獣人小隊所属     弾雨のコルネリス
名前:コルネリス・カレンブルクexp034603.jpg
年齢:12
性別:
出身地:ザーラ公国の植民地
職業:貴族の息子
志願理由:市民を守る為
企画:小鬼戦争
戦闘方針:カジュアル
好き:おやつタイム
嫌い:現実から目を背けること
BGM:カナシミレンサ
全身図:
「鉛の雨を降らしてやるのだ、傘を差しても防げぬ豪雨を小鬼どもに!」
―――戦場到着時の第一声




終戦間もないグロムへ、治安維持と復興支援と称して艦隊を派遣し砲艦外交を目論むザーラ
しかしそれは、スラフィア総督の必死の訴えにより寸前のところで回避された
不平等条約を締結したところで、利益も薄く…なにより国際世論を敵に回すべきでない、と
武器を振るわずとも争いを回避できる方法はある、とこの時気付かされたコルネリスは政治の道を志す



そしてスラフィア総督府の公邸では、白い犬が飼われるようになった
それは世代を経ても、常に「ウィット」と呼ばれ、皆に親しまれたという
気がつけば庭を埋め尽くすほどとなったドッグフラワーと共に、総督府のイメージを新たなものとしていった



戦争でコルネリスが駆ったハルフェ号はといえば、最低限の修理のみ施して 戦争博物館に展示されている
当時の被弾の痕もそのままに、戦争の生々しさを国民に伝え続ける


そして戦時中、肌身離さず持っていた黄金銃、ゴールデンエイジは…彼の部屋のケースに飾られている
その横には、皆と撮った写真と…Jagthundの部隊章。
今もその輝きは失われていない


その後コルネリスは、総督の地位を継いだ兄と共に、彼を補佐し…長年に渡ってザーラの領土に平和をもたらした
その隣には、常に小柄で金髪の鬼メイドロボの姿があったという…
スカートを脱ぎさり、ズボンを穿くようになってからも…年老いて腰が曲がってからも…

+  もうひとつの「その後」
三行
  • 女装リスっ子
  • 黄金銃両手に
  • 大暴れ

わたしはもう迷わないっ Edit

部屋の扉には「ザーラ公国グロム方面派遣軍臨時司令部」と手書きされた札が下がっている

お名前:
  • (コルネリスと約束を交わしてから何ヶ月かの後、コルネリスの指定した住所へ向けてロケットのようなものが飛翔するのが視認される) -- おにわ 2019-07-07 (日) 23:43:31
    • (スラフィア総督府 公邸、その庭にはグロムから持ってきたドッグフラワーが咲き誇る。それに水やりをしていた矢先の出来事)
      (空を見上げる者が口々に「何だあれは」と驚いた事だろう)…む? こちらに飛んでくる…あれは…!(如雨露を放り出し、駆け出す…それが着地するであろう地点へ)
      ついてくるのだ、ウィット…!(白い大型犬が、ひと吠えしてコルネリスに続く。帰宅後、猫派の兄を説得して飼いはじめた、新たな家族だ)
      -- コルネリス 2019-07-08 (月) 21:02:09
      • (着地地点に青いサークルが照射されそこへとジェットの逆噴射をかけてケアパッケージが着地する、周囲への被害は無しだ)
        (ドアをスライドさせ外へ…しかし開かない、少し強く力を入れてドアをスライドさせるとバキという音と共に蝶番が外れてドアが前へと倒れる)
        …仕様の変更は聞いておりませんでしたのでこれは不可抗力です!御機嫌麗しゅうございますコルネリス
        おや…そちらは、どこか懐かしさを感じるペットでございますね(装備の小型化に成功し見た目には普通の袖に見えるメイド服に身を包んだおにわさんだ) -- おにわ 2019-07-08 (月) 21:34:45
      • お、おぉぉ…!(意外と近かったため、逆噴射の風圧にスカートを押さえ、着陸を見守る)
        …あ。(凄い音して外れたなぁ、と思いつつ)押すか引くかするタイプだったのであろうか…
        ふふ、待っていたのだ鬼庭殿!!(ばっと駆け寄り、両手を握る)新たな職場へようこそなのだっ、ここには倒すべき敵はいないと先に言っておくぞっ!
        うむっ、ウィットと名づけたのだ!あの時のウィットではないが、我が家の新たな家族であるっ 仲良くしてあげてほしいのだっ(お座りして尻尾振ってるわんこ)
        -- コルネリス 2019-07-08 (月) 21:49:39
      • コルネリスにいたく気に入られたことをお話しまして無事にこちらへ派遣を許可されました
        ええここが新たなる戦場になるのは必然です敵は居なくともメイドとしての勤めがございますから(袖をたくし上げてやる気アピール)
        そうでしたか、確かにあの場で彼は癒しでありました この子もウィットのように愛玩して差し上げます
        (コルネリスとの握手をほどほどにウィットに手を伸ばす、恋しい気持ちはコルネリスと同等のようだ) -- おにわ 2019-07-08 (月) 22:11:44
      • ここに戻ってからというもの、忙しさで忘れていなければ…ずっと何か物足りなさを感じていたのだ…待たせてくれるではないかっ
        片付けるべき仕事を敵とするならば、それは山ほどあるゆえに やりがいには困らないのである…
        うむ、今のわたしに癒しはさほど必要ではないが やはり忘れられないのだ…(初めは伸ばされた手を警戒するようにくんくん嗅いで、それからぺろりと舐める 撫でても嫌がる様子はなく)
        -- コルネリス 2019-07-08 (月) 22:26:11
      • それほどにまで愛着をもっていただけているとはこの鬼メイドの目をもっとしても見抜けませんでした
        ですが、わたしとて最低限のことをこなせずにコルネリスの元へ向かうのもいかがなものかと思いまして、少しメイド修行をしました
        それゆえに到着が遅れたことはお詫びいたします(ウィットを抱き上げそれから、改めてコルネリスの頭を撫でる)
        そうでした、以前助言を頂いたビーム兵器も持ってまいりました もし緊急事態が起きた場合には対応いたしますのでご安心くださいませ
        (機械的な笑みとはほんの少しだけ違う、温かみのある顔、ウィットとコルネリスを撫でている癒しがそうさせているのか、学習した結果なのかは定かでない) -- おにわ 2019-07-08 (月) 22:45:42
      • ある意味においては、わたしの戦争は…いまだ終わっていなかったのである。…が、それも今日までであるなっ(晴れ晴れとした表情で)
        むっ、用意がいいのであるな!?そして実にパワフルであるなっ!?(片手でわんこを抱き上げる腕力に驚き)流石は鬼メイドロボ…
        ……まぁ、そのような事情があったのであれば 致し方…あるまい…なのだ。(耳をへにゃんとさせながら撫でられる)
        なんとっ……だが使いどころには充分注意してほしいのである!ゴキブリ一匹倒すのにビームを使ったら屋敷が燃えた、では笑い話であるっ…
        (以前より人間みの増したその表情に、頼もしさを覚え)…ちなみに、今のは冗談である。笑うところであるぞ?ふふっ(くい、とモノクルを指で押し上げ)
        さて……再会を喜ぶのもよいが、やる事は山積みであるっ まずは屋敷の案内であるな!そして父上や兄上にも紹介しなければならぬっ…あぁそして部屋も用意させるのだっ
        (さぁ、行こう! とばかりに手を引く)一日、一秒でも早くこの家に馴染んでもらわねばな…なぜなら、鬼庭殿もこれよりカレンブルク家の立派な家族なのだからっ
        -- コルネリス 2019-07-08 (月) 23:00:02
      • 鬼メイドロボですので、判断力は鬼で御座いますご安心くださいませ(無いめがねをクイっとさせる動作をして)
        まだまだコミュニケーション能力は不十分であると思われますので、そういった部分はこれからにご期待くださいませ
        はい、コルネリス メイドとしてこれからしばらくお世話になります(コルネリスの手を握り返し)家族、ですか…ふふ、素敵な響きでありますね
        (メイドとしての役目を全うするため、コルネリスの元へと派遣された鬼庭、多くの事件が待ち受けているだろうがそれはまた別のお話) -- おにわ 2019-07-08 (月) 23:08:42
      • (最初こそ、トラブルの連続であったが…時間を減るに従って、二人のぎこちない関係も家族のそれへと変わっていったという…)
        (傷だらけになり、多くのものを失った遠い異国での戦争。そこからようやく踏み出せた彼なりの一歩…心の傷を癒し、新たな道を歩む為の。)
        (きっとこれからも恐れずに踏み出すことができるだろう…共に歩むものが居るのだから。かくして、彼の戦争はここに終わりを告げたのであった)
        -- コルネリス 2019-07-09 (火) 00:04:04

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

以下設定 Edit

+  事の起こり
外見
長く伸ばした白い髪をツインテールに束ねた少年。リス獣人の血が混じっており、非常にふんわりした耳と長い尻尾を持つ。
ザーラの貴族の間では、男児は15歳まで魔除けのために女装するしきたりがあり、コルネリスもこの伝統に則っている。
背丈は低く、130cmあるか無いかといったところ。当然、装備を除けば非常に身軽である。

内面
貴族としての矜持と責務を理解し、民衆のために矢面に立って戦うべきとする正義感を持つ。
反面、年齢相応な部分もあり、まだまだ甘えたい年頃。親元を離れ、異国の地で戦場に出ることに恐怖と不安も抱いている。
大人相手にはしっかりとした面を見せなければと張り切るが、歳の近い者相手であれば本音を吐露する事もあるかもしれない
夜一人でトイレに行くのが怖いなどとは、そうそう言えやしないのだ

また、僅かな期間ではあるが退役した軍人から戦闘訓練と座学を受けており 基礎的な知識だけはある
にも関わらず、時折大胆な発想やまるで実際に経験があるかのように作戦を発案するのは、世話役の入れ知恵によるものが大きい

+  装備品
+  その他、補足

駆逐戦車 ハルフェ号
破壊したゴブリン戦車や、本国から船便で調達した部品類を組み合わせて建造した寄せ集め車輌。(画像)
名前の由来はカレンブルク家の家紋である竪琴からで、車体側面に記入されている
諸事情と防衛戦という状況から、独立した旋回砲塔を持たない駆逐戦車として完成した。
乗員は5名(車長、操縦士、75mm砲砲手、同装填手、37mm砲砲手)

その性質上、待ち伏せ戦術を基本とするが 有効な対戦車兵器を持たない相手には歩兵支援車輌として運用することも可能
グロムの地形を考慮し、路外走行が多くなること、塹壕戦が行われていることからこれに対応した足回りとなっている
もはや材料となったゴブリン戦車とは似ても似つかぬシルエットとなったが、彼らの戦車にない装備として尾橇がある
車体後部に装着された橇状の傾斜板で、塹壕を乗り越えた際に車体が転落するのを防ぐ部品である
ここに装備品などを積んで運搬するといったことも可能

車内通話用のインカムはあるが、無線通信機は搭載されていない(外部に連絡する相手がそもそも居ない)
車体ハッチは操縦士用の前部、37mm砲上面、砲隊鏡を出して使う上面右側、キューポラ上、弾薬搭載用の後部と5箇所
また、車体側面に装着されたシュルツェンは個別に取り外して随伴歩兵用の盾として使うこともできる

【武装】

  • 75mm砲
    車体右側寄りに装備された対戦車砲。高初速で貫通性能も高い
    左右に僅かな射角と、そこそこの仰俯角がとれる。徹甲弾が主となるが、榴弾も数発搭載される
  • 37mm砲
    対歩兵戦用として用いる副砲。車体中央から左前方の限定射界を持つケースメート方式

    +  決戦仕様
傭兵部隊カラミタ
年齢、経歴不詳の少女タミーをリーダーとする傭兵部隊。コルネリスの父が雇い入れ、増援として派遣した
ハルフェを運用する際の随伴歩兵、及び斥候としての役割を与えられているが、出撃のない時は単独で遊撃戦闘も行う
部屋は割り当てられておらず、戦車付近にテントを張っての野営
どこかの軍の懲罰部隊が母体であるといわれ、ザーラ公国のある大陸では小国の軍事顧問や各種不正規戦闘にて暗躍。
影では略奪や拷問、虐殺などの非道な行いが多く、悪名高い部隊だが、実際にそれらを証明する証拠が挙がったことは一度もない
一般隊員の主な装備:火炎放射器付きサブマシンガン、白燐手榴弾、トレンチナイフ、ガスマスク

【鉤爪兎のタミー】
コードネームであり、本名その他個人情報の一切が不明。兎の亜人種で性別が女だという事だけは外見から分かる。身長160cm程度
隊員からは「大尉」と呼ばれており、これが元の階級なのではないかと推測される
ガントレット状の鉤爪「パンダ・アーム」を用いての近接戦闘を得意とする
パンダの顔がついたぬいぐるみのようなふざけた武器ながら、殺傷能力は高い
一般隊員同様、サブマシンガンや手榴弾も携行する(銃に関しては左右どちらの手でも扱えるが左手の方が得意)

+  自分用BGM

判定及び相談用 Edit

なおす

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鬼庭殿雇い入れフラグを立てておきつつ…その後の展開をどうすべきか考えねば!
    ハルフェは戦場に放棄していく展開も王道だったけど、持ち帰って祖国で博物館に展示とかもいいかもしれない
    …登録当初から年齢弄るの忘れてたので修正。心身ともにちょっとだけ大人になったコルネであったとか
    -- コルネリス 2019-07-06 (土) 23:48:49
    • (画像は最後に挨拶行こうと思ったら、みんな思いのほか早く既に締めに移ってて困惑した時のわたしの表情) -- コルネリス 2019-07-07 (日) 21:09:43
      • それでは改めてこちらでも御礼を、まさかの形ではありますがこうして物語を広げていただきありがとう御座います
        これまでと違った会話が新鮮でとてもたのしかった、と中の人もおっしゃっております -- おにわ 2019-07-08 (月) 23:10:06
      • 実際のところ、終了後どうなるか鬼庭殿側で予定が決まっていなければ雇いたいと思っていたのであるっ かなり早い段階で!
        こちらこそ、とても楽しかったのだ!もう少しじっくりお話できれば、と思った面はあったものの…黄金暦だけあってハイペースだったのだー…
        きっとそのうち、わたしが身長追い抜いてしまって 大人になっても鬼庭殿はそのまま変わらず…といった風になるのであるなー
        -- コルネリス 2019-07-08 (月) 23:23:31
      • 私は今回はレース完走のみを目的としておりましたので、そういう風に感じていただけたのなら幸いで御座います
        会話は…そうですね、もう少し出歩いたり会話をしたくもありましたが、今回は省エネでしたので またいずれは
        ふふ、もしかしたらそのことを気にして新ボディに乗り換えたものの、コルネリスが前の姿がいい、といって
        元に戻した…そんな幕間もあったかもしれませんね、私はきっと鬼メイドロボとして従事することになるでしょうから、きっとこれも愛着、ですね -- おにわ 2019-07-09 (火) 21:05:29
      • ボディ乗り換えによる変化を成長、と受け止められるかどうかが焦点であるなっ…上のエピローグではああ書いたものの
        ある程度大人になれば、そのへんも受け入れられるようになり…でも逆に年老いてくると、初期の姿が懐かしくなってきたりもして…
        あれ?わたし案外めんどくさい奴であるな!? どのみち鬼庭殿という人格に対しての愛着は揺らがなかったと思うのだっ
        いずれ、交流をもっと楽しめる企画があることを祈るのであるっ でも今回もとても楽しかったのだっ!
        -- コルネリス 2019-07-09 (火) 21:50:39
お名前:

Last-modified: 2019-07-09 Tue 21:54:26 JST (6d)