九那刀出身 奉楽卦 蘭音 464614 Edit

ID:464614
名前:奉楽卦 蘭音
出身家:奉楽卦
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画/ノタレガタリ
野垂語交流施設

九那刀人 Edit

  • 飯屋の二階に住み込んで手伝い等をしつつ
  • 読売の記事を書いたりしている
  • 基本は無職の和風ビッチ

めし処「独楽や」 Edit

編集:などと供述しており 差分:などと供述しており

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:


外見 Edit

全身図 (仕事が休みの間、昼間から自室で野槌自慰に耽る淫乱娘)
身長五尺・深い青色が入った瞳・アジア系ではない白い肌。
黒髪、頭の両横に花の留め具をつけていて、ややデコ気味。
眼鏡着用。無くて困るほど悪くはないが、いつも身に着けている。
背が小さい割にグラマー寄りだが、乳は普通くらい。
九那刀の変わった着物を着、下着の類はつけていない。

中身 Edit

一人称は「あたし」
黙っていると見た目から大人しく勉強のできる優等生とよく間違われる。
実際は気の強い色狂いのビッチである。この事は近所でもとても有名。
もっとも逆レの様に強気の攻めは趣味じゃないのでやらない。
基本的に悪人ではないが、歯に衣をあまり着せない物言いと享楽的な所がちょっと危うく思わせる。

経歴 Edit

九那刀出身の異国人ではあるが久那刀が和風国なので違和感は少ない。
領主付神体からくり師・奉楽卦家の娘であったが、領主に気に入られて幼い頃から色事を仕込まれる。
しかし嫉妬深い本妻や政敵等から疎まれる事になり、元々領主にも特別感情は抱いていなかった蘭音は危険を感じると身一つでとっとと逃げ出した。
その後旅の中で比較的九那刀と似たこの国の話を聞き、流れ着く。
現在はごく一般的な町中のめし処の離れに居候させてもらっており、家賃は必要ないと言われているものの、商売の手伝いや読売の記事を書いて払っている。
基本的には定職のない身。何も無ければふらふらしている事も多い。

…めし処・独楽屋は中年の兄弟が営んでいる普通の飯屋である。当面生活に困らない程度に流行っており、美味い方であるという。
 蘭音は店の外から上がる二階に住んでいる。かつては店主らの母が住んでいたが、没後は空いていた。
 一応囲炉裏があるので食事は作れないこともないが、一部屋。
 店主ら兄弟は全く普通の人物で善人だが、蘭音とはとっくに肉体関係がある。ただし恋愛感情はないらしい。

…読売(瓦版)の記事は速報性のないもので、大体自分の足で情報を集めては完成次第なじみの瓦版屋に売っている。
 嘘は書かないが誰への遠慮もなく調べた事をストレートに書く為、結構色んな人に恨まれたりしている。

戦力 Edit

現在の所退魔手形は持っていないが、退魔師としてやっていけるほどには戦闘力を備えている。
九那刀からくりによる人型機巧兵十数体と破狂魔(はぐるまの当て字で命名された人工精霊の様なもの)、軽戦闘剣法を使用。

  • 奉楽卦護身剣法
    • 鎧に頼らず護身力を高めた受けの剣。冒険である程度鍛えているものの、今はなんとか実戦に足る程度。
  • 機巧兵。身長は蘭音より七寸ほど高い人型のからくり兵士。
    機巧兵速式調整…スピードタイプのカスタム
    機巧兵力式調整…パワータイプのカスタム
    機巧兵防式調整…ガードタイプのカスタム
    機巧兵魔式調整…マジックタイプのカスタム
    • これに近接武器・遠距離武器等の装備を備えて完成となる。
  • 破狂魔炎角公
    はぐるま、なんて名前に意味はなく、ただの当て字。
    • 現在蘭音が使用できる炎の人工精霊。精霊と仮に呼んでいるが、どちらかというとスタンドに近い。
      主に機巧兵に内蔵された輪転詠唱機で召喚歯車を回す事でその場に現れる、歯車状の炎に包まれた恐竜。
      喋らないが人間並みの知能で行動する。

裏語// Edit


Last-modified: 2012-02-01 Wed 01:08:36 JST (3047d)