝を床につけてしまう -- アセトア
      • うん、そうした方が良いな。体壊しちゃ、っと(支えに入って)心臓も?……えっと、前にも同じ様な症状が出たりした事は……有る? -- シャン
      • は、ぁっ・・・はぁ、わかん、なぃ、はじめ、て、かも・・・。
        ごめん、ね、ベッドま、で、行くの、おてつだい、して・・・?
        -- アセトア
      • (表情が少し、曇る)初めてか……え、う、うん良いけど……病院とか行かなくて平気か?(とりあえず、後ろ側に回り込んで抱えあげる準備をする) -- シャン
      • (目が虚ろになりながら抱きかかえられて)んぅ・・・おいしゃさん、とか、も、寝てる、し、・・・へぃ、き・・・。おくすり、のん、でっ、寝れ、ば、きっと・・・はぁ、ふぅ・・・ -- アセトア
      • (そのままで居るわけにも行かないので、とりあえず寝室まで運んで)
        ほ、本当にお医者様は良いのか?なんなら、起きてるのを探してみたりとか、他にも手が…… -- シャン
      • だい、じょぶ・・・。それに、よん、で、も、かわんなぃ、の・・・きっ、と。だから、このまま、寝れ、ば・・・ぁ、きょぅの、おくすり、飲まない、と・・・。
        しゃんくん、飲ませて、もらて、いぃ?(ベッド横に小さい紙袋があり、中に細粒の薬が入っている
        -- アセトア
      • そうか……分かった。でも、もっと辛くなったら言ってな?
        ん、コレかな。じゃ、ちょっと待っててな(水を汲んでくる)
        コレでよし、と……それじゃ、口開けて -- シャン
      • うん・・・、ありが、とぅ、っ(目を閉じて口を開けてる) -- アセトア
      • 行くよー?(言いながら、あまり口の奥に行かないように薬を含ませ。少しずつ水を飲ませる) -- シャン
      • (ゆっくりゆっくり飲み終える。濁り虚ろな瞳を開ける)は、ぁっ・・・・・・
        (シャンの顔をゆっくりみつめて)そだ。ちょこ、てぶるの上、に・・・・・・は、ぁっ、ふぅ・・・は、ふ・・・。
        -- アセトア
      • あ、あぁ分かった、後でありがたく貰ってくよ……それより、本当に平気か?何か俺に出来る事有るか?(酷く、心配そうに) -- シャン
      • ・・・・・・おてて、にぎ、てて・・・。ちょと、ちょ、と、だけ、怖く、て・・・・・・。ごめんね、ちょと、ねる、ね・・・・・・・・しゃん、く、ん・・・。 -- アセトア
      • こ、こうか?(と、手を両手で包むように握って)うん、分かった。ちゃんと寝て、良くなろうな……おやすみ -- シャン
      • うん・・・おてて、つめたぃ・・・ん・・・(手を握られて安心した顔で、眠りについた) -- アセトア
  • (凸)ノシ -- (凸)?
    • (ぼーっとした表情でジムの頭をぺちぺち叩いてる) -- アセトア
      • (;凸) あうあうなのです(ぺちぺち) お姉さん元気ないのです、具合悪いのですか?(小球と一緒に肩もみもみしながら)
      • (肩もみされて意識を取り戻して)あれ、ジムくん。こばん、ゎぁ。いつの、まに。・・・お餅をぺちぺち、叩く、ゆめ、みてた、よ。ぅん、ちょと、ふらふら・・・熱は、ふつぅ、なのに、なんか、へんかも。 -- アセトア
      • (凸) お、お餅なのですか それは凄いのです(無邪気に驚くじむだ)
        むむ、普段と変わらずオーバーヒート気味に見えるのですが熱は普通なのですか ではこちらをどうぞなのです すっきりするかもなのです (凸)っポカリ500ml缶
      • わぁ、ありが、と。これ、飲みやすく、て、すきぃ。(美味しそうに一口飲んで)・・・ぷはぁ。ふはぁ。このひとくち、に、かぎり、ます、なー。おいし。
        ・・・ぁ、じゃぁ、じゃおかえし。あまり時間なく、て、装飾もなぃ、簡単のだけど・・・(ラッピングされてない箱を差し出し)はぴ、ばれん、たぃん。わたし、今食べられなさそ、だから、いっぱぃ、はいてるよ。
        -- アセトア
      • Σ(凸) やや、もしや世間はばれんたいんとかいう行事の真っ最中なのですか 初めてしったのです(仰け反ってる)
        (凸) わーい、じゃあお姉さんから貰うのがボクのチョコ獲得だいいちごうなのです ありがとーなのですー(小球と一緒にヨロコビダンスをダンシング) -- (凸)?
      • えへへ、そぅ、だよー。ばれん、たぃん、なの。
        じむくんのそくりさん、たち、みんなで、食べてね。(にこにこ
        -- アセトア
      • (しばらくこんなことをした後で)
        (;凸)ハッ! こ、これはもしや「ほわいとでぇ」とゆー行事に三倍返しをしなければならないとゆーこうめいのわななのですか!?(ワナワナ)
      • よろこんでもらぇる、と、うれしぃ、なー・・・(ぼぅっとダンスを眺めて)・・・・・・・・・え、えぇ、えと、いぃ、よ?おかえしとか、わたし、あげたくて、あげてる、だけだ、よ。・・・来月発売の、たこわさび味風邪薬とか、もらえたら、うれし、けど・・・・・・うぅん、いぃの。 -- アセトア
      • (;凸)た、たこわさびなのですか 何だか青海苔でむせそうな味なのです(ガクブル
        やや、何だかほんとに元気がないのです 今日は早めにお休みしてくださいなのです(小球にポカリのストックを渡しつつ体調チェックの厳格化を入力して) それじゃお姉さんまたねーなのです (凸)ノシ
      • ぴりっと舌がしびれる、おいしぃお薬、らしぃの。たのし、みー。(ふらふらん)
        あぅ、ごめんね。せかく来てくれた、のに・・・。それじゃ、またね、じむくん(肩まで挙げた手首をふりふりしてお見送り)
        -- アセトア
  • ま、まだ誰も来てないだと?ちょっと待ったコールとかしても遅いかんな?
    アセトアー、可愛い、ちゅっちゅしたい!でも恋人になってもらうのはなんか違う気がするんだ!
    だから愛の告白ではなく、大好きと言う告白を残していくぜ!
    • ゎ、ん、ぁっ、え、と、うん、ありが、とぅ。いきなり、だと、びくりする、けど、うれしぃ、ね。わー。(体を左右にふらふらして喜んでる)
      ん・・・わたし、こいびと、て、どういぅのか、わかんなぃ、かも。もぅ、おとな、なのにね。解ったほが、いぃの、か、な・・・。
      -- アセトア
  • 寝てる……かな?あけましておめでとう
    来月、方針変えたワケでも無いのに怖い依頼来たんだ……い、いや大丈夫だぞ、ちゃんと帰ってくるからな!
    ……それじゃぁ、また来月 -- シャン
    • ・・・・・・よく、ねた。
      あけまして、おめで、とぅ、しゃんくん。
      ・・・・・・・・もぅ、ばれんたぃん、なちゃた、ね。はぅ。
      ・・・ぁ、でも、でも、シャンくん、無事に帰れ、て、よかた。
      -- アセトア
  • アセトア、寒くなってきたけど風邪だいじょぶ? 今日はね、お花持ってきたわっ
    オレガノケントビューティーっていって、あんまりお世話しなくてもだいじょぶな花なの いい匂いがするのよ -- マリー?
    • こばん、わぁ、マリ、ちゃ。ぅん、風邪は、相変わらず、だけど、げんきー。
      (花を見ながら)おれがのけん・・・と、ほぇー・・・ちちゃくて、かわぃ。(目を閉じて花に顔を近づけて)・・・ほんと、だ。ふゎっと、いぃにおいー・・・。
      -- アセトア
      • えへへ〜 アセトアもこのコみたいに、手とか入れなくても元気元気でいられるようにって!(ちょん、と花をつついて)
        きっとこのコから、元気を分けてもらえると思うわ それじゃアセトア、またねっ -- マリー?
      • そぅ、だね。風邪とか、辛くなった、ら、お花見て、元気、もらちゃぅ。えへへ。ありがとぅ、ね。またね、マリー、ちゃん。めりくり、すまー(ぴこぴこ手を振ってお見送り -- アセトア
  • ジングルベールジングルベール スズッガーナルー(超巨大サンタが出現しました)
    (凸) 皆さんめりーくりすまーすなのでーす 最近軍務で引きこもり気味ですがボクらは元気に稼働中なのです 皆さんも年末はお体に気をつけてがんばってーなのです (スピ−カーから音声が響き渡ったかと思うと、ポンとコンテナが開いてプレゼントが落下傘降下してきました)
    秒数下一桁ランダムくりすますぷれぜんとです  1〜2:ドンペリ 3〜4:PSP&ガンダムVSガンダム 5〜6:クリスマスツリーのブローチ 7〜8:DXクリスマスケーキ(5号) 9〜0:ガンダムドンジャラ 奇数ゾロ目:小ボール鏡があなたのお家に 偶数ゾロ目:ぎゃあ!ジオン軍がお祝いにきた! -- (凸)?
    • (凸) 2008-12-11 (木) 17:47:18  わーケーキなのです おめでとうなのです つ□
      • ・・・ゎ、ゎゎ、おっきぃ、けーき、だー。ありがとぅー・・・でも、これ、食べきれ、る、かなぁ。 -- アセトア
  • 何故か 真っ白だと 躊躇する!  と言うのは置いといて
    こんばんわ!方針変更は大成功だったよ。収入も増えたし、やる気も出てきた -- シャン
    • シャンくん、こばん、ゎぁ。さむぃね、もぅ冬、だねー。
      よかったぁ。やる気出て、お金もいっぱぃ、で、それに・・・指輪!も拾えたん、だ。すごぃー(依頼報告書を読みながら
      -- アセトア
      • うん、季節の移り変わりが早いな……特に夏から冬に掛けては一気に変わる気がする
        そう、そうなんだ。その指輪がちょっと悩み所で……使ってみたいけど、少なくとも次回は無理だろう、とか思ってると何かいつまでも持ち替え出来ない気が……
        あ、そうそう。今日はお菓子買って来たよ、ふつーのお饅頭だけど(と箱を差し出す) -- シャン
      • 寒いと、わたしの、コートが、街に馴染む、のー。いぃ季節・・・・・・て、前同じ事、言った、っけ。
        それだと、指輪つけられ、なぃね・・・いぃ、なぁ。どんなぞくせぃの、指輪、なの?
        ・・・わぁ、ありが、とぅー。(箱を受け取って、そのままテーブルに置く)いっしょに、たべよ?いま、しゃんくんのお茶もてくる、から。
        -- アセトア
      • あぁ、言ってたね。でも気持ちは解らないでも……俺は逆に冬だと浮くように!
        そうなんだよなー、せめて信頼度戻ってからにしようかな、と……ん、雷だったよ。生活上だと、あんまり使い道が……
        どういたしましてー。うん、今日はそのつもりだったし……ほら、先月約束したろ?思ったより依頼が楽だったから、帰ってこれたー!とか感動が有るワケじゃないけど -- シャン
      • 寒そぅ、だもん、ね。あしー(足を覗こうとしながら)
        かみなりー・・・んぅ。火とか、水、なら、便利そ。(よたよた歩きながらお茶をテーブルに置いて)おまた、せ。しんはつばぃ、のぐりーんてぃ、だー。
        ・・・うん、そだね。約束、したもん、ねー。えへへ。(お茶を一口
        -- アセトア
      • 脚はもう、見られ、慣れ、た……(びみょーな表情をしながら)
        ぐりーんてぃ……緑茶、かな?い、いやでも緑茶って言わないからには……(などと勝手に不可読みする)
        なー。何か攻撃専門みたいな感じで……氷だったら、色々と便利そうだったのに
        うん、守れて良かったよ。久々に不確定依頼貰ったら、現地に着くまでドキドキしっぱなしで……(ずずず、と飲んで) -- シャン
      • ふはぁ。みどりの、はっぱ、の、お茶、て、言ってたよ。ぐりんてぃー。
        わ、見てみたかた、な、ドキドキしてる、シャンくん。きと、すごぃおもしろ、ぃ。えへへぇ。
        ・・・ぁ、お薬、飲まなきゃ。ちょと、飲んでくる、ね。(ふらふら、とてとてと台所へ向かう)
        -- アセトア
      • あぁ、ならふつーの緑茶かな。飲んだ感じも緑茶だったし、間違いないか
        何で!?面白く無いよ、ドキドキしてる俺なんて見ても。やたら臆病になってるぐらいだぞ!
        ん、あぁ……やっぱりさ、薬の量って減らない? -- シャン
      • (お薬をくぴくぴ飲んでる)ぇー、ぜたぃ、おもしろいよ。驚いたはんのぅ、すごかた、もん。
        (台所からぽてぽて歩いて戻ってきて)んぅ・・・減らせなぃ、こと、なぃ、けど・・・飲んでるほが、ちょと、だけ、熱上がりづらい、の。だから、飲まないの、が、怖く、てー。
        -- アセトア
      • アレは忘れようよ!?確かに凄い反応したかも知れないケドさ!……だって、本当に怖かったんだぞ、アレ
        そっか、そうだな……熱上がったら辛いの解ってて、薬飲めばそれが減るんなら飲んじゃうよな……
        治った後も、習慣で飲んでしまわないか心配…… -- シャン
      • えへへぇ・・・かわぃかった、のに。・・・んぅ、でも、なるべく、忘れるね。もぅ、あんなの、しなぃよ。ごめん、ね。
        治った後も・・・て、良く、言われちゃぅ。わたしも、心配・・・かな。ここ、おいしぃ、おくすり、いっぱぃ、ある、し。(買い置きの様々な味がする風邪薬を見ながら
        -- アセトア
      • い、いやしても良いよ、そして今度はカッコ良い所を見せるから!
        駄目だからな!治った後飲みすぎたら、それこそ命に(言いかけて、止まる)……って言うか、なんで今平気なんだろうな
        と、とにかくほら、お饅頭食べよう、な? -- シャン
      • そぅだ、ね。かっこぃの期待してる、ね。(にっこり)
        ・・・・・・んぅ、どして、だろ、ね。会うひと、会う人、飲みすぎ、て言ぅ、けど・・・どして、かな(首かしげて)
        うん、おまんじゅ、たべよぅ・・・どんなの、かな(箱を開けながら
        -- アセトア
      • あ、でも後ろからわーっとかやめてね、もしもの場合っても有るからやめてね(目を逸らしながら)
        それはほら、やっぱり大体飲む量決まってるけど、アセトアはかなり飲んでるから……
        (開けると、本当にふつーのお饅頭が並んでいる)ご、ごめん、地味で……あ、でも味は保証するぞ、うん -- シャン
      • おまんじぅー。わぁ。いただき、ます(饅頭を半分に割って、もう一回半分割って、もぐもぐ・・・)
        ・・・おい、ひぃ。中の、あん、こ?がおいしぃ。(お茶を飲んで)
        ・・・・・・うんうん・・・、もしも、の?て、なぁに?
        -- アセトア
      • そう、あんこだ。地味だけど、良い物は良いよね……(もぐもぐ)
        え?そ、それはほら、カッコ良い所どころか、前回の再現になったりとか、下手したら前回より(げふんげふん) -- シャン
      • うん、うん、おいし、これ。甘いのに、甘すぎなぃ、で、いっぱぃ、食べられ、そ。(1/4個の饅頭をもぐもぐしてから)
        ん、んー・・・「ひゃぁ」て、かわぃ声だした、り、「しぬんだー」て言いながら、ぷるぷる、震えたり、のこと?
        -- アセトア
      • 気に入って貰えたんなら良かったよ、今度は別のも買って来てみようか……
        (恥ずかしさで、顔を赤くして)い、言うなよ!ほんと、思い出すだけでも恥ずかしいんだからな!……しかも、よりによってアセトアに見られたとかさ! -- シャン
      • あはは・・・シャンくん、かわいぃー。あはは。ん、わたしに見られると、困る、の?(シャンのカップにお茶を注ぎながら -- アセトア
      • 可愛くない、可愛く無いから!(両手で顔を隠す)……いや、だってほら、あんまりカッコ悪い所見せたくないからな。もう少し度胸が有ったら…… -- シャン
      • (顔を隠す動作がかわいいなぁ、と思うけども口に出さず)・・・ぁ、うん、そだ、よね。かっこよく、なて、大人に、なるんだ、よね? -- アセトア
      • まぁ、それも有るけど……(顔を隠していた両手を交差させて×をつくり)こっ、この話おしまい!別の話しよう、別の!
        えーと、えーと……(考え込んで)だ、駄目だ急には…… -- シャン
      • それも、あるけ、ど・・・?(左に首かしげ)・・・?(右にかしげ)ん、んぅー・・・?
        (考え込むシャンを見ながら)・・・お茶、さめ、ちゃぅ、よ?
        -- アセトア
      • あ、あぁごめん、せっかくいれてくれたのに(ずずず、とすすって一息)……いや、えと……あんまり気にしないで、うん -- シャン
      • んーん・・・いぃ、の。(同じタイミングでお茶を飲んで)うん・・・なんか、へんな、シャンくん、だー。あはは。 -- アセトア
      • 変じゃないぞ!多分、ふつーだ、ふつー!……(大きな欠伸をして)何だか、急に眠くなってきた……(まぶたをこすりながら) -- シャン
      • へん、なの、にー。うー・・・
        ぁう、そろそろ、寝よぅ、っか。も、遅ぃもん、ね。
        -- アセトア
      • えと……言ってる事は変かもしれないけど、思ってる事は変じゃない、多分!
        う、もうこんな時間かー、アセトアの家に来るとついつい……それじゃ、おやすみ(帰る前に、撫でようと手を伸ばす) -- シャン
      • わたしも、シャンくんとお話、してる、と、のんびり、しちゃぅ・・・・・・(素直になでられてる)・・・うん、おやす、み。 -- アセトア

Last-modified: 2009-01-13 Tue 13:49:39 JST (4763d)