如滝 雪奈 485602 Edit

ID:485286
名前:如滝 雪奈
出身家:
年齢:8
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴Edit

お名前:
  • そう言えばユキナはもう冒険しないのでしょうか?やっぱり危ない目に遭うとやる気がなくなったとか?(様子を見に来た黒い鎧の騎士) -- アリーシャ 2012-07-23 (月) 21:25:05
    • してる!普通にしてるよ!ほらっ…(次の依頼書を開く)  ……やめたくなってきた! -- ユキナ 2012-07-25 (水) 01:16:39
      • あ、ほんとだ……うん、強く生きよ?応援するし…… -- アリーシャ 2012-07-25 (水) 01:19:26
      • ウーズとかとかげとか、8歳の娘に何をもとめてるのかわからないよ…… 生きたいのはやまやまだけど…
        ありがと、がんばる…!(拳をぐっ)ところでお姉さん、なんか黒くなってるような……いめちぇん? シブヤで日サロ?
        -- ユキナ 2012-07-25 (水) 01:51:30
      • ぬるぬるとか異種姦とか……?危なくなったら逃げないと駄目だよね
        イメチェンって言うか、これが鎧の本来の姿だったみたいで、今までは封印されてたみたいな? -- アリーシャ 2012-07-25 (水) 02:26:33
  • むぅ、露天商か……。……場所代とか大丈夫なのかな。この辺そういうのかなり緩いけど(遠巻きに露店を眺めた後、そちらへ足を向け)
    ……へえこれは……何だかいかにも珍しげな。反面胡散臭くもあるが(並ぶ品に率直な感想を聞こえるように漏らす) -- ヴァルラム 2012-07-17 (火) 00:18:19
    • ひんしつの保証はできんですよー。鑑定書などもありませんゆえ(自分でもあんまりよくわかってない、ので特に気分を害したりはしない) -- ユキナ 2012-07-17 (火) 00:56:45
      • まさかのご覧の通りとは……(屈み、露店の品を見つつ、露天商主も見つつ)
        となると、この如何にもそれっぽい晶石やインゴット……と言う程立派でもない金属塊とかは何の用途が? -- ヴァルラム 2012-07-17 (火) 01:30:20
      • (日光よけにマフラー帽子グラサン完備でよりうさんくさい)
        お客さん次第でむげんだいー? なにせいらないものを並べてるだけなのでわたしにはよくー…えへへー(笑ってごまかす)
        -- ユキナ 2012-07-17 (火) 01:39:54
      • (色々と大丈夫なんだろうか……という疑惑)
        そう来たか……むむぅ。確かにそういう品を持ち寄って売りに出す事もあるとは……これ何か何の結晶だか……(手に取る)
        ……あれ? …………んん?(矯めつ眇めつした後目付きが変わる)……これひょっとして投げつけたら燃えたりとか?(赤い霊玉とユキナを交互に見て) -- ヴァルラム 2012-07-17 (火) 23:59:38
      • なにか気に入った? それはー、うん、火の精霊さんの力を固めたやつだからー、えーと、…たぶん?えーと…(カンペにめっちゃ顔近づけて読み上げる)
        『単体(たんたい)でも効果(こうか)が望(のぞ)めますが、精霊(せいれい)の力を通す武具(ぶぐ)などに取り付け同調(どうちょう)させることで真価(しんか)を発揮(はっき)します』? だって!
        -- ユキナ 2012-07-18 (水) 05:20:15
      • 精霊の力を固めたって……ううん、不確定な(苦笑した物かどうか、しかし今手にしている物は中々軽視し難い)
        ……あれ? 凄くないそれって。と言うか、これ等を用意したのは一体?(一見すれば店主もこの街らしい風貌だが、それにしても)
        それと、これは一個幾らくらいなんだろう -- ヴァルラム 2012-07-18 (水) 23:41:33
      • (全然返せなくてごめんなさい…!)
        ひんしつはほしょーできませんっ! なにぶんまだまだ未熟なものですからー。(自分が作ってるかのような物言い)
        えーと、それは…ちょっと返してくださいな。(測りに乗せて重さを調べる。ちーん) …りんご一個分……やー……
        よし!レモン四個分くらいで!(謎の価格基準)
        -- ユキナ 2012-07-25 (水) 01:51:30
      • (こっちも気付くの遅れたからセーフ!)
        えっ。……あ、えー? 自作? これ、というかこれら。だとしたら大したもの……はちょっと大袈裟だけど、凄いなー
        ……(重さで測って判断付く物なのか……)……リンゴ? あ、ああ、レモン。…………じゃあ、とりあえずそれを貰おう(適量の貨幣を渡す) -- ヴァルラム 2012-07-26 (木) 23:37:58

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

Edit

  • 白っぽくて軽くて頭の中までふわふわした女の子。
  • 遠方の異国から留学に来ています。
  • (登録時点で)8歳。
  • 天使のような羽がありますが、別に天使ではないと本人は言います。
  • 見た目の通り非力。すごい攻撃魔法なども特に使えません。
     
  • 膝まである白いさらさらの長髪、右目は白で左目は赤。年相応にちっさい。
    • どちらの目も色素の関係で視力がとっても弱く、周囲をぼんやりとしかつかめません。
    • その代わり、妖精や精霊、幽霊の存在、それに魔力の流れなどを感じ取ることができます。
      (感覚が養われているためで、目の特殊能力とかではない)
  • 左側の前髪を数房、横に流してリボンでもみあげとまとめています。
  • 肩からひじくらいまでの長さの、羽毛でふわっふわな翼が背中から生えています。飛ぶにはちょっと小さい。
     
     
  • 戦闘能力はありませんが、ちょっと役に立つ特技はあります。
  • 魔力の結晶化とか、魔法金属の精製とか、宝石に精霊の力を込めて霊玉を作ったりだとか。
  • VPの原子配列変換とか、そういう感じ。
  • 特に設備はいらないけれど、あればより楽。
     
  • 子供なのでいまいち製作物の価値がわかっていません。
  • 作ったらとりあえず部屋外の物置に放り込む。
  • ゴミ箱から拾った雑誌を路上で売るホームレスの人みたいに、露店で叩き売ってるところをたまに目撃されるとか。
 
 
 
 
 
 

Last-modified: 2012-07-11 Wed 23:03:44 JST (3736d)