TGD/ゴールドホーム1階

  • ゾンゾンゾン ゾンービー ゾンビ・ホーテー
  •  
  • グワシャーッ!!バリケードの一部がとうとう決壊し、ゾンビがわらわらと売り場に雪崩れこんでくる! -- 2019-10-27 (日) 00:47:04
    • (そのまま突き進むゾンビ、何もない棚に引っかかって転ぶゾンビ)
      (人間のニオイに惹かれ、売り場に設置されていた何人かの寝床へ向かうゾンビ、その行動は様々だ!) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 00:50:31
      • (音に気付いて飛び出してこれたのは、浸食がすすんで聴覚が敏感になっていた故か。先頭のゾンビの頭をバールでカチ割る)
        非戦闘員は避難を!寝てる人は起きてください!!店内に入り込んだゾンビを倒しつつ、隙を見てバリケードの穴を塞ぎます。誰か援護をお願いします! -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 00:53:13
      • (ぱっかーん。ゾンビになると頭蓋も脆くなるのだろうか、バールの様なものでゾンビの頭は砕かれる)
        (しかし、一部が決壊した堤防はその穴が水圧でどんどん大きくなる様に、バリケードもまた綻んだ部分からじわじわと壊れていく)
        (そしてその穴が大きくなる連れ、様々なゾンビが踊りこんでくる) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 00:56:42
      • まずはバリケードを塞がないと、きりがない……!!(もう数体、ゾンビの頭を砕いたあと)
        (棚、バリケードの穴の部分に、積み上げる……ダメだ!バリケードを壊されるペースのほうが早い!!変異種も複数……一人では無謀がすぎる)
        一階で寝ている人は起きてください!防衛線を階段まで下げます!早く!!(誰か霊圧あれ!!) -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:01:55
      • (防衛でくたくたになった体に鞭打って、2階から降りてくる)な、なな何よこれ!!突破されちゃったの!?
        ど、どうしよう…戦いながらバリケード直すとか無理よ!(ピッケルを抱く様に持って身を竦ませる) -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:03:52
      • オイオイオイ…!嫌な予感が当たったな畜生!(奥へ入り込もうとしていたゾンビの頭を的確に鉄パイプで横殴りに吹き飛ばす)
        チッ、一体どんだけ集まってやがんだ!(これ以上行かせる訳にはいかない、と商品陳列棚を蹴飛ばし、複数のゾンビもろとも押し倒して) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:04:24
      • なんでもいいから棚だの木材だのを集めて、階段の前にバリケードを築くんだ!それまでの時間は僕らが稼ぐから!!
        こうなったら一階はもう無理だ!早く!! -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:07:05
      • ハァ、ハァ……ッ!無事か!? ここまで侵入を許すとは…!
        (勢いよく飛び込んできた巨漢がスコップを振り下ろす…巡回に外を周っていた用務員も異変に気づいて戻ってきたようだ) -- 熊澤 2019-10-27 (日) 01:07:48
      • (割れた板の間から俊敏に飛び込んでくる両腕両脚の長い、蜘蛛を思わせるゾンビ)
        (口から大量の体液をゴボゴボと溢れさせながら歩きまわるゾンビ)
        (でっぷりと太ったゾンビは、刃物で突き刺すと破裂。やはり大量の体液を巻きちらす)
        (どこから来たのかゾンビ猪がバリケードを突き破り、売り場の中を走りまわる!)
        (僅かな隙間からにょろり、と侵入してくるのはアフリカンスネークゾンビだ!超でっかい!)
        (そんなゾンビ達が、十数、いや数十体、もりもりと侵入してくるのだ) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:10:15
      • なんか今日数が!やっぱ数が多すぎるって!(一先ず何もない棚を壊れたバリケードの方へ押しやってみるも)
        …んー、これだけじゃ全然…ムズいか…!?2階にペットつれてってー!ゾンビになったらもうお通夜だしな!
        (ひとまず、内部に入り込み、人の匂いのついた毛布などをはむはむしているゾンビを後ろから殴り倒し…)もう……穴塞ぐの無理っぽいでーーす!!大事なもん抱えて走れーーー! -- うらみん 2019-10-27 (日) 01:10:20
      • 今のところは!ですが時間の問題です!(何体かのゾンビの足を払い、頭を蹴り潰す)
        塞ぐなら階段前だ!真秀さん!死にたくなかったら動くんだ!! -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:10:41
      • (しかもそのゾンビ達は、間近に「敵」が居る事を察知すると、普段よりさらに狂暴性を増す!)
        (ゾンビ以外の動くものにも、動かないものにも、手当たり次第に襲いかかり、破壊する!) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:11:42
      • おちおち寝てもいられないねー!よっこいしょっ……とぉ(高さがあればある程度時間稼ぎが出来るだろうと踏んで、重ねるように棚を倒す)
        うわっ、なんかおかしなのいっぱい来たよー!(十全とは言えない体、早めに撤退を始める) -- ジェニー 2019-10-27 (日) 01:12:54
      • う、うご、うご…(青い顔で狼狽える。ゾンビ達の迫力に押されて、カタカタと震えた)
        か、階段前…それ、だわ。以前に似島くんが言ってた、そこを第二の防衛ラインに…!(よたよたと動きだす) -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:13:18
      • ――無理だ!全員今すぐ2階に撤退しましょう!!
        階段は上から事務机でも投げ落として塞げばいい!! -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:13:24
      • ウラァ!!!!(特攻服の腕に巻いたチェーンを解き、開いた片手に握って振り回す。鋼鉄のムチが広範囲のゾンビの体に強かに打ち付けられ、怯ませる、が)
        糞ァ!!多すぎんぞ数が!!!とにかく階段を塞げ!!あたしは前に出るッ!!(右手に鉄パイプ、左手にチェーンを握ってゾンビの群れに突っ込む)
        (とにかく派手に、大きく、広く。もはや頭を狙っていない。致命傷を確実に与えることは放棄し、多数の動きを鈍らせることが狙いだ) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:13:29
      • (ゾンビ達は異様な筋力を発揮する!普段よりも更に。しかしそれは己の肉体の限界を超えており)
        (前に出た瑠依歌に襲いかかり、骨や筋を拉げさせるもの。壁や金属の棚を撲り、それといっしょに自分の体まで砕くもの、などなどする事は滅茶苦茶である)
        (だが、唯一統一性があるのは、生存者に噛み付き、体液を…自分達の複製を流し込もうとするその性質だ) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:16:24
      • この辺動物園でもあったのかっつーな!えーっと……あの手足ながいのと蜘蛛は2階とかあがれそう!足おってー…蛇は自力勝負だな!
        ていうかもうみんな上がり切ったらボンベやガソリンの1個でも爆発させてボーン!して時間とか稼ぐ!?いや、油撒けばあの勢いなら滑るか…!? -- うらみん 2019-10-27 (日) 01:17:54
      • 瑠依歌!無茶だ!!もう退き時だ!
        ゾンビは段差に弱い!2階にまで上がってこれる奴は少ないはずだ!とにかく2階にあがるんだ!
        ああもう、世話の焼ける!!(瑠依歌の援護に回る 一人でやらせる仕事じゃない!!) -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:17:58
      • (売り場の奥にはスタッフオンリーと書かれた厚い大扉がある。売り場と倉庫を隔てる扉だ)
        (それは大扉と言っても、売り場と屋外を繋ぐ入口や多数の窓に比べればはるかに小さく、そして頑丈だ)
        (この扉の裏にバリケードを築けば、急場はしのげるだろう)
        (もちろん、そのための時間は稼がないといけないが…) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:18:41
      • うう…ど、どうして…。どうして私の体はこんな時に動かないの…。
        (震えが止まらない。自分の情けなさに目の端に涙が煮ジム)何か、何かしないといけないのに…! -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:21:29
      • 来い!来いよ!!生きてる人間はここに居るぞ!!(叫びながら、打ち据え、振り回し、突き込む)
        (しかし多勢に無勢。徐々に押し込まれていくが…)ハッ!ありがたいねぇ!!(山田の援護、そちらに少しゾンビの群れが裂かれ、対処が楽になった)
        わーってるよ!殿すんのも特攻隊長の役目さァ!(チェーンで牽制しながら、追加で棚を幾つか蹴飛ばし、即席の障害を作り、後退する) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:22:28
      • がんばってーるーいちゃんヤマケン先輩!…えーっと…あぁそうかまほまほ足噛まれてたなさっき……おりゃー!か弱いんだからゾンビは配慮しておそってくださーい!
        (真秀の方へ走りよって、弱そうなゾンビはついでに殴り倒せば)今日はヒメちゃん間に居ないけど……また頑張って逃げようぜー!…トイレ籠る前に机とか押さないとですけどー☆(防衛経験の長さからか、少し真秀より余裕をもって) -- うらみん 2019-10-27 (日) 01:22:39
      • (勇敢に立ち向かう者。バリケードを作るために倉庫の棚を運ぶ者たち。そんな皆に指示を出す者)
        (生存者達の多くは、各々、己に向いた仕事を判断し、それに尽力した事だろう)
        (もちろん、無気力に何もしない者や、何も出来なかった者もいる) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:24:40
      • 爆破はダメだ!2階に火の手が上がったらそれこそ終わりだ!
        (そうだ、1階売り場フロア→スタッフオンリーの鉄扉→倉庫→階段、という構造だった。開け放っていたので意識から飛んでいたが、あの扉はは閉まる!)
        スタッフオンリーの大扉!そこの奥にバリケードを築く準備をしてくれ!
        そっちの準備が出来たら僕たちが飛び込むから、そしたら扉を閉めて、兎に角重いもので塞ぐんだ! -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:25:12
      • と、トイレはダメよ!?もっと奥、倉庫の方へ退くの。それで、ここと倉庫の間を遮断するのよ!
        (うらみんに助けられ多少余裕が戻ったか、そう言ってスタッフオンリーの向こう側へ。バリケード作りに協力する)
        今のうちに、売り場にある私物は運び出すのよ…! -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:27:00
      • (かくして――)
        (売り場が血塗れ体液まみれになる大乱闘になったものの、どうにか生存者達は売り場と倉庫の間に、第二の防衛線を築く事に成功した)
        (しかし、売り場という大きな生活空間と、様々な商品を喪った事は確かだ) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:28:38
      • 雨も降ってねーしな!(大扉のことを山田が叫べば、それを背に受けて)
        合点承知の助ェ!!(できるだけ重量のありそうな売り物を拾って投げつけ、鉄扉へと進む方向に下がっていく)
        こっち来んなダメだッ!(ひときわ足の早く走り込んできたゾンビ猪の頭を鉄パイプで叩き潰して閉じようとされる扉の奥へと) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:30:05
      • る、瑠依歌さんOK!もうOKよ!退いてー!(扉を閉じる寸前に名をよんで、わたわた) -- 2019-10-27 (日) 01:32:17
      • (尤も――。本当に必要な物資は、台風19号による浸水の折、倉庫の棚や2階等の高所に保存する様にしていたた)
        (そのため、しばらくの生活には支障は出ないだろう。しいて言えば、寝床をなくした生存者が何人か出たのが被害である)
        (あと1階の大きなトイレが使えなくなった事も付け加えねばならない) -- 企画ニリン 2019-10-27 (日) 01:33:53
      • (飛びかかってきた脚力ゾンビの頭蓋を、握りこんだ剪定鋏で破壊し、思い切り蹴っ飛ばす)
        (何体かの二足歩行型のゾンビがもんどりうって、ボウリングのピンのようにまとめてバランスを崩した)
        よし!!(直後、瑠依歌とほぼ同時だろうか。閉まりゆく扉の隙間にスライディングで滑り込み)
        (扉が完全に閉まる音が聞こえると、仰向けのまま、大きく息をついた) -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:34:57
      • ははっ!名前で呼んだな!?(滑り込むように扉へ入り、そこに次から次へと仲間がバリゲートを作ってくれ)
        ふぅ…(一旦は、なんとかなった。と額の汗を拭いた) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:37:20
      • いぇーい、ナイスツッコミ!……うんうん、それだけ言えれば大丈ぶい☆……とまぁ了解でーす!
        (駆け抜け、扉の奥に入れば、目に付くものは棚!机!ポリタンク!ぬいぐるみ!缶ジュース!マッサージグッズ!無意味なものもあわてて積み重ねれば)
        準備オッケー!はい走って走ってスライディングー!あの猪と押し合いは跳ね飛ばされちゃうから!……はいナイスー!!(全員入ったところでバターン!!)
        ……はー…間一髪……なんなの今日……朝からやたらめったらゾンビはりきってたよねー……(ぐでーと気が抜けたように) -- うらみん 2019-10-27 (日) 01:39:05
      • 当座はまだ、凌げるだろうが……(空間が狭まり、後がなくなっていく) -- 熊澤 2019-10-27 (日) 01:39:51
      • 僕の推測が確かなら……ゾンビは真秀さんを狙って集まってきている。
        症状が進むと、頭に声が聞こえるんだ。『敵を殺せ、敵は近くにいる』って。
        真秀さんは今まで昼間はずっと外にいて、夜には戻ってきてたよね。ここでゾンビの活動が活発化するのは夜だけど、今日は昼もだった。そして、真秀さんは今日に限って昼もここにいた。
        安住一高の生存者は、昼間のほうがむしろゾンビは元気で、夜はおとなしいと言っていた。
        向こうになくて、こちらにあるもの。GNウィルスの保菌者。ネクロウィルスにとっての天敵。つまり真秀さん、君だ。
        ……もちろん、君のことを迷惑だなんて思っていない。今回のことを責めるつもりも一切ない。僕らは君のことを全力で守るし、何より仲間として信頼している。ただ、『そういう現象が起こる人』というだけだ。
        つまり……明日は、誰かと探索に出ようね。僕からはそれだけ。(優しく笑ってから、疲れた……と倉庫の壁にもたれかかる) -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:47:14
      • あんなに…何日もかけて作ったバリケードが…(ゾンビ達の質量と筋肉に負けて決壊した)
        (それは、ゾンビが増え続けるのならいずれは、この第二の防衛線も同じ運命をたどる事を意味する)
        やっぱり、もうここには長くは居られないのかもしれないわね…(疲れた顔で呟いた) -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:48:13
      • な、なによそれ!?私そんな声、聞こえないわよ…?(山田の言葉に驚き、みんなは聞こえるの?と皆の顔を見回す)
        そ、そんな事…あるの…?じゃあ、私がここに居たらみんなが…?(呆然、いや愕然と呟くのだった) -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:50:33
      • そうであるとしても、僕らには君が必要だ。保菌者だからじゃなく、今まで、そしてこれからもともに生き抜いていく仲間として。
        だから、絶対に守るから、夜の間は必ずここにいること。いていいんだよ、今まで通りに。だから、そんな顔はしないでほしい。 -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:53:34
      • ……あたしにはまだそこまではっきり聞こえねーが……(少し迷った様子を見せて)
        前に、真秀に血を貰ったことあったろ、あん時、あんたを食べたいって思う気持ちとは別に…食い殺したいって気持ちがちょっとだけしたんだ。
        でもな。気にすんな、お前が悪ィ訳じゃねぇ。…それに、あんたはここに居ていいんだ。今は…ここがお前の"家"でもあるだろ(ふー、と深呼吸して座り込んだ) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 01:54:29
      • う、うん…ありがと…。ごめんなさい…(しゅんと項垂れてしまう。頑張ろうと思う度に新たな真実で叩きのめされる。そんな事が続いている)
        明日は…探索に行くわね。せめて昼間だけでも安全にしないと、だし(こくこくと頷いた) -- 真秀 2019-10-27 (日) 01:58:12
      • それと、なんだけど。八女さんの防護服、みんな遠慮しちゃって、誰も使ってないよね。
        それならいっそ、一番の重要人物が着ちゃっていいんじゃないかな。つまり、真秀さん。君だ。 -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 01:59:31
      • 誰が重要だなんて考えたくはないわ。出来れば症状の重い人に使ってほしい。
        私はまだ、大丈夫だから…。ちょっと、体を拭いてくるわ。汗まみれになっちゃったから…
        (皆の目を見れないまま、よろりと立ち上がると2階へ上がっていった)
        (しかしこの時まだ真秀はしらなかった。この日、更なる試練が己の身に降りかかっていた事を…。そう…)
        (5人もの仲間に、自室に踏み込まれていた事を!) -- 真秀 2019-10-27 (日) 02:04:48
      • ちょいちょいヤマケン先輩!GNウィルスがすげーからってまほまほのせいとは限らないし…… うー……
        (否定、しきれない……真秀のことだとは思っていなかったが、ホワイトボードに以前自分も書いた情報だ)
        そりゃ……何か殺せ…っていってましたけど……まだ何か別の何かかもですよ!ホームセンター襲いたいデーみたいな!(道理を無視し、感情論で吠えたてて)
        ……だから…まぁ明日は実験してハッキリさせます…まほまほと一緒に探索行くんで!それで明日もゾンビがここめっちゃ襲ってきたら…考え直しってことになりますしな!…それはそれで嫌ですけどー! -- うらみん 2019-10-27 (日) 02:04:55
      • じゃあ言い方を変えよう。君の血や唾液を使えば、僕たちの症状は多少なり緩和される。ゾンビの体液を浴びたとしても。
        でも君の、GNウィルスの症状を緩和する手段は今のところ僕らの手元にはない。
        GNウィルスによる症状の進行が、ネクロウィルスとの接触にあるとしたら……君だけが唯一、防護服を着る以外に症状の進行を食い止める手段がない人間、ということになる。
        そういう意味で、防護服に関しては君に優先権がある。……こういう言い方なら、どうかな。まあ、今すぐでなくてもいいから、考えてみてほしい。
        (去っていく背中にこれだけ言うと)うらみんは優しいね。ぜひ、真秀さんを支えてあげてほしい。僕には、あまり向いていないみたいだから。
        ――さて。今日のところは、ここの寝ずの番、かな。(バリケードの裏で、眠れぬ夜を過ごすのだった) -- 山田 健一 2019-10-27 (日) 02:12:27
      • …落ち着け。うらみー。どっちにしろ…あんたの言う通りそれで分かる(ぽん、と肩に手をおいて、静かな声で)
        そんで、だとしても変わらねーだろ?どっちにしろ…あいつはあいつで、あたしらの家族さ。
        (そうして、二階に上がる真秀の背中を見上げた。安心したことで思い出した趣味に走るって言っても限度があるんじゃないかな…という思いと共に) -- 瑠依歌 2019-10-27 (日) 02:14:20
      • (二階にあがったのを見送れば)……いえ、すみません そうかも、って思っても言うのはつらいし…それこそ優しさとか必要だと思いますんで……
        (ぺこり、と頭を下げ)……えぇ、大事な仲間、大事な家族ですからもちのろんで支えますよー☆
        …まぁ、だからヤマケン先輩も家族ですしね?ついでに支えちゃいますよー!なぁに一人も二人も変わりませんて☆……毛布をゾンビに取られてねつけるか不安でしたしなー!
        (と、同じく座り込み、舟をこいだり時に飲み物を持ってきたり、少しだけ眠れない夜を過ごした) -- うらみん 2019-10-27 (日) 02:24:47
  •  
  • 落ち着きを取り戻しつつある1階なんぬ
    • (低めの商品棚に腰掛け うーーーーん……、と唸りながら 真鍮ブラシやら工具などを転がし 猟銃の銃口を覗き込んだりしている……) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 20:43:32
      • (銃のメンテナンスって……ぜんぜんわからん……という顔) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 20:54:31
      • (バラして元に戻せなかったら元も子もないし……スマホ動かないから調べながらもできないし……)
        (と……とりあえず汚れだけ落とす……? と、キッチン用除菌アルコールとマイクロファイバータオルを取り出すじょしだいせい) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 21:06:21
      • (こびりついた血糊が 落ちない ……) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 21:58:02
      • 血液にはたしか 大根おろし? -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:06:44
      • やっぱり……園芸部結成しておくべきだった……。 ……だいこんある?(一応聞く) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:08:46
      • いや… (猟銃の大根おろし乗せを想像しながら) 無いけど -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:12:00
      • ないかー……。 なら ホームセンターにあって 大根によく似たもののペースト……
        あっ ねりわさびのチューブならまだあった気がする…… -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:14:50
      • 成分的にそれは代替え可能なのだろうか?
        でもまぁ やってやれない事はないかも やろうぜ! (想像にわさび醤油追加) -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:18:32
      • いけるいける。なにしろワサビダイコンっていうのもある。
        じゃあ勿体ないけど……この際だから。(何がこの際なのかはワカラナイ…)
        (ぬった)(ちとせって名前が書いてあるバケツにたたえた水で濯ぎながら ボロ布で拭った)
        よし……!
        …… いや ちょっと きれいになったかわかんない。(わからん…) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:23:01
      • ちなみゾンビーには結構 ねりからしが効く (ゾンビ豆知識)
        よし… よしよし
        お寿司が食べたい… (たぶん 綺麗になったよ…) -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:31:31
      • ねりからしがきくなら ミントもきくんじゃない?(💡)
        (ていうかすすいだらたしょうはきれいになるよね的な感じで水気を取って)
        うーん、あとは……今まで散々鈍器として使ってきたから、銃身が歪んでないかなんだけど……。
        (スチャ、と猟銃をきちんと銃として構えてみせる 意外と様になっており ストックにしっかり頬を当てて…)
        ぬああああああそこはかとなくツンとくるううううううう!(まあそうなるな) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:36:47
      • (まぁそうなるよね の顔) 知ってた b
        くっ お寿司さえあればこのツンにも耐えられるのに… お刺身でも可… -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:45:04
      • ……。(ごしごし ばちゃばちゃ と心を無にしてなんとかわさび風味を落とそうとしているが)
        (侵蝕進行のお陰で……嫌でもワサビの臭いが鼻につくのである!!!!)
        ……はあ。(諦めの境地) ……川魚って、焼かないとダメだから……近場で釣りしても、期待できないよね。 -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:48:12
      • あ 曲がってるか軽く確認する用に こういうのはどうです?
        (つ 銃身に入りそうな太さのすごく真っ直ぐな棒) -- のりかず 2019-10-21 (月) 22:58:17
      • ……やはり天才児……。(かりうけかりうけ)
        えっと 曲がってるなって思ったら、金槌でコンコンすればいいのかな……
        んっ……じゃあ、挿入れるね……❤(しゅるる…と、銃口に棒が入っていく。なんの隠喩でもない。) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:00:54
      • いや 曲がってるなって思ったら 職人技でも持ち得てない限り 撃たない方が良いと思うけど -- のりかず 2019-10-21 (月) 23:06:24
      • あっ❤ 奥にコツンコツンって当たってる❤(なんの隠喩でもない。)
        ……まあ、散弾銃だし……もし、ちょっと曲がってても撃つよ、私は。撃つ。(くり、くり、と棒を回しながら) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:08:53
      • まぁ 最奥に届いてるなら イイのかな? グッドラックハンター bb -- のりかず 2019-10-21 (月) 23:18:03
      • 頑張って大物、狩る。(こくこく) ……のりさんは ジビエに興味ある? -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:19:58
      • 狩る方なら 少し?
        食べる方なら どちらかといえばお魚派で
        極論ならば私は美味しい水さえあればいい… -- のりかず 2019-10-21 (月) 23:27:42
      • おいしい水……。 ……ミネラルウォーターって、硬軟あるけど 利き水ってできるのかな。(いろはすいる?と、ぶらりと取り出して) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:33:06
      • (ちろり) 富山産の軟水…? 硬度27.7 くらいかな?
        (ちろりちろり ラベルを読みながら) -- のりかず 2019-10-21 (月) 23:40:37
      • ――合っています…… (ごくり……) (やはり天才……) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:44:19
      • (得意顔でV) まぁ 硬度は適当ですけど フフフフ
        (残ったいろはすをちゃっかり貰っておく) -- のりかず 2019-10-21 (月) 23:56:49
      • まあ、でも。そろそろ、魚でもなんでも良いから、缶詰でも干物でもないタンパク質、とりたいですね……。(肉欲…) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:59:39
  •  
  • 外はゾンビだらけ、内はぬだらけ
    • (探索で妙なノリのまま回収してきたバス停を運び出している) -- 熊澤 2019-10-19 (土) 23:46:39
      • …なにやってんだ用務員のおっちゃん。バス停なんて持って…というか重くねーか…?(不思議そうな顔をしている) -- 瑠依歌 2019-10-20 (日) 00:01:13
      • いや、うっかり拾ったものの小動物のようなタイプが多くて使う機会もないままだったんだが……バスを出すというし、どこかに置いておこうかとな。
        以前であれば引き摺るのも汗だくだったろうが……両手で振り回すくらいは出来てしまうな。(肩に担ぎながら運ぶ姿は平然としたものであった) -- 熊澤 2019-10-20 (日) 00:16:03
      • ああ!そういうことか!なんだおっちゃん、ちっと洒落てんじゃねーの。次の停車場所はゴールデンホームー、ゴールデンホームーってか(からから笑う)
        (そうしてヒュウ、と口笛を吹き)…すげーな。あたしも最近は思ってもなかったよーな力出せっけど、流石にそこまでじゃねーや。元々のガタイが違うんだろうなぁ(近くによれば彼の身体は見上げるようで) -- 瑠依歌 2019-10-20 (日) 00:22:41
      • いいだろう?理解が得られて私も嬉しい(日頃厳めしい顔の老人が悪戯っぽく目元を綻ばせ)
        年は取ったとはいえ、重量物を運んだりは仕事柄の慣れもあると思う……が。(空いた片腕で💪を作って見せて) -- 熊澤 2019-10-20 (日) 00:41:27
      • バスにゃ止まる場所が必要だもんな。あたしらにも"家"が必要みてーに(そうしてゴールデンホームの天井を見上げる。今はここが自分たちの家だ)
        仕事で日ごろ鍛えられた成果ってトコか?けっこーハードなんだな、用務員の仕事ってのも(おー、と感嘆の声をあげつつ、力こぶをちょんちょん、と指でつつく。思ったより固くて二度驚き) -- 瑠依歌 2019-10-20 (日) 00:49:02
      • そうだな、「家」は……帰る場所はしっかりと守らなくては。
        悪ガキ共もいて、なかなか老け込んでもいられない。その点あの子たちは随分素直だが…HAHAHA(今も防衛を手伝う安住北小の少年たちから想起したものを誤魔化すようにおどけ)
        (つついた巨漢の太い腕はさながら大きな樹木のようで、例えぶら下がっても折れそうにはない) -- 熊澤 2019-10-20 (日) 01:37:57
      • だよな。…こういう場所があればこそ、あたしたちも気持ちをしっかり保てるのかもしんねーしな…。
        あはは、悪ガキって言われっと少し前を思い出すよ、随分とそう言われたもんだからな。まーあいつらはあたしみてーにはならねーだろうけど(からからと笑い)
        (そうしてちょっとぶら下がってみたりして、それでもビクともしない腕にちょっと羨ましそうに)……いーなぁ。あたしもおっちゃんみてーにもっと強くなりたかったわ。
        …ま、ないものねだりしてもしかたねーか。今出来ることをしねーとな。ちょっくらパトロールしてくらー(などと軽く外へと向かうのだった) -- 瑠依歌 2019-10-20 (日) 02:01:23
      • できることからひとつひとつ、やっていけばいい。ああ、気を付けて……いっておいで。(老人は見送り、荷を担ぎなおして外へ向かう。)

        君は君にしかできないことをしているはずだとも。私ではできなかったことを…… -- 熊澤 2019-10-20 (日) 04:23:51
  •  
  • とにかく色々置かれたバリケード
  • 🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐕🐀
    • うわあ…(右を見る。左を見る。どっちを向いても猫だらけ。しかも揃って警戒の目を向けてくる)
      な、なんかものすごく居づらいわ…。うう、私だってぬをもふりたいんぬ…。
      (そう呟きながらアウトドアコーナーへ。そこに置かれた物をいくつか手にとる)長くて刺せるもの…これはテント立てる時の杭?
      うーん、なんか率直すぎるわね。金属丸出しっていうのも…持つと冷たいし…。 -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:33:38
      • 折り畳み式の多機能スコップ…。コンパクトに出来るのはいいけど、襲われてから組み立てってわけにはいかないわよね。
        (便利なアイテムだが、緊急時には向かない。それにスコップは被りが多い気がした!)手斧…は、重いわね。いかにもパワー系だし。 -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:38:41
      • ……意表を突くなら、鍬やピッチフォーク……(ささやき…) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 01:42:56
      • (これからはバスに持ち込む事も考えねばならない)長いけど、長すぎず…。私でも使える重さで…
        力が無くても振るだけで力が一点に乗る様な形で、しかも道具としても利便性も備えたもの、は…
        (そんな夢のアイテムが…)あ、あったわ!(ぱああああ) -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:43:05
      • (むう、あの農具は……) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 01:44:54
      • 登山用ピッケル〜!ぱーっぱぱーっぱぱぱぱぱー(キテレツなSEを口ずさむ)
        (長さ70cm、しかし重さは1kgもなく、振り回せば遠心力が威力となる。そして杖としても使える!)
        うん、これでいいわ。しょっちゅう足を怪我するし、杖もいるかなって思ってた。 -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:46:39
      • ――って、なんでなんで農具推し!?(恥ずかしいとこを見られ、うああああってなりながら振り返る)
        の、農具もまあアリだとは思うけど、可愛くないわ。その点このピッケルはデザインも色々よ。 -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:49:03
      • うんうん。それもまた農具だね。ストラップつける?(取り落し防止用と なんか しらないマスコットのやつ) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 01:51:21
      • 登山が農耕扱いされた瞬間!…ストラップ、そういうのもあるのね。お願いするわ(選んだピッケルをほいと渡す)
        千歳さんは銃を持っているのよね。弾は足りているの?(撃ってると思ってる) -- 真秀 2019-10-19 (土) 01:56:31
      • (なんかわたされた。りょうほうつけよう。蛍光カラーのバンドと、店内で拾ったいい感じにウェザリングされた知らないマスコットのストラップをつけて) はい。
        ……私は、まあ。節約してるから。(弾などない、とは未だに言わない。ただ、同行者は撃っているところを見たことがないのを怪訝に思うだろう)
        ただ、補充するなら、心当たりがあるのは祖父の家だけだから。今のうちに行こうとは思ってるよ。 -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 02:08:26
      • (ピッケルにリーシュとよばれるストラップと、マスコットが付けられるのを眺める)あら、まほロバ…って何それー!!?…はいじゃないが。
        (赤い血に塗れたまほロバつきの赤い柄のピッケルをおずおず受けとる。農具にしなかったのがそんなに気にらなかったのか…と怯えつつ)
        節約…そうね。出先では戦わないで済むならその方がいいわ。
        補充のアテはあるのね。そのお爺さんの家はどこなの? -- 真秀 2019-10-19 (土) 02:13:25
      • (←※そういうデザインだと思っている ←※そういうデザインだと思った上でこういう状況にピッタリでかっこいいと思っている) (…ニコッ)
        ……多分、安住区の外れだったかな。この店までは歩きで来られたから、そんなに遠くはないと思うんだけど。
        ……きっと、まだ「いる」からさ。 -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 02:19:43
      • (ヒィ!)だ、だだ、大事にさせてもらもらうわね…!?ち、ちぬられたまほろば…市…(ガクガク)
        安住区なのね。なら、探索のついでに寄れたら寄ればいいと思うわ(いる、と聞くと眉を顰め)
        どうかしらね、災害発生から半月以上…どこかに移動しているかもしれないわ(普通のゾンビなら、と) -- 真秀 2019-10-19 (土) 02:23:05
      • そうかな……そうかも。……あの時は、忍びないと思って。胸やお腹で済ませてたから。
        ゾンビものなら頭や延髄が定石なのに、本当、しくじったなぁ……。(はぁ、と息をついて)
        わかったよ、時間が出来たら寄ってみる。変異型が増えるなら、いい加減殴るだけじゃ足りないものね。 -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 02:29:28
      • (胸や)大きいわね(お腹)丸出しだわ。…って貴女の事じゃなく、ゾンビのなのね…。
        (忍びない、という言葉からいろいろ想像は出来るが、そこはあえて聞かず)あの日、私は怯えて何も出来なかったわ。
        立ち向かって、1人でここまで逃げのびて来れただけ立派よ、貴女は。
        …そうね。ゾンビを殺す事がどうなのかはともかく、自分の身を守る用意はしないといけないわ。これもその準備だし。
        (ピッケルの柄をぽんと叩いて言う)それじゃ、私は行くわね。これを振る練習も少しはしておかないと。
        (ピッケルを抱く様にかかえ、振り回せる場所を求めて歩いていった) -- 真秀 2019-10-19 (土) 02:36:25
      • うん、振り抜いた時、足に突き刺さないように気をつけて。(手をひらりと振って)
        ……さて 戸締まりが破られていれば、本当に 取りに行きやすいんだけど。(――都会っ子、田舎で戸締まりをきちんとする。……仏様を家に置いて。) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 02:42:07
  •  
  • ねこやしき
    • しまった… ついに捕まってしまった
      1… 2匹なら許容… 我慢もできたけど… 厳しい… きびぃ… なんで猫ばかり集まるの…
      (思いとは裏腹に猫にまとわりつかれながらぷるぷると) -- のりかず 2019-10-14 (月) 22:26:07
      • 美味しくないよ 美味しくないよ 美味しくないよぅ
        (何匹かに乗られながら無抵抗主義) -- のりかず 2019-10-14 (月) 22:34:28
      • んおーーーーーーー♥(仰向けに倒れ無遠慮なネコに乗られたりしてご満悦)
        猫天国になりつつありますなー……しあわせ……特に黒猫が好き☆ -- うらみん 2019-10-14 (月) 22:34:51
      • うらみ… ん 後は頼む… (ふるふると手を伸ばし)
        (がくりと落ちる) -- のりかず 2019-10-14 (月) 22:39:56
      • ぱ、ぱいせーーん!?(ぱいせーん! ぱいせーん… パイセーン…)
        (落ちてしまった先輩の前でうなだれ、無力さから猫を撫でたり先輩の上の猫を持ち上げたり)……え、何そんなダメなんですか……こんな愛くるしいのに… -- うらみん 2019-10-14 (月) 22:42:21
      • なんだろう わからないけど 根源的恐怖? 本能にしみついた何か…?
        ああ 見られるともっとダメェ
        フフフ 亡骸は 空の見える陸に 埋めてね…
        (くてーん) -- のりかず 2019-10-14 (月) 22:49:18
      • あー、もう生理的にむりっつーあれですねー、やむなしかやむなしかー
        あーもー猫ちゃんどもー先輩はおさかなじゃないんですからどくどくー!(のいてものいても先輩に乗る猫ちゃんを必死に持ち上げて離れた場所に移動したり)
        ……くそっ、ネコにモテる!リクエスト通りにはしたいところですけどシャレになんねーっすよのりりん先輩!……あ、なんか鳥背負ってるから獲物と間違えるんじゃないすか?ぺんぎんぺんぎん -- うらみん 2019-10-14 (月) 22:54:27
      • 嫌悪感は無いのが せめてもの救い…
        いやぁ コレ(ぺんぎん)は取り上げないでー
        離れるくらいなら一緒に死ぬー -- のりかず 2019-10-14 (月) 23:08:37
      • んー、難儀なものですなー……猫アレルギーって嘘ついて飼育スペースとか決めとかないと先輩がストレス死してしまう…
        えー?ペンギンさんにはご執心な感じかー!貴重品でも入って…いや、この先輩的にはペンギンが貴重な気がする…!前世ペンギンで猫に襲われたとかかもしれませんなー!北極キャットに!
        えーいもうわがままな先輩めー!うらみんフル稼働で頑張りますけど1匹2匹は我慢ですよー?ほらほらーうらにゃんこですにゃー☆ネコさん達仲間のところにカモンカモン(持ち上げ抱え持ち上げ抱え)
        猫にもてるかたおられませんかー!おわらねー! -- うらみん 2019-10-14 (月) 23:18:46
      • しゅ…集団で無ければ だぁいじょう ぶぅ (ずーりずーりと)
        (うらみんの活躍もあって何とか脱出)

        うん 私のみの猫対策に労力割くのも何だ 以後は捕まらないよう 気を付けるよ
        この恩は忘れないぜ b (二階へと逃げて行った) -- のりかず 2019-10-14 (月) 23:31:44
      • よかった……こんな傍から見たらほほえましい光景で先輩の埋葬先を探すことになるかと……

        んー、まぁ猫ちゃんはゾンビよりすばしっこいからまた知らぬうちに捕まってるんじゃねーの感ありますがお気をつけてー!
        柑橘の臭いとか嫌いらしいですよ!猫ちゃん! b(ぐっと親指を立ててお見送り)
        …はいはい先輩おわないのー、行きたくばうらみんに乗りかかれー!……あぁ、もふもふしている……幸せ……(くたり) -- うらみん 2019-10-14 (月) 23:37:35
  •  
  • 浸水の名残りか、じめっとした1階。陳列された品は減った
    • 換気してぇ・・・(大丈夫かこれ?と塗れた品々を見たり)
      (ガスボンベを揺らして)・・・そろそろやべぇか?・・・これがあるって事はこの辺り一帯は都市ガスじゃなくてLPガスなんだろうが・・・他の家から持ってくるのは骨だぞこれ -- 武名 丞弥 2019-10-13 (日) 22:48:46
      • ところで――この拠点が、猫ホームになりつつあります。 -- 千歳百華 2019-10-13 (日) 23:28:22
      • なりつつあんなぁ・・・この勢いじゃ、キャットフードも直ぐにつきやしねぇだろうな -- 武名 丞弥 2019-10-13 (日) 23:31:40
      • 極端な話、人より動物のゾンビのほうが危険だから、保護するのはいいんですけどね……。いいん、ですけどね……。 -- 千歳百華 2019-10-13 (日) 23:35:18
      • …そんなに?ひーふーみー……七匹も居んのか。まあネズミやらの対策にはいいとは思うけどよ(あと可愛いので良いと思う、とは思ったけど言わない) -- 瑠依歌 2019-10-13 (日) 23:39:35
      • 正直餌くれで大合唱されるとな・・・(にゃぁとミケによばれると)はいはい今行きますよー(完全に猫に使われている様子でその場を後にする) -- 武名 丞弥 2019-10-13 (日) 23:44:23
      • そう、特にここはペット食品使い放題だから。あげるものを間違えると贅沢な猫になっちゃって……
        ……お陰で、ネズミは玩具扱いなのはいいんだけど。 -- 千歳百華 2019-10-13 (日) 23:52:01
      • おっさんもしかすると結婚したら子煩悩になるタイプか…?(とかいがいしいその様子を見送り)
        猫缶ばっかあげるとカリカリ食わなくなるって言うな、もっと頭が良けりゃ猟犬みたいに探索に協力させるとかもできるかもだけど…猫だしなぁ… -- 瑠依歌 2019-10-13 (日) 23:59:29
      • では……私たちはただついつい拾ってきたねこにまみれるしかないというのか……。(寄ってきた茶トラを抱き上げ もっ もっ と顔をうずめる) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 00:07:49
      • 今更はいさようならなんて無理だし、キャットフードがあるうちはそれでもいいんじゃね?(むう…アレは猫好き奥義、猫吸い…!と男塾みたいになる) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 00:12:20
      • 世話できるうちは、それでいいけど……(はい。桃色の番ね。と茶トラをるいかに差し出しつつ)
        ……情が移ると、後々つらいよ。(あと虫の知らせか更に増えそうな気がする、という顔) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 00:17:50
      • えっ(えっ)いやあたしはいいって……(と手を振っていたが、茶トラがこちらの目を見て、にゃーと鳴くものだから)
        …ちょっとだけな(恐る恐る抱く。やはり…可愛い…)……って渡しといてその忠告はひでーな!大丈夫、分かってる。分かってるさ(苦笑しつつ、下手すれば避難民の人数越えないかな…って予感がする) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 00:30:15
      • ……んふふふ。(ねこもかわいいしねこにほだされるツンツンっ子もかわいい とは口に出さない)
        (こほん)とにかく、収拾がつかなくなる前に、何か考えなきゃね……。でも、ここの補修が先か……。 -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 00:40:58
      • こいつらだけで狩りとかをさせられるならまだどうにかなるんだけどなー…そういや動物園とかどうなんだろうな。
        そういう所ならもっと安全…いやダメか。最近他の生存者が居るらしいって分かったしそいつらが何すっかわかんねー(指で猫をあやす、思わず笑みがこぼれて) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 00:56:28
      • ……ぬの、おかわり……はいりましたー\ぬあぁーん/(ちょっと大きめのまっしろ長毛種。これは…ぬ……)
        ……名前は…ザックレー総統です。異論は認めん\ぬぁん/(カリカリよこすんぬ) -- 孝徹 2019-10-14 (月) 01:04:12
      • ……結局、何か……全員出払うようなことがあったら、餌の袋を多めに開けとくくらいしかできないか。
        (人差指と親指で枠を作って、るいかと茶トラをその中の視界に収めながら) ……あと、これ以上拾ってこないでね、絶対に拾ってこないでね って言い含めた方が良いのかも。 -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 01:04:43
      • (ももかは こうてつの ふくらはぎに かるくローキックをいれた) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 01:05:32
      • おっぱいねーちゃんがめっちゃ強調するから早速追加されたじゃねーか!うわー毛ーなげー!(茶トラが手の中で総統の毛をぺしぺししたそうに腕を振る)
        なにそれタタラが芸術にされんの?それともゾンビを芸術にすんの?(多々良の芸術は見たくないなぁっていやーな顔する) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 01:07:28
      • ……おれはわるくねぇ!(ぺしーん) 知らんし…山田くんチームと…たまたま、同時期に……拾っただけだし…… -- 孝徹 2019-10-14 (月) 01:08:14
      • ……テッシュばことか……スーパーの…レジ袋で……げいじゅつをする。なー?\ぬふん/(喉下こしょこしょ。民家で拾ったからかよく人に慣れた個体です)
        ヒゲ的に……ジークか、総統。なら……獣の巨人より……美の巨人かな、って(おかしな想像はやめなさい) -- 孝徹 2019-10-14 (月) 01:11:03
      • あはは、そんな芸術なら可愛いもんだわ。おっと…コラ、総統をおもちゃにすんじゃねーって(茶トラが身を乗り出して総統のしっぽをはたく。ぺしんぺしん)
        まあその二択ならそっちだな…でもそいつが石なげてゾンビ牽制してくれたら助かるな……(若干の逃避。この後自らが追加で三匹持ってくるとは露知らず) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 01:18:15
      • ……おまえも そろそろ名前がほしいかい?(るいかの抱く茶トラに顔を寄せて)
        ……首輪に、名前書いてなかったからね。じゃあ……この流れだと…… ライナー……か、ベルトル…… -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 01:23:55
      • うむ……ぬのやることは……ゆるされる。なぜなら……かわいいから!!\ぬあぁー!/(見下げ過ぎて逆に見上げそうな発言しつつ茶トラの狼藉は眺めるだけ。おおかわいい)
        ……石は投げない、けど…毛玉は、吐くかな……ベロリンガくんは……頼れないから、ぼくらの、ライナーで(ライナーは英雄だからよ…) -- 孝徹 2019-10-14 (月) 01:27:51
      • じゃあ、ライナー……。 ……ふふ。ライナー、ライナー。(てしてし… と みじかくおだやかなじかんがすぎる) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 01:32:50
      • とにかくどんなひっどい目にあっても生き残りそうって意味ではいいかもなライナー…(不穏な気配を感じてか、茶トラが瑠依歌の手のうちから逃げ出す)
        …あたしが酷い目に合わせる訳じゃねーんだけどー(とん、と着地して百華の足元へと)…そういう意味では総統もあんま頼れない気が…(あんまり活躍してない覚え) -- 瑠依歌 2019-10-14 (月) 01:35:32
  •  
  • 床上浸水だ!割れた窓の前にはバリケードが築かれているが、その隙間から雨が降り込みまくっている!
    • 応急処置のテープを貼り付ける!) (……枚数が足りない!) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 16:39:57
      • すげぇなそのテープ(園芸用の土を土嚢袋に入れると浸水個所に押し込んでいく) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 18:51:07
      • (せっせとバリケードの隙間を土嚢で埋める作業)
        このあと物資の避難もやらなきゃですよね……(台風ってたいへんだ) -- 山田 健一 2019-10-12 (土) 19:01:56
      • (テープの予備を持てるだけ持ってくる) -- 2019-10-12 (土) 19:03:43
      • これ……高いみたいで在庫が全然ない……(ふつうのダクトテープに切り替わる) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 19:05:38
      • 濡れたらまずいものに関してはもう移動させないと拙いかもなぁ・・・くそ・・屋上に出てる場合じゃなかったぜ(せっせとこなして)
        いつもだったら腰が痛くなるところだ・・・今は寧ろ調子がいいが -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 19:06:38
      • 最近ネットで見たスグレモノは軽くてペラいシートを並べといたら水が来たとき吸水して膨張して土嚢がわりになってくれるってやつだったが、流石にまだ置いてないなー(もくもくとお手伝い) -- 下腹部 2019-10-12 (土) 19:11:53
      • この調子で降り続けられると、ここにある土の量では厳しいかもしれませんね。(焼け石に水感がある。水はあちらだが)
        逃がしますか。 -- 山田 健一 2019-10-12 (土) 19:11:58
      • ・・・・貴重なテープだったかな(ダクトテープ直貼りで大丈夫だろうかと不安になったり)
        確かに・・・防御する範囲を狭めるか、時間稼ぎに徹して物資を逃がす方に力を注ぐか・・・逃がすってのは・・・水の流れを作るって事か?(話を聞いてみる) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 19:16:30
      • いえ、ある程度の浸水は諦めて、物資を二階、あるいは棚の上のほうにということです。 -- 山田 健一 2019-10-12 (土) 19:22:32
      • あぁそういう事か・・・(顔を上げて周りを見渡す、人手とカバーしなきゃいけない範囲を確かめて)・・・そうすっか(それがいいそれがいいと判断するとさっさと切り上げる)
        カート使おう、とにかく濡れちゃまずそうなもんをのっけて階段まで移動、移動が面倒くさそうなら棚の上にあげて祈るっ浸水で動けなくなる前にさっさとやるぞー足元に気を付けろよー(物資の移動作戦に乗っかる) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 19:30:10
      • とはいっても……食料のたぐいはすぐ終わっちゃうし、電気使うものは役に立たないし。
        えっと……とりあえず、毛布と……清潔な着替え…… (ちゃっかりゴム長靴に履き替えているじょしだいせい) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 19:34:08
      • 時間との戦いですね……。サクサクいきましょう。
        (なぜだかしっとりしているドーナッツを凍らせたくなってきた)燃料類も逃がしておきたいですね(濡れると死ぬ。せっせと運ぶ) -- 山田 健一 2019-10-12 (土) 19:37:06
      • (空のバケツが運搬に楽だということに気が付いた顔) 空のバケツとか運ぶのに便利…… -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 19:42:47
      • (布類、電池、食料、燃料、オイルetc.etc.…)とにかくよしっ・・・今日の防衛班は地獄だな・・・雨風でゾンビも流されてくれねぇかな・・・ -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 19:43:31
      • (渋抜きした柿を配りながら、点検補修で巡回する用務員) -- 熊澤 2019-10-12 (土) 22:30:46
  •  
  • 一部コーナーはすっからかんになりつつある売り場
    • (バリケードの状況を眺める)こっちは今大丈夫だが・・・奴らの攻勢が激しくなってきてる気がするのは気のせいじゃないよな -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 21:31:48
      • ・・・探索に出た先から追いかけてきてんのか?安住区から・・・?・・感覚が鋭敏になってるとしても限度があるだろ・・・(何か引き寄せる物でもあるのだろうかと売り場内を見渡したり) -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 21:42:36
      • おっちゃんは気付いてたのか、もしかしたら…あいつらの行動は規則性があるかもしんねーって
        (漬物石をカートにごっそり積んできて、空になった陳列棚兼バリケードの前へ) -- 夏樹 2019-10-11 (金) 21:43:37
      • 屋上から撮ってるとよくわかる(撮ってた)ファインダーに収まるゾンビの数が多くなってる・・・要するに密度が増えてるんだよ
        何だろうな・・・人か物か位置か・・あるいはもっと別の何かか・・・そういやお前さん、ゾンビの行動について調べようとしてるみたいだな(ホワイトボードに書いてただろと) -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 21:50:59
      • まだ確証がなんも無ぇんで、誰かに言ったりはしてねーけどな…あいつら、こっちに気付かない時に 集団で移動してることあるんだ
        で、観察してたら…どうも北に向かってるっぽくてな。…よいしょっ、おもてぇ…(どっかり、漬物石をバリケードの上に設置)
        理由はわかんねーけど、何かに引き付けられてて…その途中にここがあって、連中の気を引いちまってんじゃねーかって -- 夏樹 2019-10-11 (金) 21:55:03
      • ここに集まっているモノといえば 生きた人間 とか? -- のりかず 2019-10-11 (金) 21:56:32
      • 目的地は別かもしんねーけど、ひとまず目先に美味しそうな人間がいるんで…ちょっくら寄り道、感覚なんじゃねーかとは思う
        (のりかずの言葉に頷き)だからよー、下手するとこれからも余所の地域からあいつらが流れてきそうでなー -- 夏樹 2019-10-11 (金) 22:01:00
      • 個じゃなく群体なのかしらねぇ アレ
        方角までは気にした事ないけど 動きの同期性は確実にあると思うの -- のりかず 2019-10-11 (金) 22:09:37
      • 一匹引き入れて観察してみるか・・・?いややめておこう
        北・・・北ねぇ・・・このホームセンターより北部・・・あるいは中央区でもそう言う動きが見られたら割といい線言ってそうな予測だ
        (最初は「がんばれー」と見守っていたが、ごっそりと積んできた漬物石に流石に見かねて手伝う)
        生きた人間が集まってるから引きつけられてる面があるのは確かだろうけどな・・・それにしたって限度があるだろ?人間と同じ体の構造をしてるんなら・・・・ゾンビ化で感覚がどうなるのかは分からねぇが仮にものすごく鋭敏になったとしてもだ・・・人間が認識できる範囲+αの物しか察知できねぇはずだ・・・つまり徐々に沈静化していってもおかしくねぇのに寧ろ増えてるってのは、何か別の要素があるって考えるべきかなと -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 22:09:45
      • もし群体なら +α以上に情報共有してても? おかしくないのかなぁ
        核とか司令塔があるなら手っ取り早いのにー -- のりかず 2019-10-11 (金) 22:14:44
      • おれが見たのは数体ほどなんで、たまたま遠くで音がして それに引っ張られただけって偶然かもしれねー
        なんかこう、みんなバラバラに好き勝手動いてる感はあんま無ぇと思うな…(漬物石でどんどん重くして補強していきながら)
        おう、サンキューな(手伝ってもらえると補強ペースも目に見えて上がり)今行ってる安住区でも動きは観察してみるつもりだぜ
        どっちにしても言えるのは…ここもそれほど安全じゃねーって事、だなぁ -- 夏樹 2019-10-11 (金) 22:16:46
      • 群体・・情報共有・・・アリみてぇな感じになってんのかなぁ・・・奴らにしか感じ取れないフェロモンみたいなのを出してたり?・・・ウィルスってより寄生虫っぽいな(今日山田が持ち帰った情報を思い起こしながら)
        はっは・・いいなぁそんなわかりやすいボスがいてくれたらよ・・・
        気にすんな、子供に重労働させて横で見てるだけってのはなかなか世間体が悪いんだよ・・・そうだな・・・俺も少し見てみよう -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 22:22:04
      • ゾンビーボース (ボスっぽいポーズ)
        何にせよ何らかを受け取って動いてるなら逆に利用出来ないかね? -- のりかず 2019-10-11 (金) 22:29:39
      • 寄生虫!? デッドラかよ……ここに昆虫学者みてぇな奴いねーのかな…
        ボスを倒せば周りのゾンビも無力化される、とかだったらいいよなホント ま、ここは大人が少ねーからな…
        重労働っつーけど、おれは気が進んだからやってるだけだぜー なんか調子いいしな、昨日あたりから(それは感染が進んだからではあるが…) -- 夏樹 2019-10-11 (金) 22:32:14
      • 利用するって発想はいいがそれがなんであるかを突き止めないことにはな・・・捕らえて観察したり解剖したり・・・かね(中々難儀しそうだ)
        学者はいないが書店なら図鑑くらいはあるかもなぁ(売り場東の方を見たり)
        そういや俺もなんか最近調子いいな・・・危機的状況に体が若返って来たかな?(どやっとおどけてみたりしつつバリケードの強化に協力してた) -- 武名 丞弥 2019-10-11 (金) 22:38:12
      • 五感以外の何か… 脳が何らかの受信装置にでも進化したのかなー
        医者だ 医者だよ 医者が必要
        医者はどこだ
        しかし この状況で調子いいは結構ダメなフラグなのでは… (のりかずもすごく良い) -- のりかず 2019-10-11 (金) 22:43:40
      • ゾンビのボスっつーと、やっぱでっけーのを想像しちまうなぁ…(のりかずのボスっぽいポーズを見て)
        ゾンビ捕まえたり解剖したり…(逃げ出してヤバイ事になる映画は幾つか思い当たる)…ここはゾンビの人権擁護団体もいるからなー 怒られるぜ?
        結局今のおれらに足りねーのは、情報なんだな…それよか物資なんだけどよー…(腹減ってきたなぁと思いつつ補強を終えた) -- 夏樹 2019-10-11 (金) 22:44:42
  •  
  • (1𩩲の様子をキョロキョロと伺う不審者ムーブ)よし、誰もいない…みたいね。今度こそ…
    (そそくさーっと東側へと歩いて行く。向かう先は書店、文豪堂だ) -- 真秀 2019-10-10 (木) 00:47:36
    • (文豪堂などと言う名前だが純文学ばかりと言う事もなく、ごく普通の書店だ。雑誌やコミック、小説等が大半である)
      (取り敢えず、レジに向かう。そこには注文していた品がある。あの日、レジのトラブルで受け取れないままだったものだ)
      あった。あったわ…。まったくこんな時にこんなものを注文したなんて、笑えないわね。
      (大判の書籍を大事そうに抱え、その代金を受け取った旨のメモとともに棚に置いた) -- 真秀 2019-10-10 (木) 00:52:44
      • あ、流石に剥き出しはマズいわね。誰かに見られたら…(その品を店の袋に入れる)
        (それから店の奥、コミック棚のさらに先へと歩く。目当てはアニメ誌だ)10月ももう10日、10日もこうしているのね…
        その間にもういろいろ始まっちゃってるのかしら。秋アニメ…
        (雑誌をパラパラと捲り、放映予定をチェックする) -- 真秀 2019-10-10 (木) 01:01:34
      • 放課後さいころ倶楽部…ハイスコアガール2期…俺を好きなのはお前だけかよ…ビルドダイバーズReRise…
        ああもう、今すぐこの災害が終わって普段の生活に戻れないかしら…(へにゃんと項垂れる)
        お菓子食べながらアニメ見て、終わったらみつばの掲示板で眠くなるまで語り合って…
        (そもそもこの状況では放映してるかどうか怪しい、というところまで頭が回っていない) -- 真秀 2019-10-10 (木) 01:10:28
      • なんでこんな目に遭わなきゃいけないのよ…(等と愚痴ったところで何が変わるわけではない)
        (溜め息ひとつ零し、雑誌を棚に戻す。そして注文の品を大事そうに抱え、書店を後にするのだった) -- 真秀 2019-10-10 (木) 01:19:03
  • ゾンビがバリケードを撲る音がする以外は平穏な1階
    • (ゾンビの呻き声と打撃音をBGMに服を物色するもの) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 20:08:21
      • (サイズの合う下着はあきらめている。長袖も検討してみたが…『あえて』やめておいた) (つまり…Tシャツ物色になる!) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 20:26:00
      • ここよりも、皆が探してきてくれた服を見た方がいいと思うわ。
        (今日こそは、と書店に向かう途中、服を見る百華の姿を目にして声を掛ける)
        ここにあるものって、だいたい作業着か、それに近い地味な服ばかりだもの。 -- 真秀 2019-10-09 (水) 22:14:10
      • そうみたい。(びろーんと 男物のシャツを広げて 柄物の種類は極端に少ないように見受けられる)
        でもなー……どうせ、外に出たり……夜になれば、汚れたり破れたりするからなー……(サイズ合うかな?と身体に合わせつつ) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 22:28:10
      • まあ、千歳さんの場合、男物か…(どうしても胸に目が行く)乳袋付きの服でも無ければキツキツでしょうけど。
        たしかにそうね。いっそ迷彩服でもあれば少しは見付かり難くなるのかしら? -- 真秀 2019-10-09 (水) 22:30:20
      • ちちぶくろ。 ああ……これね、おっぱいの下にこう……挟み込むと できるの。(ぴっ、と服の裾を引っ張って ちちテントにしてみせる)
        ……迷彩、かぁ。この町にショッピングモール的なものはないんでしょうか…… -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 22:35:55
      • そうそう、そんな感じの服。まあ実際はそうそう見ないけど作れば作れるわよね。
        (あはは、と笑いながらも目の前の巨大な物体になんじゃこりゃ。と圧倒される)
        ショッピングモールねえ。デパートなら中央区にあるわ。一方、安住区にはあんまり大きな建物はないわね。
        あそこは観光地として景観を壊す様な建築物はダメって、市の条例で決められてるから。
        あとはまあ千熊区だけど…山向こうだし、遠すぎて論外だわ。 -- 真秀 2019-10-09 (水) 22:39:55
      • 電車が通っているのは中央区……だったよね、そっちはなんとなくわかる。(なぜなら電車で来た。)
        ……めぼしい施設は密集地に大体集まってて、あとは太い道路沿いにここみたいな店舗が点々と……か。
        ……服のために、人口密集地帯に行くのは、さすがに止めておきたいな (このシャツでいっか、と2,3枚ほど確保して) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 22:58:22
      • ええ、まほろば市で唯一都市感があるのが中央区。十数年前に市が出来た時に再開発された新しい街でもあるわね。
        この店はなんでこんな辺鄙な場所に建てたのかサッパリわからないけど、まあ、お陰で命拾いしたわ。
        (んんー…。と唸って)ホワイトボードにも書いたけれど、簡素なものでいいなら作れるわよ?幸いここには布地も、道具もあるし。
        もし必要になったら言ってちょうだい。私も探索だけしている、というのは心苦しいところがあるしね。
        (そう言い残して、元来た方向へと戻って行った) -- 真秀 2019-10-09 (水) 23:04:29
      • ん……ありがとう。もし、もう着るものがないってなったらお願いするね。
        ……。(周りには殆どなにもないが、大きな道路沿いに大型店舗が建つのは、よくあること……と思っていたが……)
        ……そうか。ここは、『どん詰まり』なのにそれが行われているんだ……?(確かに、おかしいと思わされた…) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 23:19:11
  •  
  • 割れたガラスの跡からバリケード越しに雨がしみ込んでくる1階
    • (流石に剪定鋏一本では限界だ。新しい武器を見繕っている) -- 山田 健一 2019-10-08 (火) 22:14:24
      • (ナイフ。剪定鋏とあまり変わらない。延長して槍。悪くはないが、脳以外狙えないという条件がつくと扱いが難しそうだ)
        (やはり鈍器か……と工具を眺める) -- 山田 健一 2019-10-08 (火) 22:23:37
      • (レンチ。大小取り揃えられており、丁度いい重さのものを選べそうだ。候補に入れておく)
        (バール。市街地の探索が多くなるなら、扉なり窓なりをこじ開けるのに丁度よさそうだ。振り回すにはやや滑りやすいが、テープでも巻いておけばいいだろう)
        (軽く振ってみると、重心が先端に近い分、遠心力が乗りやすい。両手の間隔を開けてやや短く握り、振りを小さくして)こうかな(2、3度振ってしっくりきた)
        (お気に入り武器をバールに更新しました) -- 山田 健一 2019-10-08 (火) 22:33:40
    • (にゃーにゃーうるさいにゃんこ)
      はいはい待ってろって・・・まぁこれでいいだろ(キャットフードを見繕う)水は・・・雨水とか多少汚くてもいけるだろ・・ダメか? -- 武名 丞弥 2019-10-08 (火) 22:52:37
      • (段ボールも使ってこの子の為のスペースを作ってあげたりした)何て名前なんだろうなお前 -- 武名 丞弥 2019-10-08 (火) 23:15:50
      • (などと武名が猫の世話している様を、両手の親指と人差指で作ったファインダーで覗いて眺め構図を決め)
        パシャ。題してプリンセスに傅く従者。なんてな、くっくっく…(などと写真を撮った真似などしつつ笑い)おっさん、見た目に似合わずやさしーのな?(などとにやにやしつつ言った) -- 瑠依歌 2019-10-08 (火) 23:31:27
      • (外はどしゃぶりの雨、今日のするべき事はだいたい終えた。ならば漫画でも読もうと書店へ向かう途中…)
        (ダンボール箱の前で何やらごそごそしている武名の姿を見かけた)…何をしているの?名前…?
        (何に話しかけているのだろう、と気になり、近付いて覗きこむ) -- 真秀 2019-10-08 (火) 23:33:02
      • …っとと(逆側から同時に瑠依歌がやってきたのに気付く)プリンセス…?ああ、何か拾ってきたのね。 -- 真秀 2019-10-08 (火) 23:34:26
      • ――猫が、増えています。(私が拾ってきたのは茶トラです) -- 千歳百華 2019-10-08 (火) 23:43:30
      • ああやって居るだけで人に可愛がられるのってお姫様みてーじゃねーかなってな(などと真秀へ笑いかけて言い)
        あら、おっぱいねーちゃんも猫拾ってきたんだっけか。世話ちゃんとできてっか?(そういう世話苦手そーだなーという視線を向ける) -- 瑠依歌 2019-10-08 (火) 23:52:43
      • (声が聞こえ、百華の方へ首を向け)増えて…?そう、複数いるのね。
        人間が暮らすだけで手いっぱいだと言うのに…(はーやれやれ、といった仕草をしてみせる)
        まあ、キャットフードまで食べなきゃいけない状態にはなってないからいいけどね。今のところは。 -- 真秀 2019-10-08 (火) 23:53:16
      • まあそこは猫の特権よね。人に可愛がられるために生まれてきたみたいな生き物だわ。
        そう言えば猫の飼い方がどうとかホワイトボードに書いてあったわね…(今思い出したようだ!) -- 真秀 2019-10-08 (火) 23:55:08
      • ん。(るいかに抱くようにうながす) 犬は家にいるから。最低限のお世話とか、あげちゃダメな食べ物はだいたいわかるよ。たぶん。
        実利的な面でもさ。ゾンビになった小動物なんかは、この子達が狩ってくれるのを期待できそうじゃない? -- 千歳百華 2019-10-08 (火) 23:56:17
      • ある意味、そうやって可愛がられるように進化してきた生き物だったりしてなー…って、え゛
        (促されつつ恐る恐る抱く。生き物の扱いに明らかに慣れてない)うぬう…犬と猫の差はあれど経験者か……
        おおう…どう抱くの猫って(などと言いつつも無意識に頬が緩む。表には出さないようにしているが、可愛らしい物にはやはり抗いづらい) -- 瑠依歌 2019-10-09 (水) 00:04:05
      • 小動物、つまりゾンビネズミなんかを狩ってくれる…のはいいけれど、そのまま食べてしまいそうで怖いわ。
        (瑠依歌が猫をだっこするのを羨ましそうに眺めつつ)実際、数千年かけてそう進化…人間の社会に適応したという説はあるわね。
        …顔を触ってあげると喜ぶんぬ…わよ。 -- 真秀 2019-10-09 (水) 00:06:07
      • (背中側から掬うように、お尻と脚を持ってあげるの、たぶん。と身振りで教えて)
        ……そこは、我慢したら、もっといいものを貰えると教え込むしかないかな。なんかすごいんでしょ、今時の猫のおやつって。 -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 00:09:55
      • こ…こうか…(いやいやと居心地の悪そうだった猫だったが、百華に教えられた通りに抱くと落ち着いたのか、にゃーんと一声鳴く)
        ははっ、鳴いたぞこいつ!はははっ!(楽しそうに笑い、顔を撫でてやればその指に自らこすりつけるようにうりうりと動き、なんとも可愛らしく頬がもうデレデレに)
        ……おっと、いけねーいけねー。…こいつにはゾンビは食わせたくねぇなぁ(と、顔を引き締めしみじみ言う。そうして真秀が羨ましそうなのに気づき)
        ほれ、パース(と真秀へ猫を渡そうと差し伸べる。流石に投げたりはしない。ねこですし) -- 瑠依歌 2019-10-09 (水) 00:16:38
      • 猫のおやつ…。ちゅーる?(家で飼っているわけではないので、どんな商品があるのか詳しくはしらなかった)
        (瑠依歌に猫を渡されそうになると)わ、私はいいわ。猫、というか…動物には好かれないのよ。昔から。
        (その言葉の通り、猫は真秀を見るとなんぬ?って顔をしたあと、尻尾を膨らませてしゃー!と威嚇の声をあげる) -- 真秀 2019-10-09 (水) 00:20:19
      • おお……。(初見で動物に派手に嫌われる人……実在するんだ……という顔)
        ……。 (すん…と真秀の匂いを嗅いでみている 何か 嫌われるに足る原因があるのではと 柑橘の匂いとか…) -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 00:23:24
      • (警戒状態になる猫の背中を撫でて宥める)ありゃま……もしかして動物にばっか襲われるのもそのせいだったりしてなー。ホントにそうだったらたまったもんじゃねぇけど(と苦笑し)
        おっぱいねーちゃんも別に嫌われてはなさそーだから、別に人嫌いって訳でもねーだろうしなぁ(別にあいつは敵じゃないぜー?大丈夫だぜー?と猫に顔を近づけて微笑みながら囁く様はいつもとは違う姿だ) -- 瑠依歌 2019-10-09 (水) 00:32:41
      • (急にニオイを嗅がれて、わたわたと後ずさる)な、何よ!?ちゃんとお湯とかシートで体を拭いてるわよ!髪だって洗ってるし!
        (それでも自分のニオイが臭くないか気にはなるのでわたわたと後ずさった。汗拭きシートの石鹸臭はする)
        そうでない事を祈るわ。まあ猫のゾンビにはまだ出会ってないけどね。…お前はソンビにならないでよね。
        (言いながら猫を一撫でくらいしようと手を伸ばすも、即猫パンチで迎撃された)まあいいわ。世話は皆でしてあげてちょうだい。
        幸いこのお店になら、猫のトイレも砂もベッドも玩具もあるでしょうし。 -- 真秀 2019-10-09 (水) 00:36:36
      • 臭くはない……よくやっていると思う……。けど……?(じゃあ何が嫌われてるんだろう?超音波でも出てるのかな?と呟きつつ、首を傾げ 雨がビシャビシャ当たる窓に目を遣り)
        ……! ……屋上へ……行かなきゃ……?! -- 千歳百華 2019-10-09 (水) 00:38:42
      • あ、あたしだって身体拭いてるし…くさくないし……(と誰に聞かれるともなく言い訳をするヤンキー。ちょっとショックなことがあったらしい)
        (神速の猫パンチを見て、お前やるじゃねェか…うちのチーム入るか?などと言いつつ)ん…?お!雨か!恵みの雨ってやつだな!(窓を見て喝采をあげる)
        っと、とりあえず猫はここに置いとけばいいかな。さー久しぶりに水の量気にしないシャワーでも浴びるかねー(と猫をダンボールハウスの近くへ下ろす) -- 瑠依歌 2019-10-09 (水) 00:44:54
      • だ、大丈夫。別に臭いと思った事はないわよ?(瑠依歌の反応に、冷や汗をかきつつ何か目を逸らして言った)
        そ、そう。良かったわ。…でもそろそろちゃんとお風呂に入りたいわね。湯船でゆっくり疲れを…屋上?
        (百華の突然の言葉に思わず上を見上げる。もちろんそこにあるのは天井だが)屋上がどうかし…ああ!
        (瑠依歌の言葉になるほど、と納得した)見られそうでアレだけど、たしかに天然のシャワーよね。これは。 -- 真秀 2019-10-09 (水) 00:47:08
      • (屋上に急いで行ったっぽい百華の背を眺めながら)屋上に行くのよね。なら私も便乗させてもらうわ。用意するものは着替えと…
        えーと、私達だけとは限らないし、ちょっと多めに持っていきましょ。
        (日曜品コーナーに立ち寄り、タオルとバスタオルを10枚ずつ抱えるとそのまま屋上へ階段を上がっていった) -- 真秀 2019-10-09 (水) 01:00:40
      • なぜめをそらす…?(真秀の様子にぎらり、と目が光ったが、なーん、と声を立てた猫にはた、と)ああ、メシか?これでいいのかな…(キャットフードをしつらえておき)
        まー、男どもの目が気になるなら、給水塔の裏ででも浴びればいいんじゃねーかなー?(と準備を整える真秀と一緒に必要な物を揃えて屋上へと向かったという) -- 瑠依歌 2019-10-09 (水) 01:02:49
  • (夜中目が覚めたら一人だったので不安になって探しに出てきた)
    (懐中電灯の明かりは頼りなく、外のゾンビがバリケードにぶつかるたびにビクッと体をすくめる) -- フラン 2019-10-08 (火) 02:06:14
    • (音を立てるとゾンビが来そうなのであくまで静かに、売り場の棚の間をそろそろと進む) -- フラン 2019-10-08 (火) 02:10:37
  •  
  •  
  • (ゴールドホームのカートをガラガラと)
    (指折り)綺麗な布ー 炭もあればいいかなぁ
    土とか砂利は売ってるののがたぶん安心だよね -- のりかず 2019-10-06 (日) 23:39:20
    • ああ あとはアクアリウム用のろ材 ろ材 っと -- のりかず 2019-10-06 (日) 23:45:12
    • ああン?園芸でも始める気か?(しげしげとカートを眺め、はた、と)あー…濾過するモン作るんだったか(ホワイトボードを思い出し)
      そんなら脱脂綿とかも用意した方がいいんじゃねーかな。昔キャンプで習った気がするぜ -- 瑠依歌 2019-10-06 (日) 23:53:24
    • なるほどなるほど脱脂綿ね じゃあ採用! 探してきてー
      層は多い程性能は高いー はず -- のりかず 2019-10-06 (日) 23:59:23
    • あたしがかよ!?しゃーねーなーまーあたしもその濾過した水飲むだろーしなー…(ピンク色の頭をがりがりと掻きながら奥の方へ行き、しばしして戻ってきて)
      ほらよ(どさっ、と両手に持つくらいの脱脂綿の袋をカートへ)大きい石から小さい石へ、って順に細かくすんだったか。そんで合間にこいつを挟む、だっけか? -- 瑠依歌 2019-10-07 (月) 00:03:47
    • そうそう 手伝い人にはサービスするし ね(にこー)
      層が混じったら効率悪いので 詰め方大事ー
      (みっちりカートを前に) よし こんなもの?
      もう何往復か必要かなー? (ちら) -- のりかず 2019-10-07 (月) 00:13:36
    • わーったわーったよ!ただし作るのは全面的におまえに任せっぞ!あたしは手先の器用さは自信ねーからな!
      (その辺に打ち捨てられたカートを自分でも持ってきて、しばらく辺りを周り、各種材料をどさどさとそちらにも詰める)
      こんだけありゃ何回か失敗するくれーは余裕だろー。それに人数もそれなりにいるから量も必要だしな(と同じくみっちりカートを前に) -- 瑠依歌 2019-10-07 (月) 00:37:15
    • まっかされよーう 
      準備はOK? それじゃあちゃんとついて来てねー
      ごーごーごー 

      (ちなみに 階段を挟んで屋上まで持って行ったので結構大変でした) -- のりかず 2019-10-07 (月) 00:46:57
    • ハッ!あたしに走りを指南とはデカく出たな!追い抜かれないように注意しろよ!うおおお唸れあたしのエンジン!
      (とか言って、本当に何度か後ろからぶつかりそうになりつつも屋上へとついていった。体力バカなので割りと平気そうに) -- 瑠依歌 2019-10-07 (月) 00:57:07
  •  
  • お水…でない…電気も、寝てる間に止まっちゃった…みたい?(周りの会話の端々からそういうことを感じて)
    ひめたち…どうなっちゃうんだろう…(このまま無為に過ごすのはいけない、何かしなくてはという気持ちが徐々にわいて来る) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 21:26:11
    • あら、十字架姫。寝込んでいたみたいだけど調子はどうかしら?
      (片足を庇う様に工具コーナーの方から歩いてくる。大振りのバールのようなものを手に) -- 真秀 2019-10-05 (土) 21:32:49
      • うん、ちょっとだけ ほんのちょっとだけひめのお願いが届かなかった、だけ…(夏樹に貰った杖をついて、そっと立ち上がる)
        まほちゃん、ちからもち… ひめはこれもってる(防犯コーナーから持ってきた防犯ブザー、引き抜いて投げれば注意をそらす事ができるだろう) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 21:37:31
      • お願い…?(首を傾げる)どんなお願い?ゾンビ全滅しろ、とかそういうのかしら。
        まさか。力なんてないわ。バールのようなものは初めて持ったけど、重いわね。流石鉄の塊だわ。
        もう知ってると思うけど、水が止まっちゃったからね。飲み物を確保しようと思ったの。
        (入口傍の休憩スペースに設置された自販機を指差す) -- 真秀 2019-10-05 (土) 21:41:03
      • ううん、介助の人と一緒に帰れたらって言うおねがい でも ひめはまだ生きてるから生きたいの
        そのバールで、のみもの、でてくるの?ひめもお手伝いする?(危険なようなら応援だけでも、姫は与えられた仕事をしてくれるだろう) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 21:49:27
      • そう。私は全滅してほしいと思うわ。特に牛には全滅してほしいわ。ていうか今すぐしろ(怨嗟を込めた顔で)
        介助の人、そう言えば音沙汰無いわね。どこかに避難できていればいいけれど…
        (その女性の末路はしらない。口にしたのは願望でしかないが、わざわざ絶望的な事を云う必要もないだろうと判断)
        そうよ。これで自販機をこじ開けるの(そう告げると、早速その作業に取り掛かる)
        (自販機前面の蓋部分と本体の間にバールのようなものの先をこじ入れ)…これであとはテコの原理で開くはず。ああ、1人でいけるわ。ドラマとか映画で見たもの。
        (そしてバールの柄を本体側に力いっぱい引っ張る)む…!ぬぐぐぐぐ…(しかし自販機もバールも微動だにしない!)
        ふぬぁー!!ふんぬらばー!!(全身ぷるぷる) -- 真秀 2019-10-05 (土) 21:57:13
      • どうぶつも、ゾンビになるから たいへん ひめ どうぶつとは遊びたいから…きをつけないとー
        まほちゃん がんばれ がんばれ …これ、ほんとうにひらく?(あけるまでに喉が渇いてヘトヘトになりそう、真秀の顔が赤らむのを見てそう思って) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 22:04:55
      • まあゾンビになっているせいか、動きが鈍くなってるのが救いだけどね
        (生きた牛が相手だったら、足の遅い自分では逃げきれなかったかもしれない。等と思い身震いする)
        開く、開くはずよ…うぬうう…!(何度も何度も力を込め、しまいには全体重を掛け…)
        ぬきゃっ!?(そのまま力尽きて後ろに引っ繰り返る。バールがガラーン!と落ちるも蓋にはちょっと傷が付いただけ)
        …はぁ、はぁ…おかしいわね…。 -- 真秀 2019-10-05 (土) 22:09:18
      • まほちゃん、ひめも助けてもらったりしてるから まほちゃんも、誰かにお手伝いしてもらうと、いいかも
        お顔、赤い、手とかいたくない?(真秀の手をとり、すりすりといたわる様に撫でて) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 22:18:54
      • (自販機に手をついてよろよろと立ち上がる)そ、そうね。こういうのは力の有り余ってる男性陣向けだわ。
        でも、今は力のある人は水を集めたり運んだり、忙しそうにしてたから…。
        (慣れない事をした手は痛かった)あ、ありが…とう…。まったく、普段の運動不足がこんなところで祟ってくるなんてね。 -- 真秀 2019-10-05 (土) 22:24:47
      • こんなことになるのは、未来が分かる人じゃないと分からないから…しょうがない、よ?
        ひめたちも、ゾンビ見つけたら知らせたりは…できるから、ひめも、出来ること少ないから
        そのなかで、がんばる…(いたいのとんでけーと真秀の手を触って) -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 22:32:01
      • 未来余地。そんな魔法…みたいな力があればどれだけ助かるか…。
        (とりあえず、自販機破壊はあきらめ、いたいのいたいのとんでけーする姿には微かに笑み)これも魔法かしらそうね、痛みが消えていったわ。
        じゃあもうひとつの問題…灯りになるものでも探しておきましょうか。
        アウトドアコーナーになら何かしらあると思うのよ。 -- 真秀 2019-10-05 (土) 22:37:57
      • ふふ ひめ まほうつかいになれた?(どうやら名前はキラキラしているがまほうなどはあくまでも、お話の中のものと割り切っている感じ)
        あかりになるもの、ライト、懐中電灯とか? うん、見に行ってみるね ひめだけじゃなくて、みんなの分要るもんね -- 十字架姫 2019-10-05 (土) 23:06:07
      • ええ、立派な治癒魔法使いだわ。ていうか貴女、そういうコス…もとい服が似合いそうよね。
        (真秀もさすがに魔法の実在までは信じてはいない。してほしいという願いはあるが)
        電池もだし、あとはガスランタンとか…あるのかしらね。あの、ゆる…(ゆるキャン△でなでしこが買った奴、と言いそうになり慌てて黙った)
        それじゃ、見に行きましょう(バールのようなものは放置。二人でアウトドアグッズ売り場へと赴いたのだった) -- 真秀 2019-10-05 (土) 23:12:30
      • (なお、目当てのガスランタンは無かった。何故ならそれは、探索結果で出てくるアイテムだからである!) -- 真秀 2019-10-05 (土) 23:13:25
  • トイレや洗面所の水の出が悪くなり、ややあって完全に出なくなった
    • ……(黙々とトイレのタンクから水を汲み出してポリタンクに移す作業。沸かせば飲める!) -- 孝徹 2019-10-05 (土) 13:02:20
      • あんまり気持ちいい感じはしないですけど、背に腹は代えられないですね……。
        (書籍コーナーから地図を引っ張り出し、最寄りの川へのルートを確認している)
        (少なくともトイレに流す、体を洗うなどの生活用水は汲んでくるほかあるまい。飲料水も、パッケージングされている商品の水は保存が利くのでできる限り温存したい) -- 山田 健一 2019-10-05 (土) 13:10:05
      • ……かわのみずは……やばくない?さかな死にまくってたし(あの水を飲むのは問題ありそう…)
        ……いやでも……沸かせば……いけるか?(煮沸は最強の殺菌なんだよ!) -- 孝徹 2019-10-05 (土) 13:27:21
      • トイレを流すとか、体を洗ったりするぶんにはいけるでしょう。
        飲み水にするかどうかは悩ましいところですね……。まずは絶対安全な備蓄の水を優先して使うか、保存が利くものは温存するか。
        魚の大量死の原因と、ゾンビが発生した原因とが共通なのは、なんとなくですが間違いないと思うのですが……。そう考えると、やっぱり飲むのは危ないですかね。 -- 山田 健一 2019-10-05 (土) 13:40:27
      • ……この水飲むのは……なるべく、あとまわし……うん(トイレから汲んだ水なんてイメージ的にもやだし)
        だよなぁ……やばいよね、やっぱり。体洗う用でも……かわのみずは、沸かしておきたい(生水だとなんか伝染りそう)
        そもそも……感染源って、どこだろーな?人間は…人間にかまれて。ゾンビゴートやゴンビコケッコーはいても、ゾンビフィッシュは…いない……ナンデ?(よく考えたらなんでみんなゾンビってんだ?) -- 孝徹 2019-10-05 (土) 13:47:13
      • 確かに……。でもそうなると、薪も大量に必要ですね。
        (結局、かなりの量の物資を拾う、汲む、という作業が必要になる)車、なんとか直りませんかね……。
        感染源は、今のところさっぱりわかりません。ですが、後者の疑問には、たぶん答えられると思います。
        ゾンビは脳を破壊しないと死なないのは、経験則で分かっていることですが。言い換えると、ゾンビには脳が必要なんだと思います。
        ゾンビの血を混ぜた水に、枯れかけの花を活けてみましたが、復活はしませんでした。植物には脳がない。
        同様に、虫の類もゾンビになっていない……。
        動物ゾンビで小さいものは、鳥、猿、猫。ネズミは確認されていません。
        魚は、脳がなくはないですが、著しく小さいんですよね。だから、ゾンビになる原因の何かの影響は受けたけれども、ゾンビになりきれずに死んだのだと思います。 -- 山田 健一 2019-10-05 (土) 13:57:42
      • ……こんなとき、カタクリズムでは……家具をバラして……たきぎにする(ゲーム知識!)
        くるまなー……なんでうごかんのかな?こまる。(頑張ってバイトして買ったのに…)
        のーみそ……うん、そんなこと…いってたな、だれか。……君じゃん(この子だったわ言ってたの)
        ……収穫してもさいせいする、ゾンビ梨とかあったら……やばかったな…(ナシ大好き) しかしなるほど。ゾンビるには相応の脳が……ふむふむ
        ……昔やったゲームで…ゾンビになった彼女のため……よなよなゾンビの脳を狩る……っていうのが、あって。……脳を食べると……彼女は、にんげんに……近づく。くわせないと、食い殺される。
        ……あのゾンビたちの脳……使いみち……ありそうでは?(ゲーム知識がほとばしる!) -- 孝徹 2019-10-05 (土) 14:09:00
      • なるほど……。そう考えると、ここにも近場にもそこそこの量がありそうですね。
        電子機器がやられているということは、たぶん電気系統が死んでいるのでは。上手く修理すれば、マニュアル車なら動いたりしませんかね……。
        (軽トラとか。それなら近くの農家にもありそうだ。もしかしたら駐車場にも止まっているかもしれない)
        うーん……。ゾンビの脳を食べさせればゾンビが人間に近づく、って、どういう理屈でそうなるのかがさっぱり……。(ゲームはあんまりやらない子だった!)
        ゾンビの脳で何か実験を……ううん、ゾンビの原因物質、が仮にあるとして。熱を加えれば無害化するのか?というのは気になります。
        ゾンビになっていない動物がいれば、焼いたゾンビの肉を食べさせて様子を見るとか、それこそ沸かした川の水を飲ませるとか。 -- 山田 健一 2019-10-05 (土) 14:19:25
      • ……おにいさんは……教育学部なので……(露骨に目をそらす。車の修理なんて手引書あっても出来るか!)
        「そういうモノと定義された世界」のはなしだから、りくつじゃないかな……脳がキーポイントなら、さいきん、おれたちが…すこしずつ、おかしくなってるの……脳で、治らんかなって、おもっただけで。
        ゾンビが…ともぐい、しないのも…きになるし。……かわのみず、のませるのは……やりたいな。ノーゾンビのどうぶつを…確保せねば。(ごとり。けっこうトイレ水確保できた)
        ……学ランのきみ、ひと狩り……いっとく?(健康アニマルを探す冒険が……始まる!) -- 孝徹 2019-10-05 (土) 14:31:30
      • ゾンビにゾンビを食べさせる……ううん。共食いしない、というのは確かに気になりますね。一応、覚えておきましょう。
        (行くのか?と言われれば)行きましょう(健康アニマルなど何匹探し当てたかしれな…0だ。ずっと防衛だったしね!)
        誰かが農家で豚を見つけてきて焼き肉パーティをしたことがあったと思うのですが(探索結果で)そうなると農家の畜舎が狙い目かもしれませんね
        (ということで今日は探索!目指せ健康アニマル!!) -- 山田 健一 2019-10-05 (土) 14:37:35
  •  
  • 午後8時頃、蛍光灯により明るく照らされていた店内が闇に包まれた
    • (明日晴れたら屋上にSOSでも書こうか、旗を立てるのもいいかと準備していた所だった)
      あぁくそっ!!悪い事ってのは嫌な時に限ってくるな!(バットを手に入り口を警戒する)
      手の空いてる奴は火でも何でも灯りを用意してくれ! -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 20:12:48
      • ……(火種は持ってるし燃料もそこらへんにいくらでもあるけど、屋内で火属性付与したらえらいことにならないかと思いまごまごしている)
        ……!!(とりあえず鎖ハンマーと金属バットを手にとってキリッとした顔をする。おぉ歴戦の戦士の佇まいだぁ) -- 孝徹 2019-10-04 (金) 20:51:08
      • 空の一斗缶・・・は中々ないか・・デカめの鍋とか、燃えない物の中に木とか入れて燃やせばとりあえず形にはならねぇか?後は燃え移るのだけ気を付ければ
        (お?決まってんな兄ちゃんと軽口) -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 20:58:16
      • まず第一陣、売り場にあった懐中電灯各種と乾電池ありったけ(カートに山盛りにして持ってくる) -- 下腹部 2019-10-04 (金) 21:01:38
      • とうとう発電所がお亡くなりかー?ガソリン式の発電機とかって、アレ動かねぇのかな…
        (手回し発電式の懐中電灯を手に、ハンドルぐるぐる回しながら) -- 夏樹 2019-10-04 (金) 21:05:37
      • ……ンフー!(キマってると言われてとくいげな顔。鎖ハンマーの回転も早まる!)
        ……(燃えないものの中に。ふむ)……(アウトドアコーナーにあったバーベキューコンロにゾンビから剥ぎ取った衣類をぶっこんで火属性付与)
        ……くっさ!(ゾンビ汁くせぇ!!) -- 孝徹 2019-10-04 (金) 21:08:54
      • こりゃぁありがたい・・・(取り合えずヘルメットに取り付けるタイプのLEDライトを頭に巻き付ける、かっこうわるい)
        試してみる価値はあるな・・・説明書も置いてあるだろうし動かせない程複雑なもんじゃねぇだろうが・・・ガソリンっておいてあるものなのか?(よくわからん) -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:11:12
      • ココが病院や銀行ならでっかい自家発電機と重油くらい置いてるんだろうけど、さすがに売りモンの発電機くらいかな?…あ、ガスと水道がいきてても給湯機動かねえのかな。ひょっとして -- 下腹部 2019-10-04 (金) 21:11:56
      • ゾンビにひっくり返されでもしたらことなので、篝火の類は夜が明けてから工作しましょう。延焼対策に掃除もいりますし。
        今夜は電池式の照明でしのぐのがいいと思います。アウトドアコーナーにヘッドライトとか無いですかね?(とりあえずマグライトを装備) -- 山田 健一 2019-10-04 (金) 21:12:21
      • ガソリンなら山ほどあるぜー、ただし…(ちらっと真っ暗な外の方を見て)駐車場にだけどなー 回収するのはちょっと危険か…
        って、くっせぇ!なに燃やしたんだこれ…(ごほごほ) -- 夏樹 2019-10-04 (金) 21:13:25
      • くっさ!(でもでかした!とサムズアップ)
        給湯器は今夜は諦めるしかねぇな・・・夜が明けたらかまどや燃料とかについて考えようや、電気は貴重になるから湯沸かしは火でやる感じになるか? -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:15:14
      • (むせる) -- 2019-10-04 (金) 21:15:48
      • ……ゾンビがきてた、ふく。カタクリズムでは……よる、これをだんろでもやして……ほんをよむ(ごほごほ。ゲーム知識はだめだな!!) -- 孝徹 2019-10-04 (金) 21:16:23
      • (アウトドアグッズ売り場に小型の家庭用発電機が2台ほどあるとしますが、暗闇の中で探し出せるかは各自におまかせ)
        (なお、ガソリン式で発電量は900Wを3時間くらい。発電量を搾ればその分発電時間は長くなります)
        (懐中電灯等は、電池と電球を繋いでるだけの様な構造が簡単なもののみ動作します)'' -- 補足ニリン 2019-10-04 (金) 21:17:54
      • (サンキュー補足リニンさん!)
        カク・・・なに?(よくわからんって顔)まぁいいや・・・幸か不幸か、密室じゃぁねぇしまぁ何とかなるだろ
        ・・・(改めて頭に付けたライトを見る、この手のはあまり長くはもたない筈だ、火もあるので必要なとき以外は点けないようにしよう) -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:21:38
      • 今夜は大人しくして、日が昇ったら忙しくなる感じかこれ… 片栗!知らねー間にアプデでカート神拳使えなくなってたやつ…!(ここにもプレイヤーが!という顔。しかしお面で隠れている)
        ……おれの懐中電灯は平気だよな?自転車についてるアレと同じ構造だし…(そっと上の方をみて天の声に耳を傾ける) -- 夏樹 2019-10-04 (金) 21:22:57
      • あんまりでかしてはいないような……(ごほごほ)
        とにかく、夜明けまで何とか凌がないといけないですね。非常時ですし、今は電池を惜しむ時ではないのでは。 -- 山田 健一 2019-10-04 (金) 21:25:09
      • カー用コーナーに変換機があればカーバッテリーからも電気は頂戴できンだが、明るくなってからだな。もしあったら探索ついでに街の自動車からバッテリー回収してくっけど…まあ今は今夜を凌ぐのが先ってのに賛成ー -- 下腹部 2019-10-04 (金) 21:29:49
      • ……!?(えっ今カート神拳使えないの!?という顔。安全圏確保できなくなっちゃう…)
        ……スマホの……じゅうでんき……でんちの。あかりに……ならんかな?(スマホで光源確保しようと言いたいみたい) -- 孝徹 2019-10-04 (金) 21:32:42
      • こういう小さなライトは点けっぱなしじゃ一晩もたねぇんじゃねぇかな?いざって時に消えるとか嫌だからな(節約できるときはする派)
        取り敢えず試してみて、上手くいくか知っておくのは良いと思うぜ?無駄遣いは勿論駄目だが(孝徹を後押しするように言って) -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:37:53
      • なるほどなー、車のバッテリーか…あ、外し方わかんねぇ。 ゾンビが一直線に最短距離で歩いてこなくなったからなー、カート迂回される事あるんだぜ(悲しいアプデ結果)
        とりあえず、ここで大勢いてもあれか…おれは別んとこ様子みてくるぜー -- 夏樹 2019-10-04 (金) 21:39:00
      • 頭に太陽光発電機ついてて庭に刺しといたら昼間に充電して夜ぼんやり光る便利なアレも、もしあったら明日から屋上の畑に刺して夕方回収するようにしようか。俺らの生活範囲くらい照らせるだろ。…バラバラに寝床作ってたけど、今後は固まって寝たほうがいいんかね? -- 下腹部 2019-10-04 (金) 21:43:44
      • スマホはバッテリーが入ってた状態でうんともすんとも言わなくなったので……望み薄では。
        今時LEDなので、夜明けまでは余裕で持つかなと……。例えばこれは……(下腹部が持ってきたライトの箱を一個とってスペックの表記を探す)連続点灯時間、30時間。
        交代で見て回ったほうがいいですね。僕も行きます。(と、ライト片手に見回りに出る) -- 山田 健一 2019-10-04 (金) 21:43:47
      • ……むう(確かにイザという時のために取っておくべきかも知れない。携帯できる明かりは必要だしね)
        ……ためすのは、でんちをかくほしてから、だな。またいずれ(そもそも電池式の充電器もないしね、今)
        なんてことだ…なんてことだ……(カートくんがただの荷物キャリアに成り下がったなんて…という顔で見送った。ところであの子なんでお面なの?) -- 孝徹 2019-10-04 (金) 21:44:27
      • バッテリーの外し方な・・確かに、やるなら一度レクチャーしてもらえると助かるな(行間ででも)
        光る便利なアレは・・・オレは表に点在させられたらしておきたいと思うな、大雑把にでも外の状況がつかめる様になると思う -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:50:04
      • 30時間・・・結構もつな・・・昔使ったのは4時間くらいで切れちまったもんだが・・これも時代か -- 武名 丞弥 2019-10-04 (金) 21:51:26
  •  
  • (床の血痕を業務用の強力な洗剤とモップで掃除) -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 22:06:15
    • (完全に除去できるわけではないが、衛生的にも精神的にも放置してある状態が気持ちよいとは思えなかったし)
      (何か作業に集中していたかった) -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 22:28:15
      • (持ち帰ったキノコを、書店にたまたまあったキノコの図鑑で食用と毒とに寄り分けている…なるほど、書店が拠点にあるというのはこういう使い方もできるのか…)
        ……(そして、食えそうなものに限ってだいたい毒であるらしいことを知り、そう都合よく食い物が自生しているわけはないとため息…) -- 2019-10-03 (木) 22:32:28
      • (園芸コーナーで見つけたシイタケ栽培キットをそっとお出しする) -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 22:38:50
      • ……ひとつ、疑問なんだけど (更に脇からヌッと出てくる)
        仮にゾンビウィルスがあるとして。人や動物には感染するけど……植物にはどうなのか。 -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 22:41:15
      • (水は確保できる状況でコレはなかなか優れものなのでは?とシイタケ栽培キットを受け取る、うまくいけば約一週間で食べごろに…一週間も生き残れるのか?というネガティブな感情が湧いていたところ…)
        少なくともキノコにも山の植物にも襲われませんでしたね。(仮定に仮定を重ねてもどうにもならない、死体が動くなら植物だって動かなきゃ嘘だろうとヒネた答えを返す) -- 2019-10-03 (木) 22:47:33
      • 動物と植物に共通で感染するウィルス……聞いたことはないですけど。(首をひねり)生き物をゾンビにしてしまう時点で、常識は通じなさそうですよね。
        ゾンビの血を混ぜた水で、切り花でも生けてみれば試せますね。特に元気のない花がやたらと元気になったなら、ゾンビ化した可能性が高い。 -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 22:49:29
      • (この山田と名乗った学生、あの事件のあった日にハサミでゾンビと戦って見せたり、今もこうして極めて理性的に事を運ぼうとしている…)
        (それが悪いというわけではないし、緊張感に欠けたり胡散臭かったりするよりはいいのだが…冷静に過ぎるというのも頼りがいを通り越して恐怖すら感じた。)
        …知らぬが仏って言葉もありますよ…?(しかしだ、仮にそれで植物もゾンビ化することが解ってしまったらただでさえ少ない食料の選択肢がますます減らないか?屋外の野草の類はあのゾンビの広がり方から見ておそらく全滅だろうと…) -- 2019-10-03 (木) 22:56:51
      • (こくり、と頷いて)私も、植物が襲いかかってくる、ということは、まず無いと思う。
        どこかの企業が遺伝子操作か何かで、それこそハエトリグサか何かのように、反射で触れたものを捕まえて絡め取り消化する
        ……みたいな面白植物でも作ってそうな気もするけど、私たちの行動範囲にはいないはず。
        だから、ここで気にしたいのは、栽培した植物がウィルスに類するものの汚染を受け得るのかどうかだよね。
        食料を気にして菜園を作ったら、それで元気なウィルスを経口摂取、なんて羽目にもなるかもだから…… -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 22:56:58
      • 知らずに食べて仏ならぬゾンビになっちゃうよりはいいと思う(生き残るために選択肢から排除すべきものは、躊躇わず排除すべきという主張)
        試してみる価値はありますね。こないだ摘んできた花の余りがちょうど萎れてきているので、少し実験してみましょう。幸いというか、このフロアのゾンビの血は掃除しきれていませんし。 -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 23:01:42
      • (こくこくこくと頷いて)あとはとにかく無事な苗を集めて……ほとんど踏み荒らされてるだろうけど。
        種も、育つまで早いもので一月はかかるだろうけど、無いよりはマシだし。
        あとはビニールハウスでも建てて隔離して育てましょ。ほとんど気休めだけど。気を紛らわせるにはちょうどいいわ。 -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 23:16:10
      • それは…(何も知らないままで楽観に陥るよりは…この人も生きるために全てやりきろうとしてる人なんだ…)
        (不都合な事実を見ずにその日を惰性で生きるようでは、生き残れはしない…きっとそうだ。)
        ……気を付けてくださいよ。(何が起こるかわからない、嫌味でもひねくれた魂胆でもなく、その命がただ無事であるように祈るしかなかった) -- 2019-10-03 (木) 23:17:15
      • いいですね。食料自給も拠点の防備が生きていてこそなので、そこの優先順位は上手く折り合わせないといけなさそうですが……。
        ともかく、植物のゾンビ化実験をしてみないと。早速準備してきます。
        (その後、ゾンビの血液が含まれた水で満たされた花瓶に、萎れかけの花が生けられた。異常な変化があれば、少なくとも華道を教える家で育った山田には分かる。果たしてどうなるだろうか……?) -- 山田 健一 2019-10-03 (木) 23:25:16
      • (山田少年に、任せた、と微笑んで頷いて)……では、眼鏡の少年。この建物の敷地内で、日当たりが良く、ビニールハウスを立てるのに適した立地と言えば? -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 23:27:58
      • えっ…(急に話題をふられたのもあるが、周囲がゾンビだらけの状況でビニールハウスを建てるなんてどんなリフォームの匠だってやったことのない無理難題のはずだ)
        (ビニールハウスである以上日光や土のある屋外でなければならないはず、かといってゾンビだらけの外で呑気にビニールハウスを作るなど…と堂々巡りに陥って答えが出ない、頭は固い。) -- 2019-10-03 (木) 23:32:43
      • ヒント。このホームセンターは、四角い。ホームセンターだから、梯子的なものが充分ある。密封された土も沢山ある。
        もしかしたらメンテナンス用の出入り口もあるかも。じゃああと必要なのは…… 男手❤(眼鏡の少年の裾を摘む) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 23:39:40
      • …言い出しっぺはもちろん協力してくれるんですよね?(アイデアがあって実現する勝算もあるならやらない理由もない、だが自分だけ便利に使われるのもシャクな気がして摘ままれつつジト目) -- 2019-10-03 (木) 23:44:31
      • 私もやるけどぉ……日中でも寄ってくるやつは寄ってくるからね、まずは中から屋上に出られるかどうか確かめて。
        ダメだったら外から梯子……ううん いっそ中から天井に穴開けたほうがいいかも。見晴台みたいなものも、どちらかと言えば欲しいでしょ?
        まあまあ、ゆっくりでいいよぉ❤(つんつんと少年の脇腹を突っついて) 少人数の独断だと、怒られちゃうからねぇ…… -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 23:50:39
      • やることは決定なんですね…(ゆっくりでいいって、やる事になってる…とジト目…まあ天気も悪くなりそうだし、雨の中食料を探しに行ってほとんど毒キノコでしたよりは建設的かとため息)
        独断も何も…代表もリーダーもいないんですし、いまさらですよ…(各自がやれることをやる、今のところゾンビがいる日常というのに慣れつつあるからこそできている微妙な均衡)
        (そこにリーダー決定だ派閥だといった無用な刺激がないとも言えるし…状況が悪化した場合グループとしてどういう行動を取るのかが宙ぶらりんとも言える。)
        ……誰と組むかは、今のうち考えておいたほうがいいのかもしれませんね。(今余裕のあるうちに、自分一人で孤立せず、かつ組んで信用できる相手を見極めておく必要があるのかもしれない。そう考えつつ…とりあえず土や梯子などを店内から見繕いに行く。) -- 2019-10-04 (金) 00:01:20
      • よし、その意気だ。とりあえず、園芸勢としてがんばろっ (ニコッと軽く背中を押して…)
        ……こういうことでもしてないと、もっとおかしくなっちゃうからね (ぽつりとつぶやく) -- 千歳百華 2019-10-04 (金) 00:21:58
  •  
  •  
  •  
    • うーん、やっぱし上着の方はとんと合うもんがねぇだな(カーテンを被って仮装お化けの状態の女が衣類コーナーを漁っていた)
      ズボンは作業着のでっけえのでなんとか… -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:26:02
      • ちょうどええ風呂敷あるべか…どうしても無ぇときゃバスタオルでも拝借…いや、タオル類は急場じゃよく使われるんで貴重と聞いたべ -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:40:46
      • カーテンのまんまじゃ大きくて動き難いべ。エプロンを二枚使うってのはどうだべ?(白いエプロンを一枚ずつ胸に乗せて測ってみる)
        …白いと透けて見えそうだべや。ううーん -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:48:23
      • カーテンをカッターかなんかで適当なサイズに切ったら良いじゃない(散乱物が片付いたところからモップがけしながら) -- ジェニー 2019-10-03 (木) 00:02:46
      • 勿体ねぇ話だ!?んだども、それしかねぇべか…?ごついのや薄いのは駄目だし、ちょうどええ生地のやつを…
        あ、掃除ご苦労様だべ -- 輝矢 2019-10-03 (木) 00:07:13
      • 良いんじゃなーい?どーせ売るほどあるんだしさー、文字通りの意味で。
        ん。こういうのは水が出る内に、元気な内にやっといた方が良いかなーってねー(ごっしごっし) -- ジェニー 2019-10-03 (木) 00:08:43
      • そういや売りもんだべな…生活必需品でもねぇのに勝手に貰って切っちまってええんじゃろか。今手持ちが心許無ぇだもんでなぁ…(一応カーテンの生地をチェックしている)
        うう、なんだか不安になる話だべ。せめてもこんままの状態を維持できんもんだべか -- 輝矢 2019-10-03 (木) 00:24:15
      • (横からスッと差し出されるプラケース…) (文房具売場から拝借してきた…アンゼン・ピンだ!) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 00:26:31
      • 服だって必需品でしょー。それこそ風邪でも引いて弱ったところに……なんて目も当てられないからねー。
        その為にみんな頑張ってるんじゃない。それにこんなことになろうがなるまいが、先の事なんて分かんないのは変わらないんだし。
        今出来ることを精一杯やるだけだよー。あっちモップがけしてくるから何かあったら声かけてねー(ごしごししながら指差した方へ進んでいった) -- ジェニー 2019-10-03 (木) 00:30:46
      • あんがてぇ…んだども、安全ピンで止まるだべかな…(布の重さや包もうとしている質量を気にする)
        なるほど、頭良いだぁ(風邪とかまでは気にしていなかったので感心する)
        (掃除しながら去っていく背中を見つめつつ)なんかどえれぇ立派なお人だなぁ…!おらと大違いだべ。どんにも、まだまだ危機感足んねぇだべ(自分の頬をつねった) -- 輝矢 2019-10-03 (木) 00:38:17
      • ゆったりめにすれば、金具が破損することは……無いと思う、たぶん…… -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 01:02:19
      • 透けねえカーテンだと厚めで重いのが心配だべな…(とはいえこのままだと行動も出来ないので、薄目で風呂敷に近い感じのカーテンを切って超乳を包んでみた)
        とりあえず隠せはしたべ、ありがとうだ -- 輝矢 2019-10-03 (木) 01:16:42
      • 男物の大きいのを探さないと……こういうの、量販店の弱いところ……(こくこく) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 01:22:02
      • いやー、ゾンビが湧く前の頃にも男物ば試してみたけんど、とても収まるようなしろもんじゃなかったべ
        特注頼む金も無ぇし辛いとこだべ(お化け状態から解放されて一息はついた)
        まんた同じ事にならんよう、カーテンの切れ端を幾つか用意しときてぇな -- 輝矢 2019-10-03 (木) 01:35:11
      • 私の言うのはもっとこう……ふくよかな方向けの……(オブラート。)……って、それこそこの近場にはないかー。
        ……手芸コーナーなんか無さそうだし、だましだまし繕うしかないですね……(ふわわ とあくびをして 状況が状況だけによく眠れてない具合) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 01:57:46
      • 知んねぇけどあるとこにゃ大きい体の人用のもあるんだべか…
        安全な内に寝た方が良いべ、見張りと鳴子はあるし。店の寝具売り場で寝るとええだな -- 輝矢 2019-10-03 (木) 02:16:53
      • ありますあります。胸囲が150とか160とか想定してるような……(また、大きなあくびをして) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 02:51:27
      • ――悪いけど、そうさせてもらいます。あんまり眠れないだろうけど……(ふらふらとした足取りで) -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 02:53:01
  •  
  • (ゾンビの死骸が撤去され、多少はマシになった売り場)
    (その中央付近で、床に転がった商品を棚に戻しては、傍らに置いたノートに何やら書きこむ)
    (そんな作業を繰り返している)ライトツナ4缶×12組で48缶。対カレーがバラで12缶。バラ―チキンカレーが… -- 真秀 2019-10-02 (水) 21:06:36
    • まほまほま真面目だなー…もしそこにある缶、どっか別んとこで拾ったらノートのとこ、書き直しになるのか?
      (ガラガラとカートを転がしながら通りがかる 中身は季節はずれの花火に…茶筒、釘、肥料…どうにも統一感がない物で) -- 夏樹 2019-10-02 (水) 21:14:39
      • (記す手を止め、ふぅ、と息を吐く)ホームセンターと言っても物資が無尽蔵にある、という事はないわね。特に食品は。
        お店は広いけど、その分、通路が広くて陳列の密度は薄いし…
        (それは大きな資財を運ぶための、大きなカートを扱うための配慮だが、この場合は有り難くはなかった)
        (そんな事をぼやしていると、声を掛けられ)似島さん…だったわね。まあ大雑把にしかチェックしていないわ。
        ここにある物で今いる20人が何日過ごせるか…それが気になってね。
        で、貴女は何をしているの?花火を茶筒に植えても育たないわよ? -- 真秀 2019-10-02 (水) 21:18:22
      • 倉庫の方も漁ってみりゃ、もー少しはあるんじゃねーかな?あっち手付かずみたいだし…
        たしかに、思ったより大量に並べてあるわけじゃねーんだなぁ…さん付けされる歳でもないけど、呼びやすいよーに呼んでくれていいぜ
        食事の回数とか量減らしたって、けっこージリ貧だよなー…それに、明日数えたら減ってるかもしんねーぜ?(盗み食いもありうる、と)
        へへー、今はナイショだぜー(にぃ、と笑うがお面の下なので見えず)つーか、地味に誤解されてそーだから今のうち言っとくけどな…おれ、男だぞ? -- 夏樹 2019-10-02 (水) 21:25:05
      • ええ、勿論そのつもりよ。尤も、そもそも食品店ではないからあまり期待は出来ないけれど。
        品物の種類は多種多様ではあるけど、それぞれを大量には置いていない様ね。
        ええ、そちらも好きによんでくれて構わないわ。呼ばれた側が分かる範囲でね。
        (言いながら作業を再開し)食事の量は贅沢にならない範囲にはしたいけど、体の大きな男性や、食べ盛りの子供達が多いのよね…。
        だから独り占めする様な人でも出ない限り、うるさくは言わないわ。そのかわり…(数秒、躊躇う)
        そのかわり、お店の外に物資調達をしに行く必要があるわ。恐らくは10日ももたないから。
        花火で火事とか起こさないでよね…って、え…?嘘…?(目を丸くする素で女性だと思っていたようだ) -- 真秀 2019-10-02 (水) 21:32:56
      • (給食センターから袋詰めのパンをリュックに詰められるだけつめて持ち帰ってきた、食料の確保こそできたが外部への連絡手段はない…)
        (食材を集めて集計している様子のアマホさんにそのパンを渡しつつ…ふとその顔を見る。) -- 2019-10-02 (水) 21:36:33
      • 後は、災害時の備蓄?とかいうので従業員とことか、警備員とこになんか保存食ありそうだけどな…ずさんな店じゃなきゃ
        んじゃあ、まほまほでいいなっ!改めてよろしくだぜ おれは友達にはナツとか呼ばれてる
        今はいいかもしんねーけど、そのうち食事量のことで文句言うやつが出始めて…揉めるぜ 映画のお約束パターンだ
        外、か…外で収穫があっても、ちょろまかす奴が出るかもな?実際より少なめに報告して…とか
        へーい、火遊びは程ほどに…だろー? なんだよ…ちんこ見せないと納得しねーとか? -- 夏樹 2019-10-02 (水) 21:39:20
      • (探索から帰ってきた静の差し出した沢山のパンを受け取る)こんなに!?すごいわね…。
        どれほど日持ちするかは分からないし、こういった物は優先して消費しましょ。
        (言いながらパンの個数をノートに書きこむ。…と、静の視線に気付き)
        …何かしら?あ、お腹が空いているのなら、早速パンを持っていけばいいわ。貴方の手柄だもの。 -- 真秀 2019-10-02 (水) 21:47:36
      • 災害時の備え、ね。それが出来ているかどうかは団体の規模によるけれど…。
        (母体企業がこのド田舎の店舗にどれだけ力を入れているか、を思うとあまり期待は出来ない気がした)
        まほまほ…。はぁ…いいわ、それで(溜め息を吐いてみせるも、幼い頃から何度もつけられた定番の徒名であった)
        ええ、その事態も懸念しているわ。この生活だと食事とシャワーくらいしかストレス発散の機会がないものね。
        (ちょろまかす発言には少々困った顔をして)その辺も各自の判断にまかせるしかないわ。そもそも…
        サバイバルにおいては、自身の生き残りこそが最優先されるべき事だから。
        (努めて冷酷に言うも、続く言葉には)見せなくていいわよそんなものー!?別に疑ってないから!いやちょっと疑ったけど…!
        (白い顔を真っ赤にして慌てふためくのだった) -- 真秀 2019-10-02 (水) 21:48:00
      • うーっす、おつかれ静にーちゃん。…シズ兄って呼んだ方がよびやすいな…おぉ、早速食料!!
        なんだよー、マホ様のがいいか?(それはそれで何か別の物を連想させそうだ)ん、まほまほでいいならそうしとこうっ
        そういや娯楽がねーなー…テレビもつかねーしゲームもできねーっ かといって外で遊ぶなんてもってのほか…くっそー(地団駄踏む)
        実際、自分が死なないよーにするので精一杯だしなー…今。 へへっ、ジョーダンに決まってんじゃん…見せるわけねーし
        さーて、おれはまだ材料たりねーから探しにいかねーと…なー、クレオソートってどこにあるんだー? -- 夏樹 2019-10-02 (水) 21:55:37
      • いえ、なんでも…(有名人を見つけたミーハーな一般人めいた反応はしないほうがいいんだろうな…と元々積極的ではない性格からか言葉をひっこめる)
        じゃあ、一個だけ…(袋詰めのパンを一つもらい、その場で開封して食べ始める…空腹だったようだ) -- 2019-10-02 (水) 21:57:15
      • 兄…(シズ兄と呼ばれれば、ふと兄の事が思い出されて…苦虫をかみつぶしたような顔でパンを咀嚼)
        …ナツくんは何を作っているんだ…?(さっきから食料ではない何かを、明確な目的をもって集めているように見えたので誰にともなくつぶやいた) -- 2019-10-02 (水) 21:59:40
      • まあ何も娯楽がないと言う事はないわ。玩具コーナーにはトランプやアナログのゲームもあるし
        文豪堂…書店には漫…本がいろいろあるわ。まあどちらもインドアなものだけどね。
        クレオソート…?聞いた事もないわ(何それ美味しいの?という顔)
        (頭の中ではグランゾートが変形をはじめていたが、もちろんそれは口には出さない)
        ってここで食べるの!?豪胆ね(死骸こそ片付いたものの、まだ荒れた店内。落ち着いて食事をする場所でもない)
        それに飲み物もないと喉を詰まらせるわよ(と、並べ直したスポドリのペットボトルの棚を指差す) -- 真秀 2019-10-02 (水) 22:03:36
      • それはできてのお楽しみ、ってなー! そっか、後で漫画漁りにいってみよっと…
        確かなんか、木材に関係してた気がすんだよなー…デイズゴーンでやってたんだ…(木材用の防腐剤である)
        よっしゃ、材木関係んとこ見にいってくるぜ…そんじゃなー!(がらがらがら、やかましくカートを転がして去っていった) -- 夏樹 2019-10-02 (水) 22:13:12
      • こんな状況じゃなきゃ、書店まるごと読み放題なんて願ってもないんですけどね。(読書は嫌いではない、暇つぶしとして示されたソレに頷く)
        …そうですよね…(慣れて来てるのか?指摘されて自分でも驚く…食事をいつ取れるかわからぬ状況ならば場所など選んでいられないという事だろうか)
        それじゃあ、これもひとつ…(ペットボトルをひとつ、350mm程度の小さ目のものを選び流し込むように…食事スピードも速くなってきている) -- 2019-10-02 (水) 22:13:47
      • 漫画以外も読みなさいよ。小説に雑誌やムック――(何かを思い出したかの様に言葉が止まった)
        (クレオソートに関しては聞いてもよく判らず)そういうものなら資財か、塗料のコーナーじゃない?(としか言えなかった)
        あの子、いったい何をする気なのかしら…?(静にそう言いながら、カートを押し行く背を見送った)
        読み放題はいいけど、生存に必要な物以外はあとでちゃんとお金を払うのよ。
        (がっつく様に食べる様を見て)むぅ…。やっぱり食事は重要ね。エネルギー補給というだけではなく
        ちゃんと人間らしい食事が出来ないと、どんどん荒れて行きそうだわ。
        誰か、料理の得意な人でもいるといいんだけど。 -- 真秀 2019-10-02 (水) 22:21:17
      • …ふふふ…(話すことがことごとく理性的で、日常的で、庶民的…こういう状況でそういう人がいると、嬉しい…笑ってるのか?自分は?とはっと我に返る)
        失礼しました。…危ない事、しないといいけど。(真秀に続いて言う、なにせ初めてナツを見たときはお面をかぶって血まみれの手斧を持った状態…はっきりいって自分よりこの状況に適応し…楽しんでいるように見えたゆえの危機感)
        生存者にそういう人がいればいいんですけど…(家事をこなして独り暮らし…といってもせいぜい炒めたり焼いたり煮たり…一通りのことくらいだ、物資も限られた状況では手の込んだ料理はできそうもない…と俯く、そうしてパンを平らげると
        …少し、休みます。(食ってすぐ寝ると牛になるというが、寝て怪我を治すことも重要なはずだ…寝床は女性や子供が使うべきと考えたか売り場の角にもたれるようにして寝る) -- 2019-10-02 (水) 22:38:11
      • な、何よ…。大丈夫…?(急に嗤い声を零した静に、少々ビビりりつつも心配はする)
        ダメって言っても危ないことするわよ、アレは…。だって小学生の男子だもの(基本バカなのよ、と付け加える)
        私も料理はできないわ(出来合い、レトルト、外で食べる。そんな食生活を思い出す)
        お疲れ様。ゆっくり休むといいわ。心身ともに…ね。
        (急に笑い出した事を、精神的に疲れてるのだと解釈した様だ!)
        って、寝るのもここなの!?それならせめて寝具売り場に…ああもう!
        (またたく間に眠りに落ちる静を見、放置するのも気が咎めた)
        (仕方ないので、寝具売り場から毛布を持ってくると、静かにかぶせておく)
        まあ流石に運べないし。…さて、次はティッシュとトイレットペーパーの個数を…
        (ノートとシャーペンを持って、日用品売り場へ歩いていくのだった) -- 真秀 2019-10-02 (水) 22:46:44
  •  
    • (店内の小規模な一角。時計コーナー。表示の消えたデジタル時計。針の止まったアナログ時計を掻き分けて。
       その中から、散乱した腕時計の類を、一つ一つ、手にとっては振る、裏面を見る、などと、一見奇妙な行動。
       ――手巻きでも、自動巻でも。機械式時計というものを、この店舗が取り扱っていることを期待しての行動だった。)
      ……というか、どうしてアナログ時計まで? ……電池の組成でも変わってる? -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 21:33:08
      • (なお、時計コーナーチェックの結果は、『地元のヨド◯シには売ってるのに。クソ田舎が…!』という顔でお察しして欲しい。見落としの可能性はある。) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 21:57:17
      • ホームセンターの時計なんて値打ちモンはあんまりないんじゃないか?(酷い勘違い) -- 武名 丞弥 2019-10-02 (水) 22:14:39
      • ちが…ヨ◯バシなら…1万円切ってるやつがふつうに売ってて… (ハズレの時計を手に) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 22:18:20
      • (すかさずカメラを構えてスイッチ)お嬢ちゃん気を付けな、カメラってのは欲しい絵を作る為の道具なんだよ、事実がなんであれな?・・・因みに今のは撮ってないから安心しな(からかう調子)
        ・・で?止まってる時計なんか見てどうしたんだい? -- 武名 丞弥 2019-10-02 (水) 22:23:32
      • ……? ……。(ジト目で 胸元を隠して)
        ……動く時計を、探してるんです。巻く……やつ……。(何やら機械式やゼンマイ式というワードがパッと出てこない)
        地元のちょっと大きいお店なら、売ってたんで。あの、太陽使う……日時計とか、ちゃんと作れるかわかんないし。 -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 22:28:23
      • 機械式か?(電池切れがなく身に着けている限り止まる事のない自動巻きの機械式腕時計・・・実はいう程レアではない、お高くはなるが5万もあれば確実に手に入る代物だ、ホームセンターだと流石に難しいが)
        そうだなぁ・・確かに、こういう状況下でも動いているのはそれ位だが・・・(共に戦場を駆け抜けたチープカシオも今はうんともすんとも言ってくれない)
        機械式は並みの量産品じゃ日ごとに結構ズレて正確じゃない、おまけに自動巻きでも身に着けていなければ三日くらいで止まっちまう
        (ぼやきながら外を見て)・・・外を徘徊してる奴らからもぎ取るのが、案外現実的な取得方法かもな -- 武名 丞弥 2019-10-02 (水) 22:49:51
      • (セイコーやオリエントなどの機械式は手に取りやすい価格のモデルもあって実際安い。安いが……ここは田舎のホームセンターなのである!)
        ――もぎとる。(その手があったか、という顔)
        狙うなら、お金持ちそうな、あとそういうの好きそうな……大体、男の人かな。(真に受けている) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 23:02:26
      • (腕時計の本体を摘まむようにして)機械式は必然的にクォーツより分厚くなる、あと当然だが表示がデジタルじゃない・・・その辺りが外から見てわかる指標か?後は動いていりゃ決まりだ
        まぁマジでやる奴なんかそうそういないだろうがなー(こちらは軽い冗談のつもりだったようで、特に気にした様子もなく去っていく) -- 武名 丞弥 2019-10-02 (水) 23:11:37
      • ……ありがとう、おじさん。次に外に出た時、探してみます。
        ……急いで取り外すなら、斧もほしいかな……?(一方、ふつうに腕ごと奪取する算段を立てているじょしだいせい…) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 23:19:04
  •  
  •  
  • (ゾンビーの襲撃ウェーブが一段落ついた昼下がり、猟銃を、血の滴るストックを下に向けて持ち、左肩に何か入ってそうな袋を提げた女性が、中の様子をうかがっている。)
    (開くまいかとドアに手をかけたりしていたが、そのうちおもむろにフルスイングの構えをとりはじめた) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:17:59
    • あの、何か…(バリケードを突破するつもりに見えた、おそらく生存者…に声をかける…が、後悔した…銃を持ってるなんて…) -- 2019-10-02 (水) 00:32:40
      • (――そのまま、ホームセンターのドア――おそらくガラス製のそれへと、猟銃のストックを叩きつけんばかりに、思い切り振り抜く――)
        (……その先端は、ドアを掠めたが、そのまま大きく背後まで振り抜かれ――まばらに、それでも生者の気配を敏感に察知し寄ってくる、
         ゾンビの頭へ、横殴りに叩き付けられた。ゴッ、くしゃり、という音とともに。)
        あ。
        ……ここ、開いてますか?(青年に 気づく) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:36:32
      • 入口辺りに人がおるなぁ…ちっとんべ出て行けん、待つべ(ゾンビドッグのせいでほぼ裸に剥かれた女が少々離れた所に隠れて様子を見ていた) -- 輝矢 2019-10-02 (水) 00:42:27
      • うっ…(容赦なく砕かれる頭…それが日常になっているのに眩暈がしたが気をしっかり持ち…)
        ここは、開いてませんが…(裏口やら、通気口やら…とりあえずゾンビが出入りできそうもない場所から出入りして、入り口はバリケードで塞ぐ応急処置をしたと話す…でないとこうやって外から物資を持ち帰れないからだ)
        (何かしらの物資をつめこんだリュックを背負った少年、太ももに負傷しているが応急処置で血は止まっているようだ… -- 2019-10-02 (水) 00:46:46
      • なるほど。開いてない。(はあく。)
        ……わたし、決して怪しいものではありません。こうして、食料も持っています。お分けできます。(かぷめんの詰まった袋を見せる。探索の成果。)
        避難所の場所がわからないので、身を寄せるところを探しています。入れて頂けますか。(ガラス越しに、切に切に。無造作にぶち割ろうとしていたことも忘れて。) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:51:24
      • そういや出かける前からどこでん封鎖しとったべ…入れるんはどこやったけ…一度聞いたんやけんど(段ボール的なものが落ちていないか周りを探っている) -- 輝矢 2019-10-02 (水) 00:57:12
      • ……(楽観が状況判断を鈍らせるなんてよくある話だが、疑ってかかっても始まらない…なによりついさっき「入ろうとすれば入れる」という力と武器を見てしまってからでは下手に断れば略奪者に早変わりしかねない…)
        僕が代表というわけじゃないですし、決める権利もありません。(表面上そう答えるが…)
        ただ、「僕が間抜けで後をつけられた」ならそれは僕のミスです…(とだけ言って、なるべく目立たないようにした出入口…場所は伏す。に向かう…「入る気があるならついてこい」ということで、なるようになれという行動だった…後は野となれ山となれだ。) -- 2019-10-02 (水) 01:00:37
      • (まあ、周囲をぐるっと一周りすれば仮の入り口は簡単に見つかるだろうけど。無断で入って、いざこざが起きると困るし。という顔) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 01:00:53
      • ……、ありがとうございま(よっこらせー)す。(入った。) (おじぎした。)
        ……ここって、リーダー的存在とか、いないの? ですか? -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 01:03:29
      • あっこだったか…!そういやそうだったべ(ボロボロの段ボール片面を一枚見つけたので前に構えているが、残念ながら胸のサイズはそれを遥かに超えている。しかし止むを得ない状況)
        (という訳でなにやら話し込んでいる横をそそくさと通り抜けて入っていく事にした)はい、すまねえだ、ちょっと通らせてもらうべ(隠れながらスーッ) -- 輝矢 2019-10-02 (水) 01:15:42
      • 一応警官だとか、刑事さんだって人ならいますが…(誰を代表にしているか、という点もよそのグループやこうした個人の避難者を受け入れる点で不便なんだな。と言われて気づく、しょせん中学生だ)
        それに、みんながみんなずっとここに居るわけじゃ…(自分のように周囲の探索に足を延ばす人もいれば、この拠点の防衛についている人もいる…しかしそれも個々の判断だ)
        …僕はこれで。(とりあえず怪我を治療しないと…と一階の詰所へ救急箱を持って向かう。) -- 2019-10-02 (水) 01:19:02
      • 警官……刑事……。(……猟銃は、没収されるのだろうか、と表情を強張らせて)
        あ……ごめんなさいね、時間を取らせて。ありがとう…… (見送った 視線の先に 痴女がいて)
        (ぎょっとなる。) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 01:24:15
      • (やだ……ここもしかしてそういう自棄になった人たちの巣……?という青褪めた顔) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 01:30:52
  • (前日の惨劇のあとが残る店内。倒れた陳列棚をよけるようにして、足音をさせないよう歩く)
    (相変わらず片手には手斧。そして反対の手には…買い物カゴを)…また動き出したりしねーだろなぁ…動くなよ…?(ゾンビの死体付近を通り過ぎ) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 21:17:57
    • …死んでるな?(棒で軽くつついてみるが、やはり動く気配はなく)もー、どこが何売り場なのかわかんねーし
      散らかりっぱなしってことは、店員も生き残ってねーのかな… 腹、へった……(朝から食事らしい食事もとっていない 保存食か飲み物でもないかと売り場を物色する) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 21:26:50
      • うー…(一夜明け、店舗部を訪れて見れば、そこは言葉を失う程に荒れ果てていた)
        (綺麗に陳列されていた品々が散乱しているのは、まあいい)
        (しかし、ゾンビ。そうよばれた怪物達の死骸がそこら中に倒れたままになっている)
        (しかも死体は怪物になる前にあちこち噛みちぎられた跡や、ここでの戦いの跡だろうか、沢山の傷跡や破損が見られる)
        (正直、見るのを躊躇うレベルでグロい。病院通いが長いため、怪我や出血にはある程度耐性はあるが…)
        しかも、なんかジェイソンじみた子までいるなんて…
        (斧を手に店内を歩く仮面女児の姿を眺め、困惑の顔になった) -- 真秀 2019-10-01 (火) 21:27:34
      • お、ラッキー…(水のペットボトルを拾いあげると、カゴには入れずリュックに突っ込んだ どうやらカゴは防具のつもりだ)
        流石にこんな状況で金払えー、とか言われねーよな? フランの分も幾つか確保しねーと……
        (きょろきょろ、まぁ人目なんて無いだろう…と見回した先、真秀と目が合った)っ……!! なっ、おまっ……あ、あれ? ゾンビじゃねぇ…?(身構えようとして、その姿がまともな事に気づき) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 21:34:00
      • うえぇぇ…(ほんの少し目を開けても居られない惨状、匂いもきつく嗚咽を何度も誘われて早々にグロッキー状態) -- 十字架姫 2019-10-01 (火) 21:35:06
      • (眺めていると、どうやら仮面少女は商品を漁っている。であれば少なくとも怪物ではないはずだ)
        (しかし、火事場泥棒みたいな子だったらどうしよう?そんな考えが頭をよぎり、声を掛ける事を躊躇っていると)
        えっ(急に振り向いた少女と目が合ってしまった。いや、こちらからは目もよく見えないが)
        ま、待って!お、お金なら…ある、から…
        (斧を構えようとする仕草に被せるように、完全に盗賊扱いするのだった) -- 真秀 2019-10-01 (火) 21:39:41
      • は、お金……?(なんのこっちゃ、といった顔だが生憎お面で隠れている!)金ならレジにいっぱいあるんじゃね? …って、ちげーし!
        おれは暴徒かなんかかっ!まさか他にも生き残りが居たなんてなー…しかも2人?(ほっとした様子で斧を下ろす)
        店員がいるんなら、あとで金払ってもいいけどよー 今、腹減っててどうしようもないんだよな…だからと思って食い物捜してた -- 夏樹 2019-10-01 (火) 21:43:59
      • 違うの…?じゃあ、なんで顔を隠してるのよ?
        (どうも脅してきたわけではないと判れば、一度安堵の息を吐いてから疑問を口にする)
        まあ、そうね。救助が来るまでの間、ここの物を使わせてもらうのは悪くないと思うわ。
        もらった物を…そうね、何かに記録しておいて後で支払えば大丈夫かしら。
        (と、夏樹と会話していると、背後から呻き声が耳に届いた)貴女も起きたのね十字架姫さん。あんまり見ない方がいいわ。 -- 真秀 2019-10-01 (火) 21:48:01
      • (姫は1階の光景を直視できずに2階へとよろよろと上がっていった) -- 十字架姫 2019-10-01 (火) 21:48:34
      • ちょ、ちょっとどこ行くの!?上が安全とは限らないのよ?…気をつけなさいよ?何かあったら叫ぶのよ?
        (言いながら2階へ行く十字架姫を見送る。とりあえず2階から物音は聞こえないし)
        (それに死体だらけのこの場所に引き留めるのもどうかと思ったからだ) -- 真秀 2019-10-01 (火) 21:51:31
      • 何でって、顔齧られたりしたら最悪だし、こっちが攻撃した時返り血をモロに浴びたらどーなる?
        もしそれが目に入ったら感染すんだぜ、映画で見たからしってる!(映画知識だった)あぶねー奴も混ざってるかもだし、顔バレしたくないってのもあるけどな
        でもまぁ、1個2個なくなったからって誰も気付かないだろうけどなー… そっちの子、だいぶ参ってんなぁ…(早々に二階へ向かう十字架姫の背を見て)
        2階ってあいつら居ねーの?(つまりは、安全が確保されているのかと) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 21:55:18
      • あれって、昨日の…(スコップを手に二階から降りてくれば…お面と、血染めの手斧、あのときすれ違った…子供と…何人かいるのか?)
        それにゾンビも…(少なくとも見える範囲にゾンビらしきものはいない…そう見えた -- 2019-10-01 (火) 21:58:12
      • え…。防具って事なの、それ。その斧で戦う気なのね…。
        って、か、感染!?何が感染してるの!?たしかにゾンビに噛まれたらゾンビになっちゃうってよくあるけど…
        (うう、とうめいて近くの死骸へ目をやる。そもそも本当にこれはゾンビなのだろうか)
        と、とにかく私はそのあぶない人ではないわ。巻き込まれてトイレに立て籠もってたのよ。
        今、2階に上がっていった子と、もうひとり…なんかこう貞子っぽい子といっしょにね。
        だから2階の事はわからない。まあ、騒ぐ音も悲鳴も聞こえないから、生きたゾンビはいないんじゃないかしら? -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:00:14
      • 2階に逃げたグループ、けっこう居んのな…(十字架姫と入れ違いに下りてきた静の姿が見え、ようやく現状が把握できてきた)
        ここの商品使っていいなら、もっと便利そうな武器を調達したいけどなー…そう、感染!ウィルスだよ、どっかの連中が作った生物兵器とか、あとは宇宙から飛来した未知のやつ!(ますます現実味が薄れるぞ)
        まー、実際のとこなんなのかおれにもわかんねぇ… トイレも安全なのか、よかった…おれは倉庫の方に隠れてたけど、あっちはもう奴ら居ないっぽいぜ? -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:06:06
      • …一階にもいたんですね、生存者。(一階に降りて、会話する二人に声をかけ…)
        二階にも何名か生存者がいます、それに…その…自称警官の人の話によれば、この店の外…街中もゾンビで埋め尽くされていると…(だから外に出るのはまだ危険だと一番重要そうな情報をまずは伝える) -- 2019-10-01 (火) 22:10:16
      • そうだったのね…(夏樹の目線に釣られる様に、2階から降りてくる少年の姿を見る)
        (同年代くらいか?とりあえず人の言葉を口にしているし、ゾンビには見えない)
        武器って、物騒な事を言うわね。けど、身を守る程度のものを持っておく事には賛成するわ。…それに、喉も乾いた。
        (答えながら死骸を踏まないように入口へと歩く。ちいさな休憩コーナーに置かれた自販機の前へと)
        生物兵器だの、宇宙人だの、漫画の読み過ぎよ。それともアニメかしら?
        (なんとなく普段の調子を取り戻して、そんな軽口を叩きながら小銭を自販機に投入する)
        (そして午後の紅茶レモンティーのボタンを押す、も…)あ、あら…?ちょっと、なんで出てこないのよ?
        (自販機は動かない。というかボタンのランプが点いてすらいない) -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:14:22
      • そう。貴方も無事で何よりね。あのパニックを生き延びた運のいい人が多いのは何よりだわ。
        (自販機のボタンを何度もぽちぽちしながら静に言葉を返す)…って自称?いや、そこはいいわ。
        街中までゾンビだらけって、どういう事よ。そんなのまるで…
        (まるで、今しがた嗤った漫画やアニメじゃないか) -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:17:41
      • ひとまず、おれとフランの2人が…1階で隠れてた。他にも別の場所で隠れてるやつもいるのかもな(静に手を振りながら)
        そっか、外やべーのか…帰れねーじゃん、まだ。 でも警官がいるってのは心強いんじゃねーかな…銃とか持ってりゃ……いや、音がやべーか。
        でもよー、こっちも舐めてかかるとあいつらに食われちまうぜ?(武装は大事です、と主張する)でも、まずは腹ごしらえだなー…(元気が出ない)
        って、オイ…自販機壊れてんのかよ! 目の前にあってもこれじゃ手に入らないってことかー… -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:20:52
      • …だといいんですけど。(運がいい。に対してか、ぼそりと呟く…お面の子供の言う陰謀論を一蹴する少女の態度を見るに、街中ゾンビだらけというのも「自称デトロイト市警」から得た情報であることは伏せて正解だったと…自分だって半信半疑だ)
        電気を使う類のモノは使えないのか…(だとすれば、冷凍食品や飲料の類は早めに確保して使用してしまったほうがいいのか?と食品コーナーを見て)
        たしか、災害時のために自販機は開けられるようになってるって…(開け方?知らない…と思いつつもどこかに開閉方法について注意書きでもないか?と自販機を見る) -- 2019-10-01 (火) 22:23:55
      • もう…!(何度押しても紅茶を出さない自販機、その表面を平手でぺちっと叩いてあきらめた)
        緊急時の開きかた?そういうのもあるのね…もちろん私もしらないわ。
        ともあれ帰れないにしても、みんな家族に連絡くらいはとらないと…(言いながらスマホを取り出し電源を押す)
        (しかし、スマホは依然として無反応)なんでこれも動かないのよ…。
        仕方ないわ。お店の商品を食べさせてもらいましょ。…と言っても生鮮食品なんかないわよね。
        (しょせんそこはホームセンター。レトルト食品や、お菓子くらいしかない) -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:27:46
      • (遅れて2階から降りてくる。惨状に眩暈を覚えながら、自販機の前で溜まっている一団を見つけて声をかける)
        2階。給湯室、水がまだ出るよ。自販機の飲み物は保存がきくから、水道が生きてるうちは、そっちを使ったほうがいいと思う。 -- 山田 健一 2019-10-01 (火) 22:30:08
      • (山田の声に2階に生存者が多くいると聞いた事に納得する)給湯室…。なるほど、上はオフィスなのね。
        じゃあ、私は上でお水を飲ませてもらうわ。一晩中緊張していたせいで喉がカラカラなのよ。
        (そう言って、山田と入れ替えに2階へ向かおうとすると一度足を止めて)
        天穂真秀。中学2年よ。一応名乗っておくわね(と皆の方を振り返って名乗った) -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:36:06
      • よかった…(保存のきくものばかりなら、とりあえず当面の食料や飲料の心配はなく水道水も使える…と胸をなでおろす)
        ……いまのうちに入り口、塞いでおいたほうがいいですよね?(いまのところここには生存者だけ、ゾンビは外から入ってくるものとすればいらっしゃいませといった様子の入り口は真っ先に塞いでおきたいと提案) -- 2019-10-01 (火) 22:37:14
      • おれも自販機の開け方なんてしらねー…やっぱ売り場に並んでるやつもらおうぜ?
        そうだ、おれも電話…(ガラケーを開いてみるが、反応はなく)は…? 充電切れってことないだろー…
        災害用品のコーナーとかに、保存食の缶詰とかあるんじゃね? って、水道使えるのか!(じゃあトイレも使える、と) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:38:15
      • 山田健一。高校2年だ。(よろしく、と頷いて)
        うん。入り口は、塞いだほうがいいと思う。それと、死体も片づけたい。この気温じゃすぐ腐るし、何より気が滅入る……。 -- 山田 健一 2019-10-01 (火) 22:40:29
      • あまほ…?…セキ・シズカです…(どこかで聞いたような…?と首をひねったが、自分も一応その場にいるメンバーに名乗っておいた)
        …とりあえず、死体を片付けてバリケードになるものを用意しましょう。(食料の確保はお面の子供たちに任せて自分たちは力仕事をしたほうがよさそうだ、と山田に提案) -- 2019-10-01 (火) 22:42:39
      • 塞ぐのはいいけれど、その前にここの死体を外に出したほうがいいと思うわ。
        事件現場を荒らす事になる気もするけれど…。死体といっしょに避難生活は嫌だものね。
        (そう言い残して2階へ続く階段へと歩いて行く。死体の片付けを示唆するも自分がする気はなかった)
        (実はそんな体力がないからだが、それを悟られるのは嫌なので足早に去るのであった) -- 真秀 2019-10-01 (火) 22:46:08
      • まほまほ…? 変わった名前のねーちゃんだなぁ…(聞き間違いである)おれは、似島夏樹。ナツでいいぜ
        で、そっちが健一にーちゃんで、静にーちゃんってわけだな。よろしくだぜー
        ふむふむ、こっからは分担ってことになるのか…? -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:46:32
      • うん。分担、適材適所、だね。(入り口をふさぐ前に、まず死体を外に出さなくては)
        死体は動かす前に頭を刺して、間違いなく死んでる状態にしたほうがいいと思う。うっかりでも、噛まれたら終わりだと思ったほうがいいから……。
        それじゃあ、やろうか。(気の進む作業とはいいがたかったが、四の五の言ってられはしなかった。それに、昨日さんざん殺したせいで、感覚はかなり麻痺している) -- 山田 健一 2019-10-01 (火) 22:49:36
      • 危険って、外でまだどんぱちでもやってるのか?
        ほら、ナツに着替え持ってきたぞ  -- フラン 2019-10-01 (火) 22:54:37
      • (それぞれの名前を聞けば、みな生きていて一人の人間なのだという実感が湧いてしまう。もし…ゾンビになった時、名前も顔も性格も知った相手を躊躇なく始末できるのだろうか?そうでないゾンビすら仕留められなかった自分が…)
        あっ…はい…(そんなことを考えていたところ山田に声を掛けられ、生返事…必要があるとはいえ死体の頭部を潰すだけのことに想像しただけで脂汗が噴き出した)
        ……はい、食料探し…頼みます、ナツくん。(しかし、さっきの女の子や、ナツと名乗った子供もそうだが、子供たちに率先してそんなことをさせるわけにもいかない…自分がやらねばと腹に力を入れて気を保つ) -- 2019-10-01 (火) 22:57:54
      • なんか、けっこう大勢生き残ってるって分かったらほっとしたぜ… よし、そしたら最低でも人数分の食べ物探しだな…!
        外はドンパチしてねーと思うけど、多分人類が負けたなー(ゾンビだらけだ、と)おう、ありがとー あとでトイレで着替えるか…(フランから着替えを受け取り)
        じゃ、おれとフランは食べ物探しだな…なんかこう、保存がきかなそうな奴を優先しろってことらしい -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:59:24
      • 半ズボンで良かったよな?こっちがパンツ サイズは多分合ってると思う
        (ペコリとお辞儀をして)ナツが世話になりました(年上っぽいので敬語) -- フラン 2019-10-01 (火) 23:07:10
      • お、おう……(なんか母親と買い物来たのを友人に目撃されたみたいな、妙な感覚)着替えもだけど、風呂入りたいよなぁ…
        水道は生きてるって話だし、タオルで体拭くぐらいならできるんかな…(早速食料品のありそうな売り場中央部を目指して歩き出し) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 23:14:37
      • (着替えてないのでまだくさい)食べ物…あるのかな?お菓子とかペットボトルならあった気はするけど……
        バス用品売り場はあったと思う…あっちだ(ウェストエリアへの看板を指差して) -- フラン 2019-10-01 (火) 23:19:05
      • 食品売り場、案内板見る限りはあるっぽいぜー カップ麺とかレトルトとかでもいいし、最悪スナック菓子とかでも…
        んじゃ、食品回収がてらタオルも貰って…そのあと着替えてみんなと合流って感じか(ひとまずの手順を頭の中でまとめ)
        (道中、使えそうなものを回収し、自分のリュックに詰め込んでいく 食品類は買い物カゴに入れ、別で持っていくことにしたそうな) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 23:26:08
      • ほんどにえれえことになっちまっただなぁ…組合のみんなは無事なんじゃろか(階段に座って休憩している) -- 輝矢 2019-10-01 (火) 23:27:01
      • ひとまず朝ごはんにしたら、何がいくつあるか把握しとかないとな(トイレに行って着替えたが、その後ゾンビ犬に剥かれるとは思わないのであった) -- フラン 2019-10-01 (火) 23:37:11
    • (売り場中央部、衣料品売り場を物色する)
      なにこれ…戦争?まさかほんとにゾンビ?(恐る恐る通路を進むが衣料品売り場は視界が悪い)
      とにかく着替えを買わないと……でもレジには誰もいないな……
      ええい、勝手に持っていけ!(とはいえ両親が咎めるのか最小限)
      ナツのサイズってどれくらいだっけ……(一生懸命思い出して男児衣料品売り場でズボンと下着を物色する)多分これくらいだな(かごに入れる) -- フラン 2019-10-01 (火) 21:48:25
      • おぉーい、フランー! こっちに他の生き残りいるぞー!(呼ぶように声を張り上げている そっちの状況がまだ把握できておらず) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:22:18
      • ナツー?
        よかった、人がいたんだな……店員かー?(人がいると聞いて万引している気分になって思わず商品を隠しつつ大声で応える) -- フラン 2019-10-01 (火) 22:34:33
      • これから食い物とか探すみたいなんだけど、来るかー? それともおれがそっち行くかー?
        いや、店員じゃねーな、客っぽい! 2階は安全なんだってよー、あと外はやべーから出るなよー?(現状で得られた情報は共有すべきだろう、と) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:40:58
      • そっち行くよ!おなかすいた!!
        店員はどこ行ったんだよ…こう言うときいなきゃ意味ないじゃん!外?外がどうかした? -- フラン 2019-10-01 (火) 22:44:37
      • おう、分かった!待ってるぜー 外は、危険!き・け・ん!!(シンプルな言葉で伝える) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 22:48:28
  •  
  •  
  •  
  • 日没後、状況5
    ――結局のところ、ゾンビ達はあきらめる事は無い。
    安全を確保したいのならば、立ち向かい、排除するほかに手段は無かった。
    そしてそれを行った勇敢な、あるいは無謀な生存者の尽力により
    とりあえずの安全は確保された。
    ともあれ、怒声と悲鳴、騒音が響いていた店内が静かになった事により
    隠れていた者にもそれは伝わった事だろう。
    戦いの終わった店内、とにく店舗部分は荒れ果てている。
    それは主に障害物をろくに気にしないゾンビの仕業であったが
    商品の何割かは破損し、何割かはゾンビや被害者の血肉で汚れている。
    そして床には、生存者達に倒されたゾンビの残骸が横たわり
    じくじくとした、血…のような赤黒い液体を床に広げている
    そして、そんなタイミングで日没が訪れた…
    紅葉区の夜は暗い。バスの最終便の時間はもう過ぎた…動いているかは疑問だが。
    そして何処にゾンビが潜んでいるか、分からない。なにせ外から逃げてきた者もいるのだ。
    どうやら今夜は、帰れそうもなかった。 -- 2019-09-30 (月) 22:57:06
    • 状況描写はこれで終わりです。お疲れ様でした。
      あとは翌日までのRPをして遊ぶなり、交流するなり、撤収するなり自由にお願いします。
      ツリー生やしたりするのも普段通りテキトーに! -- 企画ニリン 2019-09-30 (月) 22:58:32
  • もはや時刻など気にしている場合ではない。状況4
    状況4怪物たちの動きはどこかぎこちない
    入り口からのたのたと入ってくる奴、何を探しているのか周囲を見回す奴
    ショーウインドゥにぶつかる奴、そのままウインドゥに倒れ込み、割って侵入してくる奴
    冷静に見れば、その動きは遅く、さしたる脅威とは言えないかもしれない
    しかしその姿は人の恐怖を喚起するのに相応しい。
    理性を失った野獣の様な形相、紅く輝く瞳、剥き出しの歯と溢れる唾液
    全身のあちこちが食いちぎられ、夥しい血に染まったその姿は
    歩き、人を襲う、惨殺死体――そう、亡者の姿だ。
    そんな姿を見て、客のひとりが叫んだ。
    「何だよこれ…。まるでゾンビじゃないか!」
    ゾンビ達はその叫び声に釣られる様に一斉にその客に群がり、血と肉の塊にした。
    そしてゾンビ達はじわじわと数を増やしながら店内を徘徊しはじめた!
    -- 2019-09-30 (月) 22:27:22
    • 店の品々をひっくり返し、棚にぶつかって自分もろともに倒したりしながら、ではあるが
      一方、店の奥からも、スタッフオンリーと記された扉を体で押し開きながら
      怪物、いやゾンビと化した社員や警備員達が数体姿を現した
      逃げるか、隠れるか、それとも…命を賭けてゾンビ達に立ち向かうか。
      この後の行動は、状況の推移は、生存者達自身の判断に委ねられる。 -- 2019-09-30 (月) 22:39:26
    • (バックヤードの扉を蹴る、段ボールが適度に積まれ視界が幾らか悪いものの、従業員の導線が確保された割と広いスペースにはやや籠るには不適で…慌てて手近にあった部屋に駆け込む……その名は従業員用トイレ!)
      (ドタドタドタ……と駆け込めば、汚れも気にせず座り込み)……ゼヒュー!カヒュー!………流石に重い!腕きっつ!腕残ってる!?2人とも無事!?あいつらなんなんだろね!?何事!?(未だ興奮冷めやらず、ちょっと大声で無事を確認) -- うらみん 2019-09-30 (月) 22:44:32
      • 何って……ゾ、ゾンビ…?(耳に届いた叫び声はそう言っていた。まあ、それを鵜呑みにしていいのかどうかはわからないが)
        (ともあれ従業員用のトイレに入り、十字架姫を便器の上に座らせて、その場にへたりこむ)
        (気の動転、よりも体力の方が限界だったが、それを言っている場合でもないのはわかる)
        (よろよろと立ち上がると、掃除道具入れからデッキブラシを取り出し)…無事よ。貴方のお陰でね。
        (荒い息を吐きながらも、どうにか冷静さを取り戻そうと普段のキャラを造る事に努めるのだった) -- 真秀 2019-09-30 (月) 22:49:25
      • ぜぇ はぁ…急に誰か、他の人とびついておかしくなって…いっぱい悲鳴…(時々聞こえるうめき声に耳をふさいで)
        そ、そうだ おねえちゃん たち ありがと 姫たち助かったんだよね ね?(きっとすぐに救急車や警察が来て皆納めてくれる
        テレビで見たそうした番組を信じて姫は二人を見つめている) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 22:57:03
      • 頼れっ…るっ…ヒュー…お姉さんだからねーいえぃ☆(息絶え絶えにVサイン、怖いのも疲れたのもあるが、一先ず落ち着いたという安心感が勝っているようで)
        しっかしゾンビ…ゾンビかー…まぁあんなのゾンビとしか言えないけどー……うらみんてば和風な感じなんで洋風なのは似合わないし早く帰ってくれないかなー……はぁ、とりあえず救助待ちかぁ…助かるからもうちょい休憩ー☆…(一応脇に抱えた釘と金づちはある……が、幾ら何でも接近戦はごめん被るとモップを取り出し)
        はぁはぁ……あ、うらみんていうのは私のあだ名でねー!うん、二人もうらみんて呼んでねっ☆お姉ちゃん姫と妹ちゃん姫! -- うらみん 2019-09-30 (月) 22:59:05
      • (トイレの入り口のドア、取っ手にデッキブラシの柄を差してつっかえ棒に)
        (した後で、十字架姫の元に戻り、守るように、もしくは縋る様に震える腕で抱きしめる)
        だ、大丈夫よ。ここは日本よ。子供1人遭難したって数百名で捜索する国よ。
        こんな大事件だか大災害だかほっとくわけないわ。すぐに救助が来るわよ。大地震だって停電だって…
        (不安を誤魔化すために早口になってしまう。しかしうらみんの軽口を聞くと、はぁ…と溜め息を吐いて)
        和風って、着物を着て刀を振り回すゾンビってこと?そんなのが出ても困るけど…
        うらみん…本名は?ああ、私は天穂。天穂真秀よ。
        (十字架姫からそっと体を放して、自己紹介) -- 真秀 2019-09-30 (月) 23:07:20
      • ぞんび っていうの? ゾンビこわい…(真秀に抱きしめられ思わず抱き返す姫、二人のやり取りのおかげで
        急に取り乱すようなことは避けられそうだ) わふ?うん、早く静かになってほしい、ね うらみんおねえちゃん、と…まほおねえちゃん!
        姫はね十字架姫(クロスヘッドプリンセス)っていうのひめちゃん、でいいよ(真秀が離れたのでこんどはうらみんの袖をぎゅっと掴んで) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 23:15:49
      • 自衛隊も優秀って聞くしねー!だいじょぶだいじょぶ、きっといい思い出話…
        というには思い出したくないけどまぁそんな感じになるっーあぁまだ足ガクガクすんねー……つめてつめてー(個室に3人、ぎゅうぎゅうだが人に触れて安心感)
        え……本名教えてもちゃんとうらみんて呼んでくれる?お堅そうだからな―…まー本名ウラ・ミンっていうんだけ…
        …はい!浦見玉枝!うらみたまえ!!恨みたまえで覚えてね!もー怖い顔しないのマホマホ!
        そしてよろしくマホマホとヒメちゃん!…まぁ流石に数時間ぐらいは覚悟して引き籠るんだから仲良くしようねー
        (それでも解決しなかったらどうしようか……食事も無いここで、助けが来なかった場合のことを考え、少し汗ばんだ片手で十字架姫の手を握り、残る片手をマホに差し出した) -- うらみん 2019-09-30 (月) 23:20:09
      • 十字架姫、知っているわ。有名だものね。それに――…
        (言葉を止める。病院で見るたびに十字架をひっこ抜いてみたかった!とは言えない)
        …――それに、同じ病院に通っているから(なので無難なことに言い換えた)
        う、うまみたまえ?なんで恨んで欲しいの…でなくて、ああ、うらみさん家のたまえさんね。
        まあ、感謝はしているわ浦見さん。貴女が声をかけてくれなければ、私は十字架姫を置き去りにしたかもしれないもの。
        本来、こういった局面においては、自分が生き残る事を最優先にするべきだしね(…と、ソウナンですかで言ってた!のは内緒)
        (差し出された手を見ると、むぅ、と唸るも。そっと手を取った)
        …外、静かになったみたいよ? -- 真秀 2019-09-30 (月) 23:34:05
      • うらみたまえ やっぱりうらみんが言いやすくてすき そうなんだ、自衛隊っていうひとも来てくれたら
        怪我の人もみんな病院に運んでもらって 助かるよね 姫あんしんできるよね…
        うん…おねえちゃんたちがいるから姫だいじょうぶ…(短時間で様々なことが起きたせいか、頭に刺さった十字架が脳に負担をかけたかまぶたが重たげ)
        なんだか ねむくなっちゃった…おねえちゃん、少し寝るね…だいじょうぶ 痛いところとかない、から…(便座にもたれかかり気絶するようにぷっつりと意識が途切れる姫) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 23:36:25
      • そーそー、そういう名前なんだよねー!親に名前を感謝しつつも可愛くないからね!恨まれちゃうからね!むー、み派はすぐに言うことを忘れるしょうがない子だな…コールミーうらみん!こっちのがかわいい!
        十字架姫……有名……?……あー、なんか昔ニュースで聞いたような…え、アクセじゃなく刺さってんだー!それ!抜いてみたいねー!
        あ、なに煩い!?……気づかれるのも超怖いからね…静かに静かに…ヒメちゃんも静かに……寝ている……うん…めっちゃ走ったもんね…うん
        ……じゃ、まぁ二人ですぐトイレに戻れる範囲でひっそり探検に……レッツゴー(小声でひそひそと、抜き足差し足でトイレを出る…果たしてこの先に何が待っているのか…とりあえずうらみんはここで背景と化すのであった…)
        TobeContinued・・ -- うらみん 2019-09-30 (月) 23:44:34
      • 別に徒名でよび合う様な仲ではないでしょう(ようやく普段の調子を取り戻すついでに、近寄り難いムーブ)
        ええ、彼女は十字架姫…とよばれている爆発事件の被害者よ。本名は誰もしらないわ。
        って、抜きたい…じゃなく抜いたらダメよ!?刺さったままって事は抜けないわけがあるんだから!
        たぶん抜いたら中身が傷つくとか、中のアレが出てきちゃうとかそういうのだから!
        (慌ててうらみんを制止しつつ、十字架姫を見ると寝ている…)な、なんで寝るの!?ちょ、こ、こんな状況で、しかもトイレで…!
        こ、これって、また私達で運ぶことになるんじゃ…(このあとめちゃくちゃ運搬した) -- 真秀 2019-09-30 (月) 23:53:36
    • (『ゾンビ』。熱に浮かされたようになった頭で、なるほどと思った。まさしくそのものだ)
      (店内を徘徊するゾンビたち。2階に続く階段からも転がり落ちてくるのを見て)
      (『ああ、どこにも逃げ場などないのだ』 そう思った)
      (先ほどの体験を反芻する。頭を刺した。『それ』は――『もう人間じゃなかった』――『ゾンビ』は死んだ。剪定鋏を握りなおす)
      (家族の姿を思い浮かべる。無事でいるだろうか。また会うためには、生き延びなくては)
      (そうだ。生き延びるためには)戦うしか、ないじゃないか(狂気じみた必死さが滲む声とともに、手近なゾンビの頭に鋏を突き立てる。何度も。動かなくなるのを確認しては、もう一匹)
      (学生服の青年は、立ち向かうことを選んだ) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 22:44:54
    • やっべ…!(従業員エリアは未知の領域、だが扉が隔てていて多少は安全か…そう思ったそばから扉を開けてゾンビが出てきた)
      (慌てて売り場の商品の影に身を隠し、そっと様子を伺う…暫く観察しているとどうも思ったより鈍い)
      ………あっちいけ、あっち(手近な商品を遠くに投げ、音で注意を引いた隙に 扉に滑り込む…向かうは倉庫だ) -- 夏樹 2019-09-30 (月) 22:48:36
      • (倉庫内ならゾンビが登って来れない高い棚も多い、最悪そこで暫くやり過ごしてからどこかへ逃げよう…ぐらいの考えだった)
        さすがに搬入用の駐車場とのシャッター閉まってんのか…?(騒ぎも悲鳴も聞こえなくなってきた。生存者側の勝利、という展開は知る限りで可能性が低い)
        鍵かけられそーなとこに篭って、ちょっと様子見だな…落ち着いたら家に電話とかして…(まだ携帯が繋がらない事には、気付いていないのだ)
        (暫く倉庫を物色するように彷徨っていたが、なにぶん暗くて視界も宜しくない…そんな中で見つけた警備員の詰め所に身を隠すことにした)…タバコくっせぇ…… -- 夏樹 2019-09-30 (月) 23:18:44
      • (詰め所の扉が開く音に身体がこわばる)
        (明かりらしい明かりもなく、入り口にたつ人影は仮面をつけてとても不気味に見える)
        く、くるなぁ!(見つからないように床に座り、縮こまった姿勢のまま、手に持っていたものを人影に向かって投げつけた) -- フラン 2019-10-01 (火) 00:10:10
      • ぎゃっ!?(がつん、といい音がして…フランの投擲した何かはお面に直撃した。仰け反るように倒れる人影)
        …いってぇぇぇ…なんだよいきなり……(ずれたお面から覗く顔と、聞こえてくる声は覚えのあるもので) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 00:15:17
      • くるなっ!こないで!ばかっ!!!(ぺたぺたと床を手で探るが、もう投げられるものはない)
        (目をつぶって大声で威嚇しながら両手をぶんぶん振り回している) -- フラン 2019-10-01 (火) 00:21:04
      • (斧を拾い上げ、よろよろ立ち上がり)っつー……てか、その声フランか?
        ナツだよおれ…ほれ、わかんねーかな?(暗いけど一応お面外してみせる)外はやべー事になってた…
        とりあえずここに隠れさせてくんね? あんま騒いでっと奴らに気づかれそうだし…(きょろきょろと周囲を警戒する) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 00:29:19
      • (斧を拾い上げる様子にひときわ大きく悲鳴を上げ)……ナツ?
        ほんとにナツ?なんでナツがいるんだよ……(ホッとすると同時に尻が濡れているのに気づき、赤面して隠すように膝を立てて身体に寄せる)
        なにあれ?ヘンシツシャ?ちょ、ちょっとだけ、怖かったんだけど……(いつものように歳上らしく振る舞おうとしてしているが、不安そうな様子で思わずナツに手を伸ばす) -- フラン 2019-10-01 (火) 00:35:48
      • なんでって、遊びにいった帰りに近所のおっちゃんにここまで送ってもらって…そしたらこんな事になってて…
        おれだって、わけわかんねー…(ぱたん、と詰め所の中に入ると後ろ手にドアを閉め…鍵をかける)
        ゾンビがほんとに居たなんてな…って、どした?(何か隠すような仕草を気にしつつも、手を握り横に座る)
        …どっかに懐中電灯ぐらいありそうだな ここ、警備員が居るとこだろ? -- 夏樹 2019-10-01 (火) 00:42:49
      • な、なんでもない!(ブーツの踵を尻に押し付けて床の水たまりを隠す)
        あ…(隣に座ろうとするナツに少し逡巡するものの、恥ずかしさや遠慮よりも不安が勝り、肩をくっつけるようにして手を強く握る)
        ぞんび…?ゾンビってあの?(ぷっと吹き出す)ゾンビって…ナツはいつもゲームの話ばっかり(緊張が続いたせいか、いつののナツらしい冗談だと思いクスクスと笑う)
        わかんない……僕も急いで逃げてきたから……警備員の部屋ならあるんじゃないかな? -- フラン 2019-10-01 (火) 00:49:44
      • なんか、タバコ以外にもミョーな臭いが…?(だが今はそれどころではない、張り詰めていた緊張が一気に崩れ)死ぬかと思った…
        って、うわつめてっ…ここ濡れてんじゃん!(隣に座れば当然そうなってしまう とはいえ急に立ち上がることもできず)
        はー!?冗談じゃねーって、マジで見たんだからよ 客をむしゃむしゃ食ってんの…おっちゃんだってやられちまったし…
        後でちょっと探してみるか…使えそうなもん色々あるかもだし、ってゆーか着替え! ズボン濡れた… -- 夏樹 2019-10-01 (火) 00:56:38
      • 食べるって…うっそだぁ!噛み付いてるところはみたけど、ヘンシツシャだからだよ
        あ…ご、ごめん!ごめんね!(急いで立ち上がる)ご、ごめん……(普段自信満々でみんなを引っ張っていくお姉さんといった様子から想像できないくらい真っ赤になってオロオロしている) -- フラン 2019-10-01 (火) 01:02:28
      • フラン、けっこう早い段階でここ隠れたのか…? 店ん中も売り場とかマジでやべー状態だから…覚悟しといたほうがいいって
        え……なに、フランもしかして……(その反応から色々察せられはしたが、その先を言わない気遣いぐらいはできる 自己中だけど)
        あー、えっと…なんだ!脱いで干しときゃ明日には乾くだろ!(すっと立ち上がると、仮眠用の布団を見つけ それで隠すようにしてズボンを脱ぎ)
        プールの着替えの要領だぜ…うわ、この布団おっさんの臭いする…(幸い布団は2つある そんなこんなで初日の夜は過ぎていったとか) -- 夏樹 2019-10-01 (火) 01:08:31
      • う、うん…それでその…ずっと我慢してて
        着替えは、アウトドアのところとか服売ってる場所に行けばあると思うけど(今行くのは怖いな)
        布団まであるんだ?警備員はここで寝てたのかな?(真似してスカートと下着を脱ぐ)
        (布団にはいるが静になると部屋の外の物音がよく聞こえ、最終的にナツの布団に潜り込んで手を握って寝た) -- フラン 2019-10-01 (火) 01:13:06
  • 午後5時すぎ、状況3
    人々はただただ己の安全を求め、それぞれに、衝動的に、発作的に、勝手な行動をはじめた。
    その多くはとにかく逃げる。危険のある場所から離れるというものだった。客だったものに果敢に立ち向かった店員を生贄に、店外に逃げ出しはじめたのだ。
    そんな客の1人が、店を出る前に転倒した。つんのめる様に頭から床に倒れ込んだ。
    転んだ客は、痛がるよりも不思議そうに、そして不可解そうに何もない場所で躓いた己の脚を見詰めた。
    …足首が、掴まれていた。
    客だったものに最初に首を食いちぎられた店員の、血塗れの手でがっしりと掴まれていたのだ。
    そして息絶えたと思っていたその店員の目、真っ赤な目が、そして剥き出しの歯が自分に向けられている事に気付いた。
    反射的に振りほどこうと脚を振る転倒客だが、血塗れの店員の力は予想以上に強かった。
    店員の歯が転倒客のふくらはぎに深く食い込み、また、犠牲者が増えた。
    一方、店外へと逃げた客もまた悲惨な状況に陥っていた。
    駐車場には、客だったものと同様におかしくなった人間達が何体も押し寄せてきていたのだ。
    客の多くは自分の車に乗って逃げようとしていたが
    エンジンが掛からない、シフトが効かない、そもそも電子ロックが開かない
    といったトラブルに見舞われ、それらにまごついている間に
    怪物達に近寄られ…なすすべなく、あるいは抵抗むなしく
    全身に喰らいつかれ、倒れ伏すのであった。
    そして、倒れた者はややあって立ち上がり…。血を流しながら、店内へ向けてヨロヨロと歩み始めるのだった。 -- 2019-09-30 (月) 22:01:30
    • そういうことか…(さっき見かけたお面は、駐車場がこうなっているから店内、それも奥へと一直線に…)
      (そう直感させる光景が広がっていたのならば、入り口に向かうことはない、生き残った人よりも多くの狂人…まるでゾンビのような…がいる場所に突っ込むこともないのだ)
      (奥にゾンビ…のようなものがいたとして駐車場や入口付近にいる人数よりは少ないはず、対処は…でき…)
      できるのか?本当に…(新品のスコップは何も答えない、命を預けるにはあまりにも安っぽいそれを握りしめて踵を返すととりあえず二階へ向かった) -- 2019-09-30 (月) 22:10:17
    • (今にも飛びそうな意識のなか、狭窄した視界の端で、無数の何かが蠢くのを知覚した)
      (外。たくさんの人が、よろめきながら此方へ向かっている。一様に虚ろな様子で、ゆっくりと……自分の胸の上で絶命している『それ』と同じものが)
      逃げ、なきゃ…(外はだめだ。奥しかない。血まみれの青年は死体の下から這い出し、立ち上がると、吐き気を食いしばりながら、『群れ』から逃れるようにして店の奥へと向かう)
      (赤黒く染まった剪定鋏は、その手に握られたままだった) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 22:13:19
    • おちちゅっ、落ちちゅいてるかな!?頼れるお姉さんだからね!多分!ほら早い!二人のお姉さんの速さをたのしんでー!?(十字架姫の腕を共に掴んだのを見れば、慌てて走る、見た目のわりに意外と足が速い)
      なんか実感とかは微妙だけどさっ!とりあえずキモいのに捕まるのもやだしっ!はっ!はっ!早く安全な場所に逃げて大人を待っ……安全な場所ってどこかなぁ!?
      (一先ず店の奥へ奥へと走ってみるものの、いつも特定のコーナーしか回らず左程全容を把握していないことに気づき、慌てて年下の二人に尋ねる頼れぬお姉さん) -- うらみん 2019-09-30 (月) 22:15:51
      • とてても、落ちついてるよおねえさん…すごい はやいー(とても体も軽いので二人への負荷は大きくは無いだろう
        一番危険と思われる出入り口から徐々に遠のくと少しだけ怯えた声も落ち着く)
        あんぜん、おちつくところ トイレ?(日常の中で落ち着ける場所としてとっさに思いついたので口にする) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 22:21:02
      • こんな時におちちとか言わないでよ!?(聞き間違いだが、とにかく怒鳴る。声を出していないと精神がもたない)
        う、うっく…お、重っ…い…!(全身が緊張して力が入らないというのもあるが、子供1人を運ぶのはなかなか大変だ)
        (しかももともと体力も筋力も膂力もないこの女は、うらみんと共に十字架姫を運ぶのに大変苦労していた)
        は、走らないで…!安全…、えーとスタッフオンリーな場所、とかかしら?
        (首でくいっと、バックヤードの方向を示した) -- 真秀 2019-09-30 (月) 22:22:26
      • トイレ!地震起きたら逃げ込めっていうしいざというときは用も足せるもんねー!!
        飲み水も……ちょっとNG!そして狭いし多分いずれ限界が来ちゃうからまた今度3人で入ろうね☆
        お乳!自分に無いものは突然いわないなー!?えっ何もしかして大きくて気にしてたりします?うらみん分けたいなら受け入れるよ!?
        (同じく、とにかく声を出していないと悲鳴か何かしか出ないかもしれない、とにかく浮かんだ言葉をそのまま吐き続け)
        あっちな!まーお客さんいない分確かに少ないよね…少ないといいな!よっしあと少しだけ…全力ではしれーーーっ! -- うらみん 2019-09-30 (月) 22:27:57
      • と、トイレ…!?それって逃げ場所なくなるんじゃ…
        (とは思うが、ほかにアテがあるわけでもなかった。そして逆らう体力もなかった)
        気にしてないわよー!!だいたいそんなめちゃくちゃ大きくは…って、は、走らないで…!
        (もう十字架姫を運んでいるのか、うらみんにまとめて引きずられているのかわからない。そんな調子でトイレに向かうのであった) -- 真秀 2019-09-30 (月) 22:34:45
      • //色々あったがトイレに行った!(テッテレー) -- うらみん 2019-09-30 (月) 22:37:03
      • (必死に頭を振ってまた今度という言葉を受け入れつつ、徐々にあちこちで増大していく悲鳴と蠢く人だったものに
        心が休まる瞬間は今はないと悟り、二人に命を預ける気持ちでおとなしく運ばれる姫) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 22:37:57
      • //りょーかい(ピコリン -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 22:38:52
    • どこだ、安全そうなとこ…あいつらが追ってこれそうにないとこ!(高い足場、頑丈な扉で遮られている場所 そういった箇所を探し)
      (おかしい、いつも来た時は「もしここでゾンビパニックが起きたら?」なんて妄想して都合のいい逃走経路を捜せていた筈だ…)
      あの血走った目……それに、なんだよ…あの臭い…(映画やゲームでは感じられないリアルな死臭 嫌悪感は判断力と戦意を、確実に削いでいた) -- 夏樹 2019-09-30 (月) 22:20:48
    • ンだありゃ・・・(入り口から店外を見る・・・あれは違う、暴動なんかじゃない、テロとも違う・・・不特定多数の人間が正気を失い他の人間を襲っている・・・)こんなの見た事がねぇ・・・
      (噛まれ、倒れ伏した者が再び立ち上がってこちらに向かってくる様を思わず撮影してから我に返る)
      ・・・拙いなありゃ・・(兎に角逃げるべきだ、そう考えて店内へと取って返す) -- 武名 丞弥 2019-09-30 (月) 22:50:49
  • 午後5時くらい、状況2の2
    突然の惨劇であった。店員に声を掛けられた蹲る客が、店員に縋る様に抱き着いた、と思ったら
    次の瞬間、店員の首に喰らいつき、首の肉を喰いちぎったのだ。
    悲鳴をあげて倒れる店員の首からは夥しい血液が噴き出し、それは近くで見ていた別の客の服を赤く染めた。
    一瞬の静寂。誰もが、何が起きたのかを理解するまで数秒を要した。
    そして、第二の悲鳴が店内にこだましたのだ。
    客、いや、客だったものはそのまま店員の首の肉を咀嚼し、飲みこむと今度は野次馬をしていた別の客へと近付き
    身が竦んで動けないその客…主婦だろうか…に掴みかかり、のしかかって、やはり噛み付いた。
    またも悲鳴があがった。恐怖と、苦痛を訴える悲鳴だ。
    そしてその悲鳴をトリガーに、客達が恐慌状態に陥った。
    しかしそのリアクションはさまざまだ。我先に逃げ出す者。立ち竦んで狼狽える者。
    落ち着く様に脚に呼びかけるも無視される店員。客といっしょに逃げだした店員。
    客だったものを取り押さえ…ようとしてやっぱりやめる者。取り押さえに挑んで腕を噛まれる男性店員。…とにかく様々だ。 -- 2019-09-30 (月) 21:34:58
    • なに、なに…こわいよ こわい(ざわめくお客、混乱にどよめく店内、かつて自分の身に降り注いだ災厄に似た状況
      もはや恐怖で動くことは叶わずただただ目の前の光景を見ているしかできない) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 21:43:38
      • (季節が過ぎたとはいえ暑い季節にふさわしい肝の冷える光景、TV撮影だろうか、否、阿鼻叫喚の中には通っているうちに特徴を覚えた店員の顔もある)
        マジか、マジか……えー、マジか……(突然のパニックに、思ったよりも語彙が出てこないなと少し可笑しくなっていたが、すぐ手前の客もまた、何か人であったものに掴みかかられ悲鳴をあげ、ハッと我に返る)
        ……っま!ずっ!わっ!逃げて……考えようかっ!(どこに逃げれば安全かも分からないが、ただ距離を取るためだけに店内の奥へと走り…)
        (さろうとした先で、うずくまる小学生の女子を見つけ)っと!ほら!そこのキミも……あっなになに趣味良いねキミ!?十字架っておしゃれね!?お呪い?シンパシー? -- うらみん 2019-09-30 (月) 21:52:19
      • …あら……?(悲鳴のあがった入り口へ向かう途中、奇異なものが目にはいった)
        (頭から十字架が生えた少女。中央区の総合病院で何度か見た事がある。ネットのニュースでも)
        (たしか病院で見た時はまだ介護スタッフが付いていた筈だが、今はひとりに見える)
        ねえ、貴女。お付きの人はどうしたのかしら?(…と声を掛けるも、それどころではなくなった)
        (十字架姫のさらに向こう、入口前の人が人に喰らいつく、という光景が目に入ったからだ)
        ――え?な…え!?(頭の中が真っ白になった。予想外の事態に理解が追い付けていなかった) -- 真秀 2019-09-30 (月) 21:53:44
      • あう あうぅ、にげ? にげな、きゃ?(両手をあわあわと必死に動かして助けを求める姫、包帯で根元が隠れているが
        頭にははっきりと十字架が刺さっている)こわい、こわいよぉ… -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 21:55:00
      • うんうん、うらみんお姉さんもそう思うー!逃げなきゃなんだよなー!めっちゃ!焦るっ!
        (一緒にあわあわと手を動かしたり足をバタつかせたりしていると…)
        ナイスタイミンッ!(第二の十字架をくっつけた少女に目をやれば)えっと…この子のお姉さん!?姉妹揃って趣味が良い!そうじゃない!そうじゃないねー!
        つまり!そう!あれ!とりあえずこの子の片手もって!?私はこっち!(がっしと十字架姫の腕を掴み、さながら小さな宇宙人をさらうかのように)……持って逃げよ!? -- うらみん 2019-09-30 (月) 21:59:37
      • (うらみんの手を取って立ち上がった姫は生まれ立ての小鹿のようにゆっくりした足取りがやっとというところ)
        うん うん きっとよくないこと起きてる ここに居たくない(懸命に足を動かすがとても走れそうに無い、運ぶ人数が多いほうが姫も助かる確率は上がるだろう) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 22:04:21
      • お、おねえさん!?(何言ってるのこの人という顔でうらみんを見る、ような余裕はない)
        そ、そそそんな事より、あれ!血、血があんなに、ていうかなんで動いてるのよあの人…!あああ、なんなのよ…!
        (頭がぐるぐるする。足が震える。怖い、逃げないと、という思考に支配されそうになる。でも、だけど…)
        こ、こんな時に、ずいぶん落ち着いているのね…(うらみんに言い返しながら、しかし言われるままに十字架姫の片腕を抱えるのだった) -- 真秀 2019-09-30 (月) 22:09:03
    • (鮮血。いきものの内側の色が視界を染め上げ、白いスニーカーに生暖かい血飛沫が粘性を帯びたびちゃりという音とともに付着する)
      (あまりにも非現実的な光景。悪い夢と決めつけるには、靴下に染みた血液の感触があまりにも生々しくて)
      (眩暈を覚え竦んでいるうちに、客だった『何か』に掴みかかられた。そのあぎとが喉を食い破る前に、咄嗟に抵抗できたのは奇跡といってよかった)
      (もみ合うようにして床に倒れる。持っていた買い物かごの中身が床に散らばった) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 21:45:54
      • (食われる。あの店員みたいに。噛みついてくる『それ』の動きに必死に抗い、格闘するうち、何かが手に触れた)
        (買い物かごからこぼれた、母に買って帰る予定だった新しい剪定鋏。――『人間』『でも殺される』)
        (気付けば、鋏を『それ』のこめかみに突き立てていた)
        (血と脳漿が服に染みていく、生温い感触に気が遠くなる。その温度とは裏腹に、自分の血は冷えていく) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 21:55:11
    • (駐車場方向から入り口に駆け込んでくる小さな人影、手には…血のついた手斧。顔はお面で隠れている)
      あぁ…くそっ、ここもかよ…冗談じゃねーし!(駐車場で起きている惨状と同じく、店内も決して安全ではないと気付く)
      (混乱に紛れるようにして、店の奥へと向かおうとした このままこの場に留まるのだけはまずい、と) -- 夏樹 2019-09-30 (月) 21:53:36
    • エキストラ…にしては、様子が…(何かの撮影か?と逃げ惑う人々の様子をまずは観察)
      (徐々に状況がはっきりしてきたことで、とりあえず撮影ではないことだけは理解できた、何人かの狂人が人を…殺して…)
      うっ…!(たまたま夕飯前だったせいか嘔吐は避けられたが、見ていて心地の良い光景でもない…下手に動くのも悪手に感じられた、ゆえに…すぐ逃げられるよう入り口近くに近づきはするものの狂人の群れからは距離を取りたい、武器になるモノもあったほうがいいか…?と考え)
      (スコップあたりがよさそうか、と園芸用品コーナーに近づく…) -- 2019-09-30 (月) 21:55:31
      • なっ…(狂人の仲間か?と血染めの手斧を持ったお面付きを警戒し手にしたスコップを構えるが…素通りして奥に入っていく、こちらを襲撃する気はないようだが…)
        …どうかしてる…!(襲われてやむなくだろうか、狂人への反撃を開始する男子学生…なおも増えているように見える狂人たち、棒立ちでいることだけは…まずい)
        (逃げ道を塞がれることだけはまずいと入り口を突破しようとするが…) -- 2019-09-30 (月) 22:01:35
    • マジか・・刃物・・いや・・・(暴動にしては唐突過ぎる・・普通ならもう少し段階を置くものだ、通り魔にしたってこんな状況で事を起こすのは考えづらい・・・被害者をばっちりフィルムに収め、次に加害者・・(口元が紅く濡れている)・・・それが次の被害者へ・・・)
      ・・・(パシャリパシャリと修めながら、段々と背筋に空恐ろしいものが駆け抜け・・・同時に苦い記憶がよみがえる)・・・くそっ・・逃げろ!そいつから離れろ!(気が付けば避難誘導めいた事をしていた) -- 武名 丞弥 2019-09-30 (月) 22:39:40
  • 午後5時前くらい、状況2
    正確な時間はわからない。家電コーナーで売られている時計もその動きを止めているのだ。
    完全に歯車式の時計を持っている者でもいれば話は別だが、それは現代ではレアと言えるだろう…。
    さておき、店内では異変に気付きはじめた客達が、いや店員達もがざわつきはじめる。
    店員に詰め寄り、説明を求める者。早く清算しろとレジで怒鳴る者。
    店の問題ではないと気付き、情報を求め、しかしその手段を見付けられずに途方に暮れる者。
    ただただ狼狽する者。周囲の様子を伺う者。今日は帰るか、などと言って気楽に笑う者。
    リアクションは人それぞれである。
    そんな中、気分でも害したのか、店の入り口付近で床に蹲り、自分を抱きしめる様な格好で震える1人の客がいた。
    誰かが近くにいた店員にそれを告げ、店員が蹲る客の横に腰を落として大丈夫ですか、と声を掛けた
    その直後――悲鳴が、あがった。
    店員の悲鳴と、続いて、店員の様子を見ていた客の悲鳴だ。 -- 2019-09-30 (月) 21:12:48
    • ああ、早く直らないかしら…
      (いまだ書店内。思わず呟く。なす術なくレジ傍で立っているのが何とも居づらかった)
      (早く注文していた品を受け取って、この場を離れたかった。まあそれは注文していた物のせいなのだが…)
      (もう今日はあきらめて帰ろう。中央区へのバスの時間は何時だったか…そんな事を思った時…)
      ――――っ!?(悲鳴が耳に届いた)
      (入り口からは距離があるため、それは微かな声ではあったが、反射的に身が固まってしまう)
      こ、今度は何なのよぉ…(どうしたものか、と数秒逡巡するも入口へ向かう事にした)
      (書店にいてもする事がなかったのだ) -- 真秀 2019-09-30 (月) 21:20:24
    • っ!(悲鳴に思わず体を縮こめて手で顔を覆い隠す姫、恐る恐る当たりを見回すがベンチから見える範囲からでは何が起きたか分からない)
      やだ…こわいのやだ○○ちゃん(介助者の名前)…はやくかえってきて… -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 21:21:29
    • (ひとまずは静観するしかないようだ。このように電子機器が一斉に不調を起こす原因など、まったく思い当たる由もない)
      (買い物かごに覚えている限りの必要な物は一応入れたが。あらためて考えれば、このままレジが復活しなければ結局戻すのが面倒なだけではないかと気付き、溜息をついた頃)
      ……え!?(悲鳴。そう、確かに悲鳴だ。園芸用品のコーナーからほど近く、入り口のすぐそばで)
      (「それ」を目撃する) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 21:23:08
    • (一階、工具コーナーでトンカチ片手に釘をちゃりちゃりと集める少女)
      (ずるりずるりと長い頭髪を引きずり、注目を普段は集める彼女だが何やら別に注目は集まっているようで)
      んー、んんー?うっわ皆荒れてるなー!?まぁまぁ?うらみん夜型ですからここで幾らか時間潰すのぐらい訳はないけども?
      ……いややっぱ恨みの声より楽しい声が聞こえるほうがいいな!うん!帰るか……帰…るのも塞がって…ってぇ!?え、なになに暴力!?(騒ぎの中心には入れずに、心配そうに遠めに見つめ) -- 浦見 2019-09-30 (月) 21:25:24
    • (電球ひとつ買うのにだいぶ手間取ってしまった…いまから帰るとなるとかなり遅くなるな…と混雑する売り場の中央部で人込みに紛れている)
      まったく…(人が集まれば悲鳴の一つや二つあがるもの…とその叫びにはまだ単なるトラブル程度の認識しかないらしく溜息をひとつ -- 2019-09-30 (月) 21:35:34
    • (普通なら警察を呼んで事故証明を作ってもらう所だがそんなの関係ねぇとばかりに近くにあったホームセンターに立ち寄る)
      お、揉めてるねぇ・・・(暴動でも起きるかなと思いながら少し離れた所で写真を撮っていて・・・)・・・むっ!?(悲鳴を聞けばすかさずそちらに目を向ける) -- 武名 丞弥 2019-09-30 (月) 22:32:04
  • 午後4時過ぎ、状況1
    この日、世界を未曽有の危機が襲った。
    最初のそれは、原因不明の電子機器の故障であった。
    しかしホームセンターという場所において、買い物客が電子機器に触れる機会は少ない。
    僅かに展示された家電製品もほとんどは電源を入れられずに置かれているのだ。
    自分が手にしたスマートホンが、急に誤動作を起こしたと思ったらそのまま使えなくなった…といったところだろう。
    しかし、それは次第に明らかになっていく。まずはレジだ。レジの画面が消えているのに店員が気付き、店内はにわかに慌ただしくなった。
    バーコード読み取り、カード決済、といった機能どころか何も出来ないのだ。
    続いて騒ぎはじめたのは客だ。スマホをはじめとする電子機器の一斉故障に気付きはじめた者はもちろん
    車で来店していた客が帰ろうとしたところ、エンジンが掛からない…というのだ…。 -- 2019-09-30 (月) 20:32:20
    • (この時、真秀は店内の書店にいた。文豪堂、ホームセンター内にあるものの有名なチェーン書店だ)
      (しかし、レジの前で足止めをされていた。どうもレジが不調…動かないらしい。店員はそう言った)
      なんなのよ、もう…。いろいろ壊れすぎじゃない。
      (ぼやきながら、左手にもった自分のスマホの手帳型カバーを開き、電源スイッチを押す)
      こっちもダメね。いったいどうなってるのかしら。 -- 真秀 2019-09-30 (月) 20:43:38
    • (一階・入り口付近・園芸用品のコーナー。母親から頼まれていたおつかいのメモを見ようとスマホを取り出したところ、電源が落ちてしまった)
      (電源ボタンを幾度か長押しするが起動しない。充電はまだ8割方残っていたはずなのに)
      (周囲も一様に混乱していて、その様子からそれが自分だけに起きたものでは無いと知る。何か異様な事態が起こりつつあると直感するが、体は慄然として動かない) -- 山田 健一 2019-09-30 (月) 20:47:43
    • (総合病院へ通院をしに行った帰り、介助者と一緒に買い物に訪れていた姫、店内が急に慌しくなり
      戸惑う姫に介助者の女性は寄り添い頭を撫でる、連絡手段が通じないことを理解すると何か大きな事件の気配を察し
      公衆電話へ救助を求めに行くと姫に言い残し、姫は一人店内のベンチに残された)
      …きょうは、何か変ねー…なにかこわいね(ふらふらと揺れる頭で店内の様子を見ている) -- 十字架姫 2019-09-30 (月) 21:08:47
    • (表の通り、今日泊まるホテルの場所や明日の取材の予定なんかを考えながら運転していて)・・・ぁ?・・うぉっ!?・・・ちょっ!!
      (カーナビが消えた事に驚く間もなく、車がエンストを起こし、制御がまるで効かなくなり軽いパニックに陥る・・・電子制御ユニットがイカレたのだがそんな事まで気が回る余裕はなくパワステの効かないハンドルを無理くり捻って事故を起こしてしまう)
      ってぇ・・・(周りを見てみればどうやら似たような車ばかりだ)・・・なんだろうなぁこりゃぁ(マイカーがお釈迦になったのにも関わらずスクープの予感に笑みを浮かべる) -- 武名 丞弥 2019-09-30 (月) 22:22:25
      • 良し動くな?・・・(そんなマニア向けなものをと貶されながらも使ってきた甲斐があったという物だ、整備もバッチリ、フィルムもたっぷりある)
        (愛用の一眼レフを手に車を出て・・・とりあえず手近なホームセンターへと向かう事にする) -- 武名 丞弥 2019-09-30 (月) 22:30:28

Last-modified: 2019-10-27 Sun 02:24:47 JST (25d)