名前グンター・G・グレーザーhttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034649.png
性別
年齢推定17
身長175cm
出身地グロム王国
職業ならずもの
理由革命
企画WaG
好み仲間、同志
嫌い権力、特権階級
冒険ハードコア集計表


三行 Edit

おまえも奴らに不満があるのか?なら… Edit

+  コメント七つ道具
 Edit   Diff  
お名前:
  • こうして、『たまたま偶然』集まってた連中の力でうまいこと小鬼ども相手の戦争には勝ったワケだが…
    めでたしめでたし。で終わっていいのか?このまま…何も変わらないままじゃあ、『たまたま偶然』いつかきっと同じことが起こる
    そしてまた、今回と同じようにたまたま偶然すげえ奴らが集まって、たまたま偶然特権階級のブタにしちゃマトモなヤツがいて、たまたま偶然同じように勝てる…
    そんな事だれが保障できる?俺は『最後通告』だと思ってる、このままじゃあダメだ。全部ひっくり返して…何もかも変えて…攻め込まれる前にこっちから攻めていって…
    せっかく平和になったのに無駄な争いを起こすのはバカげてる?違うね、馬鹿げてんのは…本当の敵は…


    そんな世迷言を吐いていたヤツがいたらしいが、大きく歴史が動くときにはよくある事だ。
    ソイツやその国がその後どうなったかって?いちいち知るかよそんな事。歴史の授業じゃあるまいし…知りたきゃ自分で確かめるこったな。 -- 2019-07-06 (土) 22:52:33
  •   -- 2019-07-06 (土) 22:52:29
  •   -- 2019-07-06 (土) 22:52:25

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

None

だいたいこんなかんじ Edit

グロム王国北部、国境周辺の僻地で育った男
魔族領に接するそこはならず者や犯罪者たちの行きつく先で吹き溜まり、文字通りのゴミ貯めでもあった。
ときおり魔物が出るもせいぜい小鬼程度の脅威しかなく、逆に小鬼を食い物にし、他のならず者集団との抗争に明け暮れていたほどのならず者集団の一員だった
といっても、その集団は王国の爪はじきものどうしの寄り合い所帯としての面が大きく、早くに親を亡くしたグンターのような孤児たちにとっては家族といってもいい集団だった
そんなある日、その武装、統率の取れた行動、明らかに小鬼たちの様子がおかしいことにいち早く気付いたのは彼らだった
しょせんならず者の寄せ集めでは『帝国』の軍隊相手にはひとたまりもなく、この危機を伝えるため脱出したグンターを含めた若者数名以外は皆殺しの憂き目にあう
事の重大さから一刻も早くそれを伝えるべく最寄りの要塞に申し立てたが、僻地のならず者の言葉に耳を貸すものはなく
逆にいままでの反社会的行為を追及され投獄される、そしてまもなく『帝国』の侵略が開始され現在に至る
特権階級のやつらが慌てふためいて事態の収拾に当たるも、防戦一方なことには怒りを通り越して呆れすら覚えた
挙句の果てに傭兵から流れ者、ならず者から罪人と見境なく戦力を募りだしたのを見て一計を案じる
このままではたとえこの戦争に勝利できたとしても何も変わらない、喉元過ぎれば熱さを忘れるで特権階級のやつらは以前のようにふんぞり返るだけ
自分のようなつまはじき者はまた僻地で、いつ再来するかもわからない第二第三の帝国の襲来におびえ続けて生きるだけだ。
重要なのは自分たちのように虐げられた人々を救う事、いまなお特権階級の奴らの弾避け、肉壁に使われる立場の者たちや踏みにじられる周辺の人々の力を集め
この戦争に勝利すると同時に王国に革命を起こす…そんな野望を胸に秘めた青年ははたして…

いまはなにしてる? Edit

今はおおっぴらに革命を口に出してはいないが、前々から不満を募らせていた北部の国境周辺のならずものや、戦争に巻き込まれた難民を中心にして小さな派閥を作りつつある
防衛がうまくいかずヤケを起こしたようにしか見えないこの遊撃隊こそ不満のるつぼと見て戦いの合間を見て革命の同志を募っているようだ

闘い方は? Edit

国境周辺のゴミの廃棄場近くに陣取り、その再利用と売買で商売をしていた集団で育ったため機械いじりの知識がある程度ある
もともと手先が器用なので、ゴブリンたちの兵器の残骸から自分たちの武器を作り出していた
寄せ集め部隊ではろくな装備もなく、自作したクロスボウなどの兵器を自分の派閥の兵たちに支給することで一撃離脱のゲリラ戦法を編み出している
それを可能としているのが手製の自動二輪であり悪路でもかなりの走破性を誇り、機動力は抜群である。

途中参加のためのルール Edit

『最初から戦争に参加していた』体での途中参加
公平を期すため、行えるのは後半開始までとします。
原則として、【空白の日数x40匹】を倒していたものとして参加することができます。
途中参加のほうが極端に有利になるのを避けるため、やや少な目に設定しています。ご了承ください。


マイナスからのスタートじゃないなんてツいてるぜ!

レッツ革命! Edit

編集:革命の軌跡

お名前:
  • グンターは ただただ暑い 最終防衛圏を突破し 多少の傷を負いながらも グンターと同種族にしか見えないゴブリンの皇帝 を名乗る存在を討ち果たし、 極上の装備で固めた近衛兵と合わせて 合計 258 体を倒しました! -- 2019-07-06 (土) 00:13:36
    • 人間が小鬼の皇帝だあ…?(どういう意味だ…?と首を傾げつつ、いまはぐったりと倒れ… -- 2019-07-06 (土) 00:14:38

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

こめあう Edit


Last-modified: 2019-06-21 Fri 23:34:30 JST (58d)