qst089348.png
画像はpicrewで作成
概要
名前ハロウ・イーン
年齢15歳
種族人間
身長148cm
RP傾向ゆるり
職業ポストマン
企画サルベージ船団
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png

コメント欄だって。コメント欄ボタン Edit

それはそれとして夜勤中につき反応はにぶめらしいよ。
日勤だと思った?残念夜勤でした。

&color(#a4a8d4){ };

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • なにかとてもシンパシーを覚える文面が見えた気がしますが(color置き場の上あたりに)まぁ置いておきましょう。
    ごきげんようハロウ様、その後さるべいじの調子はいかがですか?(機嫌伺いゴーレムが一体出た!コマンド?) -- ドルチェ 2020-12-03 (木) 22:30:10
    • それはとても悲しいことだね…なんなら年内はずっとこのままらしい(沈痛な面持ち)それはさておき。
      僕の方はぼちぼち……あ、でもないかも。渡りに船と言う奴では?(ちょっと待ってね、と手で制し)
      (再び現れた時には手には獣の耳を模したものを持ち)どうぞ。こちらが僕の最近のサルベージの調子を表す…その名もドルチェさんにぴったりの犬耳だそうです
      -- 2020-12-04 (金) 02:07:09
      • なにやら正月休みがなかったことになった誰かのシンパシーが天も次元も突破しそうになってるらしいですが、それはそれとして。
        はて。ドルチェに犬耳……犬耳?(ハロウの手にあるそれを見る。とても耳)
        ……ドルチェには犬耳と猫耳と狐耳の違いがよくわかりません。わざわざ「犬耳」と特記するからには犬耳ならではの特色があるのでしょうか?(わからん…ぜんぶ獣耳に見える…) -- ドルチェ 2020-12-04 (金) 21:43:56
      • 僕は割りと犬派なので犬耳といっているところが多分にあることはおいておいて(置くジェスチャー)
        猫耳との違いはまず大概の場合耳が立っていると犬耳、寝ていると猫耳にされやすい気がする。
        同じ立っている耳でも、犬耳と狐耳ではその形が重要視されるかな。よりシュッとしている方が狐耳と言われやすいけど、この辺は個人差と…なにより付属して付け足されがちな尻尾が一番の見分け方になるのかな
        確かに耳だけだとこれなんの耳って言われてパッと答えられたらすげえ奴かもしれない… (以前と比べ物にならない流暢な喋りを見せる)
        -- 2020-12-04 (金) 22:06:21
      • ロンゴミニアド号には猫がおりますし、ドルチェ自身あの子とは仲良くしているので、どちらかと聞かれれば猫派でしょうか……アッハイ(置いといて)
        ふーむ。むしろ猫の耳がぺたんとしているところはあまり見ませんね。犬の耳は有名な犬小屋の上で寝るいぬみたいにぺたーっとした…ああした耳がありますが、猫の垂れ耳は聞いたことがないです
        ですが犬耳と狐耳を分かたつ要因が尻尾にあるというのは納得できます。狐の狐たる所以は耳より尻尾にこそあるのですね(うむうむ。納得できた!)
        ……というか。お好きなんですか、耳?(めっちゃ流暢に語るなこのひと…) -- ドルチェ 2020-12-04 (金) 22:41:20
      • 寝ている、と言う表現が少し間違ったっぽいね。何て言うのかな…まあいいか…!
        そうそう。犬種によっても耳の形って違うからね…僕はドーベルマン好きだからやはりああいう耳が好き。あと狐耳は耳毛の部分がやたらとふさふさしてる。
        んん…(指摘されてようやく詰まる)いや…耳が好きと言うわけでは特になく。単に動物が好きと言うか。そんな感じ(びっくりするくらい波の引いた様子で)
        -- 2020-12-04 (金) 23:07:28
      • ……むーん?世界一有名なビーグル犬のような耳ではなく?あぁドーベルマンの耳はぴんとしておりますね。ドルチェはいぬもねこも長毛種が好きです、いえ感情ありませんが(もふもふはいいものなんだよ!)
        狐耳は耳穴がふさっとしているというのもまぁわかりますね…つまり耳毛がなくてまるっとした耳のこちらはやはり犬耳…?やはり受け取った以上はつけたほうがよろしいのでしょうか?(とても耳。)
        動物は確かにカワイイですが、動物の耳を模した飾りを装着した人間は動物に比するほどカワイイなのでしょうか…?人間のカワイイはよくわかりません(なんかすごくクールダウンしたハロウを見て首をひねるぞ) -- ドルチェ 2020-12-04 (金) 23:57:33
      • 何て言うのか…カチューシャの頭頂部から横に向かって延びる形に表現されやすいのが猫耳でこめかみ部分から頭頂部に向かって延びる形で表現されやすいのが犬耳みたいな…そういう感じ(エアろくろ)
        まあせっかくだからつけた上でロックに評価を願うといいのでは(自分は興味ないとでもいうかの如く)
        あー…そこは別ラインなんじゃないかな?部分だけ切り取ってるわけだからさ。例えばイルカとイルカ型の獣人ではやっぱりかわいいの路線が別な感じするでしょう
        -- 2020-12-05 (土) 02:18:42
      • ふーむ……位置が違う、ということですか。「狐耳はわりと頭頂部から生えてる気がする!」と誰かが熱弁してますが放っておきましょう。
        ドルチェ的にはなんというか、いぬみみキャラには耳をウリにしてない感がありますね。いぬ属性を全面に押し出すのがメインというイメージがあります。
        マスターはドルチェがなにかするとなんでも褒めてくれる人なので評価基準にならないのです。ハロウ様のようにフラットな方からカワイイを頂いてこそ客観的評価と言えるとドルチェは考えます
        カワイイなイルカ獣人……ゾーラ族のような感じですかね?確かにゾーラのカワイイとイルカのカワイイは違うように思われます。「いぬを模していぬっぽいムーヴをする人間はカワイイ」ということですかね?(言いつついぬみみを装着してみる。シャキーン)
        わふん。鶏頭水煮とわんちゅーるをありったけよこすわふん(発言だけいぬっぽいが思いっきりいつもの真顔だ!) -- ドルチェ 2020-12-05 (土) 19:55:53
      • あぁ、確かにそのイメージはあるかも。猫っぽい人はそれらしさを押し出すとちょっと引き気味になってしまうけど犬っぽい人はそれほどあざとくならなさそう(犬派の偏見)
        そうなのか…確かにアイツ誰にでもすぐにとりあえずかわいい言ってる気がする…(脳内ロックくんはいい笑顔で親指をたてている)
        まあ、後は単純につけた人そのものが自分のかわいさに属性を足してブースとしよう見たいな…(腕を組んでるうちに耳は装着され)
        よ、要求が激しい…!(思わず衝撃顔を晒しつつ)…貝ひもならあるけど(おおよそ犬向けでないものを提案しながら)……あ。うん。確かにこれはドルチェさんにぴったりだと思う(こちらもいつものテンションのままだがドルチェにだけは少なからず心拍数が上がったのがわかるだろう)
        -- 2020-12-05 (土) 20:36:45
      • ねこっぽさを全面に出すとわりと付き合いにくい人間が出来ますからね。そっけなくて現金で…およそ猫のビジュアルがなければ許されない性格してますよ、猫(猫派の意見)
        そうなのです。あのマスターは節操がないと言うより女性に対して褒める以外の語彙を知らないレベルで褒めてくれるので逆に張り合いがありません。……いえ、達成感を求めているわけではないですよ?感情ありませんので
        貝ひもで問題ありませわふん。犬ガムよりうまあじわふですので(受け取ってもぐもぐ)……ハロウ様はあれですね、意外と打たれ弱いというか…せっかくドルチェにぴったりと太鼓判を押してくださったのです、もっとよく見てわふください(すごく…そっぽ向かれてます…) -- ドルチェ 2020-12-05 (土) 21:02:21
      • でも猫はビジュアルが強いからね…そこでかなりのポイントを稼いでくる…犬はたまにブサかわ系もいるから…
        ……その、わふっていうのは犬感増量キャンペーン見たいな…?(とりあえず聞いてみる勇気)
        …違うよ?なんていうのか…ヒートショック的な?いきなり温度差があるとビックリして心臓に悪くない?
        (四の五の言っているが要は平穏を保つために目をそらしているわけで)ぐぅ(の音しか出なかった)
        (観念してそらしていた目を戻し)……うん。本当にぴったりだと思うよ、えー。うん。これはかわいい、だと思う(照れくさそうな姿はなかなか見られるものでなく)
        -- 2020-12-05 (土) 21:14:14
      • ブサカワキャッツ!もいないではないですが、いぬほど顕著ではないですね。そう言うと品種による顔パターンの相違も少ないですし、バリエではいぬに何歩も譲る感があります(チワワとチベタンマスティフで雑種ができるのがいぬなんだ!)
        はい。せっかくですので「いぬみみ状態で、より人々に愛される口調」をデータベースより拾って参りましたわふん。いかがでしょうか?(なんて言いつつ上目遣いで攻めてみるが)
        ……ぐぅ、と来ましたか。唸り声で威嚇するレベル……(若干うつむき加減になってから)……ほんとに?(あっカワイイ発言を受けて顔を上げた!)
        ふふふ、思いがけず新たなカワイイを得ることが出来ました…ハロウ様おひとりの評価では普遍的カワイイとは言えませんし、道ゆく人にアンケを取ってみるとしましょう
        ドルチェ自身は何がいいのかよくわかりませんが、ハロウ様の反応を以て「悪い仕上がりではない」と確信できました。
        それではドルチェは己のカワイイを測って来ますのでこれで(しぴっ、と手で例を作ってから)
        ……アリがさうございます。次会うときにはもっとカワイイなドルチェをお見せしますよ……そう、ドルチェはハロウ様認定のカワイイゴーレムですので(得意げに鼻息ふんすして大道理に向かってった。あぁわりとこうひょうだったみたいです。何度かメイド喫茶の呼び込みに間違われたけど) -- ドルチェ 2020-12-05 (土) 21:35:02
      • そのデータベースは割りと早めの更新を掛けた方が無難では…?(信憑性…!と呟きつつ)
        いやそう言う警戒とかではなく。かといってそう言うのに強いわけでもなく…(スウッと再び視線を逸らしつつ)
        まあでもうん、悪い仕上がりではない、というよりかなりいけてる仕上がりですよとは言っておきます。その僕認定ってのはなんか恥ずかしいのでやめて…!(なんやかんやいいながら見送った後)
        『写真でもとっておけば良かったな?』うるさい茶化すな(等と相棒にからかわれていたそうな)
        -- 2020-12-05 (土) 21:44:16
  • ふふふ今更だけどクリパの時に認知バイアスが掛かってるってどゆことだろって思って気になったので改めて聞きに来たあたしだ。
    あ、これはおみやげのいきつけ菓子屋特性合成かすてぃらです。貴方なら美味しく食べてくれると信じてる!(きらきらっ、とした微笑み) -- シェラ 2020-12-06 (日) 23:11:59
    • おーぅ…(突然欧米の人的リアクションをとってしまいつつ)あれね…覚えてたの、すごいな…(あからさまな視線そらし)
      む…カステラ…!(甘いものを前にしては無力であり)とりあえず、お茶をいれようか…最近、はまってるんだ(言いながら、割りとお高い茶葉を用意し始め)
      -- 2020-12-07 (月) 19:20:56
      • ほわぁい?(なんて笑ってこっちも大仰に言いつつ)やー、ぜつみょーにずっと引っかかってたんだよねー。こう、魚の小骨が喉に引っかかってる的な。ふふふー、こっち見てよハロウくん?(と逸らした視線の先に回り込もうとするも)
        お気に召してくれると思ってました!あ、ありがとねー……なんかけっこーいいヤツじゃない?天然モノ?(なんて、茶の用意を見れば腰を落ち着ける) -- シェラ 2020-12-07 (月) 21:40:54
      • カステラは特に好きなもののひとつに数えてもいいくらいには好きだからね(クリスマス会で顔を知っているお陰で人見知りして言葉につまるはそこまででもなく)
        特にここ極点海域に来てしまったお陰でガンガン高級品になっているよね。でもやっぱりいい奴飲むと落ち着くから…(というわけで淹れたてのあつい紅茶と角砂糖を並べつつ)
        それじゃ…ええと…(カステラを前にそわそわしだす)
        -- 2020-12-07 (月) 23:09:39
      • それならよかった!んー、いい香り!(紅茶には、角砂糖を、一つ、二つ、三つ、四つ…ちょっと入れすぎではないか?というくらい入れて)
        流石に物流もちょっと滞ってるからねー、前にグランド・スターズに会えてなかったらどうなってたことやら…あちっ(カップを傾けて、ちょっとしかめっ面。猫舌気味だ)
        ………どしたの?もしかしてばいあすの話って言っちゃいけないこと…だとか?(などと、少しだけ声を潜めて言う) -- シェラ 2020-12-08 (火) 00:49:19
      • まあ実のところこんなに熱くいれなくてもいいらしいんだけど(顔をしかめるシェラのために氷も用意し)
        (小声で尋ねられれば)……?あ、いや。まああんまり…ってところではあるんだけどそうではなくて(カステラを見ながら)
        こういうの、僕から手をつけていいものかわからないなって(完全に土産物を食べるタイミングでそわそわしていたらしく)
        バイアスの話は結構簡単な話でさ。たとえば、これ(眼鏡を外して見せながら)眼鏡をかけている人は、きっと目が悪いんだろうって思うよね?
        -- 2020-12-08 (火) 01:19:07
      • うう…ありがとー…(氷を一つぱくり、舐めて舌を冷やす。ついでに小さな欠片を紅茶に入れて…少しだけ冷ました後、改めて)あ、おいしー(一口。安物では出ない深い香りを楽しみつつ)
        ……ああ!そゆことか!いいんだよいいんだよ!食べてもらうために持ってきたんだし!けっこー礼儀正しいんだねハロウくん!(けらけら笑って、ならば、と既に切り分けられているカステラを一切れつまむ)
        (合成ながらも嫌味のない甘味のそれを楽しみながら、メガネを見て)うん、そだねー。色付きなんだったら、日除けかなとかまた感想は変わるけど、まー目が悪いんだろうな、って思うよ。
        あたし特に初見の印象でちょっと決めつけちゃうことも多くて、それで失敗したりもするけど…(などとカステラをもぐもぐしつつ話を聞く) -- シェラ 2020-12-08 (火) 01:26:56
      • この眼鏡に始まり僕は割りとそう言う『第一印象でコイツはそれなりにしか使えなさそう』と思わせる方向でバイアスをかけて生活してるのです
        なんでかといえば、過度な期待を背負わされても困ってしまうよね、ってことなんだけど
        例えばこのカステラだって、合成だよって最初から断られているからそう言う感じに思うけど伏せられてればどっちだろう…?ってなるよね。そこで指標にされるのがそれを誰が持ってきたか?とかになる
        普段から高級なものばかり扱ってる人なら高級なものだと思うだろうし、そうでない人なら包みとかで判断することになるだろう
        そんなわけで、僕は僕自身を安売りしていると言うわけだね…うん。美味しいカステラでした(ごちそうさま、と手を合わせ)
        こんな感じの答えしかないのだけど…(すまなさそうな声で)
        -- 2020-12-08 (火) 05:13:21
      • あー…(と説明されれば納得をしつつもぐもぐ。ごくん)それってよーするにー(紅茶をこくこく。甘めに入れた香り高い茶がまた舌を楽しませる)
        能ある鷹は爪を隠す、的な?リミッター制御、的な?なるほどねー(分かったような分かってないような事を言いつつ、うむり、と一つ頷いて)
        つまりハロウくんはー…器用なんだね!(なんて結論に達したらしい)人間、割と人にどう見られてるかって分かってないで暮らしてる事が多いと思うけど、
        ハロウくんは見られたい自分を自分できちんと調整して過ごすようにしてるってことかな?ああ…でも甘いの好きなのも、見られたいハロウくん、なのかな?(どういたしまして、と微笑みながらそんなことを言う) -- シェラ 2020-12-08 (火) 21:54:44
      • そんなかっこいいものじゃないよ、能無しだから期待して欲しくないだけ(常に単調なテンションなのもその一貫で)
        大体そういうことになるのかな…改めて整理すると、僕割りといやな奴じゃないか…?(やめる気はないけど、と付け足しつつ紅茶をすすり)
        まあ、そうかも。甘いものは実際好きだし、好きってことにしているとこうしてありつけたりするからね(ごちそうさま、と手を合わせ)
        -- 2020-12-09 (水) 02:53:59
      • ふふふー、それも物は考えよう!サルベージャーなんてちょっとズルいくらいがちょーどいいし、ズルさだって極めればそれはそれで一つの特技!
        それに、自分の身の程を知ってる奴ほど、ライバルとしちゃ厄介だっておとーさんも言ってたしね!…だからこそこーして、あたしもまんまとカステラを持ってきた、ということだしね(なんてくすくす笑い)
        いやー、でもそーゆー風に人生哲学…って言うと言い過ぎだけど、スタイルを持ってること自体は立派じゃないかなー?
        (あまり身近に居ないタイプだ。などと少し感心し…所でサオは居ないの?とか言いつつ近くに随伴してきたアルクスを紹介したりして、品の良い茶を楽しんでいったとか) -- シェラ 2020-12-09 (水) 21:45:17
お名前:

設定とか Edit

  • ハロー、ハロー。ハロウだよ。古い言葉で、こんにちは。
    • 小柄な体躯、ハスキーな声、のらりくらりとした態度。
    • 一人称は僕。
    • 男性的とも女性的とも言えない容姿。ファッションも同様。
    • 普段は郵便屋として小遣いを稼いでいる。
    • 釣具型の小さなサルベージ道具を愛用している。
      • コレ自体が古代文明の遺産であり、人語を介しコミュニケーションが取れる。
    • 必要以上は話さず、必要以上を聞かない。
    • 短い日記をつけては海に流すという特殊な趣味がある。
    • 特殊な血を引いており皮膚を切る程度の軽症であれば数分で治る。
    • 最近は引き上げた拳銃を手入れして使っている。弾丸等維持費がバカにならず使用頻度は低い。

  • サオという。ひどい名前と思わんか。
    • 釣具型の簡易海底探査機。
      • 本来は別の用途を持っていたらしいが詳細不明。
    • ロッド、リール、ルアーに釣り糸のセットで一つの探査機として作用する。
      海底探査時はルアー部を目として機能させることが可能。
      • サオ本体の自我は文字通り竿、ロッド部にある。
    • 古臭い喋り方を好み、落ち着いた雰囲気を纏う。
    • 普段は短く収納した形で携行されている。

この名簿はまだ工事中でーす。 Edit


Last-modified: 2020-11-08 Sun 04:48:24 JST (395d)