その場にあの二人の姿は見受けられなかった

仮屋も売却済みとなっていて、完全に二人を思わせるものはなくなっていた

いくつかの噂によると、離れすぎた故国が侵略されたという話を聞いて帰ったという説もある

また、他の街へと新鮮さを求めたという話もある

何れにせよ、どうやらどこかでまだ元気にやっているらしい

縁があれば、また会えるだろう




売却済みという札が掛けられた邸宅 Edit

お名前:
  • お世話になりました、フェデリカさん……お礼に私の成長後ブロマイドをそちらに送りますね
    ロリコンのフェデリカさんがどれだけガッカリするか楽しみです -- マイヤ 2011-01-15 (土) 17:42:51
    • 「……え、手紙?……マイヤからじゃない、懐かしいわ……。(ピリピリ封を破って)
      ……なんか、でっかくなってるわね……私より小さかったマイヤが、なんでこんなに……むぅ。(自分の胸などをと見比べて、溜息をつく貴族であった)」
      -- 2011-01-15 (土) 23:49:46
  •   -- 2010-11-20 (土) 20:09:33
  •   -- 2010-11-20 (土) 20:09:32

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2011-01-16 Sun 01:17:58 JST (3298d)