-家出身 毅彦(タケヒコ) 32192 Edit

ID:32192
名前:毅彦
出身家:-
年齢:28
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
中身???
http://notarejini.orz.hm/up/d/hero20469.png




黄金暦92年10月 街の大通りに面したある調査事務所の主が姿を消した
その消息は誰も知らず、捜索願いを出す者もいない

プロローグ
第一話 祝祭の火



男は帰って来た 生と死の入り混じる冒険者の街へ Edit


  • 欠けた右腕を埋める寄生物体と共に生きる元冒険者
    • 過去に殺した大勢の生き物の魂を抱え、その魂の記憶から逃れるように冒険者となった
    • 冒険者たちとの出会いによって、己が生きなければならない理由を取り戻した
    • 最後の冒険にて死闘の末、己の体に捕らわれた魂の束縛を解放し、寄生物体との完全な融合を果たした
    • もはや生身の人間ではなく、歳を取るかどうかも怪しい

  • ひねくれたことばかり言うむっつり野郎 でも実はいい奴かもしれないという一部の評も
  • タバコばっかり吸ってる 銘柄はこれ
  • 黒いものしか身につけない
    • 冬場は黒革のコートに黒革のボトム、夏場は特殊な素材のインナー一枚と冬場と同じボトムのみ
  • 生き物や草花全般に詳しい 彼を育てた人の影響らしい

  • ある人物の死を知った後、調査屋として生きることを決めた
  • 日頃は冒険者の生死調査や冒険者資格証明書(こんなの)のサイン集めに駆け回っている
    • いわゆる保険調査員みたいなもの
    • 冒険者の街を治める王国のお達しで冒険者の生活の安定を図る福祉事業が始まったとかなんとか
    • その情報集めを代行するのがお仕事
    • 調査先の冒険者の生活ぶりを報告書としてまとめ、サイン済みの証明書を添えて国に提出している
    • 裏の仕事もしているらしい
  • 現テーマ曲
    道は見えぬままで
    傷は癒えぬままでも
    震えている風だけは見えるぜ

  • 挿入歌
    salva nos
    我らを救いたまえ


黒い右腕 Edit


  • 毅彦と共生する寄生物体
  • 生き物を喰らい、その心も喰らう本能を持っていた
    • 寄生物体は寄生物体を喰って成長する
    • 死ぬまで共食いを続ける宿命にある因果な生物だったが… 
    • 魂を解放したことで毅彦の肉体へ完全に適応したため、もう肉と魂を喰う必要はなくなった
  • その自我は毅彦の育ての親である、寄生物体の研究を行っていた研究員のもの
    • 研究員の名前は小弓場鹿乃子(こゆばかのこ) 当時22歳
    • 言葉も人としての感情も知らないかつての毅彦に名を与え、5年間献身的に尽くした
    • 成長した毅彦が寄生物体に乗っ取られようとした時、運命を変えるため、寄生物体に己の命を食わせた
    • かあさんかあさんうるさいのは彼女の魂の叫びなので許してやって欲しい
  • 普段は普通の右腕として機能している
    • 覚醒すると黒く変色し、様々な形態へ変化する
    • 各指の付け根から触手を出せる 触れた相手の意識や記憶を断片的に見通せる
      • 毅彦はカラスが好きでよく頭の中を覗いている
      • 人の意識も読めるが極力避けるのが彼なりのポリシーらしい
  • ある男からガバメントを貰った
    • 触手を再構成した特殊ブリッド弾を放てるように改良
    • 対象の体内に打ち込まれたブリッドが神経を麻痺させ、生物の動きを止める
    • 右手とマガジンカラムを直結することで、無尽蔵に弾を供給できる

      設定資料


一羽のカラスが事務所の屋根に留まっている Edit

卓上のペンを取る

お名前:
  • よっ、タケヒコ…相変わらず怪しい稼業やって………ん?あれ?いないわね…どうしたのかしら。…?
    なんか…結構長い事いないのかしら?ほこりまみれ…ま、行き先もわからないしここに置いとくかな。つ「招待状」 気づけばいいんだけど。さて…次いくか。 -- アリス 2008-04-04 (金) 06:57:42
    • (アリスが去るのを見届けると、カラスが招待状をくわえ、飛び去っていった) -- 2008-04-04 (金) 07:18:23
  • 来ても良いって言うから遊びに来たのよ!(扉を蹴破りながら)
    ……誰も居ないじゃないのよ! 誰も居ないじゃないのよ!!!!!!!! -- キリィ 2008-03-31 (月) 18:20:19
    • (カラスが首を傾げている)
      ([とりあえずたぬきのところへ行くがいい]と看板を掲げた) -- 2008-03-31 (月) 22:28:12
  • ・・・・居ないのか?・・・・ふむ・・・・・(メモを書いている)
    [今度、式をする事になった。8月、二年前のことを覚えていると思う。あの時のことを知る、お前にこそ来て欲しい。待っている。](封筒が置かれている) -- ヴォルフ 2008-03-29 (土) 03:29:48
    • (カラスが事務所にやってきた男をじっと見つめていた)
      (やがて男が去ると、封筒をくわえて何処かへ飛び去っていった) -- 2008-03-29 (土) 05:17:45
  • ご挨拶が遅れて申し訳・・・ありません。このたび引退しちゃいました、残念です。ああ・・・えっとそのご報告とバレンタインデーなのでチョコを。えっとお忙しかったりしたらごめんなさい・・・ -- レイス 2008-03-25 (火) 07:58:13
    • …こちらこそすまないな…確かに少しばかり忙しくてな…引退していたのは知っていたが…顔を出せなかった…
      …残念ということもない…あんたにとって、新しい道が始まったと思えばいい…
      …近いうちに顔を出そう…こいつの礼も兼ねてな…(受け取ったチョコを示し、かすかに笑う)
      -- 毅彦 2008-03-25 (火) 23:26:44
  • ええと・・・お久しぶりですね。あの今日来たのは例のあの書類のことなのですが -- レイス 2008-03-14 (金) 17:59:41
    • …ああ…久しいな……分からないことがあれば答えよう… -- 毅彦 2008-03-14 (金) 18:08:33
      • あ、先に長い間顔を出さずにすいません・・・でした!えっとですね・・・この書類はそもそも何の書類なのでしょうか?そこから聞きたい・・・です -- レイス 2008-03-14 (金) 18:15:50
    • …気にすることはない…一度は野垂れ死んだ身だ…
      …そう構えなくてもいい…これはこの国が定めた法律に基づいて…あんたの冒険者としての身分を証明する書類だ…
      …依頼履歴が載っているだろう…?…これがあんたの冒険者としての功績だ…もっとも、最初の冒険と…ここ2ヶ月ほどの内容は反映されていないがね…
      …こいつにサインしておけば…あんたが引退、または死亡した時…その貢献に応じて国から生活保障や遺族への福祉を受けられる…
      …もちろん任意だ…嫌ならサインはいらない…
      -- 毅彦 2008-03-14 (金) 18:30:47
      • あう。すいません
        法律・・・証明・・・ふぅむ。死亡?ちょっと不吉な言葉も聞こえましたがなるほど・・・です。そうですね、保障が得られるのは魅力的、ですね。
        じゃあ信用してますので、えっとここですか?サインさせていただきますね・・・(さらさら -- レイス 2008-03-14 (金) 18:39:42
    • …協力感謝する…(書類を受け取り、デスクにしまった)…
      …この証明書はこちらで最新の状態に更新してから提出させてもらう…
      ……(顔を見つめる)…大分変わったな…あんたも…以前は沈みがちな印象だったが…
      -- 毅彦 2008-03-14 (金) 18:51:24
      • あああああまり変なことには使わないでくださいよ?
        そう、ですか?えへへ(両手で顔を隠しながら)そう言われると嬉しいですね。はい、あまりくよくよしても仕方がないなって・・・えへへ -- レイス 2008-03-14 (金) 18:56:36
    • …ふふ…安心しろ…ここに載っている情報じゃ…変に使おうとしたところで、タカが知れてるさ…
      …(はにかむような笑顔を見、笑みを返す)…そうだな…その顔の方がずっといい…魂の色が素直に出ている…
      …以前、言っていたな…話し相手が欲しいと…今のあんたなら…勇気さえあれば、いくらでも見つかるさ…
      -- 毅彦 2008-03-14 (金) 19:11:38
      • ありがとう・・・ございます。ふふふ・・・あなたも恥ずかしいこと言います、ね。
        お互い少し変わったかも?タケヒコさんも体、ご無理しないでくださいね。では今日は失礼します。長居してすみません、でした。(深々と頭を下げ、玄関に -- レイス 2008-03-14 (金) 19:18:53
    • …恥ずかしい…?…俺は思ったことしか言わない…他意はないつもりだがな…
      …わざわざご足労頂いて恐縮の至りだ…あんたの死亡報告を書く時が来ないことを祈る…(ドアが閉じた後、タバコに火をつけた)
      -- 毅彦 2008-03-14 (金) 19:25:22

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照



貰い物 Edit

ここに残るのは 記憶の欠片
夢幻の底に澱む 幾星霜の時の灯火 Edit



1
2
3
4
5
6
7

43の夢幻
黄金暦89年2月 バレンタインの夜と夢
黄金暦89年10月 魂に救いを
黄金暦90年1月 病室を前に
黄金暦90年2月 孤児院にて
黄金暦90年4月 黒い風

月影調査事務所 Edit


Last-modified: 2008-04-03 Thu 22:03:42 JST (4242d)