冒険者/RE0003

  • (一足お先に失敗:10で待っているエルフだった…) -- ライ 2017-07-17 (月) 00:58:25
    • うわあ……安心していいのかそうでもないのかよくわからない……! -- キャシィ 2017-07-17 (月) 02:29:35
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:23
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:23
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:22
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:22
  • 第六回の4日クエスト告知がギリギリになってしまいましたので、団員の皆様に直接お知らせしようとお邪魔して回っています
    今回は各自の診断結果でなく同時に開催される突発企画のトーナメントを使用して、その日の試合で勝利するキャラを1名予想していただきます
    組み合わせの確認、試合結果の参照、次回ぶんの予測の宣言 は全てこちらのページで行っていただきます
    どうぞ気になる試合の勝者を予想し、予測申告所にご記入ください -- ブンスターセ 2017-07-10 (月) 11:29:25
    • キャシィさんといえば、やはりレアプレイスの発見ですね。当初こそレアエネミーと変わらない勢いで発見されたレアプレイスもぱったりと発見の報告を聞かなくなって…やはりレアエネミーよりずっと希少な存在なのだと思い知るに至ったわけですが
      キャシィさんはそのレアプレイスを二つ発見していらっしゃいます。…その、魔動機鎧に何かそういった機能が? -- ブンスターセ 2017-07-10 (月) 12:56:53
      • 巨大なものを運用しようとすれば、空間認識は必須! そういう点から見て見るなら、そう言う機能といえるかもしれない……
        確かに私の鎧には空間認識の補助機能は搭載されてるから、それで見つけたことはあったはず! センサー系が仕事してるから、後ろにも目がついているようなものだし。 -- キャシィ 2017-07-10 (月) 14:22:52
  •   -- 2017-07-06 (木) 00:13:21
  •   -- 2017-07-06 (木) 00:13:21
  •   -- 2017-07-06 (木) 00:13:20
  •   -- 2017-07-06 (木) 00:13:20
  • 最初にキャシィの話を聞いたときは、身の丈を遥かに超える大きさの魔鎧を纏って戦う絢爛華麗にして質実剛健な騎士って印象でした…
    それが今や俺を一気に追い越し『おっちょこちょい』レースのトップランナーに…!
    いやそれでも団内で唯一、冒険者の史跡(レアプレイス)を二箇所発見してるし、団長からのお達し(クエスト)もそつなくこなしてるしで凄いんだけどさ
    やっぱアレか。最近特に顕著みてーだが、割と小っこい魔物の討伐とか街頭警備とかはやり辛いのかね、デカ鎧だと -- ライ 2017-07-02 (日) 08:31:39
    • 左様。
      基本的には巨大な怪物を相手にするのが設計しそうなだけに、ある程度小さくなると難しいという事情が……
      一応人型生物くらいなら、薙ぎ払うなりなんなりで対処できたりする。はず、なんだけど……
      私、なにか悪いものに憑かれているのか!? いや、なんだかんだいって半人半魔。なまじっかなやつに憑依されているとか思いたくない。 -- キャシィ 2017-07-03 (月) 01:28:21
      • そして俺も『おっちょこちょい』レースで追いつきつつある…(ゴゴゴゴゴとダメ人間っていうかダメエルフなオーラを放つ)
        …なんか大型の蜂がミツバチに囲まれてわーってやられる所を思い出した
        数匹倒したくらいじゃどうしようもなさそうだしなああいう状況…
        依頼で悪霊ッポイのと出会った他の団員ならとにかく、キャシィが何かに祟られる理由も思い当たらねーし………
        そういやそもそも、キャシィは何で騎士団なんかに志願したんだ? その魔動鎧の力をアピールするためとか? -- ライ 2017-07-03 (月) 01:47:08
      • ふっ……仕事で!(謎のタイミングでポージング)
        いやまあ、私の雇先は別にあって。騎士団に資金と戦力を提供する見返りに、その戦力であるところの魔動機鎧の試験運用の場所にさせてもらってるんだよね。
        というわけで言うなれば、私は派遣の身分だったりする。特に志願していたりとかはしてないのさ!
        まあ、そう考えると失敗も戦闘データとして有用だし……悪いことばっかりじゃないし……。 -- キャシィ 2017-07-03 (月) 02:14:49
      • なーるほど。ここらでの活動基盤を確立したいけど戦力に不安がある騎士団と、
        魔動鎧の実地テストをしたいキャシィの雇い主との利害が一致した、ってカンジね (こっちも理解納得のポーズで返す!)
        見方を変えれば、俺たちと違ってキャシィにとっては金とか名誉とかよりも実戦データの方が重要ってコトになるワケだ
        実際、巨大怪物を相手にするには適してるけど、ちょいと小回りが利かないってデータは出てるし…
        でもあんまり失敗が多いと、騎士団じゃなく雇い主から大目玉食らうんじゃね?(キシシ、と少し悪戯っぽく笑う) -- ライ 2017-07-03 (月) 02:32:19
      • ふっ……! そんなもの、先の光秀で超越しておるわー!(別のポージング)
        一号機の時、意気揚々と冒険に出たは良いものの、最初の冒険で大破した時の気持ちはわかるまい! そしてあの出来事によって、大概の事は温かい目でスルーされるようになった気分もな!
        しかしその御蔭で、そうしたふうに見てもらえるようになったのだと考えれば、あれはあれでアレだ……うん、アレだ。
        でもまあ、失敗しないに越したことはないよね。失敗もデータとは言え。 -- キャシィ 2017-07-03 (月) 02:38:57
      • ………そうだった。俺がこの街に来る前から有名だったらしいもんなアンタ…(半ば呆れ、半ば同情の目でポージングを見つめる)
        まあ、アレだ。アレだな。(アレアレ) 失敗を恐れないってのも強さだぜ。うん!
        しかし…(顔のタトゥーを撫で)…キャシィもその魔動機鎧の研究所だか開発部だかの看板を背負ってるとなると…
        さながら色んな組織の代理競争みたいなモンだな、この騎士団も。
        ほら、各地領主の子弟たちは言うまでも無く、アンやチェルシーは自分の国から命を受けて来てるし、
        アコディオだって部族と祖国の名を上げるのに一役買ってるワケで…
        (そこまで言うと頬から手を離し)…ま、何が言いてえかってーと、色々面白いよな!ってこった!(再びキシシ笑い) -- ライ 2017-07-03 (月) 02:56:07
      • そだねー。でも組織なんて、大なり小なりそう言うブブンはあるものだろうし……でもごちゃごちゃしてるのは面倒だからそれでいいよね!
        面白く思えるのなら、それが一番! ていうかそう言う風に考えたの今日が初めてだ。言われるまで気が付かなかったよ……(能天気)
        なんだか妙な連中の博覧会だぜ! みたいにくらいは思っていたけど、そんな面白い状態だったとは……
        なんだかんだで悪くない感じに回ってるから、気が付かなかったのだと思っておこう。 -- キャシィ 2017-07-03 (月) 03:04:13
      • そしてオマエも、その妙な連中の一人であることを忘れちゃいけねえぞ〜?(相変わらず楽しげな表情)
        …ま、厳つい鎧に似合わず、キャシィは特に野心も無く気楽に過ごしてるのがわかってよかったわ
        さーて、色々聞けてエルフの知識欲が満足したし、今日はここらへんで失礼するぜー
        じゃなー (ひらりと手を振って、鼻歌を歌いながら帰るエルフ) -- ライ 2017-07-03 (月) 03:14:41
      • そりゃねー。なんかもう、それは否定できない。というところで、じゃあねー。 -- キャシィ 2017-07-03 (月) 03:18:02
  •   -- 2017-06-30 (金) 00:30:31
  •   -- 2017-06-30 (金) 00:30:27
  •   -- 2017-06-30 (金) 00:30:27
  • さて…ノックしてもしもーし?魔族の姉ぇちゃんいるかねー?(などとのんきな声をあげてやってくる痩身の男) -- クロト 2017-06-23 (金) 22:00:46
    • はいはーい。(ドアを開いた。警戒はなかった。聞き知った声である。付き合いの深いわけではないが、かかわり合いはそれなりにある相手だ)
      おっと……ふふっ、私に何か用かな……? -- キャシィ 2017-06-24 (土) 00:19:55
      • よ、キャシィだったな確か。やー前の賞金稼ぎレースん時は残念だったな。即鎧も壊れちまったらしいし…。
        んで、鎧も新調したって聞いたんで一つ見物とさせてもらおうかとな。代金はこいつでどうだい?(などと土産の度数低めの果実酒など見せ) -- クロト 2017-06-24 (土) 00:26:22
      • それでも、不滅の碑を打ち立てられたのは間違いない。そう! それがたとえ些か不名誉なものであっても! 不滅の出来事であることは間違いないだろう……あれはいい思い出。いい思い出だよ。うん。
        なのでそれはそれとして。なるほど、そういうことか。ふっ……構わないよ。騎士団にいれば目にすることもあるだろうし、お安い御用だ。うん。お酒はお母さんのためにもらっておこう。 -- キャシィ 2017-06-24 (土) 00:29:35
      • 些かと言うか結構不名誉なんじゃねぇかなぁ…(とおいめ)実際不朽不滅の記録であるだけ残り続ける怖さが…うn。まあでもそのポジティブさは見習いてぇもんだ。
        ありゃま?キャシィは飲まなかったか?ま、俺の副業先で今売れ筋の酒だ、お勧めだぜ(と果実酒を渡しつつ)しかし鎧と噂は聞いてたが鎧に機械なんて仕込めるもんなのか?(不思議そうに言う科学後進国の田舎育ち) -- クロト 2017-06-24 (土) 00:38:45
      • 言ってはならぬ、言ってはならぬ。おほん。
        まあねー。私はお酒とかタバコとか、そういうのは触れない方。でもお母さんは好きだからもらっちゃう。(受取)
        おや、気になりますか? んふふ。といっても、私は使用専門でそこまで詳しくない……使用するんだから知ってはいるけど。専門家ではない的な。
        こう、なんというか、こう……そう! 鎧に機械を仕込んでいるというより、鎧の形をした機械、といったほうが正しいかも知んない。うん。多分見たほうが早いね。 -- キャシィ 2017-06-24 (土) 00:45:58
      • ほー?意外に健全な生活してやがんなぁ、魔族だからそういうのとかバリバリかと思ったわ……ってのはちと失礼か。すまんね(思ったことが口に出るタイプの男が苦笑し)
        そりゃぁなあ、こっちにあるもんは田舎じゃぜってー見られねぇもんばっかだしよ。喋る缶みてぇな機械人形とかも見たが…鎧ってのも充分に興味深いぜ。
        ん?鎧の形の機械?どういうこった?…なんか全身工場みてぇなのしか思いつかねぇ(イマイチ想像ができず、?マークを浮かべている) -- クロト 2017-06-24 (土) 00:53:29
      • 種族が持たれているイメージは仕方ないね。ていうか私もだいたいそんなイメージ持ってるし……(家族が実際そんな感じだった)
        ああ、いたね。そういう機械人形……私はじっくり見る機会を逸してしまったわけだけど……
        あ、やっぱり? うん、そうじゃないかと思ったよ、ははは!  えーと……えーと……! きぐるみの、機械版……? -- キャシィ 2017-06-24 (土) 00:57:34
      • ってお前さんもか。一度そういうのが付いちまうとどうしてもなー…ちなみに俺今眠くねぇからな。きっちりはっきり起きてるからな(とキッと見つめるフリをする寝ぼけ眼。そういう風に見られがちなのだ)
        あー…そういう言い方ならなんとなく分かるな。つまり薄い機械仕掛けの層みてぇなものを被る訳だ、全身すっぽりと(若干得心してきたようで) -- クロト 2017-06-24 (土) 01:15:29
      • 心得た! まっ、見た目も要素もね。大分ね。認識に影響をあたえるよねー。
        私の鎧についても、ある程度正しい認識が出来てきたようで何より。おおよそそんな感じかも……そう! 機械人形に入って操るんだよ! まさに! -- キャシィ 2017-06-24 (土) 01:19:22
      • 人間全部が全部ひと目で理解できるわけじゃねぇから、どうしてもそういうレッテルっつーか印象っつーのに頼らざるを得ないんだろうけどなぁ。
        一応想像は出来てきたっちゃー出来てきたが…どうしても頭で描いてるだけじゃ無理があるな。その鎧っつーのは今この辺にあるもんなのか?百聞は一見に如かずつーだろ。 -- クロト 2017-06-24 (土) 01:24:09
      • 私もそう思う。なのでお披露目と行こう! 実物は普段、そっちのガレージにしまいこんでいる。流石に居住空間には入れないし。こっちこっち。
        (後ろ手にドアを閉じて手招き。居住のための家を出て、近くにある大扉の倉庫へと向かう。見た目にはほとんど四角い箱で、味も素っ気もない建物である)
        こっから入れるからどうぞどうぞ。(と、案内するのは大扉でなく。建物横面にある普通の大きさの扉である) -- キャシィ 2017-06-24 (土) 01:33:16
      • …居住空間に入れない?え、鎧だろ?入るだろふつー?(またもや混乱気味になる。しかしキャシィについていき)
        (飾り気も何もない実用一辺倒の建物を見れば…少々嫌な想像が浮かび上がる)こっちのでけぇ扉って…ああ違うのか、そっちか。
        (そうして横目に眺め導かれるままに側面の扉へと。この建物を使う人間はこの扉を使うらしい…ということは、あの大扉は) -- クロト 2017-06-24 (土) 01:40:23
      • 何しろ扉をくぐれないし、入れても天井に頭をこするのは必定……こうしていってみると、室内戦に向いてないな! 私の鎧……
        いや、でも、身長高い種族に合わせた施設とかなら別に大丈夫だったりするのかな……
        (そう言って中へ。薄闇が底にあったが、深い闇ではない。高窓から差し込む光が、そこにあるものを幽玄に照らし出している)
        まあそれはさておき……これが今の私の鎧! 魔動機鎧『ガラクシャ』試製二号です! 大扉はこれに乗って出る用ね。
        (少女にはおよそ似つかわしくない鎧だった。それは巨大な機械人形のようでありながら鎧の域を出ず。見上げるほどでありこそすれ、しかし巨大な怪物ほどでもない。ながらに、青黒く厳しい人型は差す光を浴びて威風を帯びていた) -- キャシィ 2017-06-24 (土) 01:54:07
      • (まるで牢屋のように薄暗い闇がそこには充満していた。救いの光の如く下りる明かりが見せるものに思わず目を奪われる。いや奪われざるを得ない)
        ……デケェ…オイ、これホントに鎧なのかよ?まだそれこそ機械人形だっていう方が納得が行くぜ?(差詰め想起させるのは遥かな伝説に聞く青銅の巨人)
        (人間に対する様々な悪行を問われ、果てに英雄によって打倒されこの牢に捕らわれた、そんな鍛冶の神によって生み出された金属製の巨人を想像させた)
        それに…これが鎧だとしてもお前さんの力じゃこんなもん動かせんだろ。いくら魔族とは言え…(よくよく見れば鎧であるための機構は確かにどこそこに見えるが、信じ難く) -- クロト 2017-06-24 (土) 02:05:27
      • そう言われると、少し自信がなくなる! でもそこはそう、鎧よりも機械的な方が近いっていうさっきのせつめいが、うん、ほら。あっ、頭脳のない機械人形みたいなものかもしれない!
        なんか説明している内に私も色々と認識が出来てきた気がする。
        (腕を組んで鎧を見上げる。見慣れているせいか、クロト程に巨大感を覚えてはいない。二、三度わかったように頷いて)
        まさにそう。多分こう、頭脳のない機械人形で。その頭脳を装着者がやっている、みたいな。複雑かつ臨機応変な動きをさせるのにかかるコストが、装着者を用いることで浮く、みたいな部分はあるかも。
        これを動かすのはそう、それこそ魔動機械がやってくれるから。私は中で実際に体を動かすことで命令を出しているだけだし。あー、なるほど! うん、これはコスト安く済む……のかな。 -- キャシィ 2017-06-24 (土) 02:14:17
      • あー…そういうことか。この鎧自身が自分で動くのか。それならまだ分かる(こちらは多少警戒心が解けていない。いつでも動けるように準戦闘態勢のまま鎧を見て)
        キャシィが糞怪力とかでもねぇと流石にこの大きさは着ては動けねぇだろうしなぁ。お前さんが命令しなきゃ何にも出来ない金属の木偶の坊って訳だ。
        (しかしその威容はただの置物に在らず。稼働実績があるかは分からないが、ガレージを含め確実にこれから"使われる"ことが想定されている空気を纏っている)
        …なあ、今更だがこいつの先代よく壊せたなオーク。オークロードとかオークゴッドとかだったんじゃねぇの?(呆れたような声を出しつつ、自分で自分に納得してるキャシィを見て苦笑する) -- クロト 2017-06-24 (土) 02:25:29
      • そゆこと。人の頭脳と機械のパワーの合わせ技。それがこの魔動機鎧! というわけなのだと思われる。
        それだけに、いやー、本当にね。あのオークは一体……まあ、オークと言ってもピンキリだし。きっとそう言う存在だったのだろう! ああいう討伐依頼が出されたからにはならず者連中だろうし、そういうのに混じっているのはどうかと思うけど。
        (うーむ、と腕を組みながら唸って)
        一号も二号よりスペックは劣るけど、悪いもんじゃなかったし。命令系統もきちんと作動してたはずだから、ますますそうとしか思えないなー……
        (巨大な怪物相手ならまだしも、並の人型であれば相対して問題ないのは目に見えてわかるほどだ。傍に固定されている武装からしても、巨大な怪物相手が本領であるのを伺える) -- キャシィ 2017-06-24 (土) 02:35:22
      • 思われるて。思われるて(苦笑の度合いを深めながら)まー俺も俺が使ってる剣がどうやって打たれたか詳しいこと知ってる訳じゃねーけどよ。
        そうなるとこいつを作った奴も相当すげぇな…よくこんな複雑な仕組み実現したもんだ。いや、まぁそれを使ってるキャシィもすげぇが。…これ操作ミスったらヤベェだろ?
        (見た目通りの重量だとすると、例えば道端で石に躓いただけでも地面との激突の際相当の衝撃が内部に走るはずだ。もしくは…それさえも考慮されているのかもしれないが)
        まーでもどんなに強いたぁ言えオークはオークだからなぁ、もしかしたら自爆したんじゃねーの?(意地悪そうな笑みを向ける。ようやく余裕が出てきたらしい) -- クロト 2017-06-24 (土) 02:44:16
      • だってメカニックじゃないし。設計者でもないし……一応仕様とかは一通り教わってるけど! それでもきちんとわかっているかはわからないものさ……
        とにもかくにも、多分そうなのだろう。仕組みそこらはまあ、普通にそのあたりが発展しているところの蓄積に依るところじゃないかなー、と思うけど。冷静に考えるとたしかにスゴイね。
        頑丈さや耐衝撃性なんかは私が問題なく生き残っている辺りでだいたいお察しできる感じだけどー、あー……なるほど自爆。いや、あまり相手を見くびるべきではない、と思いつつも。あり得るかもなー……!
        (あの時のことを思い出してみる。何度となくしたことであるから、それをなぞる程度のことにしかならないが。それにもしミスが有ったとしても、認識は難しいだろう。忘れていることに気付くのが難しいように)
        いやあ、うん。全然自爆する心当たりはないけど。操作ミスには気をつけないといけないね! でかいし……。 -- キャシィ 2017-06-24 (土) 02:56:47
      • ま、剣の打ち方で戦う訳じゃねぇし使えてりゃ充分だわな(はっはっと笑い飛ばし)あー結構地域差ってすげーからなぁ…これ作ったのって一体誰なんだ?お前さんの地元の奴か?
        ふーむ…ちゃんと守りのことも考えられてんのか、そうなるとこれはそういう意味じゃただの兵器じゃなく正しく"鎧"なんだな。
        (自分の知る鎧とは何もかも違うが、それでもやはりこれは鎧なのだと知ると、少しの威容を見る目も変わってくる)
        自分のためだけじゃなくても、周りのやつのためにもな…冒険は同行者居るし遺跡とかあんま壊すと国からメッってされるらしいし(とおいめ) -- クロト 2017-06-24 (土) 03:05:14
      • ふっふっふっ、よく知らない。なんかこう、スカウトされて。お給料も良かったからこれに乗ってる。よく知らないけど、これくらいの技術力を持ってる何処かなのは確か!
        あとはこう、ね。一回くらい大破しても特に問題ないくらいの財力を持っている何処かでもある。でもコストカット考察した今となってはよくわからなくなったけど。これ作るのそこそこかかったから財力はそこまででもない……?
        そう考えると私もおいそれと暴れられないなー。あまり壊しすぎてクビになったりしたらちょっと凹む……まあ、気をつけていこう。
        というわけで、これが私の鎧なのであります! -- キャシィ 2017-06-24 (土) 03:13:01
      • 知らねぇこと多いなオイ!?……出処がよく分かんなくて仕組みの所の根本も微妙に謎な物に乗ってるって怖くね?怖くね?(などと脅すように言いつつ)
        あー…そりゃ確かだな、こんなもん技術があったとしてもお安く作れるような代物じゃないのは分かるわ。それにそのコストカットするのにやっぱ財力いるだろ?多分。
        うむうむ、俺も冒険でヘマしねぇよう気をつけないとな…(とうんうん頷きつつ)おう!なかなかそんじょそこらじゃ見れねぇもの見れて楽しかったぜ!
        ま、さっきの酒が代金に値するかというと微妙だが…それはお前さんの母親が味にお気に召すかって所で。んじゃ、またなー(と、最後にもう一度振り返って巨人を眺め、倉庫を後にした) -- クロト 2017-06-24 (土) 03:20:11
  •   -- 2017-06-07 (水) 00:21:06
  •   -- 2017-06-07 (水) 00:21:06
  •   -- 2017-06-07 (水) 00:21:06
  • グワーッ!(大破する魔動機鎧) -- キャシィ 2017-06-04 (日) 02:50:32
    • キャシィはオーク討伐依頼を受けた。

      冒険失敗……

      筋力が5上がった!
      耐久が10上がった!
      敏捷が3上がった!
      器用が8上がった!
      知力が5上がった!
      魔力が10上がった!
      感応が3上がった!
      幸運が1上がった!

      質の悪いショートソードを手に入れた!

      キャシィは生命活動を停止……しんだのだ!! -- キャシィ 2017-06-04 (日) 02:53:10
      • これはあまりにも酷すぎるでしょう……いや、これはこれでなかなかスゴイけど! スゴイんだけどぉ……! -- キャシィ 2017-06-04 (日) 02:54:13
      • これが伝説の光秀……(慰めに無料のホットミルク差し出す牛) -- ミルルク 2017-06-04 (日) 03:05:10
      • 私がこの新ゴルロアにおいて、最初の光秀だ! 牛乳ありがとう!(ごくごく) -- キャシィ 2017-06-04 (日) 03:07:53
      • ご本人が無事なので安心しました、最初の冒険でも発動するんですねぇ、あ、二杯目以降は有料、と言うことで(普通の牛乳と同じ値段なので金貨で払う必要は無い) -- ミルルク 2017-06-04 (日) 03:10:29
      • いわゆる「はじめての冒険」というわけでもない以上、そのあたりの容赦もないみたいな……
        よぅし! もう一杯!(支払い)ヤケ牛乳ではない! -- キャシィ 2017-06-04 (日) 03:13:37
      • 私も初回から巨大ムカデでした、報酬もびっくりでしたが、お買い上げありがとうございます(携帯搾乳機を使って直搾りをはじめる牛、なお牛ボディ側なので卑猥ではない)
        あまり飲みすぎはよくないですよ?(でも売る) -- ミルルク 2017-06-04 (日) 03:19:55
      • ヤケ牛乳ではない!(大事)
        なるほど、冒険は意外にハードだ……いやでも、生半可なオークではなかった! 多分!
        ふふふ……みたいに強がっても始まらない。ああー……うん、複雑! とりあえず寝よう!
        ありがとうね! 牛乳美味しかった! -- キャシィ 2017-06-04 (日) 03:24:26
      • オークロードとかかもしれませんしね、はい、それでは私もこれで失礼します、おやすみなさい -- ミルルク 2017-06-04 (日) 03:25:29
    • ゴメーフクを お祈りイタシマス(合掌、流れる般若心経と木魚の音) -- BOKEN1007gy 2017-06-04 (日) 07:49:39
      • 死んでない! 鎧は大破したけど! だがそう、冒険者としては死んだのかもしれない……この身を預ける武具が毀たれたのだから。(かっこいいポーズ) -- キャシィ 2017-06-04 (日) 13:42:52
      • (ぴーがーぴーがーと口からのんびり印刷されるキャシィの白黒画像、ぺりりと切り取ってから見比べて)コレハ 失礼 シマシター(食べる、シュレッダー音・・・しばし後再び印刷された鎧の白黒画像をフレームに入れて)
        (かんじーざいぼーさつ…)ソレデは無職に なってシマッタと (…ふーいーくーくーふーいーしき…)実家に帰って カギョーを継ぐのが 良いのでショーカ(むーむーみょーやくむーむーみょーじん) -- BOKEN1007gy 2017-06-05 (月) 01:29:52
      • そっちかー……なるほどー、そっちだなー。(大破した鎧の画像に遠い目)
        い、いやっ、まだ無職ではない、はず! 別に何も言われてないし!
        っていうか……うちに家業……そんなものあったっけ。お母さん特に何かしてた記憶が無いんだけど……。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 01:33:39
      • 私には こちらの方が 親しみを憶えマース(遺影に親しみを憶えるのもどうなのか)
        シカシ 働き口がないのなら それはやはり・・・(心苦し気に頭を振る)
        ダイジョーブ カギョーがなくとも ある世界には 学ばず 働かず 職業訓練もせぬまま オヤノスネなる物を齧る生き方もあると聞きマース(こくこく) -- BOKEN1007gy 2017-06-05 (月) 02:00:09
      • ですよねー。いやー、わかる。なんかわかるよよくわかる。(見た目的に)
        いや、だが、ふむ。案外に理想的生活……でもないか。やれることが狭くなっちゃいそうだしー。
        とりあえずは、今の仕事先の慈悲にすがろう。そうしよう。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 02:08:16
      • 分かってくれマスカ!(嬉しそう)
        カツては 冒険を 引退した者は バニーなる物に なる宿命が課せられていたトカ いなかったトカ 再度の冒険の目途が立たなければ 考えてみては イカガデショー
        勿論 再び冒険に出たいと いうのであれば 私も応援 シマース BOKEN1007gyは その為に いるのですからー(ご多幸を祈ってその場を後にするロボ) -- BOKEN1007gy 2017-06-05 (月) 02:25:12
      • バニー! その手があったか。私がバニーになったら誰もが悩殺間違い無し……歩くだけでおひねりがガッポガッポ……悪くないかも。
        しかし今は雌伏の時だ! とりあえず次の機体が回ってくるまで、体力を温存しておく。応援していただこう!(見送る) -- キャシィ 2017-06-05 (月) 02:27:25
    • 光秀様…(露店で買った蕎麦粉のクレープをお供えして拝む) -- マロー 2017-06-04 (日) 21:54:27
      • ッハァッ! なんか複雑な気分だけど満更でもなくてますます複雑!(もぐもぐ) -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:32:17
    • さすがや…カリスマ!(ぐっ!とさむズアップ) -- JK 2017-06-04 (日) 22:03:43
      • カリスマッ!(かっこいいポーズ) -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:32:35
    • まさか古代の伝説が即この時代に蘇るとは…レジェンドオブミツヒデ…永久に眠れ…(花を一輪カッコつけて投げた) -- クロト 2017-06-04 (日) 22:08:38
      • 語り継ぐが良いぞ、この新たな伝説を……私が新たな時代の代名詞となる! 嬉しい! ……ともいいきれないけどね! -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:34:25
    • くわばらくわばら……(金柑を特盛に供えて拝んでおく) -- テオ 2017-06-04 (日) 22:08:41
      • 私はキャシィ・クラウゼル、光秀に非ず……それでいて光秀。(酸っぱい) -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:38:54
    • よもやこのような悲劇が… 甲冑も素敵でしたのに…(悲しげな視線) -- メイベル 2017-06-04 (日) 23:57:32
      • でしょー!? あー、弐号機作ってもらわなくちゃ……ふっ、一号機のパーツを使うとか、それっぽいかも。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:40:01
      • あ…部品取りして直せますのね。良かったですわ… 直るまでの間、中の人を鍛える…というのもよろしいかと思いますわよ!(ぐっ、と拳を作ってみせる肉体派お嬢様である) -- メイベル 2017-06-05 (月) 01:01:47
      • 大破はしたけど、使えない部品が無いわけではない! と思う。私はパイロットであり、メカニックではない! でも多分行ける。多分!
        それはさておきなるほど、それは妙案……天才が努力した時、追いつけるものはなくなるという……なら、しない手はないな。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 01:04:08
      • わたくしは機械の甲冑についてはよく分かりませんけれど…早く直るといいですわね。
        実力とは鍛錬に裏打ちされてより強固になるもの… 鍛えるのでしたら少しはお力になれるかも知れませんわよ! -- メイベル 2017-06-05 (月) 01:18:24
      • 安心して良い。私もよくわかってないから。とにかく格好いいのが理解できればOK!
        それはさておいて。ほほう、何事にも先達はあらまほしきことなり……ここは驕らずご教授預かるべきだろうな。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 01:23:54
      • それはよく分からないもので戦っているということのような…… ですけれど良いですわね、甲冑…(自らも甲冑愛用者である)
        ふふ、そうと決まれば。 わたくし、メイベル・C・アッシュベリーと申します。 冒険者宿に部屋を取っておりますので…いつでもお訪ね下さいね。(スカートの端をつまみ、恭しいカーテシー) -- メイベル 2017-06-05 (月) 01:36:15
      • 言っただろう……私はメカニックではない! とりあえず試験運用中の魔動機鎧なのは知ってる。そして一号機の設計ではいまいちだったことも! でもいいよね、甲冑。かっこいいし。
        ふふふ、さて、それでは私も名乗ろう。私はキャシィ・クラウゼル! 今後ともよろしく……(カッコつけた礼)
        ではお言葉に甘えて、何かあった時には。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 01:41:07
      • ええ、よろしくお願いいたしますね、キャシィさん。(手袋を外してがっしと握手。手は女性としては大きく力強く、剣を握る者特有のやや硬質な手触り)
        甲冑好きの同好の士が見つかって喜ばしい限りですわ。 いつでもお待ちしておりますわよ。 では今宵はこの辺りで…御免下さいませ。(もう一度会釈すると、巨大な剣を背負いなおして帰っていった) -- メイベル 2017-06-05 (月) 02:01:27
      • おおっ。(思わず声が漏れた。もちろん操縦する上で必要な訓練はしているが。彼女の手は大きなものと感じられたのだった)
        ふっ、ふふっ。なかなかやるな……メイベルとは仲良くできそうだ。ではひとまずの別れを!(さっ、と、振るように手を上げた) -- キャシィ 2017-06-05 (月) 02:12:03
    • 妾しっておるぞ。これは“美味しい展開”ってやつじゃな……。 -- ヒノユキヒメ 2017-06-04 (日) 23:58:56
      • 実に美味い。素直に美味しいとは言い切れないけど、でもやっぱり美味しい。大人の味だ。 -- キャシィ 2017-06-05 (月) 00:40:32
  • -- 2017-05-31 (水) 20:46:05
  • -- 2017-05-31 (水) 20:46:05
  • -- 2017-05-31 (水) 20:46:05
  • ふふっふっふ……特に言うことがない。 -- キャシィ 2017-05-30 (火) 23:44:42
    • 言う事ないなら聞いてんかー!お姉ちゃん弟探しててなー!(罠だ!人探しをしているふうなJKがあらわれた!) -- JK 2017-05-31 (水) 00:11:09
      • 何ぃ!? ふっ……早速私の力が必要な人が現れるとはな。よぅし! 詳しいことを言ってみろ! -- キャシィ 2017-05-31 (水) 00:21:33
      • ノリええな自分!よっしゃ身体中の穴っちゅう穴かっぽじってよぉ聞きや!
        (関西のおばちゃんなノリで繰り出される弟の情報に混じった大量の世間話は、イノベーションした人類が量子演算コンピュータで余計な情報をはらわなければ脳が焼けるマシンガントークだ!)
        (要約すると、いまどき冗談みたいな便底メガネをつけている白髪の男の子を探している。とそれだけの情報であるので拍子抜けするかもしれない) -- JK 2017-05-31 (水) 00:26:59
      • なるほど、わからん!
        (話が始まって数秒の内に、内容の把握は投げ捨てていた。懸命な判断であろう。しかしそれゆえに、肝心な部分も聞いては居ない)
        そんな全身聴覚の存在ならわかったかもしれないが、私はそこまでのものじゃなかった! しかし恐らく、人間社会レベルでの危機が迫っていそうなのは雰囲気でわかったぞ!
        (聞き流した世間話を解釈するに、多分そういうことだろう。適当な解釈である) -- キャシィ 2017-05-31 (水) 00:34:30
      • わからんのかーい!(うんうん…わからん!という定番のノリボケがうれしくなってJKのお笑い反射神経は思わず手にしたハリセンですぱーんといい音を立てにいってしまうんだ!)
        人類の危機?うーn…いやそれほどのことでもないなぁ?(自分で振っておいてさほど大事なことでもないと言い出す乙女心がJKのJKっぷりだぞ!)
        んで自分なにしてん?道行くおねえちゃんのお悩み相談がお仕事てわけでもないやろ?(自分でふっておいてころころ話題を変えるあたりも乙女心だ!) -- JK 2017-05-31 (水) 00:40:19
      • はぁーっ!(空気を読まないでのけぞり回避する少女。痛かったり自分の優位が脅かされそうな事は避けるタチだ!)
        ふっ……わからん! しかしそうなら何も問題はないな。私だって、間違えることくらい、ある……過ちを認める謙虚さが、強さの秘訣(したり顔)
        そもそも私は悩み相談なんてしていない! しかしお前のような奴が向こうから私に悩みを相談しに来る……つまり、カリスマ! -- キャシィ 2017-05-31 (水) 00:47:42




      • !?
        (そこはほら!すぱーんと行った方がどっかんどっかん来るやろ!!ともどかしい表情でぐぬる)
        くっ…こいついま…過去の自分を乗り越えて覚醒した感出してきよった!!(きっといまじぶん処刑BGMとか鳴りだすやつや!と音に怯えるJK)
        カリスマ…!?すると気の利いたブティック?とかにいるっちゅう…あの…?!(悩みを相談してコーディネイト…いわばカリスマ店員…!と認識にズレが生じる!) -- JK 2017-05-31 (水) 00:58:48
      • カリスマとは! そう、なんだ、なんかこう惹きつけられて、つい憧れちゃうような、そんな存在! どうだ? 憧れちゃうだろう? カリスマっ!
        だが本当のところは……わたしにもわからん!(告白)この世は謎に満ちている。色、即是空? 空、即、是色?
        とにかく私をしても、この世は不可解なものだらけだ。そしてそれはきっと、気にしなくってもなんとかなるってことだ! -- キャシィ 2017-05-31 (水) 01:04:00
      • 憧れ…(と、言われて真っ先に目が行ったのは自分にないが自称カリスマにはある二つの連峰、登山したら死ぬやつ…!とせいぜい高尾山くらいの自分のと比べて歯ぎしり)
        やめや!空とかペチャとかそういう身のない話はーっ!(そんな山の話題に無の境地的な話が加わればアップルパイにはリンゴが入ってるけど、ペチャパイにはなにがつまってるのー?っていうような話に聞こえてきてごろごろ転がる、このままでは心が壊れてしまう!!)
        ……いま…!いまカリスマのカリスマっぽいとこ解った…!!せやな!気にしなくってもええよな!!(胸の事なんか気にするなよ!といい感じの話になったのだと解釈してカリスマの手をとって笑顔になる)
        いや良い話聞いたわ…お姉ちゃんはこれからもありのままの自分でいくで!カリスマもせいぜい垂れんように気ぃつけやー!!(勝手に納得して勝手に満足したあと帰っていく…JKとは台風のような生き物なのである…) -- JK 2017-05-31 (水) 01:11:46
      • 私の胸はそこまで柔じゃない!(妙なところで回転の良い頭脳)
        だがとりあえず、また一人の悩める子羊が救われた……なんだか知らんが、とにかく良し!
        (何はともあれパワーワードを叩きつけていく。そんな女だった) -- キャシィ 2017-05-31 (水) 01:17:00

Last-modified: 2017-07-17 Mon 02:29:35 JST (2469d)