エリオルネッド家出身 テッド 384141 Edit

ID:384141
名前:テッド
出身家:エリオルネッド
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
エリオルネッドの館へ

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst054479.jpg

3行+ Edit

  • 庶子で
  • 菓子職人になるのが夢の
  • ツンデレ

  • たまにオーブンを爆発させる
    • 原因不明

注意 Edit

  • オーブンの爆発力について
    • 蓋はぶっとぶ
    • 近くにいたら真っ黒アフロになるかも
    • 延焼したり深刻な事態になったりしないギャグ漫画的補正あり
  • 性格について
    • ツン分は強め(予定)
    • 人を遠ざけるような言動をするけど実はけっこう寂しがり屋
    • かまってあげてね!

基本は私室、でもRP次第でどこにでもなるコメント欄 Edit

行動時間:基本は夜10時半くらい〜12時ちょい
お名前:
  • 独特の巫女服に身を包んだ姿が、男のところを訪れた。どこか空気にも馴染んでいるふうであるのもなにゆえか……女は、小さく頭を下げ。
    「はじめまして……お次ではご一緒させていただくことになりました。よろしくお願いいたします」 -- 連墓 2010-02-01 (月) 19:02:22
    • 「先日はお疲れ様でした」
      以前にも訪れたことのある巫女が、再び姿を見せた。深々と礼をし、前回の労をねぎらう
      「またご一緒させていただくようですので、よろしくお願いします……」 -- 連墓 2010-02-07 (日) 20:10:10
  • メリークリスマス……!やあテッド君、良い子にしている君へサンタさんからの贈り物だよ…
    (サンタに扮した壮絶な顔色の男が、担いだ袋から背中が溶接マスクを取り出してテッドの前に置く)
    ………うん?何故、こんなものが…爆発耐性? -- 2010-01-27 (水) 01:13:05
  • テッド、先日貴方が作ったババロア、実に美味しかったです。感想を述べろ、と言われたので直接伝えることにしました。
    きちんとしっとり作るのは難しいそうですのに、流石です。また美味しい料理を作ってくれることを期待しております(そう言って去って行った) -- キャリア? 2010-01-13 (水) 01:29:58
    • 別に強制はしてねえよ(かりかりと頭を掻く)あー……しっとり感は○、と(要点だけメモして)
      勘違いすんな。別に作ってやってるわけじゃねえよ。勝手に期待してやがれ(やっぱり素直じゃなかった)
      -- テッド 2010-01-13 (水) 22:36:54
  • えーっと、たまに菓子作ってる奴の部屋は……おっ、此処か!入るぞー(返事を待たずに入って来る筋肉)
    お前がたまに菓子を作ってるのは知ってんだが、いつも食いっぱぐれてな?そこでだ!バナナでなんか作ってくれ!バナナは持参した(両手にバナナ抱えて馬鹿がやって来た) -- バイル 2010-01-11 (月) 17:52:19
    • (自分の時間を邪魔されるのは嫌いらしい。睨み顔が出迎えた)返事くらい待ちやがれ……
      はぁ……(闖入者のあんまりな要求に溜息。頭を掻いて)材料費が浮く分には悪い提案じゃねぇな
      (そう言って部屋を出て行こうとする。作ってやるからバナナ持ってキッチンまでついてこい、ということらしい)
      -- テッド 2010-01-11 (月) 22:33:10
      • なんだ、そんな怖い顔して寝てたのか?スマンスマン!(しかし笑い飛ばす)
        お?そうかそうか!作ってくれるか よーし目指すはキッチンだな!どんな菓子が出来るかこいつは楽しみだ(バナナ抱えて素直について行く) -- バイル 2010-01-11 (月) 23:28:13
      • (屋敷の中をむっつりと行進、至るキッチン)
        バナナはそこに置け(いうなりエプロンを装備して作業開始。バターを攪拌しだす)
        -- テッド 2010-01-11 (月) 23:51:50
      • (会話が無くても気にせず付いて来る、ひたすら付いて来る)
        おう!任せたぜ!(バナナを置いて邪魔にならないように少し離れて見守りながら筋トレ) -- バイル 2010-01-12 (火) 00:28:11
      • (オーブンを温めながら、泡立て器で手早く生地を作っていく。バナナを砂糖で軽く煮て、カラメルバナナにする)
        (それを見目良いマーブルになるように生地に混ぜ込み、型に入れてオーブンに放り込む)
        (あとは待つだけ。この間無言である。ただし、時折気が散って鬱陶しいというような目で筋トレを見ていた)はぁ……
        -- テッド 2010-01-12 (火) 22:59:28
      • 菓子の事はまったく判らんが……手際が良い事だけは判るな(素直な感想を漏らす馬鹿)
        む?邪魔したか?すまんすまん!そういや名前を聞いてなかったな、俺はバイルだ お前は?(筋トレを中断して椅子に腰掛け、大人しく待つ事にした) -- バイル 2010-01-12 (火) 23:04:01
      • ……テッド。今止めても遅い。あとは待つだけだ、好きにしてろ(オーブンの様子を見守りながら)
        ついでに言えば離れていた方がいい。大丈夫だとは思うが(秒数下一桁7以上でオーブン爆発)
        -- テッド 2010-01-12 (火) 23:12:04
      • テッドか、ハッハッハ!そうか?悪いな!(即スクワット)
        離れた方が?おし、わかっ…………何も起きないじゃないか テッド、お前意外とお茶目なんだな(何も起こらなかった様を見て) -- バイル 2010-01-12 (火) 23:15:37
      • (肩を竦めて)冗談で済まないこともある。たまたま今起きないからといって油断するとドカンだ(至極真面目な口調で)
        それと。次お茶目とかいいやがったら食わせねえ(じろりと睨んだ)
        -- テッド 2010-01-12 (火) 23:21:18
      • ……その口調からするに本気か!?マジで爆発するのか!?お前はどういう菓子の作り方してんだ!(素直に信じて超驚く馬鹿、そしてザザッ!と離れた)
        おいおい!待てよ!ここまで来てそれはないぜ!もう言わないからさ!なっ!(スマン、と片手で謝る) -- バイル 2010-01-12 (火) 23:28:54
      • 今見たばかりだろ?それとももう忘れたのか?(「どういう作り方をしてるんだ」これが菓子職人のプライドを傷つけたらしい。若干の苛立ちを見せ)原因なんて知るかよ
        (溜息)まあいい。大人しく筋トレして待ってろ。腹すかせとけ
        -- テッド 2010-01-12 (火) 23:34:22
      • ……普通の、いや 手際の良い作り方 だったな(思い出して、首を捻る)
        おう!俺は筋トレと腹をすかせる事は大得意だぜ!(埃を舞い散らさないようにせっせと筋トレに励む) -- バイル 2010-01-12 (火) 23:37:59
      • 分かればいい(そのまま40分。延々と筋トレさせ続けたかは定かではないが、ともかく40分経過して)
        さて、そろそろいいか……(オーブンを開け、焼けたベイクドケーキを取り出す)
        ところで。(ここまでやらせておいて衝撃の事実を告げる)これは焼きたてより1日置いた方が美味い
        -- テッド 2010-01-12 (火) 23:42:39
      • ……おお!出来たか!(40分鍛え続けた、それはもう輝かしい汗を流して)
        ……何ぃ!?…………ハッハッハッハ!このバイルを舐めるなよ!菓子作りの得意な弟が自信を持って一日待った方が美味いと言うなら!待って見せようじゃないか一日!(ケーキを物凄く見ながら、それでも宣言する、マッスルポーズで) -- バイル 2010-01-12 (火) 23:46:42
      • (この兄は、バカみたいに邪気というものがない。呆れたように肩を竦めるその顔に、僅かな笑み)テレビみたいに「それではこちらが1日経ったものです」なんてことはないからな。
        ……それじゃ、食ったら感想聞かせろよ(40分の間に片付けは済ませておいた。自分の部屋へと帰っていく)
        -- テッド 2010-01-13 (水) 00:01:54
      • 無いのか……(肩を落として涎を拭う)
        お、おう!任せろ!ありがとなテッド!(ケーキを手に持ち、テッドを見送った後に自分の部屋へと戻って行った)

        (翌日、美味かったぞー!と参考にならない感想で部屋に突っ込み物凄く怒られたと言う) -- バイル 2010-01-13 (水) 00:06:55
  • 回覧板らしいわ…テッド…あっそれとね…(冒険中のページ…野垂れ死にになってるわよ…と回覧板に書いてある) -- セシリー? 2010-01-10 (日) 18:54:21
    • (黙って受け取り、内容を確認。書いてあるような異常が見られなかったので首を傾げて)……まあ、いいか
      次はメテオール?……面倒くせえ(ぶつくさいいながら渡しに行った)
      -- テッド 2010-01-10 (日) 22:19:36

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

外見 Edit

細身の神経質そうな不良青年。右耳にピアスをつけている。身長は平均的。
伸びっぱなしの赤毛の前髪を頭の上で止めている。使っているヘアピンは女物で、大事なモノらしい。

性格 Edit

ひねていて口が悪く、神経質ですぐイライラし、それが態度に出る。
そうはいっても、なんだかんだ面倒見はよく、態度こそぶっきらぼうながら年下に甘いところがある。

料理、特に菓子作りが好きで、母親の家にいた頃には、学校を出て本格的に修行を始める予定だった。
菓子職人への夢はまだ続いており、さしあたり家督には興味がない。

また、普通の一家で育ったため、感覚は庶民的。

お菓子の実力 Edit

基本的にはプロ級においしい。
たまに変なお菓子が出来る。因果法則を無視。
稀にオーブンが爆発する。因果法則を無視。

背景 Edit

実家では3人兄弟であり、兄と妹がいた。
このうちエリオルネッドの血を引くのはテッドのみである。
父親(後に実父ではないことが判明する)の稼業を継ぐため厳しい教育を施されていたいけすかない兄に対し、
テッドと妹は比較的奔放に育てられ、仲が良かった。

突然告げられた、不倫相手の子であるという事実と、要求された別離。
自明なはずの真実がガラスのように崩れ去る。

青春のまっただ中で、そのうえ不良のテッドは荒れに荒れた。
しかし、いくら彼が反抗しても現実は甘くない。

うまいことエリオルネッドが復興すれば、その援助も受けられ、菓子職人への道も拓ける。
そうやって無理矢理納得させられて、彼は今ここにいる。

大事なもの Edit

  • 菓子のレシピ本
    • 夢への足がかり。
  • 右耳のピアス
    • 不良の象徴。
  • 妹がくれたヘアピン
    • シスコンの証明。
  • ゼルダがくれた香辛料一式
    • 高級品。返すべき投資。

遭遇者備忘録 Edit

名前種別一言(繰り返しますがツンデレです)
知らねえ手ェ洗え
ベイガー汚え 身なりくらいキチンとしろ
ジャスティスだが無意味だ
エウロパ自分の体力考えろ
キャリア?気ィ遣うんじゃねえ
ゼルダ投資された分はプラスにして返す。絶対だ
クイニィ?バカ
メテオール?チンピラくせえ
バッカーノバカが悩むな
セシリー?不健康。なんとかしろ
[[>]]

同行者備忘録 Edit

性格的に初対面の場合挨拶は受け身にならざるをえない
だが気付いてないわけじゃない!
ちゃんと遭遇し次第上に追加

名前種別日付
バッカーノ146年6月、7月
フェア?タメ146年6月
ティンプゥトン146年7月
メテオール?146年11月

天井裏// Edit


Last-modified: 2010-01-13 Wed 00:48:11 JST (4387d)