山田 健一 Edit

exp034869.jpg名前山田 健一
カナヤマダ ケンイチ
性別男性年齢17歳
身長172体重62
職業安住一高2年
出身まほろば市安住区
性格ふつう
好き家族・友人
嫌い血・暴力・不和
特技生け花
時間主に夜
霊圧まちまち
企画企画/THE GOLDEN DEAD
浸食🥀[変貌]DEAD


その後の山田 Edit

2年少々で北海道の隔離施設から自由になる。
国会議員である父親の力を借り、安住第一高校は卒業扱いに。同年、H大医学部を受験。無事合格し、医学生となる。
生来の真面目な気質と、ネクロウィルスの脅威を肌で知る生存者の一人という当事者意識の高さとを武器に、勉学に打ち込んだ。

その結果、医学部を極めて優秀な成績で卒業。
卒業論文のテーマは、『ゲノム解析によるネクロウィルスの変異メカニズムの特定』。

なお在学中、瑠依歌と学生結婚。学内でちょっとした話題になる。


大学を出た後はやはりネクロウィルスの研究者となる道を選び、なんと天穂真理(名前は変えていたが)に師事。
倫理観の方向性は違えどどこかマッドな気質が共通していたのか、それなりに気に入られたようである。

やがて彼女の元から独立し、自身の研究室を構えるようになると、
『地頭はすごくいいんだから』と徹底的に勉強の面倒を見て、なんと研究者の道に進ませていた(専攻は海洋生物学・ウィルス学)瑠依歌と合流。
二人三脚でネクロウィルスの無害化とその平和的(医学的・環境的)活用に関する研究に尽力、その生涯を捧げた。
主な研究成果は、『無害化ネクロウィルスの活用による、疑似シナプスの形成とヒト脳細胞の補完』『海洋生物におけるネクロウィルス禍の影響調査とその拡散防止に関する研究』
『低アレルゲン性GNウィルスの開発』『GNウィルス保菌者における、その健康維持に関する新手法の確立』等。


瑠依歌との結婚生活はといえば、凸凹な気質の二人ではあったが不思議と噛み合い、極めて幸福な家庭を築いたという。
どのくらい幸福だったかといえば、なんと2男2女に恵まれた。
「ウチより多いじゃないか」という多々良家からのツッコミを浴び、二人揃って言葉に窮したという。


余談だが、女の子は二人ともグレた。
最終的にはなんとかなったものの、血は争えないな……と二人でしんみり話していたとかなんとかいう話である。

+  ...

Last-modified: 2019-11-03 Sun 18:35:37 JST (36d)