ファーガソン家出身 ファルク・フラウニド・フリオ 408878 Edit

ID:408878
名前:ファルク・フラウニド・フリオ
出身家:ファーガソン
年齢:27
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
企画/貴人饗宴

放置して申し訳ないです
公式でも死んでいるので、貴族力が回復するまでは実家に帰ります
回復しなかったら、家を継ぐ事にします

ン〜 ファーガソン家の男たるもの、冒険の一つや二つはしないとねぇ Edit

これまでのお話 Edit

  • ファーガソン家は、かつて大冒険の末に国を救い国土を広げた功績により爵位を賜った人物を開祖とした侯爵家である(と言われている)
    • ファルクはその末裔でありいずれ家督を継ぐ身である
  • 社交界で浮名を流し、自由気ままにフラフラしていた放蕩息子である
    • が、やはり自身も先祖の様に冒険をすべきだろう いや、したいと思いたつ
      • 自分の目の届く範囲でフラフラしていたことには黙っていたが、冒険に出るとなると猛反対をする父親
      • そんな父親の反対を押し切り…と言うよりも聞き流し、酒場の扉を開いたのでした

どんな人? Edit

  • すらりとした長身に口ひげ、ブロンドの長い髪をスカーフでまとめてフリフリのシャツを着て羽帽子を被ったスペインとかイタリアっぽい感じの剣士スタイル
    • 勿論武器はきらびやかな装飾の施されたレイピア
      • 時々拳銃
  • かなりのマイペースで楽天家
    • 嫌いなものは退屈で、人生は短く時間は限られていると思っている
  • 子供の頃に曾祖母に聞かされたフォーレン・ファーガソン1世の冒険譚はハードカバー数十冊以上の長さにもわたるが全て暗記している

  • お帰りなさいませ、お疲れ様でした、そしてまた来月も同行する運びとなりましたのでよろしくお願いいたします -- 阿院 2010-06-21 (月) 02:27:37
  • 失礼します。こちらのXeku-Einsが同行するとのことで挨拶にお邪魔しました。ご武運をお祈り申し上げております -- 阿院 2010-06-20 (日) 01:06:04
  • よくそんなに護衛ばかり受けられるな。……ああ、信頼度を下げているのか? -- エルガー 2010-06-09 (水) 21:55:27
  • (再び手紙が届いた。先の冒険における貴殿の行いが、聞くにとても楽しいものであったということ。そしてまた同行するのでよろしくたのむという内容である) -- ロード・ネフサーグル 2010-06-08 (火) 18:27:03
  • クリスに触発されて、お隣さんへの挨拶というものを、わたしもしてみむとてするなり…と(前置き)
    こんにちは、隣のイーリス・F・スティナです。おじ様はいったいどういうお方ですか?貴族っぽいけど。 -- イーリス 2010-06-08 (火) 17:32:51
  • ほう!(手紙を一読し、歓声を上げる)ネフサーグル家の者が同行してくれるそうだよ。これは楽しみだね…。おお、そうだ。今回の冒険の間、我輩もネフサーグル家の人間の様に振舞うのはどうかね?ン、実に面白そうだ -- ファルク 2010-06-05 (土) 06:02:57
  • (ネフサーグル伯爵家から手紙が一通届いている。どうやら従者が同行するので、必要とあらばお使い下さいという内容のようだ) -- ロード・ネフサーグル 2010-06-04 (金) 21:10:36
  • ン〜…アイゼンヴァルド鏡い良盖い魯侫ーレン1世の恋愛観にとって無くてはならない要素だし、ペンネンネネムIV世の便秘症に関しても危険で血なまぐさい冒険譚の中で一息の清涼剤になる素晴らしいオチなんだがね
    ありがとうエルガー君、君も頑張り給えよ。次に会ったときには今回省かざるをえなかった(エピソード)を中心にお聞かせしようじゃあないか -- ファルク 2010-06-04 (金) 03:08:25
  • ……長ぇよ! もっと端折れよ、アイゼンヴァルトII世の浮気の下りとか、ペンネンネネムIV世の便秘症の辺りとか!
    うーん、道楽なんだかご立派なんだかわからねえ理由だな。まあ、隣り合ったのも何かの縁だ、とりあえず冒険の無事を祈っておくよ。じゃあ、またそのうちにな。 -- エルガー 2010-06-04 (金) 02:46:54
  • エルガー君か。わが先祖については知らぬ者はないとばっかり思っていたが、どうやらそうでもないようだね
    よろしい、フォーレン・ファーガソン1世について話せば長くなるが…(語り始める)


    と、いうわけで、我輩もファーガソン家の男であるのなら、やはり冒険の一つや二つはしておくべきだと考えたのだよ
    怪物たちから美女を守り、未踏の地を踏破する。未曾有の大冒険だよ、君 -- ファルク 2010-06-04 (金) 02:36:22
  • へえ、侯爵サマか。ここはお辞儀の一つもしておこうかね。(頭を下げる。敬意は感じられないが、無礼というわけでもない)
    エルガー・ナインシュタイン。よろしくな。しかし、侯爵サマが冒険者とは。なにか込み入った事情でも? -- エルガー 2010-06-04 (金) 02:28:03
  • ン〜?君はもしかして、そう、冒険者と言うものかね?(無遠慮に俯き加減の顔を覗き込む)
    ン〜、まさに冒険者と言う格好だね。素晴らしい(ポンポンと手を叩く。他意は無く、喜んでいるように見える)
    我輩の新たな門出を前にしたこの日に、本物の冒険者と出会える幸運に感謝しよう
    我輩はファーガソン侯爵家嫡男、ファルク・フラウニド・フリオである(にこやかな笑みで、口ひげを整える) -- ファルク 2010-06-04 (金) 02:23:23
  • ごめんよ。俺のお隣さんは誰サマだい。 -- エルガー 2010-06-04 (金) 02:13:40

Last-modified: 2010-07-24 Sat 03:56:16 JST (3423d)