シニッカ・ヴァルッキ Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp029768.jpg名前シニッカ
出身家ヴァルッキ
年齢16
性別女)
現職混沌術師(カオスソーサラー)
理由力の制御を学びたいから
状態冒険中
現在拠点
企画http://notarejini.orz.hm/?%B4%EB%B2%E8%2F%A5%D7%A5%C1%B3%D8

 簡易説明 Edit

人間とメドゥーサの間の子
いじめを受けこの地に親子で来た
常にビクビクおどおど

 コメント Edit

お名前:
  • シニッカさんもいかがですかメイド、気弱メイドは重要なファクターですね
    ヘマをしでかしてご主人様に必死で謝罪する、とても良いですね、思わずへまをするような仕込みをしてしまいそうですよ
    と言う訳で出会い頭の照射でございます(むぴー、放たれるメイド服になるビーム) -- レズエル 2015-06-01 (月) 09:31:40
    • えっ!?なに、どういうこと!? えっ、えっ!?(古き好きメイドスタイル)
      め、メイドのお仕事ってへますることじゃ……っていうかなんですかこれ! どういう理屈でメイドさんの服を着てるんです!? -- シニッカ 2015-06-02 (火) 00:09:56
      • おや可愛らしい、これは1,2回のへまは怒るに怒れず3回目でおしりペンペンですね、その場合メイドの偉い人からされてしまいますね
        どう言う…それには二つの理由があります、一つは(私の中で)メイドブームが到来したから、そしてもう一つはお着替え光線によるものです
        どうして着替えさせられるのか?そっちの原理は私にもわかりません(差し出される真空パックされた今までシニッカが来ていた服)このようにお着替えなので前の服はちゃんと残ります -- レズエル 2015-06-02 (火) 08:56:26
  • シニッカを後ろから抱きしめ隊総勢1名参上即任務開始!(背後から抱きつこうと) -- シトラス 2015-05-27 (水) 02:04:46
    • わっひゃ?!(びくん、と過剰な反応を見せたかと思えば……髪の毛がゆらりとうごめいて、蛇になる!)
      あっ、だめ、見ないで――!!(そのまま蛇の眼を見続ければ、石化してしまうかもしれない!) -- シニッカ 2015-05-27 (水) 19:45:41
      • (背後から抱きしめようとして何だか髪の毛が蠢く様な感覚は肌で感じながら)
        えっ、見なければ今日は何をしても構わないって?でも限界だ、見るね!?…ちょっと髪の毛傷んでる?前よりだいぶ堅くなってるけど
        (よいしょっと手のひらで蛇になった髪を押しのけてシニッカの顔を見ようとする。髪が蛇になっていることすら気付かすきっと恥ずかしがってるだろうなと言う思いもあって覗きこもうと) -- シトラス 2015-05-27 (水) 19:56:08
      • えっ、いや、えっ!?
        (よもやそこまで直線的とは思わず戸惑う。もしもこのままシトラスを突き放せば、逆に蛇の目に晒すかもしれない――選択肢は、一つだけだった)
        〜〜〜っっっ、シトラスさんっっ!! わたしだけを見てくださいっっ!!(後ろ手をシトラスの背に回して逆向きに抱きしめ、額をこつんと合わせるぞ!) -- シニッカ 2015-05-27 (水) 22:32:04
      • (ある意味でどこまでもまっすぐな少女はただただ正面から向き合おうとして)
        今度は見てとかどういうこと…まあ言われなくたって!(そうして額を合わせて吐息がかかる距離、情熱的な抱擁となりながら)
        あ、良いにおい…(よもや生命の危機に瀕しているとは思っておらず、どこか嬉しそうにはにかんで) -- シトラス 2015-05-28 (木) 02:13:29
      • (対するシニッカは、ここまで近距離で誰かの顔を見たことがないのに今更気づいてぼふっと顔を真赤にして)
        あ、あああ、あああああ! い、いいにおいとか、じゃ!!(シトラスの温かな吐息が鼻にかかってくすぐったい。華奢な体からは、朝に入ったシャワーの、シャンプーの香り)
        (やがて、しゅるしゅると髪の毛は元に戻っていく……敵対心はない、と蛇が判断したのだ)
        はわわ……よかった……(ホッとした様子で腕を緩める) -- シニッカ 2015-05-28 (木) 22:52:24
      • (かかる吐息、鼓動すら感じる程の距離に思わず身悶え。表情の変化もつぶさに確認できて頬はだらしなく緩んで)
        良かった…?ということは…(今の状況、自分の身に何が起こりかけてるのか知らずに抱きしめたまま…背中に回した手がさわさわと身体を撫で回しつつ)良いの、このまま…?
        (少なくともこのまっまではあまり健全な方向に向かうことはない) -- シトラス 2015-05-28 (木) 23:04:11
      • へ……? ひゃぁっ!?(シトラスの手が自らの体中をまさぐれば素っ頓狂な声が出て)よ、よくな、よくなひっ……!
        (真っ赤な顔でぷるぷる小刻みに震える。そういえばシトラスはそういうタイプの人類だったと忘れかけていた)そ、そういう、のは!! その、す、好きな人とっ! することだと、おも、ひ、ます……!!
        (言ったあとでこれじゃ嫌いって言ってるようなものじゃんと慌てて)あ!! だ、だからといってシトラスさんが嫌いってわけじゃ、その、全然なく、って……!!(どう伝えればいいか分かっていないようでめちゃくちゃ狼狽している) -- シニッカ 2015-05-30 (土) 00:43:36
      • んーと、つまり…(さわさわ、すりすり…と手を止めずにいたが)なるほど…あたしはシニッカの事好きなんだけどな?ね、本当にこれ以上触っちゃダメかな?
        (そこでようやく手を止めて問いかけて)今シニッカに自分だけ見ててった言われてすごく嬉しかった…だから、あたしが出来る精一杯の愛情表現をと思ったんだけど…
        まあ流石にちょっとやり過ぎたよ(解放してごめんと謝罪して) -- シトラス 2015-05-30 (土) 14:07:03
      • その、えと……好き、って、その、色んな意味が、そのう……(もごもごと言いよどんでいる。自信がないのだ)
        ……しと、らす、さん。実は、ちょっと、お話したいことが、……あるんです。(謝るシトラスを見て、決意したのかきっと眉を上げて) -- シニッカ 2015-05-31 (日) 00:12:32
      • …ああ、大丈夫!シニッカの身体も好きだけどシニッカだってそれに負けないくらい好きだから…と、なんだろう?
        (普段よりもより意思の篭った様子に姿勢を正して) -- シトラス 2015-06-01 (月) 21:26:03
      • う……(面と向かって好き、等と言われると、これから言おうとしていることが本当に言っていいものか躊躇われた が)
        ……その、さっき、わたしに、抱きついた時……髪、固くありませんでした……? なんか、やけにうねっているというか……
        ……シトラスさんは、「メドゥーサ」という種族をごぞんじでしょうか -- シニッカ 2015-06-02 (火) 00:08:58
      • さっき?……ああ、何だか確かに…ちょっと髪が傷んでるのかなとか、凄い枝毛なのかなと思ってたけど(言われてみれば今はそうでも無いなと首を傾げて)
        メドゥー…サ?いやあ、あたし種族関係はあんまり詳しくは…(それがどうかしたのと首を傾げて) -- シトラス 2015-06-02 (火) 00:19:20
      • そう、ですか……メドゥーサというのは、まあ、簡単にいえば髪の毛がヘビになっている魔物でしてね……その蛇の眼を見ると、石化してしまうのです
        ……わたし、は……(ごくり、と喉を鳴らす。分水嶺だ)……その、メドゥーサ、の、子供……なん、です…… -- シニッカ 2015-06-02 (火) 02:01:00
      • へぇ…世の中には色んな種族がいるもんだなぁ…ん?(そしてシニッカの様子、ためらってからの言葉を聞いて)
        んー……と言う事はつまり、シニッカはメドゥーサの子供ってことか…。うん…え、っと……それじゃさっき見ないでとか見てとか言ったのは、髪の感覚とかから…あたしが石化されそうだったからってこと?(きょとんとしながら、情報を一旦整理しようと) -- シトラス 2015-06-02 (火) 18:45:55
  • あれからどうだい・・・ちったぁ落ち着けるようになったかい? -- ホリー婆さん 2015-05-25 (月) 20:51:11
    • あ……先生……!(その姿を見ればほんの少し笑った。以前より表情が柔和になったと思うかもしれない)
      本当に、ここの人はいい方ばかりで……なんとか、やっていけそう……では、あるんですけど、ね……(それでもまだなにか心残りがあるのか、だんだんトーンが下がっていく) -- シニッカ 2015-05-25 (月) 23:46:39
      • いい顔だ、友達に恵まれたかい?(ほほほと此方も笑って)
        おや・・・その分じゃいい事ばかりではなかった・・かい?(トーンが落ちていく様子に、緊張を解すような優しい声音で尋ねて) -- ホリー婆さん 2015-05-26 (火) 00:37:34
      • はい、わたしなんかを、友達、って……言ってくれる人も、いて。……すごく嬉しかったんです。
        でも、……まだ、この「髪」のことを、言ってなくて……(石化のことを話せば嫌われてしまうのではないか、それを話すのが怖いらしく、バレた時取り返しがつかないことになったら……と、心配しているようだ) -- シニッカ 2015-05-26 (火) 22:28:30
      • 自分に自信が持てないんだねシニッカ・・(「私なんか」という言い回しに悲しげに首を振って頭を撫でて)
        ・・・怖いんだね・・友達って言ってくれた人達に嫌われるのが(うんと頷いて)でも・・嫌なら言わないって手もあるんじゃないのかい?
        誰にだって秘密にしたい事の一つや二つある物さ、なのにアンタがその髪の事を言わなきゃいけない理由はなんだい?(知ってもらう事で注意してもらえるという事もある筈だ・・・それに気付いて欲しい) -- ホリー婆さん 2015-05-26 (火) 23:14:06
      • う……わ、わたしなんて、その、いいとこぜんぜんないですし……みなさんが良くしてくださる理由も殆ど分かりません……(俯いて、黙ってなでられるがままに)
        ……それが、ずっと隠せるならいいですけど……何かの拍子で「出て」きちゃったら……どうしようもないじゃないですか…… -- シニッカ 2015-05-27 (水) 01:49:26
      • つまりそれだけ損得抜きで付き合ってくれていてありがたいとなって・・・なるほどそれで「なんて」になる訳かい・・・
        ・・・シニッカはー・・何か興味のあることはないかい?・・・いや体の事だけじゃない、料理とか裁縫とかみたいな趣味さ
        そう、何かの拍子で出て、友達を固めちまうかもしれない・・・アンタを友達と呼んでくれる、とてもいい子達をだ
        きっとそのいい子達は固められてもアンタを許してくれるよ・・死ななければね?・・・でもそうなった時、アンタは自分を許せるかい? -- ホリー婆さん 2015-05-27 (水) 02:58:49
      • ……あはは、先生にはなんでもお見通し、ですね……興味? ぇと、その……ぬいぐるみづくりは、趣味、ですけど……あと、読書……
        ……許せない、です……だから、友達って言ってくれても……自分からは、あまり近づかないようにしてます……。なにか、あってからじゃ……遅いので。 -- シニッカ 2015-05-27 (水) 19:43:06
      • 何でもじゃないさ、似たような事になりかけた子を知ってるだけさ
        それなら何か作った物を友達にプレゼントするのも良いかもしれないねぇ・・趣味ってくらいだ、出来栄えには自信があるんだろう?
        (ふるりと首を振る)でもその良い友達は向こうから此方に来る・・危険な状態になっている事に代わりはない・・それはアンタも分かっている筈だよ?
        ・・・何かあってからじゃ遅いから、どう危険なのかを教えておかなきゃいけないんだ・・
        ・・・・いいかいシニッカ、本当の事を話すのは誰にとってもとても怖い事だ・・でも勇気を持たなきゃ・・大事な友達を守ることは出来ないよ?(上で既に起こりかけてて噴く) -- ホリー婆さん 2015-05-27 (水) 21:35:48
      • ……え?(初耳だった。少なくともクラスメイトにそんな風な子はいないように見えた)
        そ、そんな、自信なんて……(人様に何かを作って渡すなんて、したことがなかった。何を思われるかわかったものでなかったから)
        う……(正論だ。それに、ホリーの言うとおりシニッカ自体も痛いほどにその事実を把握していた。――単純に、先延ばしにしていただけということを思い知らされる)
        ……でも、わたし、は……(殻に閉じこもっておけば、楽だった。楽しいこともないけど、辛いこともない。たとえ仲の良い友人ができたって、どうせすぐ離れていく……自分は、歩く災害のようなものだ)
        (足元がぐらつく感覚。自分の中の何かが、ほんとうに辛いことはないのか、と問いかけてくる。見ないように見ないようにしていた殻の外側から、声がする)
        ……どう、すれば……どうすれば、そんな勇気が、持てるっていうんですか……!!(違う。いや、違わない。でも、感情が違う。ぐちゃぐちゃだ) -- シニッカ 2015-05-27 (水) 22:28:37
      • //べつじかんわく! べつじかんわくです! -- 2015-05-27 (水) 22:39:27
      • まぁあの子は誰かを傷つけるような悩みじゃなかったから・・・アンタよりはマシだったね
        自分と付き合ってくれているだけでも感謝してるんだろう?・・ならその気持ちを形にして、相手に伝えなきゃならないよ
        ・・・ちと無責任だったかね・・でも、アタシはアンタを受け入れたよ?・・その例があってもダメかい?(そっと、ぐちゃぐちゃな気持ちを解すようにハグをしてなでる)
        (今これ以上正論を重ねても辛いだけだ・・だから)・・・まずは今言ったように、友達に感謝する事から初めな・・それから自分の事をちゃんと見るんだ・・この先どう生きて行かなきゃ行けないのかをね
        (信頼を築けば気安さを産み、人と関わって生きていかなければならないと思えば言うべき事も纏まるかも知れない)アンタは気づいてる筈だよ・・・
        (//いえすべつじかん!上手い説得なんてできないねぇ) -- ホリー婆さん 2015-05-27 (水) 23:27:22
      • ……。(誰かを傷つける、と言われれば、わかっていることではあるがずきん、と心が痛む)
        ……ぁ、いえ……すいません、自分勝手な……こと、ばかり……言ってしまって……(ホリーの胸の中は、薬草の香りがした。きっとおばあちゃんがいたら、こんな感じなのかな……と、無意識に)
        ……感謝なら、いつだって……ん、ん……自分を……
        (考えてみれば、自分から一番目を逸らしているのは自分なのかもしれない。向き合うのが、怖かったから)……わたしに、できるでしょうか…… -- シニッカ 2015-05-28 (木) 22:49:13
      • それだけ責任があるって事さ・・アンタみたいな小さな子に背負わすには、些か重過ぎる気がするけどね・・・(とんとんと痛みを和らげるかのように優しく撫でて)
        いいんだよ、偶にはそういう気持ちを吐き出さないと壊れちまう・・・アタシはむしろ嬉しかったよ
        出来るさ・・シニッカはやっちゃいけない事をよく判ってる子だから、きっとやらなきゃならない事も見極めて、立ち向かえる・・アタシはそう信じてるよ
        それでも挫けそうになったら・・またアタシの所においで(もう一度ハグをして去っていった) -- ホリー婆さん 2015-05-28 (木) 23:19:57

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

 詳細説明 Edit

シニッカ・ヴァルッキ Edit

冒険者の街より西にやや進んだ森にて生まれる。
父親は冒険者、母親はメドゥーサであり、父親があひぃしてできたのがシニッカだ。
感情が高ぶると長いくせ毛がヘビへと変わり、その目を見た者を問答無用で石化させてしまうことから、いじめられたり邪険にされる幼少期を過ごす。
その様子を見た両親が、比較的魔物も多い冒険者の街へと引っ越すことを決意、今に至る。

いじめの経験からかヒトとのコミュニケーションを取ることが病的に苦手であり、常にびくびくと辺りを窺っている。

混沌術師(カオスソーサラー) Edit

炎や水など、代表的な属性とは違うもう一つの属性、「混沌」。
それはすなわち全ての属性が混ざり合った究極の属性であった。
どんな敵に対しても弱点属性を付くことが出来、如何なる場においても効果が「0」になることはない。
ただし、属性同士が反発しあっているのか魔法そのものの威力は他の属性に比べ低く、例えば木属性相手にだと炎属性の魔術のほうが遥かに高ダメージを与えることができる。
混沌属性は、器用貧乏を象徴したような属性であった。

混沌術師は、そのような混沌魔法、加えて状態異常魔術の扱いに長けた魔術師のことを差す。
混沌魔法の素養がある人物は、何らかの種族のハーフが多く、シニッカもその例に漏れなかった。
加えて、シニッカには生来の「石化」能力があるため、父のすすめもあり混沌術師の道を選ぶことにしたのであった。

石化(ペトリファクション) Edit

先述したとおり、シニッカは人間とメドゥーサの混血児である。一目見れば人間と何ら変わりないが、よく見れば瞳孔は縦に長く、舌も先端が裂けている。
また、ウェーブのかかった黒髪を無数の蛇へと変化させることもできる。*1
変化した蛇はその瞳から怪光線を発し、その光を視認した場合30秒ほど石化してしまう。
戦闘時において30秒の石化は相当なアドバンテージとなるが、能力の特性上味方も石化してしまう場合があり、使い所を誤れば事故が起きやすい能力でもある。

 コメントアウト Edit


*1 基本的には任意だが、極度に驚くと勝手に変化することがある

Last-modified: 2015-05-16 Sat 00:14:13 JST (1714d)