http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst080948.png
ID:488078
名前:アルバート
出身家:アダン
年齢:20
性別:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画/幼馴染

概要 Edit

幼馴染は おおかみおとこ でした

話しかける Edit

編集

アルバート>名簿/488078 COLOR(#003399){}
お名前:
  • (野暮用を済ませて、さて待ってるレニと一緒に帰ろうとしたところ、クラスメイトの男子二人がアルバートを見つける と駆け寄ってきた)
    (アル君やっべーんだよ・ロイが校門横でゲドコーの奴らに絡まれて・さっき、今さっき・GLコーと合わせてゲドコーま で復活したから…)
    (前後左右を固めて連れて行かれたという。相手は五人) -- 2012-10-13 (土) 20:31:37
    • (クラスメイトからのSOSを聞き届けると、手にしていたバスケットボールをパスして微笑む)
      預かっといてくれよ ドリブルしながら追っかけると、頭おかしいんじゃないかって思われそうだからさ
      (いうざま身を翻して、窓から階下へと飛び降りた 華麗な五点着地を披露しつつ、近くにいた女子生徒のあんぐり顔に「びっくりさせてごめん!」と謝して、校門へと駆けつける)
      -- アルバート 2012-10-13 (土) 21:36:07
      • (校舎から少し行った先、あまりガラのよろしくない通りの方へ)
        (角を曲がると集団と鉢合わせた。1、2、3...5数は合っている。アルバートと同程度の体格もいれば一回りはでかそうなのもいるが、全員見たところ無傷のようだ)
        (そして小さな人垣の向こうには見知った黒い肌が大の字で倒れていた)
        (あっだてめえあ゛?ようハンサムお金貸してくんない?なーに無理は言わねえよ、有り金全部。あれ?こいつ…。クソニガーが、小銭だけとかありえねーんだけど)
        (めいめい好きに喋りながらアルバートの顔を叩こうとした) -- 2012-10-13 (土) 21:59:36
      • (出来ればおだやかに済ませよう という考えが、アルバートにはあったが)
        (その見積もりは、人垣の向こうに倒れているロイが目に映ると、瞬時に蒸発していった)
        (ピキンと硬質的な音が、自分の内側から鳴ったのがわかる こうなるとまずい これを押さえ込もうとすると、次にはあの牙が顔を出してくる)
        (その事態を避けるためにも、至急にこの怒りを発散しなければならない とりあえず、目先のモノでそうすることに決めた)
        フン!(一番最初に殴りかかってきた男の顔面に、頭突きを叩き込んだ)
        シッ!(ぬちゃあ〜と赤いアーチを描いて倒れる前に、手近にいた男の胸元にブローを突き刺す 胸骨を割ってやった)
        フー・・・・(鮮血に濡れた金髪の間から、殺気に満ちた目で残りを睨みつける)
        -- アルバート 2012-10-13 (土) 22:25:03
      • (不良の才能とは強さへの嗅覚である。下はシめ、上の言う事は聞き、同格とは雌雄を決しなければならない)
        (この五人には才能が無かった。二人が瞬く間に叩き伏せられても激昂してアルバートに向かってきたのである)
        (多くは書かないが外道高校の五人は全員悲惨な事になった。死んでないといいな)
        (少し奇妙なのは5対1とはいえロイが一方的にやられるというには、まるで手ごたえが無かった事か)

        悪ィなダンナ、ちょっと過激に握手欲しがられてさァ、スタントマン呼んどきゃ良かったって思うサイン会俺初めて
        (顔は腫れているが受け答えはしっかりしたもので、生命線である足首や膝、腰、腕などどこも酷い怪我は無かったようである)
        (それでも打撲は多くアルバートの肩を借りた) おあ痛ッ、うぃて、・・・フーーー〜〜・・・ヘヘ、ヨォどこにも大事にすんなよ
        こんなもんなんでもねェ -- ロイ・ソーントン 2012-10-13 (土) 22:44:35
      • そーだね 俺もサイン会の代筆をやるハメになるとは思わなかったよ ま、きっちり体にサインしておいたけどね 二ヶ月くらい消えないホットな奴を念入りに
        (ジョークをかましながら肩を貸すアルバートには、垣間見えた凶暴性は無かった)
        大事があったら困るよ 次の試合、ロイのチームに賭けてるんだぜ? さあ、スクールのオークみたいな保険医に消毒してもらいに行こうか (学校への道を歩き始めて)
        なんで抵抗しなかったんだ (ぽつりと切り出した)
        -- アルバート 2012-10-13 (土) 22:59:09
      • オッズァ低いぜ、みみっちいギャンブルだ (前の試合はダブルスコアだった。まあ、予選緒戦だしね)
        (汗と血が滲んだ肌にアルバートの呟きがしみこみ様だった。ふっと表情を崩したら顔が痛む) オチチチ・・・俺ァ前があるからなァ
        (そう、ロイは一度ハイスクールを放校されている身である。もう一度派手に問題を起こせば退学は無いにしても出場停止、最悪活動停止で廃部もありうるのだ)
        最後の夏だ。あァあ無論一人ででゴルゴダで世界最大のクロムハーツにかけられようってンじゃあないぜ、よせよ気色悪いッ! 殊勝、カーッ俺の嫌いな言葉ァッ
        ピンチは凌いでチャンスで生かす、俺ァロイ・ソーントンだぜ? 手も足も守った またダブルスコアで試合終了と同時にダンクコンテスト見せてやるよ
        あァあレスキューはベストタイミングだったぜアル。知り合いに見せるにはちょいとばかしかっこ悪ィ構えだからよォ! アチョッ、ホチョッ、オォーアーァア
        (地べたに這いつくばって手足を腹側に折りたたんで蹴りや突きを耐える亀の体勢。結局最後は裏返されて一方的にやられたが)
        ンな事よりイイワケの方考えてくれよッ、タイソン風の男と正面衝突したら俺はこの様、相手は爆発四散。どう? なンだよじゃあアルはッ!?
        (保健室までもう少し。思いつくかな、誤魔化し方…―――。) -- ロイ・ソーントン 2012-10-13 (土) 23:35:42
      • (そうか 改めて、ロイがバスケに本気ということを知らされた)
        (僅かな不祥事も起こすまいと、あえて手を出さずに、殴られるままに耐えた その傷だらけの姿は、誇りに満ちているようだった)
        うらやましいな・・・(小さく零す 全身全霊を、ありったけを注ぎ込める何かをもっている人間は、眩しい)
        素直にありのままを話せばいいんだよ 階段で転んだってさ 大丈夫、俺が保障すれば誰だって信じるさ
        なにしろ、今まで積み重ねてきた信頼が違うからね
        -- アルバート 2012-10-13 (土) 23:53:46
      • (本当に違うから困る。それで通ったし。オーク…のような人間の保険医に適切な治療を受けた後、廊下で言葉無くハイタッチで別れた)
        (二日後の試合はまだ生傷が残ってたものの、しっかりスタメンを勤めて終盤交代したものの試合の得点王をかっさらって行ったのだった) -- ロイ・ソーントン 2012-10-14 (日) 00:09:48
  •   -- 2012-10-10 (水) 21:22:11
  •   -- 2012-10-10 (水) 21:22:04

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

Albert Edit

アルバート・B(ブラッド)・アダン
愛称はアル、またはアルヴィー、もしくはAA
身長180cm 体重80kg
プラチナブロンドの髪とアイスブルーの瞳
ムービースターのように整った面立ちと、愛嬌のある笑顔が特徴的
甘いマスクとは不釣合いなほど、鍛え上げられた肉体を持つ
レザージャケットとジーンズといったラフな格好をしている場合が多い
家族の写真入りの銀のネックレスを常に身につけている

裕福な家庭に生まれたが、今は平屋に一人暮らし
自分が何者であるかを見出せず、やり場の無い若さを冒険に注ぐ事になった
渦巻く怒りや狂気のはけ口としているのかもしれない

10年前、両親を殺害された事件がきっかけとなり、激しい怒りを感じると、身の丈3mを越える白金の狼男FANGへと変身してしまう
そのことを怖れ、苦悩し続けている

【性格】爽やかな好男子
友達付き合いもよく「良い奴」で通っている
だが、人に後一歩を踏み込ませないところがある
エルザ(祖母)曰く「あの子のやさしさが、あの子自身を傷つけなければいいのだけれど…」
【好きなもの】イタリア料理全般  ケバブ(ただしヨーグルトソースに限る) バスケ ハーモニカ(名手)
【嫌いなもの】悪党 癖の強い野菜 煙草(昔、友達どうしで吸ってみたらゲロを吐いたから) 家族や友に対する侮辱
【この街で過ごした時期】生まれてから今まで
【家族構成】両親(ジェームズ、エミリー)はアルバートが七歳の冬、家に忍び込んだ強盗に殺害される
その後は、留守にしていたおかげで災難を免れた祖母と二人で暮していたが
その祖母も二年前に天に召された
【子供時代】裕福な家庭で生まれ育ったため、価値観や認識が食い違うことがままあった
両親が殺害された後も性根が歪むことなく、なんとか真っ当に生きてこられたのは
祖母と友達のお陰だと、アルバートは思っている
【戦闘】自分の内に潜む凄まじいパワーを否定するように、がむしゃらに体を鍛え、技術を磨いた
マーシャルアーツや古流柔術を身に付け、喧嘩なら負けない
FANGへと変身する前の身体能力は、人間の範囲に納まっている
【知ってもらいたいこと】アルバートがファングへと変身する事は、誰にも打ち明けてはいない
レニらと同じハイスクールに通っている
【BGM】shine
【Cast voice】中村悠一

FANG Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp022511.png
身の丈三メートルを越える白金の人狼
全身が巨岩のような筋肉と毛皮に覆われ、鋭い爪と牙を持つ
瞳は血の色に染まり、暗闇に赤くたなびく
パワー 測定不能 ジャンプ力 数100メートル〜数キロ

アルバートが激しい怒りにより、変身した姿
一撃でビルを破壊してしまうほど圧倒的なパワーを持ち、破壊衝動と怒りのままに暴れまわる
銃弾はおろか大砲を受けても傷一つ付かず、街を恐怖に陥れる
この姿になったとき、アルバートの理性や知性は殆ど働いていない
十年前に初めて街に現れて、それ以降度々出現しては街を破壊し、甚大な被害をもたらしている
FANGとは、そんな怪物にだれともなくつけられた名前である

アルバートが自我を失わずファングへと変身できるのは、満月の夜のみ

【補足】
アルバートの両親は共に純粋な人間であり、狼男の血筋では無い
ファングは、アルバートの怒りによって発現したミュータント能力である
一見すると狼男に見えるその巨体も、偶然似通っているに過ぎない

リンク Edit

公園へ
裏ジムへ

雨と雪は見てません// Edit


Last-modified: 2012-10-12 Fri 21:11:32 JST (2909d)