サン=ローラン家出身 アキ・フォーセット・サン=ローラン 442545 Edit

ID:441529
名前:アキ・フォーセット・サン=ローラン
出身家:サン=ローラン
年齢:享年23歳
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
いつかまた:みちしるべ



同行者によれば、即死だった、という事だ。
恐らく、苦しまなかったはずである、とも。

遺骸は町外れの墓地に埋葬された。
川端荘の部屋の卓上に、一筆の手紙が残されている。遺品整理の最中出てきたものであるらしい。

「ちゃんとした手紙というものを書くのは初めてです。なので色々おかしいところがあるかも知れません。
 変だなぁと思うところがあったら笑ってやって下さい。恥ずかしいですけど。


 お世話になった人皆へ何か言葉を残すのはあまりにも大変だし、語りつくせないので簡単にまとめようと思います。


 まず、きちんと向い合って謝れなかった皆へ。ごめんなさい。
 きっと皆なら受け入れてくれるって思っていても、踏み出すのとても怖かったのです。
 そして何より、嘘で身を飾っている自分が嫌いでなりませんでした。
 謝られても困るとは思いますが、ごめんなさい。

 謝った上で、そんな俺を受け入れてくれた皆へ。ありがとう。
 皆が受け入れてくれて、励ましてくれて、背中を押してくれて、時には無関心で居てくれて。
 そのおかげで、今ようやくそうしてもらえる自分を少し誇らしく思うことが出来ます。
 自分を好きになるのは大変だけど、それでも一歩を踏み出す事ができたのは皆のおかげです。
 ありがとう。

 戻って来てすぐの時は皆の目が怖くて、何度も自室で吐いたりしていました。
 今から思い返すと杞憂にも程があるというか、なんでもっと皆を信用出来ないんだ俺、みたいに思います。
 それでも、やっぱり皆とまた一緒に居られた時間は楽しかったです。
 あまりまとまっていない気がしてきたので、この辺で結びにしておきます。
 なんかとんでもなく恥ずかしいので、この手紙が皆に見られない事を祈ります。

 皆ありがとう。大好きです。
 俺が居なくても、笑っていて下さい。

 追伸。

 一番大好きな人へ。
 困らせてしまってごめんなさい。あなたがちゃんと、誰かを愛する姿を見られないのが残念半分、安心半分といった心境です。
 あの時言った言葉に嘘はないです。そして、あの時言ってもらった言葉は、死んでも忘れたくはないです。
 偉そうな事を言うようですが、あんまり思い詰めないで下さい。自分を大事にして下さい。
 俺があなたの事を好きなように、皆もあなたの事が大好きなんだと思うから。

 ありがとう。すきです。
 さようなら。 またな。」


共同墓地の片隅、ささやかな墓石 Edit

編集 記録01 記録02

お名前:
  • 久々だけれど……ここにも知り合いが増えたな。(共同墓地の空を見上げる。明るく綺麗に晴れていた。あまり、暗い気分ではない)
    また花供えに来よーて、言ってから随分間が空いた。いや、余計なことは考えないでおくか……。(自然に居たいのだ、今は)
    (墓石の前、軽くそこらを掃いたり、墓石自体を綺麗にしたりと、掃除を始める。言葉に詰まって、話を切り出すのを遅らすように)
    綺麗になったな。(何か、やり遂げたふうで良い気分だ。額に少し浮かんだ汗を袖で拭う)
    久しぶり……だけど、特になにしに来たってわけでもないんだよ、実は。ただ墓参りしたくなっただけで……。
    あ、これ花ね。モリーの花。(黄色い花の小さな花束を墓前へ備える。大きな花束と違って栄えないが、丁度良い感じがして、グッド)
    なんだかね、僕はもう眼鏡を外して良いらしいんだ。例の、あの眼鏡だよ。言わなくても解るだろうけどさ……あんなの。
    アレは僕も煩わしいと思っていたワケだ。知らない人から見れば、ピエロもかくやという極彩色だ。奇異の視線がいつもあった。
    でもねえ、イザ外してもいいとなると、ここでまた、どうしてか不安になるんだよ。素顔で外に出ることが、どうしてか不安に……。
    また知らない人から見れば、全然普通に映るんだろうし、心配の意味なんてないんだろうけどね。馬鹿みたいな話だよ。
    外見の変化ってさあ、大きいようでいて小さいもので、やっぱり大きいものだよね……。(視線を下ろして、ざらついた地面に目を馳せた)
    アキ君って、女の子の服着ててどんな感じだったのかな……。いや、同列には並べられない、別種の問題だと思うけどさこれとは。
    一回君に、相談しようとしたことあるんだよ。ほら、一度突然部屋に遊びに行って、すぐ帰ったとき、あの時に。
    僕が眼鏡を外す時がもし来たとしたら……って。結局言えずに終わったけれど。解るのかなって。思ったんだよ。
    イメチェンみたいなものって思えばいいかな。……はは、よし、わからなくなってきたから、帰ることにしよう。
    (紙飛行機を即席で折り、緩く空へ飛ばした)独り言だ。……こんなところで話して天へ届くはずもない……。
    (風に乗って紙飛行機は高く上がって、青い空へ抱かれる)せめて飛行機だけでもたどり着いてくれればな。
    そんじゃあ、またね、アキ君。ありがとね、色々。
    (紙飛行機にも「ありがとう」と書いておいたが、届くかどうか。ともあれ、今日の空のように心は晴れて、帰り道へと歩みを進められた) -- カー 2011-05-12 (木) 15:14:51
  • (花を供え、置いてあった煙草に火をつける)……手紙の返事をしに来た。筆不精だからさ、直接言った方が早いだろうって。
    一周忌にはさ、また皆バタバタするから、三ヶ月早い一周忌。いつも素直に二月にバレンタイン持ってこなかった罰だ。
    (墓石に背中を預け、たゆたう煙に目を瞑る)今でも、煙草の匂いでお前のこと思い出すくらいには、まだ引きずってる。アキにとっちゃ嬉しい話なのか呆れる話なのかは置いておいてさ。 -- セータ 2011-04-27 (水) 03:36:16
    • ……正直に言うとさ。ここに来ると、今でもあの選択が正しかったのか、考える自分がいるんだ。
      僕が他人と同じように器用なら、アキが他人と同じように器用なら、お互いに傷つかなくても済んだ、そんな魔法みたいな選択肢があったんじゃないかって。
      (立ち上がり、振り返る)でも、お前となら不器用同士、間違った選択肢の上でも笑いあえると思ったから。お前なら傷つけても、傷つけられてもいいと思ったから。
      僕は僕として、アキはアキとしての選択肢を選んで、その先に進んだんだと思う。それは最善ではなかったかもしれないけど、僕らの正解だったと思うよ。 -- セータ 2011-04-27 (水) 03:36:36
      • なあ、アキ。最近笑うのが少しだけ上手くなった気がするんだ。まだ自然には笑えてないかもしれないけど。
        それでも、多分日々の中で笑いを零すことは、昔より多くなった。だから、その成果を見て欲しいんだ。
        ありがとな。アキ。 僕もお前のこと、大好きだよ。(言葉も、笑顔も、昔より自然に零れた)
        (優しさが傷つけ、傷つけられることを知っていて、何度も自分はそれを選び、繰り返し口にする)
        (お前につけられた傷の形でアキを覚えていることができるなら、何度でも僕はお前に嘘を吐く)
        (嘘のたびに傷つく心と共に、歩いていくことを決めたから。嘘に塗れた自分の『最愛の親友』が残した最後の本当だけを、その心の横に添えて)
        ……またな。(にっと少年のように笑って、墓を後にした) -- セータ 2011-04-27 (水) 03:38:22
      • 11月の風は少し寒い。けれど、背中を押すように。
        「またな」と、そう言うかのように。風は、傷だらけの青年へと優しく吹いた
        -- 2011-04-27 (水) 03:43:06
  • あーんま、喋ってなかった俺がここに来んのもなんか変な感じがしてさ、来るの遅れちまったけど。差し入れ持ってきたから許してくれっかな
    (買ってきた彼が良く吸っていた、ヴァージニアスリムライトメンソール。口に咥えると火をつけて、煙を吸込み少々むせこむ)あっきーにも言っときたい事、結構あったんだけどさ。俺の代わりに、俺等の親友が言ってくれてたんだよな
    (墓前に吸いかけのタバコを置いて)満足出来たのか、あっきーは。正直に、言いたかった事とか…全部言えた?…そっか、ならいいんだ(にっと、墓石に向かって、そして空を見上げて笑いかける) -- キエル 2011-04-23 (土) 02:13:42
  • (小雨降り頻る、丑三つ時)
    (共同墓地の一角に佇み、花束を片手に押し黙る。大分長いことそうしているので、すっかり濡れ鼠だ。べったりと顔に張り付く白髪が鬱陶しい)
    (前髪の隙間から、多くの献花が残された小さな墓標をじっと見つめる)
    (中腰になって、花束を沿え、手を伸ばす。そっと触れた墓標はうんざりするほど硬く、冷たい)
    ……遅くなって悪かったな、アキ……今回ばかりは謝っておくぞ。まぁ、だがどうせお前も暇してるだろう。それくらいは許容してくれ
    (やっと搾り出した言葉。震えは隠せない)
    なぁ、アキ。お前はまた随分と変わってしまったな……フッ……まぁ、いい。今更言っても仕方ないからな
    (こんなに雨が降っているのに、喉はカラカラで上手く喋れない)
    そういえば、子供の頃からお前とは比較的良くつるんだな。覚えてるか? 夏にやった虫取り
    (でも構う事はない)
    知ってるか? アレでも俺は俺なりに嬉しかったんだぞ
    (どうせ聞く相手なんていやしない)
    ずっと、礼を言おうと思っていたんだが……まぁ、気恥ずかしいというか、なんというか、な……延び延びになってしまって結局いえてなかったな
    (意味なんてない)
    丁度いいから、今言うよ、アキ
    (これは独白だ)
    ありがとう、アキ
    (自分が勝手にしたくて勝手にやってるだけの自慰行為だ)
    あとな、お前が居ない間にまた俺も力を恐れる連中に襲われて、色々あったんだぞ
    (語りかける相手はいない)
    まぁ……俺は見ての通り完全無欠だからな。見ての通り問題なく討滅して戻ってきたというわけだ
    (だから、当然なんだ)
    フッ……色々とは言ってみたが、語ってみればいつも通りだったな……フッ、無敵というの難儀なものだな、話の幅が狭まってしまう
    なぁ、アキ……
    (だって)
    ……なんとか、言えよ……馬鹿
    (アキはもういないんだから) -- ヒロタカ 2011-04-19 (火) 06:12:16

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

+  理由
+  彼の真実
+  誰にも言えないと思ってた
+  設定・性格・特記事項

Edit

ステ画
シルエット

+  頂き物

こめあう Edit


Last-modified: 2011-04-18 Mon 12:04:17 JST (3453d)