名簿/212386

  • 居なくなってたのかぁ……。ちぇ持ってきた飯が無駄になっちゃうじゃんか。今だけお休みな…… -- モルダー?
  • いない… とまってっても いい…? … -- バカ妖精?
  • さぶりゃん・・・いい子だったにゃー・・・ -- パンティー
  • まだ教えることはたくさんあるというのに…。勝手に居なくなるなんて許さないわ…。 -- ローリアン
  • サブロウ様…… せっかくいただいたお魚でおいしいお鍋を用意したのに……  -- やえ?
  • またみかんがおいしくなってきたんですが…さよなら、三郎さん -- シクラ?
  • 三郎様……ああ、きっと修行を終えて天国に帰ったのですね。今頃神の使いとして立派にやっていることでしょう……
    私にはただ、祈りを捧げることしかできません……(天を仰ぎ、三郎のことを想うシュガーであった) -- シュガー
  • (いつの間にか日本酒が供えてあったとか) -- 酒の匂い
  • そっか、三郎……お疲れ様 -- エリカ
  • ……またぽんぽん触らせてもらう約束してたのに帰りが遅いねー…(冷め切った鯛焼きを置いて帰る) -- イオス?
  • ・・・トロールか。まさか、こっちでもヤツらをツブす理由が出来るとはな。またな、三郎。供えもんの酒は、ヤツらをツブした後だ -- ミッドナイト・カウボーイ
  • お疲れー。メイスか・・・微妙だな。既に弓がメインになりつつあるみてーだし。どうすんだ? -- ミッドナイト・カウボーイ
    • お疲れ様です(お辞儀)はい、たいへん微妙です、どうしましょう
      なんだか攻撃力が半分くらいになってしまうようなので、安全を考えるとやはりこのままがいいかなと -- 三郎
  • こんにちはです三郎様。お菓子をお持ちしたのでお茶しませんか? -- シュガー
    • こんにちはですしゅがーさん。はい、是非 -- 三郎
      • (三郎の言葉を聞いてなんとなくクスクスと笑ってしまう)それでは、お邪魔しまーす……(アップルパイの入ったバスケットをテーブルに置く)
        紅茶をすぐにお淹れします。キッチンお借りしますね? -- シュガー
      • おおー(身を乗り出してバスケットを覘く、漂ういい匂いにとろけそうな表情)
        ありがとうございます、あ、お台所は一階に共用のが -- 三郎
      • では、暫しお待ち下さい。すぐにお湯を沸かして戻ってきますので……
        (そう言って部屋から出て行く……三郎とアップルパイがその場に残された) -- シュガー
      • (視線はアップルパイに固定され、そわそわし始める) -- 三郎
      • (我慢・・・しゅがーさん来るまでがまん・・・) -- 三郎
      • はわ、お待たせしました〜……っ(急いで戻ってきたのか少し息が上がっている)
        それじゃ、ティーポットにお湯とティーパックを入れてっと……(ちゃぷちゃぷ・・・) -- シュガー
      • …はっ(シュガーの声で我に帰り、垂れかけていたよだれを拭く)
        あ、お砂糖は多めにお願いします(わくわく) -- 三郎
      • 今の内にアップルパイを切り分けますねー……(アップルパイを切り分けた後、持参したティーカップに紅茶を淹れて……)お砂糖多めですね?分かりました〜(三郎と自分の紅茶に角砂糖をチャポンと入れる)
        はいっ、お待たせしました!どうぞ召し上がってください♪
        (テーブルに切り分けられたアップルパイと香り豊かなハーブティーが揃った) -- シュガー
      • あはっ、えへへ頂きます(分かりやすく笑顔になり、手を合わせて小さく礼)
        (がぶ)んふっ、おいひー(もぐもぐ)これもやっぱりお手製ですか(もぐもぐ) -- 三郎
      • (自分もお祈りをしてから紅茶に口をつける)アップルパイですか?ええ、私の手作りです。三郎様のお口に合っていればよろしいのですが……
        にしても立派な食べっぷりですねぇ……残りの6切れ(※さっき8等分したという後付け)も全部食べちゃいそうですね?ふふっ♪ -- シュガー
      • とてもお口にあいます、やっぱりしゅがさんはすごいです尊敬します(もぐもぐ)
        はい、美味しいものはいくらでも食べられます、美味しいので(紅茶をずずー) -- 三郎
      • あらあら三郎様ったら、そんなに褒められたら私照れてしまいますよー……でもお口に合ったようで良かったぁ……♪
        (まるで自分も美味しい物を食べた時のように表情がほころぶ。結局、お茶会が終わるまで三郎の食べる様子ばかり見守っていた) -- シュガー
  • 狼討伐続いてるねー、おつかれさぶちゃん(手土産に豆大福を渡して)
    …ところでそのぽんぽんはどんな風に出来てるの? -- イオス?
    • ありがとうございま、あはっ豆大福
      これはですね、ふわふわで、もふもふで、ぽふぽふにできています -- 三郎
      • はぁ、ふわふわでもふもふでぽふぽふ…ちょっと触っていいかなー? -- イオス?
      • え? はぁ、はい -- 三郎
      • じゃあお言葉に甘えてー(ぽふぽふ) ;…これは(ふわふわ) ちょっと癖になりそうだねー(もふもふ)
        いやー堪能させてもらったよー、また手土産持ってもふもふさせてもらいにくるねー -- イオス?
      • はい、期待してますよろしくお願いします(お辞儀) -- 三郎
  • 三郎って天狗なのに鼻短いよな…成長すると伸びるのか? -- エリカ
    • いえ、うちは鼻高の家系ではないので特にそういった事は無いようです、はい
      あと女性の天狗は基本的に伸びないっぽいですよ? -- 三郎
      • あ、そうなんだ。天狗ってどれも鼻高だと思ってたぜ…じゃあ人間との違いは羽ぐらいなのか? -- エリカ
      • はい、うちはもっとこう、鳥っぽい感じでして。んーと、見た目的にはそんな感じかもしれません
        細かいとこは色々違うみたいですけど、概ね -- 三郎
  • ここらに天狗がいるとかいないとか…一応魔女の端くれとしては東洋の妖怪という方も見ておきたいところですね…ここは食べ物の臭いで釣ってみるというのが良いかもしれませんね(七輪を取り出してスルメを焼いてみる) -- リフィル
    • (夢遊病者のようにふらふら出てくる) -- 三郎
  • (最近手に入れたモールで飛んで来る小石を打ち返しながらじりじり近づいてみる) -- ぶるぅ?
    • (ぶるぅの傍で突然木の倒れる音がする) -- 三郎
      • 木・・・っ!?あまいっ!(音がした方向に思いっきりフルスイングをして迎え撃とうとしたが)あ、あれっ!?(見事に空振り)わっ、わわっ(バランスを崩したところで)
        モ゛ッ!(小石がいい角度で当たった)) -- ぶるぅ?
      • ・・・も゛? ・・・zzz(変な悲鳴に目を覚ますも即二度寝) -- 三郎
  • サブちゃんも一人前おめでとー ローリアンと同時だねーめでたいねー
    そうだ、うちに来たしいたけから貰った佃煮でおにぎり作ったからお祝いにあげるねー(竹の皮に包んだおにぎりを手渡す) -- イオス?
    • えへへへへへありがとうございます
      しいたけ?ですか?ほあー美味しそうですいただきます、最近のしいたけって器用なんですね(もぐもぐ)美味です、ありがとうございます -- 三郎
  • ん。(マウンテンデュー500ml缶と、肉まんを突き出して) 忘れる前に持ってきた。
    店で売ってたの買ってきただけだから、食べあわせとかはしらない それじゃ。 -- メイ?
    • ありがとうございます、うれしいです、えへへへへ -- 三郎
  • お疲れさん、最近やたら魔導器手に入ってんな。次ちょっと遠いみてーだから気をつけろよー -- ミッドナイト・カウボーイ
    • はい、でも使わないのでなんだかもったいないですけど
      はい、気をつけますありがとうございます -- 三郎
  • 酒場で寝て起きたら次に立った人のところに挨拶とか書いてあったから来てみたぜ
    起きてるかどうかわからねぇけど、まぁよろしくな -- エリカ
    • ふは・・・おはよございます。ぁ、あ、はいよろしおねがzzzzz(二度寝) -- 三郎
  • \ばんあれんたい/ つ[コワモテのお面にチョコバナナが刺さったもの] -- バカ妖精?
    • 晩荒れ隊? えっとこれは食べ物ですよね、お祭りで売ってる甘いあれですよね? ありがとうございますですけど何だろう、何だろうこれ? いただきます -- 三郎
  • 三郎様、本日はバレンタインデーということで……親愛なる知人の方々にチョコレートを配っております
    お体の具合はどうですか?早く天使軍に合流できるよう、安静にしてくださいね?(そう言ってチョコレートの入った包みを渡した) -- シュガー
    • あ、あはっ? お体はすこぶる快調ですが天使ではなく天狗ですが、ちょこれーとですかくれるんですかありがとうございます
      でもでも、ばれんたいんでーってなんですか? -- 三郎
      • バレンタインはですね、聖ウ○レンティ○スという立派な方がその昔(以下、長い説明) -- シュガー
      • (うとうと) -- 三郎
      • (まぁ……目を瞑って真剣に聞き入ってくださって……嬉しい♪←勿論勘違い)
        ……というのがバレンタインの起源です。分かっていただけましたか?(にっこり -- シュガー
      • ぁへ、ん、うえ? ぅ、ごちそうさまでした(寝ぼけ) -- 三郎
      • まぁ、三郎様ったら……冗談がお上手ですね?ふふっ♪(居眠りしてるなんて微塵も思っていないシスターだ)
        それではまた後日……チョコレート、良ければ召し上がってくださいね? -- シュガー
      • ぁ、ふ、ふぁい、いただきま、ありが、ござまし、た(かくん) -- 三郎
  • 杖ゲットおめっとさん!杖か・・・イメージ的には似合うんだが、弓の方が肌には合ってるか? -- ミッドナイト・カウボーイ
    • ありがとうございます。はい、ちょっと持ってみたんですけどなんだかへろへろだったのでやめとこうかと思ってます、危ないので -- 三郎
  • はいさぶろー、クリスマスプレゼントだよー(凄い酸っぱい梅干の入ったお握りを渡す) -- イオス?
    • ありがとうございます、いただきます。セイトウハファンタジーさんは和食がお上手なんですね(あむ)
      ・・・お茶ありますか? おいしいですけど、とてもすっぱいので、すっぱいので -- 三郎
      • 飲み物はないんだよーごめんねー、ああでも山の向こうに梅の林があるよー(曹操の物真似をする正統派以下略) -- イオス?
      • んー、でも梅はそのままじゃ食べられませんよ?
        あ、もしかして実を取ってきたら色々作ってくれるんですか? 梅干とか梅酒とか
        わかりました、行ってきます(ぱたぱた飛び去っていく) -- 三郎
      • ……え、あれ、冗談だったんだけどなー 今度は飲み物も持ってこようかねー -- イオス?
  • はっ!?あなたのその出で立ち……異国の服を着ていますがその翼は正しく天使様!!
    お探し申しておりました……さ、神聖天使軍の皆様が待っていますよ -- シュガー
    • ? いえ、あの、天使ではなく天狗なんですが・・・
      ですから、あの、天狗・・・ -- 三郎
      • テング……? 発音の違いでしょうか……お気に障ったのなら謝ります天使様(ぺこりと頭を下げる)
        それにしても神秘的なお召し物ですねー。やはり異国の天使様も神々しい……(うっとり) -- シュガー
      • はぁ、いえ、何も謝っていただくことは無いのですけれども
        あの、わたしはそんな大したものじゃ・・・ただの未熟者で(??? どうしよう・・・) -- 三郎
      • ?(三郎の様子が何かおかしいことに気付く)あの……どうかされましたか?お身体の具合でも悪いのでしょうか?
        (心配そうに三郎の顔を覗き込むシスターだ) -- シュガー
      • あ、う、お体は極めて健康体なんですが、強いて言うなら多少お腹は減っていますが・・・・お腹すきました -- 三郎
      • まぁ!それはいけません……飢えは全ての生ある者にとっての敵。天使様と言えどちゃんと栄養は取らなくては!
        (ごそごそと鞄の中から小さな袋を取り出し)あの、未熟な私の手作りで大変お恥ずかしいのですが……その、ハーブクッキーなどいかがですか?
        (やや遠慮がちにクッキーが入った袋を三郎に差し出す) -- シュガー
      • くっきー! くっきーは好きですとても好きです、おいしいので
        いただいてもいいんですか頂きます(ためらいなく受け取り、クッキーを齧りだす)
        (ぽりぽり)むふ、おいしいです(かりかり)お姉さんの手作りなんですか、すごいですね、おいしいものをつくれるのは(さくさく)いい人です
        お姉さんいい人なんですね、ご馳走様でした(瞬く間に完食、手を合わせて一礼) -- 三郎
      • すごい食べっぷり……余程お腹が空いていらしたのですね?可哀想に……
        お口に合ったようで安心しました♪はい。お粗末さまでした……(何気なく三郎の口の周りをハンカチで拭く)
        天使様は体調が優れぬご様子……今日のところは出直すことにいたします。また何か拙い差し入れで良ければ持って参りますね?(にっこり -- シュガー
      • んぎゅ(されるがままに口を拭われる)
        あ、はい・・・はい、よろしくお願いします! ありがとうございました -- 三郎
  • てんぐの がいこくじんだ! -- バカ妖精?
    • こおりの ようせいだ! -- 三郎
      • どこ? かめらどこ? (挙動不審な様子で辺りを見回す) -- バカ妖精?
      • かめらってなんですか? おいしいですか強いですか? どこかに潜んでいるんですか? -- 三郎
      • … あれ しらない…? やっぱりがいこくとは ぶんかがちがうんだbr;かめらはね… えっとね… どろぼうのどうぐかな ぴかってひかって れきしをぬすんで みんなにばらまくの
        おいしそうじゃないけど どっかにひそんでたりは するよ このあいだも かくれておきがえとられた -- バカ妖精?
      • なんという恐ろしい・・・そんなものが潜んでいるだなんて全く知りませんでした
        たいじ!退治する方法はないんですか!? -- 三郎
      • あいつらは わだいになるものに よっていくしゅうせいがある…
        だから じぶんより めだつなにかに めをいかせれば とりあえずさけられる!
        あとは まぶしくすると めがやられて たおせる -- バカ妖精?
      • ふむふむ、なるほど!目立つのと眩しいのですね、覚えました理解しました
        ようせいさんはすごいですね、博識ですね、尊敬します! -- 三郎
      • え? え? はじめて そんなこと いわれたんだけど… (あたいはさとった てんぐにもばかがいることを…) -- バカ妖精?
  • クリスマスを忘れていた男! もるだ!(そう言いながら煎餅をフリスビーのように投げた) -- モルダー?
    • (ジャンプして口でキャッチ)
      ほほほへ(ばりばり)ふひひはふっへ(ぼりぼり)はっへふは? -- 三郎
  • メリークリスマース、三郎!クリスマスプレゼントはクッキーだよー! -- アッシュ(14歳)
    • ? あはっ、くっきーですかくれるんですか嬉しいですありがとうございますっ
      ところで目尻食いしばるとはどういう意味でしょうか? -- 三郎
      • そっか、三郎は遠くから来たんだったね。
        えーと、メリークリスマスって言うのはクリスマスおめでとうって意味。クリスマスってのはお祭の一種だと思って -- アッシュ(14歳)
      • はい、かなり遠くです
        ほうほう、なるほど、お祭りですか、ぴーひゃらどんどんぱーんぱーんですね
        それは良いことです、お祭りは好きです、おいしいもの食べられますし賑やかです、楽しいです
        教えてくださりありがとうございました、また一つ賢くなりました(頭を下げる) -- 三郎
      • 名前からするとニンジャやサムライが居る所の出身だよね?
        どういたしましてー!えと、詳しくは一緒に住んでる人に聞くといいと思う。こっちのお祭もきっと気に入ると思うから -- アッシュ(14歳)
      • はい、ニンジャサムライハラキリゲイシャです、でも実物に会ったことはないので、いつか会いたいと思います
        はい、そうさせていただきます、えへへひ -- 三郎
      • そっか、こっちにもサムライやニンジャは居るらしいし、いつか見れると良いね!
        それじゃ、そろそろ帰るね。またねー、おやすみー -- アッシュ(14歳)
      • おやすみなさーい(大きく手を振って見送る) -- 三郎
  • (挨拶しようと歩いてくるが寝ている三郎が無意識に飛ばす小石に当たりまくって接近できない) -- ぶるぅ?
    • (飛んでくる小石の中に一個だけ当たりがあります) -- 三郎
  • (酒瓶を握り締め、宿の前でいびきをかいて寝てる迷惑なおっさん) -- 酔っ払いのおっさん
    • (瓶の中身が残ってるか確認する天狗) -- 三郎
      • (新品のようだ) -- 酔っ払いのおっさん
      • ・・・おじさんおじさん(おっさんを揺する天狗) -- 三郎
      • (がばっと飛び起き)おう!……どうしたぁ? -- 酔っ払いのおっさん
      • お酒ください -- 三郎
      • お嬢ちゃんは…ホント、酒好きだなあ!あいよ!(どん、と酒瓶を置くニホン酒のようだ) -- 酔っ払いのおっさん
      • はい好きです、とても好きです。うは、日本酒ですかよろしいですね結構ですね、せっかくですので中でいただきますか?(宿の入り口を示して) -- 三郎
      • 今家ん中で飲んだら確実に寝ちまうぜ!それでもいいって言うなら寄らせてもらうかねえ -- 酔っ払いのおっさん
      • 構いません、寝床はちゃんとありますから。どうぞお入りください(扉を開け、部屋に案内しながら) -- 三郎
      • がっはっは!すまんね!いやぁ…飲みすぎると寝ちまうんだ俺ぁ
        (三郎の後について宿に入り、酒瓶を開ける)
        どんどんやってくれ!俺も飲むからな! -- 酔っ払いのおっさん
      • 安心してください、私もです。先日はお世話をかけましてどうも
        はい!どんどんやります(既にグラスに注ぎはじめている)
        おじさんいつもお酒飲んでますね、暇なんですか? -- 三郎
      • ぶっ!!(少し酒を噴きだす、汚い)がっはっはっは!!暇か?って
        大体暇だぜ!冒険が仕事だからな。仕事がないときは気の向くまま、だな!
        (グラスに酒を注いで上機嫌で飲んでいる)
        そういうサブロウはどうなんだ!学校とかないのかテング、ってのにはよ!? -- 酔っ払いのおっさん
      • (少し顔にかかった)そうですか、それは大変気楽ですね
        はい? いえ、そういったものは特には。必要な事はお山の皆が教えてくれましたし、修行は怠けてましたけど今は冒険者するのが修行ですから
        私にしてはかなりがんばっている方ではないかと、はい -- 三郎
      • おうおう、そうか!そんなら大丈夫だなぁ……
        冒険ってぇ奴は、命がけだからな。色々修行になるんだろうよ!
        ……ぐごー(いきなり台に突っ伏して寝始めるおっさん) -- 酔っ払いのおっさん
      • おじさん? おお、本当に寝ちゃった、ふあ、じゃあわたしも…(寝床に向かってぽすっと倒れる)おやすみなさい -- 三郎
  • ハンマーゲットおめっとさん。・・・弓か槌か。三郎のイメージで言えば弓だが・・・どっちにすんだ? -- ミッドナイト・カウボーイ
    • ありがとうございます、みっちゃんさん。うーん、弓の方がいいですね、ハンマーちょっと持ってみたけど重いので -- 三郎
  • さぶちゃん鳥っぽいけど鶏肉は食べれるのー?(ねぎまとナンコツとつくねを差し出す正統派以下略) -- イオス?
    • なんでも食べます、好き嫌いとかないので(ねぎまとナンコツとつくねをまとめて受け取りながら)
      残すとかもったいないです、悲しいことです(もごもご) -- 三郎
  • さぶさん今日のご飯はおでんですよ(あつあつのタマゴを食べさせようとしながら) -- シクラ?
    • あつい!あうい!あふい!み゛ゃ!んふい! -- 三郎
      • ・・・おいしぃ(ほこほこ) -- 三郎
  • (何の特徴も無い文士が歩いてくる)
    はっはっは、初めましてお嬢さん。俺ぁ、文士の橿原頼政(ペンネーム)っていうんだが……お嬢さんも日本から来たのかい?
    その翼……はっはっは、まるで天狗みたいじゃあないか。まさかね、この文明開化の時代に…… -- 橿原?
    • はい、はじめまして三代目飯綱三郎と申します、生まれは信州飯綱山です
      はい、天狗ですけど何か問題ありましたでしょうか -- 三郎
      • (ぽかんとした顔をするが、すぐにいつものへらへらとした表情になる)
        はっはっは、まさか実在するとは、この文明開化の時代、思いやせんでしたぜ。まあ、その羽が証拠でさあな……
        俺も小説の中で天狗を扱ったこたああるが、本物を見るのは初めてだ。まあ、これからもよろしくなあ、お嬢ちゃん。へっへっへ -- 橿原?
      • 久留米海岸・・・? ん、珍しいですか? あまり見ませんか? あ、はい、よろしくおねがいします(ぺこ) -- 三郎
  • さぶって言うからヤクザで拳銃使うのかと思った
    • ? 使ったほうがいいですか? -- 三郎
  • オッスオッスなんですね。 -- ぶるぅ?
  • オッスオッスなんですか? -- シクラ?
    • オッスオッスなんですか? -- 三郎
      • オッス! -- シクラ?
      • オッス! -- 三郎
      • ありがとうございました(一礼し握手を求める) -- シクラ?
      • ありがとうございました?(なんだかわからないけど真似して握手) -- 三郎
  • (天狗ってごろつきなのかー) あー初めましてー正統派ファンタジー剣士ですがー
    同じくファンタジーっぽいので挨拶にきたよー …天狗ってファンタジーだよね? -- イオス?
    • はい、セイトウハファンタジーケンシさんですか
      あ、それはどうもご丁寧に。はい?お兄さんのおっしゃる「ふぁんたじー」とやらの意味がよくわからないのですが、それは変わり者とかそういった意味合いの言葉なんでしょうか?
      確かに人間とはちょっと変わってる部分は多いですね -- 三郎
      • (辞書を調べながら)…えーと、幻想とかそういう意味だよー 簡単に言うとカッコイイって意味じゃないかなー?
        へーそうなんだー、ぱっと見た感じ変わった服着た人間にしか見えないけど何か凄いことできるのー? -- イオス?
      • え、そうなんですか? そっかーお兄さんはファンタジーなんですか、うん? うん、うん?
        いえ、私は修行とかさぼってたのであんまり、少しの間飛ぶくらいしかできませんけど、あ、あ、でもうちの父様や爺様なんかはそれはもう、ぶあーって、ぐあーって、結構すごいと思います、はい -- 三郎
      • そのクエスチョンマークには触れないでおくよー、まだ初対面だしねーははは
        いや飛べるだけでも充分すごいよー! 冒険中に落とし穴があっても崖があっても大丈夫そうだねー
        へー、お父さんやおじいさんはもっと凄いのかー…じゃあ冒険で頑張ればもっと凄いのも使えたりするのー? -- イオス?
      • はい、ありがとうございます
        そうですか? ん、あんまり急に飛び立つ事はできないので大丈夫かどうかは微妙なところだと思います、残念なことです
        使えたりしたらいいなーとは思いますけど、元々そのために送り出されたようなものなので、はい、善処します、なるべくしんどくない範囲で -- 三郎
      • なるほどー、飛べるって言っても自由自在ってわけじゃないんだねー
        それじゃあ長生きしてお父さんたちみたいに立派になれるように頑張らないとねー
        じゃあこれで帰るけど冒険頑張ってねー、もっと飛べるようになったら一回くらい乗せてねー、それじゃー -- イオス?
      • はい、できればやりたくないんですけど、しかたないので
        あ、どうも。はい、出来るようになりましたら。乗せるというよりぶら下げる感じになるとおもいますけど。ありがとうございました -- 三郎
  • へー、天狗なんだぁ。ほんとに羽はえてるー!ね、ね、触っていい? -- ロシィ?
    • はい天狗です、どうも。いいですけど、あんまり面白くないと思いますよ?(首を傾げ、パサパサ羽ばたかせながら) -- 三郎
      • いやいやー、やっぱり気になるよー。おぉー…フワフワだー。すげー…(羽を両手でぽふぽふと挟むように弄りながら)
        いいなー、羽。空も飛べるしカッコイイし!修行次第で人間にも羽生えて来たり…しないかなぁ。 -- ロシィ?
      • でも空とんでるとしたから丸みえだじぇー?
        とくにわふくだとふとももがちらちらと!そしてそのおくまで!! -- パンティー
      • そうなんですか? うぁ、うぁあ(ちょっとこそばゆい)
        かっこいいんでしょうか、確かに飛ぶのは楽しいです。するみたいですよ? お山で何年も大変な修行をしないと駄目みたいですけど、そうすれば人から天狗になることもあるそうで、はい -- 三郎
      • むぅ…でもズボンだから大丈夫だもんね!!
        あーやっぱり天狗になるのは大変なんだねぇ…
        お師匠様の占い修行も中途半端な私じゃ無理かー(がっくりと肩を落とすもまだ羽を弄ったままで) -- ロシィ?
      • 私も袴ですし特に問題は
        気を落とさないでくださいね? 本当に滅多に無いことみたいですから・・・ふぇ、うぇ、ふぇっくし!(なぜかくしゃみが出た) -- 三郎
      • うーん…でもただの人間としてはやっぱり羽には憧れるよー。(再び羽に目を向けて、羨ましそうに)
        ご、ごめんね?羽弄ったの擽ったかった!?つい夢中になっちゃって…(くしゃみにおどろき、慌てて手を離す) -- ロシィ?
      • えっと、それはなんだか申し訳ありません(微妙にすまなさそうな感じで)
        いえ、痛くはないのですか少しくすぐったくて、ぶぇし!!(二発目) んく、お気になさらず(鼻の下を軽く擦りながら) -- 三郎
      • あはは、天狗って羽弄るとくすぐったがるんだ?
        豆知識を一つ得た所で、今日はこの辺で失礼しよっかな!これからよろしくね、三郎! -- ロシィ?
      • えー、どうなんでしょうか、試したことはないんですが私だけかもしれないんですが、うーん
        あ、はい、よろしくおねがいしますろしーさん(一礼して見送る) -- 三郎
  • さ、サルマタ三郎!お前サルマタ三郎か!?久しぶりだな!いつこの街に来たんだ!
    (泥酔中) -- 酔っ払いのおっさん
    • はぁ、割と最近ですけど何処かでお会い・・・サルマタ? -- 三郎
      • うん!?(イヅナの顔をまじまじと見る)……おお、悪い悪い!人違いだったわ!がっはっは! -- 酔っ払いのおっさん
      • そうでしたか、いえ別に構いませんが、ところでお酒とかあったらいただけませんか -- 三郎
      • おっ?構わんぜ!ほらよ!(麦酒ビンを取り出す)…ニホン酒の方がよかったかな -- 酔っ払いのおっさん
      • いえ、問題ありませんありがとうございます、いただきます(瓶の蓋を開けて喇叭飲みを始める)
        んむぐ、ぐ、結構、おいしいです、ね、ふはー -- 三郎
      • 豪快だねぇ!全部飲んでくれてかまわんぜ!!
        予備はまだあるしよ!(傍らに置いてある袋に酒瓶がどっさりとある、買出しに行ってたらしい) -- 酔っ払いのおっさん
      • 本当ですか(がぶがぶ)ありがとうございます(ぐびぐび)うれしいです(ごくごく)
        ではもういっぽんいたーきまふ(頬を上気させながら遠慮なく新たな酒瓶に手をつける)
        あ、おつまみとかありまふか? -- 三郎
      • おう!いい飲みっぷりだ!酒豪の称号をあげよう!がっはっは!!
        かりんとうならあるぞ! -- 酔っ払いのおっさん
      • ありあとござます、こうえいです(ぺこり)
        いただきます、かりんとう好きです、甘いの好きです(ぽりぽりかりかり)
        ところで今更ですけど(かりかり)おじさんはだれなんでしょうか?(ぽりぽり) -- 三郎
      • いいってことよー!……俺か?俺は通りすがりのおっさんだ!まあ気にすんな!なあ?がっはっは -- 酔っ払いのおっさん
      • そうですか、とりあえずお酒とおつまみくれる良い人だと覚えときますけど、それでいいですね(三本目を飲み干しながら)
        くふぅ、ごちそうさまれしぁ(ぱたんと倒れて寝息を立て始める) -- 三郎
      • 寝つきの良いお嬢ちゃんだな!おう、それでいいぜ!じゃ、またな!(ふらふらと帰っていった) -- 酔っ払いのおっさん
  • やっほー、三郎!久しぶりー!こっちで住む所は決まったー? -- アッシュ
    • どうもお久しぶりですお兄さん。はい、ろーりあさんとこで宿の泊まり方を教えていただきまして、しばらくはそちらに居ようかと -- 三郎
      • そっか、良かったー。それじゃ、今度そっちに遊びに行って良いかな? -- アッシュ
      • はいどうぞいらしてください、出来たらおみやげとかあると大変喜びます -- 三郎
      • お土産かー、どう言うのが良い?あ、あんまり高い物は無理だよー? -- アッシュ
      • おいしいものがいいです(即答)お腹いっぱいになるものだと尚結構ですね。よろしくお願いします -- 三郎
      • 美味しくて、ボリュームの有る物か……うん、分かったー!考えておくー! -- アッシュ
      • よろしくお願いします(念押し気味に一礼) -- 三郎
  • はろーっ!さぶりゃんはてんぐなのかー!
    はなとかいろいろなところがながかったりするのー? -- パンティー
    • はい、さぶりゃん?は天狗ですが
      いえ、うちは爺様も父様もどっちかというとカラス寄りなので特には -- 三郎
      • カラスということは口がとがってたりはねが生えてたりするのかにゃー?
        わふうファンタジー! -- パンティー
      • はい、まあ、だいたい、そんな感じで、わふーで -- 三郎
      • ・・・今きづいた!さぶりゃんおんなの子じゃー!!
        おんなの子なのに「ろう」ってつくのかー
        なにかりゆうがあるのかにゃー? -- パンティー
      • はい、そうですけど
        んと、なんだか代々名前を継ぐことになってまして、数年前に襲名しまして、こんな具合になりました、はい -- 三郎
      • 三だい目さぶりゃんかー!
        きっとおししょーさんもすげー人なんだろうにゃー! -- パンティー
      • ええ、まあ、お師匠というかうちの父様なんですけど
        お山の皆はそう言ってくれます -- 三郎
  • 天狗って何する人なの? -- ぶるぅ?
    • えーと、飛んだり? -- 三郎
      • 石投げたり? -- 三郎
      • 人攫ったり? -- 三郎
      • 攫わなかったり? -- 三郎
      • 空を飛びながら石を投げる人・・・お給料出るの? -- ぶるぅ?
      • え -- 三郎
  • あなたもどっかの跡継ぎなのね。ま、私は無理やり結婚させられそうになって飛び出して来たけど。あなたは戻る気あるの? -- ローリアン
    • はい。うーん、どうなんでしょう、跡を継ぐんだって言われてたから、そうなるんだって思ってましたけど、お山は好きですけど、でも修行とか面倒なので、なんかこう、今のところ成り行き任せで、はい、何も考えてません -- 三郎
  • ういーっす、飯は持ってねーけど酒なら有るぜー -- ミッドナイト・カウボーイ
    • ありがとうございますいただきます、あ、おつまみ頼んでいいですか、このお刺身 -- 三郎
      • 刺身?これ刻めば良いのか?(ナイフを取り出し) -- ミッドナイト・カウボーイ
      • いえ、やっぱりやめておきます。それよりお代わりいただいていいですか(ほろ酔いになりながら) -- 三郎
      • ん、そうか。(ナイフを直し)おう、飲め飲め!沢山持ってっからよ! -- ミッドナイト・カウボーイ
      • ありがとうございます(ごくごく)この街の人はいい人ですね(ぐびぐび)わたし気に入りました(次々と酒瓶を空けながら)
        お酒も美味し(ふらふら立ち上がってこける) -- 三郎
      • そうだなー、ここには気の良いヤツが多いぜ。・・・って大丈夫か?(屈みこんでコケている三郎を見下ろしつつ) -- ミッドナイト・カウボーイ
      • だいじょうぶです、だいじょうぶです(片手でばんばん床を叩きながら)
        いえ、やっぱりだいじゅぶじゃなです、おこしてくださ、くあさい(ごろごろ転がりながら) -- 三郎
      • どっちだよ!まぁ後から言った方って事にさせてもらうぜ。(ひょいと抱え上げて)
        で、今日はそこのアッシュってヤツん所に泊まるんだろ?連れてってやるよ -- ミッドナイト・カウボーイ
      • すみませありあとござまふ、お言葉に甘えま(抱えあげられて)うあー視界高いーお兄さん背ぇでかいー、ちょっとたのしいー -- 三郎
      • ははは、デケーだろー。でも本当はもっとデカいんだぞー色々あって縮んでるけど。ああ、名乗り遅れたな。
        俺の名はミッドナイト・カウボーイ。ミッドとでも呼んでくれ -- ミッドナイト・カウボーイ
      • なるほど懐のひろいおとこですね、そういうのかっこいいとおもいます、はい
        ミッドさんえすか、ではみっどさんと呼びます時々みっちゃんとも呼びます
        わーしはさぶ、ヒック、さぶろ、いづなさぶろーともうします よろしくおねがしまふ -- 三郎
      • そいつはサンキューな。呼び方は何でも良いぜー既に色んな呼ばれ方してっし。それじゃ、よろしくな三郎!
        (そのままアッシュの家まで連れて行った) -- ミッドナイト・カウボーイ
  • セックス!
    • (うわ・・・下界って怖・・・) -- 三郎
  • ごはん奢って欲しいの? -- アッシュ
    • はい、できれば肉とかがいいです -- 三郎
      • えーと、肉だと今は手持ちは干し肉しか無いけど……それでいい?(干し肉を取り出す) -- アッシュ
      • ありがとうございます、あと飲み物とかあったら嬉しいですね(がじがじ) -- 三郎
      • えと、水筒に紅茶があるけど……(言われるままに飲み物を取り出す) -- アッシュ
      • ありがとうございます、お兄さんいい人ですね(ぐびぐびごくごく)
        そうだ、今日泊まるとこないんで泊めてください -- 三郎
      • 年は同じくらいだと思うけど……!? え!泊まるって僕の住んでる所に!?
        えと、君が良いなら良いけど……その君、女の子だよね?男の部屋に泊まるのって抵抗ない? -- アッシュ
      • いえ特には、家にはカラスの若衆とかいっぱいいましたし、はい
        よろしいんですね、ありがとうございます -- 三郎
      • カラス?いや、うん……どういたしまして? -- アッシュ

Last-modified: 2008-10-04 Sat 02:31:45 JST (4441d)