エイネム家出身 アーガメット・エイネム 408822 Edit

ID:408822http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst064070.pngアンデッドなどに
チャットじゃなくてもOK、文通スイッチON
ガチキャラ。ただし、ガチの意味には個人差があります
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst052213.gif
企画/貴人饗宴
名前:アーガメット・エイネム
出身家:エイネム
年齢:27
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

設定・プロフィール Edit

家柄としての歴史は浅いが、隆盛著しいエイネム家の若き当主 独身 爵位は男爵
彼の母は先代に愛妾として見初められた元端女で、被差別階級の出身でもある為本来ならば傍流となる筈であったが
父の崩御と共に家を継ぐべき嫡男が次々と謎の変死を遂げ、若くして当主の座を得る事となった
浅黒い肌と印象的な彫りの深い顔立ちは母親からの遺伝である
魔術に関わる品々のコレクターとして有名で、彼の屋敷の宝物殿には様々な魔術の品が収められており
彼自身も魔術師としての高い才能を有している
この街に姿を現わしたのも、冒険者によって珍しい魔法の品が持ち込まれるとの噂を聞きつけたからというのが
表向きの理由である
現在は街外れの古めかしい屋敷を別宅として購入し、数人の召使いと共にそこで暮らしている

<外見・容姿>
浅黒い肌に彫りの深い端整な顔立ち 縮れ気味の髪は黒く、切れ長の瞳も深い黒檀
長身でスマートながら肩幅は広く、声は良く通るテノール
頭にはターバンが巻かれ、奇麗に整えられた口髭を生やしている
白いスーツを好んで着用し、それぞれの指には煌びやかな宝石 金の鷲頭のステッキをいつも持ち歩いている

<魔導>
魔術師としての高い才能を持ち、事に死霊魔術に関してはその奥義を究めたとさえ言われる
また莫大な財力で集めた様々な魔術の品を身に付けており、その指に嵌められた眩い宝石の10の指輪は、それぞれ違う魔力を持つ魔法の品であるという
時折肉体の魔力を活性化させるためと称して、幻覚作用のある草を煙管でくゆらせていたりする
冒険依頼には彼自身の姿を写した分身を魔術で作り出し遣わせているようだ

<従者>
アドルソンとアレトスというニ体のゴーレムを従者として身の周りに置いている
全身が金色に輝く鎧を纏った騎士姿の魔導人形で、言葉を話す事は出来ないが主人の命には忠実に従う
戦闘能力も非常に高く、その力は一体で手練れの戦士1000人にも匹敵するという

<死者蘇生>
死霊魔術の奥義を究めた彼にとっては、死せる者の魂を現世に呼び戻すことすら不可能ではない
だが、彼にそれを依頼するのなら、恐らく莫大な対価を支払わなければならないだろう
勿論それは金塊や宝石のようなありふれた財宝では決してない
そして更に、甦ったその人物が、生前そのままの姿である保障など一切何処にもないのである

街外れの屋敷 Edit

■修正するかね

アーガメット>名簿/408822 '''' &br;
お名前:
  • 郵便受けにチラシがねじ込まれていた -- 2010-07-24 (土) 01:00:45
  • 突如大きな揺れが貴方を襲う、それはおそらく地震と呼ばれるものだろう
    震度は秒数下二桁目の数値の揺れを感じる事になるだろう -- 2010-07-21 (水) 07:06:17
    • ふむ……これは参りましたな…(陳列棚が滅茶滅茶になったコレクションルームに深い溜息) -- アーガメット 2010-07-22 (木) 05:38:33
  • 次の同行者も高貴なお方か…それっぽい地域に住んでるよりいいけど…(狐にはその屋敷のにおいをあまりいいものだと感じられなかったようだ)
    (ノッカーを叩き人が出向いてくるのを待ち)あ、来月アーガメットさんと同行することになったヒレンだy…です。どうぞよろしくとお伝えください -- ヒレン 2010-07-01 (木) 21:42:03
    • (現われた執事はヒレンに丁寧に腰を下げる その伝言は確実に主人の元へ届けられた事だろう) -- アーガメット 2010-07-02 (金) 20:09:58
  • やっぱり閉まってるのね・・・うーん 呼べばいいのかしら アーガメットさーん! -- エルシュナ 2010-06-14 (月) 18:10:31
    • おや、何か私に用でしたかな?(執事によって応接室へ通され、やがてターバンの男が姿を現わす 少女の方から訊ねてきたのが意外な様子だった) -- アーガメット 2010-06-18 (金) 02:06:22
      • (まさか通してもらえるとは思ってもおらず、がっちがちに固まっている)ええええっと・・・ えっと・・・
        ごめんなさい たいしたことじゃなかったんだけど・・・ -- エルシュナ 2010-06-20 (日) 20:22:30
      • たいした用でもないのなら、わざわざ屋敷を訪ねてきますかな?(いつも通りの穏やかな笑みを浮べてはいるが、その瞳の奥の輝きはまるで心を見透かそうとしているかのように冷たい) -- アーガメット 2010-06-20 (日) 22:20:26
      • だって! 会わないと聞けないじゃない う・・・(冷たい。それでも好奇心ばかりは抑えきれない)
        ねえアーガメットさん アーガメットさんの好きなものってなに?(//すごく遅くてごめんなさい・・・!) -- エルシュナ 2010-06-24 (木) 21:48:14
      • 好きなもの?そうですなぁ…(一瞬目が鋭く細められる)
        美しいものは皆好きですよ?花々も宝石も音楽も…とはいえ、一番愛しているのは現在のところ魔法美術の品ですな?
        それぞれに違った煌きと佇まいがあり、幾ら眺めても飽きません…(どうやら魔法の掛かった品の事を言っているらしい)//此方こそ間が開いて申し訳ない -- アーガメット 2010-06-24 (木) 21:52:40
      • (びくついたが、一瞬のこと。気のせいかと思い直した) 美しいものかあ・・・ まほうびじゅつ? ふうん・・・
        じゃあ、何か良さそうなものがあったら持って来るわ 教えてくれてありがとう アーガメットさん! -- エルシュナ 2010-06-24 (木) 22:11:02
      • 少々お待ちを。(帰ろうとする少女をとどめる) 話が見えませんね…「持ってくる」とは、どういう意味なので? -- アーガメット 2010-06-24 (木) 22:12:50
      • ほえ? だって 好きなんでしょ? -- エルシュナ 2010-06-24 (木) 22:14:33
      • いえ、そうではなく…(困ったように眉根を寄せる) 貴方に施しを頂く理由がありません。
        聞けば、貴方は奴隷の身の上だと…なぜ私が貴方に施しなど?(相手を見下しているのでも蔑んでいるのでもなく、純粋に理由が分からない) -- アーガメット 2010-06-24 (木) 22:18:13
      • 施し!? そんなつもりじゃないわっ やだー(手を振って否定する)
        うーん 好きなものもらったら、嬉しいかなって きっとアーガメットさんも笑ってくれるんじゃないかなって思ったのっ それだけっ
        (言葉にすると照れくさくて、ちろっと舌を見せると走って帰っていった) -- エルシュナ 2010-06-24 (木) 22:27:25
      • ふぅむ…判らない…(足を組み直すと宝石の嵌る指を合わせ、この街に来て初めてみせる深い困惑の表情を浮かべる) -- アーガメット 2010-06-24 (木) 22:29:57

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

貴連館 Edit

街を一望できる小高い丘の上に、貴族が饗宴の場とする荘厳なる館がそびえている…
#showrss: Failed fetching RSS from the server

編集

お名前:

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

いただき物 Edit

<恋愛判定>

最初は先祖代々伝わる魔導器が珍しいから譲ってくれって感じで出会いたい

先祖代々伝わる大事なモノだし親の形見だしダメです、って言うのね

それはそれで諦めてくれるんだけど私は何となく申し訳なくなったのと、

彼が何か不思議な雰囲気を漂わせてからそれからも何度か遊びに行ったりしたい

そんな感じで仲良くなっていくにつれて彼に惹かれて行くのね

そんでもって最終的にこう言いたい

「いつだったか…この魔導器を譲ってくれっておっしゃいましたよね?

 その気持ちはまだ…お変わりありませんか?」

そんな私に彼は確かに譲っていただけるのであれば欲しいが、親の形見だったのでは?って聞くの

そこで私はこう言うの

「はい。確かにこれは大事なモノです。家族以外には渡すな、っていわれてます

 だから…私と貴方が家族になってしまえばいいと思うんです

 …ダメ、ですか?」

ってね!

擦切れた羊皮紙の裏 Edit


Last-modified: 2010-08-02 Mon 03:39:12 JST (3398d)