FA/0041

  • 我が名は妖怪navi撒き…!(無視して結構です) -- 2017-09-19 (火) 19:54:36
    • あっあっあっ…!(設置したつもりになっていていつの間にか消えていた…あれ?っと思いつつも)
      わ、忘れてました…自分では設置したつもりだったので…ありがとうございます…!たぶん…言われなきゃしばらく気づかなかったので…!
      -- 2017-09-19 (火) 19:59:14
  • セックスしたい! -- 2017-09-19 (火) 23:13:58
    • だが! -- 2017-09-19 (火) 23:14:18
      • しかし! -- 2017-09-19 (火) 23:14:55
      • えっ…えっ…えっと…だが…しかし…?(続きがあるのかな…あと思いっきりセクハラされて困惑しながら慌てふためく) -- 2017-09-19 (火) 23:17:32
  • おーおー、これはこれは中々のお毛並みで……お手入れはどんな感じでやってんのかな?
    (チラシ配りをする狐少女に馴れ馴れしく語りかける猫耳。髪の毛の話題ではない、その大きな尻尾についてである。その証拠にしゃがみ込んでお尻の辺りを眺めているのであった) -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 21:47:08
    • えっあっはい!(後ろから声かけられてびっくりして振り返ると、尻尾がかするか撫ぜるかの勢いで触れたかもしれない、それくらい大きめ立派なフカフカ尻尾である)
      手入れはですか…?手入れは…お風呂で洗って…櫛を通して…(髪の毛や尻尾や耳は、一応年頃の乙女なので、お金かけれない分、櫛だけはしっかり毎日通していまして…っと説明する)
      -- 2017-09-20 (水) 21:55:12
      • おっとっと(顔を撫でられる様な感じになった)なるほどそのお手入れのお陰かナイスな肌触り、いーよねー大きな尻尾
        んー、狼?犬?もしかして狐さんかな?もっとマニアックなのかもだけど……あたし猫ー(髪や尻尾の色から判別できなかったので何の獣人なのか聞いてみた。一目瞭然なのに自己紹介したのに関しては何となくである) -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 22:02:09
      • …た、たぶん?狐です…たぶん…(自信はなさそうにしながらも、たぶん狐…色合い的には狐っぽくないですけど…っと小声で付け加える)
        あ、あとそれ…チャイナドレス…でしたよね…綺麗ですよね…(猫ーっと紹介してくれた女性の格好が、特徴的だったので)猫さんは…尻尾は細長かったり…するんでしょうか…?
        -- 2017-09-20 (水) 22:13:50
      • 多分って自分の事なのに……パパママはどーだったの?(好奇心が逸り、それが地雷かも?などとも思いもせずに質問を投げかけてしまうのだった)
        うん、そーそー、そう言うところの出身だから。狐っぽいおじょーさんにも似合うんじゃないかなぁ?今度着て見る?サイズなさそうだけど……ふわふわのもいるけどあたしのは細いなぁ、さっきのお返しに触らせてあげよっか? -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 22:18:32
      • 孤児院育ちでして…両親はどうだったのかはわからないので…たぶん…狐…かと…!(結構きかれたりするし、孤児院ではそれなりに育ててもらったので恥じることではないと普通に説明する)
        そ、そういう綺麗な服もいつかきてみたいですね………で、でもお高そうですよ…?(着てみる?と言われて年頃なので興味ないわけはなかったが、若干申し訳なさそうに)
        (尻尾も勿論遠慮しがち、元々そういう性格なので自分からしたい!っとなかなか言えないので若干あたふた…興味がないわけではない)
        -- 2017-09-20 (水) 22:22:25
      • あらま、悪い事聞いちゃったかな……というほど気にしてはなさそうだけど、あたしの気分の問題で謝っとく。ごめんね?(手を合わせて頭を下げる姿は軽いノリにも思えるが、声は結構真剣なのだった)
        買うと高いけど試着するだけだったらタダタダ!堂々と店に入って試着して……そうだなぁ、胸が苦しいからやめとくって言えば絶対大丈夫!(サムズアップで太鼓判)万一ウチで仕入れたら安くしてあげるしさ
        んー、どーする?(割と長めな尻尾を自分の胸元くらいまで持って来てゆらゆら。器用さが伺える) -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 22:28:12
      • 院長とか…寮母さんとかは…優しかったですから…!(施設的に15で独立するまではしっかり面倒見てくれたし、最低限の勉学や読み書きは教わったのであまり不満もなく)
        い、いえ!謝らないでください…!私の言い方も…誰だって気になるような言い方でしたし…(歯切れの悪い物言いをよくするので質問されること多いですから…っと苦笑い)
        …な、なるほど…(言われてそうすればいいんだというか、実際そういうので買えない…みたいなこともあったので余計に納得した)…仕入れ…お店とかやってらっしゃるので…?
        (なんのお店だろう…チャイナ服を…仕入れるようなお店?服やさんかな…っと思いつつ…視線は…ねこじゃらしが気になる猫みたいに、尻尾に誘導されてウズウズする…そーっと手を伸ばす)
        -- 2017-09-20 (水) 22:47:20
      • そっか、親代わりの人は優しかったかぁ……良かったね(にへ、と笑って見せる。)じゃあもう謝らない、この話はここで終わりにゃん(猫っぽいポーズを取って冗談っぽくうやむやにした)
        まぁでもおじょーさんの場合よくお似合いですよ絶対買った方がいいですよ!って押されると弱そうだけどねー
        うんうん、まぁよろず屋かな?汚いお店なせいかお客さんいないけどねー(触ろうとすれば掠めるように逃げ、手を引けば触れとばかりに近付ける。ねこじゃらしを使う側のように楽しんでいる) -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 22:53:54
      • よろず屋さんなんですね…(ちょいっと尻尾を触れようとするとさっと逃げられて、また手をだすとさっと逃げられて、じゃれつくみたいになりつつ)
        あっ…そ、それだともしよかったら…(店主さん自体は利用しないだろうがチラシを手渡して)…「冒険者向けの宿:石畳の雄牛亭 長期滞在者募集中!(と書かれている)」
        も、もしよかったら…お店に数枚でいいので置いてくだされば…初対面なのに不躾で申し訳ないのですが…!
        -- 2017-09-20 (水) 23:07:58
      • ほいっ、ほいっと……はーいお上手お上手ー(数回逃げてからきちんと触らせて差し上げました)
        ふーん、冒険者向け宿、かぁ……(チラシの一枚に目を通して)ウチでいいなら置いとくよー、ちょっとどころじゃなく流行ってるとは言いがたいお店で良ければだけど(セティから本当に適当に一掴み分くらいのチラシをとりあげて)
        一晩だけがOKとかご飯だけOKとかならあたしも使うかもだけど、長期滞在は難しいかな……さてと、またその尻尾を触りたくなったら来ちゃうかもだからちゃんと手入れしといてねー?ばいばーい(最後にすごい自分勝手なことを言って帰っていった) -- ヘイニャン 2017-09-20 (水) 23:14:00
      • あ、ありがとうございます!!(ひとつかみ持っていってもらって本当にありがたそうに)
        食事だけとかも一応は…(ただ味はそこまでよくないので食事だけにくる客はほぼ居ない)1晩とかは…静かなので、ゆっくりと過ごしたい夜などは…あ、お話相手とかもできます!(たまに客の話し相手もするセティだ)
        (尻尾を少しだけ触らせてもらって堪能すると、名残惜しそうに手を離して)て、手入れはしっかりとしておきます…あとチャイナ服…今度みにいかせてもらいますね…で、では!(そういえば名前聞き忘れた…っと思いつつ今度きこうと思いながら見送ったのでした)
        -- 2017-09-20 (水) 23:18:41
  • (宿の廊下、いつの間にやらうろつくのぬこのおっさんが一人 忍び込んだわりには妙に堂々と歩いている) -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 22:21:07
    • //すごく…入れ違いでそちらにもいってました…!!チラシ渡して見たことあるみたいな対応しちゃいますね…!申し訳ないです…!
      あ、お客様…!(堂々としているので、宿の下見でもしているのかと思ったらしく、笑顔でお辞儀をして)ど、どうですか…?うちの宿は…
      -- 2017-09-21 (木) 22:28:57
      • //なんて奇遇だろうね 結婚するしかないね 別時間軸にしようか 
        やぁこんにちは君は……ああ、宿の娘さんだったね ああ、そうそう、そんな所さ
        どんな部屋があるのか、立て付けはどうなのか こうみえてもそういうのは気になるんだ
        なにか名物料理なんかはあるのかい? -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 22:37:55
      • //は、はい…!お手数をおかけします…結婚はしません…!
        石造りなので…宿自体はとても頑丈で…立て付けとかも悪くはないと思います…(ちょうどいる、部屋の扉をあけてみる、まだ誰も長期滞在者がいないので、家具とかも必要最低限だけおかれた部屋を見せて)
        な、なんだかんだで…宿自体へのお金は惜しみない感じで顕実な作りなんです…よ…
        …名物料理とかは…ないですけど…(すごくありふれたものしか今のところは出てこない)…で、でも私が今…料理勉強中なので…今後は…そういうものもでてくるかも…です…
        -- 2017-09-21 (木) 22:47:28
      • なるほどね(石の壁をこつこつと叩く ケモ耳がピコピコと動いた)たしかに丈夫そうだ 部屋は二階までなのかい?地下の方は貸してないのかい?
        おや、君が料理も?ふぅーん、おもしろいね 君は宿のご主人の娘かなにかかい? -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 22:51:02
      • ち、地下は店主や従業員の部屋と…食料保存庫があるので…お客様には…あと…地下なのでやっぱり暗いですので…
        い、いえ!一年前から働いてるただの従業員です…元は…冒険者だったんですけど……1ヶ月ほどだけ…(既に宿屋の従業員歴のほうが長い)
        -- 2017-09-21 (木) 22:57:59
      • そうか……(再びこつこつと壁を叩く、耳が動く)割と広そうなのだけどね(セティは気がつかないかもしれない 男の感覚はとても鋭く、音の反射で建物の構造もわかるのだ)
        なるほどね、ダー・フェンザーも昔は冒険者をしていたけど膝に矢を受けてしまってね、今はまぁたまに簡単そうな仕事をするくらいさ
        君ならここよりも高級な酒場やなんかにいる方が給金も良さそうだけどね よほど居心地がいいのかな?
        ここらでよく取れる食材みたいなものはないかな?そいつを名物として出せばいいと思うよ うまくすれば市場との取引もよい条件がもらえるしね  -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 23:07:20
      • (石はしっかりと敷き詰められていて、隣の部屋とも30cmは石壁の分厚さがありそうな反響音だ)
        そ、そうだったんですか…膝は大事ですから…お大事に…(歩けないほどではないのだろうけど冒険者としては厳しいんでしょうね…っと先日きいた錬金術やってるというのもその関係かと思い)
        あっえっとその…この宿の店主に借金があって…それで…宿で働いてお金を返済しているものでして…逃げられたりしても困る…っと…(それだけ結構な量の借金のようで)
        そういうのも…他の宿もやってますし…なかなか強みとしては…弱いそうで…顕実でいいんだよ顕実で…っと店主はいってますね…
        -- 2017-09-21 (木) 23:20:03
      • 借金をしているって?なるほど、そういうことか それは大変だね、じゃぁ宿に客がいないと大変だ
        力になってあげたいと心から思うけれど…… さて、宿のご主人や他の客がダー・フェンザーをどう思うか心配だよ -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 23:26:51
      • な、なんなら…今宿の店主を…呼んでまいりましょうか…?口は悪いですが…お金をしっかり払ってくださるお客様にたいしては…差別的な方ではないかと…思います…たぶん…きっと…たぶん
        (若干自信なさげだが)…あ、それか…今は宿の共有スペースで…コーヒー飲んでらっしゃるので…一緒にまいられますか…?
        -- セティ 2017-09-21 (木) 23:32:52
      • 金払いは商人の基本だからね、勿論ダー・フェンザーはわきまえているし、そこそこのビシネスの技術はあるよ
        そいつはよかった それじゃ紹介を頼むよ (付いていった) -- ダー・フェンザー 2017-09-21 (木) 23:39:56
      • で、ではこちらにどうぞ!そういって共有スペースまでご案内するのでした -- 2017-09-21 (木) 23:42:05
  • 気に入った!のでもうちょっと居ようと思うよ。安いし。うさんくさいおっさんは今のところ無害?だし。よろしくう -- アコヤ 2017-09-22 (金) 00:40:42
    • アコヤさんの他にも3名ほど宿の滞在者が増えて、今はマスターも凄い上機嫌ですからきっとだいじょうぶです…!
      逆に…一気にお客様増えて、忙しそうなので…変なことされることもないかと…たぶん…たぶん…(視線で追われるくらいはします)
      -- 2017-09-22 (金) 00:53:34
      • それは客寄せメイドのチカラだね! あー、うん。(視姦されるのは慣れてるので無問題であった!)飯に変な物仕込むとかじゃなきゃ構わないし?
        風呂入って寝るーおやすみー -- アコヤ 2017-09-22 (金) 00:58:13
      • しょ、食事は私が作るときもあるのでそういう日は安心してくだされば…(メイドのおかげと言われてちょっと照れくさそうに喜ぶ)
        えへへ…はい…ではアコヤ様もどうかごゆっくりおやすみくださいませ…!
        -- 2017-09-22 (金) 01:02:42
  • ★ -- 2017-09-23 (土) 21:25:48
  • ☆ -- 2017-09-23 (土) 21:25:53
  • ♥ -- 2017-09-23 (土) 21:25:58
  • ふぅん? 宿屋ねえ…ああ、じゃあお嬢ちゃんが最近噂の宿屋のメイドさんか
    (道すがら、チラシを受け取った男が興味を持ったようにセティを眺める) 友人も宿に泊まっててな、話は聞いてる
    男嫌いの店主と、可愛い狐のメイドさんが居るってさ -- イーリアス 2017-09-24 (日) 19:46:26
    • えっあっ…えっと…あ、ありがとうございます…(褒められているけどストレートに言われると気恥ずかしいのかあたふたとして)
      て、店主は…男嫌いというよりは…女性が好き…な方面が強いから落差が…(あんまり変わらない気もするけど一応フォローしておく)
      -- 2017-09-24 (日) 19:55:02
      • (そんな様子を見てちょっと笑い、立派な尻尾を眺めれば) 知り合いに狐の獣人が居ないから、なんだか目を奪われるな
        女性が好きねえ、男としてはよく分かる (深く頷きつつ) でも、実際に泊まった男からは、不愛想だけど腕は良いって聞いてるぜ
        俺はここの生まれ育ちだから泊る機会はなさそうなんだがなあ… 食堂併設だったりしないか?
        噂になってるから興味はあるんだが、地元で宿に泊まるってのがどうにも一歩踏み出せないでね (宿屋の推しはあるかい、と) -- 2017-09-24 (日) 20:05:33
      • 食事は…宿泊者向けにでるくらいですね…あまり食事に凄く力をいれてる…というわけではないので…
        (不味くはないが、わざわざ食べに行くほどの味ではない、凄くありふれた感じの味で)
        あ…地元の方なんですね…た、たまにチラシ受け取ってくださっても地元だから…と言われることは…多いです…
        -- 2017-09-24 (日) 20:16:28
      • ふむ、なるほどねえ…あくまで普通の宿屋か (気にはなるんだけどなあ、と首を傾げて)
        まあ、話の種に一回行ってみるのも良いか お嬢さんの紹介って言えば、お嬢さんの給料もちょっと上がるかもしれんしな
        (そんな事を言って笑ってから、イーリアスだ、と名乗る) メイドのお嬢さん、名前を聞いても?
        ああ、そうだろうな 数百年前はこの町も、石を投げれば冒険者に当たる位だったらしいが、最近はなあ… -- イーリアス 2017-09-24 (日) 20:32:55
      • お客さんでなくても…泊まってるお客様にお知り合いでもいらっしゃったら…そちらを訪ねるついでに見て回る…なんて方も…
        あ、あとは…一泊からできますので…防音性はしっかりしてるので…気分転換に1泊だけする方なんてのも…(食事もでてくるので1日ゆっくり読書して過ごしたりする方とかも…っと説明する)
        わ、私ですか?セティと申します…!(自己紹介のあと深々と頭を下げながら)
        -- 2017-09-24 (日) 20:36:02
      • ああ、それは良いな 様子を見に行く感じでお邪魔しようか …防音性はばっちりで、一泊から…
        (自然と、たっぷりしたセティの体付きに目が行って、そう言う事を考えてしまうのはまあ、男のサガと言う物で…慌てて誤魔化すように頷く) ま、一泊も考えておくよ
        こりゃあどうもご丁寧に (こちらも軽く頭を下げてから) 宿に行ったら声をかけるよ よろしくな、セティ 俺は町はずれで道場をやってるから、セクハラに悩まされたら、護身術でも習いに来てくれ
        (冗談めかして笑ってから、チラシをひらひらさせながら帰って行った) -- イーリアス 2017-09-24 (日) 20:43:41
      • 石壁で30cmは分厚さが隣とあるので…部屋の中でドッタンバッタン大騒ぎでもしなきゃ…隣にも音がもれないです…!
        (普段から店主にそんな眼差しとかで見られてるので逆に悪い意味で慣れて気付いてない様子)
        あはは…そ、そうですね…身の危険かんじたら…(道場で護身術を教えてるんだ…っとなるほどと)
        お、お気をつけておかえりください…!(といって見送ってから、道場の先生に気をつけていというのもおかしいな…とか思ったとかなんとか)
        -- 2017-09-24 (日) 20:51:38
  • (宿で新聞みたいなものを読んでいると、セティが働いてるのが見えたので軽く手を上げて挨拶を)
    (そういえば、あの子の頭の…あぁ獣人だったのか、と今更ながら気づき) -- リッキー 2017-09-24 (日) 23:26:56
    • あ、リッキーさん(にっこりとくつろいでいるリッキーに笑顔で返事をしながら、床掃除でモップをかけていた)
      くつろいでいらっしゃるなら、コーヒーでもおいれしましょうか…?(新聞を読んでる人には、なんとなくコーヒーみたいなイメージがあるようで…大きな耳と尻尾をゆらしながら尋ねてきた)
      -- 2017-09-24 (日) 23:35:43
      • (少し考えて、それでいいという返事の代わりにサムズアップで、自分の頭の中でもさまになりそうと思ったので)
        (しかし何でチラシ配られてた時気づかなかったんだ俺…胸?いや、そんな見てないし、ちろっと見てただけだし、と脳内で言い訳して) -- リッキー 2017-09-24 (日) 23:41:13
      • (モップを置いて、少し待っててくださいと厨房へといって…焙煎珈琲をポットにいれてマグカップと一緒にテーブルに置くと注いで差し出す)
        砂糖とミルクはお好みでどうぞ…!(なんとなくブラックで飲みそうなイメージを持ちつつも)
        …宿にはなれましたか…?あまり共有スペースなどでは見かけないので…(時々こうやって一人でくつろいでる姿は見かけるようで)
        -- 2017-09-24 (日) 23:50:33
      • (よく働くいい子だよな、何であの宿屋の親父のところで働いてるのかは分からないが…意外といい親父、なのか?と思いながら)
        (そしてそう言われてじっとみられると、ミルクや砂糖を入れる軟弱?な真似出来ようはずがなく、そんな好きでもないブラックのままコーヒーをすすり)
        (宿に慣れたかという問いに関しては素直に頷くが、共用スペースに関しては若干目を反らして)
        (言えねぇよなぁ…人慣れしてませんなんてと思ってから)…来て、短いからな -- リッキー 2017-09-24 (日) 23:55:17
      • (観察をしていると、セティはとてもよく働く、365日休みなく、宿屋広しと掃除にベッドメイキング、大きく身体の色々なところが揺れたりするがご愛嬌)
        (リッキーが冒険から帰ってくれば、毎日ベッドのシーツも洗濯された新しいものに変えられている)
        皆さん良い人ですから…とても話しやすいですよ…?(あとリッキーが喋るのを実ははじめてきいたかもしれないセティ…!)
        -- セティ 2017-09-25 (月) 00:05:15
      • (確かに揺れたり見えたりするのは眼福ではあるが、それ以上に頑張るいい子だよなぁという認識で)
        (そのお陰で、この宿の暮らしにも満足してるだけに、チップとして銀貨を取り出すとセティに渡そうとして)
        (それに関してはすぐに頷き、宿のオヤジに関しては何故か信用しきれない面はあるが、それでも住人に不信感などはなくて) -- リッキー 2017-09-25 (月) 00:11:11
      • (一通り掃除が終わるとふぅっと額の汗を拭って、リッキーが見てるのに気づいたのか、微笑みを返し)
        えっあっ…そ、そんな申し訳ないです…!(コーヒーとかは宿泊代に含まれてますしとチップ渡されても遠慮気味で…でも銀貨1枚あったら…少しは買い物とかもできそうで)
        リッキーさんはじめ、最近は男性のお客様も増えてきたので…男性同士でならお話とかもしやすいかもですね…?
        -- 2017-09-25 (月) 00:14:03
      • (気にするなと首を振り、それでも迷ってる様子だったのでピンとコイントスの要領でセティに向けて指で銀貨を弾き飛ばし)
        (実際ダーさんとはハンドサインで交流出来るため、割とハンドサインで会話してたりする、はたから見ればシュババと手を動かし合ってるように見えるだろうが) -- リッキー 2017-09-25 (月) 00:22:19
      • あわわっ…!(いきなりコイントスされたので咄嗟に受け取ってしまった…ちょっとだけ、申し訳なく思いつつもスタイリッシュでカッコイイとか思ってしまったのは秘密です)
        (男性同士も話しやすいですよと言った後日、ダーフェンザーさんと、ハンドサインで会話してるのを見かけたメイドだった。…はたからみると会話は通じてるようだけど何を話しているかはさっぱりで)
        …あれ…冒険者同士のあれそれなのかな…(そんな風に勝手に解釈したりもした
        -- 2017-09-25 (月) 00:24:35
  • ものっすごく…ものっすごく繁盛しまくってておいそれと入れない…! (石畳の雄牛亭に入店できずおろおろしています)
    スゴイ…めっちゃスゴイわ…リリアちゃんに先に来て様子見してから一緒に来ようねって言ってたのに様子見すらできないとは… -- ネピェ 2017-09-25 (月) 21:07:55
    • あっネピェさん(夕食の材料を買ってきたらしいメイドが入り口前でうろうろしてる見覚えある人に声かけて)
      どうしたんですか?入り口でうろうろして…?
      -- 2017-09-25 (月) 21:17:04
      • は…入れない… (お宿がものすごい繁盛してて冷やかしにいくタイミングを失っているようですね)
        そりゃそうか、こんな大きいおもちをおもちのウエイトレスさんがお客さん呼んでるんだもん
        集客率200%ってカンジですな…あっまたお客さん入った…すげえ… -- ネピェ 2017-09-25 (月) 21:31:11
      • えっと…そ、そこまでは多くないですよ…たぶん…(行列できるほど客がきているわけではなく)
        でも最近は少し多めにきてくれてるので…部屋も半分くらいはもうすぐ埋まりそうでマスターも喜んでますね…半分は埋まってないと、宿としての維持もしづらいですから…
        -- 2017-09-25 (月) 21:57:11
      • さらに増やそうとしているのかー!?さすがは経営者、マーケティングに余念がない…私も見習わなければ…
        最近は冒険者の数も増えてきたし、街も活性化してきたしね 満室も目じゃないわね絶対!これがマネジメントか…成功例が目の前に…
        それでも宿が半分以上埋まってないとペイできないのね 収入がキビシーのは宿も劇団も同じよねー -- ネピェ 2017-09-25 (月) 22:17:16
      • サービスを維持していくための最低限の…ということがありますからね…お客がいなくても…掃除はしなきゃいけないですし…
        食事も…二人分(店主と自分)を作るよりも…多人数の分を作るほうが…収入面と…手間の都合で…だいぶ差がでますから…(少量使って材料持て余すこともあるので)
        やっぱり…どの商売も…客が増えれば…単価は少なく…儲けは出やすく…なるのかと…(と、前に店主が愚痴ってたような内容を話す)
        -- 2017-09-25 (月) 22:21:12
      • なるほど… (劇団を立ち上げたばかりの頃、お客さんがほとんどいず、赤字のまま回していたことを思い出していました)
        お客さんが少ないとその分厳しくなるし、多くなるとちょっと仕事は増えるけど収入はもっと増える…マネジメントだわ…
        もう少し落ち着いたら改めてお店に行かせてもらうわね…すごいわ…見習いたい…でももっと増えるのか…すげえ… (ただただ関心して去っていきました) -- ネピェ 2017-09-25 (月) 22:31:28
      • あ、見ていかないんですか…?(帰っていくのを見ながらひきとめ…あ、もういないと思ったより速さに驚きつつ)
        …ネピェさんも劇団やってるみたいだし…商売の話とか好きなのかなー…
        (それとリリアちゃんが一足先にきて、もう宿をとったことを伝え忘れたのを去っていくのをみてから思い出したのでした)
        -- 2017-09-25 (月) 23:29:03
  • (セティが宿の店先を掃き掃除などしていると、なんか見覚えのある袴人間が寄ってきたと思おう)
    やあ、その節はどうも。あれから仕事の方はどうだい?(気さくだ!) -- 桃李 2017-09-25 (月) 23:44:24
    • …あっ!トウリさん!お久しぶりです(深々と頭を下げて、掃き掃除もだいぶ終わってるので近づいてくる)
      はい…!コーヒー習ったのもありまして…(そのあとも軽食の作り方を習ったりもしたようだ)
      焙煎珈琲、お客様の評判もいいんですよ…!(と彼女にしてはニコニコと嬉しそうに明るめの口調で)
      -- 2017-09-25 (月) 23:49:05
      • おぉう、また大仰だな(いいいい、って感じに手を振る。照れるわ) 焚き付けた側としては行く末が気になっていたんだが、なかなか機会がな…
        ほう!(評判がいいと聞いてこちらも笑顔に)そうかそうか、それはよかった!喫茶を薦めた甲斐もあるというものだ!
        それで、食糧事情やら給金は改善されたのかい?宿の収入は増えたんだろう?(ん?) -- 桃李 2017-09-26 (火) 00:01:42
      • よかったら立ち話もなんですから…飲んでいかれますか…?(そういって宿のほうへどうぞと)
        えーっと…給金のほうは変わらずですけど…昼もいるお客様は増えたので…そのときに多少自分の分の食事とか作ったりしても…文句いわれるようなことは…へ、へりました…!
        (あとは料理をするようになったから、その味見名目で多少食べることも増えたと說明して)
        -- 2017-09-26 (火) 00:06:08
      • む、それではお言葉に甘えておじゃまさせて頂くか(おとなしくついてく。なるほど店内に活気あるザワつきを感じる)
        ふうん……話に聞いていたのとはだいぶ違うな、にぎやかないい宿じゃないか…石畳なのはいただけんが(底冷えしそう)
        まずは一歩前進、といったところか。食なくして人は生きられんからな、そこが改善されたのは大きいが……
        あれだな、きみ気弱そうな顔してけっこう抜け目ないな。世界はそれをつまみ食いと呼ぶんだぜ! -- 桃李 2017-09-26 (火) 00:13:34
      • (共有スペースの一角にご案内して、暫くお待ち下さいとキッチンのほうへ…暫くすると焙煎珈琲をいれて戻ってくる)
        トウリさんと最初話した時は…部屋一室も埋まってなかったんですが…最近日増しにお客様が増えてありがたい限りです…!
        …あは…あははっ…そ、そう言われちゃうと…そのとおりですけど…仕事増えたから…食べないと本当倒れちゃいそうで…
        (あと時々見かねてか、宿のお客さんがお菓子くれたりとかも増えたとかそんな說明をしながら)
        -- 2017-09-26 (火) 00:16:01
      • (ドーモと会釈して珈琲を一口) ……うん。先日猫目亭で頂いた練習のやつよりおいしい。きっとマスターも喜ぶと思うよ、いい弟子が出来たってね(にっこり。いい香りです)
        へー、チラシ配りに効果あったのかな?あるいはその胸にぶら下がった付加価値(バリュー)に釣られたのかも知れんが!……知れんが!(ぐぬぬ)
        ははは、意地の悪い言い方だったかな?(けたけた) なあに君の働きからすればつまみ食いくらいおおいに許されてしかるべきさ
        セティさんがいなければ私もこうして(ずずー)この宿を訪れることもなかったわけだしね。(はふー)思うさまつまみ食いして店主に仕返ししてやればいいさ! -- 桃李 2017-09-26 (火) 00:29:15
      • (あのあとも数度通って教えてもらいつつ、客にも出して淹れた回数はかなりの数になったとか)
        えっと…そういう意味でのバリューですと…私よりおっきー人が…お客様で二人はいらっしゃるので…で、でも女性客のほうが多いので…女性が多いなら…と女性が増える好循環に…!
        (あとそのおかげで店主が常に機嫌がよく、前の客少なかったときのように怒鳴られたりすることも減ったとか)
        こうやって…トウリさんもきてくださいましたし…トウリさんにであわなきゃ…コーヒーとかもださず料理もあまりしなかったでしょうから…感謝してます…!
        -- 2017-09-26 (火) 00:34:23
      • (雑談の中で「何度かセティが猫目亭を訪れていた」事実を知りニヤケる)なるほど、どうりで最近マスターの機嫌がいいわけだ……なるほどなるほど、奥さんにチクってやろう(くふふ)
        えっ(えっ) 君よりよりおっきいって……えっ?なにそれギャグ?上には上がいるとは言うけど世界レベルとはそこまで果てしないの?(己の胸を見やる。……地元レベルッ!!)ちくそう!!(魂の叫びが石造りの宿に木霊した!!)
        ええい胸のことはさて置いて…置いて…!!私が寄せてもらったのは君がどうしてるか気にかかったからでしかないのだが……なんだね、そう持ち上げられると…いや、これは面映い……(てれてれ)
        あ、それじゃついでと言っては何だが軽食も何かいただけないかな?君の腕前も見たいし、せっかくだからね……(意味ありげにウインク。つまみ食いチャンスですよ?) -- 桃李 2017-09-26 (火) 00:46:00
      • (あっちのマスターは優しくてーっとかそんなありふれた会話、奥さんがいるとかは実は知らなかった)
        えぇそうです。私よりおっきー人が二人…ちょっと年上かと思ったら年齢もあまり離れて無くて…びっくりですね…片方の人は…そういう種族っぽいですけど…
        (あっはーい!っとちょっと叫んでたトウリさんをみてくすっと笑いつつ…暫くキッチンに篭もると…バターナンを焼いてきた)
        えっと…これも猫目亭のマスターから教えてもらって…(そこに、はちみつをたっぷりとかけてお出しする。コーヒーの苦味によくあう。お手軽な軽食)
        -- 2017-09-26 (火) 00:52:03
      • (マスターの設定まだ固まってないしね、仕方ないね。などと談笑しつつ) しかしまぁこれが格差社会というものか……世の中間違っているよ、胸は均等であるべきだよちくせう(イギギギギギギ)
        (で、お出しされたモノを見て感嘆のため息)ほう……あのときマスターが「君はスジがいい」と蕩けた顔で言っていたが、なるほどこれは中々……(ぱくり) うん、バターの香りとナンの舌触りがよく合ってる。
        そしてこのはちみつの甘さがコーヒーを否応なく進めさせて…(ずずい) ……うん、うん。喫茶スペースいけるよ、この年寄りが太鼓判つけてもいい!(にこにこ。思ってた以上だったようです) -- 桃李 2017-09-26 (火) 01:00:00
      • (ナンの焼き方まで勝手に教えてもらってもらってることにしてて若干申し訳ないですねなんて便利な設定なんでしょう…別所の宿の店主!!)
        (いっぱい褒められて嬉しそうに微笑んで)そ、そういっていただけてありがとうございます…!このバターナンは結構評判よくて…
        普通のパンより…時間おかなくていい分さっとお出しできるので…宿ペースにはいいのかもしれません…!(ジャムとかかけても美味しいのですが今はなくて…っと若干申し訳なさそうに笑う)
        -- 2017-09-26 (火) 01:02:39
      • (とりあえず「お調子者の恐妻家」というところまでは決まってるのでどんどん知らないうちに活用して欲しい!マスターがしぬので!という声が聞こえたりするかもだ)
        うんうん、実際おいしいよ。評判とは結果に付随するものだ、つまりはセティさんの努力の成果だよ(ほめほめ。褒めて伸ばすタイプです)
        しかしあのマスターめ、私にはこんないいもの出したこともないのに……こりゃ君に相当入れあげてるな、あのスケベめ!!(楽しそうにけらけら笑う。冗談半分の軽口なのが見て取れるだろうさ)
        ……さて、思った以上の成長ぶりも見て取れたし、あまり君を独り占めしては泊まりのお客さんにも悪い。そろそろおいとまさせてもらうとするか
        ごちそうさま、君のところのマスターにもよろしく言っておいてくれたまえ(と、相場よりあからさまに多い勘定を置いて) 最近ちょっと実入りが続いたのでね、おすそわけだ(なんてスカしたこと言って帰ってった) -- 桃李 2017-09-26 (火) 01:15:57
      • (褒められすぎて照れる。恥ずかしくてちょっとあわあわしちゃう)
        い、色々…お店でだしてないメニューとかも教えてくれて…!(そっちのほうがうちと被らないだろうとかマスターの配慮だったとか)
        あっお代なんていいですのに!(しかし男前な感じでかえっていくので、押し返すわけにもいかずありがたくいただくことにしたとか)
        ありがとうございます何から何まで…!(そういってトウリを見送り、見えなくなるまで頭を下げていたとか)
        -- 2017-09-26 (火) 01:25:58
  • セティは可愛いよね… (と、狐っ娘の部屋を訪れた魔女は唐突にねっとりした視線を向けて言い放った!) -- リリネ 2017-09-27 (水) 22:41:20
    • ふぇっ!?えっ…な、なんですか…リリネさん…!(セティに用事があるとカウンターの店主に伝えると、今は地下の自室にいると教えてくれて、鍵をあけて通してくれた)
      (そしてリリネが入ってくるなり、そう言い放つものだから、びっくりしたようにあたふたする狐であった)
      -- 2017-09-27 (水) 22:42:46
      • ふふっ…そうやって戸惑う様子なんか、いじめたくなるよね? まったく…セティは悪い子だね…
        (言いながらセティの手を掴み、掴む。掴むんだ!抵抗は無意味だ。いや抵抗するならそれはそれでアリ) -- リリネ 2017-09-27 (水) 22:47:24
      • い、いじめ…ないでください…!(びくびくしながら手を握られる、少し水仕事とかも多いからか多少手荒れあるものの10代の柔らかな手で)
        ど、どうしたんですか…?リリネさん…いつもと雰囲気が違うような…いつもどおりなような…(むしろ1回しかまだ話してないので普段がどんなのかわかりきってもおらず)
        -- 2017-09-27 (水) 22:49:26
      • いいや、駄目だね。虐めるねっ どうしたか、だって?……フフフ、それはボクの台詞だよセティ? 全部君が悪いのさ
        そう、君があまりに魅力的過ぎるからいけない。だからこうして罰を与えてあげないとね……(悪い表情をしている魔女だ。楽しそう!)
        あ、ちなみにここの主人にはさっき2人きりにしてくれと頼んだらちょっとキモい感じで「ごゆっくりどうぞフヒヒ」みたいな了承取ったから、助けは来ないよ?
        (※グスタフには酷い風評被害ですが無害です) -- リリネ 2017-09-27 (水) 22:54:35
      • た…たぶん…フヒヒ…じゃなくてグフフ…だと思います…!(細かい違いをツッコミつつも無駄に楽しそうなリリネにあたふたしながら)
        そ、そんな…私…そんなつもりじゃ…(魅力的と言われて嬉しくないわけではないが、急展開すぎるのでどうしたらいいのか…しかしここは地下室…防音はしっかりしていて…助けを呼んでも誰もこない密室…!)
        ゆ、ゆるしてください…い、痛いのは…嫌ですから…(結構痛みには弱い色々な意味で…おしおきと言われて何かそういうのを想像したようだ)
        -- 2017-09-27 (水) 22:57:07
      • (意外とメンタル強いなこの子…! そしてそろそろ可哀想になってきたからもうやめにしとこうかな…)
        うん、セティ不合格っ 駄目駄目、もっと言葉だけじゃなく身体で抵抗しないと…これはちゃんと指導が必要だねー…
        (と言いながら手を離す。全ては演技だったのだが…存分に楽しんだのは間違いない魔女であった) -- リリネ 2017-09-27 (水) 23:01:50
      • ふぇっ…ふ、不合格…?(なんのことかさっぱり状況把握できず)
        か、身体を使って抵抗…ですか…えっと…えーっと…(倒れ込むような仕草をしてみながら…こうですか…?っと頑張ってみたりするがあんまり演技は上手ではなかった)
        …も、もしかして…リリネさん…からかってました…?(やっと気づいた鈍いメイド)
        -- 2017-09-27 (水) 23:09:04
      • う、ううむ…正直に言えばイマイチ、だね……  ああいや、からかったワケではないよ?うん、決してからかいが目的じゃない
        ボクはねセティ、君が男性に襲われやすそうな雰囲気をしてるからこうして悪漢のフリをして実際にどういうリアクションをするか試したんだよ
        だから決して怖がるセティの表情をじっくり観察して楽しんだわけじゃないと断言しておくよ (※モノは言いよう) -- リリネ 2017-09-27 (水) 23:18:49
      • …えっえーっと…その…もし私が間違ってたら…言って欲しいんですけど………(控えめに言いづらそうに力なく笑いながら)
        …その…悪漢に襲われた時…リリネさんがいうような…合格の反応だと…ぎゃ、逆に危ないというか…完全に襲われてしまうのでは…ないですか…?
        (リリネが色々したが、リリネは怖くないのでただただ何かわからず困惑していただけなので)
        -- 2017-09-27 (水) 23:26:05
      • なに、簡単なことだよ。相手の男性機能を最短距離で停止させてしまえばいいんだ (※笑顔で恐ろしいことを言う)
        それに抵抗しなければどちらにせよ襲われるわけだからね……まぁしかし、行動以前に言葉で相手からその気を無くさせるという方法論もある…
        ではそちらの方を勉強してみようかセティ? (手持ちの本から資料となるものを取り出しつつ) -- リリネ 2017-09-27 (水) 23:31:22
      • なる…ほど…さ、参考に?なります…襲われたりしないようにまず…気をつけたいですが…!
        えっと…資料ですか…?(本が取り出されるのを見ながらどんな資料なんでしょうかと)
        リリネさんは…わ、私が襲われたりしないように心配してくださっているってことですか…?(だからこそのあの行動だったんだ…っと勝手に納得して丸め込まれていく)
        -- 2017-09-27 (水) 23:33:59
      • セティはまぁ……時間の問題だろうね、襲われるのは…(直視できずに目を逸らす)
        よし、じゃあまず手を掴まれた時は…ええと、なになに? 「汚ねぇ手で触ってんじゃねぇぞクソ虫野郎が」…と、この文献には書いてある
        続いて、詰め寄られた時は… 「クセェ息吹きかけてんじゃねーよ、馬糞よりクセェじゃねーかこのタコ」 ふむふむ…実に興味深い!
        そして最後に…… 「全身腐った粗チン野郎が。帰ってママのミルクでも飲んでな、このハゲーーーーー!」 ……だそうだ -- リリネ 2017-09-27 (水) 23:47:17
      • き、気をつけます…さ、幸い…宿にはそういうことをしそうな男性の方はいらっしゃいませんし…(他は女性ばかりですしと)
        え、えぇぇ…!?(リリネの口から出続ける言葉にあわあわしつつも…せっかくリリネが自分のことを思って教えてくれようとしているので)
        …き、きたねぇ手で…さ…触ってんじゃ…ねぇぞ…く…くそ虫…や…ろぉ…(いってる途中にどんどん声が小さくなって最後のほうはほぼ聞き取れないレベル)
        -- 2017-09-27 (水) 23:50:41
      • おお、なかなか上手いじゃないか? いやしかし…ボクもまさか罵倒にこんなバリエーションがあるなんて知らなかったな…
        よし、じゃあ次の台詞も言ってみようかセティ? (ふざけている、というよりは本当にこの資料を鵜呑みにしてるリリネである) -- リリネ 2017-09-27 (水) 23:54:12
      • が…がんばります…で、でも難しいですね…これ…咄嗟に言えるんでしょうか…(えっと詰め寄られたときは…と思い出して)
        く…せぇ…息吹きかけてんじゃねー…よ…です………ば…ソ…よ…た…タコ…(完全に消え入りそうな声で、ちょっと涙浮かべつつ)
        -- 2017-09-27 (水) 23:57:23
      • 頑張れっ セティ頑張れっ どうしてそこで諦めるんだそこで、もっと熱くなるんだ〜っ 気持ちの問題だよっ (※謎の熱血応援)
        よし、じゃあ最後の台詞を…ここに宿のご主人がいると思って元気にいこう! (何気に外道である) -- リリネ 2017-09-28 (木) 00:02:14
      • だ、ダメです…マスターにそんなこといったらどんな酷い目にあうか…ほ、ほぼ確実に…そ…その
        …(おどおど…ビクビク…っとしていると…外で二人の会話を盗み聞きしていたであろう、宿の主人が、音も立てずにぬっと扉からはいってくるのがセティの目に見えて…あわ…あわわわわっと…リリネに教えようと後ろ指を刺していると…)
        -- 2017-09-28 (木) 00:04:56
      • ミルクを飲んでろハゲだ?それじゃおめぇのおっぱいからミルク飲ませて貰おうか…そしてワシのミルクも腹いっぱいになるまで飲ませてやるわぁ!!
        (と、背後からリリネに向かって叫ぶ宿屋の主人) -- グスタフ 2017-09-28 (木) 00:05:54
      • (ノータイムで背後に向かってヒールキックを繰り出す。当然狙いはグスタフの男性機能であり……)
        あっ……つ、つい反射で… (それは身体に染み付いた護身の挙動。そう、これは悲しい事故なのです…) -- リリネ 2017-09-28 (木) 00:09:40
      • ぐぁぁああああああ!!(ヒールキックは無残!店主の股間にクリーンヒットして。内蔵に食い込むほどの見事なクリティカルヒット)
        (リリネは店主を倒した。16の経験値を手に入れた) -- グスタフ 2017-09-28 (木) 00:13:55
      • …あ、泡吹いて…倒れちゃってます…あわ…あわわわわ…(しかし、襲われた時は言葉より何をすればいいのかは、一番よく伝わりました) -- 2017-09-28 (木) 00:14:36
      • (経験値少ないなこの豚…←心の声が辛辣すぎる) お、セティそれって…泡だけにあわわわってこと? ふふっ…面白いね
        いやしかし、どうしようかこれ。うーーーーん……あ、そう言えばセティの料理を試食しようと思って来たんだ
        よし、厨房に行こうセティ。ちょっと足が汚れたからお風呂に入りたい気もするけど料理が大事だ (表の声も辛辣すぎた) -- リリネ 2017-09-28 (木) 00:19:45
      • (店主は時々ビクンビクン痙攣しながら、暫く立ち上がれそうになかった、だが店主は強かった。この程度ではエンドオブダンセイキにはならず翌日にはいつもどおりだったとか…)

        …あっそ、そうですね…あはは…泡とあわで…いえ、そういう気ではなかったんですけど…!
        料理…ですね…は、はい!わかりました…(そっと店主に毛布だけかけておきながら、厨房近くの共有スペースのテーブルまでご案内)
        お風呂…入りたいならよかったらあとで入りますか…?先に食事にしますか…?
        -- 2017-09-28 (木) 00:23:41
      • お風呂が先か食事が先かなんて、そんな奥さんみたいなことを軽々しく言うもんじゃないよ? ふふっ…
        大丈夫、お風呂は帰るまで我慢するさ? 言っただろう、セティの料理が大事なんだ。そんなわけで応援させてもらうね
        (汚いやり取りなんて何も無かったかのように試食会を楽しむ女子達、という幕引き) -- リリネ 2017-09-28 (木) 00:29:09
  • (桜が綺麗と言う花見にいくために宿を出ようとすると、外で掃除をしているセティを見かけ)
    (軽く手を上げて挨拶するも、今日も仕事をしてる姿を見て少し考え)…休みは、ないのか?(疑問を投げかけ) -- リッキー 2017-09-29 (金) 20:39:19
    • あ、リッキーさん(こんにちわとお辞儀をしながら微笑む)お、おやすみですか…?
      基本的には…365日ずっと…ですね…(借金があるので一日でもはやく…っと獣人なので体力自体は地味にあるので体調崩したりは滅多にしないのが幸い)
      -- 2017-09-29 (金) 21:35:44
      • (365日と聞くと、顔を顰めて少し考え) …たまに休むのも、悪くない…
        …それに、今日は花見だが(行かないのだろうか?という意味で) -- リッキー 2017-09-29 (金) 21:41:20
      • 夜の…遅い時間になったら…行って良いとのことなので…お昼と夕方のうちに…お掃除とかはすませちゃおうと思いまして…!
        夜になったら合流できるかと…あっ…夕食は花見にもっていける、サンドイッチ予定です…!(まだお昼頃みたいなそんな感じ)
        -- 2017-09-29 (金) 21:42:54
      • 夜、か…(夜桜も綺麗だとは聞くが、それでは皆と一緒に楽しむことが出来ないのではと心配して)
        …なら、掃除終われば…行くのか?(何をするかは言わず、それを確認して)
        (もし行くというのなら、近所の子供を集めて銀貨で手伝わせようと思い//RP的に無理なら諦めるぞ!) -- リッキー 2017-09-29 (金) 21:48:11
      • えっと…そ、そうですねお掃除とか終われば…あ、でも夕食のサンドイッチも作るので…
        (掃除終わってもすぐにはいけないですねっと笑いつつ)でもお気持ちは嬉しいので…ちゃんと花見には顔…だしますから…!
        (そのあと、顔出して即、一気飲みからの…を見ることになったのはまたあとのお話…)
        -- 2017-09-29 (金) 21:53:53
      • そうか…なら、頑張ってくれ(断られれば無理強いはせず、応援だけしてから花見会場へと向かい) -- リッキー 2017-09-29 (金) 21:59:10
      • ありがとうございます…!リッキーさん…無口だけど…色々気にかけてくれて…優しい人だなー…(とお花見に見送るのでした) -- 2017-09-29 (金) 22:00:12
  • エッチな巨乳になっちゃう薬が振り撒かれた -- 2017-10-01 (日) 12:41:01
    • (特に変化がなかった) -- 2017-10-01 (日) 19:49:50
      • (大したものですね…) -- リリネ 2017-10-02 (月) 00:35:43
      • り、リリネさん…!?(メガネをクイっとしそうな感じの表情に驚きつつ) -- 2017-10-02 (月) 00:46:40
      • (期待に応えて読書用の眼鏡をクイッとしつつ) ……あ、すみません。特に話を広げる気はありませんでした -- リリネ 2017-10-02 (月) 01:31:49
      • あっ…いいんですよ…リリネさんがこうやって…気軽にきてくださるのは…嬉しいですし… -- 2017-10-02 (月) 01:43:50
  • セティ、おへや…かりた、の(以前あったときに聞いていた雄牛亭に従者が部屋を借りていて、時々泊まりに来ているそうだ) -- ハロリータ 2017-10-02 (月) 21:26:01
    • …あっ…ハロリータ様…!そういえば…お祈りの効果あって…最近良いこと多くて今度、お礼にいこうと思っていたんです…!
      (逆にきてくださってありがたそうにまた拝みながら)あ、お茶かコーヒー…それかジュースでも飲みますか?
      -- 2017-10-02 (月) 21:30:35
      • ん、よか、た…(相変わらずの口数だがコノ街でいろんな人に出会って変わってきたのか表情が少し柔らかい)
        じゅーす…が、いい…(以前は相手の姿を見る余裕がなかったがこうしてみると
        セティは人のようで動物のようで不思議な形をしているなーと思いながら見つめている) -- ハロリータ 2017-10-02 (月) 21:33:23
      • お客さんも増えましたし…みないい人で、仕事も辛さより楽しさのほうがまさるくらいで…
        (こちらも、幸薄そうな雰囲気よりは、笑顔も少し増えたようで、嬉しそうに大きな尻尾が左右に揺れてる)
        そういえば従者さんもお隣になってますね…あんまり見かけませんけどきっと日中とかはハロリータ様のお屋敷にいってるのかなって思います(どうぞーっとオレンジジュースを差し出して)
        -- 2017-10-02 (月) 21:37:11
      • セティ、み、み…し、っぽ(元気に動くそれらの部位に目を取られつつもオレンジジュースをごくり)
        ん、寝るとき…だけ(聖女の身の回りの世話をするほかにも近衛兵のこともやらなくてはならず多忙なのだと話す
        それだけでなく、ハロリータの理解者であるそうなのでこうしてこっそりとお話できるここの部屋は気に入ってるそうだ) -- ハロリータ 2017-10-02 (月) 21:52:48
      • あっ…これですか…?えーっと…たぶん?狐なんだと思います…両親のどっちかが…狐の獣人だったのか…両方なのか…孤児なので顔は知らないんですけどね(と笑って)
        なるほど…だから見かけても…すっと部屋に戻っていって寝てるんですね…(なるほどなるほどと思いつつ)
        おかげでハロリータちゃんも顔だしてくれるし…本当ありがたい限りですね…(ジュース飲んでるハロリータの前に座ってニコニコ笑顔で)
        -- 2017-10-02 (月) 21:57:48
      • こ、じだと…わからな、い?(そもそも孤児が何なのか分かってないハロリータ、でもなんとなく顔を知る前に離れ離れになったのだと理解して)
        ん、従者…げ、んきに…(もし疲れた顔をして食事をしてたらジュースなどで元気付けてやってほしいとのこと
        ハロリータ自身では何もして上げられないのが現状なのでこうして誰かに頼るほか無いのだ)
        セティ、え、がお…かわ、い、い(幸せそうで嬉しそうな笑顔はまだまだ自分には出来ないのでうらやましそうに笑顔を見つめるハロリータ) -- ハロリータ 2017-10-02 (月) 22:25:25
      • そうですね…えーっと…捨てられたり、親をなくした子供が孤児院という施設で育って…(とそのあたりのことを軽く說明した、自分もそうだったのだと)
        はい!ゴハンなどはお部屋に運ぶこともありますしね…しっかり食べてしっかり寝るのがやっぱり健康の基本……だと思います!
        (と、說明していたらそんなこと言われたので照れくさそうに頬染めて)そ、そんなことないですよ…も、もー(でも耳と尻尾はパタパタと嬉しそうで)
        これも、ハロリータ様にお祈りしたから…かもしれませんね…あれから何事もいい方向にばかり転がってる気がします…!
        -- 2017-10-02 (月) 23:16:36
      • 捨て…(親権を国に渡して南国リゾートへ旅立った両親は私のことを捨ててしまったのか、急に不安になる)
        わたし、だけ、じゃっない…セティも(不幸を避け幸せになりたいと願うから少しずつよくなっている、祝福だけでなくセティ自信の頑張りでもあると褒めて)
        そろそ、ろ…いく、公務…(裸になるのやだな、と思いつつ聖衣すら脱いで公務モードになるハロリータ、一度頭を下げてからセティのもとを後にする) -- ハロリータ 2017-10-02 (月) 23:27:56
      • …公務…頑張ってね(言葉数は少ないけど、公務といったときちょっと嫌そうなかおをしてるのが気になって)
        あ、私でできることあったらまたなんでもいってね…それじゃ…いってらっしゃいませ(そういって頭を下げて見送るのでした)
        -- 2017-10-03 (火) 00:17:53
  • -- 2017-10-03 (火) 21:42:47
  • -- 2017-10-03 (火) 21:42:56
    • BBAがナンだって? -- アコヤ 2017-10-05 (木) 01:03:16
      • マーボーです!麻婆…!アコヤさんは…そういう言葉に反応するような年齢じゃありませんって…! -- 2017-10-05 (木) 01:05:53
      • 美味しいよねマーボードーフ。あれだあれ。酒場の客で15過ぎたらBBAとかいう弩の付くロリコンがいてさ。ぶっ飛ばしてやろうかと -- アコヤ 2017-10-05 (木) 01:07:16
      • …そういう人はぶっとばしたりするよりも、こう…哀れみをこめた病人を見るような慈しむような眼差しで…(こんな感じで…っとアコヤを見る) -- 2017-10-05 (木) 01:17:07
      • 冬だ。冬みたいな冷たい視線だ!?(真似をするがただのガン飛ばしになる。あきらめる) -- アコヤ 2017-10-05 (木) 01:30:54
      • (その眼差しは、時折宿屋の主人に向けられる、冬のナマズのように沈んでいけと言わんばかりの眼差しだった…)
        アコヤさんは可愛らしい顔なので…あんまりそういうのよりやっぱりちゃんといったほうがいいですね…
        -- 2017-10-05 (木) 01:31:54
      • 視線だけで人殺せそうな奴っているよな……(目の前にいるセティがまさにそれだ、と言わんばかりの顔)
        え? かわいい? やだなー!! かわいいメイドちゃんにかわいいとか。なー? (ちょろい)
        (上機嫌のまま、帰っていく。ロリコンへのムカつきはもうすっかり忘れてしまったらしい。ちょろいなー) -- アコヤ 2017-10-05 (木) 01:41:22
      • (上機嫌そうだからよかったと見送りつつ)アコヤさんも忙しそうだなー…(他の酒場でバニーやったりとか色々)
        そのうえ、うちの宿も時々手伝ってくれたり…本当に有難うございます…(去っていく背中に向けて、深々と頭を下げて見送るのでした)
        -- 2017-10-05 (木) 01:50:40
  • 豆腐 -- 2017-10-03 (火) 21:43:03
    • (椅子に座ってお椀を箸でちんちこ鳴らすヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-04 (水) 21:08:43
      • えっとそれ昨日までなんですよ…(代わりにグラタンを差し出す) -- セティ 2017-10-04 (水) 21:25:18
      • えーしょうがないなぁ……やったグラタンでいいよ!(むぐむぐ)
        ほひょひひはふぇひぃひゃん!(ごくん)ねーねーまだお宿の二人部屋って空いてる? -- ヤヤヤ 2017-10-04 (水) 21:29:24
      • あついですからやけどしないようにですよー(水もテーブルにおいて)
        この前きてくださったときから宿泊者は増えてないので、問題なくあいてますよー
        -- 2017-10-04 (水) 21:32:14
      • んぐんぐんぐ……ぷう、美味しかった、ありがとうセティちゃん
        良かった空いてるなら来月のどこかでお部屋借りようかなって思って、この前おっちゃんに会ったんだけど伝え損ねちゃったんだよね
        もう今のお宿にお話しはしてあるから、こっちが良ければ決まりかなって思って -- ヤヤヤ 2017-10-04 (水) 21:36:39
      • どういたしまして(笑顔で食べてる様子をみながら)
        あ、そういうことなら…部屋番号だけいっておいてくだされば、私が伝えておきますよ?
        ヤヤヤさんと…あともうひとりの方でしたよね?二人部屋はベッドもちゃんと2つありますしシャワーもあるから使いやすいですよ〜
        -- 2017-10-04 (水) 21:45:37
      • ほんと!?じゃあラッキーな番号が入ってる207号でおねがいします!
        うん!名前も必要なら、私ことヤヤヤとあとはクッキーで、それで登録してもらえたら嬉しいな
        あそういえば、前もおっちゃんに聞いたんだけど、セティちゃん以外で宿の従業員さんっていないの?なんだか大変そうだなって -- ヤヤヤ 2017-10-04 (水) 21:56:59
      • はーい、それじゃその部屋は予約みたいな感じで…実際に引っ越すときにマスターにいってくれたら
        お金支払いとそのときに台帳に記入、あとはお金もそのときで大丈夫ですからねー
        あー…一応は私だけで…たまにアコヤさんが手伝ってくれるくらいでしょうか?結構皆さん、細かいことは手伝ってくれてるので…だいぶありがたいです…
        -- 2017-10-04 (水) 22:13:23
      • ふむふむふむふむ、よくわかんなかった……でも多分クッキーちゃんに聞けばわかるかなぁ
        じゃあその時になったら改めてよろしくお願いしますセティちゃん、私も出来る限りお手伝いするから!(まじめなポーズ)
        うん!それじゃあ用事も終わったし帰っちゃうよー?またねー?(去り際にもう一度ごちそうさまでしたとお辞儀して去ってくヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-04 (水) 22:21:52
      • あっはーい!ヤヤヤちゃんまたねー!今度、クッキーちゃんも紹介してくださいねー!
        …宿にこられたら、お話する機会もあるかなー…可愛らしい名前の子だし、きっとヤヤヤちゃんみたいな明るい子ですね!
        (などと想像をふくらませるのであった)
        -- 2017-10-04 (水) 22:23:18
  • あ! セティだ! もしかしたらお仕事中かな・・・? お邪魔かもしれない・・・!
    でも、相変わらずおっぱい大きくて元気そうね!  -- レン 2017-10-04 (水) 22:49:01
    • あらレンちゃん(宿の前を箒で掃き掃除していたところだったけど、少し手をとめて)
      もう少しでお掃除終わる所だから大丈夫ですよ〜…レンちゃんも相変わらず元気ですね(おっぱい大きくてっと言われて恥ずかしいけどたぶん変な意味でいってるのではないので嫌がったりはせず笑って)
      レンちゃんはお出かけ中…?お散歩とかしてるところかな…?
      -- 2017-10-04 (水) 22:56:51
      • お仕事中だった! それは・・・お掃除かな? ボクもししょーのお部屋の掃除とか、やったよ! ししょーは片付けができないからね・・・。
        うん、お出かけ! これから・・・ねこのおじさんのとこにいく!! なんかちょっと、珍しげな草をもらったから! -- レン 2017-10-04 (水) 23:02:14
      • (レンの口からでるお師匠さんの情報が、だいぶだらしない人な気がしてきたけど、あったこともない人なので偏見もったりしないようにしようと思うセティ)
        あ、ダーフェンザーさんのところですか?それですと…宿の2F、一番隅っこの210号室ですよー
        他の部屋よりは…独特の香りがするからわかりやすいですね…香ばしいというか…スパイシー?
        -- 2017-10-04 (水) 23:06:11
      • ししょーは、おっぱいが大きくて邪魔だからお片付けできないって言ってたけど・・・セティはしっかりお掃除してるね。 とてもえらい!褒めるよ!!
        (ダーフェンザーの部屋を聞き)・・・・・・? ねこのおじさん、ここにいるの? 町のお店にはいない? あー、わかる! 調合は・・・たまに鼻が変になりそうになる。やばい。 -- レン 2017-10-04 (水) 23:09:07
      • …確かにちょっと下側見づらかったり…前かがみになると支えちゃったり…確かお師匠様は…私よりさらに…大きそうなんでしたっけ…?(褒められるとちょっと照れ笑いしつつ)
        お店…やってるんでしょうか?そういえば広場で何かものを広げてたのをチラっとみたことあるような…
        それはおいといて…ダーさんはうちの宿にずーっとお泊りしててくださって結構いつもいますよー、出歩いてても宿で待ってれば確実にあえると思いますよ?
        (お掃除終わったし、ちょっとあがっていきますか?っと招き入れるように)
        -- 2017-10-04 (水) 23:17:30
      • そう、それ! ししょーは・・・すぐボクの頭におっぱい乗せる・・・。 セティも、楽だからって頭におっぱい乗せちゃダメだよ・・・・・・?
        ここにいれば、ねこのおじさんに会える? わかった! じゃあお邪魔します!! -- レン 2017-10-04 (水) 23:27:25
      • の、のせないから安心してね…?は、恥ずかしいから出来ないけど…(楽…なのかな…っと手で支える…確かに…重たいな…普段意識しないけど…)
        はいどうぞー(それじゃと2Fへの階段近くの椅子に案内して)ジュース…は出せないけど冷たい水とか飲みます…?
        -- 2017-10-04 (水) 23:30:05
      • うん! セティは・・・ししょーよりも優しみがある!! ・・・そうか・・・セティの爪のあかをししょーに飲ませれば・・・・・・。
        水・・・ください! いただきます! ・・・そういえば、セティのごすずんもここにいるの? 一緒に住んでる? -- レン 2017-10-04 (水) 23:36:17
      • き、汚いですよぉ…それでもあれですって…優しくない人だったら弟子の面倒とかみてくれないし…そんな親しげに接してくれないと思いますよ…?
        あ、ごすずんではないんですけど…そうですね…あっちのほら…(そういってカウンターを指差すと、ハゲあがった頭の浅黒いムズっとした男性がパイプをふかしながら新聞を読んでいる)
        えーっとあの人がこの宿の店主で私の雇い主のグスタフさんですよ…ごすずんではありません
        -- 2017-10-04 (水) 23:41:21
      • うーん、そうなのかなあ・・・・・・。 でも、前より厳しくなったし・・・わかんないや。
        あのひとが、セティのごすずん・・・じゃなくて雇い主のひと。 すごく、大きいね・・・・・・! -- レン 2017-10-04 (水) 23:47:22
      • …厳しくっていうのはどんな風に厳しくなったの…?(少し気になりつつ、こっちもテーブルの反対側に座って)
        えぇおっきいですね…昔は冒険者をやってたそうですよ?今でも乱暴な冒険者が無礼働いたらワシが叩き出してやる…!みたいに血気盛んですけど…とりあえずそういうお客さんはイないので平和でいつも新聞読んでますね…
        -- 2017-10-04 (水) 23:52:45
      • 前はねー・・・いっぱいご飯くれたり、いっぱい撫でてくれたり、いっぱい抱っこしてくれたりー・・・芸も教えてくれた! お手とか、おすわりとか!
        でも、この体になってからはー・・・服の着方とか、ししょーの部屋のお片付け方とか、錬金術とか教わったね! ・・・怒られることも増えたね。
        おおー、雇い主のひとは・・・冒険者だった! ししょーも、あんな感じの男の人とよく遊んでたよ! 遊んでる時は部屋にいれてもらえなかったけど! -- レン 2017-10-04 (水) 23:55:31
      • ……んー…んー?(なんか違和感があって首を傾げて)…えーっとレンちゃんは…昔は普通にワンコさんだったのかな…?
        (元々獣人みたいな子かと思っていたけど)た、たぶんそれは厳しくなったんじゃなくて…レンちゃんが…生活するのに困らないように…色々教えてくれてたんだと…思うな…?
        …あはは…えっとそれ、もしマスターと話すことあっても、絶対言わないほうがいいですよ…?お師匠様、紹介してくれって凄くしつこくきかれると思いますから…
        -- 2017-10-04 (水) 23:58:11
      • うん、そうだよ! わんこだったけどー・・・ししょーの作ってたお薬にいたずらしたら、こうなっちゃった。
        ・・・・・・? (ペット期間が長くてすっかり愛玩動物根性が身についてしまったわんこ)
        雇い主のひとには言っちゃダメ? ・・・わかった、言わない! おっぱい重いものね! -- レン 2017-10-05 (木) 00:09:20
      • な、なるほどなー…たぶんそれだとお師匠様、やっぱり凄く優しいですよ…(わんこっぽいと思ったら本当わんこだったんですねーっと)
        きっと、その姿でも問題ないように…服のきかたや人としての生活の仕方…あとは…人になったから色々手伝ってもらいたかったんだと思いますよ
        錬金術教えてくれたのもきっとそういうことだと…思いますね…そういえば…今は離れてくらしてるんですよね?
        -- 2017-10-05 (木) 00:15:26
      • なるほど・・・ししょーの優しさは厳しさだったのか・・・・・・。 うん、ししょーはねー・・・あっちの森にあるししょーのお家にいるよ!
        でも、ボクが無駄遣いしたからー・・・悪い子はお家にいれてあげませんって言われてー・・・。 じゃあ仕方ないね・・・って町まで出てきたんだー。  -- レン 2017-10-05 (木) 00:23:01
      • …なるほどー…(躾みたいなつもりだったのに本当に出てきちゃって師匠様心配してそうって思いつつ)
        …えっえーっと…ほとぼりさめたら…一度…顔出してみると…いいかもしれませんね…?いなくなって結構たつみたいだから…きっと…お師匠様も…心配してるかもです…よ?
        -- 2017-10-05 (木) 00:26:33
      • 心配してるかな・・・・・・? ししょー、ボクのこときらいになってないかな?? うーん、一度・・・里帰りしてみるのも・・・いいかもしれないなあ。
        それじゃー、今度・・・そうしてみようかな。 セティ、ありがとー!  -- レン 2017-10-05 (木) 00:44:02
      • きっと…大丈夫ですよ…レンちゃんも、お師匠様のお話いっぱいするし…好きなんですよね?(大事なごすずんですよね?っと)
        えぇきっと…少しは怒られちゃうかもですけど…そのあとはきっと上手くいきますよ…っと…あ、ダーフェンザーさん部屋に戻ってるのが今ちらっとみえましたよ
        今だったらたぶん…ダーフェンザーさん部屋にいらっしゃいますねーいってきますか?
        -- 2017-10-05 (木) 00:45:55
      • うん、好き! おっぱい乗せてくるし、片付けはできないけどー・・・ししょーは好き! そっかー・・・嫌いになってないといいなあ・・・。
        あ、ねこのおじさんきた? じゃあ、いってくるね! ばいばい、セティ! (笑顔でぶんぶん手を振って走っていった) -- レン 2017-10-05 (木) 01:02:14
      • うまく行くといいですね…(好きっていってるときの笑顔から、嘘偽りない明るい表情だったので微笑ましく思って)
        えぇ、ゆっくりと遊んできてくださいね。ダーさんだったらいっぱいお話とか遊んでくれると思いますからー(何をしにきたのかはしらないけど、きっと遊びにきたのだろうと笑顔で見送ったのでした)
        -- 2017-10-05 (木) 01:06:54
  • よう、セティ なんか友人達が宿で世話になってるみたいだな セティの評判も良いぜ、美人で頑張り屋のメイドさんってさ
    (街ですれ違った男が声をかけて来た 買い物中なのだろう、紙袋を抱えている) -- イーリアス 2017-10-05 (木) 19:37:18
    • イーリアスさんはご友人多そうですものね…!冒険者の方が多いですけどそれ以外も…(なんて話してたら評判がいいと言われてちょっと照れくさそうに)
      イーリアスさんもお買い物ですか?(逆にこっちは今から買いにいくところでーっと)
      -- 2017-10-05 (木) 20:06:28
      • 愛想が良いのさ、俺は (に、と歯を見せて笑う) そうさなあ、最近は劇団の演者ともつながりが出来て、関係に広がりが出て有り難いよ
        こんな可愛いメイドさんとも知り合えてるしな (ちょっと冗談めかして言ってから、ああ、と) 買い置きの野菜が底をついたんでな、調味料と合わせてまとめ買いさ
        そっちもあれかい、宿の買い物か? 重いものならついて行こうか -- 2017-10-05 (木) 20:51:27
      • 劇団…ですか、そういえば私はさっぱり…公演とかはしてるみたいですけど…(あっち系の人はお宿とらないでしょうからチラシ配りもさっぱりでと苦笑い)
        まとめ買いは大事ですね…うちの宿でも根菜類とかはまとめて買うんですけど、やっぱり肉とか魚はその日その日使う分新鮮なのをと…
        そ、そんなには重くないと思いますえーっと…トンカツ用のロース肉が…3kgくらいと…キャベツが5玉くらい…なので
        -- 2017-10-05 (木) 21:02:14
      • 仕事ばっかりじゃなく、たまには息抜きに身に行くのも良いもんだぜ とは言え、まあ、余裕が出来たらだな
        (忙しそうだし、と首を傾げて) 生鮮食品はそうだな …そろそろ暑くなってくる時期だし、足も速くなるし
        って、肉を3圓縫ャベツか…宿の食事はセティが作ってるのか? (途中まで一緒に、と歩き出しつつ) -- 2017-10-05 (木) 21:07:39
      • あはは…休みが基本的にないもので…(お金にも余裕ないですしねとちょっと苦笑い)お金ためた分は…他に使いたいものもありますし…
        キャベツとかも、痛むのはやいですしねー?宿の食事は…簡単なものは私が…だいたいは店主が作ってますね
        (今日のだと千切りは私がしますけど、トンカツあげるのは店主でーっと說明しながらあるきはじめて)
        -- 2017-10-05 (木) 21:17:17
      • だろうなあ…お疲れさんだぜ …他に使いたい物? 趣味に使ったりするのか (そこまで言って、ああ、と) 冒険道具をそろえ始めたとか
        特に、一回包丁を入れるとそこから乾いていくしなあ…って、へえ、店主さんがねえ なんか、聞けば聞くほど店主さんが腕の良い宿の主人に思えてくるぜ
        セティもその傍らでいろいろ学べるから、良い奥さんになりそうだな -- イーリアス 2017-10-05 (木) 21:22:00
      • …えっと…はい…冒険道具とか…そういう関係を…(この前お話したようにと冒険者復帰に向けて色々準備はしてるようで)
        け、結構手抜き多いですけどね…私がやらないと…トンカツはトンカツだけで出して…キャベツの千切り無し…とか私が来る前は多かったみたい…ですよ…?
        (たぶん、自分の酒のつまみになりそうなオカズはしっかり作るだけ)…お、おくさんですか…?(あんまり想像してなかったこと突然言われてびっくりしながら)
        -- 2017-10-05 (木) 21:41:39
      • こつこつ、最初の夢に向かってまた歩き始めた訳だ (良い事だ、と眼鏡の奥で穏やかに微笑み) 応援するぜ、セティ 困ったら言うんだぜ
        合間合間にキャベツを挟まないと胸焼けしちまうー! ふむ、でも、そう言う所をきちんとサポート出来てるなら、セティはよく気が回るんだな
        男の料理ってそうなりやすいんだよなあ…主菜だけとかそんなん… (身に覚えがあるのかそう頷いて…)
        おう、気が利いて、一生懸命で 店主さんの抜いた手を補佐して余りある (驚く少女に頷いた) -- イーリアス 2017-10-05 (木) 22:09:24
      • あとは…うちの宿、今は若い子も多いですから…ちゃんと野菜も食べて欲しいですしね…(この歳で若干母性が湧き出つつ)
        お味噌汁とかスープもあんまり作らないですしねマスター…たまにダーフェンザーさんとかスープとか作るの手伝ってくれたり…
        …私もいつかは結婚とかできるんでしょーか…その前に借金かえさなきゃですね…あはは…若い内にかえせるように冒険者にも頑張って復帰しないと…
        -- 2017-10-05 (木) 22:18:39
      • 良い奥さんと言うよりも、お母さんっぽいな… 野菜、野菜か… (パスタとかパンとかジャガイモとか、炭水化物が多い買い物袋の中身をそっと抱えて見えなくして)
        あの錬金術師、料理も出来るのか …ああ、でも出来そうだな、調合の手際も良かったし (前に目の前で見た様子を思い出して頷き)
        出来るさ、セティぐらいに器量良しなら、玉の輿だって狙えるぜ! 保証するとも
        冒険者になったら、危ない所への同行には声をかけてくれよ 雇い賃はセティの料理で十分だからさ (そんな事を言って笑った) -- イーリアス 2017-10-05 (木) 22:34:45
      • 錬金術も料理も基本は一緒…みたいなことをこのまえお部屋の掃除中にきいたりもしました…!
        あ、あはは…で、でもお金目的とかそういうのは思われたくないので…やっぱり借金はちゃんとかえしてから…ですね…
        …そ、そういえばイーリアスさんも冒険者ですものね…護衛…とか仲間としてついてきてくれたら…とっても頼りになりそうです…!
        -- 2017-10-05 (木) 22:56:27
      • 分量と調合バランスと手際が命…うーん、確かに (知り合いの表情の分からない顔が思い浮かんだ…なんかどやぁって感じに思えた)
        はは、まあまずはそこだな おう、冒険は危ないが実入りが良いからな 前衛は任せてくれよ (ぐっと太い腕を曲げて見せ明るく笑った)
        っと、俺はこっち曲がる道だから、今日はここでだ (獣人の力なら大丈夫か、と頷いて) またな、セティ (手を振って別れたのでした) -- 2017-10-05 (木) 23:08:48
      • で、でも私がなるのは…まだ先になると思うので…大丈夫とは思いますがイーリアスさんも…それまでどうかご無事で…
        あっはい!それではまた!(そういって曲がり角で手をふっておくったあと、買い物へ向うセティなのでした)
        -- 2017-10-05 (木) 23:17:20
  • (昼下がりの街中、行き交う人々が賑わう通り道。植え込みに浅くかかるフェンスに腰をかけてサンドイッチを食べている)
    ………どっかで見た事ある人だ(以前チラシを寄越した人物が遠目に映る。何をしているんだろうか、と少し目で追って…) -- キール 2017-10-06 (金) 22:00:22
    • (相変わらずな感じで、町中でしていることはチラシ配り)石畳みの雄牛亭です〜…よろしくおねがいします〜(消え入りそうな声がやっと遠くの貴方に聞こえる程度だった)
      (受け取ってもらえれば軽く說明したり、スルーされたりなど、同じ場所でぐるぐるぐるぐる回る勢い)
      -- 2017-10-06 (金) 22:14:28
      • 前会った時と全然一緒な感じする…(以前見た時と相変わらずの姿に独りごちる)
        …(なんだか見ていて危なっかしい足取りでトラブルでも起きそうだなと思い、しばし人間観察を続行する事に決めた) -- キール 2017-10-06 (金) 22:30:30
      • (トラブル…らしいトラブルもおこらない、普通のチラシ配り…だけど…)
        (ぐるぐる、ぐるぐると色々な方向にチラシを配ってたせいか、目が回ってたのか、途中で転ぶ。それはもう盛大に、胸から地面にどーんっと)
        -- 2017-10-06 (金) 22:31:41
      • ……(盛大に転んだ先はキールに程近い。どうするべきか数秒の思考の後、チラシ配りの人の前に無言で手を差し伸べた) -- キール 2017-10-06 (金) 22:51:02
      • ふぇ…あ、ありがとうございま…(手を掴んで顔をあげると…だいぶ前にあったことあるような気がして)
        あっ…確か…前チラシ受け取ってくれた人…あ、ありがとうございます(と手をとりながらたちあがって、土とか払いつつ頭を下げる)
        -- 2017-10-06 (金) 22:52:01
      • (立ち上がる際に少しだけ力を貸すように引っ張り上げた。顔を覚えている発言に、少しそっぽを向いて続けた)
        …君は見てて危なっかしいな。そう、目が回ってたように見えた。…お腹空いてるんじゃないのかな(そっと、サンドイッチの入った袋を差し出した。袋には近所のパン屋の印がある) -- キール 2017-10-06 (金) 22:59:31
      • えっあっ…そんなことはないんですけど…(とまでいってから…サンドイッチの香りに…ぐーっとお腹がなって真っ赤になって赤面する)
        …えっとその…い、いただきます…(休憩もしたかったし…っとすぐ近くのベンチに移動して)
        えーっと…(若干気まずそうにしつつも…もぐもぐっと…サンドイッチを美味しく頂きつつ、会話のとっかかりを探すようにキールを見つめたり)
        -- 2017-10-06 (金) 23:02:05
      • ん、遠慮せずどうぞ(こちらもベンチに移動しつつ、隣には座らずにベンチの横の辺りで佇んでいた)
        ………(人通りに目を向けつつ、水筒を口にして中身を飲む。見つめられていても気付いていない様子に見える) -- キール 2017-10-06 (金) 23:26:01
      • ありがとうございます…!(もくもくとサンドイッチ食べながら…静かな人…あと綺麗な人だけど男性っぽくも女性っぽくも…と思いつつ)
        …え、えーっと…お、お名前はなんて言うんでしたっけ…前、あったことありますよ…ね?(と、とっかかりに自己紹介をしようとおもって)
        私はセティっていいまして…チラシ…に前あった宿で従業員をしてまして…
        -- 2017-10-06 (金) 23:27:54
      • 名前…?キールだけど(名前について聞かれれば、それだけを答えて)
        セティさんって言うんだ…うん、確かに前に会った事あるよ。君は記憶力がいいね。結構前の事だったと思う(ちらりと、視線をセティに移す。どことなく射抜くような視線) -- キール 2017-10-06 (金) 23:38:57
      • キールさんですね…!(男性っぽいような女性っぽいような…名前からはわからん…って顔になりつつ)
        そ、そのー…えっと…キールさんは印象深くて…(眼差しとか…っと射抜かれてるみたいでちょっとビクっとする)
        …キールさんは…何をなさってるかたで…?(前冒険者ではないといったのだけは覚えていて)
        -- 2017-10-06 (金) 23:40:45
      • …そうかな(印象深いと言われてまたそっぽを向いた)
        …僕?物を作ってる人、かな(どことなく曖昧な返事。"物を作ってる人"…随分と広義に渡る物言いだった) -- キール 2017-10-06 (金) 23:45:51
      • 物…ですか?何を作ってる人なんでしょうか…?(曖昧なものいいなので余計に気になったみたいな感じで)
        工芸品とか…?(目つきするどいのもしっかり集中して見るタイプの人かなーみたいに)
        -- 2017-10-06 (金) 23:50:06
      • …小道具って言えばわかるかな。まあ、そういう…劇で使うものだよ(聞かれた事に対してはちゃんと答える素振りを見せて…)
        でも工芸品もいいね。そういうのも作ったりする事はあるけれど、そればっかりって訳にはいかないし……
        それよりさ、君は宿の従業員って言ってたけどいっつもあんなチラシ配りしてるの?面倒じゃない?もっと賢いやり方あると思うんだけどな。 -- キール 2017-10-07 (土) 00:01:25
      • 小道具…劇…あぁ…!最近有名な劇団の方…!(なるほどーっと裏方の人なのかなーっと思いつつも)
        え、えーっと賢いやり方…っていうと…どんなことが…?(チラシ配りは宿主に言われてやってるだけなので、そこらへんまで考えつかなかったようで)
        -- 2017-10-07 (土) 00:03:42
      • そんなに有名だったかなぁ……いや、君の知ってる劇団と同じとは限らないよ…?(有名な気はしてないのでなんとなく否定しておく)
        んーとね、その宿のチラシは広場の掲示板でも見た事がある。歩き回るよりはどこかに置いた方が楽でいいと思う。
        あとは他の人の店にそういう広告を貼る許可をもらうとか……もうすでにしてるなら僕がこれ以上言える事はないな。要約すると、"どこかに置いておく"のが要だね。 -- キール 2017-10-07 (土) 00:33:18
      • …あっはい…!劇団っていってもたぶんいっぱいありますものね?(この広い街に1つしかないなんてことはないだろうと思いつつ)
        えーっと…仲良い人のお店とかにはチラシはおかせてもらってますし…掲示板にもはってますし…
        で、でもそういうのって興味ある人しかみないとおもうんですよね…手渡しだと…あまり興味なかった人も…多少は見てくれることあるので…それで興味もって…泊まってくれた人とかもいらっしゃいますし…
        -- 2017-10-07 (土) 00:51:05
      • ふーむ、一理ある。でも僕がやるとしたら歩き回るのはやっぱり面倒だ(小首を傾げ、何やらを考えている素振り)
        …そうだ、いっその事一見誰もこなさそうな所に張り紙するのもアリかもしれないよ。例えば森とかにある木に無数にチラシを貼ってみたら案外面白いかもね(と、適当な事を言うと、急に人混みに視線を移す)
        ……ごめん、用事思い出したからそろそろ行くよ。しっかり食べてから仕事するんだよ(そう言って雑踏に混じっていったのだった…) -- キール 2017-10-07 (土) 01:02:31
      • あはは…そうですね…面倒さでいえば…効率は悪いと思いますけど…こう…人と触れ合う自体のは…楽しいので…
        あっはい!ありがとうございました!サンドイッチ!美味しかったです!今度お礼しますからー!気をつけていってきてくださいねー!(そういってキールが見えなくなるまで手をふってお見送り)
        …さて、お腹もいっぱいになったので…チラシ配り頑張ります…!
        -- 2017-10-07 (土) 01:08:31
  • (宿の前を掃除する) -- 2017-10-07 (土) 19:58:57
    • (通りすがりにノシノシと手をふる) -- ミティ 2017-10-08 (日) 21:12:39
      • (あ、ミティさんだーっと気づいてぶんぶんと手を振る) -- 2017-10-08 (日) 21:16:45
      • (キヅイタキヅイタ と さらにノシノシノシノシと手を振り返す) -- ミティ 2017-10-08 (日) 21:31:56
      • (わーすごいなーミティさん、手ふったら色々ゆれてるーっと自分もふってるから揺れてるの気付いてない) -- 2017-10-08 (日) 21:32:44
      • (振りすぎて若干疲れてきたのか紅潮して息もやや荒くなって ふつうに疲れて振るのをやめる) はぁ はぁ
        (息を整えて、顔を上げて)
        ……! (腕組みドヤ顔で頷いた。特に意味はない。) -- ミティ 2017-10-08 (日) 21:52:47
      • (ドヤっとした顔してるので今日もミティさんは元気そうだなーっと)
        \おでかけですかー/
        (ちょっと遠いので大きめの声で呼びかける)
        -- 2017-10-08 (日) 21:57:37
      • ちょっとそこまでー/ (とおい。とおいが特に近寄る素振りがない。もちろん深い意図はない。) -- ミティ 2017-10-08 (日) 22:08:30
      • \気をつけていってきてくださいねー!/
        (宿の冒険者とかもこうやってお見送りしてるのか、笑顔でまた手をぶんぶんと振っている)
        -- 2017-10-08 (日) 22:10:01
      • おみやげはニシンのパイですよー/ (とおざかってゆく めっちゃとおざかってゆく やがてみえなくなる) -- ミティ 2017-10-08 (日) 22:16:36
      • (ニシンのパイかーっと思いつつ見送る…宿の人じゃないのにお土産が?っとかふと思ったが、あまり気にせず掃除に戻った) -- 2017-10-08 (日) 22:22:06
  • (1Fや共同スペースをお掃除する) -- 2017-10-07 (土) 19:59:09
  • (2Fの廊下もお掃除する) -- 2017-10-07 (土) 19:59:22
    • ほう、大した掃除ですね……(無意味に読書用眼鏡姿で) -- リリネ 2017-10-09 (月) 20:32:40
      • リリネさん…!(それ好きですねとクスクス笑いながら)こんばんわ
        おじやと炭酸を抜いたジュースとうめぼしでも食べますか…?(ご用意できなくもないですけど…と)
        -- 2017-10-09 (月) 21:49:26
      • いや、別に好きというわけではないのだけれどね…(苦笑しながら眼鏡を仕舞う) うん、そのセットは要らない。ちゃんとしたセティの料理が欲しい
        そろそろ腕も上達してきたんじゃないかな、と思ってさ? 何でもいいからご馳走されたいゾ、っと -- リリネ 2017-10-09 (月) 22:13:52
      • リリネさんのことだから料理より私を食べたいとか言い出すかと思ってちょっと身構えちゃいました(なんてすっかりリリネの軽口にも慣れてきたようで)
        えーっと…あんまり宿の材料使うと怒られちゃうので…簡単なものでいいですか…?
        -- セティ 2017-10-09 (月) 22:18:25
      • ふふっ……そういうセティだって、なかなか言うようになったね。その内本気で食べに行ってしまうよ…? なんてね
        あ、じゃあボクからも材料の持ち込みをしようかな……ええと、午前中に取ってきたアジとか使えるかな? -- リリネ 2017-10-09 (月) 22:23:15
      • もー冗談ばっかりー(くすくすと本気にしてないのか口元抑えて笑い)女同士ですよ〜(なんて楽しそうに)
        アジですか?そういえば他の人も…冒険の依頼とかでとってきたのでしょうか…?魚も…少しは扱えるようにはなったので…!ちょっと時間かかるかもですが…!
        -- 2017-10-09 (月) 22:27:52
      • セティはまだ知らないんだね、百合の園を……(※何やら不穏な単語――!!)
        あははっ、なぁに…ちょっと鱗を取ったら塩焼きでいいよ? 流石にアジフライまでは求めないさ〜 -- リリネ 2017-10-09 (月) 22:38:50
      • な、なんですかそれは…?(本当に知らないみたいで不穏そうな甘美そうな雰囲気にたじろぎつつも興味もあるような…!)
        塩焼きくらいなら私にも…三枚にもおろせるようにはなったんですよー…!(そういってアジを受け取ると少しの間キッチンに)
        (テーブルでまってもらっていると、奥のほうから暫くすれば魚の焼けるいい香りがしてくる)
        -- 2017-10-09 (月) 22:43:25
      • フフフ……セティは可愛いね、初心だ……(しっとりとした不敵な笑顔でキッチンへと見送る魔女である)
        ん〜……魚が焼ける匂いというのは、どうしてこうも甘美なのだろうね……
        あ、そう言えばセティ(キッチンに向かって少し大きめの声) 闇の魔導器の話だけれど、リッキーさんが手配してくれそうだよ?
        後日彼が来たらその時詳しく話すといい。料理の腕を磨きつつ、ね? (何か含みを持った言葉だった) -- リリネ 2017-10-09 (月) 22:52:32
      • …はい!焼けました…!(そういってメイド服の上にさらにエプロンをつけて、ミトンで持ったスキレットに乗ったアジの塩焼きを目の前でお皿にうつして、添え物の大根おろしとすだちの切り身も置いとく)
        この前いってた闇の魔導器の話は…リッキーさんだったんですね…!(宿に泊まってるしそれならこちらからいってもいいのかなとか思いつつも)
        と、とりあえずリッキーさんを待ってみます…!わざわざありがとうございました…!(ちょっとうれしいのか、尻尾がパタパタ犬みたいに左右に振れてるのが見えて)
        -- 2017-10-09 (月) 22:56:51
      • おお、早かったね……ただ、魚は短時間で火を通す方が食べる時に臭みが少なくなるとも言うし…なかなかやるじゃないかセティ
        ふふっ…そうだね。何なら君からリッキーさんにその豊満な胸を押し付けに行くといいさ……いくらか便宜を図ってくれるかもしれないよ?
        (などと冗談っぽく言いながら、アジの塩焼きをまずは一口……) うむ、これはなかなかの美味……♪ -- リリネ 2017-10-09 (月) 23:06:00
      • うちのキッチン、炎の魔導器つかって炭火一気に着火するので…火力はあるんですよー(ちょっと炭火の味もして大変香ばしい焼き上がり)
        って!そんなことしませんよ!リッキーさん、凄く真面目な方なんですから…!そ、そんなことしたら流石にびっくりされちゃいますよぉ…!(あたふたと両手をふってそんなことしません!っとやっぱりからかわれる)
        (ちょこんっと、リリネの前に座り込むと、両肘をテーブルについて、掌に顔をのせて…その様子を嬉しそうに見つめている)
        -- 2017-10-09 (月) 23:11:21
      • くそっ ここも炎魔術を料理に……!? ボクも使いたいっ けど…適性がない……(ショボーン)
        ふふっ……セティ、いいかい? 男はみんな狼なんだ。つまり、リッキーさんも狼……オーケー?
        まぁそもそも、真面目であることとスケベかどうかは因果関係ないからね。不真面目なスケベもいれば、真面目なスケベもいる……うんうん(※そこは多分正しい)
        いやしかし、これはなかなか侮れない腕になったね……火の扱いをマスターしたら、あとはもう上達は早いだろう
        (見る見るうちにアジの塩焼きを平らげていく…自分は料理できないが、美味しいモノには目が無いリリネである)
        ……ちなみに、セティに「あ〜ん」はしないからね? これは全部ボクが食べる♪(外道ッ!!) -- リリネ 2017-10-09 (月) 23:19:56
      • 凄く便利なしろもので…押すだけで簡単な火がつくという…適正少ない人でも使いやすいらしいですよ…戦闘に仕えるほどでないみたいですが…(魔力まったくない人以外はつかえるとかと説明する)
        そ、そうなんですか…?マスターとかと違って…うちの宿にいる男性の皆さん…皆優しくて…そ、そういう目ではあんまり見てこないので…(胸とか大きく露出してるせいか目をそらされることはあります)
        ところで、男は狼なら…女はいったいなんなんでしょう(地味に変な所が気になった)
        私が食べたいってわけじゃなくて…リリネさん…幸せそうに食べるなって…見てるとこっちも幸せな気持ちになるなーって(ふふっと平らげるリリネを見て微笑み浮かべて
        -- 2017-10-09 (月) 23:23:00
      • いいかいセティ? 男は優しくてようやく及第点、つまりグスタフさん……いきなりアウトってワケ (※まるで某弁護士のような金言だァ)
        え、女? 女は愛嬌じゃないかな?(別のが混ざった……そしてアジを食べ終わった。顔は少し気まずそうに赤面していて)
        むぅ……あ、あまり食事中の人をジッと見るものじゃないよセティ? そりゃあ、幸せなひと時だったのは否定しないけれどねっ…
        (やや照れた様子で口元を拭く) ご馳走様でした。それじゃ、セティの料理の腕も確認できたしそろそろ帰ろうかな……
        それにしても、魚が捌けるなら今度からこの宿の食材として卸してもいいかもね? うん、考えとこう。じゃあね? -- リリネ 2017-10-09 (月) 23:53:02
      • なるほど…(至言ですなって凄く真面目な顔で受け止める)
        愛嬌…そちらも気をつけたいですね…(客商売ですし愛嬌だけは…ちょっと根暗いわれるので頑張ろうと違う意味で言葉はしっかり通じました)
        …リリネさん、人をからかうけど、結構恥ずかしがり屋さんですよね…(なんて照れてる所可愛いなーって思いつつ見送る)
        冒険者さんって魚…とること多いんですねぇ…(その夜他の冒険者さんもアジをだしているのをみて、そんなことを思ったのはまた別のお話)
        -- セティ 2017-10-09 (月) 23:56:21
      • (それはアジが7月の旬だからだね。と、この前まで知らない人だったセンロアを擁護する海の魔女であった…) -- リリネ 2017-10-09 (月) 23:58:41
      • (リリネさんは気配りの達人ですね…って顔) -- 2017-10-10 (火) 00:01:56
  • ボクも狼だよねー、ところで何の話ー?(狼云々の話がちょっとだけ聞こえてた通りすがり) -- ビスコ 2017-10-10 (火) 20:57:43
    • あ、ビスコくん…えっと…男は狼なんだって…ビスコくんも狼だよね…………(どっちかっていうと犬っぽい…っとビスコを見ながら思ったけど口に出さないけど顔には出てる) -- 2017-10-10 (火) 21:15:25
      • 女の狼さんもいると思うよ?(どういう意味?と不思議そうな顔) ……あ、今犬っぽいとか思ってたでしょー?(むっ)
        そーいえばセティ…は、さん付けした方がいい? なんかいちいちさん付けするの面倒くさくなっちゃって -- ビスコ 2017-10-10 (火) 21:18:44
      • そ、そんなこと思ってませんよ?き、機嫌なおしてください…骨っ子食べますか…?(どこかからか骨っ子を取り出してそっと差し出す)
        んっと、別にセティでいいですよ?結構皆からもそう呼ばれてますし…私は呼び捨てにするの…苦手だから今までどおりくんづけで…ちゃんのほうがよかったらそっちにするけど…
        -- 2017-10-10 (火) 21:24:28
      • やっぱり犬扱いしてるよね!? はー、まぁ別にいいけどさー(貰った骨っ子を無意識にかじかじしてしまいながら)
        そっか、じゃあセティって呼ぶー ボクはどっちでもいいよー呼びやすい方で(適当にその辺の窓枠に腰掛けて)
        セティはこの宿で働いて長いんだっけ おじさん意地悪だからなー、こき使われてないー大丈夫ー? -- ビスコ 2017-10-10 (火) 21:29:52
      • 美味しいですよね、骨っ子(空腹のときとかセティもかじるので一緒にかじかじかじ)
        それじゃいつもどおりビスコくんで…!えっと宿で働いて…一年ちょっと…かな…去年の5月からだから…
        (こき使われてない?と言われて、実際こき使われてはいるので曖昧なニヘラっとした力ない笑顔を向けつつも)…で、でも最近は仕事も楽しいので…大丈夫です…!
        -- 2017-10-10 (火) 21:36:06
      • はっ、体が勝手に…!? ……セティはなんか犬みたいだよね(かじかじ)
        素直に聞いてるばっかりじゃなくて、嫌な事はいやーって言った方がいいと思うなー(足をぱたぱたさせ)
        なんならボクがおじさんに仕返ししてもいいしー?(窓枠からひょいっと飛び降りると)……ねーね、おじさんの弱点とか知らない?(背伸びして耳元でひそひそ) -- ビスコ 2017-10-10 (火) 21:41:34
      • 狐も、犬化ですからねー…私本当に狐なのかはわかりませんが…もしかしたら柴犬の可能性も…(出自を知らないので時々自分の存在が曖昧に!)
        んー…本当に嫌なことは嫌…っていってはいるので…でも仕事で必要なことは…ちゃんとしなきゃですしね…
        お掃除とかは宿には必要なことですし…っとマスターの弱点ですか…うーん…お酒と女性と…ギャンブルですかね…(好物であり弱点ですねと真顔で)
        -- 2017-10-10 (火) 22:07:51
      • ふーん、確かめてみるー? ……おすわり! お手! ちんちん!(犬に命令する時みたいな仕草)
        なーんだ、ちゃんと断れてるならいいんだけどー、流さ気質な感じあったからさ お料理とかは作らないの?
        むー、あんまり有力そうな弱点はないねー? ボク男だってバレちゃってるしなー…ちぇー、秘密のエロ本の隠し場所とかわかれば面白かったんだけどなー -- ビスコ 2017-10-10 (火) 22:15:29
      • …あは…あはは…(お手とかおすわりいわれてもちょっと苦笑い)さ、流石に少し恥ずかしいかな…?(掃除してたから少しまだ人通りも見えて)
        お料理は、最近練習してて、簡単なものならなんとか…!マスターは料理の出来に(やる気の問題で)ムラありますから…
        ビスコくんは…女装して髪型かえてみたら…案外マスター騙せるかも…本当に男の子なんですよね…?(再度確認するように)
        -- 2017-10-10 (火) 22:18:16
      • えー、残念(ぶーと口を尖らせて) ……言っておいてなんだけどちんちんって何する命令かよくしらないんだよねー?
        えっ、セティは料理上手だと思ってたけどそうでもないんだねー だから夕食いつもおじさんが作ってるんだー?
        そだよー?(なんで?みたいな顔) んー、女装して騙すまでは楽しそうだけどその後何されるか分かんないからなー
        後が怖そうなのはちょっと……あ、そうそう、夕食作るのまだだったら手伝うよーっておじさんに伝えておいてー(なんて言いながら廊下をかけていく)
        (この間おつまみを奪ってしまったのでその分働いて返すつもりらしく、それなりに料理の腕前がある少年はテキパキお手伝いしていったとか) -- ビスコ 2017-10-10 (火) 22:38:10
      • え、えーっと…前足をあげてお腹をみせるような…服従のポーズ…だったかな…?(うまい説明が出てこず変な説明なりつつ)
        料理習いはじめたのもここ数ヶ月くらいで…教えてくれる人がお上手なので…そのおかげですね…でもまだまだレパートリーがたりず…!
        …た、確かに…とりあえずマスターは…騙されたりすると普通におこって何するかわかりませんからね…いたずらもほどほどに…ですよ?
        (なんとなく、裸でグルグル巻きに吊し上げられてるビスコの光景とか浮かんで)
        あっはーい伝えておきますー!皮むきとかそういうのならいつも手がたりないくらいなのできっと喜んでくれるかとー!!
        -- 2017-10-10 (火) 22:50:29
  • (さて、リリネとも約束したし闇の魔道具を渡しに来た訳だが、とセティの姿を探し)
    (あれ、そういやセティはどこで寝泊まりしてるんだ?宿…の部屋ではなさそうではあるが、と首をひねり) -- リッキー 2017-10-11 (水) 22:04:18
    • (リッキーが探していると、ちょうど、普段しまってる地下室の階段の扉が開いてセティが出てくる所だった)
      あ、リッキーさんこんばんわ、何かお探し物ですか?(キョロキョロと当たり見回してる感じだったのでそんな風に声かけて)
      -- 2017-10-11 (水) 22:27:34
      • (おっと、そんなところにいたのか、と出てきたセティに片手をあげ)
        あぁ、探してたな…(と言うと、セティを指さし) …話が、あるんだが…
        …セティの住まいは、地下なのか?(それはそうと、そちらも少し気になって) -- リッキー 2017-10-11 (水) 22:32:58
      • あっ…もしかして…!リリネさんがいってたことでしょうか?(魔導器の話ですよねと目を輝かせて)
        従業員の部屋は地下にあるんですよー、店主の部屋とか食料庫も…気になります…?
        (店主の部屋じゃなきゃ人いれても大丈夫かなー…?っとちょっと悩みつつ)
        -- 2017-10-11 (水) 22:39:08
      • …そうだ…(頷いて答え、それなら話が早いなと背負ってる鞄を揺らして見せ)
        …そうだったのか…あぁ、少しな(床板を叩いただけじゃ下に何があるかまで分からない、そんな謎空間なだけに)
        …出来れば、個室で…渡したいが(物が物だけに気軽に廊下で、と言う訳にもいかないので) -- リッキー 2017-10-11 (水) 22:45:16
      • …んーそれじゃ…少しだけ…あ、マスターには秘密ですよ?(人いれたら怒られるのでっと笑って)
        (そーっとまた地下室の階段おりて、扉をあけると…上層よりは、若干殺風景な石の通路があって)
        こっちですー(右側のほうにいくと扉あって招き入れる)
        (1部屋だけの質素な部屋、ベッドと棚とタンスがあるだけ、ちょっとだけドライフラワーとか飾ってあるところに女子っぽさがあるくらいで)
        -- 2017-10-11 (水) 22:48:41
      • …いいのか?(ちょっと心配になるが、笑っているのでまぁ大丈夫かと階段を降り)
        (歩く時の床の音や反響具合、壁の素材などを見聞きするのは盗賊のスキルの癖だが、それを見知ったからといって特に行動を起こす理由もないので)
        (やけに防音やらに気を付けてるなという印象はあるが、血なまぐささもないので気にしない事にして)
        …質素だが、いい部屋だな(さて鞄を置くテーブル…もねぇな!と魔道具広げる場所に困って) -- リッキー 2017-10-11 (水) 22:51:35
      • (他にも、食料庫とか店主の部屋、あとは屋根の上にのぼれるはしごとかもある)
        冒険者の方って宿くるころには疲れてること多いし、酒のんで酔っ払う人もいるし…マスターもですけど、だから他のお客さん迷惑ならないように静かに過ごせるように防音しっかりしてるんですって
        …そのせいで、カップルの冒険者がよく使ったり…とかも昔あったとかマスター愚痴ってましたね(なんて笑いつつ)
        (よく見ると、頭の花とかのいつものあれの変えとかが飾ってるだけだった)あはは…家具揃えたり色々おしゃれしたりする余裕はないので殺風景な部屋ですが…!
        えっと…椅子とかないので、どうぞベッドにおすわりください
        -- 2017-10-11 (水) 22:59:36
      • …なるほど…確かに、助かってはいる(冒険者の安宿だと隣の音が丸聞こえな壁の宿もあるだけに)
        (物静かな方が好みのリッキーとしても、この宿で長期滞在してる理由の一つでもあって)
        …勿体ないな…(とはいえ本人が質素倹約したいようなので仕方がないと思ってると、ベッドに座れと言われて固まり)
        (お、落ち着け落ち着くんだリッキーそうさこれは椅子がないからで何もやましい事はないしそういう流れじゃないクールになれ俺!と内心思いながらゆっくりと腰を下ろし) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:06:21
      • マスターが、自分冒険者の頃、宿にもってた不満を解消した宿がここなんですって、前酔っ払ってるときに3時間くらい聞かされました…
        (結構頻繁にそういう話をきかされているらしい)流石に大騒ぎすると多少きこえますけど…生活音は気にならないのはいいですよね
        (言いながら、棚を少し動かしてベッドの前にテーブルがわりに、隣にすわる)
        そ、それで!リッキーさん!(ずいっと顔を寄せて、期待に満ちた眼差し)
        -- 2017-10-11 (水) 23:21:01
      • (おの親父さん見かけによらないのかねぇ…善意だけって訳じゃない気もしたんだが、と思いながら)
        (おや、大騒ぎをしたら聞こえるのか?と考えると意外と地下と地上は分厚くないのか…と思ったり)
        …な、なんだ?(ずいっと来られると後ろに体を反らして、腹筋の力!で斜めったまま耐えて)
        (背負っていた袋からは魔道具らしき杖などが見えていて) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:27:57
      • …そ、その…私に言わせるんですか…?(なんだ…っと言われて少し恥ずかしそうに、もう我慢できないといった様子で)
        (…じっとリッキーの目を見つめたあと…ベッドに手をついてるので色々なところが見えそうなくらい近づいてるけど)
        …み、…見せて…ください…(と小声で…)
        -- 2017-10-11 (水) 23:38:30
      • (何でこの子そんな思わせぶりな事言うん!?お、落ち着け俺…これはそういう意味じゃない…と目線を下げ)
        (そのせいで谷間とか、その先の方まで見えそうとかになったので慌てて首をぐきっと言いそうなほど急に曲げ)
        …こ、これ、だな…(少し首を痛めながら、杖、魔導書、指輪の3つが入った袋を差し出し) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:51:14
      • (魔導器を前に、興奮しているだけなので…ちょっとだけ有害です)
        す、凄いです…リッキーさんの…凄い…(とりだされた3つの品に目を輝かせて)
        リリネさんがいってましたけど…リッキーさん魔導器いっぱい冒険で拾ったんですね…(少し触っても大丈夫ですか?っとそっと手を伸ばす)
        -- 2017-10-11 (水) 23:54:55
      • …くっ…天然か…天然なんだな…(股間に来るようなセリフばかりで起き上がるなよ俺!と一部に命令しながら)
        …無駄に、な…弓一つも、来ないが(一瞬ちょっと遠い目にもなって)
        (もちろんとうなずいて見せ)気に入ったのを…選んでくれて、いい…(相性、と言うのもあるだけに) -- リッキー 2017-10-12 (木) 00:08:13
      • はい?(天然?っと言われて何か不思議そうに首を傾げたりしつつも)
        …杖…立派ですね…(まずは杖を手にとってみる、上から下まで手で感触確かめるように撫でてみながら)
        …ちょっと…私にはおっきすぎるかな?どうでしょうか?(似合います?っと杖を構えてみたりする)
        -- 2017-10-12 (木) 00:15:21
      • (何で一々艶めかしいんだろうなこの子、と上下に手で撫でまわす手を見ながら)
        (似合うかどうかで言われれば)…まぁ、悪くない…(特にもしもの時に鈍器にもなるし、歩く時の杖代わりにもなるので)
        (リッキーとしては筋力にさえ問題なければ、初心者魔導士には一番お勧めとは思っていて) -- リッキー 2017-10-12 (木) 00:22:54
      • …ただ剣術も最近少しならってまして…長物2つだと…やっぱり大変かな…
        (杖を一旦お返しして…魔導書ももつ…こっちも片手が完全に塞がるなーっと…そして最後に指輪)
        …となるとやっぱり指輪がいいでしょうか?邪魔にもならないですし…
        -- 2017-10-12 (木) 00:24:48
      • …剣を?ふむ…(ならそれはその通りだろうと頷いて)
        (とはいえどのくらいの剣術かにもよるんだよなぁ…まぁ、魔法もどのレベルかにもよるんだが、と思いながら)
        …確かに、邪魔にはならない…指輪に、するか?(こちらとしては問題ないという顔で) -- リッキー 2017-10-12 (木) 00:26:58
      • リッキーさんさえ問題なければ…あと魔術自体はこれから習うので…今度リリネさんに習おうかと…
        (なのでまずは魔導器自体を手に入れなければ…っという話でこういうことになったのである)
        えーっと私は右利きなので…右手に剣を持つなら…指輪は左がいいでしょうか?(そういって指輪もってるリッキーに左手を差し出す)
        -- 2017-10-12 (木) 00:39:29
      • …大丈夫だ、問題ない(リリネなら魔法にも詳しいだろうと同意の頷きを)
        ふむ、確かに…(納得したものの、左手に指輪って…アレっぽいじゃねぇか!と動きがちょっと固まり)
        (おちつけー俺…場所が重要なだけで薬指じゃなければセーフなんだ…と中指辺りに指輪を) -- リッキー 2017-10-12 (木) 19:52:26
      • わー…!(嬉しそうに中指にハマった闇の指輪を見てニコニコと)…これで練習したら魔術使えるようになるでしょうか………
        (本人は知らないが父親は闇の魔導器で黄金時代に冒険者をやっていたらしく血を受け継いでいればきっと使える。使えるといいなー)
        ありがとうございますリッキーさん…!大事に…大事にしますね…!冒険者として復帰できるのはいつになるかわかりませんけど…それまでこれで頑張って練習し続けます!
        -- 2017-10-12 (木) 21:25:19
      • …おそらくは、大丈夫だ…(リリネが勧めてきたのだ、あの子が言うのならおそらく無駄にはならないだろうと)
        …もし、ダメでも…違う属性の、魔道具もある…(特に今月見つけたネバネバした奴とか、置き場所に困るんだよなアレ!とか思いながら)
        …なに、使い潰す気でもいい…応援もしてる…頑張って、くれ(口下手ながらに、応援する気持ちを伝え)
        …あー…後は…いや、いいか(何かしらの対価が欲しくはあったが、まぁ返して貰う時でもいいかという気分でもあり、立ち上がろうとして) -- リッキー 2017-10-12 (木) 21:46:35
      • 他の属性も?…もしそっちも試したくなったら貸していただければ…あ、この指輪もお借りする…ということでいいんですよね…?
        それじゃこんど、お礼をしにいきますね!(立ち上がるリッキーに自分からそういって)あとはリッキーさんがしてほしいこととか…あったらなんでもいってくださいね!
        誠心誠意私!ご奉仕しますから!!(と指輪を撫でながら、満面の笑顔で)
        -- 2017-10-12 (木) 21:59:38
      • あぁ…その時は、相談してくれ…もちろん、貸し、だ(ただでやるのは、流石に抵抗があっただけに)
        お、おぉ…わ、分かった…(今はまずい、この部屋でしてほしい事とか自分が間違えを起こしそうなだけに)
        っ…わ、分かった…ではまた、な(奉仕とかいうから余計に危うくなったので、逃げるように地上へと) -- リッキー 2017-10-12 (木) 22:16:17
      • はーい!本当ありがとうございました!(リッキーのそんな様子には気づいてなかったのは本当に天然かニコニコ笑顔でお見送りして)
        …いっぱい練習して…リッキーさんに上達みせませんと…!(やる気に燃えるセティなのでありました)
        -- 2017-10-12 (木) 22:43:15
  • きつねちゃーん、膝枕してー!(どうやら夜通し飲み歩いたらしい様子の黒猫が朝のお宿で大声を出す)
    あ、別に抱き枕でもいいけどー? -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 21:42:11
    • へ、ヘイニャンさん…!(すっごい酔っ払ってますねー!?っと慌てて身体支えるようにして)
      ほ、ほら、危ないですよ…足元ふらふらして…(椅子に座らせてから、水持ってくる)
      -- 2017-10-12 (木) 21:58:04
      • あっはっは、へーきへーき!あたしが何年お酒飲んでると思ってんのよー(などと言いつつ結構ふらふらしている。体を支えられると遠慮なく体を預けちゃったりしてしまうのだ)
        えー、椅子じゃーん。あたし膝枕って言ったのにー(ぶつぶつ言いながらも水は飲む。酒飲みの習性のような物で、まだその後の事に気が回る程度の酩酊状態であれば水分補給を欠かさないのだ。そうでないと頭痛などが酷い) -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 22:02:19
      • あははもうー…はい、仕方ないですねー(共有スペースの長いベンチのような椅子なので、隣に座って)
        (ぽふぽふっと膝を叩く)あ、でも吐いたりしないように…ちゃんと水は飲んでからですよー(どうぞどうぞと口元にコップをもっていって呑ませようとしてあげながら)
        -- 2017-10-12 (木) 22:11:28
      • はいはいー、ちゃんと飲みますよーっと(それはもう素直に飲ませてもらう。コップ一杯ゆっくり飲み干して)
        あぁー、お酒も良いけど乾いた時の水って美味しいよねー。じゃあもういいかな?えーい(ぽふぽふされた膝に向かって寝転がる。とりあえず上向きで)……きつねちゃんの顔が見えないな、ここ(下から顔を見えなくしている胸をつつこうとしながら) -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 22:16:45
      • はい、いい子ですねーちゃんと飲んだならあとはゆっくりと…ってひゃぁっ!?
        (膝枕して、頭でも撫でてあげようと思った所で、胸突かれる、軽くつついたら若さゆえの張りで弾力あってぽよぽよ揺れる)
        -- 2017-10-12 (木) 22:35:19
      • おぉー、やるねぇ……(ひとしきりぽよぽよして楽しんだのだった)
        えへへーごめんごめん、さっき撫でてくれようとしたでしょ?邪魔しちゃったぁ、もう撫でてくれていいよー(顔が見えないので上に手を伸ばしてひらひら振って合図) -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 22:40:03
      • も、もう…酔っ払ってますよね?凄いよっぱら………いつもとあんまり変わらなかった気がします
        (しかたないなーっとそのまま、ヘイニャンの耳元をこしょこしょする感じで撫でつつ)ヘイニャンさんって…結構甘えん坊さんですよね〜?
        -- 2017-10-12 (木) 23:01:28
      • うーん、いつもこんな感じだよねあたしって。そうそう、おねーさんも時々誰かに甘えたくなっちゃってさ……人肌恋しい、みたいな?そこまで単純でも無いけど
        んふふ、そこそこー……やっぱりあれかな?結構年下のきつねちゃんに甘えてるあたしって、やっぱ大人気ない? -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 23:07:13
      • …大人気ないって言われたらそうですけどー…(なんて笑いつつも)でも、そういうところもヘイニャンさんらしいですし…?
        嫌いじゃないですよ(よしよしっと、慰めるような、もっと甘えて大丈夫ですよと言わんばかりに撫で続ける)
        …私も、たまーに人に甘えたくなる気持ちありますし…わかりますしね…
        -- 2017-10-12 (木) 23:10:05
      • やっぱりぃ?あはは、そーだろーとは思ってたんだけどねぇ……あたしらしいかな?やっぱ昔あんまり甘えられなかったからかなぁ、でもその埋め合わせをきつねちゃんがしてくれるなんて幸せー(すごく気持ち良さそうな声になって)
        嫌いって言われたらどーしよーかと思ったよ、だったら今は一生懸命甘えさせてもらおうかなー(よいしょと寝返りを打ち、セティの方へ顔を向け甘えるように抱きついて)
        そっかぁ、じゃあその時はあたしがお礼に甘えさせてあげるから……うちにおいでよ……すぅ……(そのまま眠ってしまった。セティが仕事をしないといけないギリギリまでは目が覚めていてもそのまま寝た振りを続け、セティを冷や冷やさせるのであった) -- ヘイニャン 2017-10-12 (木) 23:21:37
      • 大人だけど、子供っぽくて、子供っぽいけど、しっかり大人…なんとなくヘイニャンさんはそんな感じで…まさに猫ですね!気紛れですね!
        (なんて言いながらもワシャワシャワシャ)あはは…それじゃ私が疲れた時は今度逆に膝枕してくださいね…?(とか言ってると、寝息がきこえて)
        …ゆっくり寝てくださいね…(そのあと、孤児院でシスターさんにされたみたいに、優しく優しく頭を撫で続け…仕事時間になってもおきないのでちょっとだけあたふたしたのは全部みられていたとか)
        -- 2017-10-12 (木) 23:26:28
  • お、セティ おーい、久しいな、元気か (市場で買い物中、メイドさんに話しかけたのは、伸ばし放題の鬚にぼろけた服装の男だ) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 21:36:49
    • (大きな耳がピクっと動いて、聞き慣れた声に振り向くと)…イーリアスさん?(ヒゲ伸び放題だったのでちょっとびっくjりした顔)
      それに服も…えーっと…山ごもりでもしてらっしゃったのですか?
      -- 2017-10-13 (金) 21:53:41
      • おう、よく判ったな 流石、立派な耳は良い耳だ (に、と明るく笑って見せた) 中には俺だって気付かない奴もいてさ …そんなに変か?
        (そんな事を言いながら髭をもしゃもしゃ撫でて) ああ、一か月ほどね で、さっき帰ってきた所さ -- 2017-10-13 (金) 21:58:04
      • そ、そうですね…一瞬山賊か、野盗か…って驚くくらいの格好だと思うので…
        とりあえずはお家に戻ってお風呂入って身なりを整えたほうが…いいと思いますよ!(1ヶ月ときいてなるほどと)おつかれさまです…
        -- 2017-10-13 (金) 22:01:45
      • 街に入る前に人に会わないで良かったよ …そ、そんなに酷いか俺?! (わるいおっさんじゃないよ、と言う様に両手を上げて)
        そうだなあ、まあ、風呂ははいりたいな、俺も … (そこでふと思い立ち) 男には好評なんだが、ヒゲってやっぱり、女の子は好きじゃあないもんなのかね? (そんな事を尋ねる) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:09:48
      • 胸板が分厚いのでヒゲがあると威圧感が…?(なんて口元抑えてクスクスと笑う)
        んんー…どうなんでしょう…?ヒゲの…生え方とか服装にもよるんじゃないでしょうか…?伸ばしっぱなしだと…不潔な印象が…?
        -- 2017-10-13 (金) 22:16:05
      • 威圧感ねえ… おうねーちゃん、なにみてんじゃー、みたいな感じか? (ポケットに手を突っ込んで無駄に身体を揺すって見せるチンピラムーブ)
        不潔…! た、確かに、風呂には入らないといかんな…! 可愛い子に言われると意外とショックだなこれ… 一回整えてみないと、印象も分からないか -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:27:13
      • …あははっ…イーリアスさんは演技は…少しお下手ですね(笑いつつも似合いませんよと)チンピラにしては…背筋がシャッキリ伸びすぎです
        やっぱり鍛えてるからなんでしょうね…身体がしっかり地面にたってるというか…?そんなカンジがするので…
        こう…タキシードをきて、ヒゲも整えられた、紳士の方とかだとオヒゲ似合うと思うんですけど…ボロボロの服で伸ばしっぱなしだと…やっぱり山賊っぽくて…ちゃんと剃ったほうがきっといいですよ?
        -- 2017-10-13 (金) 22:31:33
      • 劇を見るのは好きだが、演技をするのはまた違うって事か (ポケットから手を出して笑って見せ 続く言葉に目を瞬かせる)
        セティはよく見てるな、目の付け所と言うか… 背筋と体幹か、そこを見られるとは思わなかった (良い眼だ、と素直に褒めて)
        タキシードに鬚か、成程なあ…そこまでぴしっとした恰好は、元の姿でも似合わんかもしれんが、そうだな、一回髭を整えて遊んでから、また剃る事にするか
        セティの言う事だ、何となく間違いない気がする 見立てって言うのかね、その目は確かだろうから -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:53:52
      • …ほら体幹はこの前道場にいったとき、私のも見てくれたじゃないですか?それから…気になって色々お客様とか街中の冒険者さんとか…
        見るようになったら…やっぱり冒険してる方とか鍛えてる方って…身体の芯がしっかりしてますよね(と、観察の結果わかったことを伝える)
        イーリアスさんの場合…ヒゲは生やしても顎元とか…くらいが雰囲気にあってるかもですね?
        口ひげあると…お若いのにちょっと年上にみえちゃいますよ(なんてクスクス笑う)
        -- 2017-10-13 (金) 23:21:55
      • 成程な…セティは熱心だな 本当に弟子に欲しい位だ (教えられたことから、自分で一歩踏み込んで調べる姿勢に感心し、嬉しそうに頷いた)
        顎元ねえ…ふむふむ、沢山の人を見てきたメイドさんの言だ、従って損はなさそうだな …うーん、元々童顔だから、老けて見えるのもありっちゃありだが
        じじいになるまで生きてられたら思いっきり伸ばしてみたいとも思うんだがね (そんな事を言って顎髭をわしゃわしゃして)
        獣人の友達からは、獣人の子は髭に惹かれるって話を聞いたが、それが全てじゃあないんだなあ -- イーリアス 2017-10-14 (土) 10:05:38
      • //風邪でぐったりでおまたせして申し訳ないです…!
        色々本格的に教えて貰うことになったら…弟子みたいなもの…ですよね?(まだ時間があんまりなくて道場通うほどではないですけどと)
        あごヒゲはあると…少しは年上っぽくみえるかも…です!あ、今が見えないってことではなくて…!
        (獣人も色々ですからねーっと)わ、わたしとかは…獣人ですけど…ヒゲはえてるタイプでもないですしね…?
        -- 2017-10-16 (月) 20:01:57
  • セティ…ちょっと今時間良いかしら?(何時になく真剣な表情でセティに話しかけてくる) -- トリカ 2017-10-15 (日) 22:11:01
    • …あら?トリカさんどうしたんですか…?(真剣な顔と雰囲気にただならぬ気配を察して)
      …えーっとここで大丈夫ですか?(宿の通路なので…私の部屋かトリカさんの部屋でお話したほうが…?っと気を利かせて小声でたずねる)
      -- 2017-10-16 (月) 19:43:33
      • いいえ…話の内容は他人に聞かれても問題ないわ。ただ…立ち話ってのも善くないわね…(と、申し出に考えるような仕草を返す)
        …そうね、それじゃあ良かったら…貴女のお部屋にお邪魔しても良い?…ちょっとどんなお部屋なのか、度々通るから…気になってたのよね(ゴメンね、と言いながら苦笑する)
        この話は貴女しか…いえ、厳密には精々貴女ともう一人程度しかお話しできないことなのよ(歩きながらさらに意味深げに語感を強める) -- トリカ 2017-10-16 (月) 23:47:06
      • 私の部屋は殺風景で…あ、トリカさんは地下室入ってもいいってマスターからは聞いてますから!(屋根にあがってるんですよねーっと地下室にある自分の部屋に案内する)
        (部屋の広さはグスタフの部屋の半分くらいで、ベッドと棚と、頭に飾る花と同じようなものが壁に飾ってるだけの簡素な部屋で)
        …ゴクリ…えっと…どのようなことでしょうか?(椅子はないので、ベッドですけど申し訳ないですと座って貰いつつ)
        -- 2017-10-16 (月) 23:52:05
      • …とても清楚というか…その…(女性の部屋というよりかは使用人のお部屋ってカラーリングね…と、花飾りをしばしば眺める)
        椅子のひとつはあってもバチは当たらなさそうな気もするけど…まあ、いいわ。お邪魔します(二人してベッドに腰を掛ける。柔らかい感触に腰を落とすと不思議と落ち着く)
        ……
        ………水着…(しばらくの気まずい沈黙の後、一言)
        ……合うサイズの水着…どこで手にはいるか教えて…!(すがるような目付きであった) -- トリカ 2017-10-17 (火) 00:06:24
      • 基本的に部屋に帰る時って寝る時くらいなのと人も滅多にこないもので…あはは(実は人をいれたのもまだ2人目でと)
        で、では…(としっかりと耳を立てて、トリカの言葉を待つ…!)
        ………
        …あ、あぁ…!(なるほどなー!っと自分にきいてきたのを納得して)トリカさんも…おっきーですものね…
        私のサイズだと本当売って無くて…えっと…一箇所だけ心あたりが…それか、私がもってる水着でもお貸しもできますけど…
        -- セティ 2017-10-17 (火) 00:10:38
      • 地下室の先にお部屋があるとは思ってなかったわ。日中は給仕に買い出し…ついでにお宿の広報もしてるでしょう…?本当、よく働いてるとおもう…ええ。お給金があっても使ってる暇がなさそうよね
        そう…そうなのよ!私が面識がある人の中で一番悩みがわかりそうなのがセティだったから…!(年齢、身長、体重、スリーサイズも実は以外と近い)
        後は…101号の方ぐらいかな、ただその…面識がなくて…(さらに気まずそうに目を逸らした)
        ……サイズがあればいいけど。試着しても…大丈夫かしら?ダメだったら心当たりの方を…当たってみようとおもうの
        //お尋ねしておいてすみませんが文通を…あとお体をお大事にー -- トリカ 2017-10-17 (火) 00:31:16
      • 実際そんな感じであはは…でもそのおかげで借金は順調にかえせてはいるので…!
        (トリカよりは胸は小さいとはいえ、それでもかなりの大きさなのでなかなかあうサイズない、そんな悩みは本当によくわかって)
        101のフィオメルさんはいつも瞑想してらっしゃいますしねー…!なるほど…えっとそれじゃ…
        (棚の引き出しを開ければ…水着が3つほどあったので全部出してみる)この…ビキニタイプのと…マスターに貰ったのが2つありまして……
        (一つは、赤い紐、V字型の、ほぼ隠せないような凄いアレな水着と…逆に…面積は多いが…マニアックなスクール水着だった…ビキニタイプのはちょっとフリルのついた、メイド服と同じ印象を受ける)
        //ありがとうございます!もうだいぶ良くなったのでー昨日は寝込んでてお返事できずごめんなさい!
        -- 2017-10-17 (火) 00:39:51
      • …深くは聞かないけど、大分…苦労してそうね。借金とか寝るだけとか…(思わず苦労を感じられてホロリ)相談に乗って貰ってる手前、悩みがあったら聞くぐらいはするからね…?
        ………(思わず赤い紐水着を手にして怪訝そうな顔でセティに振り向く)…これは水着というか…何?服なの…?…ちゃんと水着として機能するのかしら…(これを送った主に後々マッサージをお願いしにいくので今から気が重くなる)
        そしてこっちのは一体式と…ビキニ…だっけ?こっちの方ならなんとかなりそうね。…このフリフリしたのとか、セティには似合いそうじゃない(なんて言いながらセティに重ねて見ている)
        とりあえず…一度試着してみても…(と水着とにらめっこしながら -- トリカ 2017-10-17 (火) 23:50:01
      • はい…ありがとうございます…そう言ってくださるだけで心が癒やされますけど…何かあったらご相談しますね…?
        …気をつけてくださいねートリカさん…トリカさんだと胸とか絶対揉まれますよ…私なんて乳牛扱いされそうになったことありますから…(色々思い出して遠い目をする。働き始めた頃のセクハラ攻撃…そして今ではすっかりポンコツ扱いされてセクハラもされていない)
        そ、そのビキニは唯一の自分のでして…他の人が選んでくれたものなので…似合うとは…思います…結局海とかは行く暇なかったので…きてはないんですけど…!
        だから、トリカさんが使うなら使ってくだされば…ちょっとだけサイズ小さいかもですけど…トリカさんのいろいろな場所、隠す分には問題ないかと…!
        -- 2017-10-18 (水) 00:12:20
      • 良いって良いって、色々フラストレーションも溜まるでしょうし。愚痴だろうがなんだろうが構わないわよ。女同士だし?(気軽に言って笑う)
        乳牛…(思わず身を竦めた)…ま、まあ、里じゃ散々触られてたから…慣れっこよ(目線を逸らす)なんというか…持つものの苦労ね
        ……(セティの話を聞くと、目を伏せふっと笑う)……うん、良いわ。自分で買ってくる。…貴女の大事な一品物ですもの
        道理で他のとセンスが違うと思ったのよ。それに…その、うっかり壊してしまったら…目も当てられないじゃない?(そういうと水着をセティの手に戻した)
        よーし、それじゃあ最初に聞いた「心当たり」とやら、そっちに賭けてみるわ。教えてもらっても…良いかしら -- トリカ 2017-10-18 (水) 00:41:45
      • はい……(あんまり口に出さないけど時々疲れがたまって誰かに話したり甘えたくなるのでと苦笑いして)次、我慢できなさそうなときはトリカさんの部屋にかけこむことにします…!
        そういえばトリカさんの里は…やっぱり全員トリカさんみたいなので…?(触られてた…いったいどんな里なんだろう…っと疑問に思いつつ)
        あっえっと心当たりはヘイニャンさんのお店でして…!前私にあうサイズのチャイナ服とかあったり…私にあうサイズの色々仕入れておいてくれる…っていってたので…
        たぶん、そこらへんのあれそれで、トリカさんでも合うのあると思うので…セティからきいた…って言えば、きっと色々と見繕ってくれると思いますよ…!
        ちょっと私も行く用事あるので…先にいってたら、それも伝えておきますけど…!
        -- 2017-10-18 (水) 00:45:56
      • 貴女ぐらいで平均…よりやや大きめ…?(じっ、と見ながら)て言えば大体察して貰えると思う…。普通扱いされたければ…遊びに来ると良いわよ。本当に何もないところだけど
        ヘイニャンさんのお店…(途中でチャイナ服について尋ねたりしながらも、真剣に聞いている)
        …OK!近々そちら様を頼るとするわ。…なんか言付けまでして貰っちゃって本当に悪いというか…貴女には頭が上がらないわ。…そのうちなんか、お礼を考えないとね(と腕組み)
        勿論セティのお名前、遠慮なくかして貰うとするわ(両手でサムズアップを決めながらにっ) -- トリカ 2017-10-18 (水) 01:09:18
      • …それは…私よりマスターが聞いたら大喜びしそうですね…きいたらそこで余生を過ごす!!とかいいかねませんねそれ…(なんて笑いつつも)
        (チャイナ服はーえっと赤い派手なのを一度ヘイニャンさんに言われて着て…っと恥ずかしそうに、スリットが大きくて太腿とかが…とかなんとかなんとか)
        ヘイニャンさんのお店は、うちのチラシとかも置かせて貰ってますし、いい人ですよ?ちょっとさみしがりで甘えん坊の可愛らしいおねえさんです
        あ、お礼なんてそんな…気にしないでください…?えっと…お客様ではありますけど…同い年ですし…似たような悩みも抱えてますし…と、友達みたいな…ものだと思いますから…!
        -- 2017-10-18 (水) 01:14:28
      • (言ってた…!と思ったが、あえて口には出さなかった。やはり主の行動は予想がつくんだね…と)
        その個人評、伝えても良い?(なんてニヤニヤしながら)…冗談よ
        友達みたいな…(言われると、どこかむず痒いのか嬉しいのかわからない気持ちに)…本当、できた人ね
        …わかったわ。そうね…それなら、私人の時は呼び捨てでお願いね。「トリカ」で
        (と、ふと)…あ、いけない…気づけば大分拘束しちゃったじゃない。わたしはそろそろ部屋に戻るわ(慌てて立ち上がる)魔法の練習もしなきゃだし
        …それじゃまた、今度。貴女の貴重な愚痴、楽しみにしているわ(去り際に目配せをしていく) -- トリカ 2017-10-18 (水) 01:33:45
      • だ、ダメですよ…そんなこと伝えたらお仕置きとか給料減らされかねませんから!(あわわっと慌ててダメですだめですとトリカの口を抑えるように)
        えっとあっと…そ、そうですか…?(あんまり人を呼び捨てにするのは慣れてないけど、そうしてと言われたなら勇気をだしてみて)…わ、わかったと…トリカ………ちゃん…!(やっぱりまだ恥ずかしかった、少しなれるように頑張っていこうと決心しつつ)
        そういえば私も最近魔術の練習しはじめたんです!よかったら今度一緒に練習もしましょうねー!(はいではこっちもお仕事にもどりますーっと)
        (部屋に戻っていくトリカを見ながら…練習するように)…ま、またね…トリカ………!(聞こえてたかどうかはわからないけど頑張って名前を呼んでみたりしたのでした)
        -- 2017-10-18 (水) 01:37:22
  • 木の実とってきたよーセティ、パンつーくろー(バレるとやばいのに頭に木の実入れたカゴ抱えたまま大声上げる狼少年) -- ビスコ 2017-10-17 (火) 20:10:13
    • あっ…ビスコくん…!えっと…(大声なのでしーっと自分の口元に指を、もう片手をビスコくんの手にあててそっとキッチンに連れ込む)
      だ、ダメですよぉ…大声だと…マスターにば、バレちゃいますよー…!
      -- 2017-10-17 (火) 22:23:46
      • \むぐーっ/(口を塞がれたままこくこくと頷く)
        ぷはっ……いやー、ごめんねーいっぱい取れたからテンション上がっちゃってー(カゴの中には胡桃がたくさん入っているぞ) -- ビスコ 2017-10-17 (火) 23:10:55
      • もう秋だもんねー…夏も終わりだなー…夏らしいこと、私してなかったな…ビスコくんはしました?(なんてキッチン連れ込んでから雑談しつつ)
        これ全部ビスコくんがとってきたの?(かなりの量にびっくりって顔で)これだけあれば…少し硬めにやいて保存用のもつくれちゃいそう…!
        -- 2017-10-17 (火) 23:15:13
      • うんー、花火大会見に行ってー、海にもいったよー? 一番楽しい夏だったなー、来年はセティも一緒にいこうよー?
        ふふー、偶然木の実取ってるおじさんがいてねー、可愛くお願いしたらいっぱいもらえた(得意げな顔を見せつつ、キッチンにくるみを並べ数えながら) -- ビスコ 2017-10-17 (火) 23:26:49
      • ビスコくんは…な、夏を満喫している…!皆さん結構しっかり堪能していらっしゃったようで…(時々話をきいてこの夏はずっとお仕事でしたと遠い目をする)来年はいきたいですね…
        なるほど、おすそ分けしてもらったんですね…!(可愛くお願い…と言われて、ビスコくんがおじさんの前でカワイコぶってる姿を想像してくすっと笑いながら、一緒に数をかぞえる)
        -- 2017-10-17 (火) 23:29:01
      • セティが水着姿になったらみんなの視線を釘付けにできちゃうだろうねー わ、っとと…(胡桃を落としそうになって)
        にじゅーし…にじゅーご! うひゃー、これ全部割るのは骨が折れるなー……そういえばセティ、魔法の練習してるんだってねー? -- ビスコ 2017-10-17 (火) 23:32:36
      • あはは…(もってる水着がちょっときわどいのばかりというかマスターに押し付けられたのばっかりなのでちょっと目をそらしつつ…)おっとあぶないですよー(ひょいっとくるみが落ちる前にキャッチ)
        だいたい30個前後でしょーか?素手で割るのは大変ですけど…くるみって割るコツがあるんですよー?(30個のくるみを全部ボールにいれて、上から水だばぁする)
        あっはい、よくご存知ですね…!闇の魔導器もお借りしたので…最近練習中で…まだまだ変なものしかでませんけど…
        -- 2017-10-17 (火) 23:45:58
      • おー、ナイスキャッチ(ぱちぱちー) おぉ、そうなんだー殻ごとくるみを調理するの初めてだからなー、しっかり覚えとかなくっちゃ(セティの一挙一動を見逃さないようにしつつメモメモ)
        宿の廊下で住人が話してるの聞いちゃったからねー …変なものー? 変なものってどんなもの?(影から変な生き物が這い出してくるイメージ映像) -- ビスコ 2017-10-17 (火) 23:50:32
      • 最初に水にちょっとひたしてから…殻付きのまま、フライパンで煎るんですよー?そしたら…ほら(水分含んだあと加熱されたせいで、殻が膨張して…パキっと音を立てて割れる)
        あとはーこの隙間に…スプーンのサキッポとか…曲がるの不安だったら硬いドライバーとかねじこんでー…テコの原理で…えいっ(またパキっといい音がしてあっさり割れる)ね?簡単でしょ?
        (一緒にクルミ割りながら魔術の話になって)…えーっと…黒いモヤみたいなの…がでて…精神に不調を与えるみたいな…(地味だった)
        -- 2017-10-17 (火) 23:58:41
      • はぇー……なるほどー水に浸して熱することで膨張させるのかー、頭いーなー(ふむふむと頷きながらしっかりメモを取って)
        んしょ…んしょ…(もたもた…のろのろ…)あ、あれー…?(非力な彼はこれだけのお膳立てをしてもらって尚、殻割りに手こずるのでした)
        な、なんかあんまり受けたくないタイプの技だねー…デバフっていうのかな? あ、すごーい、セティもうそんなに割ったんだー?(綺麗に剥けた胡桃をぱくり、とつまみ食い) -- ビスコ 2017-10-18 (水) 00:21:45
      • クルミが好きな冒険者さんに教えてもらったんですよねー…くるみ割り機とかで強引に割るよりはちょっと手間かかるけど数多いときは総合的に見て楽だーって
        …あはは、ビスコくんは可愛いね(見た目よりは力あるセティは結構手際よきパキコキ音ならしながらどんどん割っていく)
        ですねー…攻撃系のも頑張って覚えたいんですけど…頑張ってもモヤが少し固形になってぶつけるくらいしか…(ダメージ+デバフ)
        -- 2017-10-18 (水) 00:33:15
      • これだけ手際よくできるなら、料理もすぐ上手になりそうだねー お嫁さんになる日も近いねー?
        こういう時に言われてもあんまり嬉しくないなー…んぐーっ(ちょっとずつ慣れてきたのか、少しずつペースは上がりやっと全部割り終える)
        ボクの周りで魔法に詳しそうな人と言えばー、リリネにリリアにセンさんに、ヤヤちゃんとこのクッキーちゃんくらいかなー? 習ってみるのもいいんじゃない?
        (次はパン生地だーっと、近場に並べてあった朝食用に捏ねられたらしきパン生地を拝借してくる)…盗んでまいりましたー、サー(上官にするみたいな敬礼) -- ビスコ 2017-10-18 (水) 00:42:02
      • あはは…問題は…相手がいません…!ビスコくんのほうは…誰か良い相手とかいるのかなー?(海でビスコくんが誰か女性と…っという噂話をちらっときいたことあるのを思い出して)
        (クスクス笑いつつも、一緒にわっていって全部割りおわる。たまに一緒につまみ食いして、美味しいねなんて言ったりも)
        ふーこれだけあれば…いっぱい焼けそうですね…!…盗んだも何も、それ捏ねておいたの私だから大丈夫だよ…でもよくやったわビスコ隊員…!(なんてノリノリで一緒にパン生地にクルミを練り込んでいく)
        あ、魔術は今…リリネさんに習ってまして…凄いんですよ?リリネさんってば…魔術で一瞬で部屋の中を水で満たしたり…憧れちゃいますね…!
        -- 2017-10-18 (水) 00:49:08
      • えー、セティなら引く手数多だと思うのになー ん、ボク? ボクはー……うん、残念ながらボクもさっぱりだよー(なんて首を振る)
        えへへー、分かっててやりましたー(テヘペローしつつ、一緒に生地を捏ねながら)……なんだか巻き込んじゃってごめんねー、こういうのボク一人でやるべきなのにさー?
        あ、セティも見たんだリリネの魔法 すごいよねー、ボクはイルカを見せてもらったっけ それとねー、歌声もすごく綺麗なんだよー?(と、子守唄を歌ってもらった話をする) -- ビスコ 2017-10-18 (水) 00:59:22
      • …とりあえずお相手見つけるのも大事ですけど相手の負担にならないように借金返済がんばらないとですね…(こういう話になるとまず借金が気になっちゃうセティだ)
        ビスコくんも可愛いけど…まだまだ若いもんね…あと数年後くらい…かなぁ?(今可愛らしいけど大人になったら美形なるんだろうなーっとかふと思った)
        いえいえ…!クルミぱんは美味しいですから…私も食べたいですしね…?あ、あと…レンちゃんから貰った…ハチミツもあるんですよ…!(ほらっとキッチンテーブルにさっきからこれみよがしに置いていました!)
        …焼きたてのパン…カリッカリコリッコリのクルミ…そこに…ハチミツをこれでもか…!っと…どうです?(色々気にしてたみたいなのでそんなのふっとばすほどの誘惑)
        槍でやりなおす!って感じで部屋中が…そこではじめて私も魔導器つかって…モヤがでました(思い出してちょっと恥ずかしそう)…イルカ…リリネさんそんなのもだせるんだ…今度見せてもらいましょ…!
        …歌はきいたことないですけど子守唄…(なんとなくリリネさん膝枕inビスコくん!もふもふ天国!みたいな光景が浮かんだ)
        -- 2017-10-18 (水) 01:11:22
      • わー、それ言われちゃうとボクも耳が痛いなー(日銭を稼いで生きているようなものなので甲斐性はとんと無いのであった)
        そーだねー、セティを追い越すくらいには身長伸びるつもりだから、そこんとこよろしくー(※あくまで予定です)
        お、おぉー……(聞いてるだけで涎がじゅるり) う、うん…一刻もはやく食べたくなってきたー……早く焼こー焼こー!(ぐしぐしーっと袖で涎を拭いながら急かす)
        (生地をどんどん千切りながら)最初はしょーがないよー、最初からどかーん!なんて出来るのは一握りの天才 ゆっくりやっていけばいいと思うよー(なんて慰めつつ)
        そうそう、振語詠唱だったかなー あれのせいであんまり長くは聞けなかったけど、心地よい歌声でさー……あれはもう、ステージに立てるレベル(こくこく) -- ビスコ 2017-10-18 (水) 01:25:22
      • あはは…お互いまずは相手見つけるより甲斐性ですね…ビスコくんは画家として成功すれば…お嫁さんは身の回りの世話とお食事とかちゃんと作ってくれる人がいいかもですね
        男の子は…15歳くらいで一気に伸びるっていいますし…女は16くらいまでにだいたい成長とまるっていいますから、案外あっさり追い抜かれるかもです…!(身長自体はそう高くない152cmなのでたぶん抜かれる)
        (千切ってはこねて形を整え、量が多いので回数をわけてオーブンにシュートして焼いていく、その間もお話は続けて)
        あ、詠唱のことはききましたね…そっかー…詠唱もあるから歌が上手で…納得です…それでビスコくんぐっすり寝ちゃったのかなー?
        …私も疲れてる時とか…歌ってもらおうかな…(最近あんまり寝れなくてなんていいながら)
        -- 2017-10-18 (水) 01:31:07
      • 成功かー、みんなそれを言ってくるんだけど、ボクはそれほどお金に興味無いからねー それに旅を止めるつもりもないから、苦労かけると思うとそういうのはちょっとねー(積極的になれないよね、と遠い目)
        あ、そうじゃなくってー? 振語詠唱は眠気を誘っただけで、心地よい歌声は地声なんじゃないかなー……相乗効果でボクは一瞬で寝かしつけられちゃったんだけど(リリネのベッドの香りを思い出してちょっと紅くなる)
        それがいいよー、寝かしつけるバイトもやった事あるって言ってたし、きっとよく眠れると思うなー……あ、焼けたみたい! はやく食べよー食べよー!(香ばしいパンの匂いに我慢してた涎がまた溢れてしまいつつ)
        (その後はハチミツと焼き立てパンのハーモニーに二人で舌鼓をうちつつ、思わず食べ過ぎそうになった所でお詫びの為に作ったという事を思い出したのだとか) -- ビスコ 2017-10-18 (水) 01:43:21
      • そういうの目的ではない…ってことなんですねー…芸術家肌ですね…!(絵のことはあまりわからないけどビスコくんにはビスコくんの考えがあるのだろうと)
        なるほど…それで良い香りにも包まれて…?(ちょっと赤くなってるのでからかうように、リリネサン、いい香りするものねって笑う)
        はーいそれじゃしっかり焼けたので食べましょう食べましょう!コーヒーもいれてきますねー!
        (二人して、若干食べ過ぎたりもしたけど、クルミの香ばしさ、ハチミツの甘さでそれはもう幸せな一時だったそうです(
        -- 2017-10-18 (水) 01:46:15
  • セティはー・・・いるかなー!? ハチミツ! ハチミツのおすそ分けだよ! (その手には、琥珀色のハチミツが入った小瓶! わりと採れたてのようだ) -- レン 2017-10-17 (火) 21:30:51
    • まぁまぁレンちゃん…!大量ですねー!…どうしたんですかこれ?(瓶いっぱいのハチミツを見ながらありがとうねといい子いい子とレンちゃん褒めて撫でつつも) -- 2017-10-17 (火) 22:25:16
      • わふっ!(撫で褒められれば嬉しそうに尻尾を振り)
        これはー・・・燻製肉のお兄さんと一緒にとってきたの! セティは料理をするからー・・・ハチミツそのまま!  -- レン 2017-10-17 (火) 22:39:33
      • なるほど〜…!リッキーさんは色々してますね…!(自分もリッキーさんから最近魔導器を借りたりしたので色々やってるなーっと頷く)
        ちょうど…パンを焼く予定だったから…くるみパンにたっぷりのハチミツ…美味しそうだと思わない?レンちゃん…?(焼けたらレンちゃんもたべますか〜?っとニッコリ)
        -- 2017-10-17 (火) 22:42:25
      • ふんふん、たしかにお兄さんは凄い・・・! お気に入りの毛布も買ってくれた! ボクがお手伝いしたお仕事の報酬でもあるけど!
        (そして、食べ物の話になると意識はそちらへ) くるみパン!! たっぷりのハチミツ・・・! それは・・・とても素敵なことだね・・・! (聞いただけで尻尾がぶんぶん丸) -- レン 2017-10-17 (火) 23:00:38
      • 夏も終わってこれからは秋…秋はまだ大丈夫だけど冬になるとかなり冷えちゃうから、毛布は大事ね!(プレハブ小屋だから冬場は寒そうで心配なので、今度あったかいものもってこうと思いつつ)
        うんっ!絶対美味しい奴だよね!…焼き立てのホッカホカのくるみパンに…とろーりハチミツ…バターもあるといいなー…
        そこにね、淹れたての砂糖とミルクもたっぷりのコーヒーも添えて…(尻尾ふってるレンちゃんの耳元でささやき続ける)
        -- 2017-10-17 (火) 23:13:46
      • 砂糖とミルクたっぷりのこーしー!! それは・・・めったに飲めないやつだ! ししょーが、まだ早いっていってあまり飲ませてくれない!
        (セティの飯テロ攻撃を受け、わんこのお腹がぐぅぅぅと悲鳴を上げる) -- レン 2017-10-17 (火) 23:31:23
      • 夜に飲むと眠れなくなっちゃうからかな…?少しなら大丈夫かも…パンはまだ焼けてないからまた今度として…
        コーヒーだけなら、すぐに淹れることできるから…飲んで見る?(結構練習をして、宿でも自慢のコーヒーとしてお出ししている一品で)
        -- 2017-10-17 (火) 23:36:36
      • うん! 飲むー! ミルクと砂糖たっぷりかー・・・それはきっと、とても甘いのかな・・・!? (わくわくしながら、椅子に腰掛けるわんこ) -- レン 2017-10-17 (火) 23:49:33
      • ちょっとほろにがーで…ミルクとお砂糖もたっぷりいれるから甘いわよ?(少し待っててねと焙煎珈琲をレンの前でコーヒーメーカーを使っていれはじめる)
        (眼の前で実験器具みたいなガラスの中でコーヒーがドリップされていく光景は少し面白いかも)
        -- 2017-10-17 (火) 23:56:08
      • これはー・・・ししょーがお薬を作るみたいな・・・光景! セティは・・・錬金術の才能があるかもしれない・・・!
        (釘付けわんこ) -- レン 2017-10-18 (水) 00:03:52
      • そういえばダーフェンザーさんが言ってましたけど…料理と錬金術は似てるところが…あるそうですよ…?(コポコポと音をたてて、ドリップされたコーヒーをカップに注ぐと)
        (レンちゃん用に、た〜ぷりのミルクとお砂糖をいれて)はい、少し熱いから…舌火傷しないように、ふーっふーってして飲んでね?
        -- 2017-10-18 (水) 00:09:00
      • ふんふんふん、そうなんだ・・・! ボクはー・・・はちみつ飴をつくった! けど、真っ黒になった・・・。 お料理は、難しい・・・。
        セティ、ありがとー! いただきまーす! (ふうふうしてから、くぴくぴ口をつける) ・・・あったまるう。 -- レン 2017-10-18 (水) 00:36:44
      • あははっちょっと火が強すぎちゃったのかもね…?そこらへんの加減は…何度もやって覚えるしかないから(落ち込まないでねーっと慰めるように撫でつつも)
        でしょ…?落ち着きたいときとか…元気だしたいときとか…飲むといいの、これから寒くもなっていくから…あったかいコーヒーが飲みたくなる日が増えちゃうかもね?
        -- 2017-10-18 (水) 00:40:28
      • ふんふん・・・セティも最初は黒焦げになったの?? ボクもいつかはー・・・できるのかなー・・・でもしばらくは食べるだけでいいや!
        元気を出したい時かー・・・セティも、そんな時ある? そんな時はー・・・ボクも元気づけするよ!  -- レン 2017-10-18 (水) 00:50:24
      • ですよー?コーヒーだって焦がしちゃったくらいで…あはは(思い出して苦笑いしながらも、今はちゃんと淹れれるようなってよかったーと)
        うんうん…作る人も美味しく食べてくれる人がいないと、やる気なくなっちゃうから…そういう意味でレンちゃんはとっても素敵なお客さんよ?(美味しそうに飲んでくれて嬉しそうで)
        んー…そうだね、結構あるから…そしたらレンちゃんに元気づけてもらう!(もう可愛いーっと抱っこしていい子いい子っと犬のように撫で回す)
        -- 2017-10-18 (水) 00:58:27
      • わふっ! 任せて! (抱っこされて撫で回され、嬉しそうにし)
        それじゃあー・・・またセティのご飯を食べに来る! セティのご飯はー・・・おいしい! またねー! -- レン 2017-10-18 (水) 01:15:11
      • はーい!クルミパンinハチミツもできたらもっていきますからねー!
        それじゃーまたねレンちゃん!(抱っこして少し元気がでたのか、その日も一日お仕事がんばるぞい!できたそうです)
        -- 2017-10-18 (水) 01:27:47
  • その後、魔術の方は上手くいってるかなセティ? 雄牛亭に中庭か裏庭があればそこで練習に付き合っても構わないよ -- リリネ 2017-10-21 (土) 21:21:35
    • 裏庭なら少しだけ…!(リリネさんいらっしゃいませととりあえずはテーブルご案内しつつ、コーヒーをさっとだす)
      えっと…あれから少し練習は続けてますが…や、やっとボルトがでるように…!
      -- 2017-10-21 (土) 21:31:33
      • お、気が利くねセティ。いただこう…(勿論ブラックのままコーヒーを口にする苦党)
        ダークボルト出せるようになったのか? それはよかったよかった…いや、シャドウボルトかな?まぁ名前はどっちでもいいけども
        取りあえずはリッキーさんに交換を頼みに行かずに済むようだね。お疲れ様 -- リリネ 2017-10-21 (土) 21:36:35
      • は、はいどうぞみてください…!(そういうと…セティの前に…黒いモヤがまた出てくると…それが固形になって…ボルト…金具のボルトみたいな形になって)
        …どうですか!ほら!ボルトが出せるようになりましたよ!!(あ、少し重たいですっと…ゴトっと音がして宿の石畳にボルトは落下して硬い音が響き渡った)
        -- 2017-10-21 (土) 21:39:37
      • ……ありがとうセティ、忘年会用の隠し芸を見せてくれて…それじゃあボクは帰るとしようか (ガタッと席を立つ) -- リリネ 2017-10-21 (土) 21:46:48
      • えっ!ちょ、ちょっとまってくださーい!ほら!結構威力もあるんですよ!(席を立つリリネさんに向かってボルトを飛ばす…金属の質量がまるでレールガンで打ち出されたような速度でビュっとリリネの頬の真横を通り過ぎ髪の毛を揺らす)
        あ、あとほら…結構自由自在に…動かせて…(カーブさせたり、回転させたり…重たいので疲れるのか、時々ゴトっと落ちる)
        -- 2017-10-21 (土) 21:48:52
      • (横を飛び抜けていく闇ボルトは壁にぶつかる直前で魔水ジェルのクッションで受け止められた)
        セティ、もしかして素なの?天然なの? っていうか…… 効 率 が 悪 す ぎ る …!(←効率厨)
        あのね、ボルトっていうのは工具のことでもなければ雷のことでもない、「矢」のことだ。クロスボウボルトとか聞いた事ないかな? -- リリネ 2017-10-21 (土) 21:58:10
      • (受け止められると…じわっと形を保てず水に混ざってちょっと嫌な感覚があるかもしれない…)
        えっえっ…えーっと…だ、ダメでした…?(素だった、天然だった)
        ご、ごめんなさい無知で浅学な私で…えーっと…き、きいたことあるよーな…ないよーな…?矢のことだったんですね…(ボルトを出せるようになりなさいといわれてずっとこんな練習をしていたとか)
        -- 2017-10-21 (土) 22:07:07
      • うわー、泥水みたいになってるね……今晩のグスタフさんのお酒にでも混ぜるしかないだろうあれは…(※外道)
        はぁ〜っ…せめてボクが一流のツッコミ技師だったらもっと気持ちよくセティの後頭部をド突いてあげれたのだけれどね。残念だ
        まぁ極論、形状は矢でも弾でもいいんだ。直接射出すればね……今のセティはわざわざ珍妙な形に雲を固めてそれを飛ばすという非効率極まりないことをしている
        ……うん、もう面倒になったからコーヒー飲んだら帰ってもいいかな?(←育児放棄) -- リリネ 2017-10-21 (土) 22:14:54
      • (その夜、酒のまずさに一口含んだ瞬間、酒を吹き出す店主の姿が目撃されたとかなんとか)
        あっ!あっ!あっ!み、見捨てないでくださーい!リリネさん!私!リリネさんに見捨てられたら…!(聞く人が聞いたら勘違いされそうな勢いで、リリネにすがりつきながら)
        も、もっと優秀な子になりますから…頑張りますから…す、捨てないで…(潤んだ目で見上げて)
        -- 2017-10-21 (土) 22:27:01
      • (「あざといなーセティ…」とか思いつつもコーヒーを味わう) ふぅ……セティ、まずは図書館で魔術の入門書を読むことをお勧めしよう
        魔術を行使するための道具と素養は備わっている…あとは知識、理論。君には今、魔術のテンプレ的な知識が必要だ
        ぶっちゃけ魔導器ゲットしたことだし、そろそろ冒険に復帰できそうかなー?程度に考えてたからねボクは…(ほんとにぶっちゃけた)
        そんなわけで、あとはボクが教えられる段階まで君から歩み寄ってくれると有り難い (ずずっとコーヒーの最後の一口を啜って帰りそう) -- リリネ 2017-10-21 (土) 22:39:06
      • …そ、そうですね図書館…まずは書物で勉強…大事ですね…
        え、えっと…リリネさんに教えを越えるレベルにまで到達してから…本格的に習うことにします…!
        …ちゃんとマジックボルトが出せるようになったら…そ、その時はみてくださいね…?
        (流石にもう引き止めるのは悪いかと、リリネさんの背をそっと見つめる)
        -- 2017-10-21 (土) 22:41:33
      • 本はいいよ、本は……必要な情報、必要でない情報。意味のある情報、どうでもいい情報。とにかく情報量が豊富だ
        人が言葉で語るよりも雄弁に本は語るのさ? そして読者はそれに耳を傾けることも、無視することも自由…選べるんだ
        ただ、本の面白いところは必要でない&どうでもいいと思っていた情報すらも、読んでおけば後から役に立ったりするところさ!
        だからボクは好き嫌いせずどんな本もまずは読んでみることにしているんだ。それがいつか自分の身を助けるかもしれないって思うと読み飛ばすなんて出来ないからね!
        ああそうそう、こないだ買った本なんてね――(以下、小一時間本について語ってから帰ったという…) -- リリネ 2017-10-21 (土) 22:49:47
      • (読書のことになると、リリネさん…早口になるな…とか思いつつ1時間たっぷり語られて)
        で、ではとりあえず本を頑張って呼んでみます…!(オススメの本とかも色々と教えてもらったので後日図書館で数冊かりてきたとか)
        …今度はリリネさん失望させないように…魔術練習も…頑張りましょう…!
        -- 2017-10-21 (土) 23:11:09
  • (綺麗にお掃除) -- 2017-10-24 (火) 20:54:58
  • (丁寧にお掃除) -- 2017-10-24 (火) 20:55:07
  • (優しくお掃除) -- 2017-10-24 (火) 20:55:19
  • 住人も、結構増えてきたが…大丈夫か?(オヤジも頑張ってないとは言わないが、忙しそうなので)
    …あぁ、それと…あれ以後、順調だろうか?(一応リリネからは聞いてはいるが) -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:22:20
    • はい!空き部屋でも結局お掃除はするので…!お料理は基本マスターの仕事ですし…お仕事増えて大変なのはマスターかも…?最近お酒の量が増えてるような…(いつもどおりです)
      …リリネさんにちょっと呆れられたので…真面目に練習してます…!
      -- 2017-10-25 (水) 23:01:27
      • 店員を、雇えば…いい気は、するんだがな…(ケチっぽいから難しいのだろうか、と思いながら)
        …酒の量、か…俺は全く酔えないから、酔う人が…少し、羨ましいが…
        …どれくらい、使えるか…ちょっと、気になる所だが…(外に出て、ちょっと試すとか出来るだろうか?と) -- リッキー 2017-10-25 (水) 23:10:02
      • 元々…一人できりもりしてたみたいですからね…ああ見えてマスター働き者ですし…アコヤさんにも暇な時には手伝ってもらってますしね!
        そうだったんですか?逆に私はお酒弱くて…飲むと…すぐ酔っ払っちゃって…
        …あっはい!宿の裏でやりますか?といってもまだまだなんですけど…!
        -- セティ 2017-10-25 (水) 23:11:57
      • あれ…アコヤもここで、働いてたのか?…そうなのか(意外な事実に驚き)
        …いいんだ、それくらいの方が…とはいえ(セティみたいな子だとお持ち帰りフラグだなそれとは思うが)
        あぁ、ぜひとも…魔法に関して、詳しくはないが…(冒険で仲間のを見てるだけに、どれくらいかは分かるので) -- リッキー 2017-10-25 (水) 23:37:57
      • えーっと、アコヤさんの手が空いた時に時々手伝って下さいと…アコヤさんきて1ヶ月もたたない頃にマスターが
        (行間で結構お手伝いをしてもらってる設定、洗濯とか助かってますよーっと)
        で、では…!今はボルトの練習をしてて…(ぽひょーんっと、魔力の矢がゆっくりと打ち出された)
        …やっと出るようにはなったんですが…まだまだ実用的じゃなくて…
        -- 2017-10-25 (水) 23:52:20
      • 見かけた事、あまりなかったが…今度、聞いてみるか…(アコヤとは割と会う方なので)
        …ふむ…これは…うん…ダメ、だな…(オブラートに包むか迷ったが、率直に)
        …魔法は、イメージも影響する…と聞いてる…弓を構えるように、するのも…ありかも、だぞ?
        (最初はまず構えからで、実際リッキーが構えを見せれば、年季の入った全くブレない姿勢で) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:08:16
      • アコヤさんはご自分のお仕事とか他の場所でも働いてますからねー、ほらリッキーさん早寝のイメージありますし(健康的なイメージ)
        アコヤさんは深夜とか手伝ってくれることが多いですから…(それできっとあわないのでしょうと)
        わっ…凄いです…!やっぱりきれいな体幹ですね(ブレのなさが体幹の強さを物語ってるようで)
        どうにも…イメージどおりにやると…煙みたいな…空気上になっちゃって…
        -- 2017-10-26 (木) 00:27:11
      • …なるほど…基本夜明けで起き、日が沈めば…寝てたからな(今は寝る時間だけがそれなりに遅くはなったが起床は変わらずで)
        …まぁ、何万回やったか…知れないからな…(当然体もそれがしやすい体つきにもなってるので)
        …実際、弓で構えてみる…か(とりあえずマントの下から出した弓と先が布で覆われた矢を渡し) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:35:23
      • 冒険者とかレンジャーの方はそんなイメージです…!朝はやくにリッキーさんおきてらしゃいますものね…
        (時折朝の作業中にはもう起きてしばらくたってるっぽいリッキーさんをお見かけして)
        あ、はい…ちょっと試しに…それでは…!(と弓を構えようとしたら…胸が邪魔で…弦が引けずに四苦八苦する)
        -- 2017-10-26 (木) 00:37:28
      • …冒険者は…一概には…飲んだくれも、結構いるからな…(誰とは言わないが)
        (軽い体操に始まり、宿を出て軽いジョギングをしてなど、割とそういう所は真面目で)
        あー…そうか…そうなる、か(この大きさだもんなぁ、と苦笑いで)
        …ちょっと手助けするか…(背中に立って、弓をちょっと前に突き出すように手を添えて持ち、両腕を左右に広げるようにしながら)
        …まだ、手は、離すなよ…(これ手離したら胸がえらい事になるしな、と思い) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:45:55
      • うちのマスターとかも現役時代から飲んだくれだったみたいですしね…(なんて苦笑い)
        えっと…あはは…はい…あっありがとうございます!(後ろから手伝ってもらうと、少しはしっかりひけて)
        は、離したら凄い酷いことになりそうなのは目に見えてるので…頑張ります…!(力自体は結構あるのか、問題なくひけて)
        -- 2017-10-26 (木) 00:49:32
      • …だろうな…実に、想像しやすい…(小さく笑い)
        …よし、このまま…少しの間、自分の力で…頼むぞ(こちらの手は外し、近くの木に当たるよう姿勢や持ち方を微調節してあげ)
        (大き目の布地をマントから取り出すと、背中から一気にセティの胸元を覆い、押さえつけるように引っ張り)
        (これなら、当たらない!と判断してから)離せ!(と大きな声で) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:56:27
      • …まぁ今でも飲んだくれですけどね(さらっと毒を吐いた)
        は、はい!(言われた通りに弓を離す…!しっかりと少し様になっていた)
        …わー…は、はじめて弓使いました…ちょっと…た、楽しいですね!これ!
        -- 2017-10-26 (木) 21:54:15
      • (地味に突き刺すような言葉が出たな!?セティも意外と…と思いながら)
        …よし…まぁ、今の感覚を…忘れないように、すれば…弓の勢いも、増すだろうし、な(こちらもしても上手くいって満足そうで)
        …ただ、専用の胸当て…買うべきだろうが…(布を緩めるとまた胸の当たり判定が戻り) -- リッキー 2017-10-26 (木) 22:32:18
      • …ですね…あっでも弓まで手をだすと…剣・魔術・弓とすごく半端になっちゃいそうですから…
        (何より、まだ胸当てを買うお金がなかった)このイメージを元に…魔術で矢を打ち出せるようにがんばってみます…
        (ちょっとさっきの構えと同じようにして…集中すると…)あっ…!(先ほどよりはだいぶマシな速度で、マジックボルトが飛んでいった)
        -- 2017-10-26 (木) 22:40:25
      • …弓程度なら…貸し出しても、いいんだが…確かに、中途半端、かもな(そう言われると至極納得で)
        おぉ…向上、したな…(多少マシになった速度の矢を見て、軽く拍手を送り)
        …やはり、イメージと言うのは…大事なんだな…ん?そういえば…攻撃じゃないのも、使えると…聞いたんだが? -- リッキー 2017-10-26 (木) 22:48:04
      • とりあえず…まずは…せっかくリッキーさんからもお借りしてるので…魔術をしっかりと!(2つも借りるのはやっぱり気がひけるようで)
        この調子で練習していきたいと思います…!(少し自分でも上達実感できて楽しいようで)
        あっはい!えーっと…(そういうと指輪をかまえると…黒いモヤみたいなものが大量にもくもくと)…あ、吸い込まないでくださいね…精神に不調をきたすので…!
        -- 2017-10-26 (木) 22:50:35
      • …あぁ、頑張ってくれ…(とはいえ、誰かと一緒でなければまだまだ危なっかしいなとは思うが)
        …ん?…これは…(あまり見た事のない魔法で首をひねるが)
        …なんと…なるほど、デバフ系…か…(試しに木の棒で突いて戻したり、植物の葉を近づけたりして調査を) -- リッキー 2017-10-26 (木) 23:05:55
      • ちゃんとした攻撃力をもてたら…一度マスターに見せて冒険者復帰していいか相談を…!
        (木の棒とかはあまり変化ないが…葉っぱは近づけると、やたら青々としたあと…一気に萎びた…元気になった!!!!!なりすぎて疲れた…みたいな感じで)
        えーっと…自分で吸い込んだときはなんだか…すっごく………えっと……悪い意味で元気になっちゃった…みたいな…?(酔っ払ったみたいな感じで…と説明する)
        -- 2017-10-26 (木) 23:35:12
      • …そうだな…その時は、誰か一緒が…いいとは、思うが(セティだけだと丸め込まれそうだしなぁと)
        …ふむ(生物反応系か、一方的に弱るだけじゃないというのはなかなか聞いた事はないが、と意外そうに考え込み)
        …自分で試すのは、あまりよろしくない…から今後は、注意だな…(今回はそれで済んだが、何が起こるか分からないだけに) -- リッキー 2017-10-26 (木) 23:41:15
      • そうですね…!一番はリリネさんに魔術師としてお墨付き!を貰って…そこでリリネさんにもいってもらえば一番かもですが…
        あとは剣のほうも…イーリアスさんに習ってますし…リッキーさん、リリネさん、イーリアスさんのお三方による説得アタックをしてもらえば…?(絶対に抗えない!とか思いつつ)
        あ、あー自分にためしたわけではなくて…地下の自室でやったら…篭っちゃって…(てへっとおっちょこちょいを隠すように笑う)
        -- 2017-10-26 (木) 23:43:48
      • …3人で、か…まぁ、それなら…あるいは…依頼掲示板の方から、始まるなら…(あっちは危険度低いのも選べるからなと)
        …しかし、その二人と一緒とか…なかなか、面白い事には…なりそうだが(小さく笑い)
        …それ、余計にダメ…じゃないか…新しいの、試す時は…リリネの前で、だな…(また似たような失敗をしそうなので)
        …さて、それじゃあ長居したな…引き続き、頑張ってくれ(手を軽く上げてその場を後に) -- リッキー 2017-10-26 (木) 23:48:35
      • 依頼:頑固な雇い主を説得せよ…なんて…あははっ
        (でもその3人に任せたら本当に説得してくれそうな安心感もあったり)
        はい!見てくださってありがとうございましたリッキーさん…!
        …そういえばリッキーさん…かなり喋れるようになったなー…(ふと、最初は手話とかジェスチャー多めだったのにと思い出してふふっと微笑むのでした)
        -- 2017-10-26 (木) 23:53:17
    • ひぅ……あ、止ま………へっくち!!!……どこかであたしの噂をしてる気がする。 -- アコヤ 2017-10-26 (木) 00:37:59
      • (アコヤさんは11月にしては寒そうな格好してますからねーっと違う噂もする) -- 2017-10-26 (木) 00:40:24
      • (なんなら別に会話に混ざりにきても俺は構わないが…と思いながら) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:46:50
      • (でも私のほうが寝ちゃうのでまた明日リッキーさん…すやすや) -- 2017-10-26 (木) 00:49:52
      • (弓扱う時は普通に真面目なのだよ!文通は了解いたした) -- リッキー 2017-10-26 (木) 00:57:32
  • セティ! セティはー・・・おしゃれ得意!? おしゃれ好き!!? (外から帰ってきたわんこがそのままの勢いで向かってくる) -- レン 2017-10-29 (日) 22:42:51
    • あらあらレンちゃん、ちゃんと手を洗わないとダメですよー?(なんて言いつつもおかえりなさいっと)
      おしゃれですか?うーん…好きではあるんですけど…あんまりお金はないので…ウィンドウショッピングをして…終わっちゃうくらいでしょっか?(年相応におしゃれは好きではあって)
      -- 2017-10-29 (日) 23:00:25
      • ふんふんふん。 女の子のおしゃれはー・・・どうしたらいいのかな? リボンいっぱいつける? お化粧する? セティは・・・どうする!?
        (わんこの左腕に、赤い首輪のような意匠の革のブレスレットがつけられている。どこかでおしゃれに興味を持ってきたようだ)) -- レン 2017-10-29 (日) 23:04:21
      • (レンちゃんもおしゃれを気にする年頃…と若干微笑ましく…実年齢しらないので10歳くらいだと思ってるらしく)
        そーですねー…おしゃれっていうのは…足し算じゃなくて…引き算だときいたことがありますね…ごちゃーっとしすぎるより…ワンポイントでしっかりとアピールするのが…大事らしいですよ?
        (あら可愛いと赤いブレスレットを軽く指で撫でてみながら)レンちゃんの普段の格好はー…お師匠様が用意してくれたものかしら?
        -- 2017-10-29 (日) 23:10:22
      • うん! ししょーが・・・森の近くの村のひとに作ってもらったんだって! 最初のはー・・・もっと動きづらくて木にひっかけてやぶけた!
        おしゃれは・・・引き算? あんまりつけすぎるのもよくないのかな? セティのワンポインとはー・・・髪の飾りだね! とても素敵! -- レン 2017-10-29 (日) 23:17:40
      • お師匠様はファッションセンスいいと思うわよ?レンちゃんのとっても可愛いし…それこそそうね…そのブレスレットと…
        もうひとつくらい、アクセサリーつけるだけでも十分おしゃれだと思いますよ…?化粧は…少し薄めのリップぬるくらいでもレンちゃんは十分かも…
        花飾り…予備の一つあげましょっか?あと…リップも塗ってみる…?(薄いほとんど色はつかないけどツヤはだしてくれるようなタイプ)
        -- セティ 2017-10-29 (日) 23:22:30
      • ふんふんふん! おしゃれなアクセサリ・・・! セティの予備はー・・・セティがなくしたときに必要にならない?
        リップ・・・リップはー・・・前に、ししょーのを使ったら怒られた気がする! ボクにはまだ早くないかな? -- レン 2017-10-29 (日) 23:40:05
      • (予備は部屋にいっぱいある、だいたい自分で手芸で作ってるから)いっぱいあるので遠慮しなくていいんですよ…?
        たぶんそれは…勝手に使ったから…じゃないかしら…あんまり派手なのじゃないから、つけてみるだけためしてみるのはいかが…?
        -- 2017-10-29 (日) 23:45:58
      • ふんふん、セティが困らないならー・・・欲しい! セティとお揃いつける! 前からー・・・とても可愛いと思ってた! ほんとだよ!
        ・・・勝手に使ったから怒ったのかな? じゃあ、勝手に使わなければ・・・大丈夫かな? つける! ためすー! -- レン 2017-10-29 (日) 23:47:44
      • 逆にちゃーんっと、使いたいってお師匠様に許可とれば…使い過ぎなきゃ怒られたりしないと思いますよ…?
        (よしよしーっとそれじゃ、つけてみましょうかーっと今頭につけてるのを一つ…んーここがいいかしらっと同じように耳のすぐ下につけてあげる)
        それじゃー…ちょっとじっとしててくださいねー…?(そういって、薄いピンクのツヤ出しのリップを…レンちゃんの唇にさっと塗ってあげる)
        -- 2017-10-30 (月) 00:14:56
      • はーい! (おとなしくじーっとして、されるがままになるわんこ)
        ・・・どうだろう! ボクはいま、ちゃんと女の子になってるかな!? -- レン 2017-10-30 (月) 00:19:50
      • …うんっなってるなってる(ちょっとまっててねーっと手鏡をもってくるとレンちゃんにも見せてみる)
        お花もにあってるし…リップも似合ってるわよ?(ちょっとだけおしゃれさんとか、女の子っぽい雰囲気もでて)
        -- 2017-10-30 (月) 00:21:31
      • おおー・・・! ボクが・・・おしゃれな女の子になった! これはー・・・素敵だと思う! ありがとーセティ!
        これはー・・・ししょーにも見せないとだね! あ、髪飾り! 髪飾りありがとーね!! 今度、ししょーのお菓子もらってくるね!! -- レン 2017-10-30 (月) 00:28:37
      • いえいえ、どういたしまして…!お師匠様にも見せてあげれば…喜ぶんじゃないかしら…?
        転ばないようにお部屋にいくんですよー…!お菓子も楽しみにしてるわね…?
        -- 2017-10-30 (月) 00:34:57
  • あぁ、セティ…あけまして、おめでとう…今年こそ、依頼をこなせれると…いいな?
    あとそれと、これをやろう…年齢的には、ギリギリだろうが…(頑張っているので、応援と言う意味も込めて、ポチ袋を差し出し) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:11:46
    • (少し気づくの遅れて申し訳なくなりつつも受け取って)えーっとこ、子供ではないですけど…(無碍にはできず…そしてありがたいものなので遠慮がちに受け取る)
      リッキーさんだってまだお若いでしょうに…もしかして他の子とかにも渡して歩いていらっしゃって…?
      -- 2017-11-05 (日) 19:50:46
      • …まぁ、そう言いたくなるのも…分かるんだがな?(ほぼ応援の意味あいなので、肩を竦め)
        俺ももちろん、若いつもりだが…あぁ、リリアとかハロリータとかにな(その辺りは年少組なのでもちろん) -- リッキー 2017-11-06 (月) 22:26:18
      • リッキーさんもまだ…20代半ば…くらいですよね?(そういえば詳しい年齢を知らず)
        …これは大事に使わせてもらいますね…!(ファッションとかそういうのに使われる予定です)
        -- 2017-11-06 (月) 22:29:30
      • 23、くらいのはずだな…なにせ、あまり年齢…祝われる事も、なかったんでな…(年月もあまり重要じゃない森暮らしだったので)
        あぁ、そうするといい…さて、それじゃあまたな…(渡した段階で帰るつもりだったのでこれで) -- リッキー 2017-11-06 (月) 22:53:21
      • やっぱりお年玉をあげるような年齢じゃないですよね…おつかれさまです!(優しいなーっと想いつつ)
        はい!えっと今度お礼でも…何かもっていきますね……!(せめて自分にできることを色々考えつつ)
        -- 2017-11-06 (月) 23:20:46
  • セティ…従者がいってた、の2月…お礼をする日ある、って…(バレンタインデーのことを分かりやすく教えてもらったらしく
    それなら、今までお世話になった人にお礼の品を渡したいと)従者が、てづくり…すると、良いって…セティおし、えて…
    (気を利かせてくれた従者が既にチョコレートの材料を持たせてくれていた) -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 20:59:51
    • まぁまぁまぁ…ハロリータちゃん(バレンタインのチョコのことだとわかって笑顔で)
      …作り方を知りたいんですねー…えーっとそれじゃ宿のキッチンちょっと借りましょっか…!(材料はあるみたいなので)
      (湯煎で溶かして、型にいれて冷やすなら、一緒にやれば安全だろうと)…えーっとどれくらいつくるのかな…?
      -- 2017-11-06 (月) 21:02:43
      • そう、なの…四角いのを…丸く削る、の?…(料理など何一つしたことがないのでそんなことを言いながら頷いて)
        セティせんせ、よろしく、おねがい…しま、す(ざっと材料的に5、6人分)んと、いっぱい…作れる? -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 22:39:35
      • えぇそうねーそれじゃ一緒にやりましょうか?(こうやってーっとチョコくらいなら包丁じゃなくて、ステーキとかきるナイフでも大丈夫だし危なくないと)
        これでチョコを削っていくの…ボールの中に…量が多いから私も手伝うわね?(こうやるのよと削っていく)
        その間にお鍋でお湯をわかしておいてー…削り終わったら、湯煎で…チョコをとかしていくの
        -- 2017-11-06 (月) 22:45:32
      • (猫の手をしながらチョコを恐る恐る刻んでいく、少しずつやるにつれてやり方がわかってペースが上がり)
        知らなかった…チョコ、溶かして形変える…の、ね(このまま包丁で切って色んな形にするのだと思っていたようで)
        ゆせん、溶かす…お湯に入れる…の?(どうやってチョコをこのお湯で溶かすのだろう、と不思議そうになべを見つめる) -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 23:08:39
      • えっとねーほら…これ、金属製のボールでしょ?(そのまま削ったチョコの入ったボールを…鍋にいれる)
        これでボールにも熱が通ってー(ゆっくりと溶け出すので、このヘラでかきまぜてねーっとハロリータちゃんにやってもらう)
        (その間に、クッキングシートをひいたお皿と、いろいろな型を用意しはじめる)
        -- 2017-11-06 (月) 23:24:33
      • セティ…これす、ごい…(こんなに簡単にチョコだけが解けていく、とキラキラした視線を送る)
        ま、かせて…しっかり、やっる…(トロトロ、と溶け出しいい匂いが立ち上る、思わず舐めたくなるがぐっとこらえて)
        セティ、み、て…かたいの、なくなった、の…(とけ残りは無いと自信たっぷりに) -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 23:43:10
      • うん、しっかりかき混ぜれば溶けるのはやいですしーねー…湯煎を使うのはコゲないようにするためなんですよ?
        (とろっとろになったのを見たら、手を火傷したりしないように、鍋つかみをハロリータちゃんの手につけてあげる)
        はい、それじゃーこの溶けたチョコを…こっちの型に流し込んでね?あとは…冷やせば出来上がり!
        -- 2017-11-06 (月) 23:44:38
      • おー…全然あつく、な、い…(両手につけるとぱたぱたと手を開閉させてから、なべを掴んで)
        もう、すぐ…できる?(少しずつ、かつ固まらないうちに型に流し込む、セティの合図に合わせて入れる、止めるを繰り返して…何とか綺麗に流し終える) -- ハロリータ 2017-11-07 (火) 00:02:04
      • あとは冷蔵庫にいれておけば…その間はお茶とか飲んで一休みしましょっか…!
        (よくできましたーっとハロリータちゃんを褒めてあげつつお茶とかもだして)………(暫くすると冷蔵庫でしっかり冷えたチョコを取り出して)
        あとは箱詰めしてラッピングすれば…できあがりー!
        -- 2017-11-07 (火) 00:15:48
      • セティ、のおかげで…初めてだけど…つくれ、た…セ、ティ…これ、はあなたの、分
        (冷えて固まったチョコを一つ手にとって、セティの口元へはこぶ)
        これで、お世話になった人、よろこ、ぶ?(どれくらい喜んでくれるだろう、と楽しみな様子で語りかけて) -- ハロリータ 2017-11-07 (火) 00:37:42
      • …まぁありがとう…!あーんっ!(うん美味しいと笑顔になってチョコを頬張る)
        ハロリータちゃんが一生懸命つくったものだし…味もばっちし…きっと皆喜んでくれますよ…!私は嬉しいですよとっても
        (いい子いい子と、ハロリータちゃんの頭を撫でながら、これくらいでーすと両手いっぱい大きなハートマークを作って喜びを表現する)
        -- 2017-11-07 (火) 00:40:47
      • チョコ、おいしいと…わたしも、うれし、い…(まんざらでもない顔をしてほっこりと笑顔を作る、以前に比べ表情も豊かになった)
        セティ…ありがと…そ、んな、に…うれし、い?(セティのハートを作った手をとって)いって、くる…
        (チョコを入れてきた手さげかごに作ったチョコの袋をつめて、よし、と意気込み宿舎を後にする) -- ハロリータ 2017-11-07 (火) 20:40:15
  • (発情薬と気になる相手…または好みのタイプの下着姿写真が撒かれた!) -- 2017-11-12 (日) 12:00:44
    • (相変わらず発情薬の効果はほぼ無し。写真は…見るとちょっと赤面してそっと枕の下に隠した) -- 2017-11-13 (月) 19:58:49
  • あれから、音沙汰がなかったが…結局、冒険者には…なれたんだろうか?(気になったので、宿の外で聞いてみて) -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:54:09

Last-modified: 2017-11-19 Sun 22:54:09 JST (731d)