―― Edit

ID:
名前:――
出身家:――
年齢:――
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer

少年が世界を出て旅に出ると同時にカイト・セラの冒険記録が全て抹消された
彼が倒したと記録された全ての魔物は名もなき冒険者が倒した事に改竄され
彼が友と撮った写真からは忽然と彼の姿だけが消えていく
そして周辺住民からの記憶からも、酒場のマスターからも何度も語り合った友人達からさえ
カイト・セラという人物は「居なかった」事にされる
それが世界の記憶から消えるという事だ
ここには誰も居なかったし。何もなかった。

それでも思い出は全て、彼の中に。その隣に居てくれる人の中にあり、それ以外にも極稀には残るだろう
永遠の旅は続く、何も終わらないままに


ここにはなにもなかった Edit


忘れえぬ記憶その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9

お名前:
  •  
  •  
  •  

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照





























ここではないどこかで続く二人の永遠 Edit

COLOR(#191970){俺だ}

編集される永遠

お名前:
  • (家をギター男が物理的な意味で畳んで先にベースキャンプな常雪の世界へ運んでもらってから数日。西の方に旅すると妙な外観の街に到達する。まず見えるのは壁と巨大な門だけだ)
    ようやく着いたー。って言っても今日は体力に余裕持ってきたから元気だと思うけど。町の近くで入る前に一泊したからね(街に入る門の手前まできた所で初に声をかけた)
    名前を言えば顔パスだからすぐは入れると思うけどー
    -- 2009-10-08 (木) 21:44:39
    • (あの手品は絶対何時か教えてもらおうと心に決めてから数日、目の前のなんか城塞っぽい姿にほー、と息を漏らす)
      なんとも説明くさいセリフやね。とまぁそれは置いといて長く歩くんは慣れとるからあと数時間はいけるぐらい元気だよ
      な、なんだってー!? わたしも顔パスなんかな、ここ来た事無いと思うんやけどっ
      -- 2009-10-08 (木) 21:49:57
      • 説明不足だと初が混乱すると思って…! ここまでくれば数時間もあるかないよー、観光してくなら別だけどね
        大丈夫大丈夫、手は打った。一緒に行こう
        (と手を引いて門番の所まで。意外と文明が進んでいる街なのか遊園地のゲートみたいな感じである)
        -- 2009-10-08 (木) 21:53:19
      • 観光できるような場所でもあるんやね。や、見たこと無い場所ならたいていそんな場所って思ってええかもしれんけど
        すでに手を回してあるとは…さすがやな(さっきまでいたふぁんたじーな場所とのギャップに酒場のあった街を思い出したりしつつ連れられていく)
        -- 2009-10-08 (木) 21:59:39
      • 遊園地じゃないからアトラクションとかはないけど…高い建物とかあるからね、それと文明進み気味の街だから
        いやあ、一度やってみたかったネタが使えて…初の情報を先に伝えてもよかったんだけど(門番にごにょごにょ話しかける。誰か紹介されていると伝えたらしい。しばらくの門番の確認作業の後)

        瀬良カイト様と奥様ですね?(とか門番が確認とってきますが無害です) -- 2009-10-08 (木) 22:03:23
      • アトラクションは実はあまり…ディ(ハハッ)が入場パス一本に絞られたせいでなんか損した気分に鳴るタイプやわ
        ……ああ、やってみたかったってそう言う…(間違ってはいないのでツッコミを入れられずに)えぇ、そうです(でもにこやかに答えながらこっそりだんな様の足をカカトで踏んだりしてるわたし)
        -- 2009-10-08 (木) 22:07:20
      • それ以上危ない(黒服的な意味で) ああ、フリーパスは便利だけどそういう風にもなるかぁ…
        いあだだだ!(踵で踏まれて超痛そうですが無害です)
        執政官から通すように通達されています、どうぞ街へお入りください(敬礼され門が開く)
        うう、真実を告げただけなのに罪科があるというのかぁ…(反撃に門番に見せつけるように初と腕を組んで町中へと入る旅人) -- 2009-10-08 (木) 22:13:51
      • 並んどる時間やら何やらであまり乗れんからねぇ、ぷんぷん
        ある。なんか無駄に恥ずかしがらせるっちゅー罪がある(腕を組んでるというより取られて引きずられてるっぽさを演出するもっと恥ずかしいことっぷり発揮中)
        -- 2009-10-08 (木) 22:19:01
      • (街に入るとさらに異様な風景が目に入る。中心部に高さ500m程の壁で囲まれた区域があるのだ)
        ああ、列待ちの時間はあれ苦行だよね……雨の日とかいくと凄い空いてるけど。ぷんぷん、とか可愛いなあ!(大声で)
        だって「配偶者なら入り易いぞ」とか言われてたらやるしかねえと思って…というわけでここが目的地。漂流者の街とか呼ばれてるね(ずりずりひきずるのでもそれなりに満足そうだったが一旦立ち止まり)
        -- 2009-10-08 (木) 22:25:24
      • なにあれでかっ、でかーっ!(上を向いても最上部はかすんでてみえないなーしながら)
        次に往来でそんな恥ずかしい事したら釘の味を忘れられなくするよ(物凄く良い笑顔)
        それ絶対駄目な方向の入れ知恵だよね! ふむー、漂流者が集まるっちゅーにはこう、確かに文明が進んでてそれっぽい雰囲気は足らんけど(名前からはなラズ者の街的な雰囲気をイメージしたらしい)
        -- 2009-10-08 (木) 22:30:11
      • でかいよね…あれ、隔離してあるんだよ(初の驚きを微笑ましそうに見ながら)
        忘れられないのは初の味だけで十分だから遠慮しまーす(声をひそめて)
        俺にとってダメじゃなければいいのだー! 「漂流者」って言ってもね、漂流してくるのはほとんどモノばっかりらしい…それも異世界からのね。
        (イメージとは裏腹に、人通りは多く清潔で治安も悪くなさそうだ、外国の首都、という感じを日本人的には受けるかもしれない)
        -- 2009-10-08 (木) 22:38:49
      • 隔離……? 変なもんが出てこないようにとか無駄に入らんよーにとか?
        むう…(複雑な表情で黙る)
        わたしにとっては恥ずかしくてNGやったから50点やね。なにその世界間バミューダトライアングル終着点的な
        -- 2009-10-08 (木) 22:43:42
      • だいたいあってる。あの中は異世界への壁が極端に薄いらしくて…つまり飛びやすいからここまで来たって事もある
        …? どうかした?(不思議そうに)
        がーんだな…可愛いのにそういう初は。怪物も物品も人も何でも流れ着くらしいからそんな感じかも? というわけで目的地はあの中です(行こうか、と手を握り促す)
        -- 2009-10-08 (木) 22:51:09
      • ほへー、ああ、前に言っとったもんね、移動しやすいところを確保して拠点にしとるて。こんな大規模なもんやとは思わんかったけど
        なんでもあらへにょ。可愛くないし、ないし! でも今の表現やと船の墓場やから旅立つにゃ向かんねー。あいよ、中はどんなになっとるかなー(楽しみ半分緊張と不安がもう半分ずつと言った顔で強く手を握り返した)
        -- 2009-10-08 (木) 22:55:36
      • おお、さすがに初、記憶力いいね…そういう事。顔パスなのもここの偉い人が魔剣使いで知り合いだからなんだ
        俺にとってはこの世で何より可愛いのに…ははは、確かに。墓場から旅立つというのはよくないかぁ…大丈夫、一緒だから問題ない(と目的地までとことこ歩いて行く。案外距離はないようで10分ほど歩き、壁と、入口らしきブロックが近づいてきた所で人と通りすがり…カイトだけがその人を見て止まる) ?
        -- 2009-10-08 (木) 23:02:19
      • それならカイトくんがその場でこいつはツレです。って顔パスのおまけにして入場すればよかったよね!
        だめだこのたびびと、幻覚を見続けている…変なものばっか食べたがるから…っと(立ち止まったのにすぐ反応できず一歩先に進んでから「?」と振り返る)
        -- 2009-10-08 (木) 23:06:29
      • そんな…初をないがしろにするような真似は俺には出来ない…! それと、ここ余所者には入場厳しいからなぁ
        幻覚じゃないし、初に似た娘が生まれない限り変動する可能性のないランキングだし。(そのまま歩いて行った銀髪の少年を見送り)
        …いや、知り合いの顔だったんだけど…こっちに気がつかなかったし他人の空似かなぁ? ごめんね初、行こう
        (今度こそ歩いて、壁の前のゲートに行き門番と交渉を始める。今度は警戒の厳重さが違うようだ。重武装した警備員や4m程のゴーレムが周囲を固めているのがそこかしこ見える)
        -- 2009-10-08 (木) 23:13:31
      • そこはほら、顔パスの人が連れてきとるわけやし何とかなったかと思うの事前の手回しに関しても!
        ふーむ…(想像する)きっと子供が思春期に入るとカイトくんがマジ凹み。こんなんでました!
        ふむん? そーゆーもんなんかな?(それとなく納得してついていき)わお、軍の検問も真っ青やね
        -- 2009-10-08 (木) 23:18:03
      • なんとかなっても、それじゃ、面白くない! なんか、スパイ対策がきついとかなんとか…ま、それでも街の中には沢山いるだろうけどね
        フフフ、やはり反抗期があるんですね俺泣いちゃう、慰めてね初(素直には慰めてくれないだろうなぁと思いながら)
        俺も知り合いの数だけは多いからね…(門番と話していた所からちょいちょいと手招き、だいたいの話は終わったらしいが初の顔を確認するらしい) ここに力づくで入るのはそうそう無理だろうねえ…
        -- 2009-10-08 (木) 23:22:30
      • ぶーぶー……あああ、こうやって認識されとるしこれからも同じような確認されるんかー…
        んー、考えとく(反抗期の黒歴史をしっかり記録して後でからかって楽しむとかそんな計画で慰めようと思ったとか)
        だけとか言っちゃって謙遜屋さんやねー(呼ばれてはいはいー、と門番の前まで行き)遠距離から最大火力かつ可能な限りディレイの無い攻撃を一気に加えて…(とかそんな馬鹿なこと言ってるから睨まれるわたし)
        -- 2009-10-08 (木) 23:26:50
      • だって初は俺の奥さんだし、だって初は俺の奥さんだし。大切な事なので二回言いました
        考えておいてねー! 助けてねー!(でも自分に似た男が生まれるよりいいかなぁとか思ってる旅人だった)
        謙遜なのかなー…ははは。(またも奥さんですね? と確認を受けたり顔写真を取られたりします) ははは、戦闘員はなぎ倒せても壁は破壊できないと思うよー(同じく睨まれました)
        -- 2009-10-08 (木) 23:34:18
      • はぁ…慣れないとあかんみたいやなぁ…もうなんか恥ずかしい事恥ずかしい事(半端に×7歳ソウルが残ってる巫女だ)
        助け舟になるかどうかは正直わからへんけどな!
        ええ妻です(微妙に引きつり笑いな写真が出来上がりー)その方が好都合かも、戦闘員潰して壁や建物の中で囲まれんようゲリラ戦に持ち込んでやね(念入りに調査されて軽くお説教されました)
        -- 2009-10-08 (木) 23:38:37
      • 慣れてないで恥ずかしそうにしてる初も可愛い。俺はあんまりそういう方向でてれないのだ、初は基本的に呼び方変えないし
        そこはこう…家族会議とかを開いて貰えれば?
        んふー(妻ですの辺りで凄い嬉しそうな顔してますが無害です)  確かに立ち回るならゴーレムが入ってこれなそうな所を選んで…(一緒になって正座で説教受ける旅人だ)
        ふう、ようやく進める…(重苦しい音と共に、機械の駆動音と共に重厚な扉が自動で開いた。この先に進むようだ)
        -- 2009-10-08 (木) 23:42:49
      • おのれーこのはじしらずめー!
        えー、わたし主導でそんなん開いたら速攻で父系家族が崩れるよ、ええのかな
        いやぁブラックリストに載せられたかもわからんね(原因なのを忘れて共に先へと進むべく開いた扉へと足を踏み出す)
        -- 2009-10-08 (木) 23:47:12
      • 俺が恥ずかしいのは初を悲しませた時だけだし、とかで一つ
        開催の提案自体は両親どっちからでもいいと思うんだ! し切るのが俺?
        はは、あの程度なら安い方だと思うよ…もう一つ扉を超えると、例の隔離領域の真っただ中…手をつないで離さないように。俺達はただでさえ世界移動しやすい体だから(しっかりと手を握って進実、一つ目の扉を超えた)
        -- 2009-10-08 (木) 23:56:16
      • 恥を知らないだんなで悲しいです、と
        それならちゃんと全部自分でやらんとー。わたしはなんか嘆いたりヒステリったりする役やっとくから安心して!
        下手すると離れてわけわからんとこに飛ばされたりするかも知れへんてことやね、了解(殊更強く手を握り離れぬようにする)
        -- 2009-10-09 (金) 00:01:12
      • ごめんなさい(素直に謝罪して頭を撫でてみる)
        ヒスてりるの!? そういう役じゃない役しようよ! 可愛い奥さん的な!
        大体そういう事…ここが第二の扉か(カイトが近づくと赤いランプがついていたのが緑になる)…オートだよ凄いね初?
        ここからなら扉を作るのも一瞬で、飛ぶだけだから…ここで。一つだけいいかな?
        -- 2009-10-09 (金) 00:06:06
      • そこはボケ倒してもらうトコやと思ったら……!? って撫でんなー!
        えー、可愛い奥さんとか程遠いし。じゃあ全部あらあらうふふで流してみたら全部どっかに流れていく役?
        おおー…いっつおーとまちーっく。どっかに監視カメラとかあるんやろか(きょろきょろ)
        ついにここまでちゅーことか……うん、何かな?
        -- 2009-10-09 (金) 00:11:38
      • ああもう初が可愛いので思わず撫でてしまったとかそういう感じに…!
        鏡見ようよ鏡ー、エプロンつけてる初だけでご飯三杯いけるよー。あらあらうふふ系…なれるの!?
        懐かしい歌知ってるね初…あるんじゃないかな(天井付近にそれらしいレンズがあるようだ)
        多分…だけど、直感かな…ここを越えて次の世界行く前に一山あると思う。本当は初だけ先に次の世界に飛ばして一人で戦おうと思ったんだけど…(そこで言葉を切って)
        危ないと思う、無傷では守り切れないかもしれない…でも、一緒に居てくれる?
        -- 2009-10-09 (金) 00:18:24
      • うぐぐ、このこう、撫でやすい子供っぽさ的なもんは何時になったら抜けるんでしょうか先生ー!(どこか明後日の方へ)
        (コンパクトを取り出して開く、閉じる)特に何も…何時も思うけどどうご飯三杯なんやろうこの手の表現! なんでそこで驚き気味な疑問ぶつけられるかな!?
        こう言うとファンに怒られそだけど多分一番売れてた頃の歌やしね。ふーむう(節穴アイなので判らなかったようで視線を前に戻し)
        (ふっと強気の、戦士の笑みを浮かべ)毎度の愚問だよカイトくん。カイトくんがわたしを守ろうとしてくれるように、わたしもカイトくんを守る。これで万事おーけーじゃないかな(すぐに何時もの気の抜けた顔になりカイトの右手を両手で包む)一緒にいこか
        -- 2009-10-09 (金) 00:27:29
      • こればっかりは身長差もあるからねえ…何時までも可愛く居てくれた方が嬉しいよ?(本気の顔で)
        おかずに比例する単位なんじゃなかろーか…? いや、どうもそういう系じゃない気がして…

        随分短かったんだ、売れてる時……天上に一つあったねー 他は分からないけど
        …強くなったね初…一人で戦うのが当然だし誰も傷つかないで済むといつも思ってたけど…ありがとう
        (両手を包まれると、そこから勇気をもらったかのように一歩を踏み出す。扉が開いた)
        (扉が開かれると…そこは地面が歪んでいたり、薄暗い場所と眩い場所が交錯する、非常に「危うい」と分かる領域だ)
        (眼前に白い格子。世界移動の扉だ)……準備完了。行こう初。きっとこの世界で最後の戦いになるかな。大丈夫、もう一人じゃないから戦える(踏み出すタイミングを初に合わせるように止まり)
        -- 2009-10-09 (金) 00:35:13
      • こんな時ぐらいキモ据わっとらんと恋する乙女なんざできませんって言うからね
        (とは言え目の前に広がる視覚だけでもおかしいと判る空間には緊張し、慎重すぎる態度で扉を観察している)
        最後か……ある意味始まりでもあるわけやなぁ。ここで躓いてられへんよね。ふふ(何度目になるか、手を握りなおすと微笑んで)
        心の準備の方もOK。それじゃあ……(最後まで言葉にせず、呼吸を合わせて一歩足を出した)
        -- 2009-10-09 (金) 00:43:56
      • これがそのうち母は強しになるのかと思うと…期待しちゃうねえ
        全くだ、スタートダッシュは大事だし…この世界に来るまではただの永遠だったけど、これからは二人の永遠の始まり…かな?(微笑む初に力強く笑いかけ)
        …行こう!
        (初の言葉を継ぐよう、同時に一歩を踏み出すと視界が白く染まり――世界の壁を突き抜ける二人の永遠が始まる)
        (どこまでも。いつまでも。遠くまで)
        -- 2009-10-09 (金) 00:48:51

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

記憶の片隅 Edit

白紙の本(設定ページ)


Last-modified: 2010-02-05 Fri 20:51:15 JST (3575d)