#include(): No such page: 冒険中/450966

https://lh6.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY1KMEG8K1I/AAAAAAAAA24/EfeU3q11swc/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%95.png Edit

よろしくね!

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006461.jpg

https://lh3.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY1Wjt6HuGI/AAAAAAAAA28/Xun8QdGFZq0/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%952.png Edit

いただき物画像
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006462.jpg

https://lh4.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY1XtRRNuxI/AAAAAAAAA3A/kkX6KOjhG14/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%953.png Edit

ロダボタン

ロダ3検索:シルフ 442801

https://lh4.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TaL1kzv66RI/AAAAAAAABAk/kN6w1kr5OW4/Sylph_2011-04-11.jpg

同じ妖精でもセレリィはすこし背が高い

編集:ポジ種で受粉しちゃうのぉぉぉぉぉ! 差分:ポジ種で受粉しちゃうのぉぉぉぉぉ!
お名前:
  • (久しぶりに見たのでイオンブロック) -- イオンさん 2012-03-29 (木) 04:19:29
    • どんどん撒いちゃうよ -- シルフ 2012-03-29 (木) 04:22:38
      • (絶対に許さない構え) -- イオンさん 2012-03-29 (木) 04:38:44
      • (俺達の戦いはまだ始まったばかりだEND) -- シルフ 2012-03-29 (木) 04:41:06
      • (相容れぬ二人の闘争の果てに決着はあるのか。それは誰も知らない・・・) -- イオンさん 2012-03-29 (木) 04:42:33
  • とても大きくて美しいトリニタイトが差し入れられました。よろしければ、手に取ってじっくりとご覧ください。そう、じっくりと -- 2011-07-17 (日) 06:20:34
    • こっちの身の丈と同じくらいあっるちゅーの。 -- シルフ 2011-07-18 (月) 14:15:42
      • だいたいそれほど綺麗でもないしー、危険な感じするしー。(げしげし) -- シルフ 2011-07-18 (月) 14:36:46
  • 肩たたき感覚で強姦してもらえる『おレイプ券』が配られました 子作りや子作らせなどにご活用ください、と書いてあります -- 2011-07-12 (火) 21:38:33
    • オナホ妖精なるだけじゃないの・・・。 -- シルフ 2011-07-15 (金) 13:04:39
  • 今、クワガタライダー少女が熱い。 -- シルフ 2011-06-01 (水) 21:49:15
  • 発情薬が振り撒かれた -- 2011-05-27 (金) 09:03:11
    • おまんこー!!!!!!!!!!!111 というわけで雨の中、家出した猫を探しにゆく中の人であった。 -- シルフ 2011-05-27 (金) 19:55:24
      • どろどろになって帰ってきた。 -- シルフ 2011-05-29 (日) 10:02:32
      • よかった、帰ってきたんだ -- 2011-05-29 (日) 10:05:45
      • 猫捜索依頼。あきらめて帰還しても成功することがある。 -- シルフ 2011-05-29 (日) 10:39:36

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

https://lh5.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY7bbW-Z8YI/AAAAAAAAA44/6Sc3jbr7ozY/Sylph_5.png Edit

アルターヘクサ 名簿/397560 名簿/425242 名簿/442830 名簿/442118? 冒険中/442807? 名簿/429984? 名簿/441845 名簿/433630? 名簿/443346 名簿/441666 名簿/440449 名簿/443519

https://lh4.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY2u4n6wtKI/AAAAAAAAA38/322dLaNd8EI/Sylph_what.gif Edit

Sylph_2011-03-28_03.png
妖精

精霊が超自然的霊異を象徴する神格そのものであるとするならば、妖精とは人間と自然の領域に間に存在する事象の擬人化といえよう。

火、水、地、風を表すのが精霊、家屋の暖炉や鍋の後ろ、屋根裏、泉のほとり、森の小径、畑の畝、少女のスカートをひるがえすいたずらなそよ風…などが妖精の領分である。

人に身近な存在である彼らは、時として害をなすことも、思わぬ幸運を授けることもある。

人を森の奥へと誘い迷わせてしまう者もいれば、ビスケット数枚で馬小屋の掃除を引き受けてくれたりする。

英雄の叙事詩では人の力だけで勝てぬ悪鬼羅刹に打ち勝つ智慧を授けるのもまた、妖精である。

姿形も千差万別。

美しい物、醜い物、こども、老人、恥ずかしがり屋もいれば、懐っこいもの、人と全く変わらないように見えるくらい変身に長けた者もいるだろう。

このように、多種多様な妖精たちであるが、近年の研究の成果によって女性型の妖精は以下の三点の特徴があきらかになった。

  • 主な食事は花の蜜、内蔵は芋虫のごとく消化管のみでありオナホに最適。
  • 軽く火で炙って表面がカリッとしてきたところで、尻から中身を吸いだすと美味しい。
  • 淫乱。

    この研究に当たって、貴重な史料となった妖精たちに愛と感謝をこめて。――― チチコネール・シュテュンプケ博士の妖精学前文より抜粋

https://lh3.googleusercontent.com/_n_yRvuI5EDg/TY2TALjpsTI/AAAAAAAAA3g/Or_X1sQYXrc/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%954.png Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006848.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp009177.jpg



Last-modified: 2011-06-28 Tue 23:06:23 JST (3084d)