TGD/0017

  • …………。
  • (In the not-too-distant future...) -- 千歳百華 2019-11-02 (土) 07:41:46
    • テーン…
      (北米の知らない街の空撮)
      『君が我が国の永住権を獲得できるまであと█年……。
       しかしながら 世界は 君の母国は 未だ混迷に包まれている。』
      (テーン…)
      『確かにパンデミックの中心地からの生還者は世界でもごく僅かだ。
       だが もはや我が国にとって君自身に価値はない いや 新たな価値を、これから我々が与えるのだ。』
      (テーン…)
      『モモカ・チトセ。今日から君は――』
      (暗転)
      『――合衆国エージェントだ。』
      (ジャーンジャーンデッデッデン ジャーンジャーンデッデッデン)
      (なんかどっかの基地の空撮)
      (デーン)【彩玉県民で】 (走らされる百華)
      (デーン)【合衆国エージェント!?】 (転ぶ百華) (BGM OFF)
      「彼女には荷が重すぎます」
      「だが 生還者(サヴァイヴァー)だ」
      (ジャーンジャーンジャーンジャーン ギュイーンギュイィイイーーン)
      (デーン)【この冬!】
      (バリケードを突き破るゾンビの群れ)
      (デーン)【あの地獄が!】
      (突入する特殊部隊)
      (デーン)【再び!】
      (壁を突き破る知らないクリーチャー)
      (暗転)(BGM OFF)
      「モモカ……あなたはもう 私たちの“家族”なのよ……」
      (ジャジャジャーンジャーン ウォーウー ウウウゥー イェェーエー…)
      「……まだ、終わってねぇんだ。」
      (イェー… イェー… イェー…)
      「行け! 行け!」(銃を乱射して知らないクリーチャーに跳ね飛ばされる知ってる少佐)
      (フゥー…ウゥゥー…ウゥー… デデデデッ)
      「モモ危ない! よけて!」
      (墜落音)(爆発)
      (BGM OFF)
      「……嘘、でしょ……。
       これは……Nウィルスの変異体……?」
      「違う。 (シャッター音)
       ――新人類だ。」
      (ドゥーーーーーーーン)
      【THE GOLDEN DEAD -EVOLUTION-】
      (ドゥーーーーーーン)
      【IN WINTER 2022】
      \同時上映 『まほロバくん THE MOVIE “““力”””目覚めし刻』/ -- 千歳百華 2019-11-02 (土) 07:57:51
      • はっ……?!
        ……。
        ……ないわっ!!!!(すごいイヤな夢を見て目覚める 療養所生活は まだまだつづく) -- 千歳百華 2019-11-02 (土) 08:06:05
  •   -- 2019-10-31 (木) 23:09:29
  • (After the incident...) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 23:09:22
    • 『大学は休学。(通えないし。大学の機能そのものも麻痺したままだし。)
       PTSD治療によって、銃器免許は、無期限で取得不能。(日本人としては一生分以上撃ったし、お爺ちゃんも諦めてくれるだろう。)
       はなよさんの誘いを受けるかどうかは、考え中。(一応、英語は勉強しているけど、全然頭に入らない。)
       結果として、私 千歳百華は この度の事件の反動で、すっかりだめだめになって、成人を迎えることになりました……。』 -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 23:16:21
      • \カシュッ/ -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 23:17:08
      • (2020年、1月中旬…)
        ……ちょっと早いけど、成人おめでとう、私…… まあ お酒は飲ませてもらえないけど……。(深夜の談話室で、独り、ノンアルコールビールを開けて 呷る…) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 23:28:34
      • (あの時。脱出が成った時。一瞬、銃を咥えて 死んでしまおうかという考えがよぎった。)
        (やらなかったし、銃は捨ててしまったけど。 ……結果として、私は、家族、一族との繋がりを、この身以外全部無くしてしまったわけだ。)
        (PTSD治療は功を奏し、すっかり思考もまとまるようになったし、フラッシュバックもない。希死念慮も浮かびやしない。)
        (ただ……) -- 千歳百華 2019-11-01 (金) 00:27:45
      • (まだ治療は続く。お薬は処方され続ける。ウィルスも抜けきっていない。)
        (予定通りなら、あと1年半強。このまま放り出されたとき、私は……何をして生きていけばいい?) -- 千歳百華 2019-11-01 (金) 00:31:28
      • (グビッ) -- 千歳百華 2019-11-01 (金) 00:32:12
      • ……はなよさんのヒモになりたいって言ったら、絶対おこられるしなー……。はー……。 -- 千歳百華 2019-11-01 (金) 00:35:27
  • (DAY:31 Congratulations...?) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 11:10:57
    • (補足情報:2019年11月中旬 カウンセラーとの対話に基づいた 比較的正しい認知) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 11:11:28
      • 両親が 事故で 亡くなりました。 9月中頃のことだったと 思います。
        まほろば市の お爺ちゃんの家に 用事があって 二人で ……。
        私は 大学の用事があって 一緒じゃ ありません でした。
        何があったかは わかりません。 急なこと でした。
        (註:電装系の故障が主原因の衝突事故。紛失資料多数のため、9月末日の大規模な機器故障との関連は不明。)

        ……あの日は。
        何もわからない …… 受け入れられないまま お爺ちゃんの家に 来ました。
        親戚の人たちも 集まっていて なにかの行事だと 思いました。
        …… 家について 少ししたら もう、あっという間、でした。
        ……。
        (暫し沈黙。左手を触っている。ウィルスにより蘇生 転化した両親の遺体に付けられた傷を気にしていると考えられる。)
        (駐:患者は周囲と同様この時点で空気感染していると考えられるが、個人差により転化が大きく遅延された事例と考えられる。要検証。)

        …… おじいちゃんの部屋に行くと もう 倒れてて 違う もう 起き上がろうとしてて ……
        私 ああ こういうの 知ってるって もう ダメなんだって 急に 頭が 真っ白に ……。
        ……。
        (駐:沈黙。休憩を勧めるが、患者は首を横に振り、続行を望んだ。) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 11:15:45

      • お爺ちゃんが 寄りかかってきて …… まだ温かかったです。
        銃が 出てました。机に…… ううん 床に落ちてて ……見せようとしてたのかな いいっていったのに。
        …………違う。私……撃った…… 最初から……弾が……あって……。
        ……お爺ちゃんは、あの時……自分で……?
        あ……。
        (駐:患者の負担を考慮し、休憩が入る。) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 11:20:48
      • (註:千歳老人の死の直前の行動に関しては検証不能。但し、千歳老人の母に当たる、患者の曾祖母は現地住民であったと確認されており、
           若干の耐性を期待できたと考えられる。要検証。)
        ……。
        ……だから そう 撃ちました。床に 一緒に 倒れたときに。届くところに (銃が) あったから。
        胸のあたりを そうしたら …… 頭が、すぅっと……なって。
        (患者、微笑を浮かべる。)
        …………。
        ……あとはもう、みんな同じです。
        大きな音を立てたから、でしょうね。近い部屋から、叔母さんの旦那さんが来てたから 撃ちました。
        叔父さんも来たけど、上手く起きられないまま、這ってきてたし、弾を篭めたかったから、少し待ってもらって 踏みつけて、撃ちました。
        少ししたら、叔母さんが、小走りみたいな変な動きで来て、掴みかかってきたから 撃ちました。
        従弟の、███……(咳払い)十次郎(とうじろう)くんが、その後に もっと勢いよく駆けてきたから つっかえ棒みたいに押し付けて、撃ちました。
        従妹の(はじめ)さんは、ぼんやりしていたみたいだったけど、私に気付いたら声を上げて、噛み付こうとしてきたから やっぱり、撃ちました。
        お姉ちゃん……従姉妹のお姉さんの、零奈(れいな)さんは、……娘の 百合ちゃんを抱いて ……違う…… あれは…… 食べ……
        ……。
        (駐:患者、嘔吐感を訴える。休憩を促す。患者、休憩を拒否する。
           感染者は捕食ではなく規模拡大を主体とする旨を説明。) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 13:00:06
      • ……。
        とにかく、零奈さんも、もうダメだと思ったから、撃ちました。……百合ちゃんも。
        ……え? (駐:カウンセラー、両親について尋ねる。) ……パパと、ママは……。
        ……。(沈黙。カウンセラー、謝罪する。)
        とにかく、もう、静かになったから、……なんか、戸締まりして、家を出たら、あとはもう、ふらふらと ……他の人たちと、同じですよ。
        (駐:生存者らの拠点としていた店舗へ辿り着いた点については、ウィルスの性質によるものと考えられる。感染初期の心理的影響については要検証。)
        …………ただ、すごいんですね、あのウィルスって。
        あとで帰ったら、皆、また起き上がっていて ……頭を撃てなかったからかな。
        ……ちょっと、大変でした あの時も――。

        (記録終了。カウンセリング終了後、SSRIの投与を進言。受理される。) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 13:02:36
  • (DAY:30 ErosionRate 72%) -- 千歳百華 2019-10-30 (水) 00:45:42
    • (もう、帰れはしないことを自覚しろ) -- 千歳百華 2019-10-30 (水) 22:03:04
      • ハァイモモカ 調子はどうかしら(百華を探していた様子で、目と目が合うとぱっと表情が明るくなった) -- 華代 2019-10-30 (水) 22:39:03
      • ……んーん ここには調子のいい人なんていないよーはなよさん(手をひらひらさせて 残り時間で銃を掃除中) -- 千歳百華 2019-10-30 (水) 23:52:27
      • 定型句みたいなものよ それは置いといても、何だか浮かない顔してる風に見えたから……もしかして、ご家族のこととか?(思い出していたのかと訊ねてみる) -- 華代 2019-10-30 (水) 23:54:30
      • (わかってるって、と軽く笑って) ……いえ 少佐さんの話を聞いて もう元の家には帰れないんだなって思って。
        〜〜か、家族なんて、ここにいる殆どの人が、もうどうにかなっちゃってるんだから、今更…でしょう、はなよさん? -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 00:00:14
      • そうね 私たちは全部置いていかないといけない 楽しかった思い出も、思い出したくない記憶も……全部置きざりにして出ていくの
        …………ねえモモカ、私たちは選ばないといけなかった 自分が死ぬかもしれない状況で、身の振り方を決めないといけなかった
        私はグランパを見殺しにしたわ(肌身離さずに持っていた祖父の置手紙を開いてみせる)自分はいいから、人を助けろって書いてあった
        あの時すぐに探しに行けば、まだ間に合ったかもしれない グランパは足を悪くしていたし……でも、そうしなかった ずっと目標にしていた人を見殺しにしたのよ -- 華代 2019-10-31 (木) 00:05:29
      • ……。(少し落ち窪んだ目で、はなよを見つめて ……ぽつり、と洩らす)
        ……家族を、殺しました。
        最初にお爺ちゃん、叔父さんと叔母さん、その家族、私に懐いてくれていた従妹も、少し生意気な従弟も、ずっと姉妹みたいに接してくれた従姉のお姉さんも、その娘さんも、みんな。それに……
        それに……? (瞳孔が揺れる)
        ぁ……ぁぁぁ……。パパもママも、『やっぱり死んでいなかった』! 『起き上がって私の手を取ってくれた』!
        なのに……私は……どうして……それを…… -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 00:21:50
      • ……………!(この一ヶ月ものあいだ、どんな思いで秘密を抱え続けたのだろう 胸が締め付けられるように痛んで、気づけば百華を抱きしめていた)
        グランパは厳しい人だったけど、私をたくさん愛してくれたわ 満足に動かない身体で足掻いて、たった一人で運命と戦うことを選んだの
        ……どんなに探したって見つからなかった 弔うことさえできなかった(感情を抑えきれず、声が震えて)そんな最期を迎えていい人じゃなかったわ
        ねえモモカ、私がんばったわ 彼の最期の願いを叶えたかった いいえ、叶えないといけなかった……でも、その役目もそろそろ終わるわ
        (私たちは、と揺れる瞳孔を間近に見つめて)後悔を抱えて生きていくの 選べなかった未来の景色を、手放してしまったもののことを想いながらね
        悲しみも痛みも私の一部になるのよ もう二度と手放さないわ(きつくきつく抱きしめて)………あなた、行くあてはあるの? -- 華代 2019-10-31 (木) 00:40:53
      • (うわ言だ。懺悔の如く、うわ言が漏れ出る。)〜〜わたし、パパと……ママの……みんなの……胸を……お腹を…… 頭を…… ぱあんって…… はれつして…… この手で…… こわし……て……
        ……。(なんだろう やわらかい 匂いは違うけど 似ている 知っている感触だ おねえちゃんが うれしいとき かなしいとき こうして……)
        ……ごめんなさい…… ごめんなさい……! ごめんなさい! ごめんなさい……!(ぽろぽろと やっと涙が出てきて)
        ……ごめん、なさ……。(ふる、ふる、と 震えて 呼吸は荒く、深く……)
        (落ち着くのに、少しかかる。)
        ……、え、と、……私たちは、だから、北に……。関東は、もう住めないって……。 -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 00:52:16
      • いいの、大丈夫………私ね、誰かに聞いてほしかったのよ グランパを助けにいけなかったこと、ずっとずっと心残りで
        全部終わって、落ち着いた後じゃ誰にも言えなくなると思ったから……今のうちに、あなたに聞いてもらいたかった
        あなたが人を撃つことをためらった理由、いろいろ考えてたわ もしかしたら、治る可能性がゼロじゃないって知ってしまったからかなって思ってた
        でも全然違った そんなのじゃなかった……つらいこと、思い出させてしまってごめんなさいね(頭に手を添え、肩にもたれかからせ)
        普通の生活に戻るまで、どこかで隔離されることになるわ その後の話よ ねえモモカ、もしも身寄りがないのなら……私の家に来るといいわ
        デトロイトにはダディがいるし、少ないけれど蓄えもある 大きな妹ができたって平気よ あなたには家族が必要だわ……めいっぱい勉強を続けて、素敵なレディになりなさい -- 華代 2019-10-31 (木) 01:12:17
      • (ぴゃっ、となって)……で、でも私、英語、全然ダメで……街で外人さんに話しかけられても、スマホ頼りで……。
        学校だって、病院にいる間のことももうわからないし、はなよさんに、いっぱい迷惑かけちゃう……!
        それに、ただのホームステイじゃない、そもそも私たち、出入国厳しく制限されちゃうかも……!(はわわ…と青褪めて) -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 01:27:15
      • ぐにゃぐにゃの日本人英語でも平気よ平気 人間、環境に慣れていくものだし……半年経たずに週末のダイナーで常連のおじさまと軽口叩きあってるに違いないわ!
        ………だったら、本当に妹になっちゃえばいいんじゃない? 養子縁組するの ダディのことなら心配しないで 絶対にノーとは言わせないわ!
        モモカ・チトセ・アーミティッジ! いいんじゃないかしら 何年か暮らせば日本国籍を残したまま永住権がとれるし、その辺の手伝いは必要よね
        あなたにはいっぱい助けられたし、力になりたいの それくらいのことはさせて頂戴(そっと離れる)かわいい妹ができる分にはウェルカムだし、いいお姉ちゃんになれる様に努力するつもりよ
        どのみち、考える時間はたっぷりあるから……うんと悩めばいいんじゃないかしら! ま、困ったら相談に乗るし気楽に行きましょ(Take it easy!と言い残して立ち去った) -- 華代 2019-10-31 (木) 01:49:17
      • よ、養子……?! 永住……!? ちょ、はなよさん……! 話が……話が飛んで……!?
        う、うう……。(腫らした赤い目を丸くして、所在無さげに 応えきれないまま)
        (ただ、やっぱり ちょっと 離れていく体が恋しくて、指先が少しだけ空を切る)
        ……。
        ……おねえ、ちゃん。はなよ、お姉ちゃん……。(独り、ためしに言ってみてしまう。)
        ……。(かあ、となって 頭をふるふると振るう 迷いだ 気の迷いだ) い、今は……こんな事考えてる、場合じゃ……ない……。 -- 千歳百華 2019-10-31 (木) 02:09:44
  • (DAY:29 ErosionRate 67%) -- 千歳百華 2019-10-29 (火) 22:57:37
    • (天文台。アマホ母。少佐。助かるかも知れない。……急に、希望が具体的なものになった) -- 千歳百華 2019-10-29 (火) 22:59:58
  • (DAY:28 ErosionRate 66%) -- 千歳百華 2019-10-28 (月) 22:12:24
    • (このスク水どうしよう。入っちゃいそうなのが怖い。) -- 千歳百華 2019-10-28 (月) 22:12:48
  • (DAY:26 ErosionRate 60%) -- 千歳百華 2019-10-27 (日) 08:33:30
    • (DAY:27 ErosionRate 61%) -- 千歳百華 2019-10-27 (日) 08:33:49
      • (視界がぼやける。いよいよ、自分でも見て分かる程度の変異がきたみたいだ。
         ……それでも、何人かよりは、だいぶ元気な方だ。もう少し、頑張るべきなのだろう) -- 千歳百華 2019-10-27 (日) 08:35:58
  • (DAY:25 ErosionRate 55%) -- 千歳百華 2019-10-25 (金) 00:54:20
    • (摂取はしてないけど使いました。(意味深)) -- 千歳百華 2019-10-25 (金) 22:47:30
  • (百華の寝床としている場所。その棚に蓋をしたコップが置いてある)
    (まほ液と書いてあった場所はマジックで塗りつぶされ、「なぞローション」と撲り書いてある。
    また、その脇にはピンクローターも。未使用の様だ。たぶん、きっと、メイビー) -- 真秀 2019-10-25 (金) 00:32:58
    • (やったのか……
       まほいち!) -- 千歳百華 2019-10-25 (金) 00:50:06
      • (かぱ… くんくん …… くんくん)
        (じゃなくて。)
        (どうしよう、ちょっと面白半分でボカして任せたけど、キスが効いた時点で漿液が有効なのは明らかで……)
        (ひらたくいって これもうまほまほに恥ずかしい思いをさせた証拠物件にしかならない…!)
        (とりあえず 密閉ケース(と言う名のアウトドアコーナーでダブ付いてた小型クーラーボックス)に仕舞って…)
        (……件の医師に会いに行くってグループについてってサンプルだって押し付ければよかった……!? だめか…普通に副作用で弱ってたし…!) -- 千歳百華 2019-10-25 (金) 22:45:11
      • (※漿液A 漿液Bと言うラベルに貼り直した。) -- 千歳百華 2019-10-25 (金) 22:46:16
  • (DAY:24 / ErosionRate 58%) -- 千歳百華 2019-10-24 (木) 00:29:17
    • (まほまほ液(唾液)摂取により、浸食値が-3、翌25日中はNウィルス耐性を得るらしい) -- 千歳百華 2019-10-24 (木) 21:03:10
      • (DAY:24 / E-Rate 58→55% ?) -- 千歳百華 2019-10-24 (木) 21:10:02
      • (行動を振り返ってみると……セクハラ淫行女子大生……! と頭を抱える一日) -- 千歳百華 2019-10-24 (木) 21:32:26
  • (DAY:23 / ErosionRate 55%) -- 千歳百華 2019-10-23 (水) 01:30:32
  • (DAY:22 / ErosionRate 52%) -- 千歳百華 2019-10-22 (火) 00:25:40
  • (DAY:21 / ErosionRate 48%) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 11:45:16
    • (ちょっと記憶が飛んでる気がする。疲れてるのかも。でも、体は動くし、大丈夫だと思う) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 11:45:48
      • 百華ちゃん大丈夫かい?なんか悩みでもありそうな感じだけども -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 21:24:15
      • ええ、悩み……。って、こんな状況じゃ、多すぎてどれから相談すれば良いのかわからないですよ武名さん。(えへぇ、と困り気味に笑って) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 21:35:15
      • ははっごもっとも・・・それに相談された所で俺にどれだけ応えられるかって問題もあるんだがな(情けない年長者)
        ただなんというかここの所ちょっと上の空気味に見えたというか、ほっとけない気がしてついな・・・
        まぁ男の俺相手じゃ難しいなら、婦警さんやジェニーちゃんなんかにでもいい、せっかく一緒に行動してるんだから、困った事があったら何でも言って欲しいって思うよ -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 21:54:18
      • (まあまあ、と手振りして)女性特有の悩みは、なんか意外と大丈夫なんですよ〜。お風呂にも意外とありつけるし。
        暗黙の了解というか。そっちの物資は意外と足りてるというか。そういえば今月まだ……
        ごほん。(せきばらう)
        ……どうせこれから、殆どが些細な悩みになるんですから。どう転んでも。(急にシリアスに戻すやつ) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:07:36
      • あ、そうなのか・・・そこはまぁ・・・良かった?のかな?(なんて言っていいのか分からない)
        (一緒にこほん)
        ・・・ゾンビになってしまったら・・ってことかい?(それについては自分も、この場にいる全員が抱えている共通の問題だ) -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 22:16:00
      • ええ。(肩を竦めて) ――なっても、ならなくても、ですよ。
        私たちは、どうせもう元の生活には戻れない、ということです。……正直言って、人権が保証されるかどうかすら。 -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:23:59
      • 何せ外がどうなっているか分からないからな・・・ちょっと前までなら確実に国連は動いていると言えたんだがな
        ・・・それでも決まった訳じゃないと、そう思いたいんだがな・・・ワクチンとか出来たりするんじゃないかーとか、こんな状況になっても人は互いを尊重し合えるんじゃないかとか -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 22:32:10
      • また、(くすり、と笑って) なんだかおかしな感じですね。
        そういう楽観的なこと言うのって、私みたいな子の役割でしょ。
        武名さんみたいな人はもっと悲観的な感じで、色々ほじくるのかなって思ってました。(くすくすと、なんだかいやにおかしげに)
        ……何人死ぬんでしょうね。 -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 22:49:44
      • なんだよやけに楽しそうだな?(釣られて笑ってしまう)どうだろうな、大人になる程に世界は広いし、人類は存外しぶといって分かってくるからかな・・
        何より文明が残っててくれねぇと折角の取材が空振りになっちまうからな?(肩を竦めて)分からないのなら希望の持てる方を信じたいし、自分のしている事が無意味じゃぁないと思いたいのさ
        (何人死ぬかと聞かれれば少し黙る・・・誰も死なない、そんな風には言えなかった)・・・さぁな・・・・・わからん -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 23:05:53
      • ……今更、でしたね。もうこうなったら、誰が、何人死んでも。(また、肩を竦め)
        ……それより、武名さんが、思った以上にロマンティストなことに驚きです。(口元に手を当てて)
        なんでしょう。もうちょっと、俗な方かと思ってました。認識を改めたほうが良いでしょうか。 -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:15:34
      • その時に向けて、何のために命を使いたいかくらいは考えておいて損はない・・・といいたいが、難しいよなぁ(まだ若いもんなぁと呟いて)
        そうそうロマンティストなんだよー(心外だわーとおどけた調子)・・・実際その認識も間違いないと思うんだがな?金も名声も欲しいのは事実だし
        俗っぽいとロマンティストは、結構両立すんのかもな?
        意外といえば、正直俺も、百華ちゃんは結構ずぶとそうというか、能天気な感じの子だと思ってた・・・ってのはちょっと失礼だったかな -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 23:31:37
      • (ふふん)頭に行く分の栄養、胸に吸い取られてそう、とか思ってました?(悪戯げな表情で)
        これでも、ちゃんと勉強して入った大学生なので。かしこいので。(胸を張る)
        まあこの調子だと留年は確定でしょうけど。いろいろな意味で、出席できませんから。
        ……そこをいくと、武名さんは、じゃあ。ここで撮ったものは、海外メディアにでも? -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:38:35
      • 思ってた!(悪ノリ便乗)おーえらいえらい(からから笑って)
        なぁに俺だって大学は中退だったよ、何とかなるなる(気楽な調子)
        そうだなぁ・・・日本がマジでダメなら米国か欧州辺りが有力かねぇ・・・随分久しいが友達もいるんだよ・・・・飛行機にのれりゃぁ一発なんだが(メールで送るだけって事態はさけてぇなぁなんてぼやいたり) -- 武名 丞弥 2019-10-21 (月) 23:48:22
      • (若干膨れてぽこすか叩く)
        ……海外、ですか。
        前から思ってたんですけど……今、海路しか使えないと思うんですよね。飛行機だと、計器が全部ダメだから……。
        あ……、スイスの暗号メールでも取っておいたら……。(名前は出てこない) -- 千歳百華 2019-10-21 (月) 23:57:25
      • いたいいたい(笑いながら叩かれて降参のポーズ)
        使えていたら今頃上空を偵察機が飛んでるだろうからな・・・中央区に向かった国連軍も航空支援があればもうちょいマシだったろうし
        つってもまともな電子制御もない時代から飛行機はあったんだし技術的には不可能じゃない筈なんだがな・・・今は電子機器が復旧しつつあるし・・・
        (そこまで言ってからそれによって既に文明が滅んでいる可能性を補完してしまった事に気づいて苦い顔)
        メールについてはセキュリティの不安とかじゃねぇんだ、折角取材したのに手柄を横取りされる不安って事だよ -- 武名 丞弥 2019-10-22 (火) 00:08:38
      • ……この期に及んで、横取りの心配って。(功名心が…活きている…!という、若干の引き顔)
        ……なら、証人をきちんと立てるために、何人かきちんと生き残らせるしかないですね。
        その点、私たちは証人兼被写体としてちょうど良いでしょう?(ふふん) -- 千歳百華 2019-10-22 (火) 00:13:53
      • ははっごもっとも、金髪美女3人の証人たぁ贅沢すぎるが・・・それだけにやる気が出るってもんだ(からから笑って)
        (元気になった様子に)気晴らしくらいにはなれた様でよかったよ(それじゃぁまたなとその場を後にする) -- 武名 丞弥 2019-10-22 (火) 00:21:30
      • ……うん、話せて、よかったです。 ……えっと、おやすみなさい、かな……。少し、時間あるし……。 -- 千歳百華 2019-10-22 (火) 00:25:07
  • (DAY:20 / ErosionRate 47%) -- 千歳百華 2019-10-20 (日) 03:06:11
    • (小康状態と言ってもいい。ゆっくりお風呂に入れて、あの人達と組んでよかった、と思う。) -- 千歳百華 2019-10-20 (日) 03:06:58
      • (ひとつ。弾の調達に行こうと思う。この周辺の地理はだいたい掴んだから、多分なんとかなる。気持ちの問題。) -- 千歳百華 2019-10-20 (日) 03:08:34
      • (ふたつ。私は、やっぱり人に試すのは早計だと思う。先に、他の何かで検証したほうが、と。
        もしかしたら、より酷い怪物になったり、苦しんで死ぬだけかも。特効薬にするには、専門の設備で更に精製が必要な可能性だってある。
        映画やゲームみたいに、あれ一本で一発OKだったら、それは確かに話が早いけれど。
        あと、上手くいっても、残りの取り扱いが更に難しくなることも考えなきゃ……考え…… ……
         …… かんがえるの やめよっかな) -- 千歳百華 2019-10-20 (日) 03:25:49
  • (DAY:19 / ErosionRate 45%) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 01:29:58
    • (一言で表すなら万能感。ただ、心がついてこないのに身体だけが動くような気分。道具が手放せない。) -- 千歳百華 2019-10-19 (土) 01:31:45
  • (DAY:18 / ErosionRate 44%) -- 千歳百華 2019-10-18 (金) 02:26:22
    • (目がかすむ。私もぼちぼち、進んできたみたいだ。ちょっと、前に拾ったやつを使う。) -- 千歳百華 2019-10-18 (金) 02:27:02
      • (あと、まほろばブロンドーズという降って湧いたチーム名が流された。皆余裕がないんだ。そういうことにする。) -- 千歳百華 2019-10-18 (金) 02:28:39
  • (DAY:17 / ErosionRate 40%) -- 千歳百華 2019-10-17 (木) 18:59:00
    • (温泉。そして生存者。以上。) -- 千歳百華 2019-10-17 (木) 19:15:51
      • そっちは成果あったみたいだな?(化学防護服と思われる装備を身に着けた一団の情報をメモしつつ)
        こっちはまだまだ不安が残る感じだが、守ってばかりで動けなくなるのも避けたいからな・・・明日からまたよろしく頼むぜ -- 武名 丞弥 2019-10-17 (木) 21:32:40
      • うん、成果あり……(お風呂にも入れたし… というよりお風呂のほうが大きいし… という ぽかぽか顔)
        ……あ……。でも、武名さん。千歳にダブルブッキング発生。
        私、もう少しかかると思って、はなよさんとジェニーさんに、一緒に探索いけないか話持ちかけてる。 -- 千歳百華 2019-10-17 (木) 21:40:19
      • ふむ?(4人じゃダメなのか?と質問しかけてハッと気づく・・・おっさんはいやだと暗に言われているのだ・・そうだよなぁ‥やっぱりあの快楽天がマズかったよなぁ・・・)
        そ、そうか・・・いや良いんだよ、防衛の方もまだ不安があるし迷ってたんだ(丁度いいちょうどいいと頷き)女の子ばっかりってのも大変だろうが気を付けてな? -- 武名 丞弥 2019-10-17 (木) 21:52:20
      • うん……だから武名さんも同行していいかはまたはなよさんたちに話を……武名さん? 武名さん?(なにか…ショックをうけている…?) -- 千歳百華 2019-10-17 (木) 21:55:56
      • (いやいいんだよと気落ちしていたが続く言葉を反芻して)え?いいの?おっさんが付いていっても?(ガラスのハートがちょっと治って来て安心した様子)
        ・・・・・コホン・・・うんまぁ・・・そういう事ならあれだ、話が付いたら連絡してくれや、こっちはそれまで防衛の方に回ってる・・・ダメってなっても別に気にしねぇから、気楽に声かけてくれていいからよ(気を取り直して改めて告げる) -- 武名 丞弥 2019-10-17 (木) 22:11:01
      • うん、ダブったのはわたしだから、わたしが抜けてもいいし……
        ……何にしても、とにかく今は一人になるのは避けたいよね。ごめんね、武名さん。 -- 千歳百華 2019-10-17 (木) 22:28:24
      • 大丈夫さ、集団防衛はあれはあれで楽しいからな(それじゃ、続報待ってるぜと手を振ってその場を後にする) -- 武名 丞弥 2019-10-17 (木) 22:30:07
  • (DAY:16 / ErosionRate 39%) -- 千歳百華 2019-10-16 (水) 21:19:47
    • よう、調子よさそうだな?早速だがすまねぇ・・・明日は防備の方に協力したい・・・バリケードが破られちまったら元も子もねぇ・・
      明日済んだらまた探索の方に戻っていいか? -- 武名 丞弥 2019-10-16 (水) 20:41:18
      • 防衛了解……一人で大丈夫ですか? 他のグループのあてはあると思いますけど……(白板にも書いてあったし) -- 千歳百華 2019-10-16 (水) 20:43:49
      • 一人でやる気にはなれねぇな・・・はっきり言ってかなりヤバいから・・・
        ホワイトボードに募集があるから、そこに書いておくつもりだ・・・勝手に抜けておいてなんだが、お前さんはどうする? -- 武名 丞弥 2019-10-16 (水) 20:48:16
      • そうですね、あてがなかったら、同じようにするか……一人でも、街に出るか……。ちょっと考えてみます。(こくり…) -- 千歳百華 2019-10-16 (水) 20:58:52
      • そうか・・・一人で出るのなら、無茶すんなよ?(短い間だが組んだ仲間が大変な目に合うのは忍びない、心配する声を掛けつつホワイトボードの方へと向かっていった) -- 武名 丞弥 2019-10-16 (水) 21:02:08
      • ええ……。でも、どちらも必要なことですから。私は大丈夫です、よ…… -- 千歳百華 2019-10-16 (水) 21:23:31
  • (DAY:15 / ErosionRate 38%) -- 千歳百華 2019-10-15 (火) 00:10:17
    • (調子はいい。だけど……これ、何かの前兆なんでしょう? まともな食事も、睡眠も全然取れていないはずなのに。) -- 千歳百華 2019-10-15 (火) 00:11:15
  • (DAY:14 / ErosionRate 35%) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 00:43:24
    • (そろそろ半月。身体のおかしくなってきた子が出てきた。……いや、私の身体も、もうおかしくなっていると思う。) -- 千歳百華 2019-10-14 (月) 00:45:10
  • (DAY:13 / ErosionRate 32+%) -- 千歳百華 2019-10-13 (日) 07:48:25
    • (気持ちを切り替えよう。救難信号のために、設備が生きている施設を探そう。)
      (……まあ、ほとんど知らない土地だから、簡単に成果は挙げられないけど。) -- 千歳百華 2019-10-13 (日) 07:53:22
  • (DAY:12 / ErosionRate 31%) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 02:08:38
    • (傷の治りが早い。肉ごと持っていかれたはずなのに。他の人もこんな調子なのだろうか。身体も心も、おかしくなりそう。) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 02:09:26
      • (あと、ちょこっとホワイトボードに書くだけじゃなくて、誰か直接誘ったほうがいいかなって思いました。最近、無性に一人が心細い。) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 02:12:19
      • (はい、大丈夫です。私は、死なないから。) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 02:12:50
    • (ちとせへと書いてあったので来てみる)おう、入れてもらってもいいか?通信設備は欲しいし安住区はゾンビのいきがよくて一人じゃぁとてもじゃないがやってられねぇ
      (//停電もしたので判定も厳しくなるかもという事情もある) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 08:08:28
      • ん……。(真・カメラの人……) ……いいですよ、男手は大歓迎。特に、何かしら一芸ある方は……キスしてあげたいくらいね。(くすくす、と、無性におかしげに笑って)
        (//※次回判定を 【千歳班】として 参加していただく予定です 次次回以降の離脱は 別途ご申請ください  なおSitm市も警報出てるけどたぶんだいじょうぶです)
        ……あなた、機械にも強そうですし。 -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 16:46:42
      • お?いいねぇ巨乳美女のキスなら大歓迎だ(こちらもちょっとおかしくなってきている)おっけぇじゃぁ決まりだっきたいしといてくれよっ
        (//おっけー じゃぁ早速変えてこよう、明日無事な方が判定する形にすれば大丈夫だろう・・・たぶん) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 17:14:34
      • うん、よろしく……(こくり……) ……千歳百華。 (思い出したように、名乗った) -- 千歳百華 2019-10-12 (土) 18:13:06
      • (一瞬きょとんとしてから)武名だ、武名丞弥・・・改めてよろしくなっ(挨拶するとそれではとあとにする) -- 武名 丞弥 2019-10-12 (土) 18:15:07
  • (DAY:11 / ErosionRate 30%) -- 千歳百華 2019-10-11 (金) 01:17:25
    • (死に直面する。気持ちとしては、あの日以来か。傷が痛む。走れるかどうか……。) -- 千歳百華 2019-10-11 (金) 01:18:22
  • (DAY:10 / ErosionRate 21% OVER) -- 千歳百華 2019-10-10 (木) 04:20:55
    • (血は、止まった。ちょっと、個性的な模様が残ったけど、大丈夫。何も、問題はない。) -- 千歳百華 2019-10-10 (木) 04:22:15
      • (私は、大丈夫、です。) -- 千歳百華 2019-10-10 (木) 04:22:31
  •  
  •  
  • (拠点内に自然とできる個人スペース その一角で小さめのダンボールにみつしりと収まるキャッツをみつめるじょしだいせい) -- 千歳百華 2019-10-06 (日) 10:01:13
    • 猫ですね(スッ) -- 山田 健一 2019-10-06 (日) 12:27:29
      • うん、ねこ…… 食べる? -- 千歳百華 2019-10-07 (月) 04:52:30
      • 食べませんよ。それと実験もしません。(肩をすくめて)
        家で犬を飼っているんですけど、少し前は猫もいたので。多少はお力になれるかと。(猫の頭をうりうりとする) -- 山田 健一 2019-10-07 (月) 21:29:13
      • 犬。 犬なら、私の家にもいるよ。黒柴で……(写真を見せようと、スマホを取り出そうとする素振りを見せて 電子機器の異常を思い出し、息をつく)
        誰かの飼い猫だと思う。あのままにしておくよりマシだと思ったんだけど…… -- 千歳百華 2019-10-08 (火) 01:39:16
      • うちのは赤毛でした。……まだ慣れませんよね。僕もそうです。(嘆息して)
        保護しないとゾンビコースですし、一応ネズミ対策にもなりますし、飼うのはいいのではないでしょうか。何より和みますし。
        キャットフードも猫砂もたくさんありますからね。キャットフードは追い詰められればやがて手を付けるとしても、猫一匹分くらいは大差ないでしょう。 -- 山田 健一 2019-10-08 (火) 22:08:24
      • ……嫌な事を言うけど、ペット用品も、割と人が使う余地はあるから。何人かにダメと言われたら放してた。
        皆まだ余裕がある証拠だね、よかった…… (のばしていたキャッツを、お尻を持って抱き抱え直す 抱き方は多分犬と同じだと思った)
        (なお茶トラである) -- 千歳百華 2019-10-08 (火) 23:39:49
      • そこまで非常な人は、僕らの中にはきっといませんよ。ともかく、落ち着ける場所とトイレを作ってあげましょう。
        (その後、猫を連れてペットコーナーを物色し、猫の環境を整えたとか) -- 山田 健一 2019-10-09 (水) 21:29:52
    • (食べちゃぁダメだろうと思いつつ猫を囲む和やかな光景を写真に収めておく) -- 武名 丞弥 2019-10-07 (月) 05:37:14
      • (じろり) (キャッツを前足の脇から持ってぶら下げてみせる) (ながい) -- 千歳百華 2019-10-08 (火) 01:41:37
      • おーながいながい(思わずもう一枚、ついでに猫用のジャーキーを差し入れして帰る) -- 武名 丞弥 2019-10-08 (火) 05:31:21
  •  
  • 🐱
  • ――風が語りかけます。 -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 02:33:21
    • (カーテンを被ってお化けの扮装の様になっている女がやってくる)そこん金髪の人…こんな本読んだりせんやろか(孤独のグルメ新装版全巻) -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:13:41
      • (びくっ ちじょのひとだ…!) ……ええ ああ ええ…… (全2巻のくたびれたサラリーマンが描かれた表紙の漫画本…!?)
        えっと、漫画は読むけど、今は、読んでる余裕が…… あるの、かな……? -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 23:16:33
      • (本人の趣味ではなく敵襲により剥かれただけなので、カーテンで身を隠す様子に隙は無い)
        なんやしらんけど、外でこれ見つけた時プレゼントにちょうどエエ様な閃きみたいなもんが降りよったでな…まあ、飯時とか休憩の時に読んだらええんでねえだか -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:23:03
      • (恐る恐る手にとって なんとも自分と対象層が違いそうな表紙を見、続いて方言で話す小柄なオバケの女性をちらりと見)
        ……ふふっ (と軽く吹き出す) もしかして、気を使ってくれて? うれしいですけど、こういうのは皆が読めるところに置いときましょうよ。
        2階なら、まだ少しはくつろげるんでしょう? 共用本棚とか作ったりして…… -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 23:28:32
      • そ、そういうもんだか?まあ、外で見つけた本を集めといたら、便利かもしんねぇだな…はぁー、都会の人は考える事も先を行っとるべ
        きっとお茶とか入れて、なんか細い鉄棒がねじくれまくったお洒落椅子に座って寛いだりするんだべな -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:38:11
      • うーん…… (ざっくりし過ぎな都会イメージに反応に困っている…!)
        で、でも、こういう時役に立ちそうな本を集めて取っておくのは良いと思いますよ。
        火にも使えるんでしょ? このまま下に置いといたら何かと読めなくなりそうだし。 -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 23:49:56
      • 火だったらホムセンだで、炭がどこぞにころがっとりゃせんだべか。探さんとあかんだなぁ…
        パラパラと読んだ感じ、暴漢の腕をキメる技は身につきそうだっただな。ま、まあおらにゃ無理そうだども(胸が邪魔するので) -- 輝矢 2019-10-02 (水) 23:55:16
      • 腕を。(どういう漫画?という顔) てか、組み合うより足元でも引っ掛けたり切ったほうが早そう。
        いっそ高枝切り鋏とか使えそう。キホン、近づいたら負けなんだし。 -- 千歳百華 2019-10-03 (木) 00:06:44
      • そ、そういや、近づかれんようにするんが一番やっただな…!電動草刈り機なんか、足払いに案外役立つんだべか…
        ほ、ほんだらおらぁそろそろ服の代わりば探しに行くけん…炭や高枝切り鋏より見つかりそうにないで、念を入れんと(ほんだらーと小さく手を振ってお化けスタイルは離れていった) -- 輝矢 2019-10-03 (木) 00:19:22
  • あー。キンパツちゃん、ちょっといいかな。(帽子を目深にかぶって声を掛け)
    (帽子を上げた瞬間片眉が上がり)あーれー? 別のキンパツちゃんだこれ。どうも初めまして。 -- ケイジ 2019-10-02 (水) 00:19:53
    • ……。(スス…と、アンティークな猟銃を大事そうに抱き込み) ……こんにちは。入れてもらうときに、食料品の提供は、しました。
      何か。他に、何か?(つっけんどん) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:23:00
      • ああー、いやいや、そういうのじゃないよ、大丈夫大丈夫。(なんの根拠もないことが明白な大丈夫)
        知り合いと間違っただけでさぁ、あれ、でも君も立派で物騒なもの持ってるねぇ……(胸元に抱えている猟銃を見て苦笑して嘆息した)
        あっちのキンパツちゃんといい、そういうの使うの上手だったりするのかい? -- ケイジ 2019-10-02 (水) 00:26:10
      • (警戒心 警戒心) ……これは、お爺ちゃんから借りているものなんで。
        撃ったことは、(――躊躇の一呼吸、) ないです。
        ……あなたは? (そういえば、拠点内でぼんやりしていると、視界の隅でよくよく見かける。)
        何か、変わったことでも? -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:31:23
      • ……借り物、ということはお爺さんは銃を所持出来る職業者、ってことか。
        そうかい。なら、あまり大事そうに抱えないほうがいいかもしれない。『今はいい』けどね。後々。(意味ありげに指を立てて言う)
        そうだね、もう一人のキンパツちゃんがさ、どうもキミと同じように銃を所持してたから。声掛けとこうと思って。それは怖いものだよって。キミと同じようにね。 -- ケイジ 2019-10-02 (水) 00:40:44
      • ああ。(ぼんやりと理解したような顔で) 悪いことには、使わないです。(ふるふる)
        それに、みんなにその気があったら、入れてもらうときに没収されてるでしょう。
        でも、悪いことをされるなら、使います。(こくり… じとり…) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 00:46:01
      • いやー、怖いね、ホントに。おじさんブルっちゃうよ……。
        んじゃ、おじさんが頑張ってその銃を悪いことに使わないでいいように頑張っちゃおうかな。
        とりあえず、あんまり人に向けたりしないようにね、それじゃ、またね。 -- ケイジ 2019-10-02 (水) 00:57:04
      • ――ああ。はい。何かあったら、また。(弾なんてとうの昔に撃ち尽くしていることは、言わない。言う必要を感じない。まだ。)
        (――しかし、あの中年の立ち居振る舞い、この拠点の折衝役でもやっているのだろうか。)
        (『弾が入っている』と思わせている以上、今後、何か厄介もあるかもしれない。多少、付き合いを良くしても、と考える……) -- 千歳百華 2019-10-02 (水) 01:07:01
  • ではよろしくおねがいします -- 千歳百華 2019-10-01 (火) 06:23:01
    • 私は市の人間ではないですが、祖父はここ住みで、地元の猟友会に入っていたそうです。まだ家にいると思います。 -- 千歳百華 2019-10-01 (火) 07:09:48

Last-modified: 2019-11-02 Sat 19:14:14 JST (18d)