メルクマール家出身 レティシア 202152 Edit

ID:202152
名前:レティシア
出身家:メルクマール
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
テーマソング:Advanced Wind
二つ名:絞殺六花(モノクロームワルツ)
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019840.jpg
BLOW AWAY!
名簿/42719

概略 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019771.gif
Letizia=Merkmal

  • とある村から、『世界の果て』を目指す為旅立つこととなった『聖女』。
  • 『世界の果て』の情報を求め旅を続ける内に、数多くの冒険者が集うというこの街にたどり着いた。
  • 現在は情報収集中?(らぶらぶ)
    外見
  • 身長145cmと小柄。体重42kg。
  • 男にしては華奢な体格、肌は白磁のようにすべすべ。腰まである長い黒髪。瞳には深い蒼が湛えている。
  • 色の薄い清楚な服装を好み、ロングスカートの中や、上着の袖に銃器を隠せるようにしている。
  • どう見ても女の子にしか見えないけど男の子。世渡り半分趣味半分。
  • 首から度の強いレンズの入ったモノクルをチェーンで掛けている。
    内面
  • 物腰穏やか、口数も多い方ではないが、その実強かで腹は灰色。
  • 愛読書の好きな一節は「安全な航行とは、海岸に沿って、自分の位置を見失わない事である。だが、冒険の航行とは、海岸から遠く離れて未知と危険の只中に飛び込む事なのだ」。長いけど諳じられる。
  • 座右の銘は「まだ若いんだから手段は選べ」。

    酒場のこやす様による性能確認
    ―― 私はこの荒野に強く羽ばたいてみせるッ!!
    某ワイルドアームズシリーズから設定が色々と流用されており、ARMの緻密な設定には思わず舌を巻く
    銃を使った戦闘RPは難しいかもしれないが、これも又使い方一つで主役級の見せ方が出来るかもしれない
    後、それらってスカートの中から取り出してるようだけど見せてもらってもいい? (ペラッ)
    ありがとうございましたッ!

    こやす様に頂いた称号
    渡り鳥の
    無謀なる旅人
    聖女形銃士
    無謀ってどういう意味ですか……
    ともかく、ありがとうございました!

所持品 Edit

  • “Kleine Ambition”
    • リボルバー式拳銃型ARM。装弾数は5。
    • 威力に欠けるが軽く、構造が比較的単純で取り回しがいい為年少者や女性でも容易に扱う事が出来る。普段はスカートの下のホルスターに差してありその姿を伺う事は出来ない。
      • Mastery → STR:80 SEN:100~ 
  • “Missing Gear”
    • オートマチック式拳銃型ARM。装弾数は7。スペアマガジンは1。
    • 依頼遂行中、洞窟内部で発見した宝箱に入っていたARM。
    • 外観こそ酷く古めかしいながら内部機構は全く劣化していないらしく、拾得したその場で起きた戦闘に何ら問題なく対応して見せるという離れ業を見せた。
    • 外部構造は異常なまでに強固。分解整備も不可能なほど堅牢な作りをしておりそれ故に内部機構も把握出来ないが、どうやら非常に複雑かつ難解な機巧を内包しているようだ。
    • 耳を当てると、内部からまるで息衝くかのように時を刻む音が聞こえてくる。
      • Mastery → STR:110 SEN:140 
  • “Pistora Mitragliatrice”
    • サブマシンガン型ARM。装弾数は20(但し全弾装填すると不良を起こしやすい為装填するのは16発程度に留めておくべき)。スペアマガジンは2。上方排夾。
    • がらくた山?にて拾った兵器を基にヒルシュ?が創り上げた、軽量でマガジン内の弾を瞬時に吐き出す連射力を持つ強力なARM。
    • ベースとなった兵器よりも更に詰められた銃身により集弾性が抑えられ、命中率は低いものの面制圧力に長けた仕上がりになっている。反面同一の的に命中させるには銃身を相応に伸ばすか的に接近する必要がある。
    • 余談だが、後日名称の意味を酒場地下図書館で調べた所、『機関拳銃』そのものを表すことが判明した。
    • 普段はマガジンを除き腰部ガンベルトのホルスターに挿してあり、マガジンは三本とも同じガンベルトの背中側に並んでいる。
      • Mastery → STR:130 SEN:150 
  • 試型86式破甲榴弾野砲
    • 榴弾を発射する携行火器。装弾数は1。かなり高価。
    • 炸薬を詰めた砲弾を使用する為威力は非常に高い。反面成人男性ですら持て余す程の重量があり、扱うには相当な筋力を要する。
    • ARMではないので精神を同調させる必要がない。
      • Mastery → STR:200 SEN:-- 
  • “Voynich Manuscript”
    • 様々な挿絵や暗号化された文章が230頁に渡って綴られている魔道書。著者不明。
  • ただし、暗号の構成や挿絵の内容に余りにも統一性が見られない為、学術的に大した事は書かれておらず単なる暇人の書いた思わせ振りな怪文書であるという説もある。
  • 一説によれば彼の有名な魔道書ネクロノミコンと関係あるトカないトカ。
  • ちなみにレティは全く読めない。
    • Mastery → SOR:200 INT:250
  • 各種ジェム
    • 星を巡る生命エネルギーの循環路である地脈(レイライン)上に点在するレイポイントと呼ばれる地脈溜まり、そこから地表へと滲み出したエネルギーが凝固し結晶となった物体をジェムと呼ぶ。
    • 見た目は淡い光を放って輝く宝石のようで、少しばかり価値がある。
    • それぞれ炎、冷気、風、土などの属性を持ち、使用すると封じられたエネルギーが解放され様々な現象を引き起こす。
    • ジェムの採掘量が多い一帯はかつて何らかの理由で激しく傷付いた地で、星が血を流した場所と考えられている。一説によればジェムは星のカサブタとも。

手記 Edit

所持金貨:114397枚相当

  • G.A.101.7
    • 討伐、始めました。
    • がらくた山のワンちゃん達、可愛かったなあ。

肖像 Edit

冒険当初の格好
村を出た当時の服装。お世辞にも冒険者に向くとは言い難い……今はクローゼットで休日を待っている。
初めて買った服
お金を貯めて自分で買った初めての服……動きやすいけれど、後にして思えば少しガーリー過ぎて恥ずかしい。
店には色違いもあったけれど、この色彩を纏って街を歩く勇気は私にはなかった。
破甲砲、構え
こんな軽々と振り回せるようになるまであとどれだけかかるんでしょうね……
大型ARMを引っ提げて
ガトリングガンはいい……ロマンがある。(甲高くモニョモニョした声で)
非常に上質な鈍器を携え
がらくた山に捨ててしまったけれど、今では中々忘れ得ない思い出。
ミッシングギア、接続!
やっと飾れました……
恥ずかしいけど……
私の色々な姿。ヌキポンと言われる技法で描かれたのだそうです。
ちょっとお洒落に
酒場で描いて頂きました。いつもよりちょっと頑張って……テンションの高い格好です。
ヘヴィARMと
重火器もいいですね……私のフィールドとは違いますが、それでも魅力を感じます。
コマンド表
格闘ゲーム風の性能だそうです。ジェムの使い方が重要そうですね。
破甲砲と
破甲砲も扱えるようになりましたし……満を持して!


何かご用ですか? Edit

お名前:
  • チラシが投函される。内容はこうだ

    香屋「霊猫香?!今月より開店!
    ただいま開店記念によりこのチラシを見て来た方全員にお試しのお香をプレゼント!
    疲れがとれない、夜眠れない、ストレスが溜まっている、体の調子が悪い
    集中力を高めたい、魅力的になりたい、不安を取り除きたい!etc…
    そんな悩みをお香で解決!どうぞ香屋「霊猫香」へお越しくださいませ。

    うさんくさいチラシだ。
    -- 2009-06-03 (水) 13:41:12
  • 元気してるかい -- 2009-05-15 (金) 22:34:47
    • はい、よろしくさせていただいてます -- レティ 2009-05-15 (金) 22:58:41
  • ……あれ、レティさん?…(久しぶりに覗くと死亡の張り紙を見て呆然とする。) -- ジャン 2008-12-28 (日) 00:05:15
  • 冒険者の住まいに高級そうなチラシが投げ込まれた! -- 2008-12-05 (金) 22:32:04
  • この数ヶ月のミイラ尽くしは一体…!?来月は違うようですけど、今度は再殺者が取れそうな勢いです
    いかにも強そうな金色のチョコレートを差し上げますので、必殺を得るまでくれぐれも油断されないよう…! -- 黒ゆきり 2008-12-02 (火) 21:33:41

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

街の広場? Edit

修正

お名前:
  • 広場 -- 2016-05-11 (水) 00:15:17
    • (おやつの骨を埋めた) -- モミ 2016-05-11 (水) 00:16:49
      • (何してるのかしらこの子は…) -- イルゼ 2016-05-11 (水) 00:17:26
      • (未来ブームらしいから、いつかお腹を空かせた人が掘り起こせばいいかも?)
        先生は1000年経ったらどうなるの?生きてるの? -- モミ 2016-05-11 (水) 00:23:07
      • その前に貴方と同じようなお腹を空かせた犬が掘り起こしてるわよ… (ここまでこの子残念だったかしらと…)
        …? そんな先のことなんて知らないわ、生きてるかもしれないし、死んでるかもしれない
        でも今を精一杯生きれば骨なんか埋めなくてもきっと何かを残せるわよ -- イルゼ 2016-05-11 (水) 00:26:24
      • ・・・・!? しょうがないわね…もっと深く埋めなくちゃ(とっておきのワインもだして)
        あら。そういうもの? 意外と人並みらしい答えでした。 -- モミ 2016-05-11 (水) 00:34:40
      • この子は人のことを何だと思ってるのかしら… (はぁと溜息をつけば)
        貴方は自分が老いる瞬間、死に絶えるときを思って行動するかしら
        …違うわよね。生きるために、何かをしたいから為そうと動くのよ
        私のところに習いに来たのもその筈よ。だから覚えておきなさい
        1000年後の未来を思って行動するのではなく明日を思いなさい。そうすればきっと、貴方という存在が残らなくても何かが残るはず

        …分かったらそのワインを持ち帰りなさい。お腹空いてるなら今日はみんなでご飯にするから -- イルゼ 2016-05-11 (水) 00:39:11
      • 人っていうか人じゃないでしょ…? あ、これ飲みたいんだ? 飲みたいです? -- モミ 2016-05-11 (水) 00:43:42
      • …淫魔なんです〜!とか子供じゃないのよ
        ドーリス、すごくイラッときたから私のセラーから高い奴を順にだして
        出したうえでどのぐらい飲んだかモミには教えずサヨリさんに教えるから -- イルゼ 2016-05-11 (水) 00:46:56
      • (かしこまりましたと褐色メイドが頭を下げる) -- ドーリス? 2016-05-11 (水) 00:47:32
      • 今の先生ものすごく大人げない気がするんだけど?(結局ワインは埋めた) -- モミ 2016-05-11 (水) 00:56:32
      • (その後、ワインを飲みながらのガチ説教が行われたとか。どんどはれ) -- イルゼ 2016-05-11 (水) 00:59:53
      • (弟子はなんでお説教されたのか最後まで分からない表情だったという。
        それはさておいて、遠い未来で「スウペ・タンドルマン」の刻印の入ったワインが発掘され、アーティファクトと称される事となる。) -- モミ 2016-05-11 (水) 01:06:40

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

ここより飛び立とうッ! Edit

ガンナーズヘヴン?
そこでは、血で血を洗う戦いがいつ果てるともなく続いている。
打ち棄てられた塵芥城?
異界の構造物である『搭』を中心に種々雑多な廃棄物が構成する迷宮。果てには何が待つ?
地平衝き立つ深淵の宮?
謎に包まれた黒い柱。秩序と混沌は境界を失い、誰も知らない物語を奏でる。
閑かなる死都ベクステ?
魔獣が徘徊し樹海の広がるその朽ちた街は、確かに嘗て栄えていた。
煙霞に秘されし邸?
障気の濃く漂う邸内は、普く死に支配されている。















http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst016683.jpg


Last-modified: 2008-12-26 Fri 17:14:48 JST (4000d)