ブラックプディングのミンチィ・ペースト 471629 Edit

ID:471629
名前:ミンチィ・ペースト
出身家:ブラックプディング
年齢:24
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
現状:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
1死:ステータス/戦歴Edit
企画/ゴールデンモンスターズ2
exp014294.jpg

3行で Edit

exp014394.png
  • (比較的)長生きして意思を持ったブラックプディングが
  • 冒険者の世界に興味を持って街にやってきた!
  • 肉食わせろ

くさくない Edit

お名前:
  • 流石に挨拶回りに4年かければこうして引退する者も出るか…そも一年半で引退しているようだが
    さて…まだ居るならば良いのだが -- アキベドル 2012-02-29 (水) 20:26:42
  • 遠方より少女達が集団でこの街にやってきます、そんな彼女達の一時滞在先として温かく迎えて下さる方を御待ちしております -- 2012-01-31 (火) 15:04:51
    • んー、ごめんでつ ちょうど冒険者やめたところなんでつ… 飽きちゃったでつ
      そもそもミンチィに家はないでつ パトロンになってあげることはできないでつね〜… -- ミンチィ 2012-01-31 (火) 22:35:15
  • エロ衣装とオマケでエロ玩具が届けられた -- 2012-01-25 (水) 02:05:32
    • 服をもらっても着れないでつ せんいしつは溶けちゃうでつ(吸収)
      こっちの箱は……キノコ……いや、これはおちんちんでつね 「げーじゅつひん」というやつでつかね ミンチィげーじゅつわかんないでつ(吸収) -- ミンチィ 2012-01-25 (水) 03:07:55

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

随時追記中

ブラックプディングとは Edit

  • スライムやゼラチナスキューブなどと同じ、軟体生物(ウーズ)に分類されるモンスター
    • ダンジョンという特殊な環境で独自の進化を果たした単細胞生物、といわれている
    • 明確な内臓器官を持たず、細胞そのもので餌となる対象を消化吸収する
    • 当然、意思のようなものは持たない
  • ブラックプディングは細胞から強力な酸を分泌する その消化能力はウーズの中ではかなり高い方
    • 金属は触れた瞬間にたちどころに錆びて朽ちる
    • 木材や植物繊維も分解される
    • 生物の肉体は金属などよりは消化が遅いが、最終的には骨まで溶かす
    • 岩石や砂は溶かすことができない
  • 鋭い刃物で斬られると分裂する
  • 火に弱い
  • 細胞質を維持するために、肉や植物などの有機物を摂取する必要がある
    • 新鮮な肉よりは腐肉や排泄物を好む(消化の手間が省けるため)
  • 腐肉食の割には、ブラックプディングの肉(?)は人間でも食べる事ができる
    • おいしくはないが栄養満点、ただし酸の影響でひどく胃もたれする
    • 例えるなら「ゴムの臭いと歯ごたえで味は薄く酸味の強いイノシシ肉」

ミンチィについて Edit

  • 繁殖・死滅(=分裂)することなく20数年の時を過ごした稀有なブラックプディング
    • 長寿ゆえか突然意思を持った
    • だがまだ知能は高くない 普通のウーズのように生命維持を第一目的に動く
    • 意思を持っているので、触れた物体を溶かさないよう「我慢する」ことができる
  • たまにダンジョンにやってくる「ぼうけんしゃ」というのに興味を持ち、自らダンジョンを出て街にやってきた
  • 人間の警戒心を少しでも解くため、普段は幼女の姿を擬態している
    • 当然であるが、ブラックプディングであるミンチィに生物学上の性別はない
    • 人間に擬態する以上は食事もできるだけ人間風に行おうと考え、「穴が多い方」である女性の身体特徴を選んだ
    • その上で、ディテールにあまり凝る必要のない幼体を選択したようだ
    • 足でうまく歩けないので上半身だけ擬態
    • 人語はそこそこ喋れる
  • コボルドキングから瀕死の重傷を負い、体積が半分くらいに減った

もらいもの Edit

+  格ゲー判定

プリンプリン物語 Edit


Last-modified: 2012-01-31 Tue 22:15:31 JST (3596d)