名簿/459814

  • 突撃晩ご飯ー!(と言いながらいい香りの焼きたてバームクーヘン持ってくる 夕飯時なのに、だ) -- ラゼンシア 2011-11-12 (土) 21:19:41
    • …!? この香り…はっ……、たー…っ!(お菓子の気配がする方に素早く振り向き、やって来たラゼンシアを捕まえる勢いで飛びかかる!) -- ヴェル 2011-11-14 (月) 22:05:27
      • のわーーー!?(ヴェル は バームクーヘン を てにいれた!)
        (妖精は墜落した)
        ……きゅう……。 晩ご飯を見に来たのに…なぜ…こんなことに………… -- ラゼンシア 2011-11-16 (水) 05:06:47
      • (もくもく) む……このわっかも…うまい…な…。
        ちょうど…お菓子に飢えていた…ところ……、助かった…ぞ…ラゼンシア…。 ……どうした…何故寝てる……?(何食わぬ顔で妖精を助け起こす) -- ヴェル 2011-11-22 (火) 00:17:32
  • 移動装置(ふりがな:バックリンク)でひどいものがあると思ったらここだった。 仕方がないのでクリームまみれにしてくれるわ(ホットケーキにひたすらクリームかけまくったものを渡して) -- エルド 2011-11-10 (木) 00:11:51
    • ほう……突然来て…失礼な物言いをした上…に…、こんなものを寄越す…とは…。(もぐもぐ)
      これは…お菓子に対しての…冒涜で…ある……ゆるるさぬ…。(めと〜) -- ヴェル 2011-11-10 (木) 00:31:23
      • …おいちゃんこの子が誰かひどい奴に騙されて搾取されてないか真面目に心配になるわ。
        ちなみに冒涜といえばパイ投げだけどアレは髭剃り用のクリームをつかってるんだってね(でっかい紙皿に白い何かを大量に乗せたものを取り出して) -- エルド 2011-11-10 (木) 00:34:47
      • おいっ…お前……私を嘗めているの…か…。 こうして…くれる…。(クリームまみれの口をエルドの裾で吹く)
        …なるほど……あれはただの…石鹸の塊だった…というわけか……、本物じゃ…ないのか……。(知りたくなかった、という顔で魔力塊のパイを作り出して警戒する) -- ヴェル 2011-11-10 (木) 00:52:45
      • おいちゃんは色々あって大体誰にでも平等です。 つまり君は平等な視点からでも駄目です。 なので行動に幼稚性の表れとか言います。
        と、ここまで挑発して現実と言う名の絶望をぶつけた所でさあ戦争だ!(パイ振りかぶる) -- エルド 2011-11-10 (木) 01:01:04
      • むぅ…確かにそうだ…な…、ちょっと……大人気なかったな…。 汚して…悪かった…。(魔力スポンジで裾の汚れを落とす。落とせてない)
        (相手が振りかぶるより先に、無動作からパイを連続発射) うむ……せんそうだ……! -- ヴェル 2011-11-10 (木) 01:12:01
      • うむおいちゃん素直な子好きよ。 面倒がないから。 大丈夫換えはいくらでもあるさ…! いつでも破けるようにしてあるからな!
        (一瞬で上半身がシェービングクリームまみれになるも連打よりも重く、そして早いのにクリームが散らない一射を投じる) -- エルド 2011-11-10 (木) 01:20:11
      • そうか…ならばやはり…気負いせずに…白濁まみれに…して……やろう…!
        …な。(白い嵐を掻い潜って自身に狙い撃たれるパイ。そうはいかぬと前面に現れるは黒い盾。…しかし盾には一切の汚れもなく、その後ろには真っ白な顔になった少女の姿) ………ふぁっく…。 -- ヴェル 2011-11-10 (木) 01:33:10
      • ふふふしかし君ぃこのおっさんが白濁まみれという衝撃的な今の絵面(クリームだらけです)に耐えられるかな…?!
        うん何その役に立たない(もっぺん投擲) -- エルド 2011-11-11 (金) 00:30:45
      • …お前は…無駄にIKEMENだから…割と耽美に………そうでもない…な……。(クリームだらけです)
        (二発目も命中…、せずに寸前で両断される。それを為したのは巨大なケーキナイフ) さっきのは……油断した…だけだ…し……。 -- ヴェル 2011-11-11 (金) 01:21:56
      • しかしこの老け顔よか19歳ごろの方がびっくりするほどイケメンでな。 多分あの頃の顔見せたら一瞬でハレムできちゃうわ…みんな振るけど…
        ふむん。 なれば直接叩きこむのみよ。(紙皿構えて迫る重戦車系。 多分ここで集中線とかいれて「次の作品にご期待ください」的煽り入れたら丁度良く収まる) -- エルド 2011-11-11 (金) 01:25:44
      • なんだ…じじいなのか…、まぁ……今でも…充分イケてんじゃ……ない…? 私には……すでに大切な奴が…いるから……ノーサンキューだ…が…。
        (聳え立つパイの要塞で迎え撃つ。飛び交うクリームで描かれる「ご愛読ありがとうございました」の文字と共にフェードアウト) -- ヴェル 2011-11-11 (金) 01:42:16
  • (「剣の名手」の称号をつけてキリッ) -- ヴェル 2011-10-24 (月) 00:19:51
    • ああっ…、分身…壊れて…る…。(そして一向に増えないエロールゲージ) -- ヴェル 2011-11-10 (木) 00:55:26
      • (//どうしよう!最近全然ムラムラしない!ごめんなさいアトリアさん!もうちょっと待ってくだち!) -- ヴェル 2011-11-11 (金) 01:08:43
  •   -- 2011-10-23 (日) 23:23:07
  •   -- 2011-10-23 (日) 23:23:00
  • あなたが来月一緒に行く魔族の子ね よろしく、紅絹よ -- モミ 2011-10-17 (月) 22:21:54
    • 私は…ヴェルヴェット……、こちらこそ…よろしく……ね…。 ふむん…?(好奇心に満ちた目でモミを見ながら) -- ヴェル 2011-10-17 (月) 23:21:37
      • なによ? わたしがなにか珍しい?(さすがに鼻が効くのかななどと思いケチな返事) -- モミ 2011-10-18 (火) 01:01:41
      • こんなに色んなにおいが……混ざった奴は…初めて見た…、かな……? もっとも…人間のにおいと……次いで私と同じにおいが…強いようだけど…。(じろじろ) -- ヴェル 2011-10-18 (火) 01:06:56
      • ふぅん、さすがに隠せないのね、どうせなら他の臭いを見っけてくれるとわたしが参考になったのにね
        わたしキメラの子なのよ。 (そう言って察しの答えである姿にかわって見せる) -- モミ 2011-10-18 (火) 01:23:45
      • におい…っていうよりは……魔力の姿形を…見てる…カンジ……? そうだな……、…敢えて言うなら…すべてのにおいが…する……ごちゃ混ぜすぎて…胸焼けする…くらい…。
        ほほう…? においが逆転した……いい…素晴らしい……。モミ…人間捨てない…か…?(無表情で熱烈な勧誘) -- ヴェル 2011-10-18 (火) 07:47:17
      • また勧誘された。(悪魔に寄ったメンタリティを伺わせる笑みを浮かべる
        と深呼吸して)…やーよっ、お断りだわ(元に戻った)
        はぁ、コレ身体の中がむずむずしてお腹もすいて落ち着かないから嫌。 -- モミ 2011-10-18 (火) 09:16:17
      • ま…そう言うとは…思ってた……やっぱり人間は人間で…ありたいか…。(ちょっぴり残念そうな口調で嘆く)
        …欲望が…発散できないんだ……ね…? ベースが人間ゆえ…性質の変化に…心身がついていって…いない……。 危ないよ…、コントロールできないと…。 -- ヴェル 2011-10-18 (火) 12:52:27
      • 発散はするけどしてもしても溜まるばっかりだからやなのっ あれでも随分コントロールできてるんだから。 初めは戻るのにも苦労したわ
        上手に力が使えるようになった証拠の一つってとこね でも本物がいうならまだまだ危なっかしいのね
        もっと慣らさなくちゃ駄目かしら(忠告受けてむすっとなる) -- モミ 2011-10-18 (火) 13:05:28
      • なんだ…そこまで出来るのならば……問題…無し…。 という事は…お前にやり方を指導した者…、…つまり私と同じような…魔族がいる……?
        人でいたいなら……寧ろ慣れない方が…よい…。 もし…欲望の発散が「楽しい」…と、感じるなら……それは…精神が私たちと近しいものに変質している…のかもしれない…ね…?(その方が好都合だけど。と、ほくそ笑んで) -- ヴェル 2011-10-18 (火) 17:02:52
      • ん、イルゼセンセーっていってね、”血”とか魔法の特訓とか色々指導してくれるの。 サキュバスよ、広い意味ではあなたとも同族ね、もちろんわたしも少し
        楽しいかって言われると…どうかしらね。今の気分だと興味もないけど、あの姿でいるときにはそれなりに愉悦はあるわ、悪魔だもの。しょうがないわよね? -- モミ 2011-10-18 (火) 21:38:54
      • ほうほう…サキュバs……、…そっち系…か…そんな奴の下で……よく無事で…いられたね……。(露骨に嫌そうなオーラを漂わせながら)
        ……徐々に癖になって…戻り方を忘れてしまった…ら……その時は…めでたく我らの仲間入り……。 やったねモミちゃん……?(ダブルピースで首傾げ) -- ヴェル 2011-10-18 (火) 22:22:20
      • あら、サキュバス苦手なの? わたし魅了とかそう言うの効かないんだ。 わたしの中の悪魔の因子に似通った部分があるのかもね
        真面目にいろんな事教えてくれるけど ちょっときびしすぎるのよね…(つられてダブルピースで首傾げ?)
        ってなるわけないでしょっ! そんな風になったらまたバランス壊れておかしなことになっちゃうからって毎日毎日x∞ 地味な鍛錬やらされるのよっ -- モミ 2011-10-18 (火) 22:47:58
      • う…?ん…、あいつらは…あんまり好きじゃ…ない……。(表情は変えないが顔はすっごく赤い)
        あのサキュバスが…? 真面目…? しかも…人間相手に稽古……? …本当にこの街の同志は……人間が好きなんだ…な……。 -- ヴェル 2011-10-18 (火) 23:25:41
      • ああ、もしかしてあなた… (想像してしまいこっちまで少し赤くなる)
        でもたしかにサキュバスにしてはちょっとだけ変わってるかも。 長生きしてる人の気持ちは良くわからないわ
        悪魔と言うよりは魔女って印象ね。 そういうのなら憧れない事もないわ -- モミ 2011-10-18 (火) 23:37:41
      • やめろっ…そんな目で見るな……!(いよいよ狼狽が顔に出るように) ちくそう……防ぎ方…伝授しろ…し…。
        魔女……元々人間的な感情も…持ち合わせていたの…だろうか…、イルゼ……覚えておく…か……。 -- ヴェル 2011-10-18 (火) 23:54:35
      • ばっかねえ あんた悪魔なのに欲望に負けちゃうタイプなの?(呆れ顔で笑う)
        興味沸いたら会って見るのも面白いと思うけど、わたし責任とらないからね? 一度でも受けた刻印ってずっと残るんでしょ? -- モミ 2011-10-19 (水) 00:41:31
      • そんな事はない…そんな事はない……無い…! 何を笑っている……!(頬をむくれさせて怒るが迫力は無い)
        逆に…混成生物のお前が…便利な体質すぎるだけ…なのっ…! 私だって……、夢魔なんかに…絶対に負け…ないし…!(内心、アトリアの刻印が体の何処かにあるんじゃないかと焦る) -- ヴェル 2011-10-19 (水) 01:11:19
      • (少し思案して) …同じように粋がってて実際馬鹿みたいにちょろい悪魔がわたしの同級生に居たわ
        偉そうに誇ってる癖にこんな風にするとね、すぐに飛びつくの(鞄からビスケット出してチラつかせながら) -- モミ 2011-10-19 (水) 01:42:34
      • なにそいつ……同じ魔族として…恥ずかしいんですけど…。(頑なに自分は違いますけど?と、言いたげな顔)
        …ふん、……モミ…お前は私を……馬鹿にしているの…か…?(ビスケットをガン見しながら) -- ヴェル 2011-10-19 (水) 10:00:44
      • これね、妖精さんがやってるお菓子屋さんのビスケットでね。安いのにおいしいのよね(近づける)
        あら、嫌いだった? そう(じゃあ自分で食べようかな と) -- モミ 2011-10-19 (水) 12:44:31
      • 好きではないし…(ぱしっ)興味なんて…(もぐっ)微塵も存在しない……!(さくさくさくさく)
        ……だがしかし…嫌いでもなし……追加を所望する……。(さくさくもぐもぐ) -- ヴェル 2011-10-19 (水) 21:03:42
      • 意思力よわすぎだわ!? プライドないの!(もう一つチラつかせながら) -- モミ 2011-10-19 (水) 21:23:29
      • それを寄越せば…今言ったことは…水に流してやる…ぞ……、モミ…。(表情を引き締め、毅然とした態度でビスケットを強請る魔族少女だ) -- ヴェル 2011-10-19 (水) 21:33:11
      • (これみよがしに食べた。 そしてドヤ顔) -- モミ 2011-10-19 (水) 21:49:00
      • ………………。(絶望に満ちた目でモミを見る。周囲の空間が渦巻き、虚空から数門の機関銃を生成) これは…許されざる…絶対に許さない……。 -- ヴェル 2011-10-19 (水) 22:03:31
      • 変身したままだったら今のヴェルをつまみ食いしてたかもしれないわね
        ちなみに今ので手持ちのおやつはおしまいよ(冷静にぽりぽり) -- モミ 2011-10-20 (木) 12:57:03
      • やってみな…よ……。(刃のような視線と黒光りする銃口を突きつけて問う。暫く凝視を続けていたが、やがて武器を収める)
        魔族を師に持つだけ…あって…、胆が据わってる…ね……。 無いものを強請っても…仕方ない……それは何処で売っている……の…?(クールぶっても目だけキラキラ光らせながら) -- ヴェル 2011-10-20 (木) 22:29:00
      • ききわけが言いわねあなた… エクチュアってお店で買ったのよ 割と有名店よ
        ヴェルおとなしくさせるにはお菓子なのね、わかったわ。 いい子にしてたらまた分けてあげるから、またね(なでなでっ) -- モミ 2011-10-21 (金) 00:20:25
      • むぅ…知らなかった……、…街にはあんまり…行かないから…。 今度……カチコミに…行く…。
        って…なんだよ……。(なでられててれる) またね…モミ……次会う時は…別の変身姿だと……面白い…な…。 -- ヴェル 2011-10-21 (金) 01:33:34
  • ふうーむ…どうにも俺の同行者は普通の人間ではない事が多いというか…
    今度は魔界の生き物か、全く以って奇妙な街に他ならないな此処は…まあなんだ、お疲れだったな -- フレキ? 2011-10-03 (月) 22:59:03
    • それはこっちの台詞でも…ある…。 御苦労様……黒いワーウルフ…、良い爪…だね…? -- ヴェル 2011-10-11 (火) 02:20:19
  • (その後の様子を見に来てみる) -- アトリア 2011-10-01 (土) 23:18:44
    • (ごろごろ) -- アトリア 2011-10-04 (火) 00:51:02
      • (月を見つめながら惚けている黒い少女。気が緩んでいるのか、アトリアにはまだ気づいていないようだ) -- ヴェル 2011-10-11 (火) 02:25:41
      • (そーっと気配を消して、背後から忍び寄る。そして)だーれだ -- アトリア 2011-10-11 (火) 16:22:41
      • (見上げた夜空が突然と真っ黒になり、耳元で囁かれるはあの忌まわしい龍の声…) あっ…アトリア…!!!
        (反射的に手を払いのけて後ずさる。その表情には涙を滲ませていて) 来るな……! もう…、もう…お前の言い成りには…ならないっ……!! -- ヴェル 2011-10-12 (水) 00:09:52
      • あら、あら……ずいぶんきらわれちゃってますね(苦笑げに)そんなにきもちいいのはおきらいですか? -- アトリア 2011-10-12 (水) 00:23:04
      • お前なんて…嫌いだッ……! 気持ちいいのも…いやだっ…。(激昂して叫び、突っ撥ねようとするも声は尻すぼみになる)
        アトリア……、お前が私を…惑わせる…。 あんな事…許すんじゃなかった……。(自らの胸を腕に抱き、ふるふると身体を震わせる。恋焦がれてしまう心を認めたくなくて) -- ヴェル 2011-10-12 (水) 00:57:31
      • ……ごめんね。(ぽつり。その表情は窺い知れない)ヴェルちゃんが「いい」ってゆるしてくれたから、そういうのがすきなのかとおもってまいあがっちゃった。
        ヴェルちゃんがそういうのキラいっていうなら、もうしないよ。ゆるしてほしいとはいわない、でも……キラいにならないで……(いつもの悪戯っ子のような眉がしゅんと下がって) -- アトリア 2011-10-12 (水) 01:00:02
      • あ………。(悲しむアトリアが目に入って、自分の中の何かがチクリとする。それが何なのか、何故そうなるのか理解できず戸惑う)
        (しばらく動けなかったが、意を決すると傍らに寄り添い)…分かった…嫌いにはなら…ない……。 言っておくけど……嫌いにならなくなった…だけだから……ね…? それと…、……たまになら…その………しても…いい…。 -- ヴェル 2011-10-12 (水) 01:18:24
      • ……ありがと、ヴェルちゃん。(少しだけ涙ぐんだ瞳を湛えたままにこりと笑って)でも、いいの?その……するの、こわくない?
        あ、あと……にんしんとかはだいじょうぶだった? -- アトリア 2011-10-12 (水) 01:22:02
      • …ふ…ん……。(笑いかけられると照れて直視できないのか、ぷいっと顔を逸らした)
        大丈夫だ…問題ない…、この前…「ひにん」というものを覚えてきた……。(以前の情事後の数ヶ月間、レイプ目でずっと座り込んでいたのは秘密) -- ヴェル 2011-10-12 (水) 01:38:40
      • ふふ。(顔を逸らす様子が可愛らしくて)
        そっかー……(ちょっとだけ残念そうに)……あ、そうだ。なかなおりのしるしとしてさ。キス……しよ?へんなおくすりとかは、ながさないから。 -- アトリア 2011-10-12 (水) 01:42:22
      • (小さく笑うアトリアにそっぽを向き続ける。内から自然と生じる暖かい感情が、とてもむず痒い。やっぱり自分は何処かおかしくなってしまったのか…)
        仲直り…? 別に……嫌いになってないだけ…ですし…おすし…。 ま…ぁ…、キスくらいだったら…許すし……。(冷たく扱っているつもりのようだが、キスを待つ顔は真っ赤で体はふらふらだ) -- ヴェル 2011-10-12 (水) 02:03:27
      • んふふ、でも、さいしょよりはずっといい。(真っ赤な顔でふらつく姿に、嗜虐心が芽生えるがぐっと堪えて)それじゃ……(きゅっと手を繋ぎ、指を絡ませながら、キス。特別な毒などはない純粋な口づけ。唇を割って、舌尖でヴェルヴェットの舌を啄いたり絡ませたりして) -- アトリア 2011-10-12 (水) 02:11:55
      • んっ……ふぅ…、んん…っ…。(態度に反し、交わす接吻は積極的で。毒の後遺症か、舌を絡める度に甘い痺れが全身を走る。それを悟られぬように魔族少女は平静を装った) -- ヴェル 2011-10-12 (水) 02:28:04
      • んっ、……はふ、ぁ……むっ、んぅ……(指を絡めていた手を小さな体に回して、ぎゅうと抱きしめる。どくんどくんと高鳴る鼓動がヴェルヴェットに直接伝わって)
        (長い長いキスは顎まで唾液をこぼして、貪るように。積極的なヴェルヴェットの様子にも気がついているが、それでも自分からは何も言わない) -- アトリア 2011-10-12 (水) 02:37:15
      • ふぅ……ん…、…ぷはっ…!(徐々に心身が一体と為してゆき、陶酔しきる寸前で不意に口と体を突き放す)
        …ここまでっ…もう……終わりだ…よ…。 そうしないと…また……止まらなく…なっちゃう……。(早鐘を鳴らす心臓、垂れっぱなしの涎、潤んだ瞳、発情しかけた身体。暴れ出しそうな自身を必死に抑えつける) -- ヴェル 2011-10-12 (水) 03:15:46
      • んっ(口を離せば、唾液の糸が玉を作って)……そう、ですね。でも……つらくないですか?だいじょうぶ?かお……まっか、だよ?(それだけじゃない。ヴェルヴェットの様子は一目見ただけで既に発情の入り口まで来ているということがだれにでも分かる)
        (アトリアの言葉の意図。おあずけしてもいいの?とでも言わんばかりにじぃっとヴェルヴェットの崩れた顔を見た) -- アトリア 2011-10-12 (水) 03:23:58
      • (限界だった。アトリアの言葉が耳に入り、目と目が合う。そして、縋り付いては弱弱しい声で問う…) …………………お願い……これ…鎮めてっ……、アトリア…!
        //ごめんなさい暗転でお願いします! -- ヴェル 2011-10-12 (水) 03:37:43
      • (その言葉を聞くと内心ほくそ笑みつつ、顔には出さず)ん、わかったよ。くるしかったね……
        (そして、朝まで二人の身体が離れることはなかった……)
        ――暗転――
        //はーい、おやすみなさいー!お話できてよかったー…… -- アトリア 2011-10-12 (水) 03:41:33
  • (普通の声の届くギリギリの距離、それをじりじりと維持し乍)ふぅん、何処に居るかと思いきや、まさか隣人だったなんてね!
    これは正に主の言うところの灯台下暮らしだわ…!まあそれは置いておいて
    こんな傍に感染症持ち(まだ誤解してる)がいるのを放っとくわけにはいかないわ。天使的に。
    さ、医者のとこに行くわよ! -- カナエル? 2011-09-24 (土) 20:06:45
    • むぅ……お前はいつぞやの…おちん天使(仮)…。(微妙に遠い距離からでもしっかり声は聞こえている様子)
      …は…? どう見ても…私が健康的なのは確定的に………明らかですが…?(無造作に小さくジャンプ、姿が霞んだと思えばカナエルの隣に着地する) ふむ…、ある意味じゃ…感染症という表現も間違ってはいない…かな……? -- ヴェルヴェット 2011-09-24 (土) 23:44:23
      • 誰がおち…天使かー!!て、うわ!?ちょ、ちょっと来ないで伝染る……とでもまた言うと思った?
        甘い甘い、ロールちゃんより甘いわ!天使たるものちゃーんと対策は考えて来てあるんだから!…装着!!
        (サッ!と取り出すは水中ゴーグル。それをいそいそと身に付けて)これでアンタの媒介するウィルスはアタシには届きはしないってワケよ!
        わかったら観念して病院に行くがいいわ、それともお医者が怖いのかしら? -- カナエル? 2011-09-25 (日) 00:01:27
  • 医者……ドリルや刃物で…口の中を削る…拷問する奴とか……いたよね…? 確かにそれは…怖いかな…。(医者の存在は知っているが掛かった事が無い)
    ものもらいとか…あれ嘘だから……天使だけに…ピュア…なんやな…。(撫でくり回そうと手を出す) これは…封印してるだけ…。 -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 00:15:51
  • 歯医者のこと?最近はしっかり麻酔してか…(言い掛けて言葉を止め、ニタリと笑み)そうよー。歯をちゃんと磨いてない子は
    お口の中ドリルやヤスリでぐっちゃぐちゃにされちゃうんだからー。ククク…。
    て、へ…?う、嘘!?(呆然)おのれ、おのれ…天使を欺くとは…!
    じゃあなんで目に包帯を…。潰れてはいないわよね、その目。 -- カナエル? 2011-09-25 (日) 00:21:02
  • 失礼な……レディなので…歯磨きも…シャワーも…毎日やってるんですけど……? なにその…天使のする顔じゃ…ない…。
    ふふふ…天使マジ…ちょろい…。 潰れてはいない…けど、……もし解けば…お前が潰れる事に…なるかも…ね…。(鈍い光を持った獣の目で天使を見据えながら) -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 00:33:38
  • それは残念、虫歯のひとつでもあれば歯医者まで連行しようと思ったのに。
    ぐぬぬ、確かにその包帯の奥からは嫌な気配がするのよね、そしてアンタ自身からも…。
    まあいいわ、どうせ訊いても答えないんだろうし、いずれ調べあげてあげるから!
    (強はりながらじりじり下がって)それまでせいぜい一般人のフリでもしていることねっ!
    (捨て台詞を吐いて飛び去っていく) -- カナエル? 2011-09-25 (日) 00:39:00
  • なん…だって…? あーあ…私はこれで…天使嫌いに…なったな……。(医者には絶対行かない…ちぃ覚えた…)
    ふぅん……答えてやっても…いいかなー…って思ったのに…なー……?(去る天使を特に追う事もなく) どうせ…知ったところで……邪魔は…させない…。 -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 00:49:24
  • (十字架やら鎖がやたらとついた黒衣を身にまとった少年が華麗な動きでやってくる。)
    やあお嬢さん、初めまして……。 -- ヴァルカン 2011-09-23 (金) 19:33:32
    • (中空に座ってぼんやりと街を眺めている同じく黒衣の少女。ふと気配に感づくとその場で回転し、少年の居る方へと向く)
      …吸血鬼…だ……、ごきげんよう…同志…。 -- ヴェルヴェット 2011-09-24 (土) 00:12:06
      • フフ、良く僕が吸血鬼とわかったね。やはり僕の溢れる力は隠しきれないか、フフ……。(華麗なポーズを決めて)
        君もその、魔族か何かだろう。気配でわかる……フフ、僕はヴァルカン。秘めたる力を持った吸血鬼探偵さ…… -- ヴァルカン 2011-09-24 (土) 23:47:28
      • 人間相手ならともかく…魔族同士なら……互いに分かっちゃうもん…でしょ?(以前、龍に一発バレをしたので魔の者との間では隠さない事にした)
        私は…ヴェルヴェット…。この街に…ちょこっと調べものに来た…ごくありふれた魔族で…やんすよ……、探偵…? -- ヴェルヴェット 2011-09-24 (土) 23:58:49
      • 確かにそうだ。同じ魔族なら共鳴と言うものがあるのさ……。
        ほう、調べものかい……ああ、僕は探偵さ。闇の組織である“彼ら”と戦う正義の吸血鬼たんていなのさ…… -- ヴァルカン 2011-09-25 (日) 00:59:34
      • そう…共鳴…。 でも…、お前の気配は同志とは…少し…異なる…ね……。(包帯で巻かれた瞳をそっと抑えてつぶやく)
        …………闇と…、戦う……、正義…? …意味の分からない事を…言う…。 闇のために…戦うのが……私達…でしょう…? -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 01:14:25
      • 違うのさ……僕は正義の吸血鬼なんだ。探偵として、闇に潜む者ども、この街に来る前から戦っている犯罪組織の“彼ら”、それを追っているんだ
        僕は吸血鬼かもしれない。だが人の味方だ。僕は正義の吸血鬼……正義の味方なのさ。フッ……。(かっこいいポーズを取って) -- ヴァルカン 2011-09-25 (日) 01:21:20
      • アトリアの言う通り…だ…、この街の魔族は……人間に肩入れする…輩ばかり…。(嘆かわしい、と言いたげな表情を浮かべてヴァルカンを睨む)
        聞きたいな……。 もし…私が……『追うべき』存在とすれば…、お前は…どうする…?正義の吸血鬼さん……?(格好付けて話す吸血鬼に対し、魔族の少女は挑発的な態度で問う) -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 01:37:01
      • 僕にとっては魔族も人間も関係ないのさ。僕の力はあまりに強大だからね。
        フフ、もし君が“彼ら”の一員なら当然倒さなければならない。だが僕は君のようなお嬢さんを斃したくはないね。
        君がこの世を乱すというのなら僕はそれをただ止めよう。それが僕の仕事で使命だからね。 -- ヴァルカン 2011-09-25 (日) 01:46:21
      • へぇ…? その力で…人間を支配している…というのなら…合点は行くのに………、もっと調べる必要が…ある…。
        私も…同族と事を構える気は…無い、……んだけど…障害となるのなら…排除するしか…ない…かな…?
        でも…今の私は……この街を『観察』しに来ただけ……。 それが私の…仕事…、…だからこの場は…仲良くしてくれると…嬉しいな…?(微笑みながらも友好、決別、どちらに転んでも構わないといった様子で) -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 02:11:14
      • 力というものはね、支配することだけに使えるわけではないのさ。力と言うのは他にも色々使える。君もそれを知ると良い。
        僕も同じさ。君が今悪事を働いたというのならば、君を斃さねばならないだろう。だが君はまだ『観察』しているだけだという。なら今は敵対する理由はない。君が動き出すまではね……出来るならば、君のようなかわいい子とは敵対したくないのだけどね。
        (と、格好つけて髪をかき分けながら言った。) -- ヴァルカン 2011-09-25 (日) 02:27:48
      • むぅぅぅぅぅ…。(自分と思想が違った同族の少年に何やら説教され、むくれっ面になる)
        私がどう動くかは…私が決める事じゃ……ないよ……やれ、と…命じられれば…躊躇は…しない……。 あと…お前……かわいいとか…煩いぞ…、やめれ…。(顔を僅かに赤らめ、瞳を逸らす) -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 02:43:11
      • フフ、そのときはそのときさ。僕も君がそうなったときは吸血鬼探偵として相手をしよう。でも、そうならないように祈りたいね。
        フフフ、僕はお嬢さんに嘘はつかないのさ……つまり、事実しか言わないということさ。君は間違いなく今、可愛いのさ。(あ、ちょろいなこれとか思う吸血鬼だった。)
        君が僕の敵にならないことを願おう。この運命の鎖を僕が解き放ってね。それではまた会おう。(そういうと、吸血鬼は黒衣を翻して帰って行った。) -- ヴァルカン 2011-09-25 (日) 03:00:49
      • そうだね…、その時になったら……お手柔らかに…よろしく…?
        ////////…………。(てれすぎて何も言葉が出てこなくなった魔族少女) …ののれ…ののれぇー……。(恥辱で固まったままヴァルカンを見送ると、黒い魔力の剣を生み出して周囲の木々にやつ当たりするのだった…) -- ヴェルヴェット 2011-09-25 (日) 03:20:25
  • ねむいー………。 -- ヴェルヴェット 2011-09-22 (木) 22:24:45
    • 求めに応じて即参上(枕と大きめの寝袋を差し出す) -- エルド 2011-09-22 (木) 22:45:48
      • そして別に即でもないことに気づくがまあいいや的な -- エルド 2011-09-22 (木) 22:46:13
      • (シャワーを浴びてさっぱり下着姿) ……袋…罠かな…? しかし…そんなものに私は…引っかからない…の…だー…。(頭から被る) -- ヴェルヴェット 2011-09-22 (木) 23:03:45
      • (やや遅れ気味に枕を寝袋に投入する) やだ何この子マジちょろい -- エルド 2011-09-23 (金) 00:13:45
      • ………………!?(枕をシュポーンと蹴り出し、直立してエルドの方を向く寝袋) -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 00:16:59
      • (寝袋が立ったということは底に顔があるということであるからしてマジックで顔を書くダメ人間) -- エルド 2011-09-23 (金) 00:18:21
      • もごも…もごもごもごもご…。(何か言っているらしいが声がくぐもっている) -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 00:23:08
      • はーい僕ちゃん今の耳は標準程度なので聞こえませーん(寝袋ごと横回転させようとする、たくさん) -- エルド 2011-09-23 (金) 00:24:28
      • (くるくるくるくるしゅぴーん、と自分から回転して脱出) ………変ったにおい…魔族のような…人間のような…どちらでもないような……。 -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 00:28:50
      • この世の、この世のものでないものもありとあらゆるものが混ざってるからね! 中身人間だけど!
        ところで今の抜けるのどーやったのどーやったの(目がなんか輝いてる) -- エルド 2011-09-23 (金) 00:32:36
      • ふむん…………ここまで堕ちても…素は人間でいられるんだ……?(これも手強そうだな…)
        もう一回…みたい…?(てれる) こうして…(がさがさ)こうして…(くるくる)……こう…(しゅぴーん) わかった…? -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 00:47:47
      • だって俺が俺のままじゃないと俺が楽しく無いじゃん。 この呼吸の楽しみを共有はしても邪魔はさせねえ! ああ空気がうまいたとえ排ガスに塗れていても! 嗚呼!(うざい)
        ……う、うん?ええと(寝袋自分のも用意してかぶる、回る、うまくいかないでこける)……うん? -- エルド 2011-09-23 (金) 00:54:07
      • ………………。(感じる波動は限りなく魔族のそれだが意思は人間そのものであり、見ているとどこか癪に障る)
        手伝って…あげよっか…? 回すの…。(黒い紐状の魔力を作り、寝ルドに巻きつけると思いっきりひっぱって独楽廻し) -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 01:09:06
      • (一方その頃まるで気づかずに深呼吸してアホ顔になってる馬鹿)
        え、ちょ、まっ(ぎゅるるるとひとしきり回った後、中身がなくなったかのようにくったりと倒れる寝袋。 覗いてみるのもいいしひっくり返すのもそのまま捨てるのも構わない) -- エルド 2011-09-23 (金) 01:12:02
      • おや……?(急に質量の無くなった寝袋に訝しげな表情)
        (中身がどうなったか確認するため、黒鉛色の魔力の矢で蜂の巣にする) -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 01:22:49
      • (吹き飛ぶ寝袋と飛び散る綿、それとバター。 それ以外には何もなかった) -- 2011-09-23 (金) 01:25:21
      • ……こういう奴は…殺しても死なない系…って感じ………やっぱり…厄介そう…だね……。(これ以上の追求は止め、寝袋に頭を突っ込むと静かに眠りについた) -- ヴェルヴェット 2011-09-23 (金) 01:31:27
      • (何故かもうひとり入ってくる馬鹿)あっひどいバターになるのは当たり前じゃないかとかやって引かせる予定が! ちくしょうだれがこんなことを(バター回収して逃げた) -- エルド 2011-09-23 (金) 01:35:37
  • (気がついたら物陰にいてじっとそちらを見ていた) -- アトリア 2011-09-20 (火) 00:24:38
    • …………貴様…見ているな…。(寝転がったまま、首だけ気配のする方へ向ける) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 00:27:25
      • フッ……きづかれましたか……(スゥ……)いやーまたこれはこれは。カワイイしんじんがきやがったぜ……!! -- アトリア 2011-09-20 (火) 00:32:35
      • てれる……そういうお前もかわいい…ぞ…。(なでる)
        ふむ…、幼児に新人と言われた……これ如何に…?(正体に気づいているのかいないのか、曖昧に首を傾げて) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 00:40:47
      • うへへ、どもー(素直に撫でられる)
        キミはまぞくのクセにあいてをみためではんだんするの? -- アトリア 2011-09-20 (火) 00:44:44
      • ………どうやら…隠し事してもダメみたい…?(装うのを止め、獣のような瞳を鋭く尖らせる)
        見た目は幼児…、でも中身は…とても恐ろしい……これは死んじゃうかな…?やられちゃうかな……? -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 00:52:11
      • かくしごとなにも、まりょくにじみでてるし……あとメですね。そのどうこうは、ヒトのもんじゃあない
        ちょっとまって、なんでたたかうことになってるの……? -- アトリア 2011-09-20 (火) 00:55:14
      • 一応隠密のつもりなのに……ちょっと…ショック…。(何処からどう見ても怪しいのだが本人は忍べてる気持ちでいたようだ)
        …あれれ…? 違う…勘違い…?(もしかして侵略者の手先なのがバレた訳じゃないのか…、と心の中で独りごちる) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 01:04:44
      • うーん、とりあえずそのネコミミっぽいのはめだつし、おんみつにはむいてないよーな。
        うん、だってアトは、かわいいアナタといちゃいちゃしにきただけだもーん? -- アトリア 2011-09-20 (火) 01:07:41
      • そんな…私の仕事全否定……、だって…この帽子じゃないと…困るし……。(猫耳帽子を外すと二本のねじくれた角が露になる)
        本当かー…?本当にいちゃいちゃだけかー…?(誤魔化すためにさらに頭をなでる) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 01:15:23
      • なんのおしごとかはしりませんが、まああるイミこのマチではまぞくであることがおんみつともいえるような……おお、りっぱなツノ!きれー……
        んー?んふふー……それはてんかいしだい、かなー?(撫でられつつ頭を寄せてすりすり) -- アトリア 2011-09-20 (火) 01:19:17
      • 確かにここは…神魔が入り乱れているよね……不思議…。 ふふ…お触りは禁止…ね…?(角を褒められてまたてれる)
        ふむ…、いちゃいちゃで済むなら……幾らでも…していいよ、いちゃいちゃ…。(思ったより積極的で少し面食らったが、素直に頬ずりを受け入れる) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 01:29:47
      • よくもまあ、バランスがくずれずにいままでたもってきたものだとかんしんします……ええ、ツノにさわろうとするツノもちなんかいませんよ(苦笑して)
        あら、じゃあやっぱりそれいじょうはていこうあります?(くすっと笑ってからハグ。ぎゅー) -- アトリア 2011-09-20 (火) 01:37:02
      • 本当に…ね…、どちらか一つだけになれば…そんな心配もする必要…無いじゃん……?(窮屈だったのか、帽子は被り直さずに放った)
        (こちらも謎の幼女を抱きしめ返す) これ以上…って、…ちょっとこの幼児進みすぎ…じゃね…? 魔族だって…貞操観念くらい…ある。 -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 01:53:16
      • ううん、それじゃあきっと、だめなんです。こんとんこそがこのマチにちょうわをつくりだしている……あやうくもかんぜん、いまはまさにそんなかんじかと。
        ふふ、じょーだんですよじょーだん♡(ぎゅうすりすり)さすがにやってきてそうそうそんなことしませんて。キャラつぶしもいいとこだしな!!(メメタァ!)
        そういやなのってなかった。アトはアトリア!あなたは? -- アトリア 2011-09-20 (火) 01:58:31
      • へぇ…。(理解できない。片方の瞳が、そう物語っているように見えるかもしれない)
        許された………、このまま食べられちゃうかと…思ったんだ…ぜ…。(安堵半分満更でも無い感情も半分) 私は…ヴェルヴェット…、ごくありふれた…魔族です……仲良くしてね…? -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 02:08:01
      • ……まあ、このマチがなにかいっしょくにそまることはないでしょうね。それがぼうけんしゃってもんさ。
        まあそれは、あとのおたのしみ……ね? じゃあヴェルちゃんね、こっちこそなかよくしてねー!!あ、いちおうしゅぞくをいっとくとドラゴンです -- アトリア 2011-09-20 (火) 02:12:46
      • そうなんだ……?これは…もっとリサーチが必要…だ…。
        マジ…で…? おお…こわいこわい…、こわい、じゃなくて…かわいい人とは仲良くしておかないと……ね。(名前と種族を聞くと、メモを取り出して書き始める) -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 02:21:27
      • ……あんまりヘンなことたくらまないほうがいいよー?このへんのじゅーにんをテキにまわすのって、かなりしんどいからねー……
        くふ、りちぎですね。それじゃーきょうはカオみせってことで、そろそろかえろーかな。こんどはふたりであそぼうね、いろいろと……♡(意味深な笑みを浮かべてから、ズブズブと地面に沈んで消えていった) -- アトリア 2011-09-20 (火) 02:29:36
      • ヘンなのはこの街だと思う…私です…。それに…敵に回すかどうか決めるのは…私じゃ…ないから……。
        (アトリアの笑みに背筋がゾクリとする)うん、まった…ねー…。 アトリア…、見た目は幼女…中身はドラゴン……たぶん超強い、倒せないんじゃね…? -- ヴェルヴェット 2011-09-20 (火) 02:41:55
  • セックス! -- 2011-09-19 (月) 21:49:28
    • あらかわいい -- 2011-09-19 (月) 21:49:49
      • ………女ですけど…何か…?(ちょっとてれる) -- ヴェルヴェット 2011-09-19 (月) 21:57:12

Last-modified: 2011-11-22 Tue 00:17:32 JST (3966d)