セラフ家出身 ラミィール 287766 Edit

ID:287766
名前:ラミィール
出身家:セラフ
年齢:30
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
旋律:小フーガト短調
その他:ステータス/戦歴






滅びた集落にある古い礼拝堂 Edit

 &color(#bfbfbf){''' '''};
お名前:
  • ………(血の跡がこびりついた礼拝堂を見回し、ため息をついてしゃがみこむ)
    本当に、ここに天使が降臨していたってのは………ガセじゃあないみたいだねえ。しかも、とことん壊れた天使様のようで。
    ま、でも………天使だろうと悪魔だろうと、僕にとっては同じ、ちょうどいいエネミーデータに過ぎないけどね。(手を地面に当て、詠唱を始めた)
    大地に眠る英雄の記録、大地が記憶せし英雄の意志、今我が手に伝えるべし
    制御不可能の規律天使―――ラミィール

    (青白い羽がしゅるしゅると舞い上がり、ザンマの体に吸い込まれた それを確認すると、礼拝堂を後にした) -- ザンマ 2009-11-28 (土) 00:20:27
  • 突然、最新60件の上から(反応した時のレスの秒数)件目にいる人にほっぺちゅーをしたくなったような気がするが気のせいかもしれない -- 2009-02-24 (火) 14:51:46
  • 怪しい雰囲気が漂っている
    あなたは最新60件からこの雰囲気に反応した時の秒数件目の名簿に訪れたくなってしまう
    00秒や自分の名簿等で訪れる事が出来なかった時は再チャレンジするまで雰囲気は漂い続けるだろう
    (ただし強い意志をもってすればその場に留まる事も出来る、意思に負けた雰囲気は霧散するだろう) -- 2009-02-12 (木) 14:51:48
    • ………神の、御意思を感じる。 -- 2009-02-12 (木) 19:18:13
      • (天を見上げ)人の子の騎士が集いし、円の間………そこに行くべきと受け取った、神よ……… -- 2009-02-12 (木) 19:25:30

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

生い立ち Edit

堕天使・ラミィール。
神に仕える天使として遥かなる時間を生きてきた上級天使である。
しかし、規律を重んじ過ぎる性格は時として行き過ぎた断罪をもたらし、問題視されていた。
そしてある日、断罪と称して町を一瞬にして焼き滅ぼした事で、神の怒りに触れ、彼女自身が断罪を受け堕天することとなる。
だが既に天使としては狂ってしまっていた彼女は堕天している事に気づかず、人間界で断罪を行う使命を受けたのだと信じ込む。
そして冒険者の討伐ミッションに乱入しては怪物を殺していくという行動を繰り返すようになる。
そして、時には人間をも手にかけ、彼女は飛ぶ。
規律を守らぬもの、汚れしもの、すべてに等しく死の断罪を与えるために。

特徴・性格 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst029377.jpg
見ての通り、天使である。巨大な青い翼と青みがかった身体を持ち、常に光輝いている。
身体には長い布を一枚らせん状に巻いたのみで、他には何も身に着けていない。
常に無表情で、瞳は存在しない。彫刻のように美しい体と顔を持つ。(口は動く)
堕天の際に右足を失っている。また、両腕は自由自在に動く鎖で手首と繋がっている。

性格は独善的で容赦なく、尊大的。自分の行動は神の意思だと信じ込んでおり、何の説得も通用しない。
少しでも彼女の考える規律と正義に反する行動を取るものがあれば、即座に死による断罪を行おうとする。
しかし駄天した際にほとんどの力が失われており、普通の冒険者なら反撃も出来るレベルである。
それでも天使なだけはあり、簡単には死ぬ事は無い。

愚かなる人の子達 Edit

BGCOLOR(PaleGoldenrod):    BGCOLOR(#CCCCCC):

お告げを聞く Edit


Last-modified: 2011-03-02 Wed 00:58:18 JST (3935d)