烏木主家出身 計都 476422 Edit

ID:476422
名前:計都
出身家:烏木主
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
ニュー決闘ソング:REASON
企画/冒険者養成校2期

どうなったん? Edit

死ぬ寸前の所を助けられた
しかし身体は酷い有様で、もう冒険には出られそうもない
(右目・左上腕から下・左膝下から先・内蔵半分くらいが欠損)
(右目以外は今までの機能をほぼ取り戻しました。なんてインスタントな)
(そんなこんなでこんな見た目
つまりはロスタイム

お話とか Edit

書き直すって?しょうがないにゃぁ

お名前:

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

一人遊びフィールド Edit

-  

向こう向いててあげるよ

お名前:
  • マズい、そう思った時には屍食鬼の王の強烈な一撃が腹に食い込んでいた。
    身体に、力が入らない。冷たく湿った遺跡の石畳に倒れこんでしまうと、もはや立ち上がることも叶わなかった。
    千切れて消えてしまいそうな意識の端で剣戟と怒号を捉えていたが、それもやがて遠ざかっていった。
    -- 2012-04-17 (火) 00:26:42
    • (僕はもうダメだ、けど……逃げられた、かな……) -- 計都 2012-04-17 (火) 00:29:15
      • 養成校で過ごした日々がフラッシュバックしていく。
        決して多くはないが、楽しくて、幸せで、大事な思い出。それが流れだして消えていってしまいそうで、震える手が宙を掻く。
        -- 2012-04-17 (火) 00:32:09
      • (嫌だ……消えてしまうなんて、いやだ……しぬなんて、いや……だ) -- 計都 2012-04-17 (火) 00:33:41
      • その指に、届くものなど無い。その願いを、聞き届けるものなど無い。
        ほとんど聞こえていない耳に、足音が響く。屍食鬼の王だろうか。それとも──
        伸ばした手が力を失い、地に落ちる……否、その前に誰かが、すくい上げた
        -- 2012-04-17 (火) 00:37:30
  •  
    • ──そう、君と僕は今や、ある一点に於いて共通の見解を持つに至った。即ち── -- ケイト 2012-04-06 (金) 00:58:10
      • 決闘の放棄。これはつまり君の復讐を行わないことになる。
        ……って本当にいいの? -- 計都 2012-04-06 (金) 00:59:31
      • 良いんだ。本来ならあの日、僕の復讐は終わったはずなんだ。
        ──僕が死んだあの日に。
        僕のコピーが僕自身とは限らない。生前の僕とコピーされた僕の同一性を証明する手立てはどこにもない……ましてや君は僕そのものではないのだから -- ケイト 2012-04-06 (金) 01:07:17
      • 僕は君のコピーだ。そうでありながら、僕は僕独自の──いわば個を得た。 -- 計都 2012-04-06 (金) 01:08:55
      • 僕の復讐は終わり、君は君となった……これ以上続ける理由なんかない、そういうことだ。 -- ケイト 2012-04-06 (金) 01:13:22
      • そして── -- 計都 2012-04-06 (金) 01:14:27
      • 僕と君が別々に存在する理由もない。だから僕と君は一つになる──君は君のまま、僕は居なくなる。 -- ケイト 2012-04-06 (金) 01:15:57
      • ……それでいいの? -- 計都 2012-04-06 (金) 01:16:14
      • 今更だよ。僕はもう決めた。そもそもこうして別の存在として振舞っている事自体が不自然なんだ。
        ──さあ、終わりにしよう。 -- ケイト 2012-04-06 (金) 01:17:52
      • (頷き、迎え入れるように両腕を広げる) -- 計都 2012-04-06 (金) 01:18:21
      • (その胸に、溶けこむように消えていった) -- ケイト 2012-04-06 (金) 01:18:41
    • ──で?決闘から降りるって?(さも可笑しい、というように大げさに笑って)そんな事、出来ると思ってるワケ?
      君は、いやお前は、決闘こそが存在理由、存在価値なんだよ?それを放棄して、一体何が残ると言うんだい?
      ……さぁ、大人しく決闘を続けるんだ。
      -- 2012-04-06 (金) 01:22:12
      • (相変わらず目に厳しい……なんて思いながら、瑠璃羽を軽く睨み)……僕はもう、与えられた役割を果すだけの生活はゴメンだ。
        僕は──僕の思うように生きる。そこにあんたの意志が介在する余地はない。 -- 計都 2012-04-06 (金) 01:25:38
      • 生意気な。デク人形なら黙って言うことを聞いていればイイんだ。
        それも出来ないようなら……死ねばいい。お前はもう、無価値なのだから(胸ポケットから黒い殺意の塊を抜き出し、それを計都に向ける)
        壊して──新しく作りなおしてあげるよ。
        今度は何でも言うことを聞く、従順で可愛いお人形さんに……ね!(引鉄を引く、その刹那──!!)
        -- 2012-04-06 (金) 01:30:33
      • (一陣の風。白い影が計都と瑠璃羽の間に割り込む)──ハァッ!!(裂帛の気合。凶器は火を噴く事無く宙を舞う!)
        おイタはそこまで……ってね(少年の窮地を救ったのは、白いタイトなワンピースに身を包み、同じくらい白い髪をポニーテールに纏めた妙齢の女性!)
        怪我はないかい?(首だけで半分振り返る彼女の前髪には一筋、赤いメッシュが入っている)
        -- 2012-04-06 (金) 01:36:39
      • は、い……(少年はカクンと頷いた。目の前で起こったことの理解がいまいち追いつかない)
        (どうやらピンチを救われたようだが、その救い主たる女性に見覚えはなかった) -- 計都 2012-04-06 (金) 01:38:24
      • (少年の返事に満足気に肯きを返すと、再び目の前の派手なカラーリングの男に向き合いつつ)
        ここはあたしに任せな。事情は知ってる……悪いようにはしないから、さ(でも、と言いかける少年を制し)
        安心しな、あたしは大抵のやつには負けないから。たとえ相手が──天使だろうと(不敵な笑みを浮かべ、拳を構える)
        -- 2012-04-06 (金) 01:42:10
      • フン、どこまで知っているかは知らないが、人間風情が舐めた口を……ボクが何者なのか思い知らせてあげるよ……!!
        (高笑いと共に彼の背中が爆ぜた。髪の色に負けない極彩色の翼が広がる)
        -- 2012-04-06 (金) 01:45:51
      • ほら、早く行きな。ここから出たら、なるべく遠くへ離れるんだ。良いね?(言いつつも、ジリジリと瑠璃羽へ迫っていく)
        あんたこそ。あたしが何者か思い知らせてやるさ(呼応するように闘気が膨れ上がる)……この、拳舞の魔女の力を……!!
        -- 2012-04-06 (金) 01:49:19
      • (なにこれすごい、とか思いながら言われるままにその場を後にした)

        (あの後どうなったかは分からないが、瑠璃羽が現れなくなったのを鑑みれば答えは推して知るべしである) -- 計都 2012-04-06 (金) 01:51:50
  •  

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

別人みたいだって?おかしなことを言うね君は Edit

計都 Edit

烏木主 計都(うぎぬし けいと)
身長:1.68m 体重:軽い
髪:烏の濡れ羽色、くしゃっとした無造作ヘア 肌:浅黒い 瞳:紫 鳥目気味
中性的な顔立ちで声も変声前のよう 女装したら完璧に女の子
多少は育って声も顔も少年っぽさが増した(背は伸びてない)

ケイトの面影はあるが、全体的に幼く、より線が細く、華奢な感じに仕上がっている
(元)有翼族 背中に大きな傷がある 羽根は白かった?

羽根を捥がれ故郷を追われたが空への執着を捨てられない
死んだ
生き返らされた
何を訊いても適当にはぐらかすだろう

性格は表面上は爽やか? 一人称は僕
戦闘時のみサブ人格のケイトが出る
ケイトは割と戦闘狂

武器は剣 幅広で重量のある両手剣
背中の傷跡は痛まないので自由に戦える
護身用に9mmの自動拳銃も持っている

ペンギン(のようなもの)を飼っている
名前は雨音
寮に一人で住んでいる

+  少年に何が起こったのか

瑠璃羽 Edit

金剛 瑠璃羽(こんごう るりは)
身長:1.73m 体重:軽い
髪:中程から先端にかけて、濃いブルーのグラデーションがかかったシアン 背中の中程まである長髪 肌:白い 瞳:灰色
性別不詳

マッドサイエンティストにしてカウンセラー
養成校教員を名乗るがリストに名前は載っていない

耽美趣味

養成校の一角にあるとされる宗谷記念館に住んでいるが、誰もその存在を知らない

RPに反映されないであろう裏設定 Edit

こめんたうたう Edit



Last-modified: 2012-04-16 Mon 22:31:42 JST (3010d)