エト・アーキ
ID:508270/ CLASS:学生/ AGE:15/ ADVENTURE:status/history/ PROFILE:
企画/空中学園都市


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084672.png 


3行
元軍事兵器の人工妖精
変人博士に拾われて
学園生活を楽しみたい!


こ、こわくないよっ おはなし、しようよ
近況:ふっかーつ!
ロケーション:学園内ならどこでも

修正 / 差分
お名前:
  • 流石と言うべきかな、恐らく今回の依頼で最も働いたのは君だろう
    お陰で実に楽に事が済んだ…礼を言おう、次も機会があれば宜しく頼むよ -- バッデレイ 2014-02-08 (土) 23:45:17
  • 先月はお疲れさまでした、また機会があったらよろしくお願いするわね! -- ユミ 2014-01-29 (水) 08:13:08
  • おー、エトも無事に退院出来たのかー!来月また組むみてーだぞー!今度はリベンジだな!
    そーいや、プリン渡したけどプリン苦手とかじゃなかったかー? -- リク 2014-01-25 (土) 20:13:02

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

一人遊び用
修正 / 差分

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  •  http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084637.gif -- 2014-01-24 (金) 17:51:43
    • 「………眠い。」
      「しんどい。」
      「3徹したのは2ヶ月ぶりくらいか………?」
      いつもより濃いクマをこさえて博士は呟いた
      その前にはやっと可視領域まで復元した妖精がポッドの中で眠っている
      正直ここまで梃子摺るとは考えてもなかった 片目片羽がないというだけで妖精の容態は悪すぎた
      「侮ってたなー… しかし興味深い結果も得られた 戦妖精はやはりその力こそが拠り所であり生命であるのだと」
      つまりは半分失った妖精の生命力は半分以下でしかなく
      この先何度も死なれると非常に厄介だ
      溜息
      溜息 溜息
      「ほっとけば動き出すだろうが………… 無理やりつないだ部分も多い、人格に多少の影響はでただろうな…」
      「なに、ガラっと変わるわけでもなし、なんとでもなるだろ」
      -- 2014-01-24 (金) 17:51:52
お名前:



このぺーじはどうみてもさくせいとちゅうです
加筆修正される可能性が高いです


エトについて
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084633.png
片目、片羽のない人工妖精
普段は人間サイズ 152cm
見た目よりもずっと言動が幼い
”チカちゃん博士”に貸与されている魔法生物研究棟(学園の施設のひとつ)に居候している

実は入学する少し前に滅びた国家の軍事兵器 人工戦妖精
見た目からは想像もつかないエゲツナイ戦法で敵を殲滅!するのがお仕事だった
歴史に詳しければ聞いたことくらいはあるかもしれない
”普通の暮らし”に縁がなかったため子供のようである

まだまだまだ。 隠し事はたくさん。


チカについて
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084634.png
権力はあるけど小さい獣人の博士
滅多にしないが学園側から頼まれて講義をすることもある
この学園の非常勤講師を兼任し始めて1年は経ったが数えるほどしか講義はしていない
非常にズボラ

Last-modified: 2014-01-24 Fri 17:53:55 JST (3046d)