サンダーバード家出身 ギッグス 445719 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp008595.jpgID:445719
名前:ギッグス
出身家:サンダーバード
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴Edit
棲家:施設/荒れ寺
通学:施設/国立外道高校

黄金暦189年10月×日、街を襲った記録的な嵐の最中
巨大な雷が空に向かって昇っていく様子が住民によって観測された
それ以降、電気を纏った不思議な小鳥の姿を見た者はいなかった

三行設定 Edit

雷鳥の巣 Edit

やり直す

お名前:
  • 最近見てないし遊びにこようとおもったら…し、死んでる……だーいぶ遅れちゃったわね。ごめんねギッグス…(花を添えて手を合わせて) -- フィルア 2011-07-03 (日) 10:15:02
  • ・・・・・・戻らない、か・・・正直、こっそり期待して待ってたんだが・・・私も諦めが悪いな・・・(首を振り、黙祷)
    ・・・さようならだ、ギッグス -- ルナ 2011-06-14 (火) 18:33:30
  • ヒリちゃんってああ見えて……。ううん、まあ……(空に一つ光子を弾くと、去っていった) -- るうみ 2011-06-13 (月) 02:01:56
  • うう、この間貴族護衛を切り抜けたばっかりでしたのに……運命って酷いです…… -- ルニル 2011-06-13 (月) 00:50:23
  • ああ、ギッグス君……不死鳥というわけにはいかなかったのねー……。 -- ノッペ 2011-06-13 (月) 00:33:59

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

もうちょっとくわしく Edit

  • 辺境の地で生まれた雷の精霊
  • あらゆる雷属性の攻撃を200%吸収する
  • 好きな食べ物は電池
  • 引き抜いた羽根も高い耐電性を持つため護符等に使える
  • アイマスの美希っぽい
  • 真名はギグスヴァルティン、古き言葉で「荒ぶる雷光の門」
  • マクマホリンとは旧知の仲
  • 雷抱卵という雷撃を封じ込めた卵状の物質を産む事ができる
  • 猫が天敵。超天敵

お供物 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072453.png http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072454.png http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072455.png http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072456.png http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072457.png http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp007806.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072511.jpg

昔話 Edit

Chaptar1
遥か南方にある大陸の内陸部に一つの村が存在した
その土地は殆ど雨が降らず、村人は僅かな地下水や雨水、遠く離れた土地にある水源から得た水を頼りに生活していた

そんな乾燥した土地にも一年の内に一ヶ月だけ、潤沢な水をもたらす雨季が大きな嵐と共にやって来る
村人にとってその嵐はあらゆる物を吹き飛ばす死の象徴であると同時に、雨によって多くの恵みをもたらす生の象徴でもあった

村には嵐の中央に雷を食らう大きな鳥が住んでいるという言い伝えがあった
山を覆い隠さんばかりの巨大な翼で嵐を生み、心悪しき者の上に雷を落とすとされているその鳥を村人達は神の使いとして信仰していた

Chaptar2
村にはもう一つ言い伝えがあった
「嵐の晩、雷の音を産声にして生まれた赤子には神の魂が宿る」

神の魂を受けた子供は親から引き離され、神の子として村全体で大切に育てられた
神の子は15歳を迎えると鳥の羽根で作った衣装を着せられ、嵐の夜に供物と一緒に祭壇に捧げられた
それは神の子の魂を雷鳥に託し、天へと返す事で自分達の罪を許してもらい、さらなる恵みを約束してもらうための儀式であった

Chaptar3
「また花を持ってきてくれたのかい? ありがとう」
少女は窓際に留まっている小鳥に声をかけた。小鳥の足元には一輪の小さな花
少女のいる部屋には窓が一つしかなく、その窓には頑丈な格子が設けられていた
小さくちぎった乾いたパンの切れ端を窓際に置いてやると、小鳥はそれを嬉しそうについばみ始めた
「こうやって毎日私のところに来てくれる友達なんてキミくらいだよ。でも…それも来月までかな」
パンを食べている小鳥の背中を優しく撫でながら、少女は呟いた

「私にもキミと同じように背中に羽が生えていれば、こんな所抜け出して好きな所に飛んで行けるのに」

Chaptar4
強烈な横殴りの雨が降りしきり、空を多い尽くす黒々とした雲からは時折獣の唸り声の様な音が鳴り響いた
数メートル先も見えないような嵐の中、少女は小高い丘の上で横になって倒れていた
白い祭礼用の服を着せられ、各所に鳥の羽根で作られた装飾品を身に付けた少女の背中には一本の矢が刺さっていた
「ごめんね…やっぱりダメだったね…」
少女の衣装の間から小鳥が這い出てきた

少女の口から血の塊が吐き出された
背中と口から流れ出る赤黒い液体を冷たい雨と風が洗い流していった
小鳥は雨に濡れながら少女の顔を見詰め続けた
「おねがい…私の…魂だけでも連れて…飛んで…………」
血の気の無くなった唇の間から最後の言葉を搾り出し、少女は動かなくなった

雨音の合間を縫って、遠くから生贄の少女を探す村人達の声が聞こえてきた
風が荒れ狂い、黒い雲が生き物の様にとぐろを巻いて厚さを増していった
不意に、今まで鳴り響いていた雷の音が止まった
次の瞬間、光の柱と見紛うばかりの巨大な雷が小鳥と少女の死体上に落ちた

挨拶欄 Edit

お名前:
  • せっくす -- 2013-05-22 (水) 10:43:42
  • 新年明けましておめでとうございます……今年もよろしくおねがいしますね…… -- 1010 2011-12-11 (日) 10:10:10
  • お早うございます。だいたい9時頃をお伝えします。 -- ビクシュ 2011-11-23 (水) 09:18:31
  • チラシが届けられた!内容はどうもイベントのお知らせらしい。
    メイドの祭典、メイドフェステバル!参加者募集中!
    受付日時は11/20〜より!参加希望や質問などはこちらまでどうぞ! -- 2011-11-20 (日) 05:23:27
  • 皆さんおはようございます……時のゴーレムが07:00をお知らせします…… -- 1010 2011-11-17 (木) 10:10:10
  • びーんあいであ : スマホにステ画を写して仏壇に供えると意外にしっくりくる。 -- ビクシュ 2011-11-16 (水) 00:23:32
  • 大山鶏の和風ボルゴメッサ -- ビクシュ 2011-11-12 (土) 20:09:08
  • 数十年前に反転薬物大散布があったくらいやろかね…… -- ゲッシュ 2011-11-10 (木) 08:16:10
  • 一発ネタでゼルダの裏世界みたいな大性質反転祭りとか起こらないですかね、120年くらい待ってるんですけど。 -- ビクシュ 2011-11-09 (水) 22:55:14
  • 風邪はやってるますねぇ。 -- ビクシュ 2011-11-06 (日) 19:41:14

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

雷鳥の素 Edit


Last-modified: 2011-05-26 Thu 00:21:58 JST (3120d)