名簿/433008

  •   -- 2011-05-09 (月) 16:15:33
  •   -- 2011-05-09 (月) 16:15:30
  •   -- 2011-05-09 (月) 16:15:26
  • (えっちらおっちら)えーっと、来月の依頼で同行するトバルっす。ヨロシクお願いします! -- トバル 2011-04-21 (木) 22:42:15
    • 元気いいねぇ、俺はサンキストだ。わざわざ挨拶に来てもらってすまねぇな。
      俺ァ、後ろのほうで後方支援になると思うから後ろは任せとけ。トドメはよろしくな -- サンキスト 2011-04-22 (金) 00:57:49
      • いいってことすよ。 マジで… が、がんばりまっす -- トバル 2011-04-22 (金) 01:01:54
      • なんでちっとだけ緊張してんだよ!
        前線でやってくんだから、それくらい軽くこなしてやりますよ!くらい言ってくんなきゃ後方にいる俺としては背中の守りがいがないぜ? -- サンキスト 2011-04-22 (金) 01:12:45
      • いやー、なにぶん怪我してちょっと動き鈍くなってるんで…(頬ぽりぽり) 俺に向かってくる敵は何とかしますけど、それ以外は厳しいかもっすね -- トバル 2011-04-22 (金) 01:14:46
      • おいおい、そりゃまた勘弁してほしい情報だな…。とはいえ俺も似たようなもんだけどさ。まぁ背中に誤射くらいは許容範囲ってことでいいよな? -- サンキスト 2011-04-22 (金) 01:25:56
      • お互い出直し組っすか… まあ、相手がなにかわかってますし、そう気負う依頼でもないでしょう。 あっはは、一回くらいならセーフっすかね -- トバル 2011-04-22 (金) 01:30:49
      • キンググリフォンになー……あいつマジいつか絶対焼き鳥にして食う
        いやいや、つっこめよ!! あっははじゃねぇよ!! 背中ってお前セーフじゃねぇよ下手すりゃ死ぬぞ!?(思わずこっちがつっこむ) -- サンキスト 2011-04-22 (金) 01:37:05
      • おおー グリフォンとか見たこともないっすよ。 俺はミイラに。 まあ機会があればいつの日かまた会うこともあるでしょう
        まあ、実際撃たれりゃ死ぬでしょうけど。撃つんすか? -- トバル 2011-04-22 (金) 02:30:28
      • いや、俺もあれは初めて見たけどな。ミイラかー、それはそれであれだな…嫌過ぎるけど。 だなー、その時はきちんとリベンジかますぜ
        いちいち真面目なのなお前。ありえねぇよ、仲間狙って撃つもんかよ、俺の銃身はしっかり敵にだけ狙いをつけるさ(ニィッと笑って) -- サンキスト 2011-04-22 (金) 03:38:18
      • まああの時はいろいろ巡りも悪かったとゆーか… 事故みたいなもんすからね。
        いやー、真面目っつーか、なんつうか。 ええ、頼みます。 んじゃ、俺はこれで! -- トバル 2011-04-22 (金) 07:47:05
    • ってなわけでお疲れ様でした。 また組むことがあったらヨロシクお願いしますってことで! -- トバル 2011-04-22 (金) 22:37:03
      • なんか来てもらってばっかですまねぇな〜(頭掻きながら)いやほんと申し訳ないかぎりだぜ
        こっちこそ、また組む事があったらよろしくな、トバル -- サンキスト 2011-04-23 (土) 00:20:00
  • 睡眠薬入りのドリンクが届けられた -- 2011-04-07 (木) 14:53:35
    • 怪しすぎる……! 知っているぞ! 俺は知っている! この街での撒き物系の恐ろしさを! 
      とりあえず冷蔵庫に入れといて誰かに飲ませてみよう(ドリンクをしまう) -- サンキスト 2011-04-07 (木) 23:15:39
  • ほぅ……久々に見たと思やぁ、随分男前になってるじゃねーかよサンキスト? -- フェリー 2011-04-05 (火) 22:59:05
    • んあ? あ〜っと、フェ……いや……ヘ? いやいや、フェリーか。ひっさしぶりだな〜!(数年振りの再会に人懐っこい笑顔を浮かべて) -- サンキスト 2011-04-05 (火) 23:03:45
      • 名前忘れてたら殴るとこだったぜ★ いや、まぁ俺も久々に見てホントにサンかどうか一瞬分からなかったがな……
        何にしても久々だ! お前、何かあったのか?右腕すんげーことになってんぞ -- フェリー 2011-04-05 (火) 23:08:45
      • はっはー、いいじゃんいいじゃん。殴り合いから始まる再会もオツなもんだぜ? ま、バトった相手の事は覚えてんよ
        ん〜、まぁ色々? 女守った末の勲章みたいな? へへ、まぁそんなこんなでこうなっちまったわけだ。かっけーだろ!!(じゃきーん! と口で言いながら右腕を見せる) -- サンキスト 2011-04-05 (火) 23:15:13
      • んな暑苦しい再会はお断りだぜ。せいぜい別れる時に殴り合いまでだな許容範囲は
        ……ほぅ、なるほどな。その腕がカッコいいかはさておき……さっきも言ったが、前より男前になってんぜてめー?
        ……そうか! 俺が童貞捨てた時みたいないい顔してるんだお前!(※最低な類似) -- フェリー 2011-04-05 (火) 23:20:28
      • そりゃドラマチックだな。だが男たるものいついかなる時も云々かんぬんと聞いたようなそうでないような……
        ま、それはいっか。男前ねー、実感が全然ねぇけどなぁ(頬を掻きながら首を捻る)
        なに言い出してんのお前!? お前馬鹿じゃねぇの!? いいや馬鹿だね!! 例えが酷すぎるわ!! -- サンキスト 2011-04-05 (火) 23:34:34
      • HAHAHA!! 馬鹿なのは前からだ!参ったか!?(何故かドヤ顔)
        (そこで一旦咳払いし、真面目な口調に変えて) ま、冗談はさておき……女守ったっつー話はマジか。その女、ちゃんと守れたのかよ?
        (実は以前、訪ねようとした時に女の気配を感じて気を利かせたフェル坊だ。もしやその女性関係で何かあったのかと彼なりに思い至った) -- フェリー 2011-04-05 (火) 23:41:12
      • ある意味参っちまうよ……俺よか馬鹿とかどうなんだよ(苦笑いを浮かべて)
        (質問に対して先程までの笑顔とは違い、遠くを見るような視線で)………守りたかった、俺から言えるのはそんだけだ。あの時の俺がやれることは全部やった。きっと何かを守りきった。例え、彼女を救えなくてもな……… -- サンキスト 2011-04-06 (水) 00:04:33
      • (その表情を見て、言葉を聞いて……自分の嫌な予感が当たったフェリーは隣に立ち、サンキストと同じ遠くを見る)
        そうか……それなら、いいんだ。俺もガキん時にな……1人バカ女を救えなくてな?何も出来なくて、すっげぇ悔しかったぜ……
        あんまり後悔がでかいから、こんな街にまで来て冒険者までやってる始末だ。笑える -- フェリー 2011-04-06 (水) 00:16:41
      • 笑えるかよ。笑い飛ばせるようなもんじゃねぇし、似たようなもんだ。俺も、やる事があってここに戻ってきたんだしな。
        (しんみりとした空気を打ち払うよう声高に)お互いいい女に巡り会っちまったもんだな。いなくなってもま〜だ振り回してくれるなんざ、男冥利に尽きるって話だぜ -- サンキスト 2011-04-06 (水) 00:35:19
      • ハッ いい女か……生憎、俺が今語った方は今でものうのう生きてやがるぜ。ムカつくくらい平和にな
        サンも気ぃつけろよ? 年上の世話焼き女はマジ地雷だから。むしろ落雷?ははは!!
        よっしゃ、今日は飲みに行こうぜサン!美人がわんさか大漁、酒も料理も美味い穴場を教えてやるぜ! -- フェリー 2011-04-06 (水) 00:40:34
      • ははっ、そいつは悪かったよ。お前にっつーか、その女の人にな。
        むむむ、なんか、ほとんど該当してるあたりがなんかこう……親近感沸くなぁほんと
        美人もいいけど、酒や飯が旨いならついていかねぇわけにはいかねぇな! たっっぷり飲んで笑ってハメを外すとしますかね! -- サンキスト 2011-04-06 (水) 00:54:47
      • 気持ち悪ぃもん湧かしてんじゃねーよっ(冗談っぽく肘でつつく) んじゃま、夜へと繰り出そうぜぇ?
        言っておくが、男を連れてくのは初だ……そんだけレアな誘いなんだ。ありがたく思っとけよ〜? 払いは割勘だが
        (そして、2人は夜の街へ繰り出していく……朝まで飲み明かすかもしれない) -- フェリー 2011-04-06 (水) 01:03:06
      • 俺だってやだよぉ、ったく…なんなんだかなぁ(苦笑を浮かべて、でも先程のような空気はもうなくて)
        なんかそれはそれで、どうよ? でもまぁありがたく思っといてやんよ。さんきゅな。
        (久しぶりの再会は馬鹿みたいな騒ぎに包まれ、終始笑顔は耐えなかったとか) -- サンキスト 2011-04-06 (水) 01:24:31
  • 再 -- 2011-04-05 (火) 16:49:45
  • 起 -- 2011-04-05 (火) 16:49:36
  • 動 -- 2011-04-05 (火) 16:49:24
  • (あの日から町を離れ、新たな腕とともに自分探しとも武者修行とも言えるような放浪を続け、数年ぶりに戻ってくる)
    んで、まぁただいまっつー感じだよ、うん。へへ、懐かしくて泣きそうだ。お前の前に立つと、いつだってそうだよ(埋葬された彼女の墓の前、買ってきた花束を置きながら笑顔を浮かべてそう嘯く)
    土産も一応持ってきてんだぜ、ほい指輪。婚約指輪、っつーかたちにはなんなかったけど……それにめっちゃ遅かったけど……けじめみてぇなさ
    とはいえ、放置できんし棺桶開けれんし、渡しようねぇんだけどな。どーしたもんだか……な(左手でその指輪を持て余すようにしながら)
    (やっぱりその指輪を花束に横に置いて)はい、これで渡しましたー! ま、なくなっちまったらそれはそれでってな。さぁて、そんじゃもう行くな。また来るから、またな……ハルカナ(そして、男は街に帰ってきた) -- サンキスト 2011-04-04 (月) 22:48:54
  • -- 2011-02-27 (日) 21:57:15
  • -- 2011-02-27 (日) 21:57:10
  • -- 2011-02-27 (日) 21:57:06
  • サンキスト・ピーチウォーターの目覚めた先は市街でも有数の大病院であった。
    戦いの後重体で発見された二人は学園関係者の通報で入院ができたという話だ。

    入院から数日後、医師はようやく、サンキストと共に搬送された女性の死を告げた。病院に運び込まれた際には既に息を引き取っていたということだ。

    事情聴取に来た自警団、また当時の屋上の様子を知る学園教師からも、彼らと戦った男の情報は得られなかった。
    ただ現在は巧妙に隠されてはいるが、学園の屋上から校門に至るまでは、夥しい量の血痕が残されていた、ということだ。
    -- 2011-02-24 (木) 17:45:35
    • (病院の屋上で、患者服に身を包み柵に寄りかかって空を見る
      何もかもが終わった。どうしようもないくらい、何もかもが。戦う為の右手を失い、強くなる理由を見失い、守るべき者を喪って)
      ……なんで、生きてんだろ……俺(見上げた空はとても青くて、涙ばかりがこみ上げてくる) -- サンキスト 2011-02-24 (木) 22:17:51
  •  
  • (ある日突然ハルカナの消息が途絶えた。学生時代から引き続き住んでいたアパートは既に引き払われ、人の気配はない) -- 2011-02-13 (日) 23:40:33
    • 一体……どうして……?(引き払われたアパートの管理人に聞いても、行き先はわからず途方に暮れる)
      焦るな〜……何かあったんだろう事は確かだからな。とにかく、しらみつぶしにこの街を探してくしかないか……!(自分を奮い立たせる様に言葉を吐き、思いつく限りの場所を探し始める)

      (――そうして探し始めるものの時間は随分経ち夕暮れ。探していない場所などないというくらいに探しつくし、途方に暮れる)………はぁ、ったくどこほっつき歩いてんだあの人は……! つか、こんなとこまで探して馬鹿か俺は……いるかよこんなとこに……(オレンジ色に染まるスラム街で走りつかれて息も絶え絶えの様子で言葉を吐き捨てた)
      あと探してないのは……学校くらいか? ……でも、いるわけねぇだろう。今更何の用があるっていうんだ……?(しかし最早行くあてもなく、止まっていた足は呟いたその場所へと進み始めていた) -- サンキスト 2011-02-14 (月) 22:19:49
      • (サンキストが足を使っている間に日もすっかり落ちてしまった。学園校舎には生徒はおろか教師すらも残っておらず、普段ならば夜の闇に身を任せるだけとなっている。
        しかし今日はどこか趣が異なっていた。放課後といえどほとんど活動に使用されない屋上へ人影が映えている。
        一つ、二つ。どうにか人間と認識できる程度の影は交錯してはまた離れる。その様子は完成された舞踊に似た雅やかさと、どこか刹那的な哀愁を漂わせていた) -- 2011-02-14 (月) 22:35:48
      • (時刻は完全に夜となり、一見しただけではそこには人がいる気配はない)……くっそ、やっぱいねぇ……いや、なんだあれ……(その両の目は、校舎の上。屋上に視線が向かう)
        こんな時間に、だれ……が(狩猟者として、遠くから獲物を狙う為その目は決して悪くない。むしろ、常人離れすらしているといえるその目にはかすかに、しかし確かに映った。自分の見知った横顔。なによりも愛しい人の横顔を、見間違うなどありえない)
        なにやってんだあの人……それにあの動きは、まさか――(頭によぎるのはいつかの言葉。幸せすぎて忘れかけていた事実)
        ……っ! ちっくしょう……!(すぐさま駆け出して校舎へと向かう。目標は屋上。間に合え、間に合えと心の中で叫びながら死地へと向かう) -- サンキスト 2011-02-14 (月) 22:51:13
      • (駆け上がる校舎内の階段は死刑台にも似ている。果たして審判が下されるのは誰か?
        静寂の中屋上へあと一歩まで迫った時、扉越しに耳を突く不快音が身体を駆け巡った。爆弾が破裂したならば、丁度このように聞こえるのだろう) -- 2011-02-14 (月) 22:52:23
      • (一心不乱に屋上へと向かい走る。その心情は不安で一杯となっていた)……無事で、いてくれ……!(最後となる階段を上る途中で、願うように呟いた言葉は)
        なっ……!?(扉の向こうから響いた音に思わず足が止まる)は…ぁあ?……(目前に迫った扉の向こう。自分の愛しい人間はその向こう側にいる。だというのに、それだというのに)
        (今、この扉を開くのはやめた方がいい。どこか俯瞰している心の中の自分が言った。引き返した方がいい、と。見なかった事にすればいい、と。早く着かなければと思っていた先程とはもう違う。今は、この先には行きたくない。見てしまっては戻れない。そんな気がするのだ。だが)
        ここまで来て、戻れるかよ……!(残りの階段を上がり、ドアノブに手を掛けて回す。そうして微かに震えるその右手は……静かに扉を押し開いた) -- サンキスト 2011-02-14 (月) 23:17:04
      • (運命は等しく唐突である。当たり前に先輩と後輩として出会った恋人たちは、突然の悲劇により引き裂かれた。
        いや別離は予め決定されていたのだ。少なくとも矢次春哉にとっては、この瞬間が訪れると分かっていたのだから。

        屋上に待ち受けていたのは、鮮血を纏う変わり果てたハルカナの姿と、かつてサンキストが出会った一人の男だった。
        男はサンキストを視界に捉えても動揺を見せず、以前と同じ機械じみた表情でただ睨め付け返している) -- 2011-02-14 (月) 23:32:10
      • (突きつけられる現実はかくも無慈悲で残酷で、想像したくなかった光景が目の前に広がっていた)
        ハルカナッッ!!(目の前の男は構わず、血に塗れたハルカナの傍に駆け寄っていく) -- サンキスト 2011-02-14 (月) 23:40:25
      • (ハルカナからの返答はない。瞳は閉じられ、呼吸音すら危うい状態だ。脇腹には血痕の原因らしき無残な裂傷があり、既に息を引き取っている可能性すらある。
        原因を作ったと思われる男は、サンキストが向かってこないと分かると、屋上から立ち去ろうと脇をすり抜けた) -- 2011-02-14 (月) 23:50:19
      • (その散々たる姿を見て息を呑む。自分の呼吸すらままならない。震える手でハルカナの顔に触れる。温もりはまだある、だがこの怪我の具合ではこの場で助ける事はできないだろう。そして、仮に医者に診て貰っても助かる見込みも少ないだろう)うそ………だ………!(ぐにゃり、と目の前が滲む。必ず助ける、そう決めた筈の目の前の少女)
        (しかし、彼女は一人で立ち向かい……その危機に間に合うことはなかった。身に押し寄せる無力感。助けたかった、何者からも、誰よりも、救いたかったその命は……今やなくなろうとしていた)
        (――だが)……おい(通り抜けようとする男に声をかける。その声は、怒りと殺意が滲むようだ)お前が、これをしたのか……? -- サンキスト 2011-02-15 (火) 00:03:35
      • そうだ。(事実のみを淡々と告げる。息をするように、そう答えることが当たり前だと)行く手を阻む障害を、取り除かせてもらっただけだ。
        (背中を見せたままで男は言葉を続ける)お前がその娘の何であろうと、俺に興味はない。しかし、だ。お前が俺の敵ならば。
        (満月の下、男が身を翻す)俺にお前と戦う理由が産まれる。 -- 2011-02-15 (火) 00:21:08
      • ……そうかよ(一言だけ、そう呟く。そうしてからハルカナを抱え上げ、ベンチに横たえる。そしてようやく男の方を振り返るも視線は下を向いたままで)お前は、俺の敵かと聞いたな
        それは違う……あんたが、俺の敵だ(ガンホルダーに提げた拳銃を引き抜く)だから、殺し合おうぜ……俺の敵(憤怒の形相を浮かべて前を向くのと同時に、狙いを定めた拳銃のトリガーは絞られた) -- サンキスト 2011-02-15 (火) 01:26:46
      • そうか。(開戦の合図は一言で十分だ。全ての敵は打ち倒すのみ。かつても、そしてこれからも同じに。
        引き金に指が掛けられればタイムラグなく銃声が響く。銃弾は男の肩口を掠めるも、怯まずコンクリートの床を蹴りサンキストまで距離を詰めてくる) -- 2011-02-15 (火) 22:23:57
      • (躊躇なく距離を詰めてくる男に対し、距離をとることなく、むしろ何発か外された時点で自ら距離を縮めていく。その間も、両の手に握る拳銃で銃弾を次々と放ち続ける) -- サンキスト 2011-02-15 (火) 22:58:41
      • (止むことなく降り注ぐ弾丸の雨の中、腕や脚を削られることもお構いなしにサンキストへと接近する。
        そもそも狭苦しい屋上、ベンチが離れた場所にあったとはいえ、二人が引き寄せられるまで長い時間はかからなかった。
        いつしか二人の距離は数メートル、踏み込み次第では刺すか刺されるか、という間際までに) -- 2011-02-15 (火) 23:41:06
      • (均衡の中、動いたのはサンキスト。躊躇うことなく照準を頭部に集中させる。それは、すぐにでも仕留めてしまおうという心情が表れたからだろう
        長引けば、ハルカナを助けられる可能性は凄まじい勢いで減少していく。その思考あっての行動。その焦りにも似た考えが)なっ……!?(弾詰まりなんかの、些細なミスを見逃す) -- サンキスト 2011-02-16 (水) 00:10:35
      • (命知らずの突撃を繰り返していた男も、流石に人体の急所を狙われては分が悪いと見た。
        上体を大きく仰け反らしたために進行の速度が緩み、明らかな隙が生じる。サンキストにとっては決定的なチャンスであったはずが)
        同じミスを二度犯したな。(男にしては珍しい、忠告とも取れる発言。その間にも空間の隙間は埋まってしまい。
        不意に、二人を覆う世界の空気が変化する。威圧感とも取れる肌を刺す感覚は、眼前の男が発生させている) -- 2011-02-16 (水) 00:23:19
      • (眼前の男から放たれるビリビリとした気配。相手は違えど、何度も経験したこの圧力)………ッッ!(喰らえば必殺の一撃が来る。本能とも呼べる部分がそう叫ぶ)
        (弾詰まりを起こした拳銃を最早零距離とも言える二人の間、眼前の男の顔目掛け投げる。それは、攻撃を目標としたものではない。一瞬、たった一瞬視覚の空白を作る為の布石。その為に武器を一つ捨てることなど、惜しい事ではなかった。) -- サンキスト 2011-02-16 (水) 00:34:06
      • (拳銃が視界に対するノイズとなるには少々遅すぎた。既に攻撃は完了しており、空気を裂く轟音と共に爆発が引き起こされる。
        男が炸裂弾や火薬の調合を行ったわけではない。ただ自分の敵を打ち倒そうと、会得した『技術』を行使したまでのこと。
        爆破は拳銃を容易く飲み込み、眼前の相対者すらも消し炭にせんと迫る) -- 2011-02-16 (水) 21:33:50
      • (拳銃を投げたのはそこに視線を集める布石。必死の圧力を感じた時点で、思考は攻撃から防御に移った
        右手にある、緊急用の簡易魔法シールド。もちろん、全てを防げるわけではないが後ろに飛びながら重要な機能を防ぐ程度であれば防ぐ事はできる。できるが、代償は大きい。
        足に負った火傷は、少なくとも素早く動ける事はもはや適わないだろう。そして、シールドを張りながらもそのシールドは手首から先はその範疇ではなかった。理由は単純、その爆発に焼かれながらも引き金を引き続けるために攻撃を防いでしまうそれは邪魔にしかならない
        結果、右手は完全に使い物にならず、爆発により拳銃自体も正常には動かない。放った銃弾の行方も、知れない
        犠牲を払って死中に活を見出すにしても自殺行為過ぎるその行為は、どれほどの見返りがあったのだろうか) -- サンキスト 2011-02-17 (木) 22:27:41
      • (決死の覚悟は照準を狂わせるためには十分だった。本来ならば人体を完全に破壊するはずの必殺攻撃はその役割を失われ、戦闘力を大きく削いだ。
        しかし、それだけだ。決定打にはなり得ず、苦し紛れの弾丸は結果的に男の太腿を打ち抜いただけに終わる。鉄のような男も痛みは感じるのか、負傷した右足を引き摺りながら半死のサンキストを見下ろした)
        心配するな、すぐに終わる。(単なる独り言か、戦意が残っているか疑わしい相手か、ここにいない他の誰かに対してか。短くそう呟くと、最期の『留め』を行おうとする) -- 2011-02-18 (金) 18:25:06
      • ……っ、バケモノかよ、くそ……ッッ!(望んでいたダメージの10分の1にも届いていない現実に、もはやどうしろというのだろう)
        終わるかよ……こんなとこで終わらせて、たまるか……!(自分を見下ろす目の前の男を、もはや瀕死とも取れる状態にあるにも関わらず、強い意志で睨みつける。しかし、立ち上がるのも困難な身体は、どうすることもできなくて) -- サンキスト 2011-02-18 (金) 19:25:09
      • ―いつも決断するのは私だった。
        逆賊捜索なんて命令を受けたときも。
        今更、学園なんてつまらないお遊戯場への潜入を選択したときも。
        学生生活で生まれた少しだけの気の迷いも。
        ちょっといいかなって思ってた男の子が、自分のことを好きだと言ってくれたときも。
        何時の間にか自分の中で膨れ上がった愛という感情も。全部、全部。
        愚かであっても構わない。否定したいならすればいい。もう一度だけチャンスを。
        私は、彼を助けるんだ。

        だから動け、私の身体。
        -- 2011-02-18 (金) 23:45:45
      • (狙えるチャンスは一度だ。敵が自分を完全に脳から忘却した瞬間。すなわち彼の止めを刺す段階。
        本当は直にでも飛び出したかった。自分のせいで、彼はあれほどに疲弊し傷を負っているのだ。
        自分は責任を取る必要がある。それが巻き込んでしまった相手に行える、せめてもの償い)
        逃げてッ!
        (死体同然の姿であったハルカナが突如息を吹き返す。何時から目覚めていたのか、まだ行動できるのか。
        サンキストの思考を全て吹き飛ばし、凶器として硬化した両指を揃え、男の頭部と胸部を狙い指突を試みた) -- ハルカナ 2011-02-18 (金) 23:54:51
      • 守りたい人ができた
        学園に入ったのは本当に気紛れで、学科を気紛れで。でもその気紛れが、一人の人に会わせてくれた
        妙に人をからかって、でも全然その本心を見せてくれないその人に俺はどんどん惹かれていって
        初めて、傍にいたいって。一緒にいたいって思える人に会えた。俺が守ってやるって、ずっとずっと守ってやるって……そう思った
        そうして恋人になってからは幸せで、幸せすぎて、楽しくて、忘れてしまっていた。この日常はとてもとても大切で、いつかはどれだけ望んでも手に入らなくなってしまうことだって、あるかもしれないということに
        覚悟も、力も足りていなかった俺には、「守る」という言葉の意味をわかっていなかった。

        その結果が、無様にも守るべき人から守られる。そんな最悪な結果に見舞われるハメになる
        -- 2011-02-22 (火) 01:03:51
      • (目の前に飛び込んでくる人影。自分と目の前の男しか動ける者がいないはずの空間に飛び込んでくるそれは、一体なんだというのだろう
        ありえない、という思いと。それだけは、駄目だという思い
        生きていてくれてよかった、なのに……なんだ?この光景は
        そして、黙ってそれを見ているしかできない無様な自分の姿は、なんだ?)……ッ!!(言葉すら発することもできず、ただその背中に手を伸ばそうと左手を動かす) -- サンキスト 2011-02-22 (火) 01:14:02
      • (位置的には丁度、サンキストと男の間に割って入る形となった。盾として、矛として、恋人として。矢次春哉は果たすべき最期の任を全うする)

        (現実は無慈悲で残酷だ。一際大きな爆発音が上がると、肢体と顔面の半分ほどを焼かれ黒く炭化したかつては人間であった誰かが力なく崩れ去った。
        ハルカナの奇襲より、男の攻撃目標変更が一手勝った。後はサンキストを始末すれば万事が解決する。何事もなく家に戻れば、それで終わり。
        のはずであった。運命に決着をつけるにはあまりにも一方的で早すぎたのだ。最終局面を覆す駒は漸く息吹を吹きこまれた。
        爆発の余波はサンキストが使えないと見限った拳銃を床から弾き、その手に握らせた。熱のせいか歪んで変形してはいるが、拳銃としての形は成したままだ) -- 2011-02-22 (火) 19:01:44
      • ………ッッッ!!?(叫ぶ事すらままならず、目の前で起きた事象に目を見開く
        攻撃を受け、目の前で在りし日の姿から見るも無残な姿に変わる――その姿は、その姿を見る事だけは避けたかったというのに
        心の奥で何かが砕ける音がする。その正体を今は知らず、代わりに自分の目の前には度重なる攻撃で元の形を失い、歪になった拳銃が転がり込んでくる
        躊躇うことなくその銃把を握る。銃に宿る熱によってその左手が焼けるが、そんな事を気にしてる贅沢など今はない。目の前の敵を撃つ。それだけに意識を集中させる
        チャンスは一瞬。最愛の人が崩れ落ち、視界が開けるその一瞬。壊れかけたこの銃が、果たして弾丸を吐き出せるだろうか。利き手ではないこの左手でどれだけ正確に射撃できるだろうか。目の前の人は、生きていてくれているのだろうか。
        それらの思考全てを無視して今は、ただ目の前の敵を撃つ。
        それ以外の感情一切を捨てて、撃つ

        ―――そして、銃声は響いた) -- サンキスト 2011-02-23 (水) 01:33:23
      • (二人を阻む障壁が役目を終え、永遠とも感じられる一瞬が過ぎて。
        大きすぎる代償を支払った結果は、誰が望んだものなのか。遥かな賭けは実を結んだ。
        銃で撃たれれば死ぬ。血が出るなら殺せる。およそ常識という範疇から逸脱していた男も、所詮はただの人であった。
        生温かい鮮血が滴っている身体を中央に割った箇所、胸部のやや右側は、通常の人間であれば心臓が格納されている人体急所の一つだ。破壊されれば当然死に至る。
        正真正銘のラストショットは主人に忠実に、淀みなく客演を遂行した) -- 2011-02-23 (水) 21:47:37
      • (銃声が響くと同時に、その手から拳銃が落ちる。握っている握力すら最早ない
        身体から流れていくその血の量は、倒れていてもおかしくない量だ。しかし倒れない。まだ倒れる事は許されない
        ここから、目の前で横たわる彼女を病院に連れて行く。猶予などない、なんとしても今すぐにでも行かなければならない
        しかし意思とは裏腹に身体は限界を迎え、倒れ伏せる恋人の横に力なく自分も倒れる)
        ハル………カナァ………(震える手で彼女に手を伸ばす。しかし、果たして彼女に触れることなく意識は闇に落ちた) -- サンキスト 2011-02-24 (木) 02:00:08
  •  
  •  
  •  
  • (むくり)朝です。ラブラブな二人なので寝食を共にしても何の問題もないのです。
    サンキストくん起きてー、おーきーてー。(ゆさゆさ) -- ハルカナ 2011-02-08 (火) 00:03:30
    • むにゃ……あとごふん〜……(揺さぶられながら寝ぼけた声を出す) -- サンキスト 2011-02-09 (水) 22:07:10
      • (昨夜もラブラブチュッチュしたばかりなので衣服には乱れが生じている)
        んもぅ、起きないとこうしちゃうぞ。(布団の中に潜り込み、サンキストのズボンを脱がそうとする) -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 22:11:55
      • んん……? なんか……なんだぁ………?(ぐしぐしと目を擦りながら、妙な感じで起こされる。)
        ハルカナぁ……?(キョロキョロと辺りを見回して) -- サンキスト 2011-02-09 (水) 22:23:49
      • (パンツに手を掛けたところで目覚めたので知らんぷりして布団から顔を出す)
        おはよ、サンキストくん。朝だよ、依頼の準備しないと。 -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 22:28:06
      • ふぁ〜……おはよハルカナ。あ〜、そっか今日だっけか(意識はまだ微妙に覚醒しないままベッドから下りる)
        ん?……あれ?! 今平然とどっから現れた!?(ようやく普段の思考になる) -- サンキスト 2011-02-09 (水) 22:42:01
      • (パジャマの下を手に持ったままだったので慌てて放し)えっ何何、聞こえなーい! 別にサンキストくんが起きないからぁ、ちょっとした朝の挨拶をしてあげようだとか、そんなことは考えてなかったよ?
        (私わかんなーいのポーズ) -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 22:47:52
      • 見えたよ今! そして気付いたよ今! ズボンねぇのな俺!!
        いや別に悪いとは思わないけどできたら起きてる時にしてもらいたい男心ここにありけりって感じでね? -- サンキスト 2011-02-09 (水) 22:52:59
      • (しゅん)……して欲しいの? もう朝なのに。
        (ベッドに座りこむ。前をはだけた上着からは白い肌が見え隠れして) -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 22:55:12
      • して欲しいかと言われたらNOとは言えないのが男の子ですよハルカナさん。
        まぁ昨夜もだいぶ沢山しちゃったわけではあるんだけど〜……いやまぁ自粛しようかな……?(苦笑を浮かべて) -- サンキスト 2011-02-09 (水) 23:09:12
      • Noとしか言わないはず……!?
        自粛するのなら仕方ないね。性欲魔人だったあの頃からすると大人になったね。(無慈悲にカーテンを開ける) -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 23:18:33
      • だってそんな女の子から誘われたんですぜ!? YES以外ねぇ!!
        性欲魔人て……いやまぁ、そう言われて否定できないけどね?(昨夜の事を思い出しながら)……ああ、本当さいっこうだったなぁってまぶし! あ〜……朝だー…… -- サンキスト 2011-02-09 (水) 23:25:12
      • (不意打ちで背後から手を回しベッドに倒れ込む。薄布数枚を隔て、互いの温もりは直に近い状態で伝達される)
        んもぅ、仕方ないんだから……。お昼ごはん食べるの、遅くなるよ。それでもいいの? -- ハルカナ 2011-02-09 (水) 23:31:52
      • ぬおわっ!!(変な叫び声をあげて後ろに倒れる。その際に触れる温もりに思わず笑顔)
        オーキドーキーというやつだな。大好きな人の作る食事も大切だけど、大好きな人を貪るのはもっと大事だもんよ(不意打ちのように口付けをして)だから、それでもいいのさ -- サンキスト 2011-02-09 (水) 23:49:03
      • ……ありがと。(口付けを受け入れると、ボタンが半分外れたパジャマを脱ぎ棄て、産まれたままの姿でより身体を密着させた)

        (ずっとこの時間が続くものだと思っていた。ずっと一緒だと思い込んでいた。
        【当たり前】を願った小さな幸せへ、終焉の足音は確かに迫っている) -- ハルカナ 2011-02-10 (木) 00:01:42
  • お -- 2011-02-06 (日) 01:22:18
  • 掃 -- 2011-02-06 (日) 01:22:12
  • 除 -- 2011-02-06 (日) 01:22:03
  • なんだか仲がよさそうですね、順調そうで安心しました
    ちょっと遅くなりましたが、X科の卒業証書代わりのコインです http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst055657.png 
    あとこれはハルカナさんと二人で飲むといいかも知れませんね(そこそこいいワインと日本酒を持ってくる) -- セレン 2011-02-02 (水) 23:37:43
    • そっすね、なんだかんだありつつも順調に進んでますよ。
      おお〜、これが噂の……!(コインをまじまじと見ながら)
      ありがとうございます先生。酒とか飲んだことねーけど、先輩と一緒に飲んでみますよ -- サンキスト 2011-02-03 (木) 22:24:08
      • (家出から帰ってきた)ぅぇーん、おもちたべたいよー。 -- ハルカナ 2011-02-03 (木) 22:26:56
      • あ。もー、なにやってんすか先輩。おもちのびちゃいますよ〜(きな粉をまぶしたお餅を用意しながら)
        というか、20歳なのにその入りは本当になんというか……可愛いなぁもう! -- サンキスト 2011-02-03 (木) 22:42:37
      • わーいお餅食べるー。(かぶりつくと差し入れらしきワインと日本酒を発見して)
        お酒だ。そんな、私に無理やり飲ませてあんなプレイやこんなプレイをしてやるぜグヘヘだなんて……。 -- ハルカナ 2011-02-03 (木) 22:45:28
      • 食欲魔人だなぁ先輩は……
        やりませんよそんなこと!? つか大体、俺飲んだことねぇんですけど酒って。そんな美味いもんなんですかねー? -- サンキスト 2011-02-03 (木) 22:59:15
      • 人によるんじゃないかなあ。私もそんなに美味しいと思ってないよ。
        試しに、二人で一緒に飲んでもいいかも。(瓶には「ろまね☆こんてぃ」と描かれている気がする) -- ハルカナ 2011-02-03 (木) 23:04:26
      • それじゃあお餅をつまみつつ呑んでみるとしますか(グラスを取りにいく)
        しっかし、ワインと……これはなんだろう?(日本酒を見ながら) -- サンキスト 2011-02-03 (木) 23:19:16
      • なんだろうね? とりあえずパスで。
        (出されたグラスの一つにワインを注ぐと、もう一つを前にわざとらしくかしこまり)
        今年も一年、よろしくおねがいします。 -- ハルカナ 2011-02-03 (木) 23:28:35
      • パスしていいのか……!? まぁ、とりあえず今はこのワインだけでいいけど
        こっちこそ、今年も一年よろしくお願いします…しっかし、なんか新年早々酒盛りっていいんだかどうなんだか…… -- サンキスト 2011-02-03 (木) 23:44:18
      • (グラスの中身を一気に飲み干してしまった。よい子のこやすは真似してはいけない、しぬぞ)
        いーんだよこまけえことは! 暑いし脱いじゃお。(上着を脱ぐとベッドの上に放り投げる。酒が回ってきたのか既に顔は赤い) -- ハルカナ 2011-02-03 (木) 23:51:49
      • え゛ぇっ!?(呷る様に酒を飲む様子に思わず叫ぶ)
        いや、いやいやいや!! よくないよ、そういう飲み方よくないよ先輩! というか! 服脱がないで先輩!! 酔うの早いよ!! -- サンキスト 2011-02-04 (金) 00:01:28
      • なにさー、どうせ二人っきりなんだしー、ちょっとくらい大胆になってもいいじゃないのー(ぐいぐい
        ほーらサンキストくんも飲んで。私の酒が飲めないのか、この×××!(酒臭い息と共にグラスを頬に摺りつけて -- ハルカナ 2011-02-04 (金) 00:08:34
      • 目のやり場に困る! 主にもう胸しか見なくなりますよ俺
        うわー、これが絡み酒というやつか…!! そしてひでぇ!本気でひでぇ!! (押し付けられるグラスを奪って飲み干し)……あーもう! そこまで言うなら俺だって超飲みますよ! もう知ったことかー!  -- サンキスト 2011-02-04 (金) 00:34:02
      • ―翌日、そこには二日酔いで寝込んだままの男女がいたとかいなかったとか -- 2011-02-04 (金) 00:36:18
  • 安易な性転換薬が振り撒かれた -- 2011-01-31 (月) 20:28:20
    • おおっと、避けるはずが避けきれずアタッテシマッター! シマッター、オンナノコニナッテシマッター!ナンテコッターイ!(完全に女体化しながら棒読みで叫ぶ) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 22:59:28
      • 返して! 彼を返して!(服を引っ張る
        わざとだよね? わざとだよねぇ!? -- ハルカナ 2011-01-31 (月) 23:04:37
      • ふふふ……今ここにいるのは彼ではなく彼女だ!(ババーン)
        イイエ、グーゼンダヨー。マキモノコワイヨー(冗談でやったのになんかここまで取り乱すとは思わなくて目が合わせられない) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 23:22:00
      • サンキストくんの性的倒錯者! TS野郎! 龍炎狼牙!
        元に戻るまで一緒にお風呂とか入ってあげません(つーん -- ハルカナ 2011-01-31 (月) 23:24:44
      • ネタを振られた以上……全力で答えるのがいいかと思ったんだけど、って最後なに!? 龍炎……え、なに!?
        えー、今までそんなこと数えるほどしか(行間で)やってないのにー!? でもそうか、戻るならやっていいのか。そうかそうか。ちょっと薬屋に行ってくるか…… -- サンキスト 2011-01-31 (月) 23:36:13
      • (そういえば自分が性転換薬飲んだ時も好き勝手に遊んでたと思い出した)
        ……無罪! サンキストくん無罪だから! お友達のところに顔出してえっちなことさせるフリしてどん底に突き落としてあげるといいよ、うん。 -- ハルカナ 2011-01-31 (月) 23:39:51
      • \そうさせると思っただけでなんか気持ち悪くなってきた!/
        男を悩殺しても仕方がないが、女姿で女を悩殺できるわけがねぇ……そんなことよりハルカナと一緒にお風呂入る方が重要なんじゃねぇ? 俺今いいこと言ったんじゃねぇ? -- サンキスト 2011-01-31 (月) 23:46:11
      • うわーい欲望に忠実ー、いつものサンキストくんだー。
        女同士でもお風呂入れるよね、とごく当たり前の発言をしつつ私は自分のお部屋に帰るのでした。おやすみー。 -- ハルカナ 2011-01-31 (月) 23:51:46
      • 女になっても精神的なとこは変わらないみたいだ。いいんだかわりーんだかわかんねっすけど
        ああ、いけず!! 先輩のいけず!! おやすみ!! あ〜、まぁどれくらいで解けるんかなーこれ。一ヶ月くらいかなー……長いなー。もうちょい後先考えればよかったかなー!(不貞寝) -- サンキスト 2011-02-01 (火) 00:01:33
  •  
  • スラム― ならずものの巣窟であり、街の中でも治安が悪いとされる場所
    近年は騒動が起こったという話も減ったが、厄介事の種が転がっているのは間違いない
    -- 2011-01-31 (月) 18:24:07
    • 山ん中で暮らしてたんじゃあこういう場所は聞いたことしかなかったが……果たして聞いたこと以上に愉快なことでも起こってくんねぇもんかな。いきなり銃撃戦とかいいわー
      (呑気な表情で物騒な事を吐きながら男が一人スラムにやってくる。来た理由は単純、行った事がなかったら) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 18:36:10
      • 歩き回るうちに、ふと脇道へ逸れる小さな路地を発見する
        一倍人気の薄いそこは、身を隠すには格好の場所だ 建物の陰になっており、よく目を凝らさないと見渡すことすら困難である
        ふと、その中にいくつかの人影を発見した
        -- 2011-01-31 (月) 18:51:28
      • (猟師をしている時の癖か、死角となりえる場所を探すのが癖となっているサンキストには絶好の隠れ場所のように思えた)
        ……って、ん?あれは……?(通り過ぎようとしていたが、あまり見かけなかった人影を見つけ、思わず立ち止まり様子を窺う) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 19:06:51
      • 物影では数人の男が一人を相手に暴行を加えていた いかにもガラの悪そうな集団側は、既に白目を剥いた相手にも容赦はしない
        【麻薬】【横流し】【罰】という言葉が聞き取れ、麻薬組織での内ゲバと考えるのが妥当か
        気が済んだか、あるいは標的が事切れたか。満足気な男たちは踵を返すと、サンキストを発見したようだ
        -- 2011-01-31 (月) 19:27:18
      • ありゃ、見つかっちった。なんも見てないっすよー、通りがかっただけっすよー……てのじゃ駄目かにゃあ。駄目だよねー……(困ったなぁ、と言いながら男達の脇を抜けて倒れている男の下へ行こうとする) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 19:41:39
      • 不意を突かれた男たちはサンキストの突破を許してしまう
        ……暴行を加えられた人物は既に息を引き取っていた
        集団は目撃者であるサンキストを逃がすつもりはない 躊躇なく拳銃や折り畳みナイフを構えている
        -- 2011-01-31 (月) 19:51:14
      • (助ける気はなかったが、しかし目の前でこうして亡くなった男の姿を見て思わず溜息を漏らす)ハァ……ま、こういう場所だからこういう事もあんのかねぇ。あーあー、全くもってゲンナリすんぜ。
        (死体となった男の見開いたままの目を閉ざし、集団に背を向けた状態のまま立ち上がる)さて、俺個人としてはこの人がなにしたかもしんねーし。あんたらが何しようがぶっちゃけ見逃してもいんだけど……そっちが見逃してくんねぇかな?(顔だけ集団の方を向く。その顔には、その場には似つかわしくない笑顔が張り付いている) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 20:04:00
      • 答えは一つ 招かれざる客に、死を
        ナイフを構えた数人の男が、サンキストへ飛び掛かってくる!
        -- 2011-01-31 (月) 20:07:40
      • ま、そうなるわなぁ(腰のベルトに下げたホルスターから銃を引き抜く)……もっとも、俺の期待したとおりの展開だがな(満面の笑顔を浮かべたまま、両手に収められた二挺の銃を先陣を切って向かってくる男達の頭部に目標を定め、トリガーを引いた) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 20:14:42
      • 男たちの身体は、紙きれのようにあっけなく吹き飛んでしまう 相手が場慣れしていることを悟ると少々面食らったようだが、戦おうとする姿勢に変わりはなく
        男たちの後方にはちょうどサンキストから死角になる形で、集団のリーダーらしき人物が拳銃を構えていた
        -- 2011-01-31 (月) 20:22:00
      • あーあ、とんだ期待はずれだなあんたら。もちっと頑張ってくれっと思ったんだけどなぁ(鮮やかな身のこなしで攻撃を避けつつ、接近戦にだけは注意しながらできうる限り無駄弾を使うことなく相手を戦闘不能にしていく)
        ッつ!?(突如、ぞわりとした感覚。心臓を握られたような、自分に向けられる冷たい殺意に気付く)……どっからだ!?(しかし自分に向かってくる目の前の多勢に気を取られ、位置を気取ることができずにいた) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 20:27:14
      • あわや指が引き金に掛けられるか、というその時 男たちの間で金切り声にも似た悲鳴が上がる サンキストを狙っていた男が音もなく地面に倒れ伏したのだ
        ヘッドを失った今、集団は烏合の衆 なおも抵抗を続けるもの、逃げだすもの……
        喧噪が鎮まった後、屍の山の上に立っていた人間は、サンキストともう一人

        やや年季のいったスーツを身に纏う、壮年と思われる男の姿だった
        -- 2011-01-31 (月) 20:41:36
      • いやぁ助かった助かった。なんとか無事に済んでよかったなぁ、おい(戦闘、と呼べるものであったかは定かではないが…自分に襲い掛かるものがなくなり、一息つく。などという事もない)……てゆーか、あんた……なに? 見たとこ最初からいなかったように思えんだけどさ。奴らの真のボス、って感じでもねぇしさ……どちらさん?(戦闘態勢は未だ解かれず、目の前の男に対して注意を向ける一方。自分の頭の中で警鐘が鳴り響く) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 20:56:49
      • (依然空間に強い殺意は残ったまま。殺意の本当の主は麻薬組織ではなく、この男だった。
        壮年といっても、サンキストよりそう年上にも見えないほどある程度は若い。鋼のような硬質の黒髪を、男にしては珍しく頭の左側で一房に纏めている)
        俺が誰であってもお前には関係ない。俺がお前の素性に興味を持たないようにな。 -- 2011-01-31 (月) 21:10:42
      • (視線は男から外さず、ビリビリくるその後退りすらしたくなるそれから目を背けない)興味ねぇとはご挨拶だな。それに関係ねぇこたぁねぇだろう。こんだけやらかしといてそれは通らねぇでしょ。あんた何モンだ。いつから、ここにいた……(手の中の銃を強く握りながら) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 21:21:51
      • (引き攣った顔のまま絶命している頭角の男を足下にする。先程、目の前の男が手を下したはずだが)
        俺がやったのはこの男だけだ。丁度、死角になる位置からお前を狙っていた。
        (相対する青年の手の中に拳銃を見咎めるも、あまり気にした様子はなく)新興の麻薬シンジケートの尻尾を掴んだからな。お前のおかげで大した労力も使わず、一網打尽にできた。
        (淡々と語る男の表情はどこか作りものめいていた。ただ冷静なだけとも、無感情な機械そのものとも見える)……お前は、この街の冒険者か? -- 2011-01-31 (月) 21:46:17
      • そりゃあんがとさん。おかげで命拾いしたってことだよな、そりゃ……それにその情報のおかげで、特にこいつらに罪悪感を感じる事もなさそうだ。を
        (表情も変えず、ただ連絡事項のように話す目の前の男。対峙しているだけだと言うのに、銃を握る手には汗が滲む)……ま、そんなとこだな。あんたは、なんだ? 自警団かなんかか? -- サンキスト 2011-01-31 (月) 21:58:40
      • (何か言葉を綴ろうとするも、思い直したように口を閉じ)ただの人だ。ここは治安が悪い、追剥をされたくないなら帰れ。
        (追い返すように手を払う。そもそも、慎ましやかな一般市民が麻薬組織の動向を知っているわけがない) -- 2011-01-31 (月) 22:14:50
      • 一般人が麻薬とか扱ってる人間のメンバー、んでもって主犯格だろうそいつの顔を何で知ってんだよ。
        ……追剥なんざ、返り討ちにする自信はある。だが、目の前のあんたはやべぇ、俺の本能がそう叫ぶ。そんな奴を前にして、はいそうですかさようならたぁ、言えねぇなぁ……(ゆっくりと銃口を目の前の男に向ける) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 22:23:07
      • 危険を避けることも、賢さだと思うがな。(挑発するようにそう言った途端、目を丸くし毒気を抜かれた顔になった。ようやく男に人間らしい表情が浮かんだように見える)
        「どうした……分かった分かった、すぐ帰る。こちらは片付いた」
        (独り言らしき発言の後、張り詰めていた空気は緩やかに戻り)悪いな、家内に急かされた。俺はこう見えても愛妻家なんだ。
        (足早にサンキストの隣を走り抜け、すれ違い際に一言だけ告げる)その拳銃、ジャムってるぞ。 -- 2011-01-31 (月) 22:37:26
      • 馬鹿じゃなきゃ危険に挑めねぇのなら、俺は遠慮なく馬鹿になるぜ(銃口を向けたまま、不敵に笑う)
        は? ああ? え〜……(完全に毒気を抜かれた、という表情で向けられた言葉にがっかりする)はぁん……全然意味わかんねぇんだけど?(よくわかってないという表情で)
        ………うぇ!? ……マジだ……(思ってた以上に自分は緊張していたようで、そんなミスにすら気付かなかったようだ)結局なんだったんだよ、くそ。わっけわかんねぇ……こえぇ奴なのに、最後は普通だし。……世の中はおもしれぇ奴が沢山いんなぁ。あ、そういやこいつらどうすんだろ?(死屍累々の現場を振り返り)………ま、匿名で自警団に連絡入れとくか(言いながら銃を再びホルスターに戻し、その場を後にした。わだかまりみたいな疑問を胸に抱いたまま) -- サンキスト 2011-01-31 (月) 22:56:48
  • (翌日の朝、二人の寝ていた布団から頭を出す。隣でサンキストが寝ていると分かると、起こさないよう寝顔を観察し始める)
    かわいー寝顔。 -- ハルカナ 2011-01-29 (土) 23:40:10
    • (幸せそうに緩んだ表情で静かに寝息を立てている。そして眠っている彼のその手は、ハルカナの手を握っている)……はる……かなぁ……むにゃ……… -- サンキスト 2011-01-30 (日) 01:12:38
      • (サンキストのだらけきった表情に満足すると、口から垂れている涎を空いている方の手で拭う)
        んもう……シャワー浴びようと思ったのに、これじゃあ行けないよぅ。
        (再び毛布に潜り込み、寝息を立て始めた。もう互いに学園へ通わなくてもいいのだ、時間は山のようにある)

        (最も、依頼は待ってくれないのだが) -- ハルカナ 2011-01-30 (日) 01:31:00
  • // -- 2011-01-28 (金) 23:20:04
  •  
  •  
  •  
  • (卒業式後……)部屋が補修されてるね。暴れ猪でも突っ込んできた?
    駄目だよぅそんな美味しそうな匂いのするキノコを置いてちゃ。 -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 01:09:08
    • (爆発で若干煤けている)暴れ猪の方がまだよかったし、半分は自分で……(頬掻きながら目を逸らす)
      そんなものを放置した覚えがまるでねぇ! ま、特に問題はないですよ、ええ。 -- サンキスト 2011-01-25 (火) 01:16:03
      • ならいいんだけどね。やっぱりほら、部屋が壊れてたら……
        (何事か口内で言い淀み、歯切れ悪そうにもごもごと唇を動かす)ほら、やっぱり、ね?
        卒業式の後、って約束だったし。 -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 01:23:52
      • (その言葉で約束を思い出し)あ、ああ……! そっすね。まぁ、困っちゃいますもんね色々!
        ……い、今更聞くのは男としてデリカシーねぇ話なんですけど、いいんですか? マジで、その、止まりませんよ? -- サンキスト 2011-01-25 (火) 01:27:27
      • 嫌だったら最初から言わないもん。(俯いてた顔を上げ、さながら「おねだり」のように)
        私を……目茶目茶にして、いいよ。きゃっ♪(いやんいやん) -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 01:32:01
      • じゃあ、遠慮なくそうさせてもらいます(ハルカナのすぐ傍まで近づき、顔上げたハルカナのその唇に自分の唇を合わせる。触れるだけのそれは、すぐには離れないで想いを伝えるようにキスしたまま抱き寄せる)……ふぅ、あ〜〜〜これだけでもすごい、照れる………!(少し長めのキスを終えて、堪えきれないと言わんばかりにはにかむ)
        前はそう言ったかもだけど、そっすね。目茶目茶今日は……ハルカナを愛したいと思います………なんて(ふへ、と間の抜けた笑いをしながら) -- サンキスト 2011-01-25 (火) 01:41:37
      • んっ、そんな、急に……。(思えば初めてのキスだ。愛を伝え合ってからもう随分になるが、中々奥手な間柄だったと思う)
        んもぅ、私だって恥ずかしいんだからね。でもお互い様、ってことで。
        (卒業式帰りのため、衣装は出席時の礼服のまま。薄手のジャケットを一枚脱げば、ブラウスの上からでも存在を主張する乳房の膨らみが顕となり)
        一杯、一杯愛してね。……ね、触って、みる?
        //すまぬ寝る! -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 01:55:38
      • なんか照れくさくて、こんな歯が浮きそうな台詞……言いたくなるとも思わなかったし。
        う、うおぉぉ……!(顕になるその豊満な胸に思わず声をあげる)先輩、水着の写真もすげかったけど、本物は違う……!
        そりゃもう、一杯一杯、溢れてしまうくらい愛しますよ。でもそれでも足りないくらいっすからね。………よ、喜んで!!
        //いいんだ!しょうがない、それはしょうがない! -- サンキスト 2011-01-25 (火) 01:59:55
      • 私だって、こんなことするなんて、思ってなかったもん。
        (ジャケットの次はブラウスに手が掛けられる。多少窮屈そうに身を捩り、勢いよく脱がれる衣服の下には、女性の胸を保護する男性には馴染みの薄い下着の姿が)
        写真見てえっちなこと考えてたんでしょ。でも仕方ないよね、男の子だもんね。
        (恋人の前とはいえ、照れ臭さは抜けていないようで。身体と頬には、ほのかな赤みが差している)はい、どうぞ。 -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 20:19:12
      • お互い様だったって事かにゃ? それだったらまぁ、嬉しいけどな
        (目の前で衣服を脱いでいく恋人の姿に思わず顔を上へ向けて)駄目だ、えろすぎて鼻血出そう……
        そりゃまぁ考えますよ。エロ本なんかよりもずっとえろいし……そゆ事自覚しといた方がいいすよハルカナは。
        そ、それじゃあ遠慮なく……!(恐る恐るとその手は下着の上からその胸に触れる)うわ……すげ……(自分の手の動きと同じ様に形を変える、且つ自分の手の平では収まらない胸に思わず呟く) -- サンキスト 2011-01-25 (火) 20:50:24
      • やだ怖い……同じ教室で勉強してた時も、ずっと私の身体を見てたんだ。
        じっくりといやらしい視線で、想像の中ではあんなことこんなことしてたんだ……。
        (軽口を叩きながらも鼻血を心配し、首筋を軽く叩く)でもね、これからはずっと、私をサンキストくんが独占してもいいんだよ。
        (触れられると軽い喘ぎ声を漏らし、愛撫に身を任せる)どう、かな? 気持ちいい? -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 21:33:33
      • いや流石に勉強の時は集中してたけどね? 制服の上からではあんまわかんねぇし。
        でもまぁ、こうしたいと最近はよくよく思ってたけどさ
        なら、そうさせてもらう。ハルカナは全部俺が独占、したい(そう言ってから二度目のキスを交わす)
        そりゃこっちの台詞。まぁでも、好きなように触れるってのは、嬉しいな。……これも、取っていい?(最後まで残ってる胸の下着を指差して) -- サンキスト 2011-01-25 (火) 22:51:39
      • (まさぐられる手に戸惑いこそすれど、嫌悪感はない。むず痒さに多少身じろぐにせよ、ただ身を任せていた)
        一度お預けさせちゃったもんね。今日はその分も、たくさん、ね。
        (再び触れてきた唇を負けじと押し返し)……いいよ。サンキストくんが取って。 -- ハルカナ 2011-01-25 (火) 23:33:45
      • じゃ、遠慮なく……(器用にもハルカナのブラを脱がし、その柔肌が視界を埋める)……これはその、なんだろね。眼福って奴だな!(とか言いながらその大きな胸を揉み始める)
        しかしこっちも素人だし、どうしていいかわからないという不安感もあったりなかったり……(言いながらあむ、と耳を甘噛みする) -- サンキスト 2011-01-26 (水) 01:27:59
      • (ブラジャーが外されると、肌色の隆起の中心部に桜色の突起が現れる)
        本っっっっっっ当に遠慮しないよね!(与えられる刺激を享受しながらも、声には次第に艶のある矯正が混じる)
        変なかんじに、なっちゃ……ひゃっ!?(未知の部位からの接触に、心臓の鼓動は早まり) なにするのぉ……。 -- ハルカナ 2011-01-26 (水) 19:33:49
      • 優しくはするけど遠慮はしない(キリッ) いいじゃん、どんどん変な感じになってくれればさ。そういう新鮮なハルカナの表情、もっと見たいしさ(左手は胸から手を離さず、右手は胸から下に滑るように降ろしていく)
        耳が気持ちいーという人も中にはいるらしいし……ハルカナは駄目だったか?(むぅ、と唸りながら首筋を舌でなぞる) -- サンキスト 2011-01-26 (水) 22:04:34
      • やだ、かっこいい……(きゅん
        (学園では見せていたのは上級生として、同じ教室に通う仲間としての顔だけ。恋人同士となった今、自分の全てを曝け出すことに、躊躇はなかった)
        おなかも、おへそも……くすぐったい。耳は、そうでもないかな、うん。
        (首筋に這わされた舌の滑りに、心は一層逸る)ひゃう! 汗かいてるから、汚いよ……? -- ハルカナ 2011-01-26 (水) 23:09:03
      • え、思いもよらない返し…!! 
        むむぅ……知識だけではわからない事ばかりだな、女の子ってのは……じゃあ、ここはどう?(優しく胸に触れていた左手でその中心の突起を摘み、刺激する)
        汚いとこなんてねーですよ。それに独占してるんだから、それも俺のものー(言って再びキスをするが、今度は舌を入れてその口内を舐めていく) -- サンキスト 2011-01-26 (水) 23:32:00
      • その知識の仕入れ先がえっちな本だということは聡明な私には一発だ。もう、そんな本いらないよね。私がいるんだから。
        ふぁっ!(乳首を引っ張られればハルカナの全身に電流が走る。更なる行為を求めてか、次第に乳頭はしこりを増してゆき)
        (すっかり弛緩した体は、既に外部から与えられる快楽を享受するだけと化している)キス、きもちいひ……。 -- ハルカナ 2011-01-27 (木) 00:31:04
      • いやまぁ、そりゃあそこから来るのは仕方ねぇと思いません? 思春期の男としては、それが最大の情報源。もしくは誰かの体験談とか。とはいえ、そりゃもちろん。もう、当然と言っていいくらいっすね
        (左手で硬くなっていくそれを痛くならない程度の強さで摘み、弄る)……ぁむ(そして空いている方の乳首を口に含み口の中で舐り尽くす)
        (完全に身を委ねて緩んでいるその表情を見て、情念は昂ぶる)……気持ちいいのは、キスだけじゃねっすよ(右手が内股をさする様に動き)……こっから先も、触っていいです、よね? -- サンキスト 2011-01-27 (木) 01:05:13
      • 微妙に長い言い訳のところにそこはかとない悲しみを感じたよ。
        (すっかり堅くなった乳首に舌が被せられ、口内で丹念に舐られる。瞬く間に唾液が乳房までを濡らし)そんなに夢中になって、赤ちゃんみたい。(母親のように、サンキストの頭を軽く撫でて)
        (手の先にあるのは、タイトスカートの奥の秘所を守る薄布)そんなこと、女の子に言わせないで、よぅ。 -- ハルカナ 2011-01-27 (木) 19:26:18
      • (子供扱いされることも、この人にならと嫌がることなく)……つか、男だったらみんなおっきな胸が大好きだと思うんですけどね。まぁ俺はハルカナのしかしんないけど(言ってから、弾力がありながらも堅くなった乳首を甘く噛む)
        一応確認、みたいな(その手は内腿から進み、やがて布越しに秘部に触れる。そこは熱が篭っているようで、そして下着は何かで濡らした様に湿っている)……ふ〜ん? 結構、喜んでくれてたんすね。不安だったけど嬉しいですよ(言って、下着は脱がさず少しずらしてそのまま優しく愛撫し始める) -- サンキスト 2011-01-27 (木) 22:44:37
      • 小さい胸にも需要はあるんじゃないかなぁ。私は見ての通りボンキュッボンだから、サンキストくんの希望に添えたようで何よりです。……そんなに吸っても、おっぱい出ないよ?
        (長い愛撫のせいか、既に秘所は男性のものを受け入れる準備ができている。行為に対する羞恥、期待、興奮、全てがスパイスとなり、身体を扇情的に作り変えてゆく)
        〜〜……っ。(声を押し殺すも、唇からは微かな吐息が漏れ)
        だって、大好きな男の子に、こんなえっちなことしてもらってるんだよ? -- ハルカナ 2011-01-28 (金) 01:01:14
      • 出たら超驚きますけどね。マジか〜……って凹んじまうかもしんないすよ。それでも好きですけどね
        (濡れそぼったそこをひたすら弄り回す。半分興味で、もう半分は一度逝かせておいた方がいいかもというエロ本知識から。そうしてその秘部より少し上の豆のようなそれを刺激しつつ、快楽の頂点へとハルカナを誘っていく)
        ……そりゃ、完全に男殺しの台詞だってば、ハルカナ。止まらなくなる。
        ……それじゃあ、そろそろいいかな。大丈夫、だと思うし(そう言い、自分も服を脱ぎ始める。線の細い身体だが、意外に締まる所は締まっている精悍な体つきで、自分の分身とも呼べる陰茎は既に充分と言えるほど硬くなっている)2人で気持ちよくなりたいしさ、丁寧にやってたけど……そろそろ我慢の限界(押し倒すようにハルカナをベッドに横たえる)
        じゃあ、ここまできて大丈夫とかやめるか、とか俺はいわねぇ。いくぜ、ハルカナ。痛いかもだけど、我慢してくれ(言って、先走りすら出ているそれをハルカナの秘部に押し当て、貫いていく) -- サンキスト 2011-01-28 (金) 01:31:11
      • 心配しなくても赤ちゃんできたら出るようになるよ。そうなったらしばらく、サンキストくんへのおっぱいはおあずけだね。
        (指による丹念な刺激が続くと、秘部からは軽い粘性を伴う液体が分泌される。時間が経つにつれ愛液はその量を増してゆき、小さな滴がシーツへと滴り落ちてゆく)
        (突如、軽い痙攣と共に背中が跳ねる。サンキストの目論見通り達した今、ハルカナは男性自身を受け入れるには十分な状態となっていた)
        (裸になった相手に合わせ、身体に残ったショーツとタイトスカートを脱ぎ捨てる。視線は嫌でも、サンキストの股間にそそり立つ男性器を捉えてしまい)
        私で、こんなに大きくなっちゃったんだ。(敏感になっているはずのそれをひと撫でし)
        んんっ!(徐々に膣腔を押し広げてくる痛みと快感に、身を任せた) -- ハルカナ 2011-01-28 (金) 19:12:32
      • 一時的にはな、でもそうなった時は俺も自分を抑えられるかどうか………
        ……そりゃあそっすよ。誰よりも好きな人を抱いてんだ、こうもなるって(撫でられ、ビク、と身体が反応する)我慢してたしもう正直限界っつーかね。それだけで出ちゃいそうだからやめてください…!
        (自分が貫いたそこから、粘着質な液体と共に赤いものも一緒に流れているのがわかる)……俺が、ハルカナの初めてだ。正直、こんな事を言うのはその、あれだけど。すげぇ、嬉しい…(そう言って最奥まで熱を伴った肉棒を突き入れた) -- サンキスト 2011-01-28 (金) 22:14:05
      • あんまり母乳っておいしくないらしいけどねえ。
        (過敏すぎる反応が楽しいのか、悪戯そうな笑顔になり)あはは、かわいい。キスしちゃってもよかったかな。
        (痛くないと言えば嘘になる。しかし大切な人と繋がっている、その事実は行為を継続させるには十分すぎた)
        ……私も、嬉しいよ。(竿が子宮口に到達した頃、愛しい恋人をより近くに感じるため、背中を両手で抱き締めた) -- ハルカナ 2011-01-28 (金) 22:55:09
  • Yeah!!(扉蹴破り)さて、次はどんな奴が出てくるかな・・・っと、どなたかご在宅? -- カウェント 2011-01-24 (月) 00:23:15
    • えぇー!!? (目の前で吹っ飛んでく扉を見て驚く)なにこれ!? 滅茶苦茶陽気なギャングが俺んちに乗り込んできたの!? どういうご来客だこの野郎!! (銃を構えて扉の方を向く) -- サンキスト 2011-01-24 (月) 00:41:38
      • ああ、居た居た。ギャングじゃない。冒険者兼何でも屋・・・どういう来客ってこういう来客?(コートの両端を摘んでヒラヒラ) -- カウェント 2011-01-24 (月) 00:45:01
      • (器用に銃を回しながらホルスターにしまい)んだよ、冒険者ってことは同業者かよ。や、扉蹴破ってくる来客とかありえねーからね!? 完全に誤解しか生まねーからね!? とんでもねーことしてっからねお前!? -- サンキスト 2011-01-24 (月) 00:55:45
      • 何だ、撃たないの?つまんなーい
        そのつもりなんだよ。インパクト重視!とんでもない事じゃなきゃ記憶に残らない!!ハッハッハ -- カウェント 2011-01-24 (月) 00:58:52
      • 躍れこのファンキー野郎(しまったはずの二挺拳銃で足元を銃撃)
        人んちの扉ぶっこわして笑ってんじゃねぇえええ! ここ貸家なんだからな!! -- サンキスト 2011-01-24 (月) 01:03:28
      • タンタランタラ〜♪(言葉どおりに銃弾を避けながら軽やかにステップを踏む)
        その借家、沢山穴開いてますけど -- カウェント 2011-01-24 (月) 01:06:04
      • クソァ! 当てるつもりは、十二分にあったが当ったんねぇ……っ!!
        はっ……!(ピタリとトリガーを引く手が止まり、現状を把握) ぎゃーし! なにこの二次災害、自分でやったけど!! 扉は壊れるわ床は穴だらけだわ……泣けてくるわ!! -- サンキスト 2011-01-24 (月) 01:16:41
      • (中田笑い)
        扉は直してやるけど、床までは責任もてんぜ〜?後先考えんとろくな事にならんなー
        (騒ぐ家主を放って置いて扉を蹴り上げ戸口に戻す) -- カウェント 2011-01-24 (月) 01:18:38
      • 笑うな! そして扉蹴破って来た奴に言われたかないわ!! あ〜……どうしようこれ。新しい床板に張り替えるしかねぇよな〜……ああ、出費がいてぇ(穴だらけの床を見て溜息)
        で、結局何用だよ。というか、用がある感じではねーようだけどさ、初対面だし。 -- サンキスト 2011-01-24 (月) 01:29:20
      • (扉を直しながら)うん?暇だったから適当に部屋回ってるだけだ
        俺に尋ねられた君は運が良い!・・・訳ねーな(扉を開け閉め具合を確かめる) -- カウェント 2011-01-24 (月) 01:32:51
      • そりゃまたなんつーか、暇な奴だなあんた。
        いーや、どうだろうな。あんた強そうだし……運はよかったかもなぁ(ニィ、っと先程までの表情とは違う笑みを浮かべる) -- サンキスト 2011-01-24 (月) 01:40:37
      • だから暇だからって言ってるだろう・・・え?何?強い奴求めてるの?
        闘いたいなら何時でも歓迎だが・・・流石に今日はそろそろ帰るぜ? -- カウェント 2011-01-24 (月) 01:50:34
      • 強い奴とバトってみてぇってのは男として当然じゃねぇ? 勝ち目があろうがなかろうが、まぁなきゃ作るだけだがさ
        そか、そりゃ残念無念だぁな。ま、暇だったら相手してくれよ。えっと〜、そういや名前聞いてねぇな。俺はサンキスト。あんたは? -- サンキスト 2011-01-24 (月) 02:08:16
      • カウェント、カウェント・ロッソ。冒険者兼何でも屋。俺もその気持ちは十二分に分かる
        ここ3〜4ヶ月位まともに戦えなかったし・・・楽しませてくれる事を期待してる。んじゃ今日はこの辺で、またな(踵を返して元に戻した扉から出て行った) -- カウェント 2011-01-24 (月) 02:11:28
      • ……ああ、期待には応えるようなんとかしてやるさ。それじゃあなカウェント。もう扉壊すなよ!!
        ってか、直してくんなら尚更壊すなよ……律儀なのか馬鹿なのか判別できねぇよ…… -- サンキスト 2011-01-24 (月) 02:17:31
  • バレンタインですよー。今年は授業で作ったチョコバナナマフィンです。どうぞっ! -- ヴィオレ 2011-01-23 (日) 23:30:58
    • マジで!? ……マジだ!! もう2月じゃねーか!!
      授業で作った……そういうのもあるのか! うっす、ごちになります!!  -- サンキスト 2011-01-23 (日) 23:51:32
  • やだ、私襲われちゃうんだ……前にあげたえっちな本みたいなこと本当にされちゃうんだ……(いやんいやん -- ハルカナ 2011-01-21 (金) 00:49:56
    • 先輩なんつータイミングで来てんの!?(引き出しから取り出そうとしたものをしまって) ちょ、いや本当にあれだから!今はまずいから!! 本当にやばいからね!? 具体的に言えないけど!! -- サンキスト 2011-01-21 (金) 01:23:11
      • 情欲に流されて私を押し倒したりそんな展開はないの!?
        別段用事もなく、卒業式はちゃんと見に行くよと言うお話だけだったり。 -- ハルカナ 2011-01-21 (金) 01:31:06
      • え、ああ。そういやもう11月ですもんね〜、月日の過ぎるのがはえぇ限りで………って、え゛え!? いいの!? それはあの、え!? よかったの!? ほんっと今の俺理性とかがいつも以上に脆いから止まらねぇですよ!? 若者によくある暴走しちゃいますよ!? -- サンキスト 2011-01-21 (金) 01:35:33
      • (No!のポーズ)そんなバイアグラでリミッター解放レベルMAX!されちゃうより、
        いつものサンキストに優しくかつ不慣れにリードしてもらって途中でリバする方がいいかなって。
        そ、卒業したら! 卒業したらね! -- ハルカナ 2011-01-21 (金) 01:39:53
      • (なんかもう色々こみ上げるものがあって顔を押さえる)……まったく、せんぱ……いや、ハルカナはもうなんつーか、ねぇ。そゆ事こういう時に言わないでもいいじゃねぇですか、ったく。
        ま、そう言ってくれんなら頑張って我慢しますかね。頑張ってくれ、俺……! 卒業したらオールOKだそうだから押さえて……!(誰に命令してるかは言わずもがな) -- サンキスト 2011-01-21 (金) 01:57:03
  • サンキストもじきに慣れるわ、本当に良くある事だものね・・・(あらあらと言う目で様子を伺う桃色) -- エンディ 2011-01-20 (木) 23:27:46
    • よくある事だとしても頻発しすぎだと思うんだけどな。しかもこういう発情系ばっかくんのな。あー、もうやだ(エンディを視界に入れないようにして) -- サンキスト 2011-01-21 (金) 01:21:35
      • それはあれよ、冒険者の街だもの、減った分だけ増やさないと・・・と言う偉い人の気配りじゃないかしら?(面白そうなので視界の先に移動してみながら) -- エンディ 2011-01-21 (金) 01:35:15
      • やな気配りだよ本当に……あとエンディ。できればその、な? 俺の視界に先回りしようとすんな? 言っただろ発情系の薬もらったって。そりゃまだ理性がきく程度には大丈夫だけど、な? わかってくれないかにゃ?(見たらまずい、今は姿すらまずい!と視界に収めない様にしながら) -- サンキスト 2011-01-21 (金) 01:38:30
      • あら、私は別にかまわないわよ?薬で理性の箍が外れ一晩の過ちを犯す、若いなら多少の無理はするべきじゃないかしら?
        年をとってからでは早々無理も出来なくなるのだから(とりあえず先回りは止めておく) -- エンディ 2011-01-21 (金) 01:43:54
      • 見損なっちゃあ困るぜエンディ。俺は言っちゃあなんだが愛のあるセックスしか信じねぇウブなクソガキなんだぜ? 嬉しい誘いだけど、今は好きな人もいっからな。その人に操立ててんだ、それを裏切るような事する男にさせないでくれ -- サンキスト 2011-01-21 (金) 02:03:07
      • 愛もなく抱いたり抱かれたりは信に悖る、ね・・・確かにサンキストの言うとおりよ(表情が翳る、それもほんの一瞬)
        ふふ、薬を貰っていてもきちんと自制して腹を立てることも出来るのね、そんな男性に好きと言わせる子が羨ましいわ・・・大事にしてあげなさいね? -- エンディ 2011-01-21 (金) 02:13:25
      • まぁ、ホント理性と衝動の拮抗が凄くて、こんな事言いながらもそっち見れないんだけどね!? おう、言われるまでもねぇ! とはいえ、やっぱり生殺しだなぁこの状況は!! -- サンキスト 2011-01-21 (金) 02:24:08
      • (だがその言葉に返事は無く、いつの間にかそこにあった姿は消えている、おそらくは余計な負担をかけまいと先ほどの言葉の後に踵を返したのだろう) -- エンディ 2011-01-21 (金) 02:30:30
  • 男の肉体をむらむらと燃え上がらせる発情薬が振りまかれた -- 2011-01-20 (木) 20:47:00
    • (薬がクリティカルヒット)よくよく薬が振りまかれる街だなここ!! 自警団とかなにやってんの!? もうこれテロだよ! -- サンキスト 2011-01-20 (木) 23:22:55
  •   -- 2011-01-17 (月) 22:24:42
  •   -- 2011-01-17 (月) 22:24:36
  •   -- 2011-01-17 (月) 22:24:32
  • いかん、ここは美女の匂いがしないぜ……さっさと違う道に出るかな(トライデントを担いだ長身の男がうろついている。奇襲のチャンスだ!) -- フェリー 2011-01-12 (水) 23:25:45
    • (フェリーに向かい、死角から飛んでくる石ころ) -- 2011-01-12 (水) 23:41:11
      • (コツッ 石が思いっきり頭に当たる) …………ん?なんか今当たったか?(ポリポリ頭を掻いている石頭の男。頑丈っぽい) -- フェリー 2011-01-12 (水) 23:45:30
      • はは、ありえねぇなぁおい。この町はすんげー奴ばっかだぜ……よいしょっと(隠れていた建物から飛び降りる)
        よぉ、そこのお兄さん。突然でわりぃんだけどさ、ちょっとバトってかないかい?(面白い相手を見つけたとばかりに、ニヤァッ、と凄惨な笑顔を浮かべる。) -- サンキスト 2011-01-12 (水) 23:53:13
      • なんだよ野郎かよ……いや、美女の香りは全くしなかったから当たり前なんだが(※それでも奇跡を信じていたナンパ男)
        ま、別にいいけどよ。人にいきなり石ぶつけるような奴ぁお仕置きしてやんねーといけねーし……
        (身長ほどもある長大な得物、トライデントを構える。戦意はそれなりにあるようだ! //) -- フェリー 2011-01-12 (水) 23:58:18
      • 美女どころかここら辺は野郎しか通らねぇし、なんだったらごろつきばっかでどうにもこうにも相手が見つかんなかっただけど……ビンゴ(指を鳴らし、フェリーをそのまま指差して)
        きひひひひ、そうこなくっちゃあ、なぁ!!(開幕を告げるように腰に差す二挺の拳銃を引き抜き、フェリーに向けて放つ//) -- サンキスト 2011-01-13 (木) 00:05:55
      • ゲッ!そりゃ最っ低な通りだぜ……!(相手が遠距離型というのを察知し、低く構える)
        抜いたかっ――! (横っ飛び!銃撃を咄嗟にかわすが、その得物にはいくらか驚愕する)
        クソがっ 男の懐に飛び込む趣味はねーってのによぉッ! アクアブリット!
        (悪態をつきながらサンキストに向けてこちらは鉛ではなく水の弾丸を放つ!) -- フェリー 2011-01-13 (木) 00:22:51
      • やるぅっ!!(咄嗟に避けるのを見て、先の笑顔のままでそう叫ぶ)
        甘いぜぇっ!!(銃を放った後、すぐさま目標たる男に向けて走り出していた。勢いそのまま、放たれる水の弾丸を持っている銃で撃ち抜く)くは、やれるもんだなァ!!(叫びながらも走り、無遠慮にもフェリーの間合いに足を踏み入れる) -- サンキスト 2011-01-13 (木) 00:36:48
      • 自分から来るかっ……(つか、今日に限ってトライデントしか持ってねーのは不味いが、しゃあねぇ……) ぅおぉぉぉらああああッ!!
        (間合いに入ってくるサンキストに向けてトライデントの突きを放つ!逆三角形の頂点を突くように両肩、腹部へ向けての三点突き!) -- フェリー 2011-01-13 (木) 00:48:49
      • ぐぅっ、ああ゛!!(腹部への攻撃を最優先によける。しかしそうすることによって疎かになる両肩への攻撃を銃身で弾いた、つもりではあったが当たりは浅く重傷とはいかなくとも、決して軽傷ではない怪我を受ける)
        が、それがどうしたぁぁあああ!(ダメージは軽くない。しかし、握っていた銃を離し、拳を固めてフェリーに向かい殴りかかる!) -- サンキスト 2011-01-13 (木) 01:06:50
      • それでも突っ込んでくるか……へへっ、気に入ったァ!!(こちらもトライデントを投げ捨てて……)
        喰らえぇぇぇぇぇぇッ!!
        (相手の拳を避ける、なんてことはしない。自分も拳を握り締め、渾身の右ストレートを顔面に向けて繰り出す!)
        ご、ふァ……!(一方サンキストの拳は、自分の頬に強かに突き刺さった) -- フェリー 2011-01-13 (木) 01:13:36
      • あひゃひゃひゃひゃ! こいやぁぁああああああ!(今まで一番凄惨な笑顔を浮かべて、こちらの思惑に乗るフェリーに向けて拳を振るう)
        (――コンマ幾ばくかの瞬間。自分の繰り出した拳に対して避ける素振りを見せない相手をその目は捉える)っひ、馬鹿だこいつ…!
        (そうして自分の拳が相手の顔を捉え、突き刺さる。一方で)がっ、ぐぅ……っ!(こちらもまた避ける事もせず相手の拳がその鼻っ面に叩き込まれていた) -- サンキスト 2011-01-13 (木) 01:28:09
      • (そう、こいつは馬鹿だった……それも、筋金入りの)
        真の男にはなァ、回避なんていらねーんだよ!(※今日の格言!といった風に宣言するが、最初の銃撃はしっかり避けている槍男だ)
        はははっ……にしても、いいパンチしてんじゃねーかお前? 口の中鉄の味すっぜマジで……
        (いい笑顔で口元の血を拭いながらサンキストを賞賛する) -- フェリー 2011-01-13 (木) 01:33:00
      • (バタリと前のめりに倒れて、そこから仰向けになる)か、ひゃひゃひゃ……おっ前、ほんとありえねぇんだけど!(だらだらと鼻血を流しながらも笑ってそう言う)
        (倒れてる体勢からひょい、と起き上がる)ひひひ、お前こそだぜ。おかげで鼻血とまんねー! (上を向きながら叫ぶ)だが、いーいバトルだった。いやぁ、楽しかった楽しかった! でもあんた、あれ本気じゃなくねぇ?そんな気ぃすんだけど? -- サンキスト 2011-01-13 (木) 01:48:25
      • おめーこそありえねーってその鼻血!先月どんだけバレンタインチョコ食ってんだって話だろ?ハハハッ!!
        ぁん? ああ、俺ホントは二槍流なんだ (放り捨てた槍を拾いつつ)このトライデントと、もう1本短い槍持ってな
        でもパンチはマジだったぜ? 石ころのお礼だ馬鹿やろー -- フェリー 2011-01-13 (木) 01:53:59
      • 二個しかもらってねっつの。あー、ようやく収まってきた……
        なるほど、片手落ちの状況だったわけだ。通りでなぁ。や、石ころは投げて避けた奴と戦うつもりだったんだけどにゃ。まさかあの勢いであのリアクションとかさ。そりゃあバトってみたくなるってもんだぜ! おかげでいいパンチもらっちまった、まだいてー! -- サンキスト 2011-01-13 (木) 02:00:18
      • 気配は何となく察して槍で受けようとも思ったが、どーにも防御するほどじゃないような感じだったんでな……
        もし女の子のメッセージつき紙飛行機だった時は咄嗟に避けたら可哀想だし(※まだそんなことを言う)
        ……で、てめーの名前は? 俺ぁフェルディ……いや、フェリーだ(面倒なので最初から愛称を教えておく) -- フェリー 2011-01-13 (木) 02:11:18
      • 防御力に自信ありすぎだろ! つか、普通だったらもうちょい酷い怪我だったんだがな(さらっとやばい事をのたまう)
        そんなんがいたとしたら、だいぶ手の込んだことするよなそいつ。余程の命中力でもねぇとあたんねぇぞ(すっかり毒気が抜けたような話し方になっている)
        よろしくなフェリー。俺はサンキスト・ピーチウォーター。あだ名とかはねぇから好きに呼んでくれ、名前の方は、な。(ファミリーネームで呼ぶのだけはやめてくれ、と付け足す)ま、ど突き回した仲だからわかるだろうが、典型的なバトル中毒だ。きひひひ、殴りかかった身でこう言うのもおかしいが、どうよ? 友達になってみねぇ?(にっしっし、と笑いながら) -- サンキスト 2011-01-13 (木) 02:18:43
      • こないだ常人の5倍とか言われたな、防御力。そんなつもりもねーんだけど……(頭ぽりぽり)
        オーケー、よろしくなサン。……って自分で中毒とか言うなバトルジャンキー ま、嫌いじゃないけどなそーゆーの
        また暇があったらボコってやんぜ。じゃ、俺は美女の多い通りに行くからまたな! -- フェリー 2011-01-13 (木) 02:26:49
      • 羨ましい限りだぜ。俺もそんな便利な体があれば、この肩の痛みもなかったんだろうよ
        おう、よろしくな!! ひひ、いーだろう! 俺もそう思う!
        いーや、次は俺の番だね。今回だってお前より俺の方がボコボコだってのに、次もはねぇぜ。そんじゃまったな〜……って、ねぇよそんな通り!!  -- サンキスト 2011-01-13 (木) 02:35:09
  • さて、それじゃあ私もサンキストにチョコレートでも上げようかしら?ここで上げたー(手を上に)なんてするのは流石に大人気なさすぎるもの、普通にね(はい、と手渡す桃色) -- エンディ 2011-01-12 (水) 11:01:08
    • やっふー! ありがとなエンディ! 山にいた頃はあんま知らんかったけど、バレンタイン……いい! -- サンキスト 2011-01-12 (水) 13:32:05
  • サンキストさんにも2月ですからこれっ。あと寝落ちしてごめんなさいでした…(チョコを手渡していった) -- ヴィオレ 2011-01-11 (火) 22:07:42
    • うめぇ!!(渡されてすぐ食うアホ毛)いやいや、気にすんな。よくよくあることだぜ?そういうの。 -- サンキスト 2011-01-11 (火) 22:11:08
      • うーん…それじゃあ気にしないことにしますっ。お互いもうじき進級ですから頑張りましょうねー -- ヴィオレ 2011-01-11 (火) 22:16:34
      • おう!……って、お前進級できたのか……!! いやぁ、感動の1シーンに立ち会っているような気分だぜ。 -- サンキスト 2011-01-11 (火) 22:29:44
  • (先輩からのプレゼントの中身はただのえっちな本が数冊でした) -- 2011-01-10 (月) 00:53:07
    • 急いで帰ってきた割には、なるほどこれは酷い……とはいえ確かにこれは学校で開けてたら大惨事だったなぁ。
      あ、そういやこれ先輩が選んだのか? うむ、女の子が俺の為にエロ本を買ってくれる……なんかエロいな!! とりあえず、捨てるのもあれだししまっとこう、ベッドの下に -- サンキスト 2011-01-10 (月) 00:55:41
      • (と一枚おまけ程度にハルカナの水着写真が一枚添付されていた) -- 2011-01-10 (月) 00:58:40
      • ぶっ!!(しまう直前に出てきたその写真に思わず吹き出す)ななな、なに考えてんだあの人はぁ!! あーもう心臓にわりぃ、完全に俺にいたずらしたいだけだよあの人……(写真を摘み、口をへの字にしてそれを見て)ま、ありがたく頂こう。これも思い出、ってな(とはいえどこにしまったもんか…と考えながらとりあえず机の引き出しにしまった) -- サンキスト 2011-01-10 (月) 01:07:44
  • サンキストっていう飲み物があったんですねー…(唐突に) -- ヴィオレ 2011-01-06 (木) 21:17:02
    • マジでか?! もうピーチウォーターってだけでもジュースみたいなのにどうなんだろうこれ…… -- サンキスト 2011-01-06 (木) 21:49:10
      • 先月に海で売ってたんですよー。買わなかったからどんな味かは分かりませんけど -- ヴィオレ 2011-01-06 (木) 22:05:14
      • ふ〜ん、どんな味なんだろうな。出来れば、一度もお目にかかることなく終わりたいが……
        しかし海か……うう、思い出しただけで気持ち悪くなってきたぜぇ…… -- サンキスト 2011-01-06 (木) 22:20:22
      • えぇー、一回ぐらい飲んで見ましょうよー…おや、海で何かあったんですか? -- ヴィオレ 2011-01-06 (木) 22:24:37
      • なんか自分と同じの名前のジュースって嫌じゃねぇ? 見るだけならいいけど、なんかなぁ……え、ああ、まぁなんつーか……地獄を見たよ、うん -- サンキスト 2011-01-06 (木) 22:31:52
      • …よく分からないけど大変だったんですねー(のほほん)
        それでは今日はこの辺でっ。さようならー -- ヴィオレ 2011-01-06 (木) 22:37:17
      • お前が楽しんでた姿は見えててギャップがひどかったよ……
        おう、そんじゃあなヴィオレ。まったな〜 -- サンキスト 2011-01-06 (木) 22:44:23
    • (サンキストのグレープフルーツジュースはとても美味しいよと言う念を飛ばす、ただしミニッツメイドには負ける) -- ? 2011-01-06 (木) 22:22:54
      • 負けてるじゃねぇか!! ってなんで悔しがってるんだ俺……! というか何にツッコミ入れたんだ俺ぇっ!? -- サンキスト 2011-01-06 (木) 22:30:48
  • (今は休み時間)あーちみちみ、サンキストくんはどうしてX科に入学したのかね?
    他の科に入った方が友達も多くて、楽しい学園生活を送れたと思うよ? -- ハルカナ 2011-01-04 (火) 18:22:03
    • ん〜、なんとなくっスね。別にAでもMでもよかったけど、大した理由なんかねぇですよ?
      他の方が楽しいっても、遊びに行けばすむ話だし。今も楽しいから別に後悔もねぇし(にっひっひ、と笑う) -- サンキスト 2011-01-04 (火) 18:31:14
      • それは何より。私とセレン先生のおもちゃにされる毎日が楽しいだなんて、このドMやろう!
        でも私、他の科の後輩のこと、全然分からないなあ。 -- ハルカナ 2011-01-04 (火) 18:47:11
      • あれ!?ちょっといい話みたいな流れだったのになんだその扱い!?
        ぶっちゃけ俺も全然他の科の奴らしんないけどね。片手で事足りるレベルだな。やべぇ…… -- サンキスト 2011-01-04 (火) 20:14:37
      • とみに後輩のいうのはそういう扱いになっちゃうの、辛いね
        他の科は大変だよー、おかしな子ばっかりいるよ。時間がある時に顔を出してみるといいよ、みんなサンキストくんをこれ以上ないくらいいじり倒して優しくしてくれるから -- ハルカナ 2011-01-04 (火) 21:49:17
      • すげぇ他人事っぽく言ってくれてるけど先輩が一番そういう扱いしてっからね!?
        おかしな子ってすげぇ言い方するなぁおい。いや、うん、待とうぜ。伏せた部分について俺は異議があるぞ!?おかしいよね!?色々おかしいよね!? -- サンキスト 2011-01-04 (火) 22:47:33
      • それが先輩の愛情だとなぜ気付かないのかーーーーーーーーーー!
        サンキストくんは落第! 落第です! 先輩の言うことを聞かないから! -- ハルカナ 2011-01-04 (火) 23:49:06
      • 気付けねぇよ! それ歪んだ愛情だと思うぞ俺!?
        ら、落第って何!? 俺に何が起きるの!? -- サンキスト 2011-01-04 (火) 23:56:05
      • 私からセレン先生に伝えて来年も二年生でいるように口添えするからね?
        これでいつまでも後輩がいないなんて悲しい想いしなくていいんだよ? よかったね、よかったね! -- ハルカナ 2011-01-05 (水) 00:26:30
      • X科でまさかの留年!? とんでもねぇ事しようとするな先輩!?
        よくねぇよ! あんま現状と変わらなくねぇ!? 来年誰も来なかったら一緒じゃねぇ!? -- サンキスト 2011-01-05 (水) 00:56:48
  • 発情薬が撒かれた -- 2010-12-30 (木) 14:30:33
    • おお……なんかめっちゃむらむらしてきたー……こわっ!この街なんてもの撒き散らしてんの?! -- サンキスト 2010-12-30 (木) 22:29:03
  • ふぅん、X科ね・・・ハルカナ以外ではじめてみたわ・・・(通りすがりにさりげなく所属科をみる桃色) -- エンディ 2010-12-30 (木) 11:00:05
    • んあ?(視線を感じてエンディの方を向き)おやおやおや(言いながら近づいてくる)
      ちっす、どうした?なんか物珍しそうにこっち見てたけど(馴れ馴れしい話し方で話しかける) -- サンキスト 2010-12-30 (木) 11:16:13
      • あらあら、随分と馴れ馴れしいのね(ふふっと楽しそうに笑いつつ)
        所属科をみて珍しいなと思っただけよ?X科の生徒はあまり見かけないもの -- エンディ 2010-12-30 (木) 11:25:21
      • っと、そりゃすまねぇ。どうにも育ちの悪さが口に出る、なおさねぇとなぁ〜(頭を掻く)
        ああ、X科は先輩と俺と2人しかいねぇからな。最近クラスメイトがまた一人いつの間にか減ってたし、いやいや世知辛い限りだぜ。しかしじゃあそういうあんたは何科なんだ?とりあえずX科ではなさそだけど -- サンキスト 2010-12-30 (木) 11:29:13
      • どうかしら?あまりおどおどしているよりはお話しやすくて言いと思うのだけれど・・・
        先輩と言うとハルカナね、私はS科なのだけれどよく遊びに来てるのを見るわ、それだけにX科の彼方を見て驚いたと言うわけなのだけど(教室で話す相手いないのかしら的な表情) -- エンディ 2010-12-30 (木) 11:35:22
      • ん、じゃあいいや(と、軽く自分の意見を変える。わりとどうでもよかったようだ)
        あ〜、俺はなんだかんだで入学してからあんま学校行けてなかったからな。こっち来たのも突然で、やること色々あっててんやわんやでさぁ
        つまり実際のとこ、最近まで先輩はいまだクラスに一人の状態だったからってのがあるんだと俺は思うね!……や、申し訳ないという気持ちは充分にある上で言ってるんだぜ?(決して無神経ではないんだぜ?と付け足しつつ) -- サンキスト 2010-12-30 (木) 11:51:30
      • その人らしさが出てるほうが好感が持てるものよ、ふぅんなるほどね・・・この学校は依頼さえこなせれば卒業できるシステムのようだから良いのだけれど
        (話を聞いた上で一つ頷いて)そこで有言実行するのがいい男よ、もちろん無理強いは出来ないのだけれどね?でも名簿に名前はあるけれど一度も来ない生徒、そう言う人もいるみたいだもの、それに比べたら、ね -- エンディ 2010-12-30 (木) 12:11:04
      • ひっひっひ、ま、そういうもんだよな。しっかし改めて思うが、それが俺の知ってる学校とは全然違う気がすんだよなー。冒険者の学校はあらゆる意味でフリーダムだぜ。
        それはそれでそいつらにも色々事情があるんだろうが…ま、会ったことねぇからわかんねぇけど。とはいえ、年も越したしそれなりに俺も動いてこうとは思うぜ。なんとかひとりぼっちになってる先輩の為にもがんばんなきゃな、ま、そっちの教室に行ったりして楽しんでるからいらん世話かもしんねぇけどな〜(にゃっはっは、と笑いながら) -- サンキスト 2010-12-30 (木) 12:33:18
      • 地域の特性と言うのはあるものよ・・・そのおかげでいろんな人種種族が入れるのだから悪くは無いと思うわ
        ハルカナも楽しんではいると思うけれど、やっぱり同じ科という安心感はあるのではないかしら?彼方も無理をしない程度にね?
        それといつまでも彼方じゃ呼びにくいわ、お名前教えてくれないかしら?私はエンディ、S科のエンディアルレーゼよ -- エンディ 2010-12-30 (木) 12:41:44
      • 学校だけでなく、とにかく色んな奴がいっからなこの街。そういう特性ってやつなのか?ま、楽しくて面白くて好きだけどさ
        ういーっす。1学年に一人しか生徒がいない悲しみで愚痴りあっちゃうぜ。
        っあ〜、そういや自己紹介まだだったもんな。俺はサンキスト・ピーチウォーター。知っての通りのX科の生徒で1年だ。つっても、も少しで2年になるけどな -- サンキスト 2010-12-30 (木) 12:46:44
      • あら、私だってもうすぐ2年だもの、同じよねおんなじ(くくっと笑って)
        サンキストは愚痴と言っても冗談交じりに言いそうだもの、それもいいのではないかしら?よければS科にも遊びに来るといいわ
        さ、それじゃそろそろ依頼の時間だし・・・またねサンキスト -- エンディ 2010-12-30 (木) 12:49:42
      • まるで俺がお気楽な奴みたいな言い方だな、間違ってねぇけど。ああ、気が向いたらそうさせてもらうぜ
        そっだな、それじゃあまたなエンディ。お互い無事に帰ってこようぜ〜 -- サンキスト 2010-12-30 (木) 22:28:05
  • セックス!! -- 2010-12-30 (木) 01:02:07
  • サンックス -- 2010-12-30 (木) 00:55:42
    • コンビニみてぇになってる!!もしくはすごいお礼を言われてるような感じになってる!! -- サンキスト 2010-12-30 (木) 01:48:21
  • よし、酒場でコメントページももらったし、ようやくスタートみたいな?
    しかしなにかタイムリーな名前だなこれ -- サンキスト 2010-12-30 (木) 00:52:42

Last-modified: 2011-05-09 Mon 16:15:34 JST (4120d)