キャシィ Edit

「きゃらふと」で作ったものを色調補正とかしたもの










さあ、行っておいで

企画:もう一度、冒険へ ハードモードで参加中
企画/鶏鳴騎士団
獲得金貨総数0枚

冒険のために我はこれを創造する Edit


活動時間:深夜
編集:喧嘩が強い上に格好いい   差分:喧嘩が強い上に格好いい
お名前:
  • (一足お先に失敗:10で待っているエルフだった…) -- ライ 2017-07-17 (月) 00:58:25
    • うわあ……安心していいのかそうでもないのかよくわからない……! -- キャシィ 2017-07-17 (月) 02:29:35
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:23
  • -- 2017-07-15 (土) 00:18:23

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

冒険じゃー! Edit

  • キャシィ・クラウゼル
    • 半人半魔の少女。その姿は魔種の特徴が大きく出ている
      • 人間の父と魔種の母の間に生まれた子供。
        父はなかなかの冒険者で、母も結構な魔種だったらしいが、本人はまあまあ
        父の顔は見たことがなく。母曰く、召喚主と対象の関係だったらしい
        適当に使われていたが徐々に呼ばれなくなり、全く呼ばれなくなった頃になって妊娠に気がついたとか
        その中途半端な魔術的素養や身体的能力が買われて魔動機鎧の運用テスターに抜擢されるに至り
        基本的に前向きで楽天的かつ、ちょっとおバカなこともあってか今回の抜擢によって調子に乗っている所があり
        もともとそう言う部分はあったが、大凡の場合において自信に溢れた態度と言動を見せる
        一応魔動機鎧の扱いについてはそれなりの素質を持っていたのか結構な実力を見せてくれたりもするが
        本人の能力はどこまでいっても、あくまで中途半端なものである。操縦するのに必要な訓練はしているので、決して弱くはないのだが
        身長は160cmくらい(角除く)絵で着ているのはパイロットスーツであり、他にちゃんとした普段着もある
    • 魔動機鎧「ガラクシャ」試製一号(大破)
      • キャシィがその身にまとって戦う魔動機鎧。青黒く厳しい装甲の機体で、これを装着すると彼女の姿は見えなくなる
        装着というよりはむしろ、搭乗といったほうが近いかもしれない
        大型の槍を主兵装としており、飛び道具も各所に装着されているが、重量軽減のために非実体弾がほとんど
        それらは内蔵魔力を用いて発射されるために、結果として燃費が悪いことになっている
        それでも性能は高いと言ってよく、運動性は見た目の割に優れたもので、操縦性に癖はない
        いわばパワードスーツのようなものであるが、装着者の動きを阻害せず忠実に反映し、思うように動けないということはほとんどない
        もっともそれは補正がオミットされており、装着者の性能がそのままモロに出てきたりもするということでもあるのだが
        大きさは2メートルと50センチくらい
    • 魔動機鎧「ガラクシャ」試製二号
      • 早々に大破してしまった試製一号に続き作られた新たな魔動機鎧。
        基本的なデザインは先代と変わらず、僅かな追加の銀装飾によってのみ見分けることが出来る
        コンセプトもおおよそ変わったところはないが、全体的な性能を底上げされており、オミットされていた補正も僅かながら効くようにされた
        武器は槍から変更されており、長棒の先に厚みの薄い八面体がついたようなものになっている
        これは槍としての機能と、戦鎚の様な働きを兼ね備えたようなものである

Last-modified: 2017-06-21 Wed 00:07:33 JST (901d)