名簿/515179

  • 田舎貴ぞックス! -- 2014-07-01 (火) 23:55:11
    • くっ…こんな言葉責めになんて、絶対に屈したりなんかしない! -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 00:02:16
      • 快楽堕ちはまだですか? -- 2014-07-02 (水) 00:03:22
      • 勝てなかった…心も、身体も… -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 00:04:50
      • はええよ!もうちょっと粘れよ! -- 2014-07-02 (水) 00:09:57
      • ちんぽに負ける前に負ける…護身完成! -- 2014-07-02 (水) 00:11:26
      • まさかそんな風に突っ込むなんて…その勢いのまま私に突っ込んで手篭めにするつもりなのね!?
        筆舌しがたい外道っぷり…う、くぅ…っ!だ、けど…私は、ぁあ…っ(ビクビク -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 00:13:34
      • よえー!女騎士よえー!! -- 2014-07-02 (水) 00:39:00
      • (いやらしい目つきで見る用務員) -- ローリー 2014-07-02 (水) 00:40:32
      • 一対一で、正々堂々と戦うのなら絶対に負けたりなんかしなかったのに・・・っ!
        (視線には気づいてなかった) -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 00:43:23
  • もとこちゃんですよー
    どうこうですよー -- くまいもとこ 2014-07-02 (水) 18:16:04
    • 壺…?はっ!?私も壺の様にするという比喩表現なのね!?くっ、壺の中をかき混ぜようと言うならやってみなさい…
      どうこうするというなら構わない…けど、私は絶対に折られたりなんかしないわ! -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 20:37:28
  • (おもむろに背後に周り、きゅ、と後ろ手にアンジェリーナの両腕を縄で結ぶ)
    (前へと周り、くくく…という顔で腕を組む) -- ティモア 2014-07-02 (水) 21:06:49
    • (前へ回ったティモアの妖しい様子に、何故かパァァっと顔を明るく満面の笑みを浮かべ)
      腕を縛っていきなり何を…はっ!?私に辱めするつもりなのね!くっ…でもこの程度では、まだなんとも無いわ…絶対に屈したりなんかしない! -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 21:10:05
      • なんで喜んでるの、なんで喜んでるのこの子
        くくく…何をされちゃうと思う…?さぁて、いつまでその態度が続くかしら…(そっ…とくすぐったげな鳥の羽根を取り出す吸血鬼) -- ティモア 2014-07-02 (水) 21:15:25
      • オークの責めになんか絶対に負けない…でも目の前の貴女はオークではない…?それとも実はオーク系…(ぶつぶつとつぶやいて)
        身動きが取れない状態のところでオークの群れに放り込んで恥辱の限りを尽くそうだなんて…なんて下劣な事を考え…え?(取り出される鳥の羽にきょとんとして) -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 21:18:25
      • オークじゃないわよ、吸血鬼よ、ティモアよよろしく
        くくく…それも面白そうねぇー…でもね、今日の所はそうじゃないのよ…
        くすぐったそうでしょうー…?これをねー…(くくく、と笑いながら鳥の羽根を、肌が出ているアンジェリーナのふとももへと近づけ)
        と見せかけてほりゃ(鼻を羽根でこちょる) -- ティモア 2014-07-02 (水) 21:34:42
      • 吸血オークのティモア…私の血を吸うというの?それとも私に何を吸わせると言うの!?
        く…そんな程度で私にダメージを与えようだなんてそうは…ふぉぁ…っふぉ、ふぉぁぁ…!?(鼻の頭が擽られじたばたと身動きが取れない状態でやられたい放題) -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 21:53:27
      • オークじゃないわよ!何をって何をよ!?吸わせないわよ!
        (反応を見て笑いながら一通り鼻をこしょぐりつつ満足して羽根をポイっと放る)
        やぁ満足、面白かった、ってまぁイタズラしに来たんじゃないのよ、来月冒険一緒だからよろしくしに来たのよ(腕の縄を解く) -- ティモア 2014-07-02 (水) 21:57:56
      • ナニってそれは…私の口から言わせて、そこから口にねじ込ませようという欲棒の事を…そう簡単に口になんてしないんだから!
        (ようやく開放されて流石に普通に苦しかったのか息をつきながら)ふぇ?来月…?……ちょっと待って頂戴。私の依頼書に吸血鬼もオークも、ティモアって名前も載ってないのだけど(ピラッと見せながら) -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 22:09:24
      • (アンジェリーナの依頼書を見る、自分の依頼書を見る)
        (アンジェリーだこれ…という顔)
        …間違っちゃった(てへぺろ) -- ティモア 2014-07-02 (水) 22:11:08
      • 間違いでこんな辱めを受けるだなんて…くっ、こうなったら責任を取って吸オーク鬼に嫁がなければ…!私の身体を好きにしなさい…だけど、これは形式上…心までは絶対にあなたの物にならないわ!(キリっ) -- アンジェリーナ 2014-07-02 (水) 22:16:08
      • す、好きにはしないわ!い、いやぁ悪かったわね、あたしも中々に恥ずかしいからここは痛み分けという事で…くっ…殺せ…!!
        と、とりあえずっ、これも何かの縁という事で、よ、よろしく…?
        それじゃあたしはこれでっ、く、くぅ、あたしとした事が(手を振って帰っていく吸血鬼) -- ティモア 2014-07-02 (水) 22:21:30
  • 噂通り随分賑やかな奴だな(狐耳の獣人が貴方を見ている) -- 2014-07-02 (水) 23:44:51
    • 無遠慮な物言い…はっ!?もしかしたらオークの手先…っ?
      ここも直にオークの手に堕ちる…でも私だけは、絶対に堕ちたりしない…っ!(キッと、噂通りの言動) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 21:00:45
      • 落ちつけ、私はオークの手先ではない、ついでに言うとここにオークはいない、そっくりな奴なら見かけたが
        私は斬、この学校の生徒だ、お前は…聞かなくてもいいか、わかるし
        それにしても随分オークが嫌いな様だな、親でも殺されたか -- 2014-07-03 (木) 23:10:10
      • あんなあからさまオークな存在がオークでないなんて…では本当のオークってなんなの…!?一週間待って下さい、本当のオークをご覧にいれますよとか言って…ご覧にいれますどころか、入れられる側が私という風に考えているのね!?
        名乗られたからには私も正々堂々名乗るべき……言わなくて良いの?姫騎士になるために入学した、このアンジェリーナ・フローレスの自己紹介をえんりょするなんて…!
        親は…どうやって亡くなったかは知らない、生きてるか死んでるかもわからないわ。でも姫騎士である以上は・・・オークとは切っても切れない縁にあるとこの本に書いてあって・・・(そう言って取り出したのは少々如何わしいオークと姫騎士の創作小説) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:16:24
      • (すごく腹パンしたい気分になる狐)
        とりあえずもう少し落ち着け、やはり予想通りか、うむ、よろしくなアンジェリーナ
        姫騎士?何だそれは(渡された本を見る、少し読んでそっと本を閉じる)
        うむ、まあその、なんだ、立派な姫騎士になれるといいな(棒読みで本を返す) -- 2014-07-03 (木) 23:31:53
      • どうしたの、オーク歯で苦虫を噛み潰した様な表情してるわよ。
        オークが迫っているというのに落ち着いていられるわけが無いわ!…でもこういう時こそ冷静さを失っては駄目、相対した時にしっかりと対処出来るようにならないと・・・よろしく、斬
        私はこの姫騎士の様に簡単に屈したりなんかしないわ!
        ところで、来月は一緒にオークと戦う予定になっているけれど…何かあった時は私がオーク相手に身を呈して対処するつもりだから、安心して頂戴。 -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:37:13
      • (こいつ本当に大丈夫なんだろうかという心配の目線)
        いや、来月は遺跡の探検で別にオークと必ず戦うわけでは…
        あ、ああわかった、いざとなったらオークの相手は任せる、頼んだぞ
        …しかし見たところ、特にオーク相手の秘策を持ってるようには見えないが、どうするつもりなんだ?
        (気になったのか尋ねてみる) -- 2014-07-03 (木) 23:48:01
      • 少なくとも今月の依頼では、遺跡がオークの巣となっていた…来月もその可能性が無きにしもあらずで…ええ、任せて頂戴?
        オーク相手に策?それは言えないわ…オークはあれで中々知識をつけている…下手に口にして、その秘策をオークに知られでもしたら…ヘタをすれば全滅する可能性だってあるもの
        策は最後まで取っておくもの…まずは私自身の力だけで、この身だけで対処するつもりよ!通じなければその秘策を出すつもり……任せて頂戴、姫騎士として、姫騎士らしく、オークの相手をするだけよ…!
        (少なくとも、その口ぶりと先程見せた書物の内容から考えれば碌な内容では無い) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:57:50
      • ほう…どうやら意外としっかりしているようだな(余りに堂々としたもの言いに、例の本の事を忘れ普通に感心してしまう)
        うむうむ、ではオークが来た際はよろしく頼むぞアンジェリーナ
        挨拶だけのつもりがつい長居してしまった、すまんな、では来月また会おう -- 2014-07-04 (金) 00:07:11
  • …ゲッ…(拾ったメイス片手に歩いていたら、ばったりと出会った)
    (その姿、まさしく冒険でよく見かけるようなオークそのままで) -- リドバ 2014-07-03 (木) 21:21:58
    • (ぱぁぁっと満面の笑みを浮かべ、リドバの目の前で膝を付いて)
      まさかオークにここまで接近を許すとは…この体格差で私に勝ち目はもう無い…くそっ、好きにすれば良いわ…っ!(それにしてもノリノリである) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 21:32:45
      • (対するリドバの顔は、いつもに増して仏頂面、というより目元が黒くなるほどに)
        …そうダナ、とりあえずは…人間の現代医学ジャ、意味がないのはよく分かったゾ…
        …しかし、いいノカ?本当に好きにしてモ(メイスを肩に担ぎ) -- リドバ 2014-07-03 (木) 21:39:44
      • 所詮人とオーク、最初から分かり合うことなど出来ない…しかしこうして囚われの身になった以上は、私に選択肢が無い…
        …好きにしなさい!オークの欲望の全てをぶつけられても私は絶対心を折ったりしないわ…っ!(何故か妙に期待に満ちた表情) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 21:50:44
      • …そうダナ、とりあえずは…オレの部屋に、来て貰おうカ…(また手を引っ張って連行)
        (そして大きな台の上にジャガイモを転がして…)…さァ、皮をむいて貰おうカ。まだまだタップリあるゾ?(麻袋一杯のじゃがいもだ) -- リドバ 2014-07-03 (木) 21:59:53
      • 連れ込まれて一晩中奉仕させられて気に入られてそのままオークの花嫁にさせられるのね…ぐぅ…でも、心まではあなたの物にならない…っ
        (そして連れ込まれて)皮を剥けだなんて…なんて、何て事をさせるというの…私の手で皮を剥かせて、その後何をさせようというの…しかもこんなに沢山…っ!
        (姫騎士、と自称した割に何故か妙に手慣れた手付きでじゃがいもの皮剥きを開始する) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 22:05:30
      • …ハイハイ、分かったワカッタ…だが、オークはそんなに人好みじゃないゾ?(もうこの相手にはオーク特に隠さないつもりだ)
        …オマエのボキャブラリーに驚くばかりダ…純粋に、凄いナ(妙なところで感心を)
        …しかし、なかなかウマイじゃないカ…皮むき、慣れてるノカ? -- リドバ 2014-07-03 (木) 22:14:01
      • …オークの好み、そういえば改めて気にした事無かったわ。女なら何でも良いとかじゃないの?それとも…胸?
        お、オークに褒められたって別に嬉しくなんか無いわ!でも…その言葉を受ける受けないで言えば、一応受け取っておくわ。だからといってオークに対して身体は開いても心は開かないのだから!
        …くっ、オークに奉仕の手を褒められたって素直に喜んだりしないわ…っ!(それにしては一朝一夕で身につけた様な手付きではない)…ここ来る前は自給自足の生活をしていたもの。(ぽつりと過去の事を口にして) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 22:22:12
      • …人間ダッテ、人間がいい人が大多数ダロウ?中には、それ以外もいるガ…オークだって同じようなものダ…いや、オマエ胸大きい方だろう?それはイイ
        …褒めてるガ、褒めてないんダガナ…もっと、違えば…そして、体開くノカお前ハ…
        …ソウカ、オマエも苦労してたんダナ…(それをざっくりとゴロゴロと切ったりして、他の具材と一緒に煮込んだりして)
        (カレー粉を最後に入れて、煮込んでいけばカレーのいい匂いが) -- リドバ 2014-07-03 (木) 22:30:59
      • それは…そういうもの、ね、言われてみれば。はっ!?胸が大きいからという理由で、私は狙われている…!?
        それで周囲に被害が行かないのであれば、私はこの身を犠牲にすることも厭わない…姫であり、騎士である立場、弱きを守る為なら何でもするわ!…元、姫で、騎士志望だけれども、その気持ちだけは誰にも負けないつもりよ
        ……(漂ってくるいい匂い、ぐぅぅぅ…と、お腹の音を鳴らしてカレーの芳醇な香りに気持ちで屈しそうになってきている。おのれ食欲…) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 22:37:36
      • マぁ、中には人間大好きという一族モ…いるんダガナ…あぁ、それはナイ(きっぱりと)
        …なるほどナ、そういう考えナラ仕方がナイ…それなら…(ぐぅぅと鳴る女の目の前にずいっと)
        …他の者がオークの料理の被害に受けないヨウニ、お腹いっぱい食べる事ダナ(手にはカレー皿、つまり食べろと) -- リドバ 2014-07-03 (木) 22:44:05
      • 狙いなさいよ!姫騎士はオークの天敵なのよ!?(それにしても情緒不安定である、というか知識が偏っている)
        ぐ…オークめ、ここまで私を罠に嵌めようとするなんて…ぐぅぅ…っ(ためらいながらも、意を決して受け入れる事にする。手を合わせて頂きますと口にしてからカレーを口に運ぶ)
        ああ、オークの濃くてドロドロとしたものを口に運んで…自らの手で味わう事になるなんて…っ(食べる) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 22:48:06
      • それは知ったことではナイゾ、でも冒険中は止めろヨ?仲間が迷惑ダ
        …オークックック、オレの巣に入り込んだ時点でキサマに勝ち目などはなかったノダ…(こっちもノリで)
        白くもナイシ、イカ臭くもないガナ…(こっちはその間に包丁などを洗い) -- リドバ 2014-07-03 (木) 22:53:00
      • 分かってるわよ、つまり冒険終わりに気を抜いたところで一気に…くぅ…他の仲間を守るためなら、私は…!
        なんて…なんて事…だけど、何でこんな美味しく感じてしまうの…っ ああ、く…くやしい…だけれど……お腹に、溜まっていく感覚が…匂いが、舌への風味が…私の心も溶かしていく…っ(どこぞのジャンプの漫画見たく、美味しさで服が脱げて見える様な精神的イメージ映像)
        はぁ…ふ、ぅ…こんな、こんな激しい攻めは始めてよ……オークにしておくには、惜しい……名前を聞かせて貰えるかしら?(アンジェリーナ・フローレス。姫騎士になる予定と今更名乗り) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 22:58:32
      • …本当に、分かっているんダロウナ?…マぁ、オマエの好きにすればイイガ…食べられる可能性の方が、高いかもしれないゾ?
        …その想像力、というよりは妄想力ダナ…それを創作に生かせばいいノニナ、オマエは(スタンドとかじゃなくて良かったと)
        調理は得意だからナ…今更ダナ、マぁいい…オレはリドバ…長い名前だから、アンでイイカ? -- リドバ 2014-07-03 (木) 23:02:24
      • ……食べられる、というのは…性的な意味で?
        創作…そういう道は、考えた事無かった。まさか、オークにそんなアドバイスをされるなんて…悔しいっ!でも…考えちゃう…っ(ビクンビクンっ
        ああ、調理ってそういう……。リドバ……不思議な響きね、オークの名前を覚えるなんて始めてよ。…つまり、私の始めての相手…これは、責任を取ってもらう…っ アン?アンアン言われちゃうの?私がアンアン言わされる側でなくて!?
        オーク…攻めだけでなく、受けに対しても長けているなんて……その実力、侮りがたいわ…っ(と、妙に感心している。ちなみに呼び方はそれで構わないらしい) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:12:42
      • …もちろん、食欲的な意味でダガ?…まさか、その事を考えてなかったノカ?
        …分かったカラ、変な震え方するナ…何事かと思うダロ…
        …マぁ、普通オークと人とは対話しないカラナ。言葉も普通は通じないシナ……だから、いきなり何を言い出すンダ…
        …ハイハイ、それじゃあ…これでナ、オレはこれを届けにいかないとイケナイんダ(鍋片手にまた手を引っ張って外に追い出すと、そのままどこかへ) -- リドバ 2014-07-03 (木) 23:20:09
      • それでもオークなら…オークならそういう事をやる…っ!
        この後こういう風に震わせられる事を沢山するつもりなのでしょう!?…あれ?通じるということは、リドバはオークではない可能性が…?
        アッハイ。………何だかオーク相手にペース乱されっぱなしな気が、もしかして本当にオークではない…?(追い出されて少し考え込みながら帰っていく) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:25:40
  • 確かに集団で襲ってくるオークはなかなかに手強かったよ。爆発?もしたし
    しかし!勝ったのは僕たちだったね! -- アイラリア 2014-07-03 (木) 23:28:25
    • ええ、今回はどうにかオークの攻勢を押し返して勝てたけれど…あれが最後のオークだとは思えない…きっと、第2、第3のオークの群れが襲ってくるでしょう。
      それでも私達は、絶対に負けたりなんかしないわ! -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:33:08
      • マジか!今回みたいな特…冒険がまたできるなんて!鍛えがいがあるぅ!
        なんか凄い形相で迫ってくるのがおかしかったけど、オークって数も多いし戦う相手としてはちょうどいいんだねぇ -- アイラリア 2014-07-03 (木) 23:42:17
      • オークはとにかく数が多い…ならばこそ、私達も気を引き締めてよりいっそう望まなければならないわね。
        …数が多い分、複数に取り囲まれたらきっとタダでは済まない…心が負けないように、身体も丈夫さを保って今後も望まないといけないわね。(深く頷きながらオークの群れを思い浮かべて) -- アンジェリーナ 2014-07-03 (木) 23:47:43
      • なるほど!いつも集団で襲ってくるなら、集団用の技が有効になりそうだ!ヒントをありがとう!
        いやあ、アンジェリーナさんはオークを知り尽くしてるね…オークマスターだね!強敵オークに出会ったら、打倒特訓の相談に乗って欲しいな!(ガッ!と熱く握手してから去っていきました) -- アイラリア 2014-07-03 (木) 23:52:55
    • さん -- 2014-07-04 (金) 20:15:59
      • くっ殺さーん! -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 20:19:30
      • 慈悲深い……! -- ハロルド 2014-07-04 (金) 20:22:30
      • (画像は出向いた先でちょうど入れ違いになった形でどうしたら良いか迷う表情) -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 20:23:18
      • (ノってしまっただけだからあっちで会話する、するのだ……!という顔) -- ハロルド 2014-07-04 (金) 20:28:30
      • (了解、トランザム!という顔。どうでも良いですが、ダブルオークアンタはオークが入ってるからオーク扱いにすべきか…) -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 20:31:47
      • (俺様的には来るべき対話でも分かり合えないことがあるんだなってその発言で思うよ……) -- ハロルド 2014-07-04 (金) 22:06:44
      • (くっ…これも、オークってやつの仕業なのね…!オークが、オークがゲシュタルト崩壊してきたわ…) -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 22:26:29
  • どうもー、出張鍛冶屋でーす! アンジェリーナさん、お使いの包丁から金物、刀剣に至るまで色んなものの手入れをいたしますよー。
    ……ん? なんか「今月の依頼で長旅になってすごく成長した」みたいな目をしていますね。いやはや羨ましい。 -- 緑妖精 2014-07-04 (金) 22:13:09
    • ふふふ…分かる?押し寄せてくるオーク達を切って叩いて払いのけて…あんなにオークが私に迫ってくる…はぁ…っ(どこか恍惚とした様子で)
      ところでオーク妖精、出張鍛冶屋ということは今使っているこっちへ持ってきた武器を見てもらっても良いかしら? -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 22:28:27
      • わ、オークと戦ったんですね。オークに勝ってる姫騎士はじめてみた! そして何故、そんな色っぽい表情をする!?
        だからオーク妖精じゃないですよ。はい、武器なら何でも見ますよ。お安くしとくぜー。知り合い価格にするぜー。 -- 緑妖精 2014-07-04 (金) 22:40:57
      • あのオーク達は出来損ないよ、まともに戦えないわ。…あら、そんな表情していたかしら?(妙に満ち足りた様子で息をついて)
        そうそう…緑=オークの認識がどうしてもあるのよね。それじゃあこれお願いね?(そう言って差し出す武器は、秒数偶数で鎌。奇数で鍬) -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 22:44:05
      • オークに出来損ないも何もあるんですか? いやー、アンジェリーナさん美人だからそういう表情は正直、興奮します!
        くっ、オークなんかに絶対負けたりしない! いつかイメージ戦略で勝つ!!
        はいはい、ってこれ鍬じゃないですか!? これで戦うの!?
        しかし私にも鍛冶屋としてのプライドがあります。(手荷物からどう考えても質量が合わない鍛冶台を取り出して)
        それじゃ、普通に手入れさせてもらいますね! これなら手短で済みそうだ! -- 緑妖精 2014-07-04 (金) 22:51:45
      • く…興奮するだなんて、やっぱりオークの血は抑えられない様ね…!?
        でもその口ぶり…まさか、貴女もオークに抗う者(姫騎士)なの…!?
        昔から使っている道具の片方だったもの…威力は十分よ?(果たして本当に姫なのか疑問に思われる様な武器ではあるが)
        そういえば普段の手入れと違って、本格的な直しは始めてね(と、どこか興味津々と言った様子) -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 23:07:30
      • オークの血なんて流れてねぇよ!? こんな純粋で可愛らしい妖精を前になんてこと!!
        姫騎士ミドリかー。アリだな。私も高貴な血筋に生まれついてたらそう名乗ってたかも知れませんね。ただしオークヘイトは真似できそうにないですが!
        威力が十分なら農耕具を武器に使うんですかあなたは………(金槌を振るって鍬の歪みを直して)
        まぁ見ててくださいよ。こんなのブレックファースト前だ。(カーンカーンと音が響く)はい、手入れしておきましたよ。
        農耕具の手入れは銅貨3枚になりまーす。(にっこり笑って) -- 緑妖精 2014-07-04 (金) 23:14:45
      • 発想と言動が少なくとも可愛らしい妖精とかけ離れてない?
        オーク…オークへの感情は、多分誰にも負けないと思っているわ…!くっ…オークめ、この身をどうしようというの…っ(シャドーオークシング)
        手に馴染んでる道具というのもあるし…鎌とちょっと迷ったのだけども。………手際いいわね、ちょっと感心するわ
        (手入れされた鍬を見て、ほぅ…と息をついて)
        あ、うん…はい3枚。…うん、オークじゃないわね、認識を改めるわ。ありがとうドワーフ妖精。 -- アンジェリーナ 2014-07-04 (金) 23:37:22
      • アンジェリーナさん時々鋭いツッコミしますよね!? その鋭さはどこから来るんだ……くっ、ファンタスティック!
        あの、アンジェリーナさん? どこ行っちゃったんですか、帰ってきてくださーい。妄想から。
        はーい、毎度ありー!(銅貨を受け取って手荷物に入れる)鎌と鍬が手に馴染んでる姫騎士ってなんですか。と思いつつも
        私も金槌が手に馴染んでる妖精なのでなんとも言いようがねぇなぁ。ってドワーフじゃないですよ!? ロリドワーフはロマンだけど私じゃない!!
        と言う辺りで今日は帰ります。良い仕事をさせてもらいました、それではまた! -- 緑妖精 2014-07-04 (金) 23:45:49
  • 同行かと思ったら微妙に名前の違った別人だったデス!!!!(理不尽な苦情を言いに来るちまいの ぷんすこ) -- みんと 2014-07-05 (土) 08:32:26
    • くっ……これも、オークが私を陥れる為の罠…オーク、なんて巧妙な策を…!(こっちはこっちで話を聞いて勝手なトリップをはじめて) -- アンジェリーナ 2014-07-05 (土) 08:39:59
      • えっ そんな裏のある罠だったデスか…?!(信じた) -- みんと 2014-07-05 (土) 08:41:45
      • オークとは…社会の隙をついて私達を貶めようといつも考えている、なんて…なんて卑劣な…!
        そのオークに対して危機感を覚えた私に対しての執拗なまでの工作活動…やはりオークは害悪…!正面から正々堂々と戦って勝てないからってこんな手を使ってくるなんて!
        あなたのサイズであればオークの目に止まりにくい分安全だと思うけど…何をしてくるか分からない、気をつけなさい…(キリッ) -- アンジェリーナ 2014-07-05 (土) 09:24:35
  • オークってそんな凶悪無類の魔物だったかしら…あんまりゴブリンやコボルドと変わらなくない? -- フールン 2014-07-06 (日) 21:28:17
    • ゴブリン、コボルド…並べるまでも無いわね、体格は他と比べて圧倒的よね?そして醜悪な顔立ち…ああ、あの顔は女を道具としか思わない顔に違いないわ…
      なんてこと…他種族と同程度の脅威としてしか認識されない様に情報操作だなんて…くっ、オークめ…っ! -- アンジェリーナ 2014-07-06 (日) 21:39:37
      • 確かに愛らしい、とは言えない顔だとは思うけどそ、そんなに!?
        あと人間の言葉を話すのもいるみたいだけどさすがにみんなすぐオークだって気づくんじゃない!? -- フールン 2014-07-06 (日) 21:49:43
      • 世界はオークを甘く見すぎているわ…オークが本気を出したら人間なんて一溜りないもの…
        ふふ…それが、そうでもないのよ…オークというのは見た目とは裏腹、絡め手を使ってくるものよ…そして絡め取ったた女を使う…く、下衆め…そんなに辱めたいうの…!?……少々ふくよかな体型をしている人は、実はちょっと絞ったオーク。私には分かるわ(色々と認識が他者とかけ離れていたりする) -- アンジェリーナ 2014-07-06 (日) 21:57:26
      • なそ
        にん
        (なんかだんだんわかってきたような表情をして)そ、そう、そうね…多分アンジェリーナもまだまだオークに出会うと思うけど気をつけてね。わたしも絶対太らないように気をつけながらオークにも気をつけるわ。じゃ、じゃあね! -- フールン 2014-07-06 (日) 22:07:20
  • (同行かと思ったら人違いだった!?との申告その2)
    …いやまあ、それはよしとして。困難に直面する様子であるが……活路を見出だすのだぞ、おまえさま。
    (互いの次回依頼書を比較して、心なし言葉を選びながら…そんな激励をした) -- ジーヤ? 2014-07-07 (月) 00:45:27
    • …私にそっくりな名前で登録して、周囲を困らせようとするオーク、許せない…!
      安心して頂戴?オークになんて、絶対に負けたりなんかしないわ!(そう言うだけ言って、激励に応えながら出かけていった。そして…) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 22:16:51
  • …さて、無事だといいンダガナ(お返しを手に、アンのもとへと) -- リドバ 2014-07-07 (月) 20:22:26
    • ………………(そこには、包帯を巻いて部屋の隅で体育座りしている姫騎士の姿が) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 22:19:40
      • ……大丈夫カ?(色々と心配で、それだけ聞いてはみたが) -- リドバ 2014-07-07 (月) 22:22:26
      • リドバ……………オークァミ男に(狼男のことらしい、こんな時でもオークという言葉を忘れない)
        ………気味悪がられて追い返された(いつもの調子で向かって行ったら素でそんな反応を返されて心にダメージを受けたらしい) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 22:26:44
      • …どうした?ついにヤラれたのか?
        …そうカ、それは辛いナ…(大きな手でアンの頭をポンポン) -- リドバ 2014-07-07 (月) 22:42:29
      • 残念ながらまだヤられてないわよ!…何よ、私が何をしたって言うのよ…ただ、オークの危険性を説きつつ、くっ殺せと迫っただけなのに…
        (改めてやったことを口にして…ロクなものでもなかった) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 22:54:47
      • …残念ナノカ…オマエは本当変わってるナ、色々ト
        とりあえずハ、狼男にも好みがあったんジャナイか?マぁ、無事で良かったじゃないカ -- リドバ 2014-07-07 (月) 23:04:40
      • 姫騎士として無事であることはそれは…なんだか姫騎士としての魅力が足りなかったのではと思うのよ。今の次点で現役姫じゃないから?騎士にもなれてないから?プレミアム感が足りないのかしら
        何にせよ私のプライドはボロボロよ!く…オークに辱めを受ける前にこんなに苦しむことになるなんて…っ ところでそういうリドバの好みは?もしくは一般的オークの好みってどういうのよ? -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:13:18
      • …そういう問題ではナイと思うンダガ…マぁ、魅力がマイナスになる点はあったかもしれないナ…
        …プライドよりも、命だから良かったジャナイカ…ン?オレか?オレは…そうダナ、丈夫な方がイイ。優しさも大事ダガ -- リドバ 2014-07-07 (月) 23:24:01
      • なん…ですって…っ!? 少し、イメチェンなり何なりして魅力を高める努力をしなければ…
        プライドは、命より重い…(ざわ…ざわ…)…優しさも大事だけど…丈夫?はっ!?やっぱり丈夫じゃないとオーク相手だと壊されちゃうのね…っ!?一度で壊れるヤワな身体じゃ満足できないってこと…出てくる発想はやはりオークのそれ…っ -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:32:14
      • …そうダナ、襲われても何もしゃべらずに…怯えればいいかもしれないナ…(遠い目)
        …違う、そうジャナイ…子を作るなら丈夫じゃないと駄目ダロウ?夫婦は、そのためでもあるンダカラナ
        あと、オークも基本そうダガ、割とヤリすてて美味しいのなら何でもいいってのもイルナ… -- リドバ 2014-07-07 (月) 23:49:23
      • 怯える…?姫騎士が怯えるなどと、あってはならないことよ!?(頑なであった)
        むぅ…母体としては丈夫な方が良い…でもだれでも構わないというのなら、やはりオークは害悪…基本そうならオーク倒すべし!慈悲はない!(姫騎士と書かれたメンポを用意して) -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:12:51
      • …そうカ、マぁオマエはそうだろうナ…となれば、しばらくはこのままダロウナ。多分ナ
        マぁ、欲求に正直だからナ。オークの大多数は…だからこそ、人間と戦ってる訳ダ…とはいえ、人間も人の事は言えない気はするンダガナ
        …なんにせよ、次はやられたりしないように頑張るンダナ。マタナ -- リドバ 2014-07-08 (火) 21:00:46
      • このまま…悪い意味で膠着状態が続くのは避けたいわね。オークはいったいどこを硬直させたままなのかしら…
        オークに言われたくはないわ…少なくとも私は欲望に忠実になったりとか、私情で左右なんて絶対にしないわよ!
        何にせよ…いつか、オークと正面対決をするまで私は何度でも立ち上がってみせるわ…ええ、今度会う時は戦場かもしれないわね。(意味深なことをいうがそんなことは決して無く) -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 21:07:09
  • 無事だと信じて先月のお礼を渡しておこう。なんつーか、清い心を持ってもらうように(「おれいだ」という札が張ってあるありふれた聖書を置いていった) -- ぴよぴよ(ショウ) 2014-07-07 (月) 21:56:45
    • 姫騎士である私の心がこれ以上清くなるとは思えないのだけど…はっ聖姫騎士…(何か思いついた様で、これだ!と言いたげな顔をしながら聖書を受け取った) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 22:33:01
  • アンジェも脳に打撃を受けて少しは良くなったかな? -- イスマイル 2014-07-07 (月) 22:56:30
    • …オークァミ男にチェンジと言われた。(意訳)
      ………姫騎士としての魅力がまだ私には足りないと言うの…?くっ、オークめ…っ(通常運転であった) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:01:07
      • ぐひっ (堪えられなかった) ダメだこりゃ。次いってみよう! -- 2014-07-07 (月) 23:11:59
      • 例のBGM) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:18:09
  • (オーク面を装着しつつそっと山で採ってきた山菜を差し出す)お見舞いでオーク -- ハバキ 2014-07-07 (月) 23:15:30
    • オークがお見舞いに!?(目を輝かせて)はっ!?お見舞いにみせかけて、薬を盛って私にいやらしいことをするつもりなのでしょう!?
      くっ…だけど、そんな薬なんかに私は絶対に屈したりしないわ!(それにしても元気そうである) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:19:44
      • クックック……このくるりと巻いた植物のうま味と来たらどうだ……? 若く瑞々しい舌も途端におばあちゃんの懐かしい味の虜となってしまうでオーク!
        (ノリノリで演じる)……っていうか元気そうでオーク。 -- ハバキ 2014-07-07 (月) 23:23:01
      • 肉体的には大したこと無いけど、精神的にダメージをきっちりと負わせるなんて…オークァミ男…っ
        あと、オークがそんな細身な筈ないわ。私をだますのならもうちょっと肉+肉みたいな体型になってからにして頂戴?(何をやっているんだと言いたげな顔で) -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:25:35
      • え、精神的にって何されたの……? っていうか狼男って冒険者なって一年以内で討伐対象になるもんなの……?
        (お面を取って悲しそうな顔)細マッチョなオークだって居てもいいじゃない……! -- ハバキ 2014-07-07 (月) 23:27:45
      • …チェンジって。オークァミ男に。……え、出ないの?(言われて、そういえば何故か急に難易度が上がった気がした事に気づいて)
        細マッチョオークとか、そんなチョコの付いてないポッキーみたいな半端な存在じゃない…物足りないのよ!? -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:34:01
      • あー……あぁー……。それは確かにショッキングだねぇ……(どうじょうのまなざし) 出ないでしょ……いや、まぁあんま気を落とさずに。っていうか見る目ねえな狼男
        アンジェちゃんはどうなりたいの!? オーク好きすぎるだろ! -- ハバキ 2014-07-07 (月) 23:39:04
      • おまけに最寄りの村まで送られたのよ!?送りオークァミされるどころか普通に送り届けられたとか、こんなんじゃ姫騎士として失格よ…。
        は、はぁ!?な、何バカな事を言っているの!べ、べべべ…別にオークの事なんか、オークは人間社会に溶け込み内側から打ち崩そうとしてくる様な卑怯者だし…ベ、別に好きとかそういうのは… -- アンジェリーナ 2014-07-07 (月) 23:44:08
      • 姫騎士の資格とは……? というか異様に紳士的だな狼男!!
        ツンデレてる!ツンデレてるよアンジェちゃん!?
        じゃあなんでそんなオークと姫騎士に憧れ持ってんの!?って質問に変えてみよう! -- ハバキ 2014-07-08 (火) 00:15:12
      • 姫騎士とはオークが思わず襲いかかって来るような存在でなければならない…だったかしら
        私自身本来は姫という立場になるはずだったらしいのだけども…国が無くなってしまったのよ。であれば…私自身が強く心と体を鍛えて、いつの日か国を再興してみせたい…その国の象徴として私は姫騎士を目指しているのよ。
        (聞いてみれば中々にまともな理屈ではあるが)オークは、父様の蔵書に書かれていた、オークの手によって辱められる姫騎士の物語がきっかけだったかしら(これよ、と言ってみせるのは如何わしい表紙の小説) -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:18:01
      • 思わずて。まぁでも、みんな色々抱えてんだなあって思ったよ……確かに国の象徴として強く気高い姫騎士が先頭に立つっていうのはシンボリックだしね
        (うんうんと頷き、小説を手にとってぱらぱらめくり)……春本じゃねーか!!!!!!!!! 根本的になんかおかしいだろ!!!!!!!!? -- ハバキ 2014-07-08 (火) 20:22:25
      • …国自体が無いから、半分は自己満足に近いけども…それでもいつか、建国してみせるわ。私の国を。
        何を言っているの!父様が後生大事に、誰にも見せないように保管していた書物を春本だなんて…くっ、オークめ……!(特に理由のない恨みがオークを襲う) -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:33:56
      • うん、いいこと言ってるよ。応援したくなる夢だよ。男ならその一助になりたい位言わせるセリフだよ!!
        でもそれ後生大事に保管してた理由絶対男の性とかそういうのだって!! 娘さんの純潔をオークに散らされる未来とか望んでないからな親父さん!?
        (ああ、だめなんだ……みたいな顔で名も知らぬオークへの同情心を募らせる) -- ハバキ 2014-07-08 (火) 20:36:43
      • そうね、いずれは…国というのは一人では作れない。国民があってこその国よ。みんなが豊かに暮らせる、オークの脅威に晒されてない国…ね(最後が台無しである)
        何を言っているの!あなたに父様とオークの何がわかるというの!何にせよ姫騎士である以上、オークとの直接対決は避けられない…しかし力及ばず、オークの虜囚の身となり
        拘束されたまま欲望のはけ口として扱われるだなんて…くぅ…だけど私の心は絶対に折れたりしないわ…っ(シャドーボクシングならぬシャドーオークシングがいきなり始まる、それにしても…悔しそうにも見えるし、どこか待ち望んでる様にも見える) -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:43:28
      • 国家元首がこれじゃあオークの脅威もそうそう届かねえよ!
        シャードーオークシングやめろ!! オークさんもそのノリだと流石にシュンッってなっちゃうからな!? どこがとは言わんが
        あーんー、これもう、なんていうか(決断的に)チェンジで!! -- ハバキ 2014-07-08 (火) 20:57:15
      • オークにくっ…しない国を創りあげてみせるわ…っ
        こうなったら私がオークの元に直々に攻めにいかねばならなうわね…ってまさかのチェンジ!?
        何よ、いったい何がいけないというのよ!? -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 21:04:04
      • 積極的に落とされに来る所、ですかね……ともあれ、自分を大事にするんですよアンジェちゃん……(闇に溶けるようにスゥーッと消えて行く。オークお面だけをその場に残して) -- ハバキ 2014-07-08 (火) 21:17:37
  • グフフフ…ホワイトデーだけにお前を真っ白に染めてやるよぉ!白いべとべとしたアレでなぁ!!!
    (それっぽいことを言いつつ市販品のマシュマロを差し出す。別にべとべとはしてない) -- クリフ 2014-07-08 (火) 00:13:01
    • く…オークでないというのになんてことを…!………それはそうとして、ホワイトデーってバレンタインに何かを渡した相手に対してのお返しをする日ではないのかしら?(マシュマロを受け取って -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:19:56
      • そんな既成の枠にはまらないのが俺という男…自由を愛する男は柔軟な発想を持っているのさ!
        っつーのはまぁ表向きでさ。要するに女の子と友達になるいい機会だから配って回ってるだけなんだなこれが -- クリフ 2014-07-09 (水) 00:43:06
      • 仲良く…ねぇ。まあ人数もそれなりにいて、顔と名前がどうにか一致する様な感じでそれ以上の事がよく分かってないというのも確か。
        で………ん、オークリフ?(相手の名前を口にしようとして、明らかに余計なものをくっつけている) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 07:48:14
  • (アンジェリーナと校舎の外で桜吹雪の下を歩いている)わぁ、綺麗ですねアンジェリーナさん!
    なんで学校には桜の木が植えてあるんでしょうね、気になります! いやー、花の妖精としてはテンション上がるぜ! -- 緑妖精 2014-07-08 (火) 20:29:32
    • そうねぇ、春の陽気も心地良くて悪く無いわね
      知らなかったのかしら?桜とは…他に「おう」とも読むのだけど、桜の木…おうのき…おうき…おうくぃ…おーくぃ…オークが学園の手に落ちた証…?くっ…まさか既にオークの手の内に囚われてるとは…そしてそこでテンションの上がるオーク妖精…くっ、殺せ…っ! -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:37:54
      • そうですね、春を告げる妖精がフルートを吹いているみたいで気持ち良いですよ!
        ちょっと苦しくないですかアンジェリーナさん!? 桜からそんなにイマジネーション広げられるのは正直すごいですよ!!
        あとオーク妖精言うな!! はぁ……はぁ…ツッコミが足りない…! -- 緑妖精 2014-07-08 (火) 20:39:56
      • ずいぶんと詩的な表現するのね?
        桜→さくら→サークラ→男の団体の中に女が一人→オークの群れに囚われる姫騎士 という方も思いついたけど、ソッチの方が苦しいからちょっと直球で攻めただけね…
        ツッコミが足りない…!?それってつまり、仲間を呼んでオークに輪姦()わされるとかそういうコト…? -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 20:47:34
      • 私の故郷、妖精の国では普通の言い回しですよ。というか、春告げの妖精が普通に実在していたのですが。
        桜からサークラは悪くない発想だと思うんですが、そこからオークに繋げるのは難しいので厳しいですねー。直球大事。
        ノー……ソウイウ淫猥ナ隠語デハナク………本当はオーク好きでしょアンジェリーナさん!? -- 緑妖精 2014-07-08 (火) 20:51:42
      • …春を告げる妖精って夏と秋と冬は何しているの。やる気無くだらだら生活?
        桜…さくら…さくらん…さくらんぼう…ランボー…怒りの…脱出…脱け出す…脱がして出す…無理やり…性犯罪…レイプ… オークめ!(流石に脈絡が無かったと反省)
        オークが好きとか何とち狂ったことを言い出しているの!そんなの世界が360度回らなきゃありえないわよ! -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 21:01:41
      • その通りです。春を告げる以外の役割は与えられていないので基本的にだらだら生活していますね。(器用に片目を瞑って)妖精なんてそれでいいんだよ。
        オーク関係ねー!! 伝言ゲーム10人回してもそこまで遠くはなりませんよ!! オークも風評被害だ!!
        360度回ったらそれ正面じゃないですか!? でもアンジェリーナさんにとって宿敵のような何かでありたいのはわかりました。 -- 緑妖精 2014-07-08 (火) 21:04:22
      • それでいいのね…妖精、私も妖精に生まれてたらどうなっていたのかしらね。(どことなく羨ましげに)
        オーク=レイパー…これ世界の理ね、ただ…話の出来るオーク自体は、少なくともいるのかもしれないわね
        そうそう、360度世界が回らなきゃありえない…あれ?ん、まあ…分かってもらえて良かったわ…。 -- アンジェリーナ 2014-07-08 (火) 21:16:47
      • そうですね、アンジェリーナさんが妖精になったら、妖精騎士になっていたかも知れませんね。その名の通り妖精の騎士です。
        世界の歪みですよ!! そうですね、オークも知性の高い人がいるようなのでー。
        そんなアンジェリーナさんがまたオークとの戦いに踏み込めるように祈っておきますよ。さて、それじゃ私はこれで!! -- 緑妖精 2014-07-08 (火) 21:24:45
  • な、なぁアンジェ…そのぉ、ちょっと聞きたい事があるだけどさ -- ゾフィー 2014-07-08 (火) 23:16:40
    • 聞きたいこと…?ええ、オークの事でいいのなら何でも答えて見せるわ。(聞きたいことがあると聞かれて、連想したのがそれである) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 07:52:13
      • え、ああ、まぁその、オークについても聞きたいことはあるけど… その、アンジェってさ
        生まれはどこなんだい? -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 16:17:06
      • 生まれは…西の方、昔存在してた大国に挟まれた位置に存在していた、山間の景色が綺麗な小国よ…
        15年程前に一晩で消え去ってしまった、ね。(ふっと、遠い目をしてみせて) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 20:22:57
      • その話、聞いたことあるよ・・・ 私の国でも話はあがってたし・・・ アンジェはそこから・・?
        大変だったろうね ごめんね、変なこときいて・・・ なんていうか、うまく言えないけど 高貴な生まれなのかなって思って -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 20:55:11
      • ええ…事前に予兆があって、国民も王族も含めて散り散りに。とはいえ…物心付く前だったもの
        …少なくとも、生まれは高貴でも育ちはけして恵まれてた方では無いわね。独学と乳母からの指導で、各種作法は覚えていったけれども -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 21:02:52
      • なるほどね・・・ 流れる血っていうのは隠しても出てくるものだよ なんとなくはじめて見たときからそんな気はしてたんだ
        私も貴族の生まれだから、わかるのかも知れない 独学で? そりゃすごいね 仕事と両立させるのは大変だったろう? -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 21:09:23
      • …ということは、姫騎士を自称している部分では高貴さが現れてなかった可能性が…?
        やっていく内になれていくものよ。それに冬場はまともに農作業も出来ないから、そこできっちりと身に付ける事が出来るし。(どうってことないわと言って見せて) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 21:19:58
      • そんなの自称してたの・・・・? 知らなかった・・・ ていうか騎士って誰かに忠誠誓って授与されるものじゃ・・・ まぁいいけど
        十分すごいと思うよ 農民で勉強や武芸を学ぶ人とか、私は見たこと無いし あ、いや別に農民を馬鹿にしてるわけじゃないよ?
        役目の違いっていうかさ -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 21:22:40
      • そう、一人前の姫騎士としてオークを相手に絶対に屈したりしない…オークの辱めになんか絶対に負けたりしない!(キリッ)
        国を再興するのも目標の一つだから…国民無くして国は出来上がらないけども、強い王がいることでまとめあげる…そんな存在に私はなろうと思うの(グッと鍬を握りながら誓って見せて)
        …後、農民じゃなくてちゃんと王家の正当な血統よ。仕事として農作業とか、筍掘りとかやっていたけれども。 -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 21:28:43
      • だからなんでオークなの!? あとオークになんかものすごいイメージ抱いてるよね!? そりゃぁまあ悪いオークもいると思うけどさ!
        一日に五回はアンジェのそれ聞いてる気がするよ・・・ あ、なんか急にアンジェがすごい立派な人に見えてきたよ・・・
        なんか、ただ騎兵隊になりたいってだけの自分が小さく見えてくる -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 21:31:48
      • オーク…そう、それは…姫騎士とは切っては切れない間柄…姫騎士を目指す以上はどうしても立ちふさがる壁…! って、まるで良いオークがいるみたいな口ぶり…まさか、ゾフィーはボーイズラブなオークに…!?
        …他人と比べたって仕方ないわよ。私は私で、ゾフィーはゾフィー。目指す道と成りたい自分っていうのは人それぞれ、気にしたって仕方ないわ
        ……という風に割り切れる人ばかりなら世の中苦労しないわね…(ふ…と、何か思いを馳せるように) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 21:46:00
      • ちょっと何いってるかわからないよアンジェ、わからないよ ふぅー(肩をすくめる)
        オークオーク言わないでいれば、十分レディだと思うんだけどな・・・ 実際なにかオークにされたことがあるのかい? -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 21:51:25
      • …オークの住処に連れ込まれて、薄汚れたモノの皮を剥かされた後に濃くてドロドロの熱いモノを味わわされたわ…
        (連れ込まれたまでは間違いではないが、ジャガイモの皮を剥くのを手伝わされた後に作られたカレーを振る舞われたというだけのこと)
        まだここまでのことはされてないのだけれども(そう言って取り出すのは父の蔵書(姫騎士がオークに辱めを受けている本) -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 21:58:14
      • ええ、、なにそれ、コワイ・・・オーク許せない(なんか恐ろしげな想像をする) でもそれでどうやってかえってこれたんだいアンジェ・・・
        ひゃっ!?ちょ、ちょっとアンジェ!それ、人前に出したらいけないものだよ!場合によっては逮捕されるよそのなんか薄っぺらい本! -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 22:03:48
      • 他の誰かを味わう為にと、放り出されてそのまま…あんな屈辱ははじめてよ、だからこそ…私は一層オークに対して強い思いを持つ様になったわ…っ
        本来なら私もしまっておくべき物だとは理解しているわ…・なんて言ったって父様が大事に隠して所持していた物なのだから。…まさか、ゾフィーの住んでいたところでは禁書となっていたの?
        く…まさか、オークは姫騎士を畏れてそこまで手を伸ばしていただなんて…! -- アンジェリーナ 2014-07-09 (水) 22:13:40
      • いやそれって見られたくないからかくしておいたものなんじゃないかな…きっと草場の影で泣いてるよ…
        解放されたの…ううーん…実際別に大したことされてないんじゃ… あとそれってもしかしてリドバ?
        ま、まぁその…そりゃオークがなにもしなくても禁書になるよ そもそもオークが書いたものじょなさそうだし…
        あ、そろそろ私は失礼するよ ええと、それじゃまたね -- ゾフィー 2014-07-09 (水) 22:40:49
  • くっ
  • 殺せ
  • 気づいたらペナルティが増えているのだけれど、同数のどちらか一つに絞りたいわね。 -- アンジェリーナ 2014-07-10 (木) 20:42:58
    • 差分で見る限り先にラッキースケベの方が3票集めていたから、こっちかしら? -- アンジェリーナ 2014-07-10 (木) 20:44:34
      • 他のに投票したこやすだけどこれ何人までなんだろうね -- 2014-07-10 (木) 21:05:39
      • 今さら疑うものか!私は票数を信じる! -- アンジェリーナ 2014-07-10 (木) 21:09:44
      • そういう意味じゃなく、何人までするの?ラッキースケベ -- 2014-07-10 (木) 21:11:18
      • …期間で区切るものだと思ってたのだけど。 -- アンジェリーナ 2014-07-10 (木) 21:13:20
  • …なにやら、大変らしいナ…どんなペナルティかは、知らないガ
    マぁ、オレなら大抵のことは問題ないダロウ。オレが先陣を切れば、他の人も来やすいだろうカラナ -- リドバ 2014-07-11 (金) 20:01:35
    • ………(リドバが訪ねてきたところ、タオル一枚を身体に巻いた状態で髪をまとめて…どうやらお風呂かシャワー後の状態。普段と違うのは即くっころと言わずにリドバの顔を見て固まっている事だろうか) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 20:46:42
      • …ムッ、なんだ湯あみしてたノカ…それは、悪かったナ…どうした?(普段と様子が違うので、どうやら心配しての質問だ) -- リドバ 2014-07-12 (土) 21:04:52
      • (顔を赤くしてプルプルと身体を震わせて)……き、き…きゃああああああっ!?
        (思わずその場に身体を隠すようにしゃがみこんで)ななな、何こっち見てるのよ!?(明らかに普段とのそれとは違う) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 21:13:51
      • …何ト言われても…オマエの体、となってしまうガ?(ジロジロは見てないが、それでも見てる)
        …それにしても…やっぱり、大丈夫カ?何かいつもと違うガ…(常識より安否なオークだ) -- リドバ 2014-07-12 (土) 21:29:35
      • えっと…(普段は色々と勢いでやっているためだが、不意打ち気味のこのシチュエーションには頭が追い付いていない様で)
        だ、大丈夫・・・大丈夫よ。ほらこんなに元気で・・・あ(そう言って身体を動かして見せればもちろんタオルがハラリと解けて) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 21:42:30
      • …なるほど、案外攻めに弱いノカ…あるいは、これは素ナノカ…勿体ないナ…(分析が終わり、小声でボソリ)
        …アぁ、それは大体分かってきた…ダガ、そんな風にするト…(止める間もなくハラリとめくれる、当然見る、見た)
        …これは、不可抗力ダゾ?(オークとて、流石にこの状況では言い訳めいた言葉だ) -- リドバ 2014-07-12 (土) 21:49:25
      • ………あ、あ(色々と丸見えの状態で顔を真っ赤に、ぷるぷると身体を震わせ)
        (胸のところだけ片腕で隠しながら、もう片方の腕を振りかぶって)ば、バカぁ!(思い切り頬を叩こうと腕が出る、まるで普通の女子の様な反応) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 22:03:41
      • マぁ…そういいたくなるのも分かるガ…オレとしても、どうしようもなくてナ(流石に見た後は目を閉じてた)
        (それだけにビンタもよけようがなく、分かっていたも避けなかっただろうがそのためにいい音でバシーン!) -- リドバ 2014-07-12 (土) 22:08:51
      • ば、バカ!バカ!オーク!そう思うならさっさと表に出て行くとかすればいいじゃないの!
        (ビンタを出すだけ出した後はタオルを拾って部屋の奥へと) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 22:30:50
      • …それモそうダナ…すまない…とはいえ、こういうのは初めてのケースでナ…
        …ムゥ、どう詫びればいいカ…(とりあえず言われるがままに外に出ると、外でしばし考え中) -- リドバ 2014-07-12 (土) 22:36:13
      • ………もう入ってきて良いわ(部屋の外で待っている気配はわかったのでとりあえず声をかける)
        (入ってくれば普段の格好だが・・・流石に気まずそうにしている。普段であればこういう時こそくっころしてきそうなものだが) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 22:39:22
      • …そうカ、さっきは済まなかったナ…オレとしても反省してる
        だから…そうダナ、責任を取るゾ(責任とって詫びる、の意味だ) -- リドバ 2014-07-12 (土) 22:48:40
      • …別にいいわよ、私だって気を抜いていたのだから。(とはいえ、普段通りの感覚にはまだなれていない)
        ………責任?それって…え、いやでもそんな…まだ私達付き合っても無いのに何言ってるのよ!?そんな、婚姻だなんて…(責任を取るという言葉にもちろん浮かぶのはそっちであった) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 22:52:24
      • …待て、何でそうナル。いや、それも責任の取り方カモシレナイが…ちょっと違うのをダナ
        (よく見ればビンタをしたせいで肌色が取れたり、カツラがずれてたりするかもしれないが、アンが気づくかどうか…) -- リドバ 2014-07-12 (土) 23:03:17
      • ちょっと違う…ま、まさか…あっ!?(そして気付く、肌の色だの、カツラだのがズレているのだの)
        ……リドバ、その肌の色…髪…やっぱり、生オーク…!?(そこに気づいた瞬間、まるで本物のサンタクロースを目撃した子供の様に目を輝かせて) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 23:14:06
      • …まさかってナンダ?オマエの事だからまた妄想の翼を広げてナイカ?…ムッ?
        何を言い出すンダ?俺の肌の色は…マサカ(近くの鏡を見てみれば緑の肌にしかもカツラまでずれて)…オゥ…
        ち、違うゾ?オレはオーク…じゃなくて人間ダ…(珍しく、多少焦った様子だ) -- リドバ 2014-07-12 (土) 23:22:02
      • オーク、本物のオークが…私の部屋に…これはもう王手(チェック)の状態よね…っ
        この状態で悲鳴を上げれば…分かるわね?(これではどっちがくっころする立場か分からなくなっているが)
        (だがそこでふと少し考えこんで)………やっぱり、今日のことはお互い見なかった事にしておかない? -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 23:28:44
      • …いや、だからオークでは…流石に苦しい、カ…(自分でも苦しいのは自覚済みだ)
        …それに関してハ、どうだろうナ…(割となんだいつものアンジェリーナかと思われてスルーされるんじゃないかと)
        …以外な提案ダナ、理由を聞いていいカ? -- リドバ 2014-07-12 (土) 23:34:42
      • (普段の格好になって少し落ち着いてきたからだろうか、いつもの調子に戻っている様で)
        それは………姫騎士としては、オークとは戦いの中でお互いの尊厳を賭けて戦ってこそ…だから、このシチュエーションはちょっと違うというか…
        それに………下着を、ちゃんとしたの今付けて無いし(と、恥じらいながら。方向性は変だが、その仕草はなんだか新鮮さを感じさせる) -- アンジェリーナ 2014-07-12 (土) 23:41:33
      • …なるホド、思考の流れが理解できナイガ…言いたいことはなんとなくは分かったゾ…
        …そういう問題、ナノカ?…マぁ、アンがそうしてほしいのナラ、オレはそれに従オウ(そんなアンを面白いと思いつつも詫びの意味でも)
        それでは、お互い忘れる…デ、いいんダナ? -- リドバ 2014-07-12 (土) 23:52:23
      • 姫騎士の部分抜きにしても大事なところなのよ!…姫騎士がそんな野暮ったい下着を付けてる状態だなんて、ありえないわ…
        …ええ、忘れられれば良いのだけど…(わかっているがやっぱりオークだったんだ、というどこか羨望の眼差しを向けている) -- アンジェリーナ 2014-07-13 (日) 00:02:26
      • …つまり、俗に聞く乙女心…と言うもの、ダロウカ?…マぁ、そこなら理解は出来るナ
        …アぁ、それと…オマエの体は実にいいと思う。自信を持っていいゾ?(何やら羨望か何かで見られてるので牽制だ) -- リドバ 2014-07-13 (日) 00:11:38
      • …わかっているのならわざわざ口にしなくて良いわよ。……へ?(不意打ち気味に言われて顔を真っ赤にして)
        あ、あ…そんな感想わざわざ言わないでいいわよ!ばかぁ…っ!(手近にあった布をリドバに投げつける。痛くは無いがよく見ればそれは下着) -- アンジェリーナ 2014-07-13 (日) 00:14:22
      • オレの場合、確認もこめて言葉にしないト誤解されてしまうカラナ…
        …お互い、忘れた方がいいと言ったから心配スルナ……あと、下着を投げるナ。オレを欲情させる気カ?(ブラが顔に引っかかった) -- リドバ 2014-07-13 (日) 00:18:09
      • 見た目で誤解されるところも多い、口にしないといけないのは…わかったけど。
        そんなこと言ったって…そんな風に言ったほうが悪いじゃない!それに…私の身体が良いと言ってはいたけど、本当に私なんかで欲情するの…?(ここまで全くそういう素振りが見られないからこそ、逆に気になって少し自身が無くなっている。その現況はほぼ自身の言動なのだが) -- アンジェリーナ 2014-07-13 (日) 00:25:42
      • オマエの場合は、逆だからナ…言葉で誤解…いや、誤解でもないと言えばナイカ…
        …なんダ、信じられないノカ?…マぁ、オレは意図的にそういう意識はしないようにしてるカラナ、学校にいるすべての女子ニ
        それに、オークの性欲は強い…そこはオマエも知っての通りダガ…性欲ONだと誰かをいずれ襲って、退学にナル…それでは困るからナ… -- リドバ 2014-07-13 (日) 00:30:17
      • 失礼ね、私がそんな誤解なんてする筈ないわよ(誤解というよりもっと別の恐ろしい何か)
        …意識して抑えられるもの、というかON OFF切り替えが能動的に出来るとは……
        ……退学になって困るのはなんとなく分からなくないけど、そもそもリドバは何でこの学校に通おうと思うの? -- アンジェリーナ 2014-07-13 (日) 00:38:04
      • …いや、オマエは逆に言葉で誤解される側だという意味ダ…マぁ、誤解もしてるガナ…
        一種の魔法に近いゾ?あと、他に痛みも恐怖も忘れる狂戦士化もアル。今の状態は賢者モード…と言うものダナ
        アぁ、うちの故郷のためダ。このままでは人間に駆逐されるダロウ…だからその前に、人間を知り、対策を練るのが…マぁ、族長たちからの使命ダナ -- リドバ 2014-07-13 (日) 00:47:20
      • むしろ私の思考の方が誤解されているような…ま、どっちでも良いのだけども。
        ……無理やり魔法で抑えて、大丈夫なのそれ。体調とかそういう方で
        やっぱり集団で生活しているのね、しかもそこまで………って、私以外の人間も駆逐しようと!?く…なんてこと…っ -- アンジェリーナ 2014-07-13 (日) 00:56:03
      • 正直、良くはないナ。お陰で、いつもより弱ってる…最近は、冒険もあってか少しずつマシだが…性欲も少しずつ出てるノガ、困りものダナ…
        当たり前ダロウ…オークをなんだと思ってるンダ…そして、人間はオークに何をしてきたと思ってるンダ?(アンの頭に大きな手が迫るが)
        …マぁ、オレはあまりその辺りは気にしてない。お互いサマでもアル…そして、オレは人間との生活も気に入ってる…あと数年だけダガ、寿命が縮んでも気にしないくらいニナ(頭をポンポン)
        さてと…オークの話はこれで以上ダ、この後で聞かれても知らないというカラナ?それじゃあ、マタナ -- リドバ 2014-07-13 (日) 01:14:03
  • そして、今期の課題はオレは駄目だったようダ…そっちはいけたみたいダナ?それは、何よりダ
    マぁ、どんなペナルティになるかはワカランガ…変なのでないように祈るばかりダ、女体化などトラウマを産むゾ -- リドバ 2014-07-16 (水) 19:39:30
    • (色々とあってオークの着ぐるみを着る事になった) -- アンジェリーナ 2014-07-22 (火) 23:14:23
  • (オーク着ぐるみを着る) -- アンジェリーナ 2014-07-22 (火) 23:17:30
    • (オークそのものっぽい恰好でいる) -- リドバ(オーク風) 2014-07-22 (火) 23:28:52
      • (リアルオーク…!?と思わず身構える着ぐるみオーク) -- アンジェリーナ 2014-07-22 (火) 23:50:19
      • …何してるンダ、オマエ…いや、オークの着ぐるみなのハ分かるンダガナ(独特のイントネーションでリドバと分かるはずダ) -- リドバ(オーク風) 2014-07-22 (火) 23:54:45
      • リドバ…!?まさか…オークの波動に目覚めて……!…一度相手の立場に立って考えて見ようと思ったのだけど(何か変かしら?と) -- アンジェリーナ 2014-07-23 (水) 00:00:23
      • …なんダ、オークの波動ッテ…ただのオークのコスプレだ、今月までノナ
        来月からはまた別のものダ…これ以上につらいかもしれないガ…
        …オマエのは、それはオークの立場になってるノカ? -- リドバ(オーク風) 2014-07-23 (水) 00:02:48
      • オークの…コスプレ?なぁんだ…オークの本能に目覚めて私を襲いに来たのかと勘違いしちゃったじゃないの(どこか残念そうな)
        ……そもそもオークが普段から何をしているのか知らない事に気づいたから、まずはカタチから入ろうと(変かしら?と魅せつける様にくるっと回って) -- アンジェリーナ 2014-07-23 (水) 00:04:57
      • …本能も何も、オレは人間ダゾ?…マぁ、期待に添えられなくて悪かったガ
        …こんなかわいい動きのオークがいるカ…いいカ、オークと言うのはナ(少し離れた)
        …ハァ…ハァ…(荒い息と涎を垂らしたままノソノソ)…!…グォアァァ!(そしてアンを見つけると斧を振り上げたまま襲うように走ってドスドスドス)
        …とマぁ、こんな感じダゾ?(迫真の演技?ダ) -- リドバ(オーク風) 2014-07-23 (水) 00:20:00
  • ど、どうしちゃったのアンジェ… -- ゾフィー(坊主頭) 2014-07-22 (火) 23:27:40
    • …オークに対峙しても大丈夫な様に、いっそオークになりきってみようかと。それ以上にゾフィーのその頭どうしたのよ -- アンジェリーナ 2014-07-22 (火) 23:49:56
    • その発想はさっぱりわからないけど、それじゃあ仲間と思われちゃうんじゃないかな
      頭…うん、あたまおかしいよねはははへははは -- ゾフィー(坊主頭) 2014-07-22 (火) 23:51:49
      • オークと仲間…オークと…?(オークの着ぐるみの口から顔だけ覗かせて、悪い気がしていない様子)
        ………えっと、被る?(スペアのオーク着ぐるみ頭部を差し出す) -- アンジェリーナ 2014-07-22 (火) 23:59:10
      • なんでなんかまんざらでもなさそうな顔してるの…やっぱりアンジェはオークのこと好きなんじゃないの
        え、いや、ていうかスペアまで用意してあるよ…いやぁ私はそういう趣味ないし -- ゾフィー(坊主頭) 2014-07-23 (水) 00:02:18
      • は、はぁ?!だ、誰がオークのことなんか…ベ、別にそんな事あるわけ無いわよ…(と、言いよどみつつ)
        不本意な髪型というなら、隠せばいいじゃない。すっぽり隠せるわよ?でも、ゾフィーのその髪型悪く無いと私は思うわ。…オーク感あって -- アンジェリーナ 2014-07-23 (水) 00:06:35
      • オーク感ないから!一ミリもないよ!!アンジェのオーク狂い!なんだ、こんなものっ(きぐるみかぶりながら)
        ぶひひひひー!今夜はお前がディナーだオーク! -- ゾフィー(坊主頭) 2014-07-23 (水) 00:10:32
      • だって髪の毛ふさふさのオークっておかしいでしょ?なんかオークっぽい頭してるのも悪くは…
        きゃぁぁっ♥オーク、私がディナーだなんてなんて下劣な事考えてるの!くっ…何されたって私は絶対に屈したりしない…っ!(思い切り黄色い声をあげてた) -- アンジェリーナ 2014-07-23 (水) 00:13:38
      • そらふさふさはおかしいけど、そこまで短くはないでしょ! いやだからなんでそんなに嬉しそうなんだよ
        めっちゃ目とか輝いてるし・・・ ていうかそもそもこれきぐるみだよ!私だよ中身!(口のところから顔を出しながら) -- ゾフィー 2014-07-23 (水) 00:33:47

Last-modified: 2014-07-23 Wed 00:33:47 JST (3062d)