ボーガード家出身 フォルド 265381 Edit

ID:265381
名前:フォルド
出身家:ボーガード
年齢:25
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
いわゆる
ひとつの


っていうか
どれ使えば
いいのさ
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024668.gif 
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024670.png 
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024669.png 
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024665.jpg
路地裏の気配:
edit/refer

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst037918.jpg






世界三周旅行は楽しかったわ………ウフフッ



人通りの少ない路地裏 Edit

&color(#45607a){};

すいません失言いたしました

お名前:
  • (部屋の前にたたずむ亡霊)・・・フォルド、いる?・・・いや、いてもいなくても・・・開けなくてもいいわ。 -- レイラ 2010-09-08 (水) 23:31:21
    • ………………(部屋から声はしない 人の気配はあるようだ) -- 2010-09-08 (水) 23:38:50
      • ・・・・・・これはただの独り言。亡霊の未練がましい独り言よ。(返事は聞かず、壁に寄りかかり一人つぶやき始める)
        ・・・この間のことはいくら謝ったとしても許されないことはわかってる、でも・・・本当にごめんなさい・・・。でも私はあのとき・・・とてつもない感覚を感じたわ。
        フォルドが私の前で苦しそうに喘ぎ、叫び、もがく姿に私は人間で言う「快感」を・・・感じていたのかな。ふふっ、とんだクズでしょ?私。あなたを苦しめられるような亡霊じゃないって言っておきながら・・・これはまさに「悪霊」・・・ね。(壁に背をずるずるとずり落とし、しゃがみこむ)
        ・・・無意識ながらに私はフォルドの「生」を吸っているんじゃないか、って思えてもきた。そう、まさに悪霊の如く。 -- レイラ 2010-09-08 (水) 23:50:55
      • (こつ、こつ……と足音 それが扉の前で止まり、何も聞こえなくなる ……扉のちょうど目の前にいるようだ) -- 2010-09-08 (水) 23:59:10
      • ・・・私はね、フォルドといたい。できることならずっと、ずぅっといたい。でも今の私はそれができないんじゃないかって思えてくるようになったわ。
        幽霊とかなんだとかいろいろ調べたの。長く長くこの世に残る魂はいつか自我もなくして悪霊になったりするって。私ももしかしたらそんな風になってるんじゃないかなって。あはは、私が本当に亡霊、まして本当に人間であるかもわからないっていうのに。(くすくすと笑う声が小さく響く)
        ・・・望むことならずぅっとフォルドと一緒にいたいなぁ。でもそれがフォルドを傷つけることになるかもしれないの。私がフォルドを残して消えてしまうか、フォルドを私が殺してしまうか。・・・あ、でも逆にフォルドに私が消されるっていうのもありかな。フォルドに消されるのなら本望だし。
        私のフォルドに思う愛は本物よ。でもそれが自分でも制御できないくらいに狂い始めてきてる。それはきっと私が何かに変わり始めているって始まりなのかもしれない。
        ・・・だからあなたに聞きたいの。最後になるかもしれない私への思いを正直に。
        私に消えてほしいのかって。 -- レイラ 2010-09-09 (木) 00:10:19
      • (ばん、とドアが勢い良く開いた そこにはフォルドが立っている)
        (その目は、レイラを睨みつけ、静かに怒りの色に染まっている)
        -- 2010-09-09 (木) 00:13:38
      • ・・・これは独り言だもの、答えはない。私という存在があなたを苦しめてるのはわかってるもの。だから・・・おぶっふぉ!!(ドア近くに座ってたものだから吹っ飛ぶ亡霊)
        おぼぼおぼこうかはばつぐんだ・・・。ぁ・・・・・・(目があうもおもわずそらしてしまう) -- レイラ 2010-09-09 (木) 00:22:12
      • ……(その手には拳銃が握り締められている 静かな怒りもどんどん湧き出るのか、次第に身を震わせて)
        (かちり……と、拳銃の撃鉄を引いた)
        -- 2010-09-09 (木) 00:24:25
      • え・・・あ、ちょっ、OKOK落ち着くんだそんなもの撃たれたら死んでしまう死んでるけど!
        やめr(言葉間に合わず撃鉄は引かれた) -- レイラ 2010-09-09 (木) 00:28:48
      • (拳銃を、す……と、レイラに向ける―――が、すぐに自分のこめかみに銃口を当てた)
        そういうこと言うなら、わたくしから先に消えようかしら?今すぐこの場で頭ハジケさせて消えてあげようか!?
        -- 2010-09-09 (木) 00:38:38
      • (一瞬自分にむけられて「うひっ」と情けない声を出すも、その銃口がフォルドへとむけられると顔が青ざめ)
        ちょちょちょちょっとまって!待って本当に待って!気に食わないことを言ったのなら謝るから!謝るからそれだけは!それだけは本当にやめてぇ!!(怯えるような大声で) -- レイラ 2010-09-09 (木) 00:41:47
      • ……前に言ったでしょう。貴方が消えるなら、わたくしも死ぬわよ。わたくしに貴方を消させるというなら、その後にわたくしも死ぬわ。
        (こめかみに銃口を当てたまま、つかつかとレイラの前に立ちふさがって)こんなふうに!(引き金を引く――)
        (カチンッ、とリボルバーが回転するが 弾丸は出ない そのリボルバー全部に弾が入っているわけではないようだ)撤回しなさい。
        (もう一度、引き金を引く かちんっ、という音とともにリボルバーが回転する)貴方の存在がわたくしを苦しめているってことを!
        (再度、かちんっと音が響く あと3発分 弾は入っているのかそれとも)わたくしが貴方に消えて欲しいと思っているなんて言ったこと!!
        (かちんっ、かちんっ 残り一発――)今すぐ訂正しなさい!早く!!!(さらに拳銃の引き金に指をかける)
        -- 2010-09-09 (木) 00:52:03
      • 待って本当に待って落ち着いてだからまっひぐっ!!??(かちん、と鉄音が響く。己に向けられたほうがまだマシだったほどに恐怖を感じている)
        でっでもそれは!(かちんっ)ひぐっ!!だ、だってまぎれもなぴぐっ!!(かちんっかちんっ)
        訂正する!訂正するから!だからお願い!やめて!やめてください!! -- レイラ 2010-09-09 (木) 00:57:36
      • (レイラが叫んだ瞬間、天井に向かって拳銃を向け、引き金を引いた)バァンッ
        (……破裂音とともに、天井に風穴が開いていた)………………(レイラを見下ろしている)
        -- 2010-09-09 (木) 01:01:21
      • (目の前で天井にむけられて放たれる拳銃。恐怖に歪んだ表情のままへたんと腰を抜かし尻餅をつく)
        (ぶるぶると震え、心臓があれば鼓動が響いてくるのではないかと思うくらいに怯えきっていた。涙をぼろぼろこぼし、ゆっくりと顔をあげる)
        ・・・・・・・・・・・・ごめん・・・なさぃ・・・ -- レイラ 2010-09-09 (木) 01:06:51
      • ……レイラ。わたくしはね、貴方の仕打ちに怒っては居たわ。……それは確かだし、今も怒ってるわ。
        でもね、それですぐ貴方が消えて欲しいほどに怒るとでも思った?(くい、とレイラの襟首を掴む)
        わたくしとレイラはそんなもろい絆しかないの?貴方はそう思ってるの?だったら、わたくしはショックで今にも死んでしまいたいわ。
        それはそれ。これはこれ。……勝手に貴方がしたことで悲観的になって勝手なことを言わないでちょうだい。貴方が消えたらわたくしが笑うと思ったの?
        ねえ、どうなの?(目は怒りに満ちている 本当に怒っているのだ)
        -- 2010-09-09 (木) 01:15:09
      • ひゃうっ・・・・・・・・・(怯えきった子供のような表情で体を震わせ)
        ・・・だって私はあなたに本当にひどいことをしたのよ?そしてそれを私は喜んでみていたのよ?それでも・・・あなたは、あなたは私のことを・・・思ってくれるの・・・?
        (目からは涙がぼろぼろと絶えずこぼれ、きゅうっと手を握り締めている) -- レイラ 2010-09-09 (木) 01:23:09
      • ……馬鹿ねえ貴方は。喧嘩しない恋人なんて早々いるものではないわ。一度や二度、もしくは毎日でも、恋人は喧嘩するものよ。
        でも、喧嘩しても愛してる。むしろ愛してるからこそ、怒りを覚えるんじゃないかしら?
        ……レイラ。わたくしは、あの仕打ちを「貴方から」受けたのなら、それも一つの愉しみ方として受け入れてあげてもいいわ。……でもね。
        貴方が正体を隠したこと。私に本気で恐怖を与えたこと。……それが悲しくてたまらないのよ。……わたくしに何かしたくても……
        どうか、貴方だとわからせてちょうだい。貴方なら受け入れられるわ……貴方が相手だということ、それだけを教えてくれれば……
        わたくしは、どんな仕打ちでも受けるわ。
        -- 2010-09-09 (木) 01:34:24
      • ・・・ずびびっ・・・あなた・・・馬鹿だわ、本当に馬鹿だわ・・・私からだってあんな仕打ちしたら普通は・・・ずびび(涙と鼻水でくしゃくしゃな顔)
        ふぎゅぅぅ・・・ぅぅうぅぅぅ・・・ばかだよぅ・・・だいすきなくらいばかだよぅ・・・!うぅ、うぅぅ・・・うわぁぁぁーーーーーん!!! -- レイラ 2010-09-09 (木) 01:42:36
      • (と、泣いているレイラの両頬を引っ張る)でもね、怒ってるのよ?……ちゃんと謝りなさい、ちゃんと。
        はい、このまま。(両頬をぐいーっと引っ張ったまま)
        -- 2010-09-09 (木) 01:47:59
      • あふぇふぇふぇふぇふぇーーーー!(コードが引っかかった犬みたいな顔で)
        ひょ、ひょひゅえんひゃひゃひぃーー!!(のびる、すんごいよくのびる) -- レイラ 2010-09-09 (木) 01:50:46
      • 何?何言ってんだか判らないわ?ちゃんと言いなさいって言ったでしょう?
        ほらはっきり、くっきり発音して。ご・め・ん・な・さ・い・は?(さらに引っ張る)
        -- 2010-09-09 (木) 01:52:21
      • (無理じゃね?無理じゃね!?な顔)
        ひょめんひゃさい!ごみぇんみゃしゃい!!(すっごい伸びるよ!) -- レイラ 2010-09-09 (木) 01:58:03
      • 聞こえないわ。ゴミ園ミャー謝意って何?ちゃんと謝ってくれないのかしら……
        ほーら、がんばって〜?(思いっきり伸びきるまで伸ばして)
        -- 2010-09-09 (木) 02:00:25
      • おびょびょびょびょびょびょ・・・!!(このままではほっぺはちぎれてしまう!)
        ぎょ・・・ご・・・ぎょめっ・・・ごめんなさいっ!! -- レイラ 2010-09-09 (木) 02:01:51
      • ………………(ちょっと驚いた顔 言えるとは思ってなかったらしく)
        ……(暫く考えたあと)ごめんなさいよく聞こえなかったわ。ウフフフフフフ(口の中に指を突っ込んでさらに引っ張って)

        (10分後)
        まあ、そろそろ許してあげようかしら。
        -- 2010-09-09 (木) 02:05:24
      • おぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!!ひどい!ひゃんひょひぃえたのうぼぼぼぼぼぼぁーー
         
        ゆ、許された!わちき許された! -- レイラ 2010-09-09 (木) 02:12:31
      • ちゃんと反省してるのかしらね……フウ。(ため息を吐くと、少しだけ笑った)
        (そ、とレイラを抱きしめて)……これからは、もう少し「普通の恋人」になってね?
        -- 2010-09-09 (木) 02:14:44
      • 少なくとも、またあなたがこんなことをしないような恋人にはなるさわよぅ
        ・・・大丈夫だよフォルド。えへへ、これからもよろしくね(にぱーな笑顔でぎゅーっと抱きしめる。ふわもこな感触が冷たくなく暖かい) -- レイラ 2010-09-09 (木) 02:21:35
      • (そんな二人を遠くから見つめるひとつの隙間。二人の未来をあざ笑うかのようににたりと微笑み、消えていった・・・) -- 2010-09-09 (木) 02:32:33

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

生い立ち Edit

フォルド・ボーガード。
ガルド・ボーガードを兄に持つ、墓掃除をして細々と暮らしていた女性。

しかしガルドが悪魔の金貨「レイズ」に身体を乗っ取られ、大量の殺人を犯し初めてからは、彼女の生活に安息が訪れる事は無くなった。
レイズの所業は様々なところに噂される所となり、その妹であった彼女は周りから疎んじられ。故郷の町を追われることとなる。
行く先々でレイズの妹だと知れる度に追い出され、この町へ流れ着いた。

その後暫く冒険者をしていたが、途中、兄によって妻と娘を殺された男に見つかる。
彼に償いを強要され、連れ去られるままその家で奴隷として数年間を過ごす。

しかし長きに渡る共同生活によって互いに情が沸き、一時期はその男と恋愛関係にまで発展しかける。
が、やはり仇の妹と結ばれるわけには行かないと、男に涙ながらに追い出されてしまった。
その後、男の「キャバクラにでもいっちまえ」という捨て台詞と、自身の欲求と合致するという二つの理由により、ドリームクラブの門を叩いた。

性格・特徴 Edit

陰鬱な雰囲気を身にまとった女。
本来、そこまで暗い性格ではないのだが様々な場所で疎まれてきた事が彼女の顔に影を落としている。
何事もあまり拒否せず受け入れる性格で、故郷を追われてからはそれが更に顕著になった。

目の堀が深く、目元は暗く影がかかっている。また、赤いルージュを口に引いている。
青いコートのボタンをすべて留め、ふかふかの黒いブーツを履いている。コートの下はスカートとカッターシャツ。
隠し切れないほどに容姿がかつて猟奇殺人鬼として暴れたレイズ・ボーガードに酷似しており、また関係性を問われると簡単に事実を話してしまう。

兄妹仲良く暮らしていたころは多少ブラコン気味で、未だに兄を慕いつづけているようだ。
また、兄の所業を知ってか知らずか、爆弾やトラップを使った戦いをする。

数年間の調教生活によってかなりの変化が起きている様だ。

以下、追加設定

  • 投げられたものをキャッチするとか、そういう機敏な動きが苦手。だからトラップを使う
  • 知らない人に話しかけるのは怖い
  • オバケが苦手
  • 多少方向音痴
  • 可愛いもの大好き
  • 調教により超が付くほど酒に強くなった
  • 調教により性技が向上している
  • 調教により誰かと性交することに何の抵抗も無くなった
  • 調教により少しだけ明るくなった
  • 調教により性的快楽が定期的に無いとテンションがおかしくなるようになった
  • 調教により少し魔族化している

レイズって何さ Edit

8、9年ほど前にいくつかの町で出没したと言われている猟奇殺人鬼。
爆弾や罠を使い、ジョークめかした狂気の殺人を繰り返し、その殺人数は1000に上るという存在自体が胡散臭い殺人鬼。
最終的にこの町の黄金騎士団に討伐されたと言われており、以降その犯罪がなくなったことから事実とされている。
しかしその口が裂け白い肌、常に笑っているなどの怪異じみた姿から都市伝説の一つとして囁かれたこともある。
知っている人は知っているし、知らない人は知らない。
時間が過ぎた今では一握りの人しか知らないだろう。

路地裏の更に裏 Edit


Last-modified: 2009-12-01 Tue 01:17:25 JST (3711d)