名簿/365057

  • ペカンは……やっぱりクリスマス気分フォームになってたりするのかねー……
    まあクリスマスを祝ってくれるってのは黒サンタ的にもうれしいことだしな!(うろの前に植物用活性アンプルの入った箱を置く黒サンタ少女) -- ディエート(供
    • …あっ今年も届きました、やりましたっ(意気揚揚と箱を掲げてうろに入っていくクリスマスツリーのような精霊) -- ペカン?
  • ペカっち引退か〜。森の護り主になるための修行の一環だったのかな? -- レナータ
    • それもあるのですが、わたくしがうんこ屋たりえた事の意味が冒険の中で見つかると思っていました
      みつかりませんでした… 茸は沢山見つかりました
      -- ペカン?
      • ……ペカっちってたまにすんごいツッコミ待ちの姿勢取るよね? 見つかるワケ無いなんてつっこまない!つっこまないぞお姉さんは〜〜〜〜!!
        ハァハァ……ん、でもキノコ探しの道すがら色んな森を見てきたのはきっといい経験になったんじゃないかな。立派な精霊王目指してね?夢はでっかくユグドラシルさんだっ☆ -- レナータ
      • 冒険で見つからなかったのなら、うんこ屋を続けていく事で見出すほかありません、頑張ります
        ただひとつ、瘴気の花の件だけが気がかりです
      • 頑張らないでー!?もっと建設的なことを頑張って〜!? 排泄行為の末にできた物質に拘らないでぇ!!
        いかん、ツッコミを入れてしまった……(※敗北者の背を見せつつ) ふぇ?瘴気の花……あー、あの事件も最近なりを潜めちゃって……持久戦に持ち込む気なのかねぇ
        まぁ気掛かりだったらいつでも森から出てくればいいさね! -- レナータ
      • ふふふレナータはお忙しい方ですね(突込み疲れするレナータにニコニコわらいつつ)
        そのつもりで居ます。 草樹や土や動物達…森はあの出来事に怒っています
        彼らを鎮め安心させる為に、わたくしも何もしないわけに行きません
        -- ペカン?
      • おのれ、謀ったなペカっち!? 頭からビョンって生えてるそれ、引っ張っちゃうぞー?(指をわきわき)
        ふむ、森の怒りかー……そう語ってるペカっちはホントに護り主様みたいでちょっと良かった。でも緑仲間が森に篭もっちゃうのはやっぱり寂しいね〜……花の件でまた会えたら私も嬉しいよ -- レナータ
      • あっ、ひっぱると伸びたりムズムズしたり、他にも色々起こるのでいけません
        わたくしも冒険による出合いや、それによる共通した観念が1つなくなることは少し寂しいですが
        大丈夫、居なくなるわけではないのですから。 ね、レナータ
        -- ペカン?
      • ふふっ♪じゃあ今度会った時は引っ張っちゃおうっと! うん、分かってる分かってる。ペカっちにはペカっちのやるべきことがあるんだもんね
        私も魔女としてはまだまだだし、そっちも森の守護精霊として頑張ってね? それじゃ、またねーっ!! -- レナータ
  • オッスオラアドラス!(挨拶) 久しぶりだなペカン冒険者を辞めたと聞いて労いにきたぞフハハハハ!
    お疲れさん。ペカンの目開いた顔は見ちゃいけないもの見た感じがしてゾクゾクするぞ! -- アドラス?
    • お久しぶりです魔王様。見ておられたのですか、だから開かないでおいたのですよ…動物たちも怖がるので
      今後は森の守護に専念しようかと思います魔王様にもお世話になりました
      うんこ屋を営む事ととなった謎はとうとう不明のままなので、これからもうんこ屋でしょう
      -- ペカン?
      • そうか動物は怖がるのか…。しかし俺様的にはアリだと思う。やはりハの字眉の魔力だろうか
        俺様はもう少し冒険を続けるぞ!ペカンもうんこ屋とか森のこととか頑張ってくれよな!
        (うんこ屋にした張本人が魔王軍にいたなぁと思いつつ帰る) -- アドラス?
      • そ、そうでしょうか、ありがとう御座います。 でも恥かしいので閉じておきます
        魔王様が居る森でもあります、未熟者ですが、ペカンにお任せください
        -- ペカン?
  • おー、無事に引退できたのか、そりゃなによりだな!お疲れさん!
    ……そういや前々から聞こう聞こうと思っててすっかり忘れてたんだけど……その「うんこ屋さん」……ってのはなんなんだ……? -- ディエート(供
    • わかりません…、精霊として目覚めたと気にはもう看板がありました
      冒険者として外の世界を見ていれば何かわかるかと思いましたが何一つ分からずじまいです…
      -- ペカン?
      • まあ……そりゃあ冒険者とうんこ屋って多分何の関連性もないだろうしな……
        しかし何故うんこ屋なのか……いや考えるだけ時間の無駄だなうん -- ディエート(供
      • どうしてなのでしょう…少しだけ無駄かもしれない気がすることもありますが
        続けていれば何か実を結ぶ事があるかもしれません、わかりません。う〜ん…
        -- ペカン?
      • うー……ん……もしかしたらいつか遠い未来には理由が分かることがある……のかもしれねえ……よな……(微妙な表情で)
        …………まあとりあえず冒険者を辞めてもまだ他にやることはあるんだろ?応援はしてるから頑張れよ! -- ディエート(供
      • 少し自信はありませんが、きっと…。 わたくしの本来の役目は森の守護にあります
        一緒に冒険する事はなくなりますが、わたくしもディエートのご活躍をこの森で応援していきます
        -- ペカン?
  • 引退ですかペカンさん、お疲れ様です!記念に実1個もらっていいですか鉢植えにするので -- 夕去
    • どうもありがとう御座います。実ですか?いいですよ、こんな物でよろしければお好きなのをどうぞ
      (ありふれた果物や謎の実、色々成っている。どんな物を取るかは夕去次第だ)
      -- ペカン?
      • じゃあその日立って書いてあるやつもらいますね、ありがとうペカンさんおげんきでー!(後にこの不思議な実が気になる木へと育つことになるがそれはまた別の物語) -- 夕去
      • へっくち。 なんとなく今歴史に立会った気分がしました…
        あの実は何だったのでしょう…日立…?(嬉しい贈り物をありがとう御座います!)
      • //(いいのようふへへh) -- 夕去
  • (木のうろの上にクリスマスリースとしめ飾りを両方飾っておく黒サンタ少女)
    ……よし、じゃあ次はプレゼントを……よいしょー!(そして木の前に袋詰めの肥料を積み上げておいた黒サンタ少女)
    あとは最後の仕上げにノックをして(コンコン)……てっしゅー!(ダッシュで逃げた黒サンタ少女) -- ?????
    • ……。(デコレーションされた木を呆然と見上げて)はっ。これはまた名も無き贈り物…
      肥料…やりました!今年は肥料がいただけました(肥料をもらって歓喜するうんこ屋)
      -- ペカン?
  • ………………!(コレを連想する俺) -- 黒騎士(ガチキャラ)
    • (念で読んだ) 日光と水で十分ですので、虫は特に摂取しません -- ペカン?
  • ………………(木の上でぶらぶらしてる何かをぽけーっと見上げている黒サンタ少女) -- ディエート(供
    • ………………(ただ静かに、さわさわと風の音と木漏れ日あてられてちいさく揺れている) -- ペカン?
      • …………もう……夏も近いな……(ぶら下がっているものが人型であることを全力で無視しながら巡る季節に思いを馳せる黒サンタ少女) -- ディエート(供
      • (その頭上付近で太陽のほうを向いてぼんやりしながら、初夏の香りと梅雨の季節の到来に期待を膨らます精霊) -- ペカン?
  • ……み、みのむしごっこですかペカンさん、新たなリラックス方法か何かですか? -- ニキ
    • ぼんやりしたいときなどはこうやって光を浴びたい事があります、ニキもどうでしょうか(ブランブラン) -- ペカン?
      • ぱっと見なんだか怖いですよてっきり人生に絶望しちゃったのかと思いましたよ!?
        わ、私は蔓がないので出来ないのですよー、ぼんやりするならねっ転がった方が落ち付きますし…! -- ニキ
      • まあ、ざんねんです。 わたくしのせいで依頼に失敗してご迷惑をかけてしまい、今は申し訳なさで一杯なのです
        ニキとももうご一緒できないかもしれませんし、それも悲しいです
        -- ペカン?
      • そ、そう、今日はそれのお見舞いにきたのでした、怪我とかの方は大丈夫なんですか……?
        んー、ID的には近いのでまた組めるかもですけど、私は捜索系は受けませんからねー……捜索系はあまりメリットがありませんし… -- ニキ
      • 幸い、自己再生の能力が高いのが取り得の1つなので何とか大丈夫ですが、霊力を消耗して力は少し弱まってしまいました
        見計らいつつ探検も兼ねて行こうと思いますが、暫くは安全に行きたいです(ぶらーんぶらーん)
        -- ペカン?
      • ほうほう私と一緒ですね、それならよかったのですよー……はい、一応栄養剤を持ってきたのでどうぞー(植物用の栄養剤を渡しながら
        捜索って安全なんですかね…!結構捜索も変な依頼が来た時は危ないような気もしますー、えいっ(ぶらんぶらんするペカンを押してさらに勢いをつけながら -- ニキ
      • (少し上機嫌そうに瓶を受け取って栄養剤をチューチュー)
        信頼度を余り気にしなかった探検と違って、かなり安全なお仕事を選んでました
        先々月の探検では熊が出てきて驚いたので、少し安全なお仕事をもらえるよう修正したのですが間に合いませんでした
        (押した勢いでねじれて回転も加わる)めがまわります〜〜
        -- ペカン?
      • うぇ、もう熊が出る時期なんですか、ペカンさんに出たという事は私も運が悪ければそろそろ来るかもしれませんねー……
        お、おぉ、なんだか面白そうですねペカンさん絶叫マシーンみたいで!
        あ、私もペカンさんにしがみつけばぶらぶら出来るでしょうか、蔓切れちゃいますかね! -- ニキ
      • あやふやな情報でしたので、”理不尽依頼”というものだったそうです。
        情報は大事ですね、ニキもご注意ください
        (ロータリースピーカーから出たような声で)
        -- ペカン?
      • あまり気にしないにしてますけどこれだと結構変な依頼も舞い込むんですよねー
        (うずうず)……とあーっ!(我慢出来ずにぐるぐる回りながらぶらんぶらんするペカンの胴にしがみついて一緒にぶらぶらしようとする悪魔 -- ニキ
      • きゅぅ〜〜!? (悪魔をぶら下げながら回転して左右に振り子運動を行う人間ブランコ(?)) -- ペカン?
      • わぁすごいです目が回ります回し過ぎたコーヒーカップみたいですあははは!(ぐるぐるぐるぐる
        大変ですペカンさん酔ってきましたどうやって止めましょうこれわきゃー!(ぐるぐるぐるぐる -- ニキ
      • お楽しみいただけて幸いですが、止まる方法はわかりません。 
        この状態で降りると危険ですので止まるまで待ったほうがいいとは思います(180度ギリギリまで錐揉み揺れながら)
        -- ペカン?
      • このまままってたら確実に具合悪くなっちゃいますねこれ!あぅあぅあぅ(ぐるぐるぐる
        あ、手が疲れてきましたそろそろ限界ですか弱い乙女ですから筋力が足りないのですこんな事ならもっと鍛えておけばひひゃー!?(手が離れてしましすぽーんとその勢いのまま吹っ飛ぶ悪魔 -- ニキ
      • あ〜 冒険のご出発ですか〜 行ってらっしゃいませ〜〜(空に向けて飛んでいく超電磁スピン的ななにかを見送る) -- ペカン?
      • \いってきまーす/ (声を響かせながらきらーんと空に一つ星を輝かせる悪魔 -- ニキ
    • た、大変だ!ペカンさんが首吊り自殺してる!(足を引っ張って下ろそうとしながら) -- 夕去
      • み〜っ 落ち着きましょうユサラビ。ちぎれます(引き摺り下ろされてグイグイ伸びる蔓毛) -- ペカン?
      • これは・・・すっごいアホ毛でしたか・・・ハッ!
        konachang checker Ver.yusarabi?
        AHOGE ………OK!
        KONACHANG! -- 夕去
      • その診断情報はとてもあやふやであてにならない気がします わかりません(ビヨンビヨン揺れながら) -- ペカン?
  • 2回半……こうか(コン、コン、と二回たたいて3回目は手を離さずにいる) -- アーキ
    • こんばんわ… ??(視界に顔が捉えられないので少しづつ見上げていくと)
      まあ… とても大きな方。でもこんな事は以前にもあったので、わたくしは脚立をもっています(せっせこ)
      -- ペカン?
      • ここら辺だと身長差がひどいことになるのよな…っと、失礼(視線を合わせやすいように地面に座る)
        来月の冒険で同行する、アーキ・ランレイトだ。よろしくな -- アーキ
      • アーキ…まあ、あなたがそうなのですか。 わたくしはペカンといいます、こちらこそよろしく(オジギソウの如くペコリ) -- ペカン?
      • ああ、よろしくペカン
        …今日は顔見世くらいだな。また冒険先で。一緒にがんばろうな -- アーキ
  • うおっ!こんなところに黒くないマジサンタが…………!(何故か身構える黒サンタ少女)
    …………ってなんだ……ペカンじゃねえか……(何故かほっとする黒サンタ少女) -- ディエート(供
    • こんばんわディエート。もう春ですが不思議とクリスマスな気分がします
      それで、本物なサンタさんはどちらにいらっしゃいますか?(キョロキョロ)
      -- ペカン?
      • そうなんだよなー……クリスマスは数か月前にあったはずなんだけど……
        あー……いや、オレの見間違えだったみたいでなー……(うろたえっぷりが少し恥ずかしくなってきたようだ)
        ……まあそれはそうと……見事なまでのクリスマス気分な格好だよな、まあオレが言うことでもないけど -- ディエート(供
      • 不思議ですねぇ、わたくしは元から季節で身格好がよく変化しますがどうして今クリスマス…
        はっ、たしか4月には嘘をつく行事があると聞きました。私は何かに騙されていますか
        -- ペカン?
      • へー、なんか面白いなそれ、ちなみにオレは逆に一年中この黒いサンタの格好だったりするんだよな
        いや落ち着け!意味が分からないからその疑い方!
        ……まあこういう時期にクリスマスを祝うってのもたまにはいいんじゃねえかな…………(やや逃避気味に纏めようとする黒サンタ少女) -- ディエート(供
      • そういうものですか…メリークリスマス、ディエート。 ささやかですがさくらんぼをどうぞ
      • そーそーそういうもんなんだよたぶん、めりくりー!
        お、ありがと(ぱくん)…………もぐもぐ…… -- ディエート(供
  • レナータサンタ登場っ☆ しまった、腹ペコシスターに先を越された気がする……!でも私のプレゼントはケーキじゃないもんね〜♪
    と言うワケで、だんろ石をどうぞっ(どてん、と置かれるなんだか暖かい石 ※元ネタ:モンスターファーム)
    本場のだんろ石はもっとメラメラ燃えてるけど、森が火事になったら大変だからこれはただぬくぬくするだけの石!だから安心してねー? -- レナータ
    • あっレナータ、こんばんは。先を越されたとは、レナータはサラと競争でもしていますか?
      …まあ、あたたかい石…?レナータならではな不思議な贈り物です
      でもこれで外でも暖かい…これはうれしいです
      -- ペカン?
      • いや〜、サラっちはクリスマスのケーキ配り毎年頑張ってるからなー。さすがシスターはクリスマス強いわ……
        精霊のペカっちは自然の寒さなんて私らに比べたら慣れっこだろうけど、やっぱり冬でもぬくぬくしたいかなー?と思って♪(そういう自分も相当寒そうなサンタ服。精霊の加護で外気をシャットアウトしてるのがペカンにも分かるだろうが)
        そんなワケで快適なクリスマスを過ごすのよーっ?ばいばーいっ☆ -- レナータ
  • む、うろ付近にケーキが…これはディエートさんに先を越されたのでしょうか?ぐぬぬ
    じゃあ私のケーキも置いておいて…あとは知り合いと食べる、みたいなことも言ってたから(たっぷりケーキが入った保存容器(大)を置いて去った) -- サラ
    • あら?こっちにも、この入れ物はこれはサラですね。…もう行ってしまわれたのですか…
      ではこのはじめにあったケーキと贈り物のような荷物はどなたが…あっこれは!
      (開けたプレゼント包装の中から植物用栄養剤を見つけて小さくはしゃぐ森の精霊)
      -- ペカン?
  • …………よーし、こんなもんかね(木の前にクリスマスケーキやらプレゼントやらを並べている黒サンタ少女)
    じゃああとは…………(おもむろに木のうろをノックして)
    よし撤収!(そのままピンポンダッシュ的に逃走した黒サンタ少女) -- ディエート(供
    • はいどなたですか…まあっ?これはこんな場所にケーキ…
      はてはて…こちらは何でしょうか?(がさがさ)
      -- ペカン?
  • お疲れさまでしたー、護符手に入らなかったですねー……残念です
    そして肥料くーださーいなー!(ここんこんここんと木のうろをリズミカルに叩きながら -- ニキ
    • お疲れさまでしたニキ、わたくしはあまりクジには縁がないようで…仕方がありません
      肥料はこちらになります(念力で手前にどしどしつまれていく肥料袋)
      -- ペカン?
  • ……(木のうろをゴンゴンと角で突くトナカイ)
    えっとー……これでいいの……かな?(そしてその背中に乗っている黒サンタ少女) -- ディエート&トナカイ
    • こんばんはディエート あっ(異様に勇猛そうなトナカイに驚く) -- ペカン?
      • よーうペカン!遊びにきたぞー!それとノックの方はさっきみたいな感じでいいのか
        ……っと、ああ、そういやこいつのことは初めて見るんだな、こいつはオレの本業の方の相方のトナカイ
        ……見た目がごついし無駄に強いけど……意外と気は優しいところがある……ぞ?(何故か疑問形で言いながらトナカイから降りる黒サンタ少女) -- ディエート(供
      • さようですか… たしかに熟達した覇気を感じます。 よろしくおねがいしますトナカイ(種や木の実を供えつつ)
        ノックですか? 大体あっているとおもいます。 間違えてしまうと割と大変な目にもあったりあわなかったりします。
        -- ペカン?
      • まあ今は引退してるんだけどなこいつ(トナカイの頭をぽふぽふ)
        ………………(そしてさっそく木の実をもぐもぐするトナカイ)
        あったりあわなかったり……って地味に怖いなそれ!一体なにが起こるというんだ……(生唾をごくりと飲み込む黒サンタ少女) -- ディエート(供
      • 余り把握しきれていませんが、集会の号令からはと時計などまでいろいろありますが
        タライ、落とし穴、クマに挑戦等の合図もありますので、うかつに叩きすぎたりすると危険かもしれません
        何かに挑戦なさりたい場合はお試しください
        -- ペカン?
      • うはー…………いやいやいや!全力で遠慮しとく!オレはそこまでチャレンジャーじゃねえし!
        次来るときには本当に注意しねえとな……(叩く回数を心に深く刻み込みつつ)
        さてと、来たばかりな気がするけど長居したような気もするからそろそろ帰ることにするわー、んじゃまたなー! -- ディエート(供
  • ういーす…二回半ってなんだ…来月同行するジーゼってんだがペカンっているかー(樹のうろを二回叩いてから適当に軽くもう一回ノック) -- ジーゼ
    • (うろの中の扉が開いてもそもそ出てくる)わたくしがそのペカンになります、こんばんわ
      ジーゼ…聞いております、こちらこそ宜しくお願いします。 …大きい(見上げながら)
      -- ペカン?
  • ペカン、初夏!(嬉しそうに跳ねるようにやってくる)
    リフィはペカンにお返し、ふわふわの蒸しパンと栄養を用意したの(持って来たバスケットにはクロスが掛けられて中は見えない) -- リフィ
    • リフィ、もうすぐ雨の季節です(蔓毛で触覚っぽいをつついてコミュニケーション)
      栄養…? どのような栄養ですか?(クロスをまじまじみながら)
      -- ペカン?
      • うん、雨が一杯。(ぴこぴこ)
        こういうの!(バスケットから瓶を取り出す 中には緑色の液体が入っており、植物用栄養剤だ) -- リフィ
      • (蒸しパンをフカフカしながら明るい表情に)まあ、これこそは植物用栄養剤っ
        これはわたくしにとって水に負けずとも劣らない摂取物…とても嬉しい贈り物ですリフィ
        -- ペカン?
  • ちわーす!ホワイトデーのお返しに参りましたー!(やたらテンション高く現れる黒サンタ少女)
    …………うん、やっぱり慣れねえことはするもんじゃねえな(そして急に冷静になった後にカラフルなドロップが詰まった瓶を木の根元あたりに置く) -- ディエート(供
    • これはどうもありがとうございます、サンタさんはこっそりプレゼントを置くと聞きました。だから慣れないですか?わかりません -- ペカン?
  • (木のうろを十回くらい叩く)はろはろー?お姉さんだぞー☆ バレンタインだからチョコ持ってきた! 乾燥した砂糖漬けオレンジにチョコかかってるの〜
    まぁつまりはお店の宣伝ってワケなんだけどね? 今後ともよろしくーみたいな感じで受け取って〜♪ -- レナータ
    • (盛大なタライの落下音に驚いて出てくる) …まあ、こんばんわレナータ。
      チョコレートを頂けると聞こえましたが、どうしてタライをこんなに沢山頭に落としましたか?(確定RP)
      -- ペカン?
      • えっ!?そ、そんな仕組みになってるのねここ……お姉さんビックリ。ご、ゴメンよ〜?(手を合わせてウインクし、軽い謝罪の意思を見せるお姉さん)
        ほらほら、バレンタインだからチョコだよー?(リボンで括ってある小さな包みを手渡す) まぁそんな訳で美味しく食べちゃってね? -- レナータ
      • この木は色々な合図に使われます。 このタライはどなたかが芸をする時に使う合図だそうです
        これはありがとう御座います。 この季節はお菓子を沢山もらえてしまうので幸せな気分がします
        貰うだけではよくないので、近くに、お返しのなにかを差し上げなくては
        -- ペカン?
      • 合図……合図? まぁお姉さんもタライはお笑い7つ道具の一つとか聞いたことあるけど(※胡散臭い情報を鵜呑みにしているの図)
        あっはははは!元々はどっかの頭が春の神父だか牧師のお陰で出来たイベントらしいけど、みんなが幸せそうになれるイベントはいいもんだー♪
        って、別にお礼なんかいいのよ? くれるなら勿論貰うけど、これお得意様へのお礼だからそんな気にしないでね? -- レナータ
      • まあ、そうでしたか。 わたくしはまだ一度しか利用していないのにどうもありがとう御座います
        おかげさまでおフダは沢山出来上がっていっていますので、また何か買い足しも検討できると思います
        -- ペカン?
      • うむ!ペカっちが順調なら私としてもなによりなにより♪ それじゃ、今後ともよろしくね〜☆(ひらひら手を振ると帰っていった) -- レナータ
  • カブトムシでも冬眠してそうな穴デス(手をかけてそーっと覗き込む) -- デスロック
    • (「?」な様子で、実をぶら下げた蔓が鼻先に覗き出てくる) -- ペカン?
      • くんくん…まだ青い匂いデス…なんかいるのかー?デス(うろに向って声を張る少女) -- デスロック
      • カッ(急に実がランタンの如く発光する) どなたですかー -- ペカン?
      • うおっまぶしっ…誰かといわれたらお答えしよう死神代行見習いのデスロックデス
        声の主はどんなやつなのデス?デスロックちょっと興味わいたデス(ぐぐっと中を覗きこむ) -- デスロック
      • (丁度覗き込んだ所には扉があり、そこからひょこりと出てくる精霊) まあ、こんばんわ、死神様。お入りになりますか -- ペカン?
      • 雪の照り返しにくらべて目に優しい色をしているデス・・・ちょっと冷えたからそうさせてもらうデス
        (キョロキョロ辺りを見回しながら扉に向う) -- デスロック
      • (中は質素な部屋だ。 ホットレモンを出す) わたくしはペカンと申します
        デスロック殿様の事はよく耳にします、お逢いできて嬉しいですが、わたくしは死にますか?
        -- ペカン?
      • ふーふー…ぐびずずぅ ほ…っ温まるデス ぺカンというのデスかなかなか聞かない名前だけに覚えやすいデス
        ふふふ、あまり良い噂ではないからデスロックは耳にしないことにしているデスがそうか、そうかデス
        どれどれ(じっと胸の辺りを見つめる、何かが見えているのは確かだ)…今はまだその時ではないデス、それでもいずれ死は訪れるのデス いつかはデス -- デスロック
      • そうですか、よかった、今すぐのお迎えだったらどうしようかとハラハラしました
        今居なくなってしまうと、冬眠あけの動物たちに食べ物を差し上げられません
        -- ペカン?
  • ペカンちゃんもいつもお世話になってるから今年もケーキを持ってきました!食べてねー(ケーキ入り保存パックを渡す) -- サラ
    • 毎年ご苦労様ですサラ、今年も待っていました。 はっ…そういえば借りたご本を返しにいかなくては… -- ペカン?
  • お疲れさまでしたペカンさんそして来月もよろしくお願いしますねー!
    えっへへ、また新しい魔導器手に入れちゃいましたー -- ニキ
    • お疲れ様でしたニキ、報われて本当によかったです(物凄く微妙そうな表情でモールを持ち帰る先月のニキを思い出しながら)
       
       
       
       
      わたくしはなにももらえませんでした
      -- ペカン?
      • (ぺカンが貴族の召使という事に気づいてびくぅっとしながら)
        や、やっぱりペカンさんも魔導器が、欲しかった、り?
        ち、違うんです違うんですよ確かに連続で持ち帰っては来ていますけどっ、ぺ、ペカンさんもきっともうすぐ貰えますよ、ね!(だらだら冷や汗を流しながら -- ニキ
      • これもくじ引きの結果ですから仕方がありません…こんな日も有るのです。
        魔導器は欲しいかもしれません、でも魔導器である事にはあまりこだわって居ません
        火の魔導器だと逆に少し困ってしまうかもしれません…
      • そ、それならばいいのですけど…!ちなみに今日拾ったのは炎のでしたー
        ふむ、植物の精霊としては炎は相性悪いんですかね……
        やっぱり光とかが相性よさそうですねー?光合成的な意味で! -- ニキ
      • ではやはりわたくしが貰う事がなくて正解でした
        わたくしは燃えやすいので、下手をして使ったと同時に燃えてしまうと困りますし…(頭の草をさすりながら)
        光魔術で光合成…考えた事がありませんでした、ニキは賢いです。
        …本当にできるのでしょうか?わかりません
        -- ペカン?
      • この草ってやっぱりペカンさんの体の一部なんですかねー……もし燃えちゃったらどうなるんでしょう…
        蔓を引っ張るとくしゃみが出ると言う事は感覚があるんでしょうか、私の尻尾みたいなものですかね?(ちょいちょいと葉っぱを触ってみながら
        水があったら一番だったんでしょうけど氷しかないですからね……
        きっと出来ますよー!もし魔導器拾った時それが光だといいですね!……わ、私が拾っちゃったらすいません(目を逸らしながら -- ニキ
      • (触られてピヨピヨ動く葉っぱ)一応そういう事になります。ニキの尻尾もひっぱるとくしゃみがでますか?
        ニキはとても幸運に恵まれていそうなので、そうなってしまいそうな気がしなくもないです…
        逆にニキが光の魔導器を手にするのは大丈夫なのでしょうか? 浄化などされてしまわないか心配です…
        -- ペカン?
      • あ、じゃ、じゃあ果物とかもいだ時痛かったりしたんでしょうか…!いえ、私の尻尾は引っ張ると力が抜けちゃうのですよー、さ、触ってはダメですよ?
        むしろ今までは全然そんな事無かったんですけどねー……?たまたまだと思うのですー
        自分で使う分には平気、だとは思うんですけど……私は結構神様だったり天使だったりシスターさんだったりの知り合いもいるのでそういう光関係にはそこそこ慣れているのです! -- ニキ
      • 慣れるものなのですか… むずむずしたりビックリしたりはしますが、もがれても特に痛みは感じません
        森の動物たちも果物や花の蜜は採りに来るのが日常なので、これも慣れなのかもしれません
        -- ペカン?
      • さすがに光の攻撃魔法を当てられたりすると危ないかもですけどねー?
        ふむふむ……ならあまり私が食べすぎちゃうと動物さん達がお腹を空かせちゃいますね
        という事で今日はもぎもぎせずに残しておくのですよー、それではまた来月冒険でー!(ぺこりと一礼して去っていく悪魔 -- ニキ
  • 金貨が地面に延々と落ちている、どうやら金貨袋に穴が開いたことに気付いていない人がこの先に居るらしい
    • ・・・? (拾いながら金貨を追っていく)   -- ペカン?
  • お疲れ様でした、なんにも無かったですね……
    またご一緒したらよろしくお願いします。それまでお元気で -- カギャ
    • 本当に何も有りませんでしたが、代わりに怪我もありませんでした。 良いのでしょうか、悪いのでしょうか、わかりません… -- ペカン?
  • ども、お久しぶりですわ。今回はお聞きしたい事がありまして来させてもらいましたわ
    最近見かけるようなった瘴蓮華……あれの複製持ってるらしいですな?よかったら見せてもらえまへんかな -- ロバート
    • お久しぶりですロバート …彼を見たい。 …そうですね、花の件ではロバートもあちこちを奔走しているとよく耳にします
      ん、んん〜〜…ぅ…!(両手をロバートに向け、集中すると歪な蔓がバリバリ音を立ててペカンの腕から手首へ走り、そして掌には…)
      -- ペカン?
      • ほぉ、そんな話も流れとるもんなんですな。あんま意識はしとらんかったが
        おお……そうゆう風に出すんやな……ほぅ(蔓が走る様子をまじまじと見詰めて) -- ロバート
      • (白い花。知る物は知るまごう無き瘴蓮華の姿だ。花はただ静かにじっと佇んでいる)
        こ、この子がそうです…。この子には今、わたくしの中に住んでもらっています…瘴気は放ちません、ご安心下さい
        本来なら、この子と共にナートへ向うべきでしょうけれど、騒ぎになるだけの可能性を考えると…
        -- ペカン?
      • おお、まさしくこれや。ほなちょいと失礼して観察させてもらいますわ……(慎重に瘴蓮華を見やり、時に手で触れて観察してみる)
        ふむ、幹葉はアジサイのよう、それで居て花は蓮華様……ふむ、後は瘴気出すぐらいで普通の植物と変わらんか?
        まああんま騒ぎの元になってもアカンし、必要なことはワイらで調べますわ -- ロバート
      • 瘴蓮華自体がどのような物かは概ね理解できたのですが、概ねのところでわたくしもこの子も行き詰まってしまっています…
        もうすこし理解が進めば瘴蓮華の分布を感知、浄化あるいは調服する事も可能だと思うのですが…
      • ふむ、なかなか上手く行かんもんですなぁ。しかしまぁ出来ることからやりまへんとな
        ともあれワイの目的は果たせましたわ。どうもおおきに。これやったら多分通用する駆除法がありますわ
        まあ実際に試してみるまでは油断なりまへんが。こいつはお礼っちゅうことで、とっといておくんなはれ(アタッシュケースから植物用の液体肥料を取り出し渡す)
        ともあれ今日は帰りますわ。今回は助かりましたわ。ほなまた!(アタッシュケースを閉じて帰って行った) -- ロバート
      • まあ、ありがとう御座います。お役に立てそうで何よりです、ごきげんようロバート
        (ストローを指してちゅーちゅーしながら)…わたくしの本当の望みは、共存していける事なのですが… 難しいです
        -- ペカン?
  • という訳でお疲れ様でしたペカンさん!また一緒になったらよろしくお願いしますねー!
    ……ところでこの頭になってる果物は本物なんでしょうか、食べれるんでしょうか…(じゅるり -- ニキ
    • おつかれ様でした、ニキは熟練者です。おめでとうございました(拍手)
      まあ、おなかをすかせているのですか?もちろん食べられますので どうぞご自由にお採りください
      -- ペカン?
      • そして来月また一緒なのですよペカンさん!えっへへ、よく一緒になりますねー
        そして来月頑張る為にも栄養を付けるのですいただきまーす!(頭の果物を一つもぎもぎしてもぐもぐする悪魔 -- ニキ
  • ( 高)ノ<どもー、来月同行でーす。よろしく〜(挨拶しにくる背中に荷物背負ったハイグレードなジムだ) -- (凸)?
    • 〜〜…!(見慣れない物を見て硬直する) …はっ ペ、ペカンです、こちらもよろしくお願いします -- ペカン?
  • どうもペカンさん!先月は美味しい蜜を有難うございました!
    代わりといってはなんですが、バレンタインということですのでオレンジチョコをどうぞ! -- アネリーゼ
    • バレンタイン、もうバレンタインでしたか。わたくしも何か差し上げにいかなくては…
      …アネリーゼのお菓子は変わらず甘くて美味しいです。
      -- ペカン?
  • ペカン、寒いけど元気?(冬は植物にとって忍耐の時期 心配そうに訪ねる) -- リフィ
    • もちろん元気ですリフィ、でも外に居るとときおり眠たくなります -- ペカン?
      • リフィもー。 寒いの苦手。
        お日様も少ないから…しょんぼり。 -- リフィ
      • この時期にも楽しみはあるんですよ? 雪をかぶった森はとても綺麗です。あとミカンがなります -- ペカン?
      • 冬でも頑張る木も草も、花もある。 みかんは美味しいし…(うんうん、と頷く)
        雪の被った森……リフィも好き。 何時もと違って真白で綺麗。 -- リフィ
      • うろの中は過ごしやすくしているので、少し甘えてしまいます (頭の蔓の先のみかんを差し出す)
        外も動物たちは皆眠っているので、この時期は少し寂しいかもしれませんね
        -- ペカン?
      • (みかんを受け取り)ありがと。
        でも…春が来たら一斉に皆元気、それまでに力を溜めてる。
        春が待ち遠しい。 -- リフィ
  • む、むぅ、これが噂のうんこ屋さん……肥料か何かに使うんでしょうか…
    っと、こんばんはー!来月冒険ご一緒させていただきますー、よろしくお願いしますね! -- ニキ
    • 悪魔…?こんばんわ。 来月の…思い出しました。ニキ、あなたがニキですね
      わたくしはペカンです。来月は頑張りましょう
      -- ペカン?
  • ペカンちゃんにも毎年恒例クリスマスケーキです!どーぞどーぞ(背負った風呂敷からケーキの入った保存パックを取り出して渡す)
    冬はうろのなかで寒そうだなー、といつも思うけど精霊さんってそういうの大丈夫なのかな?もし寒かったら後でカイロとかあげるから言ってね!
    さて私は次の家にケーキを持っていかないと…またねっ!(ぱたぱたと去っていった) -- サラ
    • まあ、もうアレから1年経ってしまったのですね、どうもありがとうございますサラ
      うろの中は一応過ごしやすいようにしているので、比較的快適かもしれません
      お仕事がんばってくださ〜い(パタパタと蔓を振ってせわしなく掛けていくサラを見送る)
      -- ペカン?
  • ここが「うんこ屋さん」のいる森か〜! って、何度も「うんこ屋さん」って言うのも乙女としてどーなのかしら私……
    う〜ん、他にいい呼び名はないものか〜(腕を組んで考えながら) -- レナータ
    • ? なにかお悩みですか、道に迷いましたか? -- ペカン?
      • 人生に迷ってます!なーんてねっ☆ わぁ、もしかしてドリアードさん?それともマンドレイク、またはアルラウネさんかな?こんにちはー♪
        えっとね、この辺で「トイレの大きい方」を売ってる子がいるって聞いたんだけど、知らない? -- レナータ
      • どれかと問われるとどれも間違いではないかも知れません
        わたくしはこの森の植物の精霊です。元々が何だったのかはよく解りません
        そしてお探しになっているのもきっとわたくしの事ではないでしょうか。 ご入用ですか? ペカンといいます
        -- ペカン?
      • ふぅむ、とにかく精霊さんってことだよねー。うんうん…… あっ、精霊さんがうんk……じゃなくて大きい方屋さんなんだ?
        こんにちはペカンちゃんっ♪私は商人のレナータ、よろしくねっ☆ うーん、ホントに「大きい方」の専門店なんだ……お姉さんビックリだー
        えっとねー、それじゃあトカゲの糞とかあるかな? あったらちょっとこれで買える分だけ欲しいんだけど(銀貨の詰まった皮袋を差し出し) -- レナータ
      • 森に住まう動物のものならどなたのでもありますよ。(念力で大きな缶詰のようなものが目の前に転送される)
        肥料用として浄化もしていない糞そのままですが、これでいいのですか…?
        -- ペカン?
      • ほう、そりゃ品揃え豊かなことで! んー、肥料っていうかトカゲの糞は調合次第で火薬になんのよ。ほら、サラマンダーってトカゲじゃない?その関係で〜
        (そのままでいい、ということで早速缶詰を手に取る)っと、言い遅れたけど私魔女もやってるんだー。錬金術とか薬学の知識を生かして生計立ててるってなワケ!
        いやぁ〜、最近大口の買いがあって在庫必要だったのよね〜♪ 良質なのをありがとー! -- レナータ
      • どうもありがとうございます。随分と久しくして糞が売れました
        錬金術、そういった使い道もあったのですか…これは覚えておかなくてはいけません
        レナータも何かものをお売りになるのですか
        -- ペカン?
      • あっはははは……まぁ普通はうんこなんて誰も買わないだろうしね〜……っていけない!今言っちゃった!!(※乙女ポイントが減少した!)
        ぐぬぬ……まぁ肥料として使えるなら植物育ててる知り合いにも一応勧めとくわよー!商人は助け合わないとだしねー☆
        ええ、勿論売ってるさ!いわゆる雑貨屋かな? 専門は魔術関連のオカルトグッズだけど -- レナータ
      • (なにか数字が引かれるのが見えたが気にしない事にした)本当ですか? とても助かります。植物に関する事ならお役に立てます
        魔術関連の雑貨ですか、今度いってみようと思いました。 御札などはありますか?
        -- ペカン?
      • ほほう!確かにペカンちゃんなら見るからに「植物、強いです!」な外見だからね〜♪ 問題は店の立地か……
        (ネガティブな発言をコホンと咳払いで流し)うむ、いつでも来て頂戴?品質と値段には自信あっからね〜☆ にしてもお札かー
        何にも書いてないすっぴんの樹皮紙羊皮紙パピルス各種お札っていうか、そういうのは揃ってる!
        何か魔術とかを書き込んで欲しい場合は受注生産って感じかな?うん -- レナータ
      • まあ、無色の御札があるのですか? 丁度よかったです、術は自分で施せますので十分です
        結界用で、本来なら滅多なことでは損失はしないのですが、以前瘴気の領域に立ち入る事があって
        その際にすべて磨耗して散ってなくしまいました。 媒体に出来る素の御札はなかなか手に入らないので…
        -- ペカン?
      • 何か書く物が必要な場合は、魔力のノリが段違い!カラスの生き血で作ったブラッドインクなどもございま〜っす☆(にっこり営業スマイル)
        ふむ、瘴気ね……(あ、もしかして!) ねぇペカンちゃん、それって泉のことかな? あの瘴気を吐き出す白い花が生えてた……
        白い花、知ってる? 何かついこないだまで結構流行ってたのかそこらへんに生えてたんだけどー -- レナータ
      • ご存知なのですか? 花の事は始めはイリアから聞きました。 泉はこの森の更に奥にあるのですが、ある日を境に突然あの花は咲きました
        わたくしはこの近辺を守護する事で精一杯でしたが、わたくしよりはるかに高位の精霊様だったのに…
        魔王軍と呼ばれる方々が駆除に成功したとの事ですが、未だに謎が複数残ります…
        瘴蓮華については、今現在も"彼"とともに知識を得ている途中の状態です
        -- ペカン?
      • あ、ホントだ……そう言えば私が前魔王軍の調査で入った時はこっち側じゃない方から入った(と思う)けど、確かに森繋がってるじゃん!
        と言う訳でつまるところ私も魔王軍所属なのよね。まぁサークル活動チックなノリでやってんだけどさー うん、確かに今回の騒動はな〜んか未だに消化不良感が否めないのよね〜……
        ちなみに「彼」って誰? ペカペカちゃんの方はどこまで調べ進んでるの? -- レナータ
      • 貴方が…そうでしたか。…彼は、自分が忌まれる存在である事を知っているため、外に出たがりません
        (手の平を前に差し出す)でも説明するより、お見せした方がきっと誤解が生じません。どうか驚かないで…ん…うぅっ…!
        (集中すると、いびつな蔓がバリバリと腕から掌にかけて巻き出る。そして掌に形成される白い花
        -- ペカン?
      • こう見えて一応実力は折り紙つきの魔女だからねー☆(※まったくそのオーラを纏っていないエプロン姿の魔女)
        ふむ、忌まれる存在……? ん、分かった。それじゃあ実際に見てみようじゃない。大丈夫大丈夫、なるべく驚かないようにするから〜
        (ん、何か出てくる……?) って、その花……!?(ゴクリと唾を飲む)えっとー……うん、どういうことだってばよ? -- レナータ
      • わたくしの持つ能力の1つです。 泉で瘴蓮華は直接見てきました
        この子はその時の記憶をもとに咲かせました。 大丈夫ですよ、瘴気は持ちません。
        あの場で彼らと対話して”知る”事は不可能だったため、厳密には本物ではない"記憶"による瘴蓮華ですが
        この子は"自身を推察"する事によって知識を提供してくれています。
        -- ペカン?
      • はっはぁ〜ん……なるほどねー。とにかくペカンちゃんのそれは精霊高次の御技ってワケかー(「再現」の魔術、そんなのもあったっけ……これの模倣なのかな)
        もしかしたら花自身を調べることで何か事件の糸口を見つけられるかもしれないしね!へぇ〜……ペカっち凄い!!(※ころころ変わる愛称)
        っと、色々お話ありがと!いきなり長居し過ぎちゃったからまた出直すことにするよー。魔王軍の方でも各自事件を調べてるし、何か必要なことがあれば協力するからいつでも言ってね☆
        それじゃ、さよならーっ♪(にこにこ手を振って別れを告げる) -- レナータ
      • (ふっと集中をとくと花はペカンの中に帰っていった)はい、ごきげんようレナータ。今度はあなたのお店でお会いしたいです -- ペカン?
  • (何度も欠伸をしながら看板を見る)2回半?何の意味だこりゃあ(ゴンゴン、コンと木のうろを叩いた) -- カリナン?
    • まあ、カリナンですか。こんにちわ、いま支度をします。(ポンと台を出してよじ上がる) -- ペカン?
      • そうよ俺様よ!(ニッと笑って見せた後台を見て)今日は踏み台買ったか見に来たが買ったみてえだな?これで俺の首が痛む事も無くなった訳だ
        おめぇはどうよ?話し易くなったかぁ? -- カリナン?
      • カリナンの負担が軽くなって何よりです。わたくしあんなに高かったカリナンを正面に見られるのがとても不思議な気分かもしれません -- ペカン?
      • だろうな?俺も目の前にペカンの顔があると妙な気分になって仕方がねえや(縮めるかのように上から押す感じで頭を撫でようとする) -- カリナン?
      • わたくしはいつもお話をする際、自分より大きな人ばかりですのでコレは貴重な体験です(真似してカリナンの頭に両手を乗せる) -- ペカン?
      • ハッハッハァ!貴重か!楽しいかぁ?楽しけりゃ将来はこんぐらいデカイ女になりな!何時でも見れるぜ!(特に気にする事も無く頭に手を乗せられる)
        おっといけねえ、何で来たか忘れてたぜ…(ポケットからガラス瓶に入った緑色の液体を取り出し)オラ土産だ、今月は金がえれえ入ったから輸入物の良い栄養剤だ -- カリナン?
      • まあ、何てこと。 ”輸入物のいい栄養剤”…っ(どこか心弾む様子で瓶の中の液体をじっと見て)
        輸入品で良い物だとおいしいのですか? 高くありませんでしたか、カリナン?
        -- ペカン?
      • さぁてな、輸入品だから美味いって事はねえ…舌に合わねえのも多いな?
        けど高けりゃ高い程万人が美味いと言えるものに仕上がってくのが世の常だ、美味いんじゃねえか?それなりには高かったしな(値段を数えるように指を折り)
        ペカンが美味いと思えば値段とトントンだ、飲んでみろや -- カリナン?
      • (言われるままストローを指しつつ)そんなにも高価でしたか…感謝の言葉もありません、いただきます
        … … …
        一口ごとに体が暖かくなってきます、これがお値段の違いなのですか…おいしいです、これは良い栄養剤です(コクコク)
        -- ペカン?
      • 気にすんな、金入ったっつったろ?泡銭は何かで使うと縁起良いんだよ
        (美味そうに飲む姿を満足げに見るともう片方のポケットから同じ物を出してペカンの頭に乗せる)じゃあもう一本飲みな、今日はこいつで最後だけどな
        (踵を返し手を振る)んじゃ渡す物は渡したから帰るぜ、あばよペカン -- カリナン?
      • まあ、さらにあったのですかっ…大変ご馳走になります、今日は頂きっぱなしです。 ごきげんようカリナン
        (住処に持ち帰り、1人きゃっきゃいいながら飲み浸る。 翌日、少しの間頭がフラついたそうな)
        -- ペカン?
  • リフィに紹介された精霊の居場所がうんこ屋さんだった時どういう顔をすればいいんだろう
    マキナ「二回半叩けばいいんだってー」(木のうろをこつんこつんこtくらい叩く精霊) -- フォルとマキナ?
    • (うろの戸の音) まあ、初めてお会いするお客様です。こんばんわ -- ペカン?
      • こんばんは、リフィから紹介されてきたフォルシェンと言います。ペカンさんですか?
        マキナ「わたしは精霊のマキナだよー、よろしくね」 -- フォルとマキナ?
      • はい、ペカンです。 リフィのご友人ですか、よろしくお願いいたしますフォルシェン
        そしてマキナ、やはり精霊なのですか…?何か不思議な波長を覚えます
        -- ペカン?
      • 名前にしては長いから呼びづらかったらフォルでいいですよ…さてと。今回来たのは…イリアさんの泉に咲いていた白い花について聞きたくて来たんだけど、何か知ってたら教えてくれませんか?
        マキナ「不思議…うん、司ってるものが電子機械だからかもね」 -- フォルとマキナ?
      • 電子、機械の…? そのような方もいらっしゃったなんて、初めて見ます…(髪の蔓でフヨフヨ触れてみる)
        イリアの泉…(一瞬落ち込んだ表情で考えた後、手の平を前に出して)白い花、とは…これのことでしょうか?
        …んっ…んうぅっ…あ!(メチメチと小さな音を立てて根が這い、手の平の上に現れた花は…)
        -- ペカン?
      • マキナ「うん、まだ同族には1人しか会った事無いんだー……精霊さんは沢山いるけど」(実体化してない半透明なので蔓はすり抜けるかもしれない)
        ええ、俺はあれをばら蒔いてる犯人を探していて…っ!?以前見たのと同じような花を見て警戒、一歩後ろに飛びずさって背中の剣に手をかける) -- フォルとマキナ?
      • 大丈夫、心配なさらないで下さい…この子は、わたくしの支配を受け入れてくれています。
        わたくしは瘴気を作りませんので、わたくしから生まれる彼も瘴気を持ちません
        わたくしは植物の精霊ですので、その性質をあえて利用してイリアの泉を支配した彼ら、『瘴蓮華』を”記憶”しました…
        -- ペカン?
      • マキナ「…あ、ホントだ。瘴気は出てこないし大人しいねー…」
        …びっくりした(剣から手を離して安堵の息を吐き)
        植物の精霊だから…つまり無害化した瘴蓮華を作り出せるって事なのか…凄いな、既に生み出された瘴蓮華を無毒化させる事も出来るんですか? -- フォルとマキナ?
      • はい、とはいえ少し疲れてしまうのですが…(手の力を抜くとシュルリと花は還って行った)
        わたくしも瘴気の元だけを浄化できないかと考えましたが、わたくしでは力及ばず試す事が困難でした…
        なので、こうして記憶から復元することで彼と対話することで、断片的な知識は得られました
        -- ペカン?
      • マキナ「確かにちょっと出す時苦しそうだったねー…大丈夫?」
        あの泉は特に濃かったみたいだからな…あっちは魔王軍が上手くやってくれたらしいけど
        断片的な知識か……よかったら教えてくれないかな? -- フォルとマキナ?
      • 大丈夫です、マキナ。 …これはわたくしから生まれた彼が自身を”推察”する事で得た知識ですが
        瘴蓮華は場所を選ばす根を張り、瘴気を放つ事で彼ら自身の領域を形成し、副次効果として
        他の存在を侵蝕、もしくは滅ぼします。瘴気の侵蝕対象は生物に限りません
        そして彼らの特徴として闇に寄生すると言った様な性質を持つようです。警戒すべき事項です
        -- ペカン?
      • マキナ「大丈夫ならいいんだけど…無理しちゃだめだよ?」
        生物に限らず浸蝕か……自身を増やすために浸蝕すると考えれば分かりやすいがほっとけるもんじゃないな
        …闇に寄生する? 影のある場所に生えるとかそういう事ですか? -- フォルとマキナ?
      • わかりません、予想としてはそういうことにもなるのだと思います
        もしかすると、人や動物など影の主の意図しない所で彼らは運ばれている可能性もあります…
        常に夜であるナートの植物だからこそ持ち得た力かもしれません、月光花達は彼らにとても怯えていました
        -- ペカン?
      • ふむ…意図せず運ばれているか。影から影に運ぶ何者かが居るって話だしそういうのはありそうだな…やはり花辞退じゃなくて人為的な事件か
        月光花がか…わかった、ありがとう。かなり参考になったよ…今日はこの辺で、色々教えてくれてありがとう、またな
        マキナ「ん、またねペカンー!」(軽く頭を下げた後、ローラーブレードを起動して走り去って行った) -- フォルとマキナ?
      • よかったです、お役に立てました。 ごきげんようフォルとマキナ
        わたくしも泉のその後については初耳でした。 行ってみなくては…
        -- ペカン?
  • ペカンちゃんにも学生になったことを自慢だー!(学生服で現れるシスター)
    やっほーペカンちゃん、元気してた? -- サラ
    • 元気です。しかしサラは少し前に大変な目にあったと聞きます、大丈夫ですか -- ペカン?
      • う、わ、私はちょっと冒険で不覚を取っただけです!死んでもクェスが生き返らせてくれるから安心!(びっとサムズアップ)
        …まぁ、それも数に限りがあるんだけどね。冒険は怖いよーペカンちゃんも頑張ろうね!
        …で、どうですかこの学生服は!私友達作りのために学園に入学したんです!(学生服で胸を張るシスター) -- サラ
      • よくにあっていますサラ(拍手しながら) ところで、がっこうとは何をするのでしょう? -- ペカン?
      • ありがとうペカンちゃん!でもね、みんな「男の子っぽいね」って言うの…ちょっと私悲しい。
        学校って言うのは、世の中の事とか魔法とか体術とかを勉強したり、お友達といっぱい仲良くなるところだよ!ペカンちゃん知らないの? -- サラ
      • (言われてみるとそれは否定できない気がして目が泳ぐが、そもそも目を閉じているので悟られはしないだろう)
        まあ、お勉強ですか。 そういうものがあるとは知っていましたが今教えられました。 お友達はもう出来ましたか?
        -- ペカン?
      • (微妙に気配を感じた気がするけど気にしないことにした)
        うーん、ペカンちゃんの話し方って独特だよね。あ、うん、いっぱい出来たよ!クラスの人たち優しいから楽しく学園生活送ってます!
        でも学園生活とシスターの仕事を両立させなきゃいけないから結構大変なんだー…畑仕事はサボれないし。 -- サラ
      • ? そうでしょうか?わかりません。 
        両立ですか…シスターのお仕事にサラとクェスのお二人が不可欠です。
        大変でしょうけど、その分楽しい事も得られるものも増えるかもしれません
        -- ペカン?
      • うん、クェスもちょっとはお仕事手伝ってくれるようになったんだ!本当に助かってる。
        大変は大変だけど…、何も苦労せずにだらだらするよりも、苦労から生まれた喜びを味わった方が楽しいからね!やっぱり楽してばかりじゃ楽しくないよ!
        ペカンちゃんと話してなんだか嬉しくなれました!今日はありがとね、まったねー(手を振って去っていった) -- サラ
      • どうしても手が回らない時には、言ったくださればわたくしも畑のお手伝いが出来ます。ごきげんようサラ -- ペカン?
  • うんこやさん?
    • はい、うんこやさんです。 うこんなどもあります -- ペカン?
      • そうか…(涙をぬぐってファブリーズを渡す)
      • (どういうものかよくわからず液を舐めてみる) 〜〜〜〜〜っっっ!!!??? -- ペカン?
      • とりあえずうがいしようか。それはキリフキみたいにこうやって使うんだ
        (シュッシュと臭いそうな場所に向けて)そうすると嫌な臭いが消えるって優れものなんだよ
      • はっ、何かいい匂いがしました…これはすごいモノです
        ですが肥溜めにその都度吹きかけていたら幾つあっても足りません…
        -- ペカン?
  • (レジャーシートを広げる リュックと手持ちのバスケットからあれやこれや取り出して)
    この前は3度目をからぶらせたけどこれならどうなるのかしら。
    (まず音を立てず手をあて、その後二回鳴らす) -- ナッツ
    • (次の瞬間、うろの前で待っているのはペカンで、うろの戸を開けて中から外に出ようとするのはナッツ自身であった) -- ペカン?
      • あれ?あ、あれ?超常スマッシュ?(まさかの事態に混乱)
        あ、こんにちはペカンちゃん(とりあえず挨拶) -- ナッツ
      • ナッツ。なぜわたくしは気付いたらピクニックの準備をしていましたか?こんにちは -- ペカン?
      • いや本当なんでだろう。ピクニックの準備をしてきたはずがペカンちゃんの家に居たわ。
         まぁ何かしらの原因であたしとそっちの位置が入れ替わっちゃったんだろうけど・・・
        というわけで遊びに来たんだけど森の皆も元気にしてる? -- ナッツ
      • はい、やっと皆さん冬眠から出てこられました。少しおねぼけ気味な方も多いです -- ペカン?
      • ん、それならいいタイミングで来られたわ。皆冬眠明けでおなかすいてると思ってね。
        (ペカンの横にあるリュックを指差し)その中に果物とか野菜とか色々持ってきたのよ。 で、そっちのバスケットにはお弁当。
        ピクニックみたいな感じで楽しもうかなって思ったんだけど・・・どう? -- ナッツ
      • (話し終わる頃には既に大集合している動物の大軍勢)
      • ひょうっ!?(とつとつと喋り終えて現状に気付き驚く) 
        あ、あはは、皆確かに元気ね。それじゃ早速ご飯にしましょうか(リュックをひっくり返す。新鮮野菜に果物がゴロゴロと転がり出た)  -- ナッツ
      • みなさんよかったですね、でも足りるでしょうか…(ナッツの後ろにそびえる超巨大クマを見ながら) -- ペカン?
      • 大丈夫大丈夫、いーっぱい持って 来・・・(不意に薄暗くなる視界 自分を見るペカンの視線の位置がやけに高いことに気付き)
        (そろり そろりと後ろを振り向いた) 〜〜〜〜・・・ッ(ぱくぱくと口を開け閉めして声にならない声を出している) -- ナッツ
      • 怯えなくても平気ですよナッツ。彼はこの森のチャンピオンですから(小動物や虫たちに次々分け与えていきながら) -- ペカン?
      • そ、そうなの?それなら安心してよさそう ね(安心しつつ)
        でも彼の分にはちょっと足りないかも・・・うーん。
        あ、あたしのお弁当でよければ食べるかしら?(バスケットを開ける。サンドイッチにおにぎりがぎっしりだ) -- ナッツ
      • グルルゴゴゴ・・・(ナッツに向って巨大なクマの手が迫る! 大きめのおにぎりとキャベツを1つだけ取った。) -- 超巨大クマ?
      • ひぃーっ!!ごめんなさいごめんなさいお口に合いませんよね今すぐ作りなお・・・?(思わず身構えるがいつまでたっても予想された衝撃がこず、目をそっとあける)
        あ、はは、ん、それでいいのね。ちょっとでゴメンね。今度また栄養のあるの持ってくるから(ズシン、ズシンと音を立てて歩く熊に色々言うと腰が抜けたかのようにへたり込む)
        はぁ〜〜〜・・・し、死ぬかと思った・・・ -- ナッツ
      • 彼はとても穏和な方で、挑戦されない限り決して手は出しません
        腕試しをしたい時などは、彼を呼ぶといいかもしれません
        -- ペカン?
      • ・・・彼と力比べで勝つ自信はないわ・・・(熊が去っていった方向を見やり) さて、それじゃ今度こそいただきます♪(手を合わせ、食事に)
        (数十分後)
        ご馳走様でした。 やっぱりちょっと足りなかったかな? -- ナッツ
      • 普段は滅多に口に出来ないものが食べられて、皆満足しているようですよ
        ちなみに先ほどの彼(クマ)は「リスでも料理が出来るのか」と感心していました
        -- ペカン?
      • 喜んでもらえたようでよかったわ。機会があったら今度はリヤカーか何かに積んで持ってくるわ。
        リスが料理・・・そういう風に見られた事はないから新鮮な感想だわ。人の方の血が濃いから自分で言うのも何だけど器用なのよね。
        今日は楽しかったわー。やっぱりこういう所は安らぐわね。ペカンちゃんに皆もありがとう、また遊びに来るわね♪(動物達を撫で、森を発った) -- ナッツ
  • 遅れてごめんなさい!先月のお返しですの!
    モンブラン、手製なのでお口に合うか分かりませんが……どうぞ! -- アネリーゼ
    • モン…? このケーキのようなものをお作りになったのですか?アネリーゼはすごいです
      (まじまじと物珍しそうに見つめて口に運んだ)甘いです、おいしい。
      なるほど…わたくしも何かを作れなくてはいけませんか
  • 何かこないだは途中で寝てたような気がする・・・あ、一応開けましておめでとうになるのかな。
    というわけではい、これ(スッと差し出すのはきのこの山)バレンタイン・・・ってやつかな、良かったら食べてよ -- レート?
    • まあ、そうだったのですか。わたくしは目を閉じているので起きているのか寝ているのか判らないといわれました
      バレン…?あっ、そういった行事の事を以前知りました。不思議なキノコ。これはキノコなのですか?
      • それくらいなら良いんじゃない。個性的で、結構可愛いと思うけど?
        残念それはきのこの形をしたお菓子なのよ、かさの部分がチョコレートになってるやつね。それじゃ、確かに渡したからねー?(そう言って帰っていく -- レート?
      • お菓子でしたか…育てても大きくなりません。(パクパク) 甘いです、ありがとう御座いますレート。
  • ぺかーん!こないだはちょっと心配したんだからねッ!ちょっと言うのが遅れすぎたスマン。
    先月はなにやら訪ねてくれたらしいが留守で悪かったな。丁度季節だし俺様からのお詫びを食らえ。 -- アドラス?
    • アドラス様、戻られたのですか、ご心配かけてすみません。
      こちらがお詫びする筈がお詫びされてしまいました、困ります
      そして、これはなんでしょうか?アドラス様(袋をタテヨコしながら覗く)
      • いやいや、無事で何よりだ。困らないでくれよフハハハハ!
        それは巷で流行のカードつきウエハースチョコだ!集めて楽しい食べておいしいらしいぞ! -- アドラス?
      • まあ、流行っているのですか、これは知識せずにおけません。集めるといい事があるのですか?
      • いい事か…、ないんじゃないか? い、いや! こういうのは収集心をくすぐるとか。 いい事じゃないなコレ!
        集めて満足とか。 …冷静に考えると騙されてる気がしてきた。 助けてペカン! -- アドラス?
      • 集めて満足ですか…では私も集めて満足してみようと思います。 えっ!わたくしは騙されたのですか?
      • つまりどういうことだってばよ?! 俺様は混乱した! 集めて満足できるならそれでいいと思うんだぜ。 -- アドラス?
      • 魔王様もわたくしもだまされているかもしれません、でも満足できればいい…わかりません
        魔王様の哲学はとても深いです…(同じく混乱しながら)
  • ここらへんだったっけなー、ペカンがいるのはー…(適当に辺りを歩いているシスター 偶然手が木のうろを二回たたく) -- サラ
    • (ガコッ) こんにちわ、サラ。 あれから畑の様子はいかがでしょう
      • おわぅ!(びっくり)あ、ここだここだ。ペカン久しぶりー。
        うん、作物たちもみんな元気に成長しているよ!ペカンのおまじないが効いたのかな?収穫できた野菜も身がしっかりしてて食べ応えがありました!
        そしてこれはお礼として私とクェスで作ったクリスマスケーキですっ!(保存パックに入ったケーキを渡す) -- サラ
      • それはよかったです。 これは? はあ、これがケーキですか…間近で見るのは初めてです(物珍しそうに蔓でそっと突付いて確かめる)
      • 遠目では見たことあるんだね…手作りだけど甘くておいしいよ!ぜひ聖夜のうちに食べてみてね!
        とゆーわけで今日のお仕事としてケーキを配んなきゃいけないの、またねペカン!(ぱたぱたと去っていった) -- サラ
      • (保存パックを見ながら)お仕事なのですか、大変そうです…頑張ってくださーい
  • うっふふふふ♥(森の奥、泉のほうから、浮かれた様子で空中を泳いで帰る人魚が通り過ぎていった)
    (浮かれているため、通った道筋には塩水が散っている) -- シーラ
    • ? この気は知っている気が… (散った塩水を見て)泉のほう…?
  • んー…生きてたか よっす。この前トルネードスピンしてきた時のアレが死因とかじゃねーだろな?
    ま、特に用はねーんだけどな 来月の依頼とかまぁ適当にやればどうにかなるさ つー訳でがんばりな!(ゼニガメジョウロで水をBUKKAKEて水も滴るいい女にしながら) -- アーク
    • 先日はしつれいしました…突然竜巻が襲ってきて飛ばされてなすすべも無く…
      来月、どうにかなればよいですが…あっ(バシャバシャ) ありがとう御座いますアーク(ずぶ濡れになりながら)
  • 大丈夫!?・・・まさかああ言っていた直後にこうなるなんて思ってもみなかったから・・・(オロオロとしながら安否を確かめmにきて) -- レート?
    • こんばんわレート、まあ、それでは先日の逆ではないですか
      貴方によって起きてしまった事ではありません、そんなに不安がらないでくださいレート
      • ペカン!怪我とかは大丈夫なの!?私がしたとかそういうのじゃなくても不安に思うわよ!?
        ・・・でも、こうして話が出来てるって事は無事なのよね。良かったぁ・・・(安心したのか、へたりと座り込む) -- レート?
      • 再生のために霊力を膨大に消費した為に、力はとても弱まってしまいました
        ですがなんとか損傷もすべて修復してこうして無事で居ます。レートはやさしいです
  • ちょっとまえにとても危険な状態にあったと聞きましたが御無事なようですね、やっぱりねっこが残ってればなんとかなりますか -- 夕去
    • 心配してくださったのですかユサラビ、ありがとうございます
      誕生と再生の命力がわたくしの取り柄なので、なんとか消えずに留める事が出来ました
      でもわたくしの霊力は未熟ですので、とても消耗は激しいです
      • 回復力に定評があるんですね!消耗がはげしい・・・つまり肥料がたくさん必要ということですか・・・プランターにさしておくあれとかききますかねー -- 夕去
      • 植物用の栄養剤ですか? わたくしの大好物です。 アレを摂取するととても嬉しい気分になります
      • なるほどでは、以前実をもらったお礼もあるので全植物供用、葉っぱつやつや花がくっきりなあいつを投与しておきますね
        それではしっかり養生してくださいねー(頭に差し込んでいったが悪気はない、というより本体はあたまの花だなと踏んでる夕去さんなのであった) -- 夕去
      • ありがとうございますユサラビ。ごきげんよう(頭に差し込んだまま心地よさ気にゆったりしている)
  • イリアに教えてもらった、ぺカン 多分この辺。
    リフィ分かるよ、同属の気配……(きょろきょろしながら近寄ってくる地の精霊) -- リフィ
    • …??? わたくしが、来る? (初めての”自分と同じ存在”の気配に戸惑いながらうろの外を見渡す)
      • ん、見つけた!(顔を出したぺカンに手を振る)
        こんにちは。 リフィは、リーフフィールド。 地の精霊。
        ぺカンは、植物の精霊、イリアがそう言ってた。 -- リフィ
      • (驚きが少しずつ喜びに変わる)地の精霊…わたくしと似た存在 …はじめて見ます、驚きです
        ペカンです。その通り、わたくしは植物の精霊、あなたと同じく大地を揺り篭にする者です、リーフフィールド
        イリアから…イリア、そうですか…
      • リフィもね、同族に会うのは初めて。 リフィあわせてもらえなかったから………だから、すごく嬉しい! ペカン、リフィとお友達になって?
        ………イリア、どうかした?? -- リフィ
      • もちろんです、こちらからもお願いしますっ。いろいろなお話ができそうです
        イリアは…これをを御覧ください…(テレパシーで変わり果てた泉のビジョンを共有させる)
        彼女は冒険者でもありました、そして悪い知らせも訊きました。おそらく、消滅しています…
      • (快く許しが出た所でにぱっと笑った)これで、リフィとペカンは友達!
        あのねあのね、すごくリフィとペカン似てて 嬉しい。 本当に、リフィと同じなの。(近寄れば近寄るほど互いに似た部分が共鳴を起こす それは彼女に確かな安心感を与えているようだ)
        (しかしビジョンを見ると一変して)イリアの泉が…… イリア、消えちゃったの…………? -- リフィ
      • はい、同じような精霊はいるとは思っていましたが、こんなにも似た方がいたとはわたくしも思いませんでした
        泉ですが、あの地にはもうイリアの霊力が存在しない事は確かです…
        困りました…わたくしの未熟な霊力では、あの地をどうする事も叶いません
  • …リア…イリア… 森が泣いている… 戻らないと…泣かないで
  • ほう…これは…(木の洞を見つけ何かに感心したようにつぶやいた)
    (洞を2回ほど叩き)こんにちはー9月の遺跡調査でご一緒しますサライと申しますーよろしく(にこにこ) -- サライ
    • (うろの中から頭に花の咲いた少女)こんにちは、私はペカンといいます。
      この森に住んでいます、どうぞよろしくお願いします
      -- ペカン?
  • 脅威の自然現象、突如竜巻が巻き起こった!
    もし吹き飛ばされればあちらの方へと吹き飛ばされてしまうだろう
  • (無言でミネラルウォーターと植物用栄養剤の入った袋を頭に載せる) -- カリナン?
    • ?カリナンですか、探検ではお世話になりました…あっこれは…!いただけるのですか? -- ペカン?
      • 今月はまぁなんともアンタが張り切ってくれたからな、楽出来たからそのお礼代わりよ
        水は飲んでも構わねえとは思うが一緒に買ってきた栄養剤は大丈夫か?頭にこいつらが生えてっから買ってきたがよ -- カリナン?
      • 頭にかぶってもどちらでもいいのですが、飲んだほうが美味しいのでつい飲んでしまいます…(ストローを挿してちびちび飲みながら) -- ペカン?
      • (ぐえっという顔で見る)美味いかぁ?いやおめぇは植物の精霊だからおかしかねえか…どうにも見た目がそうだと調子が狂うな
        まだまだ沢山あるからしっかり飲んで次の依頼も頑張れや、あんだけ働けりゃあどんな依頼でも生き残れるだろうからよ
        んじゃあな(手を振りつつ帰っていった) -- カリナン?
  • (宣言通りスイカをゲットする為張り込むネコミミ) -- スミレ
    • (既に動物から虫までいくらかが集合して待機しているようだ、その後も森の住人が続々集合してくる)
      • (物凄い競争率に思わず噴き出す私)…こ、これは一片たりとも油断はできない…っ! -- スミレ
      • アンタ新顔だナ、西瓜目的かい?物好きナもんだぜ。 この地獄の争奪戦に参加しようナンて、ククク -- 森のリザードマン?
      • っ、お、おぉう!?(いきなり話しかけられてテンパる私。何とか気を取り直して
        じ、地獄の争奪戦…!?何か凄い事になってきたなぁ…でも負けないよ!(リザードマンに指を突きつけつつ -- スミレ
      • ケケケ、まぁ頑張りナ。そろそろだ…
        (空気が張り詰めだす中、誰かがうろを何度か叩く。2回半ではない別の合図のようだ
        すると、うろの中から強制的におそらくペカンらしき何かが放り出され、その瞬間から集団が我先にと一斉に動き始めた!)
      • (息を呑み、待つこと数瞬。唐突に動いた事態に呆気にとられ動き出すのが遅れ)…っておぉいあれ大丈夫なのかー!?(自分もペカンらしきものが放り出された場所に駆け寄るが出遅れ感が否めない -- スミレ
      • (怒号と咆哮と絶叫が響き渡り、壮絶な揉み合い、出抜き合いが起こる。弱い動物は知恵で、強い動物は力で
        そしてあれよあれよと言う間に持ち去られ、減っていく西瓜)
      • (押し合いに負けてスイカが見る見るうちになくなっていくのをレイプ目で見守るネコミミ)
        もう…次に期待しよう………それはさて置き。おぅい大丈夫かいペカーン(動物たちが一通り帰ってから声を掛ける -- スミレ
      • (ポフポフ)よくあることです、おかげで軽くなりました。 残念でしたねスミレ -- ペカン?
      • 初挑戦であれはまさに地獄の争奪戦でした…よくあるのか、何か強制排出みたいな感じになってたけど大丈夫そうで良かったよ
        うん、スイカはちょっと残念だったけどまー楽しかったから良いよ(けらけら笑って) 次こそは頑張るぞ!っとぉ(軽くガッツポーズを取りつつ -- スミレ
      • 季節ですのできっとみんな欲しがるのでしょう、成っては採られてが夏の間に何度か続きます
        怪我がなくてよかったです。代わりになつみかんをどうぞ
        -- ペカン?
      • これが何度も続くのか…頑張れペカン、応援してる…(夏ミカンを受け取りつつうんうん頷きながら肩をぽんと叩き
        まさかここまで競争率高いとは思ってなかったよ。どうせなら整理券とか配ったらどうかな -- スミレ
      • わたくしは今でも自然の一部ですから、それに彼らにとってはアレが最も公平な方法でコミュニケーションの内なのだそうです
        もしでしたら、次には1つ2つなら確保しておけます
        -- ペカン?
      • つまりこの森の中ではアレが最適化された自然の形態って事かー…なかなかエキサイティングだね
        えっ、良いの!?でも何かそれだとフェアじゃないし、遠慮しとくよ。いずれ勝ち取って見せる!(ぐっと拳を握り込み
        さてさて、それじゃそろそろ帰るねー、夏ミカンアリガト!また来るよー(ミカン片手に手を振り帰る -- スミレ
  • 前にもあったよね、あなた。来月同行するみたいだからよろしくね -- レート?
    • こんばんわレート、こちらこそよろしくお願いします。何か良いものが見つかると良いです -- ペカン?
  • しばらくぶりー。また同行する事になったみたいだからよろしくなーっと
    やっぱ看板そのままの店なのか…じゃあ肥料になりそうなのを一袋(家庭菜園用に注文してみる同行者だ) -- ディーン
    • まあ、そのようです。 わたくしも久しぶりに情報信頼度の低い冒険ですので、よろしくお願いしますディーン
      ・・・
      ・・・・・
      …えっ?(肥料の発注に数瞬ほど停止した)
      -- ペカン?
  • ペカンさーん!今日は蜂蜜を取りにきたわけではありませんの!日ごろの感謝も含めて……チョコを!
    なんか出ますけど気にしないで欲しいですの -- アネリーゼ
    • チョコレート、まあ… 「どうした、食べないのか?」  ??? -- ペカン?
  • (通信機から映像)【こちらを押したらどうなるんですの〜? んま 違うところが映りましたの〜】 -- シーラ
    • 【ええ、その番号で、相手を指定するんだそうよ こんにちは、ペカン】 -- イリア
      • (ものすごく顔が近い映像が送られる) ?  -- ペカン?
      • 【きゃーーーっ と思ったらどなたかの顔でしたの〜・・・?】 -- シーラ
      • 【ふふ、彼女は私の知り合いで、ペカンというの 貴女と同じ、植物の精霊なのよ
         急にごめんなさいね、ペカン】 -- イリア
      • (どアップすぎて目しか映っていない)まあ、コレだったのですね…こんばんわイリア -- ペカン?
      • 【んま ワタクシはてっきり、目のお化けかと思ってしまいましたの〜〜(ころころ笑って)
         ワタクシ、シーラと申しますの よろしくで〜すの♥(人魚がぺこりとお辞儀をした)】 -- シーラ
      • 【ペカン、もう少し離れたほうが、私達の姿が見やすいのではないかしら・・・】 -- イリア
      • (おでこから水晶を離して手前に浮かべる)【すみません、つい念話のクセで使って…
        姿まで映してくれるなんて、驚きます。ペカンといいます、よろしくお願いしますシーラ】
        -- ペカン?
      • 【うふふ ちゃんと見えたら、かわいらしい方でしたの〜】 -- シーラ
      • 【もし水が必要なときには、いつでもこれで呼んで頂戴ね、ペカン それじゃあ、また】(プチンと映像が切れた) -- イリア
  • ここかいな、っと。「うんこ屋さん」?堆肥でも売っとるんか?
    何々、木のうろを二回半……こうかいな。毎度ー、お届けモンでーす(木のうろをポンポンと二回半叩き呼び出す) -- ロバート
    • (うろの扉がパコッと開く)こんばんわ、お届けモノ…あなたは? -- ペカン?
      • おっとどうも、ワイはロバート、商人やっておりますわ
        そんな訳でイリアの姐さんからのお届け物になりまーす(アタッシュケースから緑色のクリスタルの魔力式通信機を取り出し渡す)
        そいつは魔力式の通信機でしてな、姐さんが水が欲しい時に使ってくれ、ちゅうて言ってましたわ -- ロバート
      • まあ、商人さんですか、よろしくお願いしますロバート。
        (ペタペタと緑色の水晶を触ったりかざしたり)つうしんき?イリアから…わかりました、大事に使わせて頂きます
        お礼をお渡ししないと…えと、これを…霊力を持つのでお薬などに使えると思います(種の入った袋を渡す)
        -- ペカン?
      • 何でも取り寄せ出来る商人なんで、必要なモンがあったらよろしゅう
        使い方が分からんかったらある程度教えますけど必要でっか?
        ああ、お代は姐さんから貰ってるんで結構なんやけどなぁ…… -- ロバート
      • 何でも…ですか?すごいです。覚えておきます
        そうですね、いざとなって困らない為に教えてもらっておきます。 念話(テレパシー)とは異なるのでしょうか?
        -- ペカン?
      • 非売品だけはワイらには流石に手に入らんから、それだけは勘弁してもらわなあきまへんがな
        ほんならまあ通話するならこんな風に……登録しとる番号に掛けるわけですわ(クリスタルに触れて情報を表示し、既に登録されているイリアの番号を表示させる所までいき、取り消しする)
        ちなみに同じ型の通信機を持ってる別の友人がいらっしゃったら、ここに書いてある番号を登録すれば使えるようなりますわ(通信機に刻まれた番号を指差し、再度クリスタルに触れて適当な番号を入力、やはり取り消す)
        テレパシーとは似てるようなちゃうような……どっちかちゅうと機械技術の電話を魔法技術に落とし込んだ感じですわ -- ロバート
      • (ピトピト触れてみながら)は〜…不思議なアイテムです…ヒトのもつ文明には驚かされますね
        どこからみても水晶の様なのに…イリアが楽しみに、と言っていたのはこれだったのですか…
        お届けくださって、どうもありがとう御座いましたロバート(手の甲に沈むように納まって消えるクリスタル)
        -- ペカン?
      • まあよう出来た品ですわ。喜んでいただけるとワイも嬉しいですし、姐さんも本望でしょうな
        ほな、ワイはお届け完了したんでこの辺で帰りますわ。またなんか会ったらよろしゅう。ほなまた! -- ロバート
  • むっ、身長は私と同じだけど何となく同居人そっくりな人がいるんだよ(森の中をふらふらしてるシスター) -- サラ
    • わたくしにそっくりな…?? わかりません。こんにちわ、神の加護を持つお方(ペコ) -- ペカン?
      • ふふ、私の神々しさに気づくとは…只者じゃなさそうだね(ぺかー、と後光が差して)
        いやね、教会で同居しているシスターが貴女と同じで目を閉じっぱなしだから、多分それかな原因は。貴女も目が見えないの? -- サラ
      • まあ、とても綺麗な夕日… え、目ですか…?
        そういう訳ではありませんが、物理的な視覚を介さずとも”見る”事はできますので…
        -- ペカン?
      • へー、そういえばクェスも"聴こえる"みたいなこと言ってたなぁ。視覚ってなくても何とかなるんだね。
        あ、私サルヴィナ、サラっていうの。貴女のお名前は?なんでこんな森の中に? -- サラ
      • わたくしはペカンと呼びます。よろしくお願いしますサラ
        此処にいるのは、その木のうろが私の住居だからです
        -- ペカン?
      • ペカンだね、よろしくー(ペカンの手を取ってにぎにぎと握手)
        え、こんなところで生活してるの?…ペカンってもしかして妖精さんか何か?(ふとした疑問 特にペカンから精霊的な何かを感じ取ったわけではない) -- サラ
      • (にっこりとにぎにぎ)神の意志の御許に居られる方へならお話できます
        あなた方の言葉ではわたくしは精霊と呼ばれます。 でも今はただの森の住人です
        -- ペカン?
      • お、おお!ほんとに精霊さんだったんだ!ちょっとどころじゃなく驚いたよ、へぇぇ〜…(じろじろとペカンを舐めるように見て)
        …でも見た目は普通の女の子だよね。何か特別なこととかできちゃったりするの?(期待するような眼差しで) -- サラ
      • と、特別…? わかりません。花や実が成ります、普通の方はならないそうです -- ペカン?
      • 花や実がなるとな…その頭の?(果物などがなっている頭を指差す)
        教会にも畑があるから農作物についてはそれなりに詳しいけど、普通の方は確かに花も実もならないかもしれないね、うん。流石は精霊って感じ! -- サラ
      • 良かったらおひとついかがですか? 森の皆さんには好いていただいています(実を1つ。みかんっぽい) -- ペカン?
      • あ、いいんですか?わーい(有難くみかんを頂いた)うーん、精霊さんからもらったみかんってどんな味だろう。
        今日はどーもありがとね、また遊びに来るかも!それじゃ!(みかんを袖にしまいながら、手をふってぱたぱたと去って行った) -- サラ
  • (慣れた手つきで2回半)やっほーペカン、調子はどう?私はようやくスモウという競技のルールを把握したよ、これでいつでもあの熊にリベンジ出来るよ -- スミレ
    • こんばんわスミ… ???ど、どなたですか…? -- ペカン?
      • うわっひどっ!私の顔を忘れたというの…スミレさんですよー半分猫の!と言うか、言いかけてたじゃん! -- スミレ
      • 確かにスミレですが…どうしてでしょう、以前のスミレとは”位相”が逆転しています…わかりません
        えっ、また彼に挑戦なさるのですか? 5回うろを叩けば彼はやって来るでしょう。あまり推奨はしませんが…
        -- ペカン?
      • 位相が…逆転?んー…よくわかんないけど私は私だよ
        挑戦はするよ、負けっぱなしじゃ格好つかないからね!…流石にまだしないけど -- スミレ
      • 彼はいつでも挑戦は受けてくれます。スミレは大怪我を負ったと聞きましたし、今は機が熟すのを待つと良いです
        ところで・・・あれから、ご兄妹を救うヒントは何か得られましたか?
        -- ペカン?
      • 何か格好良いな熊なのに…それがね、ヒントもなにもさっぱりだよー…死霊魔術も上達しないし
        それでも少しずつ頑張ってるけどね、そう簡単には諦められないし!たった一人の兄妹なんだから… -- スミレ
      • …そうですね。諦めず、忘れさえしなければ可能性は残されますし
        意外と近くに答えがある事だってありますから(ひょっとしてこのスミレは… ぼんやりとそう考えるペカンだった)
        -- ペカン?
  • まだあの子はアレを売ってるのかなー…売れてるのかな…?(何となく恐る恐る) -- コリーネ?
    • お久しぶりですコリーネ。どうかなさいましたか?そんなに心配そうな表情で… -- ペカン?
      • あ、ペカンちゃん久しぶりー…元気してた?(突然声かけられたのでびっくりして尻尾を立てながら)
        あ、いやあの…前やってたお店はまだやってるのかな、なんてちょっと気になっちゃって -- コリーネ?
      • 一応やっていますが、特にお求めされる事は無くなっています…
        でも、もともと敢えて売て差し上げる必要も無い物だった気がしますので
        これが本来なのではないかと少し思いました。 コリーネはお求めになりますか?
        -- ペカン?
  • (この間もやってきていたなぞの生物) -- バブチル?
    • (水と梨を与えてみる) -- ペカン?
      • (バリバリと美味そうに貪り食う謎生物) -- バブチル?
      • よかった、ものは食べるようです…。 次回もよろしくお願いしますね不思議な動物様 -- ペカン?
  • (こんこんこ)こんにちは、ペカン 大丈夫かしら・・・冷たい水を持ってきたわ -- イリア
    • いつもありがとうございますイリア。 ところで何か心配ごとが? -- ペカン?
      • ああ、ええ 暑いのも大変でしょうし、先日話した異界の植物のことも・・・
        ふふ、心配ばかりしていてもダメね ねえペカン、変なことをきくようだけれど・・・貴女の好きな色は、何色かしら -- イリア
      • 色…ですか? わたくしは本来植物ですので、緑色が一番気持ちが落ち着きます -- ペカン?
      • 緑ね ありがとう・・・ふふ、楽しみにしていて(フッと霧散した。その拍子に、あたりに水が散った) -- イリア
      • 楽しみに…? なんでしょう (散った水も念力で器に回収する) -- ペカン?
  • 何屋だよ、もう散々ツッコミ入れられてそうだけど何屋だよ!(注意書きに従って普通に二回と軽く一回でノックしてみて)
    こんちはーっす、来月の仕事で同行する事になったディーンです。よろしくー -- ディーン
    • こんばんわ、何屋ともうされましても…うんこ屋さん以上でも以下でもありません
      …えっ、来月の…そうでしたか、わたくしはペカンと呼ばれています。 よろしくお願いします(丁寧にお辞儀)
      -- ペカン?
  • (やってくる奇怪な生物) -- バブチル?
    • ・・・??? はじめて見る動物です… あなたはどなた様でしょうか? -- ペカン?
  • 勝手にカラーリングしてしまってごめんなさい -- シャーリーン
    • え?急に謝りになられてどうしたのですか…?(一緒にぺこぺこしながら)
      //マジですか。手間が省k超ありがとう!色はコロコロ変わる予定だから問題ナシです
      -- ペカン?
  • 性別変換薬をぶっかけた
    • ??? (植物なので特に変化もおきないようだが、おかしな花が咲いた) -- ペカン?
  • (こんこん)「「やっほー」」「今月は」「お疲れ様!」「普段何かしらもらってばかりだから」「ここぞとばかりにお礼に来たんだ」
    「「めしあがれ」」(市販品のクッキーだ) -- ネリーマリー
    • まあ、ネリーマリーこちらこそお世話になりました。 
      これは、おかしですか?わたくしは食べ物をめったに摂取しないので新鮮です。(ポリポリポリ)
      -- ペカン?
  • (こんこんこ)こんにちは、ペカン 花の綺麗な季節になったわね -- イリア
    • こんにちはイリア。おかげさまで(花まみれで頭がもっさりした妖精が出て来た) -- ペカン?
      • まぁ・・・ 花盛りね、ペカン
        ところで、この森の植物の様子というのは、貴女に聞けばいいのかしら どうやら・・・とても危険な、異界の植物が、ここにも来ているかもしれないそうなの
        瘴気を吐き出すような植物だと聞いたわ -- イリア
      • え、瘴気…ですか? わたくしたちは瘴気にはとても弱いです
        なのでソレが傍にあればきっとただ事では済んでいない筈なのですが…わかりません
        私の周辺では今のところ、動物たちも、森も汚染は確認されません… どうしてそのようなものが?
        -- ペカン?
      • それが、分からないの・・・ ナートという街があちらにあるんだけれど、そこでは見つかっているそうなのよ
        それで、ナートの人が、こちらでも気をつけるようにと注意をしに来たの
        そのときに、その人が、まだ出どころが分かっていないと言っていたわ -- イリア
      • ナート… わたくしはあの黒い柱の街には、怖くていまだ立ち寄る事が出来ていません…
        その植物がいたとして、もし私の霊力が瘴気に勝っている場合は、彼は活動が制限されているかも知れません
        そうすると、探すことが逆に困難です。 わたくしはその異界の植物の事を知りません
        -- ペカン?
      • まぁ・・・ え、ええ ナートの人が言うには、花は蓮に似ていて、白いそうよ
        生え方は紫陽花のようだとか・・・ どうか、気をつけて頂戴ね、ペカン -- イリア
      • わかりました、わたくしはその植物の事を知らなくてはならなくなりました
        ナートにも…いかなくてはなりません…
        -- ペカン?
      • そう、ね・・・ 私も、森のなかを歩くときには十分に気をつけるわ それじゃあ、またねペカン -- イリア
  • あなたが眠りから目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋だった
  • この辺り…このあたりに次回同行者の妖気を感じて候…!(森の中をうろうろしつつ木のうろに確実に近付くプレデターアクション) -- トラン
    • (看板が見えてくると、その傍のうろの前で熊が座って実を食べている)
      • なんと…!ペカンさんとやらは熊でござって候、こりゃ頼もしい(全くの無警戒で近付くレディガンナー) -- トラン
      • バフッ!!(急に寄ってきたトランに驚いて大きな音で鼻息を飛ばす。食べ物を守っているのだ)
      • はわわ…?!こ、こわくーない候、仲間で候…?(鼻息にビビりつつ友好的接触を試みる) -- トラン
      • グルル…(腰を上げて警戒した目で見ながらスンスンと嗅いでいる。そして手をすいとあげる)
      • おお!わ、わかってくれて候…?(おそるおそる右手を差し出す) -- トラン
      • (何となく握手の状態になるが、「誰?」という表情の熊)
      • わかりあえた…!やはり人類はわかりあえるのですね師父様候…!(がっちり握手を交わすと星空に浮かぶ誰このオッサン)
        と、いうわけで来月はよろしくおねがいして候〜(満足して歩き去る淑女無頼) -- トラン
      • …あの方はどなただったのですか?(後から出てきて熊と首をかしげたのだった) -- ペカン?
  • (コッコンコン) 秘技!半2回逆叩きスペシャル!お返しだぞオラッ!
    オラッ!お返しだぞオラッ!(受け取るRP時のコメント秒数下一桁が1~3:コンペイトウ、4~6:ザラメ、7~9:星の砂、0:ヒトデ、ゾロ目:俺様に侵略される権利) -- アドラス?
    • 魔王様…む、難しい呼び方をなさります。 ? ありがとうございます。…なんでしょう? -- ペカン? 2009-10-26 (月) 00:11:40
      • (ヒトデを手に) 魔王様、この星のようなものはなんでしょうか?すごいものなのですか? わかりません -- 2009-10-26 (月) 00:13:59
      • おお、流石ペカンだ!森にいながら海のものを引き当てるとは。
        うむ、それはすごいものだ!どれくらいすごいかというと陸に放置してると死ぬくらい。 あと凹部分に棒を差して動けなくしてもぐにぐに動いて抜け出すぞ!すごい。 -- アドラス? 2009-10-26 (月) 00:29:15
      • は〜、海の方なのですか…海は不思議な方が沢山居るのですね
        ……死んでしまわれるのですか!?こまります。 ど、どうして差し上げたら…
        -- ペカン?
      • 塩水に浸しておけば死なないらしいぞ!もしくは食べて供養だ。食えるかどうかはしらん.... -- アドラス?
      • (急いで水に塩を溶かした容器にヒトデを移す)これでなんとか…これからよろしくお願いします、ヒトデの方 -- ペカン?
  • (フィーリングで二回半叩き)ちょっと遅れたけど七草貰った礼を返しに来たぞー!
    栄養剤とお菓子だったらどっちが良いだろうか。両方でも良いけど -- スミレ
    • まあ、スミレ。お礼ですか…? そのようなつもりで差し上げたのではなかったのに…(といいつつも栄養剤の方を気にしながら) -- ペカン?
      • まー深く気にするなよ、俺が持って来たかっただけだし…こっちの方が受けが良さそうなのはわかった(軽く笑いながら栄養剤を差し出して -- スミレ
      • (一本伸びた髪の毛の先をそろそろと栄養剤につける)
        物を食むのは余り得意ではなくて…栄養剤は、お水とはまた変わったうれしさがあります
        -- ペカン?
      • おお…便利な(栄養剤の容器を抱えながら)へぇ…そういや果物貰う事はあってもペカンが食ってるのを見た事はないな…
        見た事ないと言えばペカンが目を開けてるのを見た事もないな…何でいつも閉じてるん? -- スミレ
      • え? 視覚を介して見なくても平気ですので…(少しごまかし気味に脇を向く) -- ペカン?
      • そうなのかー、妖精にもなるとそう言う事も出来るんだなー
        …でも、それはつまり開いてても良い訳だよな?なんか気になる事でも?(顔を覗き込むように回り込みながら -- スミレ
      • そ、そういうわけでは特に・・・わかりません(スミレから顔を逸らしながら) -- ペカン?
      • んー…あんまりやり過ぎて嫌われても本意じゃねーしそこまで嫌がるなら聞かないけど(苦笑して
        それじゃ、そろそろ帰るわ。じゃ、またなーペカン(栄養剤の容器を手の上にポンと乗せてから帰って行く -- スミレ
      • あっ き、嫌ったりなどしないです… その、驚かれると良くないので、あまり推奨されないだけで…
        あ、ごちそうさまでした、スミレ (なんとか凌げたような安堵の表情で見送った)
        -- ペカン?
  • 次一緒みたいなんでよろしくー(適当にノック) -- 夕去
    • パコンッ ドサリ(急にうろの中から放り出されて来てキョロキョロ) ・・・??? あ… こんにちは、よろしくお願いしますか? -- ペカン?
      • はい、同行しますんでよろしくおねがいしますよ(しゃがんでみながら) -- 夕去
      • はい、よろしくおねがいします。わたくしはこの森に住んでいるペカンと申します(のさのさと立ち上がって) -- ペカン?
      • 私はユサラビ・チカコですそれではまた現場でー -- 夕去
  • (二回半がよくわからないので三回ほどノックし)久しぶり、ペカン。来月同行だからよろしくね…最近可愛い子と同行する機会が多くて嬉しいわ、運が向いてきたのかしら -- リネット
    • わたくしも最近よくお知り合いになった方と一緒になれて嬉しいです、よろしくお願いしますリネット。
       あと、合図が半分多かったのでおつりが出ます(芯にたいして横に半分になったリンゴを出す)
      -- ペカン?
  • (ボンキュボンッ! ※叩く音) ぺかん!ぺかーん!おつかれ! -- アドラス?
    • 大変お世話になりました魔王様。本来魔王様に楽をして頂くつもりが
      わたくしの分まで敵を倒…あっ(バインバイン!!※アドラスの足元に落とし穴がひらく音)
      -- ペカン?
      • なんだかんだで頑張っちゃう俺様だったのだ!かっこよかったろう!?(ギャキィ フハハハハ!
        しかし俺はてっきりペカンは魔法職だろうと思ってたがまさか剣使いだったとはなぁ。中きゅうううぅぅ?! (話途中でボッシュートされる俺様) -- アドラス?
      • 魔王様、大丈夫ですか魔王様?(穴の底に蔓を伸ばす) -- ペカン?
      • 俺様は穴に落ちたまま帰ってこなかった... (//ごめん返事遅れた!(土下座)) -- アドラス?
  • (こんこんこ)こんにちは、ペカン お水を届けに来たわ -- イリア
    • いつも助かります、イリア。 おかげでお花も実もとても元気になります。
      こんなささやかな御礼しか出来ませんが、これを(クリスマスローズの束を差し出す)
      -- ペカン?
      • 水が綺麗でいられるのは、貴方達が雨水を保ってくれているからだもの どうかこのくらい、させて頂戴ペカン
        まぁ・・・ この子を私の泉に? ふふ、これからよろしくね(クリスマスローズに話しかけて)  それじゃあ、またねペカン -- イリア
      • 皆で育んだ水だからこんなにもおいしいのですね。 でもそれを守ってくださるイリアがいるからこそですから… -- ペカン?
  • ふむ。 「コッコッコlt」(2回叩いて3回目を離さず止めた) これでどうかなー? -- ナッツ?
    • ッコッコッ ココン??(返ってくる音)
      • ムッ、違ったかな? えー(コン コン と叩いて3発目を空振る) これじゃ2回か・・・ -- ナッツ?
      • (パコッ) ナッツはすごいです、森の住人にしか出来ない合図だけの会話もマスターなさっていたんですね…。
        これもまほまほのお力ですか?(尊敬の表情)
      • 合ってんの!? いやいいならいいか。 そうそう、そのまほまほなんだけどね。
        この前あたしのとこでやった時、頭に桜が咲いたじゃない?あれは私がかわいいって言ったからなのかそれともまほまほやったからなのかちょっと気になってね。 -- ナッツ
      • まほまほの力はふしぎです…(動物たちが握手を求めに来ている。よほど偉大な事を説いたようだ)
        桜…?どうしてでしょう、まほまほかもしれません。わたくしの身には様々な要素が合わさって花や実が成ります
        かわいいと桜が咲きますか? わかりません
        -- ペカン?
      • うん、うn?(続々やってくる森の人やら鹿やらあれやこれやと握手している)
        環境やら何やらで変化があるわけ・・・あ、自前なのねその花。
        うーん、いや、かわいいから桜が咲くとかそういうわけでもないとは思うけどね。でもあの桜は似合ってたわよ。
        あの時はビックリしちゃったけどいいもの見せてもらったと思うわ。 -- ナッツ
  • お店……?2回半、ですの。(申し訳程度な力加減で2回と、さらに弱く一回叩いてみる) -- アネリーゼ
    • (ペッコリと戸が開く)…チョウチョ? こんばんは -- ペカン?
      • (わっ。……なんでこの人目を閉じてるの分かるんですの……?)こんばんは。えっと、ここはお店とお見受けするんですが、何屋なんですの? -- アネリーゼ
      • 花のお蜜ではなく、そちらの御用だったのですか…?
        看板に書いてあるとおり「うんこ屋さん」なのですが…主に肥料を置きます
        お望みであればそのままお渡ししますが…推奨されません
        -- ペカン?
      • あ、いや、確かに甘い香りにつられてふらふら来たのはそうなんですの
        ……え、えっと……(アレって落書きではなかったんですの……)ああ、下肥ですの。
        いえっ!!結構ですの!……それより、その、貴方の頭に生えてるそれは…… -- アネリーゼ
      • (頭をサワサワと撫でて)みてのとおりお花が咲きます。デンドロビュームが咲いたようです
        花蜜、召し上がりますか?
        -- ペカン?
      • もしかして、アルキメデス……ナゾノクサだったり……?いや、そんなはずは無いですね、すいません。それにしても、綺麗……
        あ―お、お願いできますの?(恥ずかしそうに尋ね -- アネリーゼ
      • 普段集まる虫さん達の取り合いなので、あまり沢山残っては居ないかも知れませんが
        お口に合うといいです(ちょっこりとそばに座り、花がそちらへ向いて少し伸びてくる。)
        -- ペカン?
      • あはは……それはしょうがないです。私も虫ですから、分かりますし……
        ん、では、いただきます(専用のストローを取り出して、伸びる花に挿してちゅうちゅう吸う)んっ、甘い……!美味しいですの!(ぱぁぁぁっと明るく笑んで -- アネリーゼ
      • っくしゅん! 本当ですか? それはよかったです(こちらもニッコリ)
        わたくしはペカンといい、ここに居ます。気が向いたらいつでも召し上がりに来て下さい
        あなたは妖精の方ですか?
        -- ペカン?
      • (くしゃみしだしたことに驚いて)あ、あの、これと貴方ってやっぱり繋がって……?
        ペカンさんですね。私はアネリーゼと言いますの。そうですね、かなり上質の蜜ですので、お菓子作りの材料集めにも来るかもしれませんの
        妖精……とは少し違うような。なんて説明すればいいんでしょう……ポケモン、って知ってます?
        //といいつつもう寝ます、ごめんなさい…… -- アネリーゼ
      • ポケモン…そういった動物はきいた事があります、森にも探せば居るそうです
        わたくしが逢うのは初めてですが、チョウチョなのに人のお姿なので驚きです
        (//いえいえ、こんな時間で返事も遅かったし、おやすみなさい)
        -- ペカン?
      • えっ!?ほ、本当ですの!?そんな……私だけじゃ、無かったのか……はは。bar;私もいきなり人の姿になって吃驚しましたの……でも、このものを食べるのに不自由しない口は良いですね。ストロー状じゃどうしても食べられないものが出ますの
      • 食べモノを… チョウチョになっても葉っぱが恋しくなったり…とかですか? -- ペカン?
      • そっ、そういう意味じゃないですの!その、私甘いものには蜜でなくても目が無くって。ケーキとか、この口じゃないと食べられないでしょう?
        前はご主人さまにミキサーにかけてもらってから食べてましたけど、アレはなんか違う気がしますし -- アネリーゼ
      • グルメなチョウチョさんだったのですか。 では、次はおやつのおもてなしを考えましょう -- ペカン?
      • グ、グルメって言うほどでは……ただの甘味狂なだけですの。 ああっ、そういうことを言いたいがためにいったんじゃないんですのっ!! -- アネリーゼ
  • 俺は気がついたんだ。5回叩いたら都合2回分合図を送った事になるんじゃね?(実行しながら -- スミレ
    • (どこからか戻ってきて)あっ、5回は駄目ですスミレ! -- ペカン?
      • …えっ?もう叩いちまったけど…ってそっちに居るんだったら叩かなくても良かったのかな(ぽかんとしながら -- スミレ
      • 5回叩く合図は挑戦のサインです…ああきてしまいました…(巨大な熊が相撲を挑んできた) -- ペカン?
      • なっ…えっ、マジでっ!?熊!?…もういらっしゃるー!?(むっちゃ後ずさるネコミミ
        何かでかいんだけど、超でかいんだけど!来月の冒険を待たずしてここで死ぬのか!?何とか穏便に済ます方法はありませんかペカンさんっ!?相撲とか良く解らない上に体格差がスゲーですよ!? -- スミレ
      • バチンッ(熊の ねこだまし だ!)
      • うぉおっ!?(いきなり眼前に向けて伸びて来た熊の手を避ける為2回バックジャンプ。打ちあわされたそれに驚きもう一度ジャンプし…
        (いつの間にか用意されていた土俵の端に足を引っ掛けそのまま後ろに倒れ……負けた) -- スミレ
      • 横着な合図をしようとするからですよスミレ…怪我もなくてよかったです…
        ねこだましなんてお猫にしか彼は使わないんですよ(両手を挙げて吼えながらのしのし帰っていく熊)
        -- ペカン?
      • うぅん…(むくりと起き上がると頭を掻いて) ったく、めっちゃビックリした…これからはちゃんとやるわ…
        くっそ俺は猫扱いか…何か悔しいな、いつかリベンジしてやるぜ…!(帰って行く熊に指を突きつけながら
        っと、そうだ。本来の目的忘れるとこだった…先月知り合いと海行ったんだけどさ、その時拾った貝殻やるよ
        耳に当てると海の音聞こえるらしいぜ?ずっと森に居たペカンにゃあ珍しいだろうと思って(小さな桜色のそれを渡しながら -- スミレ
      • カイガラ…? キレイです、はじめて見ました。森にはない香りがします(手にとって見つめたり光に透かしたり)
        海はわたくしにはまだ未知の物です…これが海の音…?(ショワショワした音を楽しんでいる)
        -- ペカン?
      • まぁ、海水って普通の植物には良くないからなー。さて、渡すもんも渡したし俺は帰るぜ、んじゃなー(ひらひら手を振って
        …さて、まずは相撲のルールを確認するところからだ…(ぶつぶつ呟きながら帰って行く -- スミレ
  • 二回半叩いてください…とな?叩くのなんて、たったいっかい位でいーじゃねーか!(コーンと一回叩きながら) -- アーク
    • (タライが落ちてくる)
      • ごふぁ!?(どさっと倒れるオレ様 速攻で復活するオレ様)ッツてぇーー!?だぁれだ!オレ様が華麗にダジャレを披露したというのにこんな仕打ちをするのはァー!!? -- アーク
      • (扉の前で見ながらクスクス笑っている) -- ペカン?
      • おのれかぁーーー!折角挨拶返しに着たのに、テメェ、いい挨拶してくれるじゃねぇか!タライが振ってくるなんてどこにも書いてねぇぞ!きタライ真似しやがってぇ!!(頭のでっかいたんこぶを擦りながら) -- アーク
      • えっわたくしじゃありません…この木は、森の色んな方が利用されて色んな合図にも使われているので
        わたくしに御用の場合の合図が2回半なんです…あ、どうぞ座ってください(座布団を1枚出し)
        -- ペカン?
  • (軽くノックをして)マイオーだ、今月は世話になったな。来月で三ヶ月連続一緒とは驚いたがよろしく頼む -- マイオー?
    • 何かのご縁ですね。 一度お世話になった方がご一緒してくださるとわたくしも安心できます -- ペカン?
  • コンコンココッコンコンッコッコッコッ コンコンココッコンコンッコッコッコッ (マリオの無敵BGMのテンポで叩く俺様だ) -- アドラス?
    • (キツツキの群れだ!)
      • ぐおおおおおおお!? なんだこれは!? ぺかーん! ぺかぁーん!? (突付かれてボロボロになりながら) -- アドラス?
      • なかよくしなくては駄目ですよ、魔王アドラス様 (穴だらけのアドラスを見ながら) -- ペカン?
      • む、むう... 森の仲間と戯れ自然と一体になる事も魔王の試練の一つ…! なわけあるかァ! (バタバタと追い払いながら)
        鳥の群れなら七面鳥とかチキンとかフォアグラとかもっと食べられるものにしてくれると助かる。俺の財布が。 -- アドラス?
      • (蔓を伸ばしてサワサワと治癒しながら)そういうことをおっしゃるから、キツツキ達に怒られるんですよ…
        同じ森にお住まいの魔王様として、もっとしっかりしていただかないと…
        -- ペカン?
      • そうはいうがな大佐。大佐じゃないペカン。腹が減っては戦は出来んのだ。 おおっ、傷が治っていく。教授!これは!? -- アドラス?
      • まあ、おなかがすいているのでしたら言ってくれればよかったのに…(実をいくつか採って差し出す)
        魔王様も大変なのですね…
        -- ペカン?
      • あぁ、冒険に失敗したり収入がなかったり配下の食費に金が掛かったり配下の食費に金が掛かったり大変なのだ...
        ありがてぇ…!ありがてぇ…! (実を受け取りながら咽び泣く)
        これで1日はもちそうだ。ありがとうペカン子!また来るぜ!(実を齧りつつとっとこ去る俺様) -- アドラス?
      • 魔王というのはああいうものでしたっけ…? わかりません… -- ペカン?
  • (気になったので、2回叩いてみる。こんこん) -- イリア
    • (熊の集団が現れた)
      • まぁ・・・っ(パッと生気の状態に戻った。ペカンが襲われないかとうろうろ) -- イリア
      • (熊はイリアにはとくに関心がないようだ。他の動物も現れ何か会合を始めている)
      • ・・・・?(危ないことではないかどうかだけ確かめるつもりらしい。ふよふよと少し近寄った) -- イリア
      • フシッ!!(熊がイリアを見ながら、急に大きな音を立てた。鼻をすすっただけであるが)
      • (ビックゥ! ササッと熊から離れた) -- イリア
      • (離れてきたすぐ横で)なごみます。 -- ペカン?
      • ひぅっ ま、まぁ・・・ペカン 彼らは・・・? -- イリア
      • この方たちはこの近隣の動物たちです。よくお話します。よく果物を食べに来ます
        イリアの合図で集会が始まったみたいですね。(動物たちに果物と水を差し入れながら)
        -- ペカン?
      • そうだったの・・・  気にしては、いないようだけれど・・・今度から気をつけなければね
        じゃあ、私も水を差し入れましょう(適当なくぼみに水を湧かせた)
        今日は、少し立ち寄ってみただけなのよ それじゃあ、またね -- イリア
      • ありがとうございますイリア。皆さん喜んでます(イリアを見送り、そのまま動物達の会合にまざったのだった) -- ペカン?
  • さて、今度こそ成功させる…難しいけど(感覚的に半分かな、と言う所でノックを止めつつ
    お、クロスボウ手に入れたみたいだなー、冒険の方は順調みたいだけど店の方はどう? -- スミレ
    • こんばんわスミレ、ピッタリですね。 弓はわたくしではうまく扱えそうになくて…
      お店ですか? …え、えっと、かくかくしかじか…(果物を出しながら、下のツリーの出来事を語る)
      -- ペカン?
      • お、成功か。良かった良かった…弓は俺も良く解んねーや。銃はトリガー引くだけだし
        う、そりゃスゲェな…と言うか何でそいつはそんな奇行に走ったんだか……また鈴蘭とか咲かないよな?(受け取った果物を弄びながら -- スミレ
      • わかりません…人とその意志と言うのは強いのですね、すごいのですね…
        なんどか確認はしたのですが、ついにわたくしは糞を食用にしようとする
        彼女の決心を止める事は出来ませんでした… 毒は咲きませんが…この気持ちを言葉にする方法がわかりません…
        -- ペカン?
      • まぁ確かに色んな意味で凄いな…俺には真似出来ねぇし……ただ人間として一纏めにされるのは心外だ…
        確かにそんな状況に置かれたら言葉に詰まるよな…心中お察しするぜ…(受け取った果物、ビワ(と言う事にした)の皮をむいて食べながら) うん、美味い -- スミレ
      • …看板はあのとおりなのですが…実際にそれが売れるよりも
        こうして果物や植物を差し上げて喜んでいただくほうが、何か気持ちが温まります…
        まだまだ勉強が足りないのでしょうか、ふふふ
        -- ペカン?
      • まぁ…売れる様が想像できないしなうんこ……
        うん、やっぱこれ売った方が良いような気がするんだが。かなりうまいし…流石妖精さん -- スミレ
      • 会う方は皆そうおっしゃる中、彼女だけが現在お得意様となっています…不思議です
        考える事が沢山…森の外の世界はとても面白いですね
        -- ペカン?
      • ああ、前に言ってた例の購入者も同じ奴だったのか…納得の奇行かも(くすくす笑って
        ペカンはずっと森に居たんだ?冒険者になってから、楽しいか? -- スミレ
      • おそらく…。もしくは根として花として種として、様々な地を渡っていたのかもしれません
        今は冒険や対話を通じて、色々なことを知ることができる、これがとても楽しくて嬉しいです
        怖いのですけれどね、冒険のお仕事は(笑いながら) …スミレはいかがですか?
        -- ペカン?
      • ふぅん…だとしたら根っからの冒険者だったかもしれない訳だ。俺も、いろんな奴と話せるのは楽しいよ
        知らない事とか知れるしね。そのお陰でお互い知り合ってる訳だし…俺には必要な事だから
        確かに恐ろしい部分もあるけど、俺はそれ以上にやらなくちゃいけない目標がある -- スミレ
      • スミレの目標…ですか? -- ペカン?
      • そ、目標。生きる指針って言うのかもしれないけど…妹をな、蘇らせたいんだ -- スミレ
      • スミレの妹さんを…? 亡くなられているのですか?
        死者の蘇生…それは生命の循環と森羅万象の理に対し相反する願いです。 …大事な方だったのですね
        -- ペカン?
      • ああ…一年近く前に、ちょっとした事件に巻き込まれて、な
        うん、それは解ってる…めちゃくちゃ難しい事もね。双子の妹でさ、何にも代え難かったのに…(手に握っていたビワを握りつぶしてしまって慌てて拭きとりながら -- スミレ
      • …循環や法則は、規則と不規則どちらも存在して成り立ちます…
        それまでに無い必然や意味が新しく生まれる事も在ります、願いが私に花や実を付けた事があったように
        不可能であると、わたくしは断言しません、スミレ(微笑んで手拭をわたす)
        -- ペカン?
      • ……(言葉を黙って聞いてから手拭を受け取り、丹念に拭いてから)…うん、ありがとう、ペカン(静かに微笑んでそれだけ言い
        さて、そろそろ帰るよ…これも、ありがとな(手拭を返し) それじゃ、またなー -- スミレ
      • ごきげんようスミレ、また。 (一時見送った後に頭に触れると、スミレの花が咲いていた) -- ペカン?
  • 思えば、うんこにも様々なうんこある思うが、このうんこ屋は一体どれだけのうんこあるうんこか那。(木のうろを二回半叩きながら) -- 管輅?
    • まあ、セックス、こんばんは。 先日は買ってくださってありがとう御座いました -- ペカン?
      • とんでもない下品な空間があというまに出来た那!すごい那!
        そんなちょと新感覚なうんこ屋さんに質問ていうかうんこの平和的使い道あるないかなおもて那。呪いには使える感じあるけど -- 管輅?
      • 平和的に、ですと…肥料くらいしかやっぱり思いつきません
        人を悲しませるような使い道はやはり推奨されないことを以前で学びました…
        -- ペカン?
      • 肥料那ー…。(腕を組んで考える姿勢になる)
        そだ同じ様な考えでいて、こう…動物に甘い果実ばかりを食べさせて糞をおいしくいただ…(その光景を想像して)
        …ない那。どんな罰ゲームだよて感じになる那。世界っちゅーか常識が悲しんじゃうShi! -- 管輅?
      • セックスは糞をお食べになりたいのですか…? それも余りお薦めはしませんが…ご用意ならすぐにできますけれど… -- ペカン?
      • なに!?もう既にそんな感じに育成動物うんこがあるというか!?
        …ゴクリ、お、お一つ請給我(qing gei wo)…だShi! -- 管輅?
      • ええっ? わかりました…(少し念じると、管輅の前に葉でしっかり包まれた”何か”がポサリと現れた)
        …ほ、本当にいいのですか?浄化などはしてませんし その、食用としてのお味などの保証は…
        -- ペカン?
      • 誰かがやらなくちゃいけないことなんだ是!(それにしてもこの管輅、のりのりである)
        だがこの葉包み…!全く開けたくなくない那!柿の葉寿司だとおもていっそこれごとぱくつくか!?
        ……(音を立てて生唾を飲む)
        ……いや!いや!待つShi!病気!病気が心配だから医者の用意を頼みたいっちゅーか! -- 管輅?
      • ほ、本当にそれでいいのですか…?わかりません…ええと…ええと…
        わ、わたくしは少しお外で呼吸をして待っていますので…(貰ったウンディーネの水を器に汲んで置いてそそくさと)
        -- ペカン?
      • 食うShi!食う…………うごほぉっ
        \ ぎゃ、ぎゃぁーーーーー!? /(室内から聞こえる絶叫) -- 管輅?
      • ペカン・ウォルナット。 精霊として覚醒して初めて戦慄を覚えた瞬間だった
        〜〜〜〜…!!!(わたくしはまた恐ろしい過ち犯してをしてしまったのでしょうか…わかりません…)
        -- ペカン?
      • こ…この商品はウ、売れない思う…Shi…!Woが保障する…ッ!(担架で運ばれていく) -- 管輅?
      • ですから、食用としての保証はしないといったじゃないですか…(浄化効果のある種を管輅の口に入れて担架を見送った) -- ペカン?
  • えっ!排泄物をそのままでは肥料にはならないのですか!? -- ペカン?
    • (こくこく) -- 動物達
      • 無知でした… 誰も買ってくれないわけです… -- ペカン?
  • ?(合図の看板を今になって見つけた。こんこんこ) -- イリア
    • こんばんわイリア、お紅茶の用意が出来ています。 いかがですか -- ペカン?
      • こんばんは、ペカン まぁ・・・ごめんなさい 私は、そういったものは食べられないの
        水が濁ってしまうものだから・・・ -- イリア
      • そのとおりですね、ではお水だけにしておきましょう。(コトリ)
        先日、エージェントに会ったんです。少し,怖かったのですが…とても面白い方でした
        ご紹介してくださってありがとうございます
        -- ペカン?
      • 気を使わせてしまって・・・ ありがとう、ペカン
        まぁ エージェントは、そうね・・・少し怖い見た目をしているわね いいえ、そんな
        ここのお店が繁盛をして、貴女が喜んでくれれば、私も嬉しいわ でも・・・遠慮をされてしまったこともあったの
        アドラスという子なのだけれど、貴女ともお知り合いだそうね -- イリア
      • 魔王アドラス様ですか? あの方は初めて此処を訪れてくれた方なんです
        お住まいもすぐそばだそうで、もちろん、売れませんでしたけれど(くすくす)
        -- ペカン?
      • ええ、魔王と言っていたわね 魔王とは何かしら・・・
        そう、今日は私も、貴女に水を用意しようと思って来たのよ 迷惑じゃなければ、受け取って頂戴? -- イリア
      • どうでしょう…魔王様と言うには随分質素で慎ましやかな生活を送っておられました
        お水…?助かります。わたくしにとって太陽の光と水が生命の源です
        水の精霊自らもたらしてくださるのあればなおのことです
        -- ペカン?
      • 様・・・というには、偉いんでしょうね また、本人に直接尋ねてみようかしら
        ええ ・・ええと、どうやって渡せばいいかしら -- イリア
      • えと、壷などに入れてもらう形でいいのでしょうか? (木の蔓で巻かれた壷が念力でふよふよ浮いてくる)
        とてもたのしみです…(閉じた目でマジマジとイリアをみつめる森の精霊)
        -- ペカン?
      • まぁ・・・ こんなことが出来るのね、ペカン(念力で浮いてきた壷に、目を丸くした)
        ふふ 夏にも、冷たい水を持ってくるわね(壷の底から、こぽこぽと水が湧いて壷を満たした) -- イリア
      • はぁ〜〜…すごいです。こういう風になるのですか…(壷から沸く水に驚いて花が咲き、その花も壷の中を見る) -- ペカン?
      • ふふふ 驚くのは、お互い様ね それじゃあ、また遊びに来るわ、ペカン(会釈をするとフッと霧散した) -- イリア
      • ごきげんようイリア、また。(霧の気配を見送るとすぐさま水をカップにひとすくい)
        〜〜〜〜っ おいしい…。
        -- ペカン?
  • ふむ、あちらでしょうか……なになに、2回半叩く、と。(書かれているとおりにしてみる) -- エージェント
    • こんばんわ、どちらさまですか? わたくしはペカンです、そう呼んでいただいています。 -- ペカン?
      • や、初めましてミズ・ペカン。私は常夜都市ナートより参りましたエージェントです。或いは、代理人とでもおよびください。
        本日はミズ・イリアよりご紹介頂きましたので、その後挨拶に参りました。(帽子をとって礼をし、にこりと) -- エージェント
      • まあ、イリアのご友人ですか? こちらこそよろしくお願いいたしますエージェント(お辞儀)
        ナート…常夜都市…? 聞かない街のお名前です
        -- ペカン?
      • こちらこそ、よろしくお願いいたします。ですがナートをご存じない。やはりまだまだ、認知度は低いようですね……
        あちらの方角です。天を貫く黒の円柱を御覧にいただけますでしょうか? あれこそが夜の柱。ナートをナート鱈締めるものでございます。
        ナートは常に夜。それが明けることもなし。そういう都市でございますよ。 -- エージェント
      • あれが…(黒い円柱をみていくらか異質な気を感じ取る)
        いつからあったのでしょう…。 常夜…常世…現世とは違う隠世の類なのでしょうか?
        -- ペカン?
      • それについては、我々としても分かりかねます。研究者方が調査を続けてはおられるのですけどね。
        しかし常に夜であるとはやはり、広き世界から見れば異質なもの。転移中にあれが影響し、市内に出てしまうということもあるようですので、可能性は否定できません。そういったところに、近しいともね。
        さておき。あなたは精霊であると、ミズ・イリアからお伺いしております。闇の精霊とは近しいですが、その他の精霊では差ほどでなし。光栄に思いますよ。 -- エージェント
      • ありがとうございます、わたくしはまだ意識の集合体、精霊としての覚醒からは日も浅く
        世界の事と”意識”を学ぶ身ですから、光栄と言葉を頂く程高位ではありませんが…(頭の草をサワサワならしながら)
        -- ペカン?
      • でしたら、これからの成長を祈願いたしましょう。私めの祈りが、ミズ・ペカンのお力になれることを祈りつつ。
        いずれは光栄と仰られるにふさわしくなると願いまして……さて、もう少し語らいに興じたいところではありますが
        一応のところの目的は果たしまして、そしてお時間になりました。私はそろそろ、お暇し様かと存じます。 -- エージェント
      • そうですか、常夜都市…一度訪れてみようと思います
        ごきげんよう、エージェント。またお会いできると嬉しいです
        -- ペカン?
      • 歓迎いたします。私も、歳も。いつでもおいでくださいませ。(にっこり)
        それではミズ・ペカン。私もその時を心待ちにしております。またお会いしましょう。では、これにて。 -- エージェント
  • こーんばーんはー、回覧板ですよー。(木のうろをノックノック) -- ミナ
    • 回覧板?回覧板…奇遇です。 少し前にわたくしも持っていきました。回覧板とは沢山あるのですか。
      こんばんは、沢山混ざっている方。あなたはどなたですか?
      -- ペカン?
      • 沢山あるみたいですねー、私のところには一つしか来ませんでしたけどー。
        ゴミ出しの日とビーバー大量発生にご注意らしいですよー。私はミナリリアって言います。長いからミナでいいですよー。 -- ミナ
      • ビーバー…最初の日にご一緒した気がします。その他にも沢山いる方がいるようですね
        わたくしはペカンと申します。よろしくお願いします、ミナ
        -- ペカン?
      • ペカンさんですね、よろしくおねがいしますー。
        ところで表の看板って……あれはどういうことなんでしょうか? -- ミナ
      • ええと…書いてあるとおりです。ただ、あのままを提供しても売れない事がわかりましたので
        とりあえず肥料として置いてみようと思ってます。 …ご必要であればそのままお渡しもできますが…
        -- ペカン?
      • いえ、人の排泄物を買ったりするほど肥料に困ってないので……買って行った方いらっしゃるんですか? -- ミナ
      • 残念ですが、ここで出して差し上げられる物は、森の動物達の糞が主ですので
        人間の排泄物は含まれていないと思います。ここでお売り渡し出来た事はまだありません…
        人様にそのままを贈りつける、という依頼の形では売れたのですが、それは良い事ではないと知りました
        -- ペカン?
      • そうですねえ……森の動物の糞尿ならそれはそれで肥料目当てで買う方がいらっしゃるかもしれませんね。
        問題はお店の名前のような気もしますけれどー……。そう言えばこんな言い方するのもなんですけどペカンさんって人間でしょうか? -- ミナ
      • お店の名前の看板は、気付いた時にはあのように置かれていたので…
        わたくしですか? ええと…(思案) そうですね、あなたにはきっと隠す意味がないでしょう
        わたくしは見ての通り、草花や木々による意識、またはその集合体(精霊)です
        -- ペカン?
      • それはなんとも……気が向いたら直すのもいいかもしれませんね。
        あらやっぱり、何となーくそんな気がしてたんですよー。隠してるって事は気付かないフリしてが方が良かったのかしら……。(ハッとしたあと深刻な表情) -- ミナ
      • 気になさらないで下さい(頭の葉っぱをサワサワさせながら)
        エレメントやアストラルな事柄に精通しない人々をむやみに混乱させない為だけのものですから
        -- ペカン?
      • そうですか? なら一安心です。(葉っぱを目で追う)
        うーん、たしかに混乱しちゃう人もいますもんねー、そうするのがいいかもしれません。それじゃ回覧板も回したので今日はこれで……。
        また会いましょうー。 -- ミナ
      • はい、回覧板、どうもご苦労様でした。 ごきげんよう、いい夜をお過ごしください -- ペカン?
  • うんこ屋さんは自分の排泄物を売ったりしないのかな。 -- メルティ
    • こんにちは、冒険でお世話になった方。 えっと、わたくしは排泄行為は特に行わないので… -- ペカン?
      • 嘘…!ペカンちゃんには失望した!今度馬の糞勝手に補給しに来てやるからな!覚えてろ! -- メルティ
      • え、え?  失望されました…わかりません… -- ペカン?
  • もうこんな時間だけどまだ大丈夫かしら…?(コンコンコツっと二回半うろを叩いてみる) -- リネット
    • こんばんわ。静かで良い夜です。  エルフ…?いえ、魔族の方? あなたは? -- ペカン?
      • その二つともが正解、って所かしら。私はリネット、エルフと吸血鬼のハーフよ。夜型だからこんな時間に出歩いちゃうのよね…改めて、こんばんは -- リネット
      • わたくしは、ペカンといいます。 (頭の草花や実を揺らしながらお辞儀をする)
        今宵は看板を見てこちらへ?
        -- ペカン?
      • 丁寧な子ねぇ、私からもよろしくねペカン(釣られて頭を下げる)頭のは直に生えてるのかしら…?もしかして
        あはは…(気まずそうに笑いながらコクリと頷き)ええ、そうね。ついインパクトのある看板を見ちゃったものだからつい…本当に看板通りのお店なの? -- リネット
      • はい、そういう事になっております。 ためしにいかがですか?リネット
        肥料など、有効な利用法もきっとあると思います。(頭の実をとってスプーンと一緒に差し出した。オレンジだ)
        -- ペカン?
      • え、とっていいの?(少し驚いた声を上げるもオレンジを受け取り)うーん、返すのも悪いし。いただくわね
        (皮を剥いて身を口に放り)美味し…やっぱりもぎたては違うわね。でも本当にそういうお店なのねぇ…少なくとも私には不要かしら -- リネット
      • それは残念です。 実は森の動物たちもよく採りにくるんです。
        どうぞ召し上がってください(頭には別の実がなりつつあるのが見える)
        -- ペカン?
      • そうなの…反応をみた感じ痛いわけでも無さそうだから構わないのかしら
        (パクパクとオレンジをたいらげ皮を置き)ごちそうさま、少し食べたら流石に眠くなっちゃったわね…こんな時間だし、今日は帰るわね。それじゃあまたペカン -- リネット
      • 吸血鬼でも夜は眠たいこともあるのですね。ごきげんようリネット、いい夢を -- ペカン?
  • 二回と半分って難しいよな…(なんとなく感覚で二回半を叩いて見ながら -- スミレ
    • こんばんわ、スミレ。 今のは半分よりちょっと多かったかもしれません -- ペカン?
      • ああ、こんばんわペカン。うーん、そうか…ちょっとハードル高くないか?この合図
        今日はちょっとした差し入れがあるぞ、ほい(植物用の栄養剤を差し出しながら -- スミレ
      • まあ、いいのですか? コレ、美味しいので好きです。 わたくしもお飲み物をお持ちします -- ペカン?
      • ジョークで持ってきて見たら案外好評だった…って言うか、飲んだ事あるんだ?(大人しく待ちながら -- スミレ
      • 先日、街のお店?でためしに購入して飲んでみました、とても元気になれる物なんですね
        お熱いのは苦手でしたよね、でもお外は寒いので(蜜を溶かしたぬる目のホットミルクが差し出される)
        -- ペカン?
      • ヘー…妖精とかでも効果あるんだ。それじゃ来る時は持ってくるようにしようかな…余裕があれば(懐をポスポス叩きつつ
        ん、サンキュー。ホットミルクは良いよね、あったまる(口をつけ、ふやけながら -- スミレ
      • ホットミルクはお腹を穏やかにして安眠効果にも繋がるそうです。 空腹も和らぐそうですよ?
        …あ。(栄養剤をひと飲みすると鈴蘭の花が咲いてしまった、奇麗だが有毒植物だ)
        -- ペカン?
      • ヘー…ペカンは物知りだな…お、鈴蘭とかも咲くのか、ってそれ毒あるんだよな!?やっぱ何か悪かったのかなー -- スミレ
      • 大丈夫です、毒の発散はないので、粘膜で触れたり、摂取しなければ心配ありません
        これは栄養剤ではなく、わたくし自信によるものだと思います。 普段は毒性のものは咲かないのですが…
        -- ペカン?
      • そうなのか?……もしかして、俺が来たからとか?だったら申し訳なさすぎる… -- スミレ
      • とんでもありません、違いますよ。 …売れたんです、はじめて -- ペカン?
      • そ、そっか…良かった安心した…売れたって…え、果物が?それとも看板の方が? -- スミレ
      • 看板の方です。でもそれは”人に向ける”という形の依頼での購入でした
        すこし疑問に思ったのですが、わたくしは請負ってしまいました。
        結果は…依頼人さんに向け、”同じ内容をお返しする”という、ご依頼を受けてしまうと言う形でした
        スミレ…わたくしは間違えてしまったんですね(ちびちび栄養剤を飲みながら)
        -- ペカン?
      • 人に向ける…って投げつけるとかそう言うアレか!それは流石にちょっとミスってるなー…あ、だから鈴蘭なんかが生えたのか
        でもそれ、一番問題あったのは依頼した奴だし…次から気をつければそれで良いんじゃねーかな。ペカンは反省してるし
        んー…ホットミルク飲んだからかちょっと眠くなって来たから俺は帰るなー…おやすみペカン -- スミレ
      • はい、そういうお話は事前に聞いていたのに…浅はかでした。 でもこの反省から、向うべき方向が見えた気がします
        ありがとうございますスミレ。お話を聞いていただいたら楽になったような気がします。おやすみなさい(にこり)
        -- ペカン?
  • 部屋にパンフレットと願書が届いている。
    • …学校? でも、お店と酒場のご依頼との両立を考えると… -- ペカン?
  • \ s e x /(木のうろを二回半叩いてからdat逃げ出す) -- 管輅?
    • ・・・? (遠ざかる足音をぽかんと見送った) -- ペカン?
  • 回覧板が回ってきた、次のお宅に回してもいいし回さなくてもいい(回覧板の中身を話題にしてもいいし、内容は各自好きにしていい。ご近所かどうかは要相談)
    • ヒトの言語文字が沢山…こまりました -- ペカン?
  • 酒場で物売りだと聞いて飛んできました、商売敵かな!?君は何を売ってるのー?(や、と片手上げて挨拶するねこみみ) -- コリーネ?
    • しまったすれ違ったぁー!?(大慌てで自分の店に戻る) -- コリーネ?
      • いいお店でした。 わたくしも頑張らなくては… -- ペカン?
  • テーマソングが届けられた
    • わかりません… 外の人々は -- ペカン?
  • (水の生気の状態で通りすがった)まぁ・・・こんなところにお店が うんこ屋さん? -- イリア
    • (合図も必要なく、戸が開いた) こんにちは、水の番人(ウンディーネ)。 いかがなさいましたか? -- ペカン?
      • まぁ、こんにちは いえ、私は通りすがっただけなのよ ここを行った先に、私の泉があるの
        貴女はお店を開いているのね・・・ どういった子達が来るのかしら -- イリア
      • そうですか。 ここへは冒険者の方々がたまに訪れます
        この看板が出来てからです。 森が少し、にぎやかになりました
        -- ペカン?
      • まぁ  よければ、私の泉に来た子達にも、ここのお店を勧めましょうか? -- イリア
      • 本当ですか? それで訪れてくださる方が居る限り、わたくしはうんこ屋さんでありつづけます
        …どうしてうんこ屋さんなのか、この頃は疑問が絶えませんが
        -- ペカン?
      • あら じゃあ誰かから、うんこ屋さんをするように勧められたの? -- イリア
      • わかりません、気が付いたら私は此処に具現化していて、看板も出来ていました
        何の意味と使命が隠されているのか、これからもずっと考えていく事だと思います
        -- ペカン?
      • そうだったの・・・じゃあきっと、必要なことなのね 私にも手伝えることがあったら、何でも言って頂戴ね
        それじゃあ、また(ふよふよと森の奥へと漂い去っていった) -- イリア
      • ごきげんよう、ウンディーネ。 近く、わたくしからもお会いしに行かせてください(ニッコリ) -- ペカン?
  • 隣(の森に生えてる木)を覗いたらう○こ屋だった…隊長…これは一体…!
    ともあれ…やはり誰か住んでるのだろうな。えっと…2回半叩く…?半…半ってどのくらいだ!?(律儀にトントン、ト…!と叩きつつ) -- アリス
    • (パコンと戸が開き)? あら、また初めて会う方お客様…。
      こんにちは、わたくしはペカン・ウォルナットといいます。 いい光合成日和ですね
      -- ペカン?
      • わっ、ホントに誰か出てくるとは…! ((う、うん…屋という割にはマトモな見た目…か?))
        私はアリス、アリス・エルカッサム…人呼んで剣弾のアリス(アリス・ザ・ブレーダ)…!
        好きなようにそして出来れば最後の二つ名のほうで呼ぶといいぞペカン・ウォルナット。
        ……ところでこの店の名前は本当にこれでいいのか?正気か? -- アリス
      • わかりません…アリス・ザ・ブレーダ。 看板がそう言っているので、やらなくてはいけない気がしました
        ちょっと前から、そもそもどうしてうんこさんを売る必要があるのかを考えているんです
        -- ペカン?
      • (二つ名で呼ばれて嬉しそうに頬を紅潮させつつふるふる小刻みに震えながら)そうか…それは悩ましいな。
        私でよければ何か力になろう。 …そうだな、そもそも排泄物という探せばそこらに落ちているものを売るという行為、その必要性を考えてみようか。
        まずうんこは汚い。これを集めるのは非常につらい…その手間賃分は値段が付けられるはずだ。
        それとうんこの需要だが。戦争においてうんこは強力な武器になる。
        どうにかうんこを武器として加工し、それを売るならまさしくうんこ屋としての面目も立つ……か?(最後だけ自信なさ気に) -- アリス
      • はぁ、戦争では武器としてそんなにも需要と消費が起こっているのですか…びっくりです
        自然にありふれたものでも、有用に活用する。 文明と言うのはすごいんですね…!
        けれど、排泄物とは言え、生命の循環の重要な役割を担う物ですので、人を殺す用途へはちょっと気が乗りません…
        -- ペカン?
      • あれは酷いぞ。特にうんこを煮て沸騰させたものをかけるとかな…人の所業じゃないな…
        ああ、そうか。確かにな…浅慮だったか。すまない。 しかしそうなると…うんこの有効活用など…うぅむ。思いつかないな…
        力になれずすまない…だがやはり…うんこを売るのは無理がある気がするぞ? -- アリス
      • えっ!やっぱりそうなんですか? …これは厳しい課題を課せられてしまいました…
        でも肥料としてとてもお役に立ちますよ。 買いませんか? アリス・ザ・ブレーダ
      • ああそうか、うんこは肥料にもなるんだったな…しかし。
        うぅむ、買ってやりたいのはやまやまだが…手持ちに余裕がないうえ、そもそも家に畑はないしな…。
        ペカン・ウォルナット…残念だが援護は出来ない…独力で切り抜けてくれ…! すまない…!(ダッシュで逃げた) -- アリス
      • ううん、わたくし自身はあえて売る必要は特に無いのだけれど… なんとかしなくては… -- ペカン?
  • んー、今月組んだ人っぽい感じの魔力というか匂いというかそんな感じのがここから・・・(フラフラと森へ)
    うんこ・・・うんこ? -- ナッツ?
    • ごきげんよう、冒険のお仕事でお世話になった方。先日はお世話になりました
      なにか疑問が浮かびましたか? おっしゃってください(にっこり) -- ペカン?
      • あ、こちらこその節は。(ふかぶか) いや、うん、これ売ってるの?(カンバンをコンコン叩く)あ、堆肥的な意味かな? -- ナッツ?
      • えっと、よく判らないのですけど、看板が出来てしまったのでそうしています
        それなりに豊富にあるので肥料にもきっと役立つと思うのですが、買ってみますか? -- ペカン?
      • 中々ロックな性格ね!嫌いじゃないわ。
        うーん、わるいけど今回はパスさせてもらうね。さすがに色々と急に情報が入りすぎちゃってー。
        ガーデニングとか始めたらお世話になるかも。 -- ナッツ?
      • 残念です、また来月も冒険のお仕事でお金を稼ぐしかないですね。
        でも、肥やしのほかに何に使えばいいんでしょうね?うんこさん -- ペカン?
      • あたしの脳だとこの用途くらいしか浮かばなくて・・・あとはもう嫌がらせくらいじゃないかしら。
        嫌いな人にこう、ぶつける(投げるモーション) でもそういうのってあんまりよくないよね。 -- ナッツ?
  • 「これはきっとうこん屋さんの間違いに違いない」「決して大便を扱っているわけではないに違いない」
    「「へいマスター!うこん一丁!」」 -- ネリーマリー
    • う〜ん…うんこさん以外ばかり注文されます…(ウコンの根を出しながら) どうしてなんですか? -- ペカン?
      • 「「やっぱりうんこ屋さんなの!?」」「どうしてもなにも」「ホントに売ってるだなんて思わない!」
        「どうしてというなら」「どうしてこんなおげれつな商売を」「始めようと思ったのかな?」 -- ネリーマリー
      • 息がピッタリ、おもしろいです。 看板が立ってしまったのでやむを得ない事情で…
        でもさっぱり買ってはもらえません。看板が嘘になってしまうので困ります -- ペカン?
      • 「そのパッションがボクらには」「ますますもって理解できない」
        「「そもそも看板に従う理由は何!?」」 -- ネリーマリー
      • せっかく出来た看板ですから。それに、看板を見て人も参りますのでむげには出来ません(屈託の無い笑み) -- ペカン?
      • 「うん…」「…ううん」(揃ってすごく首を傾げる)「なんだか思考回路が深淵すぎて」「ボクらなんだかクラクラしてきたよ」
        「一回お家に帰って寝たいと思うんだ」「なんだかもにょもにょするから一旦リセット!」
        「「そういうわけでおやすみなさい!」」(なんだかとても勢いよく帰っていった) -- ネリーマリー
      • あ。 お名前も聞けなかったし自己紹介もできなかった… 今度改めてごあいさつしなきゃ… -- ペカン?
  • うーん…農家以外に需要があるとは思えないニッチな店だなー……儲かってんのか? -- スミレ
    • お店なわけじゃないですっ 急に看板が立ってたんです。 全然売れません…買ってください -- ペカン?
      • 世の中不思議な事ばっかりなんだな…でもごめん俺ガーデニングの趣味とかなくて
        ぶっちゃけ俺も収入ないからどうにかしたい所存だ、主に空腹を(頭の上を見ながら -- スミレ
      • (ブドウのようなものが成っている) -- ペカン?
      • (猫の挙動でキャッチ&イートする亜人のハーフ) -- スミレ
      • っくしゅん! 急に採るとビックリしますよぅ! (また別の実がむくむく成りながら) -- ペカン?
      • おお凄い、仕組みが全く分からないけど凄い事はわかった。後ブドウ美味い、ありがとなー(服をぺたぺたして財布を探し
        お、あったった。流石にうんこは買ってやれないけどブドウの金は払っておくよ、なけなしだけど(金貨数枚を渡しながら -- スミレ
      • えっ! ウンコではなくて 果物でお金がもらえるんですか?
        これだと、看板が嘘になってしまいます…何か考えないと (金貨を貰いながら) -- ペカン?
      • 糞を肥料に果物育ててそれを売って飯を食う!うんこで育った果物屋さん略してうんこ屋さん!駄目だこりゃあ人が来る気がしねぇ -- スミレ
      • も、物好きな方が来てくれるかも知れません! せっかく預かった看板なのでしばらくは頑張ってみます! -- ペカン?
      • うん、前向きで実に良いと思う。ちょっと話を戻すがつまり急にじゃなきゃ取って食っても構わないのかそれ(頭の上を指し
        ま、取り敢えず今日はもう帰って寝るわー…売れると良いな、うんこ… -- スミレ
      • おなかがすいているのであれば何時でもどうぞ。 ただ、蜂などが居る時には気をつけてくださいね
        お休みなさい。わたくしは…ええと、そうですねペカン、ペカンです。 お名前はありますか? -- ペカン?
      • 蜂か…蜂は嫌だな…さされたら死ぬ…アナ何とかで
        あー、名前いってなかったっけ。俺はスミレって言うんだ、宜しくペカン。そんじゃ、またその内なー(軽く手を振って帰ってく -- スミレ
  • うんこってアレだよな…、排泄物って意味だよな…。すげぇモン売ってるんだなこの星…。 (遠巻きに見ながら) -- アドラス?
    • 動物達の排泄物なら森ですから豊富にありますよ。 買っていただけるんですか? -- ペカン?
      • いや、いらん。金もない。うんこ欲しがる奴なんているのかねぇ? -- アドラス?
      • こまりました…わたくしもお金が無いのでせっかくなら売っておこうと思ったのですが… -- ペカン?
      • もっと需要あるモン売るべきだと俺は思うね!客も来たみてーだしおれは帰る。またなお隣さん! -- アドラス?
      • わかりました、今度ご挨拶に行きますので、それまでにもっと需要のありそうな糞をご用意します -- ペカン?
      • \いらねぇ!そういうキャラでいいのか!/ -- アドラス?
      • 右も左もわからなくて… しょうがありません、糞を売るのは諦めた方がいいのでしょうかねえ… -- ペカン?
  • すいませんうんこひとつ
    • 今あなたが足で踏んでおられるのが、熊のフンですよ -- ペカン?
  • へんな看板を立てられてしまった・・・ -- ペカン?

Last-modified: 2010-01-14 Thu 23:13:16 JST (3907d)