名簿/295996

  • チラシが届けられた!内容はどうもイベントのお知らせらしい。
    メイドの祭典、メイドフェステバル!参加者募集中!
    受付日時は11/20〜より!参加希望や質問などはこちらまでどうぞ! -- 2011-11-20 (日) 04:44:36
    • ……ふむ?誰か推薦出来そうな者は居たか、な
      (届いたチラシを見る、給仕の祭典らしいが……審査ではなく参加者募集の為のものらしい) -- 2011-11-20 (日) 09:07:21
  • ちーっす。人数足んないんでどうかと思ったけど、問題無く成功してよろしゅうござったなー
    (そんな197年5月の折、態度でかめの美少女は微笑んだのでした) -- シャナ 2011-09-11 (日) 23:45:02
    • 主が手心を加えてくださったか…何事もなく、こうして無事に終えられて何よりだ。
      (少女の尊大な態度や言い回しを特段気にした様子もなく、巨漢は穏やかに迎えて) -- 2011-09-13 (火) 10:06:43
  • とても大きくて美しいトリニタイトが差し入れられました。よろしければ、手に取ってじっくりとご覧ください。そう、じっくりと -- 2011-07-17 (日) 06:22:55
    • ……なるほど。
      (それの正体を識るのか、大きな鉱物を易々と包める掌…握ったまま、教会の裏手へ向かう)
      …其の原罪は御下で清められ許しを得る、在るべき姿…土へと還るがいい…
      (聖句の類か、鉱物を包んだ掌がゆっくりと閉じるように握られて…握りが緩められれば細かな砂が地へと零れ落ちる)
      其に主の祝福を…… -- 2011-07-17 (日) 22:49:19
  • あのぅ……冒険者のウルスス様でよろしいでしょうか? 私、来月の鉱脈捜索でご一緒することになったグウェスタと申しま……ひぃ(熊の如き巨体に僅かに息を飲み)
    あ、ご、ごめんなさい、人を見かけで判断したらいけませんよね……本日は冒険前の挨拶ということでお伺いさせて頂きました。よろしくの程を……(ぺこり) -- グウェスタ? 2011-07-15 (金) 17:32:50
    • (寂れた静かな礼拝堂に佇む人影、来訪者を出迎えた男は巨木か巌を思わせる厚みのある威容)
      ……此処まで人が訪ねてくるとは珍しい。私がウルススだが…なるほど
      (見上げれば齢を重ねた厳しい顔が女を見ている、発せられる重々しい声…)
      再起したばかりはこういう機会もある、か……いや、気にする事はない。
      元より威圧感があり過ぎるやら、人を捕って喰いそうだとは言われているな…
      此方こそ宜しく頼むよ -- 2011-07-15 (金) 19:03:11
  • (アクビしながら勝手にごろごろしてる赤い猫) -- ぷりにゃんこ 2011-04-29 (金) 16:11:31
    • 誰かと思えば…キミだったか……(聖堂にこうして時折見掛けるようになった変わった毛並みの猫…陽だまりで勝手気儘に寝転んでいる姿を眺めながら巨体の牧師は出迎える) -- 2011-04-30 (土) 15:03:00
      • やーなんかうちの猫がお邪魔ばっかりしてごめんねー
        5月は一家そろっていっしょにいくよ よろしくねー -- プリルラ 2011-05-01 (日) 16:23:27
      • 構わんさ、巡り会わせというものだろう…… -- 2011-05-05 (木) 19:22:05
      • なんかここの所一緒に行くこと多いねー 失敗も多いけどがんばろー! -- プリルラ 2011-05-10 (火) 06:58:35
  • おっひさー!10月の茸探しでいっしょにいくよーよろしくー -- プリルラ 2011-03-19 (土) 16:17:32
    • む、キミは……久しぶりだ、まさか同行する機会がくるとは…
      伝え聞く限りあの子は随分活躍しているようだな… -- 2011-03-20 (日) 20:38:55
  • (勝手にごろごろしている赤い猫) -- ぷりにゃんこ 2011-01-26 (水) 16:08:41
    • ……ん、珍しい。野良猫、か……?(礼拝所に上がりこんでいる猫を眺める厳つい巨体の男) -- 2011-01-26 (水) 16:32:50
      • にゃー(大男に気付いたか一声鳴くと紙をぺしぺし叩き始めた…依頼書だ) -- ぷりにゃんこ 2011-01-26 (水) 17:12:02
      • 子羊ではなく迷い猫、か……ん?依頼書…次回の私のものと同じ、か。
        ………(一番上に記されている依頼書を託された冒険者の名前を見て暫し渋面で考え込み)
        プリニャンコ……というのはきっとキミの名前なのだろうな。(相変わらずこの街のギルドは採用基準が狂っているとぼやきながら身を屈め) -- 2011-01-26 (水) 17:28:57
      • (男の呟きを聞いているのかいないのか好き勝手にうろうろした後出て行った) -- ぷりにゃんこ 2011-01-26 (水) 17:32:36
      • ……行ってしまったか。
        しかし、挨拶に来たとすれば随分と律儀だな……猫とは何を好むものだろうか。
        (変わった毛並みの猫を見送りつつ、人すらまず訪れぬ場所だけに何かしら好物でも現場に持っていくかと思案していた) -- 2011-01-26 (水) 17:44:53
  • 男の肉体をむらむらと燃え上がらせる発情薬が振りまかれた -- 2011-01-20 (木) 20:43:05
    • 理解に苦しむ限りだ、こんな辺鄙な処に撒いたとて……むさ苦しい大男が野獣の如く獣欲に狂うさまを愉しむのか…(辺りごと焼き払って) -- 2011-01-20 (木) 22:14:38
  • 発情薬が撒かれた -- 2010-12-30 (木) 14:21:36
    • ……この街のこういう所は実に困るものだな。(換気するように全て開け放ち、表でコーヒーを啜っている) -- 2010-12-30 (木) 14:37:12
      • 新たな一年の始まり……か(教会の表で初日の出を眺め) -- 2011-01-01 (土) 09:52:35
  • 久しぶりに回覧板が帰ってきた、新人向けの情報なのか夏に向けて海や山についての情報が書いてある
    次の人の住所が書いているが、回さずに玄関に置いていても勝手に回収されるので問題ないとも書いてある) -- 2010-10-10 (日) 17:41:00
    • (余力が無い故に自然回収に託す) -- 2010-10-14 (木) 00:19:58
  • -- 2010-10-04 (月) 09:59:08
  • -- 2010-10-04 (月) 09:59:04
  • 好きな人が出てくるエッチな夢をみた! -- 2010-10-03 (日) 19:34:03

Edit

  • (いつも通りの1日、いつもの通り道、ただしいつものスケジュールを少し外れた時間にそこを通ると誰かに尾けられているような気がしたかもしれない、しないかもしれない) -- 数巫眷 2010-08-04 (水) 10:01:01
    • (開拓村の教会から市街の高校の往復……日々殆ど一定のリズムで暮らすように見える男、偶々教務が無いが故に空いたある日の午前)
      (表通りの人通りも疎らなその時間帯、通りかかった裏路地……探る気配を感じて巨体が足を止めた) -- ? 2010-08-04 (水) 10:17:16
      • (雲ひとつない快晴だったはずの空がいつの間にかどんよりと曇っている・・・重く垂れこめた灰色の雲の下を黒い薄雲が脚早に抜きぬけていく、じっとりとした嵐の前のような天気)
        ふふっ・・・(建物の物影から少女が半分だけ笑顔をのぞかせている) -- 数巫眷 2010-08-04 (水) 10:30:15
      • (雲行きが怪しい、長い経験が直感的に注意を促している……路地に影が差し、愉しげな笑い声が聞こえてくる)
        (音も無く、不意に巨体が静かに振り向いた…視界に映るのは物陰から顔を覗かせる見目麗しき少女)
        ……何か用かな、お嬢さん?(男の低く重々しい声が響いた) -- ? 2010-08-04 (水) 10:51:37
      • (建物の影から出ると風を孕んだスカートがふわりと膨らみ静かに萎む)
        用?用事、お嬢さん、私・・・・・・・・・何?(重圧をともなう男の雰囲気を前に笑顔のまま少女は首をかしげる)
        分からない・・・大きい、すごく(走るでも歩くでもなく近寄り自分より頭3つ分は大きい男を楽しそうに見上げる) -- 数巫眷 2010-08-04 (水) 11:01:48
      • …大きい?ふむ、私の事か。確かに「熊」に例えられる事もあるな……(眼前の愉しげな様子の少女を男は困惑気味に見下ろす)
        (やや露出過多な奇抜な格好ではあるが裸女すら歩くこの街ではごく普通にありえる部類だ)
        (一見する限りにおいては警戒を抱く程の対象ではない、内心己の勘が鈍ったかといぶかしみつつ) -- ? 2010-08-04 (水) 11:20:10
      • 熊!(笑顔がきたこれ!みたいなさらに良い笑顔になる)
        くまくま(抱きつく)
        くま・・・(手を伸ばして顔を触る)
        ・・・毛深くないね(身長のわりに身体はむにむにとしている) -- 数巫眷 2010-08-04 (水) 11:29:07
      • (少女とは対照的ながっしりとした巨体は別段飛びつかれようとよろめきもしないが、抱きつかれて困惑を深める)
        (幼子がじゃれ付くようなものかと触れられるに任せていたが…日頃孤児院でも怯えられる場合が多く、珍しいケースではあった)
        まあ、確かに精々髭くらいだな……本物や縫ぐるみと同様を期待していたのならすまないが -- ? 2010-08-04 (水) 12:01:45
      • ふむぅ(身体を離すと手を後ろに回してぴょんと跳ねて一歩下がる、胸が揺れる)
        にへっ(笑顔だった少女の顔がさらに、にまっとした楽しげな顔になる)
        へへ・・・アハハハハハハハハハッ!(何がツボったのか大爆笑)
        ・・・(ぴたりと笑顔のまま爆笑を止めると、両手を握りこぶし状態にして手首を曲げること直角に、身体の前で二つの拳を構えたその姿はまさに・・・)
        にゃぁ(猫である、なぜかいつの間にか頭にネコミミ飾りまでついている)
        ・・・にゃっ(唐突なタイミングでまったく意味不明な可愛い猫芸を見せて猫のようにシュシュッと少女は姿を消す、いつの間にか空は元の通り晴れていた) -- 数巫眷 2010-08-04 (水) 12:45:37
      • (ころころと絶えず変化する少女を眺める、退屈はしない相手だろう…正直得体は知れないが)
        (気まぐれな猫のようにその場から去るのを幾分呆然と男は見て、一つ溜息を吐くと再び道を歩き始めた) -- ? 2010-08-04 (水) 13:56:08
  • コンニチハー。同僚のサイドカーだよー(トロトロとやってくる体育?教師)
    今日はねー、カテイホウモンに来たんだー(なにやら、勘違いしているようだ)
    おウチのことで、困ってることあるー?あと、二学期の抱負はなにかなー? -- サイドカー? 2010-08-03 (火) 20:28:58
    • ……ん?ああ、君か。どうかしたかね?(巨体が振り向き、静かに見下ろす)
      家庭訪問?ふむ…普通は生徒の家を訪ねるもの、の気がするが
      この教会は時折雨漏りがするので改修工事をしたいのだがね…私が屋根に上がると屋根が抜けそうな気がしてね、業者に頼めばいいという話ではあるのだが -- ? 2010-08-04 (水) 09:46:47
      • そうだっけー。そういえば、リリィフラウ先生もそんなコト言ってたかなー?(ぐるぐるとその場で回る)
        ウルスス先生の背丈なら、内側からでも修理できるんじゃないー?(キュ、と後輪のサスペンションを沈めてウルススの貌を見上げ?る) -- サイドカー? 2010-08-04 (水) 21:10:53
  • 突然隣に居た男が粉を当たりに撒き散らした! あなたは息を止めて逃げても良い
    もしも吸ってしまったなら…
     対応レス秒数 偶数:性別変換 奇数:地水火風任意の属性能力がつく ゾロ目:あなたはどこかに飛ばされた -- 2010-07-21 (水) 11:03:55
    • ……ん? -- ? 2010-07-21 (水) 16:18:55
  • 回覧板ですえー。プールが開いたり新しい商店が出来たりしたみたいなんよ
    あと、これ作りすぎたんでよかったらどうぞ(タッパーに詰めたビーフストロガノフを渡しながら。味はかなりのもの)
    また回覧板の季節がやってきた、今回の内容はプール開きや熱中症の他、商店の宣伝などが書かれている
    次の回し先はここのようだ。回すのも回さないのも自由のようだ
    -- メイアセイナ 2010-07-11 (日) 04:18:09
    • …ああ、ありがとう。確かに受け取った…(大きな扉を開いたのは巨体の牧師、出迎えれば静かに会釈して回覧板を受け取り)
      これは……ありがたいな…(タッパーを渡され気難しげな男が不器用に笑んだ) -- ? 2010-07-11 (日) 15:18:22
  • ふむ…教師よ、少し顔を見に来たが宜しいかな?なに、家庭訪問と言うヤツだ
    学校である以上、学ぶに足るかどうか見極める権利が生徒にもあるとは思わんか? -- 瑞姫 2010-07-09 (金) 23:01:28
    • 確か…志野山、だったか?別段構わんが……(古びた教会の礼拝堂に佇む異様な巨体、瑞姫を頭上から見据える鋭い眼光)
      私としては向学心を仮初でも有する生徒がいて非常に嬉しいが……さて、どうやって見極めてくれるのかね? -- ? 2010-07-10 (土) 10:18:25
      • ああ、お覚えいただき光栄…とでも言おうか?(眼光に幾分威圧されつつも不適な態度で椅子に腰掛ける)
        ふっ、私も我らに何かを教えようという気力がある教師がいる事に驚いている まずは何を教えるつもりか教えて頂いても良いかな、教師殿? -- 瑞姫 2010-07-10 (土) 16:20:22
      • ふむ。なるほど…では先に確認しておこう。志野山、私が「何」の教師か…どういう人物か、どの程度把握しているかね? -- ? 2010-07-10 (土) 16:49:31
      • 私はまだ、お前の事はほぼ知らぬ 監獄を出たばかりの神父気取り、と言う事以外はな
        もしや我らに神の教えでも説こうと言うのか?布教活動とは大変なものだと聞いているが… -- 瑞姫 2010-07-10 (土) 16:53:01
      • なるほど、志野山。キミは「その程度」か……(深い溜息、瑞姫を見ていた目に一瞬浮かんだのは失望の色)
        端的に言えば、私は諸君らの「生存」に関するあらゆる能力に対する教務を命じられている。但し… -- ? 2010-07-10 (土) 17:15:27
      • その程度さ 出来のいいのをお望みなら、もっとふさわしい場所があると思うが?(相手の評価など気にすべくもない、気に入られようと思ってここに来た訳でもないのだ)
        ほう、それは有難い事だな?人から聞くだけで全て身につくとも思えんが…但し、何かな? -- 瑞姫 2010-07-10 (土) 17:18:46
      • それは最低限、学ぶ意思があっての話だ……キミら「学生」には学ぶ機会が与えられる、そして選ぶ権利もだ
        しかしそれすら拒否するものを導く義務は「教師」である我々にはない… -- ? 2010-07-10 (土) 17:36:13
      • なるほど、ごもっともだ 我々…いや、少なくとも私もおんぶに抱っこをしてもらおうとは思ってはおらんし、自分が選ばなかったが故の損失の愚痴を言うつもりも無い
        ためになるかどうか、選ぶのは授業を受けてからとしよう…聞いてからでなくては分からん 出来の悪い生徒で悪いが精々宜しく頼むよ、ではな -- 瑞姫 2010-07-10 (土) 17:55:50
  • すまないが、ウルスス・メーレースの家はここか? 次回の依頼で同行する者だが。 -- 有耶 2010-07-07 (水) 21:38:23
    • ……私がウルススだ、ようこそ(響く低く重々しい声、熊のように巨大な男が姿を見せる)
      (奇妙な獣の意匠のなされた十字架と学園とは別の外道高校の校章を身に着けているのが目に入る) -- ? 2010-07-07 (水) 21:43:21
      • (学園帰りのため、自分も学園規定の制服を着ている。職業柄か、一際目立つ装飾品、いや校章に目がいった)
        あんた、教師なのか? 最近、国立の高校が設立されたと聞いたが。 -- 有耶 2010-07-07 (水) 21:53:32
      • 遺憾ながらね…ふむ、そういうキミはご近所の学園の生徒か(佇むだけでも威圧感のある男)
        我が校はお世辞にも優秀ではないからね、名立たる学園の生徒の実力をしかと見させてもらおう(気難しげな男が不器用に笑んだ) -- ? 2010-07-07 (水) 22:03:49

Edit

  • (リザードマンの看守と連れ立って巡回している)
    (ウルススを観ると、同僚と何事かを話しているようだ 口の動きからすると)
    (「へぇ…彼が、ザゼルズネストの?」とでも言っている様子) -- 赤毛の看守 2010-04-01 (木) 23:02:57
    • …(狭い牢の中で座する巨獣如き体躯の男、鋭い眼光が看取達を視界に捉える)
      (読唇は基礎技能の内だ、「組織」の名を呟いたのが見て取れる)
      (何処からか情報が漏れたのか、或いは「組織」が思惑があって情報を流したか)
      (何れにせよ彼にとってはあまり芳しくない状況といえたが、ただじいっと檻の中で息を潜める…) -- ? 2010-04-01 (木) 23:53:54

Edit

  • 礼拝堂 -- 2010-08-05 (木) 00:54:04
    • (数回、扉をノックする音が響いた) -- 2010-08-06 (金) 22:29:17
      • ……夜分にどうかされたかな?(のそりと巨体が扉を開く) -- ? 2010-08-06 (金) 22:33:53
      • 道に、迷ってな。
        (わざとらしく笑みを作ると、室内へと入り)改めて情報の提供を頼みに来た。どうにも、状況が好転しなくてな。 -- 有耶 2010-08-06 (金) 22:37:07
      • そうか、ならば入り給え……表では少々寒すぎるだろう
        「鈴の音」の件か…確かに随分と苦労しているようだな。それほど多く、私とて知っているわけではないが…君達の欠いている情報から進呈しよう(そう切出した) -- ? 2010-08-06 (金) 22:45:54
      • (長椅子に腰掛けると、想像以上に床が磨かれていることに気づいた。やはり、ここは―)
        「鈴の音」、つまりナナシと呼ばれている……いた女だ。ネストの構成員だったとでもいうのか? -- 有耶 2010-08-06 (金) 22:54:03
      • さて、どうだろう……ただ「389-774」、通称「ナナシ」というのだったかな?
        学園に在籍した君なら知っているかもしれないが、彼女はとある「牧場」の住人だった。だが、その「牧場」で生まれ育った訳ではないそうだ。
        彼女の出生は黄金暦で92年頃に遡るらしい……あの場所はそれほど以前から存在した訳ではないのだから、必然的に「牧場」に「彼女」を仲介した者が居る事になる……(順を追って説明してるのだろうが、わざと回りくどく話しているような気もする) -- ? 2010-08-06 (金) 23:04:17
      • 774だからナナシ、か。面白い語呂合わせだ。(果たしてそうか? 本来の意味は別にあるのではないか?)
        ……なるほどな。(確かナナシはダークエルフだと聞く、ならば出生がそこまで遡っても不思議ではない)
        その仲介者が、ネストというわけか? -- 有耶 2010-08-06 (金) 23:11:35
      • 仲介者に関して語る必要はないだろう…この場合重要なのは九十二年から「牧場」に入るまでの月日、彼女には過去が存在し、其処までは名無しではなく名前があった筈…という点だ -- ? 2010-08-06 (金) 23:18:46
      • (「ナナシ」が単に人間牧場で以後適用された符号だとすれば、名前があるのも当然と思える)
        しかしだ、今更そんな名前に意味があるとも思えん。それとも、名前を知ることが鈴の音に対する重要なファクターとなり得るのかな。 -- 有耶 2010-08-06 (金) 23:38:31
      • さて、どうだろうな……私は情報を提供しているだけだ、それを活用できるかは君達次第だ
        さて、この時、牧場に引き渡された人物は判明している、「Wirbelwind(ヴィルヴェルヴィント)」という英雄にまで到った冒険者だったようだ、公的には黄金暦148年に依頼で死亡した扱いだが…面白い事に黄金暦113年を境にそれ以前の記録は生誕まで存在しない… -- ? 2010-08-07 (土) 00:12:14
      • (目の前の男が、まさかこの状況下で無意味な情報を混在させるメリットは限りなく低い。とすれば、「Wirbelwind」という名前はナナシの本名だけにあらず、鈴の音に関する上での重要な鍵を担っていると考えて差し支えない)
        歴史から忘れ去られていた、と。少しずつだが、謎のベールが剥がれてきたな。
        (情報を頭の中で整理しつつも、頭に浮かぶのは新たな疑問)
        質問を変えさせてもらおう。お前は一体何者だ? ネストの末端構成員としては、事情に精通しすぎている。 -- 有耶 2010-08-07 (土) 00:26:05
      • さて、私はこの教会を管理するただの牧師だの筈だが、それ以外とすれば何だろうな…(男は巨体を揺らし、軽く笑った) -- ? 2010-08-07 (土) 00:46:04
      • 昔話に飽いた様子だし、少し別の話をしよう…シノンデルに関して以前問うたが奇妙な噂が残っている。訓練生は一定の域に達して修了資格を得るまで全て施設で管理されていたが…当時を知る術はないから経緯は不明だが、訓練生一覧に名前が存在せず、修了名簿上にしか「名前が存在しない」兵士が居たらしい。「ネームレス・シノンデル」とも呼ばれたその少女は黄金暦113年、矛盾の魔王が黒幕とされる旋風事件の主犯「旋風」として騎士団に討伐されたと公的には記されている…内部で如何扱われているかは知らないがね。彼女の出生も黄金暦92年……らしい -- ? 2010-08-07 (土) 00:48:44
      • 調べる手間が省けてしまったな。
        (危険を冒す価値はあった。ナナシの素性、シノンデル養成所との繋がり、相手の意図はどうあれ、十分すぎる収穫を得たのだ)
        シノンデルとは、計画に基づいた兵士の訓練場だったな。随分と数奇な運命を送っている。死んで尚、亡霊として扱われるか。
        だいたいの事情は把握できた。……ところで。
        (一度向けた背を翻し、ウルススを見据えて)今更代償を払えとは、言うまいな。 -- 有耶 2010-08-07 (土) 01:04:52
      • 礼には及ばんよ、旧い知人の頼みで最低限の情報を受け取りにきた君に提供しただけだ…今の話から真偽を見分け、組み合わせて意味を見出だすのは君達だ。何より…今回の一件で此方側に足を踏み入れた、と言う事を覚えておきたまえ -- ? 2010-08-07 (土) 01:18:20
      • むしろ願ったりなんだがな。
        これで俺が「お願い」をすれば、ネストが腰を上げてくれる可能性も出た、というわけだ。
        (裏社会への携わりを良しとする表情は事件を追う探偵ではなく、闇の世界に籍を置く者)
        上手くやってみるさ、じゃあな。 -- 有耶 2010-08-07 (土) 01:23:57
  • 虚言が弄される神の家 -- 2010-08-01 (日) 11:09:24
    • ……なんでこんな所に足を運んでいるんだか、わたしは。
      (寂れた教会、積もった埃にも構わず礼拝椅子に腰をかけ肩を広げる) -- モノ 2010-08-04 (水) 11:43:01
      • (十字架を右に3回、左に7回、右5、右6、左4、26、1、また26、5と12、秘密の暗号をまだ覚えている……2度と利用する気も無いが)
        (じゃあなんで訪れたのかと言えば)そりゃあただの暇潰しだよ。 旧知は合間合間に暖めておかないと。(誰に言うでもなく、独りごちて)
        イーニャのだけは無いんだっけか……(教会裏手の墓地、かつての同僚の墓に思いを馳せる……おしなべて遺骸はなく碑のみだが) -- モノ 2010-08-04 (水) 12:00:13
      • 近頃は礼拝以外の来客が多いな……さて、誰か口が軽い者でもいたのか(ぼやくように呟く巨体が影からのそりと姿を見せる) -- ? 2010-08-04 (水) 12:04:57
      • っんー……、さぁて、特に用事もないし、っと……あちゃあ。(「面倒そうなのが出て来た」そういう顔、ふらっと来て、ふらっと帰る。そういうつもりだったのだけれど)
        やだなぁ、そりゃ信心はないけどさ。ところで神様って秘密主義だったっけ。 -- モノ 2010-08-04 (水) 12:10:43
      • 人は秘めたる己の心の内を神へと明かす……神はそれを受け止めるが、触れ回る真似はしないだろうな -- ? 2010-08-04 (水) 13:47:00
      • (成程……、彼はもうここに来たのか)人聞き悪いなぁ、迷える子羊が1匹。 手を差し伸べてあげただけなのに。
        (椅子から飛び降り、帽子で埃を払う)そう怖い顔しないでよ、うるさいうるさい鈴の音さえなくなれば他は知ったこっちゃないもの。 -- モノ 2010-08-04 (水) 14:37:11
      • 鈴の音、か。狩り立てずともアレは何れ消える運命だ
        所詮まやかしに過ぎないのだから…… -- ? 2010-08-04 (水) 15:23:28
      • (腕を組んでうーんと首を捻って、困ったように)わたしもそう思うんだけどねー、オバケってのはとかくせっかちなのさ。
        「ネームレス・シノンデル」気に入らないんだよね、その名前。 で、だ、わたしあんたに用があるわけじゃないんだけど、帰っても怒らない? -- モノ 2010-08-04 (水) 15:50:35
      • よい名前、だろう?我々が用意した呼称だからな……
        構わんさ、無闇矢鱈に触れ回って此方に後処理を任せるような真似を控えてくれれば -- ? 2010-08-04 (水) 15:55:03
      • 素敵な名前、反吐がでそう。(にひひ、と笑い)
        (ああよかった。鈴いらずと呼ばれて久しいけれど、この「熊」は少々面倒が過ぎる)弁えはあるつもりだよ?わたし、もう組織のことは御免だもん。
        ね、有耶(あのこ)さ、仲良くしてあげて?わたしのお墨付き。 -- モノ 2010-08-04 (水) 16:11:33
      • ふむ。それは残念、と言うべきかな……一応覚えておこう、只前回少々門前払いに近い事をしたからそれでも求めに来る根性があるかは疑問だが -- ? 2010-08-04 (水) 16:18:34
      • こなかったらそこまでだったって事で。(手を合わせて満面の笑みで) じゃ、またね熊さん、出来れば2度と来たくないケド。 -- モノ 2010-08-04 (水) 16:25:52
      • 去らばだ……其処は冗談でもまた来ると普通は愛想を振りまくものだ(巨体が肩を竦め) -- ? 2010-08-04 (水) 16:33:23
  • 寂れた教会 -- 2010-03-28 (日) 17:13:28
    • 此処がネスト、とやらの跡地か。既に根城としての役割は果たしていないな。 -- 有耶 2010-07-31 (土) 22:23:39
      • …何か用かね?(低く重々しい声が響く、暗がりから姿を見せる巨体) -- ? 2010-07-31 (土) 22:25:54
      • ……あんたは、見たことがあるな。
        (以前の自分は学生服だったが、今は異なっている。相手が覚えているかはさておき)
        ザゼルズネストへの窓口は、こちらで構わないのか? -- 有耶 2010-07-31 (土) 22:43:33
      • 君は確か…「学園」所属のアリヤくん、だったかな?久しく会わなかったが壮健そうで何よりだ……そういえば同じ学園の生徒と結婚して起業したのだったかな?ああ、すまない…ついつい癖でね。問いに対してはこう答えよう、求めるものに道は示される……望むものは資格を示す、と -- ? 2010-08-01 (日) 00:13:12
      • (身辺情報が伝わっているというこおとは、やはりこの男も―)
        高校教師の裏の顔は、地下組織の末端か。よくできた話だな。
        情報が欲しい。【シノンデル養成所】とは、何だ? この街に置いても随分と古く、なおかつデータが末梢されている。
        知人より、その養成所はネストにゆかりがある、と聞いてな。 -- 有耶 2010-08-01 (日) 00:25:19
      • (やれやれと言うように巨体は肩を竦め)端的に表せば名前の通り、兵士の養成機関の名称だ……旧シノンデルのマスプロダクト計画から収集されたノウハウを元に新たに立ち上げられた完全なる兵士の育成計画、とでも言おうか -- ? 2010-08-01 (日) 00:43:24
      • なるほど。凍結されたのは、結局成果が出なかったんだろうな。
        ところで久しく噂を聞かなかったが、未だにネストは活動しているのか?
        本部が大陸にある以上、この街では大した収益が上げられない、と判断したか。 -- 有耶 2010-08-01 (日) 10:18:46
      • 「組織」は何処にでも存在するし、何処にも存在しない
        残念ながらそこまで話すに足る資格を君は示してはいない、それでもまあ……話し相手程度にはなれるだろう、「鈴の音」に関してとかね
        まあ、気が向いたらまた来たまえ…… -- ? 2010-08-01 (日) 10:28:20
      • (やはり外部の人間に開示されるはずはないか、と早々に諦め去ろうとするも、次の単語に反応を見せて)
        ……何だと? お前たちが、あれに関して何かを掴んでいるのか? -- 有耶 2010-08-01 (日) 10:35:31
      • 「君等」の誰よりも我々は少々知っていると言うだけの話だ…まあ、それもそろそろ辿り付く者が出そうではあるがね -- ? 2010-08-01 (日) 10:46:13
      • (あの少女は、鈴の音についてネストを情報源にするよう示唆した。ならばナナシとネストに何らかの関わりがあってしかると考えるべきだ)
        なるほどな。糸が見えてきた気がするよ。じゃあな。 -- 有耶 2010-08-01 (日) 10:54:52
  •   -- 2010-03-28 (日) 17:11:55
  •   -- 2010-03-28 (日) 17:11:49
  •   -- 2010-03-28 (日) 17:11:42
  • >どっか空いてる施設で戦うのもなー(教会突入して燃やしながら
    舞台演出で使う分には構わんのだがね……燃やされるのは少々困るが -- 2010-02-03 (水) 10:20:14
  • -- 2010-02-03 (水) 10:18:19
  • -- 2010-02-03 (水) 10:18:14
  • お、なんだここ、こんなとこに礼拝堂か。以外と近所にあるんだなあ。人いる気配ねえけんど。あれか、日曜日んだけ人来るようなとこなんかな。 -- レム? 2010-01-07 (木) 00:37:38
    • この時間に礼拝客とは珍しいが……道に迷われたかな?
      (礼拝堂に響く低く重々しい声…ぬっと姿を見せる巨漢、強面の牧師) -- 2010-01-08 (金) 15:39:22
  • うえへへへー、風流せい、風流せいー(地面に続く金貨を、かがんで拾いながら) -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 17:16:33
    • (屈んで拾うその行く手に巌の如き大きな足、巨大な影が掛かる)
      (見上げれば其処には熊のような大男が貴方を見下ろしているのに気付くだろう)
      ……何か探し物かね?(低く重々しい声で男は問いの言葉を告げる) -- 2009-12-06 (日) 17:23:15
      • 道に金貨が落ちてたんですよー。ほら、こんなにいっぱい!(顔を上げ、服の前を袋のようにして貯めていた金貨を見せる) -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 17:29:01
      • そうか。それは珍しい事があるものだ。(ふむ、と一声頷きつつ穴の開いた己の金貨袋を一瞥)
        黄金の道に導かれて此処に辿り着いた、と言う訳だ… -- 2009-12-06 (日) 18:29:21
      • そういう事になりますねぇ……一体、誰が落としたんでしょう? -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 18:40:50
      • 落とし主は存外近くに居るのかもしれないな。
        或いは…此処は教会だ、寄付金の一部なのかもしれん。 -- 2009-12-06 (日) 19:35:48
      • 灯台もと暗しってヤツですね! あたし知ってますよ!(自慢げに胸を張り)
        ほー……ここまで続いてた事を考えると、充分あり得ますねぇ -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 19:57:50
      • ハハッ、うむ。しっかり勉強しているようだな(若干口元を緩めて低く笑う、相変わらず強面だが)
        そうだろう?どうかな、君もこの機会に寄付してみるというのは。 -- 2009-12-06 (日) 20:18:49
      • ふふーん、これでも学園の院生ですからね!
        うーん……前に居た所では教会に良い思い出が無いんですけど、こっちはまた違いますし……
        (腕を組んで目を閉じ、じっくり考えてみる)もしかしたら、良い機会かも知れませんねぇ……じゃあ、ここまでに落ちてた金貨と(左手で金貨を持ち上げて、右手でポケットを探り)さっきお菓子をかったお釣りです!
        あ、こっちは金貨を落としちゃったって人が居たらその人に返してあげて下さいね -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 20:38:08
      • 承知した。私の名は(ウルスス)…名前を伺っても良いかね、お嬢さん?見つかれば落とし主に君の名を伝えておこう。
        善行を積んだ君へ、私からはこれを進呈しよう…避けられぬ試練が訪れた時、これをもって懺悔室においでなさい
        施設/教会奇妙な獣の彫刻がなされた十字架を代わりに手渡す) -- 2009-12-06 (日) 20:55:10
      • ウルススさんですねー。あたしの名前はフェンレイって言います!
        ほー……ありがとうございます。でもなんですか、これ? 普通のとちょっと違いますけど -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 20:57:54
      • フェンレイ、か。しかと伝えよう。しいて言えば特別な守護のある十字架だ。
        此処の教派では道標となる獣、三本の角が指し示すは過去、現在、未来。扉にでも飾れば多くの災いを退けるだろう -- 2009-12-06 (日) 21:41:01
      • おおぅ……なんだか凄そうです。じゃあまた、何かあったら来ますねー -- フェンレイ 2009-12-06 (日) 21:42:25
      • 夜も更けてきた、気を付けて帰りたまえ…。
        (直接的な加護が施されている訳ではない、だがその効果は強ち間違いでもないのだ…) -- 2009-12-06 (日) 22:56:09
  • そういえば向こうではあってるけどこっちに顔出すのは初めてな気がする。
    まあ今更、と言われれば特に何かあるわけじゃないけど、顔出しにきてみたよ -- ヴァイス 2009-11-26 (木) 22:27:31
    • おや、ヴァイス……あちらでは顔を合わせるが「表」で会うとは確かに珍しいな
      まあ、寂れすぎて人も来ない有様だが…都合が良いやら悪いやら -- 2009-11-27 (金) 16:24:39
      • あはは、いいじゃないかそれならそれで。ま、人が来過ぎても色々問題はあるだろうし、この教会の場合
        さて、きたはいいけど特に何かしようとしてきたわけじゃないんだよね…
        魔いいか、とりあえず挨拶だけ、という事で。
        これからもよろしくね〜(本当に一言挨拶だけ済ませると、また地下の方へと戻っていく -- ヴァイス 2009-11-28 (土) 00:54:39
  •   -- 2009-09-08 (火) 17:54:38
  •   -- 2009-09-08 (火) 17:54:32
  •   -- 2009-09-08 (火) 17:54:25
  • (書置きがある)
    「学園の方は2月を計画しているようです。ヴァイスと私は大丈夫ですが、牧師はいかがですか」 -- スリーピング・ビューティー 2009-09-03 (木) 23:33:24
    • 二月、か……来月が十二月、微妙なところだな(書置きを見つつ呟く) -- 2009-09-04 (金) 09:09:57
  • 基本に帰って発情薬が振り撒かれた -- 2009-08-29 (土) 09:29:18
    • 全く…!不届き者め…!(覆面をして掃除を始めた) -- 2009-08-29 (土) 13:39:41
  • 施設破壊人のパンドラちゃんですけど〜……ここ壊したらなんか怖い人に襲われて殺されそうな気が! 気が!
    絶対無理! 帰る! なんかここ危ない! -- パンドラ 2009-08-21 (金) 07:26:18
    • 客人とは珍しいな、私はウルスス…此処の管理を任されているものだが。取り壊されると困るのだがね
      (響く低く重々しい声、熊のような大男が静かに姿を見せる) -- 2009-08-21 (金) 08:38:47
  • いい男の遊び場といえばドリクラ! 夢空間ドリクラをよろしくぅ〜〜!
    ちょっとおしゃべりしたいなー かわいい子ときゃっきゃしたい! 仕事上がりの一杯に 同僚と宴会なんかもっ♪
    お時間作って覗いてみてね〜〜  ホストさんも同時募集中〜〜♪ -- さきゅ? 2009-06-16 (火) 23:22:30
    • 夢魔の侵入を易々と許すとは…ばれたら教会の面目がないな
      (チラシを気にした様子はないが眉間に深々と皺を寄せ、溜息を吐いた) -- 2009-06-16 (火) 23:52:42
      • ん?(チラシを拾い、一瞥した後熊へ視線を向ける) ……興味無いんだ? これ。楽しそうだよ? -- アパラチア? 2009-06-16 (火) 23:55:47
      • (たのしいわよぉ〜〜 誰かと一緒に、なんていうのもいいわよ〜〜 という念を置いて去っていった) -- さきゅ? 2009-06-17 (水) 00:17:38
      • 何時の間に……見ていたのか。
        (眉間を押さえつつ自棄気味に)愉しそう、か。ならば支部の宴席でも其処で催すかね? -- 2009-06-17 (水) 00:25:04
      • 偶然ね。ほら、通り道みたいなものだしさ、ここ
        う〜ん、それは男衆は喜びそうだけど。支部長が却下しそうだし、それに私達の繋がりは表ざたに出来ないしねぇ
        私が言いたかったのはさ、たまにはキミも羽伸ばしたって良いんじゃないかなと、そんな所だし -- アパラチア? 2009-06-17 (水) 00:28:17
      • 無論、冗談だ。息抜き、か……そんなに辛気臭そうに見えるかね?(思念を黙殺しつつ) -- 2009-06-17 (水) 00:49:48
      • だよねー。……そうは言って無いけど、でもそう言うって事はキミ自身少なからず思う所がある訳だ(悪気無く微笑む)
        ……まぁキミがそれで良いなら良いんだけどね? でも、教会にいる奴は大抵男女問わず何かしら無理してるから、キミもそうなんじゃないのかって -- アパラチア? 2009-06-17 (水) 00:53:49
      • …。なるほど、な……(一瞬の沈黙、肩を竦めて低く笑った)
        無理、か……(支部の構成員の顔を思い浮べる、思い当たる節もないわけでもない) -- 2009-06-17 (水) 01:35:25
  • 黒塗りに朱の封緘が施された封筒がいつの間にか聖書へ挟まれていた
    どうやら本部からの通達であるらしいが、それを手に取るともう一通の手紙が下に隠れていた。
    手紙には短く一文「本部時代には直接の接点が御座いませんでしたね、こちらではどうぞ良しなに」と書いてあり、文車の印が押されている -- 手紙 2009-06-14 (日) 19:08:57
    • ……。(まずは定例の通達を確認すると下の手紙を一読)
      この前といい見事なものだ(手紙の主は深層でみた物と同一だろう、気付かぬうちに…そして必ず目のつく場所にある)
      (机へと向えば筆を執る、白紙を前に暫し思案した) -- 2009-06-14 (日) 19:42:48
  • よぉ、こないだは世話になったなおっさん。しかしその格好…神父とか言ったっけか、そんなイカツイ体をした神父とやらが他にいるもんかねえ -- センゴク? 2009-06-13 (土) 22:49:45
    • ふむ、ようこそ。大分この地には馴染んだかね?ああ、牧師と言うのだが…まあ、似たようなものか。
      全てを知るわけではないから何ともいえないが、いるのではないかな…武闘派あがりの神父は珍しくないようだからね -- 2009-06-13 (土) 23:13:41
      • 俺は元々流れ者なんでね、一つの土地に長く留まるのはそれこそガキの頃以来だが…まだあんまりってとこだな。
        牧師…神父と何が違うのか分からねえなぁ。どっちも言っちまえば坊主だろ?…あぁ、坊主と考えりゃ、破戒僧なんてのもいるしな、いてもおかしかねえか -- センゴク? 2009-06-13 (土) 23:25:19
      • まあ、そういう意味では派閥の違いといえるかもしれん……
        なるほど、この地は広いが慣れることだ…幸いというべきか人種の坩堝でもある、多少の奇異は目立つまい -- 2009-06-13 (土) 23:37:38
      • なるほどねえ、文化は違えどやってる事には何処も大差は無ぇって事か
        まぁ、組織の連中みたいな奴等が闊歩してても別段、気にも留められねえようだからな。適当に、遊ばせてもらうとしますかねえ -- センゴク? 2009-06-13 (土) 23:41:26
      • 当面は好きに動いて貰っても問題ないだろう…ただし、騎士団には注意を払ってくれ給え…
        一時期こちらからの手は引いた影響で上層に今はまだ食い込めていない
        独自の正義で動く輩だけに金での解決も難しい、絡まれると始末におえん -- 2009-06-14 (日) 00:02:46
  • (少女のような外見の彼女は、教会内をどこか物珍しげに見ながら歩み、やがて至った礼拝堂に掲げられた十字架を見上げた)
    ……擬装にしては、大した諧謔の弄し方だ。正反対の事を一つの場に収めようとしなくても良いだろうに
    それとも、聖に邪あり、邪に聖ありを地で行っているだけなのかな(十字架を見つめたまま、呟く) -- アパラチア? 2009-06-12 (金) 23:04:55
    • (かちゃりと、祭壇脇の扉が開いた。眠たげな目をしたシスターが、しずしずと、教会の中へと歩みいってくる。) -- スリーピング・ビューティー 2009-06-12 (金) 23:23:27
      • (扉の音に気付き、そちらへ顔を向ける) ……んー(小さく唸った後、場の詳細は知らない為とりあえず相手の出方を待つ事にし、顔を十字架へと向け直す) -- アパラチア? 2009-06-12 (金) 23:26:36
      • (眠たげな目の、その奥底は読み取れない。シスター服はその体の多くを隠して、情報を与えないでいる)
        (そっと燭台の蝋燭。失われかけたものを別のものに変えていく。左手が抜き、刺して、火を灯し、時折、アパラチアの姿を見ていた) -- スリーピング・ビューティー 2009-06-12 (金) 23:30:12
      • (自分に向けられる視線を感じつつ、蝋燭を換えていくシスターと思しき相手へそれなりの注意を向ける)
        ……キミは、この教会の人かな?(逡巡後、十字架を見たまま独り言のように言った) -- アパラチア? 2009-06-12 (金) 23:36:16
      • (声をかけられてなお、手を休めることは無い。しかしそれから程なく、一切が済めば、祭壇の方へと歩み来て)
        はい。(歩きながらにそう応えた)ここのものです。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-12 (金) 23:38:49
      • そうか。……キミはここでの務めは長いのかな?(視線を十字架から話す相手へと向ける) -- アパラチア? 2009-06-12 (金) 23:41:49
      • それなりには。(アパラチアの視線を感じ、こちらも、正面から向き直った。眠たげな目で見据え、軽く会釈をする)お世話になっております。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-12 (金) 23:43:39
      • そうかそうか。ではこの教会に関する噂の一つも聞いた事があるだろうね? 曰く、この神聖な場で陰惨な企み事がなされている、とかいう類の
        是非、ここに務めているキミの口から真偽の程を聞いてみたいものだね(会釈を返さずに問いかけた) -- アパラチア? 2009-06-12 (金) 23:50:20
      • どちらで。(首をかしげた。十字架に向き直ると、高く仰ぐ。長身の女ではあるが、位置は高いところにあるのだ)そんな話を?
        ふふふっ。(俯き加減の面持ち。しゅると、シスター服がかすかに揺れた)ご冗談を。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-12 (金) 23:53:18
      • 噂は噂だよ。出所なんて知れよう筈がない……だけど、そうか(手を顎にやり、軽く撫でる)
        ……ああでも、私としてはそのご冗談と言うのがどういう意味なのかが計りかねてね。真偽を問う事を冗談として、それはどちらである事が明白だからなのだろう?(頬笑みを浮かべ、視線は相手の目へ) -- アパラチア? 2009-06-13 (土) 00:00:14
      • 噂ですか。(開いているような、閉じているような。半端な眼が、再びアパラチアと視線を絡ませる)確かに知りようもありません。
        もちろん。(一つ微笑を浮かべると、小さく首を傾げて見せた)偽りでありますから。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-13 (土) 00:04:04
      • …………(シスターの服を着た相手の言葉に、瞼を閉じ、軽く腕を組む)
        ……成る程?(瞼を開くと、相手へ向けて静かに、ゆったりと歩きだす) そういえば、ここに努めているのがまさかキミだけという事もないだろう。他に誰がいるのかな? -- アパラチア? 2009-06-13 (土) 00:10:38
      • はい。(しずしずと、入ってきたのと同じ扉に向かって小さく歩み始めた)牧師様がいらっしゃいます。
        他にも。(一定の距離を保ったまま、時折振り返り。それは誘うような足取りで。ひとまず立ち止まった)様々。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-13 (土) 00:14:37
      • 牧師様、ね。……牧師様か……(露骨とも見える相手の誘いに苦笑めいた笑みを浮かべつつ)
        そうだ、キミ。その牧師様に一つ言づてを頼まれてはもらえないかな。それとも、今会える?(相手が立ち止まったが、自分は立ち止まらなかった事により距離を近づけながら) -- アパラチア? 2009-06-13 (土) 00:21:16
      • 牧師様は分かりません。(顔と顔が、付き合わされる。こちらは見下ろす高さだが、それほどまでに近く。薄く開いた目の中に、血飛沫型の赤い瞳孔が覗いていた)他の方ならいるかもしれません。
        どちらに。(瞬きを、一度、二度)いたしますか? -- スリーピング・ビューティー 2009-06-13 (土) 00:24:45
      • 分からない? ……居るか居ないかではなく? ふぅん(赤い瞳をじっと見つめ)
        ああ、じゃあ折角だから他の方に会っていこうかな。……折角、来たんだしね? -- アパラチア? 2009-06-13 (土) 00:29:40
      • 忙しい方です。(自身が入ってきた扉へと、案内する用にゆっくりと足を進めだした)知らせる暇が無いことも。
        でしたら。(きぃ、と、扉の向こうへ)こちらへ。 -- スリーピング・ビューティー 2009-06-13 (土) 00:31:35
      • ああ、そういう……。ん、それじゃあ入らせてもらおうかな
        (躊躇も無く、招かれるままに入って行った) -- アパラチア? 2009-06-13 (土) 00:34:59
  • 熊の顔を見るなり、目つきが優しくなる薬が撒かれた -- 2009-06-10 (水) 13:35:41
    • むっ!?これは……悪戯は程々にするのだよ?(穏やかな目つきで説教をし始める) -- 2009-06-10 (水) 18:02:22
  • 教会があると聞いて来てはみましたが・・・何方もいらっしゃらないのかしら。
    しかしこの牛の頭はいったい・・・もしや異教の? -- シスター 2009-05-15 (金) 23:30:53
    • 何方か……お探しかな?(低く、重々しい声、どっしりとした熊のような男が姿を見せる) -- 2009-05-15 (金) 23:37:48
      • これは・・・いらしたのですね。私はジャンヌと申します。最近この街へとやってまいりました。(スッと一礼して) -- シスター 2009-05-15 (金) 23:46:44
      • なるほど…それはご丁寧に、ジャンヌ殿。(巌如き相貌も見つめる視線は穏やかに)
        私はウルスス、牧師として此処を任されている…。 -- 2009-05-16 (土) 00:23:03
  • ハッピー・バレンタイン! 宇宙刑事、シャイダー! -- シャイダー? 2009-04-24 (金) 18:55:08
    • 少々遅かった、か……(祈るように目を閉じた) -- 2009-05-15 (金) 23:38:31
  • こんにちは、次回の依頼で一緒するみたいだね?どうぞよろしく。(笑顔で握手を差し出す少年) -- ユルナート? 2009-03-24 (火) 19:49:42
    • (礼拝堂で祈りを捧げていた男、声に立ち上がり振り向けば熊如き相貌)
      今晩和、ようこそ神の家へ。次回の同行者か、わざわざありがとう。(低く重々しい声と共に手を握る) -- 2009-03-24 (火) 19:55:36
      • ああ、神父さんだったのか・・・・・・(改めてここが礼拝堂だということに気が付き)
        うん、それなら心強いね。神様のご加護があるんでしょう?それじゃ、宜しく頼むよ神父さん。(にこりと笑って手を離した) -- ユルナート? 2009-03-24 (火) 19:58:47
      • さて、どうだろう。神は試練をお与えになるのもお好きだからね…(重く低い笑い声が響く)
        牧師のウルススだ、此方こそ宜しく頼もう。 -- 2009-03-24 (火) 20:04:13
      • ユルナート、よろしく。おじさんの神様が優しい神様ならありがたいんだけどね・・・まだ棺桶の世話にはなりたくないしね?(にこりと笑って)
        それじゃあ次回はよろしく。俺も足を引っ張らないよう頑張るよ! -- ユルナート? 2009-03-24 (火) 20:16:05
  • ふたなり化薬が振り撒かれた -- 2009-03-09 (月) 22:43:08
    • (しばらく気付かなかったらしい) -- 2009-03-10 (火) 07:25:51
  • これまたレアな いかつい顔のおじ様に 褐色同盟 加盟のお誘いが届いた -- 2009-03-07 (土) 13:45:28
    • ふむ、珍しいかね?……後ほど覗いて見よう -- 2009-03-07 (土) 15:24:37
  • \オッスオッス!/ -- 2009-03-05 (木) 18:42:33
    • ……騒々しい。どうしたかね?(覗き込む) -- 2009-03-05 (木) 18:45:55
      • \ウォー!アニキー!/ -- 2009-03-05 (木) 19:02:58
      • (私に弟はいただろうかとまともに思考する牧師) -- 2009-03-05 (木) 19:29:36
  • 怪しいローブ姿の人間が薬をばら撒いて逃げ去っていった(回避可能・期間は任意)
    反応時の秒数下一桁が 1:発情薬 2:毛生え薬 3:年齢変化薬 4:性別変化薬 5:透明化薬 
    6:(秒数)件目の人のところに突撃したくなる薬! 7:ケモ化薬(ケモは人化) 8:マイケル化薬(人種変化?) 9:傷薬 0:おしっこ薬 -- 2009-03-05 (木) 18:23:56
    • ぬ?これは… -- 2009-03-05 (木) 18:27:18
      • ……。肌の色が…。(褐色になった) -- 2009-03-05 (木) 18:31:31
  • こんにちは!随分大きいおうちですね〜?どこかの族長さまか何かですか? -- スー? 2009-03-04 (水) 17:03:49
    • ようこそ…神の家へ(低く重々しい声が響いた、熊のような大男が姿を見せる)
      判りやすく言えば神を祀る場所、と言えばいいだろうか。 -- 2009-03-04 (水) 17:08:03
      • …熊!あ、いえ、なんでもないですの。(出てきた巨躯に一瞬ビビり)
        ややや、ここは祭壇でしたか!うっかりでした、お供え物も持ってきてないです… -- スー? 2009-03-04 (水) 17:11:00
      • はは、そう私は(ウルスス)だよ。お嬢さん。
        何、神は寛大だ。信仰を持てばお赦しになるだろう -- 2009-03-04 (水) 17:18:06
      • あや、熊さんでしたか!わたしはスーっていいます、熊さん
        信仰?よくわかりませんけど、次は今日の分も二倍トウモロコシを持ってきます! -- スー? 2009-03-04 (水) 17:23:12
      • 判りやすく言えば信仰は祈る気持ちであり、信じる心だ。
        よい心がけだね。施すよき行いには神もお喜びになるだろう… -- 2009-03-04 (水) 17:28:24
      • はい!それじゃあ今日は畑に戻りますね、熊さん!それではー! -- スー? 2009-03-04 (水) 17:30:50
      • スー、気をつけてお帰りなさい。よき日となることを祈ろう……(教会の扉は閉ざされる) -- 2009-03-04 (水) 17:37:29
  • 教会・・・ならありそうだな おい、ここにゃ魔除けの類ってなねェか 今探してんだ -- 修羅 2009-03-02 (月) 22:35:41
    • ようこそ…(低く重々しい声が響いた、熊のような大男が姿を見せる)
      魔除け…ふむ、銀のロザリオなどいかがかな?対魔に役立つと思うが -- 2009-03-02 (月) 23:30:09
      • おおっ! そりゃあ助かる、譲ってくれ いくら出せばいい -- 修羅 2009-03-02 (月) 23:33:55
      • お気持ちに基づいて頂ければ……(恭しく一礼) -- 2009-03-02 (月) 23:55:02
      • 気持ち? 生憎と相場も分かりゃしないんでな ハァ・・・100でいいか? -- 修羅 2009-03-03 (火) 00:03:26
      • 十分ですよ、神もお喜びになるでしょう。こちらをどうぞ…
        (金貨を受け取ると三本角の生えた獣…奇妙な意匠の十字架を差し出す) -- 2009-03-03 (火) 00:15:48
      • そうか (角が生えているせいで苦労してきたので、獣の角を見ると怪訝な顔をして)・・・なんだ、ゴテゴテしてやがんな
        まァ・・・大事なのは効くかどうかだが 邪魔したな -- 修羅 2009-03-03 (火) 00:23:29
      • (よい夜を…そういって見送ると扉は再び閉ざされた) -- 2009-03-03 (火) 00:31:50
  • ここが神の家ですねー ええと、十字架のみだから……牧師さまかな? -- スミレ? 2009-03-02 (月) 22:31:00
    • ようこそ、何かお悩みかな?(どっしりとした熊のような男が姿を見せる)
      私は新任の牧師、ウルスス・メーレースだ。(低く重々しい声が響いた) -- 2009-03-02 (月) 23:26:21
      • うわぁ たくましそうな牧師様だねー こんにちは。悩みが無いわけではないけれど そんなに重たいものは無いよー
        楽しくやってられる事を感謝していこうかな? -- スミレ? 2009-03-02 (月) 23:29:15
      • なるほど、それは幸いだ。主もお喜びになるだろう(微かに顔を綻ばす) -- 2009-03-02 (月) 23:33:01
      • 明日も明るく健やかに過ごせますように。素敵なおへそが見れますように。
        えーと牧師さんのところはエィメンは唱えないんだよね。十字切りだったっけ? -- スミレ? 2009-03-02 (月) 23:38:11
      • 信仰も気持ちもまずは心からあるもの…(そういって胸を指差す)
        そう形は拘らなくても構わんよ…特にうちは緩いからね(笑みを浮かべる) -- 2009-03-02 (月) 23:53:15
  • ここは……キリシタン……いや、クリスチャンの教会って奴か。開拓村にあったとはな -- アズマ 2009-03-02 (月) 19:41:49
    • 己を信じるものがいるように、神の信徒は何処にも在るもの……何か御用かな。(礼拝堂に響く静かな声、熊のような大男が姿を見せる) -- 2009-03-02 (月) 19:46:58
      • あ、ここの神父様かな……こっちに来たばっかりなんで挨拶回りをしてるんだ
        オレはアズマ、よろしくな -- アズマ 2009-03-02 (月) 19:58:49
      • アズマ、異国で東方を意味する言葉……だったかな?
        私は(ウルスス)、新任の牧師だ。 -- 2009-03-02 (月) 20:03:20
      • ああ、オレの場合は雷を意味する字を書いてアズマなだけどな
        牧師さんの方だったか……知らないとは言え間違えちまって悪かったな -- アズマ 2009-03-02 (月) 20:08:35
      • 何、気にする必要はない。宗派は違えど役割は似たようなものだ(大雑把なことを言う熊)
        雷、か。それはまた勇ましい名だな。どうだね、君から見てこの地は? -- 2009-03-02 (月) 20:14:58
      • オレはまだ来たばっかりだし、そんなに色んな場所を知ってる訳じゃないからな……
        でも、色々親切にしてもらってるし、活気があっていい所だと思うよ -- アズマ 2009-03-02 (月) 20:41:15
      • それもそうだ、少々酷な質問だったか…(響く笑い声)
        よき隣人に恵まれているようで何よりだ……だが、この一体は無法者も多い(笑いが止み、重々しく告げる) -- 2009-03-02 (月) 20:48:32
      • ああ、余所者のオレに優しい暖かい奴らばっかりさ
        無法者?そいつはおっかないな、もしそんなのに出くわしたら…… -- アズマ 2009-03-02 (月) 20:50:41
      • 古今東西、荒くれ物が集まりつつある……そういう為の保安官だが、この町は若干頼りない。
        君のような争いを好まなそうな人間も自衛は必要だ(上着の内に吊るした銃器を見せた) -- 2009-03-02 (月) 21:33:41
      • 保安官……ああ、裸の女の人か
        はは、もし出くわしたらさっさと逃げるよ。オレが銃なんて使っても怪我するのがオチさ -- アズマ 2009-03-02 (月) 21:39:29
      • 嘗められないのも保安官の責務だが……彼女は、な。(悩ましいのか眉間に皺が寄る)
        守らねばならない時は存在する……危険を避ける、それが一番ではあるが、な。 -- 2009-03-02 (月) 22:26:36
      • 戦うより逃げる方が難しい事もあるのは分かってるさ
        さて、それじゃそろそろ帰るよ。話を聞いてくれてありがとう牧師様 -- アズマ 2009-03-02 (月) 22:55:52

Last-modified: 2011-11-20 Sun 09:07:21 JST (3436d)