ニカ家出身 ミッシェル=クライン・ニカ   ステータス/戦歴    2012-01-31 (火) 03:17:30 Edit

-  

設定 Edit

Angel Gladiator!!

容姿 Edit

  • 156僉41圈〃擇ぁ〆戮ぁ〕蠅蠅覆
  • 赤くて細い髪の毛を肩まで伸ばしている。頭のてっぺんで長いあほ毛が二本跳ねていて、やっぱり感情に呼応して動く。
  • 碧眼、緩い目尻、爛々としたり病み成分が混じったりと落ち着きがない。
  • 肌はまっちろ。もち肌。美味そう。陽を浴びると日焼けするんではなくてかぶれるタイプなので、暗くてどんよりした空気は寧ろありがたい。
    • 傷の治りは早い。
  • 純白でとても美しい羽を持つ。この羽は感情が昂ると出るので常時出ているわけでもないが、特に理由がなくても出ていたりする。
    • ちなみにこの羽に実体はない。羽毛は抜けるが、地面に落ちると光になって消えていく。一応触ることは出来る。
  • 肩の出た、というか構造上仕方なく肩が出てしまう服を着ている。

性格 Edit

  • 滅茶苦茶臆病
  • 人の目の色を窺って生きる。ちょっとだけ卑屈
  • こんなナリで呑んだくれ 大好物がワイン
    • 盗み呑みの名手
  • 記憶力が悪くて頭の足りない、ちょっと残念な子
  • ただし運動神経はとても良い。頭より先に身体が動くタイプ、なのだが心がそれにブレーキをかけるタイプ。

Edit

  • 通称『心の翼』
    • 感情が昂ると背の肩甲骨のあたりから生える。生える、と言ってもこの翼は実体を持たないので、皮膚を突き破ることもなければ服に穴を空けることもない。
      • 魔法のようなもの。実体がないと言っても触ることができたり、向こう側が透けて見えることもなかったり、謎が多い。
    • ニカ家に属する者が持つ体質で、男女問わず背中から翼を出して空を飛ぶことができる。
      • 翼の形には個人差がある。鳥の翼に酷似しており、「あの人は鳩のニカ、あの人は燕のニカ」と言ったふうに分類することが可能である。
      • ミッシェルは遠まわしに言うとバンタムのニカ。遠まわしに言わないとチャボのニカ。もっとぶっちゃけて言うとにわとりのニカ。
      • 飛べない

戦闘設定 Edit

Michelle=Klein・Nika/F/age:15/156cm/41kg/Human
Strength■■■□□□□□□□(3) 力は人並み以下、貧弱な身体、回らない頭、飛べないのについている翼と、散々に残念な要素が散りばめられており、まともな闘いはどうにも期待できない。
 必然的に闘いでは逃げ回ることになる。身は軽く、翼も一応少し滑空したりする程度のことはできるので、躱す能力はなかなか高い。

 支給されたバックラーとグラディエーターを持った、典型的な追撃闘士の格好をしてはいるものの、剣が役に立つことはなく、専ら盾での防戦に回り逃げ回る。
 どうしてか、その盾の扱いはしろうとの者とは言えない程度の実力であり、的確に剣戟を弾いてくる。そして剣を振るのにはかなり消極的であり、剣に振り回されつつ攻撃を加える申し訳なさ程度の事しかしない。
Magic/Special■■■■□□□□□□(4)
Technic■■■■■■■■■□(9)
Attack■■■□□□□□□□(3)
Stamina■■■■■□□□□□(5)
Toughness■■□□□□□□□□(2)
Deffence■■■■■■■□□□(7)
Sense■■■■□□□□□□(4)
Speed■■■■■■■□□□(7)
Intelligence■■□□□□□□□□(2)
Mental■■■□□□□□□□(3)
Dirty■■■□□□□□□□(3)
Prepare■■□□□□□□□□(2)
Support■■■■□□□□□□(4)
Luck■■■■■■■□□□(7)
Tools■■□□□□□□□□(2)
Connection■■■□□□□□□□(3)
Ability心の翼・?????
+  
各項目の説明

あらすじ Edit

 熱くけだるい炎がコロッセオに燻っている。観客は酒精に身を浸して、血の火種を喉奥へ落とし込む。法の鎖に足を括られて、それを千切れば「目には目を」という自分の身すら傷つけかねない、しかし人の目を潰してやりたい動物的な赤黒い欲求が満ち、暇も身体も持余してぶつけどころを探す市民達は、仕方なしの慰みのために剣闘士の闘いを、ある者は羨ましそうな目になってまで見下ろしている。心根はまるで冷えているのに、表面だけは燃え盛る。太陽が注いで薄らかに陽炎を作る頃、鉄格子の奥から人影が歩いてくる。
 それを見ると一部の人の心に火が点いた様子で、酒とは別の発奮した赤みが顔に立ち上り、座り縮こまった血管に通る熱い血に跳ね上げられるように立ち上がり、喧しい声を投げかける。
 かたや、陽に焼かれて鍛え上げられた、錬鉄の色をした肌は隆々として、いかにも剣闘士然とした姿の男である。しかしかたや、赤毛で小柄なびくびくした少女であり、新しい冬が到来して最初に降る雪が太陽を初めて見るように、真っ白な肌は炎天下に震えていて、「観客席の給仕をする奴隷女が誤って落っこちてしまったのではないか」と思わせる。なんともなよなよした少女は戦士と連れ立ち渋々歩いて主催者の座る天幕の見えるところまで歩き、誤りでないことを渋々告げる。先程立ち上がった観客の声はいっそう鋭く野次のやじりとなって飛ぶので、どうやら目当てはこの子らしいことが解る。初めてこのコロッセオに訪れた者は首を傾げるのも居れば、厭ぁな顔をしたのも居る。それはそうだ。血なまぐさいところにそんなのが来れば、幾らなんでも趣味が悪くて、少女の美しさはそれだけ闘いのゲテモノ具合を加速させる。「闘いが見たいのであって、虐めが見たいのではない」と席を立つのも居たほどだ。しかし、程なくして歓声が湧き、その席を立った奴は何事かとコロッセオを振り返り、そしてまた、席へつくことになる。

 純白の羽が踊る。雲の切れ間から覗く輝きのように高らかな白が舞う。
 晴れやかな空の下でなお、曇り顔をふつふつ揺らす、けだるい市民の視線の光がそれに奪われて差し込む。
 視線の陽に照らされるのは件の少女。その背には白い翼がぴんと空に広げられ、屈強な男の剣を躱して空へ舞い上がり、きらきら羽毛を空気に溶かして、美しく逃げ回っている。
 趣味が悪いなんて感想はもう抱けない、喩えるのなら狩りの美しさがそこにある。自由に空を飛ぶ鳥とは、一線を画して別色を呈する美しさを彼女は持って居る。珠の汗が羽毛に混じって散り、ぜいぜい掠れた息を何度も吹き込み、必死の様子で逃げ回り立ち回る姿は、手に汗を握って応援の声をかけずにいられないほどに美しい。手に持った盾と剣が、屈強な男へ脆くも立ち向かい、弾かれて飛ばされる様もまた、いじらしく美しい。少女は終に力尽きて、男が足を背に置くと、主催者の親指は、文句なく空へ向かって立てられて、助命は異議もなく成立した。
 観客の熱い声が高らかに響く。
Angel Gradiater!!!

経歴 Edit

生活 Edit

  • コロッセオでは“箸休め”の見世物として闘わされる。彼女の“闘い”には一定数のファンがついているらしく、コロッセオに彼女が出ると沸き立つ客が居るが、興味をなくして席を立つ客も居る。
    • 彼女がグラディアトリクスをやる理由は「見世物にするため」に他ならず、その翼でひらりはらりと舞うのが仕事であり、殺しあうのが本懐ではない。当然のことながら、彼女が血を流すことを求めて来る観客も居て、傷つけられる姿を見て喜ばれることもあるが、主催者側は客を引ける彼女を手放すことは考えておらず、金を稼ぐための重要な資産の一つとして見られており、もし闘いに負けることがあっても助命されるのが基本である。
      • ただし扱いは奴隷と同等かあるいは少しマシな程度であり、杜撰である。
    • 毎度毎度必死な姿で逃げ回るので、観客は飽きずに彼女のことを見守って(婉曲表現)いる。素早さに自信がある剣闘士達の間では、彼女を捕まえられるか否かが一種のリトマス的役割を果たしており、必要以上に必死で追い掛け回されることもしばしばである。
      ともあれ、彼女と相対すると、最悪の場合でも自分に死が訪れることは無いので剣闘士達の間でも箸休め的役割を負っている。
      • そんな感じで独自の位置をキープしつつあり、主催者からその必要アリと判断されて、此度一般剣闘士に昇格した。しかし、牢屋のような部屋であり外出制限も随分とかかっているため、ちょっと待遇が良くなっただけである。
  • 試合のない日は給仕として働いていることもある。宴会の場で翼を出しながら酒を注ぐ役目を負うこともある。
    • “お客”たちへのウケはよろしく、そのため、他の奴隷よりは服や身が比較的清潔である。
  • それ以外の時はびくびくしている。隠れたり隠れたり隠れたりしている。
    • たまにワインの盗み飲みをしている。
  • 「処女を喪うと翼が出せなくなる」ので、手を出してはいけないと上からご達しが出ている。

//メタ会話欄 Edit

編集:の頭に酒を浴びせろ

お名前:
  • 鮮やかな手捌きで海苔巻きが巻かれた -- 2012-02-15 (水) 15:12:13
    • きゃーっ♬(くるくる)あちゃしのりまきになっちゃった! -- ミッシェル 2012-02-15 (水) 21:45:22
      • そうじゃないよねぇ〜……? 眼の前で海苔巻きの実演されただけだよねぇ〜……?(もしゃもしゃ)なにこれ、黒い紙うめえな。 -- ミッシェル 2012-02-15 (水) 21:46:13
  • エロ衣装ともうひとつオマケでエロ衣装がメタ空間に届けられた -- 2012-01-25 (水) 01:58:04
    • そういえば反応してなかった。こんな貧相な私にこんなの着せてどうするの。 -- ミッシェル 2012-02-15 (水) 21:44:10
  • なるほど挨拶はこっちですればいいのだな。
    来月、クエストもとい冒険に同行するのでよろしくお願いします。 -- 牛ヲリ 2011-12-16 (金) 21:41:19
    • はいミッシェルでございます! 二日経ってから気づいた駄目なミッシェルでございます! 恙無く進行したようでよかったぜ! ありがとうな! -- ミッシェル 2011-12-19 (月) 03:56:51
      • 来月、再び同行のようだ。よろしく頼むー。 -- 牛ヲリ 2011-12-24 (土) 16:23:32
      • そしておつかれさまー! アレやね。グールじゃ腹は膨れんね。ハハッ! -- ミッシェル 2011-12-25 (日) 16:13:11

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2012-01-31 Tue 03:17:30 JST (3638d)