名簿/267580

  • お掃除完了、ついでに向きも変えてみましょうか・・・ -- ティーナ 2009-07-21 (火) 11:02:04
    • おお、このタイプにかえましたか。これなれるとみやすいよね -- アトリア 2009-07-22 (水) 20:28:50
      • こんにちはアトさん。ふふ、実はまだ慣れてなくて変な感じなんですけど・・・上から時系列に並ぶからいいかなって -- ティーナ 2009-07-22 (水) 20:35:48
      • はいこんにちは♪ たしかに。ちょうぶんとかはほんとやるやすくなるしね。
        それはそうと、あいさつまわりはうまくいきましたか? -- アトリア 2009-07-22 (水) 20:41:01
      • 読み返しやすいですしね・・・あー、挨拶回りは・・・はかどっているとは言いがたいですけど、ぼちぼち出始めてはいます -- ティーナ 2009-07-22 (水) 20:43:17
      • ふむ……ではこんかいは、あるひとをしょうかいしていのですがよろしいですかね?
        いやー、そのひとかわいいこがすきでですねえ、そういうこにあわせろっていうのでー。 -- アトリア 2009-07-22 (水) 20:50:14
      • はぁ・・・ご紹介、ですか・・・か、可愛いって・・・あの・・・でも私そんな・・・
        ・・・うぅ、でもアトさんのご紹介ですし・・・はい、どのような方なのでしょう・・・?
        -- ティーナ 2009-07-22 (水) 20:58:01
      • うん、ア……いや、バーサーカーさんっていうかたなんですがね?
        ぶっちゃけ、アトをもっとフランク?にしたかんじだとおもいますですはい。 -- アトリア 2009-07-22 (水) 21:00:49
      • はぁ・・・バーサーカーさん・・・変わったお名前ですね・・・
        アトさんをフランクに、ですか・・・ちょっとイメージ湧かないですけど・・・はい、行ってみますね?ありがとうございます
        -- ティーナ 2009-07-22 (水) 21:06:07
      • はは……まあ、ほんみょうはかくしていてかくしてないようなもんですがね、あのひとのばあい……
        ……とりあえずちゅうこくできることは、ていそうのおびはぎゅっとしめていってくださいね。 -- アトリア 2009-07-22 (水) 21:08:47
      • ・・・?あぁ、偽名なんですね、訳あって隠しているといった所でしょうか
        ・・・・・・・・・え?・・・あ、あの・・・そ、それはつまり・・・えっと、『アトさんを〜』ってそういう意味なんですかっ
        -- ティーナ 2009-07-22 (水) 21:14:31
      • んー……ま、そんなとこですか。でも、さっきもいったようにしょうじきあんまりかくせてないです
        まあ、せめのゆりぞくせいだわね……まあいつもアトのもうこうを……このあいだはダメでしたが、ふせいでるあなたならだいじょうぶとふみます!へんたいどはアトほどではないとおもうしね -- アトリア 2009-07-22 (水) 21:17:29
      • ふふ、何だかちょっと可愛い話ですね?
        攻め・・・?百合・・・?むぅ、何だか危険な香りがします・・・うぅ、その話は無しですよぅ・・・ホントに恥ずかしかったんですから・・・はい、希望的観測ですが大丈夫だと思います・・・
        -- ティーナ 2009-07-22 (水) 21:29:18
      • かわ……いい……ああ、まあたしかにちょっとぬけてるスパイみたいでかわいいかも
        ふふ、ごめんごめん。いまでもだいじにかざってますよ?ふふ……そう?ならいいんですが……
        さて、と。じゃあそろそろおいとましましょうかねえ。またね、ティーナさん。こんどはゆっくり、おはなししましょう♡(と言うと、いつものように掻き消えた -- アトリア 2009-07-22 (水) 21:34:09
      • か、飾っ・・・そ、そんな変なことに使わないで下さいよぅ・・・うぅ・・・
        あ、はい・・・ではまた、報告に伺いますね?(小さく手を振って見送った)
        -- ティーナ 2009-07-22 (水) 21:36:48
  • ・・・最近、アムネジアさんの姿を見ません・・・あんなことがあった後ですから・・・・・・・心配です -- ティーナ 2009-07-25 (土) 18:32:58
  • あ、あづい…何だこの暑さはー…今日はー涼ませてください
    (のんびり扉を叩くと恨めしそうに太陽を見つめる) -- フリント? 2009-07-26 (日) 21:20:02
    • こんにちはフリントさん、ふふこの時期はどうにも暑いですからねぇ・・・どうぞおあがり下さい(扉を開けて招く緑) -- ティーナ 2009-07-26 (日) 21:27:41
      • あー…助かります(重い足取りで中へ入ると倒れこむように椅子に座りテーブルに突っ伏す)
        う゛ー…すみません、何か冷たいものを… -- フリント? 2009-07-26 (日) 21:30:52
      • あらあら・・・お疲れですね、夏バテしちゃいました?(麦茶を入れつつ) -- ティーナ 2009-07-26 (日) 21:52:43
      • いえ、ちょっと太陽にやられて…冬もですけど夏に出歩くのは大変です(テーブルから身を起こす事もなくだるそうに声を出す) -- フリント? 2009-07-26 (日) 21:55:09
      • あららなるほど・・・日差しの強い日は帽子を被るといいですよ?頭が湯だって熱中症になったら大変ですしね・・・(効くかなぁと氷嚢を持ち出してみる) -- ティーナ 2009-07-26 (日) 22:06:51
      • 帽子ですかー…なるほど…適当に何か買っておこー… -- フリント? 2009-07-26 (日) 22:11:46
      • (氷水の入った氷嚢を渡しながら自分の物と同じ三角帽を持ち出し)一応こういうものもあるのですけれど・・・いります? -- ティーナ 2009-07-26 (日) 22:22:53
      • あ、助かります…うー…生き返る。…流石に女性用はちょっと(軽く笑って曖昧に拒否する) -- フリント? 2009-07-26 (日) 22:26:28
      • むぅ・・・三角帽布教に失敗・・・残念です(ちゃんと水分取らないと脱水症状になっちゃいますよーと二人分の麦茶を置く緑)
        今日は日差しが強かったですからねぇ・・・危うく日焼けするかと思いました・・・
        -- ティーナ 2009-07-26 (日) 22:32:42
      • ありがとうございます。いただきまーす(喉を鳴らして麦茶を一気飲みする)ふー…美味しかった
        そういえばディーナさん凄く白いですものね…引き篭もりではなく気を使ってただけなんだ(ようやっと体を起こすとそんな無礼な発言をする) -- フリント? 2009-07-26 (日) 22:37:49
      • はい、おそまつさまです・・・・・・・・・ティーナです、ティ(後の質問には一切答えず其処だけ強調してにっこり) -- ティーナ 2009-07-26 (日) 22:48:44
      • そう、ティーナさん…あ、怒ってます?ごめんなさい、すぐ忘れるもので(頭に氷嚢を乗せたまま頭を下げる) -- フリント? 2009-07-26 (日) 22:54:20
      • (ふぅとため息をつき)いえ、いいです何となく慣れてきましたから・・・その物忘れ・・やはり記憶喪失が原因なのでしょうか・・・
        ・・・日焼けしないように気を使っているというのもあるんですが・・・私の場合昔から強い日差しが苦手で、黒くならずに皮膚が真っ赤にヤケドしたみたいになっちゃうんですよ
        -- ティーナ 2009-07-26 (日) 23:02:44
      • (はは。と軽く笑って返事をする)ああ、なるほど…でもその格好だと日焼けすると似合わなそうですしそのままの方がいいですかね
        さて、それではそろそろ行きます。麦茶、ご馳走様でした…忘れていなかったらまた来ます(椅子から立ち上がり礼をすると踵を返し部屋から出て行く) -- フリント? 2009-07-26 (日) 23:13:13
      • ふふ、そうですね・・・今後も気をつけていきましょう
        あ、はいではまた・・・もぅ、忘れっぽいんですから・・・ダメですよ?忘れやすいって思ったらメモとかしておかないと・・・(小屋から出て小さく手を振り、見送った)
        -- ティーナ 2009-07-26 (日) 23:21:54
  • 試供品」と記された輪が届いた
    空間転移ゲートの一種らしく危険はなさそうだ、魔術に明るくなくても簡単に起動できるだろう -- 2009-07-28 (火) 04:28:29
    • 今はちょっとタイミング的に良くないですね・・・後で使ってみましょう。 -- ティーナ 2009-07-29 (水) 10:35:38
      • とぉ!(輪っかを潜ってみる緑、此処に出たようだ) -- ティーナ 2009-07-30 (木) 11:52:19
  • みどりいろ、ローブ、ふけんこうそうなかお、みずうみのそば。うん、まちがいない。
    (木の陰から、ティーナをじっと観察する影が一つ) -- 2009-07-30 (木) 12:15:02
    • (洗濯物を干していたハニワ達、ちらちらとそちらを伺っている)
      (小屋の前のロッキングチェアーで本を読んでいた緑、顔を上げ)・・・どうしました?・・・お客様ですか? -- ティーナ 2009-07-30 (木) 12:55:01
      • ?なんだろう、あのハニワは。(そろそろとさらに顔を乗り出して覗き込む 今そちらを見れば誰か居るのは丸見えだろう) -- 2009-07-30 (木) 13:13:26
      • ・・・?(ハニワの見ている方向に目を向ける緑) -- ティーナ 2009-07-30 (木) 13:15:19
      • (赤い髪、赤い目の6歳くらいの少年がじっとこちらを見ていた)
        ………あ。きづかれた、かな。うーん……… -- 2009-07-30 (木) 13:24:03
      • ・・・赤い髪・・目の男の子・・・まさか・・・もう、そんなに経っていたのでしたか・・・(数度写真でみただけの赤子を思い浮かべながら立ち上がり、近づいていく) -- ティーナ 2009-07-30 (木) 13:31:30
      • (近づいてくるのを見て、びくりとなる)うわ………もしかしておこってる………?どんなひとかしらないんだよなあ………どうしよう。
        (どうも、帽子の陰になって表情が見えないので、怒っているように見えるらしい) -- 2009-07-30 (木) 13:33:55
      • (少し離れた位置でしゃがみ、視線の高さをあわせて顔を上げる。自然と表情はほころび)
        ・・・こんにちは、マーシエルさん・・・でよろしいんですよね?
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 13:39:02
      • !え………おかしいですね。ぼくは、ティーナさんとおあいしたことはありませんよ。へんだな………
        ぼくは、ジェディにきいてしっていますが、あなたは………ええと、まあ、ともかく。ぼくは………マーシエル。
        マーシエル・ル・シッフルです。はじめ………まして。 -- マーシエル 2009-07-30 (木) 13:44:54
      • ふふ、ごめんなさい、驚かせてしまいましたね・・・貴方の事はチェイサーさんやアムネジアさんから聞いていましたから・・・
        やっぱり・・・アタリです・・・私はティーナ、ティーナ・ティアナリントン・・・こうして会うのは初めてですね、マーシエルさん
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 13:51:51
      • ええ………はじめまして。でも、すこしだけぼくはしっています、あなたのこと。ジェディが………あ、えっと………
        ひくうていのことはしってますよね?あれのじんこうちのうです。ジェディに、とうさんはいろんなひとのことをはなしてたんです。
        だから、どういうひとなのか、とうさんがティーナさんをどうおもってたとかききおよんでいます。はい。(年相応らしからぬ口調で話した) -- マーシエル 2009-07-30 (木) 13:58:59
      • スカイオブライエン・・・人工知能を有していたのですか・・・・・・ふふ、その話し方はジェディさんからですか?
        そうですか、それで・・・チェイサーさんは、私の事をあまり良くは思っていなかったでしょう・・・(困ったように少し顔を曇らせ)
        ・・・・・・・・・・・・あ、そうだ・・・アムネジアさん・・・お母さんはは今どうしているのですか?・・・連絡が取れなくて・・・
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 14:06:23
      • イエス、ジェディがいろいろなことばをおしえてくれました。あんまり、としそうおうにみられないですけど………
        とうさんがティーナさんを?………ううん、たしかにおもいあたるふしは………まあ、それはあとにしましょう。
        かあさんのことですよね。かあさんなら、ここからはなれたまちでくらしています。とうさんがしんだひから………このまちにはおもいでもおおいから、もどりたくないって。
        ぼくは、このまちがすきだし、いろいろしりたいこともあるから………ジェディにつれてってもらって、ちょくちょくきてるんですけどね。 -- マーシエル 2009-07-30 (木) 14:17:00
      • ふふ、そうですね・・・あまり若い内から達観したらダメですよ?・・・・・・後?
        ・・・・・・そう、ですか・・・それは、仕方が無いですよね・・・(全てが済んだ後に渡すはずだったアンジェリカからの贈り物は、その機会を完全に逸してしまったようだ・・・その事を残念に思いながらもそれもまた一興かとその目に憂いが帯びる)
        ・・・私も、この街は好きです・・・悲しいことも沢山あるけど・・・それでも。・・・マーシエルさんが知りたいと思って遊びにきてくれると、私も嬉しいです・・・何かあったら、いつでも頼りにしてくださいね
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 14:32:10
      • もし、かあさんのきがむけば、こちらにかおをだすこともあるかもしれませんけど。そのときはよろしくおねがいします。
        はい、ぜひ!ティーナさんは、なんだかやさしそうで、はなしやすいです!えへへへ……… -- マーシエル 2009-07-30 (木) 14:37:34
      • (子が親をよろしくする様子にクスクスと微笑みながら)はい、よろしくされました・・・積もる話も、ありそうですし・・・
        ふふ、そう言われると照れてしまいますね・・・チェイサーさんのお友達・・・どんな方に会えましたか?
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 14:50:53
      • パピュスさん………かな?とうさんは、あんまりともだちがおおかったわけじゃないみたいですね。いても、もうこのまちにはいないひとがおおくて。
        そうそう………そういえば、ティーナさんをどうおもってたか、でしたね。とうさんが。………ききます? -- マーシエル 2009-07-30 (木) 14:57:47
      • ・・・!いきなり知ってる名前が出てくるとは・・・世界は狭いですね・・・(くすくすと笑った後少し表情が曇り)
        ・・・まぁ、英雄ともなれば近しい人はどうしても、そういうことになってしまいますから・・・
        ・・・・・・というとやっぱりあんまり良さそうな感じじゃないですね・・・・・・(少し迷うように視線を彷徨わせ)・・・でも、何ででしょう、とても聞いておきたい、そんな気がします・・・お願い、出来ますか?
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 15:03:56
      • ………ううん………どうも、しんそこなかよくはなれない、とはいっていたみたいです。でも、それはとうさんがきらっていたとかじゃなくて………
        ティーナさんが、さいしょからずっととうさんをきらっていたことを、しっていたからなんです。なにかちからになりたい、ってずっとおもってても、よけいにいやなおもいをさせるんじゃないかって。
        だから、どうしてもいっぽひいて、あなたとはせっしてた。とうさんは、そういうところでおくびょうなひとだった。そう、ジェディも、とうさんほんにんもいってました。
        ………ティーナさんのことを「まえをむくことにじかんがかかるひと」と。だから、だれかがせなかをおしてあげなければいけないって、そういういんしょうだったみたいです。 -- マーシエル 2009-07-30 (木) 15:26:56
      • ・・・・・・そう、ですか・・・(立ち上がり、遠くの空を見る)
        ・・・そうですか・・・(嫌っていた・・・確かにそうだ、そう思われて仕方の無い接し方をしてきた・・・でも、そうじゃない。全ては指輪の一件、あの時の二人の考え方の違いがどうしても納得できなかっただけなのだ)
        (自分の宙ぶらりんで未練がましい恋と、弟子の婚約による嫉妬、精神を不安定にさせる条件が重なりすぎた・・・もう少し、自分が大人であったならば・・・後悔は、先には立たない)
        (自分にそういう人が現れるとは思えない、きっとこれからもこういう後悔を重ねて、ずっとそれを見返しながら生きていくのだろうと、そう思いながら顔を下ろし、困ったように微笑む)
        ・・・ありがとう、ございました・・・ゴメンなさい、買出しがあるので今日はこれで・・・失礼しますね?・・・また、是非会いにきてください。その時はもっとちゃんと、お持て成ししますから(そういうと小屋のほうへ歩いていった)
        -- ティーナ 2009-07-30 (木) 15:54:34
  • ………ティーナさん、ティーナさん(とんとんとドアを叩く)ゆきだるまをもってきたんです、しんねんのおいわいに。
    もしよければ、あけてくださいー。(とんとんとドアを何度も叩くのは、子どもっぽいといえば子どもっぽい) -- マーシエル 2009-07-31 (金) 17:18:22
    • はいは〜い(とたとたと扉の向こうで気配)
      遅れてゴメンなさい、あけましておめでとうございますマーシエルさん(かちゃっと扉を開けて迎える緑)
      -- ティーナ 2009-07-31 (金) 17:50:10
      • (ドアを開けた先に………まるでそこに気配一つ無く、見ても誰も居ない)
        こういうの、あけおめってわかいひとらしくいうべきなんでしょうか。でもぼく、りゃくしたことばってきらいなんですよね。
        (ティーナの背後に一瞬で移動している 音も無く前触れも無い 手には外で作ったであろう雪だるまを持っている) -- マーシエル 2009-07-31 (金) 17:57:09
      • ーって・・・・・・あら?(扉を開けても姿が見えない事に首を傾げ、きょろきょろ)
        (突然後ろからかかった声に驚き)きゃっ!?・・・ふふ、もうっあんまり驚かさないで下さい・・・そうですね・・・私もあんまり略すのはどうかと・・・(困ったように、でもくすくす声に出しながら笑って振り向く)
        上手に出来ましたね・・・ありがとうございます(雪だるまを手に取り)・・・面白い術ですね・・・チェイサーさんの物と同じなんですか?
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 18:06:51
      • えへへへへ!ビックリしましたか。………はい、とうさんのものです。でも、ジェディにいわせれば、とうさんよりつかいこなしてるって。
        こどもとくゆうのじゅうなんせいがてきおうりょくをはっきして、のうりょくのほんしつをひきだしているんだといっていました。
        えへへ、じょうずですか?がんばってつくったんですよ。あまりこうさくはとくいではないのですけどね。 -- マーシエル 2009-07-31 (金) 18:22:49
      • そりゃびっくりしましたよ。もう、あんまりイタズラに使っちゃダメですよ?
        ・・・そうですか、チェイサーさんの・・・(改めてこの子が彼らの子供なのだと実感して微笑み)・・・という事は彼は後天的にその力を得ていたのですか・・・
        えぇ、マーシエルさんの一生懸命が伝わってくるようです・・・期間限定のものではありますが、表に飾っておきましょう・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 18:32:41
      • ありがとうございます。………ふふ。うれしいな、よろこんでもらえて。
        とうさんがいってました。きもちがおちこんじゃったひとには、おもいきりたすけてあげろって。だから、なにかプレゼントしたかったんです。
        ………こないだのティーナさん、なんだかおちこんでるきがしたんです。ぼく、はげましてあげなきゃっておもって……… -- マーシエル 2009-07-31 (金) 18:47:16
      • (雪だるまを置いてくる、『だからプレゼントがしたかった』と聞き)・・・え?・・・・・・そういう、事だったんですね・・・
        (しゃがんで視線を合わせて微笑む)・・・ありがとうございますマーシエルさん。心配、かけちゃいましたね・・・でも、もう大丈夫ですよ・・・おかげで、元気が出てきました・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 18:56:04
      • ほんとうですか?………とうさんが、「まえをむくことにじかんがかかるひと」といってました。ティーナさんのことを。
        だから、そのせいか、せんにゅうかんというのですか。それで、ティーナさんがまだげんきがないようにみえるんです。ぼく。
        ………(ちょこんと座り込み、顔を上げる)おとーさんのこと、どうおもってましたか。ぼくも、それをききたいです。 -- マーシエル 2009-07-31 (金) 19:00:38
      • (子供は感性が鋭いというが・・・確かに今ので何もかも吹っ切れるほど自分は前向きではない。憂うように瞳を伏せ、顔を逸らす)・・・鋭いですね・・・でも、今のが嬉しかったのは、本当なんですよ?
        ・・・私が、チェイサーさんを?・・・・・・そうですか・・・(スッと立ち上がり、窓辺へ・・・空を見ながら)・・・最初は、何でしょう・・・頼れるお兄さんっといった雰囲気でそんなに嫌ではなかったんです・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 19:10:25
      • ………(じっとその様子に、床に正座しながら話を黙って聞く その表情は子どもながらに真剣そのものだ) -- マーシエル 2009-07-31 (金) 19:17:08
      • (窓に写ったその真剣な顔にクスっと微笑む)・・・・・・何処から話しましょうか・・・貴方のお母さん、アムネジアさんはかつて海神と呼ばれる存在とある契約をしていまして・・・その辺りは、私よりジェディさんに聞いた方が早いかもしれませんね
        兎も角、当時チェイサーさんはアムネジアさんと婚約するに当たって一つの指輪をプレゼントしたんです・・・それは持ち主に幸運を授ける力があるという話で、当時海神との戦いを前に躍起になっていたチェイサーさんは、どんな力を使ってでも彼女を守ろうとしていたんですね・・・
        ・・・でも、その指輪にはあまり良くない呪いが掛けられていて・・・放置しておけば持ち主をむしろ危険に晒してしまう物だったんです・・・チェイサーさんは、呪いを解く為に仕方がなかったとはいえ、呪いを承知で指輪をアムネジアさんに渡した・・・アムネジアさんにはその事を知らせずに!
        結果的に呪いが働く前にそれを撃退することが出来ましたから・・・その話はそれで終った。・・・でも、それは結果論ですっ偶々呪いが起動する前に捕まえられて、倒せたから良かった・・・もしどこかで一つでも間違えていたら・・・幸せにする為だったら、その過程で好きな人を危険に晒していいのですか?
        ・・・おまけに、自分まで酷い怪我をして・・・対の指輪がはめられなくなって・・・彼女を悲しませて・・・・・・あの一件以来、私はチェイサーさんとどう接したらいいのか判らなくなってしまいました・・・私自身あの時どうしてあんなに怒っていたのか理解できなくて・・・気付いた時には、全部遅かったんです・・・だから・・・
        (振り向く、申し訳無さそうに俯き)・・・ゴメンなさい、少し取り乱してしまいましたね・・・彼について思うことがあるとすれば・・・私は、決して彼の事が嫌いではなかったという事です・・・先の件と、弟子の想いを独占したいという私の醜い欲がなければ・・・もっと仲良く出来たんだと、仲良くしたかったと、そう思います・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 19:58:38
      • ………(目を閉じ、ずっと話を聞いていたが、全てを聞き終えると)………すこし、まってくださいね。
        (かちゃ………と、左腕につけたアームターミナルコンピューターの「スピーカー」と書かれたボタンを押し、喋りだす)
        ジェディ、きいてたよね。………このエピソードについてはぼくはなにもきいていないよ。とうさんは、どうしてそんなことを?
        (すると、コンピューターから声が発せられる)
        ―――記憶しています。幸運の指輪の話、ですね。それについての所感も、キャプテン・チェイサーより伺っています、キャプテン・マーシエル。
        キャプテン・チェイサーは臆病な性格ゆえに、海神に対する対策を万全としようとしていました。
        ですが、相手は神、その上情報も少なく、対策はいくら立てても足りないと言う状況でした。それゆえ、彼は婚約指輪にも何らかの「力」を欲していました。
        彼は躍起になって、ともかく強力な加護の力を持つ指輪を探しました。そして探し出したのがあの指輪なのです。しかし、それには呪いがかかっていた。
        実は、この時点で彼は一度、この指輪から手を引いています。しかし、後になってこの指輪の呪いがどんな種のものか、呪いの強さ、呪いの解呪法………
        そういった情報を全て探し出しました。そして、もう一つ―――ティーナ・ティアナリントンのことについても、判る範囲で、調べられるだけの情報を集めました。
        臆病な彼にとって指輪の加護は何よりも欲していたものなのです。そして、臆病だからこそ、危険が及ぶ可能性がある限り、手は出さなかった。
        ですが………危険が及ぶ可能性が「ない」と判断したならば。彼は、それをアムネジアに贈ることを決心したのです。
        ティーナ・ティアナリントンならば、100%の確立で、呪いを打ち倒せると。………ティーナ・ティアナリントン。
        彼は、これ以上無いほどに貴方の力を信じていた。絶対の信頼を寄せていた。だから、あの指輪を贈ったのです。―――
        -- マーシエル 2009-07-31 (金) 20:38:01
      • ・・・・・・・・・私に、そんな力はありませんよ・・・現に、彼の左手はなくなってしまったではありませんか・・・
        (はっと笑い頭を掻く)・・・全ては不幸な行き違い?お互い言葉が足りなかった?・・・そんなの、認める訳にはいかないんですよ(認めればまた後悔するから)
        ・・・私は、今でも魔術に失敗する事があるんですから・・・100%なんてありえないんです・・・やっぱり彼とは・・・合わない(そうしないと誤解と期待に応えられなかった罪悪感に押し潰されるから)
        (自分の体を抱くように抱え、壁に寄りかかる・・・何かに怯えるようにその体は振るえる)・・・そう、そうです・・・一つだけ、教えてください・・・どうしても気になっていたこと・・・彼が左手を失った事・・・アレは、私にはわざとに見えました・・・私の、身勝手な思い込みでなければ、ですが・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 21:18:43
      • (マーシエルは何も答えず、ちら、とモニタに目をやる)
        ―――お察しの通り、わざとです。貴方の戦いも作戦も完璧だった、そして、キャプテン・チェイサーが身を呈する必要もありませんでした。
        彼は、鍛えても鍛えても、自分の能力が向上しない事に悩みを抱えていました。そこで思いついたのが、自身の身体の機械化です。
        機械の力で、自身の身体を常人より優れたものにしようと。ですが、臆病な彼に自身の身体の一部を自ら失う勇気はありませんでした。
        そこで、戦いで自分の身体を一部無くした時に、そういう契約をしたのです。そして、呪いと対峙した時に、思いついたのでしょう。
        ………自身にも「闘いによる犠牲」と言い聞かせ、左手を失うようにわざと動いたのです。そこに関しては。
        貴方に非は一切ありません。
        -- マーシエル 2009-07-31 (金) 21:59:25
      • ・・・ふ、ふふ・・・そう、そうですよ・・・騙されたんです、利用されたんですよ・・・そう、彼はそういう人なんです・・・
        嫌な人・・そう、嫌な人なんです・・・臆病で騙して、身勝手に抱え込んで・・・なんて、なんて嫌な・・・・・・私・・・
        (へたり込み、肩を震わす。何か理由をつけて彼を嫌な人間に仕立て上げることで自分を守ろうとしている・・・言い訳すればするほどにその事に気付かされ自分が自分で嫌になってくる)
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 22:13:14
      • ティーナさん。(暫く黙っていたマーシエルが立ち上がり、ティーナをぎゅうと抱きしめた)
        おくびょうでみがってで、よわいにんげんですよ、とうさんは。でもそれは、ティーナさんもおなじです。たぶん、にんげんはみんなそうです。
        でも、おくびょうだからとうさんはティーナさんにたよった。みがってだから、それをゆるしてくれるかあさんや、ティーナさんがだいすきだったんですよ。
        とうさんをゆるしてあげてください。そしたら、とうさんをわるくいったティーナさんをゆるしてあげてください。
        そうやって、じぶんもたにんもきらいになっちゃったら、まえがむけません。 -- マーシエル 2009-07-31 (金) 22:39:47
      • グス・・・マーシエルさん・・・っ・・・でも・・私・・・私っ(最低だ、と肩を震わせすすり泣く声が響く)
        (自分よりもはるかに小さな男の子の腕に抱かれ慰められている。普通に考えればとても恥ずかしいことなのに不思議と嫌ではなかった・・・それは、彼が何処となくあの二人と似た匂いを持っていたからかもしれない)
        (彼を許す、許すも何も彼に罪は無い・・・それでも、それが出来たとき。本当の意味で自分に向き合えるのかも知れない・・・先は長そうだ、でも、こうして支えてくれる人がいるなら、きっといつかは出来るのだろう。そう、静かに思った)
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 22:58:13
      • (その後は何も言わずに、ぽふぽふと背中を叩いた かつて自分が赤ん坊の時そうされたのを覚えていたから)
        (泣き止むまでずっとそうしていた) -- マーシエル 2009-07-31 (金) 23:00:33
      • (やがて泣き止み、弱弱しい声で囁く)・・・恥ずかしいところを、見せてしまいましたね・・・貴方があまりにも確信をついてくるものですから、つい・・・
        (トンと頭を預けたまま)・・・あの、そろそろ離れてもらっていいですか?・・・その、恥ずかしくて・・・
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 23:19:25
      • ………ぼくはただ、おもったことをいっただけです。(離れて、にっこり笑う)ぼくはただの6さいじですから。
        むずかしいことはわかりません。ただ、げんきをだしてほしかっただけですよ。………はずかしいってなんでですか? -- マーシエル 2009-07-31 (金) 23:41:21
      • (離れると預けていた頭がかくんと僅かに傾ぐ。6歳、そう、そんなただの少年に自分は何を期待していたのか・・・バカな話だ)
        (くすくすと笑って立ち上がり)いい年した大人が子供に慰められるなんて恥ずかしいったらないんですよ。・・・本当に、ありがとうございました・・・少しだけ、前を向けたような・・・そんな気がします
        -- ティーナ 2009-07-31 (金) 23:50:56
      • ………まえ、むけました?………えへへ………
        (もう一度、こんどはしがみつくように抱きつく)よかった………ほんとによかった………ぼくでも、だれかをげんきにできるんですね。 -- マーシエル 2009-07-31 (金) 23:58:58
      • ・・・はぃっ(そっと優しく微笑んでそう答え)
        っと・・?・・・ふふ、マーシエルさんの年じゃ、まだまだそんな事を気にする事は無いんですよ・・・?(そっと、感謝をするように撫で付ける)
        -- ティーナ 2009-08-01 (土) 00:07:37
      • でも、きになっちゃうものは、どうしようもないですし………(撫でられるのが気持ちいいのか、ティーナに抱きついたまま擦り寄る)
        えへへ………(なんだかんだで、甘える姿は小さな子ども、そのものだ) -- マーシエル 2009-08-01 (土) 00:09:33
      • ・・・ふふ、そういう所も、チェイサーさんに似たのですかね?・・・何となく、そう思います・・・
        あらあら・・・(甘えてくる様子に微笑みを浮かべ、屈んで軽くハグをする)・・・さ、今日はもう遅いです。お帰りなさいな・・・お母さんも、心配しますよ?
        -- ティーナ 2009-08-01 (土) 00:19:12
      • ………(嬉しそうな顔でハグを受ける)あ………ほんとうだ。そうですね、もうかえります。
        (抱きついたまま)きょうは、いろいろティーナさんがわかって、うれしかったです。………それじゃ。
        (次の瞬間、ハグしていた体が一瞬にして消えた 後には気配一つ残っていない) -- マーシエル 2009-08-01 (土) 00:24:12
      • ふふ、判られてしまいましたね・・・そうだ、お土産にクッキーをっとぉ!?(急に消える感触にバランスを崩して倒れかける緑)
        ・・・もぅ、ちょっとは可愛気のある帰り方をしたらどうですかっ!(少し頬を膨らませながら窓の外を見上げ)・・・・・・ありがとうございます、マーシエルさん・・・チェイサーさん、貴方の子供は、随分と立派に育ちましたよ
        -- ティーナ 2009-08-01 (土) 00:38:08
  •  
  •  
  • こんにちは!学園ではお世話になると思います、ノノとゆいます!今後ともごひいきに・・・(腰が低い)
    国語と初歩魔術を教えてくれる先生なのですね!冒険でメインで使えなくとも、初歩魔術は習得しておいた方がいいかなぁ・・・ -- ノノ 2009-08-02 (日) 15:14:05
    • うぉっとぉ!!(慌ててこっぱずかしい上部を掃除する緑)
      こ、こんにちは!国語といっても教科書を読む程度だったりしますし、初歩魔術も大してあまり教えることもなかったりしますが・・・よろしくお願いしますね?ノノさん・・・
      ・・・まぁ多少は使えるようにしておくと便利ですねぇ
      -- ティーナ 2009-08-02 (日) 19:20:49
  • (黒歴史を全開にさせすぎるだけでは授業RPじゃないだろー!もっとコミュニケーションしろ自分!っとベッドに蹲ってぼふぼふ)
    ・・・うぅ、むずかしいですよぅ
    -- ティーナ 2009-08-05 (水) 19:10:30
    • (コンコンとノックの音) -- 2009-08-05 (水) 19:18:46
      • (びくぅ)は、はい!どちら様でしょうか!(急いで立ち上がり身だしなみを整える緑、カチャッと扉を開け) -- ティーナ 2009-08-05 (水) 19:21:48
      • こんばんは、一年M科のエリエールです。先程はハンカチを貸していただきありがとうございました。(一礼) -- エリ? 2009-08-05 (水) 19:24:38
      • あぁ、エリエールさん・・・いえ、何だか大変そうでしたし・・・(礼に応えてハニワを撫で)
        えっと・・・どうされました?何かご質問でも・・・
        -- ティーナ 2009-08-05 (水) 19:28:28
      • 今回の授業は勉強になりました、以前の学校では座学よりも実践が多かったので…
        それで質問なのですが、私はどうも内燃がうまくできないんです、自分の体内に魔力を生み出すのがどうも苦手で。
        この場合は無理に内燃を意識するよりも外製を重視したほうがいいのでしょうか? -- エリ? 2009-08-05 (水) 19:33:47
      • ありがとうございます・・・魔術の座学はデリケートな部分が多くて私も少し躊躇っていたのですが・・・そう言っていただけると嬉しいです
        ・・・そう、ですね・・・実は私も一時体内で魔力を生産することが完全に出来なくなった事がありまして・・・今でも生み出すのではなく外から供給している状態なのです・・・
        その経験から言いますと、アイテム的な補助を必須とする外燃はあくまでブーストとして、内燃を重視したい所ですね・・・でももし、エリエールさんが今後も安定して外燃用アイテムを得られる立場にあるのなら・・・無理に苦手な物に挑戦する必要が無いのも事実です
        -- ティーナ 2009-08-05 (水) 19:45:47
      • そう、なんですか・・・(魔力生産について口を開きそうになるも止めつつ)
        やはり基礎となるのは内燃ということですね、外燃用アイテムを用意するのは難しいですし、火打ち石ですらあの値段、うーん・・・
        この学園という場があるので、苦手でも内燃の概念を理解していきたいと思います、今日はありがとうございました。
        また何か疑問があったら質問したいと思います、その時はよろしくお願いします。それでは失礼しました・・・!(礼をすると落ち着いた足取りでその場を去っていった) -- エリ? 2009-08-05 (水) 20:04:33
      • えぇ、やはりああいったものは高価ですから・・・でも、内燃がまったく無いわけでなくついでに使用するのが貴女だけなら
        何かの宝石などにチャージして必要なときに消費していく方法もあるんですよ?魔術は必要な物が揃えば誰にでも扱える物ですが、同時に向き不向きも確かに存在する物です
        もし内燃に限界を感じたらそちらも考えましょう・・・それではまた・・・お会いしましょうエリエールさん(小さく手を振って見送る)
        -- ティーナ 2009-08-05 (水) 20:20:56
  • ちゃっはーティーナさん!きょうしせいかつはじゅんちょーですかぁ? -- アトリア 2009-08-09 (日) 00:34:13
    • こんにちはアトさん、順調・・・なのかなぁ。授業ではいつもいっぱいいっぱいで・・・反省点多いし黒歴史全開だし、
      ああいう教え方でいいのかなっていつも悩んでいますよ・・・でも、そうですねとても充実しているのは確かです
      -- ティーナ 2009-08-09 (日) 10:23:51
      • ふふ。たのしそうでなにより、です♪しかし、あのひっこみじあんだったティーナさんがよもやせんせいをするとはねえ……
        じだいもうつりかわってきたということですかね? -- アトリア 2009-08-09 (日) 23:42:56
      • ふふ、そうですね・・・やっぱり最初は・・・いえ今も緊張しっぱなしなんですが・・・
        それでも若い彼らの力になれるこの仕事を・・・選んでよかったって、そう思うんです・・・年を、とっちゃったんですかね?(苦笑する)
        -- ティーナ 2009-08-09 (日) 23:48:51
      • いえいえ、ティーナさんはいまもわかくてかわいいですよ?(くすくす)
        としをとったではなく、せいちょうした、ということです。しかしわかいひとたちのちからになれる、かあ……めいげんですねえ…… -- アトリア 2009-08-09 (日) 23:55:10
      • (照れたように俯き)そ、そんなこと・・・そろそろ自分の年を真剣に考えるべきか悩んでいるところで・・・
        成長・・・ですか・・・・・・そうなんですかね・・・あ、いやそんな、名言だなんて私は、その・・・そんな立派なものじゃ・・・
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 12:40:08
  • ティーナ先生! 俺に炎の魔法を教えてください!(勢いよく頭を下げ)
    あと炎の耐性…自分の魔法で指を炭にしない方法も。頼みます! -- ピート 2009-08-10 (月) 10:21:24
    • は、はぁ炎の魔法ですか・・・指?・・・・っ!?ちょっと・・・その手を見せてみなさいっ(ピーターの左手を掴み、目を細めて其処に残る魔力の痕跡、魔術の使用履歴を見る)
      ・・・酷い・・・一体どんな練習をしていたんですか・・・確かに、がむしゃらに反復することで得られる物もありましょう・・・でもそれは技術とは違う物です私は教師として、それを認める訳にはいきません・・・
      いいでしょう、貴方に魔術の練習法と、心構えをお教えします・・・・・・嗚呼、こんな事になるなら最初の授業で教えておくべきでした・・・少し、カリキュラムの変更が必要ですね・・・
      -- ティーナ 2009-08-10 (月) 13:05:45
      • (口をへの字に曲げて黙って手を取られ)しょうがないですよ…どうしても負けられない奴がいるんですから…
        教えてくれるんですか! やりー! あ、でもこのことは内緒で……
        (手を背中側に戻して)努力とか根性とか。あとは熱血青春モノとか。流行らないっス。
        だからクラスのみんなに知られたくなくて……お願いします!! -- ピート 2009-08-10 (月) 19:39:22
      • 負けられない・・・男の子らしいですね・・・・・・えぇ、聞かれなければ答える理由はありませんから・・・ただし、貴方に教えたことはいつか授業で教えるかもしれません
        (少し顔をほころばせ)影で努力は流行るんですか?・・・いえ、大変結構な心構えなのでそのままで。
        ・・・・・・さて、何処から・・・(少し考える仕草をし)・・・ピーターさんは、魔術師・・・いえ、あらゆる技術者に共通してもっとも求められていることは何だと思いますか?
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 19:56:53
      • 意地があるんスよ。(不貞腐れたようにすら見える仏頂面)男の子っスから。
        そうっスか! それはよかった……影で努力っつったってクーナやジーゼみたいな奴らにはバレバレでしょう。知ってて気付かないフリでしょうけど。
        技術者に共通して求められていること……(顎に右手の人差し指を当て)…精緻さ? -- ピート 2009-08-10 (月) 20:14:14
      • ・・・そうやって頑張れたり放っておくところに・・・何でしょう男の子同士特有のルールというか、信頼関係のようなものを時々感じますね・・・少し羨ましいですね
        ・・・んー・・・そうですね・・・70点、其処まで具体的ではありませんよ・・・一番大切なのは『確実さ』であると私は考えます
        魔術師の戦闘面で言うなら狙うべきポイントやタイミングを外さないこととか、目標を破壊するだけのエネルギーを出せることとか、そもそも100回打って100回とも術が成功するとか、そんなことで良いんです
        人は一人で戦っているのではありません、仲間達と共に戦う中で、自分の役割をきっちり果たすことが重要なんです・・・そして私達魔術師が戦闘時に求められることは、どんなに時間がかかっても、確実に発動し、尚且つ狙った効果を発揮する一撃を放つことなのです・・・
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 20:38:20
      • 信頼感なんてないですよ。ただ……(にへらとだらしなく笑って)あいつらも意地張ってるだけで。
        確実さ……それもいいですけど…(不承不承言葉を聞き)
        それでいいんですか。俺はそれをキッチリやり遂げたら他の魔術師より頑張れたって胸を張って言えるんですか!?
        (無事な右拳を強く握り)俺は確証が欲しいんスよ、先生…… -- ピート 2009-08-10 (月) 20:54:52
      • (くすっと笑い)・・・貴方は周りばかりを見すぎていますよ・・・(左手を示し)自分の魔術すら暴発させているのに・・・
        ・・・はっきり言います、魔術の探求は、修練は、テストのように答えが用意されている物ではありません。確証なんて本来無いんですよ。
        あるのはただ一つ、自分の力で積み重ねていった経験が物語る自負だけです。もし貴方が周りの誰よりも頑張ったと言いたいのなら、そのように努力しなさい、その為の導きは私がします
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 21:18:04
      • 俺は……!(左手を恨めしげに見て)しょうがないっしょ。強くなるって親友に誓って、ライバルと勝手に考えてる奴と何度も同行して…
        努力して経験を重ねて、確実に魔術を発動させられるようになったら一人前ですか……?
        (姿勢正しく一礼)お願いしますティーナ先生! 俺に強くなる…(蚊の鳴き声より小さく)教えてください! -- ピート 2009-08-10 (月) 21:26:55
      • ・・・その心の熱さは、大切に燃やし続けていなさい・・・ですが、焦りは集中を乱します、其処だけは忘れませんように
        ・・・一人前、か・・・(少し遠くを見るような仕草をした後、自分のローブを引っ張り)・・・この緑のローブは、未熟な魔女の証なんですよ・・・私は、師から一人前の魔女を名乗る資格を得て尚この服を着続けているんです・・・余談ですね
        いいでしょうお教えします・・・派手な事の何一つ無い修行ですが、言った以上は付いて来なさい・・・ではまず、貴方のもっとも得意な魔術を見せてください
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 21:36:19
      • ……分かったよ。先生には敵わなねーなー…
        未熟な魔女……? でも先生は魔法教えるほど上手いじゃないっスか。
        はい……俺の一番得意な魔術。それは――(左手に火球を作り出し)爆裂魔法です。 -- ピート 2009-08-10 (月) 21:47:24
      • ふふ、そうですか?そう言っていただけるとがんばって授業したかいがあります・・・
        魔術は統一化の難しい学問です、何を持って一人前とするか、それすらも自分で決めなければならないほどに・・・私自身、学ぶことはまだまだ多いんです
        爆裂・・・お義姉様に近いな・・・・・・いいでしょう、では目標は・・・(ハニワ達の手でごんっと置かれる何の変哲も無いごくありふれた丸太)壊してみてください
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 21:57:57
      • ……そういう話じゃないっしょや。(繊細な少年は教師と仰ぐ人もまだ上があると知って不満げで)
        分かりました……先生がそう言うほど奥が深い分野なら。(手の中で燃える火球を確りと掴んで)俺もとことんまで学びます。
        いいっスよ……先生とハニワは離れててください。(火球を掴んだまま投球フォーム)うおおぉぉお! 魔球X!!
        (左手から放たれた魔力によって生成された炎の塊は丸太に迫り――そして) -- ピート 2009-08-10 (月) 22:09:13
      • ご期待に沿えず・・・ですが、判って頂けて嬉しいです・・・
        (火球の発生から投擲動作、そしてその行方と投擲後の彼の様子を目を細めて伺う、まるで其処に流れる全体の流れを見るように)

        //(ホントにただの丸太なので効果も書いてほしいとです・・・すみません) -- ティーナ 2009-08-10 (月) 22:20:44
      • //マジすいません 次の先生のコメントに反応したら帰りますっスー
        うおお!(火球は丸太に届く前に僅かに軌道を下げて直前で落ちて炸裂し)く……またか…! -- ピート 2009-08-10 (月) 22:30:37
      • //(了解です、文通でもokですよー)
        ・・・ふむ、コントロールは完全に投擲に依存しているのか、それとも投擲は勢いをつけるだけなのか・・・見た感じ後者っぽいですが一応教えてください
        ・・・さて、今の術は命中しなかったわけですが・・・牽制ならアレでもいいでしょう・・・ですが私は先に言いました、私達魔術師が戦闘時に求められることは、どんなに時間がかかっても、確実に発動し、尚且つ狙った効果を発揮する一撃を放つことだと
        その点から見ると明らかな失敗です・・・いいですか、ピーターさん。私は「壊して」といいましたよ?距離も時間も指定していません。確実に命中する間合い、確実に成功するだけの時間をかけて行ってください。
        後それと、前回の炎魔術の講義、覚えていますね?4つの工程です。その一つ一つを意識して、あえてゆっくり術を放ち、自分の術がどの段階でどのように構築されていくのか、それを改めて頭に刻み込んでいって下さい。それが次の段階
        それらがキチンとできて、初めて反復練習は意味を成してきます・・・わかりますね?
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 22:41:48
      • 俺は…投擲は火球に勢いをつけるためだけにフォームをつけてます。(神妙な顔つきで頷き)
        ……!(口元を押さえて)壊しては…いないですね……
        (肩を落として頷き)分かりました……授業を反復練習して、自分の術の構成を理解します。
        (頭を下げ)それじゃ俺は帰ります。今は練習より復習のほうが役立ちそうですから。
        あ。(人差し指を立てる時だけは元気に)絶対にクラスの連中には内緒ですからね? それじゃー! -- ピート 2009-08-10 (月) 22:54:34
      • ・・・なるほど、それが貴方のイメージ・・・既に勢いの付いている物を操るのはそれ相応のテクニックがいります、其処は反復で得るところですね
        ・・・はい、自分の今の力、そしてその内容をしっかりと理解した上で練習すれば、段々スピードも、精度も上がっていくはずです・・・応援、してますよ?
        (最後の台詞にきょとんと目をひらき)・・・ふふ、はい。判りました。いいませんからね?それでは、また学園で・・・(小さく手を振って見送った)
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 23:01:35
  • ティーナ先生のいけない授業はまだですか? -- 2009-08-05 (水) 22:38:58
    • (真っ赤になりつつ)え、永久にきません!そんなの・・・するわけ無いじゃないですか!何言ってるんですかまったく・・・ -- ティーナ 2009-08-05 (水) 22:46:37
      • ティーナ先生の誘惑授業を期待してたのになー…あと学園キャラ登録タイミングを間違えてて加入できなかったのはヒミツだ -- (・w| 2009-08-11 (火) 17:53:57
      • そんな物期待しないで下さいよ・・・あらら、それじゃ来年度からになるんでしょうか?ふふ、楽しみですね・・・ -- ティーナ 2009-08-12 (水) 00:48:25
  • 今日はーディアナさん。教師になられたそうですね、おめでとうございます -- フリント? 2009-08-09 (日) 23:44:20
    • ティーナですっ悪化してますね?悪化してますね!?暫く会わなかったからでしょうか!
      ・・・ふぅ、えぇまぁその通りです・・・フリントさんの方は・・・相変わらずなようですね・・・
      -- ティーナ 2009-08-09 (日) 23:51:17
      • …あら?あはは、すみませんティーナさん(あまり悪気無さそうに笑いながら謝る)
        はいまあ、相も変わらず失業中です…それはいいんですけどね。焦っても仕方がないですし
        なんでまた教師など?いえ、凄く合ってるとは思うんですけどね -- フリント? 2009-08-09 (日) 23:56:43
      • まったくもう、相変わらずなんですから・・・どうやったら覚えてもらえるんでしょうね・・・
        失業って・・・あんまりいい表現じゃないですね・・・ふむ、手がかりを得る為に記憶を戻すことを考えるのもアリかも知れませんね・・・
        ・・・ふむ、何でといわれると・・・そうですね、丁度引退して暇を持て余したところに学園設立の噂が舞いこんできまして・・・ちょっと憧れてたのもあいまっていいかなっと・・・
        -- ティーナ 2009-08-10 (月) 12:45:30
      • なるほど…イメージですねー僕も今度何か教えてもらおうかな…
        あ、でも読み書きできないしな… -- フリント? 2009-08-11 (火) 19:38:12
      • イメージですねぇ・・・あら、そうなんですか?・・・一応簡単な読み書きなら教えられると思いますけど・・・ -- ティーナ 2009-08-12 (水) 00:50:51
      • えぇ!?…いや、大変そうなんで…ご好意だけで結構です。あはは…
        そ、それじゃそろそろ行きますね(そそくさと立ち去る) -- フリント? 2009-08-12 (水) 21:05:43
      • ・・・むむっ、何だか勉強嫌いなオーラを感知しましたよ!いけませんねぇ・・・
        ・・・まぁ無理にとは言いませんが多少の読み書きは出来たほうがいいと思いますよ〜(見送った)
        -- ティーナ 2009-08-13 (木) 01:53:17
  • おっと、ティーナ君にもチョコをあげないと… -- (・w| 2009-08-14 (金) 19:59:48
    • ありがとうございますかみさま、署名・・・ですか・・・兎も角私からも〜・・・ってあ、あれ?なんだか手が勝手に寒いダジャレを!? -- ティーナ 2009-08-15 (土) 01:50:46
      • はい、この紙のですね、ここの所に署名を…
        デートですか、いいですねぇ〜。どこに行きましょうか♪ -- (・w| 2009-08-15 (土) 15:44:22
      • はぁ・・・此処ですか?(言われるがままにかきかき)・・・ところでこれ、どういう署名なんですか?
        手が勝手に書いたことなのに!?・・・うぅ、じゃ、じゃぁチョコっとって事でその辺をぶらぶらお散歩程度で・・・?
        -- ティーナ 2009-08-16 (日) 01:57:45
      • 何の署名って?もちろん婚姻届に決まってるじゃないですかティーナ先生♪
        その辺をお散歩かぁ・・・ま、今日はその位で我慢しましょうか(フフフ、とちょっと含みのある笑いを浮かべる) -- アルハザード 2009-08-16 (日) 02:06:06
      • こ・・・っ!な、無しです!今の署名なーし!(ぐりぐり塗りつぶす緑)
        うっなんだか怖いですよその言い方・・・ホント、湖の回りだけですよ・・・?
        -- ティーナ 2009-08-16 (日) 02:12:44
      • 学校では教師と生徒、でも実は夫婦、ってちょっと憧れません?(あはは、と年相応の垢抜けた笑顔)
        え〜?怖いなんて心外だなぁ……そういえば最近釣りやってないなぁ(ぼそっと呟く) -- アルハザード 2009-08-16 (日) 02:18:32
      • 教師と生徒・・・実は・・・(思わず想像して少しぼぅっとし)っは!?そ、そんなのダメ!ダメですよ絶対!大体教え子に手を出すなど教師として失格ですよ
        (びくぅ)な、なななんですか!?つり?そ、そうですか・・・つ、釣竿くらいならありますよっ二人分!
        -- ティーナ 2009-08-16 (日) 02:28:44
      • でも、まんざらでもなさそうですね・・・?
        ああ、釣りってもちろんティーナ先生を釣り上げるんですよ?(にっこり) -- アルハザード 2009-08-16 (日) 02:43:33
      • (顔を逸らしつつ)そ、そんなことありませんっダメな物はダメです
        ・・・ってぇ!?そっちもだーめーでーすー!釣りをするならするでちゃんと普通に、魚を釣って下さいよ・・・
        -- ティーナ 2009-08-16 (日) 02:52:33
      • つまり、教師と生徒の関係じゃないほうならOKってことですか?
        え〜?昔は良く釣られてたじゃないですか・・・ -- (・w| 2009-08-16 (日) 03:02:13
      • な、なんでそうなるんですか〜・・・うぅ、まぁ確かにこっちのかみさまの方が親しみやすいですけど・・・でもそれとこれとは話が・・・
        あ、あれは・・・私のほうから釣られた訳ではありませんっ、皆私が泳いでた時に引っ掛けてきたので・・・
        -- ティーナ 2009-08-16 (日) 03:11:45
  • (ハニワを抱えて撫で撫で)・・・大丈夫ですか?大太郎・・・かなり失ってしまいましたね・・・でも大丈夫ですよ・・・
    (遠くの空を見上げ)・・・暫く忙しくて結果を見る余裕がなかったのですが・・・そうですか、彼が・・・虫の知らせとは言いますが、嘘っぱちですね・・・いや、私の心がようやく離れたのでしょうか・・・
    ・・・・・・ともかく、生きてて良かったです・・・
    -- ティーナ 2009-08-17 (月) 22:31:44
  • (ぼふっとベッドに倒れこみ)ぐふぅ・・・久しぶりにRO脳をフル活用しましたよ・・・また、やりたくなりますねぇ・・・って言うか授業ってアレでいいのかなぁ・・・難しい・・ -- ティーナ 2009-08-18 (火) 23:00:03
  • ティーナこれなんだと思う?実はアイスのあたり棒デスよ!しかも拾ったのデス
    そのあとデスロックえらいから交番に1ヶ月預けて今日!デスロックのものになったのデスよー!(お金でも拾ったかのように見せびらかすデスロック、無邪気さは子供のそれ) -- デスロック 2009-08-19 (水) 17:02:48
    • 遺失物の権利移譲は3ヶ月だよデスロック殿 -- 2009-08-19 (水) 17:11:46
      • いいのデス、デスロックは確かにもらったのデス(ふふんっと得意げに胸を張る) -- デスロック 2009-08-19 (水) 17:51:43
      • あらまぁ3ヶ月だったんですか・・・初めて知りました・・・
        ふふ、おめでとうございますデスロックさん、宝物ですね
        -- ティーナ 2009-08-19 (水) 19:28:54
  • 先生に…そう…因果なものですが…向いているとわたしは…思いますよ?
    (包帯で両目と左手を覆った民族衣装の女性がいつのまにかティーナの背後に立っていた、盲目らしくケインを突いている) -- ??? 2009-08-20 (木) 12:02:35
    • (はっとして振り返り)・・・アムネジア、さん?・・・その格好は・・・ -- ティーナ 2009-08-20 (木) 20:30:37
      • 師匠…本当にお久しぶりです…(恭しく傅く)あれから旅をしていたのですが…無理をした代償にもう片方の眼も閉じてしまいましてね
        その成果がこの左手なのですが…ふふ -- 盲目の女 2009-08-21 (金) 02:51:00
      • アムネジアさん!(ひっしとハグをし)
        そうだったのですか・・・心配したんですよ?・・・・・・左、手?(少し離れてその包帯に包まれた左手を見てみる)
        -- ティーナ 2009-08-21 (金) 15:14:23
      • (ハグを呆然と受け入れた後、右手をティーナの頭に添えてふと微笑む)本当に変わられましたね、師匠…そんな風に素直に感情を表せる貴女を…私はずっと前から見たいと願っていました
        本当にご心配をおかけしました…左手は…たいした事はありません、師匠のところで手こずっていたあの術が完成した、それだけの事です -- 盲目の女 2009-08-21 (金) 22:58:08
      • (くすぐったそうに目を細め)・・・なにいってるんですか、そんなに変わってないですって・・・
        ・・・本当です、黙っていなくなったりして・・・完成・・・では今その左手は・・・
        -- ティーナ 2009-08-21 (金) 23:30:32
      • その変化はとても先生向きだと思いますが…ならば…そういう事にしておきましょう…ふふ(含みを持たせてもう一度微笑む)あの時は何も考えられなくて逃げてしまいました…申し訳ありません
        定着が進んでもはや人の物では無くなりましたが…制御は出来ています -- 盲目の女 2009-08-22 (土) 05:56:29
      • ・・・むぅ、久しぶりに会ったのですからこれくらいは・・・(少し不満げに呟き)
        ・・・いえ、それはその・・・仕方が無いことですが・・・・・・・・・何だか少し、雰囲気が変わりましたね・・・落ち着いたような・・・
        ・・・そうですか、安定したのですね・・・・・・見せて、もらえますか?
        -- ティーナ 2009-08-22 (土) 10:45:51
      • 私の名は忘却…得るものも失うものも無い、それに気付いただけですよ
        師の望みとあらば(再び恭しく傅くとするりと左手の包帯を解く)…ただし師匠、制御は出来るのですが念のため魔力は出来るだけ遮断してくださいね?…障壁類は特に駄目です
        (青く透き通った腕が現れ…表皮の刻印が万華鏡のようにめまぐるしく変化し光を放ち始める) -- 盲目の女 2009-08-22 (土) 21:07:35
      • (悲しそうに瞳を下ろし)いいえアムネジア、現に貴方は光を失い、術を得。子を得て夫を・・・(頭をフリ)いえ、とにかく忘れただけでは失う訳ではありませんよ・・・
        ・・・美しい術です・・・魔力に反応するのですか・・・大太郎?沼に戻っていなさい・・・(絶えず魔力を発しているハニワを沼に戻してその力を潜ませる)
        -- ティーナ 2009-08-23 (日) 00:35:57
      • 私には…その違いがよく判りません(少し戸惑うような、悲しむような顔をする)
        この子は無制御だと無差別に魔力を吸収し、根を張り、増殖します…無機物、生物、放たれた魔法、そして詠唱からでさえ…
        そうですね、単純にこのコ自体の能力はこの紋様の変化を用いた高速詠唱と制限の少ない魔力吸収、という事になるのでしょうか?吸収し増えると詠唱速度と吸収速度も増えますね
        そう言うと紋様は変化を加速させながら輝き始め、立体的な魔力刻印を空中に投影する…腕からは泣き声のような歌声のような、高い音が鳴り始めた -- 盲目の女 2009-08-23 (日) 14:44:42
      • ・・・いえ、いいです・・・貴女が旅の果てにそう思ったのなら、それもいいでしょう・・・
        紋様が変化するさまを詠唱とする訳ですか・・・面白いですね・・・
        (空中に広がる刻印を眺めながら)綺麗な音・・・でもどこか悲しい・・・魔術の雰囲気も、なんとなく変わりましたか・・・?
        -- ティーナ 2009-08-23 (日) 23:01:08
      • 雰囲気は…ええ、この腕を体系の中心に据えて構築しなおしましたし…なによりこの腕の完成に必要な代償が少し…悲しいモノでしたから…
        占術と紋章学、それに屍操魔術…色々とかじる程度ですが旅をしながら学びました
        しかしその骨子は師匠、貴女より学んだ魔術なのです…
        腕の鳴動に強弱が付き始め、音が消えるたびに多量の魔力が放射される…それを浴びて力を得た空中の刻印はやがて地図のように変化した後、召喚用のポータルを生成する -- 盲目の女 2009-08-24 (月) 22:42:09
      • 代償・・・(そう聞くと少し肩を落とす。自分といい弟子といい、どうして代償を払ってまで力を求めてしまうのだろうかと少し遠くの空を見やり)
        (軽く首を振って今度は微笑を向ける)・・・多くの、経験を積んだのですね・・・そしてその上で私の術が根にある・・・師としてこれほど嬉しいことはありません・・・
        ・・・召喚・・・流石に常時という訳ではありませんか・・・それとも何か別の?
        -- ティーナ 2009-08-25 (火) 03:32:31
      • [歌を喰うもの]…この腕で魔力を周囲から吸収しながら供給し、空中の紋章スコアで詠唱を成す。これは師匠の楽団より多大なヒントを得ていますし…なにより最初期の訓練は師匠、貴女の演奏技法を真似るところから始まりました…
        ちょっとした釣り、のような物で今の私の基礎儀式です…占術と魔力探査の式を以前の私の基礎魔術、海水召喚に組み込んであります(そう言うと左手をポータルに突き入れ、フジツボのびっしり付いた壺のような物を取り出す)
        ふむ…300年前の高僧の骨ですか、かなりの苦行を積んでいますね、再開を祝すような大当たりです -- 盲目の女 2009-08-25 (火) 22:30:01
      • そうでしたか・・・ふふ、細かな違いはあれど元々似てましたからね・・・
        釣り・・・なるほど、海に関係する物の中から魔術的価値の高い物を抽出できるわけですか
        これはありがたやですねぇ(取り出された骨におおっと目を丸くし南無南無と手を合わせる緑)
        -- ティーナ 2009-08-26 (水) 03:34:47
      • こんなに似ているのに別系統の魔術使いが闘技場で出会うなんて偶然にもほどがありました…そしてさすが師匠、慧眼ですね…水没した悪意が薄く、魔力や思念の強い遺体や遺物を引き寄せることが出来ます…
        あとは触媒として用いたり、魔力に還元したり…不本意ですが冒涜的な使い方をします
        そういえばこの子の始まりも…大師父の撃退という冒涜的なものでしたねぇ…
        (しみじみ言いながら壺ごと聖遺物を海水に変えて地面へ還す…周囲に魔力が満ち溢れた) -- 盲目の女 2009-08-28 (金) 22:27:44
      • そうですね・・・あの時は私が初めて闘技場に出たときでもあります・・・正に何かの運命だったのでしょうかね・・・
        あぁ・・・義母に・・・そういえばそうでしたね・・・今頃何処で何をしているやら・・・もう会うことも無いでしょうが・・・
        (周囲に満ち溢れた魔力を感じながら)・・・最初はどうなることかと不安にもなりましたが、良くぞ此処まで力を昇華させましたね・・・
        -- ティーナ 2009-08-29 (土) 14:51:03
      • 執着も因縁はもうありませんか…
        師に…そういっていただけると光栄です(ぺこりとお辞儀をする)
        さて長話しすぎましたね、次のた旅に出ることにいたします -- 盲目の女 2009-09-01 (火) 10:24:51
      • ・・・そうですねぇ・・・実はあの後も少しあったのですが・・・結局は執着する事も無いと判断されたのでしょう・・・もう気配は感じません
        あぁまってアムネジア・・・その前に、これを・・・(僅かにためらった後、そっと懐から液体の入ったビンをさし出す・・・中には目玉)
        ・・・あまり、見た目のよいものではないのですが・・・アンジェリカさんから預かっていた彼女の目です・・・全てが終わった後、貴女に渡すつもりでした・・・
        -- ティーナ 2009-09-01 (火) 10:42:28
      • この地に還元した魔力は術の練成を補助してくれることでしょう…師匠やまだ見ぬ弟弟子達の役に立つことを祈ります…
        いえ先方ではなく師匠が、ということなのですが…ふむ、どのみちもう…良いようですね(少し安心した様子)
        む…(少し苦々しい顔をしてそれを受け取る)決別したものは忘却してもいずれ追ってくるものなのですね…師匠の言葉、少しわかった気がします…それでは、お元気で -- 盲目の女 2009-09-03 (木) 06:36:22
      • ・・・もう私が貴女以外の弟子をとることは無いでしょうが・・・貴女がここにいて、成長し巣立った事、その証としてありがたく受け取っておきます・・・
        私が・・・ふふ、何だか見抜かれていたみたいで悔しいです・・・はい、でももう大丈夫・・・
        ・・・決別したつもりでも、人の縁は容易く切れるものではありません・・・蜘蛛の糸のように縦に横に広がり、必ずどこかで貴女と繋がる・・・でもそれは、決してつらい事だけでは、無いはずです・・・
        ・・・・・・お元気で、アムネジアさん
        -- ティーナ 2009-09-03 (木) 19:39:14
  • ティーナ先生はいらっしゃいますかね・・・? -- アルハザード 2009-09-21 (月) 20:33:55
    • うーわー!反応遅れてゴメンなさい!
      ・・・えぇ見ての通りかなり情熱が低下していますがいますよー?
      -- ティーナ 2009-09-25 (金) 17:37:48
      • いえいえ、私も最近どうにも気力が足りなくて…
        それは置いておいてですね。実は私、出席日数が足りなくて・・・先生、どうしたらよいでしょう? -- アルハザード 2009-09-25 (金) 19:49:11
      • ホントちょっと離れるつもりがそのまま・・・よくないとは思っているのですが
        はぁ・・・出席日数ですか・・・足りないなら補修を受けていただく事になるでしょうが・・・
        今からでもキチンと出席していけば此方でも救済措置が取れるかもしれません
        -- ティーナ 2009-09-25 (金) 20:07:55
      • そうこうしてるうちに死にました!
        ティーナ先生のイケナイ課外補習とか楽しみにしてたのににゃー(ごろごろ) -- (・w| 2009-09-29 (火) 17:03:17
      • あらら・・・残念です・・・大丈夫ですか?(なでりなでり)
        やっぱりそうですかっ!ええなんとなーくそんな事を言い出すんじゃないかと思ってましたよ・・・それはそれで少し楽しそうではありますが
        -- ティーナ 2009-09-30 (水) 02:13:06
  • 来月22時より海水浴場にて全科合同の海水浴があります。時間に都合があれば是非参加をー -- 加硫 2010-01-21 (木) 23:51:53
    • うあぁ・・・これって何年前です?
      (8年・・・くらい?)
      寝すぎた・・・
      -- ティーナ 2010-05-03 (月) 18:17:57
      • それ以上では・・・ -- ハル 2010-05-03 (月) 18:21:53
      • ひぃ!・・・ゴ、ゴゴッゴゴーレムさん・・・オヒサシブリデスネ(目を逸らしながら) -- ティーナ 2010-05-03 (月) 18:27:09
      • ご無沙汰しております。あなたの気が引けてる(?)理由が分かりませんが・・・埃、被ってますよ -- ハル 2010-05-03 (月) 18:34:39
      • あーいえ・・・何と言いますか・・・ずっとほたらかしてたからといいますか・・・何となくです、はい
        (帽子を脱いでパタパタ払いつつ)・・・掃除も、しないとですね
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 18:41:29
      • (こくこく頷いて)掃除、人手が足りなかったら言ってください(とりあえず撤退する) -- ハル 2010-05-03 (月) 18:43:33
      • (ハニワに掃除をさせながら)はーい、ありがとうございます
        ・・・さようなら、ゴーレムさん
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 18:46:29
  • -- 2010-05-03 (月) 19:46:27
  • -- 2010-05-03 (月) 19:46:34
  • ・・・聞きました?もう直ぐ町が無くなってしまうらしいですよ(ハニワを抱いてソファに腰掛ける)
    ・・・最後の時までいたい気持ちが無いわけでは無いですが・・・流石に、今更ですよね
    終わりにしましょう・・・(ハニワを離し)荷物を整えて下さい。来月には発ちますよ
    (・・・)・・・そんな目で見ないで下さいよ、何だか顔を出しづらいんです。今更・・・ってね
    -- ティーナ 2010-05-03 (月) 19:52:07
  • にゃーん・・・ -- 名簿/197071 2010-05-03 (月) 20:32:44
    • (ぱっと顔が綻び)あ、かみさま!(直ぐに影が差してしまう)あー・・・その、お久しぶりです -- ティーナ 2010-05-03 (月) 20:35:52
      • (おかしい、この完璧な変装が見破られるとは…いやこれは変装なんて生易しいものではない、構成そのものを転化する変身とも言うべき代物…ふふふ、さすがティーナ君。魔女の称号は伊達ではないと言うことですね)
        やあ、お久しぶりだねティーナ君。元気にしていたかな?(ティーナの頭に掌を乗せる) -- (・w| 2010-05-03 (月) 20:39:56
      • (思わずクスっと笑い)其処までのものですか?かみさまっぽすぎますよ
        (どこか安心するような表情で撫でられ)・・・えぇ、お蔭様で・・・かみさまも、お変わりないようで
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 20:55:41
      • かみさまに不可能はない!…こともない
        かみさまに変化があったらそれはこの世の終わりと言うものですよ。いや見た目とかはいろいろ変わってるけれども
        それでまた、物憂げな表情で何を考えていたのかな?そういう表情も儚げで似合っているけど、かみさまは明るいティーナ君のほうが好きだなぁ(髪を指で漉くようにしつつ) -- (・w| 2010-05-03 (月) 21:03:32
      • ふふっ・・・それもそうですね・・・
        (気持ち良さそうに目を細めた後、ゆっくりと)・・・いえ、大したことでは・・・
        (其処まで話した後で頭を振って否定し)・・・旅に出ようかと、思うんです
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 21:09:05
      • …そっか。旅、か…
        (ティーナをぎゅっと抱きしめて)行かないで、と言うのは簡単だけれども。それがティーナ君の選んだ道なら…例え神様と言えど邪魔をすることは出来ないなぁ… -- (・w| 2010-05-03 (月) 21:25:26
      • (少し驚いたように一瞬体をこわばらせたが、直ぐに力を抜いてそっと抱き返しながら)・・・はい・・・すみません・・ありがとうございますかみさま・・・
        誰にも、挨拶をしないつもりでしたけど・・・誰にも何も言わないで行くのはよくないですよね・・・
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 21:33:25
      • もちろんティーナ君が「止めて!」と言うなら全力で止めるけれどもね?(と言って、悪戯っぽい笑みを浮かべる)
        挨拶か…直接は無理でも、手紙くらい残していきたい相手はいないのかな? -- (・w| 2010-05-03 (月) 21:39:34
      • ・・・もう、かみさま意地悪です(困ったように笑いながら)
        手紙、か・・・そうですね、出した方がいいと思うのですが・・迷惑にならないか心配です・・・
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 22:09:21
      • ティーナ君が可愛過ぎるから悪戯もしたくなると言うものですよ(ぎゅー、っとちょっと強めに抱きしめる)
        そうだねぇ…相手に送るのではなく、置手紙としてここに残していくのはどうかな?ここを訪れるような人なら、迷惑とは思わないだろうし -- (・w| 2010-05-03 (月) 22:14:33
      • ふぁ・・・もうっ恥ずかしいですよ(あまり抵抗する気にはなれず、別れを惜しむように身を預ける)
        ・・・そうか、そういう方法もあるんですよね、忘れてました・・・ふふっそうすることにします
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 22:35:18
      • …あー、やっぱり無理矢理拉致して連れ帰っちゃおうかなー?(くすくすと笑いながら)
        うん。紙媒体ではなく魔術刻印としてこの場に刻み、指定された人物にのみ反応して再生する伝達魔術なんかもあるけどね
        じゃあ、いろいろ忙しいだろうしかみさまはこの辺りでお暇するよ。よかったら旅立つ際にうちに寄ってくれると嬉しいかな。それじゃ、ね
        (風が吹き抜けるようにさりげなく且つ素早く、ティーナの左頬に軽く口付けするとそのまま気配は消えていった) -- (・w| 2010-05-03 (月) 22:54:33
      • もうっかみさまったら・・・(同じ用に笑い返し)
        ・・・そういう方法もあるのでしょうが・・・やっぱり紙にしましょう、なんとなく、それがいいです・・・
        はい、その時には必ず・・・(頬に残る感触に手で触れながら)・・・もうっ、やっぱりかみさまはかみさまですね
        -- ティーナ 2010-05-03 (月) 22:59:39
  • さて、少し遅れましたが後は手紙を書いたら行きますよ(・・・)
    ・・・そんな不満そうな顔をしないで下さいよ・・・これでいいんです、多分・・・
    (お腹に触れ、呟く)・・・ミッシェル、貴女はもう転生できません。そこで私と共に果てて頂きます・・・

    ・・・さ、行きましょう、大太郎
    -- ティーナ 2010-05-04 (火) 22:30:11
  •   -- 2010-05-04 (火) 22:31:22
  •   -- 2010-05-04 (火) 22:31:30
  •   -- 2010-05-04 (火) 22:31:35
  •   -- 2010-05-04 (火) 22:31:41
  •   -- 2010-05-04 (火) 22:31:47

Last-modified: 2010-05-12 Wed 00:38:40 JST (4648d)