日 付#showrss: Failed fetching RSS from the server
更 新2012-11-07 (水) 01:35:05楽 屋 裏2019-03-29 (金) 22:38:01霊 圧名簿/490895



企画/ウィズジインテリジェンスソード!



ドーリス年号討伐数内訳ミッドナイト・サン年号討伐数内訳
231年 9月3
 冒険成功
 大鼠 x 2
 下っ端ゴブリン

 『 駆け出しの 』
 
231年 9月1
 冒険成功
 下っ端ゴブリン

 『 駆け出しの 』
 
231年 10月0
 冒険成功
 『 出来のいいバスターソード 』
 
231年 10月3
 冒険成功
 大蝙蝠
 下っ端狼 x 2
 
231年 11月3
 冒険成功
 ゾンビ x 3
 
231年 11月2
 冒険成功
 大蝙蝠 x 2
 
231年 12月2
 冒険成功
 オーカーゼリー
 下っ端狼

 『 とても質の悪い魔法書 』
 『 半人前の 』
 
231年 12月1
 冒険成功
 下っ端ゾンビ

 『 半人前 』 
231年 1月2
 冒険成功
 下っ端コボルト x 2

 『 剣術入門者 』
 
232年 1月5
 冒険成功
 大蝙蝠
 下っ端狼 x 1
 
231年 2月0
 冒険成功
 
232年 2月6
 冒険成功
 大蝙蝠 x 2
 下っ端ゴブリン x 3
 ゾンビ
 






 Master Edit



シルエット
ドーリス・フィルメン
 

光を持て。夜空を行く姿に人々は月を仰ぐ ──────
 
状 態  ステータス戦歴
種 族  半狼
年 齢  20代後半
外 見
  女性だが身長が180cmを超える長身、加えて銀髪褐色という特徴的な外見を持つ。
  長身らしからぬ細見だがそれは目に見える所の話であり、
  服の下には無駄を削ぎ落と鍛えて引き絞った身体が隠されている。
  感情をあまり表に出すことがないので無表情でいることが多く、
  あまり知らない人から見れば近寄りがたい雰囲気を醸し出している。
 
性 格
  物静かで誰に対しても丁寧調で話すが、常に合理的で冷静に物事を捉える。
  女中として主人を重んじるが、時として諫言も辞さない。
  無表情でいることが多く冷たい印象を他者に与えるが、
  内実は他人を気遣うことの出来る優しさを秘めている。
  しかし感情を出すことを恥ずべきと考えているので表に出すことはあまりなく、
  その気遣いは相手の知らぬところでフォローされていることが多い。
 
経 歴
  人狼種の血を受け継ぐ半狼の女性。
  幼い頃に両親を亡くした彼女は身請けとして売られるも、
  異族の血が混じった彼女は疎まれ人には語れぬことも数多く経験する。
  彼女が生まれてきた世を恨むまでそう時間は掛からなかったが、
  あるときロータートイフェル商会の代表の目にとまったことで転機が訪れる。
  異族のみで構成された商会は半狼の少女を拒むことなく受け入れ、
  彼女に始めて人らしい生活を与える事となった。
  商会長に自分を同情で買ったのかと尋ねたところ
  『 アナタの世界で自分が一番不幸という顔をしてるのが気に入らなかった 』と、返される。
  以降、自分を拾った商会とその代表に対して忠節を持って恩義を返そうと誓う事となった。
 




 Intelligence Sword Edit



カードダス
白夜の宝剣 ミッドナイト・サン
 

企画/ウィズジインテリジェンスソード!

────── 闇の中、宝剣は美しく異彩を放つ。
 
状 態  ステータス戦歴
種 族  インテリジェンスソード
年 齢  不明
外 見  左記、参照
能 力
  qst076216.gif クァドラプルヘヴィアーマー
  ミッドナイト・サンの人格が持つ高い自尊心、
  これは宝剣が誇りを持ち続ける限り、剣の所有者に虚栄の重装甲を与える。
  虚栄の鎧は一部を除く外的要素の干渉を無効化し、
  この装甲を打ち破れるのは炎と闇の属性、白夜を構築する二つの要素のみである。

  qst076217.gif アンリミテッドラッシュ
  所有者の潜在能力の強制解放を可能とする。
  しかし潜在能力が無ければ意味を持たないのは勿論のことだが、
  宝剣が闇のものであるためにその力の解放は闇の力を持つ者のみに限られる。
 
人 格
  やや尊大気味ではあるが常識はある。
  自身がオリジナルでは無い事は理解しているが、自分は自分だと思っている
 
変 化
  他のインテリジェンスソードと同様に人間への変身能力は一応あるが、
  誰も見たことが無い為に不明。人間のときの姿は謎に包まれている。
 




 NPC Edit


シルエット
棚志・安治
 

力を求め、理想を求め、真実を求め、彼は狂奔へと走る ──────
 
種 族  人間
年 齢  30代前半
人 柄
  愛称はアンジー、極東人にしては珍しい緑髪と青瞳を持ち、薬売りとして各地を旅してまわっている優男。
  持前のルックスと掴みどころのないセールストークが好評を博しているが、
  その正体は闇のソードブレイヴ・『 黒蟲の妖刀・ウスバカゲロウ 』の使い手である。
  自身の目的の為ならば非情な手段も厭わない冷酷さが本性であり、
  軽薄に見えるその仕草もその実、他人を信じることはないというところから来ている。
 
経 歴
  極東の名も無き隠れ里の一つの出身で、彼の一族はとりわけ蟲を操ることに秀でていた。
  その一族は蟲を自らの体に蟲を住まわせることで使役を可能とし、
  その力を使って施政を支えることを人知れず代々に渡りながら生業としていた。
  安治は一族の中でも100年に1人と呼ばれる逸材にあり文武共に並ぶものがいないほどに秀でていた。
  その才覚から将来は一族を束ねる長として有望視されており、
  彼もまた蟲使いの一族として生涯を終えて行くものと自覚していたが、
  同時に定められた自分の生き様についても疑問を得ていた。
  しかしその彼の人生を大きく狂わせる出来事がこれより起こる。
  この隠れ里には蟲使いの他にもう一つの秘密があり、
  それは伝説の鍛冶師が鍛えたとされるソードブレイヴが存在していた事だ。
  彼が一族の長として迎えられる際には黒蟲の妖刀"ウスバカゲロウ"を受けつぐも、
  闇のソードブレイヴであるウスバカゲロウの魔力に魅入られてしまい、人格が一変する。
  これまで一族の為に捧げてきたことへ反目するように才能を誇示することに固執し始めるようになる。
  妄執はやがて彼の一族にも向けられ、彼が長として初めて成した仕事は一族の粛清だった。
  自らの生き様を縛るこの地を疎ましく思った彼は、
  ウスバカゲロウを手に同胞を殺めて村に火を放ち、蟲使いの隠れ里を潰してしまう。
  力に溺れた彼は腕試しにと西方へと旅立ち、
  その道中にてウスバカゲロウと同質のインテリジェンスソードの存在について知ることになる。
  享楽のために力を振るうことを生き甲斐としていた彼はこれに興味を持ち、
  あわよくばその力を自分のものにしてみようと狂奔に走るのだった。
 




カードダス
黒蟲の妖刀 ウスバカゲロウ
 

────── 剣を扱う鍛冶師としての本能から伝わる。迂闊にこの剣に触れてはならないと。
 
種 族  インテリジェンスソード
年 齢  不明
外 見  左記、参照
能 力
  qst076216.gif アクセラレーター
  ウスバカゲロウを手にしている限り得られる超加速動作能力。通称、神速の効果。
  蟲の神経組織を模して作られたウスバカゲロウを触媒として、
  所持者神経細胞間の信号伝達が活性化し、生体時間がクロックアップされる。
  思考や反応を含めた身体機能の速度が向上し、
  使用者にとってはゆっくりとした時間でも、周囲からは超スピードで行動しているように見えるようになる。
  しかし肉体に掛けられる負荷も大きく、過度の連続使用は自らの身も滅ぼすことになってしまうだろう。

  qst076215.gif ヴェノムハーティッド
  ウスバカゲロウによって斬られた相手はその刀身から絶えず分泌される毒液によって身を冒され、
  負った傷が致命傷へと達する前に全身に毒が広がる事となる。
  ウスバカゲロウの毒は強力な神経毒で、
  この毒への対策がない限り相手は身を蝕む毒との戦いを強いられる事となるだろう。
 
人 格 
変 化
  他のインテリジェンスソードと同様に人間への変身能力は一応あるが、
  誰も見たことが無い為に不明。人間のときの姿は謎に包まれている。
 






 Conversation Edit


編集:ドーモ、ミナノシュウ 差分:ドーモ、ミナノシュウ     

お名前:
  • (夜半、数刻前まで輝いていた人の営みである灯りは消え落ちて申し分程度の街灯が区画を照らしている)
    (等間隔で並んだ橙色の灯り、しかしその等間隔の中をずれて動く一つの灯りがあった)
    (それは街灯ではない。街灯よりも低い位置、街の大通りを疾走する二輪のライトの灯りだ)
    (この辺りでは普及の進んでいない二輪自動車に跨るのは黒のライダーズジャケットを着た女性、フルフェイス型のヘルメットを被っているのでその顔を伺うことはできない)
    (代わりに彼女は同乗者のいない筈のバイクで誰かに話しかけた) この時期でも夜に走ると冷えるものですね -- ドーリス 2012-11-18 (日) 00:55:05
    • うむ 余は寒いくらいで丁度良いが、生物にとっては辛かろう 無理をするでないぞ
      (本来ならヘルメットと風の音に遮られ、届くはずの無い声。それは女の頭の中に直接響き、鮮明に言葉となる)
      しかし、この世界…いや、時代というべきか…にも、便利な乗り物があるものだな まだ馬が走る時代だと思って居ったが -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 00:59:57
      • 御心配を掛けてしまったようで申し訳ありません。私事に付き合って頂いたというのに‥
        (彼女がこの時間になってバイクを走らせる理由、それは離れた街へと足を伸ばしていたことにある)
        (ミッドナイト・サンを同伴させて出かけた理由、それは‥) ですが白夜王の助言もあってバトルスピリッツの大会というものを見ることが出来て幸いでした
        (フォルテシアやムワッヒドの影響もあって徐々にバトルスピリッツに興味を持ち始めたドーリス。遠く離れた街で行われたカードゲームの大会を見るために遠出をしていたのだ)
        (ドーリスは参加した訳ではないがミッドナイト・サンの助言を受けながらこれを見学し‥) 私もあのような場に出てみたくなりました
        (と、言ったところ。ドーリスの胸元にしまわれていたミッドナイト・サンに虫の知らせに近い胸騒ぎが生まれた)
        (それは同種のインテリジェンスソードが近づいてくるようなものに似ており───) -- ドーリス 2012-11-18 (日) 01:10:39
      • 構わぬ 余も久々に悪くないものが見れた 礼を言わせて貰うぞ
        (元々は戦闘のサポート用に教えるつもりだったカードの使い方だが、今の状況も嫌いではなかった)
        で、あるか そろそろ主にもデッキを与えるべきかもしれぬな その時は余を符として使っても良いぞ
        (そういった自分の居場所というのも悪くないか…そんな事を考えていた時、穏やかになっていた心を乱す感覚が訪れる)
        …主よ 速度を上げよ 何か来るぞ -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 01:20:26
      • ‥? 符として使っていいとは、白夜王はカードにも‥?
        (しかし会話は続けられず、白夜王から語られたのは警戒の二文字)
        確かに何か、人とは異なる臭いがいたします。‥急ぎましょう
        (グリップを握る手に力が籠りひねれば、内燃機関が唸ってバイクのスピードがあがる)
        (すると前方、昆虫のようなものが飛んでいるのが見える。走行中のヘルメットに虫が飛んでくるのはよくあることだ)
        (しかし‥近づくにつれて虫の姿は大きくなる。徐々に徐々にと大きくなるそれに不安が募る。その虫はこちらへと向かってきており‥近づくことでその姿が鮮明となってその背には)
        ‥人が!? (背には極東の法衣を着た男が乗っていた。その手には緑紋の片刃が握られており、刹那。虫が距離をつめてドーリスに向けて横薙に一閃される) -- ドーリス 2012-11-18 (日) 01:29:46
      • 虫…?(視覚を最大まで上げて、それに注目する …見覚えがある まさかと思った だが、間違いない あれは…)…スピリット!?
        (気づいた時には、それに乗る男の姿…そして、その手に握られている剣まで視認できていた)…!!? あの鍛冶師め…!!
        (一言ごちると同時に、自らの意思で懐刀から剣刃へと姿を変える そして、その一閃を峰で受ける)手に取れ、主よ
        こやつの持つのは、余と同じ…神剣の一振りだ! -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 01:37:16
      • (胸元から飛び出す懐刀状態のミッドナイト・サン、マスターを守るために自ら具現化したそれをドーリスは掴み取る)
        (すれ違い様の一閃をミッドナイト・サンの助けでやり過ごしたが、後方へと去っていく虫とそれに乗った男はサイドミラーにも映らぬ速度で見えなくなってしまった)
        神剣の一振り‥? すると白夜王と同じ!? -- ドーリス 2012-11-18 (日) 01:47:31
      • うむ…心せよ、余の記憶に間違いが無ければ奴は神剣・ウスバカゲロウ…神剣の中でも特に危険な奴だ
        それに、奴が乗る虫もスピリット…あの速度、恐らくはダーク・マッハジーであろう あれを呼べるという事は、他にも召喚できるはず
        …逃げる事はできぬだろうが、止まっていれば更に危険なスピリットを呼ばれる可能性がある このまま走りながら戦うしかなかろう
        …先程の店で、何枚かカードを買わせたはずだ 使わせてもらうぞ …上手く使えれば良いが… -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 01:53:18
      • 「へー。闇甲虫をこっちじゃそう言うのか」
        (その言葉はドーリスのものではない。いつの間にか飛来していた甲虫が彼女の真上を立つように併走しており、甲虫の背に立つ男によるものだった)
        「いいね、いいね。そこらのなまくら剣とは違うその感じ。‥それにそっちのお嬢さんも実に俺好みだ」
        (緑髪を風にたなびかせて笑う姿は美男子を連想させるが、その口元に作られた歪な笑みを見れば彼の異常性が察して取れる)
        ‥私はスピリットについては詳しくはありませんが、白夜王が仰られるのであれば危険と判断しましょう
        (気が付かれぬ間に併走されていたこと、そこに危機感を感じたドーリスがさらにスピードをあげるとバイクが風を切って街の通りを疾走する) -- ドーリス 2012-11-18 (日) 02:04:25
      • (どれだけ離したつもりでも、一瞬で近づかれている やはりスピリットと人工の機械では、ここまでの差があるか)
        …どうやら剣刃だけでなく、使い手も相当に危険なようだな …少し無理をさせるかもしれん 耐えてくれ、主よ
        (自分の使える「カード」を確認する…やれるか 相手の強さを知るだけに、不安は多少ある だが、やるしかない) -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 02:11:12
      • 「その乗り物、イカすけど闇甲虫を引き剥がせると思わないで欲しいな」
        (追従するように蟲が速度をあげ、その背に乗っている男が肩に担いでいた妖刀を‥)
        「神剣の使い手なら少しは楽しませてくれよ」
        (剣が五月雨のように乱れまい、バイクを運転するドーリスはそれを片手で握ったミッドナイト・サンで捌くも‥)
        く‥! (技量の差もあるが、一番大きいのはバイクの運転をしているがために片手になっているために全ては捌ききれない)
        (サイドミラーやテールランプなどが太刀筋で割られ、ドーリスのヘルメットも破損して彼女の頭から抜け落ちると風によって背後へと流れて落ちていく) -- ドーリス 2012-11-18 (日) 02:24:26
      • (疾い 剣刃の力だけではない 剣使も一流と見てよいだろう)このままでは不味いか…仕方ない
        主よ 今更訊くまでも無いかもしれぬが…運動能力に自信はあるな?
        (ドーリスのポケット…カードを入れていた部分が輝きだす)白きスピリットよ…余の命の元、その力を貸せ…いでよ!
        (カードがポケットから飛び出すと、それは光に包まれ形を変える)駆けよ!ライオライダー!
        (光の中から現れるは、獅子の頭を持つ二輪の獣 それはドーリスの乗るバイクの真横を追走する)
        乗り移れ、主よ こやつなら虫より速い -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 02:41:43
      • (機獣とも言うべき白鉄の獅子、カードより具現すれば咆哮をあげてドーリスのバイクに並ぶようにして走り)
        「闇の白の宝剣の使い手だからやっぱり白使いか‥。でも、使ってるのはお嬢さんのようじゃないみたいだけど」
        (ドーリスが言葉は出さず、無言で頷けば握っていたグリップに力を込めブレーキレバーを引けば、バイクの前輪が持ち上がって車体が浮く)
        (浮いた車体をドリースは蹴って真横に並ぶライオライダーへと飛び移った。乗り手を失ったバイクは宙へと浮き上がり‥それは追走していた蟲と男へと向かって流れ)
        「楽しくなったきたじゃんか! いいね!」
        (バイクを唐竹割りで斬る)
        (二つに断たれたバイクの中心を男と蟲が通り抜け、背後へと流れて行ったバイクが夜に朱の花を咲かせて爆発した) -- ドーリス 2012-11-18 (日) 02:48:01
      • (ドーリスを乗せた獅子は、グリップを握らずとも自らの意思で加速し、重心を取り、真っ直ぐに走る)
        これなら存分に腕を揮えるであろう …とはいえ、まだ余の力も完全ではない この一体が限界であろう
        だが速度においては、あの虫から叩き落せさえすれば奴には追いつけぬ程度には有る
        狙うのは虫だ できるか? -- ミッドナイト・サン 2012-11-18 (日) 02:57:02
      • ですが小回りは向こうの方が上で‥。地の利も向こうにあります
        (彼女らは今、再開発区の西区を抜けて中央区へと入ろうとしていた。普段ならこのまま南下して商会へと向かうのだが‥)
        (当然のごとく、屋敷に賊を招き入れたとあってはメイドの名折れ。彼女は北に向かうようライオライダーに言えば獅子が遠吠えをもって恭順の意を示した)
        (市街地のアーケードの合間にて繰り広げられる剣戟、それは誰の目にも止まることなく続けられる)
        「やるね! いいじゃんか、手ごたえを感じてきた」 -- ドーリス 2012-11-18 (日) 03:06:04
  •  

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照











 Backroom Edit



シルエット
方 針
  ペアレースでまったり…と見せかけて、戦闘RPをしに行きます。
  主人に他のインテリジェンスソードとその使い手を見てきてと言われたので見に行きます。
  期間内で一回か二回戦闘できたらいいなあ…
 
戦 闘
  半狼なので人狼への変身能力は持ちませんが、
  白夜の宝剣ミッドナイト・サンの効果で潜在能力が底上げされてブースト入ります。
  炎と闇以外の能力は効かないので小細工なしで押しに行きます。
  鼻がよく効くので柑橘系の果物が弱点です。
 
備 考
  普段はミッドナイト・サンを懐刀サイズに変化させて見えないように持ち歩いてます。
  しかしインテリジェンスソード同士なら気配でミッドナイト・サンに気付くかもしれません。
  ミッドナイト・サンのマスターであるが主従関係があるかのように彼を白夜王と呼ぶ。

  左記の姿は私服でのドーリス。使う機会があるかはわかりませんが。 
褐色同盟 夜行性 戦闘可能 戦闘可能




 
お名前:
  • なるほど。女中堕ちか… -- ヒメ? 2019-03-29 (金) 21:46:33
    • あやまった大奥感がひろまっているわ… -- げま? 2019-03-29 (金) 22:38:01

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照






 Margin Edit



//

Last-modified: 2012-11-07 Wed 01:35:05 JST (2594d)