MF/0004

  • サイカお嬢。話は聞いているでしょうが、正式に暇を貰いに来ました -- 彼崎 2018-12-13 (木) 21:23:05
    • 西に…行くんだっけ。こちら側としては有能な兄ぃに足抜けされたくはないんだけどな…(スーツ姿で、椅子に座って町を見下ろし) -- サイカ 2018-12-13 (木) 21:29:15
      • ええ、コッローディの組織へ
        お嬢…形としては足抜けですが、俺はそうは思ってないんです
        彼の地に、ここと同じ…もうひとつの『ファミリー』を作る…それが俺の次の目標です
        できれば笑って見送っていただきたい、叶いませんか? -- 彼崎 2018-12-13 (木) 21:36:51
      • (ばつの悪そうに頭を掻いて)仕事とか立場って言うのは、面倒だね(苦笑して)
        ケイカ兄、頑張ってきてよ。お父様もきっとそう言う…
        色々、お世話になったね。 -- サイカ 2018-12-13 (木) 21:52:31
      • 此方こそ…(一礼して背を向ける)
        (が、そのままの状態から振り向いて)…ああ、一応航空機使えば4時間ほどで来られるようなので
        たまに戻ったり、逆にこちらに来られるといいですよ(そう告げて笑い、そして立ち去った) -- 彼崎 2018-12-13 (木) 21:58:47
      • 兄ぃ…(思いかせば、少なくの無い記憶が蘇る。ボクがファミリーに入る前から、兄は兄だった。お嬢といって、少し口煩いけれど…何時も見守っていてくれたのも兄ぃだ)
        (ボクが力に目覚めてから、色々な事に手を回してくれたのも兄ぃだ。こんなボクに普通をくれた…家族だ。…立ち去る兄の背に、背を向けたまま)
        ………
        ケイカ兄…お世話になりました。…………頑張ってきて!ケイカ兄!(彼が去ってから、一人のセーフルームで、エールを送るのであった) -- サイカ 2018-12-13 (木) 22:08:58
  • (新たに幹部になったことで、改めてサイカへとアイサツをしにくる銀河、例によってすでにセンサーは外された素顔である…) -- 銀河 2018-12-11 (火) 23:30:56
    • …やっとボクの所に来たね、銀河?(むーっとしつつも、部屋に通せば…ソファに深く腰掛け、足を組み)
      ふぅ…まったくキミは…銀河、キミはその椅子がどういう物か、わかっているのかな? -- サイカ 2018-12-12 (水) 00:15:08
      • ……(センサーを外した状態では言葉が翻訳されず銀河には理解できない…だが、何やら大事なことを聞かれているのはサイカの語調で解るのか頷く)
        『幹部とは即ち、清濁併せ呑み、誰よりも仕事にまい進するものである!』(手にした心眼センサーを再び取り付け、所信表明演説というわけではないが…自分の考えを伝える) -- 銀河 2018-12-12 (水) 00:23:42
      • …間違っては居ないけれど、さ…。……さて、聞こう銀河。キミはその立場の事をどう思っているんだい?甘えた事を言わない様にする事だ。(すっと、鋭い視線を銀河に向ける。丁度1年前と同じ様に) -- サイカ 2018-12-12 (水) 00:34:28
      • 『銀河は、妹分たちに無様を見せられぬと同時に、妹分たちと力を合わせること…幹部としての振る舞いをハローからも学んだ!』(いたずらに自分だけで動くでもなく、しかして慢心せず…そして、『なんでも』やれるだけの覚悟を持ちあわせること…)
        『自分だけではない、いつかこの地位を受け継ぐ者の手本となるべき立場でもあると、マートや彼からも学んだ!』(陰に日向に自分を支えてくれたマートもそうだった、ファミリーを離れるという彼も自分たち若い世代に期待してくれていた…ならば立ち止まるわけにはいかないと、そのサイカの視線を真っ向から受けて立つ構え) -- 銀河 2018-12-12 (水) 00:49:26
      • 銀河、それは自分の意思か?キミがお父様の娘だから、煽てられて…期待されて、皆の意思が自分の物だと勘違いをしては居ないか?
        …銀河。じゃあ聞こう、キミが幹部になれば、やる事はもっと増えるだろう。時と場合によっては立ち振る舞いすら、今まで通りじゃ居られなくなるだろう。部下の手前、フランクに…なんてのは普通は言ってられないものだ(一部の例外はあれど…)
        そして続ければ、きっとキミの元には今より重大な責任が問われる事もあるだろう。部下が増え、シマが増え…組織には利益をもたらさなきゃならない。
        良いかい銀河。ボク達はファミリーだ。だからこそ…組織の為の利益を考えなくてはならない。その上で…例えば、キミの部下が…組織の不利益になる者だったとしたら、キミはどうするんだい?…その時、選択をする覚悟はあるのか? -- サイカ 2018-12-12 (水) 01:08:10
      • 『…そんなファミリーならば、壊れてしまえばいい!銀河はそう考える!』(サイカの挑発に乗ってしまったのか?不利益を口実に家族を切り捨てるのならそれはファミリーではないと…ここまでならただの我儘だが)
        『それでも切り捨てろというのなら、銀河自身がファミリーを壊し、作り直す、ゼロからでも、マイナスからでもだ!』(それは奇しくも、好ましくない状況に陥ったものをクラッシュ&ビルドするという彼の発想に近いものだった)
        『それこそがファミリーの、人を繋ぐ原動力であると言えた!』(ファミリーの本質は金でも地位でも、ましてやごく一部の利益に依るものでもない、あくまで人こそがファミリーの大前提だと…誰かに犠牲を強いるなら自分がまず矢面に立ち、ドブさらいをする…)
        (幹部は誰よりも仕事をして清濁併せのむもので、一番大事なことを人任せにしてはいけない立場で…それが自分の覚悟だと、今まで最もファミリーの暗部を支えて続けて来たサイカにそう告げる。) -- 銀河 2018-12-12 (水) 01:19:57
      • (そんな銀河の答えを聞けば、はぁと溜め息をついて)…銀河、人は死ぬ。キミを守り、組織の為に…ボク達の足元にいる彼らの上に、ボク達は立つ。だからこそ…キミはその重さを理解しなきゃならないんだ。
        キミの行動は、キミだけの物じゃない…キミに何かあれば、キミの部下全員に何かがあると言う事だ。キミが利益を上げられなければ、キミの部下全員が餓えに苦しむという事だ。
        裏切り者がいれば処刑しなきゃならない。我々の敵になる物が居れば、滅ぼさなきゃならない。その家族も、兄妹も、全て、だ。そう言う物達の上に…今のボクらの幸せが。キミが目指す理想がある。…違うかな? -- サイカ 2018-12-12 (水) 01:29:40
      • 『幹部には権利と同時に義務も生じる、それこそが兄弟姉妹…身内を護ることである!』(吸血鬼討伐に参加した身ならばその言葉も理解できる、敵は滅ぼす…銀河にためらいはない))
        『みなの力がなければ銀河は幹部ではいられない、ならば、銀河はみなのために率先して暗部を担う必要がある!』(キングは戦う駒であり、使え。という言葉があるが、『何かあれば』という仮定は保身の第一歩に過ぎないと銀河は断じる。)
        (サイカ自身がいままさに『人は死ぬ。』と言った…天命あらばいかに保身しようが人は死ぬ、銀河自身も例外でなく、それは言い換えれば『正しければ死なない。』ということだと)
        『なにより、都合の悪い事を誰かに押し付けたままでは…銀河は…』(そうだ、安全な場所から手を伸ばすようなマネをするくらいなら同じドブにつかるくらいするべきだと…サイカとそれを分かち合いたいなどと…無意識の傲慢という悪癖である。) -- 銀河 2018-12-12 (水) 01:48:21
      • …銀河。(鋭い視線は更に冷たく、威圧を持って妹に向けられる)
        思い上がるなよ?(そして発せられる言葉に、幾多の命を奪ってきた者に宿る…呪いめいた、畏怖を本能的に感じさせる様な威圧を乗せて)
        銀河よ。いや、お前は…そんな気持ちでその椅子に座るのか?(サイカの目は赤く染まり、銀河を見据え)
        ハローに…お前は何を学んだ?ケイカ兄に、お前は何を望まれた?…ボクはな、お前が正しく生きて、お前の責任を果たせる様に、ちゃんと現実をみて、周りを見て…お前に何が出来るのかを考えて、理解をしろと言っているんだぞ?…目を背けるな!考えろ!お前に椅子を託し、お前を信じる者達の為に考えろ!
        さあ、今一度聞こう。銀河。お前はその立場に居る事をどう思っているんだ?それはキミの意思で、キミの覚悟を持って、其処に居るのか?………(一つだけ、手助けする様に…ばさっと、銀河の目の前に自分が管理するファイルを投げ出してやり)
        (中を見れば…組織のターゲットとされる者達のファイルだ。中には老人も居れば、年端の行かぬ子供達すらも載っている。とても正義とは言い難い。組織の暗部の部分を直視させて) -- サイカ 2018-12-12 (水) 02:26:23
      • …!(殺気、その気になれば一瞬で自分の命をも奪える。という圧倒的なそれを身に受け身構える銀河)
        『銀河は…!』(それでも、清濁併せ呑み責任を果たすというのは、自分も汚れる覚悟を持てという意味ではないのか?まだ解らぬ様子の銀河に付きつけられる実例、これは…)
        (いままで銀河が引導を渡してきた相手はそのすべてが『戦う力を持つ者』であり、『闘いに身を置く者』であった、しかしこのファイルは…そうではない、戦う力など、戦いに身を置いてなどいない…そんな相手を…)
        ……ウゥ…!ァァァァァ!!(手にしたファイルを取り落とし、嗚咽を漏らす…銀河に直接手を下すことなど到底できぬ、それを解らせるための最後通告)
        『…銀河は、南春から、己が意思を捻じ曲げられ、機械とされた者を、使い潰し捨てることもできる立場である事を聞かされた!』(部下の意思に反して、今見たファイルに記されたような相手を始末させる…それだけはできない、と前置きし)
        『しかし、ケーネとロベルトのように、時に自分自身をも犠牲とする献身があることも教えられていた!』(目的のために自分の身を投げ出した者の意思を汲み、その成果を背負うこともまた献身の形であると…)
        (清濁併せのむとは自分の行為だけでなく、部下や、協力者の想いと行動をどんな形であれ受け入れること…それを無駄にしてはいけないということ。真に部下を頼るとは、そしてそれでも立ち止まらぬとはそういうことなのかとサイカを見て…)
        『ゆえに、銀河は、サイカの想いを…受け入れる!』(思い上がり、サイカの仕事を一方的に憐れんで同情したことはその献身への冒涜であり…サイカの誇りを傷つけたことである。と受け取ったようで)
        (自分にできぬことを買って出てくれているサイカの想いに応えるとは、サイカや、サイカだけではない暗部を担う者たちの行為をありのままに受け止めること、それが覚悟をしなければならないこと…と、自分の意思と覚悟を徐々に固めて来たようで) -- 銀河 2018-12-12 (水) 20:07:26
      • …そうだ、銀河。キミに出来る事と出来ない事がある。キミがして良い事と…しちゃ駄目な事がある。…銀河、よく聞いてね。
        キミにはこれからも、色々な事が起こるだろう。幹部って立場になれば、それこそ甘えてちゃいけない時だって数多くある筈だ…その時に、家族を守れ。部下を守れ。キミに出来る事をちゃんと考えろ。…現実をちゃんと見て理解して…皆に頼れ
        キミに出来ない事があるなら、ボクがやろう。キミに足りない事があるなら、キミの仲間が補ってくれるだろう…銀河…キミはファミリーの幹部だ。だからこそ…なんでも一人でやろうとするな
        キミの意思で、皆を導け(感情を露にする妹に、苦笑しながら…ごそごそと、葉巻入りのシガレットケースを取り出して)
        ふふっ…泣き虫だな、銀河は〜?…はい、お祝い(殺気は直ぐに消え…仕方無さそうに笑い) -- サイカ 2018-12-12 (水) 23:25:16
      • 『銀河は、理解したつもりになって、その実なにも理解していなかった!』(いくら考えることが苦手とはいえ、こうしてサイカたちに導いてもらわねば気づくことができない…それが情けないと)
        『一人だけでは何もできぬ、解っているはずなのに…銀河はその都度見失っていた!』(皆のためにと考えることが自分の感情の赴くままの我儘になってしまう、ついさっきサイカに同情したような一方的な善意では何の役にも立たぬ…)
        (だからこそ皆をよく見て、皆に頼り、皆を支える…そんな幹部にならなければならないと、サイカに抱き着きつつ嗚咽交じりに頷く 図体ばかりでかくて手のかかる妹だ)
        『それは…シガレットケースだ!しかし銀河は喫煙をしなかった!』(葉巻が似合うような幹部になれ…ということだろうか?と葉巻とサイカを往ったり来たりする視線) -- 銀河 2018-12-12 (水) 23:42:24
      • 吸わなくても、これはお祝いの時に渡す物の一つなの、銀河。…ふふっ、ケイカ…ゴホンっ。彼崎兄のシマ受け継いだんでしょ?…キミを、応援してるよ(そう言って、以前とは少しだけ違う笑みを、銀河にむけるのであった) -- サイカ 2018-12-12 (水) 23:52:41
      • 『それは、まだ解らない…しかし、そうあることはできた!』(この時点ではまだ、本当に彼から仕事を引き継がれるとは思っていなかったらしくそう答えると…しばらくサイカのぬくもりを感じていったという) -- 銀河 2018-12-13 (木) 00:00:01
  • …約束通りにファミリーの面々全員お返し致しますよサイカさん
    (男は神妙な面持ちでそう告げる、その手には薔薇の花束が抱えられていた) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 22:51:06
    • …ふふ、約束は守る男だった様だね、キミは(コッローディを招き入れれば、どうぞと中に通して)
      ……ありがと。キミには感謝してるよ -- サイカ 2018-12-10 (月) 22:55:31
      • (感謝されれば不思議そうな顔を見せる)サイカさんに感謝をされる事などありませんが…
        むしろ感謝をするのはこちらでしょう、幾度も迷惑を掛けその都度貴女は助言と協力をして下さりました
        それにどれだけ助けられた事か…私が事を為せたのは間違いなくサイカさんのお陰ですよ
        (真っ直ぐにサイカを見つめる男の表情はやはり以前と同じく引き締まった覚悟ある男の物) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 23:04:22
      • ………バカだな、礼を言うなら、お父様に言いなよ。ボクは…キミの嫌いな「マフィア」の犬だぞ?(照れる様に言って)
        キミは…離れるの?此処を。 -- サイカ 2018-12-10 (月) 23:51:23
      • ご安心を…私はこう見えて行動が早いのが自慢でして既にその旨はお伝えしてあります
        であればこの場ではサイカさんに持てる限りの感謝を向けるべきでしょう…「ファミリー」ですので(男は朗らかに笑う…こんな表情も作れたのだ)
        はい、それは当初からボスと話していた事です…此処は良い組織です、幹部の方々も気持ちの良い人物ばかりだ…(サイカを見れば当然含めると言うように目を細め)
        しかし私の目的はあくまで攻め続けるのみのもの、この地に留まればそれは為せません(声色には僅かに残念そうな音が混ざる) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 23:56:22
      • ………あはっ…あはははっ、キミに注意されるとはね…っ(普段、消してしない言い回しだ。あえて使ったのは、彼に否定されたいがためで)
        そっか…ふふ、残念だな。キミの事は…気に入って居たんだよ?コッローディ -- サイカ 2018-12-11 (火) 00:31:01
      • (分かっていて敢えて乗ったのだろう、笑いサイカに対して茶目っ気のある表情だ)
        私もですよサイカさん、ピノック・オルネットとしてだけでなくコッローディとしても貴方を好ましく思っていました
        出来れば貴女の内にある蟠りを解す手助けを…と思いましたが、ファミリーとは良い物ですね
        (サイカが良い方向に変わった事に気付いているのか男はそう呟いた)
        しかし縁があればまた会う事もあるでしょう…その時は今度こそ貴女に迷惑を掛けないよう尽力致します
        (男は一歩サイカへ寄れば持っていた薔薇の花束を差し出した)少ないながらも私の感謝の気持ちです -- コッローディ 2018-12-11 (火) 00:42:37
      • (この男も、こんな顔が出来るのか、と…内心思う。見れば見るほど、良い男だ)
        朝は何時だって傍にあった。見ない様にしていたのは…ボクだったんだ。…ふふ、ボクの信頼する者達は…一筋縄では行かないな(君も含めて、ね…と、呟き)
        (今日が、この男と出会うのも最後となるだろう。それを理解していて…花束を受け取れば…晴れやかに笑い)
        ボクの寿命はきっと普通の人間よりずっと長い。…ああ、コッローディ。縁があれば…良い夜に、また会おう -- サイカ 2018-12-11 (火) 00:53:24
      • ええ…その時を楽しみにしております、朝であろうと夜であろうと変わらず貴女は美しい
        (西方の出の伊達男らしい酷く気障ったらしい甘い言葉を向ければ深々と頭を下げて)
        (踵を返せば最後に思い出した様に人差し指を立てて)
        そうそう、再会した時判断に困らぬようバランスボールを大事にして下さい
        (最後に酷く締まらない事を笑いながら口にしつつ去っていった) -- コッローディ 2018-12-11 (火) 00:59:54
      • ………っ!よ、余計なお世話っ!(と言った先には、彼の姿はもう無く)
        ………(バラの花束の匂いを嗅いで)
        …ああ、キザで…良い男だったな。…またね、コッローディ。 -- サイカ 2018-12-11 (火) 01:05:16
  • サイカねーちゃん、たっだいまー!(まるで帰宅したかのようなノリで訪ねてくる)ちょっと苦労したけどー、何とかみんなについてけたよ!
    こうやって戻ってこれたわけだしー、ルーキーは卒業ってことで…おーけー?(試験結果が気になる生徒の心境だ) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 20:49:14
    • おかえり、レアンドロー。アハハ…帰って来るのがちょっと遅いっ!減点です(意地悪するように言って、笑い) -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:06:29
      • えぇっ!?そんなー…帰って一番に報告に来たのがここなのにっ…(がーん)
        でも、なんかさ…みんなと比べるとボクって全然まだまだなんだなーっていうのは分かった。(ようやくスタートラインに立ったかのような感覚) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 21:09:56
      • …ふふっ、でも、こうして無事に帰って来たんだから、100点をあげる(こいこいと手招きして)
        あははっ…やっと気づいたの?なら、これでルーキーは卒業かな -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:13:22
      • やった、減点されたけどセーフ!(駆け寄ると、尻尾ふりふり)正直100点もらえるとは思ってなかったよー
        全力は出し切ったつもりだけど、さ……ボクらが出かけてる間、サイカねーちゃんの方は何ともなかった?(やはり心配になるのはその部分で) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 21:24:01
      • 生きていたら100点だよ。また明日が来るんだからさ?(レアンドロが近寄ってくれば、なでなでとして)
        ん、そうだねー。こっちの町はそんなに大きな事件は起こらなかったかな。キミ達のお陰でこの町の平和は守られたのです! -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:32:16
      • なんか…サイカねーちゃんもかなり前向きになったね?(嬉しそうに目を細めながら、そんな心境の変化に気付き)
        みんなのおかげ、だよっ オフェンスとディフェンスと…どっちも頑張ったからこその、チームワークの勝利っ!ってやつだねー -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 21:39:14
      • おや、そう見える?…ボクはまあ……もう少し、未来を見てみたくなっただけだよ。…キミ達とね
        ボクがそれを見られなかったのは残念だけれど、ふふー、今はキミ達の勝利を喜ぼう(なでりなでり)
        と、いう事で、何かご褒美をあげよっか?何が良いかな -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:47:30
      • 何が起こるか分からないけど、それでも先が楽しみになるよーな未来にしないとねっ
        んー、要点だけ説明するとトラックで敵の館に乗り付けて大暴れ!最後は派手に爆発オチ!(B級アクション映画みたいなことになった)
        ご褒美っ!(ぴょこんと耳が立つ)欲しいものは、あるんだけどぉ……ぁー…えと…。(凄く言い出しづらそうにしながら) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 21:54:36
      • それに、スノー姐とも来年一緒に海でスイカ割りするって約束もしちゃったしね。…ボク、スイカ割りして大丈夫かなぁ…(苦笑して)
        は、派手にやったんだねぇ…いや、荒事に強い子達ばかりを集めていたからそうなんだろうとは思ってはいたけど…!(暗殺スタイルなので派手なのは苦手で)
        ふふっ、なにかなー?ほら、言いなさいっ(わしゃわしゃ) -- サイカ 2018-12-10 (月) 22:13:48
      • もっとみんなと、色んな約束しちゃお?そしたらさ…忙しくなるけど楽しいっ!…って、力は加減してー、ちゃんと木の棒で叩かなきゃだよっ!?
        爆破するっていう話は聞かされてなかったから、突然で焦ったけどね!なんか気分的にはスカッとしたー!
        うぁー……えと、ね… キス…しても、いい? ほっぺたじゃなくて、唇に……(かぁぁ) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 22:19:06
      • アハハ…それは大変そうだね。ボクがそんなの、良いのかとは思うんだけど……ああ、ええと…ボク、赤いのを見るとちょっとね?キミは知ってるでしょ?(水着が大変な事にならないかという恥ずかしい危惧であった!)
        (そしてレアンドロのお願いに)…そ、そっか。ふふん、ならお姉さんから、少しだけ大人になったキミにご褒美…だよ(赤くなるレアンドロに、優しく笑いかけ)
        ん…ちゅっ♡(そのまま、レアンドロの唇に自らの唇を重ね) -- サイカ 2018-12-10 (月) 22:27:45
      • そっちかー、あれってその…こーふんしちゃうの? サイカねーちゃん、世の中には中身が黄色のスイカもあるんだよっ!それを使ってもらおう?
        んっ……(よもやOKされるとは思っておらず、心の準備もないままに 柔らかな唇が重なって)
        ……っ(恥ずかしそうに目を閉じて、ぎゅっと抱きついた 顔が熱いし、こんな表情を見せられないと思いながらも、この一瞬だけで遠征の苦労が全て報われるような気がして) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 22:36:29
      • あむ…♡…ん、ふふっ…(そして口付けが終われば、ほんのりと頬を染めて)
        レアンドロはおませなんだから…まったくっ…
        でも、良い男になったな…キミは(ぎゅうと強く抱き返し)
        しかし、黄色いスイカ…そう言うのもあるのかっ! -- サイカ 2018-12-10 (月) 22:43:50
      • ふ、ぁ……(蕩けそうな顔になりつつ唇が離れる ちょっとだけ名残惜しそうに)
        サイカねーちゃんが背負ってるもの、一緒に背負いたくて…ちょっと背伸びしてる、だけ。
        ちゃんと手が届くようになったらさ、もっといいご褒美ちょーだい?(寂しさを埋めるために誰かに抱かれたことはあっても、こんなに満たされることはなかった…ただ、嬉しいの一言)
        流石に黄色ならセーフでしょっ? オレンジとかピンクはサイカねーちゃん的にどうなのかな…セーフ?(やはり血のような真っ赤がアウトなのかと) -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 22:58:42
      • アハハ…こんなの、一緒に背負っても良い事ないのに…キミは物好きだな?(そんなレアンドロに少しだけ困った様に言いつつも…一人じゃないと思えて。自分の周りには、自分を気にかけてくれる人が居たのだ)
        ふふ、これ以上だとどんなご褒美になってしまうのか…想像もできないなっ?(なんて言いつつ、こほんっと赤面して小さく咳払い)
        流石に黄色ならセーフだね、赤だって…見るだけならまだ冷静で居られるんだけど…スイカ割りってほら、どうしても連想させちゃうでしょ?(普段どういう殺し方をしているか暗に伝える様に) -- サイカ 2018-12-10 (月) 23:48:11
      • いい事ならあるよっ、サイカねーちゃんの隣に居られる。(恥ずかしげも無くそう言って)…まだ隣に並ぶには不釣合いなんだけどっ(ぐぬぬ…)
        んーとね、デートとかぁ…お泊りとか?こないだみたいなのもいいけどぉ…(ぼそぼそ)
        へっ…? あ、あー……(人の頭に例えると、想像ができたのか苦い表情)ここはサイカねーちゃんの手刀で綺麗に二つに割るとか…! -- レアンドロ 2018-12-10 (月) 23:59:10
      • うっ…キミったら、なんだか緑の男に似てきたなっ?(恥ずかしげも無く言うその姿に、たじたじだが、満更でも無さそうに)
        アハハ、まったくぅ…レアンドロはさ、ボクで良いの?…ボクはさ…キミの思ってる様な女じゃないかもしれないよ。ミューザー姉様とだって寝るし、…殺した男とシた事だってある。キミはまだまだ若いんだ、良い女の子だって、一杯居ると思うんだけど…(少しだけ、真面目に…悩んでいるという風に。正直姉の事は言えない物がある。姉が好き、というのも否定出来ないが…我慢が出来ない状態は、これからも多々あるだろう)
        (それで目の前の少年の気持ちを、弄ぶ様な結果には成りたくないなと思う次第で)
        …(ふむ…次の殺しは、潰さないで割ってみたほうが良いのだろうか?なんて考え、もんもんとしてくる駄目な殺し屋脳) -- サイカ 2018-12-11 (火) 00:26:45
      • ハローにーちゃんはボクの目標でもあるからねっ(えっへん 続く話を聞いてから)それについてはー、多分おあいこかなって
        ボクさー、気持ちいいこと大好きだからミューねーちゃんとも交尾したことあるよ けどね、そーゆーのとは別で…サイカねーちゃんのことが、好き。
        癒して欲しくてくっついたり、気持ちよくなりたくて交尾したり…そーゆーのじゃなくって、うぁー…言いたい事が言葉にできないっ(ぽこぽこ、自分の頭を叩き)
        気持ちが……心が、サイカねーちゃんのそばに居たい、っていう なんか自分でもよくわかんない…感じ(ごく最近自覚できた、未熟で淡い感情) -- レアンドロ 2018-12-11 (火) 20:50:30
      • (レアンドロの言葉が、気持ちが嬉しい。自分は、この子と見合うのだろうか、と考えてしまう。それでも…そのまっすぐな好意は、とても否定出来る物じゃなく)
        レアンドロ、キミは不幸になるよ…?でも…そっか…(言いながらも、嬉しそうに笑って)
        それなら…ボクに…ついて来てくれる?……ボクと一緒じゃ、けして良い道じゃないだろうけど…ボクの隣に、居てくれる? -- サイカ 2018-12-11 (火) 22:13:55
      • ボクはもう一旦不幸になったよー、にーちゃんを失って…それでも、みんなが掬い上げてくれた。
        もしまたボクが不幸になったら、サイカねーちゃんが幸せにして?逆もできるよーに、ボクが頑張る。二人なら色々できるって、フェルにーちゃんに教わったから
        荒れた砂利道だって、真っ暗な獣道だって、きつーい上り坂だって…どこまででもついてくからねっ?辛かったり、疲れたら…一緒に立ち止まってあげる。(微笑みながら、頷く) -- レアンドロ 2018-12-11 (火) 22:24:08
      • ………うん…じゃあ、ボクの隣に…君に居てほしいな(ぽふんっとレアンドロの頭に手を載せて、はにかむ様に笑って)
        (こういうのは初めてな奴で、少し戸惑いはあるが…照れ隠しのように)
        あっ…でもレアンドロ、さっき姉様と交尾したって言った!(ジト目で) -- サイカ 2018-12-11 (火) 22:46:14
      • えへへ、まだまだ至らないとこあるけどー…これから改めてよろしくねっ?(尻尾を揺らしながらにこにこ)
        そっ、それはぁ……もしサイカねーちゃんが嫌なら、もう他の人とはしないよっ!したのだって、こういう気持ちに気付く前だし…
        今のボクは、もうサイカねーちゃんのものだよっ -- レアンドロ 2018-12-11 (火) 22:52:03
      • うん…っ、ふふ、宜しくね?うぅ、なんだか恥ずかしいぞ…(こいつぅーという顔しながら)
        あ、え、えと、そうじゃなくてさ…レアンドロ、今、こんなこと言うのはおかしいかも知れないけど…っ
        ぼ、ボク…姉様の事が好き、でさ…?それで…もし、キミが姉様とそう言う事する時があったら…その、ボクも呼んで欲しいな、とかさ…?(3Pしよう!とかそう言うやつである!) -- サイカ 2018-12-11 (火) 23:13:45
      • ぼ、ボクだってホント言えば恥ずかしいよぉ…けど勢いで全部言っちゃわないと、気持ちも伝えられないままになりそーで…
        ………はい?(ぽかーん、として脳が明らかに処理落ちしてる顔である)ボクと、サイカねーちゃんと、ミューねーちゃんがー……3人でー……(じわじわ赤くなっていく顔)
        まっ、真ん中!ボク真ん中やりたいっ…一回だけでもいいからぁっ(尻尾ぶんぶん振りながら) -- レアンドロ 2018-12-11 (火) 23:19:22
      • (真っ赤になって行くレアンドロを見ていれば、想像して同じ様に赤くなるも)…ふふっ、二人でお願いしにいこっか、今度…ボクの仕事帰りに、でも…(此処まで言ったんだ、自分と姉の関係も隠す事も無いよね!という思いに、レアンドロも巻き込んでやる!という邪な気持ちが渦巻く)
        二人一緒に可愛がってもらうのも、きっと悪くないよ、レアンドロ…♡キミは真ん中…♪(そして耳元で囁いて、理性を溶かしてしまおうと) -- サイカ 2018-12-11 (火) 23:36:55
      • う、うんっ……多分ミューねーちゃん最初は驚くんじゃないかなー?OKしてくれそうだけど(そんな顔を見るのも少し面白そうだ、と思い)
        ふぁぁ…前と後ろ、いっぺんになんて やったことないけど…ちょー気持ちいいやつだよ…?(もじもじ太腿を擦り合せながらぞくぞくと震え) -- レアンドロ 2018-12-11 (火) 23:46:06
      • くふふ…レアンドロ、期待で一杯の顔してる…(しかし、自らも目を赤く光らせれば、同じ様に)
        ボクの「彼氏」になる人は、とっても淫乱な狼君の様だねっ、ふふっ♡…まあ、ボクも同じだけど(ぎゅーっと抱きしめながら、レアンドロをもふもふとして) -- サイカ 2018-12-12 (水) 00:12:04
      • もう、なんか想像しただけで…我慢できなくなっちゃいそ…(ぎゅっとしがみつく 最初は少し怖いと思った赤い目も、今は綺麗なものに思えた)
        サイカねーちゃんも、一緒なら…そのへんはうまく釣り合い、とれるかも?えへへ…(赤い顔を、サイカの胸元に埋めるようにくっつけて) -- レアンドロ 2018-12-12 (水) 21:05:01
      • おや、我慢できないなら今から狼君になっても良いんだよ?レアンドロ
        …そのうちキミ、がボクに首輪をつけてよ。ふふっ(くすっと笑い、さらりととんでも無い事を言いつつ) -- サイカ 2018-12-12 (水) 23:29:01
      • ん…いいの? なっちゃう、よ…ほんとにっ(太腿に押し当てられる硬い感触 ゆるゆると腰を揺らしながら)ん、ぅっ…
        首輪…ボクがつけられる側じゃなくってー?飼い主さんが首輪だなんて、ちょっと不思議だけど…サイカねーちゃんが望むなら…うん。 -- レアンドロ 2018-12-12 (水) 23:42:38
      • 気づけっ、女心っ(押し当てられる硬い感触に…今日は手で…なんてやらずに)
        ……電気、消してよ?ボク…きっと、すっごく乱れちゃうからさ♡(ちゅっと、レアンドロにキスをして) -- サイカ 2018-12-12 (水) 23:47:15
      • わぅ……そーゆーのも、分かるよーになってかなきゃいけないみたいー…(抱き合ったまま、ベッドに一緒に転がると)
        えへへ、りょーかい…ボクも、サイカねーちゃんが満足するまで頑張っちゃう…いーっぱい、気持ちよくなろ…?(長いキスと、サイカの温もりを堪能した後)
        大好きだよ……サイカねーちゃん…(ぱちん、と部屋の明かりを消した) -- レアンドロ 2018-12-12 (水) 23:57:00
      • 暗転-
        翌朝搾り取られてミイラになってるレアンドロが発見されたのでした! -- 2018-12-13 (木) 00:00:30
  • サイカお嬢、件の話。一旦ケリがついたのでそのご報告に…
    うちの組織に手を出すとどうなるか、キッチリ教えておきましたので(一礼)
    そちらの方は…お変わりないようですね、相変わらず -- 彼崎 2018-12-10 (月) 20:32:06
    • ふふっ、お帰りなさい、彼崎兄ぃ
      あまり抗争の類は好ましくないと思ってはいたけれど…それでも、大体満足の行く結果が得られたなら良しとしようね…(言いながら…すっと…)
       http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088305.png 
      (を取り出す) -- サイカ 2018-12-10 (月) 20:44:02
      • 奴等もこちらに手を出す事は、もう無いでしょうから、結果的に平和になった。という事で良しとしてください(苦笑いして) …?(出されたものを見てしばらく考え込み)
        …ああ、そうか、プレゼントしてくれるって言ってましたね。ありがとうございます(礼を述べ受け取り)
        持っていくの大変そうだな、…棘の部分って切っても大丈夫なものなんですか?これ(と、聞いてみる) -- 彼崎 2018-12-10 (月) 20:50:55
      • ボクもこんなのは育てた経験が無いからわからないけど…駄目なんじゃないかな!?
        ふふっ、お疲れ様だよ、兄ぃ。…なんだか前より格好良く見えるね(にやにやとして兄ぃを見て) -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:04:22
      • 駄目か。持ち運びが大変そうだ、手に持って移動するしかないのだろうか
        (自分が持って移動する様を想像して)しまらんな…(眉を寄せる)
        そうですか?別に何も変わったようには思いませんが
        惚れないでくださいね、心に決めた相手が居ますので(いつもの断り文句を無表情で告げ) -- 彼崎 2018-12-10 (月) 21:12:52
      • 何時も無愛想な兄ぃにも、持ち歩けば愛嬌が生まれるかもよ?(くすっと笑って)
        冗談まで上手くなってさ!はー、ボクとデートした時にそう言うのがあればなぁー? -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:15:32
      • …不気味な事この上ないと思いますが(眉を寄せ)
        上手いですか?あとこれ割りと昔から言ってるんですが…冗談でもないですし(意図してない所で褒められ複雑な表情)
        …あれば?なんでしょう?(珍しく気になるのか続きを促す) -- 彼崎 2018-12-10 (月) 21:19:42
      • あれば、もう少しレディを楽しませる事が出来きたのにな…ってさっ!
        しかし…いろいろな事があった一年、だったね -- サイカ 2018-12-10 (月) 21:26:58
      • ああ、失礼。以前のあれは満足いただけませんでしたか、やはり(苦笑して)
        そうですね、長いようで短くありましたが…俺は自分が色々と変わった事を実感してます
        …お嬢はどうですか?何か自分が変わったと感じた事は -- 彼崎 2018-12-10 (月) 22:41:47
      • アレで先生は満足するのかなぁ…と、思う所だね、兄ぃ?(からかう様に言い)
        ん…ボクは…どうかな。やる事は変わらないし、思う事も変わらない。ボクがいるのは相変わらずクソッたれな夜で、ボクがしている事は相変わらずな仕事だよ
        でも…まぁ……夜は明ける。そう思える様になった、かな(苦笑して) -- サイカ 2018-12-10 (月) 23:01:12
      • そういう話…(眉を寄せ)どうなんでしょうね、少なくともあの人と外に出る時は二人で相談して出るようにしてますし
        あの人は俺をからかって喜ぶ癖があるから、退屈はしてないんじゃないですかね(気にした様子も無く応える)
        まあ、俺もこのままでいいとは思いませんしね。清涼剤入れさせていただきますよ、この組織に。銀河って名前のね(言って悪い顔をする) -- 彼崎 2018-12-10 (月) 23:10:58
      • 兄ぃが無愛想で真面目すぎるから、からかわれるんです。(それでも二人は仲良くやっているのだろうと、うんうんと頷き)
        …銀河は、まだ甘いよ?…厳しいんだから、兄ぃは(そんな兄ぃの台詞に、肩を竦め) -- サイカ 2018-12-10 (月) 23:40:16
      • 甘いからいいんだよ。アイツにはあのままでいてもらうさ
        どうだ、面倒を見たくなるだろう。それがアイツの強みさ!
        そしてそれに引っ張られていくお嬢が目に見えるようです(あくどい笑い) -- 彼崎 2018-12-10 (月) 23:46:53
      • どうしたものかな…殺しの仕事が銀河からボクに回ってくる気がしないんだけど…(兄ぃの言い分に、困った様に)
        …兄ぃ、悪い顔してる。も〜、勘弁してよ〜(苦笑しながらも、まあそれも悪くないのかな、なんて考えて) -- サイカ 2018-12-11 (火) 00:15:43
  •   -- 2018-12-09 (日) 11:40:14
  •   -- 2018-12-09 (日) 11:39:26
    • うーむぅ…(なにやら眺めてニヤニヤしている) -- サイカ 2018-12-09 (日) 13:23:21
      • …何眺めてんの。(ノック?俺とお前の仲だろ?) -- ハロー 2018-12-09 (日) 13:24:49
      • むっ…曲者!…って、何だ。キミか…ふふ、丁度良い所に来たね!(なにやらにやにやして)
        これを見てよ!じゃーん!!(そう言ってハローに見せるのは…壷だ!それもただの壷ではない、なにやら古臭くも風味のある壷だ!) -- サイカ 2018-12-09 (日) 13:27:40
      • ……壺。(…ほぅ。悪くない、とこちらも骨とう品には興味がある様子)…いい感じだけど。え、何?サイカそういう趣味あったっけ? -- ハロー 2018-12-09 (日) 13:30:05
      • 最近、こういうのにハマっちゃってさ〜。ほら、此処の…ここの所とか見てよ、良い形でしょ〜?(なんか上の丸い所を撫でながら)
        ふっ…社会的成功者なら、こういうのも嗜んでおかないと…いけない(眼鏡を上げるインテリな仕草) -- サイカ 2018-12-09 (日) 13:32:14
      • へぇー。…いい趣味じゃんか。風俗通いや酒や煙草より全然マシだなァ。…金がかかるのが難点だけど(わかる、と。爺さん幹部相手には必須の技能だ)
        ルソンとかの古い壺集めるのかな。古伊万里なんかはメジャーだけど。……本とか読んでる?(コイツ形から入りそうだなって顔) -- ハロー 2018-12-09 (日) 13:38:11
      • ………(ハローに言われれば…首をかしげる)
        冒険者っていう奴から…遺跡から発掘されたって話で…買った。…300で…(要するに得体の知れない謎の壷) -- サイカ 2018-12-09 (日) 13:40:39
      • ……鑑定票は…?(えぇ……って顔をするが、まぁいいかと)…ま、サイカが気に入った形ならいいんじゃねぇかな。俺はこの造詣いいと思うぜ。
        本物でも偽物でも気に入ってりゃそれでいいんだよ(うんうん)……一応その冒険者って奴の外見聞いておこうか…(猟犬ハローの出動だ!) -- ハロー 2018-12-09 (日) 13:46:34
      • そうでしょ?!いやぁ、こんなに良い壷…ボクは初めて見たよ。これは絶対良い壷なんだって!
        ん〜と…街中で露天を開いてた人から買ったんだけど…ド派手な魔女帽子を被った…額に変な三角のマークが描いてある…天才大魔女っていう人から買ったよ。傑作なんだってさ〜 -- サイカ 2018-12-09 (日) 14:01:08
      • …(そう信じる心が大切なのだ。うん。ぼったくられててもいいんだ…まぁ実際俺も悪くない造詣だと思うし)
        街中で露天、ド派手な魔女防止で額に三角マーク、天才大魔女、ね…(メモメモ)あとで話聞いてみよ。ぼったくりじゃないかもっといい物がないか…
        …最近なんかあったか?(帰る前にふと)…いい顔してるからさ。前よりも気持ちよく笑ってる感じある。 -- ハロー 2018-12-09 (日) 14:04:10
      • もし見つけたら、宜しくいっておいてよ。ふふ、うーん…良い形だなぁ(壷に夢中な顔)
        ん…そうかな?ん〜…少しだけ、周りを見てみた。…それくらいさ。(ハローに笑顔を向けて) -- サイカ 2018-12-09 (日) 14:12:04
      • (…釣りやってるとき俺もあんな顔してるのかなァ。楽しそうな様子ににへっと笑顔を零して)
        ………そか。(いい傾向だ。…少し安心したかな、と。危うさが無くなった姉にふっと微笑んで)…じゃ、仕事に戻るよォ。あんまり壺磨きすぎるなよォ劣化するから(部屋を後にした) -- ハロー 2018-12-09 (日) 14:14:16
  • (しゃなりしゃなりと歩いてくる)サイカや、以前言うておった黒い着物…これくらいで良いじゃろうかのう -- マート 2018-12-09 (日) 05:18:15
    • むっ…ふぅむ、ふーむ…むー……(姉をマジマジとチェックするように見れば)
      極道感があって…良いじゃない。ふふっ、マート姉様、いらっしゃい。随分と似合っているし、子供っぽくもないよ -- サイカ 2018-12-09 (日) 05:25:31
      • それは僥倖、わしのセンスと品ぞろえと…で精いっぱいがこのようにじゃったからのう…
        (8月のカレンダーをめくって9月にしつつ)丁度これから秋、髪飾りも紅葉を意識して…じゃの、しかしながら極道感とはなんじゃろうか…ドスでも持ち歩くべきかの? -- マート 2018-12-09 (日) 05:29:39
      • 極道感…それは、スゴ味…だよ姉様!
        ふふっ、姉様はどうなんだい?フォーマルな格好をしてみた感想は(ぽんっと両手を肩において、姿見の方まで誘導し) -- サイカ 2018-12-09 (日) 05:42:07
      • すごあじ出ておるかのう…?(その辺りがかもし出されているか…はあまり分かっていないようで)
        むぉっ…(姿見の前、妹をバックに映る様子はどこか困惑した様子も)正直…まだようわからんのう、心構えとか何かあるもんじゃろうか?すごあじを出すのがええんかの(サイカの方を向けばじっと目を見つめる)
        (本人はにらみをきかせているつもり…だが、表情が追い付かずじっと見つめているだけだ) -- マート 2018-12-09 (日) 05:47:28
      • そうだねぇ…ボク達は意外とメンツを大事にするからね、毅然とした態度をとる事が大事…とはおもうんだけど
        マート姉様にはそう言うの、にあわないかなっても思うな?(そんな姉様を見れば、カワイイ…となる妹) -- サイカ 2018-12-09 (日) 05:53:17
      • 毅然とした態度のう、ふにゃふにゃしておったら舐められてしまうとかじゃろうか?規律ある威圧感…みたいなものは重要そうじゃの
        んぬ…似合わぬのであればなぜ、わしにこんな具合の恰好を勧めたのじゃ…?(頬に指を当て首を傾げる、どうにも意図がつかめないようで) -- マート 2018-12-09 (日) 05:57:58
      • そうそう、威圧感…と言うのはとても大事ではあるけれど、それが似合うか似合わないかはべつの話ということだよ姉様
        格好は似合っているけど、無理に長ドスやらスゴ味を出さなくても良いって事だね(うんうんと頷き)
        分りやすく言えばそうだね、姉様は皆に、怖がられたい? -- サイカ 2018-12-09 (日) 06:07:21
      • ふ…む、言ってしまえばわしのようなちびが威圧感を出したところで背伸びしようとしておるようにしか見えんじゃろのう…
        極道感をもっとかもし出す必要はないという事じゃろか?こういった方面の衣装はほぼ着ておらんでどうしたものかと言う気分がのう…
        ぬっ、わしは…怖がられたくは無いのう(小さく頷いて) -- マート 2018-12-09 (日) 06:11:16
      • でもすごく似合っているよ?格好良いと思うし、何時もよりずっと大人びて見えるとボクは思うなっ!
        …そうでしょ?誰だって、怖がられたくは無いもの。だから姉様には、怖がられる様な人になって貰いたくは無いんだ、ボクも(後ろから肩を揉むようにして) -- サイカ 2018-12-09 (日) 06:18:46
      • かっこいいじゃろか?(てれてれ)サイカがオススメしてくれたんじゃし、そう言ってくれるならこの秋はこれで過ごすかのう
        わしがどうこうした所で怖がられるようになる気はせんが…そう言うなら無理に極道感とやらを出そうとはせんでおくかのう…
        (目を細め気持ちよさそうに)おお…心地ええのう…じゃが、ふふ…わしの肩は小さいで揉みづらいじゃろう? -- マート 2018-12-09 (日) 06:28:51
      • 格好良いよ〜、ボクが男の子だったらマート姉様に惚れてるかも?(なんて冗談めかして言って)
        うん、それが良い。……アハハ、丁度良いサイズだから安心してよ姉様(労わるようにしつつ)
        …今年は、色々な事があったねぇ… -- サイカ 2018-12-09 (日) 06:41:36
      • それは残念な話じゃのう、今からでも男の子になってくれればええのに…(はぁ…とため息をついて見せるが表情は笑っている)その場合は弟…になるんじゃろうのう、ケイカも弟じゃとてあやつは落ち着き過ぎておって弟と言う気がせんのじゃ、もう20年位合うのが早ければ違ったやもしれんのじゃがのう
        左様か、サイカの手もあまり大きくはない…女の子の手なのじゃのう…(体を預け身を任せる、無防備な背を任せられるのは信頼によるものか)
        …そうじゃの、わしは細かい事を知れる立場ではないでどこまでの事があったか詳しくは知らんのじゃ、それでも…こうしてサイカが、みんなが無事に過ごしておるならそれでええと思うておるのじゃよ… -- マート 2018-12-09 (日) 06:49:23
      • 姉妹で、というのにも興味が無い訳でもないけれど、果たして姉様はどうかな?ふふっ(からかうように…ミューザー姉様の奴が移ったかな、なんて思いつつ)
        そんな姉様だからこそ、皆が慕って頼りにしてくれるんだ。…コンビニのバイトだけじゃ、思いも寄らない年になったんじゃないかな?(振り返れば…楽しい1年だったな、と。秋の始まりに、町の夜景を見下ろして)
        来年も、再来年も…こうして居れれば良いね、姉様
        (色々な事を思う。ドーニャの事…自分の死を予感していた彼女は、まだまだ生きていて欲しいと思う。そしてこれからの人生をもっと、楽しい事で一杯にして、彼女の空っぽを埋めていって貰いたいな…)
        (銀河は…幹部になると色々と動いていたな。初めてボクの所にきた時は、少し驚きもしたけれど…あっという間に部下を持ち、信頼を得て…出世コースだというのだから、流石お父様の娘だよね)&br:(ハロー、カランドリエ…彼らはこれからのファミリーを盛り上げていく中心人物になるんだろうな。デリカシーの無い男……ふふ、思いの中くらい、素直になったほうが良いか…。良い男だよ、君は。…カランドリエとお似合いで、少し妬けちゃうけれど…眩しすぎるキミ達には、お似合いの未来だろ)
        (レアンドロ…最初はキミに、ボクは幸せな人生を歩む事を望んだな…でもそれはボクは、キミを子供だと思っていたからだったな。…でも本当のキミは、頑張りやで、皆の事を考え…ちゃんと、自分も大事に出来る良い男だった。これからどうなるかわからないけれど…キミはボクの希望だよ)
        (ミューザー姉様は…ふふっ、思い浮かぶ事なんか殆ど無いかな。もう、いつもいつも、ボクの所に来て好きにしてさ…でも、ミューザー姉様のそう言う所が、ボクは大好きだ。ハローと喧嘩しない様にだけはして欲しいけれど…)
        (ケーネは…きっともうボクの立場を知ってるんだろうな…それでも、今でも友達だといってくれる彼女が、ボクにとっては凄く大事な人になった一年だったな…ふふ、フェルモとこれから、上手くいけば良いんだけど…)
        (ケイカ兄…名前で呼ぶと嫌がるんだから…でも、ケイカ兄にとって、今年は特別な年になったんじゃないかな。無愛想だけど、何時もボク達の事を考えてくれてる…優しい兄ぃなんだ。ハイジア先生と上手くやれれば良いんだけどな…)
        ………(考えれば、考えるほど…今年は良い年だったな、と実感する。皆、これからどうなるかなんてわからないけど…去年の自分より、今の自分は多少、満たされているのだろう)
        マート姉様…マート姉様は、何時もボク達の姉様でいてくれて、ありがとうね。ふふっ…でも、少しは女の子しないと、ボク以上にいきおくれるぞー?(なんて、姉をからかって) -- サイカ 2018-12-09 (日) 07:21:49
      • ぬぁっ!?(驚いて振り向く)実の姉妹で…(薄い本で同性カプには理解があるが、自分が実姉妹と…となると…忌避感はないが率先して!と言うようでもなく…悩んでいるようで唸っている)うぬぬぅー…?するなら試しでになるんじゃろうか…?
        どこかよそ様の土地で真っ当にアルバイトをしておるだけでは到底体験できぬような事もいろいろとあったのう(みんなで旅行に行ったり花見をしたり…遊んでいる事ばかりが思い起こされるのは暗部にはかかわっていない事も理由の一つだろう)
        来年くらいはええが再来年、もっと先…となるとこうしてはおられんかもしれんの?(くすりと笑って)サイカ自身も分からぬが甥っ子や姪なぞを抱く機会もあるかもじゃしの、不変はつまらぬが失うでなく…得ていく未来がええのう…
        …何じゃ物思いにふけっておると思うたら突然、わしはだらしなかったり頼りなかったりするじゃろうが、それでもおぬし等の姉じゃからの…何か助けを求めるならわしはこの手を精いっぱい伸ばすだけじゃよ、言われんと気づかぬやもしれんがの
        うぐううう!サイカ以上にと言うても姉と言う時点でもう手遅れだと思うんじゃけどの! -- マート 2018-12-09 (日) 07:35:27
      • ボクはミューザー姉様に抱かれて満更でもない女だぞ〜?良いの?そんな事言って(目を赤く光らせて)
        …ファミリーか。お父様が…目指した世界は、優しくて暖かな世界だった…お母様にも、今のボクを見せて上げたいよ(ぎゅーっと姉を抱いて、穏やかに)
        モテカワを目指すんでしょ、マート姉様?ボクと一緒に目指そうよ〜 -- サイカ 2018-12-09 (日) 07:46:48
      • 知られざる姉妹の関係を耳にしてびっくりしたんじゃけど、ミューザーはなんと言うか…流石じゃのう、じゃがあやつに抱かれるとはそのう…男性的な方で…じゃろ?(恥ずかしいのか視線を逸らして問いかけたため眼の光には気付いておらず)
        目指すものは良い者なのじゃろうな、みな…満面の笑みとは言わんが笑顔がそこかしこに溢れておるようじゃ、父に関しては…まあ、節操のなさだけはちょっとのう…それ以外はええんじゃが…(知らない内に弟妹が沢山いたり義母が沢山いると知った時の衝撃が心に引っかかってしまうようで)
        ふむ…サイカの母はどんな人だったのじゃろうのう?(サイカの腕に手を重ね、優しく包むように)
        そうじゃ…目指すのじゃよ!一緒に目指すとなるとライバルじゃろか、それとも相棒…?姉妹で合わせてのアピールは強そうじゃのう -- マート 2018-12-09 (日) 07:59:41
      • ボクもどっちでもいけるから大丈夫!まかせて☆(ボスの娘はボスの娘だった!)
        ……(姉に問われれば…)
        ………とっても優しくて、愛情深い人だった。(なんて言って…何年かかって言えた台詞だろうか?マート姉様の前だから出た言葉なのかはわからないが…なんだか…少しだけ何時もより、良い気分だ…自分が殺した母親なのに…)
        ライバルになったら取り合いになってしまうじゃん!モテカワになった暁には…共有しよう!(ぐっ) -- サイカ 2018-12-09 (日) 08:21:41
      • そうじゃったのか!?わしは…好みはどちらか一方だけと決めつけ、思い込んでおったのやもしれんのう…両方の性を持つミューザーじゃからこそ両方に興味をもつのじゃと…
        なるほど異性に興味を持つのが正常として同性に興味を持つ者もいるなら、両方に興味を持つものが居るのも道理じゃったか(納得して頷く)う、うむ…では試しに任せるのじゃ…が、お高いレストランとかそう言う所はちょっとの…?(デートプランを任せる…と言うつもりらしい)
        (目を閉じ想像する、姿形は多少老けたサイカを思い浮かべ)…また会いたいとか、将来は母のようになりたいとか思うたりするもんかのう…?わしはそう思えやせんでのう…
        切磋琢磨するような意味合いで考えたのじゃが…えっ、共有!?それはどんな具合になるんじゃろう…こう、二人で一人の…いやモテカワになれば一人ではないんじゃろか??? -- マート 2018-12-09 (日) 08:30:00
      • そう…姉様ならもう分る筈…好きに性別も、生まれも関係ないって事に!それが…尊い…そうでしょ?!(※完全にアレな本の知識と影響です)
        で、デート…ボクはそんなの、行った事がないぞっ…え、えっと…しゃれおつなカフェでコーヒーを飲んで…それから映画館にいって、ショッピングして…アイスクリームを二人で一つの奴を買って…そのまま手を繋いで…帰宅……
        …ふふ、それは…思わないでおこうかな…。ボクは、ボクだからさ…(遠くを見て、そう言って)
        勿論、二人で一人をだよ姉様!…ミューザー姉様が間に入りそうだね、これは…アハハ(笑って) -- サイカ 2018-12-09 (日) 08:48:44
      • うん…うん!わかる、今ならようわかる気がするのじゃ…!生き別れの兄弟が互いの事を知らずに好き合い、親の反対から素性を知ってしまい葛藤しつつも性別も血縁も乗り越えて結ばれるような…尊いのう…(※知識のもとが似通っていますが無害です)
        わしもないがデートっちゅうのは…大事じゃろ?同じところに住んでおっても出かけるタイミングをわざとずらして待合せたりするのじゃ…なんと!一つのアイスを…どうするのじゃ?(どきどき)
        自分は自分…なるほどそう言う考えもあったんじゃのう、わしはわしのままでよかったのじゃ…な(何か迷いがなくなったかのように強く、頷いて見せ)
        二人で一人ならよさそうじゃ!相手をとっかえひっかえはどうかと思うたからの…間がミューザーか、まかり間違って一人が別の者でさらにミューザーの四人体制になるやもしれんのう(一体どうなる事やらと苦笑い) -- マート 2018-12-09 (日) 09:00:13
      • 尊い…いや、てぇてぇ……くっ、やはりボクの姉様…ボクの一枚上を行く…!あっ、それならその兄弟は中東の王国の王子というのはどうだろう。一人は正当継承者の王子様で、色黒のイケメンで…もう一人は幼少の頃に逃がされた第二王子で、普通の平民として酒場で働く普通の青年なんだ。
        王子が遠征に出た帰りにふと立ち寄った酒場で二人は運命的な出会いをし、月明かりに照らされたオアシスで情熱的な一夜を過ごし…そこから王子は酒場の平民に一目惚れし、ラブコメ的要素を交えつつ…それを知った国王は、絶対に許さんぞ!!となるけれど、なんだかんだあって乗り越えて更に兄弟と発覚するも、二人は幸せなおちんちんでキスしてハッピーエンド!キャー素敵だよ姉様!
        むっ、なかなかの乙女力だねぇ姉様…ふふ、二人で一つのアイスを、左右から食べていくんだ…この意味がわかるかな?
        4人!?それはちょっと過激すぎないかな?!(想像すると顔が赤くなってくる) -- サイカ 2018-12-09 (日) 09:37:15
      • (悟空さ…)倒錯するなら兄弟に女装癖があり、初めはお互い異性だと思って付き合い始めて…と言う具合かのう(姉妹女装レズ)
        中東!?まさかの異国設定が出てきたのじゃ、王位継承者の第一王子と平民として暮らす第二王子…ええのう、続けて
        オアシス!舞台装置をこれでもかと生かしてきたのう…ハッピーエンドは愛の逃避行でも国王に認められるのでもどちらのパターンでもよいのう…
        認められるパターンでは実は母上と思うておったのも国王の弟で血は争えん!と男子四人の親子夫婦が家族の情を深める交じり合いとかのう…(よだれ)
        む! ポッキーゲームの…アイス版、一言で言えばそうじゃが…その正体はなめ合う事で必然、ディープになる…のじゃな?おお…なんと言ういちゃらぶ装置じゃ!
        ほほっ、あまり多すぎると収拾がつかなくはなりそうじゃのう(こちらは四人でどうなる…?と想像を超えてしまって思いつかない様子) -- マート 2018-12-09 (日) 09:47:33
      • むぅ…良い…尊いね姉様…所でこれ冷静に考えると、この国は滅ぶよね?
        ふふ、どうです姉様…自然とディープなキスが出来る…このデートプラン…!
        4人だと…まず知らない彼氏をミューザー姉様が責めるじゃん?そしたらボクとマート姉様が左右で知らない彼氏を責めながら、ミューザー姉様の両手で責められる…と言う構図になると思う -- サイカ 2018-12-09 (日) 10:06:57
      • そこは先王兄弟が男同士でなぜか主人公兄弟を産んで?おるからなんとかなるじゃろ…尿道妊娠と言うのは少々わからん風情じゃが…ES細胞があれば男性から卵子を作る事も出来るそうじゃ!
        中々のプランじゃ…であれば起承転結をさらに盛り込むのはどうじゃろう?待ち合わせの起、カフェ等で…一つのジュースを二人で飲む承、映画館で隣り合う二人…重ねられる手…で転、そしてアイスの結に至るのじゃ…
        ンマー!(両手で顔を覆い…しばらくして手をずらしながら顔を出して)それは知らない彼氏がまず掘られておる…両刀彼氏になりそうじゃの、まっこと業の深い事じゃ -- マート 2018-12-09 (日) 10:18:28
      • つまり…そこはファンタジーな要素でぼかせばいいんだね!魔法の力で何とかしてしまえば良い…つまりES細胞は魔法だった?
        なるほど、それは確かにデートプランとしては綺麗な流れだね…ふふっ、じゃあ、今度のオフの日にでも一緒にいこっか、デート(むぎゅーっと姉に抱きついてみたり)
        モテカワ女子の相手をしようと思う男だよ?当然…両刀位じゃなきゃ釣り合わないとボクは思う…!(思い浮かぶのはレアンドロ) -- サイカ 2018-12-09 (日) 10:33:57
      • 魔法の力は偉大じゃの…性別を変える魔法があるなら男のまま孕む魔法もきっとあるはずじゃ、需要の数は少なくとも濃厚な需要じゃろうからのう…
        むおっ!?(抱き着かれた拍子に思わず声が出る)う、うむ…プランニングしておるだけだとへいきじゃったがこう…行こうとなるとなんじゃか恥ずかしいのう(同意はするが照れているようだ)
        完璧な理論と言わざるを得んのう、得てして知らない彼氏以外が埋まることで知っているものだけで固まってしまうのじゃな…! -- マート 2018-12-09 (日) 10:42:43
      • ふふ、ま、良いじゃないか姉様♪これもモテカワのための道だよ、うんうん…(くすくすと笑って…百合、と言うよりは姉妹愛っぽくなる)
        アハハ…はー、久しぶりに、沢山色々話したな…マート姉様、ボクの戯言に真剣に付き合ってくれてありがとうね
        やっぱり姉様は、良い女だね -- サイカ 2018-12-09 (日) 10:55:49
      • こ、こういうのもその道に必要なのじゃ!?長く険しい道じゃのう…(今まで歩んでこなかった方向性、それだけに苦労しそうだと溜息一つ)
        どこからどこまでが本当でどこからどこまでが戯言なのかわからんのじゃが、それもミステリアスさ…いい女の条件という奴じゃろか?
        (肩を竦めて)サイカには勝てる気はせんがの、さてわしはそろそろ戻ってお昼の準備をするのじゃよ…またの、愛しい妹よ -- マート 2018-12-09 (日) 11:06:42
      • うん。姉様…またね?ふふっ、それ、似合ってるから…皆にも見てもらうと良いよ。(なんて言って、姉を見送り)
        …ほんとに色んな事があった気がする…(自分の両手を見れば、血濡れではなく)
        表と、裏か……
        ボクの欲しい物は直ぐ近くに沢山あって…ボクが、それを見ていなかっただけ………本当に楽しい一年だったな(そう言って、一人でくすくすと笑うのであった) -- サイカ 2018-12-09 (日) 11:15:13
  • 思えばサシで、っていうのはなかったね。こんにちはお嬢様。(などと冗談めかしてお辞儀をする) -- ユリアン 2018-12-08 (土) 12:09:00
    • …ユリアン、キミがわざわざボクの所に来るなんて。ボクはまだ、組織を裏切ったつもりはないのけれど?(ジョークを返してセーフルームに招き入れれば)
      キミからの場合、仕事の話では…無いと思って良いんだよね。何か飲む?(部屋を見渡せば綺麗に整頓されており…寝室の扉だけは厳重に施錠されている様子で) -- サイカ 2018-12-08 (土) 14:51:43
      • おや、ご挨拶だね?僕はただ友人とおしゃべりしに来ただけさ。(中へ入り、ソファへと腰を下ろす)
        ああ、じゃあ紅茶でも。…しかし君は僕の仕事内容を知ってるんだね。まぁ当然といえば当然か。 -- ユリアン 2018-12-08 (土) 15:19:39
      • これでも色々と話は入ってくるからね。…この仕事において、情報は命よりも価値がある(言いながら紅茶を淹れ、ユリアンの前に差し出して)
        孤児院では良いお兄さんらしいじゃない。似合ってると思うよ、ボクは -- サイカ 2018-12-08 (土) 15:55:31
      • ま、あっちの噂なんてろくなもんじゃないだろう…フェイクもいくつも入れてるだろうしね。(故に実態が不気味な存在。それがユリアンの裏の顔だ)
        似合ってる、ね。ハロー君といい君といい僕を買いかぶりすぎさ。人を殺すより活かすほうが難しいよ -- ユリアン 2018-12-08 (土) 16:08:02
      • それに一応ボクは、キミ達を使う立場だからね。
        アハハ、それは確かに…でも、やりがいあるんじゃないの?嫌われ者より、好かれてる方が良いじゃない -- サイカ 2018-12-08 (土) 16:24:55
      • まぁ今のところ苦手なりにひいこらしながらやってるさ。
        ヒザキも時々様子を見に来るしね。彼はああいうところが豆だね。 -- ユリアン 2018-12-08 (土) 19:29:11
      • ボクも将来そう言うお仕事がしたいよー。その時になったらキミにノウハウを教えてもらお(くすっと笑って)
        兄ぃはああ見えて気が利く男だからね。デリカシー無い所もあるけど -- サイカ 2018-12-08 (土) 22:45:13
      • 君の場合は難しいかもね、僕みたいな下っ端とは立場が違う…と言いたいがここのファミリーは何をするかわからないからな…マフィアなんてものはもっと冷酷無情なもんだがね
        組織的には得難い人材だね。清濁合わせ持てる男だよ彼は。僕は彼のことは信頼しているね。 -- ユリアン 2018-12-09 (日) 00:36:20
      • ユリアン、ボク達はファミリーだよ。そう言ういい方は良くないね?(人差し指をユリアンの口の前まで持って)
        …それに、もう少し夢を見させてくれる事を言っても良いじゃないか、ユリアン(とは言いつつ、苦笑して) -- サイカ 2018-12-09 (日) 01:08:21
      • だが事実だろう?僕も君も、そのファミリーの日の当たらない部分を担当してるはずだ。
        …済まない、明るい話題は苦手でね…ハローくんにも怒られるんだ。悲観的すぎるって。(苦笑いしつつ)
        ああそうだ、これを持ってきたんだ、美味しいよ。(フォンダンショコラの入った包を渡す) -- ユリアン 2018-12-09 (日) 01:17:35
      • …それなら、日の当たる部分を担当している者達もいる。隣りあわせで居るからこそ、ボク達はマフィアなんて物にはならないんだ。
        本当、そうだね…まったくー。女の子の部屋に来てまで、そんなに悲観的でどうするの?もう…あ、なにそれ美味しそうだね…だね(お腹を気にする) -- サイカ 2018-12-09 (日) 02:21:11
      • 女の子、ああ…そうだったね。(やや気まずそうにして謝る。すまないと)
        うん、子供たちにも好評だったやつ。安く仕入れてみんなで食べたやつの残りだけどおすそ分けってことなんだけど…(サイカの恥ずかしそうな所作を見て)
        ああ…大丈夫だよ、サイカ。女性はね多少ふくよかな方が男性に好かれやすいんだ。 -- ユリアン 2018-12-09 (日) 03:04:03
      • 失礼かキミはっ!…ふふっ、まあ…キミらしいといえばキミらしいかもだけど
        皆そう言うけど、限度がありますぅ。夜にケーキなんて食べてたら、今に酷い有様になるよ?! -- サイカ 2018-12-09 (日) 03:09:35
      • 1回位平気だよ?ほら…(スプーンで自分の分をひとくちすくい、口元へ)
        んー、セール品だった割には美味しいなあ。ほらサイカ、美味しいよ?(ニコニコとからかうような顔) -- ユリアン 2018-12-09 (日) 03:14:04
      • うぐ…ぼ、ボクの自制心を試すつもりだね…ユリアン…!
        ボクは圧力には…屈しない女なんだ。口を割るわけにはいかないね…(ガタガタガタ) -- サイカ 2018-12-09 (日) 04:12:36
      • んーそじゃ僕が食べちゃおうかなー、よっと(自分の分をスプーンでヒョイパクしつつ)
        紅茶にもよく合うし…もったいないなあ…ひとくちだけでもさあ(そういいつつ口元にスプーンでフォンダンショコラを持っていく) -- ユリアン 2018-12-09 (日) 04:17:06
      • アアア…!ゆ、ユリアン…これが…これが組織のやり方か!!(口をあけて涎を垂らしていれば)
        (口元に差し出されるそれに…)ガブゥ(ばきーんっと音を立ててスプーンの先端ごと食いちぎる) -- サイカ 2018-12-09 (日) 04:25:38
      • 堕ちてしまえばいい…我慢しなくていいんだよ?(潤んだ目に追加されるイケメンボイス)
        …ってわあ!?スプーンごと行くとかワイルドすごいない?うちのおちびさんでもやらないよ? -- ユリアン 2018-12-09 (日) 04:46:04
      • …アマーイ!(バリンバリン)はっ…ぼ、ボクは…一体何を…?!(自分の両手を見る…両手があかくそまってうんたらかんたらでつみのいしきがどうのこうの) -- サイカ 2018-12-09 (日) 05:05:21
      • (そっとお出しされる2杯めのショコラ)一度も二度も一緒さ…さぁ食べてしまおう? -- ユリアン 2018-12-09 (日) 05:10:34
      • やめろーーーっ!それ以上言うなぁーーーっ!!(例の顔) -- サイカ 2018-12-09 (日) 05:23:46
  • サイカお嬢、ご挨拶に来ました
    後は頼みごとをひとつ -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:13:54
    • 兄ぃ、いらっしゃい。…兄ぃからの頼み事となると、それは重大な話だね…なにかな? -- サイカ 2018-12-08 (土) 00:27:45
      • 聞いているとは思いますが、近々作戦の為遠征に出かけますので
        …その間のこの場をお任せします。と言いに来ました -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:34:00
      • ボクに任せるならもっと適任の幹部も居ると思うんだけどね…タウラージ兄や、モレッティ兄…は、あんまり面倒事には出てきたくは無いか…(彼崎兄の言葉に、苦笑して)
        兄ィ…ボクは殺し屋だ。だからボクが言っても…やすい言葉にしかならないけど…
        ちゃんと、生きて帰ってきてね。 -- サイカ 2018-12-08 (土) 00:39:23
      • お嬢。お嬢のやってる事と、お嬢が俺を心配する気持ちは相反するものでは無いですよ
        死にに行くわけじゃないです、それなりの覚悟をしている。というだけです
        荒事には不向きですからね…でも、俺は行かないとならないですから。ご心配をおかけします(一礼して) -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:47:36
      • ふふっ…ま、今の兄ぃは…前よりも覚悟が決まっている様にも見えるし?信じてるよ
        だから、任せておいてよ。こっちはさ(一礼に笑顔で返し) -- サイカ 2018-12-08 (土) 04:07:46
      • ええ…戻らなければならない理由も、また増えましたしね
        それでは失礼します(言って足早に帰っていく。何時もと変わらぬ後ろ姿で) -- 彼崎 2018-12-08 (土) 16:18:34
      • …うん、またね、兄ぃ(そんな背を見送り)
        戻らなきゃいけない理由…かぁ。兄ぃ…良い男になっちゃってさ。 -- サイカ 2018-12-08 (土) 16:53:19
  • サイカねーちゃんって、ボクの能力知ってたっけ…説明はしてなかったと思うんだけどー(今回はちゃんと予約を入れて訪ねてくる)
    実のところね、ボクもサイカねーちゃんの能力について詳しく知らなくってさ やっぱ、部下になるならそういうの知っとく必要あるかなって! -- レアンドロ 2018-12-07 (金) 19:04:30
    • やあレアンドロ。…この間はごめんね。つい、抑えきれなくて…(あははーとばつが悪そうに笑って、すこし恥かしそうにして)
      ん、そうだね…ある程度の話は聞いてはいるけれど、詳しくは知らないね。精々、キミが人狼で、変身能力があるという事くらいだよ(そして、レアンドロに問われれば、少し戸惑うような表情を見せて)
      ………ボクの能力は、肉体の硬質化だよ。(そう言って実演して見せれば、手が黒く染まっていき) -- サイカ 2018-12-07 (金) 22:31:50
      • いいのいいのっ、ボクも気持ちよかったし…って、思い出したら恥ずかしくなっちゃうじゃんっ 今日は真面目なお話だよっ!?(ふるふる、首を横に振って邪念を払い)
        でもそれなら半分以上は知ってるんだねー…ボク、自由には変身できなくって…専用のお薬使わないとダメなんだ。
        んん…硬質、化…(手が肌色から黒へと変わっていく様子をじっと見つめ)…んと、触ってみてもいい?(人差し指をそっと伸ばし) -- レアンドロ 2018-12-07 (金) 22:38:45
      • 禅の心を持って邪念を振り払うんだ、レアンドロ…!ボク達が人であるために必要な物はなんだと思う?…それは…知性さ!(きらんっと眼鏡を光らせる)
        こう見えても此処はファミリーの根幹に根ざした場所だからね…シマを持たずとも、色々な情報が集まるんだ。…だから皆の事もある程度は情報が入ってくる。…ボク達の仕事の内には、裏切り者の「処分」と言う物もあるからね
        専用の薬?なるほど…ドーピングみたいなものかな?…ん、まあ良いけど、触っても面白くないと思うよ?(黒く染まった手をレアンドロに差し出して…触れば冷たく、硬い無機質な質感で) -- サイカ 2018-12-07 (金) 23:17:25
      • うーん、最近ちょっと自分でもそーゆー気持ちの制御ができなくって…困ってるんだよねー…
        あれ?ボクが今後つく部署って割と中枢…(いきなりプレッシャーが凄くなった)ドーピングっていう解釈でおっけーだと思うよっ!使って見せてもいいんだけど…
        元が毒みたいなものだから、反動もきついし…必要な時以外で使うと、お薬足りなくなっちゃうんだよね…
        (指先で軽くつんつんした後、にぎにぎしてみたり)わ、硬い……これだけ硬ければ、武器にもなるし、防具にも…(自ずと、彼女の戦い方も想像できるような気がして) -- レアンドロ 2018-12-07 (金) 23:26:21
      • 自分の意思を持って制しなければいつかは獣と成り果てる。レアンドロ、キミにだってわかる筈…自分が何時まで自分で居られるかわからないけれど…やれることがあるなら、足掻いてみるのも悪くないな、と(諦めていた自分の未来を、照らしてくれる人達の事を少しだけ考えられる様になった。1年にも満たないこの時期は、自分にとっては必要な時間だったのだ)
        なら、それはキミがここぞと言うと気に使う様にするんだ。ボクに見せるために負担を強いていたら、身が持たないからね(くすっと笑って)
        黒くて硬い…フフ、どうですボクのビッグマグナム…と言っても、あんまり荒事は苦手な方なんだよ、ボクは。スーツも汚れるし…後はそうだね〜。これとか?(スーツの裾から、すっと…スローイングナイフが出てきて) -- サイカ 2018-12-07 (金) 23:56:11
      • 言葉では分かってても、なかなかねー…でも、最近気付いたんだ!ぜーんぶそれを一人でやろうとするから、自由すぎて…悪い方にも傾きやすいんだっ!て
        一人でだったらどこまでだって無茶してたけど、相棒がいるとなったら…自分ひとり倒れるわけにもいかないし、相棒を危険にも晒せない、って。(同じく、これまでの期間で学んだことを振り返り)
        サイカねーちゃんの部下になって手伝いたいって思ったのはー、そーゆー意味もあるんだよっ…他にも、色々だけどさ(何やら、悩むような難しそうな表情)
        やぁ、こんなの入らないよぉ… あ、飛び道具もちゃんと持ってたんだ!(ナイフに向けられた視線がゆっくりサイカの目に戻って)…ねぇ、サイカねーちゃん ボクってやっぱ、子供かなー…?(脈絡もなさそうな、唐突な問い) -- レアンドロ 2018-12-08 (土) 00:10:57
      • ふふっ…ああ、ボク達は「家族」だからね?(…以前とは違う…レアンドロから破滅の匂いが減っていることに気づく。今の彼は、彼なりにこれからの先を見据えたのだろう。それがまるで自分の事のように、嬉しく感じて)
        (そして唐突な問いに)…どうしたの、レアンドロ?ん〜…年齢的に見れば、まだまだキミは子供だとは思うけど(その質問の意図を探るように) -- サイカ 2018-12-08 (土) 00:19:00
      • ほんとの家族って、どんなものかボクにはわかんない…けど、誰かが横にいるのって、いいことだなって思えるよーになった
        でもさ、そうやって距離が近くなると…普段気にもしなかった事が気になり始めるっていうか。
        …サイカねーちゃんは、まだボクに気を使って隠し事してる。それが、なんか辛くて…とっても悔しい(ぐっと歯を食いしばるような表情で)
        他の人から子ども扱いされて「まだその歳じゃなー」とか「そのうち分かるようになるよ」とか…そーゆーのは我慢できるけど!
        サイカねーちゃんにそういう風にされると、なんか…ダメなんだ、ボク。(気持ちが制御できない、という言葉の理由を零す) -- レアンドロ 2018-12-08 (土) 00:35:33
      • (レアンドロはやはり鋭い。ケーネもそうではあるが、他者の感情に敏感なのだろう…自分にも具わる忌まわしい能力でも、同じ様な事が出来る故に…彼に対しての隠し事や躊躇いは、礼儀にかけると感じた)
        レアンドロ…キミは、まったく…意外と、男らしいんだね(ふっと笑って)
        そうだね…じゃあ…(すぅと、レアンドロの前で、目の色が赤く変わる)
        ボクの一族は、古の時代から続く…ずっと、裏の世界で人殺しをしてきた呪われた一族。それが、ボクの母親だったらしい。
        母は最低な人だったよ。何時も血塗れで、楽しそうに笑っていた。…でも、鳥折とっても優しくて…ボクは人殺しの母は大嫌いだったけど、そうじゃない時の母は大好きだった。…だから、人殺しの母が憎くて、嫌で嫌で仕方なかったんだ。…人殺しは嫌いだ。ボクから好きな人を奪い…幸せを奪う存在だったんだ(昔話を語るように、レアンドロに向かい)
        それで、ボクは神様に沢山お願いしたんだよ。お母様に人殺しをさせないでくださいってさ?そしたら…ボクにも神様の祝福があったらしい。そんなお母様を止められるだけの力が、ボクにもあったんだ。…それから…気づいたら…お母様はバラバラになって…散らばっていたよ
        …すごく悲しかったのに…それが、とっても気持ちよくて…今でも忘れられない。それからずっと疼くんだ…殺したい…壊したい、奪いたいって。人を殺したくて、殺したくて堪らなくなるんだ。狂化…という物らしい。
        撫でれば人は意図も容易く千切れるし、目を瞑っていても何処に何が居るかもわかる。傷を受けても直ぐに治るし、痛みは快楽として感じる…それがボクの能力だよ…隠し事をしていたつもりじゃないんだ。でも…皆にはそんな姿を見られたくなくてさ… -- サイカ 2018-12-08 (土) 01:46:50
      • (目の色の変化、以前見たそれに若干緊張を覚えるが…大人しく話を聞いていく 何故サイカがこんな部署にいるのか、ようやく納得がいったと同時に)
        ごめん…聞けば聞くほど、辛い話で…(過去の傷を抉ってしまったような、罪悪感をおぼえた 続く言葉に詰まりながら)
        あのね、サイカねーちゃん…ボクからの視点だから、間違ってたらごめんだけど… サイカねーちゃんは、自分の生まれとか、血とかに…凄く悩まされてる。
        そのせいで、「自分はこういう風にしか生きられない」って思っちゃってそうで…ちょっと前まで、ボクもそうだった。
        スラム育ちの子供が、運よくファミリーに入れたからって…夢なんて見れない、どこかで誰かに撃たれて終わりなんだろうなーって…その時まで暴れまくってやろう、って。
        考え方と、ちょっと手伝ってくれる人さえいれば…割と簡単に別の道って開けちゃう、ボクにそう教えてくれたのは…ファミリーの皆なんだよ?
        (硬質化したままの手を両手でそっと握り)自分を否定しないで、サイカねーちゃん。ボクはサイカねーちゃんを否定しないし…もっと楽しく生きててほしいな?
        どんなに頑張ったって、歳の差も経験の差も…埋まらないけどっ…!(ぎゅうぅ、と力が篭るほどに握れば、指の間からは血が垂れ始め)それでも、サイカねーちゃんに届きたくて、ボクは精一杯背伸びしてきた…っ!
        まだまだ足りないかもだけど、サイカねーちゃんが笑ってられるように…ボクは手助けしたいんだ 笑いながら泣いてるみたいなのじゃなくって、心から笑えるように…
        (ぽたぽた、床を汚す血に別の雫が混ざる)あ、れ……泣くつもりじゃ、なかったのに…(自分でもまとまりきらない感情をぶつけた結果か、涙を零しながら) -- レアンドロ 2018-12-08 (土) 02:13:48
      • (彼の言う事は痛いほどに理解をしている…何せそれは、彼に初めて会ったとき、自分が彼に望んだ事だからだ)
        (気を荒げないようにする。分っていても、こうして吐き出せば…自分が今までにやってきた事を直視する様で…楽になりたいと思ってしまう…だが、それでは駄目なのだろう)
        …………キミは、優しいね。でも…ボクの様な人殺しに、キミの涙は勿体無いよ(ぎゅっと少年を抱きしめれば、なでなでと優しく撫でて…) -- サイカ 2018-12-08 (土) 04:47:24
      • (暫く落ち着くまで、そのまま抱き締められ黙っていたが)ちがうよ、ボクだって…人殺しだもん。それはサイカねーちゃんだって…知ってることでしょ?
        同じだからこそ……なんて、偉そうなこと言えないけど、自分のしてきたこと振り返ると じっくり考えちゃうと…おかしくなりそうなの、分かるようになった…から。
        (今までに始末してきた人間にも家族がいる 残された者は自分と同じく、大事な人を失った苦しみを抱えて生きる。「ファミリーのため」「仕事だから」と大義名分で塗り潰して考えないようにしていた部分)
        一人で抱え込まないで、ボクを共犯者にしてよ…そしたらさ、辛い事だって半分こできるし、でもどうせなら楽しい事も半分こしたいなー。
        ボクはそう思う……(ゆらり、ゆらり…リラックスした尻尾が揺れて)…あはは、未来の上司にこんな事言っちゃったらまずかった、かな -- レアンドロ 2018-12-08 (土) 08:51:10
      • まずいですー。もう…キミ、意外と重たいなっ…?(くすくすと笑う…共犯者、と言う響きは少しだけ安らぎをくれて)
        …レアンドロ、キミはボクに似てると思ったんだ。…だから、キミの事が「欲しい」と思った…ごめんね。(そして今一度聞くのは)
        でも、今のキミなら、まだやり直せるんじゃない?昼を生きる資格がキミにはある…ハローの元で、治安維持をメインに活動するのも良いかもしれない。…レアンドロ、キミはボクの希望では居てはくれないかな?(暗に、こちら側に来て欲しくない、と伝えるが…ぎゅっと強く抱きしめて) -- サイカ 2018-12-08 (土) 14:47:09
      • わぅ…やっぱりぃ? たしかに、サイカねーちゃんとボクは似てるようで違うんだなとは思う…
        けど、そんな風に道を間違ったみたいに言わないでよっ 昼とか夜とか、ボクにはよくわかんない…みんな一日中生きてるし、それ自体に資格なんて必要ないんだよー
        (すっかり出血も止まった手で、抱き返し)じゃー、いっこ約束……ボクはねー、どこに居たってサイカねーちゃんの希望であり続けられるよーにするっ そしたら居場所なんて関係ないでしょー?
        もしそれもヤだったら、きっぱり諦めるかなぁ……どっちにしても、心配を残して出かけるのだけはやだなって思ってたんだよねー -- レアンドロ 2018-12-08 (土) 20:18:34
      • ふふっ…世の中に同じ人間なんて居ないよ、だから…支えあうんだ(レアンドロをもふもふとする。目は赤く染まっているが、何故だか落ち着いていられるのは不思議な感覚だ)
        (そしてちょっぴり、何時もより大人びて感じる)うん………ボクはキミの事を、応援しているよ?頑張れ、ルーキー君(そして、であったばかりの頃の様にあえて呼んで…そして、からかうように)
        それで、やり残した事は、もうないのかな?(なんて耳元で囁いてみたり) -- サイカ 2018-12-08 (土) 21:57:03
      • ふふー、ボクの癒し効果も捨てたものじゃないでしょー フサにーちゃんをも癒すモフ分だからねっ(どやぁ)
        やり残し…そーだねっ、じゃあ…これだけ。(サイカの頬に、背伸びしてちゅっと口付け)…にししー、これで何が何でも帰ってこなきゃって気持ちにはなれたっ!
        (悪戯っぽい表情で笑い)流石にもうルーキーは卒業したいんだけどねー…あはは -- レアンドロ 2018-12-09 (日) 00:33:24
      • はっ…ボクの衝動を上回るカワイイで圧倒すれば良いんじゃないか?レアンドロのもふもふでボクの心を癒す…ウルフカウンセラーとかさ!
        んっ…(頬にキスをされれば、密着してるゆえ、胸の鼓動がレアンドロにも聞こえるかもしれない)…ふふっ、うん、必ず帰って来てね?(言いながら)
        なら、レアンドロが無事に帰ってきたら、ルーキー君を卒業という事にしようっ(くすくすと笑い、楽しそうに) -- サイカ 2018-12-09 (日) 00:43:02
      • 新しい発想だねそれ!?でも、サイカねーちゃんの役に立てるなら、そーゆーのもいいかもしれないっ!
        (耳はいい方なので、鼓動は十分に聞き取れた 自分のそれもはっきり聞こえそうなほどで少し恥ずかしくもあり)
        おっけー、ちょー頑張ってくるからさっ!またねー!(そう言って、部屋をあとにした) -- レアンドロ 2018-12-09 (日) 00:50:52
  • (場所は変わって…)
    (ホテルに設備された調理場) -- 2018-12-07 (金) 11:21:14
    • さてさて、ケーネ。まずは聞くけど、キミ…パスタを作ったことはある?(エプロンに着替えて) -- サイカ 2018-12-07 (金) 11:22:19
      • (うんと頷きキッチンに移動すれば)こほん・・・え、えっとっ・・パスタを茹でるのはうん、わかるぜ?それ位なら!ぐつぐつ茹でるだけだかんな!(ちょっと無理して元気を出す)
        ソースは・・えと・・・出来合いというか・・缶詰とかどばってするくらいなら・・・ -- ケーネ 2018-12-07 (金) 11:45:14
      • なるほどなるほど。ふむふむ〜、まぁ、手作りで何処まで本格的に作りたいか、という所でも結構変わってくる物なんだよね。例えば(冷蔵庫から、イカやタコ、海老にシジミといった基本的な食材を取り出す)
        大体、魚介のパスタ…と言う位あって、こういった魚介類を下拵えしたものをトマトソースで纏めたのがペスカトーレというパスタなんだ。つまり…とっても大変という事なんだけど…
        ケーネがどのくらい本格的な物を作りたいか、という所によるかな(更にごそごそと今度は冷凍庫から、シーフードミックス、なんて冷凍食品も取り出して)
        手軽に作るなら今はこういうのもあるし? -- サイカ 2018-12-07 (金) 12:02:06
      • う・・・(ごとごとと食材が並んでいき、気圧されだす・・これら全部をかと思えばかなり大変そうで)
        (代わりとばかりにお出しされるシーフードミックス、それはとてもお手軽そうで、実際出来栄えに大きな違いはないのかもしれない)
        ・・・・・・(想う様に首元に触れる・・・もし今此処で手を抜いたら、今後もずっと手を抜いてしまうような気がする・・・彼への気持ちまで、おざなりになってしまう気がする・・・それだけは・・嫌だ)
        やる・・・大変でも、オレ・・・こういうのを、使える様になりたい・・(決心するように食材に向き合って) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 12:08:53
      • 料理する前からホットだね♪じゃあ、まずは魚介の下拵えからしようか。…と言っても、ボクもあんまり得意じゃないんだよねぇ…人間捌くのはお手の物なんだけど(苦笑して、並べた食材達を見やり)
        じゃあまずはこのイカから捌いていこう。まずはイカは、皮を剥ぎ内臓を丁寧に取り除いて…食べやすい大きさに切って行く
        次に、海老は背腸を取り、殻を剥いておき、貝類はアサリは海水につけて砂を出し、よーく洗う(言う割にはてきぱきとこなしていく) -- サイカ 2018-12-07 (金) 12:35:44
      • か、からかわないでくれって・・・(熱くなった頬を抑えて息を吐き)ははっ・・・殻がある分厄介そうだ
        お、おう・・・(ずらっと並べば中々厄介そうだが、区切り細分化すれば一つ一つはそれほど難しくはない筈だ・・・イカに向き合い集中する)
        かわ・・皮?(皮なんてあるのとびっくりしつつ言われた通りに実践してみる、べりーっととれれば)お、おぉ・・・(内臓取って)う、うわっ‥墨がっ破けてっ・・・(もったいない)
        (気を取り直してエビ)背腸・・?・・・え?これ?この細いの?・・・(むーっと唸りつつ慎重にぴーっと取って、むきむきするのはちょっと楽しい・・・砂を吐くアサリを見守りつつ)ただ切れば良い訳じゃないんすね・・・ -- ケーネ 2018-12-07 (金) 12:44:45
      • ケーネが可愛いからついつい、ごめんごめん♪…まあ焦らないでやるのがコツだよ。(ケーネのぎこちなくも、一生懸命にやる手際を見てにこにこしながら)
        そうそう。食材一つにとって、適切な対処があって…それを覚えていく事が料理なんだ。ケーネは真面目だから、少し覚えれば何だって作れるようになるよ。手堅さが大事、大事(うんうんと頷き)
        アハハ、良い感じじゃないかな?ペスカトーレは魚介のパスタと言うだけあって、本来は食材は自由なんだ。ホタテや白身魚を使うのも良いね…そこは相手の好みに合わせて作れるようになれば良いかな?(そして次に用意するのは…トマト、大蒜、たまねぎ、その他の調味料)
        次はソースを作っていこう。基本的にはトマトをベースにしたソースで、こっちはそんなに手間が掛からないから安心だ。まずはトマト…これはヘタを取り…一度熱湯に沈めたら、冷水にさっとつけて、皮を剥く。(一連の流れを説明しながらやって見せれば…トマトの皮がゆっくりと捲れる様子がわかるだろう) -- サイカ 2018-12-07 (金) 22:25:02
      • (ふぅっと息をついて概ねの下ごしらえを終えて)覚える事が多くて大変っすね・・・まぁ結局は可食部を残すだけなんすけど・・・
        えへへ・・オレってそんな真面目っすかね?(そんなつもりはなかっただけにくすぐったい)いろんな切っ掛けがあって、ちゃんと教えてくれる人がいるっすから(にひーっと照れたように笑って)
        何を使ってもいいんすね?・・季節によってーとか?(好み・・・やっぱり調べなければと決心)
        ヘタを取って・・(慎重に切り取って・・取って・・・)あやべっとり過ぎた・・・(とか失敗しつつ) 普通に剥いたらダメなんすかねぇ・・っておぉ!?めっちゃ簡単に捲れるっす!(ちょっと興奮した様子) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 22:42:59
      • 食材によってはちゃんとやらないと危ない物もあるから、丁寧にやることだよケーネ。イカなんて…ふふ、白くて小さいミミズみたいな寄生虫が沢山いて…ちゃんとやらないと死ぬより辛い激痛に見舞われる…なんて事もあるんだよ?(脅かす)
        魔法の修行をするよりずっと楽な筈だと思えば…ボクはキミを見習いたいよ、座禅を組むと直ぐに眠くなったり、漫画のヒロインを自分に置き換える妄想とかしちゃうよ…(ケーネのちょっとした失敗も、微笑ましく見守り)
        普通に剥くのは結構大変だからね〜、直火で炙って皮を剥く、とかもあるんだけど(そして、つるんっと皮がむけたトマトを)
        このトマトは一度半分にカットして中の種を取ります。そして食感の為に手でつぶしてしまおう(一度カットして種を抜いたトマトを、調理用の手袋を着けて荒く潰していく)
        ふぅ、これでやっと半分位かな -- サイカ 2018-12-07 (金) 23:43:47
      • え!?・・ま、マジっすか?・・・白い所に白いのがいられたらわかんねぇじゃねぇっすか(むむむむーっと改めてさっき剥いたイカをみる)
        全然ジャンルがちげぇっすよ・・・(同列には見れないとふるふる・・・だがまぁつかみどころのない物を扱うよりは幾分楽だろうか?・・いや、満腹以上には食べられない以上こちらの方が一発一発が重いか?分からない・・・)
        でもまぁその・・ふふ、サイカのお嬢、結構乙女な所あるんすね?(因みにどんな漫画っすかー?とうりうり)
        生で食ってると気にならねぇっすけどね・・・種も皮も取っちまうもんなんすねぇ(ぐっちゅぐっちゅとつぶして)
        やっとっすかぁ・・えと・・・そろそろパスタを茹で始める・・・とかっすか? -- ケーネ 2018-12-08 (土) 01:25:11
      • 魚屋の間では有名な奴だよ…まあ、ちゃんと火を通せば死ぬから問題ないんだけど…最近、東洋の文化で、スシロールなんて生食もあるじゃないか?ああいうのは怖いねぇ…(言いながらトマトを潰していると…なんだか気分がぐんにゃりしてきて…)
        …ぅ……トマト…これはトマトだ…ぁ、え?ああ、えっと…それは言えないなっ!乙女の秘密って奴だよっ!(18歳未満は観覧が禁じられています。な本を思い浮かべ)
        そうだね〜、本来ならパスタを茹でてる時間の間に、ソースを作るんだけど…同時にやったら失敗しちゃうかな?っておもってさ。パスタもゆで加減とかあるんだ。…トマト…トマト…を…うぅん。潰したら、えっと…大蒜とたまねぎを刻み、オリーブオイルで焼きます(じゃっかんぼーっとしながらも、大蒜を刻み…たまねぎを細かく刻んでいく)
        …そしたら、オリーブオイルで弱火で炒め…たまねぎがしんなりしたら、トマトをいれて8分くらい煮込めば…基本的なソースは完成…だね。(言えない…!下着が大変な事になっているなんて!) -- サイカ 2018-12-08 (土) 05:53:09
      • 実際に生食できてるって事は何か方法があるんでしょうっすけど・・・それがちゃんと伝わってるかは別問題っすよねぇ
        ・・・?・・お嬢、いくらトマトが赤いからって考えすぎじゃぁないっすか?(サイカから発せられる感情がなんかぐにゃぐにゃしてるのに気づく、それが何を意味しているのかは理解できなかったが人死に関連だろうかと推察して)
        あ、ひでぇオレだってまぁその、乙女って奴なんすよ?(自ら認めるのはちょっとこそばゆいがうんうんと・・・同時になんかもやもやピンクなオーラがエロ本の隠し場所の方に向いてるのに気づくが)・・?・・・??(それがどういう感情なのか分かる様な分からないような複雑な表情)
        ただ茹でて柔らかけりゃいい・・・なんてもんでもないんすね・・あい!大蒜と・・たまね・・・んがっ(しみるっ!)グス・・焼く・・焼くんだな・・・お嬢・・・お嬢?刃物や火使ってる時くらいしっかりしてくださいっす(ゆさゆさ)
        玉ねぎがしんなりしたら・・・しんなり・・しんなり?(どのくらいだろう?とサイカに確認しようとするが・・・やっぱり上の空だ)・・・お嬢?どうかしたんすか?(不思議そうに下腹部に視線をやる・・・トイレとは違う・・さっきからなんかこう、妙な気まずさを感じる・・) -- ケーネ 2018-12-08 (土) 10:53:54
      • ひゃぁあっ…う…なんでもないよ、なんでも無いから!(落ち着け!トマト相手に何を盛ってるんだ自分!という喝を入れつつ)
        しんなりって言うのは、弱火で焼いていると良い感じになってくる物なんだ。そう…それが、しんなり!(実際焼いているとたまねぎがしんなりしてくる。更に大蒜からも良い風味が出てきて…)
        ほ、ほら、ケーネ…ボクの事に気をとられて手が止まってるよ?キミが今一番思う相手の事を考えながら料理するんだ!(そうして意識を逸らそうと必死になりつつ…着替えたい…!と言う思考で一杯に)
        ケーネ、集中!集中が大事だよ…料理は一つのミスが命取り…此処でたまねぎや大蒜を焦がすと、風味が台無しになるからさ?後はトマトを加えて…9分くらい煮込めば、ソースは完成だね。 -- サイカ 2018-12-08 (土) 14:32:08
      • ・・・?・・(どうも違うようだ・・でもなんだろうこのうねる様な興奮の渦は・・こう、お腹の奥からくぅっと熱くなるような・・・・いけない、近くにいる自分まで当てられてきている)
        しんなり・・あー・・言われてみれば(その玉ねぎの状態はまさに「しんなり」と形容するのがふさわしい・・大蒜も相まって食欲をそそるいい香りが湧きたつ)
        ・・・ぅ・・(サイカにあてられこちらまで妙な気分になっていた、慌てて手を動かし)し、失礼っすけど・・・今一番集中してないのはお嬢の方っすよ?・・(口を尖らせつつ少しの間目を閉じ息を吐く・・・小さくフェルモと呟いて向き合えば感じていた高揚感に希望を加えて力に変えられる・・・ある種のルーティンに一工夫加えたものだ)
        あはは・・ちょっと焦がしちまった・・・(あいよーとトマトを加えてぐつぐつこれ以上こげないように見守る)・・・お嬢・・その・・・着g・・気になる事がある事があるのなら・・・行ってきていいっすよ?(見てるくらいはできるのでと) -- ケーネ 2018-12-08 (土) 15:15:38
      • うぅ…はい…面目ございません……(ケーネに指摘されると顔を赤くしてもじもじしつつ…多少の失敗は愛嬌だろう。初めての手作りにしてはそれなりの出来、と言った感じのトマトソースが出来上がる)
        じゃあ、後は…ケーネ、此処からはキミの力で、料理を完成させて欲しい…ふっ、ボクの出番は此処までの様だ…(内心、フェルモか〜〜〜〜、等と思うも…からかうほどの余裕が無い)
        良い?ケーネ…良く聞いて、頑張ってみて欲しい。後はパスタを普通に茹でて…茹で上がったら、フライパンで刻んだ大蒜をオリーブオイルでまた炒めて…そこにさっき下拵えした魚介を投入…イカや海老の色が変わってきたら
        茹で上がったパスタを投入し、今し方作ったトマトソースをゆっくりと絡める…これで、ペスカトーレの完成、というわけっ!本来は途中で唐辛子をいれるんだけれど…それは苦手な人も居るだろうし、お好みで、かな?(なんて説明をすれば…)
        …ケーネ…頑張れ…!(力強く言い、寝室の方に一度引き上げていく) -- サイカ 2018-12-08 (土) 15:39:30
      • (ふぅ・・・と息を吐いて出来上がったトマトソースを見る)お、おうっす・・・(見守っては貰えないのかと不安になるも、それでもやって見せると意気込む)
        (パスタを茹でて・・フライパン・・大蒜、オリーブオイル・・魚介・・・パスタ、ソース・・・と呟きながらメモを取る)
        お、おうっす!(着替えるのってそんなに時間かかるのかなと不思議そうにしつつ出来上がったソースを一旦下ろし、パスタの方に取り掛かる)
        大丈夫・・セーフ、今回は焦げてねぇ・・・あれ?色変わるってこのくらいで・・・いや、生焼け?・・・ちょ、ちょっと焦げたかな・・・?よし、これで後は・・・うわ溢した!?(なんて四苦八苦した後)
        お、お嬢・・・?できたんだけど・・・(と寝室に声をかけて) -- ケーネ 2018-12-08 (土) 15:50:08
      • ………(ケーネが四苦八苦している最中…引き上げた私室では)
        はぁ〜〜…はぁ♡危なかった…つい、つい…気持ちが…(一旦衣服を脱げば、下着は既に愛液でべっとりし、恥かしさと覚めやらぬ興奮で顔を赤くして)
        ケーネ、ごめん…う〜。でも、フェルモかぁ…ふふ、可愛いな。あんなに頑張って…(なんて呟きながら、気を落ち着かせるために目を閉じて深呼吸を始める。…何時もなら此処で自らを慰めている所だが、ケーネにそう言う女だと知られるのは嫌なのであった)
        ………
        (そして十分…それくらいだろうか。ケーネの声が扉から聞こえれば、目を開けて…自らの目の色を確認すれば、そのままごそごそと衣服を着替え)
        大丈夫…今行くよっ(返事をし、扉を開けて)
        ふふ〜、ちゃんと彼への愛情をこめた手料理…出来たのかな?(なんて、何時も通りに) -- サイカ 2018-12-08 (土) 16:12:36
      • そ、そうか?(出てきたサイカはなんだか幾分すっきりした様子で・・・どうやら内なる獣は抑えられたようだ・・その衝動の正体はいまいちハッキリしなかったが、きっと何か抱えている事情があるのだろう・・・)
        え、えぇ・・だ、だから料理をふるまうとかそういう話じゃないっすよぉ・・・(まぁ気持ちはたっぷり込めたわけだが)
        その、ありがとうございましたっすっ・・・サイカのお嬢がいなかったらここまでできなかったっす・・その、それで仕上げというか、上手くできたか試食って事で・・(どうっすか?とお誘いする・・・ピリ辛でニンニクが香ばしく薫る筈のその料理は、去れどもちょっぴり焦げの苦さが漂っていたって話だ) -- ケーネ 2018-12-08 (土) 18:07:51
    • (//お付き合いくださりありがとうっす!ゆっくりおやすみするっす!・・・適当な所で「失敗しつつもまぁまぁそこそこな感じで出来ました!」するのがいいかも?) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 12:48:26
  • (ホテルの一室をノックして)やーやー、私が来た。今日の記念日でも聞かないかー。 -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 21:16:20
    • (カランドリエがフロアを訪れ、ホテルの一室をノックすれば、扉が開き)
      いらっしゃいカランドリエ、ふふ、早速お茶でも淹れよう…因みに、今日は何の日? -- サイカ 2018-12-06 (木) 21:31:17
      • おお、これはありがたい。アイスティーが美味しい季節になりましたナー。
        今日は広場の日〜。(両手を広げて)ただ単に広場の記念日なのだけれど。
        私はだだっ広いという言葉が好きだ……ダダッで忙しない印象を与えておいてピロイで気の抜ける雰囲気を出す緩急のつけ方がたまらない…
        そんなことを一日中考える日なのであーる。 -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 21:51:17
      • (カランドリエを部屋に招き入れれば…一見綺麗に整理されており、机の上には書類の束が詰まれている。部屋にはワインセラーやキッチンなども備え付けられており、生活感は少ない物の暮らしやすそうな印象を与える。…寝室を覗かなければ!)
        紅茶で良いかな?(そして言いながら、手際よく紅茶を淹れるもので…立ち振る舞いは中々の物だ)
        アハハ、カランドリエの感性は相変わらず独特だね。だだっ広いというと、ボクはどうしても寂しい印象を受けるものだけど…なるほど、言葉の響きに趣向を見出すというのは、とても君らしい(くすっと笑って…すいと紅茶を差し出す) -- サイカ 2018-12-06 (木) 22:13:23
      • す、すごい……生活が荒廃していたという理由でハイジアと共同生活を始めた私には眩しすぎる…
        あわわ、よくよく考えれば上司に紅茶を淹れさせてしまってない? そして振る舞いが華麗だっ。
        ありがとうございまーす。(紅茶と君らしいという言葉にお礼を言って)寂しい印象は確かにある。迷子になってだだっ広い場所に出たら泣く。 -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 22:17:02
      • そう気を使わないでよー?ボクは幹部と言っても、君の上司には当たらないし…なにより、仕事の話をしにきた訳じゃないんでしょ?
        (言いながら、カランドリエに向き合うようにソファーに深く腰掛ければ)…最近、組織の幹部達に一足早く春がきたって話、しってるかな、カランドリエ?(にやにやとした視線を向けて) -- サイカ 2018-12-06 (木) 22:36:54
      • 確かに……となると、友人関係ゆえに遠慮は不要という前フリか〜。
        むむ。(赤くなって指を合わせて)そうみたいだなぁー。ハイジアとヒザキさんとかさー。(そわそわ、落ち着かない) -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 22:42:54
      • おや、他人事(その反応を見るに…楽しそうに)
        まあ…変装もしないでいればね…ほら、あいつの車なんてド派手でしょ?…で、何処まで行ったの?やったの?!カランドリエっ…!(食いつきがすごいぞ!) -- サイカ 2018-12-06 (木) 23:01:27
      • や……やってませんけん…(いよいよ耳まで赤くなって)
        そもそも私はキスが下手なんじゃないかなと考えたらあっちも下手だったらどうしようとか
        そもそも何がどう上手くなればいいのか相手は私を抱きたいのかとか色々考えてたりとかしないし… -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 23:03:19
      • うんうん、考えるよねそういうの…わかる(頷く)
        カランドリエ、いく時は多少強引に行った方が上手く行くものだよ…ボクからのアドバイスさ!
        …ふふ…皆良いな、焼けるよ(そして、そんな事を言って) -- サイカ 2018-12-06 (木) 23:13:28
      • 多少強引に……!(どーんと来たこの言葉)…その際の台詞とか聞いてみても?
        サイカお嬢様? なんか、落ち込んでる……? とかでなく? -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 23:20:07
      • ハロー…女になれ!…あ、これ違う奴だわ…言葉じゃない所で求めれば良いんだ!アイツ、時々寂しそうな顔してるしさ。そーいう時を狙ってさ?…こう、がっといって、ぐっとやって、あとは流れで!
        羨んでるのー。良いなって!…幸せが目に見えるって事は、良いことじゃない。頑張った人はそれだけ報われても良いって思える。道理は道理としてそこにあるって事がボク達には必要だと思わない? -- サイカ 2018-12-06 (木) 23:26:50
      • それ私が変な子と思われるやつ………っ 確かに、寂しそうな表情をすることがあるよね。がっといって、ぐっとやって、あとは流れかー…わかった。(わかってない)
        ……確かに。私たち、マフィアじゃん。人も殺すし、非合法なこともするけど。愛は愛で、恋は恋で大事にしてもいいのかな… -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 23:38:53
      • そう…男は皆子供みたいな物らしいよ?つまり…母性に餓えているんだっ!そこをこう…刺激するんだよカランドリエっ!(無責任な事を言いつつ)
        (そしてカランドリエの口から「マフィア」なんて単語が出れば)おっ…と。(人差し指をカランドリエの唇に当てるようにして)…ボク達は、ファミリーだよ?無法を良しとする訳でも、殺しを日常とする事も無い。…皆が笑って暮らせる居場所を作って、日の下を歩ける様にするのがボク達じゃないか(そう言って微笑んで)
        ああ、だから、大丈夫だよ。キミ達はきっと上手くやれるし、幸せになれる。そうじゃなかったら道理に適わないじゃないか(そして紅茶を一口啜れば)
        …ボクがいう事じゃないかもしれないけど…彼をどうか、宜しく頼むよ -- サイカ 2018-12-06 (木) 23:50:22
      • 母性……! でも私も記憶喪失で母親の記憶がないからボセイなるものがわからない……
        (唇に指を当てられると、表情をくしゃりと笑顔に変えて)…そうだよね。
        私たち、ファミリーだもんね。(そういえば、ハローにとって目の前の女性は姉妹になるわけで)
        大事にします。それで、大事にされます。だから、私たちは大丈夫。 -- カランドリエ 2018-12-07 (金) 21:39:46
      • 母性とは…誰かを守ってあげたい、誰かを支えてあげたい、そんな気持ちから発揮されるもの…つまり、普段通りにしていれば大丈夫って事!(じっ…と、カランドリエの胸に視線を送る……母性…ぼせい!!!)
        そう、ボク達は何も悪じゃあないんだ。特に、キミが惚れた男は…そう言う奴でしょ?(カランドリエにあわせる様に、笑顔を向けて)
        ふふっ…あぁ〜でも、ハローは若干…いや、大分デリカシがー無いタイプの男だから、苦労するぞ〜?…アイツ、少し前は風俗店に入り浸っていたからなっ? -- サイカ 2018-12-07 (金) 22:42:47
      • 普段通り……ってなんで今胸を見た〜。(両手で胸を隠しながら)
        そうだ……そうだった。こんなことも忘れていたのだなぁ、私は。
        い……(赤くなりながら)いくら女を抱こうがかまわぬ…最後に私の隣にいればそれでよい……(世紀末覇者みたいなことを言いながら立ち上がり)
        紅茶、ごちそうさま。また遊びに来るよ、サイカお嬢様。それじゃ、次の記念日に。 -- カランドリエ 2018-12-07 (金) 22:56:38
  • ノクロロの姉貴はきっとサイカのお嬢と気が合うと思ってたんすよ・・・そうでもなかったっすか?(アドバイスした張本人が顔をだす) -- ケーネ 2018-12-06 (木) 12:36:40
    • ケーネ、キミの仕業か〜〜っ!…ふふ、どう、かな?ボクは彼女を怖がらせてばかりだからな…
      でも、彼女は良い目をもった人だ。叶うのならば…彼女には平穏に暮らして貰いたいね(ふーっと大きく溜め息をついて、苦笑して) -- サイカ 2018-12-06 (木) 12:44:18
      • にひひっ・・・なんとなくっすけどね?そう思っただけに怖がってたのを見て、なんか勿体ねぇなって・・・それでお願いしたんすよ、もう一回だけーって・・・ダメだったら何でもいう事聞かなきゃダメっした(いやはやよかったとうんうん)
        ・・・でも、今回は怖がらせはしなかったんじゃないっす?・・・(友達になれたのならいいなといった風)
        平穏に暮らせるように頑張るのもオレ達の仕事っす!(ぐっと握りこぶし) -- ケーネ 2018-12-06 (木) 12:55:38
      • ボクだって怖がらせたくて怖がらせているわけじゃないから…もっと色々お話したいなっ…
        …アハハ、そうだね。ファミリー皆で頑張っていく大きな目標の一つだね!(あわせる様に握りこぶしを作り)
        所でケーネ、キミ…このまえ、どうしてボクの夜食の隠し場所がわかったの? -- サイカ 2018-12-06 (木) 19:31:55
      • 出来るっすよ、お嬢が望めば(にひひーっと嬉しそうに笑う)
        (「普通の」感性を持つ友人の存在が癒しになるかもしれないという考えだったが、それをきっかけに仕事に前向きになってくれるのであれば、それもまた万々歳だ)
        (さてそろそろ本題に入ろうかと思ったところで)ん?そらぁあの時お嬢のこう、企み?みたいな意識がそっちの方を向いたんで、こりゃぁなんかあるなぁと・・・そういうのわかるんすよ、オレ -- ケーネ 2018-12-06 (木) 19:37:33
      • むう、キミは意地悪だー。(むーっとしつつ、ケーネを見れば…苦笑して)
        えっ…ケーネ、キミはエスパーだったの?!こわっ… -- サイカ 2018-12-06 (木) 20:27:26
      • えーいじわるじゃないっすーお嬢のメンタルにきっといいと思ったんすー
        ふっふっふー考える事ぜーぶわかっちゃうっすよー(おどろおどろしい仕草・・・ぷっと笑って)
        ・・・なんて、そんな便利なモンじゃないっすよ?今言った通り、どこにどういう意識や感情を向けてるのかなって察せれるくらいで・・・それもいつでもわかるって程じゃないっす・・・せいぜい洞察力がいい程度っすから、そんな怖がんないでほしいっす -- ケーネ 2018-12-06 (木) 20:42:16
      • やめてー!ボクの考えてる事を読まないでー!(…しかし、困ったな。彼女には知られたくない事が沢山あるぞ…なんて考えながらも、意識は机に積まれた書類の方に自然と向いてしまう)
        本当にぃ…?…でもまあ、気をつけなよ、ケーネ。ボク達の中には、そーいうのを良しとしない者達もいるからね。…キミの身の安全の為にも、さ -- サイカ 2018-12-06 (木) 20:52:17
      • お嬢・・・仕事とプライベートは分けた方がいいっすよ・・・事務所とかないんすか?(ジト目で机の方を見てる、もちろん勝手に見たりなんかしない)
        マジっすか?・・・あーあんま考えた事なかったけど、言いふらしもしてなかったっすからね・・自覚したのもここ最近だし・・・その・・やっぱあんまりよくないっすか・・?ONOFFできるもんじゃないんすけど・・・ -- ケーネ 2018-12-06 (木) 20:58:01
      • 本来このフロア自体気軽に入れない様にしてるからさ…アハハ…(彼女には頭が上がらないな、これは…なんて思いながらも)
        もし何かわかっても、口にするかしないかを良く考える事。皆それぞれ抱えてる仕事とかもあるんだ。ボク達はファミリーだからね…知られたらまずい事もあるものだよ(単に彼女を心配しての忠告だ) -- サイカ 2018-12-06 (木) 21:16:07
      • ホテルの一フロアなんて普通用がない限り入ってこねぇっすもんねぇ・・・でも、部屋を分けるくらいはしてもいいと思うんすよ、自分の私生活が、仕事に侵食されてるみたいになっちまう前に
        あー・・・はいっす・・(つい最近アマレットの旅行の事で口止めされたことを思い出し、気まずそうに頷いて)・・・ちなみに今回の場合は、言ったらまずかったっすか? -- ケーネ 2018-12-06 (木) 21:25:05
      • そもそもボクの知り合いじゃないと受付で弾かれるよ。それに一応空き部屋は沢山あるんだけど…アハハ、どうしても仕事の案件は手元においておきたくてね。(それに、今のケーネなら既にこの女がただの下っ端では無いと言う事に気づくだろう)
        ん、まあボクの事なら大丈夫だよ。…キミに知られたくない事も沢山あるにはあるけど(苦笑して) -- サイカ 2018-12-06 (木) 21:50:21
      • 手元にないと不安だろうって事はまぁわかるっすけどねぇ・・・でもやっぱり、部屋で休んでる時くらい仕事の事忘れられる方がいいっすよ?メリハリつけば仕事にも集中できるでしょうっすし・・・
        (ロベルトに彼女の立ち位置を聞いた時は驚くとともになんとなく察するところがあった、ハローが幹部になった時は言葉遣いをちゃんとしようと思ったが・・・彼女に対してはそうしようとは思わなかった、知らないままでいようと思った)
        まぁ・・それなら良かったっす(にひーっと笑うと、話題を変える)・・・えぇっとその・・・実は今日来たのはっすね・・・またその・・料理をっすね?・・教えて欲しいなって・・(駄目かな?と伺う様に) -- ケーネ 2018-12-06 (木) 22:11:47
      • あはは、難しい話だよケーネ〜。寧ろ仕事に集中とかしたくないもーん。…キミが忘れさせてくれれば良いじゃないかっ(なんて冗談めかして)
        おっ…偉いね。料理、続けてるんだ?ふふ、良いよ、今日は何か作りたい物とかあるの? -- サイカ 2018-12-06 (木) 22:50:55
      • あははっ責任重大っすねぇ(それならば料理の話題はぴったりかもしれないと)
        おかげに焦がさずに焼けたり炒めたりする程度には・・・(にひひっと頭をかいて)その・・魚介系っていうか・・・貝とか海老とか使ったパスタとか・・・ラザニアとか・・作れるようになったらなって・・・(言いながら誰かを想う様にうつむいて) -- ケーネ 2018-12-06 (木) 22:57:00
      • パスタ…良いね。手間もそこまで掛からず、失敗もし難い良いチョイスだと思うよボク!(しかしそんなケーネに)
        …(無言でデコを触る) -- サイカ 2018-12-06 (木) 23:06:04
      • そ、そうそう・・・・簡単そうだし・・な?(取り繕う様にいう、どこか上の空でまるでサイカの方を意識しておらず・・・それ故あっさり触れられて)
        ひゃっん!?(火照ったおでこにはひんやり冷たく感じた、びっくりしてちょっとかわいい感じの声が出る)なっ・・ななっ!?(何すんだ!?と狼狽えて) -- ケーネ 2018-12-06 (木) 23:43:05
      • 隙ありぃ。いーっひっひ…ケーネ。豆知識を一つ教えよう。この隙ありと言う言葉の隙、と言うのは
        誰かを好きって思う時に生じる物だから、隙というんだって(※適当なことを言ってます)
        で、誰に作ってあげるのっ?ボクにも教えてよ〜(デコを撫でくる) -- サイカ 2018-12-07 (金) 00:07:19
      • ・・・・・っ!?・・(適当な豆知識は、しかして効果抜群だった)マジで・・ぁ・・い、いや・・・その・・(顔を真っ赤にしておろおろ、胸元の、シャツの下に隠れたネックレスを弄る)
        (おでこ撫でられながらぷるぷる震えて)あ・・ぁぁ・・ぅ・・え、えと・・・ま、まだ作ってあげるとかそんな・・じゃ・・・ただその・・故郷だっていうから・・・覚えたいなって・・(声が段々消え入る様になっていく) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 01:39:14
      • んん〜…かわいいねぇ…ケーネは。キミに思われる人が羨ましいよ。ふふっ
        それじゃあ…ペスカトーレ、なんてどうかな?ボクもそこまで本格的な奴は作れないけれど…あんまり本格的でも大変だろうし? -- サイカ 2018-12-07 (金) 04:04:45
      • はぅ・・・あ、あんまり・・から買わないでくれよぅ・・・(真っ赤になった顔を抑えて・・・ちらりと潤んだ瞳を向けて)・・だ・・誰にも・・・言わない?(別に隠してる訳ではないのだが・・からかわれたくないというか)
        ペスカトーレ・・・ちょっと辛い奴・・だよな・・(大丈夫かな・・大丈夫だとおもうと頷き)う、うん・・・よろしく、お願いするっす(こくこく) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 11:06:15
      • 勿論!ボクは機密は守る女さ!…と、言いたい所だけれど…ふふっ、約束は出来ないから、今はやっぱり聞かないでおこうかな?ケーネが、もっと自身をもってキミの思う彼を「好きだ」と言えるようになってから教えてもらう(じゃれ付くようにぎゅーっと後ろから抱いて)
        ペスカトーレは魚介を使ったトマトソースをベースにしたパスタの事だね。辛味が苦手なら…入れなくてもペスカトーレと呼ぶから大丈夫だよ、そこはお好みだね
        さて、それじゃあ…キッチンに移動しようか♪(なんて言って、ケーネを連れて移動し) -- サイカ 2018-12-07 (金) 11:20:03
      • ・・・うん・・その・・ありがとう・・・好き・・好きなんだけど・・・(そう呟くだけで胸が締め付けられるようで堪らなくなる)オレが、ちゃんと釣り合えてるのかなって・・思っちまうっていうか・・・うひっ!?(ホッとしつつもしおらしくしてると不意に抱き着かれてびっくり)
        オレは、苦手じゃ・・ないけど・・・(考えてみれば自分はまだ彼がどんな物を好きなのかよく知らない・・・何も知らないってヤバくない?と急速に不安になりだす・・・「作ってあげるとかそんなんじゃない」とか言いつつ本音はそうでもなかったりするやつ) -- ケーネ 2018-12-07 (金) 11:42:09
  • うーっす、サイカちゃん元気かい…へっへっへ、今晩どーよ?
    (すすすっ、と肩を抱こうと近づいていく) -- ミューザー 2018-12-06 (木) 00:37:08
    • ボクは暑さで参っています…姉様!も、も〜、この前はついつい押し切られたけれど、今夜は鋼の意思で自制するんだからね! -- サイカ 2018-12-06 (木) 00:50:49
      • 良いんだぜ子猫ちゃん!暑さのあまりに水着を着なおしちまってもよ!誰も見ちゃいねーさ!
        (両手を左右に拡げてじりじり、と前進。壁まで追い詰めていく構え) -- ミューザー 2018-12-06 (木) 01:07:49
      • きゃ〜っ、ミューザー姉様にまた犯される〜〜!!
        って、もう!姉様は来るたびにそんなことばっかりで!…最近の調子はどうなんですか?(眼鏡が光れば、じろりと見て…小言モードだ!) -- サイカ 2018-12-06 (木) 01:13:15
      • またとはなんだ、またとは!優しくしてやったじゃねーか!
        ちっ、これは旗色がわりぃ…真面目な妹に戻りつつあるぞ、んんぁ、
        調子ってなんだよ、別に問題は控えめに、やる事はやってる…あー、その分ケンカの相手がいねぇからつまんねぇ、とかか? -- ミューザー 2018-12-06 (木) 01:20:28
      • そうです。ボクは修行しているからね!心の修行!(ZENの力を信じろ!)
        そろそろ姉様の居るスラム街は、姉様のシマになった?という事だよ。最近は銀河も力をつけてきて…幹部になるぞ、なんて息巻いて部下を集めているみたいだけれど…
        酒場やゴロツキ共を押さえて、流通ルートの確保とかはしたの? -- サイカ 2018-12-06 (木) 01:26:13
      • ううわ、やっっべ形勢がわりーぞ、逃げるわ
        (そそくさ、と背中を見せて逃げ出そうとしつつ)
        スラムってオマエ…言葉えらばねーなぁ、良いかサイカ、掃き溜めの連中ってのはこれがめんどくせぇんだよ
        腹が減ったバカにされたくねぇイライラする、そういう自分を追いかけてくる感情から逃げる為に頑張ってんだ、なら
        アタシのすることは一つだろ、まずはそいつ等に、腹もへらねえし前見ても良いんだぜって気づくまで待ってやることさ!
        ソレが出来りゃ、そこらのガキなんざ目じゃねぇ良いのがデキあがんだ…その準備として色々やってるじゃだめぇ?
        うぇぇ、銀河が、あー…セックスして雌オチさせたらアイツアタシの言うこと聞いてくんねーかなぁ -- ミューザー 2018-12-06 (木) 01:37:18
      • 幾ら力や圧力で抑えても、彼等は反抗し、望みを叶え様とすれば何処までも調子付く…欲深い人間の巣窟だよ。(とは言え、彼等もなりたくてそうなっている訳ではないというのも理解しており…)
        だから、ボク達としては頭が痛い問題なんだ。…ふふ、いや、ダメじゃないよ。やっぱり当事者と言うのは強いな。ボク達では手を拱いている事も、解決していける見込みがあるんだから…引き続き妹は姉様の活躍に、期待しております(にこりと微笑んで)
        あはは、銀河は堅物だからどうだろうね、そもそも…ボクと違って、そんなに簡単にヤらせてくれないんじゃないかな…? -- サイカ 2018-12-06 (木) 02:18:09
      • カーッ!うちの妹はダメ!わかってない!良いか…掃き溜めで燻ってるヤツは普段から鬱屈してるクソどもだからな溜め込んでるんだよ
        調子づかせて叶えて叶えて、全部叶えてやった後で言うこときかせりゃ良いんだよ
        ま、そのための金も可愛い妹が運んできてくれたしな、ワハハハ!
        当事者ってんだテメェ、アタシがスラムのクソってか犯すぞオラァ? -- ミューザー 2018-12-06 (木) 02:39:02
      • ああいや、そうは言って無いよ。ただ…町と言っても一枚岩じゃないでしょ?だから、その場所にはその場所を知り尽くした人…つまり姉様の様な人こそ相応しいって事だよ(おだてる)
        それでスラムもシマの視野に入れられる様ならば資金援助は惜しまないつもりだから、入用な事があったら何なりと言ってよ?
        それと犯すのはダメです!また仕事が捗らなくなっちゃうから…(机の上には書類が置かれており…覗き込めばなにやら、ターゲットの情報が逐一書き込まれている様子で) -- サイカ 2018-12-06 (木) 02:49:20
      • ナメんなボケカス、良いかサイカ…アタシはそこらの幹部になる、幹部になったって喜んでる連中とはチゲーの
        アタシは、次のボスになる、天辺だ…上の方だけ見て一番みない連中とは違う、アタシは天辺を取るんだぜ!
        スラムのやんちゃどもはそのための兵隊だ、本気でやりゃ野良犬見てえな連中、を自由に使えるあたしに敵はいねーっ
        そうだな、じゃあアタシの欲を満たして腹一杯になるためにサイカ、必要だ…なぁ、良いだろ?
        (ぐっ、と身体を突き出しサイカの頬を掴むと自分の方を向かせながらニィッと笑い) -- ミューザー 2018-12-06 (木) 02:57:19
      • そうなるにはハローと上手くやらなきゃいけないよ姉様?ふふっ…(弱点っぽそうな緑の男の名を口に出し)
        (顔を強引に向けられれば)…ちょ…姉様、強引、だよ…(次第に頬を染めて) -- サイカ 2018-12-06 (木) 03:05:45
      • ははんっ、まぁアタシがボスになればぁ?幹部連中も従うしかねーし、アタシなら余裕っしー
        (はんっ、と鼻で笑い飛ばしながら首を振って)
        まーまー、可愛い妹のマッサージするみてーなもんだと思って…書類仕事だとケツも肩も、女も凝っちまうだろう…ひひっ、アレならアタシがその案件幾つか片付けてやってもいいんだぜぇ? -- ミューザー 2018-12-06 (木) 03:15:02
      • も〜…(頬を染めながら、やんやんとしていれば、姉の発言に…すっと表情に影が差し)
        姉様、ダメだよ。…人殺しなんてするもんじゃない。そう思うでしょ?(笑みを浮かべ、姉の申し出を断る。書類の中には、まだ小学生に上がったばかり位の年齢の少年や、うら若き女学生…赤子や妊婦等も載っており) -- サイカ 2018-12-06 (木) 03:42:46
      • (表情に陰りを持たせた妹の、その顎先に指を添える)
        (そして僅かに上向かせるように自らの方を向かせると)
        あぁん?何寝ぼけてんだぶっ殺すぞクソ妹テメェアタシをなめてんのか、オラ
        したくない殺しをする家族の為なら罪の無いガキでも親でもぶっ殺すぜ、ひっひっひ…スラム育ち舐めんな、飢えて死んだガキんちょ喰ってるような連中だって見たころあるわボケ
        あ、でもアレだな、サイカが自分のために殺したいって言うならアタシは止めねーぜ…ほら、家系があれだろ、そういうのもあんじゃねーのかって思うわけよアタシャ
        あ!?それともアレか、アタシにそんな事させられないよぉ…とか思ってるタイプ、可愛いなぁサイカは、やっぱりベッドいこ❤
        (完全に腰を抱いて自分の方に寄せていく構え) -- ミューザー 2018-12-07 (金) 03:12:16
      • (姉の強引だが、父を感じさせる思いやりに)…勿論、そんなの当たり前じゃないか。…当たり前だし、姉様が幾らそういってくれても…そうあって良い事なんて無いんだ。でも…姉様は優しいな(そして何時も調子の姉に)
        わっ…も、もぉ〜…直ぐそうなんだから〜!ボクと姉様は姉妹なのに…(そして溜め息をつきつつ、なんだか満更でもなさそうにするのでした) -- サイカ 2018-12-07 (金) 03:48:39
  • (たまにはノックしてやるか、とサイカの部屋の扉をノックノック。用件は今度の吸血鬼討伐についてとか)…ハロー、どうもォ? -- ハロー 2018-12-06 (木) 19:29:24
    • (部屋をノックすればどたばたと音がして…少しの間を置いて、扉が開く)やあ、ハロー、いらっしゃい(そしてスーツの女が出迎える) -- サイカ 2018-12-06 (木) 19:42:45
      • よ。(相変わらず片付けのできないやつだな…と思いつつ、部屋の中を指さして)いいか?ちと話。今度の吸血鬼討伐についてだけど… -- ハロー 2018-12-06 (木) 19:44:17
      • むっ…なんか今失礼な事考えたでしょ?(ジト目でハローを見上げるも、現状の問題のついての話に)
        はい、どうぞ。寝室には入らないでよ?(なんて言いながら…ハローを中に通して) -- サイカ 2018-12-06 (木) 19:51:58
      • 別にィ。サイカらしいなって思っただけさ(にへっと笑って返しつつ。お邪魔しますと室内に)……(あえて視線は広げないほうが紳士かなァ。)
        …で、だ。今度コッローディやヒザキの旦那と、西のほう行って吸血鬼をぶちころがしてくるんだが。…サイカは街に残る、ってことでいいのか?(事前に連絡はなかったので改めての確認を) -- ハロー 2018-12-06 (木) 19:53:48
      • ああ、聞いているよ。そうだね、ボクはお留守番してるよ。町の警備って柄じゃないけれど…
        血の気が多くて嫌になるね、本当 -- サイカ 2018-12-06 (木) 20:30:33
      • 女の子の日か。(頭おハロー!)…いやまぁ。良いんだけどさ。町のほうにも万が一の戦力は必要だ。頼りにしてるところあるし。
        …結局、暴力で支配を仕掛けてくる奴らには暴力で返さなきゃいけないのが世の理だ。そこから目を逸らしたらやっていけないからねェ。…助かってるよ。いつも。 -- ハロー 2018-12-06 (木) 20:34:49
      • それボク相手じゃなかったら訴えられても文句は言えない奴だからね?!…まあ、任せておいてよ
        …ボク達は…(「違うとでも言うの?」…と言いかけるも…口を噤んで苦笑して)いや、なんでもない -- サイカ 2018-12-06 (木) 20:43:38
      • ははは。(懲りない男であった)…ああ、ついでに。俺の部下のドーニャも町に残る予定で…ちょっと、そっち気にしといてくれると嬉しい。心配でねェ(肩を竦めて)
        …(苦笑する様子を見て…何を言いかけたか推理して…)…俺たちファミリーはボスの名のもと、町の人を守るために存在してるんだ…支配するためじゃない。
        だからこそ、負けられないって話。躊躇うな…いや、違うか。躊躇ったら俺に相談しろ(にへっと笑って)…背中を押したり支えたり止めたりしてやっから。 -- ハロー 2018-12-06 (木) 20:48:18
      • 心配なら首輪でもつけて連れてあるきなよー。…まあ、わかったよ
        聞こえが良い事を言って、実現するのもキミの仕事だ。…ふふっ、またそんな事を言ってさ?キミの相棒に言いなよ〜?それ〜(からかう様に笑い) -- サイカ 2018-12-06 (木) 20:59:05
      • …実際心配だからつけたいところあるよ。…お前より上に昇ればそういうこともできるのかな。どうだろ(…雑な口調であった)
        そらぁ…そうだね。俺はファミリーの表の面を体現する。そのためにもお前みたいなのが必要なんだ。……んー?カラン君に?…あれ。お前ら仲良かったっけ…?(どこまで漏れてる…?って顔)
        (…つってもカラン君が俺の秘密漏らすはずもないか。うん)…カラン君にはもっと熱烈なこと伝えてっから心配しなくても大丈夫。(肩を竦めて)相棒だからねェ。 -- ハロー 2018-12-06 (木) 21:02:06
      • お父様を暗殺でもするつもり!?…ふっ、アハハ、相変わらずキミは面白い事を言うんだから(くすっと笑い)
        うん、わかってるよ。…ふふ、何を隠そう…カランドリエの友人のボクですよ、ハロー?…それに、見てればわかるよ。海からこっち、キミ達からピンク色のオーラが出てるもの。はー、妬ける妬けるー(と言いながら、嬉しそうにして) -- サイカ 2018-12-06 (木) 21:07:52
      • …いや、なんでそこ直結させるよ…(確かにボスを好きか嫌いかで言われればあれだが…敬意は忘れていない)…単純に、もっとみんなに頼ってもらえる存在になれればなって話。首輪は比喩表現ー(今度は冗談交じりの笑みだ)
        マジか。…相棒が世話になってる…いやないな。相棒の手を焼きやがってこの野郎(コイツ…!)冗談。…こないだハムねぇとも話したんだけどさ(と前置きして)
        お前、結構頭ピンクで人の恋路で楽しむおばちゃんみたいだなって…そんなんじゃ貰い手無くなるんじゃねぇかなって……(乙女すぎるんだよなァ…って顔) -- ハロー 2018-12-06 (木) 21:13:29
      • …本当に着けられるなら、それも悪くないカモ、とかさ(冗談に冗談かわからない返しをしつつ)
        それは、こういう話はお酒の肴って言うでしょ?うぐっ…余計なお世話ですぅ。い、いざとなったらミューザー姉様に…ですね… -- サイカ 2018-12-06 (木) 21:25:56
      • ………ノーコメント。(ちょっと想像してしまって。なんだか異能も使ってないのに罪悪感を感じるハロー君でした)
        酒の肴ならいいんだけどお前普段から漏らしすぎだからな!幹部としてどうなのー…って言おうとしたけど俺も人のこと全く言えなかったわ(普段の言動が幹部…?って感じなので)
        …インモラル過ぎない?(えぇ…って顔 でもミューザーさんならやりかねない…)…そういやミューザーさん最近なんか動いてるなァ。ちと横合いは入れておくか…(支援するか、淘汰するか。本人と話して決めるつもりで)
        …ま、用件は済んだし今日はこの辺で。カラン君にあることない事聞くんじゃないよォ(最後に釘だけ刺して帰っていった) -- ハロー 2018-12-06 (木) 21:29:12
      • …ボクもティアナに似てきたかな…(ハローの反応に、考える様に)
        そんなに漏らしてません!そもそもボクは漏らすほど人と出会っても居なければ、出歩いても居ない!…言ってて辛くなってきた
        インモラルが怖くてファミリーが出来ますか!…まあ、姉様も頑張っているからさ…良ければ手伝ってあげてよ。元々スラム街のあり方に手を焼いていたんだ。そこらをシマに持ってくれるならありがたいでしょ…ふふ、それは安心してボクを信頼して欲しい!(なんて楽しそうに言って、ハローを見送ったのでした) -- サイカ 2018-12-06 (木) 22:05:35
  • (アポを取ってからもっさりと歩いてやってきたが、特に何するでもなくフードの奥から空間を見つめている) -- ノクロロ 2018-12-05 (水) 23:31:31
    • …どうしたのかな、ノクロロ
      何か飲む?…えっ、なに?なんか居るの!?(ノクロロが見つめている空間が気になって見つめてみるが何も居ない…真夏の夜の…階段…) -- サイカ 2018-12-05 (水) 23:35:03
      • いえ……特に何もないのですが……とりあえずもう一度会ってみて欲しいというアドバイスを受けまして……
        しかし、実際用も無いので、こうしてぼんやりしているんです…… -- ノクロロ 2018-12-05 (水) 23:40:50
      • なるほど、確かに…道理だね。
        ならノクロロ、少し話をしよう。一杯やりながら、世間話でもどうかな…ワイン?それともキミが作っている物のほうが良い?(そんなノクロロに、笑いかけて) -- サイカ 2018-12-05 (水) 23:44:20
      • うぅ、飲むのですか……構いませんが……(姿が消えると、扉を開けてもう一度ノクロロが入ってくる)……何しろ引きこもっているので、できる世間話も狭いですけれど……あはは
        お酒は、あるものでしたらなんでも…… -- ノクロロ 2018-12-05 (水) 23:50:41
      • 良いの良いの、キミの話が聞きたいんだ(くすっと笑って)
        何でも良いだと…これだね(なんて言って取り出すのは品の良いウィスキーだ。菓子類はケーネに没収されたので無いが…ショットグラスに氷を入れて差し出して、注ぎ)
        しかし…最近は暑くて、外に出る時何時もスーツだと敵わないよ。ノクロロは地下室に住んでるんだっけ…地下って言うのは涼しいの?…空調位は設備してあるかな -- サイカ 2018-12-05 (水) 23:58:56
      • はぁ……それなら良いのですが……(出されたウイスキーをスッと飲んで空にするとテーブルに置いた)おぉ……美味しいお酒ですね
        お酒に保管には温度が変化しない環境が一番ですので……涼しい方ですね。空調は、当初考えていませんでしたが……物に良さそうとの事で、今は空気の通り道も作ってあります -- ノクロロ 2018-12-06 (木) 00:11:09
      • 良い飲みっぷりだ!?…ぐいぐい行き過ぎると直ぐに潰れちゃわない?(もう一杯注いで)
        なるほど、ソレは良かった。地下暮らしと言うのもそう聞くと快適そうで良さそうだ(自分も一口ウィスキーを呷り)
        ……ノクロロは、どうしてファミリーにはいったの? -- サイカ 2018-12-06 (木) 00:24:24
      • いえ……大丈夫です。しかし、あまり急いで飲むのも良くはないですね
        うぅん……多分、普通の人は日の当たる、明るい場所にいる方がいいと思います……暗い場所にいると、目も退化してしまいそうですし
        え……?わ、私ですか……うぅん……まぁ、簡単に言うと……組織の恨みを買って、娼館に売られそうなところを、それならまだ下っ端団員の方がましです、と命乞いした形……でしょうか(顎に指をかけて思い出しつつ) -- ノクロロ 2018-12-06 (木) 00:32:36
      • (普通の人は明るい場所に居るのが良いと言う言葉に、苦笑して…頷く)ふふ…っ。そう、だね
        ……い、意外とハードな入り方したんだね…ウチのスカウト方法は組織の利益に繋がる、善良なる者を目安としていた筈なんだけど…まぁ、それだけキミが悪い人間には見えなかった、と言う事か
        …ノクロロは、ファミリーは嫌かな?キミは所々で馴染めないと言っていたよね(ソファで足を組んで、彼女を正面から見て) -- サイカ 2018-12-06 (木) 00:44:44
      • ん……なんでしょう。真っ暗な方が好きでしょうか?物が見え辛いと思いますよ
        うーん、街に来てすぐでしたからね……脅しをかけられた時に、思わず手を出してしまったのが、連鎖を生んで……幸い、カクテル作りはできたので、今の所売られなくて済んでいる……といったところでしょうか
        んー、組織ですね?悪い人はあまりいないと思いますが……力で解決する人は多いですねぇ……だからでしょうか、怖いのは、怖いです -- ノクロロ 2018-12-06 (木) 00:55:47
      • 日陰者には、少し眩しく感じるだけ(はあ、と溜め息をついて、肩をすくめて)
        …そっか、それならウチの構成員の教育不足だね。…キミには、悪い事ばかりさせているんだな…(ノクロロの怖い物は怖いという言葉に…頷く。ソレは事実なのだろう。スカウトの仕方も手違いの生じている物があると知り、少しだけすまなそうに)
        ウチから自由に出て行っても良いんだよ、ノクロロ。キミの能力なら、堅気の世界でも十分に通用する…ボクが保証しよう。キミの当面の支援はするし、キミがボク達の不利益になる様な行動をしなければ、追っ手を出すような事もしない。
        …誰でも怖いのは、嫌だもんね(ウィスキーを呷る。ソレはノクロロに向けての発言の筈だが、まるで自身に言い聞かせる様ですらあり) -- サイカ 2018-12-06 (木) 01:10:40
      • ふむ……そういうものでしょうか。本物の暗がりに潜んでいるよりは、サイカさんは外でたくさんの人とお付き合いしていると思いますよ
        まぁ……いくつか聞いた話では、組織に救われて恩がある、という方が多いようでした。それが普通の入り方なのでしょうね……恐らく
        これでも一応、田舎の出なので、それこそ、こちらの常識が通じない様なモンスターの脅威には……命のやり取りで決着をつける、のも承知できるのですが……こちらでは、割と人間同士でやり合っているので、驚きました。いえ、田舎でも喧嘩や諍いは勿論あるのですが……
        あはは、私達の取り合いは故郷でもありましたから、一般的に便利なのだろうとはわかっていますよ……そうですねぇ……とはいえ、今の所……物騒な事件には巻き込まれていませんし……グレート電気ブランの仕事も残っていますから……もう少しは居ると思いますよ
        ……あのぅ、組織の方はどちらかというと力とやる気に溢れて、ひゃっはーなイメージなのですが……やはり上に立つようになると、不安も多くなるものですか? -- ノクロロ 2018-12-06 (木) 01:29:37
      • そう見える?ならボクはまだまだ大丈夫だね(ノクロロの言葉に、嬉しそうに笑って返し)
        …良い事ばかりは消して言えない。キミは良く、ボク達の事を見ているのだろ?暗闇から見る世界は、光の中から見る世界とは違って見えるものだもの。ボク達はファミリーで、そうして救いあげる者もあれば、キミの言う通り人と人のやり取りで解決する場合もあるのも事実だ
        アハハ…力があるというのは、それだけで他者が自身を狙う理由になるものだからね…キミを囲って利用しているボク達が言えることではないかもしれないけど…そっか。なら、キミの仕事が一段落つけば、キミの自由に行動してくれて構わないからね?(と、言うものの、何処となく寂しそうに)
        ん…そうだね…勿論、そうだよ。上に立つと言う者は、誰よりも下の者達の事を考えなきゃいけないんだ。ソレは当然として、誰よりも現実を見なくちゃならない。ボク達はファミリーという組織で、仲良しだけがとりえの集まりではない。堅気の人間からは上納金を回収して、その代わりにボク達の庇護の元に営業が出来る様にしたりもしなくちゃなら無いし
        …ボクの担当で言えば、キミの嫌う怖い事がメインだ。裏切り者が出れば処分しなくちゃならないし、邪魔者が居れば排除しなくちゃならない。組織の利益の為に動くのが、ボク達幹部の持つ責任と言うものなのさ。その上で、思う事は沢山ある -- サイカ 2018-12-06 (木) 02:08:20
      • ですね……少なくとも、毎日、数えるほどしか人に会わない私よりは……
        あはは……暗闇というより、顔を隠したフードと指の隙間から見ているだけですが……血縁の方も多いようで、まさにファミリーなのですね
        うーん……そこはまあ……故郷の歴史の1ページと言いますか……色々ありまして。とりあえず、吸血鬼騒動は見届けようかな、と……。何時の間にやら街中で話題になっていたので、気になっていまして……。後は、どうしましょうか。人殺しの後の掃除は、流石にきつくなってきました
        うぅーん……あぁ……そうか……(何かに納得したように、ポンと手を叩く)組織のなんとなく……既視感のある感じ……あはは、私が逃げてきた田舎の有力な家の方々に似ています。血筋を大事にして、下の面倒を見つつ、年貢を貰って、話し合いで済まない事件が起きると荒事で解決するという……そうですか……
        いえ、血縁者が組織の中心にいる、土地の支配者組織というのは、大体このような仕組みになるのかもしれませんが……まぁ……大変ですよね、うん……(なにやら実感できたらしい)怖い事が、何故怖いのか、暴力だから……というだけじゃないことに気がつきました
        ……組織優先で人を傷つける苦悩は少しわかります……思い出してみれば、無かったことでもなく……しかし、私の様に逃げられる訳もないのが、上層の方のお辛い所でしょう……となれば、私からはまさに、かける言葉もありませんね……
        ありがとうございます。お話、とても勉強になりました……はい(緩い笑顔を見せて)疲れることだらけかもしれませんが、わ、私も応援している一人なので、頑張って下さい……!(そう言って来た時よりは晴れやかな表情で去っていった) -- ノクロロ 2018-12-06 (木) 03:07:11
      • (引き上げていくノクロロの背中を見ながら…手を振って見送る。…世間話もしてみれば、彼女にも色々な事があるのだろうと推し測ることが出来た。そして彼女はただの気の弱いだけの暗がりの構成員じゃなく、鋭い慧眼の持ち主だという事も)
        …見抜かれて然りか、ボク達の罪は…(残された部屋で一人ウィスキーを呷り)
        ……キミとは、友人になりたかったんだ、ボクは…(あとどれだけ彼女と出合えるのかはわからないが、…自分等を怖いと言ってくれる彼女に、思いを馳せるのでした) -- サイカ 2018-12-06 (木) 03:35:34
  • パパっ、夏のバカンス楽しかったわねっ!もう少しだけあの気分を味わいたくって、毎日ちょっとだけ水着で過ごしてみよと思ってるのっ
    パパの水着もスポーティーなデザインで格好可愛いかったわよっ -- ピーナッツバター@水着 2018-12-04 (火) 22:50:35
    • やあ、バター…ふふっ、まだまだ暑い日は続くから、悪くないとは思うんだけど…
      ちょ…ちょっと過激すぎるかな、とも…!バターは恥かしい、とかそういう感情は無いのかな? -- サイカ 2018-12-04 (火) 22:53:17
      • 大丈夫よパパ、ちゃんとお外に出るときは上着を着たり、普通のお洋服になるものっ
        そうかしら?たしかにお尻とかはきわどいけれど、全部隠れてるからいいかなって思っちゃってた!うん、とっても恥ずかしいわよ?
        でも、この方がパパに見てもらえるし、パパに抱きついた時にパパの暖かさを体全部で感じられるから好きなの、それでよっ
        (甘えたさ、構って欲しさゆえの行動である、とにかくパパに注目されたいのだ) -- ピーナッツバター 2018-12-05 (水) 22:29:37
      • アハハ、バターは寂しがり屋さんなんだから(自分がバターくらいの年齢の時はどうだったろうか、なんてぼんやり考えてしまいながらも…まあ、目の前には自分しか居ないから良いか、なんて納得して)
        でも、ボクは女だからまだ良いけど、男のパパ相手だと大変になっちゃうんだから、ちゃんと気を使ってあげる事。いい?(バターを撫でつつ) -- サイカ 2018-12-05 (水) 23:12:21
      • そんなこと、ある!だってパパ達にはよくしてもらってるもの、近くにいないと不安になっちゃうっ
        特に夜はまだ怖いから…側に誰かに居て欲しいの(サイカの袖をくいくいと引っ張って)
        大変…あ、あれね?警察沙汰!うんっそこは気をつけるわっ、パパに水着を見せてあげるのはおうちの中だけにする!(ふふん、と分かっているアピールをしながら撫でられて) -- ピーナッツバター 2018-12-05 (水) 23:46:42
      • じゃあ、今夜はボクがキミのナイトになってあげる♪電気も消さないし、キミが眠るまで隣に居よう!
        男の人は狼なんだぞ?レアンドロの前でやったら、きっと大変な事になっちゃうよ(くすくすと笑い) -- サイカ 2018-12-06 (木) 00:33:58
  • (サイカの対面に腰掛け、何やら神妙な面持ちで)
    のう…ちと聞きたいことがあるんじゃがええじゃろうか -- マート 2018-12-03 (月) 20:34:22
    • んっ、どうかしたのかな?マート姉様? -- サイカ 2018-12-03 (月) 20:51:38
      • 海で恋バナを持ちかけよったじゃろ?そう言うサイカなら詳しいと思うたんじゃが…
        モテカワ女子になるにはどうしたらええんじゃろうな…? -- マート 2018-12-03 (月) 20:56:42
      • うんうん、姉様…良い質問だね?
        …ボクに聞いてどうするの。(まがお) -- サイカ 2018-12-03 (月) 21:00:05
      • どうするって…わしじゃってモテカワ女子になりたいじゃろ?
        モテの成分はだれがモテるかわからんのじゃし、じゃあカワイイの方を持っててそう言う事にも詳しそうなサイカに聞くべきじゃろ!と思うたんじゃよ -- マート 2018-12-03 (月) 21:08:04
      • うんうん…姉様は…このボクがモテる様にみえるの?!と思ったらカワイイの方?!
        うーん。それで言ったら姉様は十分、かわいいと思うけれど… -- サイカ 2018-12-03 (月) 21:12:15
      • だれがモテるかってまるで分からんでのう…歯医者の先生なんぞはモテカワ女子と言うよりマダムンムンと言った感じで別方向を感じるのじゃし…
        そうじゃそうじゃ、カワイイの方じゃ!わしへのかわいいってあれじゃろ…お嬢ちゃんかわいいねーのちびっこ扱いじゃろ…?そんなんモテカワ女子と違うんじゃよ…
        飴ちゃんを貰えそうな可愛さでのうてこう…花束を贈られそうなサイカみたいな可愛さを身につけたいのじゃよ! -- マート 2018-12-03 (月) 21:17:17
      • 確かに…誰がモテると言うのは難しい定義だね…そもそもボク達は堅気じゃない者も多い物だから、そんな物に現を抜かす余裕が無い人も多いだろうしね
        それはこう…立ち振る舞いからじゃないかな?まずは格好から入るというのも良いとおもう。ボク達は礼節を第一に重んじなくてはならないからね? -- サイカ 2018-12-03 (月) 21:37:47
      • カタギのモテとカタギじゃないもののモテはまた別なんじゃろか?わしは…カタギ…じゃろ?多分(親がボスで子供はフリーター、さてこの場合は…?)
        立ち振る舞いじゃと?うっ…(今の自分の恰好を鏡に映してみる…不思議の国のアリスから抜け出たかのような格好、どう見ても…モテカワ女子的なレディではない)
        恰好から入るとなると…サイカみたいなその、スーツとか着るんじゃろか?アマレットが一度スーツを持って来よって着替えたんじゃが…ネクタイが閉められんくてのう…あんな難しいのをよう締められるの -- マート 2018-12-03 (月) 21:44:24
      • 余裕のあるなしの話だよ、姉様。男に良い思いを持ってない子も居るし、そもそも表の世界と裏の世界じゃ住む世界が違うというのもある。ままならないモノだね…
        姉様は確かに堅気だろうけど…でもボク達の身内だから、微妙な所なんじゃないかな…?
        まあスーツに限らずフォーマルな格好というのは、それだけで気を引き締めてくれる物…そしてそれが格好良い女に必要な要素の一つ…!ボクはそう思うんだ、姉様!ということで…姉様は身長も小さいのだし、スーツとかよりも着物とかのほうが良いんじゃないかな。黒地に金刺繍の着物とかどうかな? -- サイカ 2018-12-03 (月) 22:30:22
      • 余裕のう…こう言う所じゃと女性と言うだけで辛い目に合うものもおるじゃろうからのう…やはりわしはカタギとも言えぬグレー地帯じゃったか…!
        ううむ…反論の余地が全くないのじゃ…!わしの恰好は…一人の時はだらしないことこの上ないじゃろうしのうー、引き締めるという意味合いの服を着る事なんぞはまるで…
        着物…わしが着物を着たら…七五三みたいにならんじゃろかのう、一度だけ…正月ごろに着よったが動きづらくてナツにやろうとしまい込んでしもうたりじゃ
        ええっ、黒地って喪服ではないんかそれ!? -- マート 2018-12-03 (月) 22:34:43
      • 753みたいになるのは柄物の着物を着るからです。黒い着物は東の地の風習に習えば、既婚女性が着る第一礼装だよ。既婚女性でなくても着物という点におけば最上格の装いといえます、姉様
        動き辛い…それならフォーマルワンピースとかも良いカモ?まあ、所謂子供用のドレス、と言ったところになるけれど…黒で纏めるのが無難だとおもうね(冷蔵庫から飲み物…100パーセントオレンジジュースを取り出して、すっと姉の前に出して) -- サイカ 2018-12-03 (月) 22:48:49
      • ほ、ほう…柄物が753っぽさを出しておるのか…(想像する…確かに花柄とかは子供っぽく見える気がする…)喪服ではのうて既婚女性用なんじゃ…でも既婚では…ふむ?最上格とはすごい位置なんじゃのう!(知らない情報がどんどん出てきてなるほど…としきりに頷いている)
        子供用ドレスでも黒いと子供っぽさが減るっちゅう訳か、なるほどのう…確かにわしは黒系統とかはあんまり手を伸ばしておらんかったのう…(だいたいがコスプレ的だったので)
        これはありがたいのじゃ!(わぁい!とオレンジジュースをくぴくぴ頂き始める)ふぅー…逆に考えたらサイカが花柄を着ておったとすると…子供っぽく見えるかもしれんのじゃのう…柄や色合いとはそんな大事じゃったか -- マート 2018-12-03 (月) 22:54:22
      • ふふっ…ボクも身長は高いほうじゃないからね…意外と気を使う事もあるから、姉様の気持ちはわからない事もないんだ
        後はそうだね、姉様は割と物事に無頓着と言うか…もっと年頃の女の子らしい行動を意識してみるというのはどうかな? -- サイカ 2018-12-03 (月) 23:16:27
      • 服装に気を使うだけで何かこう…女子力が上がる訳じゃな!今すぐは無理(※シミュがクリスマスアップデートで1週間くらい使えない様子)じゃが…秋ごろには何か探すかのう…黒っぽい服を…
        年頃の女の子らしいというても…例えばどんな感じなんじゃろうか?その辺りようわからんのじゃ… -- マート 2018-12-03 (月) 23:19:49
      • …(ごそっと私室の引き出しを空けると…陵辱物の二次元えっちな本が出てくる)
        年頃の女の子の嗜み…です(すすすと姉に収める構え) -- サイカ 2018-12-03 (月) 23:46:15
      • おおおっ!?こんなところに本棚が…サイカも漫画を読むんじゃのー…ぶふぉっ!?(表紙とかを見て噴き出した)
        こ、これは…凄くハードな奴じゃ…最近の年頃の子はこういうのを…読んでるのじゃ?(ペらりとめくってみる)うわぁ…うわぁ… -- マート 2018-12-03 (月) 23:51:28
      • そうだよ姉様、年頃の女の子はこういうのを嗜むのっ!ほら、こっちの激しくブチ○されてる女の子…自分だと思って見てみてよ(顔を赤くしながらも、ぐっと姉を応援する姿勢) -- サイカ 2018-12-04 (火) 00:10:13
      • むうう…凄いのじゃ…(ごくり)この子を自分じゃと思うて…(じっと食い入るように見ている…)
        (普段見ないような真剣な目つき、徐々に呼吸が荒くなりつつある)ふーっ、ふーっ… -- マート 2018-12-04 (火) 00:14:22
      • (漫画は陵辱物!…っと見せかけて雲行きが怪しい。最初はレイプから始まるも、男は次第になんやかんやで女にめろめろになっていき…プレイ自体は激しく、鬼畜ではあるが和姦の様な作風の物だ。そして最終的にはラブラブハッピーエンドであった)
        …マート姉様、どうですか…これが…今の若い子の恋愛模様なんだよっ!そしてそれに自分を重ねて楽しむ…のが、女子の嗜みなの!(※違います) -- サイカ 2018-12-04 (火) 00:30:20
      • ふうー…(読み終えて一息)最近の子は進んでおるんじゃのう…体を許すのは…その(赤くなりつつ)結婚してからじゃと思うとった…
        逆のパターンもあるんじゃのう…これをマネできる気はせんが、じゃからこそ自分に当てはめて楽しむんじゃのう…(これがサイカの秘訣…!と深くうなずいて)
        … …(今読んだ本やしまわれている本にもチラチラ視線を送っている…どうやら気になるようだが…) -- マート 2018-12-04 (火) 00:33:50
      • そんな事言ってると100年経ってもモテないよ姉様…!(酷い言い様である)
        …気になるのかな、姉様…ふふ(すっと新たな本を取り出せば…男の裸体×男の裸体本) -- サイカ 2018-12-04 (火) 00:41:02
      • ぐぁっ…めっちゃグサッて来たんじゃけど!(けど一理あるとも思ってしまいぐぬっている)
        むっ!これは…ええものじゃの(先ほどとは食いつき方が違うようだ…それもそのはず、マートの部屋にも♂×♂モノや♀×♀モノはあるのだ…ただし、どれも純愛傾向にあるようだが) -- マート 2018-12-04 (火) 00:43:56
      • ガアラを思い出してみるんだ姉様!モテカワというのはきっとああいうのを言うんだよ(頷く)
        ……(耳元で…アルバ×ハロー…と囁く) -- サイカ 2018-12-04 (火) 00:50:44
      • ガアラは確かにかわええじゃろうが…キカラと一緒にこう…小動物みたいな可愛らしさと思うとるんじゃが男性から見ると違うんじゃろか…?(なでなでしたい…と言う気分になるので)
        …(慈愛の表情…つう、と鼻から血が伝った)おっと…女子力が溢れてしもうた…(ティッシュを鼻に詰めつつ)じゃが…尊いの -- マート 2018-12-04 (火) 00:53:13
      • (睡魔で霊圧が下がるので何冊かこっそりお借りしていくのじゃった…) -- マート 2018-12-04 (火) 01:17:53
      • あれで迫られたら男はきっとイチコロだとボクは思うな…ガアラ…魔性の女よ…
        尊い…つまり…そう言う事だよ姉様! -- サイカ 2018-12-04 (火) 01:20:37
  • サイカのお嬢はダイエット成功したんだなー・・・元々そんな太ってた様には見えなかったけど(今どうしているのだろうと部屋に訪れてみて) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 10:53:52
    • (ケーネが部屋を訪れれば…)
      やあ、ケーネ。いらっしゃいー(正座して目を閉じ、じーっとしているスーツの女だった) -- サイカ 2018-12-03 (月) 20:51:03
      • ・・・どうもっす?(なんとなくぺこりと礼をして)
        ・・・(なんとなく習って正面に座り・・・手を振ったり覗き込んだり・・変顔したり) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 20:53:23
      • ………(手を振るのには無反応!)
        ……(覗き込まれればなんだか気になって若干目を開けてしまい)
        …っふっ、あはっ、な、なにその顔っ!(そして変顔でつい笑ってしまう)
        あっ…むむむぅ〜。。。 -- サイカ 2018-12-03 (月) 20:57:52
      • にっひひー(にやーっと笑って満足げ)
        ・・・でーなにしてたんすか?・・・瞑想? -- ケーネ 2018-12-03 (月) 21:13:22
      • ZENだよ!お父様がやっているのを見た事があるんだ。それに習ってボクは今…迷いを打ち払い、己を見つめ直して居た(テーブルの上に置かれたドーナツやらポテトチップスやら) -- サイカ 2018-12-03 (月) 21:22:46
      • ほーん・・・(ひゅるーっと流体触手を伸ばし、テーブルの上のドーナッツをキャッチ)
        ほーん・・・(それを五円玉みたいにサイカの目の前でゆーらゆーら) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 21:24:38
      • ……心を無にし…ボクはこの衝動に打ち勝つ…うち……(ゆらゆらと揺らされるドーナツに)
        …あああーっ!(カッと目を見開く!赤い目をぎらつかせながらドーナツに喰い付く)
        ガルルル…ドーナツ…オイシイ…モットタベタイ(ガツガツ) -- サイカ 2018-12-03 (月) 21:29:45
      • 誘惑に勝ちたいのならそもそもこんなもの置いておかない事っすよー
        わぁお(その荒々しい気配を読んでいたかのようにひゅぱっと触手が跳ねてサイカから離れる)すっげぇ・・・避けたと思ったのに半分くらい持ってかれたっす(まだ残ってるドーナッツを届かない位置で逃げ回らせながら)
        ってか目ぇ充血してやせん?まっかっかっすよ?(大丈夫?と覗き込むように) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 21:42:22
      • はっ…!ぼ、ボクは…うぅっ、なんて精神の弱いやつなんだボクはーっ!(半分もぐもぐもぐ)
        もー、ケーネ!人が真面目に精神を鍛えてるのに邪魔してーっ!…く、確かにキミの言うとおりだ…最初からこんなもの…こんなもの手元に置くべきではないんだけど…っ(すぅと目の色が戻る) -- サイカ 2018-12-03 (月) 22:24:20
      • 腹減ったり甘いもの食べたくなった時は水を飲むか、ナッツとかジャーキーとか食うと収まるって聞くっすよー(もう半分をもぐもぐ)
        あははっすんませんっすついつい(にひーっといたずらっ子の笑み)・・・あら・・目の色戻った・・・なんかの特異体質とかなんすか(ほーっと見つめてる) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 22:56:29
      • 待ってケーネ、ナッツもジャーキーも危険だよ!ナッツは油分が多いくせに、一つ食べ始めるとついつい無限に食べてしまうじゃないか?そしてお酒が飲みたくなってくる…これはいけない…
        ジャーキィも同じ理由で…やはり…っ危険ッ…はぁ〜、世の中は誘惑が一杯だよぉ…(半分食べられたドーナツを羨むようにみながら)
        ん、たいした事じゃないよ。体質…と言われれば、そうかも…ボクは少し誘惑に弱い所があるからさ?だからこそ負けない様に、こうして禅の作法を学んでいたんだけど、中々上手く行かないー(はぁ〜と溜め息をついて) -- サイカ 2018-12-03 (月) 23:06:58
      • カロリーより糖質を重点に見て下さいっす・・・なんで一掴みで満足しないんすか?ダイエットしてる自覚ないんすか?(ひどい)あとお酒もNGっす・・・アルコールが太るっす・・・ってか酒なんか飲むから太るんすよ(言葉の暴力)
        ふぅん・・・トーヨーの神様だかなんだかには欲の力をサトリのエネルギーに変えるってのもいるらしいっすけどねー(詳しくは知らねぇやとポテチの方に歩いていく・・・不穏な気配)
        そういう感覚に支配されると、目が赤くなるんすか・・・でもそれって、抑え込んでいいモンなんすか?溜まってはじけたりしそうっすよ(適当な袋にお菓子の類を詰め込み始める) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 23:19:11
      • あうっ!(ぐさっ)
        あうあうっ!(ぐさっぐさっ)
        うぅ〜、ケーネ〜、言いすぎだよぉ…そ、そこまで言わなくても良いじゃんか〜(涙目になりながら)
        大人になるとやりきれない感情とか、そういうのが沢山あるんだよー(大体飲むのは仕事の後だ。飲む、食う、オナるで解消している故の悩みであった!)
        そうだね…自分の中に獣が居ると過程してみるとわかりやすいかな?その獣は…とーっても悪い奴なんだ。だから、制さなきゃいけない。制すというのは上手くやるって事だよ。ボク達ファミリーも、キミたちの様に堅気と上手くやっていく所もあれば、ボク達の様に、夜の世界を主とする所もある。でも皆纏めてファミリーとして上手くやってるでしょ?それと、同じ。…ケーネ、何をしてるの…?(じとーっとその行動を見て) -- サイカ 2018-12-03 (月) 23:43:53
      • しょうがないじゃねぇっすかー・・・でもいう程今のお嬢太ってるように見えないんすよね、オレ・・・(普通じゃない?と不思議そう)
        月どれくらい飲むんすか・・・1,2回ちょびっと位ならまぁ気にしなくていいんでしょうっすけど
        獣ねぇ・・・でも、その獣だってお嬢である事に変わりはないんでしょう?・・まぁ上手くやれてるならいいっすけど
        ん?捨てるんすけど?(袋を担いでさらっと言いおる) -- ケーネ 2018-12-03 (月) 23:53:39
      • 気持ちの問題だよ!それに、太ってからじゃ遅いじゃないっ(実際能力を使えば姉のセンカと同じ様に消費をする故、そこまで過度な反応をすることも無いのだが…年頃と言う物は気になるもので)
        え〜そうだね、一日で一瓶あける時もあれば…そうじゃない時もあるんだけど…そうそう、獣と上手くやるには、お酒も餌も必要なんだっ!…
        …まって!それはボクの夜食で…その、あのねケーネ、そうだ!食べ物を粗末にしたら、勿体無いとおもいませんか?(正座しながらこくこくと頷いて説得の構え) -- サイカ 2018-12-04 (火) 00:08:10
      • 毎日体重測って記録してれば太りつつあるか気づけるもんっすよ、気にするのはそうなってからでも遅くないと思うっすけどね
        (頻度と量を聞けばはぁとため息をついて)お嬢、お嬢は酒はいるとどんな感じになるっすか?・・・もし記憶がなくなるとかだったらオレはマジで取り上げて、病院に連れて行かないといけなくなるっす
        (夜食と聞けばぴくりと)ダイエット中に夜食?しかもお菓子が?(舐めてんのかこいつと蔑む目)なるほど確かに、捨てるのはもったいないしかといってお嬢の物を誰かにあげるってのもよくねぇっすね(うんうんと頷き)
        じゃぁこれはオレが丁重に保管しておくんで、必要になったら取りに来てくだせぇ(いい折衷案だとこくこく) -- ケーネ 2018-12-04 (火) 03:29:42
      • むう、なるほど…確かにそうかな…そうかも…(なんだかそう言われればそんな気もしてきて)
        え、どんな感じといわれると…ん~、なんか気分が開放的になると言うか…その、捗るというか…?(もじもじ)
        あぐうっ、そんな目で見ないで!…うぐぐ、わかりました、我慢します…(そうだ、此処で反省すれば犠牲は一つで済むかもしれない…買い置きの奴を気取られないようにすれば…ククク、自分ってばなんて賢いんだ!という思考で、大人しく引き下がる決断をする) -- サイカ 2018-12-04 (火) 15:43:37
      • 開放的で捗る・・・何が捗るんす?(はてと)まぁ・・・ストレスが解消できる範囲なら・・・量は明らかに多いっすけど
        ・・・(サイカが買い置きしている物について考えた直後)・・・こっちか?(とそちらの方に向かってごそごそ)お、まだあったまだあった・・・他にも買い置きあったりしないっすかー? -- ケーネ 2018-12-04 (火) 17:21:19
      • な、なにが捗るかはちょっとまだキミには早いかな…アハハー…(あさっての方向を見つつ)
        えっ…?!あぁー!(知略も虚しくケーネの買い置きの夜食群を見つかってしまえば、がくりと項垂れ)
        うう…もう無いよっ!…ボクはそもそもZENを組んでいたんだっ!無くなってしまった方が精神の統一が捗るし! -- サイカ 2018-12-04 (火) 17:45:32
      • ・・・?・・(何か焦っている様子だがその意思の形は上手く読み取れなかった)
        ・・・まぁその・・悪かったっす、が、頑張って下さいっす!(ちょっと申し訳なさげに帰っていく) -- ケーネ 2018-12-04 (火) 18:03:04
      • うう、良いんだよケーネ…キミの言うとおりだ…!ボクには覚悟が足りなかった…っ!(引き上げていく友人を見送りつつ)
        (ケーネがフロアを後にすれば…ふぅと一つ大きく溜め息をつく。)
        心を落ち着かせ…衝動に打ち勝たなきゃ…ボクは…ボクだ…っ!(正座しなおし、禅を組みなおすのであった) -- サイカ 2018-12-04 (火) 18:15:04
  •   -- 2018-12-03 (月) 06:19:52
  •   -- 2018-12-03 (月) 06:19:47
  • (ソファーの上でごろごろ) -- ミューザー 2018-12-02 (日) 00:29:16
    • (ルイボスティを嗜みながら…書類に目を通す仕事スタイル)…ミューザー姉様、今日はどうしたの? -- サイカ 2018-12-02 (日) 02:37:18
      • かーめー・・・・はーめーーー・・・はーー!(ぽわわわ〜ん、と例のポーズで放った前に突き出した腕から、シャボン玉を生み出し、サイカの顔に放つ) -- ミューザー 2018-12-02 (日) 02:39:13
      • …わぶっ…!!……姉様〜〜!(がたっとなってソファーに移動)
        なにすんの! -- サイカ 2018-12-02 (日) 03:11:55
      • わはははは!(ソファーに移動する妹を見て、腹を抱えて足をバタバタ揺らしながら笑い転げて)
        やー、わりぃわりぃ、最近さぁ少し里帰りしたんだよ、オヤジんとこよ…そしたら、コレも覚えろって言われてな?
        (ぽぽぽぽぽん、と掌からシャボン玉を大量に生み出しサイカの部屋に散らばらせながら)
        最初はふざけんな死ね、無理に決まってんだろって思ってたけど、できちった♪
        だから、サイカにお披露目だ、どーだいアタシのシャボン玉…綺麗だろー? -- ミューザー 2018-12-02 (日) 03:15:20
      • わっわっわっ!凄いけどやめてよ姉様!もー!室内でそれ飛ばさないでー!?(言いながらも、綺麗だろと言われれば…フワフワと浮かぶシャボン玉を見上げ)
        ………うん、綺麗。 -- サイカ 2018-12-02 (日) 03:30:11
      • (ソファーに足掛けて転がりながらサイカがやってくれば座るための場所を確保するために足をどけながら)
        はーっ?別にアタシの勝手なんですけどー?
        良いじゃん良いじゃん!せっかく覚えたんだからさー…うりゃ!バブルマンアタックを喰らえ!
        (ぽぽぽぽぽ、と部屋の明かりを受けて七色に煌くシャボン玉を飛ばす)
        おっとぉ、素直に褒められた!親父から覚えるまでは缶詰って言われたから、そういわれるとうれしーぜ? -- ミューザー 2018-12-02 (日) 03:44:34
      • あはは、綺麗だけど…でも掃除が大変だよー?
        そう言えば姉様、紐見たいな水着着ろってさっきいってなかった? -- サイカ 2018-12-02 (日) 04:10:23
      • 掃除?おいおい、アタシのシャボン玉を…いや、うーん、コレに掃除なんか必要ねーよ
        魔力で作ってあるから、そうだな…そーれ☆
        (指を一振り、それだけでかーぺっとや机に飛び散った、シャボン玉の一粒一粒が集まっていき、またシャボン玉を作り出す)
        これぞ…そうだな、えぇっと…何て名づける?……バブルマン!そう、シャボンを操るバブルマンだ、ふははは!
        …いってねーよ?(視線そらし) -- ミューザー 2018-12-02 (日) 04:34:44
      • そうなの?魔力って言うのは随分便利なんだ…コッローディも花火あげてたし、良いな〜ボクも魔法使いたいな〜…バブルマン?だ、ださっ…
        言ってなかった?折角…一応用意したのにっ!(じゃーん☆と黒い紐水着を取り出して) -- サイカ 2018-12-02 (日) 04:40:52
      • おっとぉ?オヤジんとこで魔術理論をしっかり叩きこまれたあたし相手にソレを言うとか……魔力なんてロクでもねーぞ、サイカは持つんじゃねえ!(どどーん!!!)
        …おう、んだこら、アタシの、いやあたし達の魔法バカにするとかぶっ殺すぞ…
        …うわぁ!?うちの妹が、え、これアレ!?誘う感じ…よし、着たまえ! -- ミューザー 2018-12-02 (日) 04:44:11
      • でもなんか…バブルマンって名前はあれだけど、すっごい綺麗だし…ちょっと憧れちゃうなーみたいなっ?
        べ、別に誘ってるわけじゃないから!でも一応、折角用意したし…海で着るのはちょっと無理だなーって思った奴なんだけど〜…(隣の部屋に移動すれば、ごそごそと着替えて)
        じゃーんっ!どうかなっ! -- サイカ 2018-12-02 (日) 04:55:19
      • 何でだよ、泡を使うんだからコレであってるだろうが…それ以上ダサいつったら妹でも容赦なくぶち犯すマジでよぉ
        ………(すくっ、と立ち上がるとそのままサイカの肩を抱いて)
        よし、今夜は寝かさねーぞ? -- ミューザー 2018-12-03 (月) 00:31:28
      • シャボンファンタジーワールドとかどうかな姉様…プリンセスバブルマリンとか…!
        えっ何どういう事!?もう、ボク達は姉妹だよ!? -- サイカ 2018-12-03 (月) 00:43:00
      • んっだそれ、死ぬほどだっせぇな…やっぱアタシが間違ってねーわ(髪をかき上げて自慢げにどやぁ、として)
        つまりだ、わざわざ人の前でそんな格好しやがって今日はオメェの姦通式だぜ覚悟しやがれサイカちゃんよぉ、ひゃははー! -- ミューザー 2018-12-03 (月) 01:07:33
      • えーっ、ダサくないよかわいいよー!…あ、いやっ。ほら、折角用意したのにお披露目しないのもなって奴で…姉様、落ち着いて!一回落ち着こう! -- サイカ 2018-12-03 (月) 01:12:22
      • テメェ…可愛いじゃねぇだろ、どんだけイカした周りが名前を聞くだけでブルっちまうようなのかが大事なんだぞ!?
        そ、それを可愛いって…じゃあ何か、キューティクルマジカルミューザーとかつければ満足か、あぁん?!
        やーだねーっ!アタシが求めてた高露出の水着が!ここに!ある!いやっふー!
        (ベッドめがけて一直線にラン) -- ミューザー 2018-12-03 (月) 01:23:37
      • も、もー…!ミューザー姉様〜〜っ(そう言えば仕事中だったな…なんて思いながらも、そのまま寝室に押し込まれるのでした。暗転) -- サイカ 2018-12-03 (月) 03:20:26
  •   -- 2018-12-01 (土) 00:33:00
  •   -- 2018-12-01 (土) 00:32:56
  •   -- 2018-12-01 (土) 00:32:51
  • サイカねーちゃんがこないだちょっと辛そうな感じだったから、心配になって様子を見に来てみたボクだ(説明口調)
    せっかく海ってイベントが控えてるんだしね、元気だといいんだけどー!(こんこん、ドアをノックする) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 20:56:49
    • (レアンドロがフロアに通され…サイカの私室であるホテルの一室をノックしても中からは返事が無い様子で)
      (返事は無いが、何やら中からは声が聞こえる)
      ぁっ♡はっ…ぁっ♡♡んっ…♡んんっ♡♡ -- サイカ 2018-11-29 (木) 21:20:54
      • あれー…?(暫く待てどもドアは開かず そっと聞き耳を立ててみるのだ…別にドアに耳をつける必要もなく)
        っ………!!!(何やら喘ぎ声らしきものが聞こえて頭の中で妄想が勝手に加速する)…こ、これって… -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 21:36:59
      • あっ♡んぅっ…♡♡ぁ、ああっん…♡♡♡
        (なにやらただ事ではない雰囲気だ…!それなりの知識があれば何をしているかは容易に把握出来るかもしれない) -- サイカ 2018-11-29 (木) 21:44:03
      • わ、わわっ……これはー、あれだ …わかる、わかるぞー…!(だが明らかに動揺しているし顔も真っ赤だ)
        お邪魔しちゃいけないやつ、だよねー…(下手をすればこっちも前屈みにならざるを得なくなるので、逃げるようにドアから離れていく) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 21:47:58
      • …っだれ?!(ドアの向うからする気配にその時気づく)
        (状況的には非常に!見せられないよ!という状況ではあるが、これが組織的に重要な話であったり来客であったりする場合もある…!と言う判断から、扉の向こうの人物を伺うように) -- サイカ 2018-11-29 (木) 22:33:23
      • わぅっ!?(すてーん、声に驚いて盛大に廊下でコケる)………(ここで気付かれたら色々後で気まずい!)
        にゃーん(フサにーちゃん流、ぬこの鳴き真似で誤魔化さんと) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 22:39:38
      • なんだ…猫か…。ってそんなわけあるかーっ!(寝巻き姿のまま扉を開けて声のした方に!顔は真っ赤で明らかに体温が高そうな感じで) -- サイカ 2018-11-29 (木) 22:43:19
      • ぎゃー!?ご、ごめんなさーい! なんか取り込み中っぽかったから帰ろうと思ったとこなんだよー…(起き上がろうとしながら) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 22:53:52
      • (その声を聞けば…聞き慣れた少年の声だ。その事に内心ホッとするもので)あぁ…なんだ、レアンドロじゃないか…!ア、アハハ…取り込み中だなんて、そんなこと無いよ(すすす、とレアンドロの前に先回りして、起き上がろうとする少年の肩をがしっと背中を掴めば、部屋に連れて行く構え。これがハローだったらこの場で戦争が起きていた所であったが、相手はまだ年端もいかぬ少年…!そんな知識はまだまだ疎い筈!という希望的観測に満ち溢れている!)
        (ぐいぐいと私室にまでレアンドロを押し返せば)…そ、それで、今日は一体どうしたのかなっ? -- サイカ 2018-11-29 (木) 22:59:42
      • ほ、ほんとにだいじょぶ?わ、わぁぁっ…ちょっと!?(何だか逃げ場が無くなったみたいで少しビビりつつ部屋に連行されて)
        んとさー、こないだ会った時…サイカねーちゃん、ちょっと辛そうだったから 元気になってるかなーって…思って
        (落ち着きなく視線を泳がせ、時折くんくんと匂いを嗅ぐと顔を赤らめた) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 23:05:38
      • (部屋を見渡せば、脱ぎ散らかされた衣服…乱れたシーツに、経験がある者なら直ぐに気づくような雌臭い匂いが漂う)
        あ、ああ、なんだ、そんな事かー。それなら心配かけちゃったかな?もう、大丈夫だよ(気取らせまいと普段通りの笑顔を見せて) -- サイカ 2018-11-29 (木) 23:18:42
      • あ、ぅ……でね、その時サイカねーちゃんの部署に誘ってくれたでしょ?その件でもちょっと…
        (意識すればするほど、雌の匂いが鼻をつき ぎゅっとズボンの前を押さえる)や、やっぱりお邪魔しちゃったみたいだしまた今度でもいいんだよっ!? -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 23:26:05
      • あぁ…そう、だね。今のキミの受け持っている仕事が全部終わって…キミさえ良ければ、だけどね?(目の前の少年には、昼の世界で暮らして貰いたいと願うのも本心だが…自分と同じ匂いのする少年に、何故か惹かれる想いがあり)
        …ん、どうかしたの?レアンドロ?(ズボンの前を押さえる少年に、首をかしげる。完全に少年だと見くびっている模様だ!) -- サイカ 2018-11-29 (木) 23:42:04
      • 空いてる時間で、フェルにーちゃんの仕事手伝ったり…学校いったりとか、できるんなら それもいいなーって思うんだー
        ふぇぇっ!?それをボクが説明しなきゃいけないのっ!?(かぁぁぁ)……そーゆー、つもりじゃなかったんだけど …おっきく、なっちゃって…(ぼそぼそ) -- レアンドロ 2018-11-29 (木) 23:48:29
      • それくらいなら出来るよ。ボクもこう見えて女学校を卒業しているからね?…それに仕事は夜の間だけだしね
        (そして、レアンドロの説明に…一瞬はてなが頭に浮かぶも…)…ぁ、ああ。……何処から聞いてた?(そうかー、レアンドロ、意外とおませかーなんて考えながら、意識すれば途端に恥かしくなってきて顔を赤くしていく) -- サイカ 2018-11-30 (金) 00:04:19
      • お仕事の傍ら、学校に通ってた感じ?やったぁ、それならサイカねーちゃんの力になれるねっ!
        どこからって、言われてもー…声が、聞こえてきちゃってたんで 「あ、これはー…」って思って帰ろうと思ったら、気付かれちゃった
        (なんだろうこの気まずい空間!と思いながらも)ご、ごめんねー……今日のことは忘れるからー…(やっぱり聞いてしまったのは自分なので、申し訳なさそうに) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 00:11:39
      • ………(しかし、彼を手元に置くとなれば…この様な事も多分…きっと、多くなるだろう。ならばこれは良い機会なのではないか?なんて考え)
        ごほんっ。…えー。レアンドロ君。よい、よい。今日の事は不問と致します(赤面しながらも、此処は大人!大人としてリードを保つ!という見栄で)
        …お返しといってはなんだけど、その…キミのも…見て良い?(直球に) -- サイカ 2018-11-30 (金) 00:17:05
      • や、やった!いきなり未来の上司から減点食らうよーな展開は回避できたー…(ほっとしたのも束の間、続く言葉に)
        えぇっ!?そ、それってつまりー…この手をどけろってこと、だよねー…?
        わ、うぅ……ちょっと、はずかしーけど…ど、どうぞ……(手をどけると、下着に収まりきらなくなったものが少しはみ出す あくまでイメージなので銃は持ってない) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 00:24:22
      • //そして文通スイッチおーん! -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 00:25:05
      • (どうぞ、という言葉に続いて晒されるソレに)…わ、わぁあぁぁぁあぁ…(なんて声をあげる。ハローの物は見たことがあるがそれとは全然違う…なんだか、可愛らしい物の様な気がしてくる)
        …ふっふふ…レアンドロ、ボクの…声で、こうなったの?(ぐいっと身を寄せ、耳元で意地悪する様に) -- サイカ 2018-11-30 (金) 00:49:48
      • な、なんか…ヘン、かなー?(サイカの反応が、どんな意味だったのか分からず)人のとは、ちょーっと違うかもだけど…
        (下着を下ろせばはっきり分かるが、根元にコブのような膨らみがあり)ぇ……あ、あと、匂いも…っ(耳元で聞こえる声に、ぞくぞくと身を震わせ) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 18:56:07
      • …大丈夫、変じゃないよ?レアンドロはこうなったら、何時もはどうしてるのかな…ボクに教えてよ…♪(そのままレアンドロの理性を溶かす様に囁きながら…片手でそっとレアンドロのソレを摩りあげ) -- サイカ 2018-11-30 (金) 20:29:03
      • それを、言うのぉ…?(羞恥心で頭の中が一杯になりながら)んと、四つん這いになって…手で、その…ちんちん、握って……弄るの…っ
        ひゃっ、ぁ…っ(サイカの手が触れると、腰が軽く動いてしまい) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 20:44:28
      • (レアンドロの事情を聞いていれば、なんだか嗜虐心が沸いて来る物で…既に両目は赤く、普段は見せない積極性を見せてしまう)
        ふぅん♡…レアンドロったら、まだまだ子供なのに…そーいうの得意なんだ(そしてレアンドロの性器をゆっくりと扱き上げるように手を動かし)
        (実戦経験は皆無だが、知識はそれなりに持っているのか、顔を赤くしながらもそれを刺激して) -- サイカ 2018-11-30 (金) 20:52:35
      • サイカ、ねーちゃ……その目…(いつもと違う色に気付くと、不安と心配の入り混じった声で)ん、それはぁ…
        ファミリーに、来る前に…いろいろあって……ん、うぅっ…(自分の手と違う柔らかさに、あっという間に先走りを垂らし始め)
        だから、気持ちいーの……すきぃ…(だらしなく舌を見せ、呼吸も荒く。何だかんだで犬科な様子) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 21:05:34
      • (その目、と言われれば…普段の緑色の目ではないそれは、まるで別人の様ですらあり)
        …キミが、悪いんだぞ…っ、今日来るから…っ♡今日は、ボクは気が立ってたんだ♪
        あはっ…だって今日は、何人も殺したから…♡レアンドロ、我慢しないで良いよ?キミの恥ずかしい所、ボクに見せてよ?(先走り液をぬるぬると先端に絡める様に手を動かせば、少しだけ強く握り) -- サイカ 2018-11-30 (金) 21:18:47
      • や、やっぱりあの時…邪魔しちゃったから、不完全燃焼ー…?(中断せざるを得なかったとしたら、若干悪い気もして)
        サイカねーちゃんも、いっぱい殺すと…どきどきしちゃうんだ、ね…? ボクも、ちょっと…そーゆーとこ……ある…
        や、ぁっ……出て、きちゃうぅ…!(自分からも腰を突き出せば、粘液まみれの先端がぷるんと皮から出て)ひ、ぅっ…! -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 21:25:22
      • …うん。沢山、ドキドキして…もっと、もっとって思っちゃう…でも、ダメ…人を殺したら、気持ち良いけど、ダメ、だよ…(はあはあ息を荒げ、はたから見ればどう見ても様子はおかしいが…気を静めようとしている様子で)
        (本来なら此処までは見せる事はないのだが…レアンドロはこの先、自身の部下になるかもしれない子だ。いずれ同じような事はきっと起こるだろう。そうなった時の為に、自分を多少知って貰いたいという思いもある物で)
        レアンドロ…きっと、この先も…こう言う事があるかも、しれない…その時は、ちゃんとボクから、逃げるように、してね?(今度は優しく、そして少しだけ申し訳なさそうに言えば…自らの手の中で反応する少年のソレを、ゆっくり大きく扱き)
        …かわいい♡ -- サイカ 2018-11-30 (金) 21:53:52
      • (衝動を理性で押さえ込もうとしている苦悩が、ちらりと見えて)んと、さ…そしたら……もっと違う事で、いっぱいどきどきしよ…?
        血でぬるぬるになるよりー、違うので…ぬるぬるってする方が、きっと楽しいし…ふ、ぁっ!
        逃げる、なんて……できるのかなー…(少なくとも、今こうなってしまえば状況から、快楽から逃れることはできず)
        さ、サイカねーちゃ…んっ、もぉ…… だ、だめっ(出ちゃうから、と言い終わるよりも前に、作られ始めて間もない白濁がぴゅるっと溢れて)
        く、ぅぅん……っ!!(根元のコブが脈動にあわせてどんどん膨らみ…射精も収まる様子がなく、人のそれと違って長く続く) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 22:07:51
      • 逃げなかったら、またこうなるって事…っ(くすっと笑い、そしてレアンドロの射精が始まれば)
        わっ…わ、ぁ……すご、…沢山、でてる…(知識や動画でなら知っているが、実際体験するのは初めてなそれに…本来なら恥かしくて死にそうになる様な行為だとしても、昂ぶった体と感情の前では正当化される物で)
        ふふっ…気持ちよかった?(そんなレアンドロを見ていれば、ゆっくりと目の色が緑に戻っていく) -- サイカ 2018-11-30 (金) 22:35:07
      • (体勢的に落ち着かない様子だが、蕩けきった表情で腰を小さく揺らすさまは、明らかに快楽に溺れきっており)
        ん、はぁ……っ、きもち よかった…(カップ麺が出来上がりそうな程の時間が過ぎた頃、ようやくそれも収まり)
        ……じゃあ、ボク…逃げないよ。サイカねーちゃんがつらい時は、助けてあげなきゃ…自分でもどーにもできない事は、誰かに頼っていいって…教わった。
        (真面目に言ったつもりなのだが、余韻に蕩けきった表情で股間丸出しで言うとイマイチ説得力に欠ける) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 22:45:21
      • (理性が戻ってくれば、やっぱり恥かしくて少し俯くも…それでも、レアンドロの言葉に)…レアンドロっ、こんなの丸出しで言う台詞じゃないっ(照れ隠しのように言って…ぎゅっと抱きしめ)
        でも…キミが…何時かスーツの似合う男になったら、その時は助けてもらおうかな…♪(なんて言って)
        ふふっ…今日、泊まっていきなよ。レアンドロ(抱きしめたまま) -- サイカ 2018-11-30 (金) 22:59:43
      • そ、それもそーだけどっ…わうぅ……ティッシュどこー!?(しまおうにもまず拭かねば、と思ったところで抱き締められ)
        将来イケメンになっちゃうからねー、そしたらもっともっとサイカねーちゃんの役に立てるよーに…なるんだ。
        んぅ、いいのー…? じゃあ、ちょーっと疲れちゃったし…お言葉に甘えちゃおうかな…えへへ(遠慮がちに抱き返し、尻尾を振った) -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 23:04:58
      • うん。…楽しみにしてる(そのまま、レアンドロを撫でれば、幾分衝動は落ち着いたのか)
        アハハ、良いじゃん。丸出しで♡かわいいし〜(悪戯に言う。そして私室のベッドで衣服の乱れたままのレアンドロをだ抱いたまま…その日を終えるのでした!) -- サイカ 2018-11-30 (金) 23:32:01
    • ///はーい、なんか無理矢理襲ってるみたいで申し訳ないですね! -- 2018-11-30 (金) 00:44:15
      • //せっかくなので好きなようにやってしまっていいんだ! -- レアンドロ 2018-11-30 (金) 18:58:00
  • お嬢、海遠征の話は聞いておられます?
    レースの罰ゲームとして俺が出資する事になりました、なのでよければふるってご参加ください -- 彼崎 2018-11-28 (水) 20:36:37
    • 当然…っ!ボクはこの夏に…人生をかけているからね!(行く気マンマンだぞ!)
      …と、出資ならボクもしたのに。大丈夫なの? -- サイカ 2018-11-28 (水) 21:43:12
      • 人生を…何か一大決意と行動でもされるのですかね?…手伝い必要ですか?
        大丈夫です。年金暮らしの爺から貯め込んでいる年金を毟り取る予定ですので
        財源管理も仕事のうちですからその辺はご心配なく -- 彼崎 2018-11-28 (水) 21:55:40
      • もー、彼崎兄ぃはわかってないね!夏と言えば…女の子の戦場なんだよ?手伝いはいらないよ!?
        えっ…それ大丈夫って言わないんじゃ…?(サイカは訝しんだ) -- サイカ 2018-11-28 (水) 22:32:14
      • そういうもんですか…?良く分かりません(言いつつ眼鏡の位置を直し)
        ああ、失礼。比喩です…実際は糞みたいな奴から毟り取るんで安心してください(悪い顔) -- 彼崎 2018-11-28 (水) 22:38:38
      • …兄ィ、悪い顔してるよ…(うへーっとして)
        ま、ともかく。それなら兄ィにも感謝しないといけないね。兄ぃもボクの水着、楽しみにしててよー(浮かれオーラ) -- サイカ 2018-11-28 (水) 23:41:48
      • これも組織の為ですからね。ふふふ…
        楽しみに…?たっぷり見てくれという事ですかね、お嬢
        大胆だな… -- 彼崎 2018-11-28 (水) 23:45:12
      • べっ、別に、大胆と言う訳じゃないけどっ?
        でも、ほら、折角の夏だしぃ…ボクだって女の子然としたいと言うか〜…なんか、そういうのって良くない? -- サイカ 2018-11-29 (木) 00:09:12
      • お嬢の気持ちは嬉しいですが、俺には心に決めた人がっ…
        …冗談ですよ、冗談(眼鏡の位置を直し)
        お嬢なら何着ても似合うとは思いますが、何着て来るかは非常に楽しみですね
        ですんで楽しみに待たせていただくとします -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:16:55
      • …兄ィの冗談はわかり難いよ…(我が義兄ながらと溜め息をつく妹)
        で、でも、そんなに過激な奴…とかじゃないからね?普通の、そう…普通の水着っ(こくこくと頷く) -- サイカ 2018-11-29 (木) 00:21:47
      • やはり駄目ですか…難しい(難しい顔)
        ええ、楽しみにしてます。お嬢がそれを着て姿を現した時に呆けた表情をした男達の数を数えて後で報告もしましょう
        さて、では今日はそろそろ。当日は楽しみにしてますので、では…(言って出ていく) -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:30:37
  • すまん。(サイカの部屋に入って開口一番。緑髪の男が頭を下げて謝罪した 急な展開である ハローの顔には後悔と罪悪感が浮かんでいた)
    ……幹部だからって。お前の過去に興味持って調べちまった。(簡素に、雑に。謝罪の理由を述べた)…腹ン中落としとくのが嫌で、こうして謝りに来た。……それもすまん(改めて謝罪) -- ハロー 2018-11-27 (火) 19:43:57
    • わーっ!何で急に部屋のとびらあけたー!?(仕事明けなのか、薄着だ!一瞬顔を赤くするも、急な展開に)
      えっ…?(謝られれば、恥かしさよりもどうかしたのか?という思いに駆られる。そしてその理由も…)
      ………別にキミが謝る事じゃないじゃん、それは。ボクの過去に興味を持ってくれたって事でしょ?(ふうと溜め息を一つついて) -- サイカ 2018-11-27 (火) 22:09:40
      • ……(サイカのツッコミにも応じない。結構なショックがあったのだろう)…俺は、過去に失った人間だけど。それを自らの手で…やる、ってのは…いや…(上手く口が回らない。それほどショックだったのだろうか)
        …興味がなかったって言えば嘘になるが。調べなきゃよかった、って今は思ってる。…反転衝動、っていうのか?お前のそれ…そっちの仕事をやってる理由はそれなのか? -- ハロー 2018-11-27 (火) 22:13:56
      • ……ボクはお母様が大嫌いだったよ。何時も真っ赤になって帰ってきて…淫売の様に乱れて……あの女は醜悪だ。自分の為に他者を平気で害する事の出来る悪魔だった。だから因果が回ったんだ
        …でも、あれから…ボクは、お母様の気持ちがわかるようになったんだ。…ああ、キミならもう知っているんでしょ。その通りだよ…ボクは……誰かを殺さなきゃ、今のボクではいられない。疼くんだ、殺したい、壊したいって…殺すのは気持ち良い、壊すのは楽しい。止められないんだよ。どうしても…!
        ボクはこういう人間なんだ!失望しただろ?キミ達みたいに、平和の為にやってるんじゃない…!ボクは…ボクはっ……(知られてしまった。それも知られたくない人間に…その事実は、溜め込んでいた感情を吐露させ) -- サイカ 2018-11-27 (火) 22:35:20
      • ……(暴力衝動と性的衝動か。…)……俺には母親ってのがいなかった。…だからサイカの気持ちは、正直わからん。…大切な親友は、いたけど。
        ……(まるで懺悔室のような空間。己の罪を嬉々として話す様子に。胸が痛む…同じような様子を、麻薬に蝕まれたスミレが言っていた。それに被る だが だからこそ)
        …いんや?(失望しただろ、という問いには。雑に否定の言葉を返した)…別にいいんじゃねぇかな。俺だって殺したことはあるし。麻薬組織見つけたら疼く。いい女見つけたら抱きたくなる。同じようなもんだろ。(白々しいほどの呑気な言葉。すべて雑な口調である分たちが悪い)
        …それに。俺はサイカのそれ以外の面も知ってるし、な。…過去を知ったことは悪いなって思ってるけど…サイカに失望することは、ないかな。俺は。(ふっと笑顔すら見せて) -- ハロー 2018-11-27 (火) 22:41:20
      • …っ(何故?何故、この男は自分を否定しないのか?自分は…母親も、自分さえも否定して、否定し続けているからこそ、此処にいられるのに)
        ……なんで…キミは…っ!全然そんなの、同じじゃない!
        キミは、ボクを認めちゃいけない!そうだろ?!平和を守るのがキミ達だろ!ヒーローだろ!!それが、ファミリーだろ…!!なのに…どうして…そんな事言うんだよッ!(視線を彼に向ければ、笑っていて…何時もああやって笑って、人の気持ちを掻き混ぜていくんだ。眩しくて、自分とは真逆の人間)
        (真逆の人間は消して交わらない。交わったとしても、そこには争いしか生まれないからだ。…それが道理の筈なのに…) -- サイカ 2018-11-27 (火) 23:07:07
      • ……(タバコが吸いたい気分だ。ぶつけられる感情、それはサイカの本心なんだろう。時折零れるそれが、初めてすべて曝け出された様に感じた どこか高揚にも似た罪悪感も抱えながら、零す言葉は)
        …俺は誰も零したくない(ハローの根本にある想い。そして)…今、サイカが言ったことが…お前の気持ちの裏返しなんだって思う。自分のことを全部納得してるなら、そうはならない。だろ?
        …納得しないと、自分は闇に生きないと…って思ってても、お前の本心はそれは嫌だ、辛いって思ってる。それを抱えて生きてるサイカが…俺は好きだ。
        だから、サイカが…(ふっと笑って)…そうして叫ぶ限り。俺はお前を認めるよ。お前のことは、絶対に否定しない。サイカはそれでいいと思うし。失望もしないし。…サイカの仕事が、ファミリーのためになってないとも、想わない。 -- ハロー 2018-11-27 (火) 23:13:20
      • …あはっ…アハハハ…ハロー、キミは…馬鹿だ。大馬鹿だよ…そんな理想、叶えられる訳無いじゃない…(彼の認めるよ、という言葉に…少しだけ、この夜の世界に居場所を見つけられた気がする思いになる。そうだ、自分はずっと…この夜の世界に、自分の居場所が欲しかった)
        (積み上げてきた骸の山と、奪い取ってきた幾多の未来の上に、今の自分が居る。それはけして認められる事じゃないし、肯定して良い事ではない…その思いは変わる事は無い。それでも、彼の笑顔に幾分か救われた気持ちになる)
        …あーもうっ、いいよ。ばかっ(むしゃくしゃと頭を掻き毟る。髪はボサボサになったし、良く良く考えれば今は薄着だった。しかし今ならそれも些細な事に感じる)
        それで、謝りに来ただけ?ほんとに?(むーっとしながらも…少しだけ、彼との距離が縮まったきがする) -- サイカ 2018-11-27 (火) 23:35:12
      • (その言葉には、彼らしい人を食ったほうな、にへっとした笑みを浮かべて)…確かに理想論で、叶えられるもんじゃないかもだけど。だからやらないってのは俺の辞書にはもう、無いかな(肩を竦めた)
        …もういいか。悪ィねェ(こちらも砕けた口調に戻り、微笑んで)ん…いや、ホントのところはマジに謝りに来たんだけどねェ。…そういや事の発端はこれだ(懐から取り出す、前にサイカから貰った銀製のペンダント)
        これの中の錠剤、効果が気になったんで…成分を調べてねェ。したら血が混ざってる、っていうからサイカのかなって思って…調べて、で過去を知るに至ったわけ。……もしかして、これ飲むと俺も狂化するのか? -- ハロー 2018-11-28 (水) 19:27:43
    • わー無粋、わざわざ調べたんだ?(ジトーっとした目でハローを見て)
      そうだね。一時的にではあるけど…身体能力や感覚を極端に上げられるドーピングの様な物だ。勿論、代償は少なくないだろうけど…死ぬよりはマシでしょ。
      効果を説明しなかったのは…怖かったんだ。キミに嫌な顔をされると思った。それでも、渡しておきたかったんだ…調べたならもう知ってると思うんだけど…ボクの一族は古くから続く殺し屋の一族なんだってさ。ボクも、詳しい事は良くわからないけど…
      前に…キミにも少し見せた能力。ボクの能力は硬質化といったけれど、本来はそうじゃない。(そう言って、机の引き出しから拳銃を取り出せば…以前とまったく同じ様に、ハローに差し出して…「撃ってみなよ」と) -- サイカ 2018-11-28 (水) 20:36:23
      • …万が一の時に使う薬の効果を知らないままでいられるか。俺の仕事は確率を100%にすることなんだよ。…だから謝りに来てるんじゃねぇか(所在なさげに目を逸らして)
        ……ドーピングか(そもそも。正しい意味での薬以外にあまりいい想い出はないハロー。少し呻るが…サイカから貰ったものを否定はしない。さっきもそういった…し)
        …いや。薬嫌いの俺に渡すくらいだからよっぽどなもんだとは思ったけどさ(説明を貰えたのであれば意味が変わってくる。サイカがそれだけ気を許してくれてるという想いと、多少の罪悪感を抱えて)
        若干麻薬っぽい薬という点で嫌な顔はするけど、サイカの血って部分に嫌な顔はしてないからねェ(机の引き出しから出された拳銃を見れば…いや。信頼がおけない)…俺の拳銃でいい?音も立てたくないし(サプレッサー付きの拳銃を懐から取り出して) -- ハロー 2018-11-28 (水) 20:57:51
      • ボクだってキミに使って貰いたくて用意した訳じゃない…でも、キミがもし窮地に陥って、その時…ボクが何もしてあげられなかったと思うのが嫌だったんだ
        …好きにして良いよ、この際だからこの力も、キミにちゃんと見せておくよ(そう言って、両目を瞑れば…何時ものように椅子に腰掛け、足を組み) -- サイカ 2018-11-28 (水) 21:39:04
      • …(ふ、としょうがないな、とでもいう風に笑顔を作る)…ホント。お前ってそういうところあるよな。…後ろにお前がいるってだけで力になってるんだけどね、俺の。
        (好きにしていい、と言われれば)…そうか?じゃ、遠慮はしないぞ(異能の籠った拳銃でサイカを狙う。これでこいつに銃口を向けるのは二度目だが。…今回は『想いを込める』。)
        (絶対に貫くように、なんて想いを込めたらその通りのことが起きるのか?サイカの異能と争うのか?…なんて、ありえない過程を考えるのはやめた。どうせぶつける想いなら、本気の俺の想いを)……受け止めろよ。(受けてもらおうじゃないか)
        (…『絶対に当たる。当たったら俺がサイカに感じてる、感謝と敬意と好意が全部筒抜けになる』というクソ重い『想いを込めて』。ぱす、とサプレッサー特有の軽い音を立てて、サイカの胸元に銃弾を放った) -- ハロー 2018-11-28 (水) 21:47:17
      • ボクは罪を背負っても…後悔はしたくないんだ(ふっと、笑って)
        (ハローの向けた拳銃から、銃弾が放たれる。…異能。それをそう形容して良いかわからないが、超発達した感覚は、目を瞑ったままでも放たれた銃弾の軌道が手に取る様に理解出来る。本来なら反応出来ない程の速度のそれすら、まるで止まっているかのように感じる)
        (腕を動かせば、筋繊維は断裂を起こしながらも、そんな弾丸の速度にすら対応出来る。止まっている銃弾を指で抓み…そのまま砕く事すら可能なのだ。…途轍もない威圧。生物の本能に訴えかけるそれは明確に、鮮明に、まるで第6感の様に、そんなイメージをハローに飛ばす)
        (しかし……災禍は一つ嘘をついた。能力の行使を…しなかったのである)
        …っ(ハローの思いは確かに胸に届く。その想いに、嬉しいやら恥かしいやらで。…そして照れ隠し。キミの思いは、少しボクには重過ぎるかな、なんて…心にも無い事を思ったり。そんな自分になんだかおかしくて、苦笑が漏れる…そしてハローの放った銃弾は、その胸を貫いたのであった) -- サイカ 2018-11-28 (水) 22:21:56
      • (ある程度予想はしていた。真の能力を使うということは……硬質化を使わないかも、という予想。あらゆる可能性に思考を伸ばすハローだからこそ、この光景を見ても取り乱すことはなかった)
        (それでも。目は見開かれ、サイカの胸に裂く赤い血の薔薇に……苦虫を噛み潰すような顔。本当は目を逸らしたかった。だが、「それだけはやっちゃいけない」。…見るんだ。そうじゃなきゃ意味がない)
        ……前にさ。(苦笑と共に口から血の筋を零すサイカに近づき。頬に手を添えて)…レアンドロに、同じよーなこと言われて、そんでアイツは俺に力を見せた。人狼の再生力を。
        …頭に5発、銃を自分で撃ち込んでも治っちまった。僕は化物だ、なんて言って思春期特有のアレだったんだけど。そん時俺、なんて言ったと思う?
        「お前が自分を化物というなら、サイカのことはどーすんだ」だぜ?…どんな力があっても、驚きこそすれ、否定はしねーよ。…痛かったか?(悪ィな、と。サイカの真紅の瞳を覗き込み、雑な口調で謝った) -- ハロー 2018-11-28 (水) 22:31:39
      • ア…ハハ…(覗き込まれれば、瞑っていた目を開く。目は何時もとは違い、深紅のものへと変わり…彼を感じる。この胸の痛みが、彼を伝える)
        …ふふっ、気持ち良かった。…もう少し、動揺してくれると思ったんだけどな?(そのまま、ぐっとハローを抱き寄せるようにして抱きつけば、それは、穴の開いた筈の心臓は動き出し、胸の傷も塞がって行く様を伝える。狂化による超再生だ。)
        (そして抱きついた先、ハローの耳元で。)
        …ボクの過去を調べた無粋なキミにちょっとだけ、お返しだよ(なんて囁くのでした) -- サイカ 2018-11-28 (水) 23:29:48
      • …あっ(ふいに抱きしめられる。…不意を取られる辺り。相当動揺しているのが丸わかりだ。なぜか?…抱きしめられたハローの心臓、恐ろしい速度の早鐘を打っているから)
        …馬鹿。(震えそうな声を強い意志で留めて。腕を回して抱きしめ返す)…お前の前で動揺なんてできるかよ…言ったろ?お前のことを認める、って。(傷が治っている様を、視覚と触覚で記憶した …「覚えた」。そこの罪悪感は、変わらないまま)
        ……あんまりびっくりさせるなよ。泣きそうになるからさ…(…だからもう少しだけ。サイカの体温を感じていたい。愛おしいものに触れるような手つきでサイカの髪を撫でた)
        (その後、若干ぎくしゃくした風になりつつ。仕事に戻るわ、と赤い頬を片手で覆い隠しつつ。サイカの私室を後にするハロー君でした) -- ハロー 2018-11-28 (水) 23:37:24
  • ソレで レースクイーンの衣装はモウ着ないのデスか?
    レースに夢中で普通に見逃していたのデスがー ザンネンザンネン -- ガアラ 2018-11-27 (火) 23:42:30
    • わっ、ガアラ…キミがボクの所に来るなんて珍しいね?…む、むう、普段からあんな服着てたら、痴女みたいなものじゃないっ?!…見たいの? -- サイカ 2018-11-27 (火) 23:53:11
      • おやり 反応を見るニ 押せば着てクレルでしょうカ? ネ?
        ああ ワタシはとんでもない 罪過を背負わされているのデス (カメラをすちゃり) -- ガアラ 2018-11-27 (火) 23:58:27
      • ま、まあ?見たいって言うなら、だけどっ?(すっとガアラに差し出されるのはジンジャエールとチョコパイ…その間にフロアの主はクローゼットの方に。そして)
        と、特別にね、折角衣装も用意したんだし!(ちゃんと着替えてガアラの前に) -- サイカ 2018-11-28 (水) 00:03:18
      • ソレハもちろん 見たいに決まってイルのデースっ ヤッター (チョコパイもぐもぐ) いえーい
        オーウ 特別なのでーすネ! 頑張りマース!ヨ (クローゼットを出るあたりからじーっとカメラを回し始めて)
        (ずいずいと接写中) ハイ かるま値ががんがん上がってる感マックスなのデス くっ あの時ドボンさえしなければこんな事にハー
        あ 目線とポーズクダサーイ  -- ガアラ 2018-11-28 (水) 00:13:40
      • あっでもそのカメラ…流通させちゃダメだからねっ?(と言っても相手は同性…それも年下で無害そうなガアラ!なんとなく何時もより大胆になれる気がする!と言う感じで)
        お、お…こ、こうかな?(カメラに向かってセクシーな感じでポーズをとって目線を) -- サイカ 2018-11-28 (水) 00:22:42
      • はーいはい それはダイジョーブですネ この後ちょっとほっぺにちゅーシテ? マート姐サマに提出するダケなのでっ
        オッケーでーす b ヨイよー よいヨー やっちゃっテルよー
        ハイ カメラの向こう(マートさん)にちゃんとご挨拶シテー  -- ガアラ 2018-11-28 (水) 00:28:48
      • えっ、キス?!あっ、えっと…はーい、見えてるー?ボクは元気でーす☆今日は…よろしくお願いします♡(流されるままにカメラにアピール!…NTRビデオ見たいな雰囲気に!?)
        …ガアラ、説明! -- サイカ 2018-11-28 (水) 00:38:17
      • はいデス! (敬礼) 諸々ドボンの命令権でほっぺにちゅーしてこいとマー姉さんに言われマシテっ
        現在目下証拠提出ノ映像を鋭意撮影中でありマース です ハイ
        チューしてイイ?  -- ガアラ 2018-11-28 (水) 00:43:17
      • ははぁ、なるほどねぇ〜…マート姉様も中々ブラックな事を…(とは言うも、ガアラのストレートさに)
        うっ…仕方ない、許可しますっ!(流される姿勢で!) -- サイカ 2018-11-28 (水) 00:47:07
      • ソウです ソウです これは仕方がナイ事なのデス
        何ゴトも? ソノ命令を下した者ノミが罪を被るベキなのデース (ほっぺにチューっと)
        おあしす おあしす -- ガアラ 2018-11-28 (水) 00:54:48
      • (ちゅーっとされると…ガアラの唇は思ったよりも柔らかく…そもそもそんな事をされたことが無い人間にとってはなにやら複雑というか、ガアラなら大丈夫と思ったけれど意外と意識してしまい)
        うう、ボクもうお嫁にいけないよ……ガアラ、責任とってくれる?(ガアラをがしっと掴む) -- サイカ 2018-11-28 (水) 01:09:27
      • おや? 聞いていまシタ? 責任はマートあね様にあるんデスけど? (がしりと掴む手をつんつん)
        えーえーえー ドウしよっかな
        ン… 幸せにしてくれマスか? ネ? (くいっと顎をあげてキス待ち顔) -- ガアラ 2018-11-28 (水) 01:18:45
      • こういうのは実行犯にも責任があるんだっ!…約束する。ボクがキミを幸せにしようっ!(両手をそのままガアラの胸に当てようとしながら) -- サイカ 2018-11-28 (水) 01:21:25
      • くっ このままでは責任の無限ループに… 責任がぐるぐる回ってグールグール
        あっ それもいいカモしれないナー (悔しそうに両手を受け入れる体制で) -- ガアラ 2018-11-28 (水) 01:32:59
      • ふふっ!バカめガアラっ!悪いキミにはお仕置きだよ!(さっとガアラの後ろに回れば、そのまま服の上からガアラの胸をふにょんふにょんと触るぞ!振りほどくなら今だ!因みにばっちり撮影中だ!) -- サイカ 2018-11-28 (水) 01:36:53
      • あ〜レ〜 コレが断罪ナラバ甘んじて受け入れマッしょう (ふにょられながらお祈りポーズ)
        ツいでにでいいんで マートさんの罪もお許しくだサー あっ あっあっあっソコはだめデス 反則なのデース
        くふっ くふふふ あははははははっ 許しテー -- ガアラ 2018-11-28 (水) 01:44:57
      • ほらほらガアラ〜、キミの弱い所は何処かな〜?此処?それとも此処〜?(ふにょんふにょんと触りつつ…いやらしく乳首を探す手つき)
        くふっ、ふふふっ♡(マート姉様…みてるか…これが姉様が差し向けた刺客の末路だ!!)
        ふぅ…しかたないですね。赦します(ゆるした。ぱっと手を離す) -- サイカ 2018-11-28 (水) 01:52:59
      • ヤッター ヤッター 許されたデース (ふやふやぱたーんと) 許されましたヨ マートさん
        実際だいぶ前に任務は達成されているのデス 任務完了 b (勝手にベッドを借りて陣取り)
        お休みなサーイ デス (ぐうぐう) -- ガアラ 2018-11-28 (水) 02:00:44
      • ふふっ、オヤスミ、ガアラ(ガアラにベッドを占領されれば、くすくすと笑って…ふかふかの布団をかけてやり)
        …(暫くそんなガアラ…妹の寝顔を眺めていたのでした) -- サイカ 2018-11-28 (水) 02:08:48
  • ごきげんようサイカさん。(部屋に訪ねてきて、まずは挨拶をして)
    ……いやぁ、最近随分と世の中が動き回ってる気がしますねぇ(困ったように肩を竦めながら) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 02:58:19
    • (ティアナが部屋を訪ねてきてもこのフロアの主はその存在に気づかず)
      …皆おハロー!サイカだよ〜♡(なにやら鏡に向かってかわいいポーズをとっている様子だ!) -- サイカ 2018-11-27 (火) 03:11:49
      • ほう。(入ってきた直後に可愛いポーズを取ってるサイカの姿を認めれば)
        おっハロー!ティアナですー♡今日はぁ〜2人のライブに来てくれてありがとー♡(勢いで部屋の中に飛び込んでそのノリに全力で乗っかる事にした) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 03:14:32
      • 今日は〜、ボクのチャンネルに…来てくれた…みん…………(隣を見て、鏡を見て、また隣を見れば)
        …(つかつかとクローゼットまで歩き、無言ですっとスーツに袖を通し)
        (偉そうな幹部っぽい椅子に座って足を組む。そして)ティアナ、良く来たね、どうかしたの?(引きつった笑顔で、友人に) -- サイカ 2018-11-27 (火) 03:30:46
      • ……(にこっ、と視線を向けるサイカに微笑んで。その笑顔は崩す事無く保ったままその動きを見つめる)
        (無言でスーツに袖を通して、椅子に座って足を組む。口を開くまでその笑みを絶やさないままで)…ええ、最近世の中が知らない間にどんどん動いているなと思いまして。この辺りで起きてる事に対しての対応はどうしてるのかなと思いやってきたのですが。
        チャンネル登録、高評価、後は呟く奴とかでみんなに知らせて貰えるといいですねぇ(少し生暖かい視線である) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 03:46:25
      • ああ、その事か…そうだねぇ…ボクにはあまり直接的な情報は入ってこないんだけど
        ただ最近なら…やっぱり一番大きい動きといえば吸血鬼、関係の話だろうか。どうにも全面抗争という形になったみたいだね…近々西の方に攻め入るのだと。…ま、ボクはお留守番だけどね
        ………ティアナ、ティアナ…幾らほしい? -- サイカ 2018-11-27 (火) 04:24:42
      • 吸血鬼…やはりそこですか。(一番大きく入ってくる情報としてはそこだろうなと思っている様で、途中までは半信半疑だった筈だがやはり気になる)
        (で、形だけでも聖職者である自分に何も無い辺りにやはりちゃんと聖職者らしくすべきか…?と今更思ったりもしながら)あれ?そうなのですか。…サイカ先輩が通用しないはずは無いと思うのですが。
        (うーん、と腕組み考えてると)……幾ら、というのはどういう意味でしょうか? -- ティアナ 2018-11-27 (火) 04:31:57
      • この町を守る役所も必要だろうって、さ。ま、詳しい話はそれこそハローにでも聞くと良いよ。確か…フェルモの倉庫に対策となる武装も一通り集めてあるらしいし
        後は…そうだね。モレッティ兄のシマで最近、無断で粗製拳銃が流通しているみたいだね。こっちは確かレアンドロが動いていたと思うけど…
        ……さっきのは、見なかった事にして…ほしいな…って!(ア、アハハーと笑って) -- サイカ 2018-11-27 (火) 04:57:35
      • (つい2人だから昔の呼び方に戻ってしまったのは、さっきの光景を見て僅かながらに動転してるからだろう)
        またハローさんが…いい加減ハローさんが過労死してもおかしくないとも思いますが。とりあえずフェルモさんの所に対抗できそうな武器とか道具持ってけばいいんですね
        …粗製拳銃、そんなの回ってたら色々厄介な…私の動きではちょっと役立てそうにないですが(頭には入れておきましょうと思い)
        …さっきの、というと。「皆おハロー!サイカだにゃん♥(手で猫っぽい動きをしながら)」ってやってた辺りからですか? -- ティアナ 2018-11-27 (火) 05:03:15
      • 時期に大きな抗争をするという話だよ。…何か良い物があるなら、皆が遠征にいく前に持っていくと良い
        ………(そして、ティアナの仕草に顔を真っ赤にして、机にうつぶせになって)
        ち、違うんだティアナ〜、聞いて!まず聞いてよ!あとにゃんまではいってないっ! -- サイカ 2018-11-27 (火) 05:16:23
      • 聖水で泥団子でも作って投げてもらいましょうか…(そしてこの発想である)
        (ポーズを解かないまま、目の前で机にうつ伏せるサイカの姿に)違うも何も…じゃあどうしてこんな事してたんですかにゃん♥確かレースでドボンしたとかそういう訳でも無かった気がするにゃん♥
        …とりあえず聞かせてもらえますか? -- ティアナ 2018-11-27 (火) 05:20:27
      • い、意地悪ぅ……(うつ伏せから顔をあげればティアナを見上げて)
        …マート姉様が…バーチャルアイドルになって動画をとれば男共もイチコロじゃ!とか言うから…それでちょっと、出来心というか…
        ボクでイチコロに…?見たいな好奇心が、というか…で、でも動画はとってないよ!本当だよ!恥かしいし、そんな事出来ないし… -- サイカ 2018-11-27 (火) 05:43:54
      • …意地悪かどうかは置いとくとして(横に置くジェスチャァ)
        いやあ…バーチャルなアイドル、なるほどー…。いや、バーチャルなアイドルだったらサイカ先輩の姿にイチコロになるかどうか分からないんじゃ?(ガワが変わりますよね?と首を傾げて)
        ……とりあえず私から口外はしませんけれど、そもそもサイカ先輩は男共をイチコロにしてモテモテにでもなりたいんですか? -- ティアナ 2018-11-27 (火) 05:50:18
      • う〜ティアナぁ〜(幹部としての顔なんて微塵も無い)
        い、一応、ほら、ユーチューバーアイドル、みたいな…うっ、そうストレートにいわれたら…
        そりゃあ、ボクも女だよー?モテモテにはなりたい…! -- サイカ 2018-11-27 (火) 05:59:33
      • サイカ先輩…ほら、お茶とか呑んでとりあえず一旦落ち着きましょう?
        ちょっと正面から行き過ぎましたね、正直な所そのまま…あ、いえ……少し絞ったら十分イケると思うんですけどね?
        手っ取り早く男に声をかけられたいのなら私みたいな格好すればすぐですよ?質を問わなければですけれど。…もっとも、立場的に一時的にモテても続きませんよ…(格好の割にまともな事しか言わないやつである) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 06:09:15
      • (ぐさっ、ぐさっという効果音がなる)ぐっ…わ、わかってるよ〜。。。それに、べ、別に…本当にやるわけじゃないもん…(恥かしそうにいいながらも、後輩にもじもじと)
        ティアナはそういう格好してるけど、やっぱり言い寄ってくる男とか居るの? -- サイカ 2018-11-27 (火) 06:19:24
      • もし本当にやってたら何食わぬ顔でファンの一人になって混じってますよ?…全く気持ちが分からないでもないですしね(もじもじしてるサイカに肩を竦めて)
        質を問わなければ…ですね本当に。まあ男以外も寄ってきますけどね、ミューザーさんとか。…先輩は、堅気の家で生まれ育ちたいって思ったことありますか?(唐突な質問) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 06:29:16
      • も、もう〜、ティアナったら!…アハハ、そういう言い方だと、ミューザー姉様が質が悪いと言ってる様に聞こえるよー?
        ん…そうだね、そう思う事もあるよ、当然……でもそれは、叶わない望みって奴じゃないか。ボクはきっと堅気の家に生まれたとしても、今と変わらないとおもう。生き方はきっと、選べないんだ -- サイカ 2018-11-27 (火) 06:57:55
      • やりたいというのなら私は応援しますよ、サイカ先輩?(と、笑って見せたりしながら)おっとこれはいけないです。…まあ、ミューザーさんは男性の区分に入れるかどうか…なので大丈夫でしょう。
        …環境が違えば、変わってくる物だと思いますよ?それに、一人で変えられないのなら他を巻き込んでみたって良いと思います。まあ生まれは選べませんが。…サイカ先輩は、今はこれからどうしたいかって、そういう漠然としたものはありますか? -- ティアナ 2018-11-27 (火) 14:28:10
      • やらないです〜。恥かしいですし〜。…ミューザー姉様は良い男だよティアナ。…いずれファミリーを背負って立つ人間さ(そしてティアナの言葉に)
        …じゃあ、ティアナはボクが人殺しが楽しい、と言えば…どう思う?(ふと、そんな事を言い)
        難しい事を聞くね…ボクは…平和に暮らしたいよ -- サイカ 2018-11-27 (火) 16:51:31
      • 分かってますって。でも変わるならいっそそれくらいが必要なのかもですし…。…そう言う事ならしばらくはミューザーさんの様子を視て過ごしましょうかね。
        ……別にどうとも思いませんね、楽しもうが辛かろうが…それだけならば、そうなんですねとしか言いようが無いですし(思ってた以上にドライだが)
        …ただ、泣いてたりすれば気にしますし、手を差し伸べる位ならどんな手を使っても掴みますね。……あくまで、私に出来る範囲で…って制限付きですけれど。
        両腕限界まで広げて手伝いますよ。では、ごきげんよう…失礼しますね、サイカさん。(それだけ告げれば立ち上がり、普段の呼び名へ切り替えて帰っていく) -- ティアナ 2018-11-27 (火) 20:40:01
      • そっか…良いな、君は自由で。(ドライなティアナの回答に、やんわりと笑って)
        (後輩の気遣いが嬉しい…そして甘えたくなってしまう。自分には勿体無い友人だ。だがそれゆえに…素直になる事が出来ないのだ)…ティアナ…ごめん…(そして去り良く友人の背中に、謝罪の言葉を呟くのだった) -- サイカ 2018-11-27 (火) 22:02:46
  • (今度は特に支障無く入ってくる少女、珍しく休暇中らしく)サイカ…………少し、話がある………… -- ドーニャ 2018-11-25 (日) 22:24:29
    • (ドーニャがセーフルームであるホテルのフロア通されれば、今日は珍しくちゃんとスーツを身に纏ったきっちりとした格好で友人を出迎える)
      キミが休暇とは珍しいきがするね?…どうかしたのかな -- サイカ 2018-11-25 (日) 22:35:13
      • お邪魔、します…………(丁寧に礼をして)
        こういう話は……きっと……サイカにするのが、良いと思った、から…………
        今は……まだ…………その時では無いけど…………私が、ファミリーを抜けるって言うと…………サイカは裏切り者として……私を……処分、する……?
        (率直な質問であった、しかし少女は冗談を言う場合はすぐ冗談だと後につける癖があり、どう見てもこれは真意で言っているようで……) -- ドーニャ 2018-11-25 (日) 22:46:59
      • (その言葉に、女は)…時と場合に拠る。キミが此処を去ったとして…キミがボク達ファミリーにとって不利益となる行動を取らないという確証があれば、「処分」はしないよ。(特になんの事も無く、表情も崩さずに平然と言い)
        キミがボク達にとって、ただの見張りとしての価値しか示さなければ、キミはとるにたらない一人の少女に過ぎない。組織としては無口な見張り一人の為に労力をさくこともない
        …ただし、裏切り者になると言うなら話は変わる。さて、ボクとしてはキミの真意を聞かなければ、判断に困る事だねそれは -- サイカ 2018-11-25 (日) 23:00:39
      • そう…………(静かに頷く少女)……私が知っていることは、少ない……から…………それに、その通り……下っ端だから……きっと大丈夫……
        ハローの護衛が残っている…………から、それが終わったら…………東の地に、行こうと……考えてる…………
        (もともとはとある男からの依頼でここに引き留まらせて貰って居た少女である、東の地は……その男が戦と人助けをしに向かった地で……)
        機密は……漏らさない…………邪魔、もしない…………ただ…………(少し、気になる事……それが言えずに)
        …………ここから去る前に…………私自身、が…………死ぬ、可能性も…………あるかも…………(精一杯開かせる情報だけを伝えた) -- ドーニャ 2018-11-25 (日) 23:06:24
      • そう…東の地はお父様も思い入れのある地だと言っていたよ。…とても綺麗で雅なのだと…キミを思う者はファミリーにも沢山居る。もしその時が訪れたなら…皆を頼ると良いよ(ふっと、緊張を崩すように笑顔を見せて…そして、続く言葉に)
        …そっか。キミは、覚悟は出来てるの? -- サイカ 2018-11-25 (日) 23:49:04
      • 死ぬのは…………怖く、無いよ…………(そっと自分の胸に手を置いて)ただ、生きてるのが…………辛い、かな…………
        (笑顔の彼女と視線を合わせることが出来ない、少女は正直に思ったことだけを伝えて)
        …………皆に、迷惑はかけない………………もし、私、の……死体が…………見つかったら……海に、捨てて欲しい…………
        それと………………誰にも……この事は、言わないで…………欲しい…………
        (そう言って礼もせずに去っていく少女はどこか冷たい表情をしていた……) -- ドーニャ 2018-11-25 (日) 23:54:33
      • 奇遇だね、ボクも同じ事を考えるよ………ただ、キミはなんの力も無い小さな少女で
        道端に捨てられる様な小石同然な見張りかもしれない。けど…キミに募った思いや力は、キミだけの物じゃない筈だ、ドーニャ…ファミリーの皆と…そして、キミが奪ってきた何人の命と、幾多の夢と希望…その上で、キミが今生きているのだと理解しなよ(去り往く少女の背中に、言葉を投げかけて…)
        ………ドーニャ…(女は彼女の名を一人呟くのであった) -- サイカ 2018-11-26 (月) 00:08:38
  •   -- 2018-11-25 (日) 20:10:36
  •   -- 2018-11-25 (日) 20:10:30
  •   -- 2018-11-25 (日) 20:10:25
  • (サイカの元に事前に男からの連絡が行われる、ファミリーにとって大事な話をしなければならないと)
    (そしてその日が訪れれば男はサイカの前に立っていた…真剣な面持ちからは普段の商売人としての要素は何処にも見えない)
    (どちらかと言えば無数の修羅場を潜ってきた武闘派という気配の方が強いだろう…男は今日までそれを隠し通してきた) -- コッローディ 2018-11-23 (金) 23:09:51
    • (事前の連絡があれば難なくフロアに通される…中に入れば)
      (きっちりとしたスーツ姿に、見る者を威圧するような特殊な瞳。そして色濃く死と血の香りを宿す女はソファに深く腰掛け、足を組んで座っていた)
      …やあ、コッローディ。それで大事な話とは何かな? -- サイカ 2018-11-23 (金) 23:29:42
      • (丁寧に一礼をした後)恐らくは彼崎さんからも幹部達にこの話は行われると思いますが…
        近々西の組織へ向けて襲撃が行われます、その過程で一時的にこの町の戦力が低下する事になるのは避けられません
        …そのためサイカさんには再び負担を掛けてしまうと…その旨を、それと貴女にも伝えておかねばならない事が他にも
        …私はマフィアという存在を憎んでいます、この町で『デイライト』をあの形で撒いたのはそういう意味合いも…ええ、実の所ありました
        (男は静かに内心を吐露する、それはサイカの立場上見過ごせない事だが…同時に男の矛盾した行動も知ってはいるだろう) -- コッローディ 2018-11-23 (金) 23:38:54
      • 結局、暴力での解決を取る形になった、という事か…。こうなった以上はボク達も無傷と言う訳には行かなくなるね。(はぁと溜め息を一つ)
        …コッローディ…勘違いしないでね?ボク達は正義のヒーローじゃあないんだ。だから皆全てを守れるかという話になれば確約は出来ないよ。切り捨てられる者達は何時も同じだ。…キミにもそれは理解できるでしょ?(女は仕事としての話をする。目の前の男が憎んでいると言う者の顔で)
        …ふふ、奇遇だね、それはボクもだよ…(そして男の言葉に、苦笑を漏らし) -- サイカ 2018-11-23 (金) 23:57:45
      • 不甲斐なく申し訳ありません…ボスへ告げた第一案をまるきり破棄する形となりました
        (元々は麻薬を流布された形だ、知らぬ存ぜぬという形のまま男はこの町を去る手はずだったのだ)
        勿論です、ただそれでもサイカさんには筋を通しておかなければならないと思いましたので
        (その冷徹な表情に相対するのは覚悟を決めている者の顔だ、…そこには死に対する覚悟すら含めているのだろう)
        (だがサイカが苦笑を漏らせばその表情に申し訳無さが滲み出る)そう言われるとこのファミリーは嫌いではない、とは付け加え難くなりますね(男は苦笑で返した)
        …襲撃に際し皆さんが無事に戻れるようお約束します、それだけは確かに -- コッローディ 2018-11-24 (土) 00:12:06
      • あぁ…まったく、とんだ貧乏くじ…守るのは、ボク達の仕事じゃなくてキミと一緒に居る馬鹿な「ファミリー」の仕事なのにさ?
        弱者を切り捨て…富を搾取し、邪魔者は殺す…それが「マフィア」の仕事だというのに…
        …ああ、でも奇遇だ。ボクはマフィアが嫌いなんだ。だからもしかしたら、仕事じゃ無い事もしてしまうかもしれない…キミ達と居ると、馬鹿がうつるんだ。(それがこの女の回答だ。本来ならこれはサイカの役回りではないが…)
        …皆を頼むよ…コッローディ。そしてこれはキミへの貸しにしておこう
        …ちゃんと返しに来てよ。キミも…ファミリーなんだから(ふっと、笑って) -- サイカ 2018-11-24 (土) 00:27:55
      • 伝染る…ふむ?貴女も彼等と同じ気質という事ですよ、…無理をしないで下さいとは言えない立場ですが
        (その無理をするなとは「マフィア」としての仕事に関してだが…口にしてしまう辺り個人の感情を見せたのだろう)
        …承知しました、私は貸しを作るのがどうにも苦手な性質でして必ず返しましょう
        (何ともむず痒そうな顔をした後元の引き締まった顔へと戻り)私にとっても貴女はファミリーですから
        それではこれで…(一礼をして踵を返し)ああそうですそうです、貸しはデートなりなら全力でお応えしますよ
        (それはどちらの貸しだと言いたくなる事を笑いながら言いながら男は去っていった) -- コッローディ 2018-11-24 (土) 00:47:48
  • ここにくれば大体ただ飯食わせてくれっからなぁ
    アタシゃ今日は肉がいいな肉…ああ、そうだ、サイカ
    そのなんだ、アタシ今度結婚する事にしたから -- ミューザー 2018-11-18 (日) 21:15:43
    • えっ、お肉って言っても色々あるよミューザー姉様…どうする?スキヤキ?ケバブ?ステーキ?(エプロン装着)
      ふぅん、ミューザー姉様を旦那さんにするお嫁さんは大変そうだね(冷蔵庫オープンしつつ) -- サイカ 2018-11-19 (月) 00:11:58
      • 反応うっすぅ!?何それ、相手は誰なの!?とか食いつくところじゃねぇのつまんねぇ妹だな、もういいよバーカ!
        そうだな、脂はアレだし赤味がいいな! -- ミューザー 2018-11-20 (火) 00:12:54
      • そんな、理不尽だよぉ!?むう、じゃあ…誰なの姉様!…いや、なんかそういう冗談なのかなっておもって…え、本当なの?(姉を二度見)
        じゃあこのフィレ肉を焼こうかな。ふふっ、ミューザー姉様はそこで寛いでてよ?(言いながらてきぱきと調理を進め…肉を片面、中火で焼いていく) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:35:34
      • 知るか、もうお前にこの話はせんわこの駄妹が!つーんだ!つーんだ!
        (腕を組んで足を机に放り投げてそっぽを向きながら)
        おい待て、塩は焼く直前だ胡椒は…ああいや待て、クソ妹!テメェ肉を焼く前に常温に戻したんだろうな!?
        ソースを使うなら酵素とか入るのはやめろよ、柔らかいのは嫌いじゃないけど今日はガツガツ喰うヤツだかんなアタシゃよ! -- ミューザー 2018-11-20 (火) 01:46:11
      • あ、アハハ、姉様ったら…機嫌を直してよー。お肉美味しく焼けるからさ…大丈夫、ちゃんと常温に戻したし、塩は最後に振るから(塩オジの動画を見て勉強した!)
        (じっくり片面を焼いて…火がある程度通ったら、そっと一度だけ返す。そして蓋をして同じ様に焼けば、鉄板から取り出し、少しだけ置いて余熱を入れる…お手本に習ったかの様な無難な料理だ!)
        はい、姉様。焼けたよ(すいっと姉の前にヒレ肉のステーキを出して) -- サイカ 2018-11-20 (火) 02:24:20
      • はいはい、四月馬鹿四月馬鹿…ちっ、なんだかんだで上手いなお前
        (ぼへーっ、と窓の外を見ながら脱力して)
        んぁぁ、さんきゅー -- ミューザー 2018-11-21 (水) 01:05:39
      • ふふっ、それはどっちの意味で、かな。(自分も高そうなソファに腰掛ければ、姉と同じ様に窓から町の夜景を見下ろして)
        …ミューザー姉様、なにかあったの? -- サイカ 2018-11-21 (水) 01:10:23
      • 別に料理だろ、ほかにどういう意味で取れってんだよあぁん?
        何か…?いや別に、言われたとおりに手を伸ばしてるし、ヤロウもオンナもクスリも不自由しちゃいないぜ? -- ミューザー 2018-11-21 (水) 01:24:00
      • そっか、なら良いんだけど。アハハ…クスリは程々にしてね?(相変わらずの姉に苦笑して)
        ボクは最近ダイエットを始めたよ。中々続けるのは大変でさー。 -- サイカ 2018-11-21 (水) 01:56:09
      • あぁん?ヤメねぇよ、むしろお前もどうだ…混ぜ物から本当にトベるのまで色々いいのあるぜ?
        まぁ、ラリーさんところに行きゃ大体揃ってっからわざわざ仲介する必要もねぇんだけどよ
        ……(むしゃむしゃ)…男か(ボソ)
        …ああ。そうだアタシの方はチンピラ殴り倒しても、金やるから言う事聞けつって舎弟増やして
        そろそろ地区の外の商売人のところに顔出す気だ
        よその地区じゃ出回れないゴミみてぇなもんでもあそこじゃ良品だからな…店ださねえか、護衛なら雇ったアホどもをよこすからよ、ってするつもりでも(ムシャムシャ)…おい、サイカ酒がねぇぞ酒が、後とっとと服脱いでお酌しないのか、脱がされたいのかどっちだオラー! -- ミューザー 2018-11-21 (水) 02:08:11
      • …ウチは薬には厳しいんだ。ボクもあまり快くは思わないよ。…だからそう行った物は全面的に取り締まっているし、手を出す者達を粛清している
        普段は取り締まっているから無い物として捉えて入るけど…密輸とかそう言う物品に手を出すのはやめてよ?…あまり派手にやるなら、ボクも笑っていられなくなる。(真顔で)
        …ち、違うよ!年頃の女の子の課題…というだけ!今度ボク、レースクイーンで出ないと行けないみたいだしさ…(言いながら姉の話を聞いていれば)
        順調そうで何よりだね。ふふっ…ふむ…それなら、ノクロロが作っているお酒を仕入れると言うのはどうかな。確か彼女も事業拡大を狙っていた気がするし…
        …赤ワインでいいかな?(脱がないよ!?と思いながら、ワインセラーから一つ、来客用のお高いのを取り出し) -- サイカ 2018-11-21 (水) 14:06:51
      • あぁん、なんだよ堅苦しいな…アタシはやるけど広めたりはしねぇよ、胴元になるのもアレはアレでめんどくせーんだぜ摘発とか隠れるのとか、アタシに出来るかってんだ
        今日はとりあえずソレを伝えついでに飯くいにきただけだからなぁ、別にそこまで飲みゃしねぇが、まぁ適当なのでいいよ
        そーか…そーか、サイカに男がなぁ、レースクイーン?なんだそりゃ……胸が足りねぇな! -- ミューザー 2018-11-22 (木) 01:15:47
      • もう、姉様ったら…ほんとに気をつけてよ?ハローと水と油になるよまったくぅ…(と言っても、姉はこう言って意外と悪い事はしないとわかっているから、そこまで強くは言わず)
        うちの適当はこれなの♪(言いながら、ワイングラスに3分の1程注いでは、姉の元に差し出して)
        男じゃないって!…それに、ボクにそんな人が出来る訳ないじゃないか。(少しだけ寂しそうに言いながらも…)今度、興行でレースをするんだけど…姉様の所にもチラシが入ってなかった?それでレースクィーンをやる事になったんだけど…胸は関係ないでしょ?!それに、言うほど無いわけじゃ〜…(もじもじ) -- サイカ 2018-11-22 (木) 01:35:41
      • いや、マジでアタシにお小言言う前にもっとやべぇやついんだろ……そいつらに言えよそいつらに…
        (不服そうな顔でとりあえずワインを受け取りつつ)
        チラシ…チラシ…覚えてねえ……いや、でもな、ぼん!きゅ!ぼんになってない時点でまだまだ成長の余地ありだぞサイカはよーっ? -- ミューザー 2018-11-23 (金) 01:25:42
      • 本当にやってるのがいるなら、言う前に殺してる。それがボクの仕事だからね…(苦笑して)
        ぼん、きゅっ、ぼん…?!ボクもう20なんだけど、そんなボクでも成長の余地があるの姉様!? -- サイカ 2018-11-23 (金) 01:28:54
      • 推定無罪なのに殺さないのか…ずいぶんお優しいなぁアタシの妹は
        とりあえずぶん殴って拷問しちまえばすむのによぉ…け!
        あるんじゃねーか?ほら、確か…いくつの朝までは成長するとか言うだろ、アレだよアレ -- ミューザー 2018-11-23 (金) 01:37:52
      • ボクだって別に好きで殺しをしてる訳じゃないからさ?…それに…姉様に手を向ける様なのは、やだな。だから、信じたい(…意外と、この姉の事は好きだ。こんなにもガサツで、まるでチンピラの様な姉だが…この人は自分には無い良い物を沢山持っているのだ。それはきっと皆を笑顔にする力だ)
        ぬう、本当?じゃあボクもまだまだぼんきゅっぼんになってナイスバディに…むぅ、それは夢のある未来だね…!(といってもこの妹、ダイエット中なのであるが!) -- サイカ 2018-11-23 (金) 02:01:22
      • もったいねー、アタシはケンカ好きだからなぁ…あ〜クソオヤジもさぁ、アタシをカチコミ担当とかにすりゃ良かったんだよ
        絶対適材だぜ、どこそれ殴りこんでこいって言われる役目、アタシ以外にできねーだろむしろ!
        あぁん?何変な目で見てやがる…そりゃ、なるだろ、お前の母親アレだろ、うん…いけるいける…いけなかったらあたしがいう事何でも聞いてやらぁー! -- ミューザー 2018-11-23 (金) 02:25:48
      • アハハ、まあウチのファミリーはあんまり派手なやり方は好まないからね…カタギの人に迷惑はかけないようにしないと
        何でも〜?気の長い話だけど、それなら楽しみにしようかな…♪ -- サイカ 2018-11-23 (金) 03:26:23
      • あぁん、だからオヤジのやり方はまだるっこしいんだよアタシはアタシのやり方で良い具合に回ってんだ
        コレはオヤジに引退してもらう日も近いかもしんねーなぁ…よっしゃ、その時はサイカはアタシの情婦にしてやっから、覚悟しとけよな
        おうおう、まぁ大きくなったらその時はアタシがなんとしても抱くし、今の状態でも抱ける時を狙うんだけどな、ワハハハ!
        (上機嫌に笑ったり今後の展望についてはなしたりして、腹いっぱいになったら気持ち良さそうにその辺のソファーで眠り始めた) -- ミューザー 2018-11-24 (土) 01:26:40
  • (ポストマンからサイカに手紙が届いた。ハローからの連絡。几帳面に包装された便箋をサイカが開くと、そこには…)
    『明日休みだろ?釣り行こ。朝7時に迎えに行くんで雑な格好で待ってるように。道具は揃えといたから。 ──親愛なるハローより』
    (そして翌朝。ホテルの前でフェラーリから降りて煙草を吹かして待っている、私服のハロー君の姿があった)…まだ朝は冷えるねェ。 -- ハロー 2018-11-21 (水) 19:47:01
    • (ポストマンから手紙が届けば)…えっ釣り?!(なんて驚くも…別に色気のある休日なんて過ごしては居ないサイかは…「もう、強引な誘い方」なんて一人呟いた)
      (ホテルの前にド派手なフェラーリが止まっている。それを見つければ、はーっと大きく溜め息をついて…所有者と思われる男の元まで歩いていく)おはよ、ハロー。…朝からちょっと派手過ぎるよ!もう、ボクはあんまり目立ちたくないんだけど…(パーカーにホットパンツ。子供っぽい帽子にサングラスといった服装で) -- サイカ 2018-11-21 (水) 20:56:21
      • ハロー、どうも。(いつもの挨拶で飄々と答える男は普段よりも幾分か幼い印象。髪を整えて目元も薄く化粧を入れている)いいのいいの。どーせ朝だし、港に着くまでには誰もいないんだから。
        そもそも緑髪は地味だってのがサイカの見解だったと思うけどねェ?(にへっと笑って)…まぁいいや。行くか。助手席どーぞ(車に乗り込み、早速出発する)
        (海沿いをドライブしながら)…因みにサイカの竿は準備しといた。確かスワロフスキーのデコで金とプラチナでよかったよな?(港にもう運んであるよォ、と) -- ハロー 2018-11-21 (水) 21:03:11
      • この車の事だよ!まあ、このホテルの客層は裕福な人が多いから、それも幾分はマシだけど…(ぶつくさ言いながらも、助手席に乗り込めば、そのまま朝の沿岸部のドライブだ)
        ん…気持ちいいね。久しぶりのお日様だよー(出発時とはうって変わって上機嫌だ。そしてハローの横顔をみれば、何時もとは若干違う彼の雰囲気に少しだけ見惚れて)
        あ…うん…。(なんとなく、ぼんやりとした返事を返してしまう) -- サイカ 2018-11-21 (水) 21:18:57
      • ここ最近天気悪かったからなァー。晴れるのはよい事。吸血鬼も出てこないだろう今日は(こちらは運転に集中してるのもあり、前を向いているためサイカの様子には気づかず。しかし返事が妙なのを聞けば)…ん?
        ……あれ、もしかしてどの竿でもよかった…?100万単位でかかったんだけど?(ちら、と横を向いて)…眠い?(おハロー)
        (港に着けば、スノーが使っている釣り道具の箱。鍵のかかっているそれを、預かっている合鍵で開ける)…はい。これ、サイカの。(取り出した竿を組み立てて渡した)
        (黒塗りの竿、手元の部分にはこれでもかというくらいに宝石プラチナ金類がちりばめられている。が、店員の努力か少女チックな雰囲気に留まっているようだ)…で。今日は冬とは違って海が温かくなってるから。釣れます。腕が悪くなけりゃ。 -- ハロー 2018-11-21 (水) 21:23:39
      • (「君の竿で良かったな」…と、ハローに聞こえない様に言うも)…何でも良くなーい。当然、このボクに相応しいキュートな釣竿用意したんだよねっ?(なんて返事をし)
        起きたばっかりで眠いわけないじゃない。(そして、オーダーした釣竿を渡されれば、おおー!なんてテンションがあがる)
        へぇ、4月なら釣れる物なんだ?ねぇ、ハロー。クルーザー借りない?ボク沖に出たい(ハローの腕に抱きつく様にしてくっつけば、はしゃいで) -- サイカ 2018-11-21 (水) 22:55:28
      • …とりあえず喜びそうな風に選んでは見たけどね。実物は見てからのお楽しみってねェ(実際渡した竿が喜んでもらえたので安心した。やっぱりサイカはこういう顔がいい)
        いい時期だね。船着き場でも結構…(と釣りの準備を始めようとしたところで)…クルーザー?ああ、別にいいけど…たまにスノーの姐さんとも沖に出るし…(腕に抱きついてくるサイカに…色々思うところはあるが。はいはい、と頭を撫でて)
        じゃークルーザーにするか。確かこの辺に…あった(スノーと共有しているクルーザー。の鍵の隠し場所から取り出して)……懐かしいなァ。ガキの頃無理矢理運転覚えさせられたっけ…(雑用を任されまくった過去を思い出して苦笑を零す)
        (釣り道具をてきぱきと乗せて、クルーザーの操縦席へ)…乗るときに海に落ちるなよ?…しかしなんだ、てっきり港でやるもんだと。沖釣りに興味あったのか?(アイドリングさせながら) -- ハロー 2018-11-21 (水) 23:06:40
      • んっ…(撫でられてもまあ、今日はたまにある休日だ。これ位は許してやろうと思う物だ…別に嬉しがってるわけじゃないぞ!)
        (そしてハローを手伝う様に、自分も道具を積み込む。そしてそのままクルーザーに飛び乗り…沖釣りに興味があったかと言われれば、別にそうではない…此処はスノー姐さんの縄張りだ。姐さんの努力もあってか、此処まで来る黒服はそう多くは無い。が、流石に幹部の、それも夜の住人の最たる存在と言えばそう簡単な話ではなく、常に一定の護衛がついて回っている)
        (今日は久しぶりのオフだ。そして日の下に出れたとあれば…羽を伸ばしたくなると言うのが素直なお嬢様心だ)
        折角の休日だもん、ボクだって羽をのばしたいんだ。それにぃ…沖の方がなんか釣れる気がしない?(なんていって笑えば、早く出して出してと急かして) -- サイカ 2018-11-21 (水) 23:47:37
      • ……羽をねぇ。(なるほど…と船のコンパネをいじりながら。港で遠目に護衛していた黒服達を思う。俺は寝るときだけだが、こいつには常時ついてるもんなァ)
        (なら確かに、こういったわがままは許されるだろう。幹部になった俺がいれば猶更ってところか。苦笑を零して)…りょーかい。そんじゃ行くぜ(にっと笑って、船を出す。港から離れ、しばらく走らせる)
        (レーダーで港の位置を記憶してるので帰りも問題なく……よくスノーと共に釣る、良スポットへ。一面海だがこのあたりは本当によく釣れる。教えてくれてありがとう姐さん…)
        …到着ー。沖合だからとりあえず釣る前に日焼け止め塗っておけよ。割と照り返しで焼けるから(ほいっと日焼け止めクリームを投げ渡す。私物だ)…さてと(自分の分と、サイカの分の竿に仕掛けを施してやる。その辺は流石の男子力) -- ハロー 2018-11-21 (水) 23:52:48
      • (船が出れば、鬱陶しい黒服の部下とも暫くの間お別れだ。別に部下共が嫌いと言う訳ではないが、年頃の女の子の後をこそこそと付いて回るのは感心するものではない。それゆえにこうして休日を満喫出来る場を用意してくれたハローには感謝せねばなるまい)
        (潮風が気持ちが良い。そして太陽はまだ朝だというのに眩しく、なんだか普段と世界が違って見える…そう思う位、夜の世界に慣れてしまっていた)潮風が気持ち良いね〜。ふふっ、キミと二人の休日ってのもまあ…良いものかも。(上機嫌に笑って言えば、暫くして釣り場に到着するもので)
        まだ5月初頭だよー?日焼け止めなんて必要かな(と、言いながら、日焼け止めを受け取ってちゃんと塗りつつ…ハローが釣竿を用意してくれれば)
        ふふーん。ありがと。よーし、今日こそは大物をつってみせるぞっ(等と意気込み) -- サイカ 2018-11-22 (木) 06:00:33
      • …この時期だからこそのよさだよねェ。冬は寒いし夏は日照強すぎる。(良いものかも。という言葉には苦笑して)俺も楽しいよ。サイカと遊んでると。
        海の日焼けを舐めてると夜に後悔するぞ?いいからつけとけ。(餌もつけて仕掛けもできた。こうやって投げて、浮きが沈んだら…と初心者向けに教えて)大物ねェ。まあ運が良ければかなァ…良く釣れるから、ここは。
        さて、それじゃ俺も釣り始めるか(二人並んで海に糸を垂らし始める…………一時間後)……よし、またヒットォ(好調に釣れているハローの姿。サイカは果たして) -- ハロー 2018-11-22 (木) 22:07:31
      • 本当ー?って言ってもキミだって結構忙しいのに、良く時間とれたね?
        (ハローの手引きで同じ様に釣りを始める)アハハ、この前は時期が時期だっただけさ!ハロー!キミのその不能の竿とボクのこのキューティーな竿の違いをみせてあげる!!
        (そして…1時間後)……えっ、また?!なんで!ねえなんでボクは何にも釣れないの!!?(まったく釣れていなかった!) -- サイカ 2018-11-23 (金) 00:30:37
      • ラリィに無理にでも休みは取らないと脳が痩せるって言われてねェ。部下に相談したら頼むから休んでくださいって泣かれそうになった。んで今日は一日オフだよ(肩を竦めて)
        (あっフラグだなこれ…と思ってたら案の定のサイカを見て苦笑する)…いや。悪いけど腕の差。具体的には…サイカは魚を引っ掛けるときに強く引きすぎ。
        (サイカの浮きにももちろん注目しており、いい感じに引いている時もあったのだがサイカが思いっきり竿を引くもんで逃げているのだ)…どれ。教えてやるよ(自分の竿は置いて、サイカに近づく)
        …握り方はこう。グーで握ると力はいるから(並んで、サイカに手を重ねるように一緒に竿を握って)…んで、浮きをよく見る。ほら、今ちょうど魚が餌つついて揺れてるだろ?あの揺れが大きくなったら、思いっきりじゃなくてクッて引っ掛けるだけってイメージで…(コツを教えてやる。流石に一匹も釣れないとサイカもつまらないだろうと) -- ハロー 2018-11-23 (金) 00:35:57
      • でもっ、ボクだってちゃんと…手ごたえがあったら、引いてるのにっ…(中々素人では上手く行かない様で…)
        べ、別にキミに教えてもらわなく…ても…(手を重ねられる。…思ったより大きいな…なんて思う。綺麗で細くて、白い手だ。ファミリーを守り、背負っていく者の手。…自分の手が酷く汚れて、醜く見える)
        んっ…(なんとなく、上の空でハローの手引きを受ける。触れ合ってはいけないそれが、とても暖かく感じる…そんな事をぼんやりと考えていれば、思考を遮る様に浮きが沈み)
        わっ、此処?ハロー?此処なの?! -- サイカ 2018-11-23 (金) 00:53:58
      • その辺は結構経験がものをいうからねェー(何て言いつつ重ねる手。こいつの手は小さいな、とふと思う。この手で黒い仕事をさせてるんだから、やっぱりボスは気に入らないとも思った)
        (そんで教えてるところで上の空の様子に。…どーせ内心またネガってんだろうなァ、と思う そういう様子のサイカはもう見慣れてしまっているし…)…そういうとこだぞ。
        (そう、そういうところだ)(……そういう、ネガティブに考えられる優しい考え方が好きだ)
        落ち着け。浮きは暴れてるけどまだ噛みついちゃいない…もうそろそろぐんって沈む瞬間があるから…(竿を握るサイカの手に力を添えて)…2,1…今。(適切な力で引けるようにアシストして)
        (結果、サイカの釣り針に見事に魚がかかった)…よし!あとはあれだ、魚が動く方とは逆に引っ張りながらリール廻しな(手を離して)……大物かもねェ、これは(波しぶきを見ながら網を準備してやる) -- ハロー 2018-11-23 (金) 01:00:55
      • えっ?!何!?どういう所なの!?(ハローの手の暖かさを感じながら…「今」という合図で一気に竿を引く)
        (掛かった!先ほどまで無かった手応え!その生まれて初めてな感覚に、わたわたとするも…)あっ…(ハローの手が離れる。針は掛かった、あとは釣り上げるだけ、なのだが)
        ハロ、、離さないで…(小声で) -- サイカ 2018-11-23 (金) 01:12:29
      • (魚がしっかり針にかかればまずもって外れることはない…大きな針だし、ひっかけた瞬間の感覚は上々。問題ないだろうと思っていたが……)
        …っ(聞こえた。すぐにサイカの横から手を伸ばして、改めて手を重ねて竿を握り直す)…心配性だな、サイカは。慌てなけりゃバラさないよ。(すぐ隣で、にへっと笑って)…落ち着きゃ大丈夫。ほら、よく見る。左に行けば右に、逆なら逆…
        (…呼ばれると応えたくなるのがこの男の性だ。それがサイカであるならばなおのこと)……もうちょい。デカいなやっぱ、ゆっくり引いて……巻いて、よし…(片手はサイカの手に添えて。もう片手で網を準備して)…挙げてみ。取り上げてやるから。 -- ハロー 2018-11-23 (金) 01:23:17
      • (呟いたのは自分の我侭。後…もう少し…もう少しだけ、自分の罪から目を背けさせて欲しい。その明るさで照らして欲しいと言う、我侭)……ぼ、ボクは初心者なんだっ。キミが助けてくれるのは当然でしょっ!(さっきとはま逆の事を言って誤魔化す)
        おっ、おぉっ…う、うん。わかった…!(そして、ハローに言われるままに竿を左右に、リールを巻き…そして竿を引けば)
        わーっ!釣れた!ボクでも釣れた!!ハロー、はやく、はやく網ーっ(初めての釣りを成功させたのだった!) -- サイカ 2018-11-23 (金) 01:47:16
      • へいへい。玄人のハロー君に頼ってくれていいからねェ(意地っ張りな様子を見て微笑ましくなる。少なくとも、こんな会話をする幹部はファミリーの中でも俺らだけだろう)
        任せろって(糸に手をかけて、手慣れた手つきで魚を網へ。50cmはあるだろうか?初めて釣り上げるサイカには十分に大物と言えるだろう)…っし。おめでと、ナイス釣果。(網から取り出し、跳ねる魚を生簀に入れて)……魚持てる?えらに引っ掛けて…スマホで写真撮ってやるよ。初めて釣った記念にな。 -- ハロー 2018-11-23 (金) 01:57:33
      • ふふん、このボクに釣られるなんて…キミは名誉の魚だねぇ(自分で釣った魚を見て満足そうに頷く。うーん…でかい。初めてでこれは自分の才能が恐ろしくなるかもしれない、なんて思う)
        魚くらいは持てるよ。料理もするからねボクは♪(自分で釣った魚をそっと持って…)
        撮るなら、キミも一緒にはいってよ?ふふっ(なんて言いながら、ハローの隣にべたっと肩を寄せて) -- サイカ 2018-11-23 (金) 02:16:47
      • (その満足そうに頷く様子を見て、改めてよい釣り場を教えてくれたスノーの姐さんに感謝する。楽しませられたのならば何よりだ)
        そーいやそうだったな。…よし、そんじゃ…って俺もか?いいのか?…まぁ、それじゃ(自撮りモードに設定して。肩をぐっと寄せられれば、少し驚くが…まぁいい、役得だ)
        そんじゃ取るぞー。(腕を伸ばす。スマホの中に移る二人の顔を見て…ふっと笑顔を作った)…はいチーズ(その瞬間を、指先で切り取り写真に変えた。笑顔で並ぶ緑髪の二人)
        ……よかったな、釣れて。最初にそんな大きいのが釣れるんだから、サイカも釣りの才能あるかもねェ(ここで持ち上げて釣りにハマらせる算段) -- ハロー 2018-11-23 (金) 02:22:08
      • キミと一緒に釣ったんだから、ボクだけの手柄には出来ないよ♪(そして二人の写真…自撮りではあるが、とても楽しそうな笑顔を写真に収めて)
        そうかな?…ま、まあ初めてコレだけのをつれれば…そうかな…そうかも?ふふ…うん!(楽しいな。楽しい、太陽は眩しい位に照り付けて、潮風が頬を撫でる。ボクをこの場に連れてきた彼には感謝をしなくてはならない。そう思う)
        …ハロー、ありがと…っ♡(なんでもない日常に、二人だけの休日。…その後、夕方までサイカは一匹も魚を釣る事が出来なかった。が…その日は一日、サイカは楽しそうに笑って過ごしたのであった) -- サイカ 2018-11-23 (金) 02:46:26
    • //文通スイッチぽち。明日以降よろしく…! -- ハロー 2018-11-21 (水) 23:47:08
      • ///はいはーい!ゆっくり休んでくださいねハロー君! -- サイカ 2018-11-21 (水) 23:59:08
  • サイカはレースに行くんかのう?それはそれとして…じゃ、デートの方はどうじゃったかのー?
    それともまだいっとらんのじゃろか -- マート 2018-11-21 (水) 19:37:11
    • 人が集まらない様ならボクも出るつもりだけれど……うん?デート?(サイカは首をかしげた!) -- サイカ 2018-11-21 (水) 19:42:20
      • 人の集まりは…まるで予想つかんのう、見物やら何やらは多そうじゃがいざレースとなるとどうなんじゃろ?
        にゅっ、その様子じゃとケイカとはまだデートしとらんのかのー? -- マート 2018-11-21 (水) 19:44:42
      • 兄ぃとデート……(うーんと首を傾げるも…思い浮かぶのはこの間の事)
        そうだね、この前食事にいったけど…デートとは違うんじゃないかな。それに兄とボクは兄妹の様な物だし… -- サイカ 2018-11-21 (水) 20:25:32
      • 兄妹でもデートはデートじゃなかろうか?一緒に食事にお出かけなんてしたら姉妹じゃろうと友達じゃろうとデートじゃと思うとったんじゃ…
        まあ行ったならええんじゃが、女の子のお部屋に弟…この場合は兄か、兄じゃろうといきなり入るのはあかん出会いたければ食事に誘うなんてどうじゃーと言うたんじゃよ
        その結果でサイカがあんにゃろう!みたいになっておったらわしのせいじゃしちと様子見にの -- マート 2018-11-21 (水) 20:30:20
      • それは違うよ姉様!デートと言うのは其処に恋愛感情が含まれるものをデートというんだ。歳の離れた兄と食事にいった程度では家族サービスの一つです。(うんうんと)
        急に兄ィが食事に行こうなんていうからびっくりしたよー。…でも、おかげ様で久しぶりにゆっくり兄ぃとお話出来た気がするから、姉様には感謝しなくちゃ(クスクスと笑って)
        でも兄ぃったら、仕事以外の話は何をしたら良いかわかんないーって言うんだよ。おかしくて笑っちゃうよね(楽しそうに語りつつ) -- サイカ 2018-11-21 (水) 22:24:34
      • 恋愛感情が無ければデートではなかったんか…それは知らなんだ、もっと敷居の低いもんじゃと思うとったが家族サービスと言うとサービスした側はどっちなんじゃろうのう
        その様子じゃと割と楽しい時間だったようじゃのう…あー、仕事一筋じゃったからそうなんじゃのー
        自分の事を堅物で冗談がよくわからない…と言う自己評価のようじゃからのう、ちと気を入れ過ぎのような気もするからなんぞ趣味でも持っとればよさそうなのにのう
        サイカとかは趣味あるんじゃろか?そう言うもんもっとらんと楽しく過ごせんかったりするでのー -- マート 2018-11-21 (水) 22:34:56
      • ボクがしてもらったほう…だね、アハハ。…兄ぃ、あれで気を使ってくれたんだ。
        兄ぃは昔から真面目で、お父様とファミリーの事を第一に考えていたからさ。マート姉様なら知ってたんじゃない?(と言ってもこの町は広い。シマが違えばまったく出会わない、なんて事もあるだろうが)
        ボク?そうだねー…漫画、ゲーム、映画?最近はユーチューブっていうので、ヴァーチャルユーチューバーってのも見てるよ! -- サイカ 2018-11-21 (水) 23:09:59
      • やはりそこは兄としても男としてもケイカの方がエスコートしてこそじゃのう、女の子にエスコートされちゃう男子はちと情けないんじゃよー…不器用ながらも妹思い、ええのう…アリじゃ
        ほ、ほほう…わしはつい最近までおぬしらのような妹がめっちゃおる!という事も知らなんだからのう…(シマどころか生活圏が自分の部屋だけで過ごす事およそ100年、年季の入ったヒッキーは親戚事情にも疎いのだ)
        結構手広いのう!バーチャルなのを見ておるんか、あれはCGとかそう言うのがすごい人じゃないと難しそうじゃのう…
        バーチャルではないにしろサイカちゃんねるを開設してみたりしてバーチャルアイドルデビュー!自由な時間にちょいと動画を取れば世の中の男子もイチコロじゃてフフフ…(不穏な事を語るも、とりあえず主目的の食事会は無事終わったようなので安心して帰って行くのだった) -- マート 2018-11-21 (水) 23:16:35
  •   -- 2018-11-21 (水) 00:40:47
    • (チラシが配られている。レース大会の宣伝のようだ)
      レース大会開催!!港区にあるレース場にて参加者自由のレース大会を開催します!是非ご参加ください!!(…スポンサー名が続く。その中にはファミリーの名前もある)
      日時:5月3週目(11月24日土曜日) 20:30〜開場 21:00〜レース開始 23:30〜決勝開始予定
      (時間は前後する可能性がありますが、レース参加者も含み途中参加、途中退場自由となっております。ふるってご参加ください) -- 2018-11-21 (水) 18:05:02
  • お嬢!食事に行きませんか!(部屋に入ってくるなり勢いよく) -- 彼崎 2018-11-19 (月) 22:00:21
    • うん!行く行くーボク食事だーい好き!ドコイクよー?サイゼリア……って、どうしたの彼崎兄?!なんか変なドラッグでも決めた?!(えっ急にどうしたの?!という顔で) -- サイカ 2018-11-19 (月) 22:12:40
      • ああ、いえ。マート嬢にアポ無しで部屋に行くのは余りよくないから、外で食事でもした方がいいのでは?
        そう言われて。サイカお嬢もあまり部屋を掃除されたりするのは好まないようですし、それで…
        駄目ですか…? -- 彼崎 2018-11-19 (月) 23:10:46
      • それは…まあそうだけどさ、フロア自体なら別に開いてる場所は幾らでもあるしボクがご飯を作っても良いんだけどな、とか(と、言いつつも)
        全然、全然ダメじゃないよ!ちょっとまってね…今から貸切に出来るレストランを手配するから(何やらスマフォで指示をだし)
        あっ…ドレス、ドレスに着替えなきゃ…(結局わたわたするサイカ) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:05:53
      • お嬢の手料理もいいんですが、それは後日にしましょう
        (レストランの手配は既にしてあるのだが、慌てて用意するサイカを見て黙っておくことにする)
        ゆっくりで構いませんよ…見立てが要ります?必要ならいってください(言って腰を下ろすことにした) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 00:13:52
      • (わたわたとすること10分位…とりあえず黒のドレスに身を包み)ふー…どうかな、変じゃないかな?普段はスーツで行くんだけど…兄と相席なら、こっちの方がいいかなって。(女学生時代では割と女の子らしい服も着ていた為、彼崎兄ならそう違和感を感じないだろう。いい所のお嬢様という感じで)
        じゃあ、レストランに行こっか兄ぃ。あ、でもボクダイエット中だからな…あんまり食べ過ぎないように…(そう言って彼崎の腕を取る。こうしていれば普通の兄妹に見えるかもしれない) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:41:21
      • お嬢は何を着てもお似合いですよ(普段と変わらぬ表情なのは事実そう思っているのか、演技をしている為か)
        合わせます、俺も近頃気にはなりますからね、そういうの(苦笑いしつつ歩き出す) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 00:56:48
      • (場所は移り変わって…)
        (貸切にされたファミリー系列のレストランで、兄ぃと二人でのディナーだ)
        なんだか随分久しぶりだね。兄ィが幹部に上がってからはこういうの全然無かったもん。(無論、自分の今の立場も相まってなのだが) -- サイカ 2018-11-20 (火) 01:05:34
      • //場面転換でちょうどいいのでここから先は明日からお願いします! -- 2018-11-20 (火) 01:08:32
      • そうですか…?いえ、思い返せばそんな感じでしたか(あれは何時頃の頃だろうかとぼんやり過去を振り返り)
        …懐かしいな。本当に随分と昔のような気がする(懐かしむ顔、それは仕事中には見せない部分だ)
        あ、何にします?(それはそれとして一応何にするか聞いてみる) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 19:37:19
      • ボクはそうだね…チキンシーザーサラダ…(ドレスを着用し、高級レストランに来てまで頼むのがコレであった)
        …それで、どうしたの兄。…仕事以外の話でもあるのかな?(と、早速切り出して) -- サイカ 2018-11-20 (火) 20:00:36
      • では俺も同じものにしようか、ドレッシング抜きで
        …?あ、いや…そうでしたね。プライベートで話す事ばかり考えててその実、内容は全く考えてなかった
        (すっかり忘れていた、という表情で)ははは…仕事の話ならあるんですけどね、ダメだよなぁやっぱり(困った表情) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 20:10:36
      • ボク最近体型に気を使っててね…ほら、今度レースもあるでしょ?アレでレースクイーンやらなきゃいけなくなったんだ(はーっと溜め息をついて…そんな兄を見れば)
        っふ…アハハ。なんだ、本当にただの食事のお誘いだったの?んー、ふふ、フフーン。まったく、兄ぃはちょっと仕事し過ぎなんだ。
        だからプライベートで話す内容が思いつかないなんて事になるんだよ?(言いながら、その様子がおかしいのか楽しそうに笑って)
        前も言ったけど、いまやハローも幹部の一員だし…兄はこれからはもう少し楽にしてもいいんじゃない?
        しかし、うーん。困ったな?兄ィはスマフォとか持ってたっけ -- サイカ 2018-11-20 (火) 20:27:29
      • そうなのか、それは楽しみだな(言って笑い)
        仕事しすぎなのは、確かなんですが、現状それでもまだ心配な事があるもんでしてね…
        そんな物はない(そんな物はない) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 20:43:14
      • もー兄ぃまで、意地悪。(運ばれてきたチキンシーザーサラダに、ウェイターには視線もくれずチップを渡して)
        …まあ、兄が忙しいのもわかるよ。最近吸血鬼がとか言ってるんでしょ?…幸いボクの所にはまだ現れてないけどさ。…なんと言うか、後手に回ってばかりで上手くない。そこで…向こうさんに話が出来る奴がいて、上手く協定でも結べれば…何て都合の良いシナリオはどう?(苦笑しながら冗談めかして)
        時代遅れだよ兄ィ、それじゃ、兄ィ最近嵌ってる事とかないの?ゴルフとか、映画鑑賞とかさ〜 -- サイカ 2018-11-20 (火) 20:52:01
      • そう上手くいくといいんですが(眼鏡を上げて苦笑し)
        (問われてしばらく考え)…無い、ですね…(自分で言って困っているのか眉を寄せている) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 21:00:14
      • 上手く行かせるのが、兄じゃないか?ふふっ…いや、出来過ぎたシナリオよりも、最悪のシナリオを考えるのが兄の仕事…ではあるんだけれど、な。(それでもやはり抗争、ましてや敵の勢力との全面戦争は極力避けたいとは思う。コッローディの話では、近い内にそういう状態になるという話で…しかし吸血鬼とやらの組織も一枚岩では無いだろう。自分やハロー、兄達が居る様に、内部では争いを好まない有力者が居てもおかしくはない筈だ…と考えて)
        (当然此方からも差し出す物はあるだろうが、敵が組織ならば相手を抱きこみ、内部から崩すというのは定石と言える)
        はぁ〜…兄ぃ、仕事ばっかりじゃ老け込むよ?もー、レディを誘ってボクばかりに喋らせてー。(ぷんすこと怒るも、それも本気ではないのだろう。楽しそうに、実兄の様な彼を見て笑い) -- サイカ 2018-11-20 (火) 21:23:40
      • そうですね。その上で自身で考えうる、すべての状況に対し対応できる策をその分用意して…(熱が入りかけ)
        止めましょう、仕事の話だ、これは(眼鏡を上げて言葉を切る)
        (渋い顔)あぁ、どうしたものか…何か趣味的な物でも持った方がいいのか…?(そんな事やっている暇はあるのだろうかと考え)
        そういえばサイカお嬢はそういう趣味とかって持ってらっしゃるんで? -- 彼崎 2018-11-20 (火) 21:36:25
      • 仕事の話になるとまあ、良く喋るんだからー(苦笑して)
        それはそうだよ、お父様を見習え…とまではいかないけれど…色々な事や、色々な世界、色々な感性を磨くと言うのは悪い事じゃないんじゃないかな。娯楽に溺れて腐るというのとは違ってさ?兄ィはファミリーの利益の為に…この町の為に、沢山そうやって働いてる。
        だからこそ、兄ぃが守ってる世界の楽しさを知ってみるのは悪くないって思うんだ。ボク達がこの世界で生きていくのに…必要な感性だって思う。
        えっ、ボク?…うーん、沢山あるよー?まずショッピングでしょ、お酒に…賭博に…最近はソシャゲとか…(最低だコレ!?) -- サイカ 2018-11-20 (火) 21:49:30
      • すみません、職業病です(苦笑いして髪を直す)
        (サラダを食べつつ)色々な事、色々な世界か…(漠然と考える)
        …上に掛け合って少し小遣いを減らした方がいいんですかね(眼鏡を上げる) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 22:59:09
      • フフーン。残念でした兄ぃ。今はボクも幹部…ボクの上なんて、それこそお父様位しかいません!それに、まあ…ボクの仕事はカタギからの上納金での利益じゃないからさ。身入りは良いんだ(苦笑しながらも…ターゲットが溜め込んだ裏金を、経済に還元していると言えば聞こえは良いが)
        そうそう。調度品を集めてみるとかどう?壷とか…サムライソードとかさ。…それに、次の興行が終われば直ぐに夏が来るよ。そしたらボク達はきっと海にいくと思うんだけどな〜?…きっとハイジア先生も水着で来ると思うんだよねボク。…兄ィは事務所詰めになるおつもり〜? -- サイカ 2018-11-20 (火) 23:14:45
      • (フォークで上を差し)いえ、だからその「上」に掛け合って。余り子供の教育に良くないですよ。と…
        物欲、無いんだよなぁ…スノーみたいに釣りでもしますかね…考え事するのに良さそうだし(ぼんやり考え)
        ああ…でもこれって結局、獲物狙いじゃなくただ考え事する時間を増やしてるだけになりかねない(難しいなと悩む)
        (水着の話題が出ると露骨に顔を顰めて)…海ですか…行きたくはあるんですが時間あるか微妙な所です
        それに…見たくはあるんですけど晒させたくもないんですよね、ジレンマって奴です(そう言っても本人を止める事も出来ないと更に悩み) -- 彼崎 2018-11-20 (火) 23:37:54
      • うっ…ア、アハハ…ごめん兄ぃ、やめて〜!それだけはやめてー!
        (そんな兄を見ればまた溜め息で)はぁ〜…兄ぃはまったく、仕事は出来ても昔から変わんないんだからそーいう所…(苦笑して)
        じゃあ、ボクのお勧めで…(ぽちぽちとスマホを弄れば、なにやらでてくるのはサボテンの植木鉢の画像)これなんかどう?サボテン。手間要らずだけれど、毎日お話をすると愛着がわくんだってさ。
        そこは時間を何とか作って…アハハ、確かにそれは複雑だね〜…なら、海で着る水着とは別に…二人だけで着て貰う水着でも一緒に買いにいくってのはどうかなっ?(無茶振りである!) -- サイカ 2018-11-21 (水) 00:02:10
      • 余り無駄遣いは良くないですよ?(とは言え、仕事の特性上、浪費に走る気持ちも分からない訳でもないのでそれ以上は追及せず)
        サボテン…サボテンなぁ…部屋に帰らない事も多いんですよね、誰か世話してくれる人でもいればいいんだけど(言いながらサラダを食べ)
        先生はそういうの凄い避けたがるから望みは薄そうですけど、…それに関しては取り敢えずやってみようかなぁ -- 彼崎 2018-11-21 (水) 00:28:03
      • //寝ます。続けてもいいし続けなくてもいい -- 2018-11-21 (水) 00:28:17
      • アハハ…肝に銘じておきます…(浪費癖が無い、とは言え無いが…それでも、夜の世界に寄り添う者が得られる娯楽は極端に少ない。基本的にはセーフルームに閉じこもり気味であり、ショッピングともなれば店を貸しきってするものが多い。そして唯一気楽に通える場所といえば賭博場位の物である)
        サボテンは世話要らずって言うし、きっと兄にピッタリだよ。ふふっ、今度ボクがプレゼントしてあげるよ
        ふふっ、ボクは兄ぃを応援していますとも?(そして、そんな彼崎兄を見てはニコニコとして…その後も、久しぶりに他愛の無い話を続けながら、夜は更けていくのでした) -- サイカ 2018-11-21 (水) 00:39:28
    • ///はいはーい!今晩はちょっと反応遅くてごめんね彼崎兄!ゆっくりマイペースにいきましょー! -- 2018-11-20 (火) 01:23:47
  • (以前歓迎すると言われたのでお言葉に甘えて通してもらう)すっげー!広ぇー!(ベッドにぼふん)やーらかい・・・ -- ケーネ 2018-11-19 (月) 23:31:43
    • アハハ、いらっしゃいケーネ(ケーネが来訪すればサイカはバランスボール中であった!)
      こ、この…バランスが…中々…っ -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:11:24
      • あははーこう、姿勢よくして?体に一本芯が入ってるような感覚を持てばいけるんじゃねぇっすか?(ごろごろ)
        でもバランスボールなんかのってどうかしたんすか? -- ケーネ 2018-11-20 (火) 00:23:03
      • ドーニャに…っ教えてもらったんだけど…慣れれば、片手間に出来る様になるって……おっ、おっおっっ…とっ
        全然っ、慣れないよぉ…!うぅ…それが…恥ずかしながら、悪魔に魅了されまして…?(太腿とか腰周りとかお腹回りが…) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:43:09
      • お嬢こういうの得意そうっすけどねー?(ダメなんだなぁと思いつつ座ってみてる)
        ・・・・・・ははぁん・・太りやしたと(目をきらりとさせつつ頷く)ダイエットにゃなによりまずランニングとかじゃないっすか? -- ケーネ 2018-11-20 (火) 00:49:18
      • ボク、素人だから…!(仕事じゃなければ普通の人間の普通のスペック…)
        そんなにダイレクトに言わないでー!もっとオブラートに包んでよ!気にしてるんだから!
        いやね、黒服がさ…笑うんだもん…(視線が気になる年頃) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:55:55
      • 基本は集中力っすよ集中力ー(仕事内容を踏まえれば運動神経は悪くないだろうという容赦のない思い込み)
        あははっすんませんっす・・でも自分の現状をちゃんと直視するって大事っすよー?(からから)
        お嬢の思い込みじゃあ無いっすか?・・でもまぁそう思うのなら頑張って見返さねーとっすねー?(ほらがんばっがんばっと応援) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 01:07:50
      • オンオフがはっきり、してるほう…わっう、わ、わわああっ(つるーんすてーん!と転んで)
        うぐぐ…そういえばケーネはトレーニングとかしてるの?お祭りじゃあ随分いい動きをしてたようだけど -- サイカ 2018-11-20 (火) 01:22:27
      • 大丈夫っすかー?(すてーんとしたのを見て声を掛けたり)
        んっと、まぁ基本的には兄貴とか先輩とかと打ち込み稽古?・・あと各魔法の訓練とー・・・実践っすね?(人並程度っすよ人並とこくこく) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 01:26:58
      • これくらいなんて事ないっ、けどっ(ばっと起き上がって)
        稽古かぁ…懐かしい、ボクもキミ位の頃は良く修行していたな…(はーっと溜め息を一つついてバランスボールから下りれば、椅子に腰掛け足を組み)
        (オープンビューにされたホテルのフロアからは一面の夜景が望める)ボク、キミの話が聞きたいなー(なんて言って) -- サイカ 2018-11-20 (火) 01:38:13
      • そうなんすか?・・どんな人に稽古つけて貰ったんすかー?(とか言いつつ自分もボールの上に座ってみる)・・・む?(案外難しい)
        んー?オレの話っすか?・・・なんだろ・・そうだ最近料理とかやってみようかなって思ったんすけど・・いやはや、あれって結構難しいっすね?気が付いたら真っ黒になってたっすにひひーと笑いつつ割と結構しっかりバランスを・・取ろうと・・・してみたり -- ケーネ 2018-11-20 (火) 01:52:18
      • (ケーネがバランスボールに乗るとまるでIV!見せられないよ!!というクソみたいな妖精が出てくる)
        ボクは女学生の頃は…教会のシスターって人に色々と習っていたんだ。銃の使い方、人の動かし方、体の使い方…色々教えて貰ったな。…ティアナって子と一緒に学んだんだけど…手合わせじゃ、一回も勝てなかったな(思い出す様に語って)
        おっ、料理!良いじゃない。ボクも料理は結構するんだ。…アハハ、真っ黒になるくらいならまだマシだよ、焼き加減をちゃんと見れば良いだけなんだから。(味に変なアレンジさえ加えなければ大丈夫だ!と) -- サイカ 2018-11-20 (火) 01:59:49
      • (落ち着き、姿勢をよくして段々安定してくると)おーおーっ(とちょっと楽しそうにぼよぼよ上下に揺らす、あくまで楽しんでいるだけで猥褻が一切無い。いいね?)
        シスター・・ティアナさんとか!(ちょっと意外といった風に驚いて)へぇ・・シスターさんって凄い人だったんすねー?・・因みにティアナさんってその頃からその・・・(下半身に目をやる)あぁだったんすか?
        あっそうなんすか?お嬢がどんな料理するかちょっと興味があるっす あははーそのつもりなんすけどねぇ・・・もうちょっとなんじゃーもうちょっとーって焼いてると気づいたらーって感じで・・・(絶対注視してない) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 02:10:04
      • (此処がセーフルームでなければ危なかった!黒服の盗撮によりティーンのIVが闇市場に出回りケーネちゃんのデコが危険だっただろう…)
        (なんとなくその様子にヒワイ!を感じて若干目を伏せるも…アレ、ボクも人から見られてるときはあんな感じなのか…という顔)
        ああ、シスターは凄い人だったよ。今はなんだか…休暇で居ないからティアナが教会を管理してるけれど…アハハ、まあ…そうだね〜。昔から変な子だったよ。それが今シスターなんてしてるんだもん。信じられないよ(くすくすと笑って)
        ボクはそうだね〜。どんなって言われるとコレ!とは言えないんだけど…インターネットを使ってレシピを確認しながら作るから!(現代っ子な感覚)
        それはきっと火が強いんだ。料理の基本は弱火だよケーネ!弱火でじっくり、焦らないで焼くと、黒コゲになる前に引き上げられるかもっ? -- サイカ 2018-11-20 (火) 02:34:51
      • (なんなの黒服・・・こわいっ・・あとなんで執拗におでこ狙うの・・・)・・・?(目を伏せ気味な様子に不思議そうにのぞき込んだり・・・バランスが崩れてすてーん)おわっ!?
        休暇かぁ・・そんなにすごい人ならあってみたいなぁ・・・にひひ・・やっぱそうなんすね?(何なんだろうなぁあの趣味は・・やっぱり蒸れるのかなと疑惑を抱いて)
        レシピなぁ・・・仕事終わってまで文字読みたくねぇんだよなぁ・・前に読書って奴を試してみようかと思ったけど・・朝初めて目が覚めたら夕方だった事があった(からから)
        弱火・・・こう強火でがーっとやった方が早く出来そうな気もするんだけどなぁ(試してみるかなぁと) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 02:49:11
      • (すてーんとなったケーネを見て笑って)まあ…でも、ティアナはあれで良い子だよ。ボクよりもずっと…
        えっ、読書苦手?ケーネは魔法を使うんだよね。魔法使いって漠然と、本が好きってイメージがあったよ。(と思うも、ふと身近な魔法使いを思い返せば…ミューザー姉の顔が思い浮かんで)
        やっぱそうでも無いの…カモ……。中華料理なんかは強火でやるのが多いんだけど、あれは特殊な鍋と技量があるから出来る事…家庭料理の範疇なら弱火でよーく火を通した方が基本的には上手く出来る物が多いはずだよ、うんうん -- サイカ 2018-11-20 (火) 13:19:21
      • ・・・ちくしょー・・(恨みがましく笑ってるサイカを見やったり)ほーらまたそうやってすぐネガる・・そもそも良い子がファミリーやってたりする訳ないじゃねーっすか(起き上がるとうりうり頬を突いたり)
        確かに魔法っていうと勉強っぽい感じがするっすよねー・・・唯ウチの場合は技術っていうか・・運動?・・・理科とか算数より体育寄り何すよ(「数学」じゃなくて「算数」だ、学がないから!)
        ふぅん・・・?わかんねぇなぁ・・まぁでもお嬢がいうなら試してみるかな・・・(きょろきょろ)・・そう言や此処ってホテルの部屋っすよね・・・台所なんてあるんすか? -- ケーネ 2018-11-20 (火) 13:38:37
      • べ、別にネガティブになってる訳じゃ…そうかな、それは良し悪しはあるけど…良い子だって沢山居る筈だよ。ただ、世の中には色んな理由で、表の世界じゃ生き難い子達が沢山いるからさ。…そんな子達を受け入れるのも、ボク達ファミリーなんだ…!(まるで誇る様に言いながら)
        ボクは魔法とかからきしだから、なんというかファンタジー…ってイメージしかなくってさ?漫画とかゲームに良く出てくる、本に囲まれて難しい顔をしてるキャラが使う…手品のすっごいやつ!見たいな…あ、でもコッローディとか上手そうだよね。(手品師をするコッローディをなんとなく思い浮かべては、一人で噴出しそうになる。それでも)
        いいな〜まほう。ボクもまほうほしいな〜?覚えたいな〜?(ちらっちらっとケーネに視線を送りつつ…)ああ、ボクが結構料理をするからねー。設備は揃えてあるよ。ピザを焼く釜まで用意したんだ。食材も何時もある程度は常備してあるよ!…ふふっ、こっちこっち(ケーネの手を引くように調理場へと移動すれば、かなり広く、あらゆる設備が揃っている様で) -- サイカ 2018-11-20 (火) 14:11:02
      • いや、わかる・・これまでの経験でオレには分かるっすっお嬢はこの後自分の心の闇みたいのを曝け出してネガるんす、それはもうお腹いっぱいっす(えっへん)
        (何をもって良い子になるのかという問題だが・・・別にどうこう言う物でもないだろう)
        手品かぁ・・・俺からすると普通に道具みたいな感覚だから手品っぽくはねぇな・・・もうちょっとそれっぽいの練習してみるかな・・・あぁそういえばコッローディの兄貴はお花見の時とかちょっと披露したらしいっすね?(全然イメージ湧かないわと唸って)
        ん?・・オレらの魔法・・お嬢も覚えたいんす?・・・(うーんと唸って)オレに継承出来っかなぁ・・あれやるには許可いるみたいだしなぁ・・・(ある種の越えるべき試練的な物があるらしい)
        ピッツァ!(そう聞けば目をキラキラさせてついていく)わぁお・・マジであるっす・・・うわー・・こんな間近でみるの初めてっす(おぉーっと見つめてる) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 14:55:00
      • 風評被害だよぉ!ボクに心の闇なんか存在しません!
        コッローディはなんか花火見たいなの打ち上げてたよー。はー、ボクも一発芸披露したんだけどさ、もー派手さが違うの。魔法って憧れちゃうなーって…あ、因みに…バランスボールより、簡単?(勉強は出来る方ではあるが、なんだかケーネの反応をみるに難易度が高そう…という思いに駆られるもので)
        良い料理、良い仕事をするなら、まずは形から、と言うじゃないか。だからぜーんぶ良い物を揃えたよ!(それで作れるのはインターネットレシピの家庭料理位なのだが…)
        さ、このボクが見ていてあげよう…何でも好きな物を使ってつくるがよいぞ?ほほほ(ここぞとばかりに師匠面をしながら、なんだか楽しそうに) -- サイカ 2018-11-20 (火) 15:09:45
      • えー?ホントっすかぁ?自分は悪い事してるんだーとか周りの子たちを見て疎外感受けちゃったり自分はもう幸せになっちゃいけないんだーとか考えてないっすか?
        らしいっすねぇ・・お?マジっすか!?お嬢はどんなの披露したんすよー(教えてくださいっすよーと纏わりつく)
        んー・・・バランスボールより簡単なのもあれば・・・難しいのもあるっすねぇ・・・(あれとこれとそれとと指折り数えていく、両手じゃ足りてない)
        よくわかんねー課題が沢山あって、一度術師になったらそれ全部できる様にならねーとダメみたいっす・・オレもまだまだかかるみたいで、先はなげぇんすよ(隠し芸が欲しい位の気持ちでは辛いかもしれない)
        ふむふむ・・・オレだったら集めた時点で満足しちまいそうっす・・(あははっと笑って)まじっすか?早速っすねっ!?(えぇーと見渡す・・・やっぱりピザがいいが・・・ピザってどうやって作るんだろうと首をひねる)
        こう、生地的なサムシングを伸ばして具をのせて、で焼けばいいんすよね・・・(あれって何だろうかと思いつつ食材を見て回る) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 15:31:17
      • …か、考えてません…とも!…それに、キミがこうして此処にきてくれたのに、そんな事考えていたら礼に欠けるって物じゃあないか?(ふふっと、小さく笑って)
        えっ、ボクの?ボクのはねーそうだねー地味な奴だよ…こう、拳銃を咥えて…バーンって撃って?銃弾をぺっ…とする…感じ?(そして先は長そうと言う空気に、あ…これ素人には絶対無理なやつだーという顔で)
        …ア、アハハ…まずはバランスボールを乗りこなしてから、考えようかな、やっぱり…(サイカは怖気づいた!)
        うんうん、何でも…なん…ピッツァ!?最初からピッツァは無茶だよ!火加減が大事っていうかそういうのじゃないって!(なんで皆もっと簡単な奴から始めないの?!と思う)
        ほ、ほら、最初はお肉料理とか、魚料理とか…あ、卵とかどうかな…?(わたわたとしつつとりあえずただ焼けば何とかなる系を勧めるぞ!いや、ピッツァも作れるが…焼き加減は難しい方だという判断から) -- サイカ 2018-11-20 (火) 16:02:37
      • ふーん(ふーん)へへっまぁそういう事ならオレの勘違いってことで
        ・・・それホントに手品っすか?いやまぁ剣飲み込む奴みたいなノリって考えれば確かに・・・こう、花とか鳩とか出す感じに頑張ってみるのもいいと思うんすよー
        (あ、怖気づいたって察した顔で)まぁ無理にさせるもんでもないっすしねー・・まぁオレには無理だけど兄貴に言えば何とかしてくれるかもっすし(完全に他力本願なうえ確証がない)
        ピッツァが好きなんすよーせっかく窯もある事っすしー(ぶーぶー)
        (むーっとむくれつつ話を聞いて)・・・わかったっす、じゃぁ肉でいきやしょう!肉で!(お肉も好きなのでノリノリで) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 17:26:03
      • そうそう、剣飲み込む奴みたいな…あ、一応他には投げナイフとかもできるよ。誰かの頭に林檎を置いて、ストーンってやつ!
        ボクにもできる簡単な手品、見たいな奴があれば良いけど…ロベルトかぁ〜…(ケーネに言われれば、なんともし難い顔をする。自身の立場もあって、ロベルトもそこまで気安く話しに乗ってくれるだろうか、と言う思いや、部下達の手前もあり…)
        チーズは直ぐに焦げちゃうからさ、意外と難しいんだ。その点お肉なら簡単さ。なんたって焼きすぎて損はあっても、早くあげて損は無いんだから。(若干生でも美味しくいただける!という点を考慮して、最高級の東洋の牛のステーキ肉を冷蔵庫から取り出して)
        じゃーん。ファイブエーまつざかうしー。…これ焼こっか!(ケーネに渡す) -- サイカ 2018-11-20 (火) 17:52:56
      • ほら、職業柄銃声はちょっとシャレにならない事もあるんで、ナイフ投げとかなら程よく楽しめるかもっすねー・・・誰に立ってもらうかも重要かも?
        まぁ無理にとはいいやせんよ、ただ手品したいってだけなら誰かに師事する手もあるっすし・・・ちょうどすごかったっていうコッローディの兄貴とか?
        そうなんすか・・・たしかに真っ黒こげは確かにちょっと侘しい気持ちになりそうっす・・(うんと頷き肉で行く)
        おぉ・・・こんなに脂身さしてて大丈夫なんすか?くどくならねぇんすかね?(おぉーと眺めてる、体温だけで脂がにじみ出てきそうだ)
        ・・・よしっんじゃ焼きやしょうか(フライパンセットー火つけーのと準備する)・・・弱火でしたっけ?(マジかよ大丈夫かよ火がフライパンに届いてねぇよとつぶやいてる) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 18:15:16
      • アハハ、確かにそうかも…誰かに立って貰うなら、ハローだね!(アイツユルサン!と言う顔で)
        コッローディかぁ…でも彼も最近は忙しそうだからね。いや、彼だけじゃないか…(思う事はあれど、だからこそこうしてケーネと過ごす時間は大事な物に思えて)
        ボクは食べません。でもキミならこれを食べても大丈夫な筈だ!(後ろからケーネのお腹を触るように手を回しつつ…)
        大丈夫、ゆっくりでも火は通るんだ。火は中火の弱位にして…お肉の色が変わってくるまでじっくり焼いてみよう。 -- サイカ 2018-11-20 (火) 18:31:52
      • ハローの兄k・・ハローさんになんか思うところでもあるんすか・・・(ネタになりそうではあるが、普通にきれいなお姉さんとかに立ってもらうのを想像してた)
        忙しいのは誰だってそうっすよーオレはむしろ、大変な事してる人ほどそういう時間が必要って思うっす(うんうんと)
        うひゃぅ!?(くすぐったそうにきゃっきゃと笑う細見、年頃を思えばむしろもっと肉付けろと言われかねない)えぇー・・せっかくならお嬢もちょっと食べましょうよー
        むー・・ホントかぁ?(だんだんフライパンが温まり、じゅーっと音がしてくる・・・不安になってちらちら持ち上げて焼き目を見たりしてる)脂すっげぇからか全然こべりつかねぇっすね?(今更ながらに脂敷くの忘れてたって顔) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 18:45:24
      • 良い?ケーネ…アイツに気を許しちゃダメだぞ…っ!あいつはきっと将来女の子の敵になる男だ。
        アハハ、キミは若いのに物事を本当に良く見て、知っているね。……うぅ、ボク今、自分と言う悪魔と戦っている最中だからね…贅を落とさなくてはいけないのだっ(うわー、ほっそっ!…と思いながら)
        本当本当♪あっ、あんまりお肉は持ち上げないほうが良いカモ。料理で最も大事なのは忍耐と丁寧さ、だよ。ふふっ…(そしてお肉の片面の色が変われば、此処で一度ひっくり返すんだっと) -- サイカ 2018-11-20 (火) 18:57:00
      • えぇ・・・なんすか?タラシだっていうんすか?なんかあったんすか?・・まさかセクハラ・・?・・・まぁ確かにこの前「敬語使ったらお尻触る」って言われたっすけど・・・(幹部相手にむりっすよぉと)
        (触れられると居心地悪そうに身をよじってる)うぅ・・わかったっわかったっすから・・・でも、それなら肉はちゃんと食っといた方がいいっすよ?・・・糖質は控えめにして(なんとなくじーっとサイカのお腹周りを見て、むにむに触れてみる)
        そうなんすか?・・・むむむ・・忍耐・・・(ちらちらサイカの方を見たり周りの物に触れたり落ち着かない・・・これも焦がす原因の一つだった・・・合図を聞けば)
        ここで・・すか?・・・よっと!(ひっくり返せばまぁまぁいい具合)こう、ちょっとくらい焦げ目がある方が嬉しくならないっすか?(火力を見てる) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 19:14:04
      • そうだ…今に見てろ〜?今にアイツは俺は幹部だぞ!とか言いながら、堂々とセクハラ三昧を始める筈だ…(※始めません)
        (ひとのお腹に触って良い奴は自らのお腹を差し出せる奴だ…うぅ、しかし…気になる。気になって仕方が無い…だが)糖質制限もしてますぅ。…ほらほら、我慢我慢だよ(そう…忍耐が大事なのである!)
        (お肉が返されれば、焦げていない。片面をふんわりと焼かれて色が変わった程度で、普段焦がすまで火を通すケーネからすればまだまだ実感はわかないかもしれない)大丈夫大丈夫、良い感じだよ〜。さ、後半分…集中して集中して♪もう片面が焼けてきたら、お肉に油が浮いてくるよ。…ちゃんと良く見ている様に。そして油が浮いてきたら一度引き上げて、少しだけ時間を置きます(ゆっくりと丁寧に料理をする。普段のケーネなら強火で雑にやってしまう事かもしれないが…) -- サイカ 2018-11-20 (火) 19:32:37
      • うわ最低っすねぇ(広がる風評被害)
        ・・・気になって仕方ないのなら言えば・・・あい・・我慢・・・(むむむーっとお肉をみる・・いいにおい)
        良い感じなんすか?これで?(むーんと唸り)油・・・あ、ひょっとしてこれっすか?(と火が通るにつれて段々それっぽい感じになってくる) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 20:13:11
      • そう…最低なんだ!アイツ!今にドーニャ…俺の右手になれ…とか…カランドリエ…俺の左手になれ…とか言いながら、ズボン下ろしたりし始めるよ(※しません!)
        (そして待つ事数分にも満たないかもしれない時間…お肉に油が浮いてくれば、いい感じに焼けてきていると言う合図である!ぱっとケーネから身を離せば)良し、此処で一旦引き上げてから…少しだけ時間を置いて…
        後は、最後に焼き目を付けるためだけに、強火で焦げ目をつけるんだ。そうすれば美味しいお肉の出来上がり。(と、説明すれば、後ろから最後の仕上げまでを見守る姿勢で) -- サイカ 2018-11-20 (火) 20:36:06
      • え・・・マジっすか・・(さっきまでは割と冗談で済んでいたが具体的な話になってくるとちょっと本気で引いてくる)うわ・・・え、ちょっとこんど確認してみるっす・・・場合に寄っちゃマジで逮捕しないと
        ん・・引き上げて・・・・・置く?(完成じゃねぇのと不思議そう)焼き目・・・あぁっここでつけるんすか(なるほどと頷きつつ説明を実行する様に強火で熱して)最初強火の後で弱火じゃダメなんすかねぇ・・一回上げたから冷めてないか気になっちまう・・・お?こんな感じ?(と焦げ具合を見て) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 20:45:43
      • (こくりと真剣な顔で頷く)…今に、オレは幹部だぞ!この町の住人の9割はケニーをしているねェ…とか言い出すからな…ケーネ、この町の女の子の未来は…キミにかかっている…(ぐっ)
        そうそう。一回あげても余熱が残って、それがお肉を良い感じに焼いてくれるんだよ。それに最後の仕上げで焦げ目をつけるから安心さ(そしてお肉に良い感じの焦げ目がついてきたら)
        はい、コレで完成だよ♪…まあ、本当ならコレにあうソースとかつけあわせとかも作るんだけど…それは今度にしよう(出来栄えはゴリッパ!と言わざるえない出来!直ぐに黒コゲになってしまうといっていたケーネが焼いたお肉は、良い感じに焼きあがっている!)
        ふふっ…上手く焼けたじゃない?(塩とナイフ、フォークを用意して) -- サイカ 2018-11-20 (火) 21:04:43
      • ケニー・・・(ぞわわっと背筋を震わせる)わ・・わかりやしたっ!(真面目な顔)
        へぇ・・・温まった肉が後をやってくれるんすね・・・いよっとぉ!(とお皿に挙げて、ついでにそのまま肉汁もかけちゃう)
        えへへぇ・・・結構出来ちゃうもんすね?(やったぁと嬉しそう)い、いいんすかね?(とそそくさとダイニングに持ってくる・・ごくりと唾をのむと早速切って一口)・・・っ!?・・・と、とろけるっすぅ・・・(ふわぁぁっと顔をほころばせて) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 21:09:34
      • (ファイブエーのお肉、という事もあるのだろうが…もとよりケーネの焼き加減が良かったのだろう。表面は程よく焦げ目がつき、中まで火が通りつつも、柔らかくジューシーな味わいに仕上がっている)
        コレで次からはもう、黒コゲにならずにすみそうだね?(なんていって、ケーネを見ればニコニコと楽しそうにして)
        …ロベルトにも振舞ってあげると良いかも。(お土産用の肉も用意する…くくく、コレは口封じなのだ。ロベルト…ボクの事を喋るんじゃあないぞ、というメッセージが篭めてあるのだ!) -- サイカ 2018-11-20 (火) 21:33:14
      • やばいとろける・・・やばい・・(くどいとかそんなことなかった・・・脂ってあまい・・)お嬢これ食べないとダメっすよ・・食べないとダメっす(二回言った)
        (一切れ切り出すと)はい、あーんっ(と差し出す、ぐい、ぐぐい)
        そうっすねぇ・・・お嬢のおかげっす・・ありがとうございましたっ!(にひひーっと嬉しそうに)兄貴にもっすか?了解っす!(ありがたく頂戴するが・・・多分あの男はそういう事理解しない) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 21:37:04
      • えっボク?!ボクは良いよ?!師匠(ドーニャ)に応援してもらったからね…こ、ここで誘惑に負けちゃ…(しかしぐいぐいと押し付けられれば)
        うっ…は、はい…せ、折角キミが焼いたんだもんね、食べなきゃ…ファミリーは礼を何よりも大事にするもの…あーん(流されてぱくりと一口…)
        うぅーん…やっぱりおいしぃ…♡(堕落する姿を晒すのであった…)
        (そして、楽しい時間も過ぎていけば…)…さて、そろそろボクは仕事に行かないと。ふふ、続きはまた今度で良いかな?(なんて言って席をたてば、少しだけ名残惜しそうにケーネを見やり…自らの部屋を後にして) -- サイカ 2018-11-20 (火) 22:01:26
      • 糖質制限してるんならわかってんでしょー?たんぱく質はしっかりとんないとダメっすよ?(うりうりー)にひひーっ美味いんすよねぇ(にこにこと嬉しそうにして)
        (大分楽しんでのんびりしてると)んぉ?・・もうそんな時間なんすか?長居しちゃったっすね・・・頑張って下さいっすっ・・・そだ?ランニングとかするんなら、オレもお付き合いしやすよ?(ばいばーいと見送り)・・・・・まぁここにいてもしょうがないし?(自分ももう帰る事にした) -- ケーネ 2018-11-20 (火) 22:07:59
    • //ぶんつうすいっちおん! -- ケーネ 2018-11-20 (火) 02:51:24
      • ///ウワー!完全にねおちてましたー!!ごめんなさい! -- 2018-11-20 (火) 13:08:13
  • んん……、このホテル銀河さんの所よりもっと豪華な気が…(とりあえず受付にサイカを訪ねに来た旨伝え) -- アマレット 2018-11-19 (月) 21:35:25
    • (アマレットが訪ねに来たという旨を伝えれば、直ぐに町の中でも有数の高級ホテルの一つのフロアへと通される)
      (普通の一般人では入る事の許されないVIPルーム…ホテルのワンフロアを丸ごと貸し切りにされたその場所は、豪華であり町中の夜景を一望できるまさにVIPといったフロアだ)
      やあやあアマレット。良く来たね、もてなすよ?(スーツ姿の女が、笑顔で来客を出迎えた) -- サイカ 2018-11-19 (月) 21:55:36
      • ……だ、だいじょうぶなんでしょうかこんなすごそうな所……えっ、VIPルームっ!?えっ…ああでもサイカさんなら…あ、すいませんすいません失礼します(黒服にぺこぺこ)
        こ、こんにちわサイカさん。この前はお見苦しい所を…それでですね、サポート、という訳ではないですが何かお助けできないかなーと…差し入れを…(と持っていたバスケットを示して)
        ノンフライで作った野菜チップです。油は使ってないので、かなりカロリーは抑えられてますよ……つ、つまらないものではありますが…(へへー、とVIPルームの圧力に負けてる庶民が差し出す) -- アマレット 2018-11-19 (月) 22:13:55
      • まあ…ほら、ボク一応お嬢様だからさ。お父様が心配性でね…(半分は事実だが、半分は本当だ。実際の所はこういった場所の方が襲撃や暗殺に対して直ぐに対応が出来るからである)
        アハハ、そんなに気を使わないで、楽にしてくれて良いんだよ?(何か飲む?とききながら)
        ムッ…差し入れ…!ノンフライ…野菜チップス……!(説明しよう!サイカは普通の女の子が好きそうな響きの物に弱いのだ!)
        ほほう…つまり…これなら夜食べても…太らないと…?(おぬしも悪よのう?という視線) -- サイカ 2018-11-19 (月) 22:41:43
      • (気楽に気さくなサイカの態度を見れば、ふー…と少し緊張も解けて)そ、それでは紅茶などを…砂糖とミルクは無しで、ええ(その注文の意味、彼女ならば分かるであろう…)
        いやぁ…でも話には聞き及んでましたけど見ると聞くとは大違いで…あ、ちなみにお塩で味付けしてあります。お砂糖でも美味しいんですけど…意味なくなっちゃいますしね(あはは、と笑い)
        ふふふ、そういうことですよ……魔の時間帯、深夜になんとなしに小腹が減ってしまった時、その時こそ悪魔がささやく…それを救ってくれるのが、その野菜チップです!(ばばーん、とすごそうに提示)
        …まあそもそも、そんな時間帯に起きてないで寝た方がいいのは確かなんですけど(めそらし。夜は誘惑が多いのだ。うむ……!みたいな顔でその視線を受け) -- アマレット 2018-11-19 (月) 22:59:07
      • ふふっ、オッケー(ニコニコ顔でシンクに立てば、なにやら品質の良さそうな紅茶を淹れて…これまた品質の良さそうなティーカップに注げば、スイとアマレットにお出しする)
        ハァ…本当は甘い紅茶に甘いコーヒーが良いんだけどね…ううっ、悪魔の誘惑が多すぎるんだ…!
        アハハ、それは…職業柄、夜起きてる事の方が多いからさ。(そして…)
        でもさ、アマレットはスタイル良くない?(じーっと胸を見る) -- サイカ 2018-11-19 (月) 23:58:09
      • (少女は戦慄した。お高そうなお茶にお高そうなカップはホテルからある程度想像がつく、少女が恐れたのはそれを実に自然に扱い、何気なく出すその仕草…)
        …うう…これが本物のお嬢様…(打ちのめされつつ)そうそう、甘めに入れたお茶にすごく甘いお菓子、冒涜的で…(こちらもボヤキつつ紅茶を口に…お高い味がする!)
        あー…なるほどー…。それは本当に不可抗力ですね(あはは、と軽く。彼女の仕事についてはもちろん知っているが、それこそ不可抗力でしかない、ならば、と)
        ……え?ど、どうなんでしょう…一応気をつけてるつもりですが…サイカさんの方がいいですよぅ(視線の先はDよりのCと言った所か。形は悪くなく、シャツ越しのそれは多分サイカより大きい) -- アマレット 2018-11-20 (火) 00:11:15
      • や、やだなぁ、そんなに見られるとなんだか恥かしいよアマレット(照れる様に笑いながらも)
        不可抗力で体重に悩まされるなんて…は〜、お腹とか足とかのやつ、全部胸にまわんないかな〜
        (そんなアマレットにジト目で)…ふふん。謙遜を言うキミにはお仕置きが必要かなぁ〜?(手をわきわきさせるぞ!) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:29:25
      • (照れる様までお嬢様っぽいとか思った庶民は)ふふふ…レース本番ではもっと皆さんに見られますよ…?(逆に行った)
        んんー…そこまで言うほどではないとは思うんですけどねぇ。大きくてもちょっと邪魔ですし…まあ他のもっと大きい方には口が裂けても言えませんが。
        …え?いやでも私もダイエットしなきゃいけないくらいにはぷよぽよですよ?え?サイカさん?(あれ?とか思いつつほんの少しだけのけぞり。まさか…とは思いつつも) -- アマレット 2018-11-20 (火) 00:40:00
      • はぁあ、そうなんだよね(顔を赤くしながらも)…何でボクが…ハローのやつぅ…(ブツブツと)
        アマレットはちょっと位ぽよぽよでも良いんじゃない?だーっ(すばやく後ろに回ってむぎゅーっとアマレットを抱きしめるぞ!)
        アハハ、お仕置きお仕置き〜 -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:47:12
      • っきゃー!?(サイカの素早さに少女が敵うはずもなく、というかまさか自分がそんなことをされるとは思ってなかったので黄色い悲鳴が漏れる)
        ちょっ、ぽよぽよ感確かめないでくださいっ!(彼女よりは全体的にほんの少し肉付きが良く、腕に伝わるのは戦いをする者ではない人間の柔らかな肉の感触)
        (春も深まった季節にシャツ一枚越しに伝わるのは年にしては高めの体温とサイカの腕によって形を崩された適度な弾力のある胸元からの心臓の鼓動)
        た、体重バレるー!!(その心臓は焦りで少々高鳴り、バランスを崩したためサイカにもたれかかるようになったので、油断した重みが伝わってしまうかも) -- アマレット 2018-11-20 (火) 01:04:58
      • ムッ!…ムムッ…(楽天カードマン!違う…手から伝わる感触は…同じ女性としてはあまりにも違う…なんというか戦闘力の違いを感じさせる物で…しかし…其処から推し量れる重量に)
        アマレット…心中、お察しします…(なんて冗談をいいながらじゃれつく)
        ふふっ、よし、悪いお代官は成敗成敗(そして一頻りアマレットを堪能すれば、ぱっと腕を放して開放) -- サイカ 2018-11-20 (火) 01:14:12
      • (お得ですっ!(例の声)彼女に抱きしめられるのは、嫌ではないものの恥ずかしく。そして体重が分かってしまうのは更に恥ずかしいのでもがいていたが)
        …察せられてしまった……(ずーん、とバレたので沈鬱な表情。をしていたら開放してもらえ)……うう…ご老公は乙女の秘密を暴きません……(がっくり項垂れ)
        ……お、覚えてやがってくださりませー!?(怪しいお嬢語で顔赤くしてダッシュで逃げた。けど部屋から出る時に背中越しのサイカの体の感触思い出し)
        …低カロリーだからって食べ過ぎちゃ駄目ですよ?お腹、ちょっと柔らかかったです(などと意地悪そうに笑い、ちょっと逆襲して去っていったとか) -- アマレット 2018-11-20 (火) 01:25:53
      • うっ…ボクの事は言わないで!?これから、これからビルドアップするんだから!(もーっと赤くなって)
        ワハハ、またボクをその体で喜ばせに来るがよいよいよい…何度でも成敗してくれるわーっ!(ふふんっと笑いながら、小さく手を振ってアマレットを見送った)
        (そして一人になってから)…ボクとアマレットは同じ種族なのかな…(自分の胸に手を当ててみるも…無い!となってがっくりするのでした) -- サイカ 2018-11-20 (火) 15:14:57
  • サイカ…………ダイエット、しよう……痩せよう……(筋トレに励む少女がやって来たが分不相応なことを言っているので周りに怒られた) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 21:30:25
    • ワーッ、その子はボクの友人だ!丁重にもてなせーっ(スマフォから黒服を叱り付け、直ぐにドーニャをフロアに通す様に言い)
      や、やあ良く来たねドーニャ…急に来るなんてびっくりしたよ(私服姿で見張りの少女を出迎える) -- サイカ 2018-11-19 (月) 21:47:57
      • (うわ言の様にダイエット、しよう……痩せよう……と言う少女の呟く声がスマフォ越しに聞こえる……猫のようにつままれた状態で部屋まで連行される少女)
        ……(あいさつ代わりに小さく会釈をしてつかつかと歩み寄ればお腹をむにっと摘まんで)……ほんの僅か…………僅かだけど……減っている、かもしれない可能性が無きにしも非ずと言えなくも…………(ぶつぶつ) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 21:58:38
      • し…してる、してた所だよ!スクワットとか、そのくらいだけど…!(なんかすごい恥かしい…けれど体型の維持を怠った自分の責任…という強い自責の念はドーニャの行動を正当化させた!)
        (がーっと黒服を睨んで徹底させれば、奥のフロアまで案内して)ハァ…でも一人でやってると中々続かなくてさぁ…筋トレなんて…修行してた頃はしてたけど、今は全然だったから…(と言っても有事の際のバーサーカーブラッドの力は凄まじく、並みの人間から比べればとてつもない力を有するのだが…普段の生活においては普通の体と普通の力なのである!) -- サイカ 2018-11-19 (月) 22:08:01
      • トレーニングは自己と向き合う事…………それは……筋トレだけでなく……勉強や……他の物事にも同義で……ある……受け売り……
        サイカは…………かわいい、ね……(ぽつりと呟いてから)……これを…………(そっとどこからか取り出してくるはバランスボール)
        これなら……スマフォいじりながらでも座ってるだけで……そこそこ……運動になる……便利……(座ってお尻でころころバランスを取って見せて)
        ……試す、が…………良い…………(何故か師匠面) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 22:22:19
      • 己と…向き合う……!(そうだ…自分はありとあらゆる事から逃げてきてばかりだ…辛い事や現実から逃げたくて、部屋でごろごろとし、あまいものを食べすぎて…逃げて逃げて、今此処にいる…逃げちゃダメだ…戦うのだ!己と!)
        はっ…ふふん、ドーニャ…このボクを舐めて貰っちゃ困る。それくらい…(言いながらバランスボールに跨る…なんとも色気が無い光景にしかならないが)
        おっ…ぉっ…ぉ……おっあっ、あわっ!わわわああっ!(ぐしゃーっと顔から床に落ちて) -- サイカ 2018-11-19 (月) 22:35:19
      • サイカの目が…………輝いた……今ならいけ……そ、う…………(ごろーーーんと盛大に転がる彼女を見てハイライトが消えて)
        …………〇(まる)と〇(まる)同士だと…………転がるのは……当然…………(ぼそり) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 22:48:09
      • (がばっ)…そ、そこまで丸くないでしょ?!ボクまだそこまで丸くないでしょドーニャ?!(もう一度バランスボールに跨って)
        おっ…おっ…ぉっ…あ、あわ…あわわわっ!(またもすてーんっと床に転ぶ)
        ナニコレ本当に人間の乗り物なの…あ、あのドーニャさん…コツ、教えてもらえない?(助けを求める目で) -- サイカ 2018-11-19 (月) 23:38:33
      • 冗談…………ごめん、ね…………実は…………コツが……ある、よ……(そっと背中を起こしてあげて)
        体幹……のバランスを……鍛えるものだから……重心を意識…………する……身体から……一本線が上手く流れるような……そんな感じで……腰を動かしてバランスを…………とろう……
        でも……結局は……やって覚えるしか……(ふにょんふにょんと座って見せて) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 23:48:07
      • 体幹のバランス…なるほど、背筋を伸ばして、腰でバランスを…(ドーニャに言われた事を意識する)
        (男にはとても見せられない様なセクシャルな絵面になるが…)おっ…ぉっ…おっ?こ、こう?こんな、、感じかな?(全身の筋肉を使ってバランスを取り始め…流石に身体能力の高さが相まって、コツを覚えれば割と直ぐに出来る様になってくるもので) -- サイカ 2018-11-20 (火) 00:15:46
      • ……おぅ…………せくしー…………(感嘆の声、棒読みなのは少女ゆえ)
        サイカ…………やっぱり素質ある、から…………大丈夫そう、だね…………
        無理に続けようって思うと……辛いから…………バランスボールなら……テレビ見ながら……とかあんまり意識しないでやれるから……便利、だよ…………
        がんばって…………ね…………(ぐっと拳を握りしめて応援のポーズをして、怒られないうちに去っていく下っ端なのであった) -- ドーニャ 2018-11-20 (火) 00:25:24
      • イエスセクシー。キミが最後に見るセクシーはこのボク…(言ってて恥ずかしくなって俯いてやめる)
        えっ…こ、これが…無意識にできっ…わ、わわわわ!(意識を逸らせば、直ぐにべしゃんっとボールから弾かれるようにして落ちて)
        うう…ダイエットの道は…険しく、厳しい…(そしてドーニャの応援に、ぐっと合わせる様なポーズを取って)
        ハイ!師匠!…ドーニャの応援を心の支えにして…ボク…頑張るよ!(こくこくとうなずいて、去っていくドーニャを見送りました)
        …(そしてフロントや警備の者に直ぐに通信を入れて)その子はボクの友人だから。キミ達はくれぐれも失礼な事はするなよ。あと過剰に反応もするな?気を使わせない様にして。(等と圧をかけ…ドーニャが来た頃に比べ、帰りは黒服達は何も言わず無事に帰れましたとさ) -- サイカ 2018-11-20 (火) 15:27:04
  • (幹部に昇格したことで他の幹部に挨拶回りをしている。今日はサイカの所だ)…よぉサイカ。この度晴れて幹部になったハロー君だよ。
    …前言った通り、俺のやる仕事を変えるつもりはないんで。ま、これからもよろしく頼む。(あ、これお気持ち。とサイカとその部下に行き渡るレベルで上質なワインを準備していた。顔見知りのサイカの部下に渡して) -- ハロー 2018-11-18 (日) 17:48:21
    • やあハロー…その、改めて…おめでと
      キミなら心配いらなそうだからそれは心配しないけど…やる事もずっと増えるし、気を使う事も増えるとおもう。それに、自分のやりたい事ばかりする、なんて事にもいかない。…ま、今その椅子にいる君なら、わかってると思うけど
      組織の利益の為に。そして、家族皆の為に…共にファミリーを良くしていこう。よろしくね(笑顔を向けて)
      ああ、それと…お父様に会う機会も増えるかもしれないけど…呆れないようにするんだよ。あの人はああ見えて、子供っぽいからさ(お気持ちとやらを手にとれば、ラベルを眺めてうーんと唸る私服姿。良いお酒だ…) -- サイカ 2018-11-18 (日) 18:14:03
      • だろうねェ。(仕事が増える、という点に対しては頷いて)…わかってる、その辺も含めて俺は幹部になることに了承してるからねェ。
        ああ、よろしく。ファミリーとこの町のために(それは本心だ。だからこそまずは吸血鬼の対策を進める必要がある)…ボスに?それは…(血統のこともあり。あまり浮かない顔だ)…あんまり多くないといいねェ。
        (正直なところ…ハローはファミリーという組織は好きだが、ボスに対して忠誠心があるわけではなかった。実の父だが、薬を混ぜてゲートを撒かせたことにまだ抜けない棘が刺さっている。判断として理解はしているが…)…まぁ覚悟しておくよ。
        …ところで今日は私服なんだねェ。オフの日かな。シンプルに似合ってるけど…(じっ。と見るのは腰回り)………冬場油断した?(安定の頭おハロー) -- ハロー 2018-11-18 (日) 18:18:34
      • 過労で倒れないように気をつけろー?(くふふと笑い)
        アハハ…多くなくても、案外近くで見てるかもね…酔っ払いのホームレスに良く化けてるからさ。
        …な、なにその視線……(そして指摘されれば)失礼か!キミは!し、してないもん!! -- サイカ 2018-11-18 (日) 18:29:20
      • その辺のコントロールも幹部の仕事ってねェ(気を付けるよ、と肩を竦める)…酔っぱらいのホームレス?なにそれ、ボスってそういう変装趣味があったの…?
        (まずいなァ。結構そういう人知り合いにいるな…どっかで見てたかもなァ…と。ホームレスだろうが酔っぱらいだろうが、とりあえず世話を焼くのがハローの常と言えた)
        してない。ごめん。(しかしということは…普段スーツの下に隠れていたのは)……安産型だったんだねェ。(にこ。イケメンな微笑みだが状況が台無しにしている)
        ついでにレースクイーンの服を見繕うのにサイズでも図ってこうかなァー?もう幹部だしこういうの遠慮しなくていいよねェ?(コイツに遠慮という文字があったのだろうか…?) -- ハロー 2018-11-18 (日) 18:32:09
      • ナイショだぞ…っお父様はね、そうやって変装して町で遊び歩いてるんだ。それで気に入った女の子の尻を追い掛け回してる…ミューザー姉様をそのまま大人にしたような感じなんだよ…(ひそひそと)
        ば、ばか!バカバカバカー!!
        バンバンバン(そんなハローに向けて拳銃を発砲…狙いは外して撃つが!)
        幹部になったからって女の子の服のサイズを測れるとおもったらそれは間違いだ!!バカーっ(目が赤くなる) -- サイカ 2018-11-18 (日) 18:41:40
      • ……責任ある立場の人なのに……(ハローの中でボスの評価がさらに落ちた)ミューザーさんの男版って…それは…ひどいのでは…?(さらに下がりました)
        い、いきなり銃はやめろー!跳弾が怖いから!!(狙いは外れているのは分かるが。怖い。こんなところで異能なんぞ使えないので竦むハロー君でした)せめて拳で頼む!
        駄目だったか…いやまぁサイカくらいにしか言わないけどこんな話。じゃあ後でサイカの女性の部下から聞き出しておくよ…(仲のいい部下は多い。サイカの部下もハロー君に侵略されてるゾ!)
        まぁレースはそのうち広報出すから。後はまぁ、抗争が終わっても町の警備は気を抜かない様に、って感じかねェ。(す、と真顔に戻して)…吸血鬼は強い。サイカも気をつけろよ(雑な口調で言った) -- ハロー 2018-11-18 (日) 18:46:01
      • はぁっはぁっ…(カチッカチッと弾切れの音で正気に戻る)
        はっ…ゴホンっ。でもカリスマと…不思議と人を引き付ける魅力があるんだ。…太陽っていうのは、きっとああいう人の事を言うんだよ。そして、キミはお父様に似てる(なんとなく、ハローにも同じ様な物を感じて…苦笑して)
        …ボクの心配をしてくれるの?ふふ、嬉しいな -- サイカ 2018-11-18 (日) 18:54:11
      • (コイツは幹部の中でもかなりやばい奴なのでは?ハローは訝しんだ。自分の言動のせいだとは一切思わなかった頭おハローであった。)
        カリスマ…魅力ねェ。でもそういうところある人はいるよなァー……俺も?(きょとん、と目を丸くして、ふっと微笑み)…買い被りすぎィ。でもあんがと。
        そりゃあね。色々見てて心配になる所あるからサイカは。過保護な弟分だと思ってくれていいですよォー(肩を竦めて)…そんじゃ、仕事に戻る。何か手伝える仕事あったら廻してくれ。またねェ(去り際、ぽん、とサイカの頭を撫でていった) -- ハロー 2018-11-18 (日) 18:57:42
      • …!(ふっと微笑むハローに、ちょっと格好良いと思うも…なんだか悔しくて)…その下半身の緩さとか、女癖の悪そうな所がだよっ!!(横を向いてつーんと返して)
        わっ…うん。過保護なキミは、まったく…ボクの気もしらないで…。(頭を撫でられれば、むぅと唸るも…同格となった彼を見送って)
        ………
        キミの邪魔者は、全部ボクが消してあげるよ…ハロー(彼の去った部屋で一人呟いた) -- サイカ 2018-11-18 (日) 19:08:30
  • お嬢、お疲れさまでした…(軽く一礼)
    …(顔を上げてサイカを見つめる表情は少しの哀しみ) -- 彼崎 2018-11-18 (日) 16:59:05
    • ボクがレースクイーンだって!あーっ、どうしたら良いの彼崎兄!(私服姿でうろうろ)
      ボクはそういうの慣れてないんだ!うう…ついやってやるって言っちゃったけど…あーんどうしよう〜、プロポーションとか…お腹周りとか〜〜 -- サイカ 2018-11-18 (日) 17:13:04
      • …(それもすぐに消して眼鏡を上げる)
        話の展開が良く読めませんが…お嬢なら十二分にこなせると思いますがね
        (腕時計を見て)大分季節外れだが、置いてあるか…?店、見に行きますか -- 彼崎 2018-11-18 (日) 17:21:36
      • ボクはライブ映像を見ながら、その後広場で花見をしていただけだもの。(肩をすくめて苦笑して)
        そうだね、今回は一応カタギの人にも迷惑をかけたし…次は興行でもどうかなって話しになったんだ。…それで街中を走るレースでも、という事になってね?
        …い、いいよぉ…恥かしいもん(相手は彼崎兄とはいえ、年頃の妹って顔) -- サイカ 2018-11-18 (日) 17:31:25
      • …そうですか(彼女の仕事の特性上喋る訳もないかと納得して)
        なるほど、しかし仮にもマフィアがレース…うーむ(大丈夫だろうかと少し考え)
        (恥ずかしいと告げられると、眼鏡を正し)…ああ、そうですね。失礼、配慮が足りませんで
        必要なら同性の構成員、誰か一人寄越させますが?(そういうのは嫌がりそうだな、と分かっていつつも一応言っておく) -- 彼崎 2018-11-18 (日) 17:39:42
      • 兄ぃ。(人差し指を口に)
        ボク達はファミリー。そうでしょ?…ハローは表の人達に顔が広いし、ウチが手を回してる系列はカタギだって多いんだ。なに、別に町でドンパチやるって訳じゃないんだし。
        スポンサーはボク達ってだけで、そう心配する事もないでしょ。この町の経済を回すのもボク達の役目だよ
        いいです〜。それより兄ぃは開催がもし本当に決まったなら、先生にレースクイーンをして貰いたいんじゃないの?(くふふとからかうように笑って) -- サイカ 2018-11-18 (日) 17:47:10
      • 確かに、言われる通りですね、余計な心配でした(馬鹿な事を言ったもんだと自嘲し)
        …いえ、それ以上に他人に見られたいとは思いません(静かに眼鏡を正し)
        お嬢、人の事からかう以上自分もそうされる覚悟はおありで…? -- 彼崎 2018-11-18 (日) 17:51:51
      • ふふ、うん。(彼崎兄に微笑みかけて)
        はぁ〜…大人だねぇ兄ぃはぁ…(なるほど、なるほど、と納得しつつも)
        あ…アハハ……勘弁してよぉ(あせあせと) -- サイカ 2018-11-18 (日) 18:04:12
      • 誰でしょう…ハローが一番ありそうだが、大穴で…コッローディとか(考え始め)
        (と、直ぐに微笑を浮かべ)冗談です、多少気持ちは分かってもらえたかと
        冷静に努めるのも大変ですので(そう言って髪を正す) -- 彼崎 2018-11-18 (日) 19:12:55
      • も、もうっ、兄ぃってば!!(顔を赤くしつつも)
        う〜、わかりました。…ふふっ、でも…彼崎兄もこれからはもう少し、息抜きできるんじゃない?(ハローが幹部に昇格し…兄ぃと同じ様な管轄だが、シマの取り合いとはならないだろうと思い)
        …そしたら、兄ぃも昔みたいにもっと沢山笑えるかも(やんわりと微笑み) -- サイカ 2018-11-18 (日) 19:19:13
      • …待ちかねましたとも(言って再び笑うと、その日はそのまま帰って行った) -- 彼崎 2018-11-18 (日) 19:27:10
  •   -- 2018-11-15 (木) 08:02:40
    • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088243.png -- 2018-11-18 (日) 04:48:12
      • 殺し屋も
        弘も
        同じ! -- サイカ 2018-11-18 (日) 05:08:42
      • どういう事じゃよ!? -- マート 2018-11-18 (日) 05:10:41
  •   -- 2018-11-15 (木) 08:02:31
    • (抗争の裏側で…)
      (状況は圧倒的不利と見越した一部のヤクザ・クラン構成員達は騒ぎに乗じて離脱を図っていた)
      「ひぃぃ…聞いてねえよぉ…!どうして俺達がこんな目にあうんだ!早く…今の内に…」
      「オレはファミリーと敵対した時から…何時かはこうなるってわかってたんだ!…クソッ命を落としちゃ、何にもなんねえよ…!」
      「馬鹿野郎!静かにしろっ…見つかっちまうだろ!」
      (数はそう多くない。それでも多少の数の構成員が、抗争の喧騒と闇夜を隠れ蓑に、生き延びようと必死に足掻いていた) -- 2018-11-17 (土) 22:19:15
      • …やあ、キミ達。こんな騒がしい夜に…何処へ行くのかな?
        (構成員の男達の道を塞ぐ様に…暗闇に立つのは一人の女で)
        危ないよ。ファミリーとヤクザの大きな抗争があるって話だよ。
        (女は、淡々と話しながら、ゆっくりと近づいて来る物で…) -- サイカ 2018-11-17 (土) 22:24:02
      • (構成員達はどよめく…こんな時間に、こんなタイミングで、女に出会うなんて思っても見なかったからだ)
        「な、何をごちゃごちゃ言ってやがる!早く其処をどけっ!」
        「あ…ああ、そうだ!オレ達は今、急いでんだよ!アニキ、早く…」
        「クソっ…仕方ねえ…嬢ちゃん悪く思うなよ。恨みがあるなら、クソッたれなこの町と、我が物顔で良い子ぶってるクソったれなあいつ等に言うんだな」
        (そう言って、構成員の一人が拳銃を抜く。そして銃口を何のためらいも無く目の前の女に向け…)
        (バンっという小さな銃声が闇夜に響く。構成員は躊躇い無く、女めがけて発砲したのであった) -- 2018-11-17 (土) 22:32:50
      • …(話も終わらぬうちに自ら目掛けて放たれた銃弾は…キィン…という音と共に、あらぬ方向へと弾き飛んだ)
        うんうん。躊躇いの無さは中々の物だね?まったく…キミ達、そう焦らないでほしいな。
        (女は笑う、そして…)
        安心しなよ。ちゃんと全員、殺してあげるから!
        (まるでお祭りの様な夜…彼らは不運と踊る者達だ) -- サイカ 2018-11-17 (土) 22:48:52
      • (其処からはまるで…地獄の様な凄惨な光景であった)
        「えっ、なんで…アイツ、今確かに銃で……ぎぇっ」
        (構成員の男の頭が、まるで破裂するかの吹き飛んだ)
        「えっ…あ?…グォッ」
        (男の胸に、大きな穴が開く)
        「お、オイオイオイ…嘘だろ…どう、して…折角、逃げられると…思ったのに…よぉ…」
        (膝を突いた男が最後に見たのは、化物女の笑顔だ。…楽しそうに、殺しやがって…と、見惚れてしまう)
        (次の瞬間にはもう男は挽肉と化していた。…続く構成員達も、皆何やら叫びながら、銃を撃ち、刃物を突き立て、死に物狂いになって行くが…一人一人、確実に息の根を止められていく)
        (そして…そう長い時を置かずしてヤクザの逃亡者達は全て処理されたのであった) -- 2018-11-17 (土) 23:07:27
      • はい、終わり…あぁ…もう。手が汚れた…(骸の中で女は思う。こいつらは死んで良い人間だったのだと)
        …仕事だよ。(骸の中で女は思う。こいつ等にも家族や恋人が居たのだろうか、と)
        (そして女は黒服に視線を向ける)…キミ達、後はよろしくね。表の子達には気取られるな〜?(そう言って…女は闇夜を見上げ…女はその場を後にするのだった)

        「お嬢の後始末、地味に大変なんスよねぇ…」
        「こらっ…それ、聞こえたらお嬢、絶対気にするから静かに仕事をしろよっ…」
        「へいへい、お嬢はあれで、乙女チックで繊細スもんねえ…何でこの仕事してるんスかね」
        (黒服たちはひそひと話しながら…手早く後始末を始めるのでした)
        (祭りの夜は、まだ続く) -- サイカ 2018-11-17 (土) 23:22:54
  •   -- 2018-11-15 (木) 08:02:15
  •   -- 2018-11-15 (木) 08:02:09
  • (ファミリー全員に一括で通知が届く それは近々行われる抗争にかかるメンバー募集の案内であった)
    3月最終週(11月17日 夜9時開始予定) ヤクザ・クランとの大きな抗争を計画中。参加できるファミリーは準備の上、参加表明を行うこと
    (……計画の内容には、敵対組織の極悪非道の犯罪の数々、また貯め込んだ芳醇な裏金が記載されている)
    (正義感でも、昇進欲でも、金銭欲でもいいだろう…幅広い参加を求めているようだ) -- 2018-11-14 (水) 21:37:12
    • 派手な政だ…さて、ボクは見る側かな -- サイカ 2018-11-15 (木) 08:01:46
  • (むしゃむしゃがつがつ)
    妹、なんとなくわかったことがあるぜ(ごくごく、げぷぁ) -- ミューザー 2018-11-14 (水) 02:23:19
    • はい姉様…その心は?(椅子に座って書類に目を通している妹) -- サイカ 2018-11-14 (水) 02:32:18
      • アタシはつえぇ
        (同じようにいすに座って机に足を放り投げてくつろぐスタイル)
        それは当たり前だが、おう…下っ端を気持ちよく働かせるのが大事ってことらしーな! -- ミューザー 2018-11-14 (水) 02:40:15
      • …!姉様、どうしたの?今日はなんだか随分聡明な…?
        そう言えば姉様は…何か能力が使えたりはするの?(ふと気になって) -- サイカ 2018-11-14 (水) 02:53:17
      • おう、ちょっと知り合いの中で一番デカいシマ持ってる奴に聞いたのさ…そしたら喜んで働ける環境を作るのが上の仕事だってな…
        お前が言い出した事だろうが、手始めにまず勉強してんだよアタシは!
        能力、能力…ケンカがつえーとかじゃダメか?あぁ、ちんちん生えてるとかでもいーぜ! -- ミューザー 2018-11-14 (水) 02:55:31
      • じゃあまずは、姉様の部下になってくれる者達を探さないといけないね。(言いながらも、少しだけ驚いたように)…ギャンブルに行かなかったんだ?
        何も使える様にはなっていない、と…。それは身体的な物として…いや、でも…そういうのもあるのかも?
        例えば、体を自在に変化させたりとか…腕が伸びたりするとか銃弾を跳ね返すとかは出来ないの?(妹としては姉の実力を知りたいと言う好奇心で聞いてみる。喧嘩が強い、と言うのはどの程度の強さなのかと言う所も把握して置きたい所で) -- サイカ 2018-11-14 (水) 03:08:29
      • ………これか。(コブシを握り締め、これ以上ないほど自信たっぷりな顔を浮かべると)
        いーやー、やっぱ最後はコレっすわ!アタシにゃこういうのが一番似合うと思ってんだよワハハハ!
        …んぁ、そうだな…魔法が一つだけ使える…のは別に能力じゃねーか、ってなると後思い浮かぶのは…あ!セックスが超うめぇ! -- ミューザー 2018-11-14 (水) 03:17:30
      • はい違います!姉様、ボク達ファミリーは何よりも信頼と礼儀を重んじるんだ。姉様、殴って信頼は獲得できないよ…!(少年漫画は読んだ事がない妹)
        魔法…!そう言えばお父様も魔法を使えると言っていたよ。つまり姉様は魔法使いの才能が…?……後それは、今は置いておくとしよう(笑顔で) -- サイカ 2018-11-14 (水) 03:40:29
      • 待てよ!殴って仲間を増やす、その仲間(舎弟)が笑顔でアタシのために尽くす環境を用意する
        順番どおりじゃねぇか、何がおかしい・・・アタシは何を間違えているってんだ…?
        (わからねぇ、なんだそれ、と頭を抱えて丸くなりかけながら)
        あー…いや、この魔法はねーわ、ミューザーって名前を持つなら死んでも覚えろって叩き込まれた、オヤジからの唯一の教えみたいなもんだからよ……
        (笑顔でおいて置かれた話をもう一度持ってくるジェスチャーをして)
        ええ、だって、セックス上手のマジカルチンポマンコじゃねぇとアタシあれじゃん、能力のないオヤジの子ですらないアレになっちまうじゃん!? -- ミューザー 2018-11-14 (水) 03:43:46
      • 殴られて仲間が増える…姉様、何をいってるの…(えぇ〜…と言う顔)
        ボクにはそういった力が無いから使えるのはすごい事だと思う。どんな魔法?教えてよ姉様
        いや…そう言う所はお父様に似ていると思うけれど…でもそんな事言ってたらハイジア先生に呆れられるよ…?(父は人前には出ない癖に、娼婦を買うのが大好きなのである!) -- サイカ 2018-11-14 (水) 03:55:11
      • おっま、しらねーの!?腕っ節が強いやつの下には人が集まるんだって、お前マジで!
        何の仕事してるかしんねーけど、こんないいところ住んでんだからケンカのよさしっとけってーの!
        あぁん………人に言うほどでもねーよ、ただそうだな、アタシのコブシ程度のサイズの玉を作ってさ
        この弾を飛ばすんだ。…ん出、この弾に触れたのは何でも消える。人でも、壁でも、空気でも通った後にはぽっかり穴が開くtってだけのくそつまんねー魔法だよ
        マジでぇ?んじゃ、オヤジの子って証明するために一発どうですサイカちゃぁん…って、ええ?!センセは関係ないだろうがよセンセはよぉ〜! -- ミューザー 2018-11-14 (水) 04:07:59
      • 殴られたら痛いし、怖いじゃないか…?それなのにどうして仲間が…でも確かに、トップが強いと言うのは部下への信頼に繋がる事だとは思うけれども…(そして姉の魔法とやらを聞けば)
        えっ消える…?なにそれ、こわ…魔法って言うのは危ないな…(こわっ、まほうこわっと言う反応を返す)
        ぼ、ボクは遠慮しておくよ姉様…それに姉妹や兄妹じゃ恋愛は出来ないんだよ…!(普通の感性!普通の感性です!) -- サイカ 2018-11-14 (水) 04:19:02
      • は?殴ってあたしがボスだって教えつけるのは当然だろ?何言ってんだ…ケンカしねぇで誰が上かどうやって教えんだよ
        (ふと目に付いた机の上の酒瓶、ソレを手に取ると中身が…半分残っていることを確認すると一気に呷り)
        んぐっ…くはー!…げぷぅ!(幸せそうにげっぷをしたかと思えばその瓶をそのまま上へ放り投げる)
        ガォン!(言葉が一つ。それだけで投げられた事で中途半端に回転が加わり、空中で横向きになった瓶の真ん中が消失する)
        (飲み口と、瓶底。その二つに別れた酒瓶が床に落ちると)
        …できる!できるんだよサイカ、神様は何も禁止なんかしてねぇ! -- ミューザー 2018-11-14 (水) 04:25:31
      • 姉様、ボク達はファミリー…組織だよ。組織の中には色々な人間が居て、これから組織に入る人間だって一様じゃない。それを皆、殴りつけて教えるの?
        (なんて言っていれば、目を疑うような神業…魔法と言うものに驚愕して)えっ…今どうなって…?!それが、魔法…?(流石の妹も、目の前でして見せられれば、あまりの事に驚きを隠せないと言った風に)
        出来るかもしれないけど、普通はしないんですっ! -- サイカ 2018-11-14 (水) 04:46:38
  • (3月になったのでお返しの時期だ。買ってきたのは色々と悩んで、フツーの高級お菓子セットにした。込める気持ちが大切なのだと自分に言い訳して)…さて。(ホテルへ。顔見知りのサイカの部下に声をかける)
    今いる?…え、待てって?いいよォそんな気ィ使わなくて、俺から尋ねる。待つ時間がもったいないしねェ(仕事の合間なので、あんまり時間はかけられなかった)
    (とはいえ渡すだけだ、すぐに終わる。と見慣れたサイカの部屋の前まで来て)…サイカー?いるんだろー?(雑なノックが響く) -- ハロー 2018-11-14 (水) 01:01:27
    • (雑なノックの音が聞こえてびっくりしてベッドから転げ落ちる)えっ、なんで?!部下はなにしてんの?!(本来突然の来客にいたっては身支度してから通す為に、待たせるときは数十分は待たせるのだが、この時ばかりはそうも行かず)
      あわわ…とりあえず、で、でなきゃ…(仕方が無い、黒服を振り切ってくるくらいだ、急ぎの用事なのだろうと察しをつけ、部屋の扉を開けようと思えば…聞こえてくるのはハローの声だ。それを聞けば)
      …い、いません!(咄嗟に) -- サイカ 2018-11-14 (水) 01:14:53
      • おるやんけ。(扉の前でノリ突っ込みを交わして)…いるなら開けるぞー。あんま時間がねぇんだ(躊躇いなしに乙女の部屋に入る頭おハロー!) -- ハロー 2018-11-14 (水) 01:20:34
      • いません、いな…あーっ!なんであけっ…(扉を開ければ、見かけによらず割と大人びた…ボディラインが透けて見える寝巻き姿だ!)
        …ばっ……かぁ…(見る見るうちに顔を赤くしながらも、はっと我に帰って)
        そっ…それで、急ぎの用なんでしょ…っ!なにっ! -- サイカ 2018-11-14 (水) 01:26:23
      • (がちゃ)ハロー、どうも………(3秒経過)……(扉閉めるかァ…あ、お許しが出た)……いや。素直にごめん。(でもお邪魔します。ハロー君だから)
        まさかこの時間にパジャマだとは思わず…いやこんな時間まで仕事してる俺がおかしいのか…?…まぁいいや。こないだのお返しだよ、3月になっただろ?(手に下げた高級そうな袋を見せて)
        まずはサイカにお返ししようと思ってねェ。あんとき感想言えなかったけど美味かったよ、特に手作りのほう。銀河サンに聞いたけどカカオから作ったんだって?深い味わいでした。…お返しは手作りじゃないけどねェ(はい、と渡す)気持ちだけはしっかり込めたつもり。 -- ハロー 2018-11-14 (水) 01:30:30
      • いや、閉めてよ!そこは閉めてよ!?あ、あう…(お邪魔しますと言われれば押し切られるように部屋に通してしまう。下着や衣服が乱雑に脱ぎ散らかされており、普段の様子とは大分違う有様で)
        …ベッドの上でゴロゴロしてただけだもん…(小声でブツブツいいながらもお返しと言われれば)
        あ、そう言えば…って、用件はそれなの?!(と、一瞬憤るも、お返しなんて言われればまたも押し切られる形で)…あ…う、うん…そ、そう?…まあ、あんまり…手間をかけた物じゃなかったんだけどさ…あんなの、直ぐにちょいちょいって作った物だったし…?(しかしお返しといわれたお菓子セットを手に持ちながら、美味かった何て言われれば…恥かしさより嬉しさが勝ったのか照れ照れとした感じで) -- サイカ 2018-11-14 (水) 01:44:16
      • ……俺の部屋といい勝負だねェ。(苦笑して)…まぁ、他言は絶対にしないから。俺は気にしないしねェー(そういう問題でもないのだが)
        ちょっとうらやましいなって思うところあります(3月になって吸血鬼の噂も流れてきたころから、また忙しくなったのだ なのでこうして時間の隙間を塗ってはお返しをする)
        むしろ用件これだけだけど?(当たり前だろと言わん風に)…嘘は駄目だねェサイカ。結構手間暇かけて頑張ったって銀河サンから聞いてるんだよねェ。口封じが甘いな(にへっと笑い)
        まぁあんだけ美味しけりゃ貰った人はみんな美味しいって言うだろうさ。だから気持ちを込めて、それを選んでみた(高級なお菓子セットは所謂人気商品でどこも品薄だった。探すために部下まで使ったのは秘密だ)…後で感想聞かせてねェ。俺も食べてないんだから。 -- ハロー 2018-11-14 (水) 01:52:49
      • ……お願い。(内心、あれ?そういう問題じゃなくない?と思うも、目の前の男のえもいわれぬ空気に流された)
        ボクだって別に暇って訳じゃないけど…キミ達がその分頑張ってくれてるんでしょ。ボクの所にまで来る話は今はそんなに多くないんだ。…それに、殺さないで済むなら…そんなにいい話は他に無いでしょ(実際、町はきな臭くなっては来ているが、コッローディや彼崎兄、ハローの手腕たる所もあり…サイカの所にまで上がってくるターゲットはそう多くなく…今は基本的には部下達の采配やデスクワーク等が多い)
        うぐっ…銀河ぁ…なんで言っちゃうの…(そして感想を教えてねなんて言われ、それを見てみれば確かに品の良いお返しに良さそうなお菓子セットであり)
        ……で、これ何セット買ったの?(ジト目で町で噂の色男たる緑髪を見て) -- サイカ 2018-11-14 (水) 02:11:57
      • 俺もそう思ってるからこそ…仕事頑張ってるところもある。血が流れるのは最小限でいいんだよ。だからサイカが暇なのは俺にとっては嬉しい話。(そう、コイツの手が血に濡れないことが平和の証拠だ。…だからやるし、そうじゃなくてもこいつは働かせたくはない。俺の我儘だし口にしないけど)
        銀河サンはサイカよりハローに懐いていると言えた!日々の餌付けの量が物語る!(銀河風にナレーションを投げてみてから)…ん?人気だったからそれ一つだけだけど?サイカにだけだよ。(買うのマジに大変だったんだぞ、とズレた答えで返して)
        …よし、そんじゃ用件は済んだから仕事に戻る。…ああ、部下は責めないでくれな、今日は俺が悪かったから(最後にしっかり手を合わせて悪い、と謝ってから)
        でもそれはそれとして部屋は綺麗にしておけよなァー(客も来るんだからー、と相変わらずの頭おハローな発言とともに帰っていきました) -- ハロー 2018-11-14 (水) 02:19:16
      • …ありがたいけど…だからって、キミが頑張りすぎても良くは無いんだからね?組織は皆で一つ。キミが居ないと回らない、なんて事態になるのは避けるべきだし、ハローも程々にしてよ?(ハローの思惑とは裏腹に、ハローを心配していると言うニュアンスを含ませ)
        その理屈はおかしい!ギンガは絶対ボクの方が好きにきまってるよ!ボクは銀河とデートだってした事あるんだからね!
        えっ、嘘だ。(ジト目で見ていたが、さらりと返される言葉につい反射的に返しながらも…ハローを見送り)
        ………(お菓子を見るだけでなんだか顔が燃える様な思いになり、ベッドの枕に突っ伏して足をばたばたさせるのでした) -- サイカ 2018-11-14 (水) 02:47:57
  • (溶けたチョコレートと果物とパンの載った皿がノクロロ名義で突然届けられる) -- ノクロロ 2018-11-14 (水) 00:12:23
    • ムッ…これは…ノクロロからボクに?…な、なんだか照れるなぁ…(それでも嬉しそうに頂く) -- サイカ 2018-11-14 (水) 00:57:22
      • (行事のビッグウェーブに乗れるだけ乗っている所です。毒は入っていません的な事が記されたカードがついている)
        (結構ビビっていたようで、トラブルを避ける様に係りの者に押し付けて去っていったようだが) -- 2018-11-14 (水) 01:12:40
      • (メッセージカードを見れば、クスクスと笑う)
        この前、手違いだったと言え脅かしすぎたかな…ノクロロ、会いにきてくれれば良いのにな(お返しに何を持っていくか考えながら、不健康そうな彼女の顔を思い浮かべるのであった) -- サイカ 2018-11-14 (水) 01:22:47
  • (一応、呼び出しをかけてフロアに入れるようになるのを待つ) -- 彼崎 2018-11-10 (土) 20:43:37
    • (彼崎兄が訪れたと言う連絡を受ければ、飛び起きて何時もの様に身嗜みを整える所から始めるのであった…!そして兄ぃを待たせる事数十分…)
      や、やあ兄ぃ、さ、どうぞどうぞ…(スーツ姿のサイカが出迎え) -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:00:36
      • //ごめんなさい、スペック激減。レス激遅になります -- 2018-11-10 (土) 22:11:44
      • //返事激おそどころか全然できないや、こりゃ。返事暫く待っててください、申し訳ない -- 2018-11-11 (日) 03:17:36
      • …(部屋を一瞥して、何か言いたそうにするが。頭を振る)
        嬢、件の話。一応ひと段落しましたのでそのご報告に…心配をおかけしまして申し訳ない(頭を下げ)
        …とは言え、やはり納得がいかない者も多い。その辺どうお考えですか? -- 彼崎 2018-11-12 (月) 20:32:15
      • その事については既に当の本人から聞いているよ。しかし…お父様も随分回りくどい事をする
        …そうだね…今後のボク達の課題の一つだと考えているよ。納得のいかない者達に納得をしろとは言わないけれど、ボク達は組織だ。逸脱する事は良いとは言えない
        それに今回の事については彼崎兄の暴走だと感じる事が多いにあった。理由が理由故に仕方が無いと思う事も多いにあるけれど…兄の立場で取る行動としては些か軽率だと感じたよボクは…こっちも大変だったんだから。 -- サイカ 2018-11-12 (月) 22:30:10
      • …それに関しては私の考えが至らなかった故、ご迷惑をおかけして(深々と頭を下げ)
        …ですが、同時に私はこうも考えます「下の者達の望まぬ形の組織に何の意味があるのか」と
        今回の騒ぎの原因でもある身です、あまり強くはいえません。…が、古来それを無視して崩壊した組織は数限りなくある
        それだけは、どうぞお心にお停めいただくようお願いします(改めて頭を下げてそう告げた) -- 彼崎 2018-11-12 (月) 23:05:44
      • ふふっ…だからお父様は、兄には彼の思惑を言わなかったんだと思う。彼崎兄は立派だよ、それで良いんだ…寧ろ、そうじゃなきゃダメなんだ(そんな彼崎兄を見れば、久しぶりに笑顔を見せて)
        憎まれ役も、汚れ役も、ボク達…裏側がちゃんと引き受けるよ。だから兄は、ファミリー皆の事を考えてあげられるアニキでいてあげてよ。…今のは、少しだけ…仕返し。(くすっと笑って) -- サイカ 2018-11-12 (月) 23:17:15
      • (その言葉を聞いて下げた頭の下で微笑む男、しかし顔を上げれば仕事の顔つきのそれではなく)
        …いえ、ダメですね。俺からしたらお嬢も立派なぐらい年下なんで
        差し当たってその部屋の「裏側」の整理をしましょうか?(と此方も余り見せない意地悪な顔で返す) -- 彼崎 2018-11-12 (月) 23:39:33
      • ボクも担がれて此処にいるけど、本当はもっと遊びたいんだけどな…ミューザーと一週間立場を交換したい
        うぐ…隠してある物を見ようとするのは蛇だよ兄ぃ!そもそも、ボクだってもう子供じゃないんだから、見せられない物とかあります! -- サイカ 2018-11-12 (月) 23:54:34
      • (ここまで聞いて彼の中でひとつの感情が沸く)
        なるほどなるほど、では私がお嬢と遊んで差し上げよう
        あぁ…よく言われます。陰口ってやつですね「蛇の彼崎」うーん。言い得て妙…
        (自分の普段のキャラクターを理解している男はそんな事を言いつつ笑い)
        (暫くの間ドタバタとサイカと暴れまわってから帰路へと付いた)
        (その道すがらで彼はこう考えていた。この組織も変わっていく必要があると) -- 彼崎 2018-11-13 (火) 00:05:29
    • ///良いんですよ兄ぃ…ウチはマイペースだからよ…タスク抱えすぎで彼崎兄が心配になるよ!(ボクは今さっき起きた) -- 2018-11-10 (土) 22:17:40
  • パパっ!みてみてほらっバレンタインのチョコー!(ポッキー的なものを咥えてずいっと顔を突き出す) -- ピーナッツバター 2018-11-11 (日) 21:01:44
    • やあバタ…ムッ(これは…あの有名な…ポッキーゲーム…!)
      ボクは女の子だけれど…良いのかな?!(と言いつつ、なんだかパリピっぽい行為に胸をときめかせてポッキーゲームをする)
      んーっ -- サイカ 2018-11-12 (月) 09:02:39
      • //おきになさらずー!
        もちろんよパパっ!だってこれは大切な人にお礼をするバレンタインの催しなんだものっ
        ルールはねそっちとこっちを咥えて食べていって、先に折ったりしたら負け、最後まで食べられたら引き分けよっ!
        上手に食べてパパとキスできるようにがんばるねっ!(キスは挨拶でよくしているので抵抗は無いようだ) -- ピーナッツバター 2018-11-12 (月) 21:35:21
      • (いざ向き合ってみると、予想以上に距離が近い。…相手はバターだというのに、なんだか恥ずかしくなってきて)
        う、うん。…キス?!(そしてバターの意気込みに、つい動揺してポッキーを折ってしまう)
        あっ…ボクの負け(そして降参、のポーズ) -- サイカ 2018-11-12 (月) 22:35:15
    • ///ちょーねてましたごめんなさい…! -- 2018-11-12 (月) 09:03:08
  • (珍しく、というよりも殆ど初めてとなるサイカのセーフハウスに男が訪れる)
    (手に持っていた小箱に対して幾つかの検査が行われた後問題無しと判断されたのか男のフロアへの立ち入り許可を黒服が通信機でサイカに求めてきた) -- コッローディ 2018-11-11 (日) 21:02:36
    • (スマートなフォンが鳴れば…がばっと起き上がり)あわわ、何だって…彼崎兄と良い、コッローディといい、良い時間にくるんだ…!(ほぼ下着の様な格好でゴロゴロしていたのも束の間…慌ててスーツに着替え始め…)
      部屋きったない…!ぬあーっ(脱ぎ散らかした服…投げっぱなしにされた雑誌などをひとまとめにしてベッドの上に放って、布団を被せては強引に隠蔽する…この間…数十分!)
      よし…!(鏡の前に立つ、ネクタイはズレてないか?髪はボサボサになってないか?めがねは決まってるか?等を自己採点しながら、一人頷けば)
      (黒服にコッローディを通す様に許可を出す) -- サイカ 2018-11-12 (月) 09:14:04
      • (男は特に疑問を持つ事なく待ち続けた、流石に直系の幹部ともなれば部下への示しを付けるためにも外様を待たせるのは必要なアクションであろうと)
        失礼します(許可が降りれば入室し小箱を脇に抱えてやってきた男は恭しく頭を下げる)
        (ただ男は普通は気付かないであろうサイカが動き続けた痕跡を見て取れば不思議そうにして)
        ふむ?外様には見せられない物があるという事でしょうか?いえ深く詮索するつもりもありませんが -- コッローディ 2018-11-12 (月) 10:33:58
      • や、やあ、いらっしゃいコッロー…ぶふっ!(目ざとく気づく男ー!!と内心焦るも)
        …ぼ、ボク位になると、色々人に見せられない物くらい…あるんだ。(澄ました顔で、ふっと笑う)
        ゴホンっ…このフロアはボク以外、誰も配置もして居ないし、カメラや盗聴器なんかも仕掛けては居ないから安心してほしい。それでボクの所に来るなんて一体どういう用件?キミが此処に来たと言う事は、多少なりともファミリー内部で動きやすくなった…と捉えていいのかな? -- サイカ 2018-11-12 (月) 10:58:30
      • (詮索はしないとは言ったが動線をどうやってか追ったらしくベッドに一瞬視線が動いた)
        確かに…カメラの類が無ければ気兼ねなく過ごせるというものですからね
        (珍しく一個人に踏み込むような軽口を叩く、それはサイカの言葉を裏付ける物でもあるのだろう)
        はい、想定からかなり前倒しになる形ではありますが手の内が随分と明かされまして、結果彼等なりに
        やはり優秀な方々です…真実を知られぬまま通せるかとも思いましたが甘い見通しでした
        (それはサイカの重荷が多少降りたという朗報だ、少なくともファミリーの不和は以降かなり抑えられるだろう)
        ああそれとこちらをお渡ししたく(そう言うと男は小箱を差し出す、中には大輪の造花が入っている…良い香りが仄かにする) -- コッローディ 2018-11-12 (月) 11:44:02
      • …(ススストコッローディの視線を遮るようにベッドの前に立って)
        (そしてコッローディの言葉を聞けば、何処となくほっとするような表情を浮かべる)…アハハ、ソレは…困った話だね。…キミが流している物がどうあれ、ファミリーの内部ではそれを良しとしないものが居る。ボク達の敷く支配構造では手の届かない所だったからこそのキミだったのに
        …でも、こうなる事もあるいは、お父様の見立て通りだったのかもしれないね(苦笑しながらも、小箱を差し出されれば)
        …これは?(大輪の造花を見れば、その意図に気づかず首をかしげ) -- サイカ 2018-11-12 (月) 12:01:43
      • (その様子から内心としては笑い出したい気持ちはあるが抑え込む、乙女心を傷付けるのは論外だ)
        かも知れません、…幾ら『ゲート』いいえ『デイライト』が傷跡を残さないとはいえ初期に薬物として蔓延するのは事実
        なのにあまりに容易く許可が出たのはそういう事なのでしょう(苦笑を見せる、掌の上であった事を認めたのだ)
        ああそちらは寝室用の芳香剤です、皿に水を敷き浮かせる事で香りが水に溶け込み拡散する仕組みだとか
        バレンタインですから丁度良いかと思いまして…私の故郷では男性から女性に花を贈る日なものですから
        (本来はケーキなどでも良いのだが花な辺りがこの男の性分なのだろう、元々気障ったらしいのだ) -- コッローディ 2018-11-12 (月) 12:26:22
      • まったく、お父様も人が悪いんだ。ボクには動くなと釘を刺したのに、彼崎兄には説明しないんだから…まあ、兄もハローも、特にドラッグは嫌っているから無理もないかもしれないけれどね…(それにしても普段顔を出さない父にゲンナリとした様子を見せつつ)
        へ、へえ…そんな風習のある故郷と言うのも、気になるけど…そ、そっか。え、えと…良いの?(仕事柄あまり露出する事もなく、ましてや異性にそういったプレゼントを貰う経験すら皆無の女は戸惑ってしまう。そしてコッローディと大輪の造花を交互に見るようにして) -- サイカ 2018-11-12 (月) 12:42:25
      • それだけ適材適所…何より納得を重んじられているのでしょう、特に私の一件は痛みを知る者には言葉では足りません
        (その上で男が有能と認めたのはそれだけ彼等に負担を掛けたという自戒があるのかも知れない)
        (戸惑うサイカに気にする事は無いとでも言うように微笑みながら首を横に振り)
        日頃の感謝と謝罪を込めて、何よりも美しい女性に贈るのは男の冥利に尽きるもの…澄まし顔でお受け取り下さい
        では私はこれで…次は物の少ない時に訪れます(深々と頭を下げれば退室していった) -- コッローディ 2018-11-12 (月) 13:00:53
      • 損な役回り。…ま、お互い様かな(溜め息をついて)
        キミはキザな男だ、もう…こうして差し出されたら無碍にする訳にもいかないね?…ありがと、コッローディ(慣れない感覚に、ソワソワするのを感じながらも…年相応、あるいはそれ以下といった反応で素直に受け取る姿勢を見せるのだった)
        (そして、男の去り際の言葉に)…うぅ、は、はい…。(顔を手で覆いながら、俯いて返事をするのでした) -- サイカ 2018-11-12 (月) 13:16:27
  • 『配布に適したチョコレートを自前で用意するのは、危険と思われた!』(マートとも相談したが、ここは市販品を…と黒い稲妻的なやつを用意していた) -- 銀河 2018-11-10 (土) 22:07:49
    • 銀河ァ!何やってんだァ!(ばーんっとテーブルを叩く!) -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:18:49
      • 『まずは自分たちで食べる分を用意すべき!何事も経験である!』(叩かれるテーブルに慎重案を出す銀河、すでに配布中…) -- 銀河 2018-11-10 (土) 22:19:59
      • バレンタインデーっていうのは女の子の祭典…チョコレートに気持ちを乗せて戦う日なんだよ!?それを市販の物で済ませるとは…銀河ァ…キミは戦う前から既に負けてるという事だよ!
        と、言う訳で…ボクと一緒に作ろう、チョコ! -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:24:50
      • 『なんということ…!戦う女の心意気を説かれ銀河は目を覚ました!』(洗脳完了である)
        『サイカとならば作れる…必殺のチョコレートを!!』(がっ!と手を組む) -- 銀河 2018-11-10 (土) 22:28:54
      • その息だよ銀河!よし、作ろう…ボクとキミで必殺のチョコレート!(がっ)
        …(行間)
        (場所はキッチンに移り…)
        はい、ということでね。此処に材料を用意いたしましたよーボク(カカオ豆、カカオバター、砂糖…その他いろいろと調理用具の数々等が並ぶ) -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:38:14
      • 『材料と器具は集められた、さあ戦いだ!!』(こういうのは勢いだ!あるものをフィーリングで…混ぜる!といった勢いで押し切ろうとするも…)
        『いや、これは孔明の罠だ!まずは教本、あるいは講師を呼ぶことを推奨された!』(サイカ!これはまずいぞ!とそちらを見て -- 銀河 2018-11-10 (土) 22:42:20
      • まて…落ち着くんだ銀河…レシピ通りに作るんだ!それが大事だよ!フィーリングなんて物は必要ない…ふっ…それが仕事だろっ(格好良いポーズをとるエプロンガール)
        という事で、まずはこのカカオ豆をローストしていくよ。オーブンに入れて…25〜30分位焙煎しよう(まずは工程1!焙煎だ!) -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:53:49
      • 『本格的!まさかサイカすでに…経験済み!?銀河は驚愕した!』(工程を覚えている…サイカにならって焙煎を行う…心なしかよい香りがし始めた気がする…
        『そして第二工程は?銀河の期待は高まる!』(こうなりゃどこまでも行ってやるぜ!とノリノリの様子) -- 銀河 2018-11-10 (土) 23:02:09
      • ローストしたら工程2…カカオ豆の殻を剥きます(焙煎したカカオをオーブンから取り出し、丁寧に殻を剥く!)
        ふっ…なんて事はない…今日の日の為にインターネットで作り方はべんきょうしておいたんだっ!(ビギナー料理であった) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:06:53
      • 『インターネット…情報収集を怠らぬ者は先を制すと言えた!』(このセンサーでもできないかな?といじくっている銀河)
        『銀河の予想に反して、まともなチョコレートが出来そうなことに期待が高まった!』(いけますよこれ…!と一縷の望みにかけてサイカに続く) -- 銀河 2018-11-10 (土) 23:11:27
      • 殻を剥き終わったら…次はコレを細かく砕く…グラインダーだ!此処で如何に細かくするかが滑らかさに影響する見たいなので、丁寧にやろう。(グラインダーで粉砕した後、すり鉢で更に細かく)
        このまま暖めたりなんだりしつつ…(黙々と擦る事1時間…だんだんとそれらしい物になってくる) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:22:01
      • 『トンカチなどで粉々に叩き砕くのはどうか?それは罠であると銀河は自身の発想の安易さを用心した!』(サイカがいなかったら絶対やってたな…と、すり鉢で丹念に細かくしていく…)
        『見覚えのある状態になりつつある、着実に近づいていると確信する銀河だった!』(形になってきている…!女子力。というものの高まりはこういうことなのか…) -- 銀河 2018-11-10 (土) 23:26:03
      • 此処までくれば…あとは、ココアバターとシュガーを投入…割合はお好みで入れる…(とりあえずカカオ74のビターにしつつ)
        あとはこのまま…11時間〜72時間程練って、滑らかにするってあるけれど…流石に無茶だよ!?(練りつつ) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:39:12
      • 『甘くなければチョコレートではない、銀河はそう感じた!』(甘め…砂糖をかなり多めにいれてしまう、子供舌なのかもしれない)
        『交代しながら二人で行えば、不可能ではないと銀河は訴えた!』(一時間交代でいい?とサイカを見て) -- 銀河 2018-11-10 (土) 23:42:48
      • よし…覚悟は出来たよ銀河…(チャキ)
        …(行間)
        (それから3日間…サイカとギンガはチョコレートを練りに練って練りまくったのであった!)
        …ギンガ!凄い滑らかな仕上がりになってきたよ! -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:48:17
      • 『想像を絶する闘い!銀河とサイカの気力体力はすでに限界を超えていた!』(壮絶な戦いのイメージを流しつつ、三日…練りに練ったチョコレートは改心の出来だ!)
        『この、うさぎ農園で仕入れたかご一杯のイチゴなどと組み合わせるのもよいと思われた!』(配布中に手に入れたフルーツを使ってみようなどと提案、冷蔵庫で眠っていた虎の子…いや兎の子?が目を覚ます!) -- 銀河 2018-11-10 (土) 23:51:24
      • あとは湯銭しながら…更に更に滑らかに(テンパリングと言う奴らしい)
        これが終わったら、型にいれて固めれば…完成だね!
        ボクはビターテイストだからフルーツは入れないけれど…確かにそれも悪くないね。お酒を入れたりするのも良いかも知れない(言いながら色々な型を並べて、うーんと唸り…)
        ハート、と言うのは流石にクドすぎるか…こ、ここは失敗しない様に…し、しかくの…奴で…(慎重に選ぶぞ!) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:59:08
      • 『酒は…まずい!罠にはまるものが続出すると思われた!』(自分もラリィのボンボンにハマりかけたし…と頷く
        『銀河は、一個一個チョコレートでコーティングしたイチゴを用いることにした!』(まっぷたつに割ると断面がきれいなやつ…とチョコフォンデュめいたものを作るようだ) -- 銀河 2018-11-11 (日) 00:07:22
      • よし…ならばコレで…あとはまつだけで完成!(型に流し込み…冷蔵庫に入れる)
        ふっ…ギンガ…やれば出来るじゃないか…っ! -- サイカ 2018-11-11 (日) 00:13:13
      • 『これぞ姉妹拳!ブレーザーカノン的な破壊力が期待された!』(手と手を取り合いまずは成功したのを喜ぶ…こうしているとふつうの姉妹のようかもしれない)
        『まずは自分で試食、しかるのちに配布……できるだろうか、銀河は悩んだ!』(おいしいものだったら全部自分で食べてしまうかもしれない…ぜいたくな悩みである) -- 銀河 2018-11-11 (日) 00:16:30
      • アハハ、いえーい。(銀河とハイタッチ)
        ふふっ、贅沢な悩みだね?でも確かに、コレだけ苦労すればそれも良くわかる…(うんうんと頷いて)
        でもね、だからこそだよ銀河!この苦労は義理チョコには代えがたいものがある筈…!これが、バレンタインなんだよ銀河…!(ぐっと力説して) -- サイカ 2018-11-11 (日) 11:49:20
      • 『ただ一日のために数日をかけ入念な準備を行い、当日にすべてを開放する…それこそバレンタインの醍醐味だ!』(サイカの言わんとしていることがなんとなくわかったような気になり頷く
        『この一連のバレンタインで銀河とサイカの女意気、女っぷりはかなり上がったと思われた!』(この大切なチョコを大事に食べて、誰かにも送る…レベルアップした感じだ!) -- 銀河 2018-11-11 (日) 13:19:01
  • さて二月と言えばなんじゃ?そうじゃバレンタインデーじゃよ
    サイカには浮いた話の一つでもあったりするんじゃろうかのう、そこんとこどうなんじゃよ?(うざいタイプの親戚のおばちゃんのような絡みだ) -- マート 2018-11-10 (土) 17:07:59
    • (マート姉様の単刀直入な切り口は妹のメンタルにダイレクトダメージを与えるぞ!)
      う、うう…ない…あるよ…あ、でも、チョコは作ろうとは思っては居るんだよ…っ! -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:02:46
      • あるんだかないんだかどうなんじゃよ!?チョコを作るか…送りもんにでもするつもりじゃろうか
        はて…サイカは…料理とか出来るんじゃろか?わしは無論できん! -- マート 2018-11-10 (土) 22:09:16
      • 無い…無いよっ!どうせボクは仕事ばかりの女ですよううーっマート姉様のばか!ちんちくりん!(姉に抱きついてさめざめと泣きつつ)
        …料理は多少は出来る…つまり…バレンタインデーとは戦場…! -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:21:48
      • よしよし…(なでなで)あんまりそう言う生き方ばかりしておるとわしみたいになるぞ?(年齢=彼氏いない歴の先輩である)
        ふむ…多少と言う所が気になるが、戦場とはどういう事じゃろう…本命チョコをお届けするならまだしも手作りはもう重いんじゃ…モテない女、もじょの考えに走っておるんじゃよ! -- マート 2018-11-10 (土) 22:29:07
      • それは嫌だ…マート姉様みたいなったら終わりだ…お父様に顔向けができないよ…(さらりとコンビニバイトの姉を…しつつ)
        えっ、重い?!う、うそ…男の人は手作りが良いって漫画で読んだよ!? -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:35:19
      • ものすごい勢いでディスられたんじゃけど!じゃけどそうならんように仕事一筋ばかりにならんようにのう…
        そうやって生きておったらもしやこう…今度は何とか男を作りなさいと見合い写真を山積みて送られてくるかもしれんのじゃしな!わしはまず社会復帰をしろ中じゃからまだそこまでは…
        万人がええかっちゅうとそうでもないと思うがのう、手作りそのものが苦手な潔癖者もおるやもしれんし…贈る相手をリサーチ済みじゃったら大丈夫なのかのう?
        キカラが手作りチョコを作ってくれた!っちゅうたら血とか入ってそうで大丈夫じゃろか…と言う気持ちになってしまうようなもんもあるでの -- マート 2018-11-10 (土) 22:40:35
      • なるほど…確かにマート姉様の意見は最もだ…なら、市販の物も用意して置くとするのがベター…(こくこくと頷く!)
        流石はマート姉様、人生経験が豊富だ…!姉様がボクの姉様でよかったよ -- サイカ 2018-11-10 (土) 22:48:38
      • (キカラには悪いがどこでも血をドバドバしておるでイメージに使わせてもらったんじゃよ…!)
        むっ!市販のものとダブルパンチ…さすがはサイカ、選択肢を生み出すことで自由度を高めたのう
        クックック…サイカのような聡明なものがわしの妹で良かった…不足分が補われ完成度が上がった気分じゃ!
        まあ…わしは料理技術はないので手早く市販品を贈ってしもうたがの -- マート 2018-11-10 (土) 22:51:18
      • マート姉様も料理くらい覚えたら良いのに?レシピ通りに作れば失敗はしないよ、とりあえず…
        で、誰か気になる人は居るの?姉様は(ここぞとばかりに聞くぞ!) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:02:47
      • レシピ見ておる間に火を通しすぎたりしてのう、コショウ少々…少々ってどんだけじゃよ!ちゃんとグラムで書いとくんじゃよ!
        …いやあおらんのう…この界隈やたらおっさんばかりじゃなあとそういう所は気になっておるが…まあ、コンビニに来る客がそう言うおっさん多めと言うからには仕方ないんじゃがの、若いので言うたら…ハローがせいぜいじゃがあやつは傍から見ておる方が面白いしのう -- マート 2018-11-10 (土) 23:09:35
      • むう、相変わらず浮いた話はないんだね姉様…(マート姉様はおばあちゃんみたいなもんなんだから、おっさん相手でもおかしくないんじゃないの?と言う顔をしつつも)
        ぶふっ…は、ハローか、まあ、わ、若手の期待の星だしね…姉様、もう渡したの!?(焦る妹) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:26:10
      • わしは待ち受ける側じゃからな!きっと王子様が来てくれるんじゃ…漆黒の鎧が似合うような感じの人がのう…(多分駄目である)
        その顔はわしがおっさん相手でも年齢的にはええじゃろって顔しておるな!?(頬をつねる)ナイスミドルとかならワンチャンあってもおっさん連中はほとんど飲んだくれなんじゃよー!
        スドウは飲んだくれではないがデリカシーにかけるしコブ付きじゃしのう…うむぁ、ハローはわりとモテるじゃろうしきっと本命が複数来て修羅場モードもあるかのーと思うて明治の板チョコをくれてやったんじゃ
        あとついでにデンタルフロスもの…20mの切って使う糸ようじじゃよ -- マート 2018-11-10 (土) 23:30:00
      • アハハ、そんな事おもって…いひゃい!いひゃい!(むにゅーっと頬がのばされつつ)
        ドクターは子持ちだしね〜…むう、確かに…今思うと、ハローはモテモテ…?(難しい顔になるサイカ) -- サイカ 2018-11-10 (土) 23:45:39
      • ふふんっ!(満足したようで手を放して)あれは実子ではないそうじゃがのう、じゃがまあ似たようなもんか…もしあやつの伴侶になったらいきなりでっかい娘…?娘じゃろかが出来るんじゃろからのー
        ハローはモテるんでないかのう…そこかしこの娘の所で顔を見かけるし、なによりオッサンではない男で顔が広いのはあやつくらいじゃろうて… -- マート 2018-11-10 (土) 23:48:04
  • いい部屋とってるねー!(窓からの長めを見つつ…ダブルベッドとか、客人きても大丈夫そうな椅子とか見つつ)サイカってホテル暮らしなの? -- ミオス 2018-11-09 (金) 23:19:48
    • (高級ホテルの一角…ファミリー以外の来客は入る事すら許されないフロアがある)
      (そのフロアは人払いがされており、監視カメラの類も一切無い静かなフロアだ。そんな中にサイカが住むホテルの一室があるのであった。そしてミオスが来客として訪れれば、フロアの主は暖かく出迎える)
      やあミオス、いらっしゃい…うん、昔は教会に住んでいたんだけど…今の住居は此処だよ。広いし部屋数も多いけど…ちょっと一人暮らしじゃ広すぎるのがネックかな -- サイカ 2018-11-10 (土) 06:05:11
      • メイドの1人でもいないの?このフロア、警備の人と受付の人くらいしかいなかったみたいだけどー
        (こういう場所に少し慣れてる様子で、勝手に椅子に座って足をプラプラさせながら) -- ミオス 2018-11-11 (日) 12:40:49
  •   -- 2018-11-08 (木) 10:29:27
  •   -- 2018-11-08 (木) 10:29:23
  •   -- 2018-11-08 (木) 10:29:18
  • (年末も来たのに年始も来るのってなんか勘違いされそうだなァ。いやお互いがって事じゃなく周りから。偶然を装って渡すだけでいいか…このお年玉…)……そろそろかなァ(彼が待っているのはサイカの住むホテルのロビー)
    (彼崎に謎のお年玉をもらった挙句、もう一つ受け取りサイカに渡しておいて、と言われてしまったので。届けに来たというところであった)……まぁお互い立ち位置微妙だからねェ。わかるけど。(何で俺やねん。と脳内で愚痴りつつ、サイカを待つ) -- ハロー 2018-11-06 (火) 23:33:40
    • (ロビーに何時ものハローの姿が見えているという連絡がサイカの所有するセーフルームまで届けば、着物姿の女がホテルのロビーまで下りてきて)
      やあ、昨日今日の話だけれど、あけましておめでとう、ハロー -- サイカ 2018-11-06 (火) 23:50:12
      • おぉ。あけまし…(ておめでとーサイカ。いやー馬子にも衣装だねェー。似合ってる似合ってる。と言うつもりだったのだがそこで一瞬フリーズ)…て、おめでと。…あー、今年もよろしくな。
        ……どうしよう?馬子にも衣裳だねェーって茶化そうと思ったのに普通に似合ってて言葉を失った。こんなときどんな表情すればいいと思う?(慌てていつもの調子を取り繕う) -- ハロー 2018-11-06 (火) 23:57:31
      • …?別に、初めてじゃないよね。ボク毎年着てるよ、着物。(そう長い年数の付き合いではないが…ハローと知り合った頃はバリバリのJKだったサイカは、毎年軽めに見られているのを知っているのだ!)
        はっ…キミ、さては新しい軟派手法だな?それ…はー、まったく、色気の多い男はこれだからやなの。それで、今日来たって事は…ふふっ、そう言う事でしょ?(すすす、と手を出すぞ!) -- サイカ 2018-11-07 (水) 00:13:08
      • そう、毎年見てるはずなんだ。だからなんでフリーズしたのかなァと俺も疑問に思ってて…は?(新しいナンパと言われれば)大丈夫?頭おハローが移ってない?(こういう返し方する)
        まぁ前よりもサイカと話すことも多くなったからそれのせいかねェ(昨年でかなり地位が上がってる。幹部になるのも遠い日ではないだろう)…ああ、そう。その通りでねェ(こちらも懐に手を入れて、止まる)
        …ゆっくり出すから(ため息をつきつつ。後ろの黒服たちに銃降ろせよ、と呟いて)……はい、お年玉。大人が子供に渡す日です。サイカちゃんよかったねェー。(にへーっとした顔で差し出した) -- ハロー 2018-11-07 (水) 00:16:58
      • ぐぬぬ、本人に言われるとなんだかムカっとするねそれ…(ぐぬぬと言う顔)
        ふーん?そう言う物?まあ、ボクの魅力にやっと気づいた、と傲慢に受け取っておくのも悪くないけど。(首をかしげるもので…そしてハローが懐に手を忍ばせたら)
        ふふふ、ハロー君?大人が子供に渡す日という意味を、ボクが権力をもって示してあげるよ!(同じ様に懐からお年玉…なるものを取り出す)
        (分厚い!分厚すぎる封筒だ!それはゆうに100はあると思われるぞ!)ほら、ハロー、オトシダマだよお? -- サイカ 2018-11-07 (水) 00:26:45
      • でも頭おハローっていうセンスは光るものがあると思う。ドーニャはもしかすると文学の才能があるのかもしれない…(おハローなことを言いだす)
        んー、まぁそういうことにしておくか。(けろっと流す。こういう言い方をするときは嘘をついてない時だが)……あァー、うん。通りで膨らんでたなぁって。胸元に入れておけばよかったのでは?(おハローかよ)
        …ううん。格の違いをまざまざと感じるな…!(こちらもそれなりに厚みがあるが、流石に負けてる。しかしだ)……まぁこの俺のお年玉は、ヒザキの旦那から渡すように言われて持ってきたものなんだけどな?(土俵にすら立っていなかった)
        俺も俺で、ファミリーの世話になった年少たちに渡してるけどあんまり多くても困りそうだなって思って程々にしといた。(気遣いの鬼かよ)…ありがとうサイカ姉さん。(満面の笑みで分厚い封筒を受け取りました) -- ハロー 2018-11-07 (水) 00:31:45
      • そう言えばドーニャはキミの所ついたんだっけ?…この前彼女とデートをした時についボクの話ばっかりしちゃってね…機会があったらボクの代わりに謝っておいてよハロー
        (そういう態度の時はこの男が嘘をついていない時だ。それを感じれば、なんだか意識してしまい顔が熱くなるも)…そ、そこは茶化しなよ…(なんて、小声で言うも、その先の言葉に)
        オトシダマじゃなくてオトシマエが良い?(更に懐から銀色の銃がちらりと見える)
        ボクだって子供に大金は渡さないよ!キミがどうせ子ども扱いするかなと思って用意したんだ!(極めてお子様な理由であった)
        それに、キミならもっと渡す相手も多いでしょ。お給料なくなっちゃうくらいにさ? -- サイカ 2018-11-07 (水) 00:43:02
      • うんにゃ?フラれた。(何でもないという風に)…まぁ普通に仕事は振ったり一緒にやったりしてるから、実質部下みたいなもんだけど。謝ることなんてないんじゃねぇかな、ドーニャは人の話聞くの、結構好きだし?
        (それなりに理解できている…と思う一方。乙女な反応を返された際のハロー君は)…筆初め希望かな??(頭おハローな茶化しを返すのであった)
        やめよう?すぐにチラつかせるの。怖いから。ビビるから。謝らないけどねェ!(これは俺のじゃー!とでもいう風に懐に分厚いのしまって)そこまで読めてたのになぜ分厚くしてしまったのか、これがわからない。
        んー。去年仕事しすぎてお金結構余ってるところあるんだよねェ。自分が生活してて出費ってほとんど出ないから。人に奢るのを趣味にしてるところあるくらいだし。それに今懐暖かくなったから心配無用だねェ。…あんがと。(にへっと笑い)
        ヨシ!それじゃあヒザキの旦那の依頼もこなしたし仕事に戻るかなァー(背を伸ばし、一仕事終えたと言わんばかりに)…ああ、改めて今年もよろしくなサイカ。いい一年にしようぜ(背中越しにそう言って、ホテルを去っていった) -- ハロー 2018-11-07 (水) 00:51:36
      • へえ、あの子が断る事なんてあるんだ?それはちょっと驚きかな…むう、そうかなぁ?…まあ、見張りの子にそこまで気を使う事も無いんだけど、なんか気になっちゃってさ
        ボクは暴力の体現者ですけど?ちらつかせるだけで済むんだからマシでしょ…も、バカっ!(かーっと顔を目に見えて赤くして)
        それじゃ、その懐が涼しくなるまでお正月を満喫してきてよ。ファミリーのしきたりを年下に教えてあげるのもボク達のやる事だし…ボク達も散々貰ってきた事だしさ(なんやかんや言ってももう成人した手前、一応は上に立つ者であるという意識で)
        うん。改めて今年もよろしくね、ハロー。良い一年にしよう(そんな男の背を見送るのでした) -- サイカ 2018-11-07 (水) 01:01:12
  • あけましておめでとー、サイカねーちゃんっ!流石にこれからお仕事ってことはー…ないよね?
    (末端の自分と違い、年始ぐらいは休みも取れているだろうな的考えで部屋を訪ねた 今回は迷子にならずにたどり着けたようで) -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 20:55:07
    • やあ、レアンドロ…いらっしゃい、ちょっと背が伸びたんじゃないっ?はい、あけましておめでとうー(訪れたルーキー君を温かく迎えるスタイルで)
      仕事は何時だってない訳じゃないけど、まあ何時もよりは随分のんびりさせて貰っているよ♪(着物姿でだらだらと過ごしていた様子で) -- サイカ 2018-11-06 (火) 21:04:32
      • ほんと!?そのうち追い越しちゃうかもだねー、にししー(まだまだ背伸びしても届きそうにないが)それって東の国の服ー?
        バスローブみたいにゆったりしてて、疲れにくそうだねっ スーツ姿じゃないサイカねーちゃんを初めて見たー(物珍しそうな視線に遠慮がないお子様) -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 21:14:56
      • ボクを追い越したらもう立派な大人だね♪そしたら、もうねーちゃんとは呼んでくれなくなるかな…それはちょっと寂しいかもしれないな…
        そうそう、東の国の慣わしで、年明けにはこういう服をきて過ごすっていうのがあるんだ。お父様はああ見えて意外と、東国の事に感心が深い見たいでね。居合い?だとか…ゼン…?それに、ニホントウ?だとかそういうのを大事そうに手入れをしていたよ。
        それはそうと、レアンドロ。これも東の国の慣わしらしいんだけれど、年明けには目上の者が、目下の者皆にお小遣いを上げるという物があるんだ!と、いう事で、はい。今年もキミが、がんばるように!(なんて言いながら、金一封の包まれた封筒を出す) -- サイカ 2018-11-06 (火) 21:24:58
      • うーん、そのままの呼び方だと周りの目が気になるかも? そしたらどうしよ…サイカの姐御!とかお嬢!とか呼ぶ…?
        ほぇー…(今まで漠然とした強そうな男性のシルエット程度にしか浮かばなかったボスのイメージがほんの少しだけ特徴付けされるようになった!)
        お小遣い!やったー、ありがとう(封筒を受け取って、目をきらきらさせ)ボクも出世したら、こーゆーのあげる側になるのかなー なんだかカッコイイ…! -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 21:33:28
      • アハハ、そうだねえ…サイカさんって普通の呼び方じゃだめかな?
        でも貰ったからって、直ぐにカジノで使ったりしちゃあダメだぞ?ルリに絞られてからじゃ遅いからね(くすくすと笑い)
        そうだねー…ボクは何時までも貰う側が良かったよ、なんて…! -- サイカ 2018-11-06 (火) 22:12:45
      • ちょっとそれだと心の距離を感じちゃう!けど、無難で一番正解っぽくもあるよね…(頷きながら)
        ボクはルールわかんないから、賭け事には使わないよ だいじょーぶ!今は、食費と家賃でいっぱいだから…服とかに使いたいなー
        ずっと貰えてたら、お金持ちになれるかもしれない…! けど、ボクもファミリーの中で偉くなりたいよ どーやったら偉くなれるの?
        (単にボスの娘という肩書きだけではない、組織の一員として人を動かす立場にあるサイカならば答えてもらえるかも、と思っての質問) -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 22:25:23
      • 呼び方で心の距離が決まる訳じゃないでしょ?ボクとキミが共に過ごした…いや、過ごす時間が、将来があるとするなら大事な事…だとおもうんだ!そしたらさ、サイカさん…って呼び方は、普通だけどもっとこう、なんか良い感じに聞こえるって言うか…(少女マンガ的な知識なのであった!)
        お年玉貰ってお金持ちになった人の話は流石のボクでも聞いたことがないよ!…アハハ、レアンドロは面白いな…
        うーん、偉く、かぁ……(少しだけ表情に暗い影が落ちる。正直に言えば、沢山…数え切れないほどの人間を殺した…という解答しか持ち合わせては居ない。しかしそれをレアンドロに言うのは躊躇われるもので)
        そうだね、怪我をしない様に、必ず生きて帰ってくる事が大事かな?長く居れば、自然に偉くなってるものだよ?(レアンドロに笑顔でそう返した) -- サイカ 2018-11-06 (火) 22:48:57
      • 今もこーやって、共に過ごしてるから未来もきっとそんな時間はあると思うよー?特別な響きに、なったりするものなの…?(きょとーん)
        年上の人がいっぱい身近にいて、毎年貰いっぱなしだったらすっごい額になるはずだよー!(手をばたつかせて力説した)
        むー…生きてるだけでオッケーみたいな…?確かに、生き残るためのスキルって大事だし 言ってる事…今回はわかるけどー
        (イマイチ釈然としない、といった顔で)うーん、まぁ…一番偉いボスも、とっても長生きな人って聞いてるから、正解なのかなー -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 23:00:57
      • うんうん、だからボクは未来のルーキー君にそう呼んで貰えるのを期待しよう!(力強く頷いた!)
        でも、沢山お年玉を貰ったらさ、色々欲しくなって使っちゃうでしょ?服も欲しいし、食事もしたい、車が欲しい、家が欲しい…孤児院の子供達の面倒に、教会の寄付に…お金を使う事は沢山あるわ。そしたらきっと、直ぐにお金持ちじゃなくなっちゃうよ(くすくすと笑い)
        そうそう、生きてるだけでオッケー。お父様だってもう100歳はとうに過ぎてるって言ってたよ。長生きすれば、それだけ偉くなるって事だね(レアンドロを納得させようと) -- サイカ 2018-11-06 (火) 23:21:50
      • サイカねーちゃんって呼び方は、やっぱ嫌…?(それならさん付けでも、と譲歩の姿勢)
        ほんとだ、使い道を忘れてた…!(全部貯金したらという前提だったのをすっかり忘れていたお子様 愕然である)
        欲しい物我慢し続けるのは、美味しそうなご飯の前で「待て」されるのと同じだよーっ!無理ー!(じたばた)
        そっかー…でもそうなると、ハイジアせんせーみたく元々寿命が長い人ちょー有利だねっ ボクも長生きしてやるんだー(などと意気込み)
        そだ、今…色んな人のお仕事に、一緒についていって 新しいものを取り入れたいって思ってるんだけど…サイカねーちゃんのお仕事見るのって、無理かなー? -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 23:28:30
      • いや、ボクはそれでも一向に構わんっ!(むしろイケメンに成長したスーツ姿のレアンドロにおねーちゃんと呼ばれるのはすげぇいいぞ!と言う邪な思惑)
        そうでしょ?だから、お金持ちになるなら、長生きして偉くならなきゃね(うんうんと頷く…そして、レアンドロのお願いを聞けば、表情を強張らせ)
        …それは…出来ないよ。ボクの仕事は……とっても、詰まらない物だからさ? -- サイカ 2018-11-06 (火) 23:43:28
      • いいのっ?じゃあ、このままでー…?(思考が一部流れ込んできたような気がして そんな未来もアリかもしれない…!と思う存在があった)
        はーい、じゃあ今年の目標は長生きに決定だよっ!(ぐっ)あ……そ、そっかー ごめんね、無理言っちゃって!
        (立場的に機密を扱うこともあるだろう、といったことを思い出し それ以上は食い下がらなかった)
        じゃあ、ボクはこれで…今年もよろしくねーっ!(コートを翻して、帰っていく 去り際に、ほんのり…嗅ぎ慣れた血の臭いが彼からしたのは、気のせいかもしれない) -- レアンドロ 2018-11-06 (火) 23:51:45
      • うん。お互いに来年も今年も宜しくって、言える様に、お揃いの目標としよう?(そういって、直ぐに笑顔を見せて)
        …(そして。すんなり引き下がったレアンドロに少しだけ胸を撫で下ろす思いをしながら、彼を見送るのでした)
        ……血の匂いが濃い…レアンドロ…ボクの下には来ないで欲しいとは思う…けれど…な(彼が見せる危うさに心が痛む思いをしながらも、どうか、子供が手を汚さなくて済む世界を願うのであった) -- サイカ 2018-11-07 (水) 00:04:34
  •   -- 2018-11-06 (火) 19:35:04
  •   -- 2018-11-06 (火) 19:34:59
  •   -- 2018-11-06 (火) 19:34:55
  • …年末年始って普通は休むもんだと思わない?なんでみんな仕事したがるんだろうねェ(いつもの口調で、幹部として座ってるサイカに仕事の報告をした)
    (年末にかけて動き回っていた末端の敵対組織をいくつか潰した報告。サイカの部下と組んで行われたものであった)…ってことで。後処理まで全部終了。わかる範囲で変な動きのところは今はないよ。 -- ハロー 2018-11-05 (月) 20:59:16
    • 世間がお休みって事は、ならず者が活動的って事だよハロー(ヒラヒラと手を振って)
      はい、何時もお疲れ様だね。仕事終わりにハロー、食事でもしていく?(ここはセーフルーム。部下の目の届かない様にされており、割と砕けた雰囲気で) -- サイカ 2018-11-05 (月) 21:33:20
      • …その理屈で行くと、常に活動的な俺はならず者なのでは?ならず者みたいなもんだったわ。休もう。年始くらいは…(なお仕事でした)
        どうも。…お、いいねェ。忘年会終わってから誰かと飯を食べることも少なくてサンドイッチにも飽きてきたところだったんだよねェー。いただこうかなァ。(ご相伴に預かることにした)
        (…さて。何の話題を振ろうかなァ、とハローは悩む。一番聞きたいコッローディのことについては、既に独自に情報を得ておりサイカは知っている側だとも分かっているので。絶対俺からは聞くまいと考えていた。そんな話はこいつとはつまらん)
        (なのでハロー君が出した話題は)ところで今年は彼氏できた?(全力のストレートだった) -- ハロー 2018-11-05 (月) 21:37:38
      • アハハ、今更気づいたの?正義の味方は、センカ姉様に任せておこうね(苦笑して)
        じゃあ何をつくろっかな〜。ハローは何か食べたいものある?あ、でもあんまり凝った物は無しにしてよね。(スーツを脱いで、シャツ姿になれば、エプロンをつけて…)
        ……出来てたら、今頃キミを追い出して彼氏とやらにボクの手作り料理でも振舞ってるだろうさ? -- サイカ 2018-11-05 (月) 22:20:03
      • やだなァーセンカ姉さんに刺されるのだけは。先端恐怖症なんだよね俺、今度サイカからもよく言っておいてほしい。この姉妹怖い。(にへっと)
        ………(手料理!?ハローの脳は一瞬フリーズした)…そうだねェー。サイカが得意としてる料理でいいよ、それでお嫁さん力確かめてみるかなァー。(動揺は洩れなかっただろう。)
        そりゃそうですよねェー(肩を竦めて)仕事が忙しい、という言葉が免罪符になりかけてるところあります。俺も仕事落ち着いたらいい人探すかなァー。 -- ハロー 2018-11-05 (月) 22:25:21
      • ボクが言って聞くんならそりゃ言ってはみるけども?
        そういうなんでもいいって言う男に限って自由に作ると怒るってボクはしってるんだからね!…じゃあ、その…まぁ…お、オムレツ…(なんとも当たり障りのない感じの得意料理であった)
        そうだよ、ボクの事を気にしてる暇があったらまず自分の事をきにしてよ。ハローこそどうなのさ?気になる子とかいないの?(材料をてきぱきと用意して、卵を溶いたり調味料をいれたりしながら) -- サイカ 2018-11-05 (月) 22:56:47
      • ですよねェー。(無言で理解しあう。無理だよね、と)
        いやいやいやいや。女性に手料理作ってもらって怒るとかそれは男として最低では?(素で返して)…ああ、オムレツ!いいねェ、家庭感あって(嬉しそうに微笑みつつ)お嫁さん力荒稼ぎ。それでよろしくねェ
        んー(自分にストレートが返ってきてしまった。さて…)…難しいねェ。仕事の都合で色々女性関係もあるけど…なんていうか、そういうのはね。(普段と違う声色。目を閉じて思いだすのは今は亡き幼馴染の姿)
        (だが、それは誰も知らない話であり、真面目に口に出してもキャラじゃない。なので)…緑髪の緑目の女の子が気になってますかねェ。(いつものように軽口をたたいた。サイカとの会話なら、これくらいでいい…これがいい) -- ハロー 2018-11-05 (月) 23:03:05
      • (溶き卵を熱したフライパンに流し込み、完全に固まる前に手際よく形を整えながら返していく…)他のものだってつくれます。パスタとか、パエリアとか…そんな不人気属性の女が気になってるとか、趣味悪いね、キミは(はいはいと何時もの様に流しつつ…それなりに上手くまとまったオムレツを皿に移し…ケチャップで殺す♡と書いておく)
        ほら、出来たよ。(ほかにも、ハムとサラダをつけあわせで出して…エプロンを外せば、シャツ姿のままハローの正面に座って) -- サイカ 2018-11-05 (月) 23:20:24
      • 因みに俺、料理は本当に全くできないからねェ。どれくらい作るのが難しいかもわからず、ただただ褒めるだけしかできないよ?普通に料理できる女性はリスペクトですねェ。お母さんの才能あるよ。
        不人気かなァー…可愛いと思うんだけどなァ(首をひねって、出てきたオムレツを見て)…おおー。美味しそぉー↑(ここまでテンション高め)……美味しそォー↓(殺すの文字にテンション下がって苦笑を零す)
        でも本当に普通に料理できるんだな…ちょっと驚き。…あ、エプロン姿よかったのに(褒め忘れたな、と思いつつ、いただきます。)……ん、フツーに美味い。(零れる誉め言葉はシンプルであった。行儀よくもくもく箸を進めた) -- ハロー 2018-11-05 (月) 23:26:29
      • 今時料理の出来ない男は持てないよ?女が働き頭だって事も少なくないんだし…(言いながら、ハローが食べる姿を見れば、なんだか若干、すこしだけそわそわとして)
        (そしてネクタイを緩め、シャツの胸元を若干あけながらも…フツーに美味いという返事が来れば、ぱーっと顔が明るくなる)
        ふ、ふふっ、そう?まあ、これ位は普通だよ、ただ焼いただけだしね?…ま、まあ、美味しいなら良かったよ。(なんだか機嫌が良さそうに、ハローを見ては笑い) -- サイカ 2018-11-05 (月) 23:41:20
      • その言葉で真剣に料理を覚えようと考える辺り俺頭ハローなんだなァって思った。前ドーニャに言われたんだよねェ。頭おハローだよねって。若干ショック。
        うん、あの姉を持つサイカなんで食べてみるまで分からんぞ!とか思ってたけど…フツーに美味くて、うん…(行儀よく、しかし美味しそうに食べる 備え付けのサラダやハムもぺろりと、そのあたりは流石に男子だ)
        ……ごちそうさまでした。(すっかり食べ終えて、満足そうに手を合わせた)……お嫁さん力判定95点。早くいい男見つけましょう。以上!(この最後の一言が頭おハローな所以である)
        (その後…肩肘張らない、仕事に関係のない雑な会話をしばらく交わした後。礼を言って部屋を後にした) -- ハロー 2018-11-05 (月) 23:47:10
      • (年末の少しだけ楽しい時間だ。そして彼が部屋を去れば、一人残されて)
        …う、美味く出来て良かった…!まずいって言われたらどーしようかと思ったよぉ…(等と一人ごち)
        (そのまま、シャツもパンツも脱いで、だらしなく下着姿のままベッドに転がれば、天井を眺めて)
        いい男かぁ……ボクなんかが…お嫁さんになれる訳…ないってのに…。頭おハローだね、ほんと(それでも、機嫌は良さそうにして…一日を終えるのだった) -- サイカ 2018-11-06 (火) 00:01:25
  • (行間)
    とあるファミリー系列の酒場にて…VIPルームと称される特別な場所だ -- 2018-11-04 (日) 19:00:30
    • ふう…これでやっと一息つけるよぉ…(中に入るや否や、先ほど会談をしていた時の緊張感はどこへやらといった感じで、店のソファーに転がるようにして座る) -- サイカ 2018-11-04 (日) 19:02:27
      • (言われるがままについていく……本来少女レベルの存在では仕事以外では通れない場所……)
        (それら全てを抜けて限られた者しか入れない空間にまるで借りてきた猫のようにその存在を小さくして部屋の片隅で彼女が転がっているのを眺める)
        (普段見かけない彼女のその表情を見て、やはり上に立つものは色々と気苦労があるのだなと思いつつ)
        ……(それでもその考えは伝わらない程度に無表情でぽつんと立ち尽くしている) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 19:06:39
      • (そんな様子を見れば苦笑して)ドーニャ、まあ座りなよ?
        ここは誰も見てないから大丈夫だよ、もう少し気を楽にしたらどう?(なんて語りかけてみて) -- サイカ 2018-11-04 (日) 20:09:51
      • わかった……(そう言って隣に腰かける……少しだけソファが少女の重みによって潰されて、少女がそこに居ることを示している)
        (座ったはいいがそれ以上特に話す事は無く……決して他意は無いのだがこれは少女の性格ゆえの沈黙である) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 21:11:47
      • 何か飲む?お酒…は、ダメか(一度席を立ち、勝手にカウンターまで進めば、一通り揃えられている飲料品を手に取り)
        …キミは、あまりお喋りは好きじゃない方?(当たり障りの無いオレンジジュースを手に) -- サイカ 2018-11-04 (日) 21:47:17
      • どうも……(小さくそう言って瓶を受け取って……どうやって飲もうか思案している)
        ……たぶん(見ての通りと言ったところで、表情が変わらず気まずい空気が流れるが少女も思うところがあるようで)
        ……苦手なだけで…………(精一杯考えて口に出せたのはそれだけなのが少女の悲しいサガであった) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 21:59:34
      • はい、グラス(高級そうなクリスタルガラスで出来たグラスを置いて、そんなドーニャの返事を聞けば)
        ん、そっか。なら無理にお話しする事は無いか…まぁ、キミを労おうと思ってきたわけだけども
        それなら、ボクの話を聞いてくれるとかどう?(ドーニャの正面にだらしなく座り) -- サイカ 2018-11-04 (日) 22:09:18
      • どうも……(お礼を言うのは苦手でもある、まるで先ほどと同じように発言しグラスを受け取って)
        ……(すくっと立ち上がれば)おのみもの……(持ってきます、と言いたげにして)
        …………(貴女が飲みたいものを持ってきた少女はなぜか隣に座って……お酌をしようとしているようで、どこで覚えたのかこういう所があるらしく)
        話なら…………聞く…………(隣で小さな声が囁いた) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 22:14:33
      • アハハ、もう…ボクはキミに楽にして貰いたいのに、これじゃあまるで接待だよ…!(苦笑しながらも)
        そうだねー、聞いてよドーニャ!…(それから、色々な事を話した。見張りの少女は何を言っても頷く事ばかりだが、自分の詰まらない話…ほぼほぼ仕事関係の愚痴の様な物だ)
        (さっきの会談の相手の愚痴から始まり、本当は仕事なんてしたくないだの、部下や警備の者達の態度が堅苦しくて気疲れするだの、スーツは可愛くないから普通のお洋服が着たいだの…ダイエットや美容に良い食べ物に嵌っているだの…どれも年相応の話ばかりだ)
        はぁ〜…ボクもね、恋とかしたいしぃ。最近少女漫画を読んでてさ?普通の女の子が、格好良いお金持ちのイケメンと……(更に話が続けば、もうすっかりと良い時間になってしまい)
        …ドーニャ?はっ…ボク、一人で話しすぎかな!? -- サイカ 2018-11-04 (日) 23:06:20
      • (先ほどの威厳ある姿から全く想像できないほどの豹変ぶりに流石の少女も少しだけ瞳が大きく丸くなって)
        (ただ、今の姿も先ほどの姿も彼女を構成する大事な要素で、そして目の前で矢継ぎ早に話す彼女にどこか温かいものを感じて)
        (何度も小さく頷いて話を聞いて………………時が流れていく)
        (自身を客観視して慌てる彼女を見つめながら口を開く)……良いよ。続けてもいい……
        (隣に座って膝の上にちょこんと置いていた手を差し出そうとしたが立場の事も相まって、その手はテーブルを拭くことに使われ)
        (過ぎた時間は好ましいものであったが伝える手段がない、なので)話すなら……付き合う……眠るなら見張りをする…………(目の前の彼女に判断を委ねた) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 23:15:49
      • (続けても良いと言われれば、なんだか恥ずかしくなって赤面しながら顔を伏せて)…そ、そう?なんだかキミを労わるつもりが…ごめんね?(言いながらも、時間を確認して)
        出来るならボクももう少しキミと、こうして居たいけれど…今日はまだこれからやる事があるからさ(表情は浮かばないが、夜のうちにこなしておかないといけない仕事があるのだろう。ドーニャにすまなそうにして席を立てば)
        ドーニャ、今日は付き合ってくれてありがとうね。…キミも、適度に息抜きをしなよ?あんまり働きすぎると、今にハローみたいになっちゃうよ?(くすっと笑い、サイカは一足早く酒場を後にするのであった) -- サイカ 2018-11-05 (月) 00:13:15
      • わかった……(そう小さく頷けば気にしないで良いようにすっと席を立ち)
        (しかしそれよりも先に向かう彼女の背を見て、やはり彼女ともあれば忙しいのであろう、この時間も貴重なものだったのかもしれないとそう噛み締めつつ)
        (少しだけ周囲の警戒をしたのであった) -- ドーニャ 2018-11-05 (月) 21:48:08
  • (ボスの直属の血筋とあらば警備も自然と分厚くなるであろう、今回は彼女が他組織の幹部との会談を行っている際の話である……)
    (末端である少女にはそこまでの重要性は知らされていない、ただ護衛対象である彼女がボスの血族であることと言うだけ……だがそれでも辺りには緊迫した空気が張り詰めて……)
    (ただひたすらにことが終えて無事彼女が戻ってくるのを待っている) -- ドーニャ 2018-11-03 (土) 22:52:15
    • (ドーニャがそれを待つ事…暫く、いや、大分経った頃だろうか。会談は終わり、スーツ姿の女が外に出てくれば、見張りの少女に気がつく)
      (と、いっても見張りや警護をするものは多数おり、そのどれもが武装した構成員達である。どいつもこいつも無表情に、サングラスをかけた黒服の男達であり、これと言った特徴を感じない奴等である。…そんな中、一際目を引くのはやはり彼女の存在だ)
      (本来見張りの名前を積極的に覚えるなんて言う事はあまり無い事だが、その容姿や年齢の低さからどうにも気になってしまう事もあり…)
      やあ、ドーニャ…ふふ、お疲れ様だ(贔屓目で、と言われれば否定はし難いかもしれないが、ついつい声をかけて) -- サイカ 2018-11-04 (日) 01:25:04
      • (彼女はただ血族であるというだけでは無い、何か特別なものを感じさせる、風貌がそうさせるのか佇まいがそうさせるのか……)
        (ともかくこの会談が別段特別なものでもないに関わらず辺りは緊迫していた)

        (彼女が会談を終え姿を現した瞬間に更に空気は張り詰めて、静けさは増した……)
        (しなやかに……まるでキャットウォークを歩くように彼女が道を行けば黒服たちは波の様に頭を下げていく)
        (その中に少女も加わっていたのだが……声を掛けられれば下げ続けていた頭を上げて)
        お疲れ様です……(そう言ってもう一度深く頭を下げた) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 17:32:23
      • ああ、そんなに畏まらなくても…と言う訳にもいかないか(周りの黒服達を見れば視線を気にして)
        ともあれ、今日のキミ達のお仕事は終わり。はいはいお疲れ様ー後は自由に過ごして良いよ(まるで堅苦しいのは此処まで!と、言わんばかりに黒服達に視線をやり、散らせていく。そしてドーニャだけには)
        ドーニャ、これからちょっとボクとデートにでも行かない?いいお店があるんだよ(ふと、口を継いで出るのは、そんな軟派な言葉で) -- サイカ 2018-11-04 (日) 18:41:39
      • (統制の取れた動きで去っていく黒服たち、彼女なりの気遣いが伺える、それこそ上に立つものに必要なことで)
        (更には砕けた口調でこちらの緊張を解しているのであろう……そんな彼女の心遣いを知ってか知らずか)
        ……(しばしの沈黙の後、面を上げて)デート……? (無表情のまま小首を傾げる)……わかった(小さく頷いた) -- ドーニャ 2018-11-04 (日) 18:49:13
      • うんうん。ま、お茶でもどうかなって事♪…キミも含めて、ウチのファミリー達は働きすぎ。沢山働いたらそれに見合うだけの休憩を取るのも仕事の内だよ?(そして頷いた見張りの子にうんうんと頷き返せば、彼女を連れて場所を移動するのであった) -- サイカ 2018-11-04 (日) 18:56:49
  • (公園で平穏を眺める女の前にファミリーに不穏を注ぐ男が現れる)
    (先程まで女が眺めていた光景に振り向けばその表情は珍しく朗らかだ)平和ですねぇ、…ああ光の中はこんなにも素晴らしい
    申し訳ありませんサイカさん、どうしても幾つか確認したい事がありまして…あまり外様の私が貴女のセーフハウスに寄るのも良くは無いもので
    (サイカはファミリーでも数少ない男の正体と思惑を知る者だ、そのためどうしても密な関係を装わず会っておかしくない場所で会うしかない) -- コッローディ 2018-11-04 (日) 00:41:25
    • …キミは…(振り向けば、この平和に似つかわしくない空気を漂わせる男が立っている。当然、彼の事は知らない訳ではない…と、いっても、彼の素性まで知っている訳ではない物だが)
      (彼、コッローディは、ヴィスコッティ・ファミリーと言う西方の小さなマフィアから出向としてこの町のファミリーに所属している男だ)
      (…表向きは、だ。殺しを専門とする組織を下部に持つスーツの女は、父親であるボスからある程度の事はきかされてた。が…正直、彼の重要性についてはそこまで深く理解出来ている訳ではない。それでも、ファミリー内部で彼を許せないと思う者達からの依頼や思惑があったとしても、消して彼を殺すな、と言われているのだ)
      …ボクに何の用?こんな場所でも、目がないとも限らないよ。 -- サイカ 2018-11-04 (日) 01:14:24
      • (計画の秘匿性を考えた場合何らかの理由でサイカの脳から抜かれる事も考えればボスの合理性はありがたい話だった)
        (何よりも暗殺部隊が動かない以上ボスによる無言の肯定がハバを聞かせているのだから)
        ええ勿論ですとも、既にロベルトさんなどには流体を監視に付けられておりますので…ですので小声で手短に
        (体を折り曲げサイカの耳元で問う、現在の西方諸国のマフィアの勢力図についてファミリーは完全に把握しているかと) -- コッローディ 2018-11-04 (日) 01:34:50
      • (それを聞けば、渋い顔をして)
        その問いに対しては明確な答えは出せないね。…ただ、情報屋や、その筋の手合いと密にしている者達も少なからずは居る。他所にも目を向けるのは当たり前の事だよ
        実際…最近、外からの持込も多いんだ。…ただ、ウチでその手に詳しい者は少ないだろうね。…見ての通り、此処は平和な町だからさ…
        皆、自分達の事で精一杯なんだ -- サイカ 2018-11-04 (日) 01:47:21
      • …ありがとう御座います(その情報は男にとって何か問題があったようで不服…というよりは懸念があるようだ)
        あまり詳しくは話せませんが現在西方では勢力図がかなり動いています、特にある組織が…厄介な連中です
        そして私の身辺を探るためにそちらに出向いた衆が居ますので一応貴女にもご報告をと
        (組織の中でも特に暴力としての力を持つサイカに報告したという事はつまりそういう事だ)
        ただそうならないよう動きますのであくまでご報告程度に(一歩下がり頭を下げる)
        ああそれと…お好きですか温かな日常は(問う声は妙に穏やかだ) -- コッローディ 2018-11-04 (日) 02:02:17
      • …(男の話に、いやな顔をする。しかし…)
        ボクを使おうって言うんだ。…キミもうまくやりなよ?明日…朝日が登らないのは、一つ足を踏み外せば、キミになるかもしれないんだから、ね。コッローディ(そして、男の問いに)
        ………好きだよ。(自分の手を見つめながら返し) -- サイカ 2018-11-04 (日) 02:28:19
      • 肝に銘じておきます、私は何度でも…そう何度でも夜を明けさせなければなりませんからね
        (妙な言い回しをする男の表情は険が鋭い、それはサイカに向けて放ったのではなく何かもっと別のモノだ)
        (しかしサイカのその言葉を聞けば表情は多少和らいで)…そうですか(言葉少なだが肯定の意を含めた返答をすると一礼後踵を返し去っていった) -- コッローディ 2018-11-04 (日) 02:35:43
      • (去る男の背中に視線はくれず…)…夜明けを求めて…か…
        もっと別の生き方だって、やり方だってある筈なのに…どうしてボク達はこんな事ばかりしてるんだろ…ねえ…?お父様… -- サイカ 2018-11-04 (日) 02:43:11
  • 回 覧           12月吉日
    ファミリー各位        幹事 ハロー=ワールド

    忘年会のご案内

    本年も残り少なくなってきましたが、ファミリーの親睦をはかるとともに、この一年の反省と来年への飛躍の糧としていただくため
    恒例の忘年会を下記のとおり企画しました。年末をひかえご多忙中とは存じますが、各自スケジュールご調整のうえ、是非ご参加ください。



    日時 12月2週目(11/3)午後7時〜
    会費 無料
    場所 ホテル『ファミリア』 

    以 上 -- 2018-11-02 (金) 19:46:42
  • ・・あれ?サイカのお嬢じゃないっすか、こんな所で何してるんすか?
    (街の公園、道行く人を眺めているサイカを見つけて声をかけて) -- ケーネ 2018-11-02 (金) 09:26:58
    • (ファミリー内部にて殺し屋…と言う職業を持つ組織の女は、真昼間の公園のベンチに腰掛け、ぼんやりと町行く人達を見ていた)
      (昼間でも仕事が無いと言えば別にそんな事はない。それでも仕事をするのは基本的には夜中が多く、朝日が登る前には終わらせている事が多い物で。彼女は日が昇る頃には街をぶらつき、時折こうして公園などでのんびりとした時間を過ごしている事も多いのだ。そして見知った顔…と言っても、自分の下部の組織でもなければそこまで面識があるとは言えない少女に声をかけられれば)
      …やあ、えっと…君は確かロベルトの所の…ケーネ。…ケーネ、ピノッティ!…ん〜、何と言われれば、明確には返し難いんだけど…何をしているように見えるかな?(少しだけ困ったかの様に笑って、ケーネに返し) -- サイカ 2018-11-02 (金) 09:56:26
      • にひひっ覚えてて貰えてうれしいっす・・・んー?(彼女が先ほどまでぼんやりと意識を向けていた方を見やる)
        んー・・・(監視や見張りという程ぴりぴりはしなかったが、ただぼぅっと目を向けていたというには意思が入っていた様に思う・・・考えても分からないので後はフィーリングで)・・・まぁ、いいなぁとか楽しそうだなぁとか、そんな感じで見てたんすかね? -- ケーネ 2018-11-02 (金) 10:20:16
      • 良くわかってるじゃないか。ケーネ、キミは良い目を持っているね。この世界で生きるならそれは大事な物だよ、自信を持って良いね
        まあ、そうだね。ケーネ…平和って良いと思わない?ほら、あそこにお年寄りが歩いているのが見えるだろ?手提げバッグなんか提げて、暢気にお散歩でもしてるのかも
        あっちは親子連れ。子供はまだ小さいね…でも元気に遊びまわっているよ。母親も子供を遊ばせて、井戸端会議なんてしてる。
        ケーネ、キミは確か治安の維持を主とするファミリーの組織に所属していたよね。…キミ達が頑張っているから、この光景が見られる。ボクはそれを見て感じて居たの(ケーネに笑顔を向け) -- サイカ 2018-11-02 (金) 10:30:32
      • い、いやそんな大層なもんじゃないっすよ・・・(0でも10でもないならまぁ3〜7くらいだろうという大雑把もいい所な勘、それでもそういう風に言われるのは嬉しかった)
        ・・・そうっすね・・(サイカの指し示す方を見る・・・どこもかしこもふわふわと柔らかな空気に満たされている・・正直、組織に入る前の自分であったなら思わず壊してしまっていた様な光景であったが・・・今こうして守る立場になり改めて見渡すと、これもまた悪くないと思えた)
        ・・・お嬢は・・・(「キミ達が頑張っているから」は少し他人行儀な気がした)お嬢だって、無関係ってわけじゃないんじゃないっすか? -- ケーネ 2018-11-02 (金) 10:58:45
      • ふふっ…まあ、喜んでおきなよ。そっちにはハローも居るんだし…彼崎兄が退陣したらキミ達の時代がくるぞ〜?(くふふとイタズラに笑って…そしてそんなケーネの問いには)
        ………この町は皆のお陰で平和に見えるかもしれないけれど、格差が広がっているのも確かな事さ。それに、ボク達は悪じゃあないが…カタギから利益を上げているというのも間違っちゃ居ない。そしてそれは、この町の不平不満に繋がるんだ(ふぅとため息をつき、空を見上げ…12月に差し掛かった頃の空気は冷たく、頬を撫でて行く)
        そしたら、スラムから新たにギャングが生まれる。そんな奴等は無法者さ、考えなしにカタギに取り入り、拡大していく。そして…ボクの仕事が増えるんだ
        ボクの仕事が増えれば増えるほど、彼等の恨みはまた新たな火種を産む。消しても消しても続くんだ。…結局、暴力は暴力しか呼ばない。…だからボク達じゃ、平和な町は作れない(苦笑して、ケーネの問いに答え) -- サイカ 2018-11-02 (金) 11:22:33
      • ・・・・・・(聞きながら頭をひねってる・・・,澆じめをとる→∩反イ大きくなる→I亘海平佑出てくる→い修譴蕕集まり組織になる→イ嬢が潰す→ι亘海平佑増える→,,Ε襦璽廖
        ぅんん・・?(自分が兄貴から学んでいた ゝ律に従った組織が街を守る→規律に従うがゆえに街は安心を得る→守った分の感謝として金を得る→ち反イ続く→グ打を守るために街が組織を守る→ ,旅戎泙らは見えなかった悪循環のスパイラルだ)
        ・・・それでも・・オレ達はこの組織にいるんす・・・お嬢は・・・そこから抜けるにはどうしていけばいいと思うんすか? -- ケーネ 2018-11-02 (金) 11:50:34
      • どうにもなら無い事もある、目を瞑っていれば見なくて済む事もね。(町行く人を眺めては、少しだけ羨ましそうにして)
        だから抜け出せないよ。抜け出せるのは手を汚していない者だけさ。ボクの両手は、もう真っ黒なんだ…例えばの話をしてみよう?もし、ボク達ファミリーが皆居なくなれば、一時的に格差はなくなるかもしれない。
        でもそしたら今度は次の権力者が出てきて、人は腐り、希望をなくし、そしたらまた立ち上がろうって奴が出てくる。不幸と幸せは常に隣り合わせなんだ。光があれば、ボク達の様な闇が居る。闇が表に出向いたならば、光が闇を打ち払う…それが道理
        この町は…やり方こそ間違っているかもしれないけれど…それでも、ほかの町よりはずっと平和で、潤っているよ。これ以上を求めるのは、たかが20歳の小娘のボクには、難しい話さ(そこまで言ってケーネを伺えば、ばつの悪そうにして)
        …ちょっとお喋りが過ぎたかな。あまりにもいい天気だから、変な事を言ったかもしれないなっ…!ごめんね、ケーネ -- サイカ 2018-11-02 (金) 12:11:35
      • たかが20とか15でも、汚れて様が何だろうがオレ達は組織の一員っす、そして、お嬢が言ってるのは、今、オレたちが抱えている問題っすよ?・・・どうにもならないじゃ済まないんす
        (絶望し、斜に構えるようなサイカに対してこちらはまっすぐに、自身の問題として覚悟を決めた者の瞳を向ける・・・こんな目をしながらを暴力の世界に十年二十年と身を置き続ければ、いつか”吸血鬼”と呼ばれる様なひどく冷たい眼差しになってしまうのかもしれない)
        (謝られればハッとして首を振り)・・・い、いえ・・オレもちょっと、出過ぎたマネをしてしまったっす・・・えへへ・・その、すいやせん(ふと息を吐けば元の人懐っこそうな笑顔)
        その・・なんだかお邪魔をしてしまったみたいっすし・・・今日はこれで失礼しやす(気まずくなってしまったのか、ぺこっと一礼をするとその場を後にする) -- ケーネ 2018-11-02 (金) 12:44:13
      • いいや、ボクの方が悪かった…君の言う通りだね…。ふふ、ボク達の時代がこれからもし来るのなら…格差の無い、争いの無い、良い町を作りたいね?その時は君にも沢山頑張ってもらわないと♪(クスクスと笑って)
        ああ、またねケーネ。今度はボクの部屋においでよ。キミなら、歓迎するからさ(そう言って小さな背を見送るのだった) -- サイカ 2018-11-02 (金) 12:51:23
  • すーぱー妹の様子見タイムじゃ…けど、サイカの住まいはめっちゃリッチそうじゃのう…
    しっかり働くとこういう所に住めるっちゅう訳じゃろうか、羨ましいような働かないといけないのは面倒そうな…複雑な気分じゃのー -- マート 2018-11-01 (木) 21:29:34
    • おやマート姉様じゃないか。…ふふ、わざわざ姉様がコンビニと実家から出てくるなんて、珍しい事もあったものだね
      まあこの街はファミリーの系列店も多いから、役職が上がれば何処の物件だって融通くらいきくものだよ。…姉様、何か飲む?(棚を見れば、ずらりと良い柄の酒が並ぶ) -- サイカ 2018-11-01 (木) 22:06:03
      • わしが以前引きこもっておったら妹やら弟やらが出来たりできなかったりで、えっ?こんなに家族増えとるん…?となったからたまにはのう…
        そんなに役職が上がっとるんか…いずれサイカに養ってもらう事になるかのー…何か、と言われても…
        (じーっと銘柄を見るが)わからん…(どれがどういうものかさっぱりわからないようだ、動かすカネの桁が違う) -- マート 2018-11-01 (木) 22:15:24
      • マート姉様はちょっと世間知らず過ぎるんです。まあ、ボクも此処で仕事をし始めてから結構たつからね。後は半ば担がれる形で、さ。…マート姉様は気楽そうで羨ましいよ(苦笑しながら)
        アハハ、じゃあこっちの方が馴染みがあるかな(冷蔵庫を開ければ、それこそコンビニで売ってるレベルのドリンク各種が詰められていて)
        姉様、コーヒー牛乳とか、ジンジャエールもあるよ。それともドクターペッパー? -- サイカ 2018-11-01 (木) 22:30:45
      • さ、最近はちょっとリハビリみたいに外に出ておるし…?ちゃんと日光にも当たっとるんじゃよ
        まじめに仕事をする娘となればこそかのう…あれ、ひょっとしてわしの分しわ寄せが行っとる?(ごめんなのじゃー!と頭を下げる)
        これこれ!なじみ深い飲み物に安心するんじゃ…ドクターペッパーっちゅうのは飲んだことないのう、美味しいんじゃろか? -- マート 2018-11-01 (木) 22:36:43
      • 安心してよ、姉様のしわ寄せなんて来てないからさ?ボク達はボク達にあった仕事や場所を与えられているんだ。姉様がコンビニのバイトをしているように、ボクも割り振られた役割をやっているに過ぎないよ
        (とりあえず姉の飲めそうな飲料を軒並み出して…因みに自分は炭酸水をチョイス)
        ドクターペッパーはそうだねー、うーん…おいしい…というか、独特、というか…飲んでみたらどうかな?(後はすいと出される高級なチョコレートとビスケットだ) -- サイカ 2018-11-01 (木) 22:42:25
      • ふむー、わしのせいで変なことになっておらんのじゃったらよかった、ただの適材適所だったんじゃのー
        (炭酸水を見てお酒を割ったりするのにもつかうんじゃろか…と思いつつ)独特の飲み物…?
        せっかくじゃし飲んでみるかのう!チョコレートやビスケットが出て来るという事はきっとこういうものに合う飲み物なんじゃろか…どれどれ、いただきまーすのじゃ カシュッ(ぐびっ) -- マート 2018-11-01 (木) 22:49:49
      • (燃費が悪く、代謝も良いほうなのではあるが…20歳の女性であるサイカは、意外と体重を気にしているのだ!)炭酸水、最近はまってるんだよね。美容とか健康にも良いって言うんだよ。太らないし、なんだかお腹一杯になるきがするし…
        ま、まあ、まずくはないんじゃないかな?(ドクターペッパーの味と言えば甘ったるく、独特なフレーバーのするなんともいえない、コーラの様な飲み物である!後味がなんと言っても独特で、好き嫌いが分かれる味と言えるだろう)
        どうかな? -- サイカ 2018-11-01 (木) 22:56:58
      • ほぁー、炭酸水が美容や健康に?どういいのかよくわからんがわしが飲んだらゲップが出てしまいそうじゃのう、お腹が膨れるのは…炭酸で膨らんでおるだけではないかの?
        んぐんぐ…むはぁー…なんじゃろうこれ、美味しくはないのう…(ぐびっ)むはぁー…うむ、たぶんまずいと感じておる気がするんじゃけど…(ぐびっ)なんじゃろう…やめられん、そんな味がする…!(ビスケットを齧る…ドクペを呑む!) -- マート 2018-11-01 (木) 23:07:46
      • それで紛らわすの…!夜の間食は体重に直ぐに出るんだ…うう、憎い…夜屋台でラーメンを食べているおじさん達が憎いよぉ!
        そういう飲み物なんだ。所謂…癖になる?というヤツらしいんだけど…ね、姉様、そんなにがっつかなくても、まだまだ沢山お菓子も飲み物もあるからね…(アハハと笑って、そんな姉を横目に見れば、おずおずとスーツを脱いで、寝巻きに着替え始め)
        (寝巻きは意外と大人っぽくスケスケなネグリジュ。ボディラインが見えて割りとエッチな感じだが、20歳の年頃のサイカは大人びた振る舞いをしようと寝巻きも背伸びをしたものを選んでいた)はー、いや…意外としっかり過ごすって言うのは疲れるものだよね、マート姉様〜(スーツを脱げばなんともだらしのない空気をまとう) -- サイカ 2018-11-01 (木) 23:18:15
      • なるほどこれで紛らわすか…空腹にはどうしても勝てんじゃろうからのう、ところてんや寒天ゼリーなんかもカロリーはほぼないようなもんでええ感じじゃぞい
        寒天ゼリーに人口甘味料を使う事でゼロカロリーのゼリーが生まれたりもするくらいじゃ…まあ味はそれなりじゃけどのう
        ラーメンは夕飯に食べる位にするんじゃ…わしはライブ感したことは無いがラーメンライスは…
        ふうむ癖になる…まさに…癖になる味じゃのう、美味い訳ではないのになぜか辞められない止まらない…なぜじゃろう
        (そんなんだからすぐに飲み干してしまったようだ)ぬあ…なくなると何だか妙な喪失感があるがお代わりをしたい気にはなれんような…不思議じゃのう…むう?もう寝るんじゃろか…大人と言う感じの寝間着じゃのう…(寝る時はキャミソールなマート、ただし女児用である)
        おおう何やら雰囲気が変わったのう、スーツが一つのメンタルスイッチになっておるんかのー、よしよし、オンオフしっかり切り替えられるのはすごいことじゃな -- マート 2018-11-01 (木) 23:28:24
      • うん!ボクはもう寝る!…冷蔵庫に沢山常備してあるから、姉様は
        自由にくつろいでいってよ。お部屋も空き部屋なら沢山あるしさ(いいながら、マート姉様からの不意なあねおーらを感じれば)
        姉様が羨ましいよボクはぁ…(枕に顔を埋めるようにして、就寝するのであった) -- サイカ 2018-11-01 (木) 23:43:15
      • いっぱいいっぱいだったんじゃのう…(ろれつが回り切っていないのを見れば苦笑いをして)
        それではお休みじゃよ…アルバイトはいつでも募集中じゃからのう、ドロップアウトしたら来るとええんじゃ(サイカの頭をポンとひと撫ですると、戻って行くのでした) -- マート 2018-11-01 (木) 23:48:23
  • 一人で住むには広すぎる。それ故に物静かで安全であるこの場所でくつろぐ君。
    その安息の時間を破る様に無粋な来客が来たと君は知る。
    組織の人間が好んで着込む黒いスーツを纏った男。
    その人物は君にとってはどんな相手だろう。
    組織の上司・部下・仲間・友人・etc. -- 名簿 2018-11-01 (木) 19:29:38
    • (突然の来客に…事前に話を通してくれると嬉しいな。なんて内心考えながら、取り合おうと相手を確認すれば)
      …えっ?!うわわ…(慌ててクローゼットから新品のスーツを取り出し、鏡の前に出ては身だしなみを整える)
      (完全にオフモード…下着同然の格好でゴロゴロしていたサイカは、突然の来客をそのまま待たせる事…優に10分はかかったのであった!そしてネクタイを閉めて、扉を開けば)
      お、お待たせしたね…久しぶりだね、彼崎兄(良く見知った顔ではあるが、ファミリー内部の組織が違うために部下と上司と言う訳ではない。どちらかと言えば彼はハローの上司筋に当たる人間であり、組織に長く身をおく自分にとっても兄の様な男だ)
      今日は一体、ボクに何の用かな? -- サイカ 2018-11-01 (木) 19:50:39
      • 気にしなさんな…(言いつつ腕時計をチラリと見るあたり彼の性格が出ている)
        仕事の打合せでね。今回俺の所だと人手が足りなくてな、お前さんの所に来たってわけだが…
        どうやらその様子だと聞かされてなさそうだ(この組織のこういったずさんさは毎度の事だがとため息を付きつつ)
        それとは別に顔を見に来たってのは駄目ですかね?お嬢。(と、自身の恩人の娘をそう呼んだ) -- 彼崎 2018-11-01 (木) 20:08:58
      • ええ、何…ドンパチでもするのかい?あんまり怪我人が出るような事だと、ボクの部下も動かし難いんだけど…まあ、治安の維持に、荒事は付き物ではあるからね…彼崎兄の采配なら、信頼も信用もするよ(仕事の話にはOKと返事を出す、そしてその後の言には)
        …次は事前に連絡をいれてよ、も〜。ボクは今日オフだったんだよぉ…(良く見れば髪は若干ぼさぼさで、新品のスーツは着ているが着こなしも甘い。眼鏡はかけていないし、部屋の奥を見れば寝巻きやら下着やらが乱雑に放り投げられている様子で) -- サイカ 2018-11-01 (木) 20:23:02
      • たまにこうやって来ないとお嬢の場合、ずぼらさに磨きがかかるのは良く知ってる事ですから
        (僅かに笑いつつ、ズレてない眼鏡を直し、再び腕時計を見て)
        必要ならば片付けていきましょうか?部屋(と、付け加える) -- 彼崎 2018-11-01 (木) 20:29:48
      • そ、そんな事…ない、と思います…よ…(以前きたバターの前では、掃除が大好きと言ったが、別段好きと言う訳ではない。先輩面をしてみただけであった!)
        ボクだってこう見えても、頑張ってるんだよ!整理整頓に身だしなみだってちゃんと気を使う様に心がけているし、料理だって出来る様に練習してるんだから…彼崎兄が神経質すぎるの。
        だ、大丈夫だよ…っていうか、今これ以上奥の部屋に入られるのはとってもまずい、…乙女心をわかって欲しい(顔を赤くしつつ、ばたばたと手を広げ) -- サイカ 2018-11-01 (木) 20:43:27
      • 分かってます。分かってますって。お嬢が頑張ってなさってるのも十分わかってますんで(両手で抑えて抑えてとポーズを付け)
        (赤らめた顔のサイカを見て言いたい事の内容を察したのか)そうですか…今回は素直に引き下がりましょう。
        …ですが、次は無いと思っていただきましょう(素直に引き下がりつつも、サイカのズレたネクタイを咎めるように自身のネクタイを指差し)
        (そして手に持った資料を机に置くと、騒ぎで落ちた前髪を撫でつけ直し、眼鏡も直す)…では、明日までに目を通して実行に移ってくれ。任せたぞ
        (言い残して出て行った。中の資料は対抗組織の同行の調査と普段の仕事に比べれば割と安全な内容の代物だった) -- 彼崎 2018-11-01 (木) 21:06:02
      • うぐぐ…だって身支度する時間もなかったんだから仕方ないじゃないか…わかったよ、彼崎兄…じゃあ、ごきげんよう(ブツブツと言うも、兄の様な男を見送れば、深いため息をつきながら書類に目を通す)
        はぁ…明日ぁ?…もう、なんでもかんでも急すぎるってば…でもまあ、これくらいの内容なら…ウチの若いヤツ向けかな。(言いながら、せっせと真面目に人員の手配をするのであった) -- サイカ 2018-11-01 (木) 21:14:19
  • -- 2018-11-01 (木) 18:35:20
  • -- 2018-11-01 (木) 18:35:17
  • -- 2018-11-01 (木) 18:35:13
  • グレート電気ブランお持ちしました(シャレオツな小料理と共にワゴンにのせて) -- ノクロロ 2018-10-30 (火) 23:05:50
    • 掃除屋じゃないか、ボクは今日はまだ仕事をしてない筈だけど…はっ!まさか…ノクロロ、キミ…このボクを消しにきたのか?! -- サイカ 2018-10-30 (火) 23:17:28
      • いえ、たまたまお酒を納品しに来ましたら、ついでにこれを持っていって欲しいと………………(周りを見回してから一拍置くと)あぁ……掃除屋って私です?あれ、掃除屋ってそんな物騒に思われる対象なのですか?えぇー……弱りますね…… -- ノクロロ 2018-10-30 (火) 23:27:57
      • くっ…まさかキミが…スパイだったなんて…キミにはがっかりしたよ!ギャング集団を…潰す…!
        ボクそんなの頼んだっけな…何処からの差し入れだい?(電気ブランを手に取り、眺めてみて) -- サイカ 2018-10-30 (火) 23:35:33
      • ホテルからのサービスなので……別の部屋からの注文でしょうか?
        えぇー!?いや、そんな……!!違いますよ!?どうしてそんな結論に……!?あわわ、早く逃げなくては……(スーッと姿が透明になっていく) -- ノクロロ 2018-10-30 (火) 23:44:47
      • この部屋のサービスはボクの許可なくしては入れないようにしてあるからね、フフフ…職柄気を使っているんだよ、これでも。つまりこれは、なにやらよからぬ物品ということさ(電気ブランをおけば、そのままにして)
        ねえ?ノクロロ、キミ本当になにも……あれ?!いない?!1(突如姿が消えたノクロロに、きょろきょろと) -- サイカ 2018-10-31 (水) 00:12:25
      • えぇー……良からぬ物品を運んだとなると……あ、あらぬ疑惑をかけられて剥かれて娼館に沈められてしまう!?いや、文字通り海の中に沈められてしまうのでは……あわわわ(声だけがすると電気ブランまでスーッと消えていく) -- ノクロロ 2018-10-31 (水) 00:26:06
      • ふふふ、ノクロロにはソープに沈んでもらわないと…このボクを消そうとした罪で…!
        あっ証拠まできえてる!!隠滅されたー?!! -- サイカ 2018-10-31 (水) 00:36:25
      • (その後そのまま街を出て逃げようとしていたところを仲間に引き留められて説得されて帰ってきたらしい) -- 2018-10-31 (水) 00:45:06
  • ここは……君の部屋だったか(軽食を運ぶルームサービスのワゴンの下からよっこらっせっと這い出てくる) -- ハイジア 2018-10-30 (火) 22:55:04
    • …ハイジア先生、その登場の仕方は些か問題があるかとボクは感じるよ…!(突如現れたハイジアに、普通に訪れて欲しいという視線を向ける)
      はぁ、確かに今は此処はボクのフロアで、ボクの住居スペースだけれど…先生が出歩くなんて珍しいね、なにかあったのかな? -- サイカ 2018-10-30 (火) 23:08:34
      • ちょっと困ったことになってな 若いのが何人かやられた ゴリ押しでいけると思ったんだろう(血のついた白衣を脱ぎ捨てる 本人に目立った怪我はない様だ)
        私が出歩かなければ無用の流血は避けられた とはいえ、これも仕事だからな(サンドイッチとコーヒーを適当なテーブルに運ぶ)腹ごしらえをしたらすぐに出ていくよ -- ハイジア 2018-10-30 (火) 23:16:42
      • 良く状況が把握できないんだけれど、ああ!?そんな血のついた白衣を脱ぎ捨てて…(カーペットの心配をするスーツの女)
        はあ、ええとそれで…厄介ごとなの?此処は一応安全であるとボクが保障をするけれど… -- サイカ 2018-10-30 (火) 23:30:45
      • 帰り道で待ち伏せに遭ったんだ 警護の人間が応戦して、殿(しんがり)を買って出てくれた 私を逃がしたとわかれば連中も深追いはしなかっただろうけど、さてどうなったかな
        もしかしたら、今日の患者は私を誘い出すための撒き餌だったかもしれない 時々あるんだ、こういうことが 往診はなるべく控えているのだけれど(食欲旺盛に軽食を食べはじめる) -- ハイジア 2018-10-30 (火) 23:46:34
      • なるほど、把握をしたよ。そういう話なら此方から手を回しておこう…先生も恨みを買いやすいんだから、どうか気をつけて欲しいね(ハイジアの食べっぷりに、苦笑しながらもソファに腰掛けて足を組み)
        しかし最近、またバカ共が増えてきたね…バラしてもバラしてもきりがない、まったくもって、命を粗末に扱いすぎる -- サイカ 2018-10-31 (水) 00:08:54
      • 一度仕掛けてしじくった以上、今夜はもうこれ以上の歓迎を受けることはない……とも言い切れないのがつらいところだな 警護の面々とは下のバックヤードで落ち合うことにした
        もう少ししたら集まってくるだろう(コーヒーに口をつけて)恨まれる様なことをした覚えはないぞ ただ、胡乱な連中の秘密をいくらか聞いてしまっただけだ
        かといって、診察室の仮眠部屋に連泊するのも気が塞ぐ! ときどきは家に帰らないといけない……と思ってはいるのだけれど、ままならないものだ -- ハイジア 2018-10-31 (水) 00:19:40
      • 人の命を奪うつもりの者達は、自らが奪われる側になっても文句はいえない。彼らの死によって朝日は訪れる…それがボク達のやり方さ。
        アハハ、またまた先生は冗談がうまいんだから。…診察室を改装したらどう?広いバスルームに、寝室もつけてさ -- サイカ 2018-10-31 (水) 00:34:21
      • 手段を選ばない連中がいることもたしかだ 警護の手配を人任せにできる分、私はこれでも楽をさせてもらっているのだろうけれど……(軽食を平らげてお菓子でもないか物色する)
        居住性を良くするのは大いに有りだな たまにはいいことを言う そうなるといよいよ家に帰らなくなりそうだけど、水周りは特に強化したいな 出入りの施工業者がいれば紹介してくれないか -- ハイジア 2018-10-31 (水) 00:40:20
      • 来客用のお菓子はそっちにあるよ先生(とりあえず菓子棚を示しつつ、良く食べるなぁと思うスーツ女)
        たまにはって、酷いなぁ。ボクはこれでも、何時だって真面目な意見しか言いませんよー。
        アハハ、それはボクの専門外だね、ハローにでも聞いて見ると良いんじゃないかな? -- サイカ 2018-10-31 (水) 00:52:54
      • どれどれ……(腕時計型の端末にショートメールが表示され、菓子に伸ばしかけた手をひっこめてざっと目を通す)……残念、迎えが来たようだ
        君みたいにホテルの部屋を借りてセーフハウスを持つことも考えたけれど、生来ものぐさな性分でな 管理の手間を考えると気が狂いそうでやめてしまった
        これ以上警護の人員を割かせるわけにもいかなしな リフォームの計画は真剣に考えてみるよ 邪魔をしたなサイカ(またどこかで、と小さく手を振り出ていった) -- ハイジア 2018-10-31 (水) 01:47:24
  • パパのベッドはいつもふかふかね!メイドさんが綺麗にしてくれているから?(ぽよんぽよんと飛び跳ねながら) -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 20:59:44
    • 此処に黒服は入れない様にしているからボクが全部やってるよ。(言いながらぽよんぽよんと飛び跳ねる来客に微笑み)
      やぁ、魔眼…いや、バター?今日もいい日だったかい? -- サイカ 2018-10-29 (月) 21:09:19
      • 全部自分で!?こんなに綺麗にするのはパパ一人じゃ大変じゃないかしら、わたしね、メイド服を頼もうと思っているの
        パパ達にご奉仕してもっと好きになってもらいたくて、だから、そしたらパパのお部屋の掃除とかも手伝って上げられると思うの
        ええ!とってもいい日、パパと一緒に居られればわたしはいつでもいい日よ! -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 21:44:32
      • アハハ、ボクは掃除も好きだからこれくらいは平気だよ(本当の理由からすれば、自分のフロアを人任せにすると言う事が出来ないだけであるが…職業柄ともいえる)
        …それは随分と似合いそうだね♪ふむ、キミがメイド…悪くないね(ピーナッツバターの案にこくこくと頷いてみせ)
        でも、ボク達ファミリーにはテリトリーという物があるからね、色々と気をつけなきゃいけないぞ?そう、たとえば…ハロー君!知っているかな?
        あのハローの家を掃除したら…ベッドの下にはたっくさんのいやらしい本が隠されてるはずさ。それをお掃除してしまったら、きっとハローは悲しんでしまうよ(くすくすと笑いながら、根も葉もない事を言うスーツの女) -- サイカ 2018-10-29 (月) 22:05:37
      • 掃除一つとっても大変だね!ハローパパに限ってそんなことは…あるのかな!?でもパパの好みを把握したら
        …心に留めておくねパパ!(そういわれると全てのパパのベッドの下が気になり出す、サイカのよこから後ろのベッドの下を覗こうとしてみたり) -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 22:34:38
      • ふふ、自分の部屋には自分ならではの物があるものだからね…例えば、枕の裏に拳銃を隠していたり、隠し金庫の鍵を、なんて事もあるかもしれないよ。(そしてベッドの下を覗かれればクスクスと笑う)
        ボクの部屋には生憎、武器になる様な物もそういった雑誌類も無くてね〜、期待に応えられずにごめんね、バター(それでも、微笑ましそうにバターを眺めては) -- サイカ 2018-10-29 (月) 22:54:17
      • 隠されてると宝物探しみたいでちょっと興味がわいちゃうわね、見つけたときのドキドキってすごいと思うの!
        いいのよパパ、何もなくてもパパがいたらそれだけで、えいっ(ぎゅうっと嬉しそうに抱きつく) -- ピーナッツバター 2018-10-30 (火) 21:14:23
      • ふふ、その気持ちはわからなくもないね。ボクも昔はお父様のお屋敷で何かないか探して、良く怒られたよ。此処においてあった銃はどうしたー、なんてね…それでも、お父様の顔を見た事はそう多くはないけれど…(そして突然バターに抱き付かれれば)
        わあっ…急にどうしたんだい?!(大袈裟に驚きつつも…体を硬質化させ、暗殺に備えてしまう。バターはそういう事をするタイプだとは思っては居ないが、人に距離を詰められるというのはあまり慣れていない様子で) -- サイカ 2018-10-30 (火) 22:38:14
      • パパも悪戯して怒られたことあるのね、わたしも一度くらいパパ達に怒られるくらい悪戯してみようかしら
        なんでもない!パパと居られるのが嬉しかったから抱きついちゃったの!でもちょっと硬くてこつんってなったわ -- ピーナッツバター 2018-10-30 (火) 23:33:28
      • …アハハ、パパの中には驚いて大変な人も居るかもしれないから、程々の悪戯にしておくんだよ?そうだね、例えば…蜘蛛の玩具を糸で吊るして見る、とか
        …ごめんねバター、ボクはあまり、こういう事には慣れてなくて…。驚いちゃったかな…?(バターと言えばファミリー内部でも有数の狙撃手だ。いや、正確に言えばそれが持つ魔眼が、彼女を子供ながらに畏怖させる存在とし成り立たせている。彼女を連れて行けば、どんな素人でも恐るべき殺し屋に変貌する)
        (とは言え、彼女の力は個人ではそう強く作用するものではない。つまり彼女が一人で居るならば、身構える事はなく…相応の子供として、接してやるべきなのだ。それなのに自分は、ファミリーの内部においてもけして日の当たらない場所に長く居る内に、身内にすら疑心を抱く様になってしまっていた。…それが目の前の少女を見れば、とても恥ずかしい事の様に感じてしまう)
        ボクはもっと、家族を信用しなければいけないね…(バターに聞こえるか聞こえないかわからないトーンで、呟き) -- サイカ 2018-10-30 (火) 23:58:54
  • サイカねーちゃん、あのあとボク気付いちゃったんだよね…重大なことに!
    (フロントで居る階だけは聞いたものの、部屋番号を知らずに空き部屋をノックしまくった挙句ようやく辿り着いたちっこいの) -- レアンドロ 2018-10-29 (月) 20:47:19
    • (貸切にされたホテルのワンフロアに、手当たり次第部屋をノックして回る少年が自らの部屋の扉を叩けば…本来この階へ通されるのはファミリーだけである。特に警戒心もなく応じ、扉を開けるスーツの女だ)
      おや、やあレアンドロ、いらっしゃ…アハハ、どうしたの?そんなに急いで、んー、気づいた?(ニコニコとしながらも首をかしげる) -- サイカ 2018-10-29 (月) 21:02:06
      • ホテルってすっごいんだね!豪華で綺麗で、制服もきちっとしててー……あれ、なんだっけ?(首を傾げ)
        そうそう制服で思い出したよっ!ボクがスーツ着ると、ただの七五三にしかみえない……(浮かれ顔から一転、耳が垂れて悲しそうな表情だ) -- レアンドロ 2018-10-29 (月) 21:07:43
      • ふふっ、レアンドロも住んで見る?空き部屋はみてのとおり沢山あるよ(はしゃぐ彼が可愛らしく、甘やかすように言いながら)
        アハハ、それは…そうかも…。まずは身長、いや…立ち振る舞いから、かな?(レアンドロの気づいた事に頷いて同意するかまえ)
        でもまあ、成長期というのもあるかもしれないし、直ぐに似合う様になるかもしれない。そんなに気を落とす事はないさ -- サイカ 2018-10-29 (月) 21:21:15
      • えっ、いいの!?でもそしたら、アパートのベッドではもう寝れなくなっちゃいそー…ソファーもベッドもやわらかそうだし
        背は、伸びるのを待つしかないよねー なんかマフィア流の立ち振る舞いって、ピンとこないけど(どんなのだろ?と天井を見上げながら考える)
        そっか!ふふーん、にーちゃんみたいになればスーツも着こなせて、みんな子ども扱いしなくなるよねっ! -- レアンドロ 2018-10-29 (月) 21:30:27
      • ボクはまあ、構わないけれど。ああ、でもレアンドロは男の子だから、ボクと一緒だと誤解されてしまうかな?それは困るかも、お互いにね?(それ以前に此処を訪れる者はファミリーでももっともきな臭い連中と、そういった仕事の依頼であり…多少思う事もある様子で)
        マフィア何て言い方は良くないよ、ボク達はファミリーさ(笑顔で返しながら)しかし、そうだね?まずは何時も冷静に、落ち着いて行動する、とか
        それで居て行動するときは大胆に、不敵で居る事、とか?…ふむ、レアンドロは子ども扱いされるのは嫌? -- サイカ 2018-10-29 (月) 21:50:07
      • あー、部屋が別々だったとしても信じてもらえないかもー?サイカねーちゃんに迷惑かけちゃうのはやっぱダメっ
        ととっ、そうだったねー(失言、とばかりに自分の口を手で塞ぐ)れーせーに…そこは苦手だよー、すぐ気持ちが行動に出ちゃう
        あんまり…好きじゃないかなー この見た目だと、尾行も怪しまれないのは便利なんだけど… -- レアンドロ 2018-10-29 (月) 22:03:26
      • 子供じゃないなら、レアンドロが何時狼君になるとも限らないわけだ?これは確かに、勘違いされてしまうから駄目かな(からかう様に言い)
        じゃあまずは、普段冷静に過ごしてみる訓練からしてみるのは悪くないんじゃないかな?何かルーチンワークとかを決めてみるとかどうだい? -- サイカ 2018-10-29 (月) 22:48:43
      • んぇ?狼になるのはねー、お薬使った時だけだよっ!(省略されすぎてこれも誤解を招きそうな表現)
        るーちんわーく……にーちゃんの真似してみるとか、かなぁ 日常とかお仕事とかで
        サイカねーちゃんのお話って難しいけど、そのうちちゃんと分かるよーになってみせる…(ぐっ)
        それじゃあ、帰って早速試してみるねっ!お邪魔しましたーっ(ぺこり、お辞儀して帰っていった) -- レアンドロ 2018-10-29 (月) 22:58:06
      • …ウチでは違法ドラッグは禁止だよ!?
        うん、キミが落ち着くのを探してみるといい。お守りなんかを持ってみるのも悪くないかな?…ああ、レアンドロ。夜は気をつけて帰るんだよ?(そうして部屋を駆けていく少年にを笑顔で見送り)
        ……ボクの話、難しいかぁ〜〜…(はぁ、次ぎはもっとわかりやすくお話しよう…!レアンドロはいい子だなぁ…なんて心の中で思うのであった) -- サイカ 2018-10-30 (火) 03:41:58
  • 『緊張の一瞬!ここには銀河の兄弟が住んでいるという…はたしてどうなるのか!』(ボスの娘だというサイカを訪ねて部屋のドアをノックする) -- 銀河 2018-10-28 (日) 22:32:18
    • おやキミは…(このフロアは貸しきりにされており、部屋をノックされたとあればそれはファミリーの一員だろうと目星をつけて)
      …はて、新しく加入した新人君かな?まあ、ファミリーにようこそ…と言うべきか、さ、どうぞ。(知らない顔だな、なんて思いながら、中に通すスーツの女) -- サイカ 2018-10-29 (月) 04:19:09
      • 『サイカだ!サイカはボスの直系の娘だった!』(ナレーションの音声を聞き目の前の人物が自分の兄弟?であることを知るとまずは一礼である)
        『そして銀河もまたボスの血を引く子の一人なのだ!』(ナレーション機能によって自己紹介をしつつ中に通される、真偽は不明 -- 銀河 2018-10-29 (月) 18:38:19
      • む…父様の…娘?(考えれば心当たりが無い事も無い。なんせ宇宙人やエルフも居るという話もある…それくらいに父親の子供は多いらしいのだ)
        (ナレーションらしき声に、不審な顔をするも…)ま、楽にしてよ。とりあえず…ボク達ファミリーは、何よりも礼儀を重んじるんだ。お互い自己紹介しようじゃないか
        キミはボクの事を既に知っているようだけれど、ボクはサイカ。キミは?(椅子に腰掛ければ、足を組み) -- サイカ 2018-10-29 (月) 19:29:06
      • 『爆発的星生成銀河は宇宙…星空の彼方からやってきた宇宙のヤクザである!』(定型文で自己紹介、本体のほうは喋っていない…マスクのスピーカーで会話しようというのか)
        『ファミリーは文字通りボスの家族、ゆえに故郷を飛び出しこの星を目指したのだ!』(故郷の母も送り出してくれた、そこからはずっと宇宙のヤクザとして暮らして最近この星にたどり着いたという) -- 銀河 2018-10-29 (月) 19:42:35
      • (話を聞けば、噂の宇宙の姉妹という物らしい事に、驚くも)…キミが此処にいると言う事が、その証明でもあると言う事のようだね…銀河、というのかな。ボクの姉か妹かわからないけれど、なんだか不思議な気持ちだね…
        でも銀河、宇宙ではそれが通用するかもしれないけれど…此処では駄目だよ。さっきも言ったように、ボク達は礼節を重んじなければならない(マスクとスピーカーを外しな、と暗に言っている様に、圧力をかけるスーツ女なのであった) -- サイカ 2018-10-29 (月) 20:10:30
      • 『TPOというやつである!』(それを装着することが好ましくない、という意味なのかと解釈し…マナーモードをオンそして…)
        ………(センサーを取り外して素顔を見せる、宇宙人だと言うわりにヒューマノイド種でエルフにも似た耳と色白さだ)
        ……(そしてセンサーを取り外した結果、言葉を発することも理解することもできない、視界も文字通りゼロの状態…サイカの圧力も相まって冷や汗が流れ始めた) -- 銀河 2018-10-29 (月) 20:18:12
      • (そんな様子を見れば、宇宙人という事は偽りなく言葉が不自由なのを把握する。そして視力すら鮮明でないという事も)
        …ふふ、ボクがキミを信用しなければ、キミは此処で殺されていたかもしれないね。
        ボク達ファミリーも何も甘い事ばかりでやっている世界じゃあないんだ。何よりも信頼や礼儀を大事にする…それがファミリー。よく覚えておくといい。
        そしてキミがボクを信用してくれた様に、ボクもキミを信用するとしよう。…改めて、ようこそファミリーへ、銀河?(この言葉は銀河には届いてはいないかもしれないが、この行為の意味は理解出来るかもしれない。一瞬発していた圧力は直ぐに霧散し、銀河の感覚にも緊張が解けた事を理解する事が出来るだろう。そしてそれはマスクとスピーカーの着用も許されるという事だ) -- サイカ 2018-10-29 (月) 20:47:20
      • ……(投げかけられている言葉、その意味は分からない…何か大切な心構えを説かれている…のか?とその言葉を理解しようとする)
        (恐怖はもちろん、同時にある種の威厳を感じさせる言葉は銀河に何かを伝えるのに充分だったのかもしれない、そして途切れる言葉とともに殺気が消える…)
        『きょうのファミリーはここ、サイカの部屋からはじめよう!』(取り付けられた心眼センサーを通して視覚と言語認識、そして音声での意思疎通が回復する…)
        『ファミリーは信用を貴ぶ!信用はすべてに優先するのだ!』(センサーに時間差で翻訳が届けられたのだろうか?それともいつもの余計な一言か?ナレーション音声とともにその場に正座して礼である) -- 銀河 2018-10-29 (月) 21:00:09
      • アハハ…いや、しかしキミがボクの姉妹か…ふむ、うーむ…(耳慣れないナレーションで再び意思疎通を開始する銀河に苦笑して)
        えっと…ま、理由はわかったよ。それで銀河、キミは一体どんな事が出来るのかな?まあ、ファミリーであればこの町では顔が利くから、多少の融通もきくだろうけど…自分のテリトリーは示しておくのが賢明さ(なんて言いながら…)
        コーヒー?それともこっちが良い?(ワインや洋酒等が並んだ棚を示して) -- サイカ 2018-10-29 (月) 21:16:15
      • 『銀河は宇宙ヤクザにしてファミリーの戦闘員である!』(何ができるかといえば、戦闘。それくらいである)
        『銀河に縄張りはない、この街で暮らすことが望みである!』(言われてみると自分は無宿、街のあちこちをぶらぶらしているのはよくないのか?と首をひねり)
        『銀河はジンジャーエールを求めて棚を探す!』(この前勧められたジンジャーエールというやつをまた飲みたい。そう思ったのかセンサーの文字読み取り翻訳をオンにして棚のラベルをスキャン中) -- 銀河 2018-10-29 (月) 21:34:39
      • 戦闘…それはあまりお勧めしたくは無い仕事かな。裏社会に住むからといって何も手を汚す事は無いと思うし…なるほど、中々ままならないね。(前途多難な感じを受けつつも)
        ジンジャーエール?あぁ、炭酸飲料なら冷蔵庫にはいっている奴を好きに飲んで良いよ、多分それもあるから(来客用に一通りのドリンクは揃えてあるらしく、冷蔵庫を示し) -- サイカ 2018-10-29 (月) 22:37:38
      • 『サイカの懸念はもっともである!』(銀河は一言で言って鉄砲玉、例えるなら偵察だと言っているのに『あの連中血祭りにあげてやりますよ!』などというタイプである)
        『示された冷蔵庫を探す…ジンジャーエールだ!』(どうやら缶タイプ、目当てのモノを発見しまずはサイカに一礼してから開封し…イッキ!…とみせかけてちびちび飲んでいる)
        『その対価として銀河が用意できるのは…ファミチキだ!』(どうやらここに来る途中でファミリーのマートで購入した最近のお気に入り、ファミチキをひとつ取り出してサイカに勧める…信用第一なので自分もひとつ食べながらだ) -- 銀河 2018-10-29 (月) 22:47:23
      • なら、まずは職探しや手伝い探しでもしてみるというのはどう?銀河。そうそう、例えばファミリー系列のBARや、広場でイベントガールなんかやってもいいかもしれないね。町の人間はボク達の隣人、何かしらの形でこの町に携わると良い…
        (そしてチキンが出されれば)これマート姉様の所のだね。結構情報を持ってるんだね銀河は?やはり宇宙のなんたらというのは侮れない(難しい顔をしてファミチキを頂く) -- サイカ 2018-10-29 (月) 23:02:15
      • 『ハローの紹介で『お小遣い』稼ぎをすることもあったのだ!』(なるほど、ファミリーの構成員だけでなくこの町の住民とも仲良くしろということなのだな…といった理解をしたのか頷く)
        『しかしそれは、全くの偶然である!』(ファミチキが美味しいと聞いて買いに行ったら姉がいた…教授これは!?とサイカに逆にこっちが聞きたいという顔を向ける…宇宙技能で何かできるとすればレーザーブレード術と量子演算そろばんくらいだろうか) -- 銀河 2018-10-29 (月) 23:13:00
      • アハハ、ハローは仕事熱心だね…まあ、そう言う事だよ。ボク達ファミリーは何も悪じゃない
        偶然でよくあのコンビニに行ったね?!この町は結構広い、店なら他にも沢山あっただろうに…あのコンビにはマート姉様のシマなんだ。覚えておくといいよ銀河 -- サイカ 2018-10-30 (火) 04:37:32
      • 『しかし銀河は、ファミリーを悪と認識していなかった!』(悪とはすなわち自分の敵を総称するもので、ファミリーが味方ならば悪ではないのでは…?と首をひねる、価値観はシンプルである)
        『この前は歯医者のりんご目当てに尋ねた銀河は対価の重要性を学んだのだ!』(店ならどこでもいいわけでもなかった…と失敗を振り返り反省である)
        『一人前のファミリーには自分のシマ、ベストプレイスが必要なのか!どうする銀河!』(ここは兄弟やほかのファミリーにならって自分も縄張りを作るべきか…と考える) -- 銀河 2018-10-30 (火) 18:22:53
      • あぁ、その通りだよ銀河。…でも、ボク達は何者で、何が許されるかは常に冷静に物事を見なくてはいけない。たとえファミリーであったとしても、我々の理念に反するものであれば情けはかけるな。…キミもお父様の子なら、良く覚えておくと良い
        必要、と言う訳じゃないけれ…何時までとはわからないが、銀河もこの町で暮らすんでしょ?なら、暮らしやすさを求めるのは悪くない事だよ
        この町にはボク達を敵と見る者達もまだまだ多いんだ。物事によっては、殺し屋を差し向けてくる、なんて事もあるかもしれない。まあ…此処の近辺にはセンカ姉様って正義の味方がいる物だから、そう危険ではないけれど、ね
        なんにせよ、自衛に気を使って自分のテリトリーを示せるようになるといいよ。その方が黒服の手配もしやすくなる -- サイカ 2018-10-30 (火) 22:26:52
      • 『オヤジの意思は銀河にも受け継がれているのだ!』(自分がこの世界に足を踏み入れることになったきっかけはオヤジことボスである、その意に添わぬものが悪なのだという認識)
        『センカ、またもや銀河の兄弟の登場である!』(把握しきれていないだけで自分の知らない兄弟がまだいるのだな…と頷き、センカのことを語るサイカの様子から好ましい人物なのだろうと考えている)
        『『お小遣い』を使って自分の城を作る…それが銀河の新たな目標となった!』(そのためにはまずお小遣いを集めることだ、と決めるやいなやサイカに一礼…戦闘以外の下働きでもいい、何か役に立つ仕事を探しに部屋をあとにするのだった…) -- 銀河 2018-10-30 (火) 22:47:10
  • 最近俺がボスの直系じゃないかって噂が流れてるんだけどサイカさん心当たりありません???(ホテルの見回りついでに見つけて声をかける)ハロー、どうも。 -- ハロー 2018-10-28 (日) 16:46:46
    • やあハロー、相変わらず忙しそうだね…うーん…ボクには心当たりはないけれど…キミとボクが似ているからかな?(苦笑して、椅子に座ったまま足を組み)
      …それにキミが本当にお父様の子なら、何か能力に目覚めている筈だしね?(くすくすと笑う) -- サイカ 2018-10-28 (日) 17:21:21
      • 実際それ系で噂流れてるっぽいねェー。年に一回くらいブームになるんだよなー新入りあたりから。姉弟でも夫婦でもねーからと毎回説明する俺の気持ち。プライスレス。
        社畜という名の能力に目覚めてる感あるけどね。人間以上のことはとりあえず今のところ目覚めてないねェ。…純粋な興味で嫌なら答えなくていいけど(と前置きし)能力使うときってどんな感じ? -- ハロー 2018-10-28 (日) 17:27:38
      • キミが誤解を解いてくれると、ボクが否定する手間も省けてありがたいからがんばって!色男!
        使うとき?ん…そっか、ハローはボクの能力を見たことがないんだっけ?気になるのかな。(人前ではあまり晒さない能力であるが) -- サイカ 2018-10-28 (日) 17:47:29
      • こいつめ。まァーいいんだけどね。根も葉もないからすぐに噂もなくなるし。サイカの耳に入る前に霧散させとくので。ご安心してください。(はぁ。とため息とともに肩を下ろす)
        ちゃんとは、ね。どんなもんかは知ってるけど、いずれ一緒に仕事することもあるだろうし、見ておきたいってのはある。(本心を述べて)…あれ。それを見るってことは対象を俺に認定してハロー=サンドバッグが誕生したりします? -- ハロー 2018-10-28 (日) 17:59:01
      • ああ、お願いするね。ボクはお父様の娘だけれど、キミの事で断言できる程キミの過去を知っている訳ではないからね…
        アハハ、安心してよ。ハローがボクのターゲットなら見納めになる物だったかもしれないけど、ボク達はファミリーだよ?そんな事するわけないじゃないかっ…それとも、なりたいの?(くくくと可笑しそうに笑えば、カチャリ…と一丁の拳銃を取り出して、ハローに手渡し)
        じゃ…それで、ボクを撃ってみなよ。(なんて言い放つもので) -- サイカ 2018-10-28 (日) 18:22:48
      • 断言してくれていいよボスの直系じゃないって。安心してね、サイカと俺血は繋がってないから。夫婦の可能性はまだ残ってる状態だから(いつもの表情でこういうこと言う)
        よかったァー俺腕っぷしあんまり自信ないしねェー。サイカにやられたら笑い話にもならないもんね。うんうん、俺らファミリー。俺はハローワールド。わずかに残念なハロー君は明日も生きたいですねぇ!(切実に丁重にお断り)
        お。(拳銃を受け取る)…は?(その後の指示に)いや。それこそファミリーを撃ちたくないってのが本音なんだけど?やだよ?どうせ貫くなら別のもので貫きたいところあるけど?(ここまで茶化し)…えと、マジに大丈夫なんだな? -- ハロー 2018-10-28 (日) 18:28:46
      • 軟派な事ばっかり言ってセンカ姉様にグサっとされてもしらないよ〜?
        見たいんじゃないの?ボクの能力。勿論、程度を示す為のパフォーマンスだから安心しなよ♪(ハローの茶化しに、若干赤面をして咳払い…もう、下ネタ!なんて内心思いながら) -- サイカ 2018-10-28 (日) 18:53:13
      • 大丈夫、センカさんには割と信頼してもらえてるし性犯罪もむしろ撲滅する側だから。仕事ではよくお世話に…(主にセンカの後始末をする敵な意味で)…なって、ますかね…(悲しい瞳だ)
        まぁ、見たいとは言った。…よし、じゃあ信じるぞ。(両手で拳銃を構える。大変様になっており、狙いは寸分たがわず…)…行くぞ。(放たれた)
        (銃弾は、サイカの右胸元、肺を避け心臓を避け大きな血管を貫かないポイントへ。万が一弾が体を抜けても一番肉体にダメージを残さない場所を狙った) -- ハロー 2018-10-28 (日) 18:57:53
      • (ハローに預けた拳銃から凶弾が放たれる。それはハローの狙い通り、サイカの右胸元に寸分違わぬ精度を持って放たれるも…)
        良い精度じゃないか、ハローは結構撃ちなれているんだね…ふふっ(サイカはそれに片手を突き出すようにして構えたかと思えば…キュインと言う金属の打ち合う音を部屋中に響かせ…放たれた凶弾をその手に納めたのだ)
        これがボクの能力だよ、…見て貰った方がわかりやすいと思ったんだけど…硬質化、と言うやつだよ(そのまま拳を握りこめば、鉄の粉と化した銃弾をテーブルの上に落として見せ) -- サイカ 2018-10-28 (日) 19:23:17
      • (撃ち終えてから銃口を下げて)…そりゃあ、仕事しまくりだからね。それでも結構引き金重かったぞ、ったく(そして銃弾を、着弾する前に手に受けて…さらに、金属音。手袋に仕込み?…いや違うな)
        …怖っ。(素直に吐露)何が怖いって体が硬質化することじゃなくてそれを握りつぶす握力が怖い。えっ?サイカさんは花山薫な人?白スーツ着こなしちゃいそう…?(茶化すのは忘れない)
        …ええと、体重の変化と、可動域の変化はないか聞いてもいい?(さらに必要な情報を引き出す。顔は仕事モード)スピードと…パワーももしかして上がる?(握力ってそのため?と質問攻めタイム) -- ハロー 2018-10-28 (日) 19:28:25
      • そんなに一遍に聞かないでよ、ん〜、そうだね、能力に目覚めると身体能力も上がる見たいなんだよね。そして勿論、稼動域に関係なく、舌や目だって、鋼鉄よりも硬く出来るよ
        だからボクにとってはギャングの持つナイフや銃器なんて玩具同然。一つ撫でれば首を落とし、手を突き立てれば銀行の金庫だって貫くよ(ハローの問いに答える様に、自分が出来る事を説明して) -- サイカ 2018-10-28 (日) 20:00:41
      • ああ、そういう仕組みか…。ちょっと安心したとこあります。普段からサイカがゴリラパワーだったとしたらスキンシップにためらいを覚えるからな…(普段から覚えようね)
        まーそりゃ、文字通り刃が立たないんじゃそうっすよねェー。あんまりこういう言葉を使いたくないんだけど(と前置きして)…便利だなぁ。成程、能力は把握した。(うんうん…と、そして)じゃあ今度仕事頼むか…。
        (仕事の提案。その内容は)孤児院で卒業シーズンだから結構大荷物運ぶのに人手が足りなくて支援依頼来てるんだよね。力仕事になるけど大丈夫そうだなと。自由参加だけどお願いしていい?(あえて。殺人の絡まない仕事の話を出した) -- ハロー 2018-10-28 (日) 20:06:31
      • ハローの安心はどういった想定なのかな、ボクにも一つ教えてくれない?
        便利…とも限らないよ?使えばお腹はすくしね…(けらけらと笑いながら)
        ボクに雑用?…でも、そうだね。それは案外、悪くない仕事だ(ハローの出してきた依頼に、満更でもない顔で頷くのであった) -- サイカ 2018-10-28 (日) 20:18:54
      • 異性と握手するとき恥ずかしくて手汗が出てないか気にすることってない?俺割と気にしちゃうタイプなんだよね(全力で話を強引に逸らしに行くスタイル)いや。色々握られたら痛そうだなって思っただけなんで実際安心。
        あー、燃費がわるいのか…やっぱりそういうデメリットはあるんだねェー。何事も完璧はなかなかないもので…その辺はまぁ、代償としちゃ気楽なほうじゃねーかな。
        お。(ある程度狙い通りの好印象であった)助かるなァー。俺も部下引き連れて行きたいところなんだけど部下には流石に休暇を与えてやらねーとなんでな。じゃあ今度、その時期になったら話通すよ。(へらっ、と笑みを浮かべて)
        それじゃあ邪魔したな、そろそろ次の仕事の時間だから…またな、サイカ。今日も髪と目が綺麗だったぜー(雑に褒めてからホテルを去った) -- ハロー 2018-10-28 (日) 20:25:02
      • ボクは異性と握手をする事がそんなにおおくないからな?…アハハ、部下思いの良い上司だこと。(言いながらも、そういうのはそう嫌いでもないと言う顔で)
        うん。はいはい。(雑に褒められれば、流しながらも)ボクも今日はこれからちょっと…何人かバラさなきゃならないからね…(一人ソファに腰掛けたまま、ハローを見送り)
        孤児院か〜…どんな服きてけばいいだろ?スーツだと、子供達が怖がらないかなぁ…ふふっ(天井を眺めながら思いを馳せて、顔を綻ばせるのであった) -- サイカ 2018-10-28 (日) 20:46:31
  • サイカちゃぁぁん……お姉ちゃんお腹すいたから何か作ってぇ…(ぐにゃぁっとへばってる22歳) -- センカ 2018-10-27 (土) 12:13:23
    • センカ姉様、料理くらい出来ないとお嫁に行きそびれるよ〜?…ピッツァとパスタだったらどっちがいいかな?(広いホテルのワンフロアには一通りの施設が備え付けてあり、新鮮な食材も揃っている様子で) -- サイカ 2018-10-27 (土) 12:18:17
      • ぐさーっと刺さったわぁ…ピッツァが食べたいわぁ(ちょっと年齢やらいろいろ気にしているので大ダメージ) -- センカ 2018-10-27 (土) 12:23:21
      • ま、ボクも本格的な物はできないけどね?(出来合いのピザ生地に、チーズを乗せていき、竈に火を入れ…)
        野菜はコリーニョ兄から仕入れているからお墨付き。(トマトやら何やらを乗せれば、ポールに生地を乗せ、そのまま竈に入れて)
        …はい、姉さま(程無くして焼きあがったピッツァをセンカの前に出す妹) -- サイカ 2018-10-27 (土) 12:40:22
      • お姉ちゃんが作ると皆止めるのよぉ…(真っ黒で焦げ臭い物体とか作る程度の料理の腕前)
        十分本格的に見えるから凄いわぁ(ぱちぱち拍手して)わーい、いただきます(はふはふ言いながら食べる、よく食べる、とても食べる、能力による消耗の分蓄えているとも言える)
        ふぅ、サイカちゃんはいいお嫁さんになれるわぁ、それに比べてお姉ちゃんは駄目そう…(食べ終わってご馳走様してから凹む駄目な22歳) -- センカ 2018-10-27 (土) 12:47:29
      • レシピどうりに作れば出来る筈なんだけど…姉さまはちょっとアバウトすぎるの!焼き加減で困ったらストップウォッチでタイマーしよね!
        アハハ…ボクは姉さまがお嫁に行ってから考えるよ…も、もう、大丈夫だから。ほら、料理が得意な男を見つければ良いんだから?(食うのはえー…ボクの分なくなったわ、なんてぼんやり考えながら姉を慰めて) -- サイカ 2018-10-27 (土) 13:11:06
      • だって本の通りとか面白みがないじゃなぁい?(典型的な駄目料理人タイプ)
        そうねぇ、料理できる可愛い男の子がどこかに居ないものかしらぁ?(過去の経験から年上の男性は論外となっている)センカちゃんもちゃんと食べなきゃだめよぉ?(今二人分食べたばかりなのにこの物言いである) -- センカ 2018-10-27 (土) 13:13:20
      • うん!その気持ちはわからなくはないけどっ!(頭を抱える)
        まあ、料理の出来る可愛い男の子はきっとボク達の様な世界で暮らしてないと思うんだけれど…あ、あはは、ボクダイエット中だからさ(ベジタブルスティックを齧りながら姉に気を使う妹なのであった) -- サイカ 2018-10-27 (土) 13:36:34
      • 自分なりのアレンジが欲しいのよぉ(結果ボスにお礼をと出したケーキで危うく死人が出そうになりましたが無害です)
        うう、やっぱりマフィアって駄目なところなのねぇ、皆正義の味方になればいいのに……そう?でもしっかり食べないと駄目よぉ?(と言いながら結局ぐだぐだ夕飯まで寛いだ) -- センカ 2018-10-27 (土) 17:48:52
      • 今度、ボクと一緒にお料理しようか姉さま…い、いやまあ、料理なんて出来なくても、まあどうにでもなるといえばなるんだけどさ
        正義の味方か…(姉の身の上を知っていれば、考える事もある様子で)
        ま、今日はのんびり寛いでいってよ、姉さま。(夕飯まで振る舞い、珍しく一日のんびり過ごしていましたとさ) -- サイカ 2018-10-27 (土) 20:05:15
  • でたな妖怪キャラ被り。俺のTS後の姿をした女…!(げんなりした様子でホットドック片手によ、と挨拶) -- ハロー 2018-10-27 (土) 02:08:45
    • えっと君は確か、ハロー君だったかな?ハロー
      つまり…キミとボクは運命の人って事?! -- サイカ 2018-10-27 (土) 02:11:19
      • ハローだぜ。ハロー、サイカ。今日もきれいな髪の色と瞳の色だな、俺もだけど。(肩を竦めて)
        女性と出会うたびに運命感じてたら今頃俺ボスになっちゃうから。つか、ボスの直系にちょっかいかけるほど甲斐性はねェーですよ俺は。見知った顔だったから声かけただけ。
        月並みな話だけど最近調子はどうだ?元気で殺ってる?(もぐもぐ) -- ハロー 2018-10-27 (土) 02:13:56
      • また軟派な事を言ってる(そんな様子に笑って見せて)
        アハハ…んー、そうだね…仕事があれば、変わりなくかな(少しだけ困った顔をしつつも)
        そんな言い方しないでよ。ボクはこんな仕事、早くなくなれば良いのにって思ってるんだから -- サイカ 2018-10-27 (土) 02:26:48
      • ナンパに聞こえるなら俺のユーモアはだいぶセンスが悪いみたいでショックだな。色一緒でしょうがよ俺と!緑同盟組めるぜ俺ら!
        あー、んー(所在なさげに前髪をいじりつつ)…仕事は仕事で、必要なことだしな。気に病むことは…いや、ちげぇな。(被りを振って)わり、すまん。(素直に謝罪の言葉をこぼして)
        …俺の配慮足りなさ過ぎた。確かに、サイカの仕事がなくなるほど治安が良くなるのが一番だからな…つか、治安維持一応俺の仕事だしな!俺の仕事が雑なせいで悪い、うん。 -- ハロー 2018-10-27 (土) 02:30:49
      • じゃあ、ナルシスト(くくくと笑う)
        ま、まあキミが謝る事じゃないよ…!何時までたっても争いが好きな人達が居るってだけの話
        そんな話より、そのホットドック美味しそうだねー?ボクはそっちの方に興味がある!(見つめる) -- サイカ 2018-10-27 (土) 02:39:40
      • つまり俺はお前の外見を褒めると俺を褒めることになっていると…?(首をひねり)…どうすんだ、一生お前の外見褒めるのにためらいが生まれたぞ!あれか!?性差がある所褒めてほしいのか!?
        んー(頭ぼりぼり)まぁ、それはそれでしょうがない…だからファミリーがあるんだろうし、人間ってそんなもんじゃね?否定も肯定もできねーところだよな。(上手く話しがまとまりそうだったのでうんうん頷いた)
        …んぁ?(もぐもぐ。半分くらい食べたそれを見つめられて)……食うか?(食いかけのそれを差し出してみる) -- ハロー 2018-10-27 (土) 02:43:57
      • 女の子の外見を気安く褒めると、勘違いされるんだぞ?軟派ってさ
        …そうだね、だからボクも皆がのんびり暮らせるように頑張らないと、だね
        イエスだねハロー!あむあむ(差し出されたホットドックを躊躇いなく咥える) -- サイカ 2018-10-27 (土) 02:55:00
      • なるほどなー。参考にしとくわ(参考にするだけ)…そだな(そしてその後の言葉には、首肯で同意を返した)
        …(こいつ餌付けのし甲斐があるな…年上でボスの直系なんだけどな…)…あんまり食い意地貼ってるとベルト閉まらなくなるぞ。(軽口も忘れず。ホットドック半分が手からサイカの口へ消えれば満足して)
        ほんじゃ、俺は仕事に戻るわー。なんか変な動きあったら教えてくれな(またな、と微笑んでみてから歩き去っていった) -- ハロー 2018-10-27 (土) 02:59:11
      • んむんぐ…んぐっ!ぼ、ボクは太らないから良いんだよっ!も、もお…(むぅっとした顔をしつつ)
        ああ…ハロー、キミも頑張ってね。危ない事はしない様に、さ(背中越しに忠告をして、ハローを見送るのだった) -- サイカ 2018-10-27 (土) 03:09:38
  • えーテストテスト! -- MF/0004 2018-10-27 (土) 01:51:46
    • えっと…こうかな -- サイカ 2018-10-27 (土) 01:53:14

Last-modified: 2018-12-13 Thu 22:08:58 JST (1140d)