私の思いを無視する人よ

  •  
  •  
  •  
  • ナポリドッグか、ナポリパンか、それとも…ということでナポリタンをフランスパンに入れて
    イタリアとフランスの折衷ということでスイスパンとかどうだろうとお見舞いに持ってきたんだが、これはどうやって送るのだろうねアルブレヒト教諭。トルコライスは好きかな、僕はあぁいう独自理論が好きで作ってみたんだけど
    あぁそれと話し方は改めたほうがいいかな、どうもここでは年上とお話する機会が少なくてね。気分を害されたようなら姿を変えようと思うが。 -- 海空 2013-05-08 (水) 22:54:13
    • 『臨海学校の翌日。封鎖地区。それは訪ねてきた。エリザベートに用があるのだろうと誰もが思う中。その男は、それは切っ掛けにすぎないような体で委員会の彼らではなく。貴方に話しかける。』 -- 海空 2013-05-08 (水) 22:56:06
      • といっても、スイスとかフランスとかナポリとかローマとかちょっとわからないかもしれなかったか。
        要は地理的なものを例えたジョークだったんだけれど…まぁ、それはいいか -- 海空 2013-05-08 (水) 22:58:58
      • 先生なんか今不思議な感覚味わった…
        バスケットに入れて入り口においておくと、いつの間にか消えている不思議なシステムです。
        …俺は人間の食い物の味は良くわっかんねーからなぁ、まあエリちゃんなら喜んで食べるんじゃないか。今水とカロリーブロックぐらいしか食ってないし
        (やる気無さげに手を振る)めんどくせーから今のままで良いわ、年上だの教師だのここでは大して意味のないポジションだし…っていうか姿を変えるって何。 -- アルブレヒト 2013-05-08 (水) 22:59:02
      • ごめんね、僕見やすいほうがいいかなとか思ったんだがほら色々。
        空間転送かな。いやぁ便利なものだね。誰かの異能かもしれないが。それじゃ送っておこう。ついでに炊き込みご飯とサラダも。(トラックで運んでくる青年団のみなさん 送るだけ送って帰った。)
        語りと外見は合わせたほうがいいからね。ここの学園の子達からすれば、今僕の姿と語り口は求められる要素として合うものだから取っているだけというに過ぎないさ。
        それじゃ、お話しないかアルブレヒト殿。場所はどうしようか。海の上以外にも行けるけど?ここでは辛そうだしね。 -- 海空 2013-05-08 (水) 23:04:08
      • その空間転送の名前はエリちゃんっていってね(お腹がすいたら玄関に行って食料があるかどうか見て自分で運ぶシステム) そん なに  そんなに!?
        (歌って踊れる青年団みたいな方によって運ばれる食料を思わず二度見。)
        ……そういう不穏なこと言われると僕は困ってしまうよね
        (眉を顰めて、何とか笑いの形を作る)男二人でどこで話すもクソも、ここじゃ不味い話か?
        (確かに海上都市というシチュエーションは、種族的に厳しいことこの上ないが日常生活を送る上では何ら問題はない)
        進路の相談とかなら先生、新米だから乗れないけど -- アルブレヒト 2013-05-08 (水) 23:10:40
      • ね。突然こういうことを言うと大抵は困った顔になるんだよね。困ったな、いや切り出し方が悪かったんだと思うんだけども。
        そう。ここじゃちょっとね。エリザベート君のためにも、ここにいる警邏の人達にもならないね。彼らも仕事だろうし…いや、そうか、ちょっといじるだけでいいんだよね
        (何とはつたえず、いつのまにか手にしている杖を一本。風紀委員の誰も気づかない。今ここにいるアルブレヒトを除いては、そう誰も…その杖が振り下ろされたことには気づかない)
         
        (無音。この封鎖区域の音は消えた。なぜか。動くものがいないからである。時間停止というより、時間の隙間に入ったというのが正しい何か。)
        はい、これで誰にも聞かれる心配はありません。これでいいかな?あぁ構えなくてもいいよ。排除しに来たわけじゃないからさ
        エリちゃんのお話、そう彼女についてのお話。 -- 海空 2013-05-08 (水) 23:19:13
      • 先生は今いつ異能とやらで首を掻かれるか不安でしょうがないです
        (大抵の相手であれば立ち回れる自信はあったが、とにかくこの異能というのが厄介で、どうにも苦手だ)
        (まだ魔法の方が可愛げがある、と思う)
        (相手の動きに反応して、剣を抜こう…とした瞬間、世界から音が消えた)
        (鋭敏な聴覚をもってしても、葉擦れの音一つ聞こえない)
        うわあ……すっごいやだ…
        (抜きかけた剣を鞘に戻す、事も無げにこんな大層なことをやってのける相手、正面からやりあうだけ無駄だ)
        …先生エリちゃんについてそう知ってるわけじゃないからなぁ、期待に添える話が出来るかどうか
        (嘯きながら、肩を竦めた) -- アルブレヒト 2013-05-08 (水) 23:28:17
      • あぁこれは異能であって異能じゃないよアルブレヒト殿。異能には起源がある。この学園にあるものが起源となって発現しているのがここでいう異能(アート)
        僕のは別の起源だから、同種に思えるかもだけど別なんだよね。そこはさておきそういうことって誰も疑問に思わないよね。
        そうあるから、そうなんだって。この学園都市なんかもそうだ。一部は異能ありきの社会システム構築や組織までできている。
        そんなのおかしいだろう?でも誰も気にもとめない。僕の名前と同じ。海と空の狭間なんて誰も気に留めやしない、あるかないかわからないものにね。
         あぁ、大丈夫大丈夫。知ってそうだと思ったから聞いたわけだし、たぶん知ってるから答えられると思うなぁ。
        そう、うんそうなんだよね。3月と5月の間かな。詳しくは見てなかったんだけどさ。
        単刀直入に聞いた方がいいね。
         
        エリちゃんどうやって殺すつもりなのかな?
        いや、どうやったら殺せるのかな。
        教えてほしいな。 -- 海空 2013-05-08 (水) 23:36:26
      • ……もっとタチわりぃ…(うげえ、と露骨に面倒そうな表情)
        (得体の知れない相手だ、少なくとも頭のよろしい方ではない自分は苦手とするタイプだ)
        (得体が知れない、というより底が知れないというか、とにかくあまり深入りしたくはないが…そうも言えない状況らしい)
        俺含めて、そういう難しい考察は頭のよろしい人間にお任せしよう…っていう思考だろ
        突き詰めて金が貰える訳でもない、先生リドルって嫌いなんだよね… 殴って何とかなるものが好きよ

        (ますます面倒そうな顔、やり辛い。やり辛い相手だ。)
        ………エリちゃんは直接触らなきゃ無害なので遠距離からの一撃で一発だよ
        狂犬病にかかった犬始末するようなものだわ、噛まれなきゃ問題無い
        それを知って何をしてくれる?
        一応生徒に生徒を殺されるような真似は、先生したくねえなあ… -- アルブレヒト 2013-05-08 (水) 23:49:44
      • 風邪ってさ、風邪薬で何とかしようとするよね。誰も風邪を元から掛からないようにするとか、予防しようとしない。
        かかったから、なんとかする。アルブレヒト殿もそうだよね。厄介ごとがでたから、現れたと。
        そして誰も元をどうにかしようという気にはならない。めんどくさいから、都合がいいから等々…
         
        アッハッハッハッハ!アルブレヒト殿、ここに来て僕が「彼女にもし何かあれば僕の手で」などという歌劇のスタアのような男だと思っているのかい。
        そういうのは別の人だよ。少なくとも別の人だろうね。
        そう、あと考えるのが苦手ならあまり出さないほうがいいなぁ。その言い方だとあるというのが…あぁ、僕が気づいているのを理解してかな。直観的に。それは素敵だ。
        余分に時間を使ってしまったね。危なっかしい異能使い。暴走するかもしれないから監視者を置いておく。実にそれらしい理由だ。
        生徒の手を汚したくない、というのもね。でもよく考えればすぐわかる。ちょっと気づく。
        遠距離からの一撃とか。委員会や統治会で十分対応できるんだよね。アルブレヒト君必要ないでしょ?
        いやぁよかったよ貴方が来てくれて。そういうことを知らないままだったら、殺せなかっただろうねエリちゃん -- 海空 2013-05-09 (木) 00:00:53
      • ……いやあ、それであれば俺にこうして聞きに来る必要もねえだろ
        (そもそんなことをしなくても、あんな貧弱な少女殺せるだけの能力は備えているように思える)
        (つまり質問の本質は別にあるのだろう、実に面倒な相手だ、とため息をついた)
        (実に不本意ではあるが、掌の上で弄ばれていると感じる。弄ばれてやるか、と言えるだけの余裕は無い。)
        …こういうことは何のしがらみもない外部の人間がやったほうが後腐れ無いだろ、そういうことで良いじゃねえか
        おいおいついに君付けかよ…
        (気に入らない、気に入らないがここで剣を抜いてどうにかなる相手じゃないのも分かる)
        (半端に年を取るとこういう時に歯痒いな、と眉を顰めた)
        先生はただの雇われなんでも屋さんですよ、君を愉悦されるような事は何も言えません
        (お手上げ、のポーズを取って)持って回った言い回しは苦手なんだ、直球でいこうや… -- アルブレヒト 2013-05-09 (木) 00:19:38
      • 簡単に言うとね、彼女が欲しいんだ。
        そう。今よりもう一段階上に昇華された彼女がね。
        彼女すごいよ、いや驚いた。人間の願いというものはあそこまで純粋な力になるんだね。
        あれはエナジードレインじゃないなぁ死だよ。要は。この地に行けるものに甘き死を存在だ。
        不条理、実に。もう少しいけば、一切合財死をまき散らす本当の意味での災害になると見ている。
        そんなことをできるのは人だと思うかい?神か悪魔だよ。理不尽な死をまき散らせるのはね。
        ただ今の彼女はまだまだ優しいし、愛らしいからね。一度や数度死んでもらってその異能を、願いを昇華させなければなと思っているんだ。
        ハハハハ、人間の願いの力はすごいよ盲目で強力で愚かで愛らしい。真なる欲求だ。一度願ってしまえば購う術などない。
        苦悶が苦悩へと変わり、叫びへと変わり。もたらされた異能という祝福。
        ──寂しい憐れな少女に新たな祝福をね -- 海空 2013-05-09 (木) 00:39:43
      • (天を仰ぐ、一切動く気配すら見せない雲。青空がいっそ寒々しい)
        (やり辛い、何もかもお見通しという態度が非常にやり辛い。それでいて言っている事は一切合切間違っていない)
        (せめてシラを切り通せるほど頭が良ければ、また抱く感情も違ったのだろうが)
        祝福、祝福か?呪いだろ
        (吐き捨てるように言って、剣を抜く。)
        (普段であれば滅多に抜くことはないが…)めんどくせえ呪いだけど今ならまだ取り返しがつく
        このまま平穏無事に社交性を取り戻して、卒業していただくのが俺の望みだからな
        …そのために邪魔になりそうだったらここで斬る
        わざわざ救われない化け物一匹この世に増やすことは無いだろ -- アルブレヒト 2013-05-09 (木) 01:01:02
      • おやおやどうしてそう思うんだい?だってそうだろう?これは彼女が望んだことなんだから。
        いや…その言い方だとそうだな、その異能の根幹たる願いを。彼女から願いが生まれる何かを知っているみたいだ。
        うん、君の言っていることは何一つ間違っていない。むしろ正解に近いんじゃないかなぁ。
        でも、それはできないよね。だってまだ気づいていないんだからさ、本人が。いやぁでもどうだろうなぁ彼女には優しいお友達がいっぱいいるからね。
        一回ぐらい壊しても大丈夫だよきっと。
        それに壊した後は、彼女はまた別のものになるわけだから化け物になるわけではない。
        神聖な、それこそ与えるものに変わるかもしれないしね…
        あぁそうそう、この話はエリにしてもいいよ。しなくてもいいしね。早くなるか遅くなるかの違いだし。
        物騒なものはおやめよアルブレヒト君。言ったじゃないか、お話しに来たって。
        でもそういう雰囲気じゃないね。君は結構義勇に溢れているのかな、うん。それとも経験からかな?
        どちらにせよ君と遊ぶつもりはないしね。また今度、そうだな…もし、できるのであれば。年度が変わるころにでも。
         
        またね
        (そして世界は動き出す。その場所に男はいない。後に残ったのはアルブレヒトのみ。周囲の風紀委員は何事かと驚くばかりだった) -- 海空 2013-05-09 (木) 01:20:23
      • (ああめんどくせえ、と頭を振る。これ以上応える必要はない)
        (一つぐらい的はずれな事を言ってくれれば笑い飛ばせるものを、的確に急所を射抜いてくる)
        (人を喰ったような話し方にくわえ、それが実に気に入らない)

        (踏み出した一歩、それで一気に距離を詰める。)
        (疾風の如く、異能を持たずとも人ならざる身体があればこそ出せる速度)
        (一瞬にして掛けられた負荷のせいで、蹴ったタイルの割れる感触)
        (その首を横薙ぎに断ち切ってやろう、と剣を構えた瞬間に…世界が動き出した)

        ッぁ!?
        (振りぬいた剣は、目標を見失って家屋の壁を裂く)
        (周囲の視線が一斉にこちらに向いた、乱心でもしたか と)
        (…逃げられた…、訳ではない)
        (単純に、目的は果たしたから帰ったというだけの話、それがいよいよアルブレヒトを激昂させた)
        …くっそ!(憎々しげに、家屋の壁を蹴りつける)
        (どうしたのか訪ねてくる風紀委員を乱暴に追い払いながら、壁から剣を回収しその場を後にした) -- アルブレヒト 2013-05-09 (木) 01:53:31
  • 求: 以前冒険で一緒になった方が、気付いたら同じ職場にいたときの接し方
    どういうことなんです……? -- ウォール 2013-05-04 (土) 01:36:32
    • 気のせいじゃないっすか…(一応設定的に)
      他人のそら似とかだと思いますけど、まあとりあえず同じ教師としてよろしくお願いします -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:37:53
      • 気のせいじゃないと思います……(設定的にそういうことにするしますした)
        本人のそら似ってことで、改めてよろしくお願いします。あと「セックス!」の他に「ファック!」って挨拶も提案したいけどなかなか使い所が難しそうですね。 -- ウォール 2013-05-04 (土) 01:43:06
      • いや…前職の絡みであっちこっち転々としてたので覚え無いっすね、申し訳ない
        そんなことを言われても僕は困ってしまうよね。
        今思えばあれって冒険者の街だけの文化じゃねえのか…文化広まんのはええな -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:44:59
      • しょうがないにゃあ……許すよ。 どうなんだろうー。この界隈だけの文化のような気がしますが、
        アナルブレヒト先生がセックスとかファックとかやらないかとか校内で声をかけて回っても気にしない程度のやる気の無さが私にはあるのでどちらにしても安心してくださーい。 -- ウォール 2013-05-04 (土) 01:52:11
      • 許された…
        この界隈って洋上校っすよね、冒険者の街でも似た挨拶を聞いたような気がするような…
        やらねえよ……(水上都市で常時具合悪いのでローテンションに否定する)あ、はいありがとうございますありがとうございます…はい -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:54:19
      • あー私は街から海を凍らせて渡ってきた(というどうでもいい設定がある)口なので、ここも冒険者の街のご近所って感じカナー(くそみそテクニック風語尾)
        とにかく私に対するその感謝の心を忘れずに生きていってください。それがアナルブ先生の今後の糧になると思いますから……カテコではない(適当ぶっこいて帰って行きました。ありがとうございます!) -- ウォール 2013-05-04 (土) 02:00:02
      • うへえ(生ける神話は伊達じゃねえな…という顔)その理屈だと全世界がご近所になるのでは…?
        あ、はい あざっす あざっす…(頭を下げて見送る 見送った)
        …めんどくせえなあの生神… だるい… -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 02:02:11
  • 一人遊び用とあと一応教師キャラ居たほうがイベントの時(自分が)楽かなみたいなアレ -- 2013-05-04 (土) 01:17:25
    • 夜はおさかんな教師なんだワ… -- 2013-05-04 (土) 01:22:18
      • セックスさん来ないな…と思ってたら違うのが来たわ…
        先生モブい子が好きだからちょっとこの学園辛い
        おにーさん可愛い子イルヨ!って言われてワクワクしながらお店はいったらわくわくわんにゃんランドだったぐらいの辛さ -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:23:34
      • まあニャンニャンできると思って入ったら居たのがワンニャンじゃねぇ…
        強く生きて先生 -- 2013-05-04 (土) 01:27:58
      • 先生モブい子好きなんだよね…ここは冒険者の村です!って言って一生を終えそうな感じの…
        だめじゃんここ異能とかさ…そういうの無いじゃん… 好きな絵描きさんが特殊性癖に目覚めちゃったみたいな辛さ…
        「ふふふ君かわいいね…このもふもふのところとか…濡れた鼻とか…」とかやっても虚しい…見知らぬ生徒に慰められたわ 頑張るわ先生 -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:30:46
      • (なおモブっぽい生徒は居たが男子だったという) -- Q作 2013-05-04 (土) 01:49:18
      • (死にたい顔)
        でも女の子でもそのうち異能に目覚めちゃうんでしょう そういうのわかっちゃう…
        モブっぽい男子も人間的に好きだから贔屓にするよ(した) -- アルブレヒト 2013-05-04 (土) 01:51:45

Last-modified: 2013-05-09 Thu 01:53:31 JST (3341d)