名簿/424498

  • まだまだ暑いですねーあ、こんにちは(お辞儀して執事に挨拶しながら歩いてくる) -- シグリッド 2010-11-07 (日) 17:39:19
  • ケモ化薬が振り撒かれた -- 2010-10-31 (日) 20:30:48
    • //後々ネタにさせていただきます -- シュシュ 2010-10-31 (日) 20:57:43
  • ここか?あのポンコツのマスターが住んでる所は…ランドルフィ家、貴族にして金の派閥の有権者か
    (ドアノッカーを叩くと)すまないが主はいるか? -- ファル 2010-10-09 (土) 22:22:07
    • (従者が対応に現れ、暫しの時を置いてから応接間に通される)
      (そこには豪奢な椅子に深々と身を沈め、足を組んで偉そうにふんぞり返っている少女が一人)
      ……んで、アンタ誰? なんの用? -- 2010-10-10 (日) 00:36:53
      • ん、ああ俺はファルシオン…この街で医者をやってるものだ(そういって名刺を渡し)
        ああ、あんたらとも関係ないわけじゃない。蒼、金両派閥の召喚獣の検診とかも任されたりしてるからな
        まあ…君の召喚獣にはあまり関係ないがな(バカロボの事を思い出し溜息) -- ファル 2010-10-30 (土) 23:22:08
      • (受け取った名刺をかざして目を細め) ふぅーん、ファルシオン・エーテル・ティフォン、ねぇ……。
        召喚獣のお医者様なんて珍しいわね。ま、ウチには専属のお医者様も、お父様やお祖父様が使役する治療専門の召喚獣もいるから関係な…………な、なぁに? う、ウチのエーデルローゼを知ってるの? (また何かやらかしたのかと、先程までの尊大な態度から一転してビクビクしている) -- シュシュ 2010-10-31 (日) 00:01:34
      • 単純に種族の違いがあるからな、それら全部となると数が限られるのもしょうがないさ…おかげで俺に仕事が回された訳だが
        ああ、流石に貴族個人には受け持たれねえよ。あくまでこの街の派閥支部限定だ
        …なにをそんなに怯えてんだ?ああ、ちょっとした請求書をな(そういって差し出された用紙にはそこそこの金額)
        お宅の召喚獣が公共公園の掃除施設を破壊してな…立替と役所への言い訳はやっておいたよ。その報告だ -- ファル 2010-10-31 (日) 00:09:41
      • セイキュウショ? (差し出された用紙を見てはポカンとしている。傍に控える従者に「ナニコレ?」などと訊ねたり)
        破壊って…………まーーーーーーた、やったのねあのポンコツ!!! お外でまで何やってんのよ!!!
        (ひとしきり怒りの咆哮をあげると咳払いして) あーっと、えーっと、うーんと……て、手間を掛けさせたわね。
        ま、まぁ、一応わたしの召喚獣がしでかした不始末だしその責任は主である私に無いとは言えないみたいだしアンタに迷惑掛けたようだから特別に謝ってあげなくもないわよ……(尊大な物言いでばつの悪い顔をしている) -- シュシュ 2010-10-31 (日) 17:37:49
      • いや、元々は公園の掃除をやろうとしたみたいなんだがその過程でな…
        (シュシュの様子に一瞬ぽかんとした後声を殺し笑うと)いや、気にしなくていい
        人的被害は幸い無かったしな。どうやら戦闘用らしいのに街に溶け込もうと頑張ってるという事で許してやってくれ
        まある程度の教育はしてもらえると街の出身者としては嬉しいんだがな -- ファル 2010-10-31 (日) 18:12:10
      • (ファルの笑いには気付かずホッとした表情で) そ、そう? じゃ、じゃあ謝りはしないけど、か、感謝はしてやってもいいわ! ……ありがと。
        (続くファルの話に合点がいったようで手を打つ) あぁ公園の掃除。そういうこと……はぁ。
        あのね、あのポンコツには自由時間中に公共のホーシ活動のイッカンとして街の清掃を命じておいたの。戦闘以外ほんっっっっっとに何にも出来ないから掃除だけは家中総出でテッテイテキに仕込んだハズなんだけど……(庭に面した窓を開け放つ。そこには生々しく残る破壊の爪痕が覗える)……御覧の有様よ!!! -- シュシュ 2010-10-31 (日) 20:51:15
      • (不慣れで尊大ながらも礼を言う姿にほぅと唸ると)聞いていたよりも随分と礼儀正しいじゃないか
        (庭先を見て)…こりゃ召喚した君も大変だな
        戦闘の支援とかでなら活躍できるだろうが…まあ地道に教え込むしかないな
        しかしその年齢でしっかりと召喚を成功させるというのは凄い才能だよ -- ファル 2010-10-31 (日) 21:12:24
  • 画像は長期出張任務から戻ってきたらマスターがでっかくなっててびびったときの護衛獣の表情) -- エーデルローゼ 2010-10-29 (金) 20:29:10
    • ……なに? なによその顔は? (一見して表情の変化などあろうはずもないが、変わったように見える)
      何か言いたいことでもあるのかしら? (腕を組んで胸を反らし、いつもより角度緩めにエーデルローゼを見上げる) -- シュシュ 2010-10-29 (金) 23:37:44
      • い、いえ……(珍しくどもる。言葉を選ぶということをようやく学習したようだが、それをスムーズにこなすことが出来るほど、彼は高性能ではなかった)
        ……マスター、この世界の人間の成長期とはとても突然なものなのですね
        この短期間ではデータ上ありえない急成長をしていたので、演算処理が追いつかずに混乱してしまいました、申し訳ありません(胸のあたりみながら) -- エーデルローゼ 2010-11-03 (水) 21:17:55
  •  
  •  
  •  
  • …久々に一緒だった…お疲れ様…(ぺこりと頭を下げて)
    なんだか…よく一緒する…シュシュ…頼りなるし…面白いから…一緒だとうれしい… -- リツハ 2010-10-26 (火) 21:11:48
    • ん、お疲れ (手を上げて目礼一つ) 来月も一緒みたいね。
      ま、まぁ、アンタとは何度も一緒になってるワケだから私の方もそれだけ仕事もやり易くなって、嬉しい嬉しくないかで言えば、まぁどちらかといえば嬉しいと言って良いのを認めてあげても、い、いいけど (髪を指先でいじいじ)
      ……って頼りになるのは当然として、面白いってぇのは何よ!? -- シュシュ 2010-10-26 (火) 21:27:15
      • …(シュシュのノリ突っ込みにクスクス楽しそうに)…そういうところ…会話の広げ方上手で…羨ましい…
        リツハ…喋るのあまり…得意じゃないから…(からかっているような、それでも純粋に尊敬してるようなまなざしで) -- リツハ 2010-10-26 (火) 21:34:50
      • ふ、ふん。話術は貴族の必須スキルなのよ上手く喋れて当たり前なのよ! (ぷいっと顔を逸らす)
        別にアンタが上手く喋れなくてもアンタの召喚主が出来ればいいでしょ? お互い出来ること出来ないことを補えばいいって話よ。
        まぁ、ランドルフィ家の召喚士である私とその召喚獣は何でも完璧当たり前なんだけど! (実態は別として誇らしげに胸を張る) -- シュシュ 2010-10-26 (火) 21:49:24
      • そうなんだ…凄い(貴族が何かはよくわかってないみたいだけどパチパチと拍手して)
        ・・・うん・・・お兄ィがいっぱい喋るからリツハも…助かってる…それじゃ…来月またよろしくお願いします…
        (少し眠たいのかふらふらと帰っていった) -- リツハ 2010-10-26 (火) 22:00:26
      • そう! 私はスゴイのよ!! (拍手に気を良くして、地面でブリッジしそうになる程ふんぞり返る)
        ん、じゃ、来月よろしく……(去る背に心配げな視線を送り、ぽつりと付け足す)……気をつけて帰んなさいよ。 -- シュシュ 2010-10-26 (火) 22:08:45
  • ランドルフィ…やっぱりそうなのかなぁ…(コンコンとノックして)シュシュさーん、ちょっと良いですか? -- シグリッド 2010-10-25 (月) 22:19:24
    • (シグリッドが応接間に現れると、籐椅子に深く身を預けたまま長い足を組み替えて、視線を流す)
      あらアナタこの前、酒場で会った……なぁに? 今度は何の用かしら? -- シュシュ 2010-10-25 (月) 22:27:58
      • えっ…? あぁ、すいません。入る家を間違えたようです(誰だか分かっていないらしく、若干混乱しながら応接間から立ち去ろうとする) -- シグリッド 2010-10-25 (月) 22:42:28
      • あ、そう。気をつけてお帰りなさいな、シグリッド (立ち去る背にヒラヒラと手を振る)
        「シュシュお嬢様、またエーデルローゼが……」 (と、侍従の一人がシグリッドの脇を抜けて、籐椅子に座る女に声を掛けた) -- シュシュ 2010-10-25 (月) 23:02:40
      • (歩みを止めて振り返る)シュシュ…? シュシュ・ミニョン・ランドルフィさん…ですか? -- シグリッド 2010-10-25 (月) 23:13:06
      • また何かやらかしたのアイツは……(ため息ついてからシグリッドに向き直り) ? そうよ?
        ランドルフィ家の嫡子が一人、シュシュ・ミニョン・ランドルフィよ! (誇らしげに胸を張る。揺れる)
        ……なぁに、まさか私の顔を見忘れたっていうの? (しっつれいね、と後ろ髪をかきあげる) -- シュシュ 2010-10-25 (月) 23:22:58
      • 忘れたもなにも、今日初めて会ったばかりではないですか…お姉さんですよね?シュシュさんの(何か勘違いをしている) -- シグリッド 2010-10-25 (月) 23:47:16
      • (大きく肩を竦めてから盛大に溜息ひとつ) じゃあ、もうそれでいいわよ。はい、私、シュシュの姉。
        今、シュシュ居ないの。代わりに姉の私が貴方の話を聞いておくわ。どういう用件なの? -- シュシュ 2010-10-26 (火) 00:03:58
      • どうも。召喚師のシグリッドと言います。妹さんにはいつもお世話になっております(社交辞令的な挨拶とお辞儀)
        あ、いえシュシュくんのお姉さんの手を煩わせる訳には行きませんので…また折を見て伺いたいと思います
        それにしても…近くで見るとよく似てますね。流石は姉妹といったところでしょうか -- シグリッド 2010-10-26 (火) 00:20:41
      • 姉妹なんだから当たり前でしょう? 似てて当然なのよ。姉妹なんだから……ふぅ (実の姉を思い返して物憂げに息を吐く)
        ま、私に良く似てるシュシュは暫く居ないみたいだから。戻ってきたら貴方の所に行かせるわよ。
        それでよろし? ミスターヘイデンスタム。 -- シュシュ 2010-10-26 (火) 20:03:48
      • 少しお疲れの様ですね。肩こりでしたら少しはお力になれると思いますが、試してみますか?(パチッっと乾いた電撃の音)
        妹さん、まさか病気で倒れたとか…ではないですよね(心配そうな表情) -- シグリッド 2010-10-26 (火) 22:43:38
      • (ふふん、と笑って手をヒラヒラ左右に振り) ないない、無いわ。私も妹もソーケンそのもの、ノープロブレム。
        ……なぁに? あ、そう (耳打ちしてきた侍従長へ、つまらなそうに相槌を返し) 悪いけど急用が出来たの。
        先ほども言ったとおり、今度は此方から貴方のところへ妹を伺わせるわ。では御機嫌よう、ミスター・ヘイデンスタム。 -- シュシュ 2010-10-27 (水) 20:14:30
  • (深夜のゾロ女神の粋な計らいにより乳PADが届けられた) -- 2010-10-25 (月) 04:05:44
    • ここでリバースカードをオープン! 前に保留していた、
      ある晴れた日のこと。周期でもないのに皆既日食 〜(中略)〜 この怪異の効果は数ヶ月持続することもあれば、ほんの数時間、数分だけ持続、あるいは一切効果が無い者もいるだろう
      ……を使うわ! 効果は10年以上の成長よ! (効果文ガン無視) -- シュシュ 2010-10-25 (月) 21:17:32
      • 効き目が出るまでちょっと待ってなさいよね! じい! そこの不愉快なモノを少しの間だけ、どけておきなさい! -- シュシュ 2010-10-25 (月) 21:18:43
      • ──そして一時間後 -- 2010-10-25 (月) 22:04:30
      • そこには先ほどの豆チビとは似ても似つかぬ、長身おっぱいさんが……! -- 2010-10-25 (月) 22:05:25
      • ふん! (一本に纏めたウェーブポニテを揺らし、部屋の片隅に転がっている乳PADを睨みつける)
        もうこんなの私には必要ないわよ! ふふん! どんなもんよ! (乳PADをビタンビタン地面に叩きつけながら) -- シュシュ 2010-10-25 (月) 22:07:24
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • ある晴れた日のこと。周期でもないのに皆既日食が起こった
    呪いか、魔術か、自然現象なのか
    太陽が月に隠れ、まるで夜のようになると同時に、あなたの体に変化が起こる
    男性が女性になり、女性は男性に。無性や両性具有は知らない
    または、時間が逆流したかのように体が10年以上も若返っていく
    この怪異の効果は数ヶ月持続することもあれば、ほんの数時間、数分だけ持続、あるいは一切効果が無い者もいるだろう
    (興味が無い方はスルーか削除してください)
    • (//今は何も思いつきませんが、その内ネタにしたいので保留させていただきます) -- 2010-10-23 (土) 00:48:20
  • マスターの戦績を見ていると、案外旦那様の采配は適当なのかもしれないとか思いますね
    (全然組めないけどお互い順調な依頼結果みながら) -- エーデルローゼ 2010-10-17 (日) 01:04:33
    • 当ったり前でしょ、お父様のやることなんだから正しいに決まってんじゃないのよ。
      (ここ数ヶ月の互いの依頼書を見て、不機嫌そうに鼻を鳴らし) ふん、にしてもぜんっぜん希望する依頼が回ってこないじゃないの!
      いつになったら信頼度の高い探険依頼がくんのよっ! はぁはぁ……アンタはどういう依頼方針にしてるの? -- シュシュ 2010-10-17 (日) 22:10:28
      • 私は探検優先、実力相応、信頼度を気にするですね
        このまま放って置く事が多いです -- エーデルローゼ 2010-10-18 (月) 19:37:02
      • ……ナニソレ、私と同じ方針じゃないのよ! なのにどーしてまだ一度も組めないワケ!?
        納得いかないわ! くっきぃぃぃぃぃぃぃぃ!!! (激しい地団駄) -- シュシュ 2010-10-18 (月) 23:01:58
      • 旦那様が手を回しているのかもしれませんねぇ
        そういえばマスター、庭の手入れ終わりましたよ。この任務はすぐに終了要項が満たされて容易ですね(庭師のおっさんに怒られて速攻で戻っただけ) -- エーデルローゼ 2010-10-19 (火) 00:49:16
      • ぐっ……そ、そりゃあ護衛獣と一緒だと成長のサマタゲになるって言ってたケド……ちょ、ちょっとくらい一緒でもいいじゃない…!
        ってもう終わったの? 春先の花の種蒔きもあったから時間が掛かると思ってたんだけど…………
        アンタ、ちゃんとやったんでしょうね? (鋭く眼を光らせる) -- シュシュ 2010-10-19 (火) 01:14:56
      • 私も護衛獣としてはマスターの身の安全はとても気になるところですので、できればご一緒したいのですがね
        はい。しっかりやりましたよ
        途中でおじさんに「もうお前帰っていい」って言われるほどですからね(キリッ -- エーデルローゼ 2010-10-19 (火) 01:27:49
      • ふ、ふん! タダのモンスター風情が相手ならアンタ抜きでも問題無いわよ! なんせ私なんだから!
        (眩暈を堪えるように体をふらつかせて) ふぅ……全然しっかりやれてないじゃないのよ! 呆れられてんじゃない!
        はぁ……し、仕方ないわね! わ、私が直々にアンタに手本を見せてやるわ! ついてきなさい! -- シュシュ 2010-10-19 (火) 01:44:52
      • 呆れられていたのですか、終了要項を満たしたので帰っていいって言われたのかと思いました
        おお、テストサンプルケースを提示してくれるのですか。それは興味深いです。ありがとうございますマスター(喜んでがしゃがしゃついていく) -- エーデルローゼ 2010-10-19 (火) 01:49:19
      • フン! 私が手本を見せてあげるんだから、アンタしっかり覚えなさいよ! あとちょっと待ってなさいよ!
        (わざわざ邸のメイドの服に着替えてからエーデルローゼを従えて、寒風吹き荒ぶ庭に降りていく)
        うぅ……さっぶいわね。 ……で、アンタは何やってて止められたの? それから片付けていくわよ。 -- シュシュ 2010-10-19 (火) 22:24:15
  • (あぁシェナさんの言っていた人はあの人か。確かに気が強そうだ…と酒場のカウンターからシュシュを見ている) -- シグリッド 2010-10-12 (火) 20:44:16
    • (今月の依頼を終え、誇らしい心持で報酬を受け取っている時、男の視線に気が付く)
      な、何よアンタ!? 物乞い!? こ、これはやらないわよ! 私の力でセイトーに受け取った報酬なんだから!
      (何を勘違いしたか、金貨袋を守るように歯を剥いてシグリッドを睨みつけている) -- シュシュ 2010-10-13 (水) 01:34:31
      • (一瞬、面食らって瞬きしてから)はっはっは、いえいえ。心配しなくとも報酬は横取りしたりしませんよ
        私はシグリッド。街外れで異界について調べている召喚師です。以後お見知り置きを(軽くお辞儀をして) -- シグリッド 2010-10-14 (木) 00:14:08
      • ふぅん、シグリッド (値踏みするような眼差しで、無遠慮にジロジロと対面の男を眺め回す)
        ふふん。ま、その名前、覚えておくわ。 私はシュシュ・ミニョン・ランドルフィよ! アンタも覚えときなさい! (偉そうに指刺し)
        んにしても〜、異界について調べてる、ねぇ……(胡散臭そうに未だ値踏みする視線を続ける) -- シュシュ 2010-10-15 (金) 01:45:27
      • (特に怒る風でもなく、微笑み返す)えぇ、そうです。シュシュさんも確か…金の派閥の召喚師でしたよね
        異界についてはあまりご興味がありませんか? -- シグリッド 2010-10-16 (土) 22:01:46
      • ええそうよ。金の派閥の名門中の名門、ランドルフィ家の正当なちゃ……『も』ってことはアンタも金の派閥なの?
        (シグリッドの問いに、ふぅーっと溜息をつき指で毛先を弄び) 興味っていうか……ソレって人の役に立つワケ? -- シュシュ 2010-10-17 (日) 22:07:18
      • (難しい表情で腕を組み、何かを思い出す様に額に手を当てて)ランドルフィ…あ、いえ。正確には元、金の派閥ですね
        あの…失礼ですが、ランドルフィってあの、ランドルフィですよね?
        人だけではなく召喚獣にとっても役に立つものですよ。召喚術という技術はまだ不確定な部分が多いですから -- シグリッド 2010-10-17 (日) 22:54:34
      • 元、ねぇ……。うん? そう、そうよあのランドルフィ! ふふん! (誇らしげに胸を張る)
        なぁに? 異界を調べてそれが役に立つの? 本当に? どーいう風に? (少しばかり興味が出てきたようで、アホヅラで矢継ぎ早に質問を飛ばす) -- シュシュ 2010-10-17 (日) 23:42:23
      • ふむ…(ランドルフィという家名に何か引っ掛かりがあるらしく、唸りながら目を瞑ったり、上を見たりしている)
        そうですね、例えば…今まで不治の病とされていた人達の命を救う事ができたり、
        ”はぐれ召喚獣”を元の世界に戻すことが可能になるかもしれないんですよ
        その昔、送還術の技術を応用して、召喚術を創り出した時のように…ね
        // -- シグリッド 2010-10-18 (月) 00:39:54
      • へぇ、はぐれでも送還が出来るようになるんだ。昔も何人かそれが出来るの居たみたいだけど、誰でもできるようになるのかしら?
        ま、異界のことだから召喚と関係あるのは分かるけど……人の命を救えるようになるってゆーのはマユツバモノだわ!
        ウサンクサイ! 詐欺師のジョートークってやつね! -- シュシュ 2010-10-18 (月) 22:59:46
      • えぇ、私の代では無理かもしれませんが…いずれは(笑顔で頷いて)
        確かにそうですね。金の派閥に居たときも同じコトを言われましたよ(思い出したのか苦笑いして)
        うーん…シュシュさん刃物か、先の尖ったものはお持ちですか?(小さくても良いのでと言いながら) -- シグリッド 2010-10-18 (月) 23:55:32
      • 野放しになってる’’はぐれ召喚獣’’はトラブルの元だから、アンタが研究してる新しい送還術はなかなか有益ね。
        ふふん、褒めてやってもいいわ! (何故か偉そうに笑ってみせる。が、また表情を曇らせて)
        ふん、トッピョーシも無いことなんだから当然でしょ。 ……なに? 刃物? 私は持ってないわよ。
        ちょっとマスター! ソレ……そう、その果物ナイフ! ソイツに貸してあげなさいよ (くいっと指をシグリッドに向ける) -- シュシュ 2010-10-19 (火) 00:25:58
      • (ナイフを受け取るとシュシュに向き直り)では、見ててください
        果物ナイフの柄を右手で持つと左手の甲に思い切り突き立て、指と指の間を引き裂いてナイフを引く
        手の甲の中央からパックリと二つに裂けた手。しかし出血は無く…暫くすると傷口がゆっくり塞がっていった
        …と、まぁ、こういうことです(左手を開いたり閉じたりしながら) -- シグリッド 2010-10-19 (火) 01:50:50
      • ……! (男の手にナイフが刺さると、小さい悲鳴を上げて反射的に目を覆う。それでも指の隙間からチラリと様子を窺い見て……)
        え、え、え、なに!? なんで血、血が出てないの!? ちょっとアンタ痛くないの大丈夫なの!?
        なに、なんなの!? 切れたの? 切れてないの? いったいなんなの!? (思わぬ事態にわたわた慌てきっている) -- シュシュ 2010-10-19 (火) 22:31:19
      • (果物ナイフを店主へ返し)憑依召喚を更に進めた結果です。まだ実験段階のモノですけど…
        いきなり見せるのもどうかと思ったんですが、こうでもしないと、信じて貰えそうになかったので(苦笑いしながら)
        シュシュさんにはちょっぴり刺激が強すぎたかな -- シグリッド 2010-10-20 (水) 01:10:28
      • ひょ、ヒョーイ召喚? よ、良く分かんないけど召喚の技術を応用してるのね……。
        (呆けたような顔で、今はもう傷一つ無いシグリッドの手を見ていたが、次第に表情に険を増していく)
        なんか、何かおかしいわ……。これが人の命を救えるようなモノって……これじゃ、何か、えっと、え〜っと……と、とにかく変よ!
        人にも召喚獣にも良くない気がするわ! (感じ取った違和を、少女は上手く言葉に出来ず喚いた)
        (真に言語化すれば『憑依召喚は治癒や救いではなく、人以外の何かへの変質ではないか』といったところか) -- シュシュ 2010-10-23 (土) 00:45:43
      • う、うーん、何か勘違いされているようですが、常に憑依している訳ではないですよ。任意に解除が可能です
        勿論、単独では生きていけない召喚獣の場合は別ですが…それに召喚獣との信頼関係が無ければそもそも憑依すら安定しません
        男が手を組み呪文を唱えると、右手から緑色のジェル状の何かが地面に落ちて弾み…シュシュの肩に飛び乗った -- シグリッド 2010-10-23 (土) 23:38:09
      • ……じい! ちょっと! (会話の合間に『憑依って何?』と、傍に控えていた侍従長に訊いては丁寧に教えられるアホウ)
        ……えっと、それじゃ、なに? 召喚士じゃないと、その憑依って出来ないワケ? それとも一般人でも……ってうわっ!
        (飛び乗ってきたスライム状の何かに、みっともない悲鳴を上げる) な、何よ!? めちゃくちゃビックリしたじゃない!! -- シュシュ 2010-10-24 (日) 17:47:59
      • (2つの目玉のようなものが瞬きをし、ペコペコと謝るように頭?を下げてジャンプ。床で跳ねると今度は男の頭の上へ着地した) -- 2010-10-24 (日) 19:19:13
      • 誰かに憑依させるのは私はあまり好きではありませんね…まして一般人なら尚更です
        すいません…興味のある人には近付きたがる癖があるみたいで(スライムを軽く撫でて)
        あぁ、そろそろ同居人の世話に戻らなければ…それではまた何処かで(頭の上に乗せたまま器用にお辞儀して店を出て行く) -- シグリッド 2010-10-24 (日) 19:29:25
      • ……はぁん? 好きじゃない〜? 一般人ならナオサラ〜? それで不治の病の人達の命を救うなんて、てんでお話にならないじゃない!
        アンタが今、金の派閥に居ないワケが良〜く分かったわ! 自分の好み優先で、力の使い方を間違ってるからよ!
        (誰も居ない空間を指差すシュシュに向けて、「シグリッド様なら、もうお帰りになられたようですが」と、侍従長は冷静に告げた)
        くっきぃぃぃぃぃ!! 私が何を言うか考えてる間に勝手に帰ってんじゃないわよぉぉぉぉ!!! -- シュシュ 2010-10-24 (日) 23:04:12
  • (シュシュが歩いていると突如背後から衝撃、振り返れば口元に手を当てるちびと、その真新しい手袋が眼に入るだろう)あら、小さくて気が付きませんでしたわ・・・おケガはなくて?おほほほ -- シェナ 2010-10-13 (水) 20:48:58
    • っ!! いったいわねドコ見て歩いてんのよ気をつけ、なさ…い、よ……。
      (怒気を露に振り返り、シェナの姿を見て眦を吊上げ、さらにその手に嵌ったブツを視界に捉えると、ますます顔を赤くさせる)
      はぁぁぁぁぁぁぁ!? アンタがチビ過ぎたから私に気が付かなかったんじゃないのぉ〜!? それに何よその手袋! だっさいデザイン! ド庶民が喜んで身に付けるようなありふれたモノじゃない、ふふん!! (精一杯胸を張って、無理繰り虚勢を保つ) -- シュシュ 2010-10-15 (金) 01:40:18
  • うう、また召喚士の人……でもでも、ご挨拶は大事だってちち様いってたもんね……うん(意を決してばばっと眼前に躍り出る)
    あ、あのあの、ら、来月……よろしくおねがしますっ!(とだけ言い残して出て来た時の倍する速度で飛んで帰って行く霊獣) -- 朱雀 2010-10-13 (水) 08:27:37
    • んぁ? 来月って……ちょ、ちょっとアンタ!? ま、待ちなさいよ! (飛び去る朱雀を呆然と見送る)
      なに? 召喚獣なの? 来月よろしく? ……って依頼のことか。
      はぁ……ほっっっっんと、他所の召喚獣とばっか組むわね! んもぅ! -- シュシュ 2010-10-15 (金) 01:33:43
  • 来月同行の挨拶…はいいんだけど、なにやら3人もウチ(金の派閥)の出身者が揃ってるらしいぞ次の!
    コレはアレだ、なんかの陰謀とか背後で…ないか。ま、どうあれ気をつけてかかりますかね? -- セフォン 2010-10-11 (月) 23:48:50
    • はぁーん? (眉を顰めて脇に控えていた執事に視線を繰れる。執事は淀みない動作で何やら書き込んだ紙片をシュシュに渡す)
      ふぅん、トレイズ・ソリンに……(手で弄んでいた紙片から目の前の男に紙片を移し)……セフォン・カラーゲ、ねぇ。
      インボー? あるわけないでしょ! もし、あったとしてもウチの派閥に手出しするようなのは、二度と立ち直れないようギッタンギッタンにしてやるんだから!
      ふん、ま、金の派閥の召喚士が三人も揃ってるんだから大楽勝間違い無しよ! ちょちょっと片付けてやるわ! -- シュシュ 2010-10-12 (火) 20:27:37
  • (家の前でじーっと立っている機械兵士) -- ファラルド 2010-10-11 (月) 01:13:27
    • (見つけて滅茶苦茶驚き、ビクッとする) な、な、何よアンタ!? アンタみたいなデッカイのが突っ立ってたらビックリ……じゃ、邪魔になるでしょ!!!
      何よアンタ! 何者!? 何しにきたの!? またポンコツランドのポンコツ住人なワケ!? -- シュシュ 2010-10-11 (月) 01:20:00
      • 申シ訳アリマセン、冒険者トシテノ登録番号ガ近イノデ少シ遅イデスガ挨拶ニ来マシタ。
        ロレイラルノ機械兵士、型式番号FA913LD、局地制圧白兵機体FAR-A-LD、ファラルドトオ呼ビクダサイ。 -- ファラルド 2010-10-11 (月) 01:29:27
      • ああ、アンタも冒険に出されてる召喚獣ってワケ……ほんっっっと多いわねぇ。
        ?????? (ファラルドの自己紹介が半分も理解できず、間抜けなアホ面を浮かべる)
        ……なんでロレイラルのって意味不明なこと喋りだすのかしら!? 人間サマに分かる言葉で言いなさい! 分かるように!! -- シュシュ 2010-10-11 (月) 01:36:14
      • 冒険ノ方ハ副業ノヨウナモノデシテ……、商店通リデ経営シテイル駄菓子屋ノ方ガ本業デス。
        正式名称ト推奨サレル私ノ呼ビ方ヲ言イマシタ、ファラルドトオ呼ビクダサイ。(もう一回言う機械兵士) -- ファラルド 2010-10-11 (月) 01:40:34
      • ファラルド、ね……最初からそう言いなさいよ! (情報過多で頭を素通りしていた) ふん、私はシュシュ・ミニョン・ランドルフィ。金の派閥でジューセキヲニナウ、ランドルフィ家の正当な嫡子よ! ふふん! (誇らしげに胸を張る)
        ……駄菓子屋が本業? なにそれ、ロレイラル流のジョークってヤツ? ……まさかマジなの? アンタのマスター何考えて召喚獣のアンタを駄菓子屋で働かせてるワケ? -- シュシュ 2010-10-11 (月) 01:53:42
      • 最初カラ言ッテイマスガ?(デリカシーは無い機械兵士)
        シュシュデスネ、金ノ派閥カテゴリニ記録シマシタ。
        私ハハグレデ、好キナコトヲシテイイト言ワレタノデ人間ノ……特ニ子供ヲ観察シヤスイ駄菓子屋ヲシヨウト考エマシタ。
        今ハ護衛獣ニナッテクレトイウ方ガイマスノデハグレデハアリマセンガ。 -- ファラルド 2010-10-11 (月) 02:05:20
      • わ、分かりやすく言えって言ってんでしょうがっ! アンタもポンコツね、このポンコツ3号!!
        好きなこと……でソレなワケぇ? ロレイラルのヤツラってどいつもこいつも素っ頓狂なのばっかねぇ。
        ……マスターの居ない状態で働くのを許した、シューイのカンキョーがもっと素っ頓狂だけど (呆れたような感心したような溜息をつく) -- シュシュ 2010-10-11 (月) 02:21:53
      • ソウデスネ、三百年モ経テバ十分ポンコツデショウ。シカシ、三号トイウノハドウイウコトデショウカ?
        コノ街ノ方ガソレヨリモ素ッ頓狂ダッタノデショウ。シカシ、素ッ頓狂トハ具体的ニドウイウコトデショウカ? -- ファラルド 2010-10-11 (月) 02:31:36
      • 認めたくないけど私の召喚獣……エーデルローゼがポンコツ一号で、ストレードってヤツがポンコツ2号で、アンタがポンコツ3号ってワケよ!! アンタたち、ほんっっっっっっっっとっ、ポンコツばっかりね!! ロレイラルってポンコツしかいないの!?
        す、素っ頓狂ってのは、ほら、あ、アレよ……間抜けっていうか、ありえないっていうか……あーーーもぅ!
        アンタらみたいなポンコツのことよ!! 素っ頓狂は!!! -- シュシュ 2010-10-11 (月) 02:39:34
      • 彼ラガデスカ、私ハタシカニ古イノデソウ呼バレルノハイイノデスガ、アノ二機ハソンナコトハアリマセン、訂正シテ下サイ。
        (シュシュに一歩近付く威圧感のある大きな機械兵士)
        理解シカネマスガ、ポンコツガ素ッ頓狂デアルト記録シテオキマショウ。 -- ファラルド 2010-10-11 (月) 02:52:10
      • ふん! (怯まずに直上の影にガン飛ばして、精一杯ふんぞり返る) アンタあいつらのポンコツっぷりを知らないみたいね!
        特にウチののポンコツっぷりは半端じゃないわよ! 言ってて悲しくなるけどパーフェクトなポンコツっぷりなんだから、絶対に訂正してやらないわ!!
        古い新しいに関わらずポンコツはポンコツなのよ! そのこともアンタのポンコツヘッドにしっかり覚えこませなさい! -- シュシュ 2010-10-11 (月) 03:06:11
      • (あまりのふんぞり返りっぷりにこれこのまま倒したらブリッジになるなと思う機械兵士、でもやらない)
        悪イ点ニバカリ目ガユキ過ギテイルノデハナイデスカ? ストレードハ全ク機械兵士ラシクアリマセンシ、エーデルローゼハ思考ノ柔軟性ガ足リナイノハ認メマスガ。
        …(二人の行動を検索中)…イエ、全員ヒックルメテポンコツデイイ気ガシテキマシタ。 -- ファラルド 2010-10-11 (月) 03:13:44
      • (ふんぞり返り過ぎて、足攣りそう首が痛くなってくるが我慢) ふふん! ようやく理解したみたいね!!
        アイツらの行動ありえないでしょう!? ありえないからポンコツなのよ!! (強く握り拳)
        アンタもポンコツだけど、まぁ、あの二人ほどポンコツってわけじゃないみたいね! ふふん、これからもショージンなさい! -- シュシュ 2010-10-11 (月) 03:20:35
      • シカシ、エーデルローゼトハ冒険ヲ共ニシマシタガ戦闘ニ関シテハ素晴ラシイモノデスヨ。
        適材適所トイウコトデハナイデショウカ? ソレデハ挨拶モ済ミマシタシコレデ帰還シマス。 -- ファラルド 2010-10-11 (月) 03:28:14
      • ふっふ、高貴で美しくコーメイセーダイな我がランドルフィ家の召喚獣なら強くて当たり前! 付け加えて戦闘以外も完璧でなきゃならないのよ!
        「テキザイテキショ」ってゆうのは完璧から程遠いド庶民の足りない力をユーコウに……ってちょっとアンタ聞いてんの!?
        私の話はまだ終わってないわよ、ってこらぁ! 歩くの早いわね! 私の許可無く帰るんじゃ…… (その後もピーピー喚き続けた) -- シュシュ 2010-10-11 (月) 03:41:00
  • 久しぶりに回覧板が帰ってきた、新人向けの情報なのか夏に向けて海や山についての情報が書いてある
    次の人の住所が書いているが、回さずに玄関に置いていても勝手に回収されるので問題ないとも書いてある) -- 2010-10-10 (日) 17:26:25
    • どうなってんのよコレ!? 行くトコ全部に置いてあるじゃないこの回覧板!!! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 23:50:03
      • ふん! もう出かけるついでに持ってくわよ、もぉ! 不手際が多いわねこの街は!! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 23:51:51
  • さてと、そろそろあの時のお怪我の具合もよろしいのでは?少しくらいは怪我と言う程度の閾値が引きあがっている事を期待してします
    ま、そんな訳でいつもの同行挨拶ですよ どうぞよろしく -- フギン 2010-10-09 (土) 23:28:55
    • もう、毎月毎月怪我するもんだから具合も何もあったもんじゃないわよ! ほんっっっっと腹立たしいわ!!
      イ、イキ、イキチ? アンタ相変わらずワケ分かんない事ばっか言うわね! 良く分かんないけど期待はしてなさい、ド庶民の期待に応えるのも高貴な身分の勤めだからね! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 00:42:16
  • …この前も一緒…だったけど…来月も一緒(ぺこりっと挨拶に来る白鬼)…また…よろしくね? -- リツハ 2010-10-09 (土) 18:52:51
    • あぁアンタこの前の……(挨拶に合わせて後ろに纏めた髪をサラッとかき上げる) ふっ、依頼前の挨拶に来るなんて良い心がけじゃない。
      ま、次の相手がデロデロで不潔なゾンビってのが気に食わないけど……いい? ちゃっちゃと片付けるんだからね! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 00:26:26
  • マスター、ベルベッドのマスター、召喚師フィオネより言伝を預かりました
    いつもベルベッドがお世話になっていてありがとう、だそうです -- エーデルローゼ 2010-10-09 (土) 13:49:03
    • ベルベッド? ……あぁ、あの依頼で一緒になった子。ふぅん……そのマスターがねぇ。
      ……アンタはそのフィオネってマスターに世話になったの? -- シュシュ 2010-10-09 (土) 15:57:21
      • はい、召喚師フィオネとは討伐任務でお世話になりました
        知識の豊富な方の様でなかなか良いバックアップでしたよ -- エーデルローゼ 2010-10-09 (土) 19:12:09
      • そっちも依頼で一緒に……アンタと一緒ならさぞお世話になったんでしょうね、ええ、ええ。
        はぁ……それじゃこっちも挨拶に行かない訳にはいかないわねぇ。 -- シュシュ 2010-10-10 (日) 00:18:46
  • (うぞうぞと触手を蠢かせてやってくるアルラウネだ)……お隣、の……あいさつ、に……来た、よ。(と、ケーキ持参で) -- ペリトゥルネ 2010-10-06 (水) 23:41:23
    • (ペリトゥルネの姿を目にするとギョッとして色めき立つ) な、な、何よアンタ!? しょ、召喚獣!?
      だ、誰かが呼び出したの……? それともはぐれ……? ちょっ、アンタ、召喚主はいるの!?
      (矢継ぎ早に質問飛ばしながら、それでもしっかりケーキは受け取る) -- シュシュ 2010-10-07 (木) 00:08:51
      • むぅ。(マシンガントークにちょっとたじろぐ。トロい口調の彼女では処理しきれないのだろう)
        ……とりあえず、主さまは……いるよ。今日は……冒険者、IDが……一番、近い人の家、を……遊びに、来たの。 -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 00:13:45
      • ふぅん……どこの召喚士も召喚獣を冒険に出させてるみたいだけど、アンタもそのクチってわけね。
        それで手土産持参で遊びに来た、と (受け取ったケーキの箱をチロリと見て) ……アンタ、お茶飲める?
        っとその前に名前、名前よ! 私はシュシュ・ミニョン・ランドルフィ。アンタは? (言いつつ近くの使用人に茶の目配せをする) -- シュシュ 2010-10-07 (木) 00:21:36
      • うん……私、は……魔力、を……貯めたくて。それには……冒険が、一番いいって……言うし。
        そゆこと。……?うん、飲める、けど……
        シュシュ・ミニョン・ランドルフィ……長くて、言うのが大変な……名前だね。私は……ペリトゥルネ。アルラウネの、ペリトゥルネ、だよ。 -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 00:26:29
      • 「コージョーシン」があって中々感心じゃない! あ、飲めるのね (指を鳴らすと使用人が素早くお茶とケーキの準備)
        ふふん、シュシュ様ってお呼びなさい! アンタは……ペリ、ペリル、ペリトゥ? ペリ…ペリ……あーもぉぉぉぉ、まどろっこしい!!!
        ペリネ! よし言いやすい! アンタはペリネ! 私の中ではペリネ! はい大決定!! (捲くし立てると一息ついてティーカップに口を付ける) -- シュシュ 2010-10-07 (木) 00:37:29
      • ふふ……ありがと。魔力が……貯まると、足を……生やせる、からね。
        シュシュさま?偉い……人なんだ。 ああ、うん。かわいい……と思う、な。その呼び方……。(紅茶を受け取り、ふーふーしてから傾ける)!……美味しい……いい葉っぱ、使ってる……。 -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 00:46:11
      • そ、そうよ。す、すごく偉いのよ! そんな私がニックネームを名付けたことに感謝しなさい!
        (自分の言う事が珍しく受け入れられて、じ〜んとしている)
        こ、こんなの私の家で出せる最低限の品質よ、ふふん! あ、アンタが持ってきたケーキもわ、悪くないじゃない! ド庶民の品にしては大健闘してるわ! (機嫌良くニコニコ笑顔でケーキを頬張っている) -- シュシュ 2010-10-07 (木) 00:59:01
      • へぇ〜……確かに、なんか……高貴?な……感じ、する……(後ろのドリルを見つつ)うん、感謝……します、シュシュさま。(ぺこり)
        ふふ、お褒め……いただき、光栄、です……これで、最低限なら……最高って、きっと……想像も、つかないような……味、なんだろうなあ……(ぼぉ〜っとその味を想像してみる) -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 01:06:19
      • ほほほほほほ! そうよそうよ、もっと褒めなさい讃えなさい! (得意絶頂で高笑い……していたがピタッと止める)
        なんか……おかしいわ。いえ本来はおかしくないけどオカシイ!! ちょっとアンタ! これドッキリじゃないでしょうね!?
        私が有頂天になってるところで、ドーン!するつもりじゃないわよね!? …………あぁぁぁぁぁ腹が立つぅぅ!!! こんなこと疑わなきゃいけないことにぃぃぃぃぃ!!!! -- シュシュ 2010-10-07 (木) 01:20:06
      • //すみませぬ、そろそろ霊圧が落ちそうですん…… -- シュシュ 2010-10-07 (木) 01:21:00
      • (急に怒り出したので展開についていけてない)へ?へ?え、なんで……怒ってるのか、わかんない……よ。
        とりあえず……落ち着いて。ドッキリ……ってのが、なにか……知らない、けど……たぶん、違う……し。
        それとも……知らない、うちに……私、なんか悪いことを……しちゃった、かなあ……。(しゅん、と俯いて) -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 01:22:13
      • //文通でもいいですし、帰ってもいいですよー -- 2010-10-07 (木) 01:22:57
      • べ、別にアンタが悪いわけじゃないわよ! 悪いのは日頃から舐められ放題の私……違ーーーう!!
        偉大で高貴で気品溢れる私をバカにする連中が悪いに決まってンじゃないのっ!!! (勢いよくテーブルに拳を打ちつける)
        と・に・か・くっ! ペリネは悪くないの! 分かった!? (顔を真っ赤にして、指を突きつける) -- シュシュ 2010-10-07 (木) 01:35:22
      • //文通大歓迎ですの。20分以上返信間隔が空いたら寝ている可能性大ですの。ジャッジメントですの。 -- シュシュ 2010-10-07 (木) 01:36:24
      • (きょとん、と意を突かれたかのようにするアルラウネ)……ふふ、シュシュさま、は……面白い、人……だね。私も……そんな風に、感情豊かに……なりたい、な。
        分かった、よ。でも、舐められてるって……どこを、舐められるの?ほっぺた?太もも?(天然)
        //あいー、りょうかいしやした -- ペリトゥルネ 2010-10-07 (木) 01:55:34
      • お・も・し・ろ・いぃ〜? ……ふん、まぁいいわ。ユーモアは貴人に欠かせない資質だものね、ふふん。
        どこを舐められるってアンタそりゃ……アレよ、その……超屈辱的なところ? って分っかんないわよ! 実際舐めるんじゃなくて、言葉のアヤってやつでしょ! ホントに舐められたらタダじゃおかないわよ二度とお天道様拝めないようにしてやるわよ!!! -- シュシュ 2010-10-09 (土) 15:40:32
      • そうそう……余裕、ある人ほど……ユーモアに、富んでいるって……聞いたこと、ある……よ。
        超屈辱的……ああ、そういう……こと、か……。勘違い、勘違い……(てへっ☆とやっちゃたぜ!なポーズ)
        ……そういえば、シュシュさま、も……召喚士、なんだよね……どんな、召喚獣……なの? -- ペリトゥルネ 2010-10-09 (土) 16:37:49
      • (まったくしょうがないわねぇ、と偉そうに嘆息してから少し前まで自分も同じ勘違いをしていたのに気付いて冷や汗)
        わ、私の召喚獣? そ、そりゃあ気品溢れる高貴で美しい私に相応しい……きょ、強力な召喚獣よ!
        そりゃあもう、そんじょそこらの召喚獣が束になっても敵わないくらい、超強力な……強力で、頑丈で……
        ……うぅ (他に褒めるところが見当たらず、言葉に詰まって呻く) -- シュシュ 2010-10-10 (日) 00:15:36
      • へぇぇぇ……そんなに、強い……召喚獣、なんだ……貴族、の……召喚獣、には……ぴったり、かもね……
        ……貴族、って……何かと、狙われそう……だし、強く……なくちゃ。
        ……でも、あんまり…・・嬉しくなさそう?(こくん、と首を傾げて) -- ペリトゥルネ 2010-10-10 (日) 00:27:17
      • つ、強くて当ったり前なのよ! 貴族の私に相応しい召喚獣なんだから強力で、優雅で、美しく……ゆ、優雅……う、美しさ……
        くっきぃぃぃぃぃぃ何が戦闘用よオプションも充実させなさいよあのポンコツぅぅぅぅぅぅ!!!!! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 01:05:02
      • (またもや叫びだしたシュシュに目をぱちくりさせて)え、えーっと……話を、聞いていると……あんまり、かざりっけがない、みたいだけど……
        その方、が……却って、シュシュさまを……引き立てる、んじゃないかな……綺麗なもの、ふたつより……ひとつのが、引き立つ、よ……(とフォローを入れてみる) -- ペリトゥルネ 2010-10-10 (日) 01:17:26
      • (ちっちっちっ、と指を振り) そこいらの召喚獣ならそれで良いんでしょうけど、我がランドルフィ家の者なら完璧じゃないといけないのよ!
        強くて当然! 美しくて当然!! 優雅で当然!!! 美点が幾つあっても足りはしないわ!
        ペリネ、アンタも召喚獣なら力以外にも、マスターが求めているモノなら身に付けなきゃいけないのよ! -- シュシュ 2010-10-10 (日) 23:38:43
      • ふぇ……大変、なんだねえ……私、そんなに……すごいところ、ないから……。(こくこく頷きつつ)
        私が、求められているもの、は……もともと、力ではなく……植物の、管理、世話だから……畑、を……任されてる、の。 -- ペリトゥルネ 2010-10-10 (日) 23:42:11
      • 召喚獣は『テキザイテキショ』ってお祖父様が言ってたから、誰もが完璧である必要は無いのよ。ま、ウチは別として。
        ……ふぅん、畑ねぇ。いいじゃない。壊すことしか出来ないウチのポンコツより、よっぽど世間で役に立ってるわよ。
        そっちのマスター、そういう目的でアンタを召喚したの? (それなら万々歳ね、と付け加えて) -- シュシュ 2010-10-10 (日) 23:58:04
      • 適材適所……なる、ほど……確かに、海とかの……召喚獣に、畑仕事は……できないもんね。
        ……どうやら、そうみたい。人手が……足りなかったんだって。なんか……向こうにいた時より、必要とされてる感じがして……ちょっと、嬉しかったり。
        ……ん、じゃあ、私はそろそろ……シュシュさまとのお話、とっても楽しかった……また、お話ししようね……。(またね、と手を振って帰って行った) -- ペリトゥルネ 2010-10-11 (月) 00:05:52
      • 召喚獣をノーギョーに使うなんて聞いたことないけど、ふん、力の使いどころをなかなか分かってるじゃないのそのマスター。
        平和的に役立つ形で召喚獣を使役するなんてド庶民にしてはやるわね……アンタも満足してるみたいだし。
        た、楽しかった? そ、そう……と、特別にまた遊びにくるきょ、許可を上げるわ! そ、それに手土産の礼を返さなきゃいけないし、
        今度はこっちから遊びに行ってあげるわよ! あ、ありがたく思いなさい! (高飛車に振舞って、ぎこちなく手を振り返した) -- シュシュ 2010-10-11 (月) 00:23:46
  • (三月のある日。シュシュの館に丁寧に作られたチーズケーキと、同封のホワイトデーのカードが贈られた)
    (カードには「先日はお見苦しい姿をお見せして誠に申し訳ございませんでした。お詫びと、今後の親交を良き物にしたいという気持ちを込めて、ケーキをお送りします」
    「手作りの拙いものですが、是非ご賞味いただければと思います。朋友であるエーテルローゼにも、よろしく   ストレード」と書かれいてた) -- ??? 2010-10-09 (土) 00:56:03
    • (カードに書いてある文面が良く分からなかったようで何度も何度も読み返し、ようやく意味を掴んだところで顔を真っ赤にして激しい地団駄)
      はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!? お・侘・びぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?
      あ〜のポンコツ2号全然分かってないじゃないやっぱりポンコツじゃないの!! 舐めてんじゃないわよ!!! (ケーキの箱を引っ掴むと、ストレードの居るところへと超速ダッシュ) -- シュシュ 2010-10-09 (土) 15:54:11
  • (勝気で、元気が有り余っている様子の女の子、シュシュ。彼女とは2度目となる一緒の冒険で。)
    (その帰り、きっと前回よりは近い距離を感じながら、挨拶を。)
    シュシュ。今回も、無事に終えられて良かったわね。あれから少しは馴れたように思っていたのだけれど。
    やっぱりまだ、楽に終えられるほどではない見たい。あんまり役に立てなくって、ごめんね? -- ベルベット 2010-10-07 (木) 23:16:17
    • (外套に付いたオーカーゼリーの残骸を、憤慨しながら払い落とし、ジロリとベルベットに視線を繰れる)
      ふん、私は他の誰かの力なんてアテにしてないのよ! だから依頼が楽に終わんなかったのはアンタのせいじゃないわ。
      も、もちろん私のせいでもない! 悪いのはモンスターと楽な依頼寄越さない冒険者ギルドの連・中・よ!!
      (語気を強めて杖で地面を打ち鳴らす) ……ふん。 -- シュシュ 2010-10-09 (土) 15:47:39
  •  
  •  
  •  
  •  
  • チキバンバンチキバンバン♪(陽気に歌いながら、スクラップ一歩手前の重車両がゆっくり、止まりかけながら進む…途中で、道行くあなたと並走し始めた)
    ンヤ?カブ吉の御主人様、だっけ?いいところで来た、ちょっと教えてヨ(ぱたぱた手を振る) -- リン 2010-10-06 (水) 21:34:31
    • (てろてろと歩いていた少女は、陽気な歌声の主に視線を巡らすと、胡乱気に眉を顰めた)
      あぁん? アンタ誰よ……ってポンコツの名前を決める時に一瞬だけ現れたヤツね。
      教えてって何をよ? それと教えて欲しいんならアンタが何者なのか答えなさいよ (腰に手を当てて鼻を鳴らす) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:41:20
      • 俺が何なのかは実のところよくわかんないのダ…(深刻な顔 たぶん機界のひと、とさっぱりあてにならない情報は伝えられたが)
        カブの余ってるパーツとか、予備とか、倉庫とか、一緒に召喚された合体機とか無イ?修理したいんだ、これ -- リン 2010-10-06 (水) 21:45:57
      • はぁ? 自分が分からないぃ? アンタは召喚獣で、見たとこロレイラル出身で、えーっとえーっと……名前ぐらいあるんでしょ!? 名乗りなさいよ!!
        ……はぁ、そんでもってウチのポンコツと同じく、アンタもポンコツのドポンコツってことね (う〜ん、と暫く考える素振り)
        ……私は下僕の細かいコトまで一々把握してないの! パーツだの予備だの一緒に召喚されたのだの知ったこっちゃ無いわ!! (己の無知に憤り、怒声を張り上げる) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:00:16
      • 名前…名前ね、名前ーーーー…っとそうだ(ひとしきり迷った上で、やっと思い出したかのように)「リン・リンスー」 だよ
        ポンコツってよりももう壊れてるネ、不便しちゃうヨ(車両の上で寝転がって、まるで他人事。いや、自分も含めて1セット扱いの自虐だろうか)
        しかし、知らない、ネ…何ならカブ郎ばらしてもいいよ! -- リン 2010-10-06 (水) 22:08:33
      • リン・リンスー……ふん、生意気にも良い名前持ってるじゃない。ポンコツのくせに。
        不便なのは当たり前じゃない。自分が今まで住んでた世界とは別のところに呼ばれたんだから。ま、その不便を取り除いてあげるのが主人たる召喚士の務めね、ふふん! (自分がソレを出来ているかはどうかは別にして、偉そうにふんぞり返る)
        ……ばらすって勝手に私のモノを勝手にぶっ壊していいと思ってんの!? ケンカ売ってんのアンタ!? (臆面も無くリンに蹴りをかます) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:19:27
      • だめかー…あれ、でも、あいつ壊れたら大丈夫?予備の場所とかわかんないでショ?不便じゃないかナ…(蹴られた箇所ががいん、と音を立てる 見た目に反して重い、堅い 素朴な疑問を口にして、考え込む)
        まあいいや、もうひとつ 名前を教えてよ、俺名前を集めてるんだ(げっしげっし蹴られつつもまるで別の話題を振ってにっこり笑顔 脈絡の無い性格らしい) -- リン 2010-10-06 (水) 22:24:36
      • ふん!! 私の召喚獣ならちょっとやそっとで壊れたりなんかしないわよ! アンタ硬いわね!! (涙目で爪先をさする)
        名前ぇ? 私の? (にやりと尊大な笑みを浮かべて、精一杯胸を張る)
        シュシュ・ミニョン・ランドルフィよ! 特別にシュシュ様と呼ばせて上げるわ! さぁ、呼んでみなさい! -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:36:35
      • 堅いのが自慢だからネ、シュシュミニャ…(かんだ)シュシュシャミャ…(かんだ)……シュッシュ!(最終的に落ち着いた)
        じゃあシュッシュ、しょっとやそっろで済まなくなりそうだったら呼んでヨーあいつ自分で直し方知ってるかもしれないし参考にする(そんなことを言いながら、徒歩と車両の差で少しずつ、少しずつ先行し始める) -- リン 2010-10-06 (水) 22:45:40
      • そんな鼻紙みたいなアクセントで呼ぶんじゃないわよ! (殴りつけようとした手が空を切る)
        ちょっ、アンタ、待ちなさいよっ…そもそも私が居て、アイツが、壊れるようなっ……こと (二人の距離は徐々に確実に離れていく)
        って……呼ぼうにも………アンタ、どこに居るか…………知ら……な………い……………(シュシュの抗議がリンの耳に届いたか定かでは無い) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 23:01:28
  • 庭もだったけれど、中も凄いお屋敷だわ…(失礼にならない程度に中を観察しつつ、エーデルローゼの後をついていく) -- ステファー 2010-10-05 (火) 21:01:20
    • ……あら? (ステファーの姿を見止め、片眉をはねる) 見ない顔ね。誰かしら? 新しい使用人? -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:02:59
      • …あ、いえ、私は(声をかけられ、慌てて姿勢を正し)
        機械兵士エーデルローゼのマスターを訪ねてきたのですが…もしや貴方ですか?(金の派閥と事前に聞いてはいるので、多少緊張している模様) -- ステファー 2010-10-06 (水) 21:07:54
      • ふふん、そうよ! (大威張りで胸を張る) シュシュ・ミニョン・ランドルフィ。特別にファーストネームに様付けで呼ばせる栄誉を与えてやってもいいわ。
        で、アンタはだぁれ? …………もしかしてあのポンコツが何かしでかした? (苦情かと思って身構える) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:15:51
      • (典型的な金の派閥のイメージ通りの人だわぁと心の中で呟きつつ)名誉…世界が違う さすが噂のランドルフィ家
        あ、いえいえ、むしろうちの方が今後しそうな気がして…(目をそらしつつまた戻し)
        私は召喚士、ステファー・マグネイドと申します そちらの護衛獣に以前からお世話になっているので、こうしてお礼がてら挨拶に参った次第です(歳は明らかに離れているだろうが、あくまで低姿勢) -- ステファー 2010-10-06 (水) 21:20:18
      • ふ、ふぅん。ウチのがねぇ……ま、まぁ当然よね! 欠けたる所など何一つ無い完璧な私の召喚獣なんだから、お世話をすれど、め、迷惑なんて掛けてるワケ無いわよね!
        (んっん、と咳払いをしてから再度ふんぞり返ってステファーを見上げ) んでぇ、アンタ召喚士っていう話だけど……(目を光らせて辺りをキョロキョロ)
        護衛獣は連れてないのかしら? それともいちいち呼び出す召喚獣タイプしかいないの? -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:31:05
      • 私は特に迷惑とは(むしろこの人が色々と大変なんだろうなと、心中察するような視線を送る)
        あ…えーっと…護衛獣はいますが、いつも常に側にいるわけではなくて…
        呼んでみますが、時々来れない時もあって でも来たときはその…驚かないで下さいね?(そう言って誓約済みのサモナイト石を握り締めて呼びかける) -- ステファー 2010-10-06 (水) 21:40:53
      • (呼びかけに応え、ダッシュでやってくる機械兵士)…呼んだかマスターーーー!?(走りがめっちゃ早い)
        (そして寸前で足をくじく)うおっ!?(二人の目の前をズザーーーッ!とヘッドスライディングしてやってきた機械兵士 動かない) -- ストレード 2010-10-06 (水) 21:43:00
      • (色々と事前に注意喚起して置こうと思ったが既に遅くて頭を抱える)
        ごめんなさい…コレですごめんなさい(動かないストレードの頭をぺしぺししながら) -- ステファー 2010-10-06 (水) 21:45:27
      • 何よコイツ!? アンタがサモナイト石で呼び出したのに走ってきたじゃない!? 別な意味で驚いたわよ!!
        っていうかコイツ、ウチのポンコツと同類じゃない! (言いながらナチュラルにストレードを足蹴にする。いつも自身の召喚獣にしているように) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:50:25
      • アンタさっさと立ちなさいよ!! 絨毯が汚れるでしょ!!! (げしげし) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:51:18
      • ご褒美です!!(と踏まれて首を回しながら喜び出す患者)どうしたんだマスター!こんな美人に俺を踏ませてくれるなんて妙に親切な…!
        ……で、この麗しいお嬢ちゃんはどなただいマスター。初対面で俺のして欲しい事を読み取るとは中々いい性格の様だが… -- ストレード 2010-10-06 (水) 21:52:06
      • だから驚かないでってば! 私もよく現れ方に疑問を感じるけどもう疲れたんです!
        どうしてかしら…自分の護衛獣が踏まれているのに特に問題なく感じる…だから喜ぶなぁ! そんなコト言ってたらもう色々とごまかしきれないでしょ
        えぇと…こちら、エーデルローゼのマスターのシュシュさんよ(踏まれる姿を傍観して) -- ステファー 2010-10-06 (水) 21:55:11
      • ふふ…マスターの前でも俺の欲望を抑えることはできんよ…!…ってああ、この子がローゼのマスターか。………(身を起こし、じっとシュシュを見て)
        成程、納得。(うんうんと頷いて、立ちあがる2m17cm)初めまして、俺はマスターの護衛獣、ストレードだ!よろしくな!(と挨拶をした) -- ストレード 2010-10-06 (水) 22:04:19
      • んっもぉサイッッッッテー!!! 『ルイハトモヲヨブ』って言うけどポンコツの知り合いはポンコツしかいないのね!!! (続けてげしげし)
        ロレイラルの召喚獣ってこんなのしか居ないワケぇ!? (げしげし)  ちょっとアンタ! (ステファーを指差しビシィ)
        ………………苦労してるわね (ストレードを踏みつけながら果てしない表情) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:06:19
      • (ストレードが立ち上がったのでずっこける) ちょっとアンタ!!! 急に立ち上がるんじゃないわよ!!!
        何がストレードよ!! アンタなんてポンコツ2号で充分よこのポンコツ!! (ストレードの足を蹴りつける) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:08:27
      • ITEッ!俺の朋友をポンコツよばわりするでないわー!(がおー、と手を上げて威嚇する機械兵士 頭の上に猫が出て来て台無しである)
        俺はともかく他の機械兵士までバカにするな!ローゼ以外にも、いい機械兵士はたくさんいる!…ってかあいつそんなに駄目か?
        少なくとも俺よりずっと常識的な気がするんだが。言ってて悲しくなって来たけど(体格差のおかげで蹴りを跳ね返しつつ) -- ストレード 2010-10-06 (水) 22:09:32
      • むしろ私の前で欲望を抑えたことなんてあったかしら…
        えぇっ!? いやでもポンコツというのはちょっと色々とアレですけど性根がいいとも言えませんけど決してそんな役立たずとかはでも
        ……………………………はい(思わず首をがくりと下げるように頷いた) -- ステファー 2010-10-06 (水) 22:11:01
      • あああああもう二人共落ち着いて! とにかく落ち着いて!(二人の間に割って入り)
        えぇっととにかくこのストレードが私の護衛獣で間違いありません 悲しいことに でもお願いですからコレ以上の乱暴はお辞め下さい
        ローゼは常識はあるんだけれど…応用がきかないところもあるから、それでちょっとズレがあるんだと思うわ… -- ステファー 2010-10-06 (水) 22:15:04
      • …いや、応用が利かない事は理由にならんと思う。(割と真面目な声色)俺が思うに、使い方を間違えてるんじゃないか?(と腰に手を当てて話しだす)
        俺はバグに犯されてるからともかく、あいつは純粋な戦闘用だ。闘うために作られ、壊すことが存在意義だ。だったら命令は戦闘だけに使うべきだ…
        …と思うんだが。まさか正常な戦闘用の機械兵士を掃除とか家事手伝いとかに使わせてるなんて、そんな非常識な真似は…(と大げさに肩を竦めて言ってみる 本当は本人に聞いて知って居るのだが) -- ストレード 2010-10-06 (水) 22:26:24
      • あのポンコツは私の物なんだから、私がどう呼ぼうが私の勝手なのよ!! (猫とストレードに向かってフシャー)
        ロレイラル出身なんて、掃除もロクに出来ないウチのポンコツと、ド変態のポンコツ2号のアンタと、どっかの壊れたドポンコツと、全部壊れた純度120%のポンコツしかお目に掛かったこと無いわよ!!! ほんっっっっっとポンコツだらけのポンコツランドじゃないの!!!
        (ふん、と鼻を鳴らして腕組み) だから私たち主人がしっかりしてなくちゃならないのよ。ねぇステファー? -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:28:43
      • (同じく戦闘用タイプの機械兵士に家の中のことや、チーズケーキを焼かせている身分なので何も言えず、気まずそうに視線をそらす) -- ステファー 2010-10-06 (水) 22:29:03
      • あ…そ、そ、そう、ですね しっかりしなきゃとは思うのですが…私もまだまだ未熟なので未熟なりには頑張らないととは思ってるんですが…
        (しかしここに呼び出される機械兵士って…と改めてめまいがしそうになる) -- ステファー 2010-10-06 (水) 22:31:14
      • ふん! 戦闘用だろうが何だろうが、ランドルフィ家の召喚獣ならそれ以外のことも当然出来なきゃいけないのよ!
        特に高貴で気品溢れる美しい私に相応しい召喚獣ならね!! 下僕が出来ないからってそれを放って置くなんて主人の責任放棄だわ!
        召喚士なら自分の召喚獣を正しい道に歩ませなくちゃならない義務があんのよ!!! 分かった!? -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:32:26
      • …ローゼは偉いな(恐ろしく冷めた声)…いや、正常な機械兵士だからこそか。俺のバグに犯された思考回路じゃ、同族をバカにされた怒りしか湧いてこねぇ…!(珍しく頭に来ている機械兵士)
        (三毛猫が怯え出し、もう一人の主人であるステファーの胸に飛び込み逃げる)……ああ、いや落ち着け。俺が怒ってもどうにもならん…(しかし無骨な手はギシ、と固く握られている) -- ストレード 2010-10-06 (水) 22:33:00
      • (更に不穏な空気になったことを察し、猫を胸に抱いて)…シュシュさん 貴方には貴方の分別があるでしょうし、それに意見する気はありませんが…賛成もしません
        私は確かにストレードを護衛獣にしていますが、ストレードを使用人にも下僕にも奴隷にも思ったことはありません 彼は私の大切なパートナーですから
        (シュシュの位置からは見えない角度で、ストレードの背中をぽんぽんとあやすように叩き)召喚獣は私たち召喚士が勝手に呼び出した者 呼び出した責任を取るのは当然でも、そんな道具扱いをするのは目にあまります 貴方のような無理強いをさせる人がいるから、逃げ出してはぐれになる召喚獣が増えるのよ
        …今日はひとまずこれにて また今度頭を冷やしてからお話しましょう それでは…エーデルローゼにも宜しくお伝え下さい 行きましょうストレード(静かに一礼して帰っていった) -- ステファー 2010-10-06 (水) 22:43:11
      • (背中を叩かれ、はっとして手を緩める機械兵士)…あ、いや。すまんマスター。熱くなっちまった(ガン!と自分の頭に自らの手をぶつけて)
        エーテルローゼのマスター。すまなかった、非礼は詫びる。…だが、俺もやっぱりそういう扱いは許せねぇ。もっとアイツの事を大切にしてやってくれ。
        話はそれだけだ……(ステファーについて帰っていった機械兵士) -- ストレード 2010-10-06 (水) 22:47:38
      • ふん、怒ったの? (それでも少女は一歩も引かず、腰に手を当ててストレードを見上げる)
        ロレイラル出身に限らず召喚獣は大きな力を持ってるわ。人間が出せるのとは比べ物にならないほど危険な力をね。
        闘うための、壊すための、強大な力。そんな抜き身の刃をそのままにしておくなんて、あってはならないことなのよ。
        (幼い頃から染み込んだ家の教えか、譲れない一線のようで毅然と語る)

        ……ふん。言われなくても大切にするわよ……! (去りゆく二人を見送る視線を滲ませ、強く唇を噛んだ) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 22:51:12
  • あら?あらあらあら?まだ護衛獣と組めないなんて気の毒ですわねぇ。
    (ぴらりとわざとらしく自分と護衛獣が並んだ次回の依頼書を落とし、ゆっくり拾う)あらごめんなさい、悪気はなくてよ。おほほ。(笑いながら立ち去る) -- シェナ 2010-10-06 (水) 20:29:29
    • ……………………っっっっっっぅだぁっっっっぉらぁぁぁぁぁっっっっっっってぇっっっっぁぁぁぁぁああああ!!!! (言葉にならない怒声)
      むっっっっっっきぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!! (自分の依頼書をビリビリに引き裂く) -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:11:05
  • (随分派手な服装の人が居るなぁ…) -- シグリッド 2010-10-05 (火) 22:11:51
    • ふふん……感じるわ。私の高貴な姿に釘付けになっているド庶民の羨望の眼差しを……ふふん! -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:07:43
  • うーん、洞窟のなかは声がひびくからしずかにしゃべってほしいんだ…じゃあまたね -- トリア? 2010-10-05 (火) 22:07:43
    • なっ、なっ、なっ……なぁんですってぇぇぇぇぇぇ!? 私の可憐にして涼やかな美声にケチつけようっての!?
      アンタ召喚獣のクセに生意気よ!? あ、こらっ、逃げるな! ……次会ったら見てなさいよぉぉぉぉぉぉ!!! -- シュシュ 2010-10-06 (水) 21:05:51
  • お帰りなさいませマスター。私も無事帰還しました
    そちらも無事なようですね -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 16:11:38
    • 無ぅぅぅぅぅぅ事ぃぃぃぃぃぃぃぃ〜!? これのどこが無事に見えるってのよ!! (軽傷を手当てした跡を突きつける)
      そもそもなんでアンタは私の依頼についてこないのよ!? 護衛獣でしょうアンタは! 私をキッチリ護衛しなさいよ!!! -- シュシュ 2010-10-05 (火) 16:22:06
      • 五体満足ならとりあえず無事だとインプットされていますので
        申し訳ありません、旦那様から「お前がついていくとアレの教育にならん」とキツくいわれていまして
        (本当は依頼日時がずれたときはこっそりついてっているが言わない) -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 16:34:54
      • ……お父様がそう仰ってるなら仕方な・い・わ・ね! (行き場の無い怒りをキック4連発で晴らす)
        それよりアンタ。今度出かけるわよ。陰険引き篭もり女のとこにアンタを連れて行って目にもの見せてやるんだから……! -- シュシュ 2010-10-05 (火) 16:42:50
      • 申し訳ありません、ですがまぁ、旦那様も本当に危ない依頼の時は私も同行できるように手配するそうですので、ご安心ください(ガスガス蹴られながら)
        ほう、お友達でも出来ましたか。おめでとうございますマスター。マスターは怒りっぽい上にワールドイズマインですから心配していたのですが、その心配は無用だったようですね(パチパチパチ) -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 16:50:15
      • ふん、本当ならアンタ抜きでも大丈夫なようにならなきゃいけないのよ私は。 だからそれまでちゃんと守りなさいよ!
        (盛大に眉を顰めて不機嫌全開) ト・モ・ダ・チぃぃぃぃ〜!? はぁ〜〜〜!? 誰があんなヤツなんかと……!
        あんなの私王国の将来的被征服民の一人にすぎないのよ!! 私に対する態度がなってないから、気品溢れる高貴で美しい召喚獣を見せて足元に平伏させてやるんだわ!
        そう、私の召喚獣であるアンタの気品溢れる…高、貴で……美し、い…姿を……見せて…………(自身の護衛獣を見て顔色が絶望に染まっていく) -- シュシュ 2010-10-05 (火) 17:01:25
      • おや、違いましたか。でしたら、ライバル、という奴でしょうか? どちらにしろいると人間的に成長できるものだと先日拾った雑誌で学びましたので良いことだと思います
        (シュシュの言葉の羅列を聞きながら軽くフッと換気口から排気をし、)
        申し訳ありません、戦闘用なもので(と、いつものように平謝り) -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 17:04:55
      • …………アンタ、こう……何か、特技、特技は無いの……? 人をあっと言わせるような、スゴイの……(色々諦めたような顔) -- シュシュ 2010-10-05 (火) 17:08:12
      • 特技、ですか……そうですね
        とりあえず、制圧射撃と強攻前進、威力偵察などは得意です
        ああ、あと、対装甲ドリルを用いた敵施設の破壊工作なども得意ですね(少し自慢気) -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 17:15:44
      • 言ってる意味が全然分かんないんだけど、どうせ全部戦闘に関わることなんでしょこのポンコツ!!
        気品や高貴とは真逆じゃないのよ、あぁぁぁぁぁぁぁーーーもうダメ! あの引き篭もり根暗女に一生舐められるんだわ!!
        オシマイよぉぉぉぉぉ……………………ん? ハカイコウサク? (何か思いついたようでエーデルローゼを見つめる) -- シュシュ 2010-10-05 (火) 17:22:39
      • はい、御察しの通り全て戦闘行動です。何せ戦闘用ですから(キリリッ)
        舐められる、侮られるということですか。むしろ、それは相手の油断を誘えて好都合ではないかと思われます。油断したところを叩くのは常套手段の一つです
        (マスターの言葉を反芻するように)
        はい、マスターにも分かりやすく言えば要するにものをぶっ壊す事は大得意です。それの大小関わらず -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 17:26:31
      • ふん。私たち「ホウノバンニン」たる貴族は舐められたら終わりなのよ! 闘わずして勝つのが王者なのよ!!
        んで戦闘用のアンタの得意分野だけどー……そのぶっ壊すってスゴーク大きいものでも大丈夫なの? 例えば、家……とか。 -- シュシュ 2010-10-05 (火) 17:35:22
      • なるほど、圧倒的な戦力誇示からの降伏勧告による無血制圧ですか。確かにそれが最も合理的ですね。流石ですマスター(パチパチパチ)
        はい。問題なく破壊できます。お望みならばこの屋敷でも破壊可能です。この屋敷クラスの大きさとなるとお時間はかなり頂く事になってしまいますが -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 17:39:13
      • ふふん! 何言ってるのか良く分からないけど褒めてるのは分かるわ! もっと褒め称えなさい! (腕組み得意気)
        アンタこの屋敷を破壊しようとしたら、その前に私がアンタをぶっ壊してやるわよ!! お望みなワケないでしょ!!!
        ふっふっふっ……そうよそうよ、そもそもあの陰険根暗女に美しさや気品が理解できるハズが無いんだわ…! もっと分かりやすいカタチで私の偉大さを示してやらなきゃいけないのよ、ふっふっふっふっふ……。
        ちょっとアンタ! 出かける準備は出来てる!? -- シュシュ 2010-10-05 (火) 17:57:16
      • 左様でしたか
        はい、お出かけするというならお供させて頂きます -- エーデルローゼ 2010-10-05 (火) 18:11:17
      • ふふん。じゃあ行くわよ。付いてきなさい。 -- シュシュ 2010-10-05 (火) 18:25:45
  • やあお嬢サン ちょっと良いかネ? (知らない女が離しかけてくる にこにこと笑う長身の長耳) 御機嫌よう -- 2010-10-04 (月) 20:02:07
    • ふむ、今日は居ないようダ …こっそりおいていくとしよう (そう言って部屋に恐怖新聞のごとく写真を投げ入れていった) -- 2010-10-04 (月) 23:29:12
      • ……!!! なによコレなによコレなによコレぇぇぇぇぇ!? 私はもっと慎ましくおしとやかなレディーで、こんな風な体勢で蹴りを喰らわすことなんて在り得ない在り得ない在ーりー得ーなーいーーー!!! ヒボーチュウショーってやつね、きぃぃぃぃぃ!!!! (写真を手に喚き散らす、全く自覚の無いツンバカ) -- シュシュ 2010-10-05 (火) 05:57:26
  • (綺麗なブロンドの女の子、シュシュ。召喚師であるという彼女とは、今月の冒険が一緒で。帰り道すがら、別れの挨拶を。)
    今月は、お疲れ様!狼とか、こうもりとか、それからそれから、ゾンビ…とか。
    とても怖かったけれど、ええ、お互い無事で。よかったわ。また一緒になれたら、頑張りましょう。 -- ベルベット 2010-10-03 (日) 23:59:20
    • ふん、怪我もしたし危ないところだったけど……ま、成功したんだから誰かがブッ倒れて逃げ帰るよりか数千倍マシね。
      (特に活躍したというわけでもないのに偉そうにふんぞり返って不遜な笑みを浮かべる)
      ま、まぁアンタが生きてればまた組む機会もあるかもね。せ、せいぜいそれまではもっと楽に依頼をこなせるように精進することね。 -- シュシュ 2010-10-04 (月) 00:58:32
  • これはまた典型的な上流階級のお嬢様な外見の方で、怪我をさせたらどこぞから怒られてしまいますかねぇ
    私はフギンです ま、とりあえず来月同行いたしますのでよろしくお願いしますという事で -- フギン 2010-10-03 (日) 23:04:58
    • どこぞも何も目の前の私が怒るわよ! 怪我なんてまっぴらゴメンなんだから! (鼻息荒く肩を怒らせる)
      私はシュシュよ……フギン、フギンねぇ (じろじろと無遠慮な視線で眺め) アンタ羽根が生えてるけど召喚獣? -- シュシュ 2010-10-04 (月) 00:50:40
      • 本人が怒る事が出来る程度の怪我で済めば良いのですがね、それだけの元気が残っていらっしゃれば存分に叱られて差し上げますよ
        召喚獣といえば召喚獣と言えなくはないでしょうか?別世界から呼び出されて使役されている訳ではありませんがね -- フギン 2010-10-04 (月) 02:19:31
      • ……? (暫しの間を置いて) なんで怪我すること前提なのよ! 無傷で終わるよう努力しなさい!!
        (また暫しの間を置いて)……アンタ言ってることがまどろっこしいのよ! もっと分かりやすく言いなさい!
        要は召喚獣的な何かなんでしょう!? 力はありそうなんだから出し惜しみするんじゃないわよ!
        (と、依頼前から戦闘時の如くぎゃあぎゃあ喧しいシュシュであった) -- シュシュ 2010-10-05 (火) 05:52:54
  • (ひょっこりと顔を覗かせる死んだはずの天使)あのお…今月は足を引っ張ってしまいすみませんでした… -- イルルナ 2010-10-03 (日) 00:53:47
    • あ、あんた生きてたの!? ……ふん、別にアンタは何も悪くないわよ。悪いのは依頼、依頼の方!
      あぁー腹が立つ! あんな出会い頭に馬車で轢かれる様な依頼寄越すなんて!! くっっっきぃぃぃぃぃ!!!! -- シュシュ 2010-10-03 (日) 10:19:58
  • sage忘れ剃毛会場 -- 2010-10-01 (金) 01:21:36
    • (泡立てる) -- 2010-10-01 (金) 01:22:02
    • (問答無用で陰毛を剃る) -- 2010-10-01 (金) 01:22:15
    • (そのドリルを剃るだけで一発キャラ殺しって寸法よ) -- 2010-10-01 (金) 01:23:12
    • (ここは相方のロボにそらさせるってのはどうだろうか?) -- 2010-10-01 (金) 01:27:57
    • ……剃る? ……毛を? な、なんで私がそんなことしないといけないのよ!?
      た、たしかに酒場でルール違反しちゃったみたいだけど、そこまですることじゃないでしょ!? ハゲは絶っっ対、いや!!!! -- シュシュ 2010-10-01 (金) 01:31:54
      • ……そもそも私のピンチにあのポンコツはなんで居ないのよ!!! どこほっつき歩いてんのよあの鉄くず!?
        あーーーあーーーーーー! 腹が立つぅぅぅぅぅ!!!!! (激しく地団駄) -- シュシュ 2010-10-01 (金) 01:35:30
      • (反応が可愛いので現役キャラじゃ性格上絶対に出来ないので撫でてみるはんとうめい) -- 2010-10-01 (金) 02:14:28
      • き、気安く触んないでよ!! わ、私の頭はド庶民がおいそれと触れるほど安くないのよ!!!
        可愛いってもっと言いなさいよ! -- シュシュ 2010-10-01 (金) 02:46:27
      • (可愛い可愛いと言いつつ頭を撫でる高位の貴族のはんとうめいはしばらく撫でると帰っていった) -- 2010-10-01 (金) 02:49:01
      • 次は生きてるので来なさい!! お、お茶くらい出してやってもいいわ!!! -- シュシュ 2010-10-01 (金) 02:52:25
      • 申し訳ありませんマスター、戦闘用なのですっかり遅れてしまいました
        まぁでもとりあえず無事みたいですし、結果オーライですね -- エーデルローゼ? 2010-10-01 (金) 17:18:44
      • 結果オーライなわけないでしょうが来るのが遅いのよバカバカバカこのバカポンコツ!!!
        アンタ私の護衛獣でしょう! 一ミリでも私を不安にさせただけで万死に値するのよ!! -- シュシュ 2010-10-02 (土) 12:22:17

Last-modified: 2010-11-07 Sun 17:39:19 JST (4473d)